花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画)

ゲスト さん  |  ログイン  |  あにこれβに新規登録!
名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「花咲くいろは HOME SWEET HOME」

よみがな:はなさくいろはほーむすうぃーとほーむ

上映開始時期:2013年3月30日

72.1点
みんなの平均満足度総合:
★★★★★ 4.1
みんなの平均満足度個別:
物語:4.0   作画:4.3   声優:4.1   音楽:3.9   キャラ:4.1
総合得点ランキング:
レビューの件数:
棚に送った数:
2897
あらすじ 関連リンク 関連作品
美しい北陸の四季を背景に、祖母の経営する温泉旅館に住み込みで働くことになった東京生まれの女子高生の成長を描いたTVアニメ「花咲くいろは」(2011年4~9月放送)の劇場版。温泉旅館「喜翆荘(きっすいそう)」での住み込み生活にも慣れた松前緒花は、次第に変化していく自分に気づきはじめていた。そんなある日、緒花のクラスメイトでライバル旅館「福屋」のひとり娘・和倉結名が、女将修行のため喜翆荘にやってくる。自由奔放な結名に振り回されながらも、面倒をみていた緒花だったが、物置の中であるものを見つけて……。監督の安藤真裕、脚本の岡田麿里、アニメーション制作を担うP.A.WORKSほか、TVシリーズのスタッフが再結集。(アニメ映画『花咲くいろは HOME SWEET HOME』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメのレビュー・感想

2013.11.15 22:51 ワタの評価 | 観終わった| 248が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

佃煮プリティ~!

時系列はTV版20話~21話の間の話。

この劇場版では緒花の母・皐月の過去話が主軸として描かれます。
「花咲くいろは」という作品は
皆が何かに向かって一生懸命、悩んで迷って成長していく物語であるわけですが
皐月に関しては、TV版ではそういうキャラとして描かれていなかったので
今回あの皐月にもこんな過去が・・・といった感じで掘り下げてくれたのが良かった。
初登場となる父との馴れ初めや、緒花の名前の由来なども明らかに。

{netabare}偶然発見した業務日誌を通じて、皐月の過去を知ることになる緒花。
そして興奮を抑えきれず夜中にジャージで全力疾走ww{/netabare}
本作の象徴とも言える「走る」シーンは、劇場版でも健在でしたね。
上手く言葉にできない感情の発露。見ていて気持ちがいいし、テンション上がります。

皐月-緒花の話と並行して描かれる、ミンチや菜子のエピソードも良かったです。
66分という短い尺の中で多くのキャラの見せ場をしっかり作って
それぞれ中途半端になることなく、きっちり纏め切っています。
各エピをリンクさせて最終的に一大テーマへと昇華させていく構成も見事。
ラストでTV版のOPのシーンが出てくるとこも良かった。こういう演出には弱いですホントw

生々しいエロネタも健在で、冒頭シーンからやってくれました。
良くも悪くも岡田麿里脚本。そういう意味でやはりTARITARIとは違いますねw

TV版をリアルタイムで観て以来、久々に本作の雰囲気に触れたことで
「花咲くいろは」ってこんな作品だったよな~って見ながら思い出しました。
パンフにも書いてあったけど、それがスタッフの狙いでもあるようです。
というわけで、本作は完全にTVシリーズのファン向けに作られていますが
ファンなら観て損はなし!非常に満足できる内容に仕上がっていると思います。


※余談
上映前の「変態仮面」の宣伝うぜええええええ
劇場マナーCMでも迷惑行為や違法行為の禁止を訴えていたけど
まずはお前の変態を禁止するべきだ、と突っ込みたくてしょうがなかった。

 サンキュー(56)
2014.01.18 23:15 ストライクの評価 | 観終わった| 195が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

親の心子知らず 

本編 67分

アニメ版を観てからの視聴をオススメします

総集編ではなくて、緒花の母 皐月が高校生だった頃~のエピソード等を含む、完全新作です。



ネタバレ感想
{netabare}
この作品を見る以前から、この作品のCMで「うっせーババア!」って言う、多分 緒花の母だろう?女の子が 凄く印象に残ってました
んで、この本編を観始めたら、導入から「うっせーババア!」ってセリフから始まり・・・
案の定 緒花の母が高校生だった時の皐月でした  ^^;
直ぐにスッキリでしたw


それぞれのキャラも、いい演出してましたね!

緒花は、皐月と同じで「輝きたい」と、もっとぼんぼる決意を!

今時の軽くて天然の結名は、相変わらず悩みなんかないだろうな~って感じだったし 
以外と仲居の神様がついている!? ^^

みんこは、結名の天然に触発され「佃煮 プリティー」とかで、一人ハズイwww ^^
それに、久しぶりに「ホビロン」聴けて満足でした

菜子は・・・
ほんと良い子やな~(〃ω〃)
お母さん代わりに妹達の面倒みて、
麻奈を探し見つけたデパートの屋上でのシーンは、油断してて思わず泣いてしまった
(yTДT)y  

巴さんは、おばさんキャラでギャグ担当にされてて ちょっと不憫でした^^;
(かかとの角質 硬くなるよね~ ^^;)
巴さんには幸せになって欲しいです。
癒しボイスの能登さんでしたが、お笑い担当キャラだったので、癒し成分が少なかったのが残念でした><

緒花の母の皐月は、自分が親になって初めて女将の生き様に気づきます
「自分に負けられないんだ」と・・・
親の心、子知らず でしたね。。。
「うっせーババア!」と「負けられっか くそババア」のセリフが忘れられません ^^
{/netabare}


自分が この作品を見終わって感じたのは、「家族愛」

自分は子供もいるので、どうしても親目線でした
女将の気持ちも分かるし、
菜子と、菜子の妹が泣く所は 堪らなく切なかったです 
(仕事も大切だけど、家庭が第一だよね)

観る人によって、見方、感じ方は様々だろうけど、
自分はTV版も良かったけど、こっちの話のが好きかな・・・?


