アイカツ!(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「アイカツ!」

よみがな:あいかつ

放送時期:2012年秋アニメ(2012年10月~2013年9月)

★★★★☆ 3.8
物語:3.8 作画:3.5 声優:3.8 音楽:4.0 キャラ:4.0
総合得点 64.0
感想・評価 144
棚に入れた人 621
ランキング 1938
「私のアツいアイドル活動! “アイカツ!”始まりますっ!」
主人公の星宮いちごは、ごくごくフツーの中学一年生の女の子。
ところが、親友のあおいに誘われてアイドル養成の名門校“スターライト学園”に編入したことで、いちごをとりまく世界がガラリと変わってしまう。
さまざまなライバルたちと出会い、アイドルとしての心得を学びながら、いちごはアイカツカードを使って数々のオーディションに挑戦していくことに。
新人アイドルいちごの、明るく元気なアイドル活動が幕を開ける……!(TVアニメ動画『アイカツ!』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 144

2017.08.25 17:19 howknowの評価 | 観終わった| 29が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: アイカツ!(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 1.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

全部を見終わると、最高の物語だと実感できる

 最初の二話で切りそうになりましたが、全部見終わると、最高の物語だと思ってしまう不思議な魅力のある作品です。


 この物語は「友情」「努力」「成長」というテーマがあると思います。
 バッドエンドが存在しない、優しい世界でもあります。
 物語は、各話ごとに起承転結がしっかりしていて、最後には「成長」があるのです。
 ゲーム風に分類すれば「True End」か「Happy End」の二種類で、主人公の天性の勘、あるいは天然さによって、全ての山場を乗り切ります。
 半分を超えたあたりから、カードをアイカツシステムにセットする際の、きらりんという音に、わくわくとドキドキが抑えられない、ある種のヒーロー物語に通じる『テンプレ』が素晴らしいのです!!!

※ただし、これを四半世紀も生きた大人(自分)が見ていると振り返ってしまうと、どうしようもない哀愁を感じてしまうこともあるのです……。


 もし、見ようか迷っている方へ。
 一話はくどいくらい大味な説明が入りますが、4話まで見れば評価は大きく変わると思います。実際、私がそうでした。
 世界設定や、主人公の破天荒さにツッコミどころはあるかもしれませんが、物語としての『成長サクセス』は一見の価値があると思います。

 私は、作画とあらすじで敬遠していましたが、割とハイレベルな熱血物語で『勢い』が素晴らしいです。

 作画で低評価をつけているのは、アイドルパート(ダンスパート)になると、別の映像作品を連結させたような作画に変わります。MMDチックと言えばいいのかな、何か異なるプラグインで繋げたみたいに違和感があります。
 原作が女児向けアーケードゲームだったかと思うので、その出力を意識したか、あるいは開発環境から出力したのか気になりました。

 サンキュー(1)
2017.05.21 22:51 juksuの評価 | 途中で断念した| 38が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: アイカツ!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 2.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

1話まで視聴

ダンス時のモデルが細すぎてつまようじに見える…
まだ1期ということで今後に期待。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.04.15 12:43 馴鹿Rの評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: アイカツ!(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

アイドルアニメで一番好き(V)(*'ω'*)(V)

アイカツを見て不毛な争いだったことに気づいた。
アイカツを見るまではアイドルアニメではアイマスがトップ、次点でラブライブ、あとその他と考え意見が会う人や、合わない人、多くの人と議論を続けてきた。しかし、アイカツを見始めてトップアイドルは彼女達だと痛感した。

1~50話までのアイカツ

入学試験でスペシャルアピールを出す才能溢れる星宮いちご....のはずがちょくちょく負けることがあり、最初「なんで勝たせないの!?」と思うこともあったが、今になって自分の浅はかさに涙が出る。高い目標を持ち成長する姿、星宮いちごを背に尚も走り抜ける神崎美月の姿に興奮が止まらなかった。

