それが声優!(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「それが声優!」

よみがな:それがせいゆう

放送時期:2015年夏アニメ(2015年7月~2015年9月)

このアニメの感想・評価 463

2018.04.20 10:46 ASKAの評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

声優業界がよく分かるアニメ

声優業界を描いた声優の浅野真澄さんが「あさのますみ」として原作者を担当したアニメですね。

基本的に一ノ瀬双葉、萌咲 いちご、小花 鈴の3人がメインキャラで3人が劇中で組むことになるイヤホンズとしてOP、EDも歌っていますね。

あとは各話に実在の声優さんが本人役で登場しますね。
誰が登場するかはお楽しみですが、豪華な声優さんなのは間違いないですね。声優の仕事の裏側を描いたお仕事アニメですね。

声優のお仕事でアニメのアフレコしかないって思っている人がいたら見てほしいですね。アフレコ以外にも様々な仕事があるのだとわかると思います。

歌をだしたり写真集だしたりナレーションや吹き替え、ボイスオーバー、ある程度キャリアの在る方は声優学校の講師とかも。現在も声優さんの仕事は様々ありますね~

 サンキュー(14)
2018.03.26 17:16 あおちゃんの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

豪華声優が本人役で次々に登場

新人声優3人の成長を描いたアニメ。
新人声優という肩書きは同じだけども、地味でネガティブな双葉、アイドル声優になりたいいちご、子役出身の鈴というバックグラウンドや方向性が異なる3人それぞれに焦点を当てているのが面白いです。
このアニメの見所のひとつとして、堀江由衣さんや野沢雅子さんなどたくさんの豪華声優陣が、本人役としてゲスト出演しているところが挙げられます。
これがリアルな声優界だとは思わないけど、声優のお仕事に少しでも興味がある人は観るべきだと思いました!

 サンキュー(0)
2018.02.02 18:36 にゃん^^の評価 | 観終わった| 480が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

声優さんのお仕事アニメ

あらすじはあにこれのを見てね☆

絵は普通にきれい^^
キャラもかわいい
あと
主人公の双葉が長門有希ちゃんw
(しゃべり方はぜんぜんちがうんだけど。。)

おはなしは
「SHIROBAKO」みたいな感じで
「SHIROBAKO」ではあんまり出なかった
声優さんのお仕事のアニメ

「SHIROBAKO」は大人の人がお仕事ってゆう感じだったけど
こっちは
にゃんくらいの人がお仕事するおはなしだから見やすくって
コメディも多くって楽しい

新人声優さんとかのあるあるみたいだから
声優さん目指してる人とか勉強になるかも☆


1話目
{netabare}
スタジオで先輩声優さんに1人1人あいさつって大変そう。。
セリフのこととかで緊張してるのに
たくさんの人にあって顔とかも覚えないと
次のお仕事でまた会った時とか
「はじめまして」とか言っちゃいそう^^;

いちごちゃんってキャラ作ってるみたいだけど
声優さんってそうゆう人ほんとにいるのかな?

それから鈴ちゃん
現役中学生声優でかわいいのに
難しいセリフも1回で決めちゃって
お仕事長くやってるみたい^^


セリフとか
現場でどんどん変わってったり
用意してなかったキャラのセリフとか
急にふられたりするみたい。。

そんなとき
ちゃんとできたらお仕事とかもっと増えたりするのかな?
でも
ダメだったらすぐほかの人に回されちゃうって
苦しいんだろうなぁ。。


スタッフの人たちが話してたりすることも
本当にありそう^^


OP、EDもあるあるとか解説みたいだったり
EDは歌のとちゅうでリクエストコーナーになって
エヴァンゲリオンの「残酷な天使のテーゼ」が入ったりって
(この曲はにゃんでも知ってるw)
やっぱりおたく向けみたい^^
{/netabare}

2話目
{netabare}
声優のお仕事ってバイト!?
レギュラーたくさんないとほかのお仕事しなくっちゃ。。

でも
仕事のぜんぜんない新人さんもいて
今回の双葉みたく
有ってもいつなくなっちゃうか分からなくって
見てて悲しくなっちゃうね。。


オーディションの結果って
早くて来週
遅くても1ヶ月くらい。。
ふつうダメだったら教えてくれないんだ。。

それって
ずっと待ってるみたいでイヤだなぁ。。
ずっと心配してなくっちゃいけないでしょ?


