紅殻のパンドラ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「紅殻のパンドラ」

よみがな:こうかくのぱんどら

放送時期:2016年冬アニメ(2016年1月~2016年3月)

★★★★☆ 3.4
物語:3.2 作画:3.3 声優:3.4 音楽:3.4 キャラ:3.5
総合得点 60.3
感想・評価 315
棚に入れた人 1591
ランキング 3381
先進国では、一部ではあるが、サイボーグや自律ロボットが一般に出回り始め──
戦争や災害をはじめ、世界はあらゆる災厄に覆われ、救いをもとめて人々がさまよっていた時代。
これはそんな時代に──全く関係なく、『彼女が、彼女に出会う物語』(TVアニメ動画『紅殻のパンドラ』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 315

2018.04.03 22:05 でこぽんの評価 | 観終わった| 113が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 紅殻のパンドラ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

優しい主人公と素晴らしい歌なんだけど・・・

この物語は、全身義体(脳以外の体全てが人造で作成したもの)の主人公ネネが、同じく全身義体のクラリオンと一緒に活躍する物語です。

ネネの目標は『世界平和』です。
ネネは、人に親切にすることで、世界平和を実現しようとしています。
一人一人が周りの人に親切にすれば、世界平和は必ず実現できる。
ネネはそう考えています。
これは、変な政治家が口ずさむ世界平和よりも、はるかに素晴らしい考えです。

だから、ネネの行動は、優しさに満ちています。
また、彼女の性格もほのぼのしており、親しみを感じます。

{netabare}
ネネは普段は平凡な少女ですが、クラリオンと一緒に行動すると、二人は地上最強のペア戦士へと変化します。
さらに、ネネは、クラリオンと一緒だと、戦士以外にもいろんな職業のエキスパートに変身することができます。
{/netabare}

ストリー展開もテンポよく、ある場面では思わず感動します。

主題歌はZAQが歌うhopenessです。
曲も素晴らしいですが、歌詞はもっと素晴らしい。聴いてて思わず心に刺さります。
(二番の後半から三番にかけても素晴らしい歌詞なのですが、テレビでは聴くことができません)

しかし、これほど素晴らしい要素があるにもかかわらず、
あまりにもふざけているとしか思えない箇所が、ところどころあり、それが作品の素晴らしさを台無しにしています。

それが無ければ、名作の仲間入りをすることができ、
世界中の子供たちが見ることもできたはずなのに、と、
思わず残念な気持ちになる、そんな作品です。

 サンキュー(17)
2018.01.13 15:40 たわしの評価 | 観終わった| 53が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: 紅殻のパンドラ(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 2.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

士郎正宗も年を取る

作家には「旬」というものがある。20代前半~40代くらいまでが脂がノって良い作品を作り出すが、当たり前だがどんな作家も旬を過ぎると考えが鈍くなり、ペンも遅くなり面白さが半減する。今の少年ジャンプなんかもベテランは20年以上漫画を描いているわけで、そろそろ過渡期に入るだろう。

「紅殻のパンドラ」も士郎政宗原作にしては薄味で、1980年代のあの鋭さは微塵も感じない。攻殻などでたんまりと儲けているだろうから今更なのかもしれないが、それにしてもやっつけ仕事でアニメを作るくらいなら若い人に機会を与えたほうが良いはずだ。

 サンキュー(4)
2017.12.16 18:54 みかん姫の評価 | 観終わった| 36が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 紅殻のパンドラ(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 5.0

いちおしアニメ

かれこれ20回は見たような。
1000作品くらいアニメ見てきた中で1番のお気に入り作品です。

今まで相当大変だったろうに、そんな描写もなく、常に明るく、前向きに世界平和を目指すネネちゃんに涙でてきます。

もっといろいろグッズでないかなー。

2期も楽しみにしてます。

 サンキュー(1)
2017.06.20 02:20 インド人を右にの評価 | 観終わった| 66が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 紅殻のパンドラ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

すごいオタク濃度

士郎正宗原案で『攻殻』でおなじみの電脳・義体というSF単語がフツーに出て来る世界で、ナイフで戦う猫耳メイドアンドロイドと全身義体少女が百合百合しく日々をすごしながら、ちょっとアレ///な方法で朝アニメの魔法少女的に変身(?)して、人助けをしたり悪者をやっつけたりします!
セクハラ全開なマスコット(いわゆる淫獣)もでます!
オタクっぽいオマージュやパロディもそこそこ出ます!(映画ブレードランナーとか、ゲームのANUBISとかそういうの)

