リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「リトルウィッチアカデミア」のレビュー感想/評価

よみがな:りとるうぃっちあかでみあてれびあにめ

放送時期:2017年冬アニメ(2017年1月~2017年3月)

このアニメの感想・評価 317

リトルウィッチアカデミアのみんなの評価
★★★★☆ 4.0 5
物語:3.9 作画:4.1 声優:3.9 音楽:3.8 キャラ:4.0
  • 物語 ★★★☆☆ 3.9 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★★☆ 4.1 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.9 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.8 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★★☆ 4.0 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
2017.07.23 17:32 げるんぽの評価 | 今観てる| 41が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

TRIGGER 最高!

グレンラガン → キルラキル → ルル子 → 本作
期待を裏切りませんでした。
(あっ、キズナ 入れるの忘れてた)

 サンキュー(8)
2017.07.23 08:28 灯里の評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

リトルウィッチアカデミア

ちょっと…
ちょっとですけど、

キャラクターの設定が変わったような…
アッコちゃんも前作あんなだったかなぁ

物語は面白かったんですが
正直言うと前作の劇場版が良すぎて
何だか今回のテレビアニメは私的には
あまりピンとこなかったです。

何て言えばいいのでしょう
癖が強く出てて見る人を選ぶ
作品になっちゃったのかな、と。

テレビアニメ
リトルウィッチアカデミアから見るなら
是非、オススメしたい作品ではあります。

が、

前作を観た方には
個人的にはあまりオススメは出来ないです。

曲や、演出も
前作とは異なります。

 サンキュー(4)
2017.07.22 19:20 保見川の評価 | 今観てる| 6が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

【一部酷評】 アニメーションを観る。という楽しさ

~
「キルラキル」を製作したアニメスタジオ・TRIGGER(トリガー)による魔法学園モノTVアニメ。

今にも画面から飛び出してきそうなダイナミックな作画は、
まるでアトラクションの3Dライド映像を観ているかの様な感覚が味わえて素直に楽しい。(とくに1話)
魔法の描写をCGではなく手書きで表現しているこだわりは、流石トリガーだなと思った。
近頃はアニメーションの動きを追求した作品が少なく、ただの萌えを発信する媒体としかなっていない作品が多い中で、
本作はとても貴重な存在だと思う。

物語の舞台は、どこかで見たような類似作品の焼き直し感があって新鮮味はないが、
良く言えば王道なので、最低の品質は確保されていると思う。
本作では、伝説の魔女・シャイニーシャリオに憧れ、魔法で人々に夢を与えたいと願うアッコの成長物語であるが、
アッコの無計画で猪突猛進な性格は、どう捉えても献身的には見えず、常に自分本位であり、
言動に思いやりがないので、彼女が目指す夢と矛盾している気がする。
アッコは、もれなく教養もないので、基本的に根拠がなく、説得力に欠ける。
主人公よろしく、随所で誰かを諭すようなことを主張したりするが、
「人の振りを直す前にまずは自分の振りを直せよ」と、思う。
非常識なアッコのお節介が先走っている物語は、ストーリーの腰を折っていて、展開は強引気味。
そのため、魅力的なルームメイトや個性的なサブキャラクターたちが置き去りになっていることもしばしばで、
折角の学園モノなのに、友情などがあまり描かれていないのも残念。みんなゲストキャラって感じ。
一応、各話ごとに着地点は設けられているものの、個人的にはアッコの活躍によるものとは思えず、
ノリと偶然による産物という感じがして、各話のカタルシスも薄い印象を受けた。
皮肉にも、サブキャラがメインの回やアッコの登場シーンが少ない回の方がテンポが良くて面白かった気がする。

トリガーにしてはセクシャルな描写も少なく、毒にも薬にもならぬ物語ばかりなので、
どちらかと言えば朝アニメ向きだなと思う。


物語:★★★☆☆ (一話完結のストーリーでテンポが良い。アッコが鼻につくときがある)
作画:★★★★☆ (流石はトリガーだなって感じの作り。キャラデが秀逸)
声優:★★★★☆ (メインキャラの3人組やダイアナ、アーシュラ先生が魅力的だった。)
音楽:★★★☆☆ (大島ミチルによるクラシック調でファンタジー感のある劇伴が良かった。OPは歌い手?)
人物:★★☆☆☆ (アッコは勢いだけなので本能が掴みづらいし、見ていて気持ちの良いキャラでもない)

個人的評価:★★★☆☆ (3.0点)

 サンキュー(0)
2017.07.19 21:30 剣道部の評価 | 観終わった| 53が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

バカは時々、凄いことをする

[文量→大盛り 内容→考察系]

劇場版などは観ておらず、ここからの視聴です(が、充分に楽しめました♪)。

[2017冬 個人内ランキング 4位]

【総括】
心、洗われるアニメでした。絵本のページをめくるだけでドキドキしていた頃の気持ちを思い出しました。

忘れていたモノがたくさん詰まってる、古くて新しい素敵なアニメ♪

昭和のレトロ感が漂う映像にテンポ。落ちこぼれ魔法使いの奮闘と成長を描いた王道のストーリー。それらは意図的に懐古的に作られているものの、そのクオリティは高く、十分に新しいアニメと言えます。

パッと見、子供向けのようですが、小ネタなど笑える部分も多くてストーリーも良く、何気に深みがあるので大人にもオススメできます。というか、老若男女が楽しめるTHE・アニメですね♪ このアニメを日曜の朝に流してほしい!

