「母をたずねて三千里(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
0
棚に入れた
0
ランキング
2323
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
物語
0.0
作画
0.0
声優
0.0
音楽
0.0
キャラ
0.0

母をたずねて三千里のストーリー・あらすじ

日本アニメーションの「世界名作劇場」初期の傑作で1976年のTV作品『母をたずねて三千里』のフィルムを再構成した劇場アニメ。 イタリアのジェノバから、アルゼンチンに出稼ぎに行った母アンナ。だが彼女が消息を絶ったため、ロッシ家で立場的に最も自由な次男マルコが彼女の安否を確かめに向かう。まだ少年のマルコは、ジェノバで知り合った人形劇団ペッピーノ一座の次女フィオリーナやその家族、そして旅先で出会った温情ある人々の支援を受けながら母のもとに向かう。やがてマルコは長い旅の果てに、ついに母に出会うが……。 今村昌平監督の『人間蒸発』、世良公則主演の『ザ・オーディション』などの実写映画にも参加したベテラン編集スタッフ・岡安肇が構成監督に参加。全52話分のTVエピソードを107分の本映画へとまとめ上げた。TV版の監督職(メイン演出)・高畑勲は本映画では監修として参加している。(アニメ映画『母をたずねて三千里』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1980年7月19日

このアニメの成分はまだ入っていません!

このアニメにタグを追加する

この頃(1980年7月19日)の他の作品

ページの先頭へ