「エロマンガ先生(TVアニメ動画)」

総合得点
89.4
感想・評価
1542
棚に入れた
7213
ランキング
63
★★★★☆ 3.8 (1542)
物語
3.5
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

エロマンガ先生の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

しだっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

音楽が一番良かったです

物語は義理の兄妹が作家・イラストレーターとして成長していく物語(恋愛要素を含む)と割とオーソドックスな設定を掛け合わせたものですが、狭霧はもちろん、エルフやムラマサなどサブヒロインの魅力があふれ出ていて良かったです。

まあ、小説版で狭霧と結ばれる展開になってしまうのは自分としては受け入れ難い面はあるのですが...

また、OPとEDがそれぞれ好きなアーティストが担当していて、1回聴いただけで気に入りました。アニメを観終わった今でもお気に入りの曲になっています。

投稿 : 2020/05/30
閲覧 : 26
サンキュー:

4

上芝 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

好みのキャラが活躍すると嵌るかも

物語
大きなピンチはなく、良いテンポで進んでゆきます。
緊張感がないので、そういうものを求めている人には退屈してしまうかもしれません。
あと、全然エロくないです。多少のラッキースケベもあるのに、パンツだったり、裸だったりすることもあるのにエロさを感じない。描き方がめっちゃドライなんですよ。タイトル詐欺かと思われるかもしれませんが、CMでも言われていた“全年齢対象のエロマンガ先生”を体現した出来栄え。
老若男女全ての人にお勧めできる安心感があります。

キャラ
紗霧の動き一つ一つが意味もないけど可愛い。
本当に理想の妹。妹ってだけで可愛いのに、紗霧はめちゃんこ可愛い。
後天性の妹なのに、なぜこんなに妹妹しているのか。妹の素質が先天的に備わっているとしか思えません!
紗霧を好きになれば100%エロマンガ先生は楽しめます!間違いありません!

ただ、以外に紗霧以外のヒロインが好きという人も多いんですよね。

天真爛漫で猛アピールを繰り出す山田エルフ先生
静かだが芯は強く、ヤンデレ気質を備えた千寿ムラマサ先生
派手目だが実はウブな神野めぐみ
平凡な優しい幼馴染高砂智恵

キャラ重視のアニメなのに、活躍に差があるので、紗霧以外を好きになってしまうとつらいかもしれませんね。

作画
作画は安定しており、日常的な可愛さを演出することに力を入れているようです。日常芝居の良いアニメとはこのこと。
とにかく紗霧の動きが可愛いので観てください。

主題歌
OPは、ClariS「ヒトリゴト」
カラオケのランキングにノミネートされるほどの名曲なのですが、個人的に推したいのはEDです。
TrySail「adrenaline!!!」
EDムービーでリズムをとる紗霧が印象的、曲を聴くだけでぴょんぴょん跳ねたくなってしまう、合いの手を入れたくなってしまう曲になりました。
どこまで紗霧を可愛く表現すれば気が済むのでしょうか。

総括
どこまでも紗霧が可愛いアニメでした。
もう紗霧のいない世界なんて考えられない…

うっかり紗霧以外を好きになってしまった方へ
活躍する場面が少なくさぞがっかりされたことでしょう。しかしながら、このアニメには紗霧という天使が存在するのですから、紗霧の可愛さに身をゆだねてみるというのは如何ですか?

投稿 : 2020/05/25
閲覧 : 105
サンキュー:

13

ローズ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

過多想い

高校生と小説家の両立をしている和泉正宗。
親の再婚で義理の妹ができる。
正宗の小説のイラストを担当しているエロマンガ先生は、義妹の和泉紗霧であった。

学生で小説家。
学生でイラストレーター。
才能があれば活躍できる世界。
身分が学生でも話題性があります。
ただ、本作品に登場する才能のある人は学生ばかり。
少し気になります。
学業と仕事を両立する人はいるのでしょうが、現実はキビシイ世界。
アニメやラノベを好きな世代を意識しているのでしょう。
夢を与える内容。
キビシイ現実を知る社会人。
せめて身分が学生の時だけは夢を見させてあげましょう。

あと、気になったのはハーレム展開。
血の繋がりはありませんが、妹は妹。
恋愛対象にはなりません。
・近所に売れっ子作家が引越し
・妹の友人に変態プレイ
・和装美人と作品対決 などなど……
女性キャラが魅力的に描かれています。
お約束のハーレム展開。
視聴者が男性だったら正宗。
視聴者が女性だったら紗霧や その他の女性キャラ。
ラノベの読者を簡単に自己投影する事ができます。
アニメにも感情移入しやすいでしょう。

ベタベタなハーレム展開。
内容は、ある程度、予測できます。
キャラ重視。
個性的なキャラの魅力で勝負。
自分好みのキャラを選んで、感情移入して楽しんで下さい。
男性キャラが少ないのが気になりますが……
作品タイトルだけで判断してほしくないなぁ。
同じ作者のキャラを使うのは反則!
ラブコメが好きな人向けの内容でした。

投稿 : 2020/05/15
閲覧 : 115
サンキュー:

23

だんな さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

満足!!

2020.1一気見。最近鬼滅の刃やらヒロアカやら観てたけど、なんか満足出来ない自分がいたけど、久しぶりに満足出来た作品でした。

たまたま評判が良くて見つけた作品で、タイトルに違和感を抱きつつも何話か視聴していた。視聴開始からしばらくして、俺妹に似ているなーと思って検索してみると、同じ原作者でした。どーりで。

相変わらずテンポ良いストーリーで、キャラも良く、萌えも多く、ニヤニヤ観てしまいました。ガチで妹といちゃいちゃし出したら嫌だなと思っていましたが、杞憂で、最後まで気軽にサクサク観終わりました(俺妹のように血縁関係でイチャイチャし出したら止めようと思っていました)。
人にはお勧めしにくいタイトルですが、意外と誰でも観やすいアニメになっていると思います。面白かった!!

投稿 : 2020/05/13
閲覧 : 159
サンキュー:

5

ネタバレ

ねこまっしろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

無意識にニヤニヤしてしまいます( ̄∀ ̄)

「俺妹」の原作者&スタッフと聞き、絶対に見なくては( ̄▽ ̄;) とかなりワクワクしていました!