あと、前後期共に、OPの歌詞、メロディー、爽やかで前向きで好きです。EDもレトロ感があり、素敵♪

ちなみにレビュータイトルは、「のだめカンタービレ」で、「千秋真一」が「のだめ」を見て言った言葉です。「のだめ」にもピッタリだけど、アッコにもピッタリだと思いました♪ 「時々」というのがポイントですw

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
この作品には、アッコを中心とした、いくつかの対立軸が見える。

伝統を重んじるダイアナと、革新的な行動を繰り返すアッコ。その一方で、魔法(伝統技術)を愛するアッコと、科学(革新的な技術)を信じるクロワ。政治の(現実的な判断が求められる)世界に身を置くアンドリューと、魔法の(夢を追い求める)世界に身を置くアッコ。

一方で型に囚われない行動を占めすアッコが、一方では魔法に固執する。それは一見すればやや矛盾を孕むものの、多分アッコの中では筋が通っているのだろう。

先日、あるテレビ番組で、オリラジの中田さんが、「科学とは、解明された魔法である」と言っていた(テレパシー→電話・魔法の箒→飛行機 など)。それはそれで正しい認識だと思うけど、アッコの信念とは違う。

魔法が何かを為すための装置、道具に過ぎないのなら、それはいつか科学技術にとって変わられるのかもしれない。でも、「魔法そのものに価値を見出だすのなら、魔法が科学にとって変わられることはない」。

そんな強いメッセージが、優しく発せられている印象。少なくとも、アッコ自身はそう信じて突き進んでいる節があった。

多分アッコは、シャリオのショーと同じものを、ワイヤーやレーザー光線で再現しても、あそこまでは感動しなかったんじゃないかな。それは、魔法が、あくまで人の(内側からくる)力だから。

シャリオは確かにアッコから魔法の才能を奪ったが、もっと大きなもの、「夢みる力」「信じる力」を与えていた。そして、それこそが真の魔法であり、世界を変える力だった。

クロワが目指したのは、「世界(行動・環境)を変えることで、人(心・想い)を変えること」。シャリオやアッコが目指したのは、「人(心・想い)を変えることで、世界(行動・環境)を変えること」(若い日のシャリオは方法を間違えてしまうが)。

最終話。アッコとダイアナ。クロワとシャリオ。魔法と科学と政治。様々な対立が解消され、ひとつになった。正に大団円。あれ以上素敵なミサイル爆破シーンは知らない(笑)


「間抜けのアッコ」「不気味のスーシィ」「空気のロッテ」

現実の学校の教室でも、ともすれば隅に追いやられしまっているような少女達。しかし、周りがどんな目で見ようとも、彼女達自身は自分を信じ、互いを信じ合い、支え合っている(憎まれ口なんかも叩き合いながら♪)。そんな少女達が小さな力を出し合い、大きな事を成していこうとするのだから、心が踊る。

「何か成す者とは、歩み続ける愚者である。成せぬ者とは、歩みを止めた賢者である」

という言葉は、「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の「セリカ=アルフォネア」の言葉だが、アッコ達にピッタリの言葉だと思う。

OPの爽やかな疾走感。安定した高レベルの作画(特にバトル)。熱さもギャグも感動も、ほどよくある1話完結ストーリー。落ちこぼれで視聴者の共感性が高い主人公。エロなし。なにより、夢に溢れる古典的な世界観。

魔法で何かをしたいのではなく、ただ魔法を使いたいだけだった女の子。それが徐々に自分のやりたいことを見つけていくという、実に王道な成長物語だった。

ホントに「誰にでも勧められる」良アニメ。なんか、「もう一度夢をみよう」と、思った。
{/netabare}

【余談(実は似ていると思う作品)】
{netabare}
この作品、私は「NARUTO」に似ていると感じました。NARUTOの初期~中期(ナルト少年時代)の感じ。

アッコは当然、ナルト(性格的にも、魔法の才能が吸われている点でも)。ダイアナは、サスケ。

シャリオはエロ仙人(アーシュラはイルカ先生)で、クロワは大蛇丸。スーシィはサクラでロッテはヒナタかな? 同室3人の関係性は「第3班」のようだったし、アマンダ・コンスタンツェ・ヤスミンカは、まるで「猪鹿蝶トリオ」のようw

ルーナノバは、この葉隠れのアカデミーって感じだしね。

いや、NARUTOをパクっているとかそんな無粋なことを言いたいのではないです。「ポイントを押さえた、実に王道な作品」だということです(両者とも)。

この作品にはどこか、少年漫画のような真っ直ぐさや熱血感、爽快さがありました。まあ、NARUTOに近ければ当然ですね♪
{/netabare}


【各話感想】
{netabare}
1話目
古くさい映像、好きですね、こういう作画。私は「リトルウィッチ」より先に「宇宙パトロールルルコ」を観ていたので、スーシィが出て来て嬉しかったw 主要キャラ3人の出会いと初めての冒険、なかなか盛りだくさんの初回でした。

2話目
ねるねるねるねw 展開が良いね。こっそりイタズラするスーシィが可愛い(笑) カードゲームにハマっていたから(初心者&劣等生でも)呪文を暗記していたというのは上手いな~と思った。

3話目
流星号、最後は自由になったんですね。爽やかな終わり方でした。

4話目
ロッテ回。アッコの逆ギレw アッコにとってのシャリオが、ロッテにとってのアナベルなんだね。ただのパロギャグ回かと思ったら、なかなか面白い展開に。スーシィ、キノコしか探してないw アッコとロッテの違い、なかなか深いな~と。

5話目
あれ、ドラゴンというよりワイバーンですな。なんだ? バトルも面白いじゃないか! 各キャラがちゃんと得意魔法使ってたし。ドラゴンが投資家w

6話目
崩れ落ちる通路を駆ける古典的シーン、久々に観た(笑) イケメン、マジ、イケメン(笑)

7話目
魔法の試験。試験範囲の意味も分からない(笑) パイシーズ先生、、、これ退学でもヌルイんじゃ(笑)

8話目
スーシィ回。なんか、テーマ性というか、メッセージ性が強い回だったな。これまでと、やや作風が違うかな。嫌いではない。

9話目
い、良い話しや。校長も良い味だしてる♪

10話目
惚れ薬(蜂)なんて、なんて古典的なw なんか、ラブコメの波動が(笑) あんな顔(ベルばら風)が、アンドリュー好みなのかなw この3人娘の恋ばなとか、なんか普通の中学生(いも)っぽくて良いね♪

11話目
いや~、スーシィの毒舌、いちいち好きだわw 熱いね。

12話目
アッコ達三人娘は、三人セットではなく、三者三様なのがまた良いね。なんか、すげぇ謂い話だった♪

13話目
現代魔法か。そういうジャンルもあるんだね。なんか、黒幕登場?

14話目
久々に全力バトル。ん? セカイ系に移行?

