魔法少女育成計画(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「魔法少女育成計画」

よみがな:まほうしょうじょいくせいけいかく

放送時期:2016年秋アニメ(2016年10月~2016年12月)

★★★★☆ 3.5
物語:3.3 作画:3.6 声優:3.6 音楽:3.5 キャラ:3.5
総合得点 64.3
感想・評価 484
棚に入れた人 1871
ランキング 1828
ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」には、何万人かに一人の割合で本物の魔法少女になれるという噂が存在していた。
幼い頃から魔法少女に憧れていた中学生、姫河小雪もゲームをプレイするひとり。
ある日、いつものようにゲームをプレイしていると、マスコットキャラクターのファヴが突然、小雪に語り掛け、本物の魔法少女に選ばれたことを告げる。(TVアニメ動画『魔法少女育成計画』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 484

2017.09.22 22:01 たわしの評価 | 観終わった| 25が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 魔法少女育成計画(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

まどマギを意識しすぎ。。。。

fateの次はまどマギの二番煎じアニメ。

本当に毎回思うが芸がない。まあ、以下省略です。

作画はそこそこ良かったです。

 サンキュー(2)
2017.09.13 17:46 にゃん^^の評価 | 観終わった| 622が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 魔法少女育成計画(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

ダンガンロンパ 希望の育成計画と絶望の魔法少女?

公式の紹介
{netabare}
魔法少女育成計画とは


16人の魔法少女による、残留をかけた、過酷な椅子取り合戦が始まる―!

魔法少女であるために、騙す、出し抜く、奪い合う。
「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という運営からの一方的な通告のもと、一週間に一人ずつ、魔法少女がその資格を剥奪されていく。
リスクを孕んだ、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、黒幕の意図に翻弄されながらも自分が魔法少女であり続けるために策を練る。
特殊な環境下で麻痺していく感覚。しかし、その中で魔法少女たちはそれぞれの想いを持って、この無慈悲な椅子取りゲームを受け入れていく――

美しくも可愛いキャラクターデザインと一般的な魔法少女のイメージとは不釣り合いな苛酷な描写、そして予測を裏切るストーリー。
読者や書店員による投票企画でシリーズとして上位にランクインするなど、ライトノベルユーザー大注目作品をいよいよテレビアニメーション化!
「ご注文はうさぎですか?」の監督を務めた橋本裕之がメガホンをとり、キャラクターデザインには「アクセル・ワールド」「四月は君の嘘」などを手掛けた愛敬由紀子、シリーズ構成・脚本も「四月は君の嘘」の吉岡たかを。
そして、アニメーション制作は『がっこうぐらし!』『暗殺教室』のLercheが担当。

豪華スタッフ陣が贈る、
魔法少女×サバイバルレース、ここに開幕――!
{/netabare}

Staff{netabare}
原作 遠藤浅蜊宝島社/このライトノベルがすごい!文庫『魔法少女育成計画』シリーズ
原作イラスト マルイノ
監督 橋本裕之「ご注文はうさぎですか?」シリーズ
シリーズ構成・脚本 吉岡たかを「四月は君の嘘」
キャラクターデザイン 愛敬由紀子「アクセル・ワールド」
アニメーション制作 Lerche「がっこうぐらし!」
プロデュース GENCO
オープニングテーマ 「叫べ」沼倉愛美(FlyingDog)
エンディングテーマ 「DREAMCATCHER」ナノ(FlyingDog)
{/netabare}
Cast{netabare}
スノーホワイト      東山奈央
リップル         沼倉愛美
ラ・ピュセル       佐倉綾音
トップスピード      内山夕実
カラミティ・メアリ    井上喜久子
ねむりん         花守ゆみり
ルーラ          日笠陽子
スイムスイム       水瀬いのり
ミナエル         松田利冴
ユナエル         松田颯水
たま           西明日香
マジカロイド44      新井里美
シスターナナ       早見沙織
ヴェス・ウィンタープリズン小林ゆう
森の音楽家クラムベリー  緒方恵美
ハードゴア・アリス    日高里菜
ファヴ          間宮くるみ
{/netabare}


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

1話ずつの感想
{netabare}
第1話「夢と魔法の世界へようこそ!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:橋本裕之 演出:橋本裕之 作画監督:幸野浩二

ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」には、何万人かに一人の割合で本物の魔法少女になれるという噂が存在していた。幼い頃から魔法少女に憧れていた中学生、姫河小雪もゲームをプレイするひとり。ある日、いつものようにゲームをプレイしていると、マスコットキャラクターのファヴが突然、小雪に語り掛け、本物の魔法少女に選ばれたことを告げる。
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめ血だらけの魔法少女がいっぱい倒れてて
ちょっとびっくりしたけどまどマギ系魔法少女ものなのかな?って

Aパートがはじまったらふつうの魔法少女アニメみたいだったけど^^


小雪は魔法少女になってふつうに困った人を助けてたけど
しばらくして魔法少女のチャットルームで自己紹介することになって

小雪の教育係になってくれたラ・ピュセルは
幼なじみの岸辺颯太クンだった!?

男の娘はめずらしいみたいだけど魔法少女にもいろんな人がいるみたい^^

さいごはこの町の魔法少女を半分の8人にするって。。
それって魔法少女がいっぱい死んじゃうってゆうこと?
{/netabare}
{/netabare}
第2話「マジカルキャンディーを集めよう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:東海林真一 演出:大河原崇 作画監督:金子美咲/藤田亜耶乃

マジカルキャンディー獲得数の少ない者は一週間に一人ずつ魔法少女の資格をはく奪される。突然のファヴの発表に動揺を隠せない魔法少女たち。リップルこと細波華乃も自称"相棒"のトップスピードとともに人に役立つことを必死で捜す。そんな中、夢の中でしか活躍できない"ねむりん"だけはマイペースに過ごしていた。そして、ついに最初の脱落者が発表された。
{/netabare}
感想
{netabare}
脱落者は削除って死んじゃうことなの?

1話目の初めから
たくさんの魔法少女が倒れてるところが映ってたから
そうじゃないかなって思ってたけどやっぱりそうなの?

でも、それだと何となくふつうかな。。

「幻影ヲ駆ケル太陽」「結城友奈は勇者である」
あと、魔法少女じゃないけど「がっこうぐらし!」とか
「まどマギ」がみんなをびっくりさせてから
マネして「実は。。」ってゆうおはなしはいくつもあるから。。

それにかわいい女子(だけじゃないけど)次々死んでくおはなしが見たかったら
「ダンガンロンパ」シリーズ見たらいいし。。
次々死んでく「魔法少女(モノ)なんてもういいですから。」


ただ、ずっとサバイバルしていって最後に
「みんな生きてました♪」とかだったらちょっとびっくりしちゃうかもw
それでも「{netabare}悪魔のリドル{/netabare}」ってゆうおはなしがあったから
あんまりびっくりしないかもだけど。。

でも、にゃんはハッピーエンドのびっくりの方が見たいから
このおはなしがそうだったらいいのに☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第3話「バージョンアップのお知らせ!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:齋藤憲明 演出:伊藤史夫 作画監督:伊藤麻由加/梶浦紳一郎
 
あらすじ
なんとか脱落を免れようと魔法少女達が奔走するなか、ファヴとクラムベリーとの会話記録を偶然発見するシスターナナ。その会話内容によって脱落した魔法少女の処遇が明らかになる。魔法少女達に不安と動揺が広まる中、ファヴからゲームシステムのバージョンアップの知らせが入る。
{/netabare}
感想
{netabare}

ファヴから魔法少女をやめたら死ぬってはっきり聞いて
こんどはバージョンアップでキャンディーのやり取りができるようになったって

ルーラのグループは成績1番のスノーからとるつもりみたい。。

でも、ルーラってエラそうにしてるけどそんなに悪い人には見えないんだけど。。

殺し合いにならないといいね。。
{/netabare}
{/netabare}
第4話「フレンドを増やそう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ・演出:鎌田祐輔 作画監督:横山紗弓/服部憲治
 
マジカルキャンディーを奪うためスノーホワイトとラ・ピュセルに襲撃をかけるルーラとその配下達。必死に応戦するラ・ピュセルだが、あえなくキャンディーをルーラ達に奪われてしまい、打ちひしがれるスノーホワイト。二人目の脱落者の発表と時を同じくして、黒衣をまとった16番目の魔法少女が登場する。
{/netabare}
感想
{netabare}

スイムが裏切って
スノーからうばったキャンディーをルーラ以外の人たちには
おんなじくらいに分けて
ルーラが一番少なくなるようにしたの

これでルーラが最下位で死んじゃった。。

ルーラっていやな人だったけど
それだけだったら別に死ぬことなんてなかったのに
キャンディーをぜんぶ取ってスノーのこと殺そうなんてするから。。

ルーラの能力って「コードギアス」のルルーシュとかぶってたけど
ルルーシュは「撃っていいのは撃たれるかくごがあるヤツだけだ」
って言ってたの知らなかったのかな?