1話目から、紗霧ちゃんの容姿、仕草まで半端なく可愛くて途中からニヤニヤしながら見てましたw
「そんな名前の人は知らない」って言う姿が可愛い(о´∀`о)
{netabare}あと、引きこもる紗霧ちゃんがご飯ほしい時に床をドンドンさせる時の姿が可愛い! {/netabare}
途中からちょいちょい笑いを挟むところが、俺の妹と似てましたね(^^)

OPは俺の妹同様にClariS! 今回もいい曲でした‼︎

これはもう、見るしかないです(≧∀≦)

投稿 : 2020/05/09
閲覧 : 120
サンキュー:

12

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

納得する作品

一度断念したが、再び見てみた。
のめり込むほどではないが、日常系の面白さが確かにあった。俺妹に似てる感じで、個人的には好きだった。時間がある時にゆっくり見ることをオススメする。

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 46
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺妹コンビのハーレムラブコメになるのかな?@1話目

公式のINTRODUCTION
{netabare}
高校生兼ラノベ作家の和泉正宗には、引きこもりの妹がいる。

和泉紗霧。

一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。

そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。
彼の小説のイラストを描いてくれている
イラストレーター『エロマンガ先生』、
その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ!

一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、
いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』をしのぐ
魅力的なキャラクターが多数登場!

ライトノベル作家の兄と、イラストレーターの妹が織り成す、
業界ドタバタコメディ!
{/netabare}

Staff{netabare}
原作 : 伏見つかさ(電撃文庫 刊)
原作イラスト : かんざきひろ
監督 : 竹下良平
シリーズ構成 : 髙橋龍也
キャラクターデザイン : 織田広之
総作画監督 : 岡 勇一 / 小林真平
色彩設計 : ホカリカナコ
美術監督 : 小川友佳子(KLAS)
撮影監督 : 青嶋俊明
音響監督 : 山口貴之
音楽 : 菊谷知樹
制作 : A-1 Pictures
製作 : EMP
{/netabare}
Cast{netabare}
和泉紗霧 : 藤田 茜
和泉正宗 : 松岡禎丞
山田エルフ : 高橋未奈美
千寿ムラマサ : 大西沙織
神野めぐみ : 木戸衣吹
高砂智恵 : 石川由依
神楽坂あやめ : 小松未可子
獅童国光 : 島﨑信長
{/netabare}

#1「妹と開かずの間」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ライトノベル作家で生計を立てる高校生・和泉正宗は、一年間部屋に引きこもっている義理の妹・紗霧と二人きりで暮らしていた。ある日、同じクラスの高砂智恵に、自身の小説の挿絵担当でもある正体不明のイラストレーター「エロマンガ先生」が、ネットで正宗を揶揄していたことを聞かされる。「エロマンガ先生」の動画配信の生放送を観ることになった正宗は、そこで「エロマンガ先生」の正体を知ることとなり――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

義理の兄妹ってゆう以外に中学生でラノベ作家とかイラストレーターとかって
いろいろツッコむところ多いけど「ツッコんだら負け」なおはなしみたいw

原作者と絵が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」とおんなじコンビで
イラストのかんざきひろさんの別名がキャラデザの織田広之さん^^


俺妹はホントの兄妹ってゆう設定でさいごいろいろ言われたみたいだから
今回は義理のってゆう設定にしちゃったのかな?

でも、親は死んじゃったみたいで家には2人っきりってゆうほかは
おたく系ツンデレ妹思いのやさしいお兄さんで
設定とかあんまり変わってないみたい。。

作者の人がシスコンか読者の人がそうゆうの好きなのか分からないけど
もうちょっと変わったおはなしってなかったのかな?

でも、エロマンガ先生が紗霧ってバレて2人で話しするとき
ときどき恥ずかしそうにしてたところは
にゃんでもかわいいって思うくらいだから男子はやっぱり好きなんだよね^^


だけどおんなじ家に住んでて1年も会わなかったってフシギ。。
トイレとかおふろとかぜったい1日何回もへやから出るよね?
って。。ツッコんじゃダメなんだっけw


でも、にゃんは紗霧の気もちって何となく分かるかも?

自分とかへやとか見られるのはずかしいからニコ生とかぜったいムリだけど
あにこれで感想書いてよろこんでもらったらうれしいし
でも、あんまり家から出たくないってゆうのも^^


それからにゃんはリアルお兄ちゃんが1人いるけど
こんなやさしくないw

ってゆうか今は大学卒業して1人ぐらししてて
うちから1時間くらいのところだけどたまーにしか帰ってこない

でも、たまに帰ってくるといろいろ言われちゃうからちょうどいいけどw


おはなしは
「俺妹」みたいだと兄妹でベタベタとかそのうちあるんじゃないかな?
ちょっとくらいいいけどあんまりひどいと気もち悪いから
ふつうにしてほしい☆彡

声優さんとか絵はふつうにいいと思う


今回はあんまりほかの人出なかったけど
女の人が多いからまたハーレムラブコメかな?
「冴えない彼女の育てかた♭」とかハーレムでもラブコメは好きなんだけど
妹がメインだとちょっと。。かなぁ


でも「ツッコんだら負け」なおはなしだけど
たぶんツッコミながら見るって思うw
{/netabare}
{/netabare}
#2 「リア充委員長と不敵な妖精」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
和泉家を前触れなく訪れた、紗霧のクラスの委員長・神野めぐみ。彼女の目的は「紗霧を学校に連れていく」ことだった。意気込むめぐみの強引さと、話をする気も無いという紗霧の頑とした態度。両者に挟まれ困惑する正宗だったが、紗霧はどんな娘か?というめぐみの問いに対して、本人が聞いているとも知らずにその思いの丈を語りはじめる――。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回もツッコミどころいっぱい。。ってゆうかツッコミどころしかなかったw


前半は委員長・神野めぐみの家庭訪問。。

委員長が「血はつながってない」とかって言ってて
そんなこと誰が教えたの?ってはじめ気になったけど
いろいろ自信持ちすぎだし男の人バカにしすぎだしリア充だし
はじめて会った人におち×××とか(^^;大好きとかw

12歳だといろいろ気になったりするかもだけどふつう言えない。。おばかw

それに政宗クンも妹の下着洗ってるから。。
とかってどっからツッコんでいいのかな。。><

おたくの話題で「わたしもワンピとか好き」って
にゃんも「アニメが好きでディズニーとかよく見る」ってゆうおじさんがいるけど
おたくのことぜんぜん分かってないよね。。


あと、紗霧がダダコネすぎだけど
にゃんも12歳くらいってこんな感じだったのかも?って
今もそうかもだけど^^


。。ってゆう感じだったけど紗霧がお兄ちゃん大好きっ子なのは伝わってきた


後半は
売れっ子ラノベ作家・山田エルフとお仕事とかのおはなし


高砂智恵ってゆう同級生で本屋さん家の子と。。

自分の本を目立つように1番上に置いたりするのってありそうw
「サインを書いたら返品できなくなるからやめて!」ってひどくない?w


けっきょく山田エルフ先生のサイン本買ってたけど
編集部で会ってライバルになっちゃったみたいw
でも「覚えてろ。。本屋でまたオレの本を上からつんでやるからな!」ってw

