「Re:ゼロから始める異世界生活(TVアニメ動画)」

総合得点
91.0
感想・評価
3485
棚に入れた
13746
ランキング
23
★★★★☆ 4.0 (3485)
物語
4.1
作画
4.1
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Re:ゼロから始める異世界生活の感想・評価はどうでしたか?

shion さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

キャラの良さが目立つアニメ。逆に言えばキャラがなければそこそこ。設定はいいが、もう少し何か、物足りない感じ。

投稿 : 2020/02/25
閲覧 : 0
サンキュー:

0

omatti さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

イッキ見した!

とても面白かったです!!

まず、タイムリープの設定や、世界観がわかりやすく、物語に入りやすかった。最初はよくある異世界ものかと思うような雰囲気ですが、物語が進んでいくと全然そんなことはなく、主人公の弱さや、人間としての醜い部分を丁寧に描いており、その上で、それを受け止めてくれる人の魅力が存分に出ていて、キャラの魅力が引き立っていると思いました。

強いて言うなら、ハーレムとまではいかないまでも、ヒロインが明確な1人ではないというところが個人的には好みではありません。ただ、主人公が二股をかける訳でもないので、問題はないのですが、メインヒロインよりも、もう一人の方が魅力がありすぎて、その辺のバランスの問題ですね(笑)

しばらく、あまりアニメ見ていなかったのですが、久しぶりに面白い作品を見て、イッキ見してしまいました。

投稿 : 2020/02/22
閲覧 : 19
サンキュー:

1

綺麗なPC4pro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:----

fuck

簡単に言うと、過大評価されてる害悪オタク製造機

投稿 : 2020/02/21
閲覧 : 13
サンキュー:

0

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

リゼロ

見る前はまた異世界系か。というイメージだった。
見てみたら、他の作品とは違う展開に驚き、最終的には最後まで楽しく見ることができた。
異世界系ならトップの面白さ。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 61
サンキュー:

1

ネタバレ

ぺぺぺ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

「感情移入できない」「イライラする」

別に作画も音楽もいいわけではなく、声優さん方の演技もそこそこ。物語は粗が多すぎる作品。

「作画」や「音楽」に関しては普通でしかなかった。
ただキャラのデザインはとてもよくできた作品。

物語について多く触れていく。
はっきり言って面白くないし感情移入もできない。
この作品の特徴である「死に戻り」に関しても、痛そうだな、くらいにしか感じられなかった。
精神的、肉体的な痛みに関して言えば、他のループもの(異世界系ではないけど)とても上手い作品は多々あるが、それらの作品と比べてこの作品は「死」について前に出してるのにその描写が下手くそすぎる。

主人公「スバル」に関しては、引きこもってた割に他の人と普通に話す。でも、普通の人間では絶対に言わないことが多すぎ。「ビクトリー!」だとか。
そこで物凄くイライラした。

レムの騒動の時、レムが死んでラムが切れるところも意味不明。
ベアトリスがきて、「ラムと和解する事はもう無理」的な事言ってたけれど、エミリアに関しては何も触れてないしスバルも触れなかった。
スバルはエミリアを助けたい癖に、なぜそこを聞かないのか。エミリアと和解する事はできるかもしれなかったのに。
そのあとに自殺するのも意味不明。
エミリアは人が死んだらとても悲しむタイプと見えたが、なぜエミリアが悲しむ様なことをするのか?
その時にいる世界の後の事を考えずに、自分のことだけ考えるスバルにとても嫌悪感を感じた。

王都編で、エミリアに「終わりにしましょう」みたいな事言われた後に、自分の事をベラベラ話す所が一番気持ち悪かった。
自分が勝手に助けてるだけの癖に、それに見返りを求める所がとても気持ち悪い。
その後、プリシラに「お前は豚だ」とか、ペテルギウスに「お前のせいでレムは死んだ」と言われる所があったけど、はっきり言ってそのとうりだし、それなのに悪役として描かれる所が本当に気持ち悪い。

総合的に、なぜか過大評価された作品。主人公の気持ち悪さに耐えられる人は止めませんが。キャラだけを求めるならオススメかも。

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 106
サンキュー:

1

べるちん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

綺麗な終わり方

毎度毎度おなじみすぎる ニートがファンタジー世界に
死を迎えるとセーブポイントみたいなところから再スタートするといった
タイムリープものの作品です。

6話現在
いいところ
 ヒロインというか女の子がかわいい
 キャラと声があっている
 作画が綺麗
 戦闘がいい

残念な所
 進むのがホント遅い 
 6話目にしてこの世界で言うところの2日目からのリスタート
 流石にもう少し詰め込んで欲しい
とはいえ すっ飛ばしたらすっ飛ばしたで原作レイプとかいってしまうんだろうなっていうジレンマとの戦い
 ニートにもかかわらず普通に強い ヤンキーぶっとばしたり
 鉄球受け止めたりw 剣なんてばんばん避ける
 タイムリープものだから心は成長するかもだけど
 肉体が2日でつよくなるなんてまずありえない
 そういったところの演出がうーーんだなー
 
と、いろいろ言ってきましたけど
総合していうと 普通に面白い 続きも気になる
でも1週間待ち遠しいとかいうまではないというのが
今の現状です。

まだ手を付けてないのであれば録画しておいて
全部おわってから一気に見た方あいいかも

追記
相当前に観終わってはいたんですけど昔こんな気持ちで見てたんだなーと
懐かしい気持ちになったので続きを描こうかなと

原作批判してますねw当時の自分若い・・・
最後まで観ての感想ですが
すごく綺麗にまとまったいい作品だと思います。
泣けるか泣けないかということに関しては
私は泣けなかった方の人間なので皆さんと感性が違うのかも

ただ面白いかどうかってことに関しては毎週すごくワクワクしながら観てました
戦闘描写などは特に力が入っていて爽快感をもとめるなら抜群だと思います

ただパターンがあるので かならず何回か主人公死にます
くず→くず→絶望→希望 みたいな感じで
進行がとても遅いです でもそれを払拭するくらいの面白さがあるので
観てない人は週末など利用して観てみてください
とわいえ アニメ慣れをしてない人に何が面白い?って聞かれて
1番におすすめするようなものではないとは思いました

あとくされなく ここで完でいいんじゃね?ってくらい綺麗にまとまっているので
週末なにしよう 予定ないなーって方は
長い映画を観る感覚でトライしてみてください

投稿 : 2020/02/06
閲覧 : 127
サンキュー:

6

ネタバレ

k57x83 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ED挿入タイミングが抜群に良い

★で評価できるところに、光るところはあまりない

物語はいつもの異世界系
設定(主人公の特性)自体は、オールユーニードイズキルから引っ張ってきた感じ?(どちらが先か知らないが)
物語の進み的にはオールユーニードイズキルの方が良かった
あっちはは回数重ねて徐々に進歩していく感じが非常によかったが、
こっちは大体1回で先に進んでいる

声優は、エルザ様と怠惰が良かったが、他は普通
キャラ、作画などにも特筆すべきところはない


このアニメが非常によくできていると思うのは、ED挿入タイミング
ED後のわずかな時間で、次どうなるんだろうと思わせるような話をもってきている

この目論見に見事にはまり、一気見させられてしまった

物語の構成が良く練られているといえる

物語の構成について★の評価するところがないから、
音楽の評価に上乗せして評価した

投稿 : 2020/02/06
閲覧 : 37
サンキュー:

2

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

現実日本と同じくらい過酷な異世界

開始当初からの主人公のウザさとかるさが嫌いで断念し、しばらくタイトルを見るのもいやだったのですが、続編があるというので、ハードルを下げて我慢してみようと見始めました。

ところが、流れに付き合っているうちに、主人公がボロボロになってしまい、この嫌なやつのために涙が出る始末。何とかしてやれよ、作者。

18話が転換点なのですが、スバルの絶望的告白に対するレムの絶対的な女神対応。この数分の演技で完全に持っていかれました。

ただその後の物語としては中途半端で、何とか仲間と住民は救えましたが、龍との契約、王の選出、ハーフエルフという弱点の克服など回収されていない伏線がたくさんあります。その辺りを二期で回収できればもう一段評価が変わるかもしれません。

投稿 : 2020/02/03
閲覧 : 105
サンキュー:

9

ネタバレ

kuuta さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

醜い主人公と訓示を与える世界

このお話、美しいとも言えるし、だいぶ醜いとも言えます。主人公はごく一般の高校生ぐらいでしょうか?特にがんぱりもせず、悶々とした毎日を送っているところに異世界転生
。異世界で多くを学びながら成長していくという感じでしょうか?実際主人公が特別醜いわけではないのでしょうが描かれ方がそんな感じになっています。かわいそう。
この世界において主人公は『死に戻り』という能力を持っています。しかしそれを周りに話すことができません。これだけではありませんが主人公は苦しい状況を強いられます。しかし、エミリアという美少女を愛するがゆえに奮闘し、幾度となく困難に立ち向かいます。
となっていますが主人公いい人です。エミリア一筋と言いつつ異世界のために苦痛を伴いながらがんぱります。滅私奉公と言ってもいいんじゃないでしょうか?この話心から人を想うことを教えてくれると思います。たとえ自分が醜くても、弱くても、苦しくても、本当にしたいから人を助ける。自分本位で生きて、おせっかいをやく。そんなことの素晴らしさをおしえてくれるのではないでしょうか?

