「NEW GAME!(TVアニメ動画)」

総合得点
74.2
感想・評価
1262
棚に入れた
5876
ランキング
405
★★★★☆ 3.9 (1262)
物語
3.8
作画
4.0
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ストックトン

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

お仕事系のアニメの中でも1,2に好きな作品。
ゲーム制作会社ってのにテーマも興味を惹かれる
のもあるけど、とにかく楽しそうなのが面白かった。
本当の現場は地獄みたいによく聞くけど…
まあリアルに描いてたらアニメにハマってないかもやけど。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 8
サンキュー:

2

pop22

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

萌えアニメ

2期も見る。

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 18
サンキュー:

1

ヘラチオ

★★★★☆ 3.9
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青葉ちゃんがどうしても苦手

社会人になったくらいで大人になった気分の高卒1年目青葉ちゃんがどうしても苦手。幼馴染の桜ねねを馬鹿にする感じがさらに。それ以外のキャラクターはみんな可愛いので、良い。八神コウと滝本ひふみが特に好きかな。ちなみに青葉ちゃんは苦手だけど、声優の高田憂希は好き。

ゲーム作りの話。大勢でゲームを作り上げることの達成感は凄い物があるやろうなというのがひしひしと伝わってくる。

OP
SAKURAスキップ 歌 fourfolium この歌に魅かれてこの作品を見ようと思うに至った。メインキャラクター4人で構成されるfourfoliumの元気一杯の歌声が素敵。
祈りの羽 歌 en 劇中ゲームソフト『フェアリーズストーリー3』オープニングテーマという体裁の曲。
ED
Now Loading!!!! 歌 fourfolium 


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
1. なんだかホントに入社した気分です!
高校を卒業後、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲーム《フェアリーズストーリー》を制作したゲーム会社《イーグルジャンプ》に就職した涼風青葉。新入社員として社会人一日目を迎えた青葉は、朝の満員電車に揺られながら、《イーグルジャンプ》へと出社してくる。会社の前まで来たもののこのまま中に入ってしまっていいのだろうかと躊躇してしまい中々一歩が踏み出せない青葉。そのとき出社してきた先輩社員の一人である遠山りんに声をかけられ、青葉は無事に《イーグルジャンプ》の中へと案内されるのだが……。

2. これが大人の飲み会……
青葉がキャラクターデザイナーを志すきっかけとなったゲームである《フェアリーズストーリー》。その最新作を制作するチームに配属された青葉は、憧れの八神コウがリーダーを務めるキャラ班でグラフィッカーとして働き始める。絵を描くこと以外は経験のない青葉は、勉強としてコウから渡された3Dの参考書を進めていく。勉強は順調に進み、参考書も半ばに差し掛かった頃、ついにコウから初仕事を任されることになった青葉。その内容はNPCの村人をモデリングし、3Dのキャラクターをおこしていくというもので……。

3. 遅刻したらどうなるんだろう
ふとした油断から朝寝坊をしてしまった青葉。急いで家を出たものの間に合うかどうかはわからない。このまま遅刻してしまったらどうなるんだろうと会社に向かう電車の中で青葉は不安を募らせる。そんな青葉に同じように遅れてしまったゆんが声をかける。駅から走ればまだ間に合うかもしれないと言う青葉に対して、過去の経験から私の足では走っても1分足りないと返すゆん。しかし話題はそこから運動神経が良いかどうかの話になり、青葉とゆんの二人は会社まで全力疾走することになるのだが……。

4. 初めてのお給料…!
青葉が《イーグルジャンプ》に入社してからそろそろ一ヶ月。コウから任された村人の制作も3体目が仕上がろうとしていたそんなある日、青葉はりんから給与明細が書かれた紙を手渡される。これまでアルバイトもしたことのない青葉にとっては人生で初めてとなるお給料。嬉しそうに笑顔になる青葉に対して、りんは初めてのお給料を何に使うか決めているのかを尋ねる。使い道をまったく考えていなかった青葉はキャラ班の面々はどうだったのかと聞くと、それぞれが初給料で何を買ったのかを話し始める。

5. そんなに泊まり込むんですか?
青葉が初めて作った村人の3Dモデルに様々なモーションをつけるはじめ。苦労して作った3Dモデルがどんな風に動いているのか気になって仕方のない青葉は仕事に集中することができず、自分にも見せて欲しいと頼む。画面の中でまるで生きているかのように動く3Dモデルに感動する青葉。後輩から仕事を褒められて嬉しいはじめは、青葉に先輩風を吹かせる。そんな二人の様子を見ていたコウは、りんの使っていたタブレットペンの調子が悪くなったと聞き、お使いに行かせることを思いつく。

6. 発売……中止とか?
コウから頼まれていた村人の3Dモデルを全て作り終えた青葉は、完成の余韻に浸る暇もなく1枚の仕様書を手渡される。コウから告げられた次の仕事は仕様書を元にキャラクターを作るキャラクターデザインの仕事だった。1体だけとはいえ、初めてのキャラクターデザインに迷走し、自信を持って描くことのできない青葉。そして同じ年齢の頃にはすでにメインのキャラクターデザイナーとして仕事をしていたコウと自分を比べ落ち込む青葉を見かねたコウは、青葉に村人を作っていたとき楽しかったかどうかを聞く。

7. 新人の教育はしっかりしてください
青葉の作ったNPCの3Dモデルがエラーを起こしていると注意にやってきたプログラムチームのうみこ。些細なエラーが大きなエラーに繋がることもあるのだからと気をつけて欲しいと厳しく接するうみこだったが、怯えた青葉の姿に少し言い過ぎてしまったと後悔する。お詫びに何かできないだろうかと考え、自分が大切にしている宝物の一つを青葉にプレゼントすることに決めたうみこ。手のひらに乗せられたプレゼントを見た青葉はプレゼントされたものが何なのかわからずに戸惑ってしまう。

8. 夏休みだぁああ!!
テストが終わり、大学生になって初めての夏休みを迎えたねねは、さっそく遊びに行こうと青葉に電話をかける。ねねは青葉に夏休みがどのくらいあるのか聞くが、青葉から返ってきたのは開発が終盤に差し掛かっているために忙しく、夏休みが取れるのはゲームが完成してからになりそうというものだった。働きづめになっているのではないかと青葉を心配するねね。そんなときねねは大学の構内の掲示板にイーグルジャンプが募集している夏季アルバイトの求人が貼ってあるのを見つける。

9. 出勤しちゃいけないんですか?
青葉の作った村人の3Dモデルがきちんとパンツを履いているかどうかを確かめていたねね。ゲーム内のカメラがスカートを突き抜け、画面上に映し出されるパンツを見て、問題なしとデバッグを続けるねねに対し、うみこがそもそもパンツが見えることは想定していないのだからバグとして報告してくださいと返す。そこにしずくがやってきて、パンツが見えることは裏の仕様だと告げるが、初耳のうみこ。そんなうみこにしずくは仕様書に書いてしまったらつまらない、偶然見えるパンツにこそ浪漫があるのだと言うのだが。

10. 正社員ってお給料を安くするための法の抜け穴…
ゲームの開発も終盤に差し掛かり、忙しさが増してきたある日の土曜日。休日出勤のために会社に向かっていた青葉は駅前でコウと出会う。駅前にある美味しいと評判のドーナツ屋の本日ドーナツ全品半額中という呼び込みを聞いた二人は、自分たちと同じように休日出勤しているであろうキャラ班のみんなへの差し入れとして、ドーナツを買っていこうと決める。しかし、ひふみを始め、ゆんやはじめも考えることが同じことを考え、みんなで食べようと思ってとそれぞれドーナツを買っていて……。

11. リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!
フェアリーズストーリー3がメディアに対して初お披露目となる東京ゲーム展。業界関係者だけが行ける企業日のチケットを渡された青葉たちはコウからゲーム展に行くことを命じられる。数多くの業界関係者たちで賑わう会場にやってきた青葉たちはフェアリーストーリー3が展示してあるブースへと向かう。ブースのモニタに映る自分たちが作ったキャラクターやモンスターを見て感動する青葉たちは、同じくモニタを見ている来場者たちのゲームへの評価の声を聞き、ついに発売されるんだと実感し始める。

12. ひとつ夢が叶いました!
ついに発売日を迎えたフェリーズストーリー3。店頭での様子を見るために、青葉はキャラ班のみんなと大手ゲームショップのある街へと出掛けていた。街の一角にある大手ショップの前にやってきた青葉たち。しかし先に来ているはずのひふみとはじめの姿が見当たらない。ショップの開店を待つ人々の行列に並んでいる二人を見つけた青葉は、私たちスタッフはゲームソフトをもらえるはずなのになぜ並んでいるのか疑問に思うが、スタッフであっても特典はもらえないことを聞かされ、行列の後ろに並び始める。

投稿 : 2019/03/13
閲覧 : 49
サンキュー:

9

kpby2751

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

メタきらら、日常系

ごちうさが好きな人は絶対好き。

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 51
サンキュー:

2

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一生懸命とお仕事している話。

原作未読。最後まで視聴。

ゲーム制作会社を舞台にした日常ほのぼの系の作品。

正直言って、最初はあまり期待していませんでした。
登場人物(会社の同僚・上司)が女性ばかりでリアルさに欠けること。
主人公の平凡さに対して、周囲の登場人物の個性が強すぎること。

しかし、物語が進むにつれ、徐々に引き込まれてしまいました。
主人公が周囲の人々に支えられながら一生懸命に仕事に取り組んでいること。

{netabare}そして、一番の魅力は、徐々にゲームが完成に近づいていくこと。
そして、ゲームが完成して・・・。{/netabare}

物語の終盤は、少なからず感動がありました。

ほのぼの系には感動が良く似合うと、改めて痛感した作品でした。

2017/05/19追記
BD/DVDの全巻購入特典のOVA第13話視聴しました!
「フェアリーズストーリー3」の完成後の社員旅行での出来事が描かれた作品。
{netabare}
社員旅行でスキー&温泉旅行へ行った青葉たち。

スキーが苦手な青葉と、コーチ役のひふみん。
同じくスキーが苦手なゆんと、コーチ役のはじめ。
熱が出ちゃったコウを看病するりん。
サバゲーに夢中の阿波根etc・・・。

ブラック青葉は爆笑必至。
{/netabare}

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 417
サンキュー:

92

プクミン

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゲーム制作会社での日常

かなり限定的な舞台での日常アニメです。
しかも、ゲーム制作会社が実際どうなってるか分からないので、この日常アニメがどこまで本当にある事なのか分かりません。
分かりませんけど、主人公の成長が見られるという、日常系アニメには少し珍しい要素が入っています。

主人公が会社に初出勤するところから物語が始まります。
しかも主人公はプログラム経験が無いので、まずはそこからという事になります。
後は優しい先輩達に囲まれた職場で頑張る主人公。
もちろん先輩達も個性と魅力あるキャラなので、見ていて和みます。

ゲラゲラ笑うギャグアニメとは違い、ほのぼの系の日常アニメ。
しかも学園系じゃなく、社会人としてなので、人を選びそうなアニメかなとも思います。

個人的には楽しめました。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 54
サンキュー:

7

Rottel

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女の子いっぱいアニメ!

様々なタイプの女の子がいて、見ていて癒されます。
主人公と、他の女の子との1対1のやりとりが特に面白いです。
萌え萌え系が好きな人にはたまりませんね。

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 36
サンキュー:

5

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きらら系では異例!!女の子たちの日常ワークコメディ

[視聴きっかけ]
きらら作品だからというのが一つでもあります。
実は、現実の方でこのような関連な仕事に
就くことを夢見てまで専門分野の勉強学んできた身として
どうやって仕事を楽しく視聴者に分からせるのだろう?と
気になったのもあり、視聴をしようと思いました。

【良い点】
今回は、お仕事コメディなので、何でアニメにまで
仕事の話を持ってくるんだ!!という人もいそうですが、
キャラの可愛さが魅力の作品となっていました。

確かに仕事で気になることを吹っ掛ける青葉ちゃんの姿も
あります。それはそれで何気に面白かった印象です。

私がアイコンまでにしたゆんちゃんはきらら作品で一番
好きなキャラでもあります。

ゆんちゃんの女子力と関西弁のような喋り方と
CVの竹尾歩美さんの癒しボイスがとてもマッチしていました。

また話題にもなった「今日も一日頑張るぞい」は少しずつ
広まった代名詞でもありましたね。

そして、私が大好きな百合ペアは、うみこさんとねねっちペア
実は2期でも面白い展開になりますが、1期でも初めて会ってからの
二人のトークとねねっちの行動がとても面白かったです。
正直ねねっちいなかったら全然魅力を感じていないまま
終わっていた感じもします。

OPとEDはお仕事関係っぽい描写が多かったですね。
EDに関しては、たくさんの空耳が視聴者にダメージを
与えたような気もします。
初見の感想としては、ラストの「nowloading...」の
箇所はまじで「何曜日?何曜日?」に聞こえるので
歌詞見るまでこれが公式かな?と思うほど、
仕事に悪いイメージがあるんだなあと思っています。

【余談】
そもそもこの世界にいること自体、
好きな仕事をやっていないともう無理だと感じています。
好きな仕事をこれからもやっていきたいです(切実)。


【悪い点】
仕事が嫌いな人にはまずお勧め出来ない可能性があります。
仕事が好きな人もまずいないかw。
ただ、これは日常系として認識ができればなんとかなる感じ
このアニメをお仕事アニメだと思うと続かなそうと思います。
ある意味人を選んでいるようにも見える。

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 44
サンキュー:

8

ウィーハウック

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二期おめでとう

こんな会社に就職したかった、日本死ね、くそが、、、ぱdjfしおhdヴぃsjdヴぉjpsどvj@そdjヴぉsjdvぽはくぇヴぃhpさhヴぉいhwvffvyfyfrbfjcfkdkdkdhんんchjck

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 66
サンキュー:

3

デューク

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ひふみんが最高に可愛い!宗次郎ウラヤマ!

