てさぐれ!部活もの(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「てさぐれ!部活もの」

よみがな:てさぐれ!ぶかつもの

放送時期:2013年秋アニメ(2013年10月~2013年12月)

★★★★☆ 3.5
物語:3.3 作画:3.1 声優:3.7 音楽:3.5 キャラ:3.6
総合得点 61.2
感想・評価 384
棚に入れた人 1590
ランキング 3004
どこにでもあるような高校、どこにでも居るような部員たち。

「自分らしさ」とは何なのか?

「自分の居場所」とは何なのか?

そんなモヤモヤした疑問から“ありきたりじゃない”高校生活を送るべくてさぐりで奮闘し、少しずつ大人の階段を上っていく少女たちの等身大学園コメディ♪(TVアニメ動画『てさぐれ!部活もの』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 384

2017.06.06 03:14 漆羽16の評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: てさぐれ!部活もの(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

石ダテリズム?の最高傑作

「台本無し声優ラジオに(簡易)3Dキャラつけました」という石ダテさんの代名詞的内容が一番嵌った作品。

一番の理由は上記内容に適したキャスト陣に恵まれていたことだろう。言葉にするのは難しいが、今作キャストは皆ただ面白いだけでなく「バラエティセンス」もあり、また出演者5人のバランスも良かった。

あと付け加えるならこちらは他人の受け売りだが、今作のアニメーション監督・たつき氏の(「けもフレ」でもよく取り上がる)3Dキャラへの拘りも人気出た要因かもしれない。

もちろん井上さんの音楽は今作でも素晴らしかった。今作一番の話題になったあのopは今でもお気に入り。

石ダテさんは今作以降も{netabare} 同タイプの異種型を作ってるが、上記(特にキャスト)条件を持ってないので今作以上にはまだ出てない…そもそも「見習いディーバ」位しか観てないが。(「ディーバ」の二人の面白さは別ベクトルだしね) {/netabare}

 サンキュー(0)
2017.06.02 03:28 Redilsの評価 | 観終わった| 40が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: てさぐれ!部活もの(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 2.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

プレスコMMD動画

吉祥寺にある桃成高校(モデルは成蹊高校かな)に非公認で存在するてさぐり部という「新しい部活動のあり方を考えるための部活」に所属する女子高生の会話劇

作画は3DCGのみであるが、その絵にリアル感はないのが残念である。
CINEMA 4DとMMDというソフトを組み合わせて製作されているそうだが、ニコニコ動画にある素人の無料MMD動画と比べてプロの仕業!って思えるような斬新な映像は見当たらなかった。


声優さんたちの雑談に合わせて3Dキャラを動かしてみました→「新しい!」(アニメファンの感想)

こんなところではないでしょうか?

声優さんたちが楽しそうにやっているのが救いですかね、
手書きの綺麗な絵で見てみたいと思ったのは私だけでしょうか…

この制作会社が「けものフレンズ」を製作しているということでこれから再評価されるのかもしれませんね

 サンキュー(0)
2017.03.06 22:17 oxPGx85958の評価 | 観終わった| 38が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: てさぐれ!部活もの(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

意欲的な実験的作品

2017年冬の問題作『けものフレンズ』と制作会社が同じでスタッフも被っている作品ということで1期と2期を見てみました。実は以前に挑戦して第2話ぐらいで挫折していたのですが、あれからアニメ制作や声優に関する知識が若干増えており、なんとか続けて見ることができました。

率直に言って、この実験は大成功しているとは言いがたいけれども、第2期の後半ぐらいになると制作陣も出演者たちも慣れてきたせいもあるのか、そこそこ見られるようになってきます。そこまで練ってから制作に入れよ、と言いたくなるわけだけれども。

で、本作の実験とは、声優のプレスコの「自然な会話」にCGで絵をつけて動かす、という試み。本作を最初の方から見ていくと、台本のあるドラマの部分と「自然な会話」の部分が、ポジティブな相乗作用をもたらしているというよりは、互いの欠点を暴き出しているような感じがしてきます。

自然な会話の部分があるゆえに、台本部分のセリフ回しの不自然さが際立つ。そして、台本部分が整理されすぎているせいで、アドリブによる会話のつまらさが目立つ。

これが作り手の意図だったのかどうかは、よくわかりません。メタ的な批評として、これをわざとやることもありえると感じます。いま放映中の『けものフレンズ』では、次回予告のセクションで、ペンギンたちがこの「自然な会話」をやっていて、本編との対比が強調されているけれども、あのぎくしゃく感もわざとなのかもしれず、そうでないのかもしれない。

そういう深読みをさせる、またいろいろと考えさせてくれる作品でした。この実験精神には敬意を表したい。ただ、「女性声優たちのバカ話」に対する耐性がないと、とてもじゃないけど見続けられない作品であることはたしかです。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2017.01.25 11:22 古酒(クースの評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: てさぐれ!部活もの(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

あるあるネタ

簡単に言うと、

「キャラの皮をかぶった声優が、部活あるあるでおしゃべりする作品」

・・だな!
これは日常系とは言えない。
ギャグやら下ネタはあるけど、お笑いってのも違う。
ラジオに近いがラジオではない。そもそもこれ、アニメなのか?

ダテコー系としか言えない作り。

そしてそのダテコー系での傑作がこれ。
1期、2期、そしてスピンオフ。と、続いたのだから間違いない。

その間も、キャラ同士が化学反応をおこしていく。
これは順を追っていけばわかる。

このメンツ選びは奇跡。たぶん奇跡。

ただし、これがアニメなのか?って尋ねられたら 返事に困る。

「これはアニメではない。ただ、自分で特に見たいものがなく、人に訊くほどアニメ漁りする時間があるなら、見てみるのもいい」って言う評価はしたい。

 サンキュー(1)
2016.12.12 01:10 takashinxの評価 | 途中で断念した| 29が閲覧 ★★☆☆☆ 2.2 評価対象: てさぐれ!部活もの(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 3.0  音楽 : 5.0  キャラ : 1.0

神OP

正直見てられないけど、OPだけは中毒性が高く面白くて何回も見た。

 サンキュー(0)

てさぐれ!部活もののレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
てさぐれ!部活もののレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。