投稿 : 2020/02/02
閲覧 : 40
サンキュー:

4

MMA原理主義者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前半は苦手、後半は好み

25話あるせいか展開が少し遅いと感じました。
アニメファンからは主人公がクズ呼ばわりされていますけど、そこはあまり感じませんでした。
なんの才能もない平凡な少年が、後半のああいう状況に追い込まれれば、あんな行動や言動にもなるでしょうから。
それより前半の、異世界転生ものにありがちな「欲のない善意の主人公」がヒロインたちに惚れられる、という感じが気持ち悪かったです。
あざといヒロインたちも苦手でした。

あと高橋李依が棒読みでとても辛かったです。

投稿 : 2020/01/14
閲覧 : 293
サンキュー:

2

ネタバレ

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2周目で評価が上昇

【2周目の視聴理由】
・2期がそろそろ放映されるという事
・MemorySnowを見て、本編のどこら辺にあたるのか気になったから。

【あらすじ】
突如異世界に移動。死ぬと自動的にセーブされたところに戻る。
しかもこの事を他の人に話そうとすると、心臓が痛くなる。

【キャラ】
スバル:主人公
引きこもりだった癖に、意外にも身体能力は高い。
かなり感情的になりやすく、作中うざいところも多々あり。

エミリア:メインヒロイン(多分)
銀髪のハーフエルフで、世界の災厄と言われる魔女に似ているという事から、周囲の人々から疎まれる。
精霊術師で魔法が使えるので戦闘能力もある。
更に、パックという大精霊も一緒にいる。

レム:メイド(妹)
ロズワール邸にいる双子メイドの妹の方。
鬼族で力があり、家事全般が得意。
後半は、スバルしか見えてないが、とても良い子。
1期だけ見ると、このメイドっ娘がメインヒロインに見えまくる。

ラム:メイド(姉)
ロズワール邸にいる双子メイドの姉の方。
風魔法が使える、千里眼が使える、結構色々な事が出来るお姉様。
毒舌でスバルに対しては辛辣。
だがそこが最大の魅力!!

他にも、ロズワール、ベアトリス、パック、ラインハルト、フェルト、ユリウス等々、かなり多くのキャラがいる。

【内容】
主人公スバルは異世界召喚されたと思って、異世界なら凄い強さを得られると思っていたが、そんなものは全く無く、待っていたのは苦労と絶望。
そんな中、エミリアに助けられ恩を感じ、更に彼女の行動が損をするタイプの善人という事から魅かれ、いつの間にか好きになっていた。

その後、エミリアの為にと行動をするが、自身に付きまとう危険な状況から何度も苦しむ事になる。

そんな苦しみを乗り越えると、死んだ時に戻るセーブポイントが更新されるっぽい。

色々あってレムとも仲良くなり、レムと一緒にいる時間が長くなる一方、エミリアとは疎遠になる。
なのに!!
レムよりエミリアを優先するのであったっ!!

【感想】
まずこの作品は、かなりボリュームがある為、初見だと内容は理解出来るけど、なぜそのBADENDになったかが分からない。
その為、主人公の行動の悪さだけが目に映り、「スバルうぜぇー!!」って思ってしまったが、2周目、内容を知っている状態で見ると、主人公の気持ちを汲む余裕が出来、とても人間らしいリアルな反応、更にすごい精神力だなと感じてしまう。
多分、普通の人間なら1回死んだだけで心が折れる人もいるんじゃないだろうか?

登場キャラに対しては、まあ色々分からない事も多いけど、取り合えずヒロインに絞っていうと、
『なぜメインヒロインがレムじゃないのか!!』
これですね。
エミリアが行った行動・言動・スバルに対しての気持ちやら何やらと、レムが行った行動・言動・スバルに対しての気持ちやら何やらを比べると、どう考えてもレムに偏ると思うんだよね。
だって{netabare}エミリアってチンピラから助けてくれただけで、他には大した事してないよね?
それに対しレムは、最初は敵対していたけど分かり合ってからは、王都で常にスバルの味方であり、自分を犠牲にしてでもスバルを守ろうとしたり、這いつくばってでもスバルに生きる事を願ったり、スバルの事を誰よりも理解してくれる最高のメイドさんじゃないかっ!!{/netabare}

もうさ、レムの事は大好き、エミリアは助けたい人。
これで良くない?って思ってしまった。
{netabare}タイトル回収だってレムのお陰じゃん!!{/netabare}

ちなみに『Memory Snow』に出て来るマヨネーズの話、全く出て来なかったねっ!!
ついでに『Memory Snow』でのレムは、相当頭が悪い子になっていた事も分かったよっ!!

【まとめ】
主人公に不満を持っていた人は、もう1度見ると評価が変わるかも?
最近放映されている異世界ものから見たら、作品の完成度や設定がかなり高いのが良く分かりました。
という事で、全体的に評価上げます。

【おまけ】
・この作品、OP飛ばしが多いよね。
・スバルは1話で初めて人を殴ったとか言ってたけど、魔物との戦いでは、相当戦い慣れしているように思えた!!
・色んな場面での考察力がかなり高い。
・携帯が頑丈過ぎる。

投稿 : 2020/01/03
閲覧 : 498
サンキュー:

17

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作未読です。仕組みは最後までわからなかったけど、物語的には時がまったく進まないよりは良かったかな。途中から結構面白くなってきたので期待してたけど、最終話がここまで引っ張った割にはあまりひねりがなく終わってしまいました。何も解明されてないけどこれで終わりっすか?

投稿 : 2020/01/02
閲覧 : 164
サンキュー:

2

まつふ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ライトノベルのノリについていけるなら楽しめる

異世界に召喚された主人公が、死んで時間を巻き戻す能力を使い、困難を乗り越えていく物語。
基本的に、「死ぬ→原因を特定→攻略」の流れで話が進むが、マンネリを感じさせないのが良い。毎話毎話の引きも良く、中盤あたりからは毎回退屈せずに視聴できた。

ただ、態度や性格にかなり難がある主人公に加えて、ライトノベル的なキャラクターとそれに合わせた声優の演技、所々寒いセリフ、一部のキャラクターによる激しい主人公ageなどが許容出来るかどうかでどの程度楽しめるかが大幅に変わると思う。
また、基本的に巻き戻る地点はランダムで、そこはかとなく、物語に対してご都合主義を感じる。
細かいことを気にしないで見るのなら楽しめる一作。

投稿 : 2019/12/25
閲覧 : 373
サンキュー:

11

さにー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

女の子達が可愛く無かったら1点

正直、あまり二次元の女の子に興味はありません。
ただレムの魅力には流石に惹かれます。
以上です、4話ぐらいまでは物語に興味ありましたがそれ以降は18話までの長ーい茶番です。

投稿 : 2019/12/19
閲覧 : 227
サンキュー:

4

バニラコーク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最後8話は最高。でも、、、

2020年4月から
待望の二期スタート!!
さてさて、どうなることやら。
ひじょーに楽しみです!

18話から最終話までは最高にエンターテイメント
で楽しかった。
ただ、全体でみるとねぇ。
ラノベも目を通したけれど、一番知りたい主人公の
バックヤード。エミリアに対する思いの動機付け。
この辺はこれからみたい。
個人的に異世界物っていうのはリアルの描写が
凄く大切で、リアルがあってこその対比が生きると
考えているので、そう言う意味ではアニメ化は
まだ早かったのではと感じる。
色々回収出来てないし。
で、あるからしてこの作品は2期、3期を作るべき
と思う。今回のアニメ化されただけの部分で
評価されるべきでないと思う。
きっと評価をつけ直す事になると確信してる。
個人的にはスターウォーズみたいにある程度
進んでから過去編で実はこんな事実が、みたいな。
予想だけどね。ラノベでの予想だけどね。
異世界に召喚される以前に実は、、、みたいな
展開があるんじゃないかと期待して、、、
おっと妄想が暴走しそうなのでこのくらいにして
ともかく現時点で最高のアニメとは言えないけど
続編で全体の評価が激変するんでないかな。

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 363
サンキュー:

12

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

異世界転移からの時間転生

鬱展開もその分きちんと面白い。でも、私は、ラム派です。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 86
サンキュー:

2

ばぶえたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

うーん…

高評価という事で視聴しましたが、あまり好きにはなれませんでした。
間をおいてもう一度見てみましたが、やはりダメでした。

他の方も書いていましたが、中学生くらいにみたら楽しめたけど、シナリオもキャラクターも成人にはちょっとキツいかな?