でも、これから
スイムがルーラから教わったこと使って代わりになるみたい
「殺そうってする人は自分も殺される」ってゆうのも
ちゃんと分ってたらいいけど☆彡

これで残ったのは14人

スノーホワイト      
リップル         
ラ・ピュセル       
トップスピード      
カラミティ・メアリ    
スイムスイム       
ミナエル         
ユナエル         
たま           
マジカロイド44      
シスターナナ       
ヴェス・ウィンタープリズン
森の音楽家クラムベリー  
ハードゴア・アリス    

さいごに白い魔法少女をさがしてたのはアリスかな?
どうしたんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第5話新「キャラ追加しました!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:齋藤憲明 演出:鈴木芳成 作画監督:遊歩堂

平和的な解決を皆で考えようと魔法少女達に提案するシスターナナ。彼女のそんな偽善性に不愉快さを隠そうともしないリップル。挫けることなく活動を続けるシスターナナの元にクラムベリーから会いたいと連絡が入る。理解者が現れたと喜ぶシスターナナはウィンタープリズンと共に待ち合わせ場所へと赴くが―。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は魔法少女たちの関係のおはなしかな?

スノーホワイトとラ・ピュセルは仲のいい幼なじみでラ・ピュセルがナイト
 
シスターナナとヴェス・ウィンタープリズンはユリのカップル
シスターはいい人でウィンターがナイトみたい

スイムスイムはミナエル、ユナエルとたまの新しいボスになって 
どうやってキャンディーを取ろうかって考えてる。。
         
カラミティ・メアリとマジカロイド44悪いことしてお金もうけ
      
トップスピードとリップルは相棒だけどトップスピードはいい人みたいだけど
リップルはいい子ぶったりしてるのキライみたい     
    
ハードゴア・アリスはまだ白い魔法少女をさがしてる   
スノーと会ってどうするつもりかな?

森の音楽家クラムベリーは今までどんな人かよく分からなかったけど  
ファブに協力して
キャンディー奪い合いゲームをジャマする人を殺そうって。。
     
そんなことしなくっても半分になるのに
ファブって殺し合いをわざとさせようってしてるみたい!?        
{/netabare}
{/netabare}
第6話激「レアアイテムをゲットしよう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ/演出:夕澄慶英 作画監督:杉本里菜/棚沢香織/西田美弥子

突如ラ・ピュセルに勝負を挑んでくるクラムベリー。意図がわからないまま挑戦を受けるラ・ピュセル。数日後、三人目の脱落者と新アイテムの追加がファヴから発表される。コンビを組みたいと願い出るマジカロイド44に条件を提示するカラミティ・メアリ。その条件とは「一人殺してこい」というものであった。
{/netabare}
感想
{netabare}

ラ・ピュセルがクラムベリーにやられちゃった。。
ファブって殺し合いが見たくってみんなを魔法少女にしたんだ。。
マトモな人のほうが殺されちゃうなんてひどい。。


スイムスイムは意外といい人みたい
自分の命を25年も使って買った道具をたまにあげちゃうなんて。。

ルーラだったらみんなの命を使ってゲットした道具を
自分のものにしちゃいそう。。


マジカロイド44はスノーを殺しに来て
スノーをさがして来てたアリスを先に殺した!って思ったら
自分がアリスにやられちゃった。。

スノーは主人公なのにほかの魔法少女なんて殺せないみたいだし
ラ・ピュセルがいなくなったらどうするのかなって思ってたら
こんどはアリスがスノーのこと助けてくれるのかな?

