「NEW GAME!(TVアニメ動画)」

総合得点
85.7
感想・評価
1484
棚に入れた
7281
ランキング
195
★★★★☆ 3.9 (1484)
物語
3.8
作画
4.0
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

NEW GAME!の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女の子達によるものつくり

きららキャラットに連載のマンガを原作としてアニメ化。
2016年7月から1クールでした。

主人公の青葉が高校卒業してのゲーム業界新入社員なので
声優さんも非常に初々しく演じています。
自分も大昔(男ですが)、こんな時期があったなと遠い記憶が。

ほぼ1話完結で、まだ主人公が新入社員で右も左もわからない
こともあって回りにいろいろ聞きながら仕事を進めていきます。
このため、最終回近くにならないとゲーム制作というものの
全容があまりわからないような仕組みになっています。
その間に、キャラ同士の仕事以外での日常回や、仕事内での
それぞれの役割が明確にされていったり、時には深夜労働や
徹夜など、ブラックな(笑)部分も描かれます。
実際、締め切りのある商品開発だと終わりの方はこうなります
よね、というのが判る作品ではあります。
制作の方でトチると代理店や広告宣伝関係、販売網に大迷惑を
かけるので無理やりにでもリリースしがちです。
現在は購入後にネット接続してデバック分をアップデートする
のが普通になっているようです(本来良くないんでしょうけど)。

基本的に女性キャラがいろいろわちゃわちゃやりながら、同時
進行でだんだんゲームが創られていく過程が割と丁寧に描かれ
ています。作者はもともとゲーム業界の人で、その辺の流れは
実体験として知っているようです。

意図的にモブ以外の男性キャラを一切出していないので、美少女
アニメを楽しみたい方には雑音が全くありません。女の子だけに
集中できます。
各キャラクターの社内の役割やヒエラルキー、趣味や嗜好や性格
などをじっくり掘り下げていくので、全話終わるころには注目
すべきキャラクターが一人二人は出来ていることが多いかと
思います(ひふみ先輩推しの人が多いようですが)。

最終回で無事ゲームも出来上がったと思ったらみんな分け前に
あずかれずに並んで自腹で購入というせちがらいところも
「あるあるw」という場面でした。
Bパートでは完成パーティーでのそれぞれのキャラの達成感を
描写して終了。とおもいきやED後のCパートで笑いを誘って
いました。

人気コンテンツになったのもわかるくらいに描写が上手く、
わりとすぐに第二期が創られることになります。

2020/09/15 投稿
2021/10/15 加筆修正

投稿 : 2021/10/15
閲覧 : 151
サンキュー:

12

ネタバレ

Rere さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

頼むから3期作ってください作画がよくなって帰ってきた未来の動画工房様に期待します

夢を一心に目指すたくさんのクリエイターたちと彼女らの関係を描く作品。
キャラそれぞれに魅力と思えるポイントがしっかりあって、結構な人数が出てきているにも関わらず全部のキャラそれぞれに可愛さが感じられます。
ストーリーもしっかりしていて観てて全く飽きない、原作範囲にもなるとそれまでゆっくりと慎重に描かれてきた人間関係が一度に物語上で動いて、かなり熱いものに仕上がっていると思えます。

3期作ってくれって本気で願ってるしきらら作品で一番好きです。

ただ、今の動画工房だと正直怖いですね。
おさまけ作画案件に伴い中国に引き抜かれた説が出てて大好きな動画工房がどうなるのか非常に怖いです。

この文章を1年後に読んだとき、笑い話になってくれているといいなと。。

投稿 : 2021/07/06
閲覧 : 109
サンキュー:

1

ネタバレ

300円 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ザ・動画工房

動画工房の作品は、基本的に綺麗な世界です。
其処には、煩わしい人間関係も、姑息で卑劣な人間も存在しません。
そう言った意味では、凄く癒されるし、元気を貰えます。

心が旱魃したアナタに、
是非オススメの作品です!

投稿 : 2021/06/28
閲覧 : 116
サンキュー:

2

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

お仕事日常系アニメ

お仕事(系というよりは、)日常系(要素が強かった)アニメ

ゲーム制作系の仕事に関して全く知識が無いので自分が想像している業界のイメージと全く違うかもしれないが、仕事を通じての会社の仲間との関係とか、主人公の成長とかが特に無かったのでまぁ日常系の枠でいいのかなと思う

途中から百合百合の波動を感じたり、ひふみんのコスプレが気になりすぎたり、ネタバレクソ野郎に殺意が湧いたりしたが、全話安定して面白かった
ねねっちがデバック要員としてバイトしにきた辺りからゲームの完成も佳境へと入り、色々騒動やらが起こったりして、それを乗り越えての完成
仕事系要素はそこまでリアルに描いていた訳ではないから、淡々と描かれたものを見ていた

まぁ日常系なんてそんなもん。これもまたいい日常系アニメでした

そういえばねねっちの大学の外装からなんとなく想像つくけど、まぁモデルにしただけくらいならいくつでも例はあるからね!
そもそも高卒で働く人もいる高校にその大学へ進学する人はそうそう居ないので違うと思います!

2期も見て明日も一日がんばるぞい

投稿 : 2021/05/23
閲覧 : 89
サンキュー:

4

ネタバレ

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

青葉ちゃんが可愛すぎる件

「今日も一日がんばるぞい!」
、、、不意を突かれました。
「ぞい」ってなんやねん!かわいすぎるだろぉぉぉ!

しかし、その言葉を聞けたのは4話の1回のみ。
それ以降は、言ってくれず、、、
期待させるだけさせて、俺を弄んでたんだな。
焦らしプレイとか、小悪魔すぎる。
でもそんな青葉ちゃん、可愛くて好き。

青葉ちゃんはそれだけではない。
いつも前向きなところ
真面目だけど、天然ドジっ子なところ
仕事をほんとに楽しそうにしているところなどなど

あげるときりがない。
なんですかこの可愛い生き物は。
お持ち帰りしたい。

最終回の八神さんと二人っきりで会話するシーン。
俺が八神さんの立場なら間違いなく結婚申し込むな。
それだけの破壊力がありました。

うちの職場にぜひ来てほしい。
てか来てください(切実)

投稿 : 2021/02/08
閲覧 : 225
サンキュー:

17

ネタバレ

Fanatic さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ほのぼの日常系×社会人モノとしても完成度の高いきらら作品☆

制作は動画工房。
監督は「GJ部」「未確認で進行形」「プラスティックメモリーズ」等の藤原佳幸さん。
シリーズ構成・脚本は「CLANNAD」「ココロコネクト」「放課後ていぼう日記」等の志茂文彦さん。
キャラデザは「未確認で進行形」「魔王城でおやすみ」等の菊池愛さん。
原作は『まんがタイムきららキャラット』に連載中の、ゲーム制作を題材にした4コマ漫画作品です。

まんがタイム×「ゲーム制作」というと、学校のクラブ活動風景として描いた「ステラのまほう」などを思い出しますが、本作「NEW GAME!」は商業作品の制作現場を描いた社会人モノです。

もちろんきらら系ですので、キャッキャウフフでちょい百合のユルフワな職場になっています。
登場する同僚・先輩社員はすべて女性。
アニメ版では説明がありませんが、原作では会社の方針で制作チームを男女別に分けているとの設定が、一応あります。
ただ、いい訳みたいな設定ですので、そこはきらら風にアレンジしたきららファンタジーとして割り切った方がいいでしょう。

作画は非常に丁寧で、菊池愛さんデザインによる可愛らしい女の子たちが、躍動感のある動きや細やかな表情で、生き生きとした感情表現を見せてくれます。
このあたりの表現力はさすが動画工房と言った感じ。

序盤から中盤にかけて、高校を卒業したばかりの主人公・涼風青葉がゲーム制作会社「イーグルジャンプ」に入社し、少しずつ仕事を覚えながらゲーム制作に深く携わっていく様子が描かれてゆきます。

最初のうちは、仕事場でもオフでも『青葉と先輩達との交流』でほとんどのエピソードが終わってしまい、青葉が携わる仕事もひたすらRPGゲームの村人を作るという地味な作業ばかり(新人らしいと言えばリアリティはありますが)。

青葉も良い子なら周りもいい人だらけで、よく言えばストレスフリーなんですが、悪く言えば起伏が少ない。
つまらなくはなかったものの一向に話も膨らまず、やや単調な流れに『これで最後まで持つのかな?』と心配になったんですが、青葉の親友で大学生の桜ねねが、夏休み中のアルバイト要員として採用されてから、面白さのギアが数段上がった気がしました。

とても社会人には見えない幼顔キャラの桜ねね。喜怒哀楽が豊かで変なテンションのあるムードメーカー枠なんですが、この手のキャラにしては珍しくきちんとストーリーにも貢献していて、個人的には本作のキーパーソンだと思ってます。

