「この素晴らしい世界に祝福を! 第2期(TVアニメ動画)」

総合得点
91.8
感想・評価
1532
棚に入れた
7629
ランキング
10
★★★★☆ 3.9 (1532)
物語
3.8
作画
3.6
声優
4.1
音楽
3.8
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

どうやら祝福されたらしい

原作未読 1期は視聴済


1期に続きそのまま2期突入。後追い組は待つことを知りません。
1期と変わらず全10話の短尺に拍手!色気を出しても誰も文句言わなかろうにブレることはありません。
ついでにやや大雑把な作画具合もブレてはおりません。

大きな失点はないです。ノーマークだった昨シーズンで優勝し、他チームのマークも厳しくなってるのに連覇しちゃいました。そんな感じでしょうか?連覇の難しさはおおよそ想像はつくでしょう。
アニメ作品ならファンの期待値、制作側の気負い。おのずとハードルは上がってしかるべしの状況下、

 {netabare}“変わらない君でした”{/netabare}

うむ、手堅い・・・

1期では、
“笑点”“欽ちゃん”“ひょうきん族” 古典にして王道のコメディと評しました。すなわち、

笑点 : お題(クエスト)での珍回答
欽ちゃん : ウケてる間は同じボケを被せ続けること
ひょうきん族 : ED曲にクールダウンのしんみり曲

2期でも話数、作画もさることながら屋台骨を支える哲学がブレてないので、新ネタ{netabare}(逮捕~裁判、お見合い、温泉旅行){/netabare}を挟んでも安定感があります。
1期からの人気コーナーも健在でした。いやお笑い番組ではないんですけどー
{netabare}・蛙に飲み込まれるアクアさん達(しかも芸の幅が広がってる)
・爆裂ソムリエの日課(しかも威力も作画も強化されとる)
・カズマ死亡(しかも良い意味で死因が雑になっとる。エリス登場回数増え俺得!) etc{/netabare}
ちゃっかり底上げされるかたちでマイナーチェンジ。手堅さの中に改善も施されてるといったら言い過ぎでしょうか。

1期から観るにこしたことないですが、2期からの参戦でもさしたる問題はないでしょう。
2年目(2作目?)のジンクスを普段着野球で乗り越えました。連覇はマンネリと紙一重。その手前で踏みとどまった印象の本作は笑いの土台があるのでシリーズ化していけば、V9の巨人軍(生まれてないけど・・・)のようになるかもしれません。一時期のアントラーズ、箱根の青学に置き換えてもOK!
強すぎてつまらないと言われた先にリスペクトが生まれる可能性を秘めております。そんな良作コメディの続編でした。


そして物語はあいかわらず進みません。{netabare}・・・と思いきやこれが気づかないうちに匍匐前進してましたね。{/netabare}

※以下2期ネタバレ所感
■ルーツが明かされる主役たち
{netabare}ダクネスとアクアです。
ダクネスは名門ララティーナ家ご令嬢として描かれる回がけっこうありました。パパ(CV:井上和彦)も絡んでのキャラ掘り下げです。「自由に育てたら娘こんなんなっちゃった」って違うだろ!とこの父にして娘ありです。
アクアはそういえばこの人女神だったwwと思い出されるシーンが後半8話以降、随所にありました。ギャップ(落差)で人を笑わせるのに長けた人は泣かせることも容易だったり。たまに良い話が挿入されるので本作は侮れません。{/netabare}
{netabare}残りのめぐみんは自称ライバルゆんゆん登場はあったもののルーツ描写は希薄です。このへんは劇場版をお楽しみに!ということなんでしょうね。爆裂娘好きは“おあずけ”状態です。{/netabare}

■そもそも魔王討伐じゃなかったっけ?
{netabare}不可抗力とはいえ魔王軍幹部を個別撃破し続けてるんですよね。本人たちにその気がなくてもうっかりゴールまで辿り着いちゃうのではなかろうか。{/netabare}


ちょっと再評価したもの
■アクシズ教団の信徒たち
{netabare}1期で「あそこの教徒ってちょっとおかしい人が・・・」とまで言わしめたアクシズ教団の面々が満を持して登場しました。
とにかく営業が下手っぴ過ぎてツボでした。詐欺師ならもう少し上手くやりますもん。お馬鹿でも根はいい人そう。祀ってる女神様同様に憎めない信徒たちとそれを大切に想って行動するアクアに多少なりとも神々しさを感じた終盤です。{/netabare}

■「ララティーナって呼ぶな!」
{netabare}第1話アバンがふっかつのじゅもんの入力画面。ラストに「Thank you for playing」のドット文字。まんまですね。古き良きRPGへの敬意を感じます。{/netabare}
{netabare}結局、ダクネスがララティーナ呼びを断固拒否してたのは4文字で私を呼んでってことだったのかしら。
ゲームや競技を「する」、そして「遊ぶ」を表す「play」。スタッフも作品で遊んでたように見えます。
(一緒に)遊んでくれてありがとう!ってなかなか素敵だと思います。{/netabare}


