劇場版「艦これ」(アニメ映画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「劇場版「艦これ」」のレビュー感想/評価

よみがな:げきじょうばんかんこれ

上映開始時期:2016年11月26日

このアニメの感想・評価 115

劇場版「艦これ」のみんなの評価
★★★★☆ 3.8 5
物語:3.4 作画:4.0 声優:3.9 音楽:3.6 キャラ:3.9
  • 物語 ★★★☆☆ 3.4 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★★☆ 4.0 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.9 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.6 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.9 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
1234
ネタバレ
2018.09.24 10:08 まれすけの評価 | 観終わった| 20が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

航空戦の作画が秀逸

実際の大戦でも、乗組員の無念は計り知れないものがあったと思います。そういった点に配慮して作られたストーリーは素晴らしいと感じました。
またアニメ1〜12話と違い、提督の存在がほとんど感じられない点は良かったです。
如月は酷な役回りになっていますが、ラストのシーンで報われたのかなと思うと少しほっとしました。
作画は特に航空戦のシーンが秀逸で、非常にダイナミックでスピード感あふれる映像に仕上がっていました。また、3DCGが皆無だったのも好印象です。
長門と陸奥の出番が無かったのは残念でした。
それと、大和の砲撃シーンの音がおとなしめに感じられたのが気になりました。
声優陣の演技からはキャラクターの感情がよく伝わり、良かったと思います。

 サンキュー(1)
2018.09.23 22:58 オカルトマンの評価 | 観終わった| 27が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

感想

今更ながら視聴完了。
アニメ未視聴なら意味わからないと思う。
ゲームもアニメも映画もかなり人気の作品らしいです。

多分ですけど、ゲームが人気だからアニメも映画も売れたのだと思う。
内容は個人的には微妙だった。アニメ見てから大分時間たってたから内容忘れたっていうのもあります。

動きは綺麗だった。EDも良い。声優陣が豪華。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.08.30 10:57 tinzeiの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

アニメの続き、笑い一切無し

最初から最後までシリアス。


テレビアニメの続き、深海棲艦と艦娘の関係、そして主人公《吹雪》の秘密を描いている。

最初から最後まで超シリアス、序盤に沈んだはずの《如月》が発見され、海で異常が起き、加賀から艦娘と深海棲艦の関係、自信も深海棲艦だったことを告げられ、最後に《吹雪》が自身の分身とも言える深海棲艦と対峙、、、、、
いやちょっとぐらい笑い入れようぜ・・・・


今回提督はほとんど出てこない、長門の話だと遠征中?だけど、結局提督は《吹雪》の秘密を知っていたのかな?知ったうえで鎮守府に置いていたのか、そこらへんの設定をちゃんとして欲しかった。
なんだかんだ言って最後まで人間側(提督)はほとんど出てこなかったな・・・・まあいいけど。

 サンキュー(2)
2018.06.06 01:33 まりすの評価 | 観終わった| 47が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

物語の消滅は必然

TVシリーズ鑑賞済み、ゲームはやっていません。
私も別のソシャゲをやっていますが、もしそれがアニメ化して、
劇場版が出たとしたら作品に何を求めるだろうかと考えます。

そうしたとき、「新たな設定」なんて大して求めないであろう
自分に気付きます。自分の知ってるキャラが動いているだけで
きっと嬉しい。コマ送りして観たくなるほどでしょう。

好きなキャラが優遇されれば「神!」
好きなキャラが撃墜されれば「クソアニメ!」
正直、そんな判断軸かと思います。
だから物語なんて不要なんです。
{netabare}
・本部から主な艦娘が全員居なくなっても気にしません。
・変色海域の中心部に何があるかわからないのに全力出撃します。
 更に長門は「この餌にかからなければ突入部隊が全滅する…」
 などと言い出す始末。そんな作戦で大丈夫か?
・作戦に責任をもつはずの提督は出てきません。
 男完全不在の戦場に漂う圧倒的な歪さ。情けなさ。
・艦娘⇔深海棲艦 の話を聞いても何の葛藤も容赦も無く
 バンバン打ちまくる吹雪、睦月、夕立ちゃん
・如月 消滅後10分で再会シーン
{/netabare}

物語として面白くなく、ツッコミ所も多い。
でもAmazonや当サイトでの満足度はそこそこ高い。
ビジネスモデルとしては全然アリなんでしょうが、キャラでしか売ってない。キャラのみに飛びつく消費者もやはり際限なくキャラを消費する存在で、
時代の流れと共にこの作品はあっけ無く灰になってしまいそうです。

アップデートで消費の欲望を満たし続けるソシャゲは今や巨大市場に
なりつつあります。もはや鑑賞者・批評者は企業にとっては邪魔で、
いかに「消費者」を増やすかが企業利益に直結する課題なんですね。

与えられた欲望に満足するのがこれからのアニメ鑑賞なのかと思うと
暗澹たる気分になります。まして、本作は「角川映画40周年記念作品」と
銘打たれている。40年やってきた到達点がここなのか??
本当かよ… というのが提督ではない私の感想でした。
お目汚し失礼しました。

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.02.08 20:02 もなーての糧の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

敵として戦ってきた深海棲艦の正体が艦娘の変わった姿と知って、
勝手に変化してゆく自分、そんな如月の苦しみ、仲間たちの悩み

深海棲艦化したときの殺伐とした世界の見方感じ方、
そうなってしまいたくない、今のままの仲間たちと一緒にいたい、けれど止まることなく変わっていく自分
それをどう受け止めるのかとか、見たくない?

 サンキュー(2)
2018.01.27 20:34 scandalshoの評価 | 観終わった| 112が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

日高里菜さんをはじめ、声優さんの熱演に感激!

原作未読。ゲーム未プレイ。TV版は全話視聴済み。

TV版の続編にあたる作品。
TV版では一切説明の無かった、{netabare}「艦娘」と「深海棲艦」の出自について・・・、{/netabare}の補完にあたる作品か?
ともあれ、TV版をは視聴してからじゃないと楽しめないかも。

TV版はコメディパートとシリアスパートがあったが、本作はシリアスな展開のみで構成される。

個人的にはコメディパートが好きだったので少し残念。
{netabare}大井は大人しいし、金剛もまともなことしか言わないし、島風に至っては姿がチラッと見えただけ・・・。{/netabare}う~ん、残念!
その分、おチビキャラの健気な姿には、ほっこりさせて戴きました。

ラストのバトルシーンは、見ごたえ十分で良かった。
作画は綺麗だし、動きはすごく滑らか。
さすが、劇場版!

Cパートで{netabare}如月のもとにお弁当を届ける睦月。
復活したかと思えば、深海棲艦化したり、消滅したかと思ったら、完全復活・・・。{/netabare}
いろんな意味で{netabare}「如月」{/netabare}が大活躍する作品。

 サンキュー(25)
2017.11.10 18:31 観終わった| 31が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

タイトルなし

アニメの続きです
そっちから見ないと入り込めないかも
{netabare}深海棲艦と艦娘の関係性、それに苦悩する少女達{/netabare}
やっぱり映画は感動作がいいと思う

2017.11.02 00:45 ヒロウミの評価 | 観終わった| 65が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

ファン向けな作風はまだまだ続くよ、どこまでも

艦娘の秘密が分かったような分からないような物語。

艦娘の由来の物語なんだろう。なんだろうってのは本当の由来がよく分からなかった。ファンタジーがぶっ飛び過ぎて視聴者が考えてって感じでした。終盤は若干退屈だったかな。私としてはもっとうやむやにするかもっとハッキリさせるかにしてほしかったが半端に終わった。しかもEDで結局あいつが出てくるし。アニメの続編かゲームがあるからなのかな。
さすがに劇場版だけあって作画は良くなってました。バトルシーンもしっかり動いてるし新キャラや新しいシチュエーションもありなかなか良かったです。直撃弾が頻発する主砲での撃ち合いや30knotも出てないのに凄いスピード感のあるバトルに突っ込みを入れてはいけませんよ!アニメにリアルは要らないんだから!
音楽は特筆無し!

