「ISLAND(TVアニメ動画)」

総合得点
69.9
感想・評価
359
棚に入れた
1536
ランキング
1331
★★★★☆ 3.4 (359)
物語
3.2
作画
3.6
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ISLANDの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイムトラベルもの!?

タイムリープ、タイムトラベルもの!?・・・{netabare}ちがいます{/netabare}!
その謎が分かった時、この話の本当の価値やすごさが分かると思います。
他にはあまりない設定です。
つまり、この話は、{netabare}時間を”飛び越えて”未来に行ったり、過去に行ったり{/netabare}しません。時間は、{netabare}不可逆的に過ぎていくだけで、主人公たちは{/netabare}それに逆らいません。

投稿 : 2021/08/16
閲覧 : 65
サンキュー:

1

ネタバレ

みどりーぬ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 1.5 音楽 : 5.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

うーん…?

OP、ED、作画はすごい良かった。本当に。
けどやっぱり海がテーマの作品は凪あすとか先客がいるわけだから、何らかでそれらを越えなきゃいけなかったのにその要素は無かった。これが総評かな。
ストーリーも最初の掴みはめちゃめちゃ良かったと思うし、伏線も色々あって期待が膨らんだ。けど、後半入る前あたりから置いてけぼり感が凄かったし、意味がわかんなすぎた。
整理して、見てみても、今まで部屋に引きこもってた奴が最終的にヒロイン殺して(比喩)しゃしゃり出てくるのは意味不明。感動できねぇよ。
しかも、神話の名前と現実世界の名前がごっちゃになったりするのも難解になるポイントだし、伏線にもダミーみたいなのがあって、ここ回収すると見せかけてスルーしたり、見返すのも疲れてやんなる作品でした。
あと、歌のシーンは寒かったかな。すげぇ伏線とかならわかるけど、そんな印象も無いし。
おすすめするかと言われれば、凪明日見返した方が有意義やと思うな。

投稿 : 2021/06/21
閲覧 : 114
サンキュー:

1

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 1.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こんな終わり方俺は認めない

オープニングテーマ
「永遠のひとつ」歌 田村ゆかり
「Closing tears」(NEVER ISLAND編 #9〜#10)歌 田村ゆかり

これが評価されて他のエロゲ原作(ノベルゲー)アニメが評価されてないの納得いかん。
原作に対してのこのアニメのボリューム。バカにしてんのか?面白いとか言ってる奴は原作やれ。圧倒的に尺不足だろ。2クール以上でやれや。

俺が考えるISLAND
第1クール目 原作で言う共通ルート
第2、3クール目 凜音ルート(1)とneverISLAND編
第4クール目凜音ルート(2)
でまとめろ。

neverISLAND編あんなにおもろいのにアニメ2話って…ダメだろ。原作約10時間ぐらいで?たかが1時間でまとめれるわけないやん。
おまけに11、12話原作変えまくるしくそのくそくそ。

簡単にまとめるとこうだろ
1話~3話 共通
4話夏蓮ルートをくそ短く
5話紗羅ルートをくそ短く
6話~8話 凛音ルート?原作の大事なシーンはぶきすぎ
9話10話 neverISLAND編。なにこれ
11話12話 いやなにこれwww

ぶっちゃけ4、5話の夏蓮と紗羅の話が1番原作に近かったからあれが1番評価してやるわ。ゴミだけど。
カレーの作り方で例えるなら「具材を切ります。なんやかんやで煮込んで完成」みたいな感じのアニメ。いやなんやかんやの部分はぶきすぎてめちゃくちゃもう😓

正直なんにも伏線回収してないし大事な部分はぶきすぎて原作勢は呆れてものが言えん。
てかBGMも原作と変えるし。
って事で原作やれお前ら。原作やったら良さが分かるから。

投稿 : 2021/06/15
閲覧 : 251
サンキュー:

8

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

SFミステリー系ラブストーリー

公式のあらすじ
{netabare}
本土から遠く離れた海に浮かぶ「浦島」
そこは楽園と見まごう豊かな自然と、複雑な過去と因習に囚われた人々が息づく島だった。

本土から見放され、忘れられつつあるこの地で
半ば諦めを懐きながら生きる島の住人。

そんな島に「タイムトラベラー」を自称するひとりの青年が流れ着く。
「せつな」という名前と「ある使命」以外の記憶を失ったその青年は、
凛音、夏蓮、紗羅という3人の少女たちと出会い、
やがて島の未来を変えるべく奔走をはじめる。

排他的な因習と数々の謎を秘めた浦島をめぐる
青年と少女たちの物語がひも解かれるーー。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:フロントウイング
原案:ごぉ
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクター原案:空中幼彩
監督:川口敬一郎
助監督:池端隆史
SF設定:堺三保
脚本:荒川稔久/堺三保/あみやまさはる
キャラクターデザイン・総作画監督:川村幸祐
メカ設定:常木志伸
小物設定:立田眞一/藤井結
キーアニメーター:高原修司/清水直樹
美術監督:一色美緒
背景:スタジオワイエス
美術設定:池田祐二
色彩設計:田川沙里
撮影監督:中村雄太
編集:丸山流美
音響制作:スタジオマウス
音楽:立山秋航
音響監督:森下広人
音楽制作:MAGES.
制作会社:feel.
{/netabare}
キャスト{netabare}
御原凛音:田村ゆかり
枢都夏蓮:阿澄佳奈
伽藍堂紗羅:山村響
三千界切那:鈴木達央
御原玖音:佐藤利奈
播守太郎:茂木たかまさ
反取芽衣:中島唯
鳩間杏:高柳知葉
砂田笑里:田中貴子
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

#01「Stage01 またあえたねあなたと」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
目覚めた時、切那には記憶がなかった。そこは時の流れに取り残された島・浦島。会う者誰もが謎めいている中、夜の海辺で出会った少女の歌声に切那はハッとする。そして不意にその名を口にしていた。「りんね……?」
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は公式のあらすじのおはなしで
メインの人たちの紹介とか設定みたいな感じかな?

切那は「とある」不幸な主人公の上条当麻クンに似てるみたい?w

メインキャラはみんな明るいけど
とつぜん切那を殺そうってして飛びかかってきた子もいるから
(ドジっ子だったけどw)よく分からないな。。

1話目のふんいきは、明るいけど何かヒミツがありそうで
「ひぐらしのなく頃に」にちょっと似てたかも?


今回はハダカで浦島に流れ着いた切那が3人の少女に会うおはなしで
ときどき切那の思い出がフラッシュバックするんだけど
それがどうゆうイミかとか
切那がタイムトラベルしてきたってゆうのもホントかよく分からない。。

あと、この島はよそものはきらわれてるみたいで
今回は見えなかったけど「あの島」がなにか関係あるのかも?

今回は、伏線バラまいてるみたいで
よく分からないことばっかりだったけど
↓にメインキャラの公式プロフィール張ったから
読むだけで今日のおはなしがどんなだったか分かるかも?

{netabare}
三千界 切那(サンゼンカイセツナ)
全裸で島の砂浜に打ち上げられていた謎の青年。
世界を救うという使命を背負い未来から来たのだと主張するが肝心の記憶を失っている。自分がどこの誰なのかすらも覚えていないが、あまり深くは考えない脳天気な楽天家。浦島でさまよっているところ御原凛音に出会い、御原家で住み込みの使用人として働き始める。

御原 凛音(オハラリンネ)
“浦島御三家”の一つ、御原家の跡取り娘。
引きこもりで昼夜逆転生活を続けており、昼間は頑なに外に出ようとしない。趣味は深夜の散歩。切那について何か知っているようだが、頑なに口を割ろうとしない。
五年ほど前に神隠しに遭ったと噂されているが、その詳細を語ろうとする者はいない。

枢都 夏蓮(クルツカレン)
島の町長の娘。
男勝りな口調で、島を出ようと家出を繰り返す反抗期のまっただ中。その実、恋愛ごとに関しては奥手で、よく切那に弄られる。浦島を出て本土に行くという夢に向かって邁進中。切那を本土の人間だと信じており、興味を寄せてくる。

伽藍堂 紗羅(ガランドウサラ)
切那を未来人だと信じて何かと目の敵にし命を狙ってくる。非科学的な力の存在を信じてやまない。五年前の火事で両親を失っており、真相を探る中で自らの「宿命」の本当の意味に気付いていく。


御原 玖音(オハラクオン)
御原家の現当主で、凛音の母親。
5年前に夫を病で亡くしている。ある病気を患っており、滅多に部屋から出てこない引きこもりの生活をしている。
{/netabare}

いちお、凛音のお母さんの玖音さんのも張っておいた。。
でも、へやから出てこないから筆談だったけど
おもしろそうな人w


あと、田村ゆかりさんがメインヒロインでほかの2人も長く声優してるけど
こうゆう人たちがメインヒロインのときって
サイコっぽい役とか
あとで、年を取った役をするとかってゆう時が多いみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
#02「stage02 くやまないでほしいから」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
凛音が口にした衝撃の言葉。その謎を解くため、切那は『バイモン病』について調べようとする。その風土病は島を閉ざし、凛音や夏蓮、紗羅たちの運命を翻弄していた。だが凛音の母・玖音から意外な事実を知らされる。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回もいろいろあったけど
紗羅からこの島の伝説とか聞いて何となくおはなしが見えてきたかも?


むかしこの島には御原凛音、枢都夏蓮、伽藍堂紗羅の3人の娘がいて
この島がまだ本土とつながってたころ

凛音には刹那ってゆうお兄さんがいて
2人は男女の愛で愛し合ってて
それを夏蓮が知って
おもかくしの黒巫女にたのんで2人の仲を切り裂こうってしたんだって

黒巫女は凛音に呪いをかけてバケモノの姿に変えたんだけど
凛音はそれで自殺して
のこされた切那は神官の紗羅のところに行って相談して

はるか未来に凛音がもう1度生を受け刹那とむすばれたら
呪いがとけるようにって
幻の島の黒巫女のところに行って契約したの。。

それから切那はずっと氷の中で眠りつづけてその日を待ってて
それで三千界を見守る切那には三千界ってゆう名字があたえられたんだって

それから周期的に御三家で生まれた女の子に
そのときの娘の名前をつけるようになったみたい。。


それからバイモン病でたおれたおばあさんを助けて診療所で聞いたら
煤紋病ってゆう
日光に当たると全身が焼けただれて重症になると死ぬこともある病気だって

それって紫外線アレルギーみたい?
だったら死ぬことはないって思うけど。。

でも、紫外線アレルギーって吸血鬼伝説の元になった病気って言われてるから
もしかして煤紋病って吸血鬼のことなのかな?って

それでこの島にはよそ者を入れないってゆうことになってるとかかな?
だったら、吸血鬼伝説とかありそうだけど
今のところそうゆうおはなしはないみたいだからちがうのかも?


