シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain]」

よみがな:しりあるえくすぺりめんつれいん

放送時期:1998年夏アニメ(1998年7月~1998年9月)

★★★★☆ 3.7
物語:3.9 作画:3.6 声優:3.5 音楽:3.9 キャラ:3.7
総合得点 72.7
感想・評価 623
棚に入れた人 2926
ランキング 461
コミュニケーション用コンピュータネットワーク端末「NAVI」(ナビ)が普及した現代、中学生の岩倉玲音は、死んだはずの四方田千砂からのメールを受け取る。その日以来、玲音は見えないはずのものを見るようになる。四方田千砂のメールの言葉に興味を持ち、大型の「NAVI」を手に入れるが、それ以来更に奇怪な事件に巻き込まれていく。物理世界(リアルワールド)と電脳世界(ワイヤード)、二つの世界・二人の玲音(lain)が混濁し錯綜する果てにあるものは? 「人は誰しも“繋がれて”いる」「私は遍在する」(TVアニメ動画『シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain]』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 623

ネタバレ
2018.01.16 07:13 クギコマの評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

サイバーパンクのなかでも異色

一回見たはずなのに内容を思い出せないので見返してみました

この作品はサイバーパンクのなかでも戦闘がなく 主人公がスパイでもゴリラ女でもないというという点で異色で落ち着いて見れます 当時のインターネットが発展していくこと対する将来性と不安のようなものが感じられます それから比べると今のインターネットは随分つまらないものになってしまった印象があり残念な気もしますが この時代に思い描いたリアルとの境界がないネット空間がさらなるテクノロジーの発展を必要としているならば将来に期待したいですね

このアニメに話を戻すと ドンパチの代わりに鬱演出にかなり力が入ってると思います 特に意味はなくても 見る側を不安にさせる演出を入れてきます 見る側がハッピーな気分だと合わない作品だと断言できます 少し鬱な気分なときに見るとある種の居心地の良さのようなものを感じられるのではないでしょうか

ストーリーに関しては結末が残念な気もします 人の絆の暖かさみたいな割りと平凡なところに着地したのは拍子抜けというか こういうアニメを見る人達のニーズには合わないと思います 物語の中には自称神が登場しますがアレとは違う方向性で一歩進んだ哲学的な結末が見たかったですね 攻殻機動隊なんかも結末に関してはうーんという感じなので サイバーパンクというジャンル自体が充実した結末を作ることが難しいのかもしれません

このアニメで興味が湧いたのでゲーム版の方もやりたいと思いました まる

 サンキュー(1)
2018.01.09 15:21 みのるしの評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

スポンサーがパイオニアレーザーディスク

思わず『ヤルモンダ!』とゆうてしまいました。

まあしかしあれですな。
こおゆうハナシはその時に見ないとやっぱり駄目ですわ。

たぶん公開された時はずいぶんぶっ飛んでて、なにがなんだかわかんねってくらい新しいハナシだったんじゃないかなぁ。

今見ると、今現実にネット社会で起きている事の方がシビアにヤバくて、劇中のハナシにいれこめない(涙)。

それしょうがないよう。20年も前のハナシだもんな。

しかし20年も前に今みたいなネット社会(まあ端末とかネットワークの仕組みとかいろいろアレですけども)を予見してたのかどうなのかわかりませんが、そこんところはGHOST IN THE SHELLなみにすごいかなとは思います。

それは言い過ぎかw


それはそうと音楽はかっこよかったですなー。

OPのBoAの歌もえっれえかっこええし、仲井戸麗市のギターは劇中でも堪能できるし、毎回のEDも仲井戸麗市のボーカルとはなんともぜいたくな。

なんやったらモブキャラの声でゲスト出演とかあれば、パイレーツオブカリビアンのキースリチャードみたいやん!とかでボク的には盛り上がれたかもなのですが、ハナシと全然かんけーないやんけ!となるはずなのでナシで良かったですな。

さてさて。

ケータイもネットもなかった時代に働いていた経験のある方には、テクノロジーが20年とゆー年月を経て社会や自分にもたらした出来事をあーでもないこーでもないと思いを巡らせてみるのに実によい作品ではありました。

 サンキュー(2)
2017.12.03 05:51 くろの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

異質さが心に残る

まだネットがあまり普及してない頃初めて見てサッパリわからなかった。
分からなかったのでもう1度見てやっぱり分からなかった。
ネットが普及し、知識も得た頃もう1度見てやっと理解出来たであろう作品。