ほんとだったらあと4人で殺し合いが終わるはずだけど
ファブが楽しいからやってるんだったら1人だけ残るまでやらせるのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第7話「親密度を上げよう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:東海林真一 演出:笹原嘉文 作画監督:樋口博美/山口勝
 
唯一の理解者を失い傷心のスノーホワイトが、自分に執拗に接近をはかろうとするハードゴア・アリスの影に怯えている頃、カラミティ・メアリはファヴと個別交渉をはかってマジカロイド44を殺した者の名前を知る。混迷の状況の中でスイムスイム達もある作戦を決行しようとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
今日はアリスのおはなしで
公式のキャラの説明読んだら

「魔法:どんなケガをしてもすぐに治るよ
非常に強力な再生能力を持っている。ふつうのケガはもちろん、体の一部が分断されても、少しずつ再生して元道りになってしまうぞ。」だって。。


それでメアリがどんなに殺そうってしても死ななかったんだ。。
敵になったらコワそうだけどスノーのことは守ろうってしてるみたい?

白い魔法少女をさがしてたけどどうして?ってにゃんは考えたけど
1番さいごに魔法少女になったみたいだから
もしかしてふつうの少女だったときスノーに助けてもらったから。。とかかな?


それからリップルのお母さんの再婚相手がクズで。。って
「亜人」の{netabare}下村{/netabare}さんもそうだったけど
母親が再婚とかしたらこわいよね。。

あと、スイムがシスターに会うんだけど
ヴェスとはまともに戦いたくない。。じゃあまともに戦わなければいい。。
もしかしてシスターを人質にして戦うとか?

あと、リップルがメアリに呼び出されたけどどうなるのかな?
ドキドキするなぁ。。
{/netabare}
{/netabare}
第8話ゲリライベント発生中!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:齋藤徳明 演出:大河原崇/鈴木芳成
作画監督:伊藤麻由加/金子美咲/小長井美南

同志を求め訪れてきたシスターナナとウィンタープリズンに奇襲をかけるスイムスイム達。シスターナナを庇い応戦するウィンタープリズン。一方、カラミティ・メアリに呼び出されるリップルとトップスピード。トップスピードから身の上話を聞かされるリップル。だがその姿を、何者かの銃の照準が狙いを定めていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

えー。。これってホントに「ダンガンロンパ」の魔法少女版だよね。。
血が出て手が取れて。。とか

絵がかわいいからファンタジーみたいだけど
ふつうに裏切ったりして殺し合い。。
そういえばモノクマもファブみたく悪いマスコットキャラだし

おはなしはヴェスがナナに化けて自分を殺そうってしたユナエルを殺して
ヴェスはスイムに殺されて。。

それと
メアリはリップルを殺そうってして
逃げ出したリップルを呼びもどすのにふつうの人たちを殺しだして。。って
「ダンガンロンパ」よりもっとひどいことしはじめた。。


それから人間のときのトップスピードのおはなし
元ヤンキーで今はふつうに結婚してるみたい  
前に「あと半年。。」とか言ってたけどおなかに赤ちゃんがいるのかな?


来週はメアリと戦いそうだからこのおはなしって死亡フラグかも。。
そういえば人間のときのメアリのおはなしもあったけど
自分の子どもをDVしてだんなさんに逃げられたみたい

そんな2人が戦うんだったらトップスピードに勝ってもらいたいけど
「ダンガンロンパ」を萌えキャラでやってみた。。おはなしだから
そんなにいいお話にはならないよね。。きっと。。

ただの殺し合いアニメになってきたけど
さいごがどうなるか気になるから見てる

2クールだったらとちゅうでやめちゃいそう。。

スノーホワイト      
リップル               
トップスピード      
カラミティ・メアリ    
スイムスイム       
ミナエル                
たま                
シスターナナ       
森の音楽家クラムベリー  
ハードゴア・アリス
{/netabare}
{/netabare}
第9話ルール変更のお知らせ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:東海林真一 演出:木野目優 制作協力:遊歩堂

リップルを挑発するため、無差別に国道の自動車を爆破炎上させていくカラミティ・メアリ。その光景を目の当たりにし、怒りに燃えるリップル。この惨劇に巻き込まれた人々を救うべく現場に向かうスノーホワイトとハードゴア・アリス。炎と銃声と悲鳴が交錯する中、別な者達も虎視眈々と獲物を狙っていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

感想書いたけど消えちゃったみたい

メアリは関係ない人まで殺しちゃうってゆうとってもかわいそうな人
どうしてメアリがこんな人になっちゃったかって考えたら
かわいそうでしょうがなかった。。


にゃんは
悪いことするから地獄に行くんじゃなくって
地獄にいるから悪いことしちゃうんだって思う

だからトップスピードとおなかの赤ちゃんって
殺されちゃってかわいそうだったけど
悪いことしなかったからよかったって思う☆

トップスピードが前にヤンキーだったときに
いろんな悪いこととかもしちゃったかもだけど
こんなことしてたらずっとこの地獄みたいな世界で苦しいままだって分かって
そんなのイヤ!いいことしよう☆って気持ちが変わったのかも?


