「KURAU Phantom Memory-クラウ・ファントムメモリー(TVアニメ動画)」

総合得点
63.9
感想・評価
124
棚に入れた
647
ランキング
2120
★★★★☆ 3.6 (124)
物語
3.6
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.8
キャラ
3.6

KURAU Phantom Memory-クラウ・ファントムメモリーのストーリー・あらすじ

西暦2100年。世界は生活圏としての都市「メトロポリス」とライフラインとしての生産層「エコロジア」に区別されていた。そこでは互いが互いを助け合い、戦争や貧困をもはや過去のものとしていた。
人々が暮らすメトロポリスでは、地上400mを誇る超高層ビル群と重力制御によるエアカーを主流とした交通により、ストレスの無い理想の社会を形成していた。その一方で、人類は宇宙へと進出し、月に都市を建て、更なる外宇宙進出を計画していた。
次世代エネルギーの研究者である天箕博士は、月面にある基地で研究チームと共に原子衝突実験を行っていた。しかし、その最中に、突如実験装置から飛び出した2つの光が天箕博士の娘、天箕クラウに衝突し、彼女の体を分解してしまった。しかし、その光は再びクラウの姿を形作り、クラウは「リナクス」として蘇る。ただ、もう1つの光の行方は誰にも分からないままであった…。
それから10年後。クラウはリナクスの力を隠しながら、悪を取り締まるエージェントとして日々を送っていた。そんなある日、クラウの中からもう1つの光の対である少女「クリスマス」が現れる。(TVアニメ動画『KURAU Phantom Memory-クラウ・ファントムメモリー』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2004年夏アニメ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/KURAU_Phantom_Memory

既にたくさんの口コミが集まっています

kabaj31

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

EDテーマ「Moonlight」が良かった。 本編は、逃げて捕まって、また逃げてという 同じよう...

ぽぽたん

★★★☆☆ 2.2

退屈

ストーリは悪くないですが 退屈であった。 全話真剣に観賞するような作品ではないと思えます。

もっとみる(全124件)

KURAU Phantom Memory-クラウ・ファントムメモリーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
KURAU Phantom Memory-クラウ・ファントムメモリーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

類似作品

この頃(2004年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