花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「花咲くいろは HOME SWEET HOME」

よみがな:はなさくいろはほーむすうぃーとほーむ

上映開始時期:2013年3月30日

★★★★★ 4.1
物語:4.0 作画:4.3 声優:4.1 音楽:3.9 キャラ:4.1
総合得点 73.0
感想・評価 896
棚に入れた人 4699
ランキング 404
美しい北陸の四季を背景に、祖母の経営する温泉旅館に住み込みで働くことになった東京生まれの女子高生の成長を描いたTVアニメ「花咲くいろは」(2011年4~9月放送)の劇場版。温泉旅館「喜翆荘(きっすいそう)」での住み込み生活にも慣れた松前緒花は、次第に変化していく自分に気づきはじめていた。そんなある日、緒花のクラスメイトでライバル旅館「福屋」のひとり娘・和倉結名が、女将修行のため喜翆荘にやってくる。自由奔放な結名に振り回されながらも、面倒をみていた緒花だったが、物置の中であるものを見つけて……。監督の安藤真裕、脚本の岡田麿里、アニメーション制作を担うP.A.WORKSほか、TVシリーズのスタッフが再結集。(アニメ映画『花咲くいろは HOME SWEET HOME』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 896

2016.02.12 00:36 明日は明日の風の評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

オリジナル

総集編ではないところがいいですね。
本当はその後も見たかったんですが、物語はよかったです。

 サンキュー(0)
2016.02.11 21:22 oneandonlyの評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

本編とのセット視聴を推奨します

世界観:6
ストーリー:7
リアリティ:7
キャラクター:7
情感:8
合計:35

「私、もっと輝きたいんです……!」
緒花たちに、喜翆荘の仲間たちに、もう一度逢いたい!!
2011年春に放送され大ヒットを記録したP.A.WORKS初のオリジナルアニメーションが、新作ストーリーで劇場アニメ化。

【ストーリー】
祖母の経営する温泉旅館"喜翆荘"(きっすいそう)での住み込み生活にもすっかり慣れた、東京生まれの女子高生・松前緒花は、
板前見習いの鶴来民子や仲居見習いの押水菜子らと過ごす毎日の中で、少しずつ変わっていく自分に気が付きはじめていた。
秋も深まってきたある日、クラスメイトでライバル旅館“福屋"の一人娘である和倉結名が、喜翆荘に女将修行にやってくる。
奔放な結名に翻弄されながらも面倒をみていた緒花は、掃除をしていた物置の中で、あるものを見つける。
(Amazonより)

キャッチしている方の評価が劇場版のほうが上だったのと、ハルヒの成功例も経験済なので、内容を記憶しているうちにと思いレンタルしてみました。66分と短いので気軽に観られます。(ただし、本編を見ていることが前提です)

全く情報を仕入れていなかったので、本編の後の話かと思いきや、時間軸は本編期間中の、緒花とその母、皐月の過去について描かれた作品です。話数で言えば21話の前くらいなので、本編を20話まで見てこれを見てから21話へという順番でも良いかもしれませんね。

ストーリーは安定していましたし、情感も{netabare}母と父の馴れ初めや緒花の名前の由来、母の輝きたいという想い、祖母(スイ)に会わずに帰るシーンなど{/netabare}じわじわ魅せるエピソードがありました。本編もこれくらい丁寧に作られれば良かったのにと思ってしまいましたね。

{netabare}次郎丸のエロ小説や、民子のホビロンも健在で(なかなか焦らされましたが、出たときには「頂きました!」という感じでした(笑))、本編ではマイナスだった部分も含めて楽しめました。豆じい(の日記)が日の目を見たのも良かったですね。{/netabare}

脚本は岡田麿里さん。本編でも良いと思うエピソード(3話もでしたが)は彼女が担当していたのを覚えていたので、調べたところ、とらドラ!やあの花、絶園、凪あすなどのシリーズ構成を担当されていました。(脚本はFate/stay nightなど)今後も注目したいです。

(視聴2016.2)

 サンキュー(14)
ネタバレ
2016.02.03 22:21 りくりくの評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

変わるもの、変わらないもの

変わるもの、変わらないもの、変わってしまうもの、変わるのを拒み続けるもの。時間は我々に止まることを許してはくれないが、本作はその時間の流れを絶妙に掴んでいる。

みんなそれぞれをお互い大事に思い、それらの愛情が欲しいだけなのにうまく伝わらない、すれ違う、置いていかれる。そんなどうしようもない人間の心をうまくとらえている。屋上で泣いてしまうシーン、厨房を覗き見するシーンは、それらを暗に鋭く描いている。

