図書館戦争(テレビアニメ)の感想/評価、考察一覧

ゲスト さん  |  ログイン  |  あにこれβに新規登録!
名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「図書館戦争」のレビュー感想/評価

よみがな:としょかんせんそう

放送時期:2008年春アニメ(2008年4月~2008年6月)

76.2点
みんなの平均満足度総合:
★★★★☆ 3.7
みんなの平均満足度個別:
物語:3.9   作画:3.7   声優:3.7   音楽:3.5   キャラ:3.8
総合得点ランキング:
レビューの件数:
棚に送った数:
6781

このアニメのレビュー・感想

図書館戦争のみんなの評価は: ★★★★☆ 3.75 (レビュー・感想1,387
  • 物語 ★★★☆☆ 3.9 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.7 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.7 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.5 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.8 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
2014.07.30 01:09 噛んじゃうぞの評価 | 観終わった | 58が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

社会的メッセージの強い作品

図書館が表現の自由を守る為に図書隊を組織。それに憧れ入隊した主人公の郁。
メディアの自由を巡った人々の戦いを描いている作品。

郁と上司である教官の堂上などのキャラ設定が良く、郁の成長していく過程と堂上との絡み、そして恋愛がおもしろい!
自衛隊の仕事や生活にも似た感じがあるのかもしれませんね。

銃撃もあるけど、仲間と助け合い、いろいろな事件に乗り越えていく姿、そして道徳的にもためになる作品です。

 サンキュー(10)
2014.07.26 15:05 おぬごんの評価 | 観終わった | 11が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

恋愛面だけならいいのだが…

ラブコメとしては良かったものの、
検閲へのアンチテーゼや、戦争(?)ものとしては中途半端とさえ言えず、もはや無くて良かったのでは?とさえ思うレベル。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2014.07.13 23:31 やしゅの評価 | 観終わった | 18が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

おもしろい。

以前、原作を読んでいてアニメがあることを知って観始めました。
物語の進行は原作を忠実に踏襲しており、とても良く出来たアニメではないでしょうか。
だがしかし、
原作を読んだ方はわかると思いますが
挿絵の影絵のイメージが強いため、各キャラのデザインがいまいち違っている印象がありました。
例えば
堂上→もっと小さくて丸顔?
郁 →もう少ししずちゃん(南海キャンディーズ)ぽくて天然成分が多い
柴崎→キレイ系ではなくかわいい系の才色兼備な小悪魔
などなどと残念とは言いませんが違ったものになっていると思います。

などなどいろいろありますが物語自体は熱血純愛勧善懲悪ハッピーエンドなので非常に心地よく楽しいものですので皆さんにも観ていただきたいですね。

追記:観終わったのですが、尺が短いためかちょいちょい話が短くされたり、飛んだりで、原作を読んでいない人には、話が飛び飛びになってしまっている感がいなめないです。そこが非常に残念ですね。(小牧の彼女については触れてさえいないですし)

 サンキュー(4)
2014.07.11 15:15 Nagi*の評価 | 観終わった | 167が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

アニメ映画まで見ることで、初めて完成する作品

賛否両論。

わたしはこの作品がお気に入りです!

もしかしたらこんな世界があり得たのでは?と思える
絶妙な設定と秀逸なシナリオ

しかし、正直なトコロ
批判する人の気持ちも分からなくもないんですよ。

「新米熱血バカ」と「鬼教官」という設定だけなら
フツーに刑事ものでもいいわけだけど、それだけに止まらず
原作者は一捻り加えて自分の強いメッセージを
伝えたかったのかな~?と

くど過ぎない内容なので気軽に視聴できるんだけど…
政治・社会問題を絡めた難しい内容を扱っているにも関わらず
ラブコメに焦点を当て、軽く済ませてるから批判がくるw

だからこそアニメを楽しむコツを少しだけ自己流解説★

-------------------------

【1.頭と心を柔軟に】
 図書のために武装化とかありえないww
 …って人には視聴オススメしません
 んー、でもさ。基本アニメってありえない世界よね
 だからもっとこう…深く考えずに楽しんでほしいっ!