桜ねねと、彼女の指導係になったうみこ(あはごん)の絡みも、最初はプロ意識の欠如したアルバイトと厳しい社員という、やや反目したような関係だったのが、次第にお互いの仕事ぶりを認めるようになり、最終話では少しジーンとくるやりとりも見られます。
ほんわかぽわぽわキャラが多い中、社会人らしい厳しさを持ったうみこは、お仕事系として作品を引き締める上でも重要な役割を担っていたと思います。

原作者の得能正太郎さん自身が数年間ゲーム会社での社蓄経験があり、本作もその体験を基にして描かれているそうです。
それだけに、「ステラのまほう」のように舞台設定だけの日常パート主体作品とは違い、本格的な社会人モノとしても機能している点が高評価ポイントでした。

もちろんきらら系ですから、例えば「SHIROBAKO」のような写実性を追及した社会人モノとは違い、残業や休日出勤まで楽しそうにこなすなど、終始明るいタッチで社会人女性の仕事ぶりを描いてゆきます。

リアリティのある社会人モノを求めていると物足りないと思いますが、ほのぼのとした日常描写と、ゲーム制作を軸としたストーリー性の掛け合わせ方は、個人的にはベストミックスに近いと思っています。
テンポも良好で笑えるシーンも多く、明るく朗らかな作風で鑑後感も爽やか。

個人的に、ゆるいだけのオチのない掛け合いが苦手で、個人的に当たり外れが大きいのもきらら系なんですが、こちらはそんな私でも楽しめる良作でした。

投稿 : 2020/12/08
閲覧 : 133
サンキュー:

14

ネタバレ

ファースト さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

垣間見える実社会の闇を可愛さで隠しているような作品

きらら作品ゆえに特に目立ったストーリー上での起伏はないが、ゲーム制作会社という舞台設定やキャラ性に魅力がある。ゲーム会社がリアルに描かれている、というよりはあくまで舞台設定として女の子を可愛く魅せている(ゲーム会社をリアルに描くためには男性キャラの介入がないとリアルさに欠けるし、そういう意味ではやはり可愛い女の子が出る作品が好きなきらら民向けといえる)。いっぽうで作中であまり意識されないが会社に寝泊まり、通勤時間の長さなど、ブラックな面が垣間見えるところも面白さのひとつかもしれない。

投稿 : 2020/11/22
閲覧 : 132
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーム版「SHIROBAKO」かなって思ったらお仕事版「けいおん!」みたい♪ 

公式のイントロダクション
{netabare}
「まんがタイムきららキャラット」にて連載中の大人気4コマ「NEW GAME!」が待望のTVアニメ化决定!

 高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!
{/netabare}

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

第13話「私、社員旅行って初めてなので…」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:山田由香 絵コンテ/演出:平牧大輔 作画監督:久保茉莉子/山野雅明/天﨑まなむ/橋口隼人

マスター明けには社員旅行に行くことが恒例となっているイーグルジャンプ。フェアリーズストーリー3がマスターアップし、社員旅行でスキー場にやってきた青葉たち。一面の銀世界を前にしつつも、子供の頃の失敗もあってスキーのできない青葉はコウと一緒にホテルでゆっくり過ごそうとするが、コウが少し体調を崩していたため、おとなしく寝ていなさいとりんに連れていかれてしまう。ひふみが教えてくれるということもあり、スキーに挑戦してみることにした青葉は、意を決してリフトへと乗り込むのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は

イヤな思い出がある青葉が
ひふみに教えてもらってスキーすべれるようになるおはなし

ほかに熱を出したコウをりんが手をにぎってあげながらお仕事したり
はじめさんがゆんさんにスキー教えたりって
カップルができてるね^^

うみこさんは雪の中でほかの人たちとサバゲw楽しそう^^


後半は温泉回とお酒回

OVAだと胸まで見せちゃうのとかあるけど
このおはなしはそんなことなかった
でも、けっこう露出度たかかったみたい^^


おはなしはひふみ先輩が青葉にお酒をすすめるところがちょっと。。
お酒ってにゃんも飲める歳になったけどやっぱりおいしいって思わないなぁ。。
お料理とかに入れるけど
ちゃんとアルコールが抜けてないと苦くっておいしくないし。。

ただサウナのおはなしでもあったけど
青葉が雪だるまクンをイジメて楽しんでるところがちょっとこわかった。。

青葉が先輩になったとき
ちょっと後輩をからかったりしないかな?って。。


あとは、女同士の酔っぱらいのおはなし

うちのママも帰ってきておふろのおゆ出しっぱで眠っちゃったこともあるから
酔っぱらいってイヤなんだけど。。


食べ物はおいしそうだった☆
{/netabare}
{/netabare}
-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
高校を卒業後、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲーム《フェアリーズストーリー》を制作したゲーム会社《イーグルジャンプ》に就職した涼風青葉。新入社員として社会人一日目を迎えた青葉は、朝の満員電車に揺られながら、《イーグルジャンプ》へと出社してくる。会社の前まで来たもののこのまま中に入ってしまっていいのだろうかと躊躇してしまい中々一歩が踏み出せない青葉。そのとき出社してきた先輩社員の一人である遠山りんに声をかけられ、青葉は無事に《イーグルジャンプ》の中へと案内されるのだが……。
{/netabare}

お仕事アニメかなって思ってたら日常系だったw

お仕事はしてるみたいだけど
みんなモニターに向かって座ってるだけだから
ぜんぜん大変そうじゃなくって
お昼の相談とかお茶するとか「けいおん!」みたいな感じw

特に青葉は入ったばっかりで本を読みながら3Dの自習
分からないことはどうすればいいかも分からなくって
みんな画面に向かって自分のお仕事してるし
恥ずかしがりみたいな人が多くってから聞きづらかったり。。って

でも、みんないい人でやさしくしてくれて
こんなお仕事だったら何日もお家に帰れなくってもいいかなってw

あと、自分が好きだったゲームを
こんどは自分が作れるってすごいナ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉がキャラクターデザイナーを志すきっかけとなったゲームである《フェアリーズストーリー》。その最新作を制作するチームに配属された青葉は、憧れの八神コウがリーダーを務めるキャラ班でグラフィッカーとして働き始める。絵を描くこと以外は経験のない青葉は、勉強としてコウから渡された3Dの参考書を進めていく。勉強は順調に進み、参考書も半ばに差し掛かった頃、ついにコウから初仕事を任されることになった青葉。その内容はNPCの村人をモデリングし、3Dのキャラクターをおこしていくというもので……。
{/netabare}

お仕事のことはほんのちょっと説明があっただけで
あとは日常w

今日のおはなしは
ひふみ先輩とちょっと仲良くなれたことと歓迎会の飲み会


ひふみ先輩。。にゃんがもし会社に入ったらこんな感じになっちゃうかも
メールとかだとなんとか話せるけど直だとキョドったりって分かる。。

青葉のことペットのハリネズミみたいにかわいいって思ったみたい
2りともカレシとかいないみたいだしお弁当いっしょに食べたりしてたし
頭ヾ(・ω・*)なでなで。。このままユリっぽいおはなしになってくのかな?


飲み会は食べるだけなら行きたいかなw
お酒は飲みたくないけど。。さいごのオレンジ何とかっておいしそうだった♪
20歳になってから。。って言ってたけど
あれって誰が飲んだのかな?w
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
ふとした油断から朝寝坊をしてしまった青葉。急いで家を出たものの間に合うかどうかはわからない。このまま遅刻してしまったらどうなるんだろうと会社に向かう電車の中で青葉は不安を募らせる。そんな青葉に同じように遅れてしまったゆんが声をかける。駅から走ればまだ間に合うかもしれないと言う青葉に対して、過去の経験から私の足では走っても1分足りないと返すゆん。しかし話題はそこから運動神経が良いかどうかの話になり、青葉とゆんの二人は会社まで全力疾走することになるのだが……。
{/netabare}

「遅刻したらどうなるんだろう」
答え。。おこられる><;
それで遅刻届を出さないと。。
それくらいみたいw

遅刻届に寝坊って書いちゃイケナイんだって
でも、寝坊ってほかにいい言い方あるのかなってググったら
体調不良って書くのがいいみたいw


それで今日はとうとうお仕事してたw

NPCを作ってたんだけど八神さんがいいってなかなか言ってくれなくって
1週間もかかっちゃった。。
やっぱり会社とかで働くのって大変みたい。。


青葉ってすごいなぁ。。
にゃんがそんなにダメ出しされたら
どうしたらいいか分からなくって仕事に行けなくなりそう。。


でもきっと八神さんってそんなにこわい人じゃないんだろうなぁ。。

だって入ったばっかり青葉が
そんなすごい先輩に「スカートはいてください!」とか
「ほめてないです!」とかってこわくって言えないんじゃ。。

それよりにゃんだったら
女子ばっかりだしゲーム会社ってそうゆうのふつうなんだ。。って
思っちゃうかも。。


青葉って八神さんから期待されてるんだね。。
遠山さんからふつうだったら今朝のでOKだったって^^


OKが出た朝。。

青葉って家に帰ってどれくらい眠ったのかな?
帰ったらすぐまた会社に来てそう。。

会社にお泊りするのがホントにイヤなのかもw
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉が《イーグルジャンプ》に入社してからそろそろ一ヶ月。コウから任された村人の制作も3体目が仕上がろうとしていたそんなある日、青葉はりんから給与明細が書かれた紙を手渡される。これまでアルバイトもしたことのない青葉にとっては人生で初めてとなるお給料。嬉しそうに笑顔になる青葉に対して、りんは初めてのお給料を何に使うか決めているのかを尋ねる。使い道をまったく考えていなかった青葉はキャラ班の面々はどうだったのかと聞くと、それぞれが初給料で何を買ったのかを話し始める。
{/netabare}