また、子供の心を、あの親が約束をどうしても守れなかった時の悲しさを、本作は如実に表している。そして、突拍子もない行動をとってしまう所もうまくとらえていると感じた。

画面の隅々まで美しく、それを見に行くだけでも価値のあるものだといえるだろう。石川には行ったことはないが、興味を掻き立たせてくれるものであり、石川には行ったことはないが、興味を掻き立たせてくれるものであり、石川には行ったことはないが、興味を掻き立たせてくれるものであり、公開当時は非常に込み入ったであろうことが推測できる。

シリーズを通しておそらく同じミュージシャンを起用していたのだが、それがとても調和していて見事な作品になっていた。ここしかないというタイミングでギターの音が入ってきた時は格別だった。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2016.01.04 19:22 〓シャナレーピア〓の評価 | 観終わった| 62が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

前へ!未来へ!!

本編同様に、もう言葉にならないほどの仕上がり!
なんてなんて、素敵な作品!!
花咲くいろはを見ると、感動しすぎて、なんかのぼせちゃいます。

内容としては、基本的に旅館での日常をメインにしてはいますが、本作は、ここに過去の要素を巧く取り入れおた話。

各キャラには、それぞれの見せ場がうまく設けられていて、葛藤したり、気持ちを押し殺しながらも、懸命に頑張って、努力をして、成長していく姿には、やっぱり心打たれてしまいます。

また、本作は、松前家における過去のお話も見所の一つ。
一癖も二癖もある緒花の母親(皐月)なのですが、彼女の若かりし頃のエピソードや、両親の馴れ初めも描かれています。
そんな松前家における過去~現在における出来事や心象を、別角度のストーリーにシンクロさせている話の構成と手法が、とっても巧いのです。
それに、緒花が、母親から、そして祖母からのDNAを受け継いでいるという、そのキャラ感と設定。お見事としかいいようがありません。

私が大大好きな、和倉結名。もちろん登場です。
相変わらずの可愛らしさを、遺憾なく発揮してくれてます。
どんな空気でも関係なく発動する、結名ワールドが全開なの!
もう、結名ちゃん、可愛すぎっ!!
彼女が登場すると、彼女が主役というか中心になっちゃいます。

そして、今回は、“なこち”こと押水菜子のエピソードがよかったですね。
妹や弟を慈しむ様が、とっても愛おしくて、健気で。
その想いと押し殺していた感情が爆発したシーン、切なくて、たまらずに涙です。
菜子ちゃんは、本編含めて、時に意外性のある表情を見せてくれることがあって、さらなる魅力を見せてくれましたね。

過去~現在をシンクロさせて皐月が走り、同時に娘の緒花の翔ける、このラストシーンはとっても素敵。
前へ!未来へ!!と前向きな気持ちにさせてくれる、爽やかで印象的な描写でした。
締めくくりの緒花の振り返った笑顔、忘れえぬほどの輝いた顔に、心奪われました。
私にとって、緒花ちゃんは、輝いた存在。

この作品は、全体を通して、人間味に溢れる、『想い』や『気持ち』がとっても、丁寧に、大切に描いていて、心が熱くなります。
限られた時間の中、これほどに充実した内容を作り上げられるなんて。
私にとって、いつまでも大事にしたい、愛おしい作品です。

 サンキュー(21)
ネタバレ
2015.12.30 10:06 yosiyuki2の評価 | 観終わった| 57が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 花咲くいろは HOME SWEET HOME(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

動き回る緒花を映画館で見たかったなー

花咲くいろはの映画版です。
アニメ版を視聴し終わってから、早く見たいなと
思っていましたが、やっと見れました。
相変わらず面白いですね。
この作品は期待しても、期待以上で答えてくれます。

一時間ちょっとの話ですが、とても短くあっという間に
感じました。
最終回前でしかし、えにしは結婚した後の話でした。

基本的には
今回は家庭の話を中心に構成されてるように思います。
ちょっと智也くんの話を思い出しました(笑)
面白かったし、笑わせてくれる場面や感動する場面、
考えさせられる場面も健在でした。
友達の話はかなり感情に移入してしまい、
号泣でしたw

こーちゃんの登場を期待していましたが、
殆ど登場することがなかったので、そこだけは残念でした。

 サンキュー(12)

花咲くいろは HOME SWEET HOMEのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
花咲くいろは HOME SWEET HOMEのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。