「樫の木モック(TVアニメ動画)」

総合得点
59.7
感想・評価
10
棚に入れた
53
ランキング
4197
★★★★☆ 3.1 (10)
物語
3.3
作画
3.2
声優
3.2
音楽
3.0
キャラ
3.2

樫の木モックのストーリー・あらすじ

19世紀のイタリア作家カルロ・コッローディによる『ピノッキオの冒険』をタツノコプロが翻案したファンタジーメルヘン。落雷の影響で川に流された樫の枝。やがてこの枝木は木彫り職人のゼペットじいさんの手で、男の子の人形として形作られる。木彫り人形のモックは、子供のいないゼペットの心を癒やすために生まれたものだったが、樫の木の妖精はそんなゼペットの優しさを認め、モックに生命を吹き込むのだった。しかしモックは遊ぶのが大好きななまけ者で、ゼペットは心配するが……。『FINAL FANTASY』シリーズなど世界的なイラストレーターとして知られる天野嘉孝がキャラクターデザインを手がけた、氏の事実上のデビュー作でもある。(TVアニメ動画『樫の木モック』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1972年冬アニメ
制作会社
タツノコプロ
公式サイト
www.tatsunoko.co.jp/works_animation/archive/mock.html
主題歌
小野木久美子『樫木モック』
挿入歌
小野木久美子『ボクは悲しい木の人形』

声優・キャラクター

丸山裕子、矢田稔、池田昌子、肝付兼太、富田耕生

スタッフ

総監督:原征太郎、企画:吉田竜夫、プロデューサー:吉田健二/前里元義、制作担当:栃平吉和/大野実、構成:鳥海尽三、文芸担当:森忠明、キャラクターデザイン:天野嘉孝、脚本:鳥海尽三/酒井あきよし、演出:九里一平/高橋資祐/岡崎邦彦、作画監督:宮本貞雄/林政行、音楽:越部信義/東京企画センター

既に10件のレビュー・感想・評価が集まっています

あにめじさん

★★★★☆ 3.8

結構シビア

教育的という説教じみたところがこの当時のアニメには多々見受けられるのですが、この樫の木...

kain

★★★☆☆ 2.9

タイトルなし

キャラクターは凄いメルヘンちっくなのに 話はハードで、そのギャップが面白かった。 あの ...

もっとみる(全10件)

既に視聴した人にはネタバレレビューがおすすめ!
みんなが伏線の考察などで盛り上がっています。

ネタバレレビューを見てみる(全4件)

樫の木モックのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
樫の木モックのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(1972年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