エルフ先生も委員長とはちがうけど自己中っぽいw


でも、そんな人だけどいちおオリコン1位のラノベ作家に
あんな冷たいたいどの編集者の人w
ふつうの人があこがれちゃう有名な人にも平気でダメ出ししちゃう
って作家さんよりもっとエライんだね^^

公式サイトの紹介にはのってなかったけど
あんなひどいこと平気で言えるのってすごいなw


さいごはとうとう紗霧がへやから出てきたけど
よっぽどお兄ちゃんのこと気になるんだろうな。。

それにしてもお菓子。。
すこんぶとらくがんってwふつうお菓子って言わなさそうw

すこんぶはすっぱいしらくがんってパサパサしておいしくないよねw
うちではもらったのとか角砂糖の代わりにしたりするけどw

こんなお菓子、今までたのんでた紗霧もおかしいよね。。おかしだけにw
あと、下着もお兄さんに洗ってもらってた紗霧もちょっと。。?
あっ、でも、12歳か。。にゃんもママに洗ってもらってたかも?w

このアニメって年齢設定が5歳くらいまちがってるみたいな気がするw
{/netabare}
{/netabare}
#3 「全裸の館と堕落の主(あるじ)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
和泉家の隣に建つ空き家の洋館は、近所で噂の「幽霊屋敷」だった。その窓に白いドレスの幽霊を見たと言い張るめぐみを正宗は気のせいだと一蹴する。しかし紗霧までもが、隣家からピアノの音が聞こえたと言い出す。怖くて絵が描けないという紗霧のため、洋館に乗り込む正宗。そこで正宗は、意外な人物の衝撃的な姿を目にすることとなる――。
{/netabare}
感想
{netabare}

おとなりに引っ越してきたのが山田エルフ先生だった
それでエロマンガ先生にイラストを描いてもらうために
おもしろい小説を書いて読み比べてもらおう、ってなったの


はいはい、もうツッコまないよーw

15歳のラノベ作家とその小説にイラスト描いてる12歳の少女が義理の兄妹で
2人だけで暮らしてて
そのおとなりに1人で引っ越してきた売れっ子ラノベ作家が14歳の少女って
そうゆうこともあるよね^^

その子ははだかでいるのが好き。。うんうん。。(はぁw


今日はライバルの2人がなんとなく仲よくなってくおはなし

もともと正宗クンってエルフ先生のファンだし
エルフだってそう思われてたら悪い気なんてしないって思うし^^
今日の2人ってラブコメになりそうでよかったみたい☆

これであんまりデレない妹もちょっとやさしくなるのかな?
ってゆうか別にデレなくってもいいんだけど
もうちょっと出てきてほうがいいかも?って


あと、今日のめぐみの作戦よかったかも?
{/netabare}
{/netabare}
#4 「エロマンガ先生」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
年下の人気ライトノベル作家・山田エルフの「仕事」を見せてもらったことで彼女と打ち解けた正宗。そんな二人の仲を疑い、やきもちを焼く紗霧に、正宗は自らのある決意を伝える。それは紗霧に自分を本当の兄と認めてもらうため、あるものを題材にしたライトノベルを書くということだった。「究極のラノベ」にするという正宗の言葉に、信じないと言う紗霧。そんな紗霧をよそに、正宗は猛然と作品を書きはじめる――。
{/netabare}
感想
{netabare}

エルフ先生と和泉先生がエロマンガ先生の取り合いってゆうか
エルフと紗霧が正宗クンの取り合いってゆう感じだったかも?


はじめエルフが正宗クンにご飯を作ってあげたけど
「気になるヤツに手料理を作ってあげたくなる気持ち。。」って言ってた

それって正宗クンが気になってるって言ってるのといっしょだよね^^


あと「遊びだから本気でやる」ってにゃんもわかる^^

やらなくっちゃいけないことってつまらないけど
やりたいことっておもしろいよね^^
ってゆうかおもしろくなかったらやらない方がいいよね^^


正宗クンがエルフと競争しててしょっちゅうおとなりに行ってるの見て
紗霧は新しい和泉先生のイラストレータだって思ったみたい
それで和泉先生を取られないようにって
一生けんめいバトルとか巨乳の描き方研究してたんだって。。


正宗クンは正宗クンで妹への思いがつまった原稿を書いて
エルフに「負けた!」って言わせた。。


そんなマジメなおはなしでふつうによかったんだけど
設定がツッコミどころいっぱいだから
あんまりマジメないいおはなしを入れられてもスナオに感動できないかも^^
{/netabare}
{/netabare}
#5 「妹とラノベ企画を創ろう」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
正宗が書き上げた原稿をきっかけにして、ぎこちないながらも正宗に歩み寄ろうとする紗霧。正宗の鈍感さが仇となり、想いがすれ違う二人だったが、夢への第一歩として、新作を本にするための企画書づくりに取り掛かる。次第に紗霧との共同作業に没頭していく正宗の元に、山田エルフから、一通のメールが届くのだった。その文面は、「助けなさい!いますぐ!」――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

メインストーリーはしめ切りに追われるエルフを家にかくまって
企画書の書き方を教えてもらおうってしたけど役に立たなくって
紗霧とゲームとかしてるうちに友だちになった。。ってゆう感じなのかな?


でも、メインのおはなしより
紗霧がお兄ちゃんにほめられたり「好きだ」とか言われてデレるところとか
Hな妹の絵を描いてくれってたのまれて怒りながらテレる様子とか
そうゆうの見せたかったみたいw

でも、そうゆうところではテレるのに
女子相手だと「エロオヤジ」先生になっちゃうところとかおかしかったw

あと、本屋さんで
KADOKAWAつながりのタイトルとヒロイン出したのもおもしろかったけど
絵がビミョーで笑っちゃったw

ただメイゼル(円環少女)は知らなかったけどまだアニメ化されてないみたい


でも、おはなしはおもしろいんだから
ふつうの人でも見られるくらいの方がいいのに
わざわざ中学生のはだかとかギリギリまで見せようってしたりするの
やめた方がいいって思う。。

タイトルが「エロマンガ先生」ってゆうだけでふつうの人は見ないと思うけど
実写ドラマで中学生のこんなシーンとか映したら
すごい問題になっちゃいそう。。

ふつうの人が思ってる深夜アニメのイメージあんまり悪くしないように
ギリギリのシーンとかはOVAとかでやったほうがいいかも?って

でも、おはなしの中で「キモオタ(ウト?)小説」とか言っちゃうくらいだから
わざとなんだろうな。。
{/netabare}
{/netabare}
#6 「和泉マサムネと一千万部の宿敵」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「和泉ちゃんが好きなものを好きになりたい」 紗霧と友達になるための手掛かりとしてめぐみは自分もライトノベルを好きになろうとする。智恵の協力(?)の甲斐あって、ほどなくライトノベルに夢中になっためぐみ。正宗は彼女に、紗霧に本を借りにくるよう提案する。はじめは面会を断固として拒否する紗霧だったが、彼女は正宗にある条件を出す…。ついにめぐみを部屋に迎え入れた紗霧がとった、驚くべき行動とは――?
{/netabare}
感想
{netabare}