青葉ちゃんは可愛いです。
でも、その100倍くらいひふみんが可愛い!
マイサブキャラランキングでも1位かも!
コミュ障なところも、レイヤーのひふみんも、呑んでるひふみんも全部可愛い!
ひふみんの推しカメバージョンください。

コウさんとリンさんのやりとりもとてもいいです。
この二人(日笠さん、かやのん)が演じていたら間違い無いですよね。

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 43
サンキュー:

5

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

NEW GAME ! 1期

過去に視聴済み。

新卒でゲーム開発会社に就職した涼風青葉が主人公。
女性だらけの職場で意地悪な人がいないので
安心して見ることができます。

投稿 : 2019/01/27
閲覧 : 54
サンキュー:

7

パスタ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

きらら系の真骨頂

一言で言えばお仕事モノなんですが、堅苦しさは毛頭なく、キャラが生き生きしていてぼくはとても楽しく見れました。僕自身まだ高校生で社会経験が1つもなくて上からの言葉を言ってはいけない身分なのですが、将来こうでありたいなぁとか、仕事って気持ち次第でこんなに楽しくできるのかなと思えたり、このアニメを見るたびにとてもこれからを見据えることに対して元気と活力を貰えました。
実際はそんなに甘くないんですけどね笑
きららの売りである可愛さを堪能できて、こんなに考えさせられた(ぼくが一方的に考えすぎてるだけかもしれませんが)アニメはNEWGAME!が初めてでした。本当に面白かったです!

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 204
サンキュー:

4

じん

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

実は結構面白いお仕事アニメ

このアニメは、「萌えマンガ」雑誌まんがタイムきららに連載された原作を踏襲している。

まずストーリー。起伏がちゃんとあり、見ていて面白い。まぁ、仕事がテーマなだけあってゆるゆるといえばそうなのだがあるあるをちりばめている。中身の無さそうなストーリーを予想して萌えを回避している人にも見て欲しい。一見の価値あり。

作画は綺麗。これといって秀逸でもないがこのアニメには充分な表現力だ。原作のかわいさには劣れど、見やすい色彩の使い方などとても印象が良い。ここいらは女性スタッフなのか?と思って調べたらやっぱりそうでした。

音楽も挿入歌を使ったりなどなかなか工夫を凝らしている。サウンドトラックは聴きやすい。

声優は有名どころを軸に使っていて、その声も聴きやすい。あまり媚びるようなものでもない(もともとそういう作品ではない)ので可愛かった(ノ並感)。

きらら系統の作品と比べても、光るものがある。見やすく、それでいてストーリーはちゃんとある。もちろん癒されるのも良い。基本がしっかりしていて、おすすめできるアニメだ。

投稿 : 2019/01/11
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ootaki

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

神アニメ降臨

この作品を見たとき、もしかして日常系で一番好きになるんじゃないかと思ったくらいレベルの高い作品だと思いました。ヒロインのレベルがめっちゃ高いです。

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 153
サンキュー:

5

sinnsi

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

2016年最強のアニメOP

まず本アニメOPを未視聴のユーザーは、下記ニコニコ公式チャンネルからご視聴いただきたい。
http://www.nicovideo.jp/watch/1467961100?from=135

このアニメOPの素晴らしいところは、等身大で自然体の彼女らの魅力が描かれており、その性格に寄り添った、一挙一動のノンストップな動き・表情の愛おしさに、瞬きを忘れる事。
原作のキャラデザをリスペクトし、動画工房の怒涛の作画で、その魅力は最大限に引き出されているのだ。
その作画はアニメ本編にまで引き継がれており、1話から最終話までクオリティも一貫しているので、ただただ頭が上がらない。
OPテーマソングである「SAKURAスキップ」も、アップテンポな可愛らしい曲調でいて、その親和性も非常に高い。(歌もメイン声優4人が歌う)

一方でOP背景は、ゲーム会社が舞台の本編に則り、ゲームのメニュー・リザルト画面のような非現実的なチープさがあるものの、
アニメ本編で背景はしっかり描き込まれているので、焦点をキャラクターに絞らせるための狙いであると考えられる。

通常アニメOP・EDというのは、半ばそのアニメのプロモーションビデオに近いところがあり、アニメ本編不相応に、悪い意味で気合いが入っていて、視聴者を置いてけぼりにさせられる。
ねっとりとしたカメラアングルが入っているのは無論、絶対に本編では描かれないようなシーン・舞台・衣装に加え、寸分狂わぬキメ顔(アヘ顔)・キメポーズと、
どこの撮影スタジオで撮っているんだろうという気にさせられ、編集されていてぶつ切りの場合、その気運は余計に高まる。(止め絵等の手抜きはそれ以前の問題)
だからテーマソングが基本にあり、その上で雰囲気に合っていれば良OP・EDとしてきたが、完全に意識はその逆から持っていかれていた。

本アニメOPを輝かしいと感じたのであれば、キャラデザ・作画という点で裏切られる事は絶対に無いので、冒頭リンクから是非本編もご視聴いただきたい。
(邪な言い分にはなるが、このような可愛らしいキャラデザの、それも動画工房製のアニメにしては珍しく、きめ細かい肌色成分も1話に数回あるレベルで多い。もはや女性しかいない世界なので、百合成分はデフォ)

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 65
サンキュー:

9

ネタバレ

kakelu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大変な仕事だけど楽しそうに働いている! その姿に元気を貰える!!

1話の感想 ★★★★ 4.0
入社!
{netabare}
青葉よ、流石に社会人には見えんぞ。
まず、その結び目の高さ。
大人にはできんわ。
なんか学生服っぽかったのは襟にリボンをしてたからか。
あそこ、セクシーポイントなのに似合わないって残念だな。
なんだかんだ面白かった1話だった。{/netabare}

2話の感想 ★★★★ 4.0
新入社員歓迎会!
{netabare}
いい会社みたいで羨ましい。
このご時世、ブラックな企業ばっかりなのに。
歓迎会もお酒の強要もないしね。
お酒飲めない人はあれきついよね〜
BARとかで飲んでみたいわー{/netabare}

3話の感想 ★★★★ 4.0
リテイク!
{netabare}
自分が作ったものにダメだしって精神的に辛そう。
自分が作ったんだからこれでいいんだよ!!
って言いたくなりそう。
でも、何かが掴めたのかな?{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
初給料!
{netabare}
初給料か〜
普通はなにか使うもんなのか〜
普通に貯金した記憶しかない。
青葉ちゃんはいい子だな〜
最初の百合百合に関してはノーコメントで。{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
はじめさんと仲良くなろう!
{netabare}
はじめちゃん、可愛ええわ〜
天真爛漫って癒される。
しかも、巨乳だしね!
冷房はあるあるだわ。
私はいつもはじめちゃんサイドだけど。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
休日!
{netabare}
見に行く映画が少女向けって。
アイカツみたいな??
でも、同じ空間に会社の人が2人もいるなんて…
意外と気づかないだけで、居てるもんなのかもな。
{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
健康診断!
{netabare}
海子さんみたいな褐色美人。
……ありです。
バリウムは飲んだことないけどしたくないなー。
絶対やばいよ。
代わりに、サバゲーはしてみたい。{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
デバッグバイト!
{netabare}
デバッグのバイトか〜
1度はしてみたいよね。
でも、絶対目が疲れる。
今回、青葉の友達は少しウザかったな。
天真爛漫と人に迷惑をかけるのは違うしな。
そこは許容できないわ。{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
みんなで泊まり込み!
{netabare}
3時まで仕事とか、辛すぎる…
よく笑顔でいてられるよ。
やっぱ、ゲーム業界って軽くしてこれなんだな。
お、恐ろしや…
てか、銭湯って深夜もやってるんだな。
近くにないから知らなかったよ。{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
けんか!
{netabare}
桜はいい子だとは思うんだが落ち着きなくて苦手だわ〜
たまに会うぐらいが丁度良さそう。
青葉はもう4、50体もキャラをつくったんだな。
純粋にスゲー!!
やりがいはあるけどハードだな。{/netabare}

11話の感想 ★★★★ 4.0
ラストスパート!
{netabare}
グラフィック班は余裕みたいだが、プログラム班は大変そう。
これで桜のアルバイトも終わりだな。
寂しいような、五月蝿いのがいなくなってよかったのか…
2通りに別れそう。
でも、桜がすごくいい子なのは伝わってきた。
でも、問題なく完成して良かったな!{/netabare}

12(最終)話の感想 ★★★★★ 5.0
打ち上げ会
{netabare}
この物語は青葉が主人公だけども、メインはコウさんの成長物語だったのかもな。
いい話だった。
EDの入り方も完璧!
うるっときちゃったよ!!
ただのほのぼのだと思ってたけど、めちゃくちゃ面白いほのぼのアニメだった。{/netabare}

投稿 : 2018/12/10
閲覧 : 77
サンキュー:

15

ネタバレ

wp38

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

熱烈就職希望!