15話目
ネットw 遅い~ムリ~w シャールストレミングのパイかな? 相変わらずテンポが良いね。

16話目
サブキャラの使い方も上手いし、何気にバトル作画が良いよね、このアニメ。

17話目
アマンダ回。ここにきて、またサブキャラを活かしてくるか。

18話目
コンスタンツェ回。なんかこの、同期で同室の3人の通じあっている感じ、NARUTOっぽいな。まさかの巨大ロボw なんだ最後のコンスタンツェの笑顔、破壊力抜群か(笑)?

19話目
あれだけ色々あったダイアナを、本気で迷いなく止めるアッコは、らしいですね。ダイアナもシャリオファンだったってのは、良い設定だ。

20話目
しきたりは、破るためにある(笑) スーシィの毒に比べれば(笑) 最後は壮大で感動的。流石のバランス。この2話だけで映画をつくれそう。

21話目
アッコの根本にある、幼さがマイナス方向に出た話。クロワも、シャリオを殺しい程憎んでいるわけではないのですね。皮肉にも、憧れのシャリオから空を奪ってしまったアッコ。でも、引き継いだのは思い。そんな話でしたね。

22話目
政治の世界の話、過激なナショナリズムが描かれはじめましたね。これは意外な展開。実はアッコから魔力を吸いとったのがシャリオだったなんて……。

23話目
う~ん、ドリームヒューエルスピリットを使わせたのがクロワか。単純にクロワが悪い感じだね。

24話目
スターウォーズ(笑) シャリオは確かにアッコから魔法の才能を奪ったけれと、もっと大きな力、信じる心を与えていたのですね。

25話目
良い最終回だった。それ以上の言葉が、必要ですか?
{/netabare}

 サンキュー(29)
2017.07.18 03:05 ミュンヘンの評価 | 観終わった| 76が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

子供の時私の好きなアニメはこんな感じでした

あらすじ

{netabare} 幼い頃にシャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオと同じ伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学する。

新しい街、新たに始まる学校生活、そして新たに出会う友達。
魔女学校の中でほうきの飛行授業や魔法にまつわる不思議な授業など、魔女学校ならではの授業の中でアッコやロッテ、スーシィたちが大騒動を巻き起こす!

ルーナノヴァを巻き込んだアッコの魔女への第一歩が今から始まる---(TVアニメ動画『リトルウィッチアカデミア』のwikipedia・公式サイト等参照){/netabare}

最近だと珍しい2クールアニメです。2017年春アニメは王道展開の作品が結構ちらほらあって王道好きな私には天国のような春だと思いますw

期待はされてましたね。作画についてはもうTRIGGERさんですから。はい、すっごい作画でしたよ。一話完結の物語をやりつつ最後の方は長いお話があってのゴールでした。一話完結の話も面白かったですしその時点で割と満足してたんですけど七つの言の葉を集める話から満足してる中また、期待値があがったので飽きませんでしたし、終盤は毎話鳥肌が立つ演出ばかりです。
その中にアッコの挫折とそれを乗り越えた成長を見れましたし、そんなアッコに仲間も集まってきて最終回とかホントに感動しました、春クール唯一泣いてしまいました、思わず感動のあまり「マジかよぉ…」と言っちゃいましたwずるいですよあの王道展開。
こんな最終回見せられたら高評価にするしかないです。ホントに素晴らしかった、最高です。

点数97点

 サンキュー(20)
ネタバレ
2017.07.17 18:15 カボチャはんたーの評価 | 今観てる| 54が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

夢に向かって突っ走る魔女見習いっ子のお話だよ~⊂⌒~⊃。Д。)

魔女っ子もの~
おジャ魔女どれみを思い出してしまいますね(*‘ω‘ *)
1話からヴォリュームのある内容でどんどん面白くなっていく気がします♪

1話{netabare}
魔女っ子ものかな~(*‘ω‘ *)ノ

シャイニーシャリオっていうのは最初の魔女のことかな
魔女になることを夢見る女の子の話しかな~
魔女の学校に通うためのバス停を探すとこからが始まり…
っていうか地図わっかりやすいw

主人公の名前はアッコ…結構おしゃべりーなのねw
ぶつかった女の子2分くらいしゃべってないけどw
通販の魔法教材ってwwwww
いじりがいのある女の子だことアッコさnw

すごいな明らかに魔女は厳格なものだとか思ってそうな魔女っ子3人w
てかそうか…魔女の世界も経営難とかあるのなw
今時箒にも乗れない魔女全然いるよ~

レイラインターミナル…バス停ではなく箒の停留所
始業に遅れたら魔法界から永久追放なのね…
泣き顔作戦www遅刻寸前なのに二人乗り初挑戦とかw

レイラインは塩分を嫌うらしい
なんかいきなり前途多難だなw

アルクトュルスの森?危険なところなのかな?
魔女は思ったよりも頑丈らしい
おっふいきなり3人知らない森に…禁断の森

一度迷い込んだら魔女でも出るのが難しいらしい
マンドレイクえげつないなw
陰湿な魔女っ子wやるな~w
コカトリスでかいなw

アッコまだ始業式諦めてないのね(*‘ω‘ *)ノ
揺るがない精神力は称賛に値するなアッコ
シャリオの魔法の杖?
アッコ動けるな~

そしてマンドレイクとコカトリスをうまく戦わせるなんて
スーシィ悪いやつではないのかね?
コカトリス飛べたのか!ドラゴンみたい

鮮烈な魔女デビューだなアッコw
魔女いっぱいいるな~w
そしてぎりぎり3人間に合ってるしw
でも3人目つけられてるしw

あのメガネの先生は何者?
{/netabare}

アツコ・カガリ
日本からたってきた魔女志望の少女。幼い頃からイニーシャリオの魔法ショーを見て心を奪われ、魔女になることを決意しルーナノヴァ魔法学校にやってきた。魔法は苦手だが、持ち前の明るさでシャリオのような魔女になるという夢に向かって頑張っている。宝物はシャリオのトレーディングカード。

2話{netabare}アツコ、シャイニーロッドを手にした夢オチじゃなくてよかったね
ロッテはメガネしない方が個人的に好き~

どんな魔法でも使えそうだけど気持ちだけ
スーシィは朝から趣味満喫中
コカトリスの毒すごいなw蜘蛛石になったよ
魔女への第一歩スタートです♪

アーシュラ先生寝不足気味…
アーシュラがアツコに肩入れする理由はまた別にあるような
っていうかドジっ子おっちょこちょい先生だね

まぁ…まずは座学からよね
ダイアナ・キャベンディシュ頭よさそうだな
魔女の授業は独特だなw
座学はアツコに向いてないなw
先生より優れてるんじゃないダイアナちゃんw

