「この素晴らしい世界に祝福を! 第2期(TVアニメ動画)」

総合得点
91.3
感想・評価
1492
棚に入れた
7364
ランキング
16
★★★★☆ 3.9 (1492)
物語
3.8
作画
3.6
声優
4.1
音楽
3.7
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ジパミィナ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このすば 77点

普通に毎回面白いですね。

2期となる本クールですが、主要キャラのお約束を楽しむタイプかと思います。
本来であれば、マンネリ化してくるところを飽きさせないのが本作の中毒性かと思います。

作画については狙っているのか本気なのかよくわからないクオリティですが、OPからヤバいので判断しづらいですね。

何にせよ、テンポと会話の流れは秀逸かと思います。
エロシーンが不快な流れでは無いのが良いですね。

原作未読の為、映画が続編かオリジナルかはわかりませんが、観てみたいと思う程度には期待できる2期だったと思います。
CMなどを含め、アイデア満載の良作だと思います。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 3
サンキュー:

0

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ふっかつのじゅもん

原作暁なつめ、制作スタジオディーン。

復活の呪文を入力し冒険の書を読み込む。
少年の頃、何度も経験した高揚感。
そうだ、また新しい旅路の始まりだ。

声優陣の好演が現場を盛り上げたのでしょう。
楽しい熱気がこちらにも伝わる。
それはモノづくりにとって重要なことだ。
少々強引で過剰な演出もあるのですが、
キャラクターの良さで乗り切っています。

物語は魔王軍のスパイ疑惑容疑が掛かり、
国家転覆罪に問われるカズマと仲間たちから開幕。
新しい日常でも「事件性」には事欠かない。
{netabare}裁判があり、討伐があり、調査クエストがあり、
いつもの面々が大活躍!?するのです。{/netabare}
詳しくは見てのお楽しみで。

引き籠り生活から異世界でもお金に困り、
世界観は大きいがやることは小さい。
適度な「緩さ」と前向きな「明るさ」が、
皆さんの好印象に繋がっているのでしょう。
僕としては設定に限界を設けているのが良いね。

牧歌的なEDはこちらでも秀逸です。

この素晴らしき異世界での日常。
ギルドが憩いの場所であるのも好印象だね。

劇場版を楽しみに待ちましょう。

投稿 : 2019/06/02
閲覧 : 319
サンキュー:

50

まあ君

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

相変わらずの脱力感

1に続けて観ましたが、相変わらずの脱力系でした。
疲れて帰ってきた時に見る分には、こういった脳に負荷の掛からない話もなかなか良いなと思うのですが、しばらく続くと、もう少し太くて固い感じが欲しくなります。。。(?)
まあ、いつかは魔王を倒すことを期待して、続きがあるのなら見続けたいと思います。
それと、このシーフ、戦士、魔法使い、僧侶という典型的なパーティーを見ていると、コテコテのRPGをやりたくなりますね。

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 39
サンキュー:

6

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

それでも充分におもしろい!

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
自分のお気に入り棚にも入っている「この素晴らしい世界に祝福を!」の2期にあたります。前期に引き続き、かなり笑わさせてもらいました♪

全体として、「前作の好評を受けて、制作が気合い入れすぎちゃったかな?」という印象です。

1期は、あまり期待値が高くなかったことにより、良くも悪くも力が抜けていて、設定を裏切るギャグアニメだったことも幸いし、秀逸な出来になっていました。

が、2期では「笑わせてやろう!」という気合いが入りすぎ、演出がクドくなってしまい、結果、少々テンポが悪くなったかな。いや、そういう制作の気合いみたいなものはむしろ好きなのですが、やや作風には合っていなかったかな? と。

とらいえ、レビュータイトル通りで、「それでも充分におもしろい!」です♪

3期、期待してますよ♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
私、1期はダ女神アクア押しでしたが、2期は爆裂残念娘、めぐみん押しですね♪

途中にカズマも言っていましたが、「爆裂狂と名前を除けば唯一まとも」とのことでしたが、確かにw 唯一人格が破綻していません?からね(笑) 2話のお風呂回や、6話の泣き顔には萌えたw

アクアが意外と女神としての矜持があったのに驚いた。かずゅましゃ~ん! は、鉄板で可愛いですね。ダグネスは、やはりドM押しが続き過ぎたなと。

特に笑ったシーン。

1位は7話のウィズの「おぇ~」w 通常のアンデットの浄化からの流れが良かった♪

2位は6話のラスト、カズマのエクスカリバーを観て嘲笑するアクアw いや、あんた一応女神でしょうがw

3位は1話のダイアル錠。斬新だった(笑)

ただ、ややマンネリ気味というか、そろそろ別ネタ、新メインキャラもほしいかな。ラスト3話のアルカンレティア編は、ギャグのバリエーションが乏しく、かなり味を薄めた感じで、声優さん達の演技力でなんとか成り立ってた印象。

2期は全くストーリー進んでませんし、そろそろ「王道異世界ファンタジーの中でのギャグ」を見せてほしい。このままでは、たんなる日常系ギャグアニメだからね。
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
牢屋がダイヤル式は、斬新w マジクズマw あれ? ダクネスが格好良いぞ? どうせ前フリでしょ?(笑)

2話目
アクアが蛙に食われるところの「間」は、流石の一言w ゆんゆん、不憫w めぐみん、可愛いな♪

3話目
らしくないけど、ちょっと良い話。そして、謎の虹を生み出したアクアw

4話目
ダクネスの変態性を極めた回。所々に差し込まれるアクアのクズっぷりの切れ味も良い。

5話目
ダグネスの一人二役w

6話目
袴はいてないと、刀差して歩きにくいよね。アクアのダメ展開は、少し飽きてきたかも。もう少し、展開変えないとね。めぐみんは、可愛い(笑) アクアの嘲笑w

7話目
めぐみん、可愛いw アクアには、一応神としてのプライドはあるんですね(笑) 悪魔対女神の罵倒のし合いw アクアとカズマの夫婦漫才w ターンアンデット→ウィズの「おぇ~」には、声だして笑ったw

8話目
デュラハンの人、お久しぶりですw う~ん、ネタ的にはブラックで好きだけど、ややクドいかな。

9話目
アクアの説法により、何人のオタクが救われたかw デュラハンの人の扱いの雑さw

10話目
最終話の真面目バトルは前期同様ですね。ウィズ、強いね♪
{/netabare}

投稿 : 2019/05/15
閲覧 : 166
サンキュー:

51

ネタバレ

RFC

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

異世界転生もの 相変わらずコメディ全振り

1期が面白かったので、流れで視聴。

【作品概要】
 無駄死にした主人公佐藤カズマがファンタジー風異世界に転生し
 仲間とともにゆる~い冒険者生活を送る物語。
 仲間の能力は一流ですが、能力のバランスや性癖・人格などが破滅的。

【作品に対する感想】
 カズマのダメっぷりやダクネスの変態っぷりにいい加減マヒしてきたのか、
 1期ほどキャラの評価が下がることもなく、平均満足度は4点台に。
 
 相変わらずのポンコツキャラがそろったパーティーのダメダメな
 物語が続いています。しかしいろいろなシチュエーションが
 用意されており、飽きません。
 3期があれば必ず視聴します。

 何も考えずに笑いたい人向きです。

1)物語
 単発イベントが続き、物語全体として大きな動きはない感じです。
 ただ、魔王軍幹部が地味に登場し数を減らしていっているため、
 そういう意味では少しは進んでいるんでしょうか?

