アニメのことなら!ランキングと口コミでさがすアニメ-あにこれ

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)
21世紀アニソンBEST10(2001年~2010年編)
70
view
 サンキュー(22)
以前作成した「20世紀アニソンBEST10」の続編で、21世紀初頭10年間のアニソンを私なりにランキングしてみました。今となっては若干昔感がありますが、良曲は時間を置いてからその真価を発揮するものです。というのも、歌の曲感は時々刻々と変わっていきますからね。さて、第三弾はあるのか?たぶん2025年頃に作成するんじゃないかな。
BEST10作成日:2019.05.12
OP2「約束の場所へ」 歌; 米倉千尋  希望溢れる歌。全編を通して流れる力強よさとメロディアスな曲調が、夢を叶えるまでは絶対に諦めないという意思をナチュラルに感じさせてくれる。冒頭の”誰も探してる夢はきっとあるどこかにある 願いがいつか叶うまで一人じゃない”がぐっとくる。
★★★★★ 4.1
ED2「Sociometry」 歌;KOTOKO  リズミカルな中にも落ち着いた感じ。それでいて何故か胸が高鳴る。不思議な感覚でついつい中毒症状に陥ります。「灼眼のシャナ」の楽曲はどれも素晴らしいが、特にこの曲がお気に入り。カラオケでの十八番になりつつある。
★★★★☆ 3.8
ED「記憶のカケラ」 歌; nobuko  素朴で素直で悲しい曲。その分、旋律の美しさが心に沁みます。作品のラストが偲ばれ、胸にこみあげてくるものがある。冒頭での囁くような”ねえ”これは反則技。「記憶のカケラ」、この曲名が命の儚さを表している。でも・・・
★★★★☆ 3.6
ED2「もどかしい世界の上で」 歌; 牧野由依  物悲しいピアノの前奏から始まるのが印象的。ヒロイン岬ちゃんの甘くて暖かい声が私の心を癒してくれる。人の世とはもどかしいもので、自分の力ではどうしようもない。その中で何ができるのかと静かに考えさせてくれる。
★★★★☆ 3.8
OP1「i Love」 歌; azusa  あまいただひたすらあまい。あまいをいくら重ねても表現しきれないほどあまい曲。アニメタイトルを「甘神」に変えてもいいくらい。”目を覚ませば 温かいコーヒー入れて待ってる あなたの左腕に抱きついた”もちろん私はコーヒー入れて待ってる側。
★★★★☆ 3.9
作中歌「Crow Song」 歌; Girls Dead Monster  ただ単なるカラスの歌なのにやさぐれ感が半端ない。いや、それはカラスだからか? のびやかなサビが最高に開放的。ガールズロックバンド”ガルデモ”の代表曲と思う。
★★★★★ 4.2
作中歌「ぴゅあぴゅあはーと」 歌;放課後ティータイム  やっぱりこの時代は「けいおん」でしょう。作中での恋愛は皆無だけど、純粋な乙女心をリズミカルな曲に乗せて軽快に歌いあげる。妄想混じりだが、”可愛い”という表現がとってもお似合いなピュアソング。
★★★★★ 4.3
ED「君の知らない物語」 歌; supercell  誰もが知ってる物語ソング。一説にはアニソンナンバーワンと言われている? ごたぶんに漏れず私も好きです。おとなしい出だしから想像できない盛大なサビ。それはまさしく”星が降るようで”。ちなみにこの曲、私の大切な思い出ソング。
★★★★★ 4.3
OP「Red fraction」 歌;MELL  アニメ世界観にぴったりのカッコイイ曲。何言ってるか全くわからないけど、なにやらとんでもないことを口走ってる模様。それもそれでアニメに合ってるのか。サビの自信たっぷりのナルシシズムがそこに潜む悲壮感を見事に表現している。
★★★★★ 4.1
OP「clover」 歌; meg rock  終始、リズム感のある滑らかな曲調が心地いい。またそれにmeg rock氏のスイートハスキーボイスが輪をかける。”ねえ、今まで知らなかったお伽話の続き・・・” やっぱり”ねえ”は反則だ。
★★★★☆ 3.8
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。