「天使のたまご(アニメ映画)」

総合得点
59.8
感想・評価
11
棚に入れた
45
ランキング
4137
★★★★☆ 3.2 (11)
物語
3.0
作画
3.7
声優
2.9
音楽
3.1
キャラ
3.2

天使のたまごのストーリー・あらすじ

脚本・監督=押井守、アートディレクション=天野喜孝のコンビで作られたSFファンタジー作品。明確なストーリーや説明的なセリフはほとんどなく、静寂の中、ただひたすら幻想的で象徴的なシーンが描かれる。少年の声を根津甚八が、少女を兵藤まこが演じた。廃墟の町で、きれいなガラスビンを集めながら、たったひとりで暮らす少女。彼女はお腹に大きなたまごを抱えていた。いつかそのたまごが孵り、天使が生まれると信じているのだ。そんな少女は、ある日、大きな銃を抱えたひとりの少年と出会う。ふたりは共に行動しながら、天使の化石を見たり、機械仕掛けの沈む太陽をながめたり、突如町で始まった巨大な魚狩りに遭遇したりする。少女のたまごが孵ることはあるのか? そして、ふたりが住む世界に秘められた謎とは…?(アニメ映画『天使のたまご』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1985年12月15日

既に10件のレビュー・感想・評価が集まっています

はらまき

★★★★☆ 3.4

暗くて絶望的

自分でも「よく最後まで観られたな」と思います。 特に戦闘があるわけでも、激しい動きがあ...

メキシコ人だ

★★★★★ 4.4

タクボン

★★★★☆ 3.2

kuronotuki

★★★☆☆ 3.0

もっとみる(全11件)

天使のたまごのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
天使のたまごのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(1985年12月15日)の他の作品

ページの先頭へ