あと、やはりナツキ・スバルが苦手過ぎます。
中盤から気持ち悪さ全開になりますが、私は最初からダメでした。
なにも出来ないくせに、最初から偉そうというかいきがってばかりというか。
引きこもりという人種がそもそも理解出来ないからかな?
言葉遣いもなってないし、どういう教育されてきたんでしょう?

このスバルのキャラクターを「リアルな人間臭さがある」という人もいますが、いやいや、こんな人はちょっと同じ世界を生きる人間として許し難いです。
アニメの中の人間としても、我慢できないし、見るに耐えません。

ただ、レム・ラムは最高に可愛いです!
ベアトリスも可愛い♥
この3人、大好き過ぎます!!

広げるだけ広げて、イマイチ回収しきれていないシナリオも、うーん、という感じでした。

投稿 : 2019/11/24
閲覧 : 181
サンキュー:

8

ネタバレ

ラティア さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

エミリアたんかわいい!

異世界もののアニメを見たのはRe:ゼロが初めてです。

主人公菜月昴はコンビニから出た瞬間、前の景色が朦朧として気づくとりんご屋の前に行きます。そしてスバルは異世界転生したことに気づきます。路地裏にいき、ヤンキー3人にあったスバルは異世界転生したから自分は強いと思い、攻撃します。しかしそんなことがあるわけがなくボコボコにされます。そこに銀髪の女性が現れ、一命をとりとめます。

キャラのかわいさと死に戻りをするという現象があるこのストーリー性は最高でした。

投稿 : 2019/11/18
閲覧 : 87
サンキュー:

3

脳みそチンパン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

主人公キツすぎ…いい作品だけど

監督へのインタビュー記事で、あえて主人公”スバル君”をあえて痛いキャラにしてありますみたいなことを言っていたけど、流石にこれは痛すぎる...

作画・声優・音楽すべてが
「「「めっっっっちゃくちゃ素晴らしい」」」
のに、キャラクターデザインがすべてをぶち壊している...
特に主人公のキャラデザは流石にやり過ぎ。痛すぎる

主人公のボキャ貧も結構気になる。これも監督があえてしたのだと思うけど。

あとタイムリープ系はアニメに使われ過ぎて、展開が読めてしまうし、この作品は展開を読めないようにストーリを作っていないと感じる

タイムリープはシュタインズ・ゲート、異世界転生なんてなろう系で量産されていて、ストーリーに新鮮さがないし、それを補う展開もない。

タイムリープや異世界転生は二番煎じ超えて三番煎じだからね。
初めてこの作品を見るキッズには良いのかも知れないけど、ちょっとなぁ

同じ主人公痛いキャラのシュタゲの岡部倫太郎がいるが、大違いだ。

てか、タイムリープの痛い系主人公ってシュタゲと一緒じゃねーか

投稿 : 2019/11/14
閲覧 : 412
サンキュー:

5

ギーバイ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラム

ヒロイン交代!!!

かもw
早く続きが見たいです^_^

投稿 : 2019/11/09
閲覧 : 114
サンキュー:

4

やまと さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

異世界ループの原点??

ニートのすばるくんがコンビニで買い物してたら帰りに異世界に転生しちゃった!!

異世界に入る過程が雑すぎん??www

そんでスバルくんは何回も途中死ぬんだけどそこを攻略しなければ毎回ループを繰り返すっておはなし。。
そうそう!毎回ひきがよくて次回を見たくさせるのがうまいんだよね!!
特殊エンディングめっちゃあるから
ノーマルオープニングエンディング流れてる回数のが少ないんやないの??とか
どうでもないけどおもった←

個人的に好きな回は
8.15.18話かなあ!!
18話の伝説のレムの告白回が伏線になってて
25話のラストスバルの告白になってるのはよかったんやけど、後半エミリアモブ過ぎてねwww


でもでも、8話のエミリア
18話のレムはほんと天使だよ!!

それに比べて13話のスバルってば…www

ラストの方尻すぼみな感じはしたけど、
大人気タイトルだし、レムやエミリアっていいキャラいるしで見て損はないかと思います!!
レムとイチャイチャしてるのにむかついて視聴者が嫉妬するくらい人気だしねw

投稿 : 2019/11/05
閲覧 : 121
サンキュー:

9

てんぷら さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作者が天才。制作陣も神。完成されている

本当にヤバい作品ですよ(語彙)
ストーリーで見るなら1番好きな作品です。
展開に予想外しかない。圧倒的文章力で作られたこれには隙がない。多分紙芝居でも面白くなる。
リゼロを産んだ長月達平さん。本当になろうから出てきたのか?って思うほどの鬼才です。

ファンタジー世界、魔法、亜人など非現実の塊が舞台の中、描かれる一人一人の心情は究極のリアリティです。出てくる全てのキャラが余すことなく行動する。本当にその世界があったかのようです。

この作品は小説も見た方がいいです。アニメでは2クールでラノベ9巻まで爆走するので、相当な場面を端折っています。そのせいで理解しにくい行動があったり、スッキリしない部分も出てくると思います。
なんとなろうで全話読めちゃうので、アニメの先まで見ちゃってください。

投稿 : 2019/10/24
閲覧 : 182
サンキュー:

4

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヒロインがサブヒロインに人気がくわれてしまった

原作は未読です。
死ぬことにより少し前のところからやり直しが聞くストーリー
は面白いと思ったし、現にストーリーは面白いけど、それより
も印象に残ってしまうのがヒロインがサブヒロインに人気が
くわれてしまったところですかね。

2期の制作が決定したみたいですので、再度観返しました。
異世界物では群を抜いていい作品ですね。
最近の異世界物はもっと頑張ってほしいものです。
死にもどりってどれだけ過酷なのでしょうね。
普段生活しててケガしただけでも痛くてもうケガなんかしたく
ないって思ってしまうものでしょ。なのに死ぬ苦しみを味わって
も頑張って挑み続けたり、自分で死を選んででもやり直しに
かけるなんて、相当メンタルがすごくないとできないですよね。
あと、最初は殺されるくらい嫌われていたのに最後には
ヒーローと言わしめるまで気持ちを変えさせるくらい
努力するって凄いですよね。けど、主人公は死ぬ前の記憶も
すべてわかっているけど相手はそんなことは知らない世界
なわけで、いくらヒーローと慕ってくれても複雑では
ないのかな。

投稿 : 2019/10/23
閲覧 : 215
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

この素晴らしい僕だけがいない街に亜人を!

あらすじはあにこれのを見てね☆


1話目はスペシャルで50分くらいだった。。


この前までやってた2016年の冬アニメの中から
おもしろそうな設定だけ取って作ったみたいなおはなし☆



1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年、菜月昴。目の前に広がるファンタジーな異世界に目を輝かせるスバルだったが、自分を召喚したであろう美少女の姿はどこにも見当たらない。やがて右も左もわからない状況にスバルは頭をかかえてしまう。さらに強制イベントと言わんばかりにチンピラに絡まれ、異世界に招かれた人間が超常の力を発揮するといったお約束の展開もなく、容赦なく叩きのめされるスバル。そんなスバルの前に一人の少女が現れる。
{/netabare}

引きこもりの少年がチートアイテムも異能も持たないで異世界に行くところは
「この素晴らしい世界に祝福を!」に似てるけど
おはなしはあんなにおばかじゃなかった^^


チンピラにからまれて助けてもらったサテラに協力して
記章(?)を盗んだ少女フェルトをさがしながら
キャラの紹介みたいなおはなし。。

サテラはツンだけど気もちのとってもやさしいハーフエルフの美少女
ネコみたいな精霊のパックをつれてるの

昴クンも特別な力とかないけどいい人
引きこもりだけど体だけはきたえてておもったより強いみたいw


それでいそうなところを見つけて
ロム爺の盗品倉ってゆうところに入ったらロム爺は殺されてて
残ってた犯人に昴クンも殺された!って思ったら
「亜人」みたいに生き返って

はじめは気がつかなかったけど
「僕だけがいない街」みたいに過去に行ってはじめからやり直し。。
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
一度目は何者かに襲われ、二度目はエルザに腹を切り裂かれ、三度目はチンピラにナイフで背中を刺され、スバルは確かに命を失ったはずだった。しかし気が付くとスバルは初めて異世界へとやってきた場所に立っていた。あり得ないと思いつつも自らが置かれた状況から、死ぬ度に初期状態へと戻る死に戻りが起きていることを認識するスバル。サテラやフェルト、そしてロム爺に襲いかかるであろう死の運命を変えるため、四度目となる世界を走りだす。
{/netabare}

死に戻りって言ってたけど
RPGで失敗したらセーブポイントに戻るみたいな感じかも。。


今度は盗品蔵に行って
エルザが来る前にフェルトから記章を買い取ろうってしたけど
また
依頼人(エルザ)と先に交渉するから待ってろ!みたくなって

ドアをたたく音がして
開けたらエルザが!って思ったらそこにいたのはサテラだった。。

☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰☠~♰~☠~♰~☠~♰

ちょっとずつ過去が変わってきてるけどよくなってるのかな?