【2.戦争よりもラブコメ】
 “図書館戦争”なーんてタイトルだけど
 戦争を題材にした作品として視聴してもらいたくない。
 新人の女の子の仕事面での成長と、乙女ロード爆走中!!!
 …の模様を楽しむアニメです(笑)

【3.アニメ映画まで見て完成する】
 アニメだけだと1クール(12話+OVA)だから
 不足感むんむん(笑)
 大抵、アニメ映画ってつまんない&必要性ないってことが多いけど
 この作品は大正解!成功作でしたねー\(^o^)/

【4.アニメを存分に楽しんで!】
 アニメの良さは、CVがあるということ。
 特徴のないキャラデザなのに教官が人気なのは
 キャラ設定と声優さんたちのおかげです!


さてさてさて~!
こんな感じでしょうか。

あ、ちなみに実写映画もあるんですよ☆
岡田准一&榮倉奈々の主演で、なかなか面白かったです
榮倉のあの飾らない可愛さと、岡田のカッコよさ。
ナイスキャスティング(*^_^*)

興味があれば、ぜひ。

 サンキュー(58)
2014.07.08 17:24 bratmanの評価 | 途中で断念した | 29が閲覧 ★★☆☆☆ 2.6 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 1.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 1.5

くっだらね!

ラブコメ要素だけを楽しめばいいんだろうけど、だめだ、アホな設定と状況が邪魔をしすぎて腹さえ立ってくる。

戦争とかのシリアス物も、アホなラブコメも、どちらも楽しめるが、これは混ぜ方を間違えていて、最高につまらない。


6話まで「評価がそれなり高いから面白くなるかもしれない・・・」と我慢してみたが、限界。絶対面白くならん。


控えめに言ってクソアニメ。というか、たぶん原作がだめなんだろうけど。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2014.06.20 14:52 ヘルワヘルワの評価 | 観終わった | 36が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

世界観が良かった〜

ラブコメを見ていて、見るものがなくなった時に、
出会った作品です♫
バトル系なのかと、避けていたのですが、
見るのないし、人気あるし、実写にもなって
いるから、見てみようと思ってみてみたら。
面白かった〜‼
まさかの、図書館か〜本か〜と。
現実になりそーな感じだし。
内容が、しっかりしてあっという間に見て
しまいましたー‼︎
オススメです♫

 サンキュー(1)
2014.06.17 21:30 ねここ時計の評価 | 観終わった | 61が閲覧 ★★☆☆☆ 2.2 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 1.0

つまらない日記を読んでいるような感覚です。

これは何を伝えたいのでしょうか?
恋愛模様でしょうか?
それともこの異端な世界観を表現したかったのでしょうか?

いまいち作品から何も私の心に響かなかったです。

表現の自由、倫理や真理描写の深い濃厚なストーリーかと思ったら
ラブコメ重視でした。

 サンキュー(2)
2014.05.31 02:25 月夜の猫の評価 | 観終わった | 61が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

ん~・・ギャグとして割りきって観れるかな?

色々バランスよく練り込まれた作品には感じる。
ただ・・最大の売り?図書館云々・・戦争・・
ただのラブコメかなぁ~・・盛り込んだ割には
処理が追いついてないのでごちゃごちゃしてて

作風は巫山戯ているけど実は内容が濃い!!

とか 何らかの前振りの後ろに物語の評価が
有るような作品の典型??

テーマは解るけど・・ん~・・

普通にラブコメで良くない?

メッセージ力はあるし・・言ってることも解るけど・・
本当に生死をかけた戦闘をしている描写があるのに・・
超軽いノリで・・略ラブコメ路線で描かれているという・・
ギャグ展開結構あるし・・

何だかんだと物語が流れていくけど・・ウェイト的に
ラブコメが濃すぎて・・図書を廻っての戦争は設定乙
な感じで・・どうにも浮いてしまって・・重みがない。

話数が進むに連れ・・ギャグが増えて・・ラブコメも
等身崩れのギャグタッチな描写が増えて・・

其処に急に実銃の訓練風景が入ったと思うと 派兵先
での陰湿な虐めやイビリ等の理不尽をシリアスに描き・・
どうにも歪で・・バランスよく色々盛り込んだはいい
けど・・世界観や作風として纏める事を放棄した作品
という感じがしてならなかった・・まぁ私と相性が悪い。