めぐみがラノベを借りるってゆう口実で紗霧に会いに来たんだけど
うでをしばられて目かくしされて紗霧の絵のモデルにされちゃったの。。

おもしろかったけど紗霧が
「可愛くて、おっ○い大きくて、○ンツ見せてくれそうな子」
さがしてたの知ってるから見ながらこれって。。って思ってたw

でも、○ンツおろしちゃうってちょっとビックリ!?
女の子どうしだからまだいいけど男子がやったら捕まっちゃうよね。。

そのおかげでちょっとだけ仲よくなれたみたいで
いつもよりいいおはなしっぽかった^^
{/netabare}
{/netabare}
#7 「妹と世界で一番面白い小説」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
新作の出版を急く正宗は、担当編集者・神楽坂から提示された小説コンペ「ラノベ天下一武闘会」への参加を即決する。しかしそこに居合わせた大人気作家・千寿ムラマサが同じくコンペ参加を申し出、正宗の前に立ちはだかる。正宗たちの夢を「つまらない夢」と呼び、妨げる彼女に、賭けを持ちかける正宗。エルフの助力を受けつつ、改稿作業に取り組む正宗の元を訪れた意外な人物、それは千寿ムラマサその人だった
{/netabare}
感想
{netabare}

ごめんなさいちょっとだけツッコませて^^
ベストセラー作家の千寿ムラマサが中2の女子ってまたw


それで今日のおはなしは
が政宗クンの妹萌え恋愛小説のジャマするのは
政宗クンが書いたバトル小説が読みたかったからだって分かって
実は大ファンで実は大好きでw


ムラマサってただ、正宗クンが書いたラノベが好きって言ってたのに
いつの間にか政宗クンのことが好きになってたけど
よく知らないのにどうして?ってw


紗霧もムラマサに政宗クンを渡さないって言ってたけど
このおはなしって紗霧を妹じゃなくって
となりの幼なじみとかってゆう設定にしてたらもっと見やすかったのかも?

「俺妹」のさいごでもたたかれてのにどうしてわざわざ妹設定にしたのかなぁ。。


でも、でてきたばっかりなのに1話の中でいきなり告白って
超展開でテンポが良すぎるくらいだけどおもしろかった

あと、エルフが政宗クンに短編小説の書き方教えるところも
作家の人がホントにそうやってそうでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
#8 「夢見る紗霧と夏花火」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「好きな人がいるんだ」 正宗がそう言ってムラマサの告白を断ったと聞き、喜ぶ紗霧。だが不器用な二人の距離は簡単には詰まらない。そんな中、新作の文庫化に向け、泊まり込みの仕事に出掛けて行く正宗と家で一人留守番をすることになる紗霧。二人それぞれに気掛かりなのは、お互いのことと浴衣姿、準備が進む花火大会のこと――。
{/netabare}
感想
{netabare}

何だかふつうにラブコメみたいなんだけど
正宗クンと紗霧がどうしたいのかよく分からなくって。。


それから
「ラノベ天下一武闘会」で2位だった獅童先生も入れて5人で打ち上げ会。。

正宗クンのお料理がすごい!
ふつうのパーティー料理のほかに屋台料理まで作って
にゃんだったら丸1日かかりそうw

ちらしずし、巻きずし、フライドポテト、たこ焼き、チョコバナナ、リンゴ飴
野菜スティック、唐揚げ、トマト・ナス・チーズのキャセロール(?)
それにほうれん草のサラダ、スープ、焼きそばまで会ったよね♪
すごい!すごい!


にゃんは獅童先生も女子かな?って思ったら男の人でちょっと安心w
これ以上ヒロインがふえなくってよかったw

ヒロインって言えば「俺妹」の黒猫姉妹がモブ役で出てたねw

あと、紗霧のへやから花火が見えてたけど
おとなりってエルフの家がなかったっけw
{/netabare}
{/netabare}
#9 「妹と妖精の島」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「名付けて『夏の取材&執筆合宿』!」 エルフの思いつきから、南の島へと旅行に行くことになったラノベ作家たち。山田家所有の豪華な別荘に驚きつつも、一同が羽を伸ばすなか、エルフは正宗に、自分の「彼氏役」を務めるよう言いつける。「取材」を言い訳にして、いつにもまして積極的な彼女が、はしゃぐ笑顔の後ろ手に、隠し持つ本心とは――。
{/netabare}
感想
{netabare}

今週はエルフの回で
紗霧はまたやきもちとか焼くのかな?って思ってたら
気もちよく送り出してくれたみたいw


ときどきムラマサの水着とか出たけどあとはエルフがほとんどで
EDもエルフだった^^

エルフのお兄さんから結婚してくれ!(妹とw)って言われたり
エルフからも「あんた、私のお婿さん候補」とか言われたり
(でも、プロポーズは正宗クンからってw)

それくらいのおはなしであとはエルフファンのサービス回みたいかなw

にゃんはツンデレってニガテだから
あんまり。。なんだけど
そう言えばこのおはなしってツンデレ女子しか出てこないみたいw
{/netabare}
{/netabare}
#11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
合宿から帰宅する正宗。正宗の帰りを喜ぶ紗霧。二人は新作の発売日を迎えることとなる。作品が並ぶ本屋を見に行く道すがら、正宗はタブレット越しの紗霧に小説を書き始めた頃のことを語りはじめる。ある「きっかけ」があって小説にのめり込んだという正宗。同じ頃、登校拒否をしていた紗霧もまた、ある「きっかけ」のおかげで学校に通うようになったのだという。二人の過去と現在を繋いだ、これはその「きっかけ」の話――。
{/netabare}
感想
{netabare}

あらすじの通りでいいおはなしなんだけど
ネットで投稿してた時に紗霧が応援してたエピソードとか
ムラマサのときとちょっとかぶってるし
2人の歳の設定が小さすぎてマジメに感動できないみたい
5~10歳くらい上だったらよかったのに☆彡


あと、正宗クンがかえってきたとき
紗霧が「おかえりなさい」の練習してそのときはできなくって
おわりの方ではできるようになって所はよかったけど
2階から下りてきただけで疲れたみたいなところはちょっと。。

ツッコミたくないんだけど
あれだとふだんトイレとかおふろなんかに入るたびに疲れちゃいそう^^;