艦これシリーズは船が女の子って時点で萌え好きかミリオタじゃないと入りにくいうえにストーリーもファンじゃなきゃ特になんとも思えない。しかも続編がこんな物語ではなーんも分からなくて面白味に欠けるだろうしね。まだガルパンの方がリアルな物がドンパチするので分かりやすいだろうね。
ニワカファンの私としてはまともな作画とスピード感あるバトルシーンだけでも十分楽しめました。一人の声優さんが同じシーンに何役もやってて頑張って演じ分けてるけど結局声質が大して変わらない東山さんがキッツキツだったTV版に比べて同じ声優さんが演じるキャラが同時に出てることも減ってて良かった良かった!

 サンキュー(10)
2017.10.17 23:15 しぃち(゚▽゚ノ)ノの評価 | 観終わった| 96が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

劇場版 艦こけ

地上波で放送されていた「艦隊これくしょん」の劇場版になります
脚本が花田十輝さんと田中謙介さん(原作)で、監督が草川啓造さんです
制作会社がディオメディアです
ここまでの紹介で、もうアニメの出来がわかってしまいますね

ストーリーなんですが、ゲームやってた私でもなんだかよくわからなかったです
{netabare}艦娘が轟沈したらどうなるかというものをやっていたのはわかるのですけどね{/netabare}
キャラは、妖精さんたちが頑張っててよかったです
声優さんですが、豪華ですしなかなかよかったです

地上波に続き、劇場版でも盛大にコケてしまったようですね
そもそも、「ジェットスキー」と揶揄される水上をすべっていく設定は迫力に欠けますし変だと思います
もう、画的にどうにもなりませんです
もうアニメを作るのはやめたほうがいいと思います

はっきり言いまして、原作に思い入れがなければ観る価値がないでしょう

 サンキュー(14)
ネタバレ
2017.10.12 21:44 蒼い星の評価 | 観終わった| 111が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

仄暗い海の底から。

アニメーション制作:ディオメディア
2016年11月26日に公開されたアニメ映画。

原作は、角川ゲームスが開発しDMM.comが配信しているブラウザゲーム。
監督は、草川啓造。

【概要/あらすじ】

艦娘(かんむす)とは第二次世界大戦で戦いの果てに海に沈んでいった軍艦の魂をその身に宿す少女たちであり、
深海棲艦との戦いを宿命付けられています。

MI作戦(ミッドウェー海戦)で勝利を治めた(TV版の展開)後も、艦娘(かんむす)と深海棲艦の戦いは続いていました。

深夜の南方海域にて鳥海(改二)率いる「三川艦隊」と深海棲艦の艦隊との戦い。
鳥海たちは勝利を収めましたが、赤く染まる海。

昏き海の底から繰り返し聞こえる声。

『カエリタイ…カエシテ……』

艦娘(かんむす)たちの艤装が錆びて破損していきます。

そして物悲しい雰囲気の中で敵巡洋艦隊の遺骸から、
もう還ってこないと思われていた見覚えのある少女の姿が海面に浮かび上がります。

謎の声は、ショートランド泊地に向かう別の艦隊にも聞こえてきます。
戸惑いを見せる艦娘(かんむす)たちの中、一人・吹雪だけは優しい笑みを浮かべて、

『ううん、大丈夫。』

吹雪には特別な何かが存在すると匂わせつつ、次の戦いの幕が上がっていきます。


【感想】

TV版の続編にあたりますが、全般的にどこか寂寥感の漂う作りになっています。
艦娘(かんむす)たちは、どこから来てどこへ行くのか?
それは無限の煉獄のようであり、艦娘(かんむす)たちの痛みと苦しみがピックアップされていまして、
コメディ要素は、かなり薄いです。

シナリオ自体は普通なのですが、
作画と演出のクオリティがパワーアップしていて戦う艦娘たちの格好良さが際立っています。

また、ややダーク寄りのシリアス展開で緊張感のある映像となっています。(一部、エヴァにも似ていますが)
戦闘で傷ついた艦娘(かんむす)たちの姿は、その手の好事家には素晴らしいものになっていますね。

理屈で考えると、なんでこうなったのか?不思議なことだらけで精神論みたいなものが目立ちますが、
そこのあたりは、この劇場版の作画と声優の演技が素晴らしいですので気になりませんでした。
TV版で存在していたチグハグ感が無くなっていて映像作品として美しいものとなっている。
というのが観て感じた印象でした。


短いですがこれにて、感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

 サンキュー(34)
ネタバレ
2017.09.16 05:33 岬ヶ丘の評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

テレビシリーズでまとめることもできたのでは?

テレビシリーズよりも登場キャラクターは増えており、原作を知らない人間にとっては誰が誰だかという状態だったが、ファンにとっては嬉しい演出だったのではないでしょうか。とはいえ声優さんの兼役が多いので、所見ではキャラの判別はしにくかったです。もう完全にお祭り状態です。とはいえテレビシリーズに続き、声優さんのお芝居はお見事でした。特に日高さんは特に重要なキャラクターを担当されたこともあり、実質主役級の感覚で見ていました。

物語はかなりシリアスであり、如月との再会をきっかけに、そもそも艦娘とは何か、何のために戦っているのかという作品世界の核心を明らかにしていったのはよい展開だったと思います。欲を言えばこの展開までテレビシリーズに組み込むことができればそちらの評価もより高くなった気がしますし、脚本的にも不可能ではなかった気がしてなりません。その意味では、物語的にあえて劇場版にする意味はあまりなかったのかなと。

作画・演出・CGなどはテレビ版よりもかなり進化していた印象です。戦闘シーンも疾走感溢れた艦娘の動きは大きな画面で見ると迫力があっただろうな、と感じました。これだけキャラクターが登場する作品も少ないでしょうから、キャラの動きや配置作業はかなり大変なものだったのではないかと思います。

エンディングのスタッフロールにて、声優さんの兼役の多さを再確認。特に日高さん、佐倉さん、東山さんお疲れさまでした。

 サンキュー(6)
2017.09.09 15:53 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 82が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

この夜の海。その先に…

この作品はテレビアニメ版の続編に位置する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、前作未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。
待ちに待ったレンタルがようやく開始されたので、早速借りてきて視聴しました。

艦娘の轟沈…深海棲艦との闘いを宿命付けられた彼女たちにとって決して目を背けてはいけないこと…
潜り抜けてきた死線の数々が、否が応でもお互いに結び付きを強くします…
そして艦娘のみんなはその結び付きをとても大切にしています…