コウ先輩とりん先輩ってホントに仲良し^^
今日のおはなしは
ちょっと百合っぽかったけどコウ先輩はあんまり気にしてないけど
りん先輩がちょっとイシキしてるみたいな。。


あとははじめてのお給料のおはなしで
やっぱりゲーム制作会社だからオタクっぽい趣味に使った人が多いみたい^^

青葉はお父さんお母さんたちにおみやげ買って帰ったけど
自分で働いたお給料でほかの人に喜んでもらえるっていいな☆


でも
卒業してから今までのお金ってどうしてたんだろう?
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉が初めて作った村人の3Dモデルに様々なモーションをつけるはじめ。苦労して作った3Dモデルがどんな風に動いているのか気になって仕方のない青葉は仕事に集中することができず、自分にも見せて欲しいと頼む。画面の中でまるで生きているかのように動く3Dモデルに感動する青葉。後輩から仕事を褒められて嬉しいはじめは、青葉に先輩風を吹かせる。そんな二人の様子を見ていたコウは、りんの使っていたタブレットペンの調子が悪くなったと聞き、お使いに行かせることを思いつく。
{/netabare}

(はじめとのお使いw)

コウさんははじめさんを青葉といっしょにお使いに行かせることにしたの

青葉ってはじめさんの初めての後輩かな。。
それで買い物に出かけて「さすがです先輩」を見せたいって思ってたみたい
でも、お財布をわすれた愉快なサザエさんみたくなってたねw

あとで出てきたコウさんのおはなしで
みんなをまとめなきゃって思って2人を仲良くさせようってしたのかも^^

はじめ先輩の性格が分かるおはなしだったみたい^^


(エアコン対決)

冷房ききすぎって思うはじめさんと暑いのにがてなコウさんの
エアコンのリモコン争い。。みたいなおはなしw
そこに汗をかいてダイエットしたいって思うゆんさんも参加して。。

これってよくあるおはなしかも?
うちでも暑がりのママと寒がりのパパがときどきしてるw
にゃんは参加しないけどw


さいごはりんさんが3人をしかって
そこにシビれる!あこがれるゥ!♪の青葉だったw


(コウさんのヒミツ?)

コウさんって前はひふみさんほどじゃなかったけど人がにがてだったみたい
それが後輩とかできて変わらなきゃって思ったのかな?
人に話しかけられるようになったみたい☆


そんなことをりんさんから聞いて
ひふみさんもちょっと変わろうとか思ったかも?
ハリネズミの宗次郎がかわいかった^^


それからりんさんってコウさんのこと大好きみたい
コウさんのこと話しながらデレてユリんさんになってたw
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
コウから頼まれていた村人の3Dモデルを全て作り終えた青葉は、完成の余韻に浸る暇もなく1枚の仕様書を手渡される。コウから告げられた次の仕事は仕様書を元にキャラクターを作るキャラクターデザインの仕事だった。1体だけとはいえ、初めてのキャラクターデザインに迷走し、自信を持って描くことのできない青葉。そして同じ年齢の頃にはすでにメインのキャラクターデザイナーとして仕事をしていたコウと自分を比べ落ち込む青葉を見かねたコウは、青葉に村人を作っていたとき楽しかったかどうかを聞く。
{/netabare}

コウさんと自分をくらべたってしょうがないよね。。
そうゆうのの天才みたいな人っているから
でも、くらべたくなっちゃうのもしょうがないのかな。。
それで先輩にイビられるとかって会社も学校も変わらないみたい

会社だからみんな大人の人ばっかりなのかなって思ってたけど
大人でもやっぱりいじめとかあるんだ。。


お仕事の話ももちろんあったけど
みんなのお休みも見られておもしろかった
コウさんとりんさんは恋人みたい。。
もういっしょに住んじゃったほうがいいかもw


それからムーンレンジャーの映画を見に行った人がが多かったみたい^^
青葉は幼なじみのねねっちと
はじめさんはヒーローショーの後で1人で
ゆんさんは小さい兄弟たちを連れて。。

3人ともおんなじ映画館におんなじ時に来てたのに気がついてないw


それから大問題発生!

ひふみさんはコウさんたちのちょっとあとくらいから働いてるから
会議に出なくっても時間が足りてないって気がついててすごいな☆


残業か休日出勤か?で青葉はどっちも^^

残業がお泊りみたいで楽しそう^^
クマの寝袋とかってお仕事がんばるぞ!ってゆう感じじゃないw

にゃんもよく感想とか書いてて寝落ちしちゃうけど
おふとんに入ると目が覚めちゃうから
TVを見ながらとかPC使いながらウトウトするのがとっても気もちがいいよねw
でも、4時間後って10時くらいかな?眠くなるの早すぎw

それでも会議室で寝てた青葉は寝坊してた^^;
通勤時間とかないからもしかしていつもより長く寝てたりしてw


さいごはムンレンごっこw
会社でふつうにアニメの話ができるとかって学校より楽しいかも^^
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉の作ったNPCの3Dモデルがエラーを起こしていると注意にやってきたプログラムチームのうみこ。些細なエラーが大きなエラーに繋がることもあるのだからと気をつけて欲しいと厳しく接するうみこだったが、怯えた青葉の姿に少し言い過ぎてしまったと後悔する。お詫びに何かできないだろうかと考え、自分が大切にしている宝物の一つを青葉にプレゼントすることに決めたうみこ。手のひらに乗せられたプレゼントを見た青葉はプレゼントされたものが何なのかわからずに戸惑ってしまう。
{/netabare}

あらすじ読んでお仕事の話なのかなって思ったけど違ったみたい


前半はうみこ先輩のおはなしで苗字が阿波根。。
ちょっとツンデレ系かも?

沖縄の人ってミリオタみたいな人が多いのかな?
検索したら米軍基地があって。。って
散弾銃のカラはそこからもらってきたのかも?

青葉に一生けんめいサバゲー始めるようにって。。

にゃんだったらことわるのムズカシそう。。
青葉は「遠慮しますってば~!」ってはっきり言えていいな☆

コウさんとは仲がいいのか悪いのかよく分からないけど
ライバルみたいなのかも???


後半は会社の健康診断のおはなし

ちょっと男子向けなのかも?

みんなで触りあったり
ひざまくらしたりって百合っぽいおはなしが多くなってきたみたい?

それから緊張しやすい看護婦さんってこわくない?
にゃんは血をとってるところとか見ると寒くなってきちゃって。。
ニガテ。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
テストが終わり、大学生になって初めての夏休みを迎えたねねは、さっそく遊びに行こうと青葉に電話をかける。ねねは青葉に夏休みがどのくらいあるのか聞くが、青葉から返ってきたのは開発が終盤に差し掛かっているために忙しく、夏休みが取れるのはゲームが完成してからになりそうというものだった。働きづめになっているのではないかと青葉を心配するねね。そんなときねねは大学の構内の掲示板にイーグルジャンプが募集している夏季アルバイトの求人が貼ってあるのを見つける。
{/netabare}

前半がイーグルジャンプでアルバイトはじめて
やっぱり会社だから
ねねが社員の人たちからいろいろ注意されたりして
なれないと緊張しちゃいそう。。

とくにうみ子さんがこわかった。。
いろいろ注意されたし
何考えてるかよく分からないから。。


後半はねねがコウさんのプリンをまちがって食べちゃうおはなし^^;
食べたあとに鳴ったカミナリが大事件のフラグみたいでこわかった。。

コウさんがさがしてるの知ってねねは気が付いたけど
誤ろうって思ってるうちに話が大きくなっちゃって言い出せないでいたねねに
りんさんが気が付いてくれてうまくごまかしてくれてよかった☆

にゃんはこうゆうおはなしってニガテで
あとでバレたりしたらどうなるんだろう?。。って
見ながらドキドキして苦しくなってきちゃう><

ねねはそれで終わったみたいにすっきりした顔だったけど
あれってあとでこっそりりんさんにあやまりに行った方がいいよね^^
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
青葉の作った村人の3Dモデルがきちんとパンツを履いているかどうかを確かめていたねね。ゲーム内のカメラがスカートを突き抜け、画面上に映し出されるパンツを見て、問題なしとデバッグを続けるねねに対し、うみこがそもそもパンツが見えることは想定していないのだからバグとして報告してくださいと返す。そこにしずくがやってきて、パンツが見えることは裏の仕様だと告げるが、初耳のうみこ。そんなうみこにしずくは仕様書に書いてしまったらつまらない、偶然見えるパンツにこそ浪漫があるのだと言うが……。
{/netabare}