ディストピアだのパラレルだのと割りきろうとしても
シリアスな雰囲気での中途半端にリアルな軍隊の描写
が入るので・・何だか巧く世界観に浸れなかった・・

これが美少女ハーレムものの様なキャラデザでもっと
普通に笑えるバカ台詞なら苛々すること無く観れたか?
とか更に異世界風なら間違いなく笑えたなとか・・

あるいは・・スクールパンク物で図書をめぐる壮絶な
ナンセンスバトルとかシュールな絵面とかなら笑えた
かな~と思った・・ まぁそれはそれでありがちで・・
当然 このアニメよりは一般評価は低いのだろうけど・・

因みに・・小説やラノベ等の出版物として読む作品
だと相当印象は違ったと思う・・理由は映像がない
ので自分の都合の良いイメージを作れるから・・

または映画のようにもっと限られた時間で凝縮されて
勢いで圧されるくらいの仕上がりなら楽しく見れそう。

笠原 郁(井上麻里奈)のキャラも声も私と相性が悪く
苛々させることが多かった・・ギャグ系やコメディ系
で個性の強いキャラには合う声優さんだと思うのだけど。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2014.05.14 23:54 のぶちかの評価 | 観終わった | 10が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

図書館司書と機関銃・・・・・

図書館と戦争・・・・
よくわからない組み合わせのタイトルに惹かれて視聴した。

ストーリーは、図書館司書の女の子が
機関銃を手に思想弾圧機関と戦争をしながらも恋愛もしながら
成長していく物語
というようなところか。

とにかくありえないような設定が
新鮮でそこは素直に面白いと思った。
物語の舞台もうち(八王子)の近所で
不思議とこういうのって作品に親近感がわいちゃうんだよね。

主人公は、平常時は図書館司書をしながら弾圧機関との
衝突時は実弾で交戦する。
物語の設定上では戦闘で死者も出ていることになっているが、
主要な登場人物は怪我はしても死なない。

「死」がほとんどといっていいほど描かれない
「戦争」というのは、さすがに若干シラけた。
それなら「戦争」をもって表現しなくても、
というのが正直な感想。

また、思想弾圧の描写にしても描き方が軽くて、
銃を手にしてまで抵抗するまでの動機が曖昧に感じて
いまひとつ感情移入できなかった。

しかし、ライトな恋愛アニメで
設定も奇抜なアニメを全11話さらっと見ると思えば
これはこれでいいのかも。楽しめると思います。
「戦争」とか「自由への戦い」をまじめに描くと
今の自分には少し重いような気もするし・・・・。
だったらケチつけるなとむかついたファンの皆様、
すいません。

 サンキュー(1)
2014.05.05 15:38 PPNの評価 | 観終わった | 53が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

落ち着いた感じで楽しめました

公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する
《メディア良化法》
この法律を巡る人々の姿を描いた作品です


ストーリー、設定が予想以上にしっかりしていてビックリ
本を巡る戦争と恋愛を主人公・笠原郁の成長と共に描かれています
内容も自分好みでとても面白かったです(≧▽≦)b


声優さんの演技も落ち着いた感じで良かったです

笠原郁/井上麻里奈
堂上篤/前野智昭
小牧幹久/石田彰
手塚光/鈴木達央
柴崎麻子/沢城みゆき

メインキャストはこんな感じですが
その他脇を固める声優さんも良かったです!
あ、渡辺直美が出てて笑ってしまいました(笑)


タイトルだけ見ると難しそーですが
まとまりもあり見やすい女性にもオススメの作品です!


続編となる映画もぜひチェックしたいと思います

 サンキュー(6)
2014.05.01 23:46 ラルムの評価 | 観終わった | 66が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 5.0  作画 : 2.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

世界観が魅力的

原作のファン、有川浩さんのファンであります。
なのでストーリーに関しては一切不満を持っていません。


現実ではありえない設定の中で主人公たちが動き回るのが非常に楽しいと思いました。なんだか切なくなるようなシーンも甘酸っぱくて恥ずかしくなってしまうシーンもこの作品にはあります。