今度の世界ではラインハルトってゆうイケメン騎士の人に助けてもらったけど
とってもいい人で強いみたい。。
この人と知り合えただけでも今回はよかったかも?

それとも今回はサテラ(エミリア)が死ななくってすんで
おはなしが先に進むのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
エルザが盗品蔵に来る前にフェルトから徽章を買い取り、サテラに返そうとするスバル。しかし交渉の途中でサテラが現れ、さらにはエルザが襲いかかってくる。応戦するパックはエルザをあと一歩のところまで追い詰めるが、途中でマナが切れてしまい消えてしまう。パックを欠いたスバルたちではエルザを倒すどころか攻撃を防ぐことすらままならない。絶体絶命の状況に追い込まれてしまったスバルは、自らの体を張ってどうにかフェルトを逃がすことに成功する。
{/netabare}

逃がしたフェルトが呼んできたのはラインハルトで
やっぱりラインハルトかっこよかった☆

ふつうだったらにゃんはバトルって苦手だけど
このバトルってどうなるか分からないからドキドキしちゃった


エルザは最後まで戦って逃げた。。
その時エミリアを守ったスバルは死にかけたけど
こんどはエミリアがいるから助かるみたい☆
スバルもかっこよかった☆


ラインハルトはフェルトのことを見逃そうってしてたのに
記章をエミリアに返そうってした時フェルトの手をつかんで
逃がすわけにいかなくなった。。って

どうしたんだろう?
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
エルザとの戦いで深い傷を負ったスバルは、どうにか一命をとりとめ、ルグニカ王国のメイザース辺境伯であるロズワールの屋敷へとやってきていた。そこでスバルはルグニカ王国には現在、王が不在であること、そしてエミリアが次の王になる資格を持った王候補の一人であることを知る。ロズワールは次の王を選ぶ王選に参加するための資格である徽章を取り返し、身を挺してエミリアを救ったスバルに対して望むままの褒美を出そうと申し出る。
{/netabare}

ロズワール邸で縦ロールのロリ少女の禁書庫司書のベアトリスと
ラム、レムの双子美少女メイドたちといっしょに働かせてもらうことになったの。。


3人の少女は口が悪くって
そこにスバルがツッコミ入れるマンザイみたいなギャグが多かったかな。。w


ロズワールはスバルがスパイかも?ってちょっと疑ってるけど
ラムは「目立ちすぎてるからたぶん大丈夫。。」って

でも
目立ちすぎるとどうにかなっちゃうのかな?


エミリアと次の日のデートの約束したせいでスバルはなかなか眠れなくって
やっと眠ったって思ったら次の日の朝になってた

ベッドのそばにラムとレム。。
二人はスバルのこと「お客さま」って。。


また時間が巻き戻ったみたい?でもこんどは死んでないよね?

----------------キリトリセン----------------

「でもこんどは死んでないよね?」って思ったけど
もしかしてあんまり目立ちすぎたから眠ってる間に誰かに殺されちゃった?


こんどはどんなおはなしになるのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
ロズワールの屋敷に住み込みで働くことになったスバルは、レムやラムと共に日々仕事をこなし、ついにはエミリアとのデートの約束を取り付ける。しかし約束の日が訪れることはなく、スバルは屋敷にやってきた初日に戻ってきてしまう。命を奪われるようなことなど何も起きていないのにも関わらず、いつの間にか死に戻ってしまったことに混乱するスバルだったが、エミリアとのデートの約束を果たすため、前回をなぞるように再び行動を始める。
{/netabare}

おはなしはあらすじの通りだったけど前回とちょっとずつ違ってた
こんどはレムと前より仲良くなれたみたい^^

スバルはデートの前の日の夜眠らないでたらきゅうに吐き気がして。。
もしかして毒でも入ってた?
吐きながら廊下に出たら誰かにおそわれてうでが一本飛んでった!?
前回もやっぱり寝てる間に殺されたのかな?
どうなってるの?
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
ロズワールの屋敷での三度目の初日が始まる。一度目は寝ている間に衰弱して命を落とすという原因不明の死、そして二度目は何者かに襲われ命を奪われてしまった。二度目の死の間際に聞こえた鎖の音が脳裏をよぎり、恐怖に冷や汗をにじませるスバル。敵の正体はもちろんのこと目的さえわからない状況を打破するために、スバルは死が待ち受けている4日目の夜を前に屋敷を離れ、外から何が起きるのかを確かめようとする。
{/netabare}

3回目の最後にやっと犯人の正体がわかったね^^
にゃんは4話目のときロズワールとラムが話してるの聞いてるから
スバルはスパイだって思われて殺されるのかもって思ってた。。

出てゆくフリして丘の上からお城を見張ってたりしたら
よけいアヤシイ人だよw
殺されてもしょうがないかも。。


今回はとりあえず殺されて
次はどうやったら殺されないようにできるか考えないとね。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
スバルの前に現れたのは全くもって予想外の人物だった。襲撃者の正体を知り、困惑を隠せないスバル。これまでの出来事が脆くも崩れ去っていく喪失感の中でスバルは命を落とす。そしてロズワールの屋敷で迎える四度目の初日。スバルはベアトリスに5日目の朝まで自分を守って欲しいと頼む。しかし死が待ち受けているはずの4日目の夜は何事もなく過ぎ、5日目の朝がやってくる。拍子抜けするスバルだったが、事態は思わぬ方向に動き始めていた。
{/netabare}

スバルをおそったのはレムで
理由はスバルから魔女のにおいがするからスバルがエミリアをねらう
魔女教の仲間だと思われたからみたい
ベアトリスもスバルがすごい魔女のにおいがするって言ってたし

それでまた殺されてこんどラムとレムも信用できなくなっちゃって
エミリアにほんとのことを話そうってしたら
呪いみたいので心臓がしめつけられて。。

○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○

それって魔女のせいなのかな?
スバルが死に戻りができるのってもしかして魔女のせい?

○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○O0o。o0O○

ベアトリスに守ってもらう約束したら死ななくってすんだけど
代わり?にレムが呪いみたいので死んで
スバルが関係してるって思っておそってきたラムから逃げたけど追いつかれて

レムには殺されたりラムにも殺されそうになってるけど
2人に仲良くしてもらったことを覚えてるスバルは
レムを助けようってこんどは自分からガケから飛びおりちゃった。。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週はラムとレムの気もちがよく分からなかったし
スバルが急に変わったのもよく分からなかったなぁ。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
ロズワールの屋敷で迎える五度目の初日が始まった。絶対に救ってみせると心に決めたスバルはレムやラム、そしてロズワールたち屋敷関係者たちから信頼を得るためにとびきりの笑顔で立ち回る。大好きな人たちに好かれたい一心でがむしゃらに頑張るスバルだったが、心と体が徐々にちぐはぐになっていく。剥がれ落ちそうになる笑顔を必死に繕うスバルを見るに見かねたエミリアはスバルを床に座らせ、自らもその隣に正座する。
{/netabare}

ほかの人には分かってもらえないスバルの思いを
エミリアは分かってくれたみたい

ひざ枕で休ませてあげるエミリアってほんとに天使みたいだった☆


呪いのヒントが分かったかも?
かけた相手は買い物に出かけたときさわった人みたい
それで今日買い物に行くことにしてもらったの
両手に花でw
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
ばらばらだったピースがようやく一つに繋がり、スバルは死の呪いをかけた呪術師がふもとの村にいることを確信する。レムとラムと共に村へ買い出しに向かったスバルは、村人全員と接触し、あえて呪いにかけられることで呪いをかけた呪術師を見つけ出そうとする。屋敷に戻り、呪いにかかったのかどうかを確かめるためにベアトリスの元を訪れたスバルだったが、大きな勘違いをしていたことに気づき、レムを連れてふもとの村へと引き返す。
{/netabare}

今日のおはなしは「勇気の意味」ってゆうサブタイトルだった
スバルが呪いをかけた相手が子犬だったって気がついて
子犬をつれてた子どもたちを守ろうってするおはなしだった

自分のことより子どもたちを守るためって
たくさんの凶暴な魔犬と戦おうってしたスバルはもちろんかっこよかって
ほんとにぼろぼろになっても戦ったレムもかっこよかったけど

それよりにゃんは
スバルが村の子どもたち全員の名前とやりたいことをおぼえてたほうが
感動して泣きそうだった。。


スバルが
「今日のオレは鬼がかってる!」って言ったときレムがフシギな顔したけど
終わりのほうでレムに角が生えてほんとに鬼がかってたね!

レムの代わりに魔犬におそわれたスバルはまた死にもどりするのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
ウルガルムの群れから身を挺して子供を救ったスバルだったが、その身に数えきれないほどの呪いをかけられてしまう。複雑に絡み合ってしまった呪いは、最早ベアトリスにも解呪することはできない。あと半日もすればスバルは衰弱し死に至る。残された方法は呪いをかけたウルガルムを全て倒すことだが到底が時間が足りない。八方塞がりの状況に諦めかけたスバルだったが、レムがたった一人で森へ向かったことを知り、後を追いかける。
{/netabare}

今日は魔犬とのバトルが多かったなぁ。。

レムを助けたいってゆう気もちは分かるけど
バトルはすぐにあきちゃうから。。

今日分かったことは
やっぱり死に戻りの力のこと言いかけると
魔女がスバルを殺そうってしてくるみたい
それってスバルをこの世界に呼んだのは魔女だからなのかな?