今日のおはなしは

☆カゼをひいたりんさんと
付き合って早退したコウさんのおはなし

コウさんは何とも思ってないんだけどりんさんがコウさんに甘えてて
2人のユリラブコメになってたみたい


☆会社がビルのメンテでお休みするので
おなじ部屋の4人がいっしょにお泊り残業とお風呂にいくおはなし

これってふつうの日常系だと修学旅行とかで温泉回のおはなしだよね^^
男子向けかもw


☆落ち着きがないねねっちがうみこさんに目をつけられて
となりでお仕事させられることに。。

こっちはうみこさんのユリっぽいおはなしになってきたみたい
うみこさんって何考えてるかよく分からないけどちょっとS系みたい
子どもっぽくってかわいいねねっちを
自分だけのものにしちゃったみたいな舌ペロと目がちょっとこわいかもw
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
ゲームの開発も終盤に差し掛かり、忙しさが増してきたある日の土曜日。休日出勤のために会社に向かっていた青葉は駅前でコウと出会う。駅前にある美味しいと評判のドーナツ屋の本日ドーナツ全品半額中という呼び込みを聞いた二人は、自分たちと同じように休日出勤しているであろうキャラ班のみんなへの差し入れとして、ドーナツを買っていこうと決める。しかし、ひふみを始め、ゆんやはじめも考えることが同じことを考え、みんなで食べようと思ってとそれぞれドーナツを買っていて……。
{/netabare}

今週のおはなしは

☆ドーナツがいっぱーいなおはなしと
☆ひふみさんが青葉のこと気になってて。。ってゆうユリっぽいおはなし
☆青葉とねねっちがケンカしちゃって。。の3本かな?


ドーナツ大好き♪
どうぶつドーナツってかわいいけどふつう1こ240円
半額セールとかしてたらいっぱい買いたくなっちゃうけど
2つ食べたらもうおなかいっぱいになっちゃうしw

箱に「ドドドーナツ」って書いてあったけど
SHIROBAKOの「どんどんドーナツどーんと行こう!」のパロディだった?



土曜出勤って大変みたい。。4時間睡眠もだけど
でも、自宅メイドも毎日お仕事みたいなお休みみたいなヘンな感じだけどw

青葉はがんばってるのに会社のこととか悪く言われてキレちゃったのかな?
ねねっちは心配してくれただけなのかも?

うみこさん今週はいい人だったみたい^^
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
フェアリーズストーリー3がメディアに対して初お披露目となる東京ゲーム展。業界関係者だけが行ける企業日のチケットを渡された青葉たちはコウからゲーム展に行くことを命じられる。数多くの業界関係者たちで賑わう会場にやってきた青葉たちはフェアリーストーリー3が展示してあるブースへと向かう。ブースのモニタに映る自分たちが作ったキャラクターやモンスターを見て感動する青葉たちは、同じくモニタを見ている来場者たちのゲームへの評価の声を聞き、ついに発売されるんだと実感し始める。
{/netabare}

ゲームのOPホントに始まりそうですごかった^^
って思ったら今日のOPはこれだったw

ひふみ先輩ふつうは恥ずかしがりなのにコスプレは平気なんだ^^

青葉たち3人は感動して会社に着いたらすぐ仕事がんばりだしたのに
ひふみさんったら自分たちのゲームで遊んでるなんてw


それから会社でインタビュー

青葉は関係ないけどスーツをクリーニングに出したままだったから私服
着せ替えやっててかわいかった^^

インタビューされるコウさんもりんさんにコーデされて
いつものコウさんとぜんぜんちがう美少女キャラになってた^^


それからマスターアップのおはなしで
みんなお泊り最終チェックとかかな?

ねねっちも今日はお泊りだけど
バイトも今日で最後だって。。

それでドリンク剤とか差し入れを青葉と2人で買いに行くことになって
たのまれたうみこさんには「ケロリン大魔王」wなんだかとっても効きそう^^
それで、うみこさんのノリツッコミがおかしかったw

あとは領収証。。ってレシートのことじゃないの?
レシートにちゃんと領収書って書いてあるのに?

それでねねっちがバイバイ。。
みんなから遊びにおいでとか言われてまた来そう^^
ほんとに社員の人たちいい人たちで
残業とか多いけど「ReLIFE」の会社とぜんぜん違うよね☆

こうゆう会社だったらやめる人とかいなさそう^^


さいごはやっぱりねねっちの失敗で寝落ちオチだったw
ねねっちって寝寝っちかな?w
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
ついに発売日を迎えたフェリーズストーリー3。店頭での様子を見るために、青葉はキャラ班のみんなと大手ゲームショップのある街へと出掛けていた。街の一角にある大手ショップの前にやってきた青葉たち。しかし先に来ているはずのひふみとはじめの姿が見当たらない。ショップの開店を待つ人々の行列に並んでいる二人を見つけた青葉は、私たちスタッフはゲームソフトをもらえるはずなのになぜ並んでいるのか疑問に思うが、スタッフであっても特典はもらえないことを聞かされ、行列の後ろに並び始める。
{/netabare}

はじめの方は行列に並ぶおはなしで
やっぱりスタッフの人ってお客さんのこと気になるのかな?って

みんながおんなじところに集まってくるってふつうはないって思うけど
お客さんの前で関係者って言っちゃってネタばらしとかしたら
せっかくゲームを買ってくれた人の楽しみがへっちゃうよね><


あとのおはなしは記念パーティー(?)

おはなしにはあんまり関係ないけど
さっきの行列に並んでた人たちも女の人ばっかりだったから
女の子しかいない設定なのかな?って思ってたら
パーティーにはモブだけど男の人もいたからちょっと変かな?


さいごはパーティーのとちゅうで
ADアートディレクターをやってほしいって言われたコウさんが
落ち込んじゃって1人になったところに
青葉がサインをもらいに行くおはなし

コウさんはもっと若い時にADやって
はりきりすぎて後輩がついてこれなくってやめちゃったりって
トラウマになってたみたい。。

でも、青葉はコウさんについていきます!って言って
コウさんはADになることにしたんじゃないかな。。
泣いちゃった。。

なんだかじわぁってした。。

いいおはなしだった^^

でも、さいごの最後に「きらら警察24時!!」w
ねねっち大丈夫だったかな?
{/netabare}


見おわって。。


ゲーム会社の新入社員青葉の日常のほのぼのコメディ

大変な時もあるけど先輩たちがみんないい人で
こんな会社だったらにゃんでもはたらけるかも?ってちょっと思った^^

投稿 : 2020/11/05
閲覧 : 807
サンキュー:

114

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新しいゲームができるまで。

高校を卒業して憧れのキャラデザイナーが勤めるゲーム会社に就職した青葉。
大人になろうと意気込みながらキャラ班のみんなと新しいゲームの制作に取り組んでいく。

キャラは女の子ばっかりで可愛いです。みんな仲良しーって感じですが、人付き合いの難しさや、なかなか思うように進まない仕事、仕事の達成感など、、、新社会人の悩みや仕事への楽しみの見出し方が素敵に描かれているなーと思いました。
高卒ってことで友達は学生で自分は社会人っていうすれ違いもあったり、、、


社会人の私としては共感度が高くてさくさくみれたし、楽しかったです♪
自分の仕事に責任を持って働くって楽しい!!!っていうのが伝わってくるなーと思いました。

投稿 : 2020/08/24
閲覧 : 116
サンキュー:

6

ネタバレ

灰色のくま さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一期はいいですよね、まだあの子がそんなに出ないので。。。

ゲーム会社に勤めることになった主人公。

いろんなアニメに男が出ませんが、世界からは男はほぼ滅んでいるのでしょうかw
この会社に女性しかいないのは、社長がそういう趣味だからですw
分かりやすくていいですね。
先輩社員も個性豊か、キャラ立ちは大切ですよね。

OP、EDもいいですねー!

投稿 : 2020/07/11
閲覧 : 251
サンキュー:

4

ネタバレ

『  』 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

すごく癒されました!

何も考えずに見れて1日の疲れを癒してくれました!
また、終盤には青葉ちゃんだけでなく八神さんの成長も窺えて
胸が熱くなりました!