再開を約束して出撃して…その約束だけを心の支えにして帰りを待ちわびる…
ですが志し半ばで散ることを運命付けられた艦娘が、溢れんばかりの思いを残しながら沈んでいく姿を目の当たりにしました。
簡単に諦めた艦娘なんて、ただの一人もいなかったと思います。
だって、陸に残してきた仲間が…大切に思っている人を悲しみのどん底に突き落とすことになるのが痛いほど分かっているから…
だから捜索も死に物狂いだったんだと思います…
でも、どんなに頑張っても手の届かないことってありますよね。
この戦いが命懸けであることを認識するには十分過ぎるくらいの出来事の先には、心を痛めながら帰ってくるはずの無い仲間を待ち続ける姿とたくさんの大粒の涙が待っていました。
テレビアニメ版で放送されたこのシーンが頭によぎるのには理由がありました。

きっと艦娘の根幹に関わる出来事といっても過言ではないストーリーが劇場版では展開されるから…
そんな摩訶不思議な出来事から物語は動いていきます。

ストーリーは劇場版の短い尺ではありましたが、しっかり練られている上、「どうして深海棲艦と戦わなければいけないんだろう」という疑問に対する一つの答えを見る事ができたので、見応えは十分だったと思います。
ですが、その答えを実行する、となると正直相当心が折れると思います。
いえ、きっと正しい答えを選択できない人がいてもおかしくない…自発的に実行できる人はきっと一人もいないんじゃないかと思いました。
よくまぁ、こんな酷い設定が考えられると逆に感心しましたけれど…

キャラデザは相変わらず綺麗です。でも、あまりに登場する艦娘が多いのと、似かよった艦名ばかりなので主要キャラ以外は殆ど覚えられませんでした。
劇場版の上映時間は約90分なのですが、テレビ版より登場人物が増えているんです。
テレビ版ですら覚えられなかったのに…私に覚えきれる訳がありません。

でもキャラについてはこの作品ならではの楽しみ方があると思います。
それは出演されている声優さんが複数の艦娘を演じているので、そのキャラを演じている声優さんは…という視点で見るとグッと面白さが増すと思います。
特に日高さん、井口さん、あやねる、東山さん、洲崎さん、種田さんたちは5種類以上の艦娘を演じ分けているのですが、声優さんの持つ独特の特徴で直ぐ分かる艦娘もいれば調べて初めて知った艦娘もいたり…

そして作画も綺麗でとても丁寧に作りこまれているという印象です。
とにかくたくさんの艦娘が登場するので、戦闘シーンは「これでもかっ」と言うほど迫力満点です。
そして日常パートは全般的にシリアスなシーンが多めでしたが、この作品の根幹とも言える内容に触れているのでこれは止む無し…

でも、ここまで視聴してきて、この作品の評価が真っ二つに割れている理由が分かったような気がします。
私は原作ゲームは未プレイですが、アニメを視聴された方の中にはゲームをプレイされている方もきっと多いと思います。
レビューの冒頭で触れましたが、自分のお気に入りのキャラには轟沈して欲しくない…が本音だと思います。
それでは、絶対誰も轟沈しない…とすると今度は緊迫感が欠けてしまいます。
でも、私たちは常に死と隣り合わせである事はテレビアニメ版で嫌というほど思い知らされました。
だから、轟沈の標的になるのが次は自分のお気に入りかもしれない…そう思うと視聴するのが怖くなると思うんです。
そう考えると、この劇場版の轟沈に対する設定はとても素晴らしいと思います。

痛みが全くなかった訳ではありません。
今回もたった90分の間でたくさんの涙を見てきました。
でも世の中にはどんなに非常な事でも「受け入れなければならないモノ」があるなら、それは今回の終盤に起きた出来事だったのではないでしょうか。
だって、受け入れる事が終焉に直結する訳じゃないから…

多くの血と涙の先で艦娘たちを待っているモノとは…?
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

現在2期の制作も進行中だと風の噂で聞きました。
これまで特型駆逐艦の吹雪が主人公でしたが、今回の劇場版を見ると次回作は必ずしも吹雪が主人公じゃなくても面白い展開が期待できるのではないかと思います。
この劇場版が見応え十分だっただけに、次回作にも期待したいところです。
首を長くして次の情報を待ちたいと思います。

 サンキュー(20)
ネタバレ
2017.09.05 12:19 うち.の評価 | 観終わった| 61が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 2.5  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

アニメ版の答えがあったりなかったり

 提督達の黒歴史の続編…じゃなくて、アニメの正当な続編。
 アニメで投げっぱなし…じゃなくて、如月の髪飾りの伏線回収とかもやれたり、深海棲艦の生誕の謎が解明されたりしなかったりした。
 戦闘もキャラ描写もそこそこ良かったものの劇場版でさらなる謎を残す結果になろうとは思わなかったわけでも無いが、どうでしょうか。
○物語(ここは読まなくて良いです)
 南の島で作戦展開中の部隊に発見された轟沈したと思われた如月。まさかの帰還に喜ぶ睦月であったが戦艦長門や空母加賀と赤城の反応はなにやら芳しくない。
 ゲーム中で何度も経験する「敵を倒すと艦娘が帰還(ドロップ、ゲーム用語でアイテム入手)する」というのを重苦しく表現、映像としての答えを出した。
 救出された如月は突然クレーンを攻撃したり、情緒不安定になり睦月の胃をキリキリさせる事態が起こる。そして如月の体にも異変が起こり始める。この体の異変の理由は説明されないまま終わるというよく分からない展開になったのだが考察とツッコミは後述。
 如月救出前(物語開始時点)にアイアンボトムサウンド、艦隊の墓場と呼ばれた海域から声が聞こえるという報告があり艦娘は不審に思っていた。
 それと同時にアイアンボトムサウンドの中心から赤い海が広がるようになり、この赤い海に着水していると艤装が壊れていくという無理ゲーな特性を持っていた。このまま赤い海域が広がれば作戦どころか航路が全面封鎖になるのでそうなる前に、元凶を潰す作戦を立てる。
 なんやかんやの総力戦の末、中心の大穴にたどり着く吹雪(主人公)大穴に無計画に飛び込みいざ元凶と対決かと思いきやまさかの対話形式最終決戦。
 元凶の正体は無念と怨念の塊になったもう一人の吹雪だった。
 いざ尋常に勝負かと思いきや、精神世界での対話バトル。最後は対話という古い戦法で元凶との戦いに勝利した吹雪は、一人で浜辺に辿り着き艤装を外しながら基地に戻ったのであった。
 そしては最後は何故か異形状態では無い如月とそれに弁当を届ける睦月が、というところでエンド。

 ざっくり書こうとしてほぼ内容を書くだけの文章になってしまいました。上記の部分は斜め読みで結構です。

○深海棲艦の目的と艦娘の生まれ方。
 深海棲艦は艦娘を羨望と嫉妬で見ており、それで艦娘を沈めようとしてくるっぽいというのが加賀の考え。実際のところ深海棲艦に直接聴いたわけでは無いが元深海だった加賀が言うのならばそうなのだろう。
 本作では艦娘は深海棲艦を倒すとたまにドロップする程度で大量の同一個体が居るという描写も無いので、ドロップ自体はあるもののそれを知らない艦娘が居る。
 轟沈経験有りで帰還した加賀と戦艦メンバーと空母赤城はこの件を知っていた模様。