あと、夏蓮は卒業までに100万円ためて
5年前に島を出て行ったお母さんをさがしに行きたいって思って
刹那といっしょに小原家でメイドすることになったの。。

それから紗羅は、切那のこと未来から来た運命の人だって思って
せまってきてた。。

あと、玖音と話した刹那は
凛音は本当は煤紋病じゃないって聞いて凛音にそう言ったら
そうじゃなかったら切那と自分は他人になっちゃうからって言って
凛音は信じたくないみたい。。


今回のおはなしはそれくらいかな?

まだ説明みたいなおはなしが多くって、あんまりおもしろくないけど
「STEINS;GATE」みたいに後半おもしろくなってくるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#03「Stage03 ただしいゆめのつむぎかた」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
凛音をあの手この手で昼の海に誘い出す切那。楽しいひとときが一変したのは、秘密の廃屋を凛音が見た瞬間からだった。以降、凛音は過去から目を逸らそうとするが、逆に夏蓮は過去と向き合うため大いなる決断していた。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はあらすじのおはなしで
夏蓮と紗羅と切那クンがビーチでキャッキャウフフ。。
って思わせて台本読んでるだけw

それでも何とか凛音が外に出てきたって思ったらパラソルに宇宙服!?
でも、砂に足を取られてころんでヘルメットが取れちゃったけど無事^^
やっぱり煤紋病じゃなかったみたい。。

その辺、探検してた夏蓮と紗羅が御原家の小屋を見つけて
見に行った切那もいっしょにドアをあけようってしてたら
うしろから来た凛音が「開けないで!」ってさけんでたおれちゃった。。

お医者さんの診断はパニック発作で強いストレスでたおれたみたい。。


後半は
凛音が眠ってる間に切那は自分の日記を夏蓮と紗羅に見せながら
今までのナゾの整理。。

煤紋病、伝説、凛音の失われた記憶、切那のなくした記憶
それがどこかでつながってるみたいだけど
どうしてそんなことになってるか分からないし
すべてのカギは「切那」みたいだけどそれが自分のことかも分からない。。


凛音がおきてあの小屋をあけないでってさけんだ理由を切那に話したけど
小さいころ凛音は
切那ってゆう子とあの小屋で毎日会ってたこと思い出したんだって

島のみんなはだれもその子のこと知らないって言ってたけど
夜、そこに行ったらいつでも切那はそこにいた。。って

そのときの子の顔は思い出せないけど
凛音にとっての切那は今の切那のことで、凛音はそれでいいって思ってる。。


それから夏休みの思い出みたいに
お祭、花火、そして凛音と切那クンが手をつないで。。
ってゆうシーンがあって

シーンが変わって切那クンが夏蓮に勉強教えた帰り、送っていったら
家の前で夏蓮とお父さんが親子ゲンカはじめちゃった。。

それで帰るとちゅう、紗羅に会ったからちょっと話ししたら
紗羅は夏蓮が本気でこの島、出てく気ないんじゃないか?ってゆうの
出たかったらいくらでも機会があったのに。。って


それで次の日
買い物帰りの刹那クンは
自分のへやに夏蓮のカゲがうつってるのに気がついて行ってみたら
夏蓮がとつぜん切那をベッドに押し倒して
「お願い。。メチャクチャにして!」ってゆうところでオシマイ。。


いろんな謎があって気になるけど3話目までは問題パートかな?
これからヒントが出てきそう。。

どうしてそんなことになってるか、ちゃんとした理由とかあるといいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#04「Stage04 このせかいはひみつだらけ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏蓮が望んだとはいえ、とんでもないことをしてしまった切那。夏蓮とともに逃げるように本土に渡り、向かったのは夏蓮の母親の元だった。切那が見守る中、夏蓮が流した涙の意味とは。そして紗羅にも何かが迫っていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
メチャクチャにするのは夏蓮の結婚式だってw

駐在さんと結婚することになってて
それをめちゃくちゃにしたら
こんどこそお父さんも夏蓮を島から追い出すだろうって^^

それで結婚式の日。。

切那が結婚式をめちゃくちゃにしに行ったら
駐在さんも沙羅も帰ってきたお兄さんも知ってて
みんなも協力してくれてスムーズに島の外に出れたの^^

お兄さんはお父さんに
「もういいだろう?」って言って止めてくれたの


それで、お兄さんはお母さんの住所を教えてくれてたみたい。。
本土について電車を乗りついでついたのは海の近くの丘で
そこのお母さんがいるって思ってきたら
そこにあったのはお墓。。

そこにはお母さんの生徒だった山吹さんってゆう女の人がいて
夏蓮はお母さんは中宮末春ってゆう人とカケオチしたって思ってたけど
実はそれってペンネームで
本も書いてたけどホントは5年前から大学の助教授してたんだって。。

お母さんは1年前、高速道路で事故に巻き込まれて死んだみたい。。

それで、切那がお母さんの研究を聞いたら
「世界各地の古文書にのこされている。。」ってゆうところまで言って
何か思い出したみたいに山吹さんは
「守秘義務だから」って言ってそれ以上話さなかった。。

それからコンビニでいっぱい買い物して
2人は島に帰ったけど
こんどはお父さんはおこらなかった。。

お兄さんは
「あとのことはボクにまかせてくれ
この島は変わらないといけない。。」って言ってくれた


紗羅は切那たちがいない間、お屋敷のメイドをしてたみたい

帰ってきた夏蓮たちを見て
「夏蓮も刹那も変わったのに、私は何にも変わらない。。」
ってため息ついてたら玖音さんが
「どうしました?」って戸を開けて聞いてきたの

「わたしの力が取りもどせたらこの島の病気だって何とかなるのに」
ってゆう紗羅に
「沙羅ちゃんはいつもがんばってますよ^^」
って玖音さんは言ってくれたけど

1人になった紗羅は
「ガンバルだけじゃダメなんです!わたしにはもう時間がないんです!」
って。。
17歳の誕生日まであともうちょっとしかないみたい。。



前半はナゾはなかったみたい。。

でも後半、お母さんの研究を聞かれた山吹さんが
「守秘義務」って言ったところからあやしくなってきたみたい。。

大学なのに、だいたいどんな研究か?も言えないなんててあやしいよね?
もしかしたら事故ってゆうのもウソでホントは殺されたとかだったりして?

あと、紗羅のヒミツって何だろう?
切那と結婚すること、とかじゃないよね?
{/netabare}
{/netabare}
#05「Stage05 だからあなたをしんじてる」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「私には時間がない」と焦る紗羅。『切那が時を越えた秘密』を知り、切那を自分の運命の人と推測する彼女に対し、凛音は暗黒の真実を突き付けた。血塗られた歴史に終止符を打つべく、紅蓮の炎が闇の天空を焼き尽くす。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンは燃える家の中で胸の大きな沙羅が切那にキスして
「人は同じあやまちをくり返しているんです。。この世界をお願いします!」
って言ったら火が燃えて爆発する夢を見て切那はおきたの


おきたら紗羅がいてそこに凛音も来て
紗羅が煤紋病をウミヘビで治せるって古文書に書いてあったからって
切那と凛音を海につれてきたの。。

今まで多くの人が取りに行ってそのウミヘビにかまれて死んだって。。
でも、切那は死なない。。自分の推測が正しかったら。。って

それでウミヘビ取りに海に入った切那はクラゲにさされて
いったん中止になったんだけど
その代わり、ボランティアで
島のお年寄りにマッサージしてまわる紗羅につき合うことになったの。。

その間に紗羅は自分には時間がないって話しだしたの


紗羅は火事で、お母さんをなくしたみたいなんだけど
紗羅が生まれてからその火事があるまでの10年間
島には煤紋病の患者が出なくって神の子って呼ばれてたんだって。。

だから、その火事を止めて島のみんなの信頼を取りもどすために
切那と過去にもどってむすばれて自分を産むんだって!?

お母さんと紗羅には胸のおんなじところにアザがあって
切那がタイムトリップをしてきたって聞いてから
紗羅はお母さんが過去にもどった自分だって思ったみたい。。


切那はその話を凛音にしたら
凛音は「そんな話、信じられないし信じたくもない」って。。

でも切那は「紗羅の呪縛をとくためにとことんつき合うつもりだ。。
そうしなきゃ、オレが何者かも確定できないだろ?」って言ったら紗羅が
「わたし、伽藍堂家の真実を見つけちゃったの。。」って
紗羅のお母さんが凛音のお父さんに話した暗黒の事実を話しだしたの。。


紗羅が生まれてくる前、紗羅のおじいさんが
「こんど生まれてくるのは神の子だからこの島は必ずすくわれる」
って言いふらしたんだって

それで紗羅が生まれて新生児の発病率は0になって
みんな伽藍堂家を見なおした

でもそれは、おじいさんが紗羅の両親にやらせた悪魔の儀式のせいで
生まれたばかりの赤ちゃんを日に当てて目の光彩の変化見て
煤紋病にかかってる子は死産だったってゆうことにしてかくして
見殺しにしてたんだって。。!?