さいごに俺妹のレギュラーがモブで出てたのが最終回みたいだったw
{/netabare}
{/netabare}
#12 「エロマンガフェスティバル」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
正宗と紗霧の新作、『世界で一番可愛い妹』が発売になった。相変わらずお面をかぶって、部屋からの動画配信を続けている紗霧は「ふぇすてぃばる」の幕開けを宣言する。一方、『世界妹』2巻の執筆中にアイデアに詰まった正宗は、紗霧に相談を持ち掛ける。その相談とはなんと、「かわいい妹の、かわいいところが見たいんだ!」――!!?
{/netabare}
感想
{netabare}

前半はエルフとムラマサが来て紗霧の絵のモデルをするおはなし^^

この前、島で取材したとき
エルフは正宗クンを貸してもらうのに紗霧に
「何でもするから」って約束したみたい

へやに2人を入れて正宗クンを追いだした後の紗霧のわるい顔
おかしかったw

紗霧のことだからもちろんモデルは水着にしてツイスターをさせて
はずかしいポーズをさせて。。って
男子向けS系ギャグであんまりおもしろくなかった。。


でも、後半
本屋の子がこの前正宗クンが書いた「世界妹」の発売記念(?)に
「世界妹」の18禁同人誌を持ってきて
紗霧が読んで自分も描くって^^;

中学生に18禁マンガってゆうのはよくないって思うけど
このおはなし見るときにゃんは
お玉の中でみんなの歳を18歳くらいにして見てるからOKw
(じゃないとツッコミどころがおおすぎて^^;)

こっちは下ネタだったけどおかしかったw
紗霧の描いたマンガを読んだ正宗クンは
男の子の大事なところの描き方がおかしいって紗霧に教えたいんだけど
はずかしくって言えないw

それでエルフとかめぐみにむちゃぶりするんだけど
女子だから弟のとかしか見たことなくってダメw

さいごはムラマサがダビデ像の絵を描いてオチw

それにしてもムラマサのダビデ像がうますぎ!
小説家より画家の方が合ってたかもw


。。ってゆういつもの下ネタおばかギャグだったけど
紗霧が帰るみんなに手をふったりできるようになって
ちょっとずつ変わってきたみたいでよかった☆
{/netabare}
{/netabare}


見おわって

おばかなハーレムラブコメだけどコメディいっぱいでおかしかったw
「俺妹」好きだったらきっと楽しいって思う

ただ、年齢のことはツッコんだら負けw

投稿 : 2020/02/06
閲覧 : 659
サンキュー:

122

チィ千 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本編は意外とまとも

良い点
・俺妹関連の作品だが、違う方向で見れるので新鮮
・作画がわりと出来ている
・キャラクターに好印象を植え付けられる
悪い点
・タイトルの時点で判断されそう。(内容はエロ要素は多少あるけど、そこまで多くない)
・キャラクターの性格に癖があるので好き嫌いが別れる
・下ネタ発言がある

投稿 : 2020/02/06
閲覧 : 77
サンキュー:

4

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作未読ですが、作者は某作品とあわせ本当に妹ものが好きなんだなあw
作品としてはこの無茶苦茶な設定が許容できるのであれば楽しめると思います。深みは全くありませんが1話1話は面白かったと思います。

投稿 : 2020/01/02
閲覧 : 56
サンキュー:

2

エイジ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

キモオタ小説のハーレムアニメ

キモオタ小説のハーレムアニメです。

投稿 : 2019/12/30
閲覧 : 114
サンキュー:

2

ネタバレ

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

決まりでもあるの?

この手の作品は(おれいも、さえかのなどなど)、主要の登場女性を主人公に惚れさせないと先に進めないんでしょうかね~
そういう展開が好きな層ってあるんですよね。きっと。

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 102
サンキュー:

2

nagi さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

OP・EDがよい!

以前から、OP・EDが気になっていました。
そこまで電波曲調ではないのですが、特徴的。
心がうきうきする、名曲だと思います。

歌がしっかりしているアニメは、良作品が多いはず!
そんな先見から視聴したのですが、予想通り良作でした。w

タイトルのインパクトに対して、
ストーリーや登場キャラクターはかなりまとも。
作品雰囲気はとてもほのぼのとしており、
リラックスして楽しむことができました。

投稿 : 2019/11/27
閲覧 : 100
サンキュー:

10

dai さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

マサムネが発する肯定の発声

文字で表現するのは難しいけど、マサムネが発する肯定の意味の
「あぁーっ!」ってのがすごく良かった。

普段は前にでてこないサギリが、ムラマサに
絶対にあげない!って主張するシーンもすごく良かった。

エルフのマサムネに対する気持ち、
見てると切なくなるけど、前向きに進もうとする姿勢も良かった。

やりたいことを全力でやりたくなる気持ちにさせてくれる作品。

投稿 : 2019/11/26
閲覧 : 62
サンキュー:

3

砂粒と嵐 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

五反野が見れて嬉しかった

五反野が舞台という、それだけの興味で見た。
ほんとにあの荒川河川敷だし、都会に出るときは「北千住方面中目黒行き」に乗るのもお馴染みだし、なんか感動した。

高校生ラノベ作家である主人公、「若い」くらいしか特徴がないのに、出てくるヒロインはみんなそれより年下(!)でそれより稼いでるんだから、とんでもないキャラ設定だ。
つねに世話焼いてサービス展開に持ち込んでくれる隣人とか、誰のものにもならなくて俺の前でだけ可愛くてエロいのに照れ屋で自分がいちばん可愛いくせに可愛い女の子が好きな、血のつながってない妹、とか、マジで夢見すぎ都合良すぎ。
でも、そういうとこに茶々を入れるような奴はこういうアニメを見るべきじゃない、全部わかった上で完全なる妄想の世界として楽しむべきだ、ってことが最近わかってきた。
唯一、紗霧が自分の体を参考にしながらエロ絵を書いてるって設定だけは、なんかいいなってわくわくした。

「自分がいちばん楽しめるものをこの世界に生み出すためにつくるのか、喜んでくれる他人のためにつくるのか」ということや「やる気があるときにだけつくるのが正しいのか、当たり前に毎日つくり続けてこそ意味があるのか」ということ、その悩みの観点とてもクリエイターあるあるなので、共感できるところもあり面白かった。

実質的な最終話は11話で、12話はとことんサービス回。
タイトルに期待した視聴者を存分に愉しませようという意思が見える。

ただあの本屋の娘の、恋愛ほのめかしオチはいらなかった。
もっとエロ方面でのポテンシャルがある子なんだから、ほしかったのはそっちのサービスで、安直な恋愛ほのめかしなんか無いほうがマシ。

投稿 : 2019/11/23
閲覧 : 95
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こなれてきた感はあったが

