「山太郎かえる(OVA)」

総合得点
計測不能
感想・評価
1
棚に入れた
7
ランキング
5961
★★★☆☆ 3.0 (1)
物語
3.0
作画
3.0
声優
3.0
音楽
3.0
キャラ
3.0

山太郎かえるのストーリー・あらすじ

漫画の神様・手塚治虫の同題短編を自身の手でアニメ化した動物ファンタジー。前作「るんは風の中」に続く『ライオンブックス』シリーズの第4弾として制作された。 両親を亡くした熊の山太郎。人間に飼育される日々を送っていた山太郎は、蒸気機関車C-62の「しい六」と仲良くなる。いつしか汽笛のように力強く吠えることを覚えた山太郎は。「しい六」に励まされて自由への一歩を踏み出そうとするが。 本作は当初86年に完成をみていたが、OVAという形で89年に刊行。当時の手塚のTVアニメ最新作『青いブリンク』と同じ「手塚治虫アニメーションワールド」のレーベルで発売された。制作は手塚プロダクションによる。(OVA『山太郎かえる』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
OVA
放送時期
1986年1月1日

既に1件のレビュー・感想・評価が集まっています

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

もっとみる(全1件)

山太郎かえるのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
山太郎かえるのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分はまだ入っていません!

このアニメにタグを追加する

この頃(1986年1月1日)の他の作品

ページの先頭へ