テーマがテーマなので難しくとらえてしまいがちですが
随分わかりやすく端的にまとめられていると思います。

キャラクターも魅力的です。もう少し個性が強くても面白いかなとは思いましたが、設定が割りと練られている感じなのでちょうどいいのではないかと思います。

声優さんは前野さん、鈴木さん、井上さん、沢城さん、石田さんなど人気のある人から実力派まで揃えられています。
声優ファンの方も十分楽しめる作品だと思います。


唯一残念だと感じたのは作画です。
私は綺麗目な作画が好きなのですがこの作品は線が太目で少し乱れていたように感じました。

まぁあくまで私の意見なので作画に関してはあまり気にせずこの作品を楽しんでもらえたら嬉しいです(*'ω'*)

 サンキュー(21)
2014.04.28 14:31 くらうちの評価 | 観終わった | 28が閲覧 ★★☆☆☆ 2.7 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 2.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

ただのラブコメだった…

メディア良化法が制定され、武力による検閲が行われる。
これに対し、表現の自由を守るため、図書館法が制定され、図書館も武装して対抗。

「現実にはあり得ないトンデモ設定だが、表現の自由をテーマにした重厚なストーリが期待できそうだ(ワクワク)」

って思ってたら、ただのラブコメやないかーい!(笑)
そういうものとして観たら楽しめると思います。

 サンキュー(2)
2014.04.20 18:39 S.めぐるの評価 | 観終わった | 50が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

戦うは、本のために。

正化という年号に変わった日本が舞台。「メディア良化法」が制定され、本の検閲・処分が合法化。メディア良化隊が組織され、言論の自由が危機にさらされていた。図書館は同時期に制定された「図書館法」に基づき、言論の自由を守るたに武装化。戦闘による対立は深まるばかり…
といった内容。物語の題材としては悪くないです。

物語:戦闘が大事な位置を占めているはずなのに、どうも現実感と盛り上がりに欠ける。それは、戦闘というケダモノの行為に人道主義をねじ込もうとした結果でしょう。「激しい戦闘」といいつつも戦死がほとんどでないのも不自然ですし、「明日死ぬかもしれない」という緊張感もまるでない。

キャラ:最初の二話には、キャラの性格の説明がでるほど、キャラの性格ははっきりしています。小説が原作のようですが、この点、漫画に似ているようにも思えます。

作画:悪いけど、作画はなっていない。線は太く、動きも甘い。背景はいいほうなのが唯一の救いです。

音楽:OPよりEDのインパクトが強い。忘れられない旋律です。

酷評をしているのは、ノイタミナというジャンルに高い期待をかけているからです。この作品は題材を生かしけれていない感じがすることを否めません。

 サンキュー(14)
2014.04.17 18:53 はがねの評価 | 観終わった | 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

リアルな感じが良かったです(^.^)

ストーリーが物凄く好みな作品です(^^)/

アニメですが話が非現実過ぎずもしかしたら身近の世界では実際に起きる可能性がある気がします(^^)

原作&映画は観てないけど楽しめました(*´ー`*)

 サンキュー(10)
ネタバレ
2014.04.15 21:54 の評価 | 観終わった | 28が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

タイトルなし

それなりにまとまっていて、面白かった。
絵についても問題なし。その辺についてはIGなので気にかけてない。
12話なら落としどころも無難だと思う。

以下辛口です。

笠原を見ていて「プラネテス」の田辺に似ているなあ、と思った。
キャラ的にはあまり人気がなかったのでは?
その代わりのように柴崎が毎回よい調整役になっていた。

正統派の少女マンガ的展開で意外なところでトキメキながら見れた。
ミリタリー物だと思ってたらメチャクチャ女の子視点だし。
「俺と付き合わないか?」とか来た日にゃあ「キャーーー!」てなもんですよ。(意味不明)

ただし、あのカップルが自分の職場にいたら嫌だなあ。
なんか公私混同激しくないか?

しかし、恋愛物としてもミリタリー物としてもテーマは中途半端に終わった感じ。
恋愛を中心に描きたいならもっとロマンチックに!花を背負え!
ミリタリー物のカタルシスとしてはあの最終回では後味が悪い。
郁と堂上の行く末は?図書隊はどうなるの?手塚兄の陰謀は?良化法は撤廃されないのか?
つーか手塚と柴崎はくっつかないのか?(そこか!)