ユナエルはそんなこと考えないでやっぱりかわいそう
きっとこの世界がひどいなんて気がついてもないんだろうなぁ


あと、シスターナナ。。

いいこと言ってたのに自殺しちゃうなんて。。
別に復しゅうなんてしなくってもいいけど
誰かに殺されちゃうまで生きてて誰かを助けてあげれたらよかったのに☆彡


スノーホワイト      
リップル               
スイムスイム       
ミナエル                
たま                
森の音楽家クラムベリー  
ハードゴア・アリス
{/netabare}
{/netabare}
第10話乱入バトル確変中!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを ☆絵コンテ/演出:鎌田祐輔 作画監督:杉本里菜/棚沢香織/小長井美南

多数の犠牲者を出した国道の惨劇から数日後、失ったものを互いに埋め合わせるかのように心を通わせていくスノーホワイトとハードゴア・アリス。脱落者の発表と共にルール変更の発表がされる。それは残り人数を更に4人に減らすというものだった。ゲームが終わっていないことを知った魔法少女達はそれぞれの行動に出る。
{/netabare}
感想
{netabare}

9話目のさいごでアリスの持ってたウサギのぬいぐるみにばけたミナエルが
変身前のアリスの正体を調べてスイムたちと待ちぶせして殺した。。


そのあとスイムたちはクラムベリーを呼び出して待ち伏せしたけど
ぎゃくにミナエルが殺されちゃった。。
クラムベリーって音がすごくよく聞こえるみたいで
待ちぶせとかしててもバレちゃうみたい。。

それにファブと組んでみんなを殺そうってしてる



ごめんなさい。。
にゃんはイジメられたりするから近づきたくないニガテな人っているけど
誰かのことキライだって思ったことってあんまりない

でも、スノーってキライみたい。。


どうしてキライなのかなって考えたら
スノーって悪いのは誰かのせいにして自分はいい子だって思ってるからかも?

にゃんは自分は弱いからって思って戦わなくってもいいって思うし
自分が助かるために人を殺すってゆうのもいいって思う(悲しいけど。。)
だからスノーが悪い魔法少女が人を殺すのを止めないのもいいって思う

「魔法少女って人を助けるものだって思ってた」んだったら
悪い魔法少女を自分で止めたらいいのに
アリスのゆうこと聞かないでつき飛ばしてキズつけちゃうし
「この街には魔法少女がいない!」なんて人のことみたいに言っちゃうし

誰だってみんな幸せになりたいって思ってるし
できれば悪いことなんかしたくないって思ってるよね
だって、悪いことしたらだんだん苦しくなるって知ってるから

だから「ほかの人を殺したりする人ってしょうがなくって人を殺してるし
自分も助けてあげたいけど戦うのキライだから助けれない。。
でも止めてあげれないけどほかに自分でできることことがあったらしよう」って思って

自分のことタナに上げて
「この街には魔法少女がいない!」なんて人のことみたいに言わないで!


前回からすっごいたくさんの魔法少女が死んだけど
今回のアリスのおはなしとか悲しいけど
ワザとそんな悲しいおはなしを見せてからころしちゃうとか
このおはなしってにゃんは好きじゃないなぁ。。

でも、ここまで見ちゃったし
どうなるか気になるからたぶんさいごまで見ると思う
だけど、2期があったらきっと見ない。。

スノーホワイト      
リップル               
スイムスイム       
たま                
森の音楽家クラムベリー  
{/netabare}
{/netabare}
第11話サーバーメンテナンス中です
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ/演出:夕澄慶英! 作画監督:樋口博美/金子美咲
 
次の標的をクラムベリーに決めたスイムスイムは、クラムベリーをおびき出して急襲するという作戦を実行に移す。だがクラムベリーこそ最強にして最凶の魔法少女であった。一方、トップスピードの仇を討つことを決意するリップルは、スイムスイムの情報を教えてほしいとスノーホワイトを呼び出す。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日ははじめの方から
森の音楽家クラムベリーとたまが死んじゃった