3)声優
 ①西田雅一(バニル)
  バニルみたいなキャラは小安さんが合いそうなんですが、
  西田さんばっちりでした。
  ちょっとウザい感じ、上手く演じられていたかと。

 ②雨宮天(アクア)
  絶叫とか泣きじゃくってるところとか、もう最高でした。

4)音楽
 ED おうちに帰りたい
 1期に続き良いEDですね。
 バカ話で笑った後にクールダウンするのにいい感じです。

5)キャラ 
 ①バニル
  もうこの方最高です。
  破滅的なところとか、ウザ目なところとか。
  この方がいなかったら2期の魅力が20%減少していたかもです。

 ②ウィズ
  アクアの誤爆(巻き添え)で何度も消されそうになる
  可哀想なポンコツ店主。
  マジギレした彼女も、意外な一面があってまた魅力増でした。

 ③ゆんゆん
  もうチョイ深掘りしてほしかったかと。


6)好きなシーン
{netabare}
 ①アクア ダンジョン内のリッチーを浄化
  このすば らしくないちょっと暖か目の話。
  駄女神が女神らしく見えました。

 ②ダクネス 好みの男性像を語る
  あまりにひど過ぎて「駄目だこいつ」でした。

 ③VSバニル
  魔王幹部とダクネスの相性良すぎ!
  デュラハンの時も笑わせてもらいましたが、バニルの時も最高!
  
 ④アクシズ狂の町
  勧誘が酷過ぎで爆笑。
  めぐみんの死んだ魚のような目がさらにツボでした。 
  あんなところにいたら気ぃ狂いますわ。
  アクシズ狂の教義も酷過ぎて笑うしかありませんでしたね。
  
{/netabare}

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 72
サンキュー:

23

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

どうやら祝福されたらしい

原作未読 1期は視聴済


1期に続きそのまま2期突入。後追い組は待つことを知りません。
1期と変わらず全10話の短尺に拍手!色気を出しても誰も文句言わなかろうにブレることはありません。
ついでにやや大雑把な作画具合もブレてはおりません。

大きな失点はないです。ノーマークだった昨シーズンで優勝し、他チームのマークも厳しくなってるのに連覇しちゃいました。そんな感じでしょうか?連覇の難しさはスポーツに携わらない人でもおおよそ想像はつくでしょう。
アニメ作品ならファンの期待値、制作側の気負い。おのずとハードルは上がってしかるべしの状況下、

 {netabare}“変わらない君でした”{/netabare}

うむ、手堅い・・・

1期では、
“笑点”“欽ちゃん”“ひょうきん族” 古典にして王道のコメディと評しました。すなわち、

笑点 : お題(クエスト)での珍回答
欽ちゃん : ウケてる間は同じボケを被せ続けること
ひょうきん族 : ED曲にクールダウンのしんみり曲

2期でも話数、作画もさることながら屋台骨を支える哲学がブレてないので、新ネタ{netabare}(逮捕~裁判、お見合い、温泉旅行){/netabare}を挟んでも安定感があります。
1期からの人気コーナーも健在でした。いやお笑い番組ではないんですけどー
{netabare}・蛙に飲み込まれるアクアさん達(しかも芸の幅が広がってる)
・爆裂ソムリエの日課(しかも威力も作画も強化されとる)
・カズマ死亡(しかも良い意味で死因が雑になっとる。エリス登場回数増え俺得!) etc{/netabare}
ちゃっかり底上げされるかたちでマイナーチェンジ。手堅さの中に改善も施されてるといったら言い過ぎでしょうか。

1期から観るにこしたことないですが、2期からの参戦でもさしたる問題はないでしょう。
2年目(2作目?)のジンクスを普段着野球で乗り越えました。連覇はマンネリと紙一重。その手前で踏みとどまった印象の本作は笑いの土台があるのでシリーズ化していけば、V9の巨人軍(生まれてないけど・・・)のようになるかもしれません。一時期のアントラーズ、箱根の青学に置き換えてもOK!
強すぎてつまらないと言われた先にリスペクトが生まれる可能性を秘めております。そんな良作コメディの続編でした。


そして物語はあいかわらず進みません。{netabare}・・・と思いきやこれが気づかないうちに匍匐前進してましたね。{/netabare}

※以下2期ネタバレ所感
■ルーツが明かされる主役たち
{netabare}ダクネスとアクアです。
ダクネスは名門ララティーナ家ご令嬢として描かれる回がけっこうありました。パパ(CV:井上和彦)も絡んでのキャラ掘り下げです。「自由に育てたら娘こんなんなっちゃった」って違うだろ!とこの父にして娘ありです。
アクアはそういえばこの人女神だったwwと思い出されるシーンが後半8話以降、随所にありました。ギャップ(落差)で人を笑わせるのに長けた人は泣かせることも容易だったり。たまに良い話が挿入されるので本作は侮れません。{/netabare}
{netabare}残りのめぐみんは自称ライバルゆんゆん登場はあったもののルーツ描写は希薄です。このへんは劇場版をお楽しみに!ということなんでしょうね。爆裂娘好きは“おあずけ”状態です。{/netabare}

■そもそも魔王討伐じゃなかったっけ?
{netabare}不可抗力とはいえ魔王軍幹部を個別撃破し続けてるんですよね。本人たちにその気がなくてもうっかりゴールまで辿り着いちゃうのではなかろうか。{/netabare}


ちょっと再評価したもの
■アクシズ教団の信徒たち
{netabare}1期で「あそこの教徒ってちょっとおかしい人が・・・」とまで言わしめたアクシズ教団の面々が満を持して登場しました。
とにかく営業が下手っぴ過ぎてツボでした。詐欺師ならもう少し上手くやりますもん。お馬鹿でも根はいい人そう。祀ってる女神様同様に憎めない信徒たちとそれを大切に想って行動するアクアに多少なりとも神々しさを感じた終盤です。{/netabare}

■「ララティーナって呼ぶな!」
{netabare}第1話アバンがふっかつのじゅもんの入力画面。ラストに「Thank you for playing」のドット文字。まんまですね。古き良きRPGへの敬意を感じます。{/netabare}
{netabare}結局、ダクネスがララティーナ呼びを断固拒否したのって4文字で私を呼んでってことだったんでしょうか。
ゲームや競技を「する」、そして「遊ぶ」を表す「play」。スタッフも作品で遊んでたんじゃないかな?
(一緒に)遊んでくれてありがとう!ってなかなか素敵だと思います。{/netabare}


お笑いには好き好きあれど、周回される方がぼちぼちいらっしゃることは、インパクトだけ一過性の作品でないことの証左でもあります。

未見の方はどうぞどうぞ。

個人的には、ダクネス知人の盗賊娘の登場時間が減らされてたのが残念で仕方ありません。

投稿 : 2019/03/21
閲覧 : 415
サンキュー:

63

KINAKO音大生

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この素晴らしい……2期

おもしろかった!以上(笑)と書いておきながらですけど、相変わらずいじくってないところが素晴らしい。
裏切らない作品名。「この素晴らしい世界に祝福を」素直に祝福します( * ॑꒳ ॑* )

哲学的な複雑な内容のアニメは名作になりやすいけど、こういうアニメがあるからそれが出来るんだと勝手に思っている。
複雑なアニメを観た後は焼肉食べすぎて胃がもたれてモヤモヤ感覚が残る場合がある。その後にこの手のアニメを観て、ウーロン茶ですっきりした気分になれる。個人的にはやはり両方必要( * ॑꒳ ॑* )