事務所もいろんなところがあるみたい^^
どんなところがいいかなんて分からないケド
あんまりお仕事がないと
やっぱりクビになっちゃうだ。。

見てると心配で泣きたくなってきちゃうみたい><


いちごちゃん、鈴ちゃんとせっかく仲良くなれたのに
役をしてたピポーが爆死しちゃって
もう役ないの!?

って思ったら
ウェブラジオのお仕事!?

こんどこそうまく行くといいね☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
ラジオがはじまる♪

双葉はマジメに練習みたいなことしてて
コメントちゃんと言えてるけど
本番になったら大丈夫のかな?

いちごの家族とか親戚の人
テンション上がってたみたい
お父さんがファンの人に返信しちゃったりw
きっとみんなうれしいんだろうな☆

鈴ちゃんは芸能界が長いから
とっても上手だけど
フツーって言われると困っちゃうみたい。。


ラジオのまえに
先輩の汐留さんのラジオ生放送で番宣

汐留さんのラジオの格言。。
「不用意な発言は消せないけど 言った本人は消える」
そんなこと言われちゃったらこわいよねw

3人ではじめての生ラジオ
汐留さんと田村ゆかりさんに助けられて
何とか終わったけど本番心配になっちゃう。。


それで本番。。
3人であたふたしながらグダグダになって
やっと終わったみたい(はぁ。。w

プロデューサーさんはよかったって言ってくれたけど
初めてだしぜんぜん分らないよね


アニメのオンエアーもはじまって見てみたら
アテレコしてるときは分らないこといっぱいあるみたい。。


まだこのおはなしはじまって3話目だけど
声優のお仕事って
まだまだいろいろあるのかな?
{/netabare}

4話目
{netabare}
「仏戦隊ボサツオン」の収録も終わって
ラジオのお仕事もなくなっちゃう~(^^;って思ってたら
ラジオは名まえを変えてつづくことに。。

それから
3人は「イヤホンズ」ってゆうユニットを組んで
CDデビューまですることになっちゃったの♪


声優のお仕事って
スーパーの宣伝のナレーションとかもあるんだね^^
あんまり目立たないけどそんなお仕事もアルし
顔とかも出ちゃう
声優のアイドルユニットみたいなお仕事もあるんだ^^


ちょっと気になってしらべたら
みんな今まで主役とかしてなくって

双葉の声優さんはこのおはなしのほかに
がっこうぐらし!の直樹美紀役とか
乱歩奇譚 Game of Laplaceのコバヤシくん。。って
きゅうにレギュラーのお仕事が入ったみたい^^

みんな
役でやってるけど
セリフとかってほんとにそう思ってるのかも^^
これからもお仕事来るといいね☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
今週はイチゴの回

アルバイトくびになって
電気もガスも止められちゃって
それでも明るくしてられてすごいなぁ。。
にゃんだったらどうしよう?。。って
怖くってしょうがないって思うけど。。


でも
ゲームのオーディション受かってよかった♪

ヒロインの肩にいつも乗ってる虫(w)だけど
100万部売れるくらいのゲームってすごいよね^^
100人のうち1人でも気がついてくれたら
1万人の人に知ってもらえるよね☆


電気とか止められても平気な顔してたけど
初めてのイベントもあって
今までガマンしてた思いが悪夢になって出てきたみたい。。

お父さんの心配メールに
暗い返事を送ろうってしたけど
お父さんだって1人でがんばってても応援してくれる
書き直して水シャワー。。
じわってなみだが出てきちゃった。。


