機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(OVA)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」

よみがな:きどうせんしがんだむさんだーぼるとでぃっせんばーすかい

販売開始日:2016年7月29日

★★★★★ 4.1
物語:4.0 作画:4.4 声優:4.0 音楽:4.0 キャラ:4.0
総合得点 68.1
感想・評価 27
棚に入れた人 133
ランキング 873
アニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の全4話に、新作カットを加えたディレクターズカット版。(OVA『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 27

2017.02.12 09:51 Robbieの評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(OVA) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

ちょっと物語が暗すぎて好きになれなかった...

物語が暗すぎてあんまり好きになれなかったな...
ただその他の点は、文句なし。
作品としての出来は、良かった。
見応えもあったし。
2期も気になる。

 サンキュー(0)
2017.01.11 12:21 無吉(ナシヨシ)の評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(OVA) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

非常によく出来た作品

圧倒的に好みの作品でした。
自分はアニメは色々なジャンルを満遍なく見るのですが、それを鑑みてもトップレベルに面白いと思います。

戦争によって生まれる負の感情の連鎖、やり場のない悲しみ、そういった難しい表現がこの2時間に凝縮されていました。本当に映画を分割して放送したような感じです。作画もフルスクリーンで見てみたくなるような精細なものでした。

声優さんも良かったですね。個性的なキャラ(主にイオとダリル)の気持ちがひしひしと伝わってきました。また、劇中音楽の洒落たジャズやバラードは、より一層主人公達に感情移入をしやすくさせてくれました。(イオならばジャズのリズムで戦闘をこなす感じ。ダリルならば音楽が流れる度に過去との葛藤を経て現在があるのだと感じさせてくれます。)

また同時期に放送された「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」が好きな方は、この作品も好きかと思われます。逆も然り。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2016.12.16 06:56 HG animeの評価 | 観終わった| 40が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(OVA) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

作画9割

 ガンダムはガンダム00と逆襲のシャアしか観たことないので事前知識ほぼ0。地球連邦とジオン公国という二つの勢力が戦っているんだな、程度の認識で視聴(笑) 映像作品として楽しんだ。

 「作画がすごい」。これに尽きる。ガンダム無双とかのゲームはやったことあるしプラモもそこそこ作ったことがあるので、それを通して見慣れた機体がこの美しい作画でぬるぬる動いているだけでも観た価値があった。フルアーマーガンダムとサイコザクの戦闘シーンヤバすぎぃ! 人物画はジョジョみたい(?)。

 上記したようにガンダムについては初心者中の初心者なので物語についてあまり本当は言及したくないけど、私みたいなのがいきなり観ても筋が追えるくらい良い意味でシンプルだった。重苦しい演出と軽快なジャズがおしゃれ。でもちょっと狙っておしゃれにしている感は否めない。
 モビルスーツは人殺しのための兵器。でも美しくてかっこいいし、ダリルやイオは搭乗する楽しさを味わっている。現実でも兵器ってそういうものだしね。大モルトケの戦争観じゃないが、やっぱり戦争って悪いところもあれば良いところもある。ガンダムってそういう戦争観の匂いがする作品なのかしら。
 正直言うとこの作画でガンダムが観れりゃ物語はたいして気にしないが、今後の展開に期待したい。

 サンキュー(2)
2016.11.03 07:55 D.Dの評価 | 観終わった| 66が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(OVA) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

エグいガンダム

原作はジャズ押しが好きじゃなくて読むのをやめてました
この作品も中々視聴する気になりませんでしたが観始めると戦闘シーンが良く思わず魅入ってしまいました

話は戦争の醜さと言うよりは人間の醜さが描かれている気が超個人的にですがしましたかね
超個人的と言えば重装のフルアーマーガンダムが超機動な点となんでザクを赤にしちゃったかなと言う点ですかね


ま、ガンダム好きはもとより、ロボ好きな方等は一度視聴さてみては?
こちらの作品がディレクターズカット版なのでこちらを観ればOKです

合わないとすればジャズとキャラデザかな?

 サンキュー(2)
2016.08.10 21:41 けみかけの評価 | 観終わった| 145が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(OVA) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

傷痍兵、ドラッグ、学徒動員、PTSD、、、ガンダムの歴史に楔を打つ傑作の誕生を目撃せよ!史上最も残酷なガンダム映画!!そして史上最強のザク!!!

『MOONLIGHT MILE』などで知られる漫画家、太田垣康男が手掛けた『機動戦士ガンダム』のスピンオフコミックの、原作第1部に相当する部分をサンライズ第1スタジオと松尾衡監督が有料配信限定作品として15分×4話でアニメ化
さらにそれを劇場上映とパッケージ向けに纏め上げ、新規カットを多数加えたものが本作です


舞台は宇宙世紀0079の12月、一年戦争末期
かつてのサイド4(ムーア)が存在していた宙域は、破壊されたコロニーの残骸と無数のデブリが漂って沸き起こる稲妻によって暗礁地帯と化していた
通称“サンダーボルト宙域”と呼ばれていたこのポイントは、決戦の地ア・バオア・クーへの補給地点としてその重要度が増していたのだ
連邦軍のムーア同胞団はこの宙域を奪還せんとモビルスーツを大量導入するが、ジオン軍の傷痍兵ばかりで構成されたリビング・デッド師団の狙撃部隊によって足踏みを余儀なくされていた
元々はムーアの住民であったムーア同胞団にとっては、故郷を取り返すような面持ちのとても辛い作戦であったのだが、パイロットの一人であるイオ・フレミングは趣味であるフリージャズをBGMに飄々と出撃していく
イオは乗機を撃破されつつも奇跡的にジオン狙撃兵の一人に一矢報いる事に成功、敵狙撃手を卑怯者の傷痍兵と侮蔑して煽る
仲間の一人をイオの騙し討ちに殺られたリビング・デッド師団のエーススナイパー、ダリル・ローレンツは自分や仲間たちを侮辱する態度のイオに対し復讐を誓いつつも撤退を余儀なくされる
そんな中、ムーア同胞団への補給として最新鋭機であるガンダムが配備されることとなった・・・