○如月の異形化の謎
 轟沈した如月が帰還した後、身体が変質していった現象の説明は無かった。加賀も如月と同じ轟沈経験有りだがそういった経験はないようで謎を増やしてしまった。

○赤い海域で吹雪の艤装が壊れない理由
 アイアンボトムサウンドで吹雪以外の艦娘の艤装がポンコツになっていく中、何故か吹雪の艤装だけは壊れていく様子が無かった。これも残念ながら理由不明。
 提督の夢に出たからかな?
 真剣に考えると吹雪(暗黒)の影響なのか轟沈経験有りの艦娘は耐性があるのかもしれないけど、こればっかりは作中で説明しないと駄目でしょう。

○深海棲艦型吹雪
 ねっとりボイスで海に響き渡る大声で「カエリタァ〜イ」と言っていた。赤い海域を生み出し、精神攻撃などもする強敵。精神攻撃が主な攻撃手段なのか、巨大な右手以外は艤装は装着していないように見える。
 吹雪の轟沈した時の後悔や無念が生み出した存在。特殊な存在故か直接的な戦闘は行うことは無かった。
 作中のあの姿も精神世界(かどうかは不明)での姿なので実際の姿はもっと違うのでは?という私の妄想。

○あれ?深海棲艦って結局どこから来たの?
 本作でも残念ながら発生原因は不明のまま。まあ多分かつての大戦の艦隊の無念とかが生み出してるとかじゃないの?

○物語以外
 キャラは可愛かったです、長門の胸がさらにデカくなったみたいで良かった。
 今回チョイ役だった天津風や時津風もシリアスな空気をなごます緩和剤になった気がします。
 声優の皆さんはかなり大変だったと思います、長時間の収録と演じ分けが要求されたでしょうし、この辺に関しては賛美したいですね。

○まとめ
 戦闘の爆発シーンがめちゃくちゃ気合い入っている以外では戦闘シーンは劇場版と考えても普通の完成度。
 物語の展開と結末を考えるとギリギリ及第点な凡作になってしまいました。
 とはいえ設定も何も無い原作ゲームでここまでのものを作るのは、結構凄いことでは?そう考えるとなんか映画艦これ(とアニメ)ってそう悪いものでも無いのでは?と錯覚しそうですね。
 難しく考えずに観れば多分良作。

 サンキュー(7)
2017.09.03 20:54 褐色の猪の評価 | 観終わった| 95が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

設定が非凡すぎるのが難点

TV版で秀逸だった3.4.5話辺りの延長って感じ

ゲームをプレイしている人なら楽しめますね^^

エンドロールを観るとびっくり、声優さんが大変だw

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.09.01 00:10 サクマ式ドロップスの評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 2.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

タイトルなし

よくわからんけど犯人は吹雪

 サンキュー(0)
2017.08.30 20:26 うざっしーの評価 | 観終わった| 889が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

これが提督たちが本来観たかった物のはず!なぜ最初からこうしなかった…

ツタヤでレンタル。なぜか1本しか無かった…「君の名は。」はもう今は大量に残っていた。
時間はちょうど90分でTVの続き。

内容は…なんか…劇場版からじゃなくてTV版からこのくらい本気出して作れば良かったのにと。興行収入も伸びなかったし、いくら良い出来でもTV版の不評のせいでスルーされてしまったのだろう。もったいない。
「TV版がダメなのは無駄シリアスを入れたからだ!全部ゆるい日常にしとけや!」と散々言われたが決してそうではなく、この映画のような重厚なシリアスストーリーを1クールでガッツリやれば良かったと思う。

(以下超ネタバレなので注意!)
{netabare}…開始10分でTV版3話で轟沈した如月を生き返らせたのはワラタw叩かれてたのを相当気にしてたのかな。
…しかし…如月はその後死ぬよりも辛い地獄を見ることになるのであった。如月が痣を落とそうとするシーンとか「叩きたければ叩けよ!」と叫ぶスタッフの気概を感じた。あっぱれである。最後に如月が消えたのも良かったと思うのだが…Cパートで如月があっさり復活してたのはやっぱご都合主義やね。如月も死んだり復活したり大変だな。ゲームと違いアニメ世界では艦娘は建造されるのでなく突然出てくるのだろうか?

このアニメでは深海棲艦の正体は轟沈した艦娘という設定にしているが、原作ゲームでは明確にされてないんだよね。この映画は前半はホラーっぽい演出でゾンビ映画みたいで面白かった。
敵の正体が味方だったというのは昔からあるけど、それでも海版まどかマギカって感じはした。全ての深海棲艦が消えるラストもまどかっぽい(でも深海棲艦が生まれなくなったわけじゃないみたいだが…最後にまた戦ってるし)。草川監督は「幻影ヲ駆ケル太陽」に続き二度目のまどパクだなw
まどかの魔女は魔法少女だった頃の自我を完全に失うけど、深海棲艦は艦娘の魂が残ってるからそこは違うね。

ラストの吹雪が善と悪に分かれてたってオチはイマイチに感じた。
あとTV版で吹雪が現実世界の日本でウェディングドレスを着ていた伏線を回収し無かったのが残念。{/netabare}

それとクレイジーサイコレズだった大井がおとなしくなったのもTV版で叩かれたからなのかな。島風の出番が全然無かったのはなんでだろう。大和の活躍シーンが増えたけどそのせいで吹雪のカップリング相手が赤城ではなく大和のように感じた。

作画は、バトルシーンはチープなTV版とは見違えるように良くなっていて「『水上を滑って戦うのがダサい』って言ってた奴ら出てこいオラァ!」というスタッフの叫びが聞こえるようだった。スピード感のあるスタイリッシュなバトルになっている。
バトルシーン以外も艦娘たちの髪が良く動くし影はしっかりつけてるし、ほんとTV版からこのクオリティだったらなあと。

声優のMVPは日高里菜だね。{netabare}なにしろ睦月と如月両方やってるのだから…{/netabare}

 サンキュー(16)
2017.05.01 15:26 めがねの評価 | 観終わった| 59が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 2.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

少しだけ報われた。。かな?

テレビ版艦これの続編。及び補完。

原作であるゲームからの疑問であった艦娘とは?その出自が明らかに!?
みたいな内容だった。

面白くはない。


まとめ
・誰にも薦めないアニメ
・もともと艦これを好きな人向け
・念のためにもう一度、面白くはない。

 サンキュー(3)
2017.02.01 00:37 鼎映の評価 | 観終わった| 77が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

艦娘についての謎について分かって、とても感動的

初めて艦これを観て感じた「艦娘の誕生」についての謎が分かる内容で、EDの「帰還」と内容がとても合っていた

 サンキュー(4)
ネタバレ
2016.12.27 00:17 Cswordの評価 | 観終わった| 68が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

終わり良ければなんとやら

アイアインボトムサウンド中心部での顛末などに不満はあるもののエンディング曲の「帰還」が良く、ラストで如月と睦月が本当の意味で再会できたのでなんやかんや最後まで見て良かったと思いました。
あと戦闘シーンは迫力があって良かったですね。

ただアニメ版が好きな人間としては大井っちと北上さんの百合コントはないし、ロリ軍団はほぼ出ないし、吹雪が赤城さん大好きの変態じゃなかったのは少し残念です。
まあ劇場版のようなシリアスな話には必要のないものなので仕方ないですけどね。
そこは2期に期待することにします。