お笑いには好き好きあれど、周回される方がぼちぼちいらっしゃることは、インパクトだけ一過性の作品でないことの証左でもあります。

未見の方はどうぞどうぞ。

個人的には、ダクネス知人の盗賊娘の登場時間が減らされてたのが残念で仕方ありません。



-----
2019.08.08追記
《配点を修正》作画+0.5
 ※作画乱れを作品の特長としたことを評価

視聴時期:2019年3月 それと4月~6月の再放送



2019.03.21 初稿
2019.08.08 追記

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 476
サンキュー:

75

ネタバレ

ato00

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:----

もっと爆裂魔法を!<追記;11話>

引き続きバカやってます。
{netabare}魔王を倒すつもりは全くありません。{/netabare}
究極のコメディーアニメと化しています。

真面目なレビューなんてできません。
爆裂娘めぐみんが可愛すぎます。
と言っても、今期はもの静かです。
1期がエクスプロージョンのインフレ状態だったためか?
残念です。

最後にもうひとこと
爆裂魔法は永遠に不滅です。バタッ・・・

<追記;11話>
{netabare}おまけ回のためか、ちょっとパワーダウン。
ただ、エクスプロージョンっ、は堪能できました。
それにあの4人の仲のいいこと。
もう、すっかりアットホーム状態です。

1期ラストで活躍した今は亡きあの人の過去が白日の元に。
やっぱ、真面目にふざけてます。

あれから2年か。
そろそろ、めぐみん病が再発しそう。
3期まだ?{/netabare}

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 186
サンキュー:

53

KANO

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ベストキャラ

異世界転生物は、あまり好まないんですが、本作はならではの切り口雨宮天さんベストキャラと言われるだけあって面白かったです。
やはり声優さんのベストキャラの作品はどれも安定がありますね。
にしても茅野愛衣さんのハジけた演技も面白かったです

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 30
サンキュー:

7

ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロールプレイからの解放♪

本作のOPアニメーションが私は堪らなく好きです。

要は、異世界転生、冒険ファンタジー物によくあるOPアニメの構図。

希望に溢れた笑顔で地平線の向こうまでダッシュ♪
冒険のワクワクで身も心も躍り出す♪
眼前に広がる、この世ならざる絶景にテンションが突き抜ける!
何故かみんなで楽しくスカイダイビング♪やっぱ冒険って最高ダゼ!!

……といったお馴染みのパターンを、“ヒキニート”パーティらがやってみた。
という内容なのですが、イチイチ同意できる笑撃の惨状が繰り広げられ、
本編開始前から、いきなりツボにはまりまくりますw

ろくに運動してない凡人が重たい防具やら担いで全力疾走すれば当然、脇腹痛くなるしw
その上、ダンスなんて拷問だしw
常識を越えた凄い風景を目撃すれば、アホの顔にもなるしw
演出の都合で大空に放り出されたって、涙やら鼻水やらを撒き散らすしかないでしょうw

いつ何時でもイケメン美少女な無双勇者パーティなんて生物としておかしいんですよw


ところで、{netabare} 今回はやたら走るのが本能な敵が多かった気がします。
ランナーズハイ?……やっぱ、この世界のモンスターは色々と頭オカシイですw{/netabare}


お約束にはハマらないと言うOPでの開き直りの勢いそのままに、
本編でも異世界ファンタジーでのRPGの型を壊す、奔放な言動の数々が爆裂♪
伝説の冒険者たちによる魔王退治など一向に始まる予感がしませんw

犠牲を厭わず正義を貫く勇者様、清楚可憐な女神様、
おしとやかな大貴族のご令嬢、
多彩なスキルでパーティをサポートする便利な魔法使い。
あとは世界征服の野望に燃える大魔王軍の幹部とか、
見返りを求めず接してくれる町人Aとか。

んなもんやってられるか~!

人々が各々の役割を脱ぎ捨て、素の自分を曝け出した時に、
すばらしい日常が訪れる。
そう言わんばかりのグダグダ感w

魔王討伐より、一発逆転で借金完済!
狙うは{netabare}サイドビジネスでの一攫千金、不労所得。
カズマはこたつで丸くなるw{/netabare}


らしさも、ハメも外した解放感を、
キャストも相変わらず台本にとらわれないフリーダムな演技でアシスト♪

爆裂魔法の詠唱くらい中二病でテキトーにアドリブでやっとけば何とかなりますよねw


視聴者も自身に課された使命やら重荷やらを忘れて身を委ねれば
素直に笑い転げられるたのしー続編アニメ。

但し、勢い余って、うっかり契約書にサインとかしないように
釘は刺して置こうと思いますw

投稿 : 2019/07/29
閲覧 : 285
サンキュー:

43

ネタバレ

oneandonly

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゲスな主人公と愉快な仲間たち、パート2

世界観:5
ストーリー:7
リアリティ:5
キャラクター:8
情感:5
合計:30

アクセルの街を守ったカズマたちは一躍街の英雄に!!……のはずが、爆発寸前のコロナタイトは運悪く領主の館へ転送され、館を爆破してしまっていた。
領主の命を狙ったと誤解され、カズマは国家転覆罪の容疑者に。
国家転覆罪は最悪、死刑! カズマの命は風前の灯火!!
(公式サイトより要約)