伽藍堂家の権威を取りもどすためにおじいさんがやった自作自演。。
その話を立ち聞きしちゃった紗羅は
逃げるみたく家に帰って自分ごと家に火をつけたの
でも、気がついてあとを追いかけた刹那に助けられた。。

それで、5年前の火事の時もおんなじで
家族で心中しようとしたけど
紗羅だけはご神体の石の箱にかくされてたすかったみたい。。


それで紗羅はしばらく眠ってたみたい
気がついたら17歳になってて
自分の仮説がまちがえてたって分かったみたい。。
アザも代々、伽藍堂家の後つぎにあとからつけられたものだったんだって^^

それで、過去にもどってやり直すことができない。。生きる意味がない。。
ってゆう紗羅に切那は島の人たちが折った千羽鶴を見せたの
みんなやさしい紗羅に感謝してる☆

そのときの紗羅が泣きだしたところは
にゃんも思わず涙が出てきちゃった。。



お母さんたちも協力して
10年の間にどれくらいたくさんの赤ちゃんが殺されたの?って考えたら
赤ちゃんと赤ちゃんを殺された親のうらみがどろどろしてそうな
とってもこわいおはなしだった。。

たぶん見つかってたら紗羅以外の家族はみんな死刑になるくらい悪いこと。。
あんまりくわしく出てなかったから見てられたけど
紗羅が死にたくなる気持ちってとってもよく分かった。。


でも、そんなこと知らないで育って
島中のひとたちににマッサージとかしてあげてた沙羅のおかげで
お母さんたちまでは人殺しの伽藍堂家だったけど
紗羅からはみんなから愛される伽藍堂家になりそう☆彡


そんな感じで、今回は切那のナゾがとけるかな?って思ったけど
いいおはなしになって終わっちゃったみたい。。


あと、アバンで切那が見た夢って何だったんだろう?

にゃんが気になったのは紗羅のお父さんのこと。。
火事は紗羅が10歳の時おきたんだよね?

その間、両親はおじいさんと協力して赤ちゃんを殺してたんだから
紗羅のお父さんも生きてたハズ。。

10歳だったらお父さんの顔くらい覚えてるよね?
切那にそっくりだったのかな?
紗羅も火事の前の記憶がないんだっけ?
ご神体の玉手箱に入れられてたって教えられてたけど。。

そう言えば凛音は5年前神隠しに会ったって言ってたけど
やっぱり記憶がないんだっけ?
切那も記憶がないし夏蓮はどうなのかな?
いろいろフシギ。。

あの夢に出てたのが紗羅のお母さんだったら
お父さんってやっぱり切那になるんじゃないのかな?
キスしてたんだから。。

ってゆうか切那がほんとにタイムトラベルしてきたかどうかも
ぜんぜん分かってないんだけど
そろそろ後半で、伏線を回収してくれるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#06「Stage06 そこにあなたがいればいい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏蓮と紗羅の闇は晴れた。「今度は私の切那になって」と凛音がベッドで呟く。そして訪れる、切那との至福の時。覚悟を決めた凛音は、過去に別れを告げて明日へ歩み出す決意をする。だが玖音だけは複雑な表情だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
凛音と切那が仲よくなってく回で
いっしょに寝たけどホントに何もなかったみたいで
次の日いっしょにデート。。

でも、玖音さんはそれを見てニコってしたあと
「ちぇっ」とか「くそっ!」みたいな顔してたのが気になった。。

もしかして切那を凛音に取られたみたいな感じなのかな?
「エッチした?」とか「母親だもん気になる」とか書いてたけど
ほんとにそうなのかな?


あと、おまわりさんが切那に教えてくれた
凛音のお父さんがまとめたってゆう浦島のホントの伝承は
生まれ変わった凛音がほかの男の人と幸せに暮らしてて
あとで氷の中にいる切那のことを知って海に身を投げて死んだって。。


それから凛音に来てって言われた先にはあの小屋があって
前にみんなでここに来たときウソついたって。。
ホントは凛音は小屋の切那と今の切那がちがう人だって思い出したみたい

でも、凛音にとって今の切那が切那だから
ちゃんと過去に別れを告げないといけないって思ってここに来たんだって。。


それで中に入った凛音は「思い出した。。」って

凛音はここで毎晩、切那と会ってて
あの嵐の日、いつの間にか潮が満ちて帰れなくなっちゃって
2人でここで夜を明かしたんだけど夜が明ける少し前くらいに
凛音のお父さんが1晩中さがしたって言って小屋に来たんだって。。

それで、
「切那!お前が凛音を!やはり生かしておいたのが間違いだった。。」
って言って切那のこと海につき落としたんだけど
そのあと、朝日をあびてお父さんはお父さんじゃなくなったって。。

お父さんは煤紋病だったみたい。。

それから凛音は
海に落ちた切那を助けようって飛び込んだけど
気がついたら島の病院に1人ぼっちでいたんだって。。

さいごは海辺に寝ころんで
「私は凛音。あなたは切那。今ある現実。。それがすべてでいいじゃない」
って言ったら切那も「それでいい。。」って
それでオシマイ。。


切那って誰なんだろう?

あと、お父さんは切那をここにかくしてたみたいだけどどうして?
{/netabare}
{/netabare}
#07「Stage07 ずっとすきでいたいのに」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
過去を断ち切ったはずの二人。だが凛音を襲う、拭い去れない忌まわしき記憶。一方切那も新たな衝撃の真実に遭遇する。事態は急転、嵐の訪れとともに真実の扉が開かれると信じた凛音は一人、荒れ狂う夜の海へと消えた。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はビーチでそのまま眠っちゃった2人はイチャイチャw

夏蓮はそんな2人を見てやきもちで「嵐が来るぞ!」って言ってたけど
ホントの嵐と凛音と切那をバラバラにする嵐のことだったみたい?

それでビーチをはなれた2人は
2話で煤紋病でたおれたおばあさんのお店でかき氷を食べようって寄ったら
薬が切れるから早じまいするって言われて
刹那はおばあさんの代わりに薬を取りに行ってあげたの。。


それから診療所についた切那は
おまわりさんに会って凛音のこと聞かれたの。。

切那はさいきんのことだって思って話してたら
5年半の空白のことだって。。

凛音は5年半前の17歳のとき、海で行方不明になって
1か月くらい前に
いなくなったときのままのかっこうであらわれたんだって!?

ほんとだったら23歳なのに17歳の時と変わらなさすぎるから
はじめは小原家にかくしてた妹でもいたんじゃないか?
って言われたみたいだけど
取り調べでも変なところはなかったから本人だってゆうことになったみたい

ただ1つおかしなところは
そのとき凛音が来てた服が5年前とおんなじなのに
何日か着てたくらいにしか汚れてなかった。。って

それで切那は凛音が時を超えたんじゃないか?って
そしたら自分も時をこえてきたのかも?って
それでいそいで自転車に乗ったの。。

とちゅうで切那は
白い服を着た凛音が海に沈んでくところを思い出したんだけど
それがほんとに思い出なのか予知夢なのか
よく分からないで苦しんでたの。。


そのころ凛音は、切那を待ちながらおばあさんと話してたんだけど
「久しぶりだね。。」って言われて「?」って思ったら
「5年くらい前に2人でよく来ただろう?」って

そう言われて凛音は記憶を取りもどしたみたい!?
ぼんやり海のほうに歩き出したところを刹那クンが見つけて追いかけたの。。

後半は海を見つめる凛音を後ろから抱きしめた切那が
「凛音。。どこにも行くな。。」って言ったところからはじまって
凛音が思い出したことを話しだしたの


凛音とほんとの刹那(たぶん3話で凛音が言ってた小屋で会ってた刹那)が海に落ちて
気がついたら2人で嵐の後にしか見えない幻の無人島の暴龍島にいたって。。


そこで凛音はケガした切那を介抱したり魚を取って何日かすごしたんだけど
刹那はボートを作らなくっちゃとか言い出しておかしくなってったみたい。。

ある日の夜、1人乗りのボートが見つかったから
俺はいいから凛音だけでも帰れって言われたんだけど
それからどうしたのかは分からなくって
気がついたら浦島に戻ってて、なぜだか五年たってたんだって。。


それで凛音は、切那を見殺しにしたってゆうのを思い出して
過去から逃れられないから切那といっしょになっても幸せにはなれない
だから、さよならしようって言いだして
イヤだってゆう切那と言い合いになったところに紗羅が来たの。。

そのとき凛音が急にたおれたから紗羅の家につれて行って
その間に切那は紗羅の仮説を聞いたの。。


いろいろ言ってたけど大事そうなおはなしをまとめたら。。

嵐によって浦島と暴龍島の間に
現在と五年前をつなぐ次元の通路が開かれて
それで過去と現在を行き来できるんじゃないか?

切那は正しい未来を作るために何度も未来と過去を行き来してて
過去を改変した副作用でよくフラッシュバックを見るんじゃないか?

凛音もその次元の通路を通ってきたから5年前のままだったんじゃないか?って

まちがってたらごめんなさい。。でもそんな感じだったみたい。。


凛音はいつの間にか気がついててその話を聞いてたみたい
嵐が来る今ならあの日に戻って切那に会える
とか言っていそいで海に向かって行ったの

切那と沙羅が追いついたときには
1人でボートに乗って暴龍島に向かったあとみたい。。
ってゆうところでオシマイ。。



凛音は「気がついたら幻の無人島の暴龍島にいた」って言ってたけど
どうしてそこが暴龍島って分かったの?幻の島なのに?
ってゆうところはツッコんじゃダメなところなのかな?w

いろいろヒントが出たけど
ふつうに考えたら紗羅の仮説が当たってるのかな?
もう7話目で、あと5話くらいでまとめないといけないしw

でも、この前の仮説はぜんぜん外れてたから
もしかして見てる人をだますために作者が言わせてるだけかも?


それからEDのキャストを見たら「三千界切那 鈴木達央」のほかに
うしろのほうに老婆、看護婦といっしょに
「御原切那 立花慎之介」って書いてあったけど
もしそうだったら、小屋にいた刹那って凛音のお兄さんだったのかな?

だったら顔をわざとかくす必要ないって思うし
顔をかくすってゆうことは今まで出てきた人だからなんじゃないかな?


。。って考えたらあやしい人が1人いた。。
凛音のお母さん!

ずっと引きこもってフードをかぶって暮らしてるし
それにお父さんが煤紋病で死んで
前に働いてたメイドさんがやめちゃったって言ってたから
お母さんが入れかわってるって気がつく人っていなさそう。。

凛音も記憶をなくしてたんだから
実は御原切那はいっしょに島を抜け出して
凛音が記憶をなくしてる間に入れかわっててもおかしくないよね?

凛音が島を出るとき
寝てる凛音をおこして御原切那がスープを飲ませてたのもあやしいって思う

もしかして記憶をなくす薬草か何かじゃなかったのかな?

切那は暴龍島でその薬草を食べておかしくなりかけて
その薬草が記憶を消すのに使えるって気がついたとか?


