だれかのまなざし(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「だれかのまなざし」

よみがな:だれかのまなざし

上映開始時期:2013年2月1日

★★★★☆ 3.9
物語:4.0 作画:4.3 声優:3.8 音楽:3.8 キャラ:3.7
総合得点 68.3
感想・評価 270
棚に入れた人 1247
ランキング 858
就職を機に一人暮らしを始めた社会人2年生の岡村アヤ、通称「あーちゃん」と、お父さん、お母さん、猫のミーさんが織りなすストーリー。野村不動産グループ「プラウドボックス感謝祭(2013年2月)」のオープニングフィルム。(アニメ映画『だれかのまなざし』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 270

2017.07.19 01:47 chi9bの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: だれかのまなざし(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

まあさすが

作画はさすが、内容もさすが。
新海監督だし今更書くようなこともないんだけど。



これ語り手が平野文さんだからいい感じにできあがってるんだろうな。

 サンキュー(0)
2017.03.21 18:16 ブラックテクノロジーの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: だれかのまなざし(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

泣ける

7分弱のショートアニメだが泣ける感動作品

{netabare}
物語の中盤の「あなたたちが忘れてしまったことは、たくさんある」というセリフが
物語を締めくくる「それでも幸せはきちんと続いていくと、あなたたちは、もう、知っている」というセリフに繋がるのが心に残る
{/netabare}

 サンキュー(4)
ネタバレ
2017.03.02 18:47 オカルトマンの評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: だれかのまなざし(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

感想

動物好きな人、ペット飼っている人は泣けてくるかも。
それ意外にも深い意味が込められていたような気が・・・

 サンキュー(3)
2017.02.14 17:45 お茶の評価 | 観終わった| 59が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: だれかのまなざし(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

「ほんの少し」

新海監督作。

一人の女性の人生を走馬灯のように、子供から大人になるまでをザーっと流した映像。ただそれだけ、ただそれだけが、こんなにも心に灯をくれる。

ナレーションの語りが子守唄のようにあったかく、父親との距離が幸せな羽衣に包まれたような、微笑ましい光景だった。それは大切な時間を共に過ごした家族からでた、まなざしの言葉だからだろう。人が社会人になるまでの、親子のふとした瞬間の映像を切り取って教えてくれる。

移り変わる四季の映像に合わせて時が移ろってゆく。
新芽のように祝福された綺麗な桜は、目に移るモノが全て新鮮で、無邪気に笑うのを許されていた。
かっとした初夏のひざしは外へと届き、その笑いが家族以外の人達に変わってくる。
絵の具で塗ったような落ち葉は、様々な色で変化をもたらし、やがて悲しいことや辛いことの方が増えてくる。
季節は冬。檻のような寒さが、社会人になってひしひしと感じる頃。幸せなことなんて、「ほんの少し」になってくる。

めぐりめぐって季節は春。その頃ようやく、親子は「ほんの少し」を分かち合える関係になれるのだろう。

結婚式で新婦がお父さんに感謝の言葉を綴るように、やっと角が取れた親子の光景ほど安堵をくれるものはない。お互い不器用にも過ごしてきた日々が、不器用な間柄をまだ匂わせながらも「ほんの少し」の幸せを「ほんの少し」の七分間で、押し付けがましくない「ほんの少し」 だけを伝えてくれる。少しである分、受け取り方しだいで多くの、自分の中にもある少しの幸せを想いおこさせてくれる、そんな作品。

 サンキュー(12)
ネタバレ
2017.01.18 03:38 Miyu_miyuの評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: だれかのまなざし(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

短いアニメだけど、感動した。

短いアニメだからって、内容がうすっぺらいんじゃないかと思う人は色々見逃しています。

新海誠監督のアニメは外れがない!心底そう思います。

まずこのアニメの最初の場面、主人公が乗っている電車の外の景色の空やアパートの作画が美しすぎてため息が出ちゃいました。
語り手はその主人公の子供のときのことを思い出したり、主人公が頑張っていること、父親が色々心配している事も知っています。
これだけだと語り手が母親なのではないかと思いますが、実は主人公が小さいときに飼い始めた猫の「みぃーさん」だったという落ち。猫は死んでしまいますが、天国から見守っているかのように最後は家族に優しい言葉をつげています。

猫好きはもちろんペットを飼っている方ならわかりますね、ペットがこの世を去ってしまった悲しみ。つらいですね。私も生まれたときから猫と過ごしていました。親が私が生まれる五年前から猫を飼っていて、私はその子達と一緒に生活していたのでいつかいなくなるなどと思いもしませんでした。一匹は癌でなくなって、もう一匹は寿命でした。(でも、27歳まで生きたんですよ!)

今は新しく子猫を3匹飼っています。可愛くてしょうがありません。
死んだ二匹もこの話の猫のように、私達を見守ってくれているといいなぁ~って思います。

感動が好きな人、猫好きはもちろん是非このアニメを見てください!

 サンキュー(5)

だれかのまなざしのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
だれかのまなざしのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。