アツコに芽が生えてるw
アッコちゃんです~
ダイアナのお付きうざいなぁ
魔法界ではシャリオの魔法は認められていないらしい
ただ派手なだけの偽物魔法と言われているのか
誰も頭の芽は触れないのねwwwww

アッコこういう時失敗するよね
とかなんとか言ってたら成功しちゃったよwあーダイアナさんかw
石像止めたのダイアナ、ダイアナすげ~(‘ω’)ノ

キャベンディシュ家+ダイアナはすごいのな
アーシュラ先生苦労してそうw

信じる心があなたの魔法か
シャリオは本当に行方不明らしいな
すごいコレクターだなアッコ
あーやって集めて眺めるの好きだわ

元気を無くした記念樹…寿命なのかそれとも…
ジェニファー記念樹に活性化魔法を試みるダイアナ
この子まじもんの天才だな
養分がいきわたったみたいだけど
木めっちゃ胎動してるやんw
根っこのとげとげ何
蛹?寄生虫?

アッコ身体張るな~
パピリオディアの蛹?魔法の蝶々か
蝶っていうか妖精やね
希望を灯す蝶々ね

ダイアナの手柄になってしまったw
実はアッコのおかげでしたとはだれも信じないもんな
結局のんきな奴がこの世の中勝つよねw

ゆるいハリーポッター見てる感じで楽しい
{/netabare}

ダイアナ・キャベンディッシュ
アッコのクラスメイトでイギリスの名門魔女家系生まれ。頭脳明晰で高い魔法の能力を持っており、ルーナノヴァ始まって以来の優秀な生徒と言われている。真面目で正義感も強い性格のためアッコとしばしぶつかることも。

3話{netabare}シャイニーロッドはここぞってときじゃないと活躍しないよね
ようやくアーシェラ先生とアッコw
箒に夢中アッコさんwwww

アッコ落ち着かないのねw
飛行魔法はある意味楽しみなのね小さいころの夢がかなうからアッコ
魔導石がないと魔法は使えないのね

飛行魔法は魔女にとって基本中の基本
スーシィは簡単に飛べるけどアッコは苦戦中w
めっちゃアクロバティックに飛ぶな~
ダイアナもすげー万能かよw
アッコめっちゃバカにされてるw
運動神経は関係ないだろう魔法には

箒リレーとかあるのな~伝統のレース
シャリオが関わると本当に無我夢中よねアッコ
魔道具カフェ…気になるな
想像を裏切られたアッコちゃんであるw

伝説の箒流星丸
かっこいいな(‘ω’)ノ
なんでカフェにおいてあるんだよw
ダイアナ人気すげーな( *´艸`)

箒とコミュニケーション大事
まぁそんな簡単にはいかないよなw
アッコさんバカだなw
出場届出してるwwwwww
勝手にwwwwwwwwww
オカルト先生の賞品には興味あるスーシィ
身体で覚えるアッコさん超体育会系かよw
あんだけやっても飛べなかったっすw

ロッテとスーシィのCM紹介w
アッコ実験材料w間違えた実験動物ww
飛べないままレース当日にw
箒リレー結構ガチだな

アマンダ絶対あれをパクってきだろうw伝説の…
アッコ今日もバカにされてるwww
スーシィには秘策がある模様
スーシィずるい策ほどこしたな
二番手の魔女箒か?コンスタンス

魔女界のフードファイターヤスミンカもスーシィの策に嵌まってるw
流星丸とんだじゃじゃ馬だなw

アッコ飛んでない跳んでるw
なんか伝説の箒に乗ったけど拒否されてるw
根性だけはアッコ最強クラスよね

ダイアナ悪いやつではなさそうだ
アッコめっちゃ怖いなw執念www
アマンダ失格かよw

最後の最後で流星丸羽ばたいちゃったかw
ダイアナも熱意だけは認めてるみたいw
{/netabare}

スーシィ・マンババラン
アッコのルームメイトで東南アジアからやってきたいわれる正体不明の魔女。毒物マニアで、蜘蛛や蛇など動物系の毒から、きのこなどの植物系の毒まで幅広い毒物の研究をしており、しばしばアッコを実験台にすることも。マイペースな皮肉屋で辛辣な毒舌家。

4話{netabare} ロッテ回かな?( ^)o(^ )
水晶がメール代りなのかな?
やらかし3人組みたいになってる_(:3 )∠)_www
パイとタルトはたしかに違うよな(笑)

ロッテ必死だな…あーあ
巻き込まれ体質だな~(笑)
ロッテ石化
ナイトフォール…ていう小説の新刊のイベントにどうしても出たいわけね
364既巻ってwwwwww
明日ようやくイベントに姿を見せるらしいけれどw
負のオーラが…(笑)

ロッテのために人肌脱ぐつもりかw
間違えたwやつらwやりやがったwww
トラックに乗り込んだよ(笑)
今日のロッテは不良だ~(笑)
アーシェラ先生どんまいだよなw
脱走もお手の物だなwww

ナイトフォールすごいんだなw
ロッテ大興奮かよwコミケのナイトフォールみたいなものかなw
ロッテ夢のイベント会場に(‘ω’)ノ

子どものころから本読んでるからメガネっ子になったのね(‘ω’)ノ
アナベルちゃん思ってたよりロリ
めちゃくちゃ感じ悪いなwでもファンには関係ないw
お付きの片割れもファンかよw

マニアックすぎる問題だなwwwwww
ロッテ優勝しちゃったよwww
ナイトフォールの作者はいっぱいいるのか?
13人目のアナベルって?どういうこと?
不自然だなあ