それから、御原切那がお兄さんじゃなかったら
似てない双子の姉妹ってゆうのもあるかも?

何かのアニメで
双子はえんぎが悪いからって1人捨てられて
大きくなって出会うってゆうおはなしがあったって思うから。。

それに切那ってあんまり聞かない名まえだから
女の子につけてもおかしくなさそう?

でも先回、凛音と出てく切那のこと見て「ちぇっ!」みたいな顔したのって
男で凛音のことが好きだからって考えたら
お兄さんってゆうのもありかな?
お兄さんがお母さんに化けてるって。。

でも、それだとこの前、紗羅がマッサージしたとき分かりそう。。

アニメだと姉妹で百合ってゆうパターンもあるから
そんなに似てない姉妹だって思ったら
玖音さんがどうしてあんなに若く見えるかってゆうナゾもとけそう^^

暴龍島からどうやってか分からないけど凛音を5年後に送り出した切那は
なんとか浦島にもどって引きこもってたお母さんを殺して入れかわった
とか、このおはなしだったらありそう。。


あと、紗羅の火事があったのもたしか5年前で
夏蓮のお母さんがいなくなったのも5年前?
凛音のお父さんも5年前に煤紋病で焼け死んだ?んだけど
5年前っていろいろ気になるよね☆
{/netabare}
{/netabare}
#08「Stage08 またあえたらあいしてね」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
目覚めると、二人は5年前と同じ青空の下にいた。かつて凛音が真の切那と過ごし、永遠の別れを迎えた幻の島。真の切那と再会し全てに決着をつけられると喜んだ凛音だが、待ち受けていたのはさらなる謎と涙と闇だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はバタバタしすぎて何だかぜんぜん気もちが伝わってこなかった。。


おはなしは暴龍島に打ち上げられた2人が
ヘンな機械と兄切那のミイラと日記を見つけたの

その日記には兄切那が島について6日目に
機械とカプセル型のひつぎみたいなものを見つけたことが書いてあって

兄切那がカプセルの中に使える物がないか調べてたらふたが開いて
船を作らなくっちゃッて考えすぎて気が変になりかけてた切那は
それを神の船だと思って凛音を入れてフタをしたことまで書いてあったの

でも、そのカプセルはもうそこになくって
兄刹那が凛音をそのカプセルに入れて海に流したって切那は思ったみたい


けっきょく5年前にもどれなかった2人は
島でしばらくいっしょに暮らしたあと
浦島にもどろうってしたんだけど
とちゅうで嵐に会って切那だけ助かって浦島についたみたい。。

切那が目がさめたら凛音のお葬式の日で
玖音に凛音のこと守れなかったことおこられて
切那はしばらくボーってしてたんだけど
夏蓮のお母さんの助手だった山吹さんと玖音があらわれて
切那を本土につれてったの。。


着いたところは宮浦大学西山研究室で
そこには古代のオーパーツとカプセルがあったの。。

夏蓮のお母さんは世界をまわってそうゆうの集めてたみたい
それで各地に伝わる伝承とかから
自分のふるさとの浦島にそのヒミツがあるって分かって
行こうってしてた前の日に事故で死んだみたい。。

それで山吹さんが1人で島で調査をしてたとき
暴龍島で何か不思議なものを見たってゆう玖音と会って
山吹さんが夏蓮のお母さんの助手だったって知った玖音は
島で行方不明だった凛音を見つけたときのことを話したの。。


凛音は浜に打ち上げられてたってゆうのはウソで
ほんとは5年かけて海流を調べた玖音が
凛音は暴龍島に着いたんじゃないか?って調べに行って
カプセルに入った凛音を見つけ出して島に連れ帰ったんだって。。

それで山吹さんは暴龍島に行ってカプセルを研究室にはこんだみたい。。

調べてぐうぜんに分かったのは
それが時を止める装置だってゆうことで
浦島伝説で切那が永遠の眠りにつくためのものじゃないか?って

実はオーバーテクノロジーが存在する理由は2つ考えられてて
はるか過去に進歩した人間がいたか、未来からその技術が伝わったか
なんだけど、過去にそんな人たちがいたってゆう証拠はなくって
山吹さんたちは未来からだって思ってるみたい


それで、山吹さんに
「この中に入れば遠い未来で目覚めることができるでしょう」
って言われて玖音にも
「未来の人は過去にもどる技術を発明してるはず」って言われて

切那はそのカプセルに入る決意をしたの。。ってゆうおはなしだった



ふつう、こんな不思議なモノを研究室にはこぶときって
何かのヒントになるかも?って
近くにある機械とか刹那のミイラとかノートとかもいっしょに
持ってくって思うけど。。

あと、大学の研究室で
よく分からない機械をかってに使ってもいいの?とか
いくつかヘンなところはあったけど
これから切那は過去にもどるために未来に行くみたい。。


あと、玖音がどうして煤紋病のフリしてたとか
こまかいところで気になるところがあるけど
これからどうなるかのほうが気になるよね?
{/netabare}
{/netabare}
#09「Recursion01 マタアエタナオマエト」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
氷に閉ざされた『アイランド』と呼ばれる地下シェルター内の街で、切那はリンネという少女と出会い、不思議な発明を手伝っていた。地球を救うための発明らしいが、真偽は不明。そして、街は確実に終末へと向かっていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
recursionは再帰ってゆう意味みたい。。
今回は第2部になったみたいでサブタイもOPも変わっちゃった^^
おはなしも違う世界線か異次元ってゆう感じ。。


アバンはスターウォーズみたいな世界の街で
白いローブを着た巨〇なシスターサラがみんなに
「困難な時ほどみんなで分かち合うことが必要なんです」
って説教して食べ物を分け与えようってしてたら

不良少年グループがあらわれてその食べ物を盗もうって。。

でも、護衛の兵士がまわりも気にしないで銃を撃ちまくるから
サラがたおれちゃった。。

それを見た、来てた切那とリンネカップルが助けて
建物の中に入ったんだけどそのグループのリーダーの少女が夏蓮。。

夏蓮は逃げてったけど
この街には札アリと札ナシってゆう2種類がいて
札ナシはたぶん市民権を持ってない人たち。。

サラに言いかけたことから考えて
2人は兄妹のフリしてるけど刹那も札ナシみたい。。



この世界って1度超科学が生まれてほろびかけた
「少女終末旅行」になるちょっと前の世界みたい。。

外は雪と氷の世界で
残った人類は教会に支配された地下のシェルターで
古代の文明の残りを使ってほそぼそ生きてて

教会は、残った人類を少しでも長生きさせるために
みんなに外には楽園があるってゆう夢を見させて
札ナシの子どもたちは殺そうってしてる世界。。

今回はそんな世界ってゆうのが分かったおはなしだった。。


切那はやっぱりあのカプセルでこの世界に来たみたいで
リンネに助けられてお兄さんってゆうことにして生きてて
やっぱり過去のことは何もおぼえてないみたい。。


それからリンネは
家に伝わる設計図であのカプセルに似たような機械を作って
切那を使って実験してた。。

切那が入ってスィッチいれたらショートして1瞬で止まっちゃったけど
中にいる切那には外が止まってるみたいに見えたから
タイムマシンみたいなものかも?


教会はみんなに希望を残したかったから
外に楽園をさがしに行って楽園がなかったって報告した遠征隊員の生き残りが
帰ってこなかったことにされて教会に殺されたってサラから聞いて

切那が「なんてこった!?」って言ったとき
前のおはなしで切那が嵐で死んだときのことフラッシュバックしてきて

「そうだ!オレは何かをすくうためにここにいる。。あきらめるな!」
「アイランドをすくう方法はきっとある。。オレがなんとかしてやる!」
って立ち上がった。。ところで今回のおはなしはオシマイ。。


この世界って8話目のおはなしの未来の世界みたい。。
未来に来たのはよかったけど
ちょっと遅すぎた感じかも?

でも、リンネが作ってる機械が過去にもどらせてくれるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#10「Recursion02 モウクヤミタクナイカラ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
希望の見えない街で、切那は未来を開こうと立ち上がる。だが次々と押し寄せる悲運。そんな中、リンネの発明が完成し、切那が人類の存亡をかけて未来へ向かうことに。その直前、切那はリンネを抱き、ある約束を交わす。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回も前回のつづき。。

出かけてたリンネが帰ってきてカレンの仲間がつかまったことが分かって
リンネをおいて、切那とサラとカレンが助けに行ったら大司教のワナで
サラのお父さんが殺されてサラがやったことにされちゃったの。。

それで3人が
はりつけ、火あぶりの刑にされそうになったところをリンネに助けられて
切那が発見された遺跡のある洞窟に逃げこんだんだけど
切那がパネルをさわったらドアがひらいて

そこにはいろんな情報があって
リンネの家に伝わる情報と合わせたら遺跡の文字が解読できて
それが、タイムマシンだって分かったの

切那はリンネと結婚してタイムマシンに乗りこんでオシマイ。。


ってゆう、何話分にもなりそうなおはなしをギュっとつめ込みすぎて
ホントは悲しかったり、感動するかも?なおはなしだったのが
あんまり気もちが伝わってこなかったみたい

ホントはサラとカレンが死ぬ前にもどるつもりだったのが
タイムマシンって聞いたとたん刹那がいろいろ思い出して
ずっと過去までもどることになったみたい(2万年前?)

それで来週のサブタイトルは「またあえたけどアナタは」ってゆう
ひらがなとカタカナがまじったのだったから
切那が過去にもどったおはなしになるのかな?


せっかくの恋愛パートがみじかくってザンネン。。
今回のおはなしは2~3話くらいに分かれてた方がよかったみたい☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#11「Jump01 またあえたけどアナタは」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
切那が目覚めると、あの夏と同じ砂浜だった。そしてすべての出来事があの時と同じように進んでいく。その中で、切那はたったひとつの出来事を変えるため、その瞬間へと突き進む。だが待ち受けていたのは衝撃的な真実だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回、切那はぜんぶおぼえてて
ついたときから夏蓮が家出することを言い当てて
夏蓮の友だち3人にたのんでクル―ザーで待ちぶせさせて
いっしょに本土にお母さんに会いに行かせて

紗羅にも未来から来たこと言って
胸のあざのこと、誕生日には死なないこと言い当てて
凛音とも仲良くなって。。


ってぜんぶうまくいってるときに
切那は紗羅の家で神社のお祭りの写真を見せてもらってたの。。

そこには生まれたばかりの子どもを抱いた玖音が映ってたんだけど
それを見た切那は、リンネとおそろいの指輪を思い出したの


そのころ玖音は家でリンネが直してたのと同じような機械を直してて
「切那。。」ってつぶやいたところでオシマイ^^



7話目の感想で玖音のこといろいろ考えたけど
タイムマシンを持ってたこと考えたら
もしかして玖音って未来から切那を追いかけてきたリンネで
玖音と入れかわったか、それとも御原家の養子になったか?