 原作は未読。
 のっけからインパクトあるタイトルでびっくりさせられたが、エロマンガ島という空耳的な受けを
狙えそうな島があり、そちら由来らしい。
 ただエロマンガ先生こと和泉 紗霧の女の子に対する数々の発言は、「やっぱり島じゃなくて
エロ漫画由来じゃないのか?」と思わせるもののがあり、ペンネームと言い、この発言と言い
紗霧のおとなしそうな印象と較べてのギャップがキャラとしての面白さに一役買っている感がある。
 本人不在時の会話で「エロマンガ先生が・・・」と言われると、真面目なシーンなのにシュールな
笑いが生まれてしまい、これがおかしかった。

 原作が伏見 つかさ氏ということで「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(以後「俺妹」と表記)に
続いてまた妹ものだが、実の妹とくっついてしまうという「俺妹」のラストがあまり評判が
良くなかったのを考慮したのか、今度は義妹に。
 妹キャラ自体も紗霧は「俺妹」の高坂 桐乃とはかなりタイプの異なるキャラ。
 この妹と兄の関係性が家族愛と異性愛が混ざったようなものであるところは「俺妹」と同じくと
いった感じだが、本作は兄の和泉 正宗も、妹の紗霧も共にクリエーターであり、更に同じ夢を
共有する者同士ということで同志愛のようなものも加味されている感じ。

 この正宗と紗霧を軸に多くのヒロインが散りばめられたハーレム形式になっているところも
「俺妹」と同じ。
 こういったハーレム的キャラの配置は他のコメディ作品でも多く見受けられるところだが、割と
早い段階でヒロイン(山田 エルフ、千寿 ムラマサ)が主人公に告白してしまう図式は結構珍しいかも。
 登場するヒロインはいずれも魅力的だが、正宗が妹である紗霧一筋ということを最初から
表明しているため、脇キャラヒロインが魅力的であればあるほど報われないのが残酷であるという
感も。今後はなにがしかの変化はあるのかもしれないけど。
 個人的にはやりたい放題に見えて、随所に気配りが出来る山田 エルフにかなり好印象があった。

 中心となる正宗と紗霧を始め、多くの脇キャラがクリエーターだが、それぞれの
クリエーターとしてのスタンスや矜持の違いなどを感じられるのが良く、更に作品を通じての
競い合いも面白いところ。
 ただ、一人ぐらいなならともかく、多くが中学生というのはさすがに無理があるかも。

 内容的には大半がくだらないコメディ要素に占められているが、このくだらさながいい感じ。
 それでいて同じ夢を持つ者同士を描いたシリアス要素がベースにあり、ポイントポイントにそれを
感じさせるハートフルストーリーがあるのだが、このちょっとしたいい話とコメディ要素の
バランスも良かった。
 ただ「俺妹」が展開に荒削りなものを感じさせつつも、勢いやインパクトがあったのと較べると、
本作は話作りがこなれてきつつも無難なものになってしまったという印象。
 ヒロインもそんな感じで、良くも悪くもアクが強かった俺妹ヒロインズに対して、本作の
ヒロインズは可愛いが当たり障りがない感じ。
 俺妹と言えば、所々で俺妹キャラがカメオ出演していたのが嬉しいところ。
 OP曲、ED曲のいずれも軽快な感じのものだったが、これが作品の雰囲気に合っていてなかなか
良かった。

2019/11/17

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 122
サンキュー:

4

ダビデ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

俺の妹がこんなにエロい画を書くわけがない。

ランキング100位以内になっていたので視聴(R1.10、90位)。

現実設定の、フィックション。ラブコメ。
狙いも設定もわかりやすい内容だけど、タイトルとジャケットの画からは別物だと感じていました。
後半、それぞれのルートみたいな感じのところから、ちょっと合わなくなっていったかな。

20年以上前の漫画ですが、ボーイズビー(@少年マガジン)読みたくなりました。
こういう系の基は、その前は、どんな作品から繋がっているのでしょうかね。
そして、今後、どのように発展していくのでしょうか。

投稿 : 2019/11/15
閲覧 : 137
サンキュー:

12

ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妹も他の女子もハイスペック

見終えました。

主人公のラノベの絵師が妹だった。
さらに妹と一緒に、妹ラノベを完成させる物語。

なるほど、さぎりカワイイですね。
絵を描くために自分でポーズしているところは
そそられました。

エルフ先生は一途でいやらしいです。
すぐエミリーって呼んでしまいそうです。

ムラマサ先輩はワガママボディーでGoodです。
恥ずかしがりながらも、水着になってくれたり、
ポーズとってくれたり、イジメたくなります。笑

最終話のおち○ち○のくだり、
めぐみは二十歳の幼稚園児を、
ムラマサ先輩はダビデを‥‥、笑ってしまいました!

ポジションは大事なんだと思います。笑

俺妹のキャラがチョクチョクでてきて良かったです。
私は先程俺妹を観たので、タイムリーでした!

OPもテンポよくて好きです。
もし二期があれば観たいです。

投稿 : 2019/10/15
閲覧 : 121
サンキュー:

22

二足歩行したくない さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

少女たちの胸チラやパンツをお気に召すかが要

タイトル通りのドスケベアニメでした。
Prime Videoでダウンロードして電車内で見ていたのですが、だらしなく衆人監視の中、脳汁ドバドバ出しながらブヒらせていただきました。
駆け出しのライトノベル作家「和泉 マサムネ」と、その妹で、マサムネのライトノベルの挿絵担当でもある「エロマンガ先生」こと「和泉紗霧」の日々を描いた作品で、低年齢の美少女があられもない姿で照れたりおパンツ見せたりする姿を見て大いに満足する大きなお友達向けの非常にダメな作品です。
なお、私は大好物です。

ライトノベル業界を舞台とした話で、売上や企画の話、アニメ化などの業界ならではの内容もあります。
また、主人公は普段は学生の兼業作家で、それゆえの苦労、仕事に対する姿勢みたいなものが述べられるシーンもありますが、そちらはメインではないと思いました。
典型的ハーレムもので、一応ストーリーはありますが、ストーリー展開を楽しむというよりは、迫ってくるかわいい女の子たちの姿を見てニタニタするためのものだと思います。
設定はストーリーを展開するためのダシのようなもので、とにかく、登場する少女たちの際どい胸チラやパンツをお気に召すかが本作のキモです。
逆に言えば、その手のアニメに嫌悪感を覚える方は本作は忌避すべきだと。
ただ、ストーリーは決してお飾りではなく、(エロ方向に持っていこうとしている感こそありますが)最初から最後まで楽しく視聴できました。

とはいえ、内容的にはキャラの魅力が最大のキーとなります。
メインヒロインのエロマンガ先生は、引きこもりで口が悪く、わがままで短気という、これが美少女じゃなくて汚いオッサンだったら即MACアドレス制御をルーターにかけて自宅WiFiから追い出しているところですが、可愛くて照れ屋でドスケベな妹という、是非家にも引き込まって欲しいタイプのキャラクターです。
他のキャラも基本的に身勝手で元気系、おしとやかで従順なタイプは出てこないので、その手のタイプはいくら胸チラされようと歯牙にもかけない方にはおすすめできません。
ただ、その手の誘惑にホイホイされちゃう紳士淑女の諸氏にはうってつけの作品だと思います。
安心安全の萌え豚推奨アニメですね。

なお、原作はライトノベルで、原作者は俺妹と同じ人ということもあり、作風はよく似ています。
俺妹が好きな人は本作も漏れなく気に入ると思います。

投稿 : 2019/09/28
閲覧 : 112
サンキュー:

3

ネタバレ

るるか さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おかえり➰

タイトルとは違って内容はそこまでエロくなかったです(。・ω・。)
でも時々、過激な単語が。声優さん恥ずかしそうです(^^;;

マサムネが夏合宿から帰ってくるとき、紗霧がおかえりーの練習するけど、結局恥ずかしがっていつも通り部屋で構えるシーンがかわいかった!