投稿 : 2019/03/12
閲覧 : 70
サンキュー:

7

scandalsho

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期も面白かった

原作未読。

2期も相変わらず面白かったです。
1期が面白いと2期は失速・・・ってアニメが多い中で、2期も変わらず面白いのは素晴らしいことだと・・・。

この作品を見ると、『声優さんって凄いなぁ』と感心させられます。
よくもまぁ、これだけ個性的かつ喜怒哀楽の激しい面々を演じられるものだと・・・。

この勢いで第3期も期待したいところです。

この作品の最大にして唯一の問題点は作画。
1期もそうだったけど、いい時と悪い時の落差が激しすぎ。
OP/EDの作画も個人的には首を傾げたいところ。
もう少し安心して、集中して視聴させて欲しいものです。
それでも、1期よりはマシになりましたけどね

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 862
サンキュー:

85

プクミン

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あのアニメの2期ですよ

『魔王を倒す事』という女神アクアから言われた事を忘れている人が多いかも知れない、そんなストーリー設定。
でも主人公達は、魔王討伐に全く乗り気で無く、ただ借金を返済する為にギルドからのクエストをこなす事に集中。
なので物語はあって無いようなもの……なのかな??

敵、少ないよね。
本当に魔王がいるのだろうか?と思えるぐらい平和な世界。

相変わらず、主人公カスマはめぐみんと一緒にいるときが一番活き活きしている気がする。

新キャラも増えて、ますます愉快になる中、最後の方で少しシリアス要素が入ったのは個人的には要らなかったかな?

2期を楽しめた人は2期も楽しめる作品になっています。
ていうか、1期見ている人には、レビュー要らない気がしてきた。
というぐらいいつも通りです。

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 83
サンキュー:

11

シン☆ジ

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

まさに作品名の通り

あんな終わり方で1期が終わり、
ララティーナは一体どんな仕打ちを?
とヤキモキしながら観ていると、
あんな事やこんな事が起きて・・

キャラの魅力や掛け合いも健在。
いやむしろバワーアップか。
新キャラも魅力的。
それを後押しするエピソードも愉しい。
それでも自分は、やっぱりめぐみんですがw
ちなみにopの作画崩壊風ダンスさえ、
めぐみんは崩されてなくない?

この世界に浸れる事の恍惚感。
まさに、この素晴らしい世界に祝福を!

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 89
サンキュー:

17

knightgiri

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これはRPGモノではなくギャグアニメです。

私はRPGものはどうも苦手なのでなかなか見る気がしなかったこの作品ですが、2クールもやってるし人気もあるようなので・・・・初回は案の定、主人公が現実世界からの転生ではじまるいつものパターンです。そしてパーティーを組む。ハイハイ。(´・ω・`)

が、どうも様子が違います。主人公のキャラ設定、ヒロインのキャラ設定がなんか普通と違うぞ?んん?と段々引き込まれて後は笑いの中へ。ま、腹抱えて笑うほどの事はないですが思わず「ニヤリ」と笑ってしまいます。

例えば、引き籠りニートだった主人公ですが、現実世界での悪逆なテクを駆使するところとか笑っちゃいますよね。これ対象が高校生なのか判りませんが、大人からみても苦笑いするようなエロギャグ満載で結構楽しめます。

1クール目の3話位を過ぎたあたりからか声優さんたちもキャラに染まってお互いに息があってくるのか、掛け合いが噛み合ってテンポよくなってきます。

そうですねぇ、類似したアニメを挙げるとすれば「生徒会役員共」「働く魔王様」ですか。ええ、世界観こそ違いますがその分類で間違いないと思います。

物語ですが一応RPGモノなのでボスキャラを倒すまでは話は続くはずですので次回作もあるはずです。ま、楽しみにしています。

投稿 : 2019/02/13
閲覧 : 99
サンキュー:

11

QP

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期もおもしろい!

1期に引き続き面白かったです。
相変わらずの濃い個性キャラもそのままで、
1期が面白いと思った方は引き続き楽しめると思います。
最後は若干シリアス?な場面もあってうまく話がまとまって
ました。
原作は全然知らないのですが、続編の期待したいです。

エンデイングの曲は、ほんわかしててとても好きです。
おうちに帰りたくなる。

投稿 : 2019/01/22
閲覧 : 71
サンキュー:

6

デルグ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

休日に大笑いさせて貰いました。明日からまた、頑張れそうです

原作未読。

自分自身がキャラクターの特異性に慣れてきた事も
あると思いますが、1期より全体的に
質が上がっている様に感じました。

1期視聴時は、「ドン引きする娘」だったダクネスが
「長く付き合えば、ダメな所も笑える娘」と
印象が変わったのも好感点。

テレビシリーズ約24分×20本
観ているだけでヒロイン達の異常さに馴れてしまうのだから、

作品内の時間で長時間共に接する
カズマの屈折した気持ちも想像してしまいます。

萌えよりも笑いに傾倒する方向に突っ走った作画も
2期でかなり好みになりました。
どんな美男美女でも全ての角度から、どんな状況でも
美しく見えるわけないよね…みたいな(笑)

終盤以外は1話毎にある程度話を片付ける
構成も観易さ倍増。

実体験としては、シリアスな物語より、人を笑わす
物語を描く方が、何倍も難度が高いと思っているので、
絶えず笑い続け、明日への元気を貰えた
作品作りに携わったスタッフに感謝すら覚えました。

笑って浄化されたい方、お勧めです。

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 109
サンキュー:

18

ネタバレ

鰺鱒

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

異世界を舞台にした終わりなき日常(ギャグ系)

原作知らず。
1、2期あわせての感想。

ドラ○もんと同じ、終わりなき日常系カテゴリと解釈。
とすれば、ほどよく面白いギャグアニメとして楽しめると思うし、
実際それなりに楽しめた。あとに何も残さない娯楽作品として、まずまず楽しかった。

が・・・僕はある頃、結構ガキの頃からド○えもんが大嫌いだった。
のび太の成長のなさ、馬鹿さが耐えられなくなった。
(成長しない馬鹿が大嫌いというきわめて個人的理由)。

非常に個人的な感想であることは間違いないと思うのだが、
アクアがどうにも好きになれなかった。というより積極的Hate。
僕の中でアクアはのび太と同じカテゴリに入ってしまった。
そのため、物語の推進剤としてアクアの失敗・ドタバタを用いる構成が次第に視聴ストレスと化していった。アクアがぎゃぁぎゃぁいう部分は純粋にうるさく感じたため飛ばし飛ばし。2期の温泉街パートはちゃんと見ていないってのが本当のところ。

アクア駆動ではないエピソードは純粋に楽しめたと思う。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 101
サンキュー:

17

ごる

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期よりもユルさ倍増

前回よりもグダグダ展開が増えたのとお色気要素も少しプラスされたので、面白かったですヽ(・∀・)ノ
今回は、ダクネスがだいぶ乙女でかわいく見えてきます(ノ´∀`*)
ダクネスやめぐみんのたまに見せる嫉妬も良いですが(*´ω`*)
アクアはやっぱりビッチですww

投稿 : 2018/12/15
閲覧 : 37
サンキュー:

6

ネタバレ

のんちくん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラだけで、数字も部数もとっても悪くないでしょ。