っていうか時計の方も怪しいだろう
アナベルは魔女じゃなかったのか
アッコどこを探してるんだよ
スーシィに至ってはキノコ探してるよwww

ロッテが作者になるのか…
だけどそれはまたちがうよな~
古いものには精霊がついているらしい
そしてロッテは精霊と話せるらしい

今のアナベル自信がないから押し付けたのかw
叩かれるのやなのな~アナベル~
ネットはそういうのがいけないところよな

オタク同士じゃないと通じないものもある
あの時計あのばあさんかよw
この脱走は無駄じゃなかったなw

本はゆっくり読むのがいい
それがいい…
早く読みすぎると読み終わった後の喪失感が…
{/netabare}

ロッテ・ヤンソン
アッコのルームメイトでフィンランド出身の少女。優しく誠実な性格で、暴走気味のアッコに対して、しばしば冷静なツッコミを入れる。歌が得意で古い魔女の民謡を歌って北欧の精霊を呼び出すことができる。「ナイトフォール」というバンパイアの悲恋を描いた小説の熱狂的なファン。


5話{netabare} 出た一番魔女っぽい先生w
余計なもの入れると失敗する

コンスタンツ、ヤスミンカ、アマンダは個性的だな
っていうか突っかかるなアマンダに(笑)
本当にダイアナさんすげーな(笑)
ルーキッチ先生まじもんの魔女だあw

ダイアナをとアッコまた事件に自分から飛び込んでw
龍が何かを盗んでいった?魔導石かw
ドラゴンの怒り?アッコはたしかにかかわってほしくないなw

スーシィたちもてつだってるよw
魔力の補充のために盗んでいったのか?
アッコだからなんで自分から事件の中心に行こうとするかねw
ダイアナ来たらアッコだけでなくアマンダも突っかかるだろうにw
正論で押し倒されるアッコ(笑)
共闘になったら相性いいよねこの二人w

コンスタンツとヤスミンカすごい働いてくれてるwww
いざドラゴン退治に出発(こっそり)
校長たちはどこに出向いてるんだろう?

ラストヴァン遺跡で待ち構えるのは…炎を吐くドラゴンたち
コンスタンツめっちゃ科学兵器使ってるwww
アマンダこういうことは得意そうw
スーシィもやるな~(笑)

ドラゴンの中身は骨組?
さらわれたり遺跡の中に潜り込んだりw
遺跡にしてはあれだろw実験室風
っていうかでっかい何かいるな~
ヤスミンカこんな時でもお菓子つまんでるw
アッコ捕まるw

いたのはでっかい爺龍でした(‘ω’)ノ
なるほど魔導石は借り物だったわけなw
ファフニールか!!
ルーナノヴァには借金があるのか
財政難wwww

ファフニールめっちゃネット投資とかしてるしww
資産家龍wwwwww
ルーナノヴァ危機かよ(笑)
アッコってすごいやつにも喧嘩売るよな(。-∀-)
借用書…とかあったのね

ダイアナ読めるのかw
ファフニール利子を騙しとってたのかw
古代ドラゴン語を読めるダイアナすげーな( *´艸`)
ダイアナいいところ持ってくなw

夢だけではやってけない
けれど夢がなければ…
結局洗濯はやらないとねw
{/netabare}

アマンダ・オニール
アメリカ生まれのヤンキー少女。手癖が悪くお宝を盗み出すことを趣味としていて、校内の倉庫に侵入したりと、学園のセキュリティにもいたずらを働いている。ダンスやパーティーが好き。

6話{netabare}
メタモル…変身魔法の授業かな?
さすがダイアナ!レベルが違うな( *´艸`)
アッコは…うん知ってたよw

ハンブリッジ伯爵のパーティーがあるらしい
息子のアンドリューはイケメンらしい(。-∀-)
ダイアナのお付き浮かれてるなwハンナとバーバラだっけか
アンドリューの貴公子っぷりな
ロッテとスーシィ興味なさそうw
アーシェラ先生久しぶりに登場w

アッコ一人で練習たしかに心配だわなw
イメージとか苦手そうだなアッコw
天才的な失敗だなアッコww

アンドリューの校内の案内にダイアナが
ダイアナとアンドリューは知り合いだったのか
興味ないっていうのはまぁ…幼馴染だからか

アッコついに自分が落ちこぼれだと…っていうか半分顔ウサギになってるしw
ポラリスの泉?輝きを秘めた魔女を目指す
本当にも問題児だなアッコw

ダイアナとアンドリュー
フランクいなかったらずっと黙ってそうw
アンドリューもファフニールさん派か

アンドリューの目に入ってしまったのは…うさぎ耳w
めっちゃ興味持ってるなアンドリューw
魔法だと思うと興味なくなるのかな

ユニークな魔女w
アンドリューは魔法に興味なんてない
もうすぐなくなってしまうもの…それが魔法
アッコ一番言うよね…できないのにw

アンドリューを変えちゃったよ耳w
どんどん失敗してくなw

アーシェラ先生って出遅れるよねw
北校舎結構朽ちてるな
アンドリューは博識だな
ポラリスの泉には番人がいるのか
本当に考えなしだなwアッコwwwwwwwww
めっちゃでっかいクマいる~(笑)

アンドリュー絶体絶命だな
とか思ったけどやるな~
クマもやるな~(笑)
夜の逃避行冒険劇w
助けてくれたのはもちろんアーシェラだけど…

本当怖いもの知らずだよなw
かつてシャリオもここに訪れたのかな?
シャリオも結構苦労してたのな

まだ未熟すぎたアッコであったか…
強いな~アッコは
アンドリューイケメンだな(‘ω’)ノ
ちょっと魔法に興味もったんじゃない?
{/netabare}

アンドリュー・ハンブリッジ
ハンブリッジ伯爵の息子でイギリスきっての名門校エイプルトン校に通う高校生。「エイプルトンの貴公子」と噂されており、頭脳明晰で容姿端麗。

7話{netabare}
魔法で悪いことはしてないという教えかな?
ルーキッチ先生の恐怖に屈しないアッコであった(笑)
アッコなんか勉強に目覚めてるw
友達は(;゚Д゚)しちゃうわなw
あのアッコだもんな(笑)
コンスタンツェ映写機まで作ってるのかww

ダイアナなんでもできるのな~
アッコ熱意だけはあるんだけどな~(笑)
アーシェラも怒られてるwwww
朝までやってwwwww窓が開きませんでしたww

魔女くらいなら烏がしゃべる言葉くらいわからないといけないのかw
絶対アッコわかってないwww
ハンナとバーバラバカにしてくるな~

修復魔法とか便利よね
精霊を使った修理とかすごいな~ロッテ
魔道具取り扱い免許とかあるのか!しかも国家資格w
魔女ならなんでもなりそうだな~
アッコはシャリオになりたいっていうのは変わらず
子どもは時に残酷なこと聞いてくるもの