でも、だったらいつからかな?
そうだったら凛音って刹那の子ども?


あと、分からないのは
御原切那ってゆう凛音のお兄さん(?)とお父さんのこと。。

御原切那の声は切那とちがう人がやってたからちがう人だと思うけど
もしかして御原切那が切那の子ども?

凛音のお父さんがリンネの玖音と結婚したときにはおなかに子どもがいて
生まれたときにやきもち焼いた凛音のお父さんに捨てられた?

お父さんは御原切那のこと知ってたみたいだし。。

でも、だったら誰が育てたか分からないからやっぱりちがうのかな?


もしかしたらリンネと刹那って
今までのおはなしに出てきたほかにも
なんどもタイムリープしててややっこしいことになってるのかも?


いろいろ考えてもよく分からないけど来週には分かるのかな?

楽しみ☆
{/netabare}
{/netabare}
#12「Jump02 てをつないでアシタへ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リンネと凛音・・・二人の少女をめぐる真実が明らかになり、切那は一つの決断をする。それがみんなをえがおにできるのか? 大いなる謎が解けたその果てには、新たな未来がまっていた。もう迷わない。永遠のフィナーレだ。
{/netabare}
感想
{netabare}
今までの解決編。。

はじめに凛音に玖音の指輪のこと聞いたら
切那が来てから外したみたい。。

それから刹那が歌ってた
「♪~時をこえよ~世界を変えるために~♪」ってゆう歌
は玖音がよく歌ってたって

それで、御原家の図書室に行って凛音のお父さんの日記をさがし出したら
玖音が死んでしまった。。って書いてあったの
それでよく読んだら御原家の秘密が書いてあったの


今の玖音は24年前に
リンネってゆう自分の名前以外は忘れてはだかで浜にいたんだって

それを赤ん坊の切那をつれて浜を歩いてた凛音のお父さんが見つけて
ひろってメイドにしたんだけどお腹に赤ちゃんがいるのが分かって

凛音のお父さんからはおろせって言われたけど、3日泣いてたら
切那を産んだ影響で本物の玖音はもう子どもが産めないって分かって
リンネの子どもは養子になって
そのとき自分の名まえをその子につけるようにたのんだんだって

凛音は本物の玖音になつかないでリンネになついてたから
玖音がノイローゼになって死んで
リンネが本物の代わりに玖音になったみたい。。


切那が日記を読み終わって、よく分からなさそうな顔してる凛音に、切那は
「お前が愛しくて抱きしめたいって思ったけど
あと1歩、ふみ出せなかったのはオレがお前の父親だったからだ!」って。。

それで「どう見てもそんな年には見えない」ってゆう凛音に
「時をこえてすれちがったんだ!」って言ったの。。


それで走って出てった凛音と入れ違いに沙羅と夏蓮が入ってきて
「未来からタイムマシンで来た」って言ったら2人ともびっくりしてたけど
桃香さんが1つ言い忘れたことがあるって帰って来て

あの装置はタイムマシンじゃなく
「時の流れを止めるもの」だって説明はじめたの。。

「そもそも過去だったらもう1人のあなたがいるはずでしょ?
ここは過去とほぼ同じことが繰り返されてる未来です
この世界の歴史は何度もやり直されてる可能性があります」って

その理由も仕組みも分からないけど
遺跡を炭素同位体を使って調査したら
一定の期間で文明が石器時代から高度なものになってまた石器時代に
ってゆうのをくり返してるんだって。。

リンネは切那を送り出してから
その装置が過去に行かないことに気がついて
自分で作った装置であとを追いかけたみたい。。


あとは、切那が玖音のへやに行ってカギをこわしてムリヤリ入って
「リンネ!」って呼んだら
「わたしは玖音です。。過去をすべてをすてたんです。。
愛する人を追って、時をこえました。。」って

はるか手前で目覚めて記憶もなくしていたけど
おなかの赤ちゃんが動くたびに愛する人のことを少しずつ思い出して
この愛する人の分身だけは守ろうっていろんなことに耐えてきたら
奇跡がおきて愛する人が来てくれたって思ったのに。。

切那はリンネに似た凛音にひかれてって
玖音がリンネだって気づいてくれなくって
娘の涙を見たくないからこのまま顔を見るのもやめましょう。。って


そこに凛音が入ってきて
「わたしに名前をくれてありがとう☆
わたしが生きてこられたのはお母さんが幸せをぜんぶくれたから。。

切那、言ってくれたよね?
いつか、また誰かを好きになれる、って。。だからもう大丈夫。。

わたし、いつの間にか2人からいっぱい幸せをもらってたんだね。。
もう十分だよ。。これ以上幸せもらったらわたし、こわれちゃう
だから返すよ、この名まえ。。
お母さん、いや。。リンネ」って

それで刹那がシーツをリンネにかぶせて結婚式。。

おたがいに「ずっと好きだった。。」って。。
「歴史をこえてまた会えたら、こんどはウェディングドレスでまたやり直そう」
って言ってたけど、けっきょく教会ですぐ結婚式やり直したみたいw

EDはみんなのそれからと、リンネと刹那の新婚旅行。。
それでオシマイ。。



いい終わりだった。。さいごちょっと泣いちゃった。。


「{netabare}NORN9 ノルン+ノネット{/netabare}」ってゆうおはなしでも
世界がリセットされてて過去にもどったって思ったら
未来だったってゆうアイデアがあったし
歴史は繰り返すってゆうから、こうゆうおはなしってめずらしくないのかも?

でも、リセットされるたびにまた
ほとんどおんなじ世界が繰り返されて
DNAとか記憶もほとんどおんなじ人が生まれてくるんだったら
ずっと未来に行くのと過去に行くのがおんなじで

タイムマシンとほとんどおんなじなのに
どうしてこんなめんどくさい設定にしたかよく分からないよね^^


あと、御原切那をお父さんが小屋に閉じこめてた理由がよく分からなかった。。

紗羅のおじいさんたちが
煤紋病の子どもを殺してたのが16年くらい前だから
25年くらい前に生まれた御原切那が煤紋病だったとしても
殺されることってなかったはずだよね?

どこか、にゃんが見忘れたところとかあったのかな?


あと、さいごにリンネが
もうちょっとのところで凛音と刹那をくっつけそうになってたけど
2人ってホントの親子だよね?

リンネは玖音になってほかの男の人と結婚してたし
自分のほうがだいぶ年上になっちゃって
切那に会わせる顔がないって思って
若い娘といっしょになったほうがいいって思ったのかな?

それで、娘が泣くの見るのがイヤだった
ってゆう気もちは分かるけど
でも、娘が父親とくっつくのをだまって見てるって
やっぱりおかしいって思う。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

いちおループ物で、いいラブストーリーだったと思う☆

ただ、説明っぽいところが多くって
12話でやるのはむずかしかったのかな?
バタバタしちゃったみたい

もうちょっとゆっくりやってくれたら
気もちが伝わってきやすかったかも。。


ストーリーの☆は
ラブストーリ―としては3.5だけど
タイムリープのナゾみたいのがあったから合計で★4つ

作画はさいごまでくずれたりしなかったし
田村ゆかりさんの歌もよかった
声優さんも上手な人ばっかりだった

でも、キャラはおはなしに動かされてるみたいで弱かったから★は3.5。。


投稿 : 2021/06/10
閲覧 : 657
サンキュー:

48

ネタバレ

とーよ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ふたりの愛ランド(歌:リンネとセツナ)

「ISLAND(アイランド)」(2018年夏アニメ)
グリザイアシリーズを手掛けたフロントウイングによるPCゲーム(一般)
が原作のアニメ化作品。ゲームの方は未プレイです。

始まりは、タイトル通りの離島(浦島)に流れ着いた主人公、名前も含めて
それまでの記憶をほとんど無くしていますが、自分が未来からやって来た
タイムトラベラーということだけは覚えてました。どうやらタイムリープ
SFモノのようですね。そして、謎の風土病の煤紋病という奇病、本土から
忘れ去られ排他的、因習的な島の人々、浦島御三家の確執、伝承にある
謎の無人島の暴龍島…。
しかし、タイムリープと魅力的な題材がこれだけ揃っているに個人的には
ちょっと肩透かし気味となりました。まずはいつものごとくの尺足らず。
やはりマルチエンディング仕様のPCゲームを1クールアニメに落とし込む
のは相当無理があるようです。浦島御三家のうち、凛音がメインヒロイと
いうのは分かりましたが、残りの2人の夏蓮と紗羅ルートは取って付けた
ような話になってしまい残念というかある意味不自然なくらい。そして、
メインヒロインを務める田村ゆかりさんがOP、挿入歌を歌われて、いや、
それが悪い訳でなく、原作ゲームでも声を当てられているのですが、本人
が偉大過ぎてアニメ作品の凛音がどう聞いても「田村ゆかりさん」になって
しまうのですよwそれと正直、全体的に説明不足(先述の尺不足に起因)で、
見ているこちらが置いてけぼりになる印象です。こういうことになってる
から分かる?しっかり付いてきてから見てね!みたいな感じです。

アニメは全体が12話の構成。最初の8話までがヒロインの凛音を中心とした
浦島御三家の少女達との交流、そして残りの4話で舞台が変わりSF話が加速
して最終話まで持っていきます。前半での問題、伏線提示、そして後半一気の
回収の流れが好きな方は、ギアチェンジしてから収束していくまでのプロセス
を本作で十分楽しめるかと思います。何より最終話は全く予想外でした。根本
(タイムリープ)は、そういう仕組みなのね。騙されてたわ(笑)アニメのエンド
は原作のPCゲームとは違うようですが、上手くまとまっていて私は好きです。
でも、今回で解決していない方は後味が悪いので是非2期をやっていただいて
救って欲しいですね。どの世界でもリンネとセツナの物語ですよ。ふたりの愛
ランド♪ 翔んで夏シマシタまでは定かではありませんが( ̄∀ ̄)