 序盤からだんだん、スキルとか増えて、ゲーム寄せにされたり、最終回の為に10話のうち3話も使ってしまったり、という場面がないわけではないが、見たらやめられないよ。
 ギャグ系から、コメディ系への移行が見られたり、ネタ尽きたのか?というネタも混ざってきて、そういうノリなのかなと、思ってしまえば、次の冒険も、見られるかもしれない。
 とにかく、{netabare}疲れない、安っぽさも売りなのかな?
とはいえ、
{/netabare}

投稿 : 2018/12/08
閲覧 : 85
サンキュー:

9

ootaki

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少し残念です

話は1期と変わらず途中まで面白かったのですが、アクシズ教の勧誘話が出て来て、自分の中で株がかなり下がりました。
新キャラが出たり頭の残念な話をずっとやっていれば安定していた気もするのですが。
とりあえず完走はしましたが残念です。

投稿 : 2018/11/30
閲覧 : 109
サンキュー:

9

ネタバレ

K.S

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とても面白かったです。

完全なる1期の続きなのね・・・
1期のラストはオチじゃなかったんだ・・・
{netabare}
 相も変わらず無茶苦茶だな・・・
 どう考えても、アクア神が疫病神?それともみんな?
 ちょむすけちゃんという獣も仲間に加わり・・・

4話まで視聴

 へ・・・変態だらけだ・・・
 僕もドMだが・・・ダクネスのドMさには全く敵わん・・・
 あまりにも強すぎる・・・
 カズマ君は童貞だったんか・・・

最後まで視聴

 印象に残るシーンは・・・アクアの「カズマがいっちゃいけない事、言った!」
 あのアクアは可愛い・・・
 アクシズ教ってのは酷いな。そして女性もなんだかビッチだ・・・
 僕は無信信者だけど・・・酷すぎる・・・
 
 神も神なら信者も信者って感じか・・・{/netabare}

僕もシュワシュワ飲みたい・・・「プハーッ!」ってしたい・・・
今回はシーン少なかったけど、カエルも食いたいな・・・

投稿 : 2018/11/24
閲覧 : 88
サンキュー:

18

える908

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

メインキャラの女子3人、ますますダメ人間化してます!

みんな経験値を稼いで、強くなってるのに(>_<)

性格の破綻が加速してて、
やることなすこと可笑し過ぎです(≧△≦)

めぐみんが好きだったけど、
ダクネスのおバカもお気に入りになっちゃいました(*^▽^*)

そして謝りまくりながら、仲間のおバカ3人の起こすトラブルの尻ぬぐいし続けるカズマさん。
なんだかとっても不憫!
でも笑っちゃう(*^-^*)ゞ

投稿 : 2018/11/13
閲覧 : 329
サンキュー:

35

dbman

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛すべきクズ×4

2019年に劇場版公開を控えているアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の第2期。あいも変わらず私の親愛なるクズたちは健在で、笑わせられっぱなしでした。

第一話ののっけからからいきなりそのバカっぷりをフルストットルで加速するアクアちゃん。投獄されているクズマさんを助けようと発起するシーンは、もはや出来の良すぎるコント。よくTVで行われているM1グランプリなどの漫才コンテストに出場しても優勝できるレベルだ。

良くも悪くも、やっぱり冒険としての物語はたいして進展しておらず、クズマこと佐藤和真もとい、ダ女神アクア一行の誰もが真剣にこの世界を攻略する気なんてないんじゃないかw は!? まてよ。もしやタイトル『この素晴らしい世界に祝福を!』は、「そのぬるま湯のような心地よい、素晴らしい世界から抜け出したくない」などといった意味が込められているのかもしれない!

語りたいキャラやシーンや多すぎるのでここらで割愛するが、めぐみん&ゆんゆんも最高に癒されますなあ。

して、第一期以上にお気に入りとなってしまったのがOP&ED。まず第一期のOP同様にMachicoが唄うアップテンポでテンションが上がる曲調が大いにこのすばにマッチする「TOMORROW」。これに乗せたアニメーションの謎ダンスは、中毒性がやばく何度も見返したくなってしまう。さらにダクネスが爆弾岩みたいなモンスターをぶっ叩いた爆発で中空へと吹っ飛ばされる面々も面白いw なかでもクズマさんの泣きっ面は毎回笑ってしまい、一瞬だけ目線が地上へと向きまた涙する細かい演出がもう好きすぎるw 正直、このOPほど繰り返し見てしまった作品は“俺史上初”だろう。

またEDも第一期と同じ3人娘が唄うスロウバラード「おうちに帰りたい」は、それぞれが演じるキャラの特性を完全に掴んでいると思われる声優さんたちの歌声が心地よい。歌詞とアニメーションもリンクしるので物語として完成されている。OP同様にこれらはもう、ひとつの作品といってもいいクオリティに仕上がっているんじゃないだろうか。

ここまでハマってしまった作品はそうないので、来年公開される劇場版で終わらず、ぜひとも第三期をお願いします! この素晴らしいアニメに祝福を!!!

投稿 : 2018/11/02
閲覧 : 75
サンキュー:

23

アニオジ

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱりおもしろい

登場人物たちの生き生きとしたせりフは、脚本家は天才なのか?
CASTの素晴らしい力量なのか?
オンエアじゃ気が使いメインの会話シーン
後ろで小声で呟かれるセリフまでが面白い。
BDやDVDで楽しむのがおすすめ。

投稿 : 2018/10/21
閲覧 : 59
サンキュー:

7

まいやひ~

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アクシズ教団まじヤバイ

人気アニメの2期目。
今回も声優さんの頑張りのおかげで最後まで楽しめました。
前期同様にアドリブも多かったとか。
まさにアニメ向きの原作(ライトノベル)ではないでしょうか。

ただ気になったのがキャラ絵。
なんだか1期と微妙に違うくない?
・・・・っていうか崩れてない?
そこだけが見ていて結構気になりましたね。

EDは前期の雰囲気をそのまま踏襲した感じで大好きです(笑)

投稿 : 2018/10/05
閲覧 : 66
サンキュー:

8

ネタバレ

ズッキーニ偉大なる

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

お酒飲みながら

このアニメこそ酒と合うアニメであーる!と思いました。

ふざけてる!
常にふざけてますが、たまーにある感動的な見せ場⁉︎がなんかくすぐったい感じで好きですね〜。
まぁ、すぐに覆る展開になりますがw
そんなとこも面白い。

ニャル子さんの、いい意味でウルサイ感じとはまた違い
ヤカマしい!って感じの見ていて苦痛にはならない元気で丁度いい感じの可愛いいキャラ達が揃ってます。

私の中では落ち込んだ時に見るアニメ枠に入りました!

お酒飲みながら見てると一緒に飲んでるみたいで楽しいです。はい。

投稿 : 2018/09/20
閲覧 : 42
サンキュー:

5

ニック

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

変わらず面白い。
やっと旅して温泉行ってとマンネリを解消するは良いけど最終話付近はそんなにシナリオは面白くなかったかな。しゃーない

投稿 : 2018/09/20
閲覧 : 46
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

この素晴らしい世界に(いる悲しい4人にも)祝福を!