まず今作は『ユニコーン』や『THE ORIGIN』と同じく明白な原作が存在している珍しい『ガンダム』アニメであります
舞台は1年戦争、これまでにも『0080』や『第08MS小隊』や『MS IGLOO』といった名スピンオフOVAが生まれてきた時代設定で、特に残酷な戦争描写に注力している作品が多いと言えます
そして今作はそれら名作OVA達の鉄壁の牙城を揺るがす傑作に仕上がっているとまず断言しておきます!


太田垣先生と言えば、SFとしては極めてリアルなメカ設定と圧倒的作画力でそれを描写する画面的な説得力がまず際立っていますよね
今作に登場するMSはジム、ザク、ドムなど一年戦争作品ではお馴染みの量産機でありながら、よりリアリティのあるデザインにリファインされているのが特徴です
関節をデブリから守るシーリングが施されていたり
不恰好なバックパックがわざとらしく装着されていたり
盾に両手を取られることの無い様に盾を担ぐためだけのサブアームがこれ見よがしに着いていたり
“人型”というMS最大の矛盾点、【アニメ的な嘘】を極力補うような造形はをした結果がコレだ、というこれまでの『ガンダム』シリーズにありそうでなかった描かれ方をしていると思います
ちなみに太田垣先生が今作で最も拘っているのが、イオが駆るフルアーマーガンダムを“ガンダム=ヒーロー”的に描いてきたこれ以前のシリーズと違えて【史上最凶の悪役】としてる点
その上で、ダリルが駆る【ザクがこれを倒す!】という部分にあるらしいです
シリーズではあくまで雑魚キャラとして扱われてきたザク
そのザクで!あのガンダムを!!倒すというのです!!!
この展開、シリーズが好きな人にとっては胸アツにならないわけがない
バーニィもびっくりだぁ!


そして肝心の戦闘描写も、複雑なデザインのMSや画面に無数に溢れるデブリといった根気の要る細かな作画にも関わらず見事なまでにアニメートされており、これまでの『ガンダム』シリーズでも屈指のハイクオリティです
そしてサンダーボルト宙域特有の放電現象も、デジタル技術を十八番とするサンライズ1スタお得意の色彩設計と撮影効果のコンビネーションによって単なる稲光エフェクトとも虹色とも違う、なんとも形容しがたい万華鏡のような情景を映し出しており、“単純に1枚の絵として観ても”価値のある画面に仕上がっています


さらにお話の方もとにかく戦争の悲惨さが際立って描かれるシリアスなものになっています
そもそも主人公の一人であるダリルが傷痍軍人、というある意味『ガンダム』を含めたアニメ作品ではタブー的に扱われる存在だと言う点からして他とは違う
そして新兵器開発の為に身を捧げるが如く扱われる使い捨ての軍人達
追い詰められていく度に疲弊していく精神
学徒兵の動員という直視し難い現実との向き合い
生きる為には相手を殺すしかない、という恐ろしさ
とにかく残酷、とにかく悲惨、こーゆー作品こそ『ガンダム』を知らない人にもチェックしていただきたいです


んで松尾衡監督といえばやっぱ“プレスコ”ですよね
このシリアスな作品を支えるキャストの演技は近年のどのアニメよりも際立って良かった
中村悠一、木村良平、行成とあ、大原さやか、平川大輔、まさに実力派の真骨頂
終盤の狂気に駆られていく登場人物達の雄叫びや悶絶の芝居にアナタは震え上がることでしょう


最後に今作の独特の味を出している菊池成孔による劇伴の存在も忘れてはいけません
今作はストーリーを際立てる為に重要な会話パートではほとんどNO BGMです
これはそもそも松尾監督の演出の基本ですね
ですが、ひとたびイオが出撃すると彼が身に付けるプレーヤーからはお気に入りのフリージャズが流れ出すのです
一見すると荒唐無稽なようで不思議とノれるフリージャズのハイテンポなリズムとスウィングは、飄々と戦場を駆け抜けるイオと軽々しくデブリを避けて飛び回るガンダムの機動力にマッチしてまるでダンスのよう
そして狂気めいたイオ自身をも演出します
ソレに対してダリルも音楽を聴くのですが、イオとは対照的に50年代アメリカのオールディーズを髣髴とさせるポップスが流れてくるんです
爽やかな女性ボーカルをバックにして次々に敵兵を撃ち抜く(つまり殺している)ダリルの現実感が既に常識から乖離している、というギャップを示唆する異化効果を出しています
劇伴はあくまで劇中のラジオやプレーヤー、或いは登場人物たちの記憶にある音楽が頭の中で流れているだけという演出になっており、画面やお話とのマッチング、或いはその逆でギャップからくる異化効果を楽しんでいただくとこの作品の印象がより強く感じると思います


長くなりましたがお話、画面、芝居、音楽といった全ての要素において今作はこれまで37年に及ぶ『ガンダム』シリーズにおいてもトップクラスに君臨する傑作に仕上がったと思います
原作ではイオとダリルの戦いはまだまだ続いており、今作のラストでは今後の原作の展開を予想させる結末を迎えるのですが、今作単発の出来に関しては何一つ文句の付け様がありませんでした

 サンキュー(5)

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。