…と、正直かなりオタク臭いので、そういうのが苦手な人にはおススメしづらいです。
そして、個人的にはストーリーが特段素晴らしかった!、、ということもなく、まー普通~微妙。。。

自分でもこのアニメの何が良かったのかよくわからないのですが、「一昔前のマイナーオタク漫画ってこんな感じだったかなー」と思いながら観てたら、最後まで観てました。不思議ですね。

食べ物で言うとB級グルメみたいなものなのかもしれません。たまにはこういうのもいいです。

 サンキュー(3)
2017.05.29 17:12 にゃん^^の評価 | 観終わった| 364が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 紅殻のパンドラ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

コメディたっぷりの(下ネタ入り)美少女バトル

あらすじはあにこれのを見てね☆


ちょっと難しいおはなしかなって思ったら違かったw

美少女バトル系だけど
「ご注文はうさぎですか?」みたいな百合っぽいところとか
ホントに男子向けみたいなちょっと。。な下ネタもあって
もうちょっとで
「ヴァルキリードライブマーメイド」みたくなりそう。。


1話目
{netabare}
全身サイボーグの少女がリゾートアイランドの平和のために
アンドロイドの猫耳メイドといっしょに戦う。。
あいては美少女たち(が動かすロボット)
それでボロボロになってもだれも死なないし


美少女だらけの明るいバトルコメディって
ちょっとちがうけど「ウィッチクラフトワークス」思い出しちゃった^^


下ネタがちょっときついとこもあるけど
おばかなノリが楽しそうだから来週も見てみるね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
バトルはもぐらタタキしてるみたいで大したことなかったけど
ネネとクラりんがいっしょに
目玉のお化けみたいなロボット「ブエル」を止めるおはなし

ネネの才能って全身義体適合者だけじゃなくほかの何かかも?って
ウザルさんが言ってたけどチート能力とかあるのかもw


さいごはみんなを逃がしてウザルさんだけ地下に残ったけど
あれってもしかして
警察(?)に会いたくなかっただけだったりしないかな?

とにかく
ウザルさんからクラりんをもらってネネはハッピーな感じかな?
ウザルさんって何かヒミツをかくしてたみたいだから
きっとまた出てくるよネ☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
OPの前のナレーションで
「先進国では一部ではあるがサイボーグや自立型ロボットが一般に出回り始め
戦争や災害をはじめ世界はあらゆる災厄に覆われ救いを求めて人々がさまよってた時代
これはそんな時代に全く関係なく彼女が彼女に出会う物語」ってw
そうゆうおはなしみたいw


今週もバタバタしてたねw
下ネタは少なかったからよかったけど^^


福音たちがやっと親戚の拓美おばさん(見た目はロリっ子w)に会えたけど
ウザルを裏切ったバニーにつけられていろいろあってw
バニーがほしがってたブエルの認証キーをあげたの

バニーたちはセナンクル防衛軍(CDF)に捕まって
バニーだけはテロリストのボスが秘密を守るために殺すところだったけど
助かって命令を聞いてるみたい。。


そのあと福音たちは
埋めてあったブエルのセントラル・ナーバス・ユニットを掘り出したけど
ブエル本体は完成してて
テロのボスだけじゃなく拓美おばさんもねらいはじめたみたい^^
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週は福音が学校に入ることになって宿題でお仕事見学に。。


福音たちに何回も止められても
しつこくブエルを分解しようってする拓美おばさんがおかしかった☆


おばさんがお仕事するときって
ゲルツェコマの上に乗っかって死んだみたいになってるのがふつうみたい
もうちょっとふつうにしたらいいのにw

でも
福音たちがいろんな会社を見てまわってるとき
その会社の人たちが神さまみたいにしてくれて
おばさんってすごい人なんだなぁ!って思った☆


後半
被災者の人たちにボランティアしてるお仕事の見学で事件に巻き込まれて
悪い人たちとバトルするのかな?って思ったけど
お料理のお手伝いでよかった☆


おもしろかったしかわいいしちょっといいおはなしでよかったけど
クラりんがスカートめくって。。ってゆうところだけは無くしてほしいなぁ☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
福音はクラりんのパンドラデバイスの機能を使って芸をして
公園のみんなによろこんでもらってたけど
人の力を使って人のために何かするっていいことじゃない気がしてたの。。