特に評価の高くなかった1期ですが、短いことと気軽に見られることから、引き続き2期を視聴しました。

1期の続きでカズマが牢獄に入るところからのお話となりました。1期のリアリティはかなり低めに評価していたので、単なるオチに止めずに落とし前をつけたことに評価(底辺からなので、この程度のことも嬉しかったです)。更に、{netabare}ドレインタッチをしたために爆裂魔法が使えないシーンや、カズマに前世の記憶が残っていることから、文明の利器をこちらの異世界で作って儲ける{/netabare}など、地味に評価が上がっています。

今更なリアリティ面のツッコミとして、{netabare}めぐみんは爆裂魔法を覚えるまで、経験値(アビリティポイント)をどうやって貯めたのか。攻撃魔法が他に使えない、覚えないという頑固者(パーティーのお荷物)がどうやってハイクラスな冒険者にまでなれたのか。彼女には、パーティーに必要とされる特別なスキルを実は持っているのではないか。何て、考えても仕方のないことを考えてしまうのでした(笑){/netabare}

詳しくないので作画について指摘することはあまりありませんが、OPの明らかな水準の低さは咎めたくなりました。ギャグ中心のアニメなので、それが味とも言えるのかもしれませんが、全体的にも手抜きな印象を受けたのでここはマイナス評価としています。

また、{netabare}相変わらずチチ揺れが多く、今回はカズマがめぐみんやダクネスと風呂に入るシーンもありました。ハーレムはハーレムですが、最早サービスという感じもなく、彼女たちの変態ぶりから、そういう面に無頓着、無感覚なカズマに共感していくというのは面白かったですね。{/netabare}

物語にやや停滞感はありつつ(珍道中が延々と続くのではないか?)、個性派キャラたちによって相変わらず軽いテイストの楽しい作品です。

<2019.7追記>
2周目を見終えまして、1期に続き評価を上方修正しました。
以前よりもコメディ作品を楽しめるようになったからか、アニメに慣れたからかわかりませんが、癖になる面白さがありました。
続編視聴希望です。

(参考評価推移:3話3.4→7~10話3.5→調整3.7)
(2017.4~5視聴、2019.7調整)

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 163
サンキュー:

44

ネタバレ

フィリップ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

お約束の展開と軽快なテンポが癖になる

アニメーション製作:スタジオディーン、
監督:金﨑貴臣、シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン:菊田幸一、原作:暁なつめ

日常系異世界転生アニメの2期は、
裁判やカエル退治、幼馴染対決、
お見合い、魔王軍幹部との戦い、
温泉の街・アルカンレティアへの旅と
盛りだくさんの内容。

異世界転生ものなのに女神が内職をして、
カズマは土工の仕事をしなければならず、
同じ場所に留まってばかりの1期から
ようやく少しだけ広い世界へというストーリー。
駄女神のアクアや中二病のめぐみん、
ドMで変態のダクネス、真の男女平等主義を
主張するカズマという四人が中心なのは変わらず、
魔王軍の幹部でアンデッドの王・ウィズ、
めぐみんの幼馴染のゆんゆんも加えて、
おかしな冒険を繰り広げる。

新キャラの活躍などによって、
また違ったバリエーションの話になるのだが、
やっていることは、1期とあまり変わらない。
要するに吉本新喜劇のようなお約束によって、
笑わせるという力技が成功している。
少し古いが、私としては吉田裕の乳首ドリルの
一連の流れを見て、いつも笑えるのと同じような感覚。

個人的には2期で面白かったのは、
ダクネスを中心にした話だった。
私がダクネスのキャラを気に入っていることも
あるだろうが、ごく普通のエピソードの
お見合いを題材にしていても、
ダクネスとカズマを中心にすると
とんでもない内容になってしまう。
特にこのお見合い回でのダクネスの
暴れっぷり、妄想っぷりは、ぶっ飛んでいて、
これまでは、思っていても表向きには
あまり口には出さなかった
自分の理想の?夫婦関係の妄想を
一人芝居で語ってしまうのだった。
{netabare}また、親の前で醜態を晒し、
挙句にカズマの子供を授かったという
嘘までつくという親不幸者の内容。
この4話だけでも大満足だったのだが、
5話で魔王軍のバニルを相手にして、
ダクネスが体を乗っ取られながら、
強い意志?で自分の性癖を知らしめていく展開は、
やはり異質の面白さを感じさせてくれた。{/netabare}

この作品の大きな魅力のひとつは、
小ネタの間に「このすば!」と声優が叫ぶ、
ひとつの「間」を挟むことによって、
まるで四コマ漫画を続けて読んでいるような
小気味良いテンポを感じさせること。
そして、この「間」で声優がストーリーに沿った
演技をすることがまた笑いにつながる。
そのときの状況によっては、めぐみんが
「あーーーーっ」と叫ぶだけという場面が
あったりと、とても面白い。
またキャラが話しているところにかぶせて、
カズマが小声でいちいち突っ込みを入れる
という繊細なシーンも軽妙だ。

ただ2期においては、アルカンレティアに向かう
後半の7話から10話までがひとつの長い話に
なっているので、それまでの軽快なテンポが
多少、失われてしまっている気がする。
それと、やはり登場人物の性癖が変わらないため、
マンネリを感じてしまうのは仕方のないところか。

8月の映画公開に向けて再放送されたのだが、
つい全話を視聴してしまった。
3周以上はしているので、文句を言いつつも
私はこの作品が気に入っているのだろう。
(2019年7月5日初投稿)

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 290
サンキュー:

61

ネタバレ

nan-nan

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

安定感!