心が暖まり、ぼんぼりたくなれた作品でした。(@´ー`@)
オススメです!


主題歌
「影踏み」 歌 - nano.RIPE


PS:喜翆荘の様な、お客を大切にする老舗旅館なら行ってみたいですね!
(*´ー`*) 

 サンキュー(62)
2013.04.03 23:15 けみかけの評価 | 観終わった| 186が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

語られることの無かった“もうひとぼんぼり” と もうひとりの花いろヒロイン

「日曜夜10時の朝ドラ」こと『花咲くいろは』の外伝的エピソードの完全新作劇場作品


たぶん縁(支配人)と崇子さんのラブラブっぷりや豆じいが普通に仕事をしている様子から察するにはテレビシリーズで言うところの第21~23話の間のどこかにあたる思われます


前半では次郎丸がいつぞやのエロ小説をガキンチョ相手に売り込んだり、吉翠荘に結名が女将修行に訪れたりとドタバタコメディで愉快に楽しませてくれます


しかしひょんなことから豆じいの業務日誌の中で母、皐月の青春時代の様子を見つけた御花ちゃん
皐月とスイ、母と祖母の間で一体何があったのか?
そして日誌の中から薄っすらと見えてきた母と死別した父親との馴れ初め
呆れかえることの多かった皐月のことを、実は何も知らなかったと再認識する御花ちゃんは、皐月が過ごした青春を想像し想い耽る


そんな矢先に吉翠荘で停電騒ぎが、さらに菜子ちの幼い妹が家を飛び出してしまったという事件が起きて・・・










旅館、という少し特異な舞台装置の上でアットホームドラマを繰り広げてきた『花いろ』らしさを掘り下げるエピソードになってます
特にそれぞれのヒロインの個性を依然として光らせつつも、テレビシリーズでは深く語れなかった“皐月の青春時代と亡き父の姿”、うやむやになったままだった菜子ちこと“押水家の家庭事情”をココで一気に救い上げてくれたのはシリーズのファンにとっては感涙モノです


特に御花ちゃんが「菜子ち=理想の母」「菜子ちの妹=自分の子供時代」をオーバーラップさせるシークエンスはキャスト渾身の“泣きの演技”もあいまって目頭が熱くなりますぇ(;△;)
菜子ちの妹を演じた慶長佑香さんも公式サイトのメインキャストにクレジットされてない端役なのに素晴らしい名演技!
今後のご活躍に期待していますd(^^)


テレビシリーズに引き続き「学生時代の皐月=伊藤かな恵」「若かりし頃のスイ=本田貴子」とキャストが一世代若返りする仕様の上に、「現代」「御花ちゃんの過去」「皐月の過去」と時系列が次々とクロスオーバーする場面転換のため初見さんはほとんどお断りな内容w
(特に考ちゃんの存在とかたぶんイマイチピンと来ないと思われw)


さて、皐月の話だとか押水家の話だとか散々書いてみましたが【我らが姫=民子さま】もオイシイ役どころでしたねw
みんち党派の方(オイラ)もご納得w
そしてラストでは御花ちゃん命名の由来が明かされ・・・とまあ暖かな締めくくり
良質なファンムービーでした









結ナーには申し訳ないんですが誰か来場者プレゼントの色紙をみんちとトレードしておくれ(爆

 サンキュー(29)
レビューをもっと見る

花咲くいろは HOME SWEET HOMEのレビュー・感想をもっと見る

花咲くいろは HOME SWEET HOMEのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
花咲くいろは HOME SWEET HOMEのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表 成分タグを追加

右の成分タグをクリックで、同じ成分を含む
おすすめアニメのランキングがみれるぞ!

1
57 人 
UP
DOWN
2
26 人 
UP
DOWN
3
20 人 
UP
DOWN
4
17 人 
UP
DOWN
5
13 人 
UP
DOWN
6位以下の成分を見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済みです!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
初心者の方へ(アニコレって?)
ビジネス/広告/コラボに関して

花咲くいろは HOME SWEET HOME
のレビュー/感想・評価ならアニコレ

アニコレなら、花咲くいろは HOME SWEET HOMEのレビュー、感想、評価数が日本一の544件!
もちろん、花咲くいろは HOME SWEET HOMEだけでなく、たまゆら ~もあぐれっしぶ~ (第2期)、リトルバスターズ!、リコーダーとランドセル レ♪、乃木坂春香の秘密 ふぃなーれ、ひだまりスケッチ×ハニカム、Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ、などなど、8,131作品のアニメ情報が盛りだくさんです!

アニコレで、
アニメをもっと好きになろう!

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。