 サンキュー(3)
2016.12.25 21:08 きらきーの評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

個人的評価:中の中

【良かった点】
・作画に力が入っていて見応えのある戦闘描写だった
・全体的に良い感じにコンパクトだった

【残念な点】
・戦闘に迫力はあったけど、物語はまあ普通って感じだった
・仕方ないことだけど、アニメオンリーな私はキャラが多くてなかなか顔と名前が一致しない

 サンキュー(4)
ネタバレ
2016.12.23 09:49 テイラー・テイルの評価 | 観終わった| 108が閲覧 ★★☆☆☆ 2.5 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 2.5  音楽 : 1.0  キャラ : 5.0

酷い

公開して2日で見に行きましたがちょっとひどいですね
なんで如月を復活復活させる必要があるのか分かりませんし
吹雪や加賀さんが元々深海棲艦でしたみたいな設定もいらないと思います
しかも電出てるのに一言も喋ってないじゃないか!けしからん
まああまり期待するなということです
現在公開中ですので劇場へ行ってください

 サンキュー(4)
2016.12.20 05:02 щ(゜▽゜щ)の評価 | 観終わった| 64が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

期待してた出来よりは良かった

TV版と違って戦闘の迫力があったし、妖精さんの描写や航空戦の描写があって作画には9割満足。
1割は若干、艦娘の作画が乱れてた気がしたからマイナスしたけど気にかける人は少ないかな。
TV版から気になってた轟沈の扱いに触れてるのでアニメ版見た人はぜひ見て欲しい。
最後に一言。
「夕立が1番かっこかわいかったっぽい!」

 サンキュー(4)
2016.12.07 20:44 ピピン林檎の評価 | 観終わった| 153が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

ミステリー仕立ての劇場版は、志(こころざし)高く秀麗な「象徴主義」の香り

先日、「この世界の片隅に」とダブルヘッダーで観てきました。

上映時間の関係でたまたま「このせか」の方を先に鑑賞したのですが、これが・・・{netabare}呉鎮守府とか戦艦大和とか重巡洋艦青葉とか{/netabare}色々出て来て・・・お前、狙ってたな!?というレベルで、観ていて、{netabare}呉軍港が繰り返し米軍の空襲を受ける{/netabare}シーンとダブって「劇場版艦これ」が「このせか」に狙い撃ちされて大破着底させられてしまう悪夢を見ているような憂鬱さを感じてしまい、これは観る順番を間違えてしまったかも?とちょっと後悔してしまいました。

で、そういうナーバスな気分を引きずったまま本作を鑑賞し始めたのですが、見始めすぐに「あれ?これやっぱり面白い?」となって、見終わった頃には、やはり大きな満足感と、また早く観に来たいという気持ちが残りました。


◆ミステリー仕立ての「象徴主義(*)」アニメ

本作の内容については、一度鑑賞しただけではまだまだ消化不足で、再度の鑑賞後にまた考えていこうと思いますが、見終えた直後の印象は、

まるで19世紀末のイギリスやオーストリアで興った象徴主義 Symbolism 絵画(ラファエル前派などが有名)をイメージさせる、秀麗で神秘的(ミステリアス)な、スピリチュアルな暗示に満ちたアニメ作品

・・・というものでした。

まあ最後の「スピリチュアルな暗示に満ちた」という部分が大切なのですけどね(※ここで「鎮魂の祈りに満ちた」とはっきり書くのは私には役不足でしょう、きっと)。

(*)象徴主義は、19世紀後半に隆盛を極めた写実主義/自然主義の美術・芸術潮流に反旗を翻し「目にみえない人間の魂を象徴的に描き出す」ことを目指した文芸運動。

確かに本作は、観客動員数や話題性など、目に見える部分で「このせか」に"してやられた"格好になっていますが、個人的には事前の期待値を超えて楽しめた印象的な作品となりそうです。

 サンキュー(21)
2016.12.06 00:24 アトランティスの評価 | 観終わった| 114が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

パンフレットが思っていたより良い出来でした♪

公開初週の最終日に見に行ってきました!
残念ながら入場特典は貰えなかったです……
評価については無視してくださって結構です_(._.)_ 

ショートランド泊地でプレイしているので
ちょっと「おぉ!」ってテンションが上がりましたw


●物語
2015年冬に放送されたアニメの続きにあたるストーリーで
「艦これ」という作品の根幹部分にメスを入れた内容になっています。
(如月轟沈のその後、深海棲艦との戦いの真実、吹雪etc...)

また、コメディ要素は少なく緊張感ある90分でした。

{netabare}睦月と如月の姉妹艦の感動物語と
吹雪の誕生の謎に迫る内容で
この作品において吹雪の存在意義の大きさの理由がわかりました。
僕の泊地でも一番練度の高い駆逐艦なので、みんなの希望ですよ。

如月の【深海棲艦】mode ブラウザの方でも適応してくれたら面白そう。。{/netabare}


●声優
パンフレットに声優さんが顔写真付きで紹介されていたので
公開前に眺めていました。
豪華すぎます!


●キャラ
一言ずつでも多くの艦娘にセリフがあって、そこはよかったと思います。
重巡提督の方も楽しめたのではないでしょうか。
個人的には翔鶴にもうちょっとしゃべってもらいたかったなぁ

もちろんみんな可愛かったです♪


かっこよかった艦娘のシーン↓
{netabare}・天龍の砲弾を刀で弾き返すところ
・赤城さんの対空戦闘
・大和の主砲
・如月改二【深海棲艦】modeの救援
・比叡の探照灯照射!
・川内が決死の覚悟で魚雷を手にするシーン
・作戦概要の編成紹介シーン
・妖精さんの合図で艦載機編隊が降下するシーン{/netabare}



●作画
戦闘シーンが迫力ありました。
魚雷、探照灯、艦載機の乱れ合う航空戦……見応えありました~
波の描写が力を入れている所と入れてない所の差が分かるレベルだったのが少し気になったくらいです。
艦娘はアニメ版同様みんな可愛かったです(>_<


●音楽
西沢幸奏さんの「帰還」
壮大な海のバラードで歌詞も感動しました。


最後に。
この映画で艦これという作品への一つの答えが示された感じがします。
この展開から既に放送が決まっているアニメ2期へどう繋げるのか
楽しみにしつつ、ブラウザでゲームをして待ちたいと思います。

 サンキュー(22)
2016.12.03 19:14 おぬごんの評価 | 観終わった| 83が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

やればできるじゃん艦これ!!