アマンダあんなにうまいのに…C-(笑)
アッコ未だに箒に乗れずw
本当にアマンダは不良なのな(。-∀-)
そして燃えてるアッコwww
スーシィ疑われてるww

ヤスミンカ味覚魔法得意なのな
りんごをまずくさせる才能w

コンスタンツェの錬金術すげーなw
アッコ芸術は爆発だwwwwwww
アッコのいいところは折れないところじゃない(笑)

ダイアナ占星術もできるのなw
アッコの将来…ルーナノヴァを去るらしい
アッコ…退学の危機(笑)

校長も苦渋の決断で異論なし…
魔法哲学、先生がいないのに
金魚が先生ww
パーシーズ先生(笑)
魚類語はめちゃくちゃ難しいらしい(笑)

アッコ終わったんじゃね?w
さすがのアッコも落ち込むわなw
とか思ってたらダイアナが絡んだらやる気がMAX
媚売ってるよ金魚にww
パーシーズせんせいを排水溝ってwww

スーシィ面白がってる(笑)
アーシェラがごまかすことにw
魚になって探すことになったけどw
アッコだけ半魚人w
あんなやつぷよぷよにいたなw

アッコ困った魚をほっとけない性格なのな
魚の家族多いなw
アッコって本当に色々と損をする性格だな

密猟者のもとには半魚人w
パーシーズ先生には認められたのな

アーシェラ先生みたいな人が怒ったら…怖いなw
半魚人表彰wwwwwwww
ギリギリセーフwww

罰として一番ヤな先生と1週間寝食を共にとかw
{/netabare}

アーシュラ先生
ルーナノヴァ魔法学校の魔法天文学の先生。夢に向かった猪突猛進なアッコのことを気にかけており、影から優しく見守っている。かつてシャイニィシャリオだったという噂もある。

8話{netabare}
スーシィやばいエナジードリンク作ってるよw
こいつも魔女だなぁwww
アッコ=モルモットなのな(笑)
アッコ何をくわえてたんだよw
スーシィ目を開けず…キノコ生えてね?
ちゃんとモルモットに試さないから~(笑)

スーシィキノコの触媒になってるw
また退学の危機かよw
スーシィどれだけキノコ好きなんだよw
眠れる森の魔女病って
キノコの成長力すげーな(笑)

解毒剤候補www
っていうか躊躇なく生贄になるアッコなw
うまくキノコの世界に入れたみたいだねw
キノコだらけ過ぎるだろw

悪魔スーシィとか
天使スーシィも出てきたw
結局スーシィは残忍なのです\(゜ロ\)(/ロ゜)/
オリジナルスーシィのためにアッコいろいろやることに

怠惰のスーシィwせっかちなスーシィw
スーシィの中にはたくさんのスーシィがいるな
裁判所スーシィだらけ(笑)
ほんの小さな気持ちは裁かれる運命なのか
アッコも死刑にw

死刑執行人スーシィwww
優しいスーシィ助けるのであった(。-∀-)
アッコの行動力wテンションの差な(笑)

ロッテにもキノコ生えてきてるww
映画に見に行くスーシィw
スーシィの記憶映画か

アッコそっくりだなw
めっちゃ実験されてたのなw
自分のことなのに笑ってるよw

アッコとの出会いと箒レースはいい思い出みたいw
世界がキノコに征服されて行って…これ手遅れなんじゃね
優しいスーシィは化け物スーシィでした
殺さなかったスーシィおっかなw
急に化け物大戦争になったなw

こんな悠長にしてていいのかよw
話が長いスーシィw
スーシィの中ダンジョンの中すぎるだろw
カイエンの夢の中かよ

スーシィ起きたw
って全部夢オチ?
あれは夢か幻か…定かではないのですw
{/netabare}

シャイニィシャリオ
世界的に人気者だった魔女で、魅力的な魔法ショーを開催し世の中に魔法ブームを引き起こした。しかし、魔法ブームが絶頂期を迎えた頃、突然引退しその後の消息は分からずじまい。

9話{netabare}
校長も呆れるくらいフィネラン先生は固いなw
アミュレットは思い入れがあるものじゃないとダメらしい
アッコにとってそんなものは…あったねーシャイニィシャリオの大事なカード

墓場にキノコ狩りって休日にw
アッコって隙すごいよねw
直したのは墓じゃなくて死体?ww
こいつ誰だwこいつも知らないんかい骸骨w
見た目は貴族か海賊か?
なんかやばいのを復活させてしまったのではww
スーシィ落ち着いてるな(笑)

日没までの命なのか
街でいきなり事件w
骸骨めっちゃ暴れてるやん(笑)
アッコ堂々としゃべってるなw
おーw大道芸で片付けようとしてるwww

今度は海賊で片付けようとしてる
あー…警察も呆れてるよw
本当に面倒ごとを起こす天才だなアッコw

爺さんはねられても生きてるなwスケルトンさすがw
魔女だから助けたらしいwww
魔法黄金期?の家

ミランダ?のために復讐捨てるのじゃ(笑)
元気な爺さんだな~w
景色って一瞬でも嫌な事忘れさせてくれるよね
復讐相手自分かよwwwwwwwwww

ミランダが校長先生なのね
怒られてもいいからいいことするよね
修復魔法ってあういう使い方あるのか
校長すげーなやっぱりw

魔法も捨てたもんじゃないな
まぁそれは置いといて…まぁ怒られるよねww
罰は箒の修理(。-∀-)w

まぁ学生ならではの罰よねwww
箒の修理地獄だなwwwww
科学があふれてても魔法でしかできないこともある
魔法だらけの世界もいいけどね♪
{/netabare}

ホルブルック校長
ルーナノヴァ学園の44代目校長。性格はおっとりとした日和見主義者でおしゃべり好き。小柄な老婆だが、年齢は200歳以上と長寿。ダイアナを高く評価している。名前はミランダ。

10話{netabare}
魔法業界にも手違いで物くるのなw
恋の惚れ惚れ鉢とかw
ハンナとバーバラおめかししちゃって
ダイアナは格が違うなwwww

アンドリューの家とは500年前からの家の付き合いらしい
the取り巻きだなあの二人wwww
本当にすぐ熱くなる性格だなw
アンドリュー家のパーティーに忍び込むつもりだなw