入りはAbe〇aでたまたま見かけた事
女性が装備バッチリ決めてて、そこに別の女性が話しかけてくるシーンをチラッと観ただけ
その格好から最初『さばげぶっ!』だと思ったから先に観たんだけど、そんなシーンは無かった..
何のアニメだろう?って思ってて、次に選んだこの作品を観進めていく内に「あっ!コレだったんだ!」
ってなってチョット嬉しかった♬
ファンタジー要素が無いいわゆる日常系だったけど、キャラデザは勿論、個性的な性格のキャラ達が
ワイワイする展開に魅了され引き込まれた
実際のゲーム制作会社って行った事も見た事も無いけど、ああいう雰囲気の職場なら働いてみたいなぁ♬
まぁ、絵も描けないし、プログラムなんて全然分かんないんだけどね,,w

OVA
{netabare}フェアリーズストーリー3完成後に社員旅行へ行った話。場所は北海道。
この作品って、青葉以外はみんな20歳超えてるからお酒を飲むシーンが随所にあるけど、
興味はあっても、未成年だからと絶対に飲もうとしない所に、空想の物語とはいえ手を抜いてないなって思った。
それにしても、、うみこさんは本当サバゲー好きなんだなぁ。「さばげぶっ!」の部長と良い勝負かもw
出来れば番外編みたいな感じで、そこだけコラボして欲しいかも。

そういえば、青葉の夢に出てきたスキー場、”KAWAZONO”ってなってたけど、あれってニセコひらふにある「花園」
をもじったんだね。それに、泊まってる宿の名前にも「ニセコ・・」ってモロに入ってたしw
あの外観からして確かスキー場のすぐ下にあったホテルだったような・・・{/netabare}

投稿 : 2018/12/10
閲覧 : 45
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「がんばるぞい」は一度だけ

 原作は未読。
 女子日常ものとお仕事ものの按配がいい。
 きらら系でストーリー性のある作品は他にもあるが、ほとんどのキャラが社会人であるため、
学生主体の同系統のきらら他作品とは雰囲気が異なる感じ。

 展開的には主人公である涼風 青葉のイーグルジャンプの入社から制作中の
「フェアリーズストーリー3」の完成までといったところで、一つの作品の制作を通じて主人公の
成長を描くという点では「SHIROBAKO」に近い印象があったが、「SHIROBAKO」は主人公が
各部門を繋ぐ制作進行であったため、各部門を幅広く描いていったのに対して、本作の青葉は
キャラ班という一セクションの人間であるため、描かれているのは青葉を中心とした局所的部分。
 他のセクションを見たかった感もあるが、描写の密度は濃くなった印象。

 学生ものでも部活動の過酷な練習、試験勉強や受験勉強など、学生ならではの大変さが描かれて
いたりするが、本作はクオリティを維持しつつ納期に間に合わせることや、それに伴う深夜残業や
休日出勤など、社会人ならではの大変さがマイルドな表現ながらもちゃんと描かれているところが
いい。
 あくまで個人的意見だけど、仕事柄客先に出向することが多く、これまで数々の職場を経験して
きましたが、ハードワークよりも対人関係を始めとする職場の雰囲気が悪い方が精神的には
きつかったりする。労働内容がきつくても前向きでいられるのはイーグルジャンプという会社の
雰囲気の良さかなと思ったり。

 キャラが魅力的で、とにかく皆可愛い。
 青葉に関しては頑張り屋で真面目なところが成長譚の主人公に相応しい印象。
 ただ真面目な分、コメディの主人公としてはやや弱い感があり、その分を補っている印象が
あったのが友人のねねっちこと桜 ねねという存在。
 加えて青葉と並べることで同じ年齢でありながら、社会人と学生の違いを見せるキャラにも
なっていたみたい。

 もう一人の主人公といった感があるのが八神 コウで、青葉にとって「憧れの人」から、一緒に
仕事をしていくことで「尊敬できる上司」に変わっていく過程は見どころの一つといった印象。
 このコウと遠山 りんの同期を越えた百合的な関係性も楽しかった。

 キャラを魅力を引き出す動きはさすが動画工房といったところ。

2018/12/02

投稿 : 2018/12/02
閲覧 : 86
サンキュー:

5

REI

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夢のようなお仕事アニメ

原作読んでません、キララ掲載だったかな、なのでアニメ自体に男の人がまったく出て来ません。同じゲーム業界にいたので、まぁ、そんなことは絶対にないのですが、これはアニメの中でのお話なので、多めに見てください。

かわいい系のアニメが好きな人は飽きずに見られると思います。最初にも書いたように男の人が一切出て来ないので無理はありますが、あの「けいおん」でさえゆいちゃんのお父さんという男の人がちらっと出てくるのに(笑)
会社が女性だけという事があっても取引先には絶対男性がいるはずですからね

新入社員が新しい会社に入って仕事でつまづきながら成長して行くという物語ですが、うーん、見てて面白いとは思いますが、リアリティはないかな・・・
いや、アニメにリアリティを求めること自体間違っているとおもいますが、お仕事アニメという観点からみると他にもいい仕事しているアニメが沢山ありますからねー

可愛い子がお仕事頑張ってるぞーくらいな気持ちで観られればいいのではないでしょうか?つまらないわけではないので私は楽しく鑑賞できました。

全てのアニメに携わる方々に感謝を!

投稿 : 2018/11/10
閲覧 : 69
サンキュー:

15

カワセミ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

阿佐ヶ谷駅に行きたくなった

非常にテンポがよく全くストレスなしでサクサク最後まで視聴できました。なんか新入社員の時を思い出してしまった。ふだんやってるゲームがどうやって完成するのか知ることができ勉強になった。会社に猫を持ち込んだりモデルガンを飾ったりはさすがにリアルでは厳しいかな。
とにかくキャラがみんなかわいくて魅力的。仕事を通して成長する過程がていねいに描かれている。うみことねねっちの関係もおもしろい。

投稿 : 2018/11/04
閲覧 : 57
サンキュー:

4

ネタバレ

dbman

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もはや、ただの詐欺

原作未読。

ゲーム会社のお話ということのみの予備知識で視聴したところ、全12話一気に完走してしまうほどに楽しめました。笑いあり、涙あり、癒しありの超良作!

この設定の物語において男がひとりも出て来ない登場人物すべて女性というのはある意味で特筆すべき点ではないでしょうか。そして何よりも驚いたのは、これだけの女の子たちが登場するにも関わらず、全てのキャラが個性溢れていてキャラ被りがない! これって凄まじくないですかい?