投稿 : 2020/02/26
閲覧 : 180
サンキュー:

3

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何も印象に残らなかった気がします

お仕事のアニメがみたいと知り合いに聞いたら
これを紹介されました。
で視聴開始。

【作品概要】
 ゲーム制作会社に就職した新人 涼風青葉。
 右も左もわからない中、新作ゲームの製作にかかわっていく。

【作品に対する感想】
 今日はこんなことがありましたー
 というような絵日記を見ている印象です。
 
 物語の起伏もなく、何かしているうちに13話終わっちゃいましたー
 っていう感じでした。

 確かに仕事していくうえでそうそう大事件とか起こるわけでもないでしょうし、
 そういう意味ではリアリティなのかもしれません。
 しかし物語を視聴している側としては退屈です。

 2期があるようですが、たぶん視聴しないです。

投稿 : 2020/01/23
閲覧 : 263
サンキュー:

13

ネタバレ

ラティア さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

ゲーム会社のストーリーは、初めて見た者です。

主人公のアオバは高校卒業後にゲーム会社に入る。そこにはアオバが小さい頃にやって,どハマりしたゲームを作った人と同じ班になる。その班はキャラデザをするところだった。楽しく、そして繁忙な毎日を送る。

アオバの初めての飲み会で先輩の新たな一面があるところが面白かった。また、アオバが大言壮語を吐くシーンも見どころです。

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 178
サンキュー:

5

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゲーム屋さんのRPG

きっとこれは作者の理想の職場なのでしょう。可愛くて賢い新入社員と、個性的な先輩たち、それぞれの目線からコミュニケーションを取りながら、ゲームの完成を目指すというお仕事ファンタジーRPGと言ったところでしょうか。

勿論各キャラクターは少なからず悩みや葛藤を抱えていますが、必ず良い解決が導かれます。仲間外れも、男女関係のストレスもない理想郷です。
中心を貫くのは青葉ちゃんと八神先輩の物語ではありますが、シーズン1ではさわり程度です。

それよりも、周りを固めるサブキャラと、あるいはサブキャラ同士のコメディをクリアすることに力点が置かれます。
中でも主人公の親友である“ねねっち”の弾け具合と言ったら!
なにせ、言動に微妙なブレーキがかかる社内において、彼女の立ち位置は絶妙だ。
最も絡みにくい“あはごん”うみこさんの懐に飛び込んでゆくのだ。

“ねねっち”のおかげで、青葉ちゃんは“あおっち”になることができる。
結果、キャラクターの幅が広がり、社内での絡みの幅が広がるのだ。

この“あおっち”の影響をもろに受けるのがひふみ先輩である。
覚醒した彼女が本領を発揮する日も近い?

それにしても、“あおっち”の小悪魔キャラはご褒美以外の何もでもないぞ!

(そして)
エンドロールの後に、二次創作のようなおまけ映像が!
こういう遊び心がとても嬉しい。

投稿 : 2019/10/21
閲覧 : 282
サンキュー:

12

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

1話で切りました…。

一番分かりやすい説明は「SHIRIBAKO」の劣化版ですね…。
本家は相当面白いですが、このアニメは初見で打ち切りました。
好きな人には失礼ですが、劣化版は所詮「劣化版」です…。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 264
サンキュー:

3

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きらら系では異例!!女の子たちの日常ワークコメディ

[視聴きっかけ]
きらら作品だからというのが一つでもあります。
実は、現実の方でこのような関連な仕事に
就くことを夢見てまで専門分野の勉強学んできた身として
どうやって仕事を楽しく視聴者に分からせるのだろう?と
気になったのもあり、視聴をしようと思いました。

【良い点】
今回は、お仕事コメディなので、何でアニメにまで
仕事の話を持ってくるんだ!!という人もいそうですが、
キャラの可愛さが魅力の作品となっていました。

確かに仕事で気になることを吹っ掛ける青葉ちゃんの姿も
あります。それはそれで何気に面白かった印象です。

私がアイコンまでにしたゆんちゃんはきらら作品で一番
好きなキャラでもあります。

ゆんちゃんの女子力と関西弁のような喋り方と
CVの竹尾歩美さんの癒しボイスがとてもマッチしていました。

また話題にもなった「今日も一日頑張るぞい」は少しずつ
広まった代名詞でもありましたね。

そして、私が大好きな百合ペアは、うみこさんとねねっちペア
実は2期でも面白い展開になりますが、1期でも初めて会ってからの
二人のトークとねねっちの行動がとても面白かったです。
正直ねねっちいなかったら全然魅力を感じていないまま
終わっていた感じもします。

OPとEDはお仕事関係っぽい描写が多かったですね。
EDに関しては、たくさんの空耳が視聴者にダメージを
与えたような気もします。
初見の感想としては、ラストの「nowloading...」の
箇所はまじで「何曜日?何曜日?」に聞こえるので
歌詞見るまでこれが公式かな?と思うほど、
仕事に悪いイメージがあるんだなあと思っています。

【余談】
そもそもこの世界にいること自体、
好きな仕事をやっていないともう無理だと感じています。
好きな仕事をこれからもやっていきたいです(切実)。


【悪い点】
仕事が嫌いな人にはまずお勧め出来ない可能性があります。
仕事が好きな人もまずいないかw。
ただ、これは日常系として認識ができればなんとかなる感じ
このアニメをお仕事アニメだと思うと続かなそうと思います。
ある意味人を選んでいるようにも見える。

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 199
サンキュー:

12

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「がんばるぞい」は一度だけ

 原作は未読。
 女子日常ものとお仕事ものの按配がいい。
 きらら系でストーリー性のある作品は他にもあるが、ほとんどのキャラが社会人であるため、
学生主体の同系統のきらら他作品とは雰囲気が異なる感じ。

 展開的には主人公である涼風 青葉のイーグルジャンプの入社から制作中の
「フェアリーズストーリー3」の完成までといったところで、一つの作品の制作を通じて主人公の
成長を描くという点では「SHIROBAKO」に近い印象があったが、「SHIROBAKO」は主人公が
各部門を繋ぐ制作進行であったため、各部門を幅広く描いていったのに対して、本作の青葉は
キャラ班という一セクションの人間であるため、描かれているのは青葉を中心とした局所的部分。
 他のセクションを見たかった感もあるが、描写の密度は濃くなった印象。

 学生ものでも部活動の過酷な練習、試験勉強や受験勉強など、学生ならではの大変さが描かれて
いたりするが、本作はクオリティを維持しつつ納期に間に合わせることや、それに伴う深夜残業や
休日出勤など、社会人ならではの大変さがマイルドな表現ながらもちゃんと描かれているところが
いい。
 あくまで個人的意見だけど、仕事柄客先に出向することが多く、これまで数々の職場を経験して
きましたが、ハードワークよりも対人関係を始めとする職場の雰囲気が悪い方が精神的には
きつかったりする。労働内容がきつくても前向きでいられるのはイーグルジャンプという会社の
雰囲気の良さかなと思ったり。

 キャラが魅力的で、とにかく皆可愛い。
 青葉に関しては頑張り屋で真面目なところが成長譚の主人公に相応しい印象。
 ただ真面目な分、コメディの主人公としてはやや弱い感があり、その分を補っている印象が
あったのが友人のねねっちこと桜 ねねという存在。
 加えて青葉と並べることで同じ年齢でありながら、社会人と学生の違いを見せるキャラにも
なっていたみたい。

 もう一人の主人公といった感があるのが八神 コウで、青葉にとって「憧れの人」から、一緒に
仕事をしていくことで「尊敬できる上司」に変わっていく過程は見どころの一つといった印象。
 このコウと遠山 りんの同期を越えた百合的な関係性も楽しかった。

 キャラを魅力を引き出す動きはさすが動画工房といったところ。

2018/12/02

投稿 : 2018/12/02
閲覧 : 204
サンキュー:

6

ネタバレ

ゆきちん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

日常

ゲーム制作業界のことがしることができた

投稿 : 2018/09/08
閲覧 : 179
サンキュー:

3

ネタバレ

mkt03 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

気楽に楽しめる日常系良作

ゲーム会社に就職した涼風青葉を主人公とした作品。
2期が気になったので、1期を視聴しました。

日常系+女の子オンリーとよくある設定ですが
最後まで楽しめました。

要因としては、まずキャラクターが良かったところ。
作画のクオリティに加えて、どのキャラも性格等の設定が魅力的。
キャラクター数はある程度絞られており
1クールの中できちんと掘り下げができていて良かった。

また、話のテンポも非常に良かったですね。
基本1話完結ながらも、ゲームの完成という
ゴールへ話が向かっており、視聴しやすかったと思います。

高評価と聞いて視聴しましたが、納得の出来でした。

「良キャラ+テンポの良さ」と日常系として重要な要素を
おさえており、最後まで楽しめました。

舞台がゲーム会社とやや特殊であり、そこをどう受け取るかで
評価はまた変わってくると思いますが、個人的には興味のある
業界だったので面白かったです。

2期も期待したいですね。

投稿 : 2018/06/16
閲覧 : 232
サンキュー:

16

ネタバレ

KYY23 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

NEC

お仕事系のアニメですが、ほぼ癒しストーリーです。みんな可愛くて好きです。作画も動画工房なので安心して見られます♪
OP映像も賑やかな感じの雰囲気で、作品の良さを引き立てています。

イーグルジャンプ社はやや長時間労働(11時間以上は働いている?)で半ブラック的ですが私物をデスクに持ち込めたり、社屋が奇麗なのは羨ましく感じました。


個人的には、日笠陽子さん演じる八神 コウと、高田憂希さん演じる青葉ちゃんが好きです

あと、タイトルのNECですが、作中に登場する液晶テレビ、PC、モニター、ヘッドホン等は全て実在する家電です。
ヨダバシ(ヨドバシカメラAkiba店頭)で一瞬出てくるテレビ 三菱LS1シリーズが描かれているときは驚きました。私がリビングに購入したテレビでして・・・かなりマイナーなので!
しっかり現実風景を作画してくれています。

その他、ビエラ、AQUOSクアトロンシリーズもイーグルジャンプ社内で登場します。

ひふみんが使用しているのは富士通13.3インチノートPCなど。



あと、どうしても欲しくて青葉ちゃんと同じ、NEC 2013年モデル レッド色一体型PC VN370/Nを購入しました!