題材は斬新だと思うし、表現の自由について主張したいことは凄く理解できる。
しかしアニメ化したからにはアニメ化したなりに広げた風呂敷はたたんで欲しい。
アニメスタッフとして表現の自由については思うところがあるだろうし、そういう最終回でも良かったと思う。

視聴率的にはどうだったのかな?
「ノイタミナ」のターゲット層(F1層らしい)には検閲とかメディア良化法とか固過ぎるような気がするのだが。

 サンキュー(1)
2014.04.15 00:01 zuの評価 | 観終わった | 190が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

読書好きの

読書好きで、本を大切に扱う自分には、とても良い作品でした

内容的には、ラブコメ7割、戦い3割って感じですね。

原作者の有川浩さんの小説が結構好きでこれも全巻読んでいたので、劇場版

になる事を知り観ました。

原作から、近いものだったので、とても楽しめた(^^♪

キャラ的には、柴崎 麻子が好きだなぁ~(笑)

 サンキュー(28)
2014.04.12 06:54 JJunuJJの評価 | 観終わった | 6が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

メディア良化という検閲が行われている、日本のお話。

原作小説は読んでません。

舞台は現代の日本で、メディア良化法という検閲が合法化された世界のお話。
検閲実行部隊の『メディア良化隊』と本の自由を守る『図書隊』の抗争が物語の中心となります。

色々、今の日本で起こっていることに関して風刺を利かせている部分がありますね。。。
なかなか興味深い世界観ですが........ちょっと強引すぎますよね。
この内容で市街地で銃撃戦とかありえない。内戦状態?
の割に市民は普通に暮らして無関心。
ありえそうな世界の話だからこそ、乱暴な設定がちょっと気になります。
小説だと無視できても、映像になると余計に世界観にあらが見えます。

そこを除けば、テンポよく話が進み、楽しめるストーリーでした。
基本的に、(元)教官と(元)生徒の恋愛ストーリーとして楽しむ作品だと思います。

教官かっこよすぎ。


無理な設定を気にすることなく、純粋な恋愛ストーリーとして楽しめる方どーぞ。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2014.04.02 21:47 シュウ@の評価 | 観終わった | 31が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

面白かった

話面白かった。

 サンキュー(0)
2014.03.21 20:31 NUMANの評価 | 観終わった | 80が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

カミツレの花言葉は「困難の中の力」

「フリーター、家を買う」「県庁おもてなし課」などで知られる
有川浩のシリーズ小説にして代表作をアニメ化。

行政が不適切な表現の創作物を規制する『メディア良化法』の執行機関のメディア良化隊と
表現の自由を守る公共図書館による『図書館の自由法』の下に自衛武装する図書隊が闘争する日本。
女性初の図書特殊部隊に配属された主人公、笠原郁を中心に
自身の成長や慕情を交えて話が進んでゆく。

12話という短いクールながら映像で印象付けるための演出がなされている。
この物語で特徴的なのが、図書隊のシンボルや階級章に用いられているカミツレ(カモミール)の花。
この花は関東図書基地の稲嶺司令の妻が好きだった花で
花言葉「困難の中の力」が図書隊の思いに繋がっている。
また本編だけでなくOP、EDでもたくさんのカミツレが描かれとても印象的だ。

さらにアップになった時の輪郭線の入り抜きがとてもキレイで、作品の誠実さや実直さが伝わり、
「ちゃんとしたアニメを観ているな」と感じることができる。
大まかな世界観を伝えるアバン(OP前のプロローグシーンのこと)では各登場キャラが語ることで
各々の性格が良く出ているだけでなく、ちゃんとツッコミも入っている。

そしてなんと言っても笠原の喜怒哀楽表現がとても豊かで愛らしい。
銃撃戦やシリアスな内容の中で重苦しい雰囲気になりがちだが
彼女の元気さや熱血ぶりがそれを軽減し、盛り上げてくれる。

最終の2話の間で若干話が飛んでいたり、ラストも思ったよりもスッキリしない結末になっている。
しかし、この後映画公開された『図書館戦争 革命のつばさ』で完結するそうなので
気になる人はそちらも鑑賞するといいだろう。

 サンキュー(11)
2014.03.13 00:19 みかんとラッパの評価 | 観終わった | 69が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

視聴者側の受け取り方次第ヽ(*´∀`)ノ

有川浩さんの有名小説のアニメ化

原作はさすが有川さんなだけあって
すごく作りが丁寧で
世界観設定に穴が無い

読んでいて最初は違和感を抱く
”良化隊”との銃火器を用いた戦闘も
いつの間にかその緊迫感に飲まれ

主人公の笠原 郁(かさはら いく)と
その教官という立場である
堂上 篤(どうじょう あつし)の
恋愛模様を描いた作品になっている
(´∀`*)