死に戻りができるって分かってると
何か事件があってもやり直せばいい。。って思っちゃうから
そんなに心配にならないみたい

それよりスバルがこの世界に来たヒミツとか
ふつうに日常回とかのほうが楽しみになってきたかも☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
スバルの一撃を受け、意識を失ってしまったレムは夢を見ていた。かつてレムとラムを襲った目を背けたくなるような出来事。そして犯してしまった決して許されることのない罪。やがて意識を取り戻し、目を覚ますレムは今度はスバルに対して、またあのときと同じ罪を重ねてしまったと言う。このままではウルガルムの群れに追いつかれてしまう絶体絶命の状況の中、スバルはレムとラムを逃がすため囮となってウルガルムの群れを引き付ける。
{/netabare}

今日は泣いちゃった。。


レムの悲しい思いにうるうるしてきて

スバルが囮になって守ってくれて

さいごはもうちょっとのところでやられちゃうところに
ロズワールさんが助けに来てくれたところで
うれし泣きか何だかよく分からなかったけどぼろぼろ。。って

後半に入って
スバルがかっこいいこと言い始めてちょっと引いちゃった
ヒーローってあんまりしゃべらないほうがかっこいいかも^^

だけどいいおはなしだった☆

ふつうのハーレムアニメだったら
レムはスバルに恋してもおかしくないかも?

でも、スバルはエミリアにまっすぐラブみたい^^


あと、レムの思い出で

村は誰かにおそわれて鬼族の人たちはみんな殺されて
ラムの角が切り落とされたあと
レムとラムを助けてくれたのがラズワールさんだったのかな。。


ラズワールさんとラムの話しで
今までの事件はスバルが王選(?)に巻き込まれた。。ってゆうこと?

それでスバルのさいごのクエストは竜をたおすことなのかな?
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
亡き王にかわりルグニカ王国を運営する賢人会の命により、ロズワールの屋敷に使者としてヴィルヘルムとフェリスがやってくる。急遽王都に行くことになったエミリアに対し、自分も一緒に連れていって欲しいと頼むスバル。遊びではないと反対するエミリアだったが、レムやロズワールの後押しもあり、スバルと共に王都へと向かう。ルグニカ王国の新たな国王となる資格を持った候補者たちが一堂に会し、ついに王選が幕を開ける。
{/netabare}

新しいクエストかな?

今まで4人しか見つかってなかった国王候補が5人全員そろったから
王選がはじまる。。ってゆうおはなし。。


レムがスバルのこと「スバルクンかわいい」とか
「そんなリリしい目で。。」とか言っててもうデレデレだったね^^


さいごに5人目の候補者
3話目の最後にラインハルトにつれてかれちゃったあのフェルト!
何か大事な役でまた出てきそう?って思ってたら候補者の1人だって
また面白くなりそう☆


あとフィリスがかわいかった
「だが、男だ。」w
{/netabare}

13話目
{netabare}
13話目の公式のあらすじ
{netabare}
エミリアを始め、プリシラ、クルシュ、アナスタシアと一堂に会する王選候補者たちの元に、ラインハルトに連れられフェルトがやってくる。竜歴石に刻まれた預言によれば、新たな国の導き手になり得る巫女の候補は5人。ラインハルトはフェルトこそが5人目の王選候補者であると言い、フェルトの参加をもって本当の意味で王選が開始されると告げるが、当のフェルトはそんなものに参加するつもりはないと王選を辞退しようとする。
{/netabare}

今週は

けっきょくフェルトも王選に参加することになるおはなしと
スバルがエミリアとケンカしちゃうおはなし。。


王選ってどんなことをするの?ってゆうのが
にゃんが1番気になったことだけど
そんなおはなしになる前に
スバルのうざさが爆発しちゃうおはなしだったみたい。。


今までは本当にエミリアを助けるためだったけど
今回ユリウスと模擬戦したのって自分のプライドとかのためで
それをエミリアのためって言っちゃうんだから
ケンカになって当たり前だよね。。


にゃんは今までスバルってどうしてこんな話も上手で
みんなのために一生けんめいになれるのに
引きこもりだったの?ってフシギだった

でも分かった

誰かのためにって思ったらその人の気もちなんか考えないでつっぱしって
自分がこんなに思ってるのにどうして通じない?って責めるの。。


今までスバルってちょっとうざいって思ってただけだったけど
自分の気もちが伝わらないからって相手を責めちゃうようになったら
それってストーカーとあんまり変わらないのかなぁ。。


エミリアのためにがんばってるのにエミリアからダメ出しされちゃった

誰かのためにって思ってやったことがダメ出しされちゃったら
悲しいよね。。くやしいよね。。

デモ。。

それでも文句とか言わないでがんばってたら
そのうちきっとエミリアは分かってくれるはずって
スバルがエミリアのこと信じてあげられなかったら
エミリアだってスバルのこと信じたくっても信じられなくなっちゃう。。

スバルは早くそのことに気がついて☆


今週は見てるのがイヤになっちゃう回だった。。
{/netabare}

14話目
{netabare}
14話目の公式のあらすじ
{netabare}
ただ守りたかった。その気持ちに嘘はないはずだった。いったいどこで間違ってしまったのだろう。何よりも大切にしたいと願った相手からの拒絶。取り返しのつかないことをしてしまったことを認められずにスバルは煩悶する。そんなときエミリアたちのいるロズワールの領地内で不穏な動きがあることを知らされたスバルは、自分であればきっと助けられるはずだと、レムやクルシュたちの反対を押し切ってエミリアの元に戻るのだが……。
{/netabare}

レムだけは信じてくれるって言ったのに
いっしょに帰るとちゅうで
「自分が帰るまで待ってて」ってめっせを残して
スバルを置いてレムだけ行っちゃった。。


いそいであとを追いかけたけど
スバルが着いた時は村は全滅でレムも死んでた。。


今日はスバルのうざさ爆発2発目だったみたい。。

みんなが止めてくれたのにスバルはゆうこと聞かないで

けいこの相手をしてくれてたヴィルヘルムさんには
受け身はよかったはずなのに
「気がまえが違う。。勝つのをあきらめた人には教えられない」
みたいに言われて

ヴィルさんがほんとのことを言ってるんだったら
スバルは勝つことよりも受け身の方が大事になったってゆうこと?


「いったいどこで間違ってしまったのだろう」って
あらすじにも書いてあるけど
ホントにスバルはどこで間違えちゃったのかな?
(今、死にもどりするとどこまで戻るのかな?)


はじめから今回の王選には来なかったらよかったのかな?
{/netabare}

15話目
{netabare}
15話目の公式のあらすじ
{netabare}
ロズワールの屋敷にやってきたスバルの目の前に広がる信じられない光景。こんなことを望んでいたわけではないと嗚咽するスバル。絶望に打ちひしがれたスバルの視界は次第に白く染まり、やがて声が響く。もう遅すぎたんだよ……と。そこでスバルの意識は途切れ、気が付くとルグニカの果物屋の前に立っていた。レムの呼びかけに顔をあげたスバルは呆然とレムを見つめ、そのまま涙を流し、口を吊り上げ笑い始める。
{/netabare}

今週スバルは2回も死んじゃった。。


はじめはお屋敷の地下で
エミリアが逃げた(たぶん)あとを追いかけてて石にされて。。


そして死にもどりしたあとは
助けられなかった村の人たちとラムとレムを見て心がこわれたスバルを
レムがお屋敷に連れ帰るとちゅうでさらわれて

あとを追ったレムが魔女教大罪司教怠惰担当のペテルギウスに殺されて
助かったスバルだったけど
村で凍りついて首を落とされてまた死んじゃった。。

☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰☠~♰~☠~♰~☠~♰

今日はグロかったなぁ。。

とくにぶら下げられたレムの手足とかがねじれるところ。。
見てられなくって目をつむっちゃった。。


そしてまだ生きてて
スバルを逃がすために這って近よって来たところ。。

なみだが止まらなかった。。


1期のヒロインはエミリアだったけど
2期のヒロインはレムだよね☆

もう、エミリアのことなんか忘れて
レムだけ助けたらいいんじゃない?ってちょっと思っちゃった

たぶんスバルはそんなことできないって思うけど。。


さいごはお屋敷より大きなモンスター。。

女の声で「眠れ――わが娘とともに」って言って
それからスバルが死んだんだけど
モンスターってレムのお母さんなのかな?
分からなかった。。
{/netabare}

16話目
{netabare}
16話目の公式のあらすじ
{netabare}
再びルグニカの果物屋の前で目を覚ましたスバル。八方塞がりのような状況をどうにか打破しようとスバルはクルシュに助けを求めるが、にべもなく断られてしまう。プリシラやアナスタシアも同様の反応を示し、ただ助けて欲しいと求めるばかりのスバルの願いを聞き入れてくれる者は誰もおらず、ただ時間だけが過ぎていく。せめて事が起きる前にエミリアたちを連れ出すことができればと、スバルはレムと共に竜車でロズワールの屋敷へ向かう。
{/netabare}

スバルはまだウザいまま。。


せっかく話を聞いてくれた人たちを呪って帰るなんてぜったいおかしい☆

スバルはこれから起こること知ってるから自分が正しいって思えるけど
ほかの人から見たらただの頭のおかしい人だし
今までだって自分かってなことばっかりしてたから友だちなんて作れなかった

エミリアにだって信用されないのに
ほかの人になんかぜったい分かってもらえないよね。。


さいごはオットーってゆう商人の人と取引して
みんなを逃がすことにして
向かってるとちゅうで大きなモンスターがとなりを飛んでるのに気がついたの!

