「マルドゥック・スクランブル 排気(アニメ映画)」

総合得点
65.8
感想・評価
166
棚に入れた
937
ランキング
2184
★★★★☆ 3.9 (166)
物語
3.9
作画
4.1
声優
3.9
音楽
3.6
キャラ
3.9

マルドゥック・スクランブル 排気のストーリー・あらすじ

『天地明察』で2010年本屋大賞に輝いた人気作家・冲方丁の出世作にして2003年日本SF大賞受賞の傑作サイバーパンク小説『マルドゥック・スクランブル』を、原作者自らの脚本でアニメ化する全3部作の映画プロジェクト、その第3弾。

賭博師シェルの犯罪に巻き込まれた少女娼婦バロットと、委任事件担当官のネズミにして万能兵器のウフコックは、宿敵ボイルドとの激闘後に訪れた“楽園”にて、シェルの移し替えられた記憶は彼が経営するカジノの百万ドルチップの中に隠されていることを知る。

バロットは、シェルの罪状を白日の下に晒すため、チップを手に入れることを決意。
シェルの経営するカジノへ乗り込んだバロットは、ウフコックとの見事な連携により、伝説の女性スピナー、ベル・ウィングをも制した。

しかし、そんなバロットの前に、最強のディーラーにしてハウスリーダーであるアシュレイが立ち塞がる…。

最後に挑むゲームは、“ブラックジャック”。
果たして、バロットはアシュレイを破ることが出来るのか?

そして、ボイルド、シェルとの戦いの行く末は?

命をかけた最終決戦がはじまる-。(アニメ映画『マルドゥック・スクランブル 排気』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2012年9月29日
制作会社
GoHands

声優・キャラクター

林原めぐみ、八嶋智人、東地宏樹、中井和哉、磯部勉、藤田淑子、土師孝也

スタッフ

原作:冲方丁、 監督:工藤進、脚本:冲方丁、コンセプトデザイン:菊田幸一、キャラクターデザイン・総作画監督:鈴木信吾/中井準、メカ・銃器デザイン:大久保宏、色彩設計:海鉾重信、美術監督:野村正信、撮影監督:福士享、音響監督:三間雅文、音楽:Conisch、音楽制作:スターチャイルドレコード、配給:アニプレックス

このアニメの関連ニュース

2019-06-15

竜宮島のモデル・広島県尾道市でキャスト陣やangelaが登壇する「蒼穹のファフナー」シリーズ15周年記念イベント開催!LVも開催決定 - music.jpニュース

竜宮島のモデル・広島県尾道市でキャスト陣やangelaが登壇する「蒼穹のファフナー」シリーズ15周年記念イベント開催!LVも開催決定 >> 続きを見る

2018-03-30

林原めぐみ「Fifty~Fifty」インタビュー|デビューから変わらない“キャラと私”の進化系 - ナタリー

林原めぐみ「Fifty~Fifty」インタビュー|デビューから変わらない“キャラと私”の進化系 >> 続きを見る

2018-01-22

林原めぐみ、3/30に約7年振りとなるオリジナルアルバムの発売決定! - 超! アニメディア

林原めぐみ、3/30に約7年振りとなるオリジナルアルバムの発売決定! >> 続きを見る

既に159件のレビュー・感想・評価が集まっています

Jun さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

設定が時代錯誤

人造ネズミが別次元から自己修復できたり、擬似重力を利用できるのに燃料推進の自動車。旧態...

クロシバ710 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

金色のねずみをめぐる三角関係

金色のねずみをめぐって、今の恋人(ヒロイン)と 昔の恋人(男の軍人)が戦うというお話。 ...

もっとみる(全166件)

既に視聴した人にはネタバレレビューがおすすめ!
みんなが伏線の考察などで盛り上がっています。

ネタバレレビューを見てみる(全128件)

マルドゥック・スクランブル 排気のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
マルドゥック・スクランブル 排気のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(2012年9月29日)の他の作品

ページの先頭へ