電波的な彼女(OVA)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「電波的な彼女」

よみがな:でんぱてきなかのじょ

販売開始日:2009年5月1日

★★★★☆ 3.8
物語:4.0 作画:3.7 声優:3.7 音楽:3.5 キャラ:3.9
総合得点 68.4
感想・評価 455
棚に入れた人 2077
ランキング 814
不良少年の柔沢ジュウは堕花雨と名乗る少女にある日突然忠誠を誓われる。少女の奇怪な言動に振り回されながらも、その真摯な言動にしだいに存在を受け入れて行く。
しかし、巷を騒がせる連続殺人にクラスメイトが犠牲になってしまい、ジュウは雨に不信感を抱くようになるが…。(OVA『電波的な彼女』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 455

ネタバレ
2016.11.03 17:19 りゅぅぞぅの評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 電波的な彼女(OVA) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

なんだ・・・ これは冒頭からもうまずいニオイがすんぞ

 冒頭から もう・・・シーン やばすぎる( ゚Д゚)

紅自体は漫画読んだことあるからわかるけど

 誰が紅にでている登場人物かわからない

紅を1回さらっとみただけか・・・


 柔沢じゅう 喧嘩ばっかりの孤高の王

とある日、百年桜の前で待つという手紙が下駄箱に

 喧嘩の相手だと思ったら、まさかの女

そして、メ〇ヘラみたいなことをいい始末

 そんな彼女に恐れをなし、ジュウは逃げた・・・ ダッシュで逃げた

だが、雨は美人だった(;'∀')

 冒頭のシーンがまさかつながっているとは(゚Д゚;)

これは続きが気になるぞ!!

 サンキュー(1)
ネタバレ
2016.09.17 02:20 P太の評価 | ----| 21が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 電波的な彼女(OVA) 物語 : 4.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

よくまとまっている。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2016.08.03 00:44 アリアの評価 | 観終わった| 67が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 電波的な彼女(OVA) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

思いの外面白かった

私はヒロインの前髪の奥に隠れた可愛さにまんまとやられた一人である。
はじめは人の家に勝手に上がり込むし常識ないのかこの子は…と少し嫌悪しながら見ていたが、だんだん可愛く見えてくる。
おまけにCV広橋さんでARIAのアリスちゃん系のお声がマッチしていて非常にずるい。
あんなん反則やろ。可愛すぎる。

電波というよりかは、前世の記憶を引き継いでいるが故の発言であり(現代文化に疎いが)、支離滅裂などではなく言葉足らずなだけかと。

そして、電波的なヒロイン以上に周りのキチった人たちが出てきてガッツリ犯罪犯している。
すると相対的に電波と形容されたヒロインがまともに見えてくるのが面白い所。いや、本当にまともで良い子なんだけど。

サクッと見終えられるのも良い。
思っていた以上に楽しめ満足感のある作品だった。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2016.06.22 02:59 HG animeの評価 | 観終わった| 89が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 電波的な彼女(OVA) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

濃厚な80分。記憶に残る長い時間。

全二話。各40分。

ヒロインの雨がクソ可愛い。なぜか『謎の彼女X』の美琴ちゃんを彷彿とさせるんだよなぁ。雨ちゃんは主人公の下僕みたいな立ち位置で、美琴ちゃんは女王みたいなもんだから性格は全く逆だけどw 賢くて謎めいてるところとか、前髪で可愛い顔が隠れてるところが似てるよね。8話くらいまで観ていったん放置(笑)してるストライク・ザ・ブラッドのヒロインと、謎の彼女Xを足して二で割りましたみたいなキャラ。
前髪からちらちら見えるキラキラの瞳・・・君の瞳に乾杯(激寒)
あの笑顔よ・・・どうしたらいいの私は。萌え死にましゅよ(錯乱)
第二話でジュウに恋人がいるのではないかと思って動揺して改札口であたふたする場面ほんと好き。☆TAMARAN☆(*´Д`)
第二話の最後の泣き顔最高に可愛いw
男の浅ましい欲望をそのまま形にしたような女の子。もうね、たまらんのよ。夢に出てきそう。てか、作風自体が私がたまにみる部類の夢の中の世界に似てるんだよなぁ。その点でも謎の彼女Xに似てる。

第一話、美夜ちゃんの犯行は全く予想外だったのですごく面白かった。スリリングでいいね! 美夜ちゃんはレイプされて精神崩壊してたわけですね・・・。
グレートティーチャー鬼塚「好きでもない人とセックスするとセックスが嫌いになっちまうだろ?」←サンキューヅッカ
そんな美夜ちゃんにバットでボコボコにされた上に刃物で刺されながらも美夜ちゃんを介抱するジュウ。こりゃイケメンだわ。惚れた┌(┌ ^o^)┐
キャラとしては美夜ちゃんも儚くて病んでて可愛くて素晴らしいんだよなぁ。声が若干ハスキーがかってて個人的に好物ってのもある。美夜ちゃんレイプした野郎、あいつだけは絶対に赦さねぇ・・・!

