それが声優!(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「それが声優!」

よみがな:それがせいゆう

放送時期:2015年夏アニメ(2015年7月〜)

★★★★☆ 3.6
物語:3.6 作画:3.4 声優:3.8 音楽:3.5 キャラ:3.6
総合得点 64.3
感想・評価 480
棚に入れた人 2251
ランキング 1944
現役声優・あさのますみの体験に基づいた、声優のリアルな日常を描く人気同人誌をTVアニメ化した作品。新人声優・一之瀬双葉はある日「仏戦士ボサツオン」のアフレコスタジオで萌咲いちごと小花鈴と出会う。(TVアニメ動画『それが声優!』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 480

ネタバレ
2018.12.11 01:10 Androidの評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

タイトルなし

新人声優が日々色々な声優業務をこなして成長していくお話です
話の途中で解説が入って分からないところを詳しく説明してもらえたので問題なく見れました
最初は新人声優でもこれは酷すぎると思ってガーリッシュナンバーでも見たことあるようなそんな話かと思ってましたがこの主人公はすぐに努力するタイプの人だったので応援しながら見てました
でもこの作品のほんとにすごい所って下手くそな演技と上手い演技を使い分けてる高橋李依さんかなーって途中から視点が変わってしまって違う意味で面白かったです
毎話ごとに有名声優さんが登場してそれが結構楽しみでもありました

 サンキュー(1)
2018.11.09 18:54 石川頼経の評価 | 今観てる| 75が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「声優」に資格や定義はないのです。

作品のレビューではなくてすいません。
単なる声優に関する考察というか単なるただの豆知識披露かもしれませんが、失礼します。私はこういうのが好きなので。

某所からの引用ですが

>声優グランプリが発行している声優名鑑によりますと、2017年12月現在で1249名の声優さんが登録されており、これが現在声優さんという職業でプロと認識されている人数に近いと考えてよいかもしれません。

>以前浪川大輔さんがTV番組(ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!)で声優を目指している人は約30万人、声優は1万人、声優だけで食べていける人は300人程度と言ってます。

と書いてあります。
参考 ttps://www.声優になるには・声優になりたい.com/houhou/ninzu

また、検索してみると、ある会社では「我が社の声優登録数は二万名」と書いてあります。
参考 ttps://voi-p.com/order/

また、あるサイトには全ての声優は自称だと書いてあります。
参考 ttp://musicbunker.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

要するに声優というものには資格も定義もない。
医師や弁護士と違って「声優免許証」とか「声優認定証」「声優資格証」というものは存在しません。
「詩人」とか「作家」とか「俳人」と同じで誰もが「私は声優」と名乗りさえすれば「声優」なんです。
そういう意味で良く業界で罵り文句に使われる「自称声優」という言い方は正しくはないと思います。

また、声優は純粋にアニメの声の収録だけで、食べている声優はほとんどいません。
何でも主演クラスでも一回のアフレコ出演料は五万円程度で、毎回出ても月20万円程度の収入です。
声優はほとんどはイベントに出演したり、歌を歌ったり、洋画の吹き替え、CDを出したり、ナレーターをしたり、ゲーム(特にエロゲ)、グラビアなどの撮影、時には写真集まで出して稼ぎます。
そのため「ルックス」という要素はこんにちでは必然に近く、昔のような「声や演技は素晴らしいがルックスはちょっと・・・」という、失礼ながら例を出すと、林原さんや、かないみかさんや皆口裕子さんのような声優は今はほとんどいません。
「声優のアイドル化を憂う」とかよく言いますが、それは声優が生活していくのに必須なので仕方ないでしょう。

ちなみに声優はトップクラスの声優の年収でも年収数千万円程度。
一流半くらいでやっと、サラリーマン程度の年収と言われています。
二流以下の声優はアニメーターも同然の収入、いや仕事を取るのが不安定なので、ある意味それ以下で、彼らはバイトなどの兼業をして食べています。
そして、勿論、ほとんどもしくは全く仕事のない「声優」もたくさん居て、声優登録を行ってます。
そんな彼らはモブ役だろうと一回でもアニメ出たりしたら、「2005年 〇〇〇〇(女生徒役)」とか大袈裟に経歴に書いたりしてます。

そして中には一流半くらいの声優になっても仕事量の不安定さから会社勤めしながら声優をしている人もいます。
バトルスピリッツブレイブの主演などで有名な大浦冬華さんはかなり遅い時期まで看護師を続けながら声優をしていたそうです。
また有名な事件として「白石冬子事件」というのがあります。
Vガンダムのマーベット役などで当時、結構売れていた白石冬子という声優さんが突然、引退した事件ですが、
その理由は憶測を呼びましたが、早い話し「収入が少なく生活していけないから」だというのが理由だそうです。
何でもアニメのオークションには少数の役をめぐって50人以上の声優が詰めかけるそうで、モブの仕事も貰えず、手ぶらで帰る声優の方がずっと多いそうです。
それに関しても交通費も弁当代も全て自腹です。