こんどはどうなるの?
{/netabare}

17話目
{netabare}
17話目の公式のあらすじ
{netabare}
オットーたちを雇い、竜車でリーファウス街道を走るスバルたちの前に白鯨が現れる。闇夜に紛れ、立ち込める霧の中を泳ぐ白鯨。爆風のような咆哮を轟かせながら襲い来る白鯨から逃げ切ることは難しいと判断したレムは、スバルの静止を振りほどき、白鯨を迎撃するために竜車を降りる。レムを助けなければとオット―に掴みかかり、今すぐ戻れと叫ぶスバルだったが、オット―が取り合うことはなく、背後の霧は遠ざかっていく。
{/netabare}

白鯨は魔獣でスバルの魔女の呪いに引きよせられて追ってきたのかな?
でも、オットーに捨てられたスバルは助かって
白鯨はオットーの方に行っちゃったみたい。。どうなってるの?


それにみんなレムのこと忘れちゃったみたい。。
村に帰ったらラムもエミリアもレムのこと知らなくって
部屋も空き部屋になってるくらいだから
みんなが忘れたってゆうか元からいないことになってるのかも?


それでエミリアを逃がそうってしたけど信じてもらえなくって
死んでもいいから死に戻りのこと話そうとしたら
今度は自分が死にそうになる代わりにエミリアが死んじゃった。。


ベアトリスにも追い出されて
またぺテルギウスのところにもどってきちゃった。。
今度はエミリアの死体といっしょに。。

おそわれそうになったところにパックがコワい顔してあらわれて
「ボクの娘に何をしている?」って。。
エミリアはパックの娘だったの?


なんだか暗いし分からないことばっかり起きてるし
だんだんこのおはなしが何をしたいか分からなくなってきちゃった???
{/netabare}

18話目
{netabare}
18話目の公式のあらすじ
{netabare}
レムを死なせ、エミリアの命を奪い、自らも犬死にのような最期を迎えたスバルは、ルグニカの果物屋の前で再び目を覚ます。何もできず、誰も救えず、思い知り、思い知らされ、もうできることは何もないと悟るスバル。全てに疲れてしまったスバルは、何かを決意したようにレムの手を強く握り、全速力で走り始める。されるがままに手を引かれ走るレムは、スバルを止めて何があったのか説明して欲しいと話すのだが……。
{/netabare}

15話の最後のモンスターもパックで
クエストに失敗すると
パックが世界をほろぼすバッドエンドになっちゃうって分かった。。

それが分かったからスバルはほかの人たちはあきらめて
1人だけぜったい救えるレムといっしょに逃げようってしたけど
レムはスバルがあきらめること許してくれないみたい

レムの中のスバルはどんなことがあってもあきらめないスバルで
スバルがそう思わなくってもレムだけはそうだって信じてる
そして手伝ってくれる。。見守ってくれる。。


今日のおはなしはラブストーリー。。
まっすぐなラブストーリー。。

自分が選ばれないの分かってても
それでも好きな人が大好きなレムの片思いのラブストーリー

後半はレムのひと言ひと言で
さいごまでなみだが止まらなかった。。
{/netabare}

19話目
{netabare}
19話目の公式のあらすじ
{netabare}
レムによって絶望の淵から救い出されたスバルは、エミリアを救うためクルシュに同盟を持ちかける。同盟にあたってスバルがクルシュに対して提示した条件は白鯨が出現する時間と場所を教えること。白鯨を討伐するべく動いていたクルシュにとって、にわかには信じがたい情報だったが、スバルが嘘をついている様子はない。しかし同盟を結ぶという王選の未来を左右する決断をすべきかクルシュは頭を悩ませる。
{/netabare}

白鯨戦のはじまりで
18話までで裏スバルを出し切ったみたいにさわやかだった☆

自分の言いたいことしか言わなかった前までと違くて
相手がほしいものをちゃんと分かって話し合いしたり説明もできて
白鯨と戦うときは力はないけど自分がおとりになったりして
かっこよかった☆


ただ、ヴィルヘルムさんがお礼したとき
もちろんそれも分かってた!。。みたいなバレバレなウソ平気で言っちゃって
ムリにかっこつけようってしたのはちょっと。。
{/netabare}

20話目
{netabare}
20話目の公式のあらすじ
{netabare}
自らの持てる全てを注ぎ込み、自らができる限りを尽くしたスバル。その思いはクルシュの心を捉え、クルシュとの同盟を勝ち取ることに成功する。さらにアナスタシアの協力も得て、白鯨との戦いに臨むスバルたち。大気が震えるほどの咆哮を轟かせ、その巨躯を上空に現す白鯨。そんな白鯨を真っ直ぐ見据えるヴィルヘルムは、白鯨との間にある因縁を思い返し、白鯨と相対するこの日をただひたすらに夢に見ていたと剣を構える。
{/netabare}

今週は白鯨対対同盟軍のバトルで
ヴィルヘルムさんと剣聖テレシア(白鯨に殺された奥さん?)との思い出のおはなし

白鯨はやられてもかんたんには死ななくって
存在の記憶ごと消されちゃう霧とかまで出してきて隠れておそってきて
鳴くと霧が心にまで入ってきておかしくされちゃう。。

さいごはヴィルヘルムさんも飲み込まれちゃって
もしかして体の中から攻撃とかしたらたおせるかも☆って期待したけど
白鯨の仲間も集まってきちゃった。。

このクエストってほんとうにクリアできるの?
{/netabare}

21話目
{netabare}
21話目の公式のあらすじ
{netabare}
目の前で起きた出来事に言葉を失うスバルとレム。犠牲を払いながらも少しずつ追い詰めていたはずのように見えた白鯨の戦いは想像を超える事態へと発展する。もう打つ手なしと思わせるに十分なその光景に一人、また一人と手に持っていた武器を取り落とす討伐隊の面々。全てが絶望に包まれかけたそのとき、スバルの声が響く。このぐらいの絶望で俺が止まると思うなよと、スバルはパトラッシュを走らせ、白鯨に果敢に立ち向かう。
{/netabare}

奥さんを守るために強くなったヴィルヘルムさんが
剣聖だった奥さんにプロポーズするおはなしはとっても良かった☆

スバルが2匹の白鯨は分身だって気が付いて
自分の命をエサにして3匹目を引き寄せて攻撃する作戦。。
ちょっと長かったけど勝ててよかった☆


さいごはクルシュさんとヴィルヘルムさんの2人からとっても感謝されて
兵隊たちも貸してもらって魔女教と戦うことになるみたい

でも、あとから来たメンバーの中に
スバルのきらいなユリウス・ユークリウスがいて。。

次のクエストは魔女教をたおすことと
ユリウスと仲良くなることかな?
{/netabare}

22話目
{netabare}
22話目の公式のあらすじ
{netabare}
白鯨との戦いが終わり、街道の封鎖を担当していた傭兵団の半分が討伐隊の元に戻ってくる。合流した傭兵団の先頭に立つユリウスに対して複雑な心境のスバル。しかし魔女教との戦いを前にこれほど頼りになる味方はいない。白鯨の討伐に感謝を述べるユリウスの真摯な姿を見て、スバルもまたこれまでの振る舞いを詫びる。そしてスバルたちはこちらの動きが割れる前に、魔女教が潜むメイザース領の森へと向かうのだが……。
{/netabare}

前回、「次のクエストは魔女教をたおすことと
ユリウスと仲良くなることかな?」って書いたけどやっぱりそうだった^^

前にぺテルギウスにあれだけひどい目にあったから
白鯨の時といっしょで今回も。。って思ったら
あれっ!?かんたんに退治できた!って思ったらこんどは女ぺテルギウス!?