まずは魔法のドレスから用意
魔道具やのおっちゃんなめてるなw
シンデレラセット?
さらに白雪姫セットもww
呪文唱えて時間差で魔法くるパターンw
2時間限定の魔法のドレス

招待状はどうするんだろう…
いたずらには魔法を使いこなせるのなアッコw
貴族にとって社交辞令は大事
父親相変わらず手厳しそうだな

ダイアナとアンドリュー絵になるのは確かw
アッコ見つかった(笑)
おいおいwあの蜂をここで使ったのかw
これは面白い事態になりそうだw
美化されすぎだろ少女漫画風にw
スーシィナイス!
惚れ惚れ蜂の効果すげーな(笑)
ロッテ嬢モテるw

アッコ迫られるのダメみたいねw
スーシィが一番魔女らしいよな(笑)
アンドリューが恋に落ちるとこうなるわねw

蜂を潰せば恋を終わらせられるw
あーこれ性別関係ないのかwww
ダイアナでれた~wwwモテモテぇぇぇぇwww
父親は魔女が大嫌い…
政治家にさせたいのかよ父親
めんどくさいやつだな~

本当にたまに核心をつくよなアッコw
今日のアッコは演出もあってか…シンデレラになってるなw
アンドリューナイスアシスト(。-∀-)
そしてアンドリューちゃっかりピアノ弾いて♪
さしずめ闘技場の武闘会ってかねw

あれって動物でも自分でもありなのねw
伯爵にパーンwwwwww
ってアッコにしかできないかもなwww

もう元のアンドリューに
そしてアッコたちも魔法が切れましたw
ロッテとフランクこれがいい出会いなのかもしれない

ダイアナさん黒歴史だなw
伯爵家一騒動
はてさてどこに着地するのかなw
ロッテは控えめだけどモテそうだよなw

アッコとアンドリューの相性は悪くないよねw
{/netabare}

フランク
アンドリューの親友。アンドリューとは対照的に、陽気な性格で魔法に強い関心を持つ

11話{netabare}
魔法が発動しないってことはなくなったみたいだねアッコw
修復魔法100回目で惜しい…
明日は何とかなりそうかなw

アーシェラ先生毎日レッスン付き合ってくれるってすごいないい先生だなw
アッコが落ち込むなんてねw
スーシィヨガ得意なのね(。-∀-)
本当にシャリオのことになると猪突猛進だなw

なんとなくわかるけれど…アーシェラ先生は…
先生がジャージでメガネがないとなんか仲間由紀恵ちっくw
先生めっちゃ動揺してるじゃんw
いつかシャリオみたいになりたいと夢見る少女はにだって怖いことはあるのさ

一歩ずつ積み重ねたことが手に入るのか…努力大事ってことだな
魔女の数は年々減って、世界的に魔力は衰えているらしい
創立1600年かよ(笑)
昔は魔導石がなくても魔女は魔法を使えていたのか
ナインオールドウィッチの本か
ダイアナ先生方に信頼されてるな

ブルームーンは神秘の力の象徴だったりね
ブルームーンに出る太古の亡霊に会いに行くつもりかwアッコw
どんな質問にも答えてくれるらしい…アッコは何を聞くつもりかな?
ブルームーンアビス…

蒼い月に導かれる少女たちは…
ダイアナは求めていた本に出会えたみたいね

ブルームーンアビスの洞窟の亡霊か
世界を変える力?封印を解くには七つの言の葉と杖?

アッコの杖…あれめっちゃ大事なやつなんじゃね?
しかも封印一つといてるのねw
目を離すとすぐアッコはww
亡霊に追い返されるアッコだけどたどり着いた先にシャリオが
残酷なこと言うなぁこのシャリオ
それは亡霊がみせた幻
ブルームーンの亡霊おっかないな(笑)

未来を知りたい気持ちはわかるけれど
知ってはいけないよね…
シャリオみたいに活躍するアッコ
扉の先に進んだら未来が自分の物になる…
未来を手にするためには過去を捨てなくてはいけない…
等価交換ってやつだな
すごい自信だよなアッコ(。-∀-)

亡霊に打ち勝ったアッコであった
ウッドワード先生だったのか

やっぱり…アーシェラが…
案外憧れの人は身近にいたりするものよw
{/netabare}

12話{netabare}
ダイアナはアッコが持っていた杖に少し…
変身魔法も少しずつだけどできるように…
昔に比べれば全然いい方じゃない( *´艸`)
最も優秀な魔女は「月光の魔女」に選ばれるらしいw
魔法祭とかあるのか!

アルクトュルスの言の葉か
朝から元気だなアッコwww
魔法祭に呼ばれる魔女は有名人ばっかりみたいね
アッコめっちゃ楽しみにしてるけれど…
魔法の出し物をしなくてはいけないみたいね
くじで出し物を決めるのね
ダイアナはやっぱりいいのをひくのなw
アッコたちが引いたのは生贄係

嘆きのバハロアのツボ
めちゃくちゃ生贄っぽいもんなwアッコw
ダイアナが魔法祭実行委員長とか
やっぱすげーな( *´艸`)www
バハロアただの寂しがりやじゃねーかw

月光の魔女は順当でいけばダイアナだろうな
アッコ以外は興味なしw
これに関しては誰も味方してくれないw
本当にアッコだな~ブレないな~w

魔力が高いのはなかなかな性格をしてるみたいね_(:3 )∠)_
アッコがダイアナになってしまっているw
腹痛で逃げるとかwww
っていうかアッコの騒ぎを起こす天才性なw

ダイアナの姿になってしまったアッコw
召喚術を頼られる(‘ω’)ノ
ちょっとこの状況を楽しんでない?アッコ(笑)
ダイアナのこと鵜呑みにしすぎだろw

ダイアナめっちゃ頼られてるな~(‘ω’)ノ
そりゃバレますよねwwwwww
改めてアッコはダイアナのすごさを目の当たりにw
すぐカッとなって言っちゃうアッコさん
0ではないと思うぞ月光の魔女w