最後は新作小説おめでとうって言えて良かったね('ω'*)

投稿 : 2019/09/25
閲覧 : 86
サンキュー:

4

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妹キャラの完成形?

違う意味で“羽瀬川小鳩”と並び立つ可愛さ!

ちょっと“千石撫子”と似ているかな?

にしても、ほとんどが彼女の部屋での動きと会話であるにもかかわらず、まったく飽きさせず、それでいて湿っぽさのない演出の素晴らしさ!

“一人芝居”でも一本映画になりそうです。

他の人間関係も吹っ切れた感じで“優良”です。

それから、俺妹の仲間たちのカメオ出演も嬉しかった。

投稿 : 2019/09/25
閲覧 : 87
サンキュー:

8

ネタバレ

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

角川版「バクマン」

少年ジャンプでマンガ家漫画を描くと、少年たちの努力と勝利と友情物語になり、角川で同様のことをやると、萌え系女子のエロとツンデレとオタクネタ物語になる。

プロットが同じでも両者の社風によって全く異なったものが出来上がるという比較対象としては面白い。

逆に言うとそれくらいしか観るところがない。

投稿 : 2019/09/23
閲覧 : 180
サンキュー:

8

のんちくん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

伏見つかさのはなし

俺の妹』の流れで、ラノベ1巻読んで満足していたので、続きはアニメ見てからにしようと思っていたら、やっぱり見る機会ができた。

ラノベ1冊で3話分くらい作れたり、もっと深く読みしたくなるコマーシャルな複線もあり、続編を買っておいてあるのでさっそくいつ読もうかと考えている。

アニメのほうは、なんか出版界のイメージやら、日常やらが描かれているが、まるのみしていいかはわからない。ありがちな話だから。俺の妹』の時と、同じパターンかな? しかし、話作るのはうまいな~と感心もする。そんなばかなということが、意外とみられたけれど、情報量の多さがポイントかも。ラノベに読者をひきつけたり、アニメ化がこんな身近にとか、何種類かのアプローチを試みているから、何度見てもよいのではないだろうか。

話は簡単で少しチャッチイ気もしたが、詳しいことは、ラノベで補完されているのだろうか。意外と商業主義に走っているようなきもするが、人気がなきゃ売れないし、とりあえず3重丸。なんか、ラノベ読ませようとしてる気がする。

投稿 : 2019/09/17
閲覧 : 72
サンキュー:

8

ウォレス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

2017年6月に観終わった

投稿 : 2019/07/29
閲覧 : 126
サンキュー:

0

よろず さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルに騙されてしまう系の作品

タイトルがエロマンガ先生
だから卑猥な作品と思いがちだがあまり描写はなく妹かわいいなぁって終始続く作品。
主人公の周りの人達は基本変人が多くそこがまた面白い。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 115
サンキュー:

3

ネタバレ

フウ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

萌え豚必見の神アニメ

内容は高校生で、ライトノベル作家の和泉政宗と、その妹、引きこもりでエロマンガ先生としてイラストを描いている、和泉紗霧の2人の恋愛模様を描いたラブコメディである。1クール、ブヒブヒさせていただきました。ありがとうございました

投稿 : 2019/06/09
閲覧 : 106
サンキュー:

2

ラウラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

普通のラブコメ

普通のラブコメです。自分が好きで思い入れがある他作品のキャラクターが劇中に登場したのが印象に残っています。

キャラクターの可愛さは普通くらいかなと思います。ただ、主人公の妹のあざとい動きが少し多過ぎるかなと思いました。

投稿 : 2019/06/01
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

題名のインパクトよ

視聴理由 ラブコメ

序盤 凄いタイトル

中盤 いうてエロ要素はない?

終盤 題名のインパクト

この話は義理の妹が割と有名な漫画家だった話
タイトルで視聴を懸念しちゃう人がいるかもしれないけど、そこは勇気をもって視聴を開始しよう
ジャンルはラブコメ・漫画・ギャグ
タイトル回収は割と早く来ます

内容は正直普通のラブコメ。十分に面白かったし、感動シーン紛いのものもちゃんとあってストーリーも存在してた
ただ印象にのこるかと言われると一部しか覚えてない
全部を印象に残らせるのは大変なことかもしれないけど電撃文庫の有名作品という肩書きがある以上、期待しちゃうのも無理はないよね

キャラには好感が持てた。可愛かった
作画は普通。
音楽は素晴らしくopはClariSさんの「ヒトリゴト」
edはTrySailさんの「adrenaline!!!!」
両者神曲
声優さんもあってて先生もピッタリだった

「普通」とかいたけど「在り来りすぎて展開読める」とか「つまらない」とかでは決してないことをご理解頂きたい

投稿 : 2019/06/01
閲覧 : 164
サンキュー:

15

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

そんな萌えられる人は知らないっ ※酷評注意

2019.01.11記


原作未読


タイトルがタイトルなだけに敬遠されがちですが、実際観てみたら面白かったです。

{netabare}・・・とは一切ならなかった作品。面白さどころか嫌悪感すら覚えるほどの駄作。{/netabare}

もともとタイトルだけは知っていて、あにこれでの評価も低くない。地上波再放送で敷居が下がったこともあり視聴しました。


高校生ライトノベル作家の兄(和泉正宗)と引きこもり妹(和泉紗霧)のラブコメです。二人は血が繋がっておらず、引きこもり妹が裏ではイラストレーターをやっていて、実は、兄の小説のカバー絵・挿絵を手掛けている「エロマンガ先生(ペンネーム)」その人でした、という導入。
追加の女性キャストらがこの2人を取り巻き、一様に正宗に好意を寄せるハーレム展開がこの後繰り広げられることになります。

ストーリーは軽めで設定には粗さが目立つものの、専属絵師をつけるほど紗霧の作画にはこだわりを見せ、取り巻く女性陣(エルフ、ムラマサ、書店の子、あと紗霧の同級生の子)も複数いる。