そんな時
島が通信障害になって困った人がたくさんいて
困った人を放っておけないロバートさんってゆう人に会って
福音たちはいっしょに困ってる人を助けてたんだけど。。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今日のおはなしは見てて気もちよかったなぁ☆
誰かがよろこんでくれるおはなしってうれしいよね☆

でも
それが自分の力じゃなかったら?ってちょっと考えちゃう。。

アニメとかだったらパクリとかって言われて悪いことだけど
もしそれがみんなのためになるんだったらいいことなのかも?
このおはなしってコメディなんだけど
こんなムズカシイこと考えさせるなんて思わなかった。。


あとロバートさんがさいごに
「この島の平和はおかしなことになりそうだ」って言ってたけど
平和っていいことみたいだけど
よく分からないかも。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
福音がアンドロイド窃盗団に誘拐されちゃうおはなし


クラリンってすごい強いって思ってたけど
窃盗団のボスの弟の義体とそんなに違わなかったみたい?
ちょっとドキドキしちゃった^^

人形師(パペッティア)のデバイスってそんなにすごかったのかな?
今週はそんなに面白くなかったみたい。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
福音たちが買い物に行ったデパートが火事になって。。


福音は止めるクラリンのゆうこと聞かないで
エレベーターでいっしょになった議長さんたちを助けて
もうちょっとで出られるってゆうところで
取り残された男の子を見つけて

また止めるクラリンに先に逃げてって言って助けに行って
死にかけた。。


よくあるおはなしみたいだけど
福音が自分は助からなくっても男の子を助けようってしなくって
さいごまで2人とも助かるって信じてるところが良かった☆

福音はおばかかもだけど
見てて気もちがいいおはなしだって思う

ただ、いつも思うけどパンドラデバイスを使う時
スカートめくってクラリンが恥ずかしがってるみたいになるの
あれがなかったら子どもでも見れるいいおはなしなのに。。って
{/netabare}

9話目
{netabare}
クラリンが拓美おばさんに装備とかの協力をしてもらって
ブエルを解除しようとしてる大佐を止めに行くおはなし
大佐を止めるのはブエルのことじゃなくって福音を守るためってゆうのが
クラリンのいいところだね☆

おばさんも協力する条件に
ぜったい人を殺さないって約束させるところとか
ヘンな人だけどいい人みたい☆


バトルだったけど
ちゃんと兵士の人たちのこと大事にしてて
バトルを見せるために
どんどん人が死んでもかまわないほかのおはなしとはゼンゼンちがうの☆

ほんとの敵とのバトルはこれからだけどコメディもあってよかったって思う♪
{/netabare}

10話目
{netabare}
先週のつづき

クラリンは熱光学迷彩の相手と戦って負けてなかったけど
バニーさんが相手の味方をしようって飛びだしてきて
相手の武器でやられそうになったけど
誰も殺さない約束のクラリンはバニーさんを助けるために逆にやられちゃった。。


6話目に出てたセナンクル警察の大尉のロバートさんのところに
ウザルのコンピュータからメッセがとどいて
セナンクル警察は米帝軍のガサ入れをすることになったの


福音は拓美おばさんのお使いで出てて
いないクラリンのことばっかり考えてたけど
ブエルがホントのこと教えちゃってこれから助けに行くみたい
やっぱり2人がいっしょじゃないとダメみたい☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
はじめっからギャグとヘン顔多めでおかしかったw

仲間を助けようってしてるバニーさんはかわいそうだった
クラリンは自分のためにこわされたって思っててたしいい人みたい

そのとき
福音はコードがつながってなくってシステムに入れたみたいだったけど
これって何かの伏線なのかな?


ブエルを自分のものにしようってゆうクルツと
クラリンを助けることしか考えてない福音の会話もおかしかったw
けっきょく今日はバトルなしで終わってよかった☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
クラリンと福音がブエルの本当のカギで
クルツは捕まって
バニーさんは仲間を助けてってふつうにハッピーエンドだったけど
最終回なのにふつうすぎてちょっとがっかりかも?
{/netabare}


見おわって

けっきょく下ネタ多めのロボっ娘萌えのおはなしだったのかな?
ロボっ娘ユリとか?

すごい面白いおはなしじゃなかったけど
コメディでちょっといいほのぼの系のおはなしとか多かったから
にゃんは好きな方かな^^

 サンキュー(60)

紅殻のパンドラのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
紅殻のパンドラのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。