TVアニメ「艦これ」の続編となる劇場版
TV版は散々な出来で映画も見ないつもりでしたが、評判が上々なのと12/1が映画の日で1000円で見れたので(笑)見てきました
なお私はその散々なTVアニメの後に艦これのゲームを始めて提督になっていたりしますw
だってキャラは可愛かったし、二次創作が面白かったから…
(TV版感想→ https://www.anikore.jp/review/1200262)

まず鑑賞後の率直な感想ですが、タイトルのとおりですね
やればできるじゃん!こういう艦これを見たかったんだよ!!という感じです
ただ、ほぼTVアニメの続編であり、また原作ゲームネタや史実ネタも結構含まれているため、かなり提督向け(ファン向け)といった作りになっています
少なくともTVアニメは視聴済みでないと楽しめないかと思います


さて、ではどの辺が良かったかというと、まずはTV版で酷かった点が概ね改善されていることですね
 ・影も形も出てこないのにやたら話に関わる「エア提督」
 ・取って付けたようで不自然な原作セリフ
 ・安易な二次創作拾いによるキャラ設定
 ・シリアスとギャグのアンバランスさ、ギャグシーンのテンポの悪さ
 ・バトルシーンでの棒立ち、同じ場所で上がり続ける水柱、拙いCG等
これらはほぼ出てこないと言っていいかと思います

話のテンポも悪くなく、脱線はせずに一本筋が通っていてしっかりしています
また戦闘シーンは艦娘と敵に関してはほぼ全て手描きでめちゃくちゃよく動き、爆発や水飛沫のエフェクト、劇場ならではの音響の効果もあり大迫力です
特にそれを印象づけるために用意されたであろう冒頭のシーンには圧倒されました

ただ一方で話はほぼシリアス一辺倒なので、TV版であった日常ギャグなんかには期待しない方が良いかと思います
またシリアス、戦闘シーンが多いため、全体的に「可愛さ」より「かっこよさ」が映えるキャラの方が出番は多かったように思います

また話の芯に据えられているのが「艦これ」の設定に迫るものなので、これまで「設定面は皆さんの想像にお任せします」というスタンスを取っていた艦これ的にはかなり踏み込んだものとなっています
まあ内容的にはゲーム中でもある程度仄めかされていた物ではあるんですが「私の中の艦これ」を壊されたくない人は注意です


事前に自分の中のハードルが極限まで下がっていたこともありかなり楽しめました
メインスタッフはTV版とほぼ同じですので、時間をかけて丁寧に作ればこれだけの物が作れる、ということですね
逆にこの劇場版を見てしまったことで、TV版の失敗をより勿体なく感じてしまいそうですが…

 サンキュー(11)
2016.12.03 01:57 amZbY79832の評価 | 観終わった| 64が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

見たかった艦これ!

アニメの艦これがあまりよろしくない出来でしたが、劇場版艦これの出来は素晴らしかったです!

アニメ艦これの消化不良だった部分が殆ど回収できたと思います。
見たかった艦これがここに完成!と言ったところでしょうか。
アニメ艦これの出来に不満のある方にこそ見てほしい劇場版です。


・物語: 2時間で起承転結しっかりしているように感じました。 テレビアニメ版途中で切っていてもキャラが分かれば見られる物語だと思います。

・キャラ: アニメ版で気になっていたキャラ特有の台詞の乱用はなく、ストーリーを進めるためにキャラ作りが出来ていたと思います。

・作画: 戦闘シーンはアニメ版の比較にならないくらい良いです。もろもろの演出も素晴らしかった…!

 サンキュー(7)
ネタバレ
2016.12.02 22:16 自宅警備委員の弟の評価 | 観終わった| 88が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

思ったよりとてもよっかた

事前のやつでは悪く言われていたがとても良かったです。
内容としては、
沈んだはずの如月が発見され
深海棲艦とは一体何なのか
艦娘とは?って感じでした。
バトルシーンも大迫力でとても面白かった
余談ですが加賀さんの出番が多く加賀さん推しの私は嬉しかったです。
ぜひ、見てください!

 サンキュー(5)
2016.12.01 14:16 根越 詠汰の評価 | 観終わった| 67が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

深海棲艦って、なんだろう???

 「艦これ」は、TV放送を見ていなかったが、何となく見に行ったです。
 艦娘という艦艇の名前を持つ少女達が、海域で深海棲艦とかいうゾンビだか怪物だかと闘う話ですよねです。
 TV放送を見てないと分からない所が、あるみたいな感じだったです。きんモザのカレンの声、口調のキャラも出てきたです。作画とかも良かったと思うです。

{netabare} 謎の声を中心に海域が侵され始め、その海域に入ると敵は平気でも、自分たちの武装が損傷を受けて壊れていくです。その中で主人公の吹雪だけが、平気だったんだななぁです。
 それとは別に沈んだ仲間、如月の保護あるわけだが、喜ぶ睦月、吹雪たちをよそにどこか訳ありな状況みたいです。

 艦娘の拠点もこのままいくと、制圧されるためその中心部に損傷覚悟で、最終的に討っていくわけだがです。
 そこまでに深海棲艦の正体が明らかになり、どうするべきか?帰ってきた如月がどうなる
のか?その如月がどうするかのお話が、終盤にかかわってくるです。
 海域の声の元に着いた吹雪があったもの、実は・・・・となるです。

 形としてはそれを{/netabare}乗り越え、いつもの日常に戻るとでもいうのですか?ねです。「これでいいのだ!」みたいだったです。女の子の友情を描いたアニメだったと思うです。
 にしても、乗り越えるのか受け入れるみたいな場面が、非現実的に見え魔法なのか?なんなのか?、敵も・・・になるし、私には、良く分からなかったです。

 サンキュー(7)
2016.11.30 18:52 rzv500の評価 | 観終わった| 63が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

如月押し提督にこそ観て欲しい!!!

TV版で物議をよんだ事件(!)、そして物語の根幹に対するスタッフの回答、愛がありました。2016秋イベ真っ最中ですが時間作って観て良かったです。全ての提督は劇場に抜錨して良し!!!

 サンキュー(2)
2016.11.30 10:44 mio♡美桜の評価 | 観終わった| 207が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 劇場版「艦これ」(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

邂逅…そして希望。

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:

【作品DATA】

{netabare}
《Staff》
製作総指揮-井上伸一郎
原作-DMM.com POWERCHORD STUDIO /
「艦これ」運営鎮守府
原案/コンセプト-田中謙介
監督-草川啓造
脚本-花田十輝、田中謙介
キャラクターデザイン-井出直美、松本麻友子
メカニックデザイン-宮澤 努、諸石康太
音楽制作-フライングドッグ
主題歌-「帰還」西沢幸奏
アニメーション制作-ディオメディア
製作-「劇場版 艦これ」連合艦隊司令部
配給-KADOKAWA
公開-2016年11月26日
上映時間-90分

《Cast》
上坂すみれ-吹雪、蒼龍、飛龍
日高里菜-睦月、如月、龍驤
タニベユミ-夕立
竹達彩奈-大和
藤田咲-赤城、時津風
井口裕香-加賀、利根、筑摩、天龍、龍田
佐倉綾音-長門、陸奥、川内、神通、那珂、島風
野水伊織-翔鶴、瑞鶴
大坪由佳-古鷹、加古、北上、大井
東山奈央-金剛、比叡、榛名、霧島、鳥海、愛宕、高雄、綾波
洲崎綾-青葉、暁、響、雷、電
中島愛-衣笠
川澄綾子-大淀
小倉唯-天津風
ブリドカットセーラ恵美-鈴谷、熊野、夕張
種田梨沙-明石、妙高、那智、足柄、羽黒
堀江由衣-間宮
{/netabare}


【introduction〜公式HPより〜】

{netabare}
海を蹂躙する謎の敵「深海棲艦」。

在りし日の艦艇の魂を胸に抱き、その脅威に唯一対抗
できる「艦娘」たち。

艦娘たちの拠点「鎮守府」の存亡をかけ双方が激突した
「MI作戦」では特型駆逐艦「吹雪」の活躍もあり艦娘たち
が勝利を収めたが、その激戦以降、彼女たちの戦いはます
ます熾烈なものとなっていた。

MI作戦の成功を足がかりに、鎮守府の戦力は南方の海域に
進出。
敵泊地の攻略を続け、その戦域を少しずつ拡大していた。

その中で新たな前線基地に集結し、次の作戦に備える艦娘
たち。
戦いを経て成長し、そして新たな戦力も加わり続けて作戦
に成功を収め意気上がる彼女たちだったが、目標とする海
域に重大な異変が発生していることが判明する。

そこで艦娘たちを待ち受けるものとは――。

吹雪の、そして艦娘たちの物語は、今、新たな海域ヘ!