ゲームのシナリオってすごい量(^^;
大きな段ボール3箱も‼
ぜんぶ読むだけでも大変そう。。
早く電気代払わないとw

でも
自分のパートってそんなにないんだぁw
だけど
そのイベントに出してもらえるって
もしかして大事な役なのかも?☆


今日の大声優さんは堀江由衣さん

ミス・モノクロームの人だよね^^
すっごーい。。オタク系の人みたいw
「俺妹」の沙織・バジーナさんみたいかもw
こんなひどい役でいいのかなぁ。。ってちょっと心配w

でも
ステージに立って見てるのは会場で
できるだけたくさんの1人1人の人と目を合わせたいから。。って
きっとそうゆう気もちってみんなに伝わるんだよね^^


イベント楽しそうだった♪
堀江さんのステージもふつうの時とぜんぜんちがくて
キラキラしてた.。*゚+.*.☆.。*゚+.*.☆
いつかイヤホンズもこんなイベントできたらいいね☆

自分たちの曲もできたしこれからー☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
ふたふたは前に釘宮理恵さんと共演したドラマCDで
ユマってゆう役をやったんだけど
アニメ化するって本で見かけて喜んでたんだ。。

だけど
ラジオでリンリンがその番組の宣伝はじめて
今度ユマの役をやることになったって。。

ふたふたは落ち込んじゃって
みんなで集まってやるはずだったCDの曲「耳の中へ」の
ダンスの練習もキャンセルしちゃった。。

*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫

今週のおはなしは悲しかった。。

知らない人に役を取られたって悲しくってくやしくって。。
なのに
その相手がおんなじユニットのリンリンだなんて!
にゃんだったら目の前まっくらになっちゃいそう。。

みんなが下手だって思ってるんじゃないかな?とか
凛ちゃんの顔だって見れなくなっちゃいそう。。

そのことネットで知った凛ちゃんもかわいそうだった。。


でも
汐留先輩に相談してよかった
「どんな時にも求められることにこたえる。。それがプロよ」って

「声優ってもっと夢のある仕事かって思ってました」ってゆう双葉に

「夢を見るのはお客さん。。私たちは夢を見せる。。それが声優☆」


それでまた鈴ちゃんに会えた☆
「正直 鈴ちゃんがすごくうらやましいよ!
私がやりたかった☆ 
でも 鈴ちゃんのユマも見てみたいって思ったの☆」
って言えた^^
うらやましくってくやしくって歯ぎしりするくらい。。
だけど
「でも 楽しみにしてる☆ これは本当!」って
にゃんはちょっとなみだ出ちゃった。。

そのあとイチゴちゃんが出てきて
よく分かってないのに
ちょうどいいタイミングでケーキ出すんだもん笑っちゃったw


さいごプロデューサーさんが
CD発売8月ムリだったって⁉
それって延期ってゆうこと?それとも。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
CD発売は延期になっただけでよかった♪

それで
今日のおはなしはいろんな「声のお仕事」だった^^


3人はたまたまおんなじビルのスタジオでお仕事。。
双葉は外画(海外の映画)の吹き替え
イチゴはオーディオブックのために本の朗読
それで鈴はゲーム


今日の有名声優さんは小山力也さん
「Fate」で切嗣の役してた人かな^^
大人な感じで落ち着いてていいなぁ☆


外画の吹き替えは大人な人が多そう

家で
吹き替え前の映画と台本見ながら練習するんだね^^

それで
吹き替えの時はヘッドホンで外国語のセリフ聞きながら
声を当ててくみたい
ヘッドホンの電池切れのために電池も用意してあるって^^
でも
取りかえの時とか緊張しそう。。

自分の役以外の役もやる「かね役」ってゆうのも多いみたい
そうゆう時に声質がかぶって急に声を変えたりって
すごいね^^


オーディオブックは
アニメよりちょっと低めの落ち着いた声で。。


ゲームは自分の分しか台本もらえないと
自分が何を言ってるのかって分からなくなっちゃいそうw

パンチを受けた時の声を大中小って演じ分けるとかって
てさぐれ部活ものじゃないけど声優さんって
いろんなアドリブも出来ないと声も出せないよね^^;