クラムベリーがスイムをおそって油断してるときたまにおそわれて。。
たまはスイムの正体を知っちゃったから。。


スイムの正体って小学生だけど
ふつう魔法少女って小学生だから当たり前なのにこんなひどい役ってないよね

それに人を殺すなんてやっちゃいけない事って分かってないかも?
ただルーラだったら。。って考えて何でもやっちゃう

もしルーラがスノーみたいだったら
きっとスイムもふつうの魔法少女みたいになれたのかも?
そう思ったらとっても悲しいね。。


ルーラはそんなに悪い人じゃなかったのに
どうして人を殺しはじめちゃったんだろう?

何かまちがえだったって考えたらルーラのところからだけど
メアリとかもいたし
やっぱりファブがいなかったらなんだ。。


それからリップルはトップスピードの復しゅうでスイムと会おうって。。

トップスピードかわいそうだったね
だんなさんのところに連れて行ってあげたのはよかったけど
だんなさんは急に奥さんの死体を見つけてショック死しなかったか心配。。


ここまでとっても悲しいことばっかりで
今日はほんとにとちゅうで止めちゃいたくなったけどあと1話

これでファブが何をしてるか分かるみたい


スノーホワイト      
リップル               
スイムスイム

残ったのはこの3人だけど来週は復習バトルがありそう
リップルとスイム。。どっちが生き残れるのかな ?
もしかして2人とも死んじゃうとかありそう。。       
{/netabare}
{/netabare}
第12話「File not found」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:久行宏和 演出:鈴木芳成 作画監督:伊藤麻由加/他

スノーホワイトの必死の説得もむなしく、スイムスイムとの命をかけた戦いに向かってしまうリップル。殺しあい死んでいく魔法少女達に、最後までなにもできなかった自分の無力に絶望する小雪。もう魔法少女にはもうなれない、とこぼす小雪に、ファヴが「魔法少女育成計画」の真の目的を語り始める―。
{/netabare}
感想
{netabare}

スイムは死んじゃったけど
ほかの魔法少女たちを殺して
リップルのことも殺そうってしたからしょうがないよね。。

ファヴの目的って
さいごに勝ちのこった1人を魔法の国につれて帰るため。。でいいのかな?
ほんとは魔法少女の1番の敵だったみたいだけど。。


ほんとは魔法少女は1人だけのはずだったけど
スノーとリップルの2人いた方がいいに決まってるって思うけどなぁ。。  {/netabare}
{/netabare}
{/netabare}
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

見おわって


ダンガンロンパ系のおはなしだったけど
1冊のラノベを12話にしたから
16人もいたけど1人ひとりの気もちとかわりと伝わってきたみたい


作画もふつうに見ててそんなにヘンなところもなかったし
キャラデザもかわいかった


はじめはそんなにひどくなかったから見てたら
どんどんグロくなってきて
やめようかなって思った時はあとちょっとになったから見てたけど
殺し合いが好きじゃない人は見ない方がいいみたい☆

 サンキュー(76)
2017.08.28 18:41 kochanの評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 魔法少女育成計画(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

タイトルなし

まどマギ風、美少女サバイバル・バトルもの
中盤から少し飽きてきます、明かされるバトルの意味もいまいち
主人公はあんまり目立たない
おしい

 サンキュー(3)
2017.08.17 23:51 あかねです。の評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 魔法少女育成計画(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

こ、こんな魔法少女は嫌だぁああ!

このアニメのタイトルからして一見、

「ああ、アニメオタクが見るようなただの萌えアニメでしょ?」

とか思っちゃう、そこのあなた!!!!100%と言っていいほど裏切られる衝撃的なアニメです。

ストーリーや流れは、概要から見ていてだいた方がわかりやすいと思います。

まずこのアニメを見終わったのは、最近なのですがまず思ったのがこのアニメのキャラクターは、若干ゆる〜く描かれてる感じがしてやることなす事とにかくエゲツないです。そのギャップがたまらないのがいいとこだと思います。そして某魔法少女アニメと似ているといった意見もありましたが、また変わった方向からの衝撃をこのアニメから感じました。