愛すべきキャラが多すぎて目移りしてしまったが一番のお気に入りは、ねねっちこと、桜ねね(声優:朝日奈丸佳)でした。大学生詐欺としか思えないその容姿もさることながら好奇心のままに行動するさまは完全にただの幼稚園児w 彼女が動けば何かが起きる。もう完全に主人公である青葉ちゃん(声優:高田憂希)を食っちゃってるよねこれ。お腹がすいている音「きゅるるるる」を自分の口で言っちゃってるのは可愛すぎて反則すぎるだろ! 出来うることならばねねっちを主人公にしたスピンオフが観たいw そんじょそこらのアニメよりよっぽど面白い作品になるのではないでしょうか。

そして彼女の {netabare}飼い主的な立場として、欠かせない存在である阿波根うみこ(声優:森永千才)。出来る上司ながらその実、他者の迷惑をかえりみないミリタリーマニアっぷりはもはや変態といっていいだろう。作者いわくねねっちとうみこのコンビの人気は高いようで大いに納得。{/netabare}

また物語終盤で {netabare}いつの間にやらねねっちと意気投合しているはじめちゃん(声優:戸田めぐみ)も大好きなキャラだ。私がショートカットに弱いというのもあるが、自身の身を削ってでもフィギュアなどを買い漁るその純粋無垢さゆえ、ねねっちとコンビになっていたのも頷ける。 {/netabare}

駄目だ、ホントに愛すべきキャラが多すぎて語りつくせないのでここらでストップしときます。もちろん物語も素晴らしい構成で、ゲーム会社内輪の片鱗が垣間見れたし、主人公・青葉ちゃんの成長はもちろん、その上司である八神コウ(声優:日笠陽子)の成長までも描かれているとは感服するばかり。ラストの締めくくりも涙せずには見られませんでした。

続編である第二期もあるようなので、期待せずにはいられない!

投稿 : 2018/10/29
閲覧 : 454
サンキュー:

35

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーム制作の裏側も知ることが出来るお仕事アニメ

ゲーム制作会社のイーグルジャンプに入社した涼風青葉の社会人1年目の先輩や上司に助けられながら仕事をこなす頑張りを描いたアニメ。

原作は得能正太郎先生によるまんがタイムきららキャラットに連載されている4コマ漫画で、いわゆるきらら作品です。基本的にはゲーム会社イーグルジャンプで働く人々の日常を描いたお仕事アニメで、青葉の目から見たゲーム業界の裏側が描かれています。

追記:涼風青葉の発したセリフ「今日も一日がんばるぞい」は一時期ネット上で流行りましたよね。

追記:青葉とねねっちのやりとり、コウとりんのやりとり、しずく&もずくのシーンがお気に入りです。

投稿 : 2018/09/15
閲覧 : 198
サンキュー:

37

ソフィアちゃん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今日も一日がんばるぞい!

何気ない朝が来て、おふとんがいとしいなーってなっても

『今日も一日がんばるぞい!』

この言葉を聞くと、走りだせたな。

とどのつまりは、青葉ちゃん可愛い。
見てるだけで元気になるええコ。
青葉ちゃんは、私の活力剤です。

投稿 : 2018/09/09
閲覧 : 59
サンキュー:

6

ネタバレ

ゆきちん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

日常

ゲーム制作業界のことがしることができた

投稿 : 2018/09/08
閲覧 : 41
サンキュー:

2

みぃも

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かなり楽しめた

原作未読です。

女性だらけのゲーム会社に務める新入社員のお話です。

THEキャラアニメと言った感じで、物語云々よりキャラ全員が立っていてとても良かったです。

物語の主軸はゲームを作る事なのですが、複雑な話はあまり無く、全く無知でも楽しめるお話になっています。

4コマ原作の様ですが「4コマをそのままアニメにしました。」感が無くて良かったです。(余り無いのですが、ぶつ切り感があるアニメもあるので…)

若干の百合要素もありますが、しつこく無いので露骨な百合が苦手な方でも見れると思います。

個人的にキャラアニメの中でかなり好きな作品です。

投稿 : 2018/08/11
閲覧 : 58
サンキュー:

3

秋月双真

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★★☆☆

おもしろかった!

投稿 : 2018/08/02
閲覧 : 40
サンキュー:

2

leon

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラがかわいい

ゲーム会社の新人涼風青葉と周りの女の子が繰り広げる社畜アニメである。

内容は予想外に濃く時に涙も流れてしまう(あれ二期だっけまあいいや)。
そして何より登場キャラがみんなかわいいのだ。
見ていてとても癒される。

推しはゆんちゃんです。

投稿 : 2018/07/29
閲覧 : 47
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーム版「SHIROBAKO」かなって思ったらお仕事版「けいおん!」みたい♪ 

公式のイントロダクション
{netabare}
「まんがタイムきららキャラット」にて連載中の大人気4コマ「NEW GAME!」が待望のTVアニメ化决定!

 高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!
{/netabare}

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

第13話「私、社員旅行って初めてなので…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:山田由香 絵コンテ/演出:平牧大輔 作画監督:久保茉莉子/山野雅明/天﨑まなむ/橋口隼人

マスター明けには社員旅行に行くことが恒例となっているイーグルジャンプ。フェアリーズストーリー3がマスターアップし、社員旅行でスキー場にやってきた青葉たち。一面の銀世界を前にしつつも、子供の頃の失敗もあってスキーのできない青葉はコウと一緒にホテルでゆっくり過ごそうとするが、コウが少し体調を崩していたため、おとなしく寝ていなさいとりんに連れていかれてしまう。ひふみが教えてくれるということもあり、スキーに挑戦してみることにした青葉は、意を決してリフトへと乗り込むのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は

イヤな思い出がある青葉が
ひふみに教えてもらってスキーすべれるようになるおはなし

ほかに熱を出したコウをりんが手をにぎってあげながらお仕事したり
はじめさんがゆんさんにスキー教えたりって
カップルができてるね^^

うみこさんは雪の中でほかの人たちとサバゲw楽しそう^^


後半は温泉回とお酒回

OVAだと胸まで見せちゃうのとかあるけど
このおはなしはそんなことなかった
でも、けっこう露出度たかかったみたい^^


おはなしはひふみ先輩が青葉にお酒をすすめるところがちょっと。。
お酒ってにゃんも飲める歳になったけどやっぱりおいしいって思わないなぁ。。
お料理とかに入れるけど
ちゃんとアルコールが抜けてないと苦くっておいしくないし。。

ただサウナのおはなしでもあったけど
青葉が雪だるまクンをイジメて楽しんでるところがちょっとこわかった。。

青葉が先輩になったとき
ちょっと後輩をからかったりしないかな?って。。


あとは、女同士の酔っぱらいのおはなし

うちのママも帰ってきておふろのおゆ出しっぱで眠っちゃったこともあるから
酔っぱらいってイヤなんだけど。。


食べ物はおいしそうだった☆
{/netabare}
{/netabare}
-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
高校を卒業後、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲーム《フェアリーズストーリー》を制作したゲーム会社《イーグルジャンプ》に就職した涼風青葉。新入社員として社会人一日目を迎えた青葉は、朝の満員電車に揺られながら、《イーグルジャンプ》へと出社してくる。会社の前まで来たもののこのまま中に入ってしまっていいのだろうかと躊躇してしまい中々一歩が踏み出せない青葉。そのとき出社してきた先輩社員の一人である遠山りんに声をかけられ、青葉は無事に《イーグルジャンプ》の中へと案内されるのだが……。
{/netabare}