まず「さすがの安定感!」と言いたいですね(^^♪
この手のアニメは外すとイタイですが、よく作りこまれていました!
爆笑とまではいきませんでしたが、思わず「クスッ」っとなる場面の数々は素晴らしいと賞賛できます!
さすがランキング上位アニメですね(^^♪

まだまだ魔王の「ま」の字にもたどり着けていないので、続編もガンガン期待できるでしょう!
これからも面白い冒険活劇!?を見せてほしいものです!

あっ!ちなみになんですが、アクアって穿いていないですよね…。
どーしてもそー見えてしまいます(笑)

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 61
サンキュー:

6

かみちゅん

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

書く事はただこれだけ…

前期と変わらず…いや前期以上にギャグが面白かったです(小並感)

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 71
サンキュー:

6

ジパミィナ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このすば 77点

普通に毎回面白いですね。

2期となる本クールですが、主要キャラのお約束を楽しむタイプかと思います。
本来であれば、マンネリ化してくるところを飽きさせないのが本作の中毒性かと思います。

作画については狙っているのか本気なのかよくわからないクオリティですが、OPからヤバいので判断しづらいですね。

何にせよ、テンポと会話の流れは秀逸かと思います。
エロシーンが不快な流れでは無いのが良いですね。

原作未読の為、映画が続編かオリジナルかはわかりませんが、観てみたいと思う程度には期待できる2期だったと思います。
CMなどを含め、アイデア満載の良作だと思います。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 32
サンキュー:

4

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ふっかつのじゅもん

原作暁なつめ、制作スタジオディーン。

復活の呪文を入力し冒険の書を読み込む。
少年の頃、何度も経験した高揚感。
そうだ、また新しい旅路の始まりだ。

声優陣の好演が現場を盛り上げたのでしょう。
楽しい熱気がこちらにも伝わる。
それはモノづくりにとって重要なことだ。
少々強引で過剰な演出もあるのですが、
キャラクターの良さで乗り切っています。

物語は魔王軍のスパイ疑惑容疑が掛かり、
国家転覆罪に問われるカズマと仲間たちから開幕。
新しい日常でも「事件性」には事欠かない。
{netabare}裁判があり、討伐があり、調査クエストがあり、
いつもの面々が大活躍!?するのです。{/netabare}
詳しくは見てのお楽しみで。

引き籠り生活から異世界でもお金に困り、
世界観は大きいがやることは小さい。
適度な「緩さ」と前向きな「明るさ」が、
皆さんの好印象に繋がっているのでしょう。
僕としては設定に限界を設けているのが良いね。

牧歌的なEDはこちらでも秀逸です。

この素晴らしき異世界での日常。
ギルドが憩いの場所であるのも好印象だね。

劇場版を楽しみに待ちましょう。

投稿 : 2019/06/02
閲覧 : 348
サンキュー:

51

まあ君

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

相変わらずの脱力感

1に続けて観ましたが、相変わらずの脱力系でした。
疲れて帰ってきた時に見る分には、こういった脳に負荷の掛からない話もなかなか良いなと思うのですが、しばらく続くと、もう少し太くて固い感じが欲しくなります。。。(?)
まあ、いつかは魔王を倒すことを期待して、続きがあるのなら見続けたいと思います。
それと、このシーフ、戦士、魔法使い、僧侶という典型的なパーティーを見ていると、コテコテのRPGをやりたくなりますね。

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 60
サンキュー:

8

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

それでも充分におもしろい!

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
自分のお気に入り棚にも入っている「この素晴らしい世界に祝福を!」の2期にあたります。前期に引き続き、かなり笑わさせてもらいました♪

全体として、「前作の好評を受けて、制作が気合い入れすぎちゃったかな?」という印象です。

1期は、あまり期待値が高くなかったことにより、良くも悪くも力が抜けていて、設定を裏切るギャグアニメだったことも幸いし、秀逸な出来になっていました。

が、2期では「笑わせてやろう!」という気合いが入りすぎ、演出がクドくなってしまい、結果、少々テンポが悪くなったかな。いや、そういう制作の気合いみたいなものはむしろ好きなのですが、やや作風には合っていなかったかな? と。

とらいえ、レビュータイトル通りで、「それでも充分におもしろい!」です♪

3期、期待してますよ♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
私、1期はダ女神アクア押しでしたが、2期は爆裂残念娘、めぐみん押しですね♪

途中にカズマも言っていましたが、「爆裂狂と名前を除けば唯一まとも」とのことでしたが、確かにw 唯一人格が破綻していません?からね(笑) 2話のお風呂回や、6話の泣き顔には萌えたw

アクアが意外と女神としての矜持があったのに驚いた。かずゅましゃ~ん! は、鉄板で可愛いですね。ダグネスは、やはりドM押しが続き過ぎたなと。

特に笑ったシーン。

1位は7話のウィズの「おぇ~」w 通常のアンデットの浄化からの流れが良かった♪

2位は6話のラスト、カズマのエクスカリバーを観て嘲笑するアクアw いや、あんた一応女神でしょうがw

3位は1話のダイアル錠。斬新だった(笑)