51〜101話までのアイカツ

最初ぽっと出のセイラに1年間修行してきたいちごが引き分けとか舐めんなし、とか思っていた自分を殴る。
やっぱり高い目標も大事だけど、共に高め合い成長できる仲間って大事だよね。自分にはいちご・あおい・らんの3人のユニットしか考えられる小さな脳みそしかなく最初ライバルとして登場するセイラと2wingsを組むなんて高尚なことが予測もできず酷評してしまった。戦闘系じゃないんだから主人公負けさすライバルとかいらね、と思っていたけど違う、これこそまさに好敵手と書いて友と呼ぶ。ダブル主人公の素晴らしさよ。
美月とみくるのWM好きすぎる、毎度自分は凝りもせず「ぽっと出の花屋が、神崎美月とユニットとか舐めんなし、一体みんながどれだけユニット組もうと頑張ったとおもてんねん」と美月とみくるに疑問を抱いていた自分に腹パン。個人的にどのアニメでもぽっと出のキャラが今までの黄金比空気を壊すんじゃないかとあまり好きじゃなかったせいで多く誤解をしてしまった。
最後のWMと2wingsのライブで今まで星宮いちごが負けたり引き分けたりといったことが全て、この時に為だったんだと、ここまで成長するためだったと納得できた。
みくるとのお別れのシーンで涙を流す美月ガチすこ。

102話からのアイカツ

スター性溢れるいちごに対し次なる主人公、星宮いちごに憧れるまだ見ぬダイヤの原石、大空あかり。

最初のステージでSAを出した星宮と違い、入学試験に落ち、スカウトキャラバンでも特別優れるわけでもなく、むしろ拙いライブデビューだったが、その分より「努力」というものの光るストーリー。星宮のライバルとの成長ではなく、純粋に仲間と共に成長していく姿に心晴れ晴れ。
劇場版アイカツでランキング1位となった星宮の、ここまで上っておいでの言葉を胸に目覚しい成長を遂げる。

アイカツの中で一番好きなシーンの登場するスターライトクイーンカップ、流れもよかった、有りがちな1位がどんどん塗り変わっていくのではなく、2、3位争いになる後輩のリアルな結果に脱帽。何よりも好きなシーンである、氷上のライブ終了後大空と氷上がすれ違う時に手を重ねるシーン。あそこだけコマ数多くね?ホント感動しすぎて脱帽どころか脱髪。
努力によって学園不合格からいちごに認められ努力によって才能を開花させスターライトクイーンになり、劇中の言葉を思い返す姿は感嘆。ラス話の星宮と大空のライブ別枠かなんかでやって欲しい。



ライブ 最高
曲や衣装のバリエーションから退屈しない、毎回ドキドキニヤニヤが止まらない。
衣装 最高
ユニット衣装やコンセプト衣装がほんとに良い。特にコンセプト衣装の翼、童話、王冠、皆違う衣装なのに共通点からまじで気持ちは一緒のハッピークレッシェンドですわ。

アイカツのいい所はキャラの使い方が特別うまいところだと思う、あぁあのユニットよかったなぁ、とかマスカレード気になるなぁと思い悩み始める頃に復活ライブのタイミングが凄い

これだけの素晴らしい作品がこの圧倒的話数。そりゃあ、心奪われますよ、アイカツが仮面ライダーのように末永く続くことを切に願う。

 サンキュー(1)
2017.03.04 20:17 ココ子猫の評価 | 観終わった| 37が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: アイカツ!(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

大人向け?w

夕方に放送される、小学生向けのアニメーションとしてはレベル高い
一人一人のキャラが立ってるから印象に残るしいちごちゃんの成長も楽しめて 制作側の成長もよくわかる
いとこのちっちゃいのに見せられて見たアニメだけど無邪気にはまったのも評価ポイント!