公式のINTRODUCTION
{netabare}
不慮の事故により異世界に転生した、
ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、

「RPGゲームのような異世界で、
憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」

という夢はイマイチ叶わないものの、
なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。

転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。
一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。
攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。
能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、
なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。

―――そんなある日。
機動要塞デストロイヤーの脅威から
アクセルの街を救ったカズマたちに、
王都からやって来た使者は言い放った。

「冒険者、サトウカズマ。貴様には現在、
国家転覆罪の容疑がかけられている!」

……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)
原作イラスト:三嶋くろね

監督:金崎貴臣
シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン:菊田幸一

美術監督:三宅昌和
色彩設計:吉田沙織
撮影監督:米澤寿
編集:木村佳史子
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
録音:山口貴之
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:甲田雅人
音楽制作:日本コロムビア
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:このすば2製作委員会

オープニング主題歌「TOMORROW」
歌:Machico

エンディング主題歌「おうちに帰りたい」
歌:アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)
{/netabare}
キャスト{netabare}
カズマ:福島潤
アクア:雨宮天
めぐみん:高橋李依
ダクネス:茅野愛衣
ルナ:原紗友里
荒くれ者:稲田徹
ウィズ:堀江由衣
ゆんゆん:豊崎愛生
クリス:諏訪彩花
ミツルギ:江口拓也
{/netabare}


第1話 この不当な裁判に救援を!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:上江洲誠 絵コンテ:金崎貴臣 演出:いわもとやすお 総作画監督:菊田幸一 
作画監督:石川洋一/鵜池一馬 美術監督:三宅昌和

「これより、被告人サトウカズマの裁判を執り行います」

機動要塞デストロイヤーを撃破し、アクセルの街を守ったカズマたちは一躍街の英雄に!!……のはずが、爆発寸前のコロナタイトは運悪く領主の館へ転送され、館を爆破してしまっていた。
領主の命を狙ったと誤解され、カズマは国家転覆罪の容疑者に。
最初は擁護していた冒険者たちも、とばっちりを恐れて目を逸らし、アクアとめぐみんに至ってはカズマに罪をなすりつけるという始末。
「どいつもこいつも覚えてろよおぉぉ!!」
血を吐くような叫びを残し、哀れカズマは逮捕されてしまう。
国家転覆罪は最悪、死刑! カズマの命は風前の灯火!!
{/netabare}
感想
{netabare}

あれっ?何だか前より顔がくずれてるみたい?

でも顔芸すごいっ!w
作画が良くってぬるぬる動くバトルとかダンスとかスポーツってよくゆうけど
ぬるぬる動く顔ってはじめてかもw


それからアニメなのにみんなホンネで生きててわらっちゃうw

「そうだ!カズマは冒険者であっても犯罪者なんかじゃねー!」って
かばってくれても
「国家転覆罪は主犯以外の者にも適用されることがある」って言われたら
みんな知らんぷり。。w

いつもふつうのアニメのナナメ下に行っちゃうw

アクアは女神なのにぜんぜん助けにならないし
めぐみんとダクネスも助けようって爆裂魔法使ったせいで
カズマはもっと悪くなりそうだったし

それにカズマだってすぐ調子にのって取調官の人にいばるから
うらまれてたみたい。。
裁判で証人が出てきてもカズマの不利になることばっかり言わせてたよね^^;

裁判のさいごは
無罪になりそうだったけど領主がイジワルで反対して有罪。。
死刑って思ったらダクネスが間に入ってくれて処分保留。。
何とか助かった♪


カズマってカスマとかクズマとかって言われてるみたいだけど
ダクネスの家のことはだまってたし
ウィズが魔王軍の幹部だってチクったら自分が助かったかもしれないのに
そんなことして助かろうとか考えてないんだよね☆


でも、カズマって魔王軍の仲間じゃないって証明するのと
領主の家のべんしょうもしなくっちゃならなくなって

それでも「ここからオレの第2章のはじまりだ!」って前向きってたら
さしおさえで家のものぜんぶ持ってかれちゃった><
それだけじゃなくって借金もふえて12億4000万エリスなう。。

アクアが泣いてるのがかわいそうだった。。


なんかカズマってホントは死刑になった方が楽なんじゃないのかな?って
ちょっと思った。。
今度はほかのところに転生できたりして。。

でも、そしたらきっともっと悪いところに行っちゃうかも?

そう思ったら「この素晴らしい世界」ってホントは
引きこもってたバチが当たったから来たのかも?

だ女神なアクアがこの世界に来たのってぜったいそうだよね。。

早く魔王をたおしてこの世界から出られるといいけど。。☆彡


あれっ!?何だか暗くなっちゃったけどこれってギャグアニメだったよね?
アクアの泣き方がとっても悲しくって忘れてた。。

「この素晴らしい世界に(いる悲しい4人に)祝福を!アーメン☆彡」
{/netabare}
{/netabare}
第2話「この紅魔の娘に友人を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:上江洲誠 絵コンテ:金崎貴臣 演出:江原康之 総作画監督:江原康之
作画監督:中澤勇一/佐藤このみ 美術監督:三宅昌和

「我が名はゆんゆん! やがては紅魔族の長となる者!」

晴れて(?)死刑保留となったカズマだったが、領主の館の賠償のため、屋敷内のあらゆるものを差し押さえられ、またもや極貧生活に。
めぐみんが連れてきた黒猫ちょむすけが加わるけれど、なんとも侘しい現状なのだった。
ある日、ジャイアントトードの討伐に駆り出されるが、盾役のダクネスがいないため、悪戦苦闘でピンチに陥ってしまう。
そんな窮地を救ってくれたのは、自称“めぐみんのライバル”ことゆんゆんだった。
「さあ今こそあの時の約束を果たす時! 今日こそは、長きに渡った決着をつけるわよ!」
ゆんゆんは、なぜだかものすごく必死に勝負を挑んでくるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はOADに出てきためぐみんのライバル
(って自分で言ってるけど実はめぐみんにかまってもらいたいだけみたい。。)
ゆんゆんのおはなしかな?

カエルのぬるぬるがさいごまで気になっちゃったw


カズマとめぐみんがいっしょにおふろに入って
アクアに「ロリニート」って呼ばれたw


それからウィズのお店の「仲良くなれる水晶」で対決して
めぐみんの貧乏生活とゆんゆんのお金はあるけどボッチ。。がバレてたね^^
めぐみんがゆんゆんをからかうんだけど
ゆんゆんってそんなことでもかまってもらえるのがうれしいのかも。。

ゆんゆんが「もう悪魔が友だちでもいいかな。。」って言ったところは
何だか今週の「あいまいみー ~Surgical Friends~」思い出しちゃった。。

さいごにゆんゆんと「おとな対決」することになっためぐみんが
カズマといっしょにおふろ入ったこと言って勝っちゃったw


そう言えばダクネスはどうなっちゃったんだろう?
変態っぽいことばっかり言っちゃって領主さんが引いてたりしてね^^;
{/netabare}
{/netabare}
第3話「この迷宮の主に安らぎを!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:上江洲誠 絵コンテ:金崎貴臣 演出:吉田俊司 総作画監督:田中紀衣
作画監督:浅井昭人/清水勝祐 美術監督:三宅昌和

「ふふん。この私が誰だか忘れてない?」

アクアの浪費に賠償金……。膨れ上がった借金地獄から抜け出すべく、カズマはダンジョン未踏ポイントの探索クエストに行く決心をする。渋るめぐみんとお宝につられたアクアを引き連れ、目的のダンジョンへ。
カズマはひとり先にダンジョン内を探索しようとするが、人の都合などどこ吹く風のアクアがいつの間にかついて来ていて、いつも通りのいやーな予感の展開に……。
ところが意外や意外、女神の本領を発揮する活躍っぷり。
「日頃からちゃんとこんな感じでやっていれば、信者も少しは増えるだろうに…」と、いつもの駄女神っぷりとのギャップにむしろ哀れみを覚えるカズマだった。
そんな一行がダンジョンの奥で見たものは!?
{/netabare}
感想
{netabare}