ただ、ややマンネリ気味というか、そろそろ別ネタ、新メインキャラもほしいかな。ラスト3話のアルカンレティア編は、ギャグのバリエーションが乏しく、かなり味を薄めた感じで、声優さん達の演技力でなんとか成り立ってた印象。

2期は全くストーリー進んでませんし、そろそろ「王道異世界ファンタジーの中でのギャグ」を見せてほしい。このままでは、たんなる日常系ギャグアニメだからね。
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
牢屋がダイヤル式は、斬新w マジクズマw あれ? ダクネスが格好良いぞ? どうせ前フリでしょ?(笑)

2話目
アクアが蛙に食われるところの「間」は、流石の一言w ゆんゆん、不憫w めぐみん、可愛いな♪

3話目
らしくないけど、ちょっと良い話。そして、謎の虹を生み出したアクアw

4話目
ダクネスの変態性を極めた回。所々に差し込まれるアクアのクズっぷりの切れ味も良い。

5話目
ダグネスの一人二役w

6話目
袴はいてないと、刀差して歩きにくいよね。アクアのダメ展開は、少し飽きてきたかも。もう少し、展開変えないとね。めぐみんは、可愛い(笑) アクアの嘲笑w

7話目
めぐみん、可愛いw アクアには、一応神としてのプライドはあるんですね(笑) 悪魔対女神の罵倒のし合いw アクアとカズマの夫婦漫才w ターンアンデット→ウィズの「おぇ~」には、声だして笑ったw

8話目
デュラハンの人、お久しぶりですw う~ん、ネタ的にはブラックで好きだけど、ややクドいかな。

9話目
アクアの説法により、何人のオタクが救われたかw デュラハンの人の扱いの雑さw

10話目
最終話の真面目バトルは前期同様ですね。ウィズ、強いね♪
{/netabare}

投稿 : 2019/05/15
閲覧 : 180
サンキュー:

52

ネタバレ

RFC

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

異世界転生もの 相変わらずコメディ全振り

1期が面白かったので、流れで視聴。

【作品概要】
 無駄死にした主人公佐藤カズマがファンタジー風異世界に転生し
 仲間とともにゆる~い冒険者生活を送る物語。
 仲間の能力は一流ですが、能力のバランスや性癖・人格などが破滅的。

【作品に対する感想】
 カズマのダメっぷりやダクネスの変態っぷりにいい加減マヒしてきたのか、
 1期ほどキャラの評価が下がることもなく、平均満足度は4点台に。
 
 相変わらずのポンコツキャラがそろったパーティーのダメダメな
 物語が続いています。しかしいろいろなシチュエーションが
 用意されており、飽きません。
 3期があれば必ず視聴します。

 何も考えずに笑いたい人向きです。

1)物語
 単発イベントが続き、物語全体として大きな動きはない感じです。
 ただ、魔王軍幹部が地味に登場し数を減らしていっているため、
 そういう意味では少しは進んでいるんでしょうか?

3)声優
 ①西田雅一(バニル)
  バニルみたいなキャラは小安さんが合いそうなんですが、
  西田さんばっちりでした。
  ちょっとウザい感じ、上手く演じられていたかと。

 ②雨宮天(アクア)
  絶叫とか泣きじゃくってるところとか、もう最高でした。

4)音楽
 ED おうちに帰りたい
 1期に続き良いEDですね。
 バカ話で笑った後にクールダウンするのにいい感じです。

5)キャラ 
 ①バニル
  もうこの方最高です。
  破滅的なところとか、ウザ目なところとか。
  この方がいなかったら2期の魅力が20%減少していたかもです。

 ②ウィズ
  アクアの誤爆(巻き添え)で何度も消されそうになる
  可哀想なポンコツ店主。
  マジギレした彼女も、意外な一面があってまた魅力増でした。

 ③ゆんゆん
  もうチョイ深掘りしてほしかったかと。


6)好きなシーン
{netabare}
 ①アクア ダンジョン内のリッチーを浄化
  このすば らしくないちょっと暖か目の話。
  駄女神が女神らしく見えました。

 ②ダクネス 好みの男性像を語る
  あまりにひど過ぎて「駄目だこいつ」でした。

 ③VSバニル
  魔王幹部とダクネスの相性良すぎ!
  デュラハンの時も笑わせてもらいましたが、バニルの時も最高!
  
 ④アクシズ狂の町
  勧誘が酷過ぎで爆笑。
  めぐみんの死んだ魚のような目がさらにツボでした。 
  あんなところにいたら気ぃ狂いますわ。
  アクシズ狂の教義も酷過ぎて笑うしかありませんでしたね。
  
{/netabare}

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 92
サンキュー:

24

KINAKO音大生

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この素晴らしい……2期

おもしろかった!以上(笑)と書いておきながらですけど、相変わらずいじくってないところが素晴らしい。
裏切らない作品名。「この素晴らしい世界に祝福を」素直に祝福します( * ॑꒳ ॑* )

哲学的な複雑な内容のアニメは名作になりやすいけど、こういうアニメがあるからそれが出来るんだと勝手に思っている。
複雑なアニメを観た後は焼肉食べすぎて胃がもたれてモヤモヤ感覚が残る場合がある。その後にこの手のアニメを観て、ウーロン茶ですっきりした気分になれる。個人的にはやはり両方必要( * ॑꒳ ॑* )