ひとつ言っておきたいのがグロいのが苦手なら見るのはお勧めしません。グロいのレベルがどれくらいなのかは見て見ないとわからないと思うのですが、

「ワイ/ワタシ、グロいのあんまり好きじゃない」

って方にはお勧めしません!!少し言うと、酷くて腕がぶった切られる程度です。個人的な意見です。


まあ言いたいのはとにかくこのアニメからは、衝撃しか感じられませんでした。魔法少女が硫酸ブチまけるなんて想像した事もないですよね?そんなような刺激を味わえるアニメってなかなかないと思うんですよ。

ただ、終わり方があまり良くなかったっていうのが欠点です。作風としては衝撃もあってかなり刺激を得られて良かったのですが、最終回が微妙だった。それだけが評価は出来ないです。

刺激の欲しい貴方、是非ご覧あれ。

 サンキュー(3)
2017.08.07 09:49 おぼの評価 | 観終わった| 199が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 魔法少女育成計画(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 3.5  キャラ : 5.0

魔法少女達が[殺し合い]やってみた

原作未読(アニメ終了後全巻購入)/全12話

萌えアニメの皮を被ったサバイバルアニメ(・∀・)
個人的には物凄く好きでした。

( 'ω'o[ネタバレレビュー]o
{netabare}
16人の魔法少女が殺しあいをする話。

いやー(*´ 艸`萌えアニメの皮を被ったサバイバルアニメって設定ってだけで本当に好みなんですよ!

萌え×サバイバルですよ!
可愛いキャラクターが死んだり脅えたりするんですよ!

最高っていう言葉しかでてこないじゃないですかぁ(*´ω`*)(変態)

(´ρ`*)コホンコホン

前置きはこれくらいにして、このアニメのいい点と悪い点を挙げていきたいと思います。

[いい点]
・1人1人のキャラ描写が丁寧
・原作絵より可愛く描かれている

[悪い点]
・終わり方がひどい

まあ、こんな感じでしょうか(個人目線)

まず、キャラ描写についてです。
16人も出てくるアニメにもなると、
1人1人のキャラを疎かにしまいがちですよね?

しかし、このアニメは違います!
1人・1人の、魔法少女になる前、[どういう状況下]に置かれていたかをきちんと説明し、さらにそこで
うるっとさせてくるという!

この描写は流石だと思いました。

次はキャラデザについてです。
まあ、これは特にいう事はありません。

といっても、アニメ後原作を購入したら
アニメ絵の方が可愛いと思っただけですから^^;

じゃあ、次にすすみます。

最後は終わり方についてです。

まあ、視聴終了した人は分かるように
完全に[不完全燃焼]+[もやもや]しますよね。

原作通りにやったら良かったのに!
と物凄く思いました。(´・_・`)

まとめとしては、かなり面白かったです。
こういう萌えサバイバルアニメがもっと増えて欲しいと思いました。{/netabare}

( 'ω'o[観点事のレビュー]o
{netabare}
[物語]/4.5★★★★‪★
涙腺が弱いのか、3回も泣いてしまいました(+_+)
特に泣けたのはタマの過去のシーン。
誰にも相手にされないタマを支えてくれた
おばあちゃんが、亡くなったシーンでの
タマの表情は忘れられません。
全体的によく出来た物語でした。

[作画]/4.0★★★★☆
キャラは原作よりも可愛く描かれていました。
(アニメ後購入)
綺麗さや迫力は、[かなりあった]とまでは
言えませんが、普通に興奮する位には綺麗に
あったと思います。

[声優]/5.0★★★★★
本当に豪華でした。
特にあやねるの声がぴったりで(;´・ω・)

[音楽]/3.5★★★‪✯‬☆
OP[叫べ]は世界観にマッチした良曲だったと思います。
ただ、[特別良かった]っていう感じはなかった印象。
ED[DREAMCATCHER]は加も不可もなく普通でした。

[キャラ]/5.0★★★★★
16人という多数の登場人物にも関わらず。
それぞれのキャラに個性を持たせていたと思います。
ちなみに、お気に入りのキャラはトップスピードです。
どうせなら{netabare}トップスピードの赤ちゃんになりたい)){/netabare}ぐらい好きでした( ˙-˙ )

[総評]/★4.4{/netabare}

簡易点数【94点】

 サンキュー(36)

魔法少女育成計画のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
魔法少女育成計画のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。