ちょうどWindows8.1のPCを追加で欲しかったので青葉ちゃんと同じモデルを購入したのですが、入手に苦労しました。
2013年モデルなので新品流通在庫が無く・・・2014年モデル以降だと、青葉ちゃんのパソコンとデザインが変わってしまうので
あちこちネットで探してNEC公式アウトレットモデルを税込29000円で入手できました!

赤色は人気があるのか、なかなかアウトレットでも出てきません・・・

使い勝手も良く、内蔵チューナーでテレビが録画できたりと青葉ちゃんが好みそうなパソコンです♪
ちなみにVN370/Nの黒色は3年ほど前から所有してました(笑)



話は逸れましたが、2期はまだ3話しか見ていません。楽しみに取っています

投稿 : 2017/11/19
閲覧 : 178
サンキュー:

8

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

完成度が高くとても面白かったです。

ゲーム会社に就職することになった主人公の女の子、青葉が入社する時から
始まるもので開始直後は主人公の立ち位置が視聴者と同じく
何も知らない段階で始まるので、とっつきやすい開始かな
そのおかげで、付いていきやすい開始だと思います。

やっていることは会社が舞台にしてはヌルイ作風で
いかにも日常系な感じが出ていたかな
出てくるキャラはあたりが柔らかく
青葉に対しては優しいしフランクな感じが出ていましたね。
入社した日でも何か、日常的雰囲気で進み入社した日には見えませんね。
まだ知り合ったばかりの人たちなのに最初から人間関係は良好な感じが出ていて
いかにもストレスフリーな作りかな
ストーリー展開は開始直後は別にどうってことがない日常系だと思う。

このアニメはどうってことがない日常をやりながらゲーム制作をしていましたね。
どうってことがない日常って言っても
そのエピソードのネタは可愛らしい話が多くて聞いていてニヤニヤしながら
見れる内容だったと思います。素直にそう思えましたね。
どう説明すればいいのかは難しいけど
エピソードにあっ女の子らしくていいなって所がよく出ていたのは良かったな
そしてそれを後押しするのは出てくるキャラの仕草や顔の表情の豊富さかな
目がウルウルした所がとてもいい感じの可愛さが出ていましたね。
それ以外にも驚いたり、照れたり、笑顔のシーンの描写がしっかりしているので
キャラの気持ちは伝わってきやすかったし
キャラのポーズや構図も何か、男心をそそるものがあるので
色々な意味で楽しめるものだったと思います。
社会人の日常なので、ありがちな学園日常ものネタでは出来ない
ものも多くて楽しめました。
社会人にありがちなネタから発展する日常話は面白くて
大人同士での付き合いの中、発生する日常イベントの数々もあり
真新しさがあって楽しいアニメになっていたと思う。

ゲーム制作の部分は、まじめにやっている感じがしましたね。
日常系アニメと言っても比較的まじめに取り組んでいたと思います。
あまり専門的な部分には突っ込んではいないけど
青葉がしっかりと色々自分で考えてやっているので好感が持てることが多かった。
周りの先輩も青葉のことを考えた対応の仕方で愛情を感じることが出来たし
ただ単に甘やかすのではなくて社会人として大切な部分はちゃんと
アドバイスしながらやっているので素直にモノ作りアニメとしても
素直に良いストーリーになっていたので楽しめました。

萌え要素も多かったかな、肌色の多いシーンもさりげなく登場してましたね。
ただ上にも書きましたけどポーズやら構図がそそるものがプラスして
独特の良さは出ているので、単なるやっつけでやっているのではない
感じは好意的に見たいかな
萌え要素をやるだけの作画クオリティーの高さがありました。
そういった肌色のシーンに突入するまでの展開も
ストーリー性があり不思議と自然に持っていけている感じがするので
違和感がなくて見れたのも良かったかな
なにより作画的に健康的に見える萌え要素の数々は安心して見れるものが多かったと思う。

内容は日常系にありがちなドタバタしていて悪ふざけ的な展開も多いのだけど
単なる悪ふざけではなくて、キャラ同士の関係性の構築に上手くいかしているので
あまりマイナスになってない作りだったと思います。
社会人のアニメらしく駄目な部分に対してのフォローもしっかりしているし
ストーリー展開にも絡ませてきているので
不思議と各話最後まで見るといい話だな・・・的に終われているケースが多かったですね。
このアニメ日常的シーンをやりながら、ある程度のテーマ性のあるまじめなストーリー
を上手く両立させていてストーリーの作りは非常に上手かったと思います。

キャラは序盤から大量に出てくるのだけど舞台が会社なので
各キャラの役割は決まっているので、それぞれの役割はわかりやすく
どういう関係なのかもわかりやすいので置いていかれることはなかったですね。
さらにキャラクターデザインが萌えアニメらしくが外見的特徴のあるキャラが多いし
それに作画自体も非常に質が高いので、各キャラ個性が出ていたので
キャラが多くても不思議と見やすかったです。
各キャラは最初から人間関係は良好だけど、青葉と「ねね」の関係や
青葉とコウの関係は比較的、掘り下げられていて
良い関係の描写もしっかりしているのでストーリーが進むと
外見だけの仲が良いだけでなくて、本当にいい関係なんだな・・・て
納得の出来ることが多かったです。
「ねね」が青葉のことを、どれだけ心配しているのかがよくわかりました。

劇中曲も場面場面に合った曲が流れていて、日常シーンなら日常シーン
感動シーンなら感動シーンと上手く盛りたてていて
雰囲気を盛り上げていたと思います。
劇中曲のクオリティーも高かった。

問題点は会社なのに全員若い人しかいないのはアニメ的かなとは思いました。
現在の日本人の平均年齢が45歳から50歳くらいで
一番人数が多いと思われるのもやっぱり団塊2世世代のそのくらいの年齢で
しかもゲーム業界はもう30年くらいあるのに
若い人しかいないのは無理があると思う。
少なくても7年以上続いている会社らしいのにね。
ただ、アニメなのでしっかりとした作りなら不思議と許せるかなと思ってしまう
だけのクオリティーはありました。
それだけ丁寧に作られているアニメだと思います。

声優さんについては、青葉役の高田さんは最初はどうも上手くないかな?
と思える不安定さはありましたが、途中からは
段々不安定さがなくなり終わってみると良かったと思える演技だったと思います。
声質とかは合っていたし新人社員役ということを考えると
若干の不安定さはそれ程はマイナスになってなかったと思います。
段々不安定さがなくなる所は新人社員役としては合っていた。
「ねね」役の声優さんもその傾向が強かったです。
それ比べて周りの先輩社員役の声優さんは演技力はしっかりしていて
役的にも、青葉をけん引している感じが出ていて
キャスティング自体は良かった。

作画クオリティーの高さで
キャラクターの可愛らしい日常シーンの描写を見事に表現をして
それにテーマ性のあるまじめなストーリーを上手く両立させたアニメだった。
それだけでも価値があるんじゃないかなと思う。
完成度が高くとても面白かったです。
正直物語の評価は悩みましたがこれ逃すと物語4.5以上て
この系統のアニメでは付けれない気がするんですよね。
甘いかもしれませんが、この系統のアニメとしては
ストーリーは優れているということでこの点数ですね。

投稿 : 2017/07/28
閲覧 : 185
サンキュー:

20

ネタバレ

K.S さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かったです。

2話まで視聴

お疲れ様です。
仕事って大変だね~
僕も時間に追われる仕事なので(納期厳守!)
ド修羅場迎えた時どんな風になるか楽しみにしています。

しかし女性ばっかで華やかそうな職場だな・・・

3話まで視聴

分かる・・・分かるわ・・・
最初のOKが出るまでどんだけ時間かかったか・・・
僕なんか当時DOSだったけどね。

4話まで視聴

初給料・・・何に使ったけ?覚えとらん。
懐かしいですね。もう○○年も前じゃ。
そういえば同期も2人しかもうおらんな~

スパじゃないいけど、僕もマッサージいきたいです。
肩がガチガチじゃ。

5話まで視聴

デスクワークはデブの元・・・
本当に運動しないわ。
ポケモンGOのおかげで少しは歩くけど・・・

暑いのは仕事に支障が出ますよ。
特に夏は最適の温度は難しい・・・
後、新人の頃エライ人の席に座った事あるなぁ。懐かしい。

6話まで視聴

休日の過ごし方は千差万別。
ストレスの発散法も千差万別。

はい、僕は会議時テキトーです。
どうせ議事録見ないし・・・

僕も週一で徹夜だったな~。
翌日ボロボロ・・・
シャワー浴びに家に帰るみたいな。

7話まで視聴

かわった名字うらやましい
ベタな名字なので・・・

僕、最初の健康診断の時に血圧を測る人が凄いかわいくて、
血圧が上がって、「深呼吸して下さい」等言われて、
ますます緊張して160まで上がった事があります。
最初の検討診断は今から思えば分からんけど緊張した。