お仕事アニメかなって思ってたら日常系だったw

お仕事はしてるみたいだけど
みんなモニターに向かって座ってるだけだから
ぜんぜん大変そうじゃなくって
お昼の相談とかお茶するとか「けいおん!」みたいな感じw

特に青葉は入ったばっかりで本を読みながら3Dの自習
分からないことはどうすればいいかも分からなくって
みんな画面に向かって自分のお仕事してるし
恥ずかしがりみたいな人が多くってから聞きづらかったり。。って

でも、みんないい人でやさしくしてくれて
こんなお仕事だったら何日もお家に帰れなくってもいいかなってw

あと、自分が好きだったゲームを
こんどは自分が作れるってすごいナ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉がキャラクターデザイナーを志すきっかけとなったゲームである《フェアリーズストーリー》。その最新作を制作するチームに配属された青葉は、憧れの八神コウがリーダーを務めるキャラ班でグラフィッカーとして働き始める。絵を描くこと以外は経験のない青葉は、勉強としてコウから渡された3Dの参考書を進めていく。勉強は順調に進み、参考書も半ばに差し掛かった頃、ついにコウから初仕事を任されることになった青葉。その内容はNPCの村人をモデリングし、3Dのキャラクターをおこしていくというもので……。
{/netabare}

お仕事のことはほんのちょっと説明があっただけで
あとは日常w

今日のおはなしは
ひふみ先輩とちょっと仲良くなれたことと歓迎会の飲み会


ひふみ先輩。。にゃんがもし会社に入ったらこんな感じになっちゃうかも
メールとかだとなんとか話せるけど直だとキョドったりって分かる。。

青葉のことペットのハリネズミみたいにかわいいって思ったみたい
2りともカレシとかいないみたいだしお弁当いっしょに食べたりしてたし
頭ヾ(・ω・*)なでなで。。このままユリっぽいおはなしになってくのかな?


飲み会は食べるだけなら行きたいかなw
お酒は飲みたくないけど。。さいごのオレンジ何とかっておいしそうだった♪
20歳になってから。。って言ってたけど
あれって誰が飲んだのかな?w
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
ふとした油断から朝寝坊をしてしまった青葉。急いで家を出たものの間に合うかどうかはわからない。このまま遅刻してしまったらどうなるんだろうと会社に向かう電車の中で青葉は不安を募らせる。そんな青葉に同じように遅れてしまったゆんが声をかける。駅から走ればまだ間に合うかもしれないと言う青葉に対して、過去の経験から私の足では走っても1分足りないと返すゆん。しかし話題はそこから運動神経が良いかどうかの話になり、青葉とゆんの二人は会社まで全力疾走することになるのだが……。
{/netabare}

「遅刻したらどうなるんだろう」
答え。。おこられる><;
それで遅刻届を出さないと。。
それくらいみたいw

遅刻届に寝坊って書いちゃイケナイんだって
でも、寝坊ってほかにいい言い方あるのかなってググったら
体調不良って書くのがいいみたいw


それで今日はとうとうお仕事してたw

NPCを作ってたんだけど八神さんがいいってなかなか言ってくれなくって
1週間もかかっちゃった。。
やっぱり会社とかで働くのって大変みたい。。


青葉ってすごいなぁ。。
にゃんがそんなにダメ出しされたら
どうしたらいいか分からなくって仕事に行けなくなりそう。。


でもきっと八神さんってそんなにこわい人じゃないんだろうなぁ。。

だって入ったばっかり青葉が
そんなすごい先輩に「スカートはいてください!」とか
「ほめてないです!」とかってこわくって言えないんじゃ。。

それよりにゃんだったら
女子ばっかりだしゲーム会社ってそうゆうのふつうなんだ。。って
思っちゃうかも。。


青葉って八神さんから期待されてるんだね。。
遠山さんからふつうだったら今朝のでOKだったって^^


OKが出た朝。。

青葉って家に帰ってどれくらい眠ったのかな?
帰ったらすぐまた会社に来てそう。。

会社にお泊りするのがホントにイヤなのかもw
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉が《イーグルジャンプ》に入社してからそろそろ一ヶ月。コウから任された村人の制作も3体目が仕上がろうとしていたそんなある日、青葉はりんから給与明細が書かれた紙を手渡される。これまでアルバイトもしたことのない青葉にとっては人生で初めてとなるお給料。嬉しそうに笑顔になる青葉に対して、りんは初めてのお給料を何に使うか決めているのかを尋ねる。使い道をまったく考えていなかった青葉はキャラ班の面々はどうだったのかと聞くと、それぞれが初給料で何を買ったのかを話し始める。
{/netabare}

コウ先輩とりん先輩ってホントに仲良し^^
今日のおはなしは
ちょっと百合っぽかったけどコウ先輩はあんまり気にしてないけど
りん先輩がちょっとイシキしてるみたいな。。


あとははじめてのお給料のおはなしで
やっぱりゲーム制作会社だからオタクっぽい趣味に使った人が多いみたい^^

青葉はお父さんお母さんたちにおみやげ買って帰ったけど
自分で働いたお給料でほかの人に喜んでもらえるっていいな☆


でも
卒業してから今までのお金ってどうしてたんだろう?
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉が初めて作った村人の3Dモデルに様々なモーションをつけるはじめ。苦労して作った3Dモデルがどんな風に動いているのか気になって仕方のない青葉は仕事に集中することができず、自分にも見せて欲しいと頼む。画面の中でまるで生きているかのように動く3Dモデルに感動する青葉。後輩から仕事を褒められて嬉しいはじめは、青葉に先輩風を吹かせる。そんな二人の様子を見ていたコウは、りんの使っていたタブレットペンの調子が悪くなったと聞き、お使いに行かせることを思いつく。
{/netabare}

(はじめとのお使いw)

コウさんははじめさんを青葉といっしょにお使いに行かせることにしたの

青葉ってはじめさんの初めての後輩かな。。
それで買い物に出かけて「さすがです先輩」を見せたいって思ってたみたい
でも、お財布をわすれた愉快なサザエさんみたくなってたねw

あとで出てきたコウさんのおはなしで
みんなをまとめなきゃって思って2人を仲良くさせようってしたのかも^^

はじめ先輩の性格が分かるおはなしだったみたい^^


(エアコン対決)

冷房ききすぎって思うはじめさんと暑いのにがてなコウさんの
エアコンのリモコン争い。。みたいなおはなしw
そこに汗をかいてダイエットしたいって思うゆんさんも参加して。。

これってよくあるおはなしかも?
うちでも暑がりのママと寒がりのパパがときどきしてるw
にゃんは参加しないけどw


さいごはりんさんが3人をしかって
そこにシビれる!あこがれるゥ!♪の青葉だったw


(コウさんのヒミツ?)