投稿 : 2019/03/12
閲覧 : 88
サンキュー:

9

scandalsho

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期も面白かった

原作未読。

2期も相変わらず面白かったです。
1期が面白いと2期は失速・・・ってアニメが多い中で、2期も変わらず面白いのは素晴らしいことだと・・・。

この作品を見ると、『声優さんって凄いなぁ』と感心させられます。
よくもまぁ、これだけ個性的かつ喜怒哀楽の激しい面々を演じられるものだと・・・。

この勢いで第3期も期待したいところです。

この作品の最大にして唯一の問題点は作画。
1期もそうだったけど、いい時と悪い時の落差が激しすぎ。
OP/EDの作画も個人的には首を傾げたいところ。
もう少し安心して、集中して視聴させて欲しいものです。
それでも、1期よりはマシになりましたけどね

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 880
サンキュー:

88

プクミン

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あのアニメの2期ですよ

『魔王を倒す事』という女神アクアから言われた事を忘れている人が多いかも知れない、そんなストーリー設定。
でも主人公達は、魔王討伐に全く乗り気で無く、ただ借金を返済する為にギルドからのクエストをこなす事に集中。
なので物語はあって無いようなもの……なのかな??

敵、少ないよね。
本当に魔王がいるのだろうか?と思えるぐらい平和な世界。

相変わらず、主人公カスマはめぐみんと一緒にいるときが一番活き活きしている気がする。

新キャラも増えて、ますます愉快になる中、最後の方で少しシリアス要素が入ったのは個人的には要らなかったかな?

2期を楽しめた人は2期も楽しめる作品になっています。
ていうか、1期見ている人には、レビュー要らない気がしてきた。
というぐらいいつも通りです。

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 93
サンキュー:

13

シン☆ジ

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

まさに作品名の通り

あんな終わり方で1期が終わり、
ララティーナは一体どんな仕打ちを?
とヤキモキしながら観ていると、
あんな事やこんな事が起きて・・

キャラの魅力や掛け合いも健在。
いやむしろバワーアップか。
新キャラも魅力的。
それを後押しするエピソードも愉しい。
それでも自分は、やっぱりめぐみんですがw
ちなみにopの作画崩壊風ダンスさえ、
めぐみんは崩されてなくない?

この世界に浸れる事の恍惚感。
まさに、この素晴らしい世界に祝福を!

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 102
サンキュー:

20

knightgiri

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これはRPGモノではなくギャグアニメです。

私はRPGものはどうも苦手なのでなかなか見る気がしなかったこの作品ですが、2クールもやってるし人気もあるようなので・・・・初回は案の定、主人公が現実世界からの転生ではじまるいつものパターンです。そしてパーティーを組む。ハイハイ。(´・ω・`)

が、どうも様子が違います。主人公のキャラ設定、ヒロインのキャラ設定がなんか普通と違うぞ?んん?と段々引き込まれて後は笑いの中へ。ま、腹抱えて笑うほどの事はないですが思わず「ニヤリ」と笑ってしまいます。

例えば、引き籠りニートだった主人公ですが、現実世界での悪逆なテクを駆使するところとか笑っちゃいますよね。これ対象が高校生なのか判りませんが、大人からみても苦笑いするようなエロギャグ満載で結構楽しめます。

1クール目の3話位を過ぎたあたりからか声優さんたちもキャラに染まってお互いに息があってくるのか、掛け合いが噛み合ってテンポよくなってきます。

そうですねぇ、類似したアニメを挙げるとすれば「生徒会役員共」「働く魔王様」ですか。ええ、世界観こそ違いますがその分類で間違いないと思います。

物語ですが一応RPGモノなのでボスキャラを倒すまでは話は続くはずですので次回作もあるはずです。ま、楽しみにしています。

投稿 : 2019/02/13
閲覧 : 112
サンキュー:

15

QP

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期もおもしろい!

1期に引き続き面白かったです。
相変わらずの濃い個性キャラもそのままで、
1期が面白いと思った方は引き続き楽しめると思います。
最後は若干シリアス?な場面もあってうまく話がまとまって
ました。
原作は全然知らないのですが、続編の期待したいです。

エンデイングの曲は、ほんわかしててとても好きです。
おうちに帰りたくなる。

投稿 : 2019/01/22
閲覧 : 85
サンキュー:

6

デルグ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

休日に大笑いさせて貰いました。明日からまた、頑張れそうです

原作未読。

自分自身がキャラクターの特異性に慣れてきた事も
あると思いますが、1期より全体的に
質が上がっている様に感じました。

1期視聴時は、「ドン引きする娘」だったダクネスが
「長く付き合えば、ダメな所も笑える娘」と
印象が変わったのも好感点。

テレビシリーズ約24分×20本
観ているだけでヒロイン達の異常さに馴れてしまうのだから、

作品内の時間で長時間共に接する
カズマの屈折した気持ちも想像してしまいます。

萌えよりも笑いに傾倒する方向に突っ走った作画も
2期でかなり好みになりました。
どんな美男美女でも全ての角度から、どんな状況でも
美しく見えるわけないよね…みたいな(笑)

終盤以外は1話毎にある程度話を片付ける
構成も観易さ倍増。

実体験としては、シリアスな物語より、人を笑わす
物語を描く方が、何倍も難度が高いと思っているので、
絶えず笑い続け、明日への元気を貰えた
作品作りに携わったスタッフに感謝すら覚えました。