「厳しい世界」どころがほとんどごく一部の売れっ子声優以外は職業として成立していないというのが現状です。

追加 そう言えば藤田咲さんも相当、遅い時期までファミレスのバイトをやめなかったそうです。
初音ミクの収録料は五万円でそれ以上は貰ってないそうです。

追加2 ヤフー知恵袋で28歳女性の質問で「フリーターで親から就職しろと盛んに言われています。それで声優になりたいのですがどうでしょうか?」
という内容の質問がありました。
そしたら、その質問に対する回答が俊逸でした・・・
「あなたは声優になるという事を企業にでも就職する事だとでも思っているのか?」と・・・
声優になっても固定給なんてないですし。仕事は自分でオーディションに参加するなどして狭き門をくぐり抜けて取らなくてはならない。
一年で何本もアニメに出ていたように声優も突然、仕事が取れなくなったりして「ある日から突然、仕事がなくなった」とぶっくさ言ってる声優も居たりする。
名前だけでもウリになるような超一流声優ならオファーという形で向こうから仕事がやってくる事がありますが無名声優にはそんな事がある筈がないわけです。

 サンキュー(20)
2018.10.21 21:08 deashの評価 | 観終わった| 105が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

パクリは畑健二郎の犯行と思われる

企画自体は浅野真澄のもので、本人が考えた声優あるあるを漫画にするつもりだったのだろうが、畑健二郎が考えた部分が「かつての」マイナー漫画であり後にアニメ化したガーリッシュナンバーと全く同一である。声優業界を書くという点においては、ネタがおもしろいおもしろくないに関係なく浅野真澄が詳しいのは分かり切ったことであり、最初から自分の力でゆるいのを書いていたのだろう。だが途中から別人のようにガーリッシュナンバーと同じになった。声優業界というよりただの二次元である。全体にゆるいだけだったはずだが、作風が急に二次元的に変わり、そしてその面白い部分は全てパクリであった。突然「別人に」なったので浅野本人とは考え難く、まず漫画としての構図が何から何まで完全に同じになった。というよりフォトショップか何かでそのまんまとわかるまでに完璧に写している。これを絵本作家兼声優が指示したとは思えない。自力で受賞した過去からしても浅野はあり得ないと言える。見たところ当人のブログのテキストも何かと似通わないでもないが文体には気を使っている感じである。そこは無能力ではないようだし、途中まではぬるい同人で、あくまで大きくウケるつもりはなかったのである。およそパクリをやるとも思えず、事実、読めば浅野氏が考えた部分はかなりゆるいのが明確に分かるのである。しつこいがそこは主張せざる得ない。本業の腐ったパクリエロゲー職人でもあるまいし、まんまなトレスをあからさまにバラしては過去の賞が泣く。そもそも浅野がそんな指示をするだろうか?そもそも本気でパクるつもりがあったなら最初からそこまでやるはずもない。これは畑健次郎の浅野氏への嫌がらせなのである。写した作業をしたのも畑であるから、きちんと共作でクレジットされている訳で、少なからず畑に限っては全て分かってやっているということだ。まんまと分かるように写したことを知らないはずがないのである。それともそこまでどちらかが馬鹿なのか。

なお、そもそもガーリッシュナンバー自体が、完全に某ラノベのパクリであり、面白い部分は全てそのラノベが盗作元である。そしてその面白い部分をそのまんま書いたのがこの作品である。既に浅野は、それが声優が有名になった途端にすっぱりやめてしまったがなぜだろう?バレたからか?何も知らなかった浅野氏に罪はないのではないか。憶測で言うのも何だが畑はさっさと死ねばいいだろう。畑は絵どころかネタまで含めて、よく昔から人の仕事を写しているのでまあ間違いない。以上が当方の見解である。

この件がサンデーにバレていないのかは不明だ。

 サンキュー(1)
2018.08.09 21:58 ASKAの評価 | 観終わった| 131が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

声優業界がよく分かるアニメ

声優業界を描いた声優の浅野真澄さんが「あさのますみ」として原作者を担当したアニメですね。

基本的に一ノ瀬双葉、萌咲 いちご、小花 鈴の3人がメインキャラで3人が劇中で組むことになるイヤホンズとしてOP、EDも歌っていますね。

あとは各話に実在の声優さんが本人役で登場しますね。
誰が登場するかはお楽しみですが、豪華な声優さんなのは間違いないですね。声優の仕事の裏側を描いたお仕事アニメですね。

声優のお仕事でアニメのアフレコしかないって思っている人がいたら見てほしいですね。アフレコ以外にも様々な仕事があるのだとわかると思います。

歌をだしたり写真集だしたりナレーションや吹き替え、ボイスオーバー、ある程度キャリアの在る方は声優学校の講師とかも。現在も声優さんの仕事は様々ありますね~

 サンキュー(18)
2018.08.04 18:28 たわし(前多)の評価 | 観終わった| 236が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: それが声優!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

声優になりたくてもなれない人たちがどれだけいるのか?

声優業界は本当に厳しい。売れている声優なんていうのは本当にひとにぎりどころか、大体は売れない役者、芸人含めてごまんと存在し。。大概はポルノ作品から始まる。そこからキャリアを積めれば良いが、殆どの場合は使い捨てであり、他にも「見た目が綺麗」だとか「歌が上手い」、「アイドルとして売り出せる」などのオプションがないと最近はやっていけないのが現状である。

昔は「役者」商売だったのが、「アイドル」を売りにする傾向によってアニメの質の低下、視聴者側の劣化に伴い、今後のアニメ、映画業界の衰退に及んでいくような気がする。

まあ、本当に役者としてうまい人間なんてごく一部なのでそれも仕方のないことだろうが、昨今のなんでも「アイドル」化する流れはどうにかならないものか。

 サンキュー(10)

それが声優!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
それが声優!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。