GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ」

よみがな:がんすりんがーがーるいるてあとりーの

放送時期:2008年冬アニメ(2008年1月~2008年3月)

★★★★☆ 3.4
物語:3.5 作画:3.1 声優:3.3 音楽:3.6 キャラ:3.5
総合得点 60.8
感想・評価 304
棚に入れた人 1509
ランキング 3002
戦いに踊る人形、復讐に駆られた大人たち…廻る舞台。(イル・テアトリーノ)
舞台はとあるヨーロッパ。公益法人”社会福祉公社”
障害者支援のための首相府主催事業を表向きとするこの組織の実態は、瀕死の少女たちに機械の体を与え「条件付け」を施し、その少女たちを使って政府に敵対する勢力を秘密裏に排除する諜報機関であった。
生きることと引き換えに「義体」となった少女たち。それぞれに一人ずつ担当官がつき、いつも行動を共にしていることから、兄妹(フラテッロ)と呼ばれている。
「条件付け」により生身の頃の記憶が封印された少女たちにとっては、担当官の命令に従い、銃を持ち戦うことが何よりも幸せなのだった。
義体や担当官など社会福祉公社の側の人間、そして敵対する五共和国派側、それぞれの過去や想いが複雑に糸のように絡み合う群像劇は、否応なく悲しきクライマックスの舞台へと向かっていく。(TVアニメ動画『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 304

2017.03.14 14:42 うざっしーの評価 | 観終わった| 47が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 2.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

憎しみの連鎖に囚われた左翼テロリストの愚かさを描いた作品。作画が良ければ一期に並ぶ傑作になっていたかもしれない

二期だが、{netabare}一期で死んだアンジェリカが出てきたりするので{/netabare}続きではないらしい。
一期の絵の重厚さは無くなり見た目が安っぽくなった。この二期の方が原作者の意向を反映しているらしいが、一期の高い完成度に嫉妬する原作者様という名の暴君の指示の下で嫌々作られたのだろうか…。自分の漫画の価値を高めるために、アニメは意図的にダメにしたのかとすら思う。義体たちは一期より目が大きすぎて酷いキャラデザだが、脇役の女性はちゃんとしてるし。ただトリエラとリコはこのキャラデザでも悪くないと感じたので、ヘンリエッタの目を少し小さくするだけでもだいぶ印象が違ったと思う。
アクション作画も急ぐべきところでのんびりしてたり、ほんとダメ。一期が凄すぎたのもあるけど。
オープニング映像が7話でようやく完成しているが、製作の状況も厳しかったのだろうか。

ヘンリエッタは目が大きい萌え萌え少女になっただけでなく性格も変わり、ジョゼをストーキングしたり嫉妬したり、いちいち顔を赤らめてジョゼに(*´Д`)ハァハァする痴女みたいになってしまった。一期であんなに苦悩した悲壮感は皆無(でもヤンデレだったけど)。「アニオタどもはこういう萌えがいいんだろ?」という原作者の声が聞こえてくるようだ。
ヘンリエッタ以外の義体の描写は悪くないんだが…リコが一期よりロリっぽくなったのは違和感があったが、その分リコが無邪気に拷問や暗殺をするシーンは怖さが出ている。アンジェリカが人を殺してリコとキャッキャウフフしている様はこの作品ならではの趣がある。
ヘンリエッタは全然活躍せずトリエラがメイン扱いになっているが、原作者は一期はヘンリエッタを優遇しすぎだと思ったんだろうか。

今回は敵のテロ組織の五共和国派(パダーニャ)の話に尺を多く割いているが、作者の不満は一期が「義体の少女たちかわいそう」で終わっていて、敵側に焦点を当ててないことだったのだろうか。
普通の人間のピノッキオが天才だというだけで義体のトリエラやヘンリエッタより強いのが萎える。一期でヘンリエッタが強すぎることで苦悩していたのが台無しに感じた。
社会派ドラマみたいな内容になっているが、敵のヒロインのフランカがあまりにも頭の悪いバカサヨ女で(沖縄基地でデモやってる社会のゴミクズ共レベル)、橋なんか爆破して世の中変わるのか?という疑問がつきまとった(メッシーナ大橋ってまだ完成してないのかwやっぱりヘタリア?)。{netabare}最後にフランカが撃たれても「バカサヨ女ざまぁw」としか思わなかった。{/netabare}