笑って浄化されたい方、お勧めです。

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 124
サンキュー:

20

ネタバレ

鰺鱒

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

異世界を舞台にした終わりなき日常(ギャグ系)

原作知らず。
1、2期あわせての感想。

ドラ○もんと同じ、終わりなき日常系カテゴリと解釈。
とすれば、ほどよく面白いギャグアニメとして楽しめると思うし、
実際それなりに楽しめた。あとに何も残さない娯楽作品として、まずまず楽しかった。

が・・・僕はある頃、結構ガキの頃からド○えもんが大嫌いだった。
のび太の成長のなさ、馬鹿さが耐えられなくなった。
(成長しない馬鹿が大嫌いというきわめて個人的理由)。

非常に個人的な感想であることは間違いないと思うのだが、
アクアがどうにも好きになれなかった。というより積極的Hate。
僕の中でアクアはのび太と同じカテゴリに入ってしまった。
そのため、物語の推進剤としてアクアの失敗・ドタバタを用いる構成が次第に視聴ストレスと化していった。アクアがぎゃぁぎゃぁいう部分は純粋にうるさく感じたため飛ばし飛ばし。2期の温泉街パートはちゃんと見ていないってのが本当のところ。

アクア駆動ではないエピソードは純粋に楽しめたと思う。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 114
サンキュー:

18

ごる

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期よりもユルさ倍増

前回よりもグダグダ展開が増えたのとお色気要素も少しプラスされたので、面白かったですヽ(・∀・)ノ
今回は、ダクネスがだいぶ乙女でかわいく見えてきます(ノ´∀`*)
ダクネスやめぐみんのたまに見せる嫉妬も良いですが(*´ω`*)
アクアはやっぱりビッチですww

投稿 : 2018/12/15
閲覧 : 47
サンキュー:

8

ネタバレ

のんちくん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラだけで、数字も部数もとっても悪くないでしょ。

 序盤からだんだん、スキルとか増えて、ゲーム寄せにされたり、最終回の為に10話のうち3話も使ってしまったり、という場面がないわけではないが、見たらやめられないよ。
 ギャグ系から、コメディ系への移行が見られたり、ネタ尽きたのか?というネタも混ざってきて、そういうノリなのかなと、思ってしまえば、次の冒険も、見られるかもしれない。
 とにかく、{netabare}疲れない、安っぽさも売りなのかな?
とはいえ、
{/netabare}

投稿 : 2018/12/08
閲覧 : 98
サンキュー:

10

ootaki

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少し残念です

話は1期と変わらず途中まで面白かったのですが、アクシズ教の勧誘話が出て来て、自分の中で株がかなり下がりました。
新キャラが出たり頭の残念な話をずっとやっていれば安定していた気もするのですが。
とりあえず完走はしましたが残念です。

投稿 : 2018/11/30
閲覧 : 121
サンキュー:

10

ネタバレ

K.S

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とても面白かったです。

完全なる1期の続きなのね・・・
1期のラストはオチじゃなかったんだ・・・
{netabare}
 相も変わらず無茶苦茶だな・・・
 どう考えても、アクア神が疫病神?それともみんな?
 ちょむすけちゃんという獣も仲間に加わり・・・

4話まで視聴

 へ・・・変態だらけだ・・・
 僕もドMだが・・・ダクネスのドMさには全く敵わん・・・
 あまりにも強すぎる・・・
 カズマ君は童貞だったんか・・・

最後まで視聴

 印象に残るシーンは・・・アクアの「カズマがいっちゃいけない事、言った!」
 あのアクアは可愛い・・・
 アクシズ教ってのは酷いな。そして女性もなんだかビッチだ・・・
 僕は無信信者だけど・・・酷すぎる・・・
 
 神も神なら信者も信者って感じか・・・{/netabare}

僕もシュワシュワ飲みたい・・・「プハーッ!」ってしたい・・・
今回はシーン少なかったけど、カエルも食いたいな・・・

投稿 : 2018/11/24
閲覧 : 98
サンキュー:

20

える908

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

メインキャラの女子3人、ますますダメ人間化してます!

みんな経験値を稼いで、強くなってるのに(>_<)

性格の破綻が加速してて、
やることなすこと可笑し過ぎです(≧△≦)

めぐみんが好きだったけど、
ダクネスのおバカもお気に入りになっちゃいました(*^▽^*)

そして謝りまくりながら、仲間のおバカ3人の起こすトラブルの尻ぬぐいし続けるカズマさん。
なんだかとっても不憫!
でも笑っちゃう(*^-^*)ゞ

投稿 : 2018/11/13
閲覧 : 344
サンキュー:

37

dbman

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛すべきクズ×4

2019年に劇場版公開を控えているアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の第2期。あいも変わらず私の親愛なるクズたちは健在で、笑わせられっぱなしでした。

第一話ののっけからからいきなりそのバカっぷりをフルストットルで加速するアクアちゃん。投獄されているクズマさんを助けようと発起するシーンは、もはや出来の良すぎるコント。よくTVで行われているM1グランプリなどの漫才コンテストに出場しても優勝できるレベルだ。

良くも悪くも、やっぱり冒険としての物語はたいして進展しておらず、クズマこと佐藤和真もとい、ダ女神アクア一行の誰もが真剣にこの世界を攻略する気なんてないんじゃないかw は!? まてよ。もしやタイトル『この素晴らしい世界に祝福を!』は、「そのぬるま湯のような心地よい、素晴らしい世界から抜け出したくない」などといった意味が込められているのかもしれない!