デフォルトのときの顔の作画が1、2話ちょっとヘンだったけど
3話目は良くなったみたい☆


何だかふつうにダンジョン攻略してた☆

カズマがいろんなスキルを使いこなしてたし
アクアもふつうに女神さまだったし

彼女を守るためにアンデッドになった良い魔法使いも助けられたし
ダンジョン攻略のおわりのちょっと前までとってもいいおはなしでよかった☆


おわりがちょっとクズマにもどってたけど^^;


クエストもちゃんと終わって
お宝も手に入って
みんなにおごってあげてよろこばれて
いちおハッピーエンドだったんじゃないのかな☆


ただ、借金はぜんぜんへらないけど。。ネ^^


それから、ときどき入る外で待ってるめぐみんのヒマつぶしシーン

にゃんこに爆裂魔法かけるフリして
にゃんこもやられたフリするところがかわいかった

あと、ダクネスは何されてたんだろう。。


「このすば」ってふつうの異世界ものとのギャップがおかしいから
いつもおかしいとだんだんなれてきてあんまりおもしろくなくなるみたい

たまにシリアスっぽいおはなしもないと
ギャップもないからアキてきちゃうよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話「この貴族の令嬢に良縁を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:中村浩二郎 絵コンテ:金崎貴臣 演出:久保太郎 総作画監督:菊田幸一
作画監督/出野喜則/摺木沙織/西川真人 美術監督:三宅昌和

「頼む! 私と一緒に来て、父を説得してくれないか?」

差し押さえによってガランとした屋敷で寒さをしのいでいるカズマたちの前に、突如乱入してきた謎の金髪美女!…と思いきや、それはなんとダクネス。
聞けば、領主アルダープはカズマの執行猶予の代償に、自分の息子とダクネスのお見合いを画策しているらしい。しかもダクネスの父親もたいそう乗り気で、冒険者を続けたい彼女としては、なんとか断りたいという。
お見合いを破談にする手伝いを頼まれるカズマだが、ちょっと待て!?…とある閃きが。
「寿退社。……そう、つまりはめでたいことだ」
ある決意を秘めたカズマは、颯爽とダスティネス家へと向かうのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}

カズマがお見合いをこわす手伝いするフリして
ジャマなダクネスを結婚させちゃおうってするおはなし。。

カズマってほかの3人のことジャマ者って思ってるんだよね。。
でも、「追い出すわけじゃない」ってwクズマw

それにたくさんのモンスターを何とかするクエストをめぐみんにまかせて
ついてこれないようにしたりってホントにもう!w

でも、これってカズマのツンデレみたいなのだよね
ホントにみんなが困ってるときはつい助けちゃう。。


今日のおはなしってダクネスのドMを見るおはなしだったみたい^^;
ドレスのダクネスがとってもきれいだった☆


ダクネスがお見合い相手のバルターに
「カズマのいやらしい目をみならうがいい!」とかって
実はドMなだけじゃなくってわりとドSなところも見れたみたい
木刀で打ち合いのときもバルターに「このフヌケがー!」とか言ってたし

そのあとひきょうなカズマと戦ってよろこんでたけど
あれっ!?ダクネスの好みのタイプってクズマみたいな人なんじゃない?

そう言えばお見合い断るさいごに
「おなかにカズマの子が。。」とかってカズマを責めてよろこんでたよね。。

SでドMでLサイズのダクネスってホントにすごい人^^;

それからバルターがほんっとにいい人で
腐ったおはなしをさいごにさわやかにしてくれたみたい☆


あと、アクアが池のコイを呼ぶ小ネタがジミにおかしくってw

さいごカズマがまた何か事件に巻きこまれそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第5話「この仮面の騎士に隷属を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:金崎貴臣 演出:吉田俊司 総作画監督:田中紀衣 美術監督:三宅昌和

「我輩こそが諸悪の根源にして元凶!
魔王軍の幹部にして、悪魔軍を率いる地獄の公爵、バニルである」

王国検察官のセナが、またもやカズマたちの元に乗りこんできた。街に溢れる怪しげなモンスターの原因が、カズマたちではないかと疑ってきたのだ。思い当たることがないカズマだが、アクアが自信満々に聞き捨てならないことを言い出した!仕方なくセナや街の冒険者たちと共にダンジョンへと向かうカズマたち一行。アクアとめぐみんを待機させ、深部へ潜ったカズマとダクネスが見たものは、せっせと泥人形を作っている怪しい仮面の男だった。
「アレ、どう考えてもこのモンスターたちの主だろ……」
その通り、遭遇したのはまさかの魔王軍の幹部だったのだ。カズマたちの運命は!?
{/netabare}
感想
{netabare}

今日のクエストは
*キールダンジョンの異変を調査せよ*
それから緊急クエストでとちゅうであらわれた
*魔王軍幹部 大悪魔バニルを討伐せよ*

2つともクリアして借金完済+4000万エリスGET
それから魔王軍幹部をたおしたからスパイじゃないって証明されて
カズマの死刑もなくなった♪

。。でも、また来週は借金になるんだろうな?w


ダンジョンの中だと
いつもはぜんぜん当たらないダクネスの攻撃が当たっちゃう。。

前に来たときはアクアが女神っぽくなってたしカズマもかっこよくなってたし
このダンジョンってキャラが変わる呪いとかかかってるのかな?w


バニルが
「落ち着くがいい。。幹部とは言っても。。いわばなんちゃって幹部でな」
って言ってたけどさっき
「魔王より強いかもしれないバニルさんと評判の我輩を?」って言ったよねw

それにこの人
「我輩にはとびきりの破滅願望があるのだ」って。。
何だかダクネスと似てるかも。。って思ってたら取り付いちゃった。。


そのあとのバニルとダクネスの体の取り合いは
たぶんギャグだったって思うけどあんまりよく分からなかったw


けっきょく破滅願望はうまくいったみたいだけど
宝の箱がただのからの箱ってゆうギャグは使えなかったねw


めぐみんの爆裂魔法が役に立ってよかったw

ダクネスは痛い思いしちゃったみたいだけどそれが好きだから。。^^;
死ななくってよかった☆
ってゆうかこのおはなしって死んでも死なないんだっけ?w
{/netabare}
{/netabare}
第6話「この煩わしい外界にさよならを!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:中村浩二郎 絵コンテ/演出/総作画監督:江原康之 美術監督:三宅昌和

「今日よりこの剣はちゅんちゅん丸です」

魔王軍幹部・バニル討伐により国家転覆罪の容疑が晴れ、
しかも莫大な報酬を手に入れたカズマは、屋敷でぬくぬくだらだらしていた。
寒さのせいで外に出たくないアクアも、暖炉の前から動かない。
しかし、諸事情により外出を余儀なくされたカズマは、4人で鍛冶屋を訪れる。
なんと、バニル討伐で得た報酬で、カズマは自分専用の武器と鎧をオーダーメイドしていたのだ!
そして、早速ギルドでクエストを探し、リザードランナー討伐クエストを受けるカズマたち。
「大丈夫、どんなモンスターだろうと、俺とコイツの敵じゃありませんよ」
と刀を携え、ドヤ顔で意気揚々と討伐に向かったが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

いちお「リザードランナー討伐クエスト」が今日のメインだったのかな?
だけどいろいろ小ネタが多かったみたいw


バニルは生き返ってウィズのところではたらいてたw
残機が。。ってゲームw

コタツをゲットしてぬくぬくして出れなくなっちゃってたけどw
カズマの世界でも作れるって思うけど電気はどうしたのかな?