 サンキュー(1)
2017.01.24 11:39 赤坂の評価 | 観終わった| 62が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: アイカツ!(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

おじさん大量生産機は伊達じゃない。

アイカツ!と聞いて普通の人が想像するのはゲーム機に群がり、子供達と混ざりゲームに熱中するいい年の大人…まぁ自分もそれの一人、かつ廃人だがそれは置いといて…を想像すると思うが、それには理由がある。アイカツ!はキャラの可愛さに釣られ、ストーリーの稚拙さに目を瞑りながら可愛い歌を聞くアニメ「では無い」。
アイカツ!はストーリーを見るアニメである。特に1~2期は女児アニメ基準で無く、アニメ全体的の基準で見て感動出来る、「イイ」物語だ。

あらすじはこうなる。主人公の星宮いちごは中学生、快活でポジティブな中学一年生、弁当屋の娘だ。親友の霧矢あおいはアイドルオタク、賢く気が利き、誰よりもいちごの事を気にかけている。二人はある日トップアイドルのライブを見に行き、憧れのままアイドルだけが集まる学園、スターライト学園のオーディションを受ける。見事クリアした二人は学園に入り、トップアイドル目指してアイドル活動、アイカツをしていく。

まず、このアニメはリアリティに溢れている。「弁当屋の娘がいきなり有名なアイドル学園に?」「学園生が全員有名アイドルって、流石に無理があるんじゃ?」。確かに、そこら辺はファンタジーな部分はある。だが、アイカツ!のリアリティはアイドル達の感情、夢に向かう表情にある。皆、それぞれの葛藤と情熱を持って進んで行く姿は、正直大人向けのアイドルアニメを越えるレベルで描かれていると言っても過言では無い。主人公がどんどん上に昇って行くのも、主人公星宮いちごの中の人含めた才能、性格、全てが説得力を持たせているので、「それはご都合主義なんじゃないの?」と思わせる部分は殆ど無い。

次に、このアニメは子供向けでありながら、お決まりの王道パターンで子供を愚弄する事が無い。これが大人の視聴者を惹きつける理由かもしれない。例えば、序盤は敵だが徐々に打ち解けて最大の味方になるキャラ、誰かが理不尽な事を言って主人公と喧嘩するがすぐに打ち解ける茶番回、押し付けがましい教育的なメッセージを持つ回…そういう物が全く無い。どの回もキャラの感情、そしてストーリーありきで成り立っている。普通女児アニメには明らかに子供向けで白けながら見る回がよく混ざってくるが、それが全く無い。これはアイカツ!ならではだ。キャラクター達は皆可愛くも大人びていて、純粋に「良い人間」だ。

忘れていけないのはライブのCG,歌のクオリティだ。どの歌もアイカツ!の曲で無い事を知らせずに誰かに聞かせれば、女児アニメから来た物と気付かないクオリティ…と言うのは間違いだろう。むしろ、「アニメの劇中歌」とすら思わないかもしれない。それ程まで完成度が高く「アニメアニメしさ」が無い、普通の、普通のいい歌揃いなのだ。一般的な「アニメオタク」とは違う層の人間にアピール出来たのはこれが大きい。ダンスのCGもレベルが高く(最初の数話はゲーム機から直接モデルを持ってきてるのでヒッドイが、すぐにアニメオリジナルの高ポリゴンのモデルに切り替わる)、キャラクターモデルから演出まで素晴らしい。惜しむらくはダンスの振り付けのバリエーション、そして単純なクオリティが低く、他の面でここまで卓越していながら何故ダンスの振り付けをマトモな振付師に依頼出来なかったのか非常に理解に苦しむ。勿論、見れない程の振り付けでは無いが、圧倒的に他のアイドルアニメに比べて弱い部分だ。

長くなってしまったが、アイカツ!は人生を狂わせるというよりは、人生を必ずカラフルにしてくれるアニメだ。気付けばエンディングのカレンダーガールズをipodで聞く度に感動と別れの悲しみ、そして与えてくれた喜びの全てを思い出して涙ぐむ様になっている。是非、アイカツ!を見て、キャラクター達と共に成長する感動を味わって欲しい。
ちなみに僕はユウちゃんとヒカリちゃん推しです。

 サンキュー(4)

アイカツ!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
アイカツ!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。