殺戮の天使(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「殺戮の天使」

よみがな:さつりくのてんし

放送時期:2018年夏アニメ(2018年7月〜)

★★★★☆ 3.1
物語:2.8 作画:3.2 声優:3.3 音楽:3.2 キャラ:3.1
総合得点 55.4
感想・評価 183
棚に入れた人 825
ランキング 4899
ビルの地下の最下層で目を覚ました少女、レイチェル。 彼女は記憶を失い、自分がどうしてここにいるかさえ分からずにいた。 地上を目指し、ビルの中をさまよう彼女の前に現れたのは、顔を包帯で覆い、死神のような鎌を持った殺人鬼ザック。 「お願いがあるの…お願い、私を殺して」 「一緒にここから出る手助けをしてくれよ。そしたらお前を、殺してやるよ」 二人の奇妙な絆は、その””誓い””をキッカケに深まっていく。 果たして、ここはどこなのか。二人は何の目的で閉じこめられたのか。 彼らを待ち受ける運命とは。 密閉されたビルから脱出する二人の決死行がはじまった……!(TVアニメ動画『殺戮の天使』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 183

2018.11.23 21:26 ZORRROの評価 | 観終わった| 86が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 殺戮の天使(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

とりあえず12話までの感想。【追記】16話まで。

プライムビデオとかで16話まで出てくる感じ。

原作はやってます。もっとも、もうなんとなく覚えてる程度でしたが。
そういう人が楽しく見れるアニメなんじゃないでしょうか。

正直、原作はとても面白いです。が、そういうフリーゲームがアニメ化したらこの様になってしまうといういい例ではないでしょうか。

ストーリーの深いところ、主軸の部分がかなり浅いので、
1クールでのアニメ化となると結構内容薄いかなという印象。
過去回想はあるけど、こういうことがあったよー、以上。みたいな。
そのわりに1クールの尺じゃ足りなくて4話はみ出てるわけですが(汗)

今後もフリーゲーのビッグタイトルで何かしら出てきそうではありますが、
長編ゲームはまとめるの大変そうだし、こういうそこまで長くないゲームだと作り込むの大変そうだし、
そう考えるとこのアニメはよくできていたと思います。

レイチェル可愛いよ。


【追記】16話までみた感想。

といっても、まあ原作通り無事終わりましたねって感じです。
ただ改めて、原作知らない人が見ても伝えたいことがあんまりわからん作品かなと思います。

まあ気になる人は実況動画でも見ましょう(笑)

レイチェル可愛いよ。

 サンキュー(6)
ネタバレ
2018.11.21 01:15 chariotの評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 殺戮の天使(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

幸せとは、ひとそれぞれ。

フリーゲーム原作の全16話。
12話までTV放送あり、13話以降は有料サイトでネット配信。
ジャンルは…脱出ゲーム。要素としてサイコ、神、誓い、信じる者。

レイチェル・ガードナーは見知らぬ部屋で目覚める。
出口を探して彷徨う中で大鎌を持った男ザックと出会う。
自分を殺して欲しいというレイチェルにここから出られたら殺してやるというザック。
何故レイチェルは死を望むのか?ここからの脱出は出来るのか?この建物は一体何なのか?
何もわからないまま出口を目指す二人……って感じの話です。(ホントか?


ゲーム未プレイで視聴開始、4話あたりでゲームに着手。
フリーなので気になる方はやってみて。
配信サイト→https://gamemaga.denfaminicogamer.jp/satsuriku/
ゲーム記:
割と簡単ですし何か起こる前にセーブ画面が出るので安心。
{netabare}一番の難関と感じたのが
ザックから逃げるイベント。(2回かな?)
いやマジでザック速すぎ。操作性の問題もありそうですがゲームパッド使用でも何回かやり直すハメに。
しばらくはザックの笑い声のSEに恐怖を感じたぐらい軽いトラウマ(笑){/netabare}

感想。
アニメ序盤が面白かったのでゲームやってみたんですが、結果としてゲームの方が面白かったという良いのか悪いのかわからない結果となりました。
アニメの方もキャラが動く点(表情や動作がある点)に於いては楽しめたんですがスリルだとか謎解きだとかキャラの心情の動きなんかはゲームの方がワクワクする感じがありました。
演出もゲームの方がバリエーションを出しにくいRPGツクール作なのに良く出来ていた気もしますね…

アニメだけだとどうなんだろう。
割とストーリーは原作に忠実に、若干オリジナルを混ぜつつ世界を壊さず上手くやっていたと思うんですが尺の問題なのか色々脱出ゲームとしての面白味は少なかった気がします。