鈴ちゃんは来年高校生。。進路で迷ってるのかも?
{/netabare}

8話目
{netabare}
前半は
イヤホンズのCDデビューでミニライブと握手会
まだあんまり知られてなくって
80人の会場もガラガラみたい(^^;

イスの間を広くして人がいっぱいいるように見せるとか
店員さんが座って場を盛り上げるとか
声優さんってそんなことまで考えてるんだ。。


握手会
リンリンとイチゴはもうファンが何人もいるみたい
でも
地味子のフタ二タは人気がないのがバレバレ。。
悲しい。。

だけど
遠くからわざわざ来てくれた人がいて
双葉とおんなじぬいぐるみまで用意してくれて
にゃんも
ちょっとなみだが出ちゃいそうになった。。

リンリンは
クラスメートが大ファン
進路のお話でちょっとうつむいてたけど
どうするのかな?


後半は
双葉がバラエティのナレーション
原稿も映像も当日。。って⁉

今日のゲストは真地勇志さん
アニメじゃないけどたまに聞く声の人w
すごいおはなしいっぱいあった^^

生放送で5分前に原稿渡されたり
きゅうにアドリブって言われたり
原稿なしで耳にささやかれたことナレーションしたり(^^;

双葉は初めはダメダメだったけど
真地さんとお話してからとってもよくなった♪

でも
双葉の中の声優さんは
おんなじ双葉の声なのに
読み方でぜんぜんちがう感じにできるってすごいね!

さっきのゴリラのはなしは。。って
また今度はないよねw
気になっちゃうなぁ^^

声優ってすごいお仕事なんだなぁ。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週は
マネージャーの紺野あおいさんのおはなし

今まであんまり笑ったところ見たことなかったから
ちょっとクールな感じの人なのかなって思ってたけど
ほんとはイヤホンズのみんなががんばってるの見て
一生けんめいがんばってるマネージャーさんだったんだね^^


今までの総集編みたいなところもたくさんあって
この時紺野さんってこんな気もちだったんだ。。って
わかったしよかった☆


さいごに双葉に抱きしめられた紺野さん
ありがとうって言われてとってもうれしそうだった☆
全力疾走の疲れもどっかに行っちゃったみたい^^
{/netabare}

10話目
{netabare}
今週は
鈴ちゃんと
鈴ちゃんの幼なじみの同級生サヨちゃんのおはなし


2人はずっといっしょって約束して
この学校の高等部に進学しようって思ってたのに

鈴は先生から
このまま声優つづけるんだったら
芸能コースのある学校に進学した方がいいって言われちゃって。。

----------------キリトリセン----------------

お仕事と学校ってむずかしそう。。

勉強が大変なだけじゃなくって
お友だちとも遊べないし
学校行事にも出られなかったり。。

15歳なのにふつうの15歳が分からないとかって
悲しいよね。。

それなのに
お仕事つづけたいって思った鈴は
やっぱりふつうの15歳じゃないのかも。。

でも
幼なじみの友だちってやっぱりいいな☆
学校が分かれても
ずっと友だちでいてくれるって^^
{/netabare}

11話目
{netabare}
前半は
双葉が番レギュ決まって
がんばるんだけどカゼひいちゃうの。。


白石涼子さんがのどの手術した時のおはなし

今までこのアニメ見てて
お仕事ができるだけでもすごいのに
お仕事ができるようになったって思ったら
手術しなくっちゃいけなくなるって
ほんとにどうしよう。。って思っちゃうよね

そんなことがあったから
わざわざ新人の子にのど飴持ってきてくれるくらい
やさしい人なんだね。。きっと☆


後半は
イヤホンズの単独ライブが決まったー♪

会場は500席

売れたチケットは12枚!?