お金が手に入って装備を買ったらヨロイは重すぎて使えない
刀は長すぎてあちこち引っかかるから短くしちゃったw

そう言えばサムライの人って刀は左の腰のあたりにつけてたみたいだったけど
どうやって止めてあるんだろう?
ググったら帯にはさんでたみたいだけど
歩いてるときずり落ちてきたりしないのかな?w


リザードランナーのクエストは成功したけど
いつもみたくアクアの失敗でカズマが死んじゃって
死んだカズマはあの世の入り口で女神エリスをナンパしようって思ってたら
めぐみんが下ネタ落書きするっておどかして生き返っちゃったw

きょうもとーってもくだらなかったけどおかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第7話「このふてぶてしい鈍らに招待を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:小岩井礼文 演出:鈴木孝聡/吉田俊司
総作画監督:田中紀衣 美術監督:三宅昌和

「お、温泉かー。たまには贅沢して、温泉も悪くないなー」

コタツの一件以来、バニルと組んで商売を画策するカズマ。
そんな折、バニルは商品開発の知的財産権一括譲渡による高額商談を持ちかけてきた。
この商談に早くもセレブ気分のカズマは、もう危険な冒険者稼業なんかしないとのたまわり、(意外にも)魔王討伐を掲げるめぐみんを怒らせてしまう。
すると、さらにごねるカズマとアクアに、めぐみんが唐突に「湯治に参りましょう。水と温泉の都、“アルカンレティア”に」と優しい提案を持ち出す。
街の名前に反応したアクアはすこぶる乗り気、ダクネスも否やはなく、ついでにウィズも一緒に。
カズマたちはついに、アクセルの街から冒険の旅路へ?
{/netabare}
感想
{netabare}

いつもとおんなじドタバタ4人組+ウィズがにゃんこもつれて
温泉旅行に出かけることになったの

馬車には先にレッドドラゴンの赤ちゃんもかごに入れられて乗ってて。。
何とか出発したんだけどさっそく問題がおきちゃった。。

先回のクエストはリザードランナーだったけど
こんどは「走りタカトビ」の群れがダクネスのかたい体にぶつかるために
おそってきたのw

☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺

カズマってカスマとかクズマって言われてるけど
仲間の欠点をかばおうってするところはぜんぜんクズじゃないって思う^^

それでいちおチームワークも良くなってきてるみたいだし。。


ただ気になったのはめぐみんが温泉に行こうって言いだしたこと。。
もしかしていろんなことが起きること知ってたり
温泉の近くに魔王が住んでる場所があったりするんじゃないかなぁ。。w


あと、いっしょに乗ってるレッドドラゴンの赤ちゃんって何かの伏線だよね?
親が取り返しにきたりとか。。
それとも何かのときに助けてくれるとかなのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第8話「この痛々しい街で観光を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:中村浩二郎 絵コンテ:金崎貴臣 演出:いわもとやすお
作画監督:吉田功介 総作画監督:菊田幸一 美術監督:三宅昌和

「観光ですか?入信ですか?冒険ですか?洗礼ですか?」

アルカンレティアへ向かうカズマたち。初めての旅路に気分が上がったのも束の間、早速トラブル発生。
カズマたちの乗合馬車が、硬いもの目がけてチキンレースを行うモンスター・走り鷹鳶たちのターゲットになってしまったのだ!硬いダクネスのせいで……。
大ピンチの中、カズマは走り鷹鳶一掃作戦を思いつく。
「なんてことだ、私の体の上を次々と発情したオスたちが通り過ぎていく……!」
酷い扱いもまるでご褒美とばかりにもだえるダクネスの変態性にあきれつつ、何とか窮地を脱出するのだが、その夜、アクアのせいでまたしても……。
そして、ようやくアルカンレティアが見えてきた!
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は先週のつづきであらすじのおはなしで
それから夜はアンデッドがアクアに引き寄せられておそってきたの^^

ふつうにおもしろかったw

アクアがおそってくるアンデッドをかんたんに浄化しちゃったんだけど
そのときウィズまでいっしょに浄化されそうになってかわいそうだった。。

アクアは水芸もウケてたし
アンデッドも浄化してみんなから感謝されてた。。

アンデッドが近寄ってくるのはアクアのせいだから
カズマはゴメンナサイ!って思ってたけどアクアはよろこんでた

ダメ神さまだけどたまにはみんなからよろこばれるのもいいみたい☆


後半はアクシズ教徒の町アルカンレティアのおはなし

アクアはよろこんでアクシズ教の本部に行っちゃって
カズマとダクネスは2人で街を歩いてると
次つぎアクシズ教の勧誘におそわれるのw


勧誘がいろんな宗教とか新聞とかオレオレ詐欺みたいなのもあって
おかしかったw

エリス教徒のダクネスは町の人から冷たくされてよろこんでる。。
よかったね!?w
{/netabare}
{/netabare}
第9話「この不浄な温泉街に女神を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:上江洲誠 絵コンテ:金崎貴臣 演出:中山敦史 総作画監督:田中紀衣  美術監督:三宅昌和

「ようこそ迷える子羊よ。さあ、あなたの罪を打ち明けなさい」

アルカンレティアの温泉で、たっぷりゆったりのんびりするはずが、アクシズ教団の執拗な勧誘の波状攻撃に、カズマはがっくりぐったりうんざり。
一方、アクシズ教団が信奉する女神その人であるアクアは、街の人々による自分への深い信仰にご満悦。
アークプリーストとして教会に居候し、懺悔する信者を嬉しそうに説いていた。
あまりにくだらない懺悔のやりとりで、一層ぐったりして宿に帰ってきたカズマ・めぐみん・ダクネスだが、カズマの疲弊したHPを一気に回復させる魔法の言葉をウィズが紡ぎだす。
「混浴のほうのお風呂、とても広いんですよ」
……温泉での出会いは旅のお約束!?
{/netabare}
感想
{netabare}

今週はいつもより目がちょっと大きくって丸い感じでかわいかった^^


おはなしは先回のつづきでアクシス教の勧誘で
ちょっとしつこすぎてにゃんまでイヤになってきちゃった。。


それから温泉回で
ダクネスとめぐみんが入ったとなりの女子用のおふろを
カズマがのぞこうってしたりとかドタバタw


メインはアクアのおはなしで

プリーストでゆるしの秘跡をしてたりしたんだけど
にゃんが心配してたみたく温泉を浄化して追い出されて
自分が女神アクアだって発表したんだけど信じてもらえなくって
魔女狩りがはじまっちゃった。。

後輩の女神の悪口なんか行ってるからバチが当たったのかな^^

でも、いちお信者の人たちのこと考えてやったんだから
ちょっとかわいそうかも?

