美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「美少女戦士セーラームーン」

よみがな:びしょうじょせんしせーらーむーん

放送時期:1992年冬アニメ(1992年3月~1993年2月)

★★★★☆ 3.8
物語:3.9 作画:3.5 声優:3.9 音楽:3.9 キャラ:4.1
総合得点 70.2
感想・評価 195
棚に入れた人 1171
ランキング 610
『美少女戦士セーラームーン』は、1992年の放送開始後、爆発的な人気を誇り社会現象にまでなった、武内直子原作によるファンタジーアクションアニメの第1シリーズ。【ストーリー】東京の麻布十番街(作中では東京の十番町、中学名は十番中学校)を舞台に、平凡だった中学2年生(初期シリーズ)の月野うさぎが黒猫ルナと出会い、セーラームーンに変身し、仲間たちと共に街を襲う悪者(妖魔、ダイモーンなど多数)を倒して行く。(TVアニメ動画『美少女戦士セーラームーン』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 195

2016.10.19 20:39 101匹足利尊氏の評価 | 観終わった| 69が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

“セーラー服美少女戦士”という天才的閃き

原作少女漫画は後年、立ち読み程度。

言わずと知れた90年代を代表する変身ヒロインアニメ。

本作に限らず変身ヒロインは顔があまり変らないのに、
何故か正体がバレない不思議な方が多いのですがw

セーラームーンはその最たるもの。
さらに服装など、ミニスカになったセーラー服にアクセサリーが数点付く程度。
うさぎたちが通う中学校の制服から変身した時に至っては、
こんなに微細な変化で、どうして変身元が突き止められないのかw
当時は疑問で仕方ありませんでしたw

でも、今にして思えば、このさじ加減が絶妙でした。

女の子は誰でもメイクアップすれば変身できる!
魔法少女はちょっと無理だけど、セーラー戦士なら
ちょっと背伸びすれば届くかもしれない!?
(うさぎたちも意外とポンコツだしw)

巧みな設定が変身願望を刺激し、アニメは大ヒット。
グッズは飛ぶように売れました。

本作放送時、視聴者だった女児たちは、
後年、中学、高校に上がり、制服のミニスカ化を軸にした、
アレンジファッションに血道を上げることとなりましたが、

これは本作による潜在意識への刷り込みが影響したからに違いない。
と私は勝手に思い込んでいますw


前前前世からの因縁絡みのメインシナリオも作品を強力に牽引。
クライマックスはかなり盛り上がりました。

セーラー戦士だけでなく、突っ込み担当?の猫もコンビ度が高く、
敵幹部の悪役偏差値も優秀。

BGMもロマンス度配合で好印象。
主題歌「ムーンライト伝説」は世界観、物語が歌詞だけでなく、
メロディーやアレンジにも染みこんだ90年代屈指のアニソンだと思います。

こうして書き出したらエンタメ要素満載で楽しいですね~♪
人気になるわけです。


でも何より素晴らしいのは変身バンクのセンス。
自分はあまりCGはダメだの、やっぱり手描きに限るだの言いたくない人ですが、
本作の手描き作画による変身シーンは今見てもドキドキさせられます。
キャラの頭身から、腕や脚の角度までいちいち時めきのツボを突いてきます。

その甘い感覚が忘れられず、私は男でありながら、
亜美ちゃんの変身シーンとか目当てに本作を覗き見してましたw


水でもかぶって反省しま~~すw( ̄ー ̄)ゞ

 サンキュー(21)
ネタバレ
2016.09.07 01:13 石川頼経の評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 2.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

元祖、戦闘魔女っ子

声優も頑張って、物語もなかなか良かったです。
昔は夢中になりました。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2016.07.08 19:19 ふひょーの評価 | 観たい| 27が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

現代女子向けアニメNo.1

1番印象に残ってます。

出来ればセーラーVから観たいです。

好きなキャラと声優は全然違いますが・・・

キャラ・・・愛野美奈子/セーラーヴィーナス
声優・・・古谷徹(地場衛/タキシード仮面)

 サンキュー(0)
2016.03.16 21:04 Hiraku8の評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

タイトルなし

戦闘系魔法少女の元祖として有名な作品
誰が見ても面白い作品なのは、社会現象になったことが証明している

原作はよくある少女漫画なのだが、アニメ化で大成功している
ストーリー自体は美少女戦士という設定を除けば、余り見るところはないのだが
その他の映像化に必要な要素は全てレベルが高い
オープニングは一度聞けば忘れない、バンクの動きが素晴らしく、1期は特に戦闘構成も練っている
佐藤順一の得意分野である日常と非日常の演出は特に良い、ヒッチコック的なサスペンス要素がある

エンタメに必要な要素は全て詰め込んであるので、好き嫌いなく見れる筈

 サンキュー(1)
2016.02.23 22:02 乾燥肢体(ヌンサ)の評価 | 観終わった| 54が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 美少女戦士セーラームーン(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

変なところに注目してすいません・・・(笑)

 他のシリーズは見たことがあったりしたのですが、この無印は一部しか見たことがありませんでした。なので、今回NHKで放送されたことで全話補完することができました。

 やはりこれだけ話数が多いと、各回の演出家や作画監督が誰であるかによって、作品のテイストが結構違っていて楽しいです。

 今回その点に注目して視聴していると、あることに気が付きました。作画監督によってはパンチラ(パンモロ?)が多用されているのです(笑)。他のシリーズでも薄々感づいてはいましたが、初めてパンチラを発見した時は結構衝撃的でした(何の話だ)。

 個人的にキャラクターの顔が最も可愛いと感じた作画監督さんは、松本清さんと安藤正浩さんです。彼らの担当回になると、急にキャラクターの表情が豊かになって、本当に萌えます。ちなみにパンチラが起こるのも、彼ら(あるいは、このどちらか)が担当する回だったりするのですが・・・(笑)。

 そしてやはり、幾原邦彦さんが演出を担当した回はズバ抜けて面白いです。よく、僕が優れた演出の条件として挙げる”画面の端がいかに動いているか”というポイントを所狭しと満たしています。

 終盤のうさぎを三石琴乃さんが演じることができなかったなどの苦労はおなじみですが、改めて全話を視聴することができた意義は個人的に大きかったです。

 4月からRも放送されるそうなので、非常に楽しみです。

 サンキュー(4)

美少女戦士セーラームーンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
美少女戦士セーラームーンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。