「屍者の帝国(アニメ映画)」

総合得点
64.8
感想・評価
228
棚に入れた
1340
ランキング
1783
★★★★☆ 3.8 (228)
物語
3.5
作画
4.2
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.6

屍者の帝国のストーリー・あらすじ

19世紀末、かつてヴィクター・フランケンシュタイン博士が生み出した、死体に新たな生命を与えて「屍者」として動かす技術が世界に広まり、いまや屍者は労働力や兵力として世界を支えていた。
親友フライデーとの約束のため、自らの手で違法に屍者化を試みたロンドン大学の医学生ジョン・H・ワトソンは、その技術と野心を見込まれ、政府の諜報組織「ウォルシンガム機関」にスカウトされる。
そこで極秘任務を与えられたワトソンは、フランケンシュタイン博士が残した、生者のように意思を持ち言葉を話す屍者=ザ・ワンを生み出す技術が記された「ヴィクターの手記」を求めて旅に出る。(アニメ映画『屍者の帝国』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2015年10月2日
制作会社
WIT STUDIO
主題歌
≪主題歌≫EGOIST『Door』

声優・キャラクター

細谷佳正、村瀬歩、楠大典、三木眞一郎、山下大輝、花澤香菜、大塚明夫、菅生隆之

スタッフ

原作:伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』(河出文庫)、キャラクター原案:redjuice、 監督:牧原亮太郎、脚本:瀬古浩司/後藤みどり/山本幸治、キャラクターデザイン:千葉崇明、総作画監督:千葉崇明/加藤寛崇、色彩設計:橋本賢、美術監督:竹田悠介、3D監督:西田映美子、撮影監督:田中宏待、編集:肥田文、音響監督:はたしょう二、音楽:池頼広

既にたくさんの口コミが集まっています

ヌンサ(亢宿)

★★★★★ 4.1

Feed My Frankenstein

我慢できずに、小説を読む前に見てしまいました(^-^; しかしアニメの評判を見ると...

天使のたまご

★☆☆☆☆ 1.0

タイトルなし

声優さん目当てで観ましたが、グロシーンが多くて心が折れました。 最後のオチは驚きました。

shino73

★★★★☆ 3.5

思考は言葉に先行する

思考は言葉に先行する。 言葉があるから心がある。 そこに魂=意識が宿る場所があるのだ。 ...

もっとみる(全228件)

屍者の帝国のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
屍者の帝国のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

類似作品

この頃(2015年10月2日)の他の作品

ページの先頭へ