ひそねとまそたん(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ひそねとまそたん」

よみがな:ひそねとまそたん

放送中:2018年春アニメ(2018年4月~放送中)

★★★★☆ 3.7
物語:3.5 作画:3.7 声優:3.8 音楽:3.6 キャラ:3.7
総合得点 63.2
感想・評価 221
棚に入れた人 705
ランキング 2352
「私は、君とソラを飛ぶ。」

甘粕ひそねは、航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人だ。

素直すぎて無意識で他人を傷つけるのに疲れ、任期限定の自衛官を選んだのだ。

だが、運命の出逢いが彼女の人生を根底から変える。

基地に秘匿された戦闘機に擬態するドラゴンがひそねを選び、大空高く舞いあがったのだ。

こうして「OTF(変態飛翔生体)」であるドラゴンに乗りこむ飛行要員が、 ひそねの仕事になった。

国家的な命運を左右するとも言われるドラゴンには、 はたしてどんな秘密が隠されているのだろうか……。

(TVアニメ動画『ひそねとまそたん』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 221

2018.10.01 10:13 プラたんの評価 | 途中で断念した| 9が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ひそねとまそたん(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

おもしろいとかつまらないとかでなく、期間を空けたら見る気をなくしてしまった。

ごめんなさい。

 サンキュー(1)
2018.09.29 14:59 デルグの評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ひそねとまそたん(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

岐阜の顔

モブサイコで味を占めたのか
面白個性的キャラデザです。

主人公、ひそねの本心しか言えない人物像は
徐々にその魅力が溢れてくる話創りになっており、
素直に「萌え」ます。
その他、Dパイ達も皆、笑いと萌えを提供してくれます。

脚本家の岡田さん。かなり苦手で
(彼女がメインスタッフを担った作品の中で
文句なしに面白いと思ったのが花咲くいろはと今作だけです)

花咲くいろはと
設定をいじって同じことをやっていると
感じてはいますが…。

因みに割とネットで見て驚いたのが、
何時から戦いに変わるのだ。敵は何だという意見。
不思議でした。1話からの出だしを観れば
今作がバトル要素を含むとは到底思えなかったので。
もし敵が出たらどっかの魔法少女アニメみたいな
構成…になるのかな?

BDでは音を更に向上させているらしく
発売1ヶ月伸びた時はもどかしく(笑)
早く届かないかな…。

各務原基地では、11/18に年に一度の航空祭。中に入ることも可。
ほとんど基地外に出ないという
よく解らない聖地巡礼アニメでもありますが
今年はブルーインパルスも飛ぶらしいので、
予定が合えば再度行って参ります。

 サンキュー(8)
2018.09.25 20:47 deashの評価 | 観終わった| 253が閲覧 ★★☆☆☆ 2.6 評価対象: ひそねとまそたん(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

小ネタに真似がいくらなんでも多すぎる

70年代パイロット候補生のドラマのネタから拝借しすぎ。
なんてタイトルだったか忘れたが、ジョアおばさんまで出てくるのでどうかと思う。もちろん、その正体は教官である。主人公が自機を溺愛する設定から天然娘が主人公なのも同じ。というか書く気にならんくらい一杯真似。

一周した今の時代にこの類の話を出すのは理解できるし内容もダメではないが、アレンジが少なすぎてどうなんですか、という感じ。空気読めるのにちゃんとやらなかったみたいな作品。以前の総監督はできる人だったのだろうが、最近そういうのが多い。同じセリフを使っていて、もうやる気をなくしたのかとすら推測する。ある回の放送は「前から考えていたんです!私辞めます!」と予告に出ていたが、そのびっくり展開さえも存在する。そういうのばっかり。デザインは全く違うがヒロインがなんかのんびり飄々としてるのまでそっくりだが、盗用しているセリフが同じセリフなのに上手く2次元化しているために違って聞こえる。本人の作品にはしているのだが、正確には小ネタというかストーリーに関わる部分にもネタやセリフを大量転用しており、作品の感触は違うものになっているのに全体的に「まんまそっくり」である。同じテキストを変えて使っているのだから当然である。もしかしたら、弄る前でまんまなのを忘れたまま作ってしまったのか。余談だが、そこはかとなく台本と俳優のお芝居が二次元臭いドラマで、これをアニメにしたら面白いよなあとは自分も思っていた。でもアレンジはしてください。テキスト全体の半分以上くらいは同じセリフをアレンジしていると言っていい。