第二話もとても面白かった。この世界にある幸せの分量は限られてて、自分が幸せになるために他人を不幸にする、というものでしたね。分からんでもないけど、くだらん話ですなw でも面白かった。最後の生徒会長因果応報ですっきりしました^^;

音楽は第二話のED『Door』がかなり良かった。なんか、ある程度名のあるアニメの劇場版のEDで流れそうな感じのいい曲ですね。でもこの作品にこの曲、お互いレベル高くてお似合いじゃないですかね。名曲です。

たった80分だからといって侮るなかれ、これは名作ですよ。短さ考えれば神作ともいえるかもしれん。久しぶりに2周したいなと思ったアニメ。深夜にそっと観てみて。

 サンキュー(7)
2016.06.05 23:18 ブリキ男の評価 | 観終わった| 64が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 電波的な彼女(OVA) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

電波発言にも理由がある。

紅-kurenaiに登場する、女性にして最強の揉め事処理屋、柔沢紅香さんの息子、高校生の柔沢ジュウとその下僕を自称する堕花雨を主人公としたサイコサスペンス作品です。

同じく片山憲太郎先生原作の紅と違って、純粋なバトルシーンが殆ど無い半面、一方的な暴力シーンや残虐シーンは多くなっています。耐性の無い人は覚悟して見る必要があります。

主人公のジュウは柔沢紅香さんの息子と言う設定ですが、恵まれた体躯と驚異的な丈夫さを除けば、荒事に対処出来る能力は普通の高校生の域を出ず、紅の真九朗君の様に体術の心得や人間離れした能力がある訳でもないので、危険な人物と対峙した時の抵抗力はそれ程強くはありません。彼の武器となるのは主に勇気で、味方となるのは※1ちょっと電波な雨さんです。雨さんは前髪で目元を隠し、滅多に素顔を見せない為、特異な外見が印象的ですが、高い情報収集力と分析力を持った知性派ヒロインでも有ります。※2影の様にジュウに付き従い、ジュウが窮地に陥れば必ず助けにやってきます。ジュウの傍らにはいつでも雨さんの姿があります。

雨さんの見識の広さや洞察力が事件の全貌を解明する印象が強く有る作品ですが、そんな雨さんをジュウの正義感と優しさが引っ張っていく印象もあり、両者とも、互いの欠けた部分を補い合う、良いパートナー同士として描かれているのではないでしょうか? ジュウについては、先に述べた言葉だけでは彼の資質を説明するには恐らく足りず、凶行に走った人物に対してさえも、その内に秘められた苦悩を理解しようと努め、相手を抱きしめる事が出来る度量の大きさも加えなければなりません。雨さんの言葉ではないですが、さながら王の様な威厳さえ感じられます。先に紅を知った自分としては、さすが紅華さんの息子という※3納得に近い感情を覚えざるを得ませんでした。

人間の良い部分、延いては社会的に正常と思われる部分、転じて単純な悪意や憎しみだけを描いている作品と異なり、他者から見れば一見不可解な人間の心理を噛み砕き、結論として理由の無い狂気は存在しないと言う事を丁寧に説明している貴重な作品でもありました。
{netabare}
「みんな狂ってるさ、狂っているから気付かない。この世界がどれだけ歪んでいるかに!」ジュウのこの台詞には、この作品のみならず、姉妹作とも言える紅-kurenai作中にそこはかとなく漂う無常感を端的に表現している趣があります。狂っている人間は往々にして、自分が狂っている事に気が付かないものです。
{/netabare}

※1:重度のストーカーな雨さんですが、実はジュウにも責任があり、電波な妄言の連発も、本心を口にする事が出来ない雨さんの、遠まわしの恥じらいの様にも思われました。

※2:紅に登場する犬塚弥生さんを思わせます。原作紅のリンさんの「くっ、柔沢の犬め!」に続く弥生さんの「犬です」の台詞は潔くも力強くて痺れます。ジュウの騎士たる雨さんが、ちょっとだけ紅香さんに追従する弥生さんの様に見えました。

※3:紅では咥え煙草と拳銃、不死身にして無双のイメージの強い紅香さんですが、原作3巻に当たる「醜悪祭」においては、非常に子供思いである事が明かされています。ジュウの持つ優しさも紅華さん譲りという事が分かります。紅香さんがジュウに贈ったと思われる特注品の腕時計もジュウを救いました。「メカを大事にしねえ奴は人間じゃねえ」とか誰かに言われそうですが(笑)

 サンキュー(7)

電波的な彼女のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
電波的な彼女のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。