原作のこうした二つの軸を
どちらも再現しようとした作品になっていますが

個人的には
世界観の違和感の払拭には
実写版も同様、なかなか映像では難しい点も
多々あるのかな…(つд⊂)

というのが正直な感想です

目に見えて
紙媒体の本を銃でドンパチしてまで奪い合う点は
作品の見所といった反面

受け取り方によっては
違和感につながりかねないかと思います…

そういった意味では
世界観の根幹にある”メディア良化法”に
法的にメスを入れる模様を描いたアニメ劇場版の方は
かなりの秀作だったのではないかと…ヽ(´▽`)/

井上麻里奈さんの熱血演技も
注目のひとつ

音楽は
NHK大河にも大抜擢の
菅野祐悟さん

原作をまだ知らなくて
一度、図書館戦争の世界に触れてみたいという人には
是非ともオススメです!!!
ヽ(・∀・)ノ

 サンキュー(4)
2014.03.05 01:17 fjt283の評価 | 観終わった | 42が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.5

素晴らしい!

まあ、原作が正統な小説なんで当たり前っちゃ当たり前なんですが…

・社会風刺
・作者の思想
上記の二点については文句なしでお勧めです。

前提となる問題提起も単純明快なのですが奥が深く、見方によっては考えさせられます。

昨今は前提条件が複雑だったり、逆に薄っぺらかったりする作品が非常に多い中、バランスの良さは流石と言えるでしょう。

逆に、だからこそいくつか張られた伏線は少しインパクトに掛ける感も否めないのですが、1クールという放送期間を考慮すれば仕方ないのかも。

政治的な動きや登場人物の感情の機微をもっと繊細に描いていればなおよかったとは思いますが、であっても、私は自信を持ってお勧めできる作品として推したいと思います。

 サンキュー(3)
2014.03.04 12:46 にゃん^^の評価 | 観終わった | 351が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

図書館戦争の感想

わるい本をとり上げようってする人たちがいて
どんな本でも自由に読めるようにしたいって思う人たちがいて

図書館で戦争をはじめて
たくさんの人がけがしたり死んだり(たぶん)しちゃって
かなしいおはなしだった。。

そんなかなしいおはなしと

小さいころ自分がほしかった本を図書隊の人がまもってくれて
その人みたいになりたいって思って隊に入った
かさはら いくっていうちょっとどじだけどあついおねえさんと
その教官になったちょっといじわる(みたい)な
どうじょう あつしさんの

2人のラブコメのおはなしがあって

にゃんはわらったり泣いたりかんがえたりしちゃった。。

にゃんもいろんなアニメとか見てきて
ほんとにひどいなって思ったおはなしもあったから
そんなおはなしを止めさせようってする
人たちの気もちも分かるけど

このおはなしって
だれかがいいとかわるいとかってきめるのはよくないから
自由にしようって思う人たちの気もちになって
作られたお話しだって思うんだ

それでほんとうに戦争になっちゃったら。。っていうおはなしみたい

戦争っていやだよね
でも人と人があらそうのってしょうがないのかな。。

何でもいいって言ったら
だからってわるいこととか
わるふざけしたりする人たちが出てくるし

じゃあきまりをつくろうってしたら
なんでもだめだめって
じぶんたちの思うとおりにしようってする人たちが出てくるし

きっとどっちがいいとかわるいとかって
ぜんぶまとめてこうしたほうがいいとかって
ないんじゃないのかなぁ。。って
おばかなにゃんは思うけど

戦争するまえに
みんなで多数決(選挙とか)できめようとかって
できなかったのかなぁ。。

それでやってみてうまくいかなかったら
またかんがえるとかってならなかったのかなぁ。。とかってね。。

そんな重たくっていやーなおはなしだったけど
2人の恋とまわりの人たちの思いやりとか
家ぞくのきもちとかがあたたかくつたわってきたから
ちょっと感動するいいおはなしだった☆

 サンキュー(129)
2014.03.04 00:51 minisakuの評価 | 観終わった | 82が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

キャラがなかなか良いですw

『表現の自由』を巡っての、国家機関側と図書館側との戦いの物語。
とはいっても、ラブコメ要素の強い作品なので気軽に見れますw

TV版は全12話、OVAが1話で、あとは劇場版が1本ですね。

内容もキャラも音楽も良くて、結構好きな作品ですw
コメディとシリアスのバランスがちょうど良くて、
最後まで楽しんで見れました!!