[本作のタイムリープ]
{netabare}いやー、切那本人がタイムリープ(トラベラー)って言ってたからそうだと思って
ましたが、一切過去に戻っていないとはw結局、時間軸も1本、時の流れも未来
への一方向だけだったとは。都度、コールドスリープで未来へ何度も。しかし、
過去と同じような事象を何度も繰り返す状態というのはなんとも紛らわしいw
未来が今まで経験した過去と同じような世界(文明退化も含め)になっていたら
過去に戻ってきたと勘違いしますね(^◇^;)ってことは、8話までの話は過去の
話でタイムマシンが本当に作られない限り凛音の溺死の事実は変わっていない
ってことだから是非2期で完成させて、過去に戻って、この時の凛音を救って
欲しいですね。{/netabare}
※ゲームの原作はやってないので解釈が間違ってたらゴメンなさい。

浦島のモデル(舞台)は、伊豆七島の新島、式根島のようですね。私は伊豆大島
は行ったことがあります。実際も作品同様で素敵な海なんでしょうね。機会が
あれば訪れてみたいものです。夏の海を感じさせてくれた作品でもありました。

【2021年5月視聴。同月初投稿 加筆修正済み】

投稿 : 2021/05/13
閲覧 : 100
サンキュー:

13

ネタバレ

あーちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ごめんなさい、りかちゃまの声にしか聞こえなかった。。。

あまり内容覚えていないというか、あんまり興味をもって見れなかったけど何とか完走しました

途中から加速していく感じかと思うけど、
11.12話くらいしか覚えてないです、すみません。

タイムリープ物とかタイムトラベルものって日常から後半加速していくのが多いよね。

12話はよかったと思う。
りんねとくおんは時間軸の違う同一人物ということでよいのかな??
せつなは、過去のりんねと子供を作って、
りんねは別の時間にタイムスリップしてしまって、娘を産んだ。
りんねはくおんとなり、娘がりんねとなった。

せつながタイムスリップしてきて、りんねといい感じになるけど、それは娘だから。
でも結局くおんと結婚するから、くおんとりんねは別人なのか。

投稿 : 2021/04/17
閲覧 : 83
サンキュー:

4

ネタバレ

ハルジオン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

衝撃のラスト

衝撃のラスト

投稿 : 2020/11/21
閲覧 : 220
サンキュー:

1

ネタバレ

あぎら さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一気観しました!

一話で切っていましたが、タイムリープものということを知りもう一度見てみました。

そしてみてみれば、ビンゴ。
面白かった。

他の似た作品に比べてしまうともう少し物語をよくできたのではないかと思いますが、何も知らず、何も考えず単品で見てみてください。

結構面白みを感じます。

でも、ぶっちゃけカレンとサラはいなくてもよかったんじゃね?って思うくらい重要な役割はなかったかと感じます。

あとあと、個人的にはカレンのお母さんが見た目的には一番好みでした。
ありがとうございました。

投稿 : 2020/07/03
閲覧 : 274
サンキュー:

4

ネタバレ

hyoi さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋愛モノのテッペンとれる!

とにかくすごいアニメだった❗️
まず、展開が最後の最後まで全く読めなかった!
よく展開読めないのあるけど、でも、なんか引っかかるところがあったり、納得いかない終わり方するものはいっぱいあったが、ここまで、完璧に綺麗に終われる作品をあまりみた事がなかった❗️
正直最初は展開が凝りすぎて、伏線も貼りすぎていて、絶対1クールで終わらんやろ!と思っていたんですが、本当に綺麗に終わらせてくれて、本当にいいアニメでした❗️
恋愛モノの中では1、2を争うハッピーエンド❗️

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 191
サンキュー:

5

ネタバレ

vivi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最後まで観れば

序盤はかなりだるい展開ですが、後半1/3で一気に展開していきます。最後まで観れればそれなりに満足感は得られる作品です。

{netabare}
01-08話:だらだらと日常+軽いミステリー
09,10話:未来編
11,12話:8話までの世界に対する完結編

ただし、いくつか肝となる謎が放置のままに終わるので消化不良感はあります。

特に気になる点としては

・刹那の出自、どこから来たのかは謎のまま
・リンネ(母)と刹那を目覚めさせたのは誰なのか
{/netabare}
序盤脱落者の影響なのか点数は低めですが、最後まで観れれば点数よりもワンランク上の作品を観たような気分にはさせてくれるのではと思います。

投稿 : 2019/12/18
閲覧 : 271
サンキュー:

3

ネタバレ

ねりたぁさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

途中で全部わかっちゃった。

途中、
凛音おかあさんの歯噛みでからくりが全部わかっちゃった(笑)
凛音とヤっちゃったのかしつこくきいてたので
決定打かなと。

後半、シナリオの説明に一生懸命に
なりすぎて、キャラが全然動いてなかったですね。
キャラがシナリオ通りに動きすぎて、
演出的にどーなんだと思って「ハイハイ」って
感じで答え合わせだけして見てました。

私の解けなかった謎は
「三千界 切那はいつの時代の生まれの人間なのか」です。
未来でのセツナは過去からの旅人。
過去でのsツナは未来からの旅人。

一体どこの生まれなんだよと(笑)

投稿 : 2019/09/21
閲覧 : 330
サンキュー:

4

ネタバレ

ka-zu! さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

後半は可能性しか感じなかった

後半一気に面白くなります。
突然スケールが大きくなるので、びっくりしました。
タイムパラドックス系のアニメだから面白いわけではなく、しっかりと構成されています。
すごいいい素材なのだから2クールでやるべきでしたねこれは

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 198
サンキュー:

3

ネタバレ

U さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

C. ネタバレ注意

Windows用ゲームソフトが原作

<主要登場人物>
・三千界 切那(さんぜんかい せつな):鈴木達央
・御原 凛音(おはら りんね):田村ゆかり
・枢都 夏蓮(くるつ かれん):阿澄佳奈
・伽藍堂 紗羅(がらんどう さら):山村響
・御原 玖音(おはら くおん):佐藤利奈


最初、浦島御三家をめぐる伝承や煤紋病など島の謎解きの話かと思ったら時を越えて愛する人を探す壮大な物語でした
数千、数万という時を越えたハッピーエンド
最終話、感動的でした
だからこそ島で再開したリンネとの時間をもっと丁寧に描いて欲しかった!
島の謎解きかタイムトラベラーの話どちらかに絞った方がよかったような気がします

夏蓮、紗羅の回は盛り込み過ぎかな、どちらも切なくて良い話だったけど
でも、この2話がないと2回目の浦島での「未来から来た(と切那は思ってる)」ことの証明が難しいか

自然豊かな光の世界と雪と氷に閉ざされた世界の対比の効果もあり
島の自然や光の描き方がきれいでした

ゲームをしていないせいか解らなかったことを書き留めます
1. 娘が父親を好きになっていくのを止めないのはなぜ?
2. 跡継ぎは女系が原則とはいえ義理の父が息子の切那を隠すのはなぜ?
密かに育てている息子と実子として育てている凛音が愛しあっているのならば女の子が産まれたら丸く修まるのでは?
3. 2回目の浦島の玖音=リンネだったが最初の浦島の玖音も?
4. 守春(夏蓮の兄)や桃香(夏蓮の母の教え子)が同性愛者というのはストーリーと何の関係が? (結婚式のシーンで守春と金城が手を繋いでたよね)
5. 2回目浦島に来た切那はなぜ記憶がある?
6.「誰か女の子を助ける、そして世界を救う そのために過去へ戻ってきた。それから誰かを殺す」の誰かを殺すはどこで回収?


一定期間ごとにに石器時代~高度な文明へ進歩し、石器時代へ戻るという時代をを繰り返してるというのはLOST SONGと同じ設定だけど
姿は同じでも考え方や生き方が違うというLOST SONGの方が私は受け入れやすかったです

19.1.19

投稿 : 2019/01/22
閲覧 : 238
サンキュー:

4

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

展開早くて感情移入ができなかった。

観る前は、島に起こる謎、不可思議な事件みたいな宣伝と可愛らしいロリ系キャラクターということで、ひぐらしを彷彿としていました。

グロイシーンはないのでみやすいのかな。マイルドに恋愛ものにした感じ。+シュタゲ的要素入れ込んできたな〜と思ったらタイムトラベルではないというオチはへぇ〜という感じです。

おそらくアニメの展開が早すぎて、主人公の気持ちに同調できなかったなと思う。もっともっと島民との楽しい暮らしや、冬バージョンの暮らしの時間を長く尺があれば、もっといい作品になったと思います。

けど、好きな絵柄と、ゆかりんの美しい声が最高なので、悪くは無いです。

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 180
サンキュー:

5

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

私的に最終話が解せない

青い海と空、白い雲が背景という夏らしい作品
個人的に苦手なタイムリープものですが、説明が丁寧なのでついて行ける方です。でも、細かい話や重要な何かを見落としたのかもしれません。

以下物語の最重要部分のネタバレですので
この作品を最後まで視ていないならば絶対に読まないでください。
{netabare}
実は凛音が切那の運命の人ではなくその娘で、玖音こそが運命の人であるという展開に、ちょっと面喰いました。そいう話ならば最終回中あるいは最終回までにヒントというか伏線というか、玖音の行動や言動で、納得できる話にして欲しかったです。運命の人がわかったからといって凛音の心情を考えるとメデタシメデタシとはならないような気がします。というか、そのことを最初から知っていた玖音には何故なの、と思ってしまいます。
{/netabare}

投稿 : 2018/12/20
閲覧 : 168
サンキュー:

7

ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

良い1クール作品

こういうセカイ系の作品だと、1クールでは物足りなかったり説明が足りなさすぎたり、個人的には評価が低くなることが多いのだけれどこの「ISLAND」は面白かった。


物語は、ある島を舞台として、終焉を迎える世界を変えようとするタイムスリップもの。

島に流れついた記憶喪失の男主人公・セツナ。リンネ・サラ・カレンと出会い島で過ごすうちに、記憶を取り戻していき、自分の役目を思い出す。世界を変えるために、時間の流れが止まるカプセル(タイムマシン?)の中に入り、タイムスリップしてきたのだ。