{/netabare}

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:


【公開前のきもち】

{netabare}
TVアニメ版では賛否両論様々な意見が飛び交いました
「艦これ」。
今回の「劇場版 艦これ」
はっきりと申し上げまして、私、楽しみにしています♪
ある意味「聲の形」、「君の名は。」よりも楽しみにして
いた作品かもしれません。

「ある意味」ではですよ〜w

その「ある意味」の理由の半分以上は私自身が現役提督で
あり、自分の育てた艦娘達がスクリーンの中を縦横無尽に
駆け回る姿が見たい!
あのキャラの声優さんのセリフを劇場で聴きたい!
劇場であの主題歌を聴きたい!
迫力の戦闘シーンを劇場で観てみたい!
原作ゲームをやっていても意味のわからない設定の謎が
知りたい!
などなどありますが、一言で申し上げるならば、

「艦娘に逢いたい…」

これが半分です。
だって本当にみんな可愛いくて面白くてカッコイイん
ですもの♡

特に現役提督の方はこの気持ち分かって頂けると思います。
今まで殆どゲームとかやった事がなく、友人からの薦めで
何気に申し込んだら当選して始めた艦これ。
何日かやってみたもの中々成長しない艦娘に痺れを切らし
遂には1年近くの放置プレイ。
釣った魚に餌をやらない無責任な提督…。

TVアニメ版の艦これを視聴してから再びどこからともなく
現れたやる気スイッチ♪
えっ、何々、改二になると容姿も変わるしセリフも変わる
ではないか!
それに1年を通して色んなイベントもある!
なにこれ、面白いぞ!
こんな感じですw

恐らく他のゲームも似たような感じだとは思うのですが、
なにせ経験の少ない私には少しずつ成長していく彼女達が
日に日にとっても愛しい存在になっていったんです。

恐らくTVアニメ版の艦これは5周はしたと思います。
最初の1、2回では私自身楽しめた所もありましたけれど、
それなりに不満を覚える所もありました。
でも3回、4回って観ていくと意外とこれが細かい。
原作のゲームとしてのネタ、史実を交えたお話などなど。
焦点を絞るのが難しくて凄く作るのが難しい作品だったん
じゃないかって、私は思います。

特に史実に関して絡めたネタとか様々な御意見はあるかと
思いますが私は艦これを視聴した事でもっと深い歴史の
事実を知る事が出来ました。
この事だけでも私は感謝しています。

見れば見るほど色んな要素を絡め難しい作品の脚本を担当
された花田十輝さんはやっぱり…凄いかな…?
素人の意見ですが…。

でも今回の「劇場版艦これ」
1つの物語として語るなら最重要課題の一つでもあり、
私にとっても1番と言って良いほど興味のある「深海棲艦」
の謎にも深くツッコむみたいなので楽しみです。
本当かなぁ?
本当なのぉ?

半信半疑な私!どっか飛んでけ〜!
花田さんお願いします!
今は楽しみな気持ちでいっぱいなんですから。

そして主題歌「帰還」歌うのは西沢幸奏さん。
凄く素敵な曲ですね。
もうこれを劇場で聴くと私涙溢れちゃう自信があります!
あくまでも内容次第ですけれど…。
まだ半信半疑な私がいるw

そしてそして現役提督さんには更に楽しみなのが今回の
劇場版で初登場となる艦娘達も何人かいる事ですね♪

公式の本編予告でも登場してますけれど、あの娘とあの娘
とあの娘…。
「俺の嫁」的な提督さんには有頂天外!歓天喜地!
な作品になるかもしれませんね。
私もその1人かも…w

でも私が一番気になっているのがHPでのキービジュアル。
通常6人編成で1つの艦隊を組み戦いに挑む艦娘。
キービジュアルに映っているのは5人…。
何かのサインなのでしょうか…。
今作の舞台となるのは史実でも度重なる激戦が行われた
アイアンボトム・サウンド(鉄底海峡)。
不吉な事は考えないようにしよう。うんうん。

おそらく私にとっては今年最後となるアニメの劇場版。
トリを飾るのは「劇場版 艦これ」。

「気合い!入れて!行きます!」
{/netabare}


【ネタバレなし感想】

{netabare}
公開3日目。
なんとか時間を作って行って参りました劇場版「艦これ」
もちろん私的にお約束のレイトショー。
お値段もリーズナブルで何しろこの貸切状態に近いのが
大好き♡
300席くらいあってお客さんは15人くらい。
少なっ…まぁ月曜日ですからね。
しかも私以外は全て男性。おぉっ…。
ふむ、皆さん提督さんなのかしら…。
そんな事を考えつつ、お話はスタート。

って、いっぱいいっぱいお話ししたいんですけれど、
ネタバレなしででちょこっとだけ。

まず全体のイメージとしてはTV版アニメ艦これとは
かなり違うかも。
TVアニメ版で豊富にあったコミカル&萌え的な要素が
かなり削られています。
完全オリジナルストーリーで、一言で言うならばかなり
シリアスです。
そしてハラハラドキドキです。
そして泣けます…。私的に涙が出たシーンが2回、
胸にグッときたシーンが3回くらいありましたから。
(涙脆くてごめんなさい…。)

TV版のあのお話しはこの為の伏線だったんだとか、
艦娘の新たな秘密、深海棲艦の謎など約1時間30分の
上映時間の中にギュッと詰め込まれていると思います。

このストーリー、私的に大好きです。

そして劇場版で新たに登場する艦娘達。
これは特に現役提督さんには本当たまらないと思います。
登場した時、私も思わず声が出そうになりましたから♪

キャラデザはTV版と比べてちょこっと修正が入っている
感じかな?
いくつかのシーンであれっ?て思う作画の時もありました
けれど、やっぱり艦娘、可愛いですね♡何をしても可愛い
くてカッコいいです♪

そして艦これと言えばやっぱり声優さん。
今回も一人何役も頑張っています。
(これが見所の一つでもあるんですけどね♪)
私的には日高里菜さんと東山奈央さんの演技がとても印象的でした。

そんな艦娘達が大スクリーンの中を馳け廻るシーンを盛り
上げる迫力のBGMと音響。

TV版アニメでもそうでしたけれど戦闘シーンはかなり
クオリティが高かったと思います。
劇場版だけにさらに製作陣の力の入れようが伝わってきま
すね。
そんな力の入ったバトルシーンが全体の半分位はあるかな
っ?て感じです。
私も初見でそこまで確認は出来ませんでしたけれど、細か
い所にまで手が入っていて、後で見直しても色んな発見が
あったりして楽しめる作品だと思います。