スバルはまた落ち込んじゃったけどヴィルヘルムさんが「戦え!」って
ヴィルさんかっこよかったけどレムの代わりになっただけみたいな気も。。


このごろバトルとはっきりしないすばるクンのおはなしばっかりになってきて
ちょっと。。
はじめのころのすばるクンってうざかったけど明るくってよかったのに。。


それから「戦え!」って言っちゃうけど
アニメのバトルってこのおはなしもだけど
モブの人はかんたんに死んじゃうのに
主人公がぜったいに死なないの分かっててニガテかな。。

あと、主人公とかきゅうに「覚醒」とかして強くなったり
そしたら相手も。。こっちはもっと。。とかって
おはなしをおもしろくするのに作者の人がかんたんに力を変えすぎたり。。


主人公ってみんなのためにって戦ってるから
かんたんに死んだりしちゃダメなの分かるんだけど
モブの人たちだってきっと誰かのために戦ったりしてるよね。。
自分のためだけだったら逃げちゃったほうがいいから^^


たまには最終回の前に主人公が死んじゃって
「覚醒」したモブの人たちが
みんなで協力して勝つとかってゆうおはなしがあってもいいかも?って


そんな感じでバトルはもういいかな。。

最後にラムが出てきて気になるけどまたバトルだったらイヤだな。。
{/netabare}

23話目
{netabare}
23話目の公式のあらすじ
{netabare}
エミリアたちやアーラム村の人々を避難させるべく、ロズワールの屋敷へと向かうスバルたち討伐隊。しかしふと気が付くとスバルを残して討伐隊の面々が消失してしまう。いったい何が起きたのか理解することのできないスバル。辺りを見回し、道端に不自然に咲く青い花を見つけたスバルは、その花に手を伸ばす。すると花の根本が抉れ、うねるように伸びた蔦がスバルの体に絡みつき、ギリギリと締め付け始める。
{/netabare}

前半はあらすじのおはなしで

やってたのはラムだったけど原因はスバルが先に送った手紙が白紙で
それは敵になる合図みたいな意味で。。って
どうして手紙が白紙になったのか分からなかったけど
すぐ分かって村人を助けに行くおはなしになった

後半は村の人たちがエミリアを魔女の手先みたく思ってて
村がおそわれる原因がエミリアだって思ってて
それでもスバルたちが助けようってしてるところに
またぺテルギウスたちがおそってきた。。


ぺテルギウスは何回殺しても次の体であらわれて
さいごエミリアが村の人たちの見てる前でやっつけて
仲間もみんなやっつけたって思ったらこんどはスバルに乗り移って!?
フェリスとユリウスにたのんで自分を殺してもらうってゆうおはなしだった

バトルばっかりでちょっとあきてきちゃった。。


魔女教じゃなくっても乗り移れるんだったら
いったいどうやったら勝てるのかな?って考えたら
前に魔女教の候補のところに福音書が送られてくるって言ってたみたい。。
もしかしたらスバルが乗り移られたのって本を持ってたせい?
{/netabare}

24話目
{netabare}
24話目の公式のあらすじ
{netabare}
アーラム村の人々に危険が迫っていると伝え、安全な場所まで避難するように呼びかけるエミリアだったが、その訴えは聞き入れられることなく一夜が明けてしまう。村人たちに信じてもらえなかったことを思い悩むエミリアの元にクルシュの名代としてヴィルヘルムが訪ねてくる。ヴィルヘルムはエミリアに対して、辺境伯から王選における一時的な同盟を持ちかけられていることを説明し、村人たちを避難させる手筈が整っていることを伝える。
{/netabare}

ぺテルギウスに体を乗っ取られて終わった前の回を
先回りしてやり直したおはなし


スバルがエミリアに気がつかれないように
エミリアが村のみんなからきらわれないようにするところがよかった☆

ユリウスといっしょにぺテルギウスと戦うんだけど
親友だって言われるくらいユリウスと仲良くなったみたい^^
これで1つクエストが終わったね^^
{/netabare}

25話目
{netabare}
25話目の公式のあらすじ
{netabare}

{/netabare}

最終回


ぺテルギウスをユリウスと2人でたおしたスバルが
エミリアの乗った竜車に爆発する火の魔石が積んだままになってるって知って
助けに行くおはなし。。


ぺテルギウスがまだ生きてて
追いかけてきたところはちょっとやりすぎかな?って。。


さいごに
エミリアがスバルの本当の気もちを知って
ハッピーエンドはよかったけど
レムのときもそうだったけどちょっと話しすぎかなぁって

小説だったらいいのかもだけど
絵が動くアニメだからもっと絵で気もちが伝わってきたらよかったのにって


でも、よかった
ホントに最終回みたいだった☆
{/netabare}


見おわって

とってもよかった☆


ニートのスバルくんが異世界に行って恋をして
その人のために戦って大人になってく。。
ってゆうおはなしだったみたい^^


はじめはかるい感じでよかったけど
後半スバルくんがだんだんウザくなってきて
見るのがイヤになってくるくらい長く続いたのはちょっと。。って思ったけど
さいごはちゃんとまとまってこのまま終わってもぜんぜんおかしくなかった☆


ただヒロインがとちゅうで代わったみたいになっちゃって
どっちもおんなじくらいかわいくしちゃったから
さいごの感動がちょっとボケちゃったかも?って

投稿 : 2019/10/23
閲覧 : 1545
サンキュー:

239

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイムトラベラーの孤独

ヒーローは孤独である。
それがタイムトラベラーなら尚更だ。

数多く映像化された中で、ジョージ・パルのタイム・マシン、BBCのドクター・フー、アーウィン・アレンのタイムトンネルは印象的だった。

そして今、古今のSF作家が生み出したタイムパラドックスというプロットが、多くの主人公を悩ませ、絶望の淵に追い込む。
それでも行動してゆく主人公の姿に我々は共感するのである。

最近見たアニメの中では、この作品と比べられることが多い“シュタゲ”の岡部倫太郎、“僕街”の藤沼悟が心に残る。

但し、彼らには救いがある。彼らが“いない”世界で共に戦ってくれる“ラボメン”や“友達・家族”の存在だ。

ナツキ・スバルの其れは真の孤独である。
死の苦しみを抱えて立ち戻った時、その犠牲はなかったことになる。
エミリアたんに理解してもらえない苦しみには想像に難くない。

また、ラム、レムのエピソードは出色の出来だ。グッとくる。

それにしても、ザ “WHITE FOX” という作品だ。

“クリス”とキャラがかぶっているエミリアたんに、彼女の半分くらいはと思うのだが、設定的には無理ですよね。

投稿 : 2019/10/03
閲覧 : 127
サンキュー:

8

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゼロから。。

この作品は私が初めて見た転生ものでした。
原作未読です。
死にもどりという設定が面白いなあと思いました。色々と大変な目に遭うのですが、ゲームでいえば死んでセーブポイントからやり直すRPGみたいです。
主人公が強くもない、スキルも持っていない、普通の人なのも良かった。時々痛い言動をするのは愛嬌ということで(^-^)
普通に面白いなあと見てましたが、第18話で、レムに自分の力の無さを、無念さを、やるせなさを、今まで色々なことから逃げてきたことを話すスバルの魂の叫びは、私の胸に刺さり、この作品の評価がさらに上がりました。

第2期やるみたいですね。今から楽しみです♪

投稿 : 2019/10/02
閲覧 : 188
サンキュー:

23

ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

主人公の印象次第で評価はガラリと変わる

※途中より少々物語設定の紹介が入っていてネタバレになるかもしれません

最近の異世界転生アニメは主人公が初めから最強と言っても良いほどのステータスを持った状態から始まり、まあ大抵は性格も悪くないので他の女性キャラにどんどん好かれてハーレム状態になっていくというのがテンプレになりつつあるなあと感じている

しかし、このアニメはその点に関して言えば珍しい異世界転生アニメだ、少しだけ内容について触れるが主人公は「死に戻り」という能力っていっていいのかな?これはバッドエンドな展開になり自分が死んでしまった時に、一定時間遡るというもの、バットエンドを避けるために主人公が奔走し続けるというストーリー、キャラデザは全く違うがストーリー性は「僕だけがいない街」と似た感じがうかがえる、もちろん主人公の死亡シーンが何種類もあるので見ていて辛くなるときもあるがそこは我慢どころですね、主人公がよく情緒不安定な状態に陥ることがありますので、ここで主人公を嫌いにならないでいれるかがアニメ視聴を続けるためにも重要

さて、ここまでは主人公について述べましたが正直このアニメの魅力は主人公というよりヒロインにあると思います(まあ主人公も無くてはならない存在なんですが)、 恐らく4話から登場するラム&レム、この2人は重要キャラで自分の推し、もちろん1話から登場のエミリアも重要キャラ(というか本作のヒロイン的立場)なのですが、アニメ放送1期の部分ではレムのほうがヒロイン感があるかなあと、このレムと主人公スバルの劇中の名シーンでのやり取りは正直泣けます、他の異世界アニメにはない感動がありました(もちろんまだ見てないアニメもたくさんありますが)

作画もかなり高いレベルで安定、その点については安心して観られました、音楽は主題歌&挿入歌共に良好、挿入歌は場面に凄くマッチしてます、以上のことより、異世界アニメの中では間違いなくトップ、歴代アニメでもなかなか上位に来るアニメです、個人差は大きいと思いますけどね