ただ、五共和国派メインの話は退屈だが、義体の少女たちに焦点を当てた話自体は一期同様に出来が良い。トリエラが典型的イタリア娘のミミとしばらく生活する話は良かった。一期では無かったトリエラの過去も描かれていたし。{netabare}トリエラは発見時は足は無事だったのに、強化のために切断されてしまったのだろうか?{/netabare}
イタリアだけにマキャヴェリの話題が出てくるが、作品思想は反マキャヴェリズムを感じる。目的のために手段を選ばない組織の末路の虚しさを描いている。{netabare}組織の生贄になったクリスティアーノをサヴォナローラに比しているようだが、大学受験で覚えた人名で懐かしかった。{/netabare}

{netabare}しかしあのマルコーが若い頃はナンパ野郎だったとはwやはりイタリア男か。{/netabare}

これだけ書くことがあるのだからまるっきりダメな二期ではないのだが…アクション作画の出来さえ良ければと思う。

良かった点は声優の演技と、あと音楽。OP「たった1つの想い」は素晴らしく、EDのだーまえの曲もまあまあいいし(ABやシャーロットはガンスリの影響受けてる気もする)、劇伴も良い。

 サンキュー(5)
2017.01.22 11:29 赤城の評価 | 途中で断念した| 46が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

一話で切った

ストーリーもクソだしあの、少し機械っぽくて不気味で、でも人間らしかった1期の作画でもないし、声優も変わってるし。一体何があったんだ

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.01.08 22:25 RFCの評価 | 観終わった| 40が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.0  声優 : 2.5  音楽 : 2.0  キャラ : 3.5

外連味の弊害

1期が秀作で2期を視聴したら、
製作陣変更のせいかあまりに作風が変わり過ぎていて1話切りして早数年。

今一度視聴してみようかと一気見しました。
原作読破済みです。

【作品概要】
 1期の続きです。
 舞台はイタリアのままで、社会福祉公社のテロリストとの戦いの続きです。


【作品に対する感想】
 他の方のレビューにも似たようなことが書かれているかもしれませんが、
 とにかく1期の時の作風と違いすぎて頭の中を修正するのが大変でした。
 あの雰囲気が好きな人は「なんじゃこりゃあ!?」でしょう。
 私も同意見です。
 初めからこの作風だったらそこまで気にならなかったかもしれません。
 とにかく外連味の弊害が最大限に出た作品と思います。

 半分くらいまで我慢できれば、なんとか完走できるかと思います。
 クラエスの一日あたりからはそこそこいい感じだったと思います。

1)物語
 1期はジョゼ―ヘンリエッタのフラテッロが中心に描かれていましたが、
 今作は比較的他のフラテッロにもスポットが当たっていました。
 特にヒルシャー―トリエラにフォーカスされていたように思えます。

 距離の取り方に双方迷っていたこのフラテッロですが、
 双方いろいろな人の意見を聞きつつ、素直に距離を縮めていくのは
 良かったかと思います。 
 
 3期を元の製作陣に戻して完走してもらえたら…というのが私の願望です。
 
2)声優
 外連味の弊害を最大限に発揮したところと思います。
 ・義体の少女たちがアニメらしく感情豊かにしゃべってました。
  淡々と話しながら殺戮していく痛々しさはどこへ?
  特にヘンリエッタは唖然でした。
 ・担当官の声がアニメらしく高すぎで、抑揚豊かでした。
  淡々とした口調の奥に見え隠れする苦悩と葛藤はどこへ?
  特にマルコーは唖然でした。

 とすると1期は本当にアニメらしくないオンリーワンだったのが魅力だったと言えますね。

3)キャラ
 テロリスト→射殺
 みたいな感じで進んできてましたが、フランカ一味とピノッキオという
 敵方で背景が深掘りされるキャラが登場しました。
 
 本当に救いの無い話でした。
 死ぬ時は死ぬ。現実と真理ですね。
 このあたりは良かったかと思います。

4)作画
 がっつり変更されていて、脳内補正するのが大変でした。
 色合いも明るくなっており、1期の良さは崩壊でした。

5)音楽
 これも外連味の弊害でしたね。
 不用意に盛り上げようとし過ぎて作風を壊してしまっているように思えました。

 サンキュー(10)
2016.11.18 18:22 あいきの評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

よかった

よかった

 サンキュー(1)
ネタバレ
2016.08.14 02:08 豚足の評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

音楽が素晴らしい。
義体のみんながハッピーなエンド。

 サンキュー(0)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。