物語3.5
一応一貫して脱出ゲームの要素はあるんですが途中からレイやザックの過去や精神の話に移行して行きます。
レイチェルという少女の考え方は非常に難しく、単純に頑張って脱出しよーぜ的な作品を期待していると煩わしくも思えるかもしれません。
{netabare}{netabare}根底にあるのは出口を目指す中で築かれるレイとザックの絆。
孤独だったふたりに芽生える感情。
それは恋愛的な愛ではなくお互いがお互いの為に尽くせる愛。{/netabare}
{netabare}ラストは原作通りに近く、作者の中で結末は決まっているものの視聴者(プレイヤー)に委ねる方向で終わっています。
と言ってもですね、状況的に考えられるのはあまりなくて僕的には普通にザックがレイを殺してザックも何らかの形で死んだと思ってます。
理由としては
・現れたザックは怪我を負っている&警察に追われている。⇒死期or死刑が近い
・レイチェルがザックにもらったナイフを置いていった。⇒「俺に殺されるまで持ってろ」と言われてる
・ザックは嘘が嫌い⇒お前を殺してやると明言している
これだけ引っ張って「気が変わった」は許されないと思います。
{/netabare}{/netabare}


声優4.5
元々岡本信彦氏のイカレキャラって好きなんでザック役は良く合っていると思います。
むやみにイラついてたりする感じはゲームをプレイしていても脳内変換されハマり役だと感じました。(注:ゲームに声はついてません)
それ以上にハマり役だったのが櫻井氏のダニー先生。
あの一見優しく頼れそうなのに本性現した時の気持ち悪さったらもう……
どれだけ頑張るとあんなに気持ち悪い喋り方に出来るんでしょうね。。
お見事でした。
登場人物は少ない作品ですが主要人物の配役がナイスで高評価とします。


音楽4.0
OPの遠藤正明さんの「Vital」もカッコ良くて好きなんですがEDのレイチェル役千菅春香さんの「Pray」が良い。
正直あまり知らない声優さんなので声での判断も出来ず、最初聴いた時は本職のシンガーさんかと思いました。


まとめ。
うん…。
アニメとして観ると後半有料サイトで観るか円盤レンタル(13~16話の4巻は1月30日発売)を待つかになるのであまりおススメも出来ないような気もします。
amazonプライム会員だと無料なんですけどね…
まあもう本放送も終わってますし今から観るなら基本1話以外有料になると思いますんで、興味があればって感じですかね。
10代の女性に人気!という事ですがザックのバカ可愛さとかレイチェルの媚びなささとか何よりもふたりの関係性が女性受けするのかもしれませんね。
あと若干血が飛び散ります。グロというほどでもないですが苦手な方はご注意を。



余談:
15話にて。ゲーム内でおお?!っとなったシーンがあります。
{netabare}脱出階段を上がりもうすぐ出口!という所で瓦礫に道をふさがれるシーン。
ザック「俺に壊せるか?俺なら壊せるぞ!だからお前はひとこと言えばいいんだよ」
レイ「ザックなら、壊せる!」
というやり取りがありまして。
ほぼゲーム通りなんですがレイのセリフが「ザックなら壊せる」じゃなくて「ザック、壊して」だったのがちょっと納得行かないです。。
この場面、ザックは可能かどうかを確かめています。
全面を塞がれて絶望的な状況で、今までレイが出来ると言った事は出来たから今回もお前が出来ると言えばやってやる、という意味なんですが…
ホント細かいニュアンスの問題なんですが割と好きなシーンだったので残念な気がしました。{/netabare}

ツッコミ所は結構ある:
ゲームでも思ったけどアニメになると余計目立ったのが…
{netabare}ザックそんだけ血が出てなんで生きてるんだよ?って事。。
結構出てたじゃないですか。文字通り「出血大サービス」で。
ゲームでも勝手に移動してたりして血の跡が残ってたりしてましたがアニメのは異常。血だまり作りすぎw

最終話、鎌折れたのに鎌持ってる…刑務所にいたのに持ってるはずねえだろ…その服もどこから持って来た。どこに隠してやがった。
レイチェルもレイチェルで精神病んで施設にいる子にナイフとか持たせておく訳ない。
……まあ、原作もそうだし、アニメのせいじゃないけどね。{/netabare}


タイトルの殺戮の天使という言葉を聞いて…
ずっとアクエリオンが流れて仕方ない。。
♪出会わなければ 殺戮の天使でいられた♪

 サンキュー(8)
2018.11.19 19:48 yuugetuの評価 | 観終わった| 76が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 殺戮の天使(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