※下記の点数はあにこれβの5種類の評価項目のうち声優を除いた4項目の点数をさらに詳しくつけたものです、一応レビューした全ての得点でつけてます
・物語[87.0]切りがいいところまでは観たくなる
・作画[90.0]高いレベルで安定
・音楽[84.0]挿入歌で加点、Redoも好き
・キャラ[95.0]歴代アニメでもかなり人気なはず
【総合得点】[89.4]

投稿 : 2019/10/02
閲覧 : 95
サンキュー:

3

はなぬゆ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

転生ものとしては傑作かと

スバルの駄目さ加減で途中が嫌になるがレムの健気さで救われます。エミリアの影がどんどん薄くなります。

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 231
サンキュー:

4

ネタバレ

ELFピエール・元春 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

(大幅改筆)他の量産なろうとは一線を画す。本当に評価すべきは世界観や演出を完璧に表現した音楽

観た誰もが名作と感じるであろうリゼロ
その魅力を私なりの解釈でお伝え出来たらと思い、拙いながらも書かせていただきます。
オブラートに包まず辛辣に私自身の意見を書くので、不快に感じたらBack key推奨


Ⅰ.◆◇他の量産なろうとは一線を画す展開◇◆
昨今と言いますか、ここ数年ずっと小説家になろうの作品
所謂なろう作品がここぞとばかりにアニメ化をし、最近では毎シーズン2~3作品以上やってますねぇ~
これらの作品は大半が異世界召喚または転生が軸のストーリーです。
そして私の知る限りではリゼロを除く全ての作品が
≪≪『何も才能も能力もない……冴えない主人公が……異世界で特殊な能力に目覚め俺TUEEE‼‼‼‼して……ヒロインメロメロハーレムをするだけの稚拙なお話』≫≫
もう何も個性もないですよねぇ~、ただキャラクターデザインと舞台を変えただけで全てが同じ。
コピーペーストでハイ完成という感じです。

ですが、リゼロはそんなありふれた有象無象のゴミみたいな作品とは訳が違います。
まず主人公が弱いんです。
異世界召喚されウハウハ生活待ってるぜと主人公が意気込むも現実は残酷で
何度も苦境に追いやられ、皆から蔑まれ、自分自身の価値を非力と思い知らされる。
そう他のなろうとの違いは主人公が異世界に行っても、元居た世界と変わらず、非力なんです。
だから何度も失敗し、何度も挫け、何度も足掻く。
何もして来なかった奴が、異世界に行っても、何にも出来る筈がない。
けれども大好きな一人の少女の為に何度も命を張って、苦難に立ち向かう。
そこが前提から他のなろうとは一線を画す理由です。

散々他のなろうを辛辣に酷評しましたが
流行ってる理由も良い点もあります。
何故なら現実社会が不景気なので、そこから現実逃避して異世界に行ってこうなりたいという願望を誰しもが持っている訳です。(リア充を除く)
なので上記で書かせていただいた文章に当て嵌めて言わせてもらうと
≪≪『何も才能も能力もない……冴えない視聴者が……異世界で特殊な能力に目覚め俺TUEEE‼‼‼‼して……ヒロインメロメロハーレムしたい願望の投影』≫≫
をしている訳ですねぇ~
こういった作品は大半の方(リア充を除く)の癒しになる訳です。
ここが良い点です。


Ⅱ.◆◇この作品の本当に評価すべきは世界観や演出を完璧に表現した音楽にある!!◇◆
私が思うにストーリーがどんなに素晴らしくても、演出がどれだけ的確であっても
音楽が伴っていないストーリーや演出は映えない。
{netabare}
例えるなら
悲しい場面であれば、それに合う切ない音楽を流すべきだし
縦横無尽にキャラが動き回る演出では、スピード感がある音楽を流す。
想像してみて下さい。これが全く出来ていない作品であったら?と
悲しい場面で終始アップテンポの音楽が流れるとしたら?
縦横無尽にキャラが動き回る演出なのに、ゆったりとした音楽が流れたのならば?と
この様に音楽とはストーリーや演出をより素晴らしいモノに昇華する土台の様なモノであり
切っても切り離せない重要なファクターです。{/netabare}

さてこれから、これを完璧に表現しているリゼロの音楽の紹介です。
※以降表記する時間はアニメ視聴サイトや再生ソフトなどによって変わるものなので、参考程度にして下さい。
{netabare}
■Ⅰ話目■
昴(スバル)が開幕死にかけている場面(1秒)から始まるとき
心臓の鼓動に合わせて引く様な効果音が響きます。

異世界から謎の手が現れる瞬間に不穏な効果音(1分12秒)

リゼロで良く使われる謎の現象などが起こった時に鳴る不思議な効果音(1分46秒)
↑個人的にこれがリゼロの代名詞その①と思っております。

フェルトが屋根を駆け終わった次の場面から始まる異世界(ファンタジー)を表現するアップテンポ調の音楽(2分51秒)

エミリアが昴の救出に入る場面でエミリアの髪や服が靡き、それに合わせて吹く優雅な風の音を表現(7分7秒)
優雅な風の音をエミリアの登場に合わせてすることにより、エミリアの意志の強さと優雅さを体現している。

貧民街の音楽が不穏さや不気味さを表現しきっている(22分8秒)。

昴が盗品蔵を一人で探索しているときに無音にすることにより、床の軋みや血の跳ねる音を視聴者に感じさせる(27分34秒)。

死に戻りで巻き戻る際の演出音(29分43秒)
↑個人的に一番好きなリゼロの代名詞その②

チンピラ3人組に昴がキレて殴りかかる場面で感情の爆発を見事に表現する音楽(30分55秒)

リゼロのコメディなシーンで使われる音楽(35分49秒)

■Ⅶ話目■
20分18秒で流れるMYTH & ROIDの挿入歌STRAIGHT BET
昴が自身の苦しみの最中、ラムとレムが手を握ってくれてた事を思い出し、二人を救おうと決意を固めるシーンに流れる
アップテンポ調の曲が凄くFIT

■XIV話目■
24分29秒で流れるMYTH & ROIDの挿入歌theater D
街の人々が皆殺しにされている事に気付き昴が絶望するシーンに流れる
力強い曲が凄くFIT

■XXI話目■
ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアがテレシア・ヴァン・アストレアへの想いを語りながら、白鯨にトドメを刺すシーン(12分35秒)
過去と現在をリンクさせた演出に合わせ、流れる切ない音楽が素晴らしい。

■XXV話目(最終話)■
穏やかな風が吹く優雅な草原で、昴がエミリアに膝枕されているシーン(18分48秒)
XXI話目に書いた音楽をアレンジしたであろう音楽が流れる{/netabare}


Ⅲ.◆◇リゼロの世界観を表現しきる素晴らしきMYTH & ROIDの神曲◇◆
ED【STYX HELIX】
狂った時計 刻む命
こぼれてく記憶の砂
芽生えた想いまで
ねえ こんなに呆気なく
消えてしまうの
I wish I was there

上記の歌詞、素晴らしくないでしょうか?
この短い歌詞だけでリゼロという作品を表現しきっているかと
昴とエミリア達の間に少しづつ関係性が紡がれていくも、その関係性が昴が死に戻ることで一瞬で呆気なく消滅してしまう
それをこの短い歌詞だけで表現しきるMYTH & ROIDの素晴らしさといったら、もう脱帽ですねぇ~
しかもこれを自分達で作詞、作曲しているのですから


MYTH & ROIDに関しては私共の布教アニメ作品OVER LORD(オバロ)のOP、EDを担当して頂いている歌手様でもあり
こちらも素晴らしき神曲、名曲揃いなので是非一度聴いていただきたい。


P.S.
リゼロの第2期が遂に製作決定しましたねぇ~
これはここ数年で一番嬉しい情報の方も多いのではないでしょうか?
私は嬉しさの余り、アインズ様に声高々に報告してしまいました。

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 246
サンキュー:

25

次の30件を表示

Re:ゼロから始める異世界生活のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Re:ゼロから始める異世界生活のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Re:ゼロから始める異世界生活のストーリー・あらすじ

コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年、菜月昴。頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。​(TVアニメ動画『Re:ゼロから始める異世界生活』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年春アニメ
制作会社
WHITE FOX
主題歌
≪OP≫鈴木このみ『Redo』、MYTH & ROID『Paradisus-Paradoxum』≪ED≫MYTH & ROID『STYX HELIX』、エミリア(CV.高橋李依)『Stay Alive』

声優・キャラクター

小林裕介、高橋李依、内山夕実、赤﨑千夏、水瀬いのり、村川梨衣、新井里美、中村悠一、田村ゆかり、藤原啓治、井口裕香、堀江由衣、堀内賢雄、植田佳奈、江口拓也

スタッフ

原作:長月達平(MF文庫J『Re:ゼロから始める異世界生活』/KADOKAWA刊)キャラクター原案:大塚真一郎、 監督:渡邊政治、シリーズ構成:横谷昌宏、キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太

このアニメの類似作品

この頃(2016年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