語りたいキャラやシーンや多すぎるのでここらで割愛するが、めぐみん&ゆんゆんも最高に癒されますなあ。

して、第一期以上にお気に入りとなってしまったのがOP&ED。まず第一期のOP同様にMachicoが唄うアップテンポでテンションが上がる曲調が大いにこのすばにマッチする「TOMORROW」。これに乗せたアニメーションの謎ダンスは、中毒性がやばく何度も見返したくなってしまう。さらにダクネスが爆弾岩みたいなモンスターをぶっ叩いた爆発で中空へと吹っ飛ばされる面々も面白いw なかでもクズマさんの泣きっ面は毎回笑ってしまい、一瞬だけ目線が地上へと向きまた涙する細かい演出がもう好きすぎるw 正直、このOPほど繰り返し見てしまった作品は“俺史上初”だろう。

またEDも第一期と同じ3人娘が唄うスロウバラード「おうちに帰りたい」は、それぞれが演じるキャラの特性を完全に掴んでいると思われる声優さんたちの歌声が心地よい。歌詞とアニメーションもリンクしるので物語として完成されている。OP同様にこれらはもう、ひとつの作品といってもいいクオリティに仕上がっているんじゃないだろうか。

ここまでハマってしまった作品はそうないので、来年公開される劇場版で終わらず、ぜひとも第三期をお願いします! この素晴らしいアニメに祝福を!!!

投稿 : 2018/11/02
閲覧 : 86
サンキュー:

25

アニオジ

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱりおもしろい

登場人物たちの生き生きとしたせりフは、脚本家は天才なのか?
CASTの素晴らしい力量なのか?
オンエアじゃ気が使いメインの会話シーン
後ろで小声で呟かれるセリフまでが面白い。
BDやDVDで楽しむのがおすすめ。

投稿 : 2018/10/21
閲覧 : 70
サンキュー:

7

まいやひ~

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アクシズ教団まじヤバイ

人気アニメの2期目。
今回も声優さんの頑張りのおかげで最後まで楽しめました。
前期同様にアドリブも多かったとか。
まさにアニメ向きの原作(ライトノベル)ではないでしょうか。

ただ気になったのがキャラ絵。
なんだか1期と微妙に違うくない?
・・・・っていうか崩れてない?
そこだけが見ていて結構気になりましたね。

EDは前期の雰囲気をそのまま踏襲した感じで大好きです(笑)

投稿 : 2018/10/05
閲覧 : 78
サンキュー:

8

ネタバレ

ズッキーニ偉大なる

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

お酒飲みながら

このアニメこそ酒と合うアニメであーる!と思いました。

ふざけてる!
常にふざけてますが、たまーにある感動的な見せ場⁉︎がなんかくすぐったい感じで好きですね〜。
まぁ、すぐに覆る展開になりますがw
そんなとこも面白い。

ニャル子さんの、いい意味でウルサイ感じとはまた違い
ヤカマしい!って感じの見ていて苦痛にはならない元気で丁度いい感じの可愛いいキャラ達が揃ってます。

私の中では落ち込んだ時に見るアニメ枠に入りました!

お酒飲みながら見てると一緒に飲んでるみたいで楽しいです。はい。

投稿 : 2018/09/20
閲覧 : 54
サンキュー:

6

次の30件を表示

この素晴らしい世界に祝福を! 第2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
この素晴らしい世界に祝福を! 第2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

この素晴らしい世界に祝福を! 第2期のストーリー・あらすじ

不慮の事故により異世界に転生した、ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」という夢はイマイチ叶わないものの、なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。―――そんなある日。機動要塞デストロイヤーの脅威からアクセルの街を救ったカズマたちに、王都からやって来た使者は言い放った。「冒険者、サトウカズマ。貴様には現在、国家転覆罪の容疑がかけられている!」……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?(TVアニメ動画『この素晴らしい世界に祝福を! 第2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年冬アニメ
制作会社
スタジオディーン
主題歌
≪OP≫Machico『TOMORROW』≪ED≫アクア(CV.雨宮天)めぐみん(CV.高橋李依)ダクネス(CV.茅野愛衣)『お家に帰りたい。』

声優・キャラクター

福島潤、雨宮天、高橋李依、茅野愛衣、原紗友里、稲田徹、堀江由衣、豊崎愛生、諏訪彩花、江口拓也、生天目仁美、西田雅一

スタッフ

原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)、原作イラスト:三嶋くろね、 監督:金崎貴臣、シリーズ構成:上江洲誠 キャラクターデザイン:菊田幸一美術監督:三宅昌和 色彩設計:吉田沙織 撮影監督:米澤寿 編集:木村佳史子音響監督:岩浪美和 音響効果:小山恭正 録音:山口貴之 音響制作:HALF H・PSTUDIO、音楽:甲田雅人 音楽制作:日本コロムビア

このアニメの類似作品

この頃(2017年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