わからなかったのに何故何度も見ることになったのか…
つまらない作品と言って切れなかった理由があった。



まず、主人公が可愛かった(笑)
あとは中村さんの演出だろうなぁ。
私は中村さんの監督作品はlainとキノの旅とポポロクロイスぐらいしか
知らないがどれも心に残る作品となっている。
それも爽やかにというよりもむしろ異質なしこりのようになって
忘れられないのである。


進まないストーリーと崩れた作画。キャラ同士の掛け合いがある訳もなく。
なので総合的に低評価をしているが、私には結構思い入れのある作品だ。


とにかく何が良いかは説明できないが、えも言えぬ気分になりたい時、
電脳系アニメが見たい時におすすめ。
見る人を選ぶだろうが…。


あとOPがメッチャ好み。
未だに聞きまくってる。

 サンキュー(2)
2017.11.30 23:25 芝生まじりの丘の評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

なんかいいアニメ

妄想と現実と演出が交錯して、全然説明足りてないので、わかりやすい表現ができてるとは思えません。でも先の展開の予想がつくような、わかりやすい人間模様を見るよりは、わだかまりを抱えながら見て、見終わった後も色々謎がぐるぐると残るぐらいの方が自分は好き。
ゲーム版も、他人のUSBのぞいて、半分くらいは自分で脳内補完しろって話だったな。
まあ、全部を理解しようとして見る作品ではないでしょう。

(逆に例えば玲音というよく分からない変な可愛い女の子を愛でる、というのでもこのアニメの楽しみ方として間違ってはいない。)

また、未来的でありながら、ディスコとか今見ると古臭い生活文化が同居してたりする世界観を感じ取れる序盤、中盤も自分は十分楽しめた。

もし単に何かの思想や哲学を言葉で表現し伝えたい、学びたいだけなら、ダイレクトに随筆を書いたり読んだり、講演会に参加したりすればいいのであって、アニメがそうした直接表現に勝るのは映像+音声の演出だとか、独自の世界観に触れられる面白さではないかと思う。クリティカルライティングと、文学としての文章は求めるところが違う。

その点この作品では、表現に製作陣の野心、意欲がすこぶる感じられ、よかったと思う。

現代ITは小型、スタイリッシュ、等の方向に進化していますが、昔はITの発展で機械はどんどんゴテゴテして怪物のようになると思っていたんだなあ、というのも感慨深かった。こういうデザインも(現実あったら使いにくいんだろうが)これはこれでかっこいい。

何よりレインもお姉ちゃんも超絶可愛い。お父さんも素敵だなあ。安倍さん独特のセンスが際立ってます。これはこれで、理想を追った非現実的な絵だけど、ラノベ絵とかより、生々しいエロさがあるのでは。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.11.19 14:47 kurosuke40の評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

集合的無意識の擬人化実験

記憶にないことは存在しないこと。
存在しても、記憶になければ、存在しないと同じこと? 
玲音は存在しなくなったが、視聴者の記憶には残っているということ。


集合的無意識という概念から擬人化された玲音。
擬人化といっても単なる2次元での擬人化ではなく、肉体を持った一個体として擬人化されている。
(正直「擬人化」よりふさわしい言葉がありそうな気がする)
集合的無意識の特質をもったまま、個としての生きる玲音と、
個から神の概念に位置取ろうとした政美のお話。

その性質上玲音はいろいろな人物に影響を受けるが、現実の個として主な接点を持つのはアリスやお父さん。
今ここにある玲音としての感情で優先されるのは向き合ってきてくれたアリスやお父さんで
「I am your father」とポッとでてきた神様ではない。まぁ神様の接し方次第ではあったとは思うけど。

構造的には、誰の心にもいた玲音が、アリスのために誰の心からいなくなるという供犠の話で、
「まどマギ」と比べると、個として寂しい感情が残る玲音の方が残酷だけど、新たな関係を作っていける希望もあるのかもしれない。

記憶にないことは存在しないこと。
玲音の操作の影響範囲はあくまで物語内。つまり視聴者の記憶までは消せない。
最後にアリスが玲音と面識がある勘違いをしたのは、視聴者層からの無意識の共有のせいかもしれない。なんてメタに妄想しすぎか。

あと政美先生は欲張りすぎたんだと思う。
そのうえ神の上の神の存在について反論できないとは神を名乗るには準備不足すぎるぞ、先生。

正直もっと分かりやすくはできたとは思うけど、この味は出なかったとは思う。
こういう作品は、解説を読んでから感性的に視聴するのが楽しいのかもしれない。

蛇足
神様と玲音が相手の言葉を言い合う演出がなんか好みだった。
わざわざ口に出すのは、ちゃんと受け取った確認なんでしょうね。

お父さん、情緒不安定でこっちが不安になるわー。

イヤリングはやっぱり色っぽいですね。

 サンキュー(7)

シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。