積み重ねが活きたラスト4話……なのに配信限定(泣)

2018年夏アニメ。TV放送で12話+WEBアニメ4話、全16話。
ラストの4話はニコニコで有料視聴しましたが、なかなかお気に入りの作品となりました。

【12話まで視聴して】
もう少しテンポよく進めてくれれば12話に収まったのでは…とは言わない方が良いかな?w
正直この先が見たくて仕方ない。制作側の狙い通りに釣り餌に掛かったなあって自分でも思いますけどw
ゲームではどうなのかわからないですが、脱出ゲームの部分よりもレイとザックの関係性、人の心を抉る独特のホラー展開が見所ではないでしょうか。絵的にはこのくらいの怖さがいいけれど、展開はもっと怖くても良かったかもしれない。ラストにはそれを期待したいです。


配役は安定感がありました。個人的には千菅さんと藤原さんが特にお見事でした。
レイ役の千菅春香さんは感情を出さない演技に最初違和感があったものの、12話まで見ると絶妙な塩梅だったなあと。
エディ役の藤原夏海さんの演技、じわじわ怖い。最近よく見かけるけど少年役本当に上手ですね。
ザック役の岡本信彦さん、各階のキャラクターの声優さんも安定した演技で良かったです。

{netabare}
脱出ゲームはほとんどオマケみたいなもので、見所はレイチェルとアイザックの関係性の変化と、過去の罪を抉り出す独特のホラー(?)展開。序盤は物語があって無いようなものなので、そこで断念してしまった人がいたとしたら構成が少し残念な気もします。ラスト4話が配信限定というのがさらに残念だけど…。
レイとザックが半ば依存とも感じられる独特の信頼関係を築いていく過程はなかなか好みでした。
脱出ゲームだけで進むかと思ったらそうじゃなくて、特にレイチェルの罪と過去を暴いていく物語だった…。先が気になってしまいます。
全体の物語は最後まで見ないと何とも言えませんが、できれば最後までちゃんと見たいなあ。 {/netabare}(2018.9.27)



【最終話まで視聴して】
思った以上に良い作品でした。
序盤の脱出ゲームの印象とは打って変わり、終盤は純粋に人間ドラマの様相になっていきました。閉鎖空間からの脱出そのものにも意味があったとも感じられて良かったです。
テンポが良くないのはちょっと残念かな。

何年後かで良いから是非TVで最後まで放送し直して欲しいかも。ラスト4話が配信限定なのがむしろ視聴者を逃してしまってる気がしてあまり良いやり方とは思えません(同じくラストが配信限定のハイスコアガールは私は断念しましたし…)。早いうちから公式サイトでは告知されていましたし、アマプラだけでなくニコニコ動画やバンダイチャンネルでも有料なら視聴は出来ますが。

{netabare}
自分の罪を知り神に(あるいは誰かに)赦されたいと願うレイチェルに狂った者たちが魅了され、最終的にはレイとザックが人間としての自分自身を受け入れていく物語。
身勝手なレイと殺人の衝動を抑えられないザックが、共依存から純粋に互いを必要とする関係になっていく過程がかなり丁寧に描かれています。レイに「笑顔」と「死んだ瞳」という正反対のものを求めるザックとダニーの対比も良く出来ていました。
地下深いビルの中に居た者たち全員が、狂っていてもあくまでも「人間」であると語られたこともとても良かったです。

この物語では、聖書や神の存在を語りながらも「原罪により人が生まれながらに罪を背負う」のとは違い、閉鎖空間での出来事が「自身の犯した罪と向き合う」というのが印象的でした。
最後まで見ると、何度生まれ変わっても罪から脱することが出来ない「六道輪廻」思想の方がイメージが合致するかも。

ラスト2話は積み重ねが特に活きて良かったです。
レイが願ったことは「誰かに望まれて生き、誰かに望まれて死ぬこと」。それはレイ自身が誰かを心から受け入れて大切に想わなければ叶わないことで、それを感じ取ってザックもまた変わっていたのですね。
レイとザックが地下深いビルの中から俗世間に出ることに「生まれ直す・生まれ変わる」イメージを感じられたのは興味深かったです。最後の長い廊下が何だか産道のようだったなあと。


そういえば夏アニメでは「ハッピーシュガーライフ」に共通要素が多かったですね。
親の影響で狂った子どもたちが自身の存在意義を問う物語であり、それを他人への歪んだ執着や情の描写で表現したのも似ています。主人公カップル(で良いの?w)がどちらも最終的には排他的で献身的な関係、かつ反社会的な存在として終わったのも共通かな。
どちらも面白かったです。{/netabare}
(2018.11.19)