主題歌【帰還】
優しくて力強い曲に切なくて胸が熱くなる歌詞。
劇場版艦これの世界観を見事に表現した楽曲が
西沢幸奏さんの素敵な歌声と共にこの作品を優しく包んで
くれます。

この主題歌が流れている間、色んな事を考えました。
というか、見た方々それぞれがこの作品から発せられる
メッセージに対して色んな解釈が出来る作品かなって思い
ます。
TV版アニメには無かったテーマ(ごめんなさい、もちろん
それなりにはあったと思うのですが…)がこの作品から
感じられます。
ディオメディアさんにとっても初めての劇場版アニメ。
原作がブラウザゲームで設定自体もアニメ化するのが
難しい作品だったと思います。
私もファンでありながら少なからずの不安がありました。

特にストーリーでね…

でもこの作品でTV版アニメではあやふやだった設定や
世界観が出来ていたのが何よりも本当に嬉しい。

敢えて言うならば、艦これ原作ブラウザゲームをやって、
色んな艦娘を覚えて、更に史実をそれなりに知ってから
この作品を見るといっぱい楽しめるのでしょうけれど、
アニメからだけ入った方にはストーリー的に多少分かりに
くい点もあるかと思います。
それでもTV版アニメよりもはっきりと設定を打ち立てて
いましたし、この続編となる二期に期待を持てる仕上がり
だったと私的には思います。

それなりにツッコミどころも多く、言い出せばきりのない
作品かもしれませんが、それでも私的には提督としての
プラス査定が入っているとしてもかなり楽しめた作品です。

現在、劇場版と同時進行で製作中のTVアニメ2期がまたま
た楽しみになりました。
行けるなら2回目、「気合い!入れて!行きます!」

また時間のある時、【mio's café】追記したいです♪
{/netabare}


【mio's café】
〜工事中〜


〜アイアンボトム・サウンドとは〜
興味のある方は見てね♪

{netabare}
【アイアンボトム・サウンド】
アイアンボトム・サウンド(英語: Ironbottom Sound)
は、ソロモン諸島のサボ島、フロリダ諸島の南方、ガダル
カナル島の北方に存在する海域(海峡)のことです。
太平洋戦争中、日米の大消耗戦となったガダルカナル島の
戦いにより多数の艦船、航空機がこの海域に沈み、海底を
鋼鉄の残骸が埋め尽くしていることから、
アイアンボトム・サウンド(鉄底海峡)と称されるように
なりました。
現在は、スキューバ・ダイビングの名所として有名に
なっています。


【太平洋戦争時この海域で行われた主な海戦】
{netabare}
・第一次ソロモン海戦(1942年8月9日)
・サボ島沖海戦(1942年10月11日 - 12日)
・第三次ソロモン海戦(1942年11月13日 - 15日)
・ルンガ沖夜戦(1942年11月30日)
・い号作戦・フロリダ沖海戦(1943年4月7日-15日)
・ルンガ沖航空戦(1943年6月7日-16日)

{/netabare}

【この海域に沈んでいる艦船】

《大日本帝国》
{netabare}
・暁 - 吹雪型駆逐艦。第三次ソロモン海戦で沈没。
・吾妻山丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第一次増援輸送船団(第2師団)で沈没。
・綾波 - 吹雪型駆逐艦。第三次ソロモン海戦で沈没。
・伊号第一潜水艦 (初代)
・伊号第三潜水艦
・鬼怒川丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第二次増援輸送船団(第38師団)で擱座。
・九州丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第一次増援輸送船団(第2師団)で擱座。
・霧島 - 金剛型戦艦。第三次ソロモン海戦で沈没。
・笹子丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第一次増援輸送船団(第2師団)で沈没。
・高波 - 夕雲型駆逐艦。ルンガ沖夜戦で沈没。
・照月 - 秋月型駆逐艦。
第四次輸送作戦(鼠輸送)で沈没。
・比叡 - 金剛型戦艦。第三次ソロモン海戦で沈没。(自沈)
・宏川丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第二次増援輸送船団(第38師団)で擱座。
・吹雪 - 吹雪型駆逐艦。サボ島沖海戦で沈没。
・古鷹 - 古鷹型重巡洋艦。サボ島沖海戦で沈没。
・巻雲 - 夕雲型駆逐艦。ケ号作戦で沈没。
・山浦丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第二次増援輸送船団(第38師団)で擱座。
・山月丸 - 陸軍徴用軍隊輸送船。
第二次増援輸送船団(第38師団)で擱座。
・夕立 - 白露型駆逐艦。第三次ソロモン海戦で沈没。
{/netabare}

《連合国》
{netabare}
・アーロン・ワード - グリーブス級駆逐艦。
い号作戦で沈没。
・アストリア - ニューオーリンズ級重巡洋艦。
第一次ソロモン海戦で沈没。
・アトランタ - アトランタ級軽巡洋艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
・バートン - ベンソン級駆逐艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
・ブルー - バッグレイ級駆逐艦。
1942年8月23日、駆逐艦江風の雷撃により沈没。
・キャンベラ - ケント級重巡洋艦。
第一次ソロモン海戦で沈没。
・コルホーン - ウィックス級駆逐艦。
1942年8月30日、日本機の攻撃により沈没。
・カッシング - マハン級駆逐艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
・ド・ヘイヴン - フレッチャー級駆逐艦。
1943年2月1日、日本機の攻撃により沈没。
・ダンカン - グリーブス級駆逐艦。サボ島沖海戦で沈没。
・ジョージ・F・エリオット - 輸送船。
・グレゴリー - ウィックス級駆逐艦。
1942年9月5日、駆逐艦夕立の雷撃により沈没。
・ジャービス - バッグレイ級駆逐艦。
1942年8月9日、日本機の攻撃により沈没。
・ジョン・ペン - 輸送船。
・カナワ - 給油艦。
1943年4月8日、日本機の攻撃により沈没。
・ラフィー - ベンソン級駆逐艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
・リトル - ウィックス級駆逐艦。
1942年9月5日、駆逐艦夕立の雷撃により沈没。
・モア - 掃海艇。
1943年4月7日、日本機の攻撃により沈没。
・モンセン - グリーブス級駆逐艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
・ノーザンプトン - ノーザンプトン級重巡洋艦。
ルンガ沖夜戦で沈没。
・プレストン - マハン級駆逐艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
・PTボート5隻-PT-37,PT-44,PT-111,PT-112,PT-123
・クインシー - ニューオーリンズ級重巡洋艦。
第一次ソロモン海戦で沈没。
・セミノール - タグボート。
・サーペンス - リバティ船。
・ヴィンセンス - ニューオーリンズ級重巡洋艦。
第一次ソロモン海戦で沈没。
・ウォーク - シムス級駆逐艦。
第三次ソロモン海戦で沈没。
{/netabare}
この作品に限らずミリタリー系の要素を萌え要素と絡め
ゲーム、漫画、アニメ等様々なコンテンツが溢れかえる
現代の日本。
その手段に対しては様々な意見や見解があるかと思います。

だからと言って決して身構えて観なくてもいいし、単純に
アニメとして楽しんで、そして1人でも多くの方がこの歴史
を知り、感じて頂けるきっかけになれば良いと私は思いま
す。

繰り返してはいけない悲劇。

アイアンボトム・サウンド。
海底の奥深くで…。

{/netabare}

 サンキュー(39)

劇場版「艦これ」のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
劇場版「艦これ」のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。