アニメが面白かったのはもちろんだけど、
OVAや映画が良かったのには少し驚きました!!

なんかアニメ化後の映画ってロクナノ見てないのでww

一応、劇場版で完結なので、TV版が面白かったって人は、
映画まで見てくださいねw

あと、OVAは大筋のストーリーとはあまり関係ないけど、
自分は一番好きだったのでOVAもオススメですw

気になる人は見てみてくださいね~

 サンキュー(13)
ネタバレ
2014.03.02 20:40 217の評価 | 観終わった | 26が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 5.0

よかったです!

前に少し見てたんですが、途中でみるのやめちゃった事もあり、今まであんまり見ていなかったんですが、
見て良かったです。

二期もやってくれたら絶対見ます!

 サンキュー(2)
2014.02.23 07:23 1061000youの評価 | 観終わった | 28が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

ぜひ2クールで視たかった

序盤のおかしいテンション(ヘンに高い)が鬱陶しかった。
観ることを止めようかと思うくらい。

でも、数話見てしまうと どんどん話しに惹きこまれていく。

それ以外にもキャラクターが魅力的というか、
カッコイイので玄田竜助・小牧幹久・折口マキの個人エピソードも観たい気がしました。

欲を言えば、話がコンパクトにまとめられすぎたせいで、
話の重みまで削られてしまった感があったので、
上の理由とあわせて、2クールで放送して欲しかったです。

 サンキュー(1)
2014.02.20 21:58 come-on Yの評価 | 観終わった | 12が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

タイトルなし

私の好きな有川作品が原作。でもこの原作は未読。

世界観設定等はちょっとややこしいので公式や他の人のレビューを見ていただくとして、
要約して内容をお話すると文化闘争しながらラブコメして、その上感動シーン満載な作品
かな。ただ有川作品の中では上記で省いた世界設定等で好みが分かれる方だと思います。

キャラは親しみやすく、メイン二人の掛け合いは王道さ満載ながらみてて楽しかったです。
あと、ED「changes」は今でも時々聞いてるお気に入りです。

余談ですが、個人的には実写化が多い有川作品にはもっとアニメ化して欲しい。特に
「シアター」と「三匹のおっさん」シリーズを。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2014.02.20 17:38 タルトの1910の評価 | 観終わった | 27が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

素晴らしい

けど、途中でオチが予想出来たから本となると…

 サンキュー(0)
2014.02.16 19:40 観終わった | 142が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

面白いけど世界観に無理がある

まずまず面白かった。
…けど、どうも素直に面白かったという感想が受け入れられない。
どうしてだろう。
多分、視聴中ずっと付き纏っていた"違和感"が問題だろう。

他の方のレビューに私と同意見があったんだけど、これは
『メディア良化法が制定されて、それに抗う図書隊の設定を
素直に受け入れられるか否かで評価が真っ二つに分かれるアニメ』なのだろう。
1話みてこの設定は夢オチかと思ってたが、まさかこの世界設定のまま
最後まで突っ切るとは思わなかった。

こんな未来が本当に来るかもねーって視点で視聴できる人には
非常に興味深いアニメになりそう。
ちなみに私は反対で、この将来の展望には若干無理を感じてしまったクチである。

本当に「メディア良化法」なんてものが制定されたら、本よりまず人を取り締まると思うんだ。
本の取り合いで銃撃戦になるとか、本にダイヤでも入ってるのか、と。
表現の自由を取り締まってる世界観のはずなのに、マスコミが押し寄せて
生中継するシーンがあったりするもんだから疑問を感じないわけにはいかなかった。

本は人間の気持ちを文字に起こしただけのもので、そこに銃撃戦になるほどの
価値があるとも思えないんだ。
一度読んだらそこに書いてある内容を100%理解できて、
未来永劫読んだ内容を忘れない、魔道書みたいな位置づけだったら少しは
納得なんだけど。
その辺りに触れず、あえて結構シリアスにやっちゃってるから、
作者からのメッセージ性が変に見え隠れして、
「これ作ってる人本気でこんな未来を信じちゃってるの?」
という雑念が、楽しもうとする気持ちを終始阻害してくれちゃう。