8話まで視聴

学生(特に大学生)の夏休みの多さはうらやましかった。
もちろんもうなれたしそんなに休みがあってもどうしていいのか
わかんないけど当時はね・・・

デバッグ作業とつらいって話は聞いた事ある。
仕事だからしょうがないけど。

9話まで視聴

まぁ風邪もたまには引くよね。
ここ数年引いてないけど、どういう訳か休日に調子悪くなってたな。
仕事終わりの風呂はいいですな。

10話まで視聴

なにげに小悪魔?Sキャラ?これはこれで可愛いっす。
甘じょっぱいは最強ですよね。ハッピーターンみたいな。
仕事でバタバタの時って思ってもみない事を口走るときあるね。
ご飯を一人で食べてもおいしくないよ・・・
仲直り出来てよかった。

11話まで視聴

ひふみんのレイヤー姿可愛いでした。
改めて思ったけど、入社したとき皆さん年上の女性ばかりで、
凄くキレイにみえました。輝いてみえました。
特に制服ではなくいつもと違う姿だと思いましたね。

僕も初めてユ○○ル2000円飲んだとき翌日の昼まで全く眠くならんかった。
すげーなユ○○ルと思いましたね。ストローも衝撃でした。
でもあれって疲れがとれるではなく、先送りするんだよね~

しかしいい人ばっかだな。この会社。

最終話視聴

ステキな先輩と後輩の関係ありがとうございました。
上司と呼ばれる立場になっても上司と呼ばれるのはキライです。
部下と呼ぶのはキライです。後輩もしくは同僚と呼びます。
あくまで僕個人ですがね。

多少SHIROBAKOと重ねた部分がありましたが、
少し消化不良的な終わり方の様な気がします。
すっきりしないっていうか・・・

イヤ、全体的には面白かったですよ。
しかし・・・うーん。
もう一度見ようとは・・・どうなんでしょう?

13話視聴

 {netabare}こんなんあったのね・・・
 社員旅行でスキーに行く話・・・ではないの?
 イヤ・・・やっぱそうなのね。
 大丈夫だよ。僕も雷(風も)苦手っす。こわいよね~
 
 朝ご飯なんだろね・・・カニはねーだろ・・・
 朝からカニ食いたいか?

 ヒフミ先輩・・・もの食いながらしゃべっても・・・
 あおばちゃんスキー大丈夫か?
 ヒフミ先輩なんでも出来るな~コスプレどうした?

 ってサービスターーーーーーイム
 サウナだ!ヒフミ先輩ナイスバディ!
 この子もてるだろうな~

 社員旅行何日あるんだ?
 ってまたサービスターーーーーーイム
 オケ邪魔邪魔!ヒフミせんぱーーーい!
 ナイスバディなヒフミ先輩!日本酒に温泉・・・いーーーなーーー!
 サケ・・・カニ・・・ウニ・・・いーーーなーーー!
 
 酒の味って・・・たしかにどう説明すればいいんだ?
 僕は酒があまり飲めないですが、酔っ払いは勘弁して欲しい・・・
 ヒフミ先輩の飲み方に一票!

 しかしサービスショット満載やな・・・
 大人か子供か分からん様な子もいるけど・・・{/netabare}

投稿 : 2017/05/13
閲覧 : 252
サンキュー:

26

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これは今期の人生アニメなのだ! 難民、集合なのだ! 2期決定なのだ!

心がぴょんぴょん、おっとゲフンゲフン、やっぱり日常アニメでキャラがかわいい♪今後が楽しみになるよね♪ こんなところで働けたら幸せだろうに…

私をここで雇ってくださぃ…、飲み会に参加させてくださぃ…

青葉みたいな子がいたら皆和むよね、職場の皆がいい人でいい趣味をお持ちですよね♪(こんな子はいません❗
あときららタイム独特のopで跳ぶのすきだw
今日も1日頑張るぞい、早く聞きたい♪



Op好きだなぁ♪
巡り巡ってエブリワン、何かが待っているのかな♪
何かが待っている気しかしないぞい! 




ついに聞けた青葉の名言♪ 原作でも青葉はコウさんとの関係が憧れから競争相手になって青葉のがんばりに涙が出た… 経験の差ていうのもあるけど、青葉はこれからもっと成長していくんだよね♪

ありがとうニューゲーム、2期お願いしますです!
皆いいこだから


2期来たああぁああああ!やっぱりな(確証はなかった) 嬉しすぎる!  青葉とこうさんのあのシーンがみられる…

Ova和めた~♪温泉とスキー回、これぞnew game といったところか、ただコメントは相変わらずwww
自分も人のことは言えない(笑)

投稿 : 2017/05/05
閲覧 : 176
サンキュー:

20

ネタバレ

しつどん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

癒し系

キャラがかわいいので明るい雰囲気で描かれていて癒されました〜!また、ゲーム会社の闇が所々に描かれていますしわりと内容はしっかりしてるのではないでしょうか!
2期も期待してます!
あとうみこさん推し増えて欲しい!

投稿 : 2017/04/08
閲覧 : 113
サンキュー:

7

ネタバレ

おるたな さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

社会人頑張ろうや\(^-^)/

とりあえずOPのSAKURAスキップは中毒性ありあり

投稿 : 2017/04/03
閲覧 : 122
サンキュー:

5

ネタバレ

チョコ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

がんばるぞいっ!( *•̀ㅿ•́*)و グ

OPはSAKURAスキップは、テンポが良くて中毒性が!*ˊᵕˋ*笑

青葉ちゃんたちを見ていてると毎週の疲れが癒されました❀✿
がんばるぞい!で自分まで、よし!明日も頑張ろうとやる気が出てくる気がします!

青葉ちゃん、ひふみちゃん、はじめちゃん、ゆんちゃん達のお茶タイムが和やかでした!買うものが被ってしまうこと、ありますよね!笑

コウの撮影でのシーンが可愛かったです(≧∇≦)♡

2期制作決定!!(´▽`*)今からとっても楽しみです!!

投稿 : 2017/03/19
閲覧 : 260
サンキュー:

44

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

今日も社畜はがんばるぞい!

アニメーション制作:動画工房
2016年7月4日 - 9月19日に放映された全12話のTVアニメ。
原作は得能正太郎による『まんがタイムきららキャラット』で連載中の漫画作品です。

【概要/あらすじ】

『スターオーシャン』『ヴァルキリープロファイル』で知られる“トライエース”の元社員である原作者が、
3年間の勤務経験を元ネタにしたものに加えて、家庭用ゲームの3Dキャラのモデリング作成を専門に請け負っている、
ゲーム制作会社の“フライトユニット”を取材して描いた、
新入社員のお仕事日記+女の子の日常という体裁の作品のアニメ化。

涼風 青葉(すずかぜ あおば)
主人公。高卒。大好きなRPGで憧れのゲーム会社“イーグルジャンプ”に採用されて夢いっぱいの18歳。
真面目で前向き。憶えることもいっぱいあるけど、先輩は全員優しくて嫌な人が一人もいない。
どんどんスキルを身に付けて、睡眠時間を削ってでもマスターアップ目指して会社のために尽くします。

『今日も一日がんばるぞい!』

【感想】

原作は単行本5巻まで読了。
時系列が微調整されていますが、ほぼ原作の内容がそのままに丁寧にアニメで再現されています。

リアルでは人が集まるところ、軋轢や行き違いが生じるものでして、
人間関係のギスギスを徹底的に排除したというところで社会人ドラマの毒の部分を徹底的に抜いており、
対人関係においてはノーストレスの女だらけの理想郷を作っているというところは、
きらら系のカラーに染まりきっているのでしょうね。
現実ではオタク気質の男性でほぼ占有されているゲーム業界なのにも関わらず、
化粧品メーカーでもあるまいし登場人物が女しかいないというのも不自然極まりないですね。