今「ミリオンドール」ってゆうアニメ見てるけど
アイドルって売れないと大変みたい。。
でも
イヤホンズってラジオ番組もやってるくらいだから
有名なのかなぁって思ってたらそうでもないかも(^^;


あと
イチゴ燃えてたね^^
歌とダンスがんばってたって思ったらケガ?

本番間に合うのかな?
{/netabare}

12話目
{netabare}
イチゴは足のことかくしたまま練習しようってしてたけど
双葉は気がついてスタッフの人たちに言おうって。。

ヾ(○`ε´○)ゞヾ(`ε´ ○)〃ヾ(○`ε´○)ゞヾ(○ `ε´)〃

あのまま隠してて
本番でおどれなかったら大変だったよね。。
双葉はいいことしたって思う☆

アイドルアニメみたくなってたけど
ふつうに良かった^^

でも
ギャグがプロデューサーさんの
「もうダメだ~!」と
双葉が振りつけミスってばっかり。。
だけだったみたい^^


「それが声優!」ってゆうタイトルだったから
最終回はアイドルになって終わるんじゃなくって
声優のお仕事で終わってほしいな☆
{/netabare}

13話目
{netabare}
双葉の事務所は養成所卒業してから2年間
お試し期間の「あずかり」ってゆうのがあって
双葉ももうすぐ「査定」を受けるんだって

レギュラーを持ってても契約を打ち切られる人もいて
すごいキビシイこと言われるんだって。。

ほかの2人はそうゆうのないけど
鈴は受験。。
イチゴはイチゴキャラのオーディション

●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○

査定ってほんとにキビシイこと言われるんだ。。
にゃんだったらゼッタイムリだなぁ。。
何だか聞いてるだけでナミダが出そうになっちゃった><

でも
双葉の気もちは通じたみたい
あと1年待ってくれるみたい^^


声優のギャラ(収入)って調べたら

新人(ジュニア)のギャラって30分番組に出ると1万5千円
そのうち5000円は事務所に取られて1万円だけ
レギュラー1本だけ持ってても
月4回だから4万円にしかならないって。。
それに3か月したら終わっちゃうし。。

あと
声優になってからの年数でギャラが上がるランク制ってあるみたい
3年過ぎると2~3倍になるんだって

長くやるほどギャラがふえてっていいみたいだけど
あんまり人気なかったら
長くやってる声優さん1人よりギャラが安い新人さん3人の方を選ぶって

だからかな?事務所の人が
「三十路前にどんどん仕事がへってくる」って言ってたの


だから
イチゴが言ってたみたく
希望がない声優さんは早くやめさせようってゆうの
事務所のやさしさなのかも。。


アニメは明るく終わったけど
双葉もあと1年したらギャラが倍になっちゃう。。
それまでに人気声優になれなかったらお仕事が来なくなっちゃうかも。。
ほんとはあと1年ってすごい怖いのかも。。


鈴はこれから高校生だから声優だってこれからだよね☆
イチゴは声優ってゆうかアイドルめざしてるっぽい?


2期はあるのかな?
{/netabare}


見おわって

声優のお仕事アニメ。。
それとちょっとアイドルのおはなしも^^

おはなしはふつうによかったくらいだったけど
声優のお仕事のこといろいろ分かってよかった☆

 サンキュー(97)
2018.01.04 19:39 剣道部の評価 | 観終わった| 82が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

普段は飛ばす、番組間のCMまで観たくなる作品w

「NEW GAME!」「ガーリッシュナンバー」などが好きな方は合うかもしれません♪

《以下ネタバレ》
{netabare}
たまたま、シロバコを観た直後の視聴だったので、「なんだシロバコの劣化版か」となめた態度で視聴を始めましたが、反省です。また別物として、とても楽しめました♪

イヤホンズの面々はそれぞれに個性的で、応募したくなります。だからなのか、番組間のCMで中の人達がCDのセールスしてましたが、つい観ちゃいました(笑) EDも、毎回楽しみにしてました♪

また、この作品の一番の見処は、毎回ゲストとして有名声優の方々が、本人役で出演することかと思います。私は、声優さんには詳しくないので、「へ~、この人ってこんな人なんだな~。」と、勉強になりながら、楽しめました。