 サンキュー(6)
2018.09.23 01:00 scandalshoの評価 | 観終わった| 74が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ひそねとまそたん(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

中毒性のある優良作。

久野美咲さんと黒沢ともよさんのコンビって、最強じゃないですか?
新井里美さん、名塚佳織さん・・・。
大物声優目白押し。

特徴ある作画は終始安定。
テンポの良さと個性溢れるキャラが癖になる。
OP、EDとも癖になる。

今まで視聴してきたどの作品とも違う、でも癖になる不思議な作品。
中毒性という点では、私史上最強クラスかも知れない。

{netabare}1~3話までは、ひそね役の久野美咲さんと、名緒役の黒沢ともよさんの好演”だけ”が光る作品だと思っていました(笑)
ひそねとまそたんの関係”だけ”が見どころの作品と言っても良いくらい。

4話で絵瑠、莉々子、真弓の3人が加わってから、物語が俄然面白くなってきた。
Dパイ同士の関係。
Dパイと他の男性隊員の関係。
Dパイと変態飛翔生体との関係。

8話で、変態飛翔生体とDパイたちの真の目的・役割が明かされてから更に面白味が倍増した。
更に、9話では意外な問題が・・・。
「7話の話がここに繋がってくるんだ」と。

そして感動の11話、12話に続く・・・。{/netabare}

「起承転結」がビシッと決まった、物語としても、とても面白い作品でした。

 サンキュー(30)
2018.09.23 00:52 木村天祐の評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: ひそねとまそたん(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

ドラゴンに乗る女性航空自衛隊の話

面白かったです。

変わり種でしたね。空自とドラゴンの組み合わせ。
国家機密級の変態飛翔生体 (OTF) であるドラゴンを軍用機に擬態させて飛ぶ女性のお話です。

ボンズ制作の上、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の脚本を手がけた岡田麿里が携わってます。それだけで結構期待しますね。特に私は最近のボンズの作画レベルについて、数ある制作会社の中で上位にカテゴライズしてるので。

これはこれで私は好きなんですが、
京アニで言う「日常」とまでは言いませんが、マニアックなチョイスなのにビジュアル(キャラデ)が萌豚に媚びてないのが、評価がいまいち伸びなかった原因だと思います。

でも、面白かったですよ。話が安定してました。脚本としては上々だと思います。
ただ、贅沢を言うなら、もう少し視聴者の意外性をつくサプライズが足らなかったかもしれません。やっぱり「え?」と思わせる場面ってほしいじゃないですか。
あと、せっかく空自なので、視聴者の知らない空自知識・用語・装備とか出して興味を惹かせるべきだったなと。これ実は重要なんですよね。ミリタリ分野にカテゴライズされる作品は、視聴者がよくわからんいらないミリタリ知識を散りばめなければならないんです。説明するわけじゃなくて、視聴者自身に調べさせるんです。それじゃないとリアリティも足らないし、視聴者の興味も引けない、二重のマイナスなんです。ミリタリもので成功している作品はみんなこれやってるんですよね。
脚本としては、空自はあくまで舞台、別に空自である必要はなかったのかもしれませんが、視聴者はそう見ないと思います。少しリサーチが甘かったなと。

声優は結構歴長い人使ってますね。新人もいましたが、安定的だったと思います。

私はオススメですね。
是非見ておのおの判断してほしいレベルの作品です。

 サンキュー(3)

ひそねとまそたんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ひそねとまそたんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。