 ≪ご都合展開は気にせず、“紗霧”を愛でる≫


この作品を鑑賞する上でのお作法になりましょう。
物語性重視の私のようなタイプにとっては、ご都合展開を超えて作品を楽しむにはどこか尖った要素が必須です。本作でそれにあたるものが“萌え”。
気に入るか気に入らないかの分水嶺で、ここを突破できれば「紗霧かわいい」、弾かれた者には何も残りません。

私は後者。ハーレムもご都合展開も、おそらく萌えに対しても抵抗はないのですが、


■中学生で中途半端なエロ描写は不快

自分の良識が邪魔をします。正直たいしたエロではありません。ただし、ついこの間までランドセル背負っていた少女たちが、{netabare}おち○ちんと言ってるのを見て喜んだり、全裸でピアノ演奏してる姿にブヒったり、{/netabare}きわどいアングルで映されてる尻に鼻を伸ばしたりする趣味が私にはありません。一歩下がって、喜ばないまでもせめて微笑ましいとこちらが思うことすら躊躇われる年齢です。
なにも「健全にやれ!」というつもりはなく、例えば思春期ならではの視野狭窄の中で大人たちに翻弄されながらも的な設定だったら中学生が妥当であるとの物語上の必然性が生じます。記号的なエロで表現する対象としては若すぎるのです。シナリオが薄く物語で魅せる作風でない分、余計にキャラデザ、仕草といった見ため箇所が浮き彫りになりました。他(物語、心情描写)でカバーできない仕様になっているのです。

この年齢を起点にすると、兄妹のイチャコラも入り込む余地がなくなってきます。
さらに、“上目づかいで「お兄ちゃん♡」”がキラーワードだとよく聞くが、この感覚も私にはどうにもわかりません。せいぜい飲み会の席でやるネタくらいの価値しかないです。これはあくまで個人的な嗜好の話。


■紗霧についても

間違いなくこの作品を楽しめるかどうかは紗霧に対するこちらの態度にかかってます。
社会と接点を絶つことでの弊害の一つが、とある対象者への“依存強化”にあるとしたら、本作ではその対象者が正宗になります。口では邪険にしてても対象に甘える様は典型的なひきこニートの行動パターンと言えるでしょう。この構図は作中では兄妹ですが、年老いた両親と中年息子の間でも成り立ちます。置き換えてみるとどうかと思いますよね。
一方で紗霧は、ツンデレ・ヤンデレ・妹属性全開で正宗に向かってくるキャラクターでした。ご都合展開を突破する萌え要素を充分に備えているので、表面上はそれでOKだったりするのです。

しかし一見したらテンプレ的萌えと見せかけて、紗霧はひきこもり特有の依存からくる部分と記号的な萌えの部分が混在してるキャラクターなんです。
{netabare}兄の買ってきた都こんぶと落雁に文句を言えるのは、自分でおやつを買いに行ける能力を持った者のみに許される行為です。{/netabare}

他には、正宗への嫉妬についても恋愛感情による束縛なのか単なる依存による囲い込みなのか両方が顔を出してきて、シンプルに萌えることはできませんでした。
こちらもシナリオが薄いことで、引きこもりになった経緯の説明が粗く共感を呼ぶには至らなかったことも致命的といえます。




なお、紗霧に対する視聴者の態度は以下に分類される気がします。


 1.そんな萌えられる人は知らないっ 
 2.シンプルに萌える 
 3.自己投影して萌えが倍加する


私は当然ながら1番。ボリュームゾーンは2番でしょうか。


原作は10巻まで刊行されており、ここでの評価も500位前後と評価の高い作品ですがそれはそれ。

{netabare}闇キリトくんの「スターバーストストリーンムッ」以外に{/netabare}観る価値を見いだせない作品でした。


■余談
他のとこのレビューでも書きましたが、家族共有のHDD内に本作と「青春ブタ野郎」と「幼女戦記」が並んだ2018年秋でした。家族に白い目で見られるリスクを背負っての視聴だったのに、この時間と社会的信用を返してほしいものです。


-----
2019.05.16追記
《配点を修正》


視聴時期:2018年10月~。
自分には合わなかったな~というのが全てなんですが、こんな一面も。
映像作品って個人で楽しむのが第一義。作品を共有しわいわい楽しむのが次かその次くらいにくるのでしょうが、私の楽しみ方は若干後者寄りと自覚してます。せっかくなのでリアル知人(非オタ一般人)とあれやこれや盛り上がってたりします。
その上で本作なんですけど、明確に線を引かれる類の作品になっちゃいますね。どんな反応かはみなさん想像できると思います。

投稿 : 2019/05/16
閲覧 : 676
サンキュー:

73

えくいてぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

すっごい幸せ感じたっ!

のほほ~んと見れました^^
エロマンガ先生可愛すぎw

この環境で生活していけるって幸せすぎです。いいなぁ~^^
羨ましいです。はい。

将来どんなことになるのか楽しみですけど、
今のまま知らないほうがいいのかもですね~

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 94
サンキュー:

6

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

ラブコメの中でも1,2に好きな作品。
ストーリー自体は大きな目標に向かって進んでいく
みたいな感じではないけど、
一つ屋根の下で義理だけど兄と妹が互いの気持ちを
なかなか伝えられないところにキュンキュンくる。
お兄ちゃんの周りの想いを寄せる女の子達と、
そんなキャラクター達が言動も含めてすごく可愛かった。
あとEDのもめっちゃ好き。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 70
サンキュー:

6

次の30件を表示

エロマンガ先生のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
エロマンガ先生のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

エロマンガ先生のストーリー・あらすじ

高校生兼ライトノベル作家である主人公和泉正宗には、引きこもりの妹和泉紗霧がいる。一年前に二人は兄妹となったのだが、妹はまったく部屋から出てこないほど徹底した引きこもりである。

ある日和泉正宗は、担当イラストレーターエロマンガ先生が自分の妹であることに気づき……。
(TVアニメ動画『エロマンガ先生』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年春アニメ
制作会社
A-1 Pictures
主題歌
≪OP≫ClariS『ヒトリゴト』≪ED≫TrySail『adrenaline!!!』

声優・キャラクター

藤田茜、松岡禎丞、高橋未奈美、大西沙織、木戸衣吹、石川由依、小松未可子、島﨑信長

スタッフ

原作:伏見つかさ『エロマンガ先生』(電撃文庫刊)、原作イラスト:かんざきひろ、 監督:竹下良平、シリーズ構成:高橋龍也、キャラクターデザイン:織田広之、総作画監督:岡勇一/小林真平、色彩設計:ホカリカナコ、美術監督:小川友佳子、撮影監督:青嶋俊明、音響監督:山口貴之、音楽:菊谷知樹

このアニメの類似作品

この頃(2017年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