コウさんって前はひふみさんほどじゃなかったけど人がにがてだったみたい
それが後輩とかできて変わらなきゃって思ったのかな?
人に話しかけられるようになったみたい☆


そんなことをりんさんから聞いて
ひふみさんもちょっと変わろうとか思ったかも?
ハリネズミの宗次郎がかわいかった^^


それからりんさんってコウさんのこと大好きみたい
コウさんのこと話しながらデレてユリんさんになってたw
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
コウから頼まれていた村人の3Dモデルを全て作り終えた青葉は、完成の余韻に浸る暇もなく1枚の仕様書を手渡される。コウから告げられた次の仕事は仕様書を元にキャラクターを作るキャラクターデザインの仕事だった。1体だけとはいえ、初めてのキャラクターデザインに迷走し、自信を持って描くことのできない青葉。そして同じ年齢の頃にはすでにメインのキャラクターデザイナーとして仕事をしていたコウと自分を比べ落ち込む青葉を見かねたコウは、青葉に村人を作っていたとき楽しかったかどうかを聞く。
{/netabare}

コウさんと自分をくらべたってしょうがないよね。。
そうゆうのの天才みたいな人っているから
でも、くらべたくなっちゃうのもしょうがないのかな。。
それで先輩にイビられるとかって会社も学校も変わらないみたい

会社だからみんな大人の人ばっかりなのかなって思ってたけど
大人でもやっぱりいじめとかあるんだ。。


お仕事の話ももちろんあったけど
みんなのお休みも見られておもしろかった
コウさんとりんさんは恋人みたい。。
もういっしょに住んじゃったほうがいいかもw


それからムーンレンジャーの映画を見に行った人がが多かったみたい^^
青葉は幼なじみのねねっちと
はじめさんはヒーローショーの後で1人で
ゆんさんは小さい兄弟たちを連れて。。

3人ともおんなじ映画館におんなじ時に来てたのに気がついてないw


それから大問題発生!

ひふみさんはコウさんたちのちょっとあとくらいから働いてるから
会議に出なくっても時間が足りてないって気がついててすごいな☆


残業か休日出勤か?で青葉はどっちも^^

残業がお泊りみたいで楽しそう^^
クマの寝袋とかってお仕事がんばるぞ!ってゆう感じじゃないw

にゃんもよく感想とか書いてて寝落ちしちゃうけど
おふとんに入ると目が覚めちゃうから
TVを見ながらとかPC使いながらウトウトするのがとっても気もちがいいよねw
でも、4時間後って10時くらいかな?眠くなるの早すぎw

それでも会議室で寝てた青葉は寝坊してた^^;
通勤時間とかないからもしかしていつもより長く寝てたりしてw


さいごはムンレンごっこw
会社でふつうにアニメの話ができるとかって学校より楽しいかも^^
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉の作ったNPCの3Dモデルがエラーを起こしていると注意にやってきたプログラムチームのうみこ。些細なエラーが大きなエラーに繋がることもあるのだからと気をつけて欲しいと厳しく接するうみこだったが、怯えた青葉の姿に少し言い過ぎてしまったと後悔する。お詫びに何かできないだろうかと考え、自分が大切にしている宝物の一つを青葉にプレゼントすることに決めたうみこ。手のひらに乗せられたプレゼントを見た青葉はプレゼントされたものが何なのかわからずに戸惑ってしまう。
{/netabare}

あらすじ読んでお仕事の話なのかなって思ったけど違ったみたい


前半はうみこ先輩のおはなしで苗字が阿波根。。
ちょっとツンデレ系かも?

沖縄の人ってミリオタみたいな人が多いのかな?
検索したら米軍基地があって。。って
散弾銃のカラはそこからもらってきたのかも?

青葉に一生けんめいサバゲー始めるようにって。。

にゃんだったらことわるのムズカシそう。。
青葉は「遠慮しますってば~!」ってはっきり言えていいな☆

コウさんとは仲がいいのか悪いのかよく分からないけど
ライバルみたいなのかも???


後半は会社の健康診断のおはなし

ちょっと男子向けなのかも?

みんなで触りあったり
ひざまくらしたりって百合っぽいおはなしが多くなってきたみたい?

それから緊張しやすい看護婦さんってこわくない?
にゃんは血をとってるところとか見ると寒くなってきちゃって。。
ニガテ。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
テストが終わり、大学生になって初めての夏休みを迎えたねねは、さっそく遊びに行こうと青葉に電話をかける。ねねは青葉に夏休みがどのくらいあるのか聞くが、青葉から返ってきたのは開発が終盤に差し掛かっているために忙しく、夏休みが取れるのはゲームが完成してからになりそうというものだった。働きづめになっているのではないかと青葉を心配するねね。そんなときねねは大学の構内の掲示板にイーグルジャンプが募集している夏季アルバイトの求人が貼ってあるのを見つける。
{/netabare}

前半がイーグルジャンプでアルバイトはじめて
やっぱり会社だから
ねねが社員の人たちからいろいろ注意されたりして
なれないと緊張しちゃいそう。。

とくにうみ子さんがこわかった。。
いろいろ注意されたし
何考えてるかよく分からないから。。


後半はねねがコウさんのプリンをまちがって食べちゃうおはなし^^;
食べたあとに鳴ったカミナリが大事件のフラグみたいでこわかった。。

コウさんがさがしてるの知ってねねは気が付いたけど
誤ろうって思ってるうちに話が大きくなっちゃって言い出せないでいたねねに
りんさんが気が付いてくれてうまくごまかしてくれてよかった☆

にゃんはこうゆうおはなしってニガテで
あとでバレたりしたらどうなるんだろう?。。って
見ながらドキドキして苦しくなってきちゃう><

ねねはそれで終わったみたいにすっきりした顔だったけど
あれってあとでこっそりりんさんにあやまりに行った方がいいよね^^
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉の作った村人の3Dモデルがきちんとパンツを履いているかどうかを確かめていたねね。ゲーム内のカメラがスカートを突き抜け、画面上に映し出されるパンツを見て、問題なしとデバッグを続けるねねに対し、うみこがそもそもパンツが見えることは想定していないのだからバグとして報告してくださいと返す。そこにしずくがやってきて、パンツが見えることは裏の仕様だと告げるが、初耳のうみこ。そんなうみこにしずくは仕様書に書いてしまったらつまらない、偶然見えるパンツにこそ浪漫があるのだと言うが……。
{/netabare}

今日のおはなしは

☆カゼをひいたりんさんと
付き合って早退したコウさんのおはなし

コウさんは何とも思ってないんだけどりんさんがコウさんに甘えてて
2人のユリラブコメになってたみたい


☆会社がビルのメンテでお休みするので
おなじ部屋の4人がいっしょにお泊り残業とお風呂にいくおはなし

これってふつうの日常系だと修学旅行とかで温泉回のおはなしだよね^^
男子向けかもw


☆落ち着きがないねねっちがうみこさんに目をつけられて
となりでお仕事させられることに。。

こっちはうみこさんのユリっぽいおはなしになってきたみたい
うみこさんって何考えてるかよく分からないけどちょっとS系みたい
子どもっぽくってかわいいねねっちを
自分だけのものにしちゃったみたいな舌ペロと目がちょっとこわいかもw
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
ゲームの開発も終盤に差し掛かり、忙しさが増してきたある日の土曜日。休日出勤のために会社に向かっていた青葉は駅前でコウと出会う。駅前にある美味しいと評判のドーナツ屋の本日ドーナツ全品半額中という呼び込みを聞いた二人は、自分たちと同じように休日出勤しているであろうキャラ班のみんなへの差し入れとして、ドーナツを買っていこうと決める。しかし、ひふみを始め、ゆんやはじめも考えることが同じことを考え、みんなで食べようと思ってとそれぞれドーナツを買っていて……。
{/netabare}

今週のおはなしは

☆ドーナツがいっぱーいなおはなしと
☆ひふみさんが青葉のこと気になってて。。ってゆうユリっぽいおはなし
☆青葉とねねっちがケンカしちゃって。。の3本かな?