原作を読むと、“イーグルジャンプ”は普通に男女両方採用している会社であり、
単に男性社員を読者の視界に入れないようにしているだけであり、
青葉が在籍している制作チームのディレクターであるメガネ女が部下に可愛い女の子を集めるのが趣味で、
中途半端に男を入れると人間関係が壊れるから全員女にしているとかで、一応言い訳作りはしていたのですが、
アニメで見る限り、確実にエントリーシートの時点で男性を問答無用で刎ねてる女性専用企業ですね。
まあ、リアルでは男性が請け負っている職業を女性に置き換えているアニメなんていくらでもありますので、
そこのところはフィクション・ファンタジーとして適当に流すのが良いのでしょうが。
でもさあ、通行人まで男がいない。いても、背景と同化してるってのはやり過ぎな気もします…w
まあ、顔と声とセットで出ている男性キャラが一人だけいるのですが、幼児ってのが!
女性キャラの恋愛対象になりそうにない年代やキャラ付けで男を出せばいいじゃないと思ったりもするのですが、
作者には作者の考えがあるのでしょう。

リアルにしすぎて志村新八みたいなメガネが主人公で、
登場人物の全員がオタクメンズ。職場が罵声で溢れかえっているギスギスした“NEW GAME!”なんて、
需要がないでしょうしね。私は見たいですけどねー。

登場人物が全員男でも成立する業界モノに美少女のきぐるみを着せて作者の考える美少女会話をさせて、
パンツ丸出し女とかお風呂とかで、あざとい萌え要素ちりばめてる作品ってのが私の正直な印象。
登場人物は本当は全員が男であり幻覚で女に見えているなんてネットでネタにされていましたが、
実際見てみたら、女社会にする必然性のない萌えキャラ寄りのキャラ付けだらけで、なるほどと思ったり。

原作を読む限りでは仕事に関して結構に真面目な感じもありますが、
仕事アニメと萌えアニメの食合せのバランス取りのテストケースとして興味深いですね。

気になったこととして、
女であることを抜きにしても主人公の涼風青葉は非常に優秀な人材。
協調性。勤勉さ。向上心。学習速度。高卒の未経験者にしては出来過ぎ。
理想的過ぎる部下なのでトラブルを起こしようもない。
周りも全員いい人なので人間関係でカリカリすることもなく喧嘩一つ起きない。

となると仕事アニメとして話の幅が広がらない。
可愛い、萌え、一生懸命を強調したところで、
そんなの適当に女子校を舞台にした日常アニメでいいじゃんって感じが。
名台詞も無くて人間描写もとくに普通なので感銘・感動も起こりませんが。

単調だと作者も思ったのか、
青葉の親友でトラブルメーカー気質の桜ねねがレギュラー化。
『SHIROBAKO』のタローをロリっ子にして、仕事に関するパラメータを上げまくった感じ。
話を動かす狂言回しとして便利使いされてるなって感じが。

ん?良い子ちゃん過ぎる青葉より、ねねが主役でいいじゃない?と思ったり。
でも、ねねは主人公はれるようなキャラじゃ無かった。。

原作では、それぞれのキャラに過去の掘り下げを試みたりでキャラ付けや、
仕事に関する話やら、新キャラ投入でギスギス感を入れようとしたりなど、いろいろ考えて話を作っている模様。
個人的には格別に満足できる内容ではないですが、見守っていこうという気にはさせてくれる作品ではありました。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2017/03/12
閲覧 : 1013
サンキュー:

56

ネタバレ

ym015008 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーム開発をする日常系

キャラクターデザイナーを目指す女の子が
高校を卒業しゲーム開発の会社に入社してからの物語。

物語はゲーム開発から完成までが描かれている。

ゲーム開発の現場のことは知らなかったので
マメ知識的な事も知ることができた。

ただイマイチ物語が頭に入ってこなかったため
評価が低くなっています。

キャラクターは割と好きでした。

一押しはゆんさんです(沙*・ω・)

投稿 : 2017/02/24
閲覧 : 123
サンキュー:

9

ネタバレ

ほらいぞんちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

見やすかった

キャラも個性があり、可愛かったです。
少し百合要素もあります。
ねねっちの言動、行動、見ていて多少、、結構イライラしました。


舞台が社会、お仕事の話なので少し現実で・・・と考えると「これはないわ」などキャラに幻滅しました。


一番はねねっちです。まあいうまでもありませんが・・・仕事場なので遊びで学生ノリでバイトしているのがもう・・・。
次に無理だ、と思ったのがゆん先輩です。
何話か忘れましたが夏場にゆん先輩が己のダイエットのため、と称し職場の空調を勝手に弄り、温度をあげており正直ドン引きでした。
ギャグアニメ、という前提があるので許されるのはわかっているんですけどね・・・。


個人的には青葉ちゃん、コウちゃんがとってもかわいかったので完走できました。
よくあるキャラ萌え系のアニメのひとつ、という印象です。

投稿 : 2017/02/20
閲覧 : 130
サンキュー:

7

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲーム会社の日常 今日も1日頑張るぞい!(但し1回だけ) Beastやjubeatに入るの早すぎwwwゲームは何故か15禁(12禁でもいいんじゃあ)

ゲーム会社に入社した涼風 青葉(黒沢凛)
ちょっとSHIROBAKOをコメディ化したようなもの
ゲームではルート分岐するためアニメと時間軸は異なります

そして下着一丁で寝てたのは...八神コウ
中人は(どこにでもいるorまーた)グレモリーさん(マリア)かwwwww
仕事熱心なのはいいけれどちゃんと着ようよwww

社員証は大事に持ってようね、どこにも行けないから
次に作るは青葉の道を決めたゲームの3作目!
キャラデザ頑張らないと!!

飲み会~酒はともかく
「彼氏いるの?」で...
ざわ...ざわ...

次は給料日~
なんだけどコウさんらの会話が多め
がしかし...
は...?りんさんと一緒にシャツ&下着一丁でなーにやってんだ...!?wwwwww
そして給料貰ったら何に使う?

5話
エアコンの温度で争ってんじゃねーよwww
それとコウさんの過去を知りました

6話
仕様書を通じて新しいキャラデザをすることに
おい、書いてあること自分じゃねーかwww
そして休日はどう過ごす?
もうりんさんとコウさんが夫婦にしか見えねえwww
これじゃあヒロさん&沙英さんと同じや^^

7話
今日は健康診断~~これでレベルが分かる
委細承知!

8話 社会人に一瞬の夏は無いようなもの
青葉のダチがバイトでやってきた。会えるかな?
おい、ぴょんぴょんしながら探すなwwwww
でもねえ、あんまりちょっかい出さないで貰いたいし企業秘密だから第三者に話してもいけないんだよね
そんな中、コウさんのプリンが食われた
何故か小学校のやり方で犯人捜しwww

9話 開幕覗きwwwww
これはバグなのか!?仕様なのか!?www
兎に角報告やwww
それと青葉のダチよ、ちゃんとバイトしなwww迷惑過ぎるwww

それとりんさんとコウさんのターンです

10話
貰いもんのドーナツが合計で8パック
腹が膨れるわwww

ねねっちと青葉って幼稚園の頃から縁があったんだ
すげえ長いな...
社会人と大学生の違いで喧嘩したけど...

喧嘩後、おいねねっち、アンタは死兆星を見たことがあるか!?wwwww

11話
東京ゲームショウでリーク画像を見に行くことに、ねねっちは留守ね~
あれ?あの子がコスプレしてる^^

12話
お買い上げ~
やっぱ限定版欲しいよね~
でもここでねねっちはまたやらかした・・・
だから堂々と発言すんなwwwww
やはりツイッターは怖いもん・・・口コミの時代の方が良かったな・・・

打ち上げ~
やっぱSHIROBAKOや
そしてこれからもいいゲームを作るんだ!
それでも異動があるのは逃れられない
コウさんはADやりたがらないんだ。嘗て社員に逃げられたんだから
でも青葉が最後に決めてくれる・・・

でも打ち上げ終わってから絶望琴浦さんの如く本編が待っていた・・・
警察24時wwwww

これぞ訳が分かんないよwwwwww

因みにゲームではDCを追加で造ることに

投稿 : 2017/02/20
閲覧 : 314
サンキュー:

26

次の30件を表示

NEW GAME!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
NEW GAME!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

NEW GAME!のストーリー・あらすじ

高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。
憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。
ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!(TVアニメ動画『NEW GAME!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年夏アニメ
制作会社
動画工房
主題歌
≪OP≫fourfolium『SAKURAスキップ』≪ED≫fourfolium『Now Loading!!!!』

声優・キャラクター

高田憂希、日笠陽子、茅野愛衣、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美、朝日奈丸佳、森永千才、喜多村英梨

スタッフ

原作:得能正太郎(芳文社『まんがタイムきららキャラット』連載)、 監督:藤原佳幸、シリーズ構成:志茂文彦、キャラクターデザイン:菊池愛、総作画監督:菊池愛/岡勇一/天﨑まなむ/菊永千里、プロップデザイン:中島絵理、美術監督:鈴木俊輔、色彩設計:石黒けい、撮影監督:桒野貴文、編集:平木大輔、音響監督:土屋雅紀、音響効果:小山恭正、音響制作デルファイサウンド、音楽:百石元、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2016年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