中でも印象的だったのが、堀江由衣さんです。私は、初めて好きになった「萌えモノ」が、ラブひなで、ゲームも買って(当時中学生だから、親兄弟に隠れてやってた。その為にドリームキャスト買ったw)やりこんでいたので、堀江由衣=成瀬川なる という印象がずっとありました。成瀬川なるといえば、ザ・ツンデレ(ボコデレ)。なので、堀江さんにも、勝手にそんな印象をもっていました。

それが、ゆりえほい、に(笑)めろんぱんとか(笑) 今までツンデレだと思っていたので、そのギャップにやられました(声優の知識ある方にとってはギャップなんかなく、むしろ、あるあるなのでしょうが)。

しかも、ラブひなの成瀬川なるも、普段はどてらを着てぐりぐりメガネのだらしないキャラなので、なんかそれも「ゆりえほい」に重なりました。

以上の理由から、堀江由衣さんがとても好きになり、初めて「声優のファン」になりました♪

と、ほとんど個人的な経験ばかりで、誰も共感できない内容ですね(^-^;
{/netabare}

【総評】
声優業界の表裏を描いた、いわゆる「お仕事アニメ」。表裏といっても、決してシリアスにはよらず、基本的に日常系の微百合作品なので、安心して観られます。(2017年)現在も活躍されている「イヤホンズ」が結成される、(今となっては)記念碑的にアニメでもあります。

声優に興味ある方は勿論、ない方こそ、入門編として楽しんで頂きたいですね♪

 サンキュー(22)
2017.11.05 18:46 アートの評価 | 観終わった| 130が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

声優としての在り方

◆概要:作品の紹介

原作はサークル『はじめまして。』の同人誌。青空プロダクション所属の新人声優一ノ瀬双葉。アニメの初レギュラーで意気込むもマスコットロボットの役で発する言葉はわずか一言だけ。共演きっかけで若手声優同士の交流が始まるが、順調とは言いがたく、自問自答を繰り返す日々を送る。リアリティを残しつつ、コメディチックで観やすい作品です。


◆仕事:声優業の裏側がわかる

本作は、声優の浅野真澄さん自身が体験したことや取材を通して聞いた話を元に業界のあるあるネタを取り入れています。そのため、アニメのアフレコに限らず、ゲームとナレーションの収録、吹き替えやWebラジオと多岐にわたる。加えて、本人役で豪華キャストが登場し、より細部に触れた現場事情や心構えを知ることができる貴重な内容になっています。


◆見所:新人らしい悩みと成長

仕事がない時はアルバイトをして生計を立てている。オーディションのために資料を集めても結果は…。胃が痛くなる現実を目の当たりにしながらもひたむきに努力する姿、仲間や応援してくれる人の温かさに涙が出る。コメディとしての面白さも十分にあるので、アニメ好きで声優に関心がある人や将来目指そうか考えている人にはおすすめかもしれません。

{netabare}
■感想:自信がないだけで器用

ユニットは全員同じくらいが良いけれど、キャリアの違う鈴ちゃんがいるから生じるぎこちない感が面白かった。イベント時のファン率やドラマCDからの変更とウィキの名前にリンクが張られていない描写は地味にリアルでしたね。あとは高橋さんの演技。双葉とコロリの二役。特に双葉の成長度合いがわかりやすく伝わる声の変化は絶妙だと思いました。


■総評:すっきりしないが納得

途中からのアイドル要素は、今の声優に求められる課題を内包した業界の実情と言えるでしょうね。イヤホンズのライブ成功で終わってよかったのをそうしなかったことに、生半可な気持ちではいけないというメッセージ性が痛切に感じられた。本業としては保留。漠然とやってきた一つの区切りと再スタートの二重のエンディングと自分は解釈しました。


★お気に入り:小花鈴(CV:高野麻里佳)
{/netabare}

 サンキュー(23)

それが声優!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
それが声優!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。