ドーナツ大好き♪
どうぶつドーナツってかわいいけどふつう1こ240円
半額セールとかしてたらいっぱい買いたくなっちゃうけど
2つ食べたらもうおなかいっぱいになっちゃうしw

箱に「ドドドーナツ」って書いてあったけど
SHIROBAKOの「どんどんドーナツどーんと行こう!」のパロディだった?



土曜出勤って大変みたい。。4時間睡眠もだけど
でも、自宅メイドも毎日お仕事みたいなお休みみたいなヘンな感じだけどw

青葉はがんばってるのに会社のこととか悪く言われてキレちゃったのかな?
ねねっちは心配してくれただけなのかも?

うみこさん今週はいい人だったみたい^^
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
フェアリーズストーリー3がメディアに対して初お披露目となる東京ゲーム展。業界関係者だけが行ける企業日のチケットを渡された青葉たちはコウからゲーム展に行くことを命じられる。数多くの業界関係者たちで賑わう会場にやってきた青葉たちはフェアリーストーリー3が展示してあるブースへと向かう。ブースのモニタに映る自分たちが作ったキャラクターやモンスターを見て感動する青葉たちは、同じくモニタを見ている来場者たちのゲームへの評価の声を聞き、ついに発売されるんだと実感し始める。
{/netabare}

ゲームのOPホントに始まりそうですごかった^^
って思ったら今日のOPはこれだったw

ひふみ先輩ふつうは恥ずかしがりなのにコスプレは平気なんだ^^

青葉たち3人は感動して会社に着いたらすぐ仕事がんばりだしたのに
ひふみさんったら自分たちのゲームで遊んでるなんてw


それから会社でインタビュー

青葉は関係ないけどスーツをクリーニングに出したままだったから私服
着せ替えやっててかわいかった^^

インタビューされるコウさんもりんさんにコーデされて
いつものコウさんとぜんぜんちがう美少女キャラになってた^^


それからマスターアップのおはなしで
みんなお泊り最終チェックとかかな?

ねねっちも今日はお泊りだけど
バイトも今日で最後だって。。

それでドリンク剤とか差し入れを青葉と2人で買いに行くことになって
たのまれたうみこさんには「ケロリン大魔王」wなんだかとっても効きそう^^
それで、うみこさんのノリツッコミがおかしかったw

あとは領収証。。ってレシートのことじゃないの?
レシートにちゃんと領収書って書いてあるのに?

それでねねっちがバイバイ。。
みんなから遊びにおいでとか言われてまた来そう^^
ほんとに社員の人たちいい人たちで
残業とか多いけど「ReLIFE」の会社とぜんぜん違うよね☆

こうゆう会社だったらやめる人とかいなさそう^^


さいごはやっぱりねねっちの失敗で寝落ちオチだったw
ねねっちって寝寝っちかな?w
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
ついに発売日を迎えたフェリーズストーリー3。店頭での様子を見るために、青葉はキャラ班のみんなと大手ゲームショップのある街へと出掛けていた。街の一角にある大手ショップの前にやってきた青葉たち。しかし先に来ているはずのひふみとはじめの姿が見当たらない。ショップの開店を待つ人々の行列に並んでいる二人を見つけた青葉は、私たちスタッフはゲームソフトをもらえるはずなのになぜ並んでいるのか疑問に思うが、スタッフであっても特典はもらえないことを聞かされ、行列の後ろに並び始める。
{/netabare}

はじめの方は行列に並ぶおはなしで
やっぱりスタッフの人ってお客さんのこと気になるのかな?って

みんながおんなじところに集まってくるってふつうはないって思うけど
お客さんの前で関係者って言っちゃってネタばらしとかしたら
せっかくゲームを買ってくれた人の楽しみがへっちゃうよね><


あとのおはなしは記念パーティー(?)

おはなしにはあんまり関係ないけど
さっきの行列に並んでた人たちも女の人ばっかりだったから
女の子しかいない設定なのかな?って思ってたら
パーティーにはモブだけど男の人もいたからちょっと変かな?


さいごはパーティーのとちゅうで
ADアートディレクターをやってほしいって言われたコウさんが
落ち込んじゃって1人になったところに
青葉がサインをもらいに行くおはなし

コウさんはもっと若い時にADやって
はりきりすぎて後輩がついてこれなくってやめちゃったりって
トラウマになってたみたい。。

でも、青葉はコウさんについていきます!って言って
コウさんはADになることにしたんじゃないかな。。
泣いちゃった。。

なんだかじわぁってした。。

いいおはなしだった^^

でも、さいごの最後に「きらら警察24時!!」w
ねねっち大丈夫だったかな?
{/netabare}


見おわって。。


ゲーム会社の新入社員青葉の日常のほのぼのコメディ

大変な時もあるけど先輩たちがみんないい人で
こんな会社だったらにゃんでもはたらけるかも?ってちょっと思った^^

投稿 : 2018/07/05
閲覧 : 503
サンキュー:

95

ネタバレ

mtk03

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

気楽に楽しめる日常系良作

ゲーム会社に就職した涼風青葉を主人公とした作品。
2期が気になったので、1期を視聴しました。

日常系+女の子オンリーとよくある設定ですが
最後まで楽しめました。

要因としては、まずキャラクターが良かったところ。
作画のクオリティに加えて、どのキャラも性格等の設定が魅力的。
キャラクター数はある程度絞られており
1クールの中できちんと掘り下げができていて良かった。

また、話のテンポも非常に良かったですね。
基本1話完結ながらも、ゲームの完成という
ゴールへ話が向かっており、視聴しやすかったと思います。

高評価と聞いて視聴しましたが、納得の出来でした。

「良キャラ+テンポの良さ」と日常系として重要な要素を
おさえており、最後まで楽しめました。

舞台がゲーム会社とやや特殊であり、そこをどう受け取るかで
評価はまた変わってくると思いますが、個人的には興味のある
業界だったので面白かったです。

2期も期待したいですね。

投稿 : 2018/06/16
閲覧 : 106
サンキュー:

14

モフルン

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

平和

新人の主人公が優しい上司と一緒に大人気ゲームの続編を作る話です。
特にこれといった出来事が起きず、まあまあといったところですね。
キャラや作画は良かったですが…
ほのぼのとしたアニメが好きな人にはいいと思います。
僕は今すぐに2期を見ようとは思えませんでした。

投稿 : 2018/06/10
閲覧 : 58
サンキュー:

8

次の30件を表示

NEW GAME!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
NEW GAME!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

NEW GAME!のストーリー・あらすじ

高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。
憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。
ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!(TVアニメ動画『NEW GAME!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年夏アニメ
制作会社
動画工房
主題歌
≪OP≫fourfolium『SAKURAスキップ』≪ED≫fourfolium『Now Loading!!!!』

声優・キャラクター

高田憂希、日笠陽子、茅野愛衣、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美、朝日奈丸佳、森永千才、喜多村英梨

スタッフ

原作:得能正太郎(芳文社『まんがタイムきららキャラット』連載)、 監督:藤原佳幸、シリーズ構成:志茂文彦、キャラクターデザイン:菊池愛、総作画監督:菊池愛/岡勇一/天﨑まなむ/菊永千里、プロップデザイン:中島絵理、美術監督:鈴木俊輔、色彩設計:石黒けい、撮影監督:桒野貴文、編集:平木大輔、音響監督:土屋雅紀、音響効果:小山恭正、音響制作デルファイサウンド、音楽:百石元、音楽制作:KADOKAWA

類似作品

この頃(2016年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