しかし、その実は未来からのタイムスリップではなく、過去からのタイムトラベルであった。なんと、世界は原始時代~ハイテク時代~終焉を繰り返しているのであった。タイムパラドクスも起きなければ、違う時代を生きた同一人物が同時に存在もしない。

ただ、セツナの目的は変わらず、ループを脱して世界を救うこと。

アニメではセツナが世界を救うところまでは描かれず、ループを抜け出すきっかけとなる希望を描いて終わっている。セツナを追って必死にタイムトラベルしてきたリンネとセツナの時を超えた邂逅でアニメは終わる。この引き方は意外性があってよかったと思う。


作画はロリ系だったが、さすがfeel。文句の付け所がない。すごい気合が入っているように思えたので、これは満点。キャラもかわいく描けてて、よかった。

曲に関しても、よくできていたし、歌唱力が◎。挿入歌も使い方がよくて、アニメに引き込まれた。

投稿 : 2018/12/16
閲覧 : 139
サンキュー:

5

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見るなら途中でやめないで

世間の評価よりわたしはずっと楽しめました。でも、特に中盤は不定期に睡魔が襲ってきてしまいました。少し退屈でしたね。

伏線の回収やストーリー展開はちょっと雑で、作り込みに期待は禁物です。シュタゲが出来すぎなんでそこまで期待せずに見れば、終盤は見てよかったと思えるレベルになりますよ。

8話までの内容次第ではもっと高評価されていたはずで、逆に言えば低評価されているのは途中で作品の視聴をやめられた方に多いと想像しています。
とにかく見ようと決めたら途中寝ながらでも最後まで見ることをオススメします。

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 167
ネタバレ

Yas さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

.

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 274
サンキュー:

1

ネタバレ

Maskwell さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

開始10分で面白そう!ってなった

そして2話ですでに飽きだし、8話くらいで一度挫折し、惰性で最後まで見終わった作品。

浦島というキーワードと純愛を描きたいというコンセプトはしっかりと見えているのに
どうしてこんなにいろいろと最終的には残念な感じなのだろう。

一つの要因としてはペース配分が下手くそだったことだと個人的には思う。
一応ヒロインは三人なのでラストを考えると一人あたり三話のペースで消化せざるをえない。
そのせいでサブ二人が完全にモブみたいな扱いで、感情移入なんてする間もないので
結果的にすごく退屈な時間が多いように感じた。

もう一つの原因としては、ストーリーをややこしく見せようとあえてしてしまっている点
謎を見え隠れするような表現が正直上手とはいえなかった。

ハーレムものとしては弱いし、あっと驚く展開もどこかで見たような感じかつ
伏線回収がばがばで割りと低評価なアニメだった。

救いがあるとすれば田村ゆかりの声はかわいかった。

投稿 : 2018/10/18
閲覧 : 149
サンキュー:

7

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

9話まで見よう!そして、サスペンスではない

前半から見ていると、なんかやっちまった感が非常にあります( ̄▽ ̄;)
最初に先入観なく見たときは、いたる所で隠された真実や何かを抱えて生活している住人、外界から遮断されたような島など、サスペンスやホラーテイストも入ってる感がしました。まったくそんな要素もなく純愛でした。

島での出来事だからアイランド?まぁ、いくつかの疑問はありますが9話から一気に確信に触れてきます。
最後まで見ると良さがわかりますよ( *・ω・)ノ
しかし、最後のどんでん返しは斜め上の発想ですw

投稿 : 2018/10/14
閲覧 : 131
サンキュー:

7

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

SF恋愛アドベンチャーゲームのアニメ化

本土から離れた南の島「浦島」。この島には風土病の「煤紋病」があり、過去の事件などにより本土とは確執があった。ある日、未来から来たという青年が流れつき、浦島御三家の少女たちと出会い、未来を変えるために奮闘することになるところから物語は始まる。
-----------------------------------------------------------------

絵は見やすいデス。
キャラはイマイチ、興味持てなかったデス。
でも、リンネちゃん、可愛いデス。
ストーリーは、最初はまったりとした感じだったのに、9話以降、ビックリな展開デシタ。
ミステリーとか謎とか色々あり、ツッコミ所も結構ありましたが、それなりに楽しめました。

投稿 : 2018/10/10
閲覧 : 113
サンキュー:

5

ネタバレ

ちゃろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ひっかかりが多い

物語がどうとかの前に設定等がいまいち受け付けられなかった。

個人的には主人公の好感度も低い。

これだけのことで終始違和感を感じながら見ることになりいまいちハマることが無く終わりました。

コンビニも無い島に住んでいるにもかかわらず女の子が垢抜けすぎている。見た目も性格も。この時点でもう違和感。だけどそれはもうしょうがないかなとは思う。

さらに主人公が受け付けない。典型的な常識のないずうずうしい系の男で常に鼻につく。

こうなってしまっては物語で惹きつけてほしいところですが正直物語も突っ込みどころが多い上大して面白くはない。

さらに物語とキャラクターのビジュアルがあってない。ひぐらしやまどマギの様にあえて違うようにしてギャップを楽しむタイプの作品もありますがこの作品はただただ合わないだけで終わってしまった。

あと個人的にメインヒロインがみなみけの内田にしか聞こえないです。

投稿 : 2018/10/04
閲覧 : 105
サンキュー:

5

ネタバレ

plm さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ぶっとびアイランド

ノベゲー原作ならではの雰囲気
なんとなくひぐらしやCLANNADみたいな時代を彷彿とさせられる
ループものを匂わせたり伝承、風土病的なのがでてくるのもそれらしい
けれどジャンル的にはホラーサスペンスというより
ギャルゲーとミステリーの中間のようなそのへんがCLANNAD系風味

■詰め過ぎィ
ノベゲーにありがちだけど原作で豊富な文章量で描写されるものを
アニメでいいとこだけ抜き取った結果突拍子ない展開になってしまうこと
1クールという尺で3キャラルートくらい攻略した上
別時空編みたいなのも盛り込んで急展開の連続
作品世界に没入する前にどんどん展開してどんどん畳まれてしまった印象

観終わってみれば繰り返していた時空とヒロインの正体などの
話の肝となるギミックがあったのだけれど
そういう主軸の部分に興味が行き着く前に掠る程度の伏線だけで
キャラ掘り下げのイチャつきパートをやっていたので
序盤視聴時は話が見えんなぁ…という状態で鈍足進行にすら思えた
時おり出される伝承の話なんかも説明詰め込み感すぎて
物語の本筋が見えないのでそんなに興味が持てなかった

■「謎」
ISLANDにおける謎といえば
主人公は何者なのか、ヒロインが抱える問題は何か
といった点が最初に提示されていたと思うのだけど
興味を引く材料としてはだいぶもやっとした曖昧な謎だったと思う
話として主人公が何者であろうと現関係に特に問題はなさそうだったし
ヒロインの日光に当たれない問題も早々に解決してしまってあっけない
強烈に興味を引くような「謎」がなかった

その状態で延々とイチャイチャ描写を見せられても
うーん微笑ましい気はするけどだからどうなんだ?
…みたいな雑念が湧いてきてしまう
最終話までみた後ならそういう意味での愛情だったんだと納得する部分はあれど
ようは二周しないと情感の湧かない描写だったという

話からして初見で楽しませるのが難しい題材だったんじゃないかとも思う

■一言まとめ
一言で思い返すと超展開アイランドな作品でした

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 106
サンキュー:

9

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

僕は好き。できれば2クールで観たかった!

原作:ゲーム 未プレイ

全12話


ネタバレ感想

久しぶりに美少女ゲーム原作のアニメで、同じ「D.Cダカーポ」シリーズは好きなアニメだったので期待してました。
(ちょっと似てるとこも多く、島、島特有の謎、伝説など)

映像は、背景も含め綺麗。特にキャラデザが綺麗で女の子達が可愛かったです。

ストーリーは、序盤から謎ばかりで、話を理解してついていくのに必死で、毎週2話づつ観てました。
ただ、最後まで観て、終盤は駆け足だし、EDはダイジェストだしで、こりゃ12話じゃ足りないと感じました。
今から思うと、特に9、10話の冬編ネバーアイランドは、ホントの凛音との出来事なんだから、ちゃんと出会いから好き合う中になるまでの描写をもっと見せて欲しかったです。
ここをもっと魅せてくれれば、最後 もっと感動できた人多かったんじゃないでしょうか?
せっかく人気ゲームらしいんだから、勿体ないよねぇ・・・

終盤で、なんで刹那が凛音にキス以上をしようとしなかったのか?
え?
もしかして・・・
自分の娘だから?
じゃあ玖音がホントのリンネ?
っと、うすうす気がついたけど・・・
結果
やっぱりな!って思うより、なんて残酷な展開なんだと、ちょっとではなく、めっちゃ切なくなったよ。
だって、ホントのリンネは刹那より10歳以上?歳上になってしまい、娘の凛音は、父親を好きになってしまったってことだから・・・
僕的には、カプセルに入って刹那を追ってきた世界に刹那はいなく、宿していた子を産んで15年?ちかく寂しい思いをしていたところにやっと刹那が現れるも、アラサーになってしまったホントのリンネが不憫に想えて仕方なかったです。
しかも、自分の名前を娘に与え、娘と刹那が結ばれることを容認しようとしていたなんて、考えただけで胸が苦しくなります。
でも、最後はちゃんと娘から名前を返してもらい、刹那とめでたくゴールインしたラストは、ホント 報われて良かったなぁ・・・でした。


総評
う~ん
最後良かったけに、やっぱ24話くらいでじっくり丁寧なシナリオでアニメを観たかったですねぇ。。。
ちょっと残念。
でもまぁ、美少女ゲーム原作らしいとことか、謎や伏線なんかが興味持てたし、作画やキャラデザも綺麗で久しぶりにSF恋愛物楽しめました。

今度は玖音の言動に注意しながらもう一回再マラソンしたいと思います。




主題歌は、OP&ED どちらも良い曲で、CD購入。
今期1,2位くらい好き。
9、10話のネバーアイランドのOP&EDも良い曲で、それぞれ同じCDのカップリング曲として入ってるのでお得でした^^
OP&ED両方ともカラオケで歌いました。
DAMのカラオケでは、OPは田村ゆかりさん本人の映像。
EDも亜咲花さん本人の映像ですが、こちらは期間限定なので今のうちに歌って、綺麗で可愛い亜咲花さん本人のPVを見てみるのもお勧めですw
しかし、なんで期間限定にするんだろうね?大人の事情ですか?
よくアニメ映像ver.も期間限定であるんだけど、ずっとアニメver.でいいのにね!
プンプン