細かい設定もあり、違和感を書き消すにも十分なほどしっかりと背景を
練りこんであるのも分かる。
だけど、馬鹿には細部まで理解するのは少々難しい。
「メディア良化法」が銃撃戦になるほど深刻な問題性がどうも
伝わらなかったから、最終何のために戦争してたんだっけ?と視聴後、
最も重要なテーマが自分の中から見事に抜け落ちてしまった。

普通に自衛隊モノアニメであれば、また印象は違ったかもしれない。
余計なもの取っ払って突飛な設定が入って無ければ結構面白かったんだ。

堂上教官格好いいし、笠原さんが教官の言動に一喜一憂して
やがて気持ちが靡いていく描写はベタだったけど、乙女心を如実に表していて良い。
意外にシリアスで、会話のやり取りもよく考えられてる感じだから
例え世界観が気に入らなくても、決して見れないアニメには分類されない。

それだけに惜しいアニメだとは思いました。

3話ぐらいまで見て、世界観に違和感を覚えない人であれば、
きっと高い確率で高評価に繋がるアニメだと思いました。
通しで見て、5話の両親に配属先を隠す話と、10話のイジメに遭う話が
自分の中で盛り上がった。

2014.02.13 21:35 ねこ。の評価 | 観終わった | 531が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

萌えの花が~萌えの花が~  【ねこ's満足度:68pts】

なんかもう途中から完全にラブコメでした。あ、最初からか(笑)。

いや~堂上教官かっこい~(>▽<)”
身長差がありすぎて郁の頭をナデ②できないところなんて、完全にキュン死しちゃいました☆

テーマに対するアプローチは若干中途半端な感じ。
こういったものを扱うなら、「真実は一つでも、正義は一つではない」
という事をもっと徹底的に描かないとダメじゃないかと思います。
一方的な解釈だけ押し付けられても答えは出せないですから。

決して『メディア良化法』を支持するわけではありません。表現の仕方を問題視しているだけ。
どうして郁の守ろうとした本は検閲に引っかかったのか。それはどういう基準で定められてるのか。
検閲側の主張もわかるよう、せめてこのくらいは明確にしてほしかったところです。

細かい設定に関してはツッコミどころ満載でしたが、別に嫌いじゃないのでよしとします。
ただそのせいで、作者のホントに伝えたいことが見えにくくなっていたような気はしました。

なんて偉そうに書きましたが、表現の自由なんて難しいことは実際よくわかりません(笑)。
個人的にはニヤ②ラブコメ要素だけで十分楽しめたのである程度満足です。
誰が王子様か、なんてすぐわかっちゃいますし♪
それにしても沢城さん演じるが麻子かっこよすぎました。やっぱり大好き☆

 サンキュー(33)
2014.02.13 20:53 白兎尾の評価 | 観終わった | 41が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 図書館戦争(テレビアニメ) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

あえてこちらへかなぁ~

面白い!

是非続編の映画版革命のつばさまで鑑賞頂きたいと思います

アニメ動画です 

ですからあえて言いますが 戦争描写はこれでいい!!

しっかり出来ている作品です

ストーリーがぶれていないので最後まで鑑賞できました

スタートからラストまでしっかり一直線になっている作品です(これが言いたかったの)

ラストまでしっかり作ってくれているので妙な心残りがありません

エロ・グロな作品や能書き・屁理屈作品の好きな方には向かないかもしれません

映画版までおすすめしたいので あえてこちらにかきました

良作です

 サンキュー(1)

図書館戦争のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
図書館戦争のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

初心者の方へ(アニコレって?)
ビジネス/広告/コラボに関して

図書館戦争
のレビュー/感想・評価ならアニコレ

アニコレなら、図書館戦争のレビュー、感想、評価数が日本一の1,387件!
もちろん、図書館戦争だけでなく、カイバ、クリスタル ブレイズ、RD潜脳調査室 アールディー、ソウルイーターレイトショー、ゴルゴ13、狂乱家族日記、などなど、8,131作品のアニメ情報が盛りだくさんです!

アニコレで、
アニメをもっと好きになろう!

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。