「銀河鉄道999-The Galaxy Express 999(アニメ映画)」

総合得点
74.8
感想・評価
147
棚に入れた
827
ランキング
615
★★★★☆ 4.0 (147)
物語
4.1
作画
3.9
声優
4.0
音楽
4.1
キャラ
4.1

銀河鉄道999-The Galaxy Express 999のストーリー・あらすじ

身体を機械にかえて、人間は死なないですむようになった。そんな時代にも、やはり貧しい人々は存在する。彼らにとって、機械の身体は高価なものであり、買うことができなかった。そんな中、一つの噂が流れる。銀河鉄道999に乗れば、タダで機械の身体を貰える星に行けるというのだ。少年・星野鉄郎は母と二人、噂をたよりに銀河鉄道の停車駅、メガロポリスに向かう。その途中、二人は機械伯爵による人間狩りに遭い、母は殺されてしまう。メガロポリスのスラムに居着いた鉄郎は、銀河鉄道のパスを手に入れる機会を伺い、実行に移すも失敗に終わる。しかし、そのとき知り合った謎の美女メーテルから、鉄郎は銀河超特急999号のパスをもらい受けて、メーテルとともに地球を旅立つのだった。(アニメ映画『銀河鉄道999-The Galaxy Express 999』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1979年8月1日
制作会社
東映アニメーション
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E9%89%84%E9%81%93999_%28%E3%82%A2%E3...
公式サイト
lineup.toei-anim.co.jp/ja/movie/999_movie/
主題歌
ゴダイゴ『THE GALAXY EXPRESS 999』
挿入歌
ゴダイゴ『TAKING OFF』

声優・キャラクター

野沢雅子、池田昌子、一龍斎春水、肝付兼太、井上真樹夫、田島令子、富山敬、小原乃梨子、柴田秀勝、藤田淑子、槐柳二、坪井章子、納谷悟朗

スタッフ

原作:松本零士
監督:りんたろう、企画・構成:松本零士、製作総指揮:今田智憲、製作担当:横井三郎、企画:有賀健/高見義雄、脚本:石森史郎、監修:市川崑、作画監督:小松原一男、美術:椋尾篁/窪田忠雄、作画監督補佐:角田紘一、美術補佐:山川昇、音楽:青木望

このアニメの関連ニュース

2020-01-17

アニソンの女王 “堀江美都子”デビュー50周年記念アルバム 2タイトル同時発売!収録曲&ジャケット写真も公開!:時事ドットコム - 時事通信

アニソンの女王 “堀江美都子”デビュー50周年記念アルバム 2タイトル同時発売!収録曲&ジャケット写真も公開!:時事ドットコム >> 続きを見る

2019-11-17

『999』主題歌担当ゴダイゴのタケカワ、松本零士さん「無事でいて…」 - サンケイスポーツ

『999』主題歌担当ゴダイゴのタケカワ、松本零士さん「無事でいて…」 >> 続きを見る

2019-01-18

【再掲】プラチナ・ジャズ・オーケストラ presented by ラスマス・フェイバー特集:日本側プロデューサー、佐藤讓が綴る「プラチナ・ジャズとの10年」 | Special - Billboard JAPAN

【再掲】プラチナ・ジャズ・オーケストラ presented by ラスマス・フェイバー特集:日本側プロデューサー、佐藤讓が綴る「プラチナ・ジャズとの10年」 | Special >> 続きを見る

既に139件のレビュー・感想・評価が集まっています

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

少年期の終わり

身体を機械に変えることで、 人が永遠の命を手にした未来。 貧しい環境で育った鉄郎は、 ...

でこぽん(夏休み中) さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

青春の幻影

大変すばらしい映画です。 物語の内容がしっかりしており、登場人物の心が温かい。 それ...

もっとみる(全147件)

既に視聴した人にはネタバレレビューがおすすめ!
みんなが伏線の考察などで盛り上がっています。

ネタバレレビューを見てみる(全104件)

銀河鉄道999-The Galaxy Express 999のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
銀河鉄道999-The Galaxy Express 999のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(1979年8月1日)の他の作品

ページの先頭へ