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 161
サンキュー:

30

ネタバレ

Marsa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作ゲーム発って感じは残さないとダメなのかな? ちょっともったいない印象。

原作ゲーム未プレイ。全12話。

訳ありの孤島、浦島に漂流し記憶を失った主人公。
謎を解決していきながら、最終的に時を超えた恋って
話なんだと思います。

中盤までエロゲ発って感じで、微エロですが多用
されていて、これはファンサービスとして必要なので
しょうか?
原作ゲーム未プレイの私ですが、そういったのなしで
説明をしっかりしながら粋な笑いで繋いだりして
欲しかったかなー。
結構、退屈気味で、睡魔との戦いになっちゃってました。

確かに話数が足りない気はするのですが、上手く
表現できなかった印象の方が強いかな。

後半は謎が解明されていき、話の核心へと向かうの
ですが、演出が良くなかったのかなー?
面白い話だったりするのに心に響かないといいますか。。。

観なきゃよかったとまでは思いませんが、観なくても
よかったかもで、あまりオススメ出来ないですかね。

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 121
サンキュー:

22

ネタバレ

uppo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

主人公の守備範囲は13歳から37歳なんです

ゲームの方はかなり評価が高く、考察するのが好きだったり、SFが好きな方であればオススメできる作品かもしれない。
個人的欠点を言えばキャラへの感情移入が難しい所だと思う。
なので単純にストーリーを楽しみつつ、考察をしながらゴールへ向かう感じで楽しめば良いかなと。
真実が見えてきたと思ったらそこから2転3転するのでそういう感覚が好きな方なら楽しめるかもしれません。

何故アニメ化に向いてないと思うかというと{netabare}どうしてもこれだけの考察ゲーともなるとゲームよりアニメの方が情報量が劣ってしまうというのが一点。
もう一点は、話の途中で並行世界の話が出て来る。ゲームだからこそ分岐の説明はかなり楽だと思うが、アニメにすると説明だったり話の構成が難しくなる気がする。{/netabare}

ストーリーとしては{netabare}浦島という孤島から始まる。
主人公が海岸で目覚めた時には記憶喪失ではあるが、未来から誰かを救いに来た気がするという記憶だけが残っている。そして3人の少女と出会い未来を変える為に主人公が奮闘する物語。
ただ、アニメを見るにあたっては一言も聞き逃さない事と映像から得られた情報は確実に覚えておく事が重要になってくると思います。
何といっても原作は考察ゲームなのでどれだけ情報をぶち込められるか製作者の手腕が問われる作品になると思います。
{/netabare}

1話の感想
物語は1999年。
セリフには無かったが駐在所のカレンダーに書かれてあった。
これが舞台は2000年代であったならちょっと考察しなければならなかったかも。
シナリオのメインの軸は変わってないが、細かい所は少し変えてある印象。

2話の感想
御原玖音の涙。
今回の考察ポイントの一つかなと。
何の涙なのだろう・・・。
ゲームをプレイしている人でも予想は出来ても、断定は難しいのかな・・・。
こんな所で涙するシーンは無かった気がする・・・あったっけ?

8話までの感想
大部細かい所は変えてきたという印象。
原作では御原刹那という存在は結構謎に包まれていた感じだったが、ようやく顔を出してくれた。
刹那と御原刹那は同一人物かもと言っていた人もいたが、あまりにも顔が違うからその説も間違ってたのかなという印象。
有馬雨蘭出す気無さそうだよな、今の所・・・。
やはり原作と比べかなり改変して削ってきた事により情報不足が否めないかな。

最終話までの感想
大きく結末を変えてきたなと思いました。
アニメにはhappy endを望んでいたものの何か違う。
アニメの方は予想通り情報量の欠如により考察せずとも何ら問題無い作品になっているかと。


原作との相違点またはアニメでは語られなかった話
{netabare}
・ラストが大幅に変更された。
 そもそも原作はで刹那は何度も時を超え何度も失敗を繰り返した。
 その繰り返しにより徐々に記憶を保つ事が出来るようになった。
 そして真実を知った刹那は玖音から圧倒的な拒絶をされる。
 それは凛音がPTSDになるほどの虐待を受けつつも必死に守ってきたから。
 その時に主人公は助けてくれずそれ所では無かったから。
 玖音はタイムマシンを完成させ、世界を平和に(リンネとセツナの悲劇を 断ち切る為と思われる)しようとしている。
 その後、二人は少し打ち解け刹那はタイムマシンのある世界まで時を超え玖音はタイムマシンを何年経っても必ずつくると約束し話は終わる。
・アニメには無かったと思うが、リンネにはセツナという兄がいた。外の世界へ探検に出た一人でサラの婚約者?だったかと。死に際に外の世界には何も無い事をサラに打ち明けそのまま亡くなった。
・サラの死因はアニメでは銃に撃たれた事によるものだが、原作では火あぶりにより亡くなっている。
・暴龍島へ凛音が行く理由が違う。
 元々確か凛音は本当の刹那になって欲しかった。
 ただ話が進むと主人公が凛音のいう刹那では無い事が分かっていく。
 裏切られたと感じた凛音は逆上し主人公の親しい人間全員を殺す為に暴流島へ行って過去へ渡ろうとした。
・沙羅の母は死んだとされているが実は生きている。
 有馬雨蘭という名前で診療所の新人看護婦(1999年なので)として働いている。
 また、裏で煤紋病の治療薬を作製しようとしている。
{/netabare}

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 201
サンキュー:

9

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

輪廻と刹那

やや眠かった。

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 162
サンキュー:

3

ネタバレ

iksg さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

チープなタイムリープもの

流行りのタイムリープに手を出したが、全く活かせず終わってしまった印象。
序盤は謎が散りばめられて、それなりに物語を楽しめたが、全体的に説明&描写不足のお陰で、謎の殆どは投げっぱなしに感じた。
そして、本作最大のテーマのタイムリープ要素だが、すごくお粗末。
古典的なタイムマシン…というかコールドスリープか…
とにかく、あんなに盛り上がりに欠けるタイムリープは初めて見た。

ヒロインたちのエッチなシーン流してる暇あったら、タイムリープへ至るまでの下地作りをもっと頑張ってくれ。

あ、そうだ(唐突)
絵は綺麗だった。

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 108
サンキュー:

7

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

阿澄佳奈さんの名言が聴けたから 満足としよう・・・  モノの観方が違う私の感想

 ジャンル タイムリープ


 ストーリー

 記憶喪失の青年:サンゼンカイ・セツナのお話し

彼が目覚めたときにいた島 浦島で出会った3人の少女たちとの

不思議なお話し



 物語

 ある意味、シュタゲのようなもの

ミスったから やりなおす的なお話し

 個人的には 9話から飛躍した感じがして

おぉっって思ってしまいましたww

 

 キャラ

 んー 久しぶりに 阿澄佳奈さんと田村ゆかりさんの声が聴けて

もう満足だったんですが

 んー、好きなキャラトップ3はないね



 音楽

 いや、田村ゆかりさんの歌声が素晴らしい♪



 感想

 画は好きなんだけど、面白いかどうかと言われたら

いたって、普通なんだよねww

 まぁ、名言

「めちゃくちゃにして」 「具合がいい」をきけてよかった

 そして、富山県民だからこそ

気付いてしまった・・・ カレンの母 ナツミの

亡くなった場所は 富山なのか?と

 砺波市でてるーー

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 106
サンキュー:

5

ネタバレ

setuchi さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終回感動した。

謎が多いアニメでシナリオの展開等を考えながら観ると
頭がえるぷさいこんがらがるーになったのでw
割り切って主人公とヒロインの成り行きだけ
見守る感覚で緩く見てました。一気見です。

まったり見てたおかげで最終2話分は感動する事ができたし
久々に喜びの泣きが入りましたw
シナリオを掘り下げて考えると矛盾が色々出てくるので、
これから2週目を観て色々考えながら楽しもうかなと。

当たり前だけども、こういう謎が多いアニメは
ネタばれ抜きの方が絶対面白いので初見の方は真っ白のまま
緩く観るのをおすすめします。

初見の感想はこのくらいで。

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 124
サンキュー:

6

次の30件を表示

ISLANDのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ISLANDのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ISLANDのストーリー・あらすじ

本土から遠く離れた海に浮かぶ「浦島」
そこは楽園と見まごう豊かな自然と、複雑な過去と因習に囚われた人々が息づく島だった。

本土から見放され、忘れられつつあるこの地で半ば諦めを懐きながら生きる島の住人。

そんな島に「タイムトラベラー」を自称するひとりの青年が流れ着く。
「せつな」という名前と「ある使命」以外の記憶を失ったその青年は、凛音、夏蓮、紗羅という3人の少女たちと出会い、やがて島の未来を変えるべく奔走をはじめる。

排他的な因習と数々の謎を秘めた浦島をめぐる青年と少女たちの物語がひも解かれるーー。(TVアニメ動画『ISLAND』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
feel.
主題歌
≪OP≫田村ゆかり『永遠のひとつ』≪ED≫亜咲花『Eternal Star』

声優・キャラクター

田村ゆかり、阿澄佳奈、山村響、鈴木達央、佐藤利奈、茂木たかまさ、中島唯、高柳知葉、田中貴子

スタッフ

原作:フロントウイング、原案:ごぉ、キャラクター原案:空中幼彩、監督:川口敬一郎、助監督:池端隆史、シリーズ構成:荒川稔久、SF設定:堺三保、脚本:荒川稔久/堺三保/あみやまさはる、キャラクターデザイン・総作画監督:川村幸祐、小物設定:立田眞一/藤井結、メカ設定:常木志伸、キーアニメーター:高原修司/清水直樹、美術監督:一色美緒、美術設定:池田祐二、背景:スタジオワイエス、色彩設計:田川沙里、撮影監督:中村雄太、編集:丸山流美、音響監督:森下広人、音響制作:スタジオマウス、音楽:立山秋航、音楽制作:MAGES.

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