「銀盤カレイドスコープ(TVアニメ動画)」

総合得点
61.8
感想・評価
50
棚に入れた
309
ランキング
3453
★★★★☆ 3.5 (50)
物語
3.8
作画
3.1
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.7

銀盤カレイドスコープのストーリー・あらすじ

桜野タズサは16歳の現役女子高生にして、日本屈指の実力を持つフィギュアスケート選手で、オリンピック日本代表候補の一人と言われている。だが、優れた美貌と素質と、同時に高飛車な態度と毒舌家ぶりもまた一流であることから、マスコミでは「氷上の悪夢」と陰口を叩かれていた。
そんな彼女だが、ある日行われた国際大会で惨敗し、意気消沈して帰国する。東京で普段と変わらぬ学園生活を送っていた彼女の耳に突然、どこからともなく一人の少年の声が聞こえてくる。不審に感じ、辺りを見回したタズサであったが、声の主と思しき人物の姿はどこにもない。なんとその声はタズサの頭の中から響いてくるものだった。声の主の名はピート・パンプス、タズサが大会に出場したその日に事故死し、幽霊となって彼女に憑依してしまったカナダ人の少年だった。
しかも、タズサに憑依してから100日後、彼女が出場を目指しているトリノオリンピックのフィギュアスケート女子シングルの、競技が行われる日の深夜0時にならなければ成仏することができず、その間ずっとタズサと一心同体でいなければならないのだと言う。かくしてタズサは、ピートとの奇妙な同居生活に戸惑いつつもトリノ五輪へ向け、練習に学校にマスコミの取材にと、多忙な毎日を送ることになる。 (TVアニメ動画『銀盤カレイドスコープ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2005年秋アニメ
制作会社
カラク
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E7%9B%A4%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89%...

声優・キャラクター

川澄綾子、吉野裕行、小杉十郎太、鈴木弘子、斎藤千和、井上麻里奈、村井かずさ、千葉一伸、能登麻美子、岡本麻弥

スタッフ

原作:海原零(集英社スーパーダッシュ文庫)、キャラクター原案:鈴平ひろ、 監督:タカマツシンジ、シリーズ構成:大和屋暁、脚本:大和屋暁/高橋ナツコ/横手美智子/中瀬理香、キャラクターデザイン・総作画監督:牧内ももこ、美術監督:吉原一輔、色彩設計:原田幸子、撮影監督:樋口哲治、編集:中川綾子、音楽:亀山耕一郎、音響監督:岩浪美和、音楽監督:児玉隆

既に50件のレビュー・感想・評価が集まっています

青雲スカイ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

作画はボロボロだったが

はっきり言って作画がボロボロで当時の基準でさえ相当な低レベルだったが、 でもストーリー...

ゆい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

スケートの話

エンディング曲が良かったです。 内容は、ラストのお別れのシーンが泣けました。 ヒロイン...

もっとみる(全50件)

既に視聴した人にはネタバレレビューがおすすめ!
みんなが伏線の考察などで盛り上がっています。

ネタバレレビューを見てみる(全33件)

銀盤カレイドスコープのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
銀盤カレイドスコープのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(2005年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