 サンキュー(19)
2018.11.18 14:43 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 54が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 殺戮の天使(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

お願い、私を殺して…

この作品の原作ゲームは未プレイですが、結構人気のあるゲームだったようですね。
YOUTUBEなどでも実況プレイ動画が配信されているようですから…

この物語の主人公はレイチェル・ガードナーという13歳の少女です。
彼女はビルの地下の最下層で目を覚ますのですが、記憶を失っており自分がここにいる理由が分かりません。
出口を探してビル内を彷徨っていると、突如彼女の目の前に死神の様な鎌を持った男が現れました。
彼はザックという全身を包帯で覆った殺人鬼…彼もまた出口を探していたのです。

幼いが頭が回るレイチェルと、体力と腕力に自信があるザック…
ここで二人は妙な取引をするんです。
「お願いがあるの…お願い、私を殺して」
「一緒にここから出る手助けをしてくれよ。そしたらお前を殺してやるよ」
こうしてビルから脱出する二人の決死行が始まり物語が動いていきます。

正直序盤の展開は微妙でした。
二人に襲い掛かるのは理不尽なまでの執拗な嫌がらせ…
ビルから脱出したい二人と、ビルに閉じ込めておきたい相手とお互いの目的は真逆なので、衝突は避けられないのは分かるつもりです。

でも、レイチェルとザックの言動には矛盾が見え隠れするんです。
二人で様々な罠をかいくぐりながらレイチェルが口にするのは「私を殺して」ばかり…
でもザックは嘘を絶対につかない男…
手を変え品を変え襲い掛かる攻撃から結果的にレイチェルを守り身体中満身創痍なんです。
ザックはレイチェルとの約束を違えぬよう、全力全開で立ち向かうんです。

約束も大事…嘘をつかないのも大事…
だけど、生きる希望を見失った少女を、自分を厭わず己の身を挺してまで守る理由って…?
と考えると、ザックが不憫に思えて仕方ありませんでした。
ザックの憎まれ口が災いして不憫さは影を潜めていましたけれど…

だからこのままの展開で物語が進んでいたら、この作品の評価は低かったと思います。
このままで進んでいたら…ですけど。

ですが中盤以降、物語の雰囲気が少しずつ変わっていくんです。
レイチェルとザックの言動は相変わらず…
それなのに作品に対する心象だけが変わっていくんです。

死線を潜り抜けた数のせい…?
レイチェルに対するザックの呼び方が変わったせい…?

そんな事を考えながら視聴していましたが、物語の終盤にザックが言った一言で全て腑に落ちました。
「おまえ、人らしくなったな」
レイチェルのどの様な過程を見てザックがこの台詞を言ったのか…
ネタバレになるので記載はできませんが、この台詞が聞ける頃の二人を見ていれば一目瞭然です。

でも…それだけじゃないんです…
ザックはレイチェルを変わったと言いましたが、変わったのはレイチェルだけじゃないんですよね…
運命…という言葉で片づけるのはあまりにも過酷な試練でした。
ザックは殺人鬼…ビルから出たら自分に何が待ち受けているのか…凡そ察しは付くと思います。
それでも、レイチェルとの約束を最優先に行動しました。

過酷な試練の果て…二人を待ち受けるのは一体何なのか?
終盤に向け評価が上がった作品だったと思います。
ラストの纏め方もこの作品らしさがあったのではないでしょうか。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、遠藤正明さんの「Vital」
エンディングテーマは、レイチェルの「Pray」
個人的にはエンディングに軍配です。

1.5クール全16話の物語でした。
テレビでは12話分が放送され、残りの4話はAmazonの「primevideo」で配信されました。
あくまでも個人的見解ですが、このケースは今後増えそうな気がします。
テレビ放送は最初から枠が決まっていますが、放送中に天災や事故などのアクシデントが起こる可能性は否定できません。
実際に夏アニメでも放送できない事態の起こった作品がありました。
あまり無いのかもしれませんが、作っているうちに尺が伸びてしまう作品もゼロではないかもしれません。
残りの物語をネットで配信する…そういう救済策があっても良いのでは、と個人的には思います。
本作がテレビとネット配信に分かれた理由は分かりませんけれど…
結果的にしっかり堪能させて貰った作品になりました。

 サンキュー(20)
2018.11.13 00:31 ビーターの評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 殺戮の天使(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 3.5

名作の予感

はしてた。
んだけど、曲も良かったんだけど、
なんか物足りないない。というかコレジャナイ感...

 サンキュー(1)

殺戮の天使のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
殺戮の天使のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。