ウィズも何回も消されそうになってたけどアクアのこと心配してあげてて
ほんとにいい人(アンデッドだけど)


そういえば川でめぐみんとカズマが勧誘に疲れてた時
温泉でいっしょになった男の人があっちの方にいて
「石鹸、洗剤。。飲めるか~!」ってさけんでて
ウィズが来たときいつの間にかいなくなってたけどあの男の人ってどうなったんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第10話「この素晴らしい仲間たちに祝福を!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:上江洲誠 絵コンテ:金崎貴臣/斉藤哲人 演出:吉田俊司 総作画監督:菊田幸一 美術監督:三宅昌和

「そもそも俺たちは湯治に来たんじゃなかったっけ……?」

汚染された温泉を浄化するつもりが、自分の信者に魔女呼ばわりされ、追い回されるハメになってしまったアクア。
それでも可愛い信者のために汚染の原因を取り除きたいと言い出すアクアに、カズマたちはしぶしぶ付きあうことに。
山の中にある源泉を訪れたカズマたちが遭遇したのは、街でアクシズ教団の執拗な勧誘にキレていた男。
こんなところで一体何を……?
そんななか、思い出したように声を上げるウィズ。
「ハンスさん!お久りぶりです、私ですよ、ウィズです!」
魔王軍幹部のウィズと知り合いってことは、もしかして……?
必ず、生きて帰る。あの場所へ――!
{/netabare}
感想
{netabare}

「あの男の人ってどうなったんだろう?」って先回の感想に書いたら
今期のラスボスで魔王軍の幹部だって^^


でも、何だかんだって勝ったからすごいすごいw

幹部のスライムけっこう強かったけど
こっちにはときどき堕がつくけどいちお女神様がいるから強いのかも?
みんなかっこよかったけどさいごのアクアが1番かっこよかった☆


アクシス教徒たちの応援ってたぶんギャグだったって思うけど
すごいホントのこと言ってたみたい!?

☆アクシス教徒はやればできる子。。うまくいかないのは世間が悪い
☆いやなことからは逃げればいい。。逃げるのは負けじゃない。。
「逃げるが勝ち」ってゆう言葉がある!
☆迷った末に出した答えはどちらにしても後悔するもの。。
どうせ後悔するんだったら今はらくちんな方をえらびなさい
☆老後をおそれるな。。未来のあなたが笑ってるかは神でも分からない
なら今だけでも笑いなさい!


「逃げるが勝ち」って調べたら。。
「逃げるが勝ちとは、無駄な戦いや愚かな争いなら、避けて逃げるほうが、
結局は勝利や利益を得られるということ。。」だって。。
みんながこんな風に思ったら世界で戦争なんかおきないのにね。。

迷った末に。。は
お昼ご飯はラーメン?カレー?って悩んで
どっちを食べてももう1つの方がよかったかな?って思うみたいな感じかな?
だったら特上カルビ定食がいい!ってw(「マジ4」ネタだけどw)

ほかのも当たってるみたいだしにゃんもアクシス教徒になりたいかもw
{/netabare}
{/netabare}
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

見おわって


はじめの方は作画がおかしかったのかな?
顔がちょっとちがってたみたいだったけどだんだん良くなったみたい^^


おはなしは
はじめのうちはコメディなのに暗くってあんまり楽しくなかったかな?

でも、カズマのうたがいが晴れてからおもしろくなった☆


キャラはせっかく「ゆんゆん」が出てきたんだから
もうちょっと出してあげてもよかったかも^^


ギャグだったけどカズマたちはだんだん強くなってきてるみたい
主人公たち最強系のバトルアニメでも大丈夫そうw
できればウィズもチームに入ったら
もうちょっとで魔王とかもたおせるかも?☆彡


2期もおもしろかった☆

(∩^o^)⊃━☆゜.*(∩^o^)⊃━☆゜.*(∩^o^)⊃━☆゜.*(∩^o^)⊃━☆゜.*

投稿 : 2018/09/07
閲覧 : 596
サンキュー:

111

ネタバレ

Appleman

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

めぐみん可愛い

一期と変わらず声優の素晴らしさがwカズマのボヤキがたまらなく好き!
めぐみんの可愛さはラノベでもアニメでも変わんないねー(ラノベの方がもちろん可愛いけど)
ダクネスの変態ぶりも相変わらず!
基本的には一期と同じ感じかな~。{netabare}最終回のカズマの扱いは酷かったけど!w{/netabare}

投稿 : 2018/08/19
閲覧 : 72
サンキュー:

6

ネタバレ

伊吹

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

一期よりは面白い

登場人物にも愛着が湧いてきて
更に変態度も増してくるといった感じ

相変わらずストーリーに引き込まれるという要素はナシ

投稿 : 2018/08/08
閲覧 : 56
サンキュー:

2

sudasouich

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

異世界転生モノで唯一BDを購入したアニメ その2

感想は1期と概ね同じだがちょっとダレ気味?
温泉回引っ張りすぎたか?
つーかBD見返してて思ったけど、最終回の10話目だけ作画その他諸々に
違和感が・・・・・もしかして外注丸投げ???

劇場版の制作も既に発表済み。
一体どうなるんだろ。
日常系から脱して、大掛かりなドラマ仕立てになるのだろうか。
まぁ何にしろ、OVAをいくつかまとめたような劇場版生徒会役員共のようには
ならないで欲しい。

投稿 : 2018/07/31
閲覧 : 80
サンキュー:

9

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2期も相変わらず面白かったです。

1期に続いて見終わりました。
原作はライトノベルです。
原作は未読ながらとても楽しんでみることができました。
主人公のカズマと仲間たち。
駄女神のアクアと中二病のめぐみん、ドMクルセイダーダクネスのおバカで楽しい珍道中はとてもほのぼのギャグあり、ホンの少しのシリアス。
出てくる街の人たちやモンスターもちょっとおまぬけで笑えたり。
クスッと笑える異世界ファンタジーでした。
最終話はちょっとだけ感動もね。

劇場版決まっているからまた彼らの活躍が見られるのを期待しています。

投稿 : 2018/07/17
閲覧 : 117
サンキュー:

24

レモリア

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もう一度見れる作品!

ギャグ要素が多く物語の進行が遅い。

続きが見たい!

投稿 : 2018/07/14
閲覧 : 76
サンキュー:

3

次の30件を表示

この素晴らしい世界に祝福を! 第2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
この素晴らしい世界に祝福を! 第2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

この素晴らしい世界に祝福を! 第2期のストーリー・あらすじ

不慮の事故により異世界に転生した、ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」という夢はイマイチ叶わないものの、なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。―――そんなある日。機動要塞デストロイヤーの脅威からアクセルの街を救ったカズマたちに、王都からやって来た使者は言い放った。「冒険者、サトウカズマ。貴様には現在、国家転覆罪の容疑がかけられている!」……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?(TVアニメ動画『この素晴らしい世界に祝福を! 第2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年冬アニメ
制作会社
スタジオディーン
主題歌
≪OP≫Machico『TOMORROW』≪ED≫アクア(CV.雨宮天)めぐみん(CV.高橋李依)ダクネス(CV.茅野愛衣)『お家に帰りたい。』

声優・キャラクター

福島潤、雨宮天、高橋李依、茅野愛衣、原紗友里、稲田徹、堀江由衣、豊崎愛生、諏訪彩花、江口拓也、生天目仁美、西田雅一

スタッフ

原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)、原作イラスト:三嶋くろね、 監督:金崎貴臣、シリーズ構成:上江洲誠 キャラクターデザイン:菊田幸一美術監督:三宅昌和 色彩設計:吉田沙織 撮影監督:米澤寿 編集:木村佳史子音響監督:岩浪美和 音響効果:小山恭正 録音:山口貴之 音響制作:HALF H・PSTUDIO、音楽:甲田雅人 音楽制作:日本コロムビア

このアニメの類似作品

この頃(2017年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