シャリオではなく自分の意志を振りかざす時だな
杖が導く先は…いつかのポラリスの泉
アッコにしかできないこと…それは…

シャリオは月光の魔女になりたいなんて思っていなかった
結果は後からついてくるのかもねw
{/netabare}

13話{netabare}
バハロアにパクりされたいスーシィww
アッコはバハロアを笑うようなステージ演出するつもりだけど…
ロッテもスーシィも消極的
魔法が楽しいものだと思ってほしいアッコ
今回は二人の協力は難しそうだけどその熱意は大事

アーシェラ先生は常に応援
そういえばあの二人w
生贄係はとても滑稽なのか
アッコ変身魔法に磨きをかけてるな

ロッテとか悪口気にしちゃいそうだな
バハロア姫だったのか(;゚Д゚)
バカだから諦めが悪い…けどそういうところは本当にすごい(ΦωΦ)
それに関してはカボチャマジで尊敬
ロッテとスーシィもいいやつらだな
バカは人を動かすのなw

アーシェラ先生はバハロアの遺物を一人で探してますw
ルーナノヴァ魔法祭開幕
異物ありすぎ問題…
掃除係の手際の良さ
伝統ある魔法祭は…毎度いまいちの結果

諦めの悪さそれがアッコの持ち味よね(‘ω’)ノ
ダイアナにはさすがに注目が集まるのな
ほかの魔女学生とは格が違うなw
ルーナノヴァの星だわな

アッコぎりぎりせーふw
魔法祭終幕生贄の儀式w
彼女の悪あがきとくとご覧あれってね(‘ω’)ノ
アッコいい逃げっぷりだな
魔女OBたちは楽しんでるな校長もw
ロッテ、スーシィないすw

アッコならではの盛り上げ方だわな
あんだけやったのに嘆いてばっかりだな
めっちゃ悲しんでるな…

バハロアの呪い…悲しみの実を飲んだことによるものか
悲しみの実をひっこぬく
でも結局バハロアの中にwww
スーシィ楽しそうだな(笑)

バハロアめっちゃかわいいやんw
最後に笑っていったねwww
これはいい傾向だな
これはなかなか楽しめたもんだなw
アッコたちは対象外なのか~

おっと…なんだか最後不穏だったぞ
でもたしかにいいもの見せてもらったな(‘ω’)ノ
{/netabare}

14話{netabare}
アルクトュルスの言の葉を3つまで蘇らせたアッコ
そしてアーシェラ先生は決意する…

メンツ6人になってるな(笑)
アマンダたちも認めてるのなw
シャイニーロッドはここぞってときだけ発揮するみたいね
ダイアナ・

アーシェラ先生おどおどしすぎだろうw
大事な話って邪魔されるよな~
ストライキ?妖精が労働組合を作るつもりw
彼らの要求は魔導石の魔力をもう少し使わせろってことか
ギリギリでやっていたのか…
アーシェラ先生パシられるw
魔法がまた使えなくなってる?

魔法遮断されて魔法がまたw
華麗に新キャラキタ――(゚∀゚)――!!
新任教師クロワ?
科学と魔法の組み合わせ
進化した箒に乗ってキタ――(゚∀゚)――!!
現代魔法講師クロワ
魔法の未来ね…
クロワ先生が持ち込んだのは新しい風か問題化

魔法が使えないって不便だね
アッコ、説得にww
本当行動力の塊だよなwww

アッコも向こう側についてるwwwwwwwww
木乃伊取りが木乃伊になってるwwwwwwww
しかもリーダー格w
ダイアナの理論詰めもアッコには通用せずw
妖精たち魔導石がいないと生きていけないのね…
難しい問題だな

将来…のことも考えるようになってるアッコさんであったw
難しい話はアッコには似合わないなw

アッコ書記長にwww
手当とかはともかくエネルギーが…
クロワせんせいエネルギー作れるのかよwww

SSS…すごいシステムを作ったのだな(‘ω’)ノ
クロワ先生口も上手いな~
先人の義務か新しい風か…
新しいものを受け入れるのは勇気がいるものだから
そう簡単には受け入れられない

ハンナたち買収してるよwそして問題はさらに深刻化
妖精たち大反乱w
これらを仕組んだのはクロワかな?

SSSを運用させようというたくらみなんじゃね?
妖精の中にしもべを潜り込ませていたのか…
ルーナノヴァに新しい時代がw

アッコすごい写真wwwww
アーシェラ先生の頑張りwwwwwww
絶対なんかあるよね?因縁?クロワとアーシェラw
{/netabare}

クロワ・メリディエス
現代魔法の新任講師。若くして魔法の発展に数々の功績を収めている。魔導ユニットやタブレットなど現代的な機材を使用し、少ない魔法力を効率的に運用するためのSSS(Sorcery Solution System)という技術を開発、学校に持ち込む。

 サンキュー(13)
2017.07.17 17:23 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

「信じる心があなたの魔法」

TRIGGERさん…やってくれましたね…というのが完走後の率直な感想です。
これまでアニメミライ版、劇場版と視聴してきましたが、このテレビアニメ版はこれまでの集大成と呼ぶに相応しい作品だったのではないでしょうか。

幼い頃にシャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオが通った「ルーナノヴァ魔法学校」に入学するのですが、もともと魔法家系の生まれではない事から学校では一番の落ちこぼれ…

けれど、シャイニィシャリオの様な人を楽しませる事のできる魔法使いになりたい…
この気持ちがアッコの支えとなり、日々奮闘する原動力になっているのです。

アッコがドタバタするのは第1話の序盤から…
魔法使いだけが使えるレイラインの停留所…他の学生は次々とレイラインに乗って学校に向かっている中、魔法使いが乗れるレイラインに乗ることができず途方に暮れていました。
始業の儀式に間に合わないと即退学となってしまうからです。
そんな中、停留所で出会ったロッテのホウキに乗せて貰うのですが、今度は途中の森に落っこちてしまったところ、シャリオの使っていた杖「シャイニィロッド」を発見して壮大な物語が動いていきます。

この作品の良いところは、夢を決して諦めない不屈の精神と、迷ったら取り合えずやってみようとするチャレンジ精神が高いレベルで推移している点だと思います。
作画は決して綺麗だとは思いません。
でも、視聴者に伝えたいポイントがしっかり押さえられているので、見ていると物語にグイグイ引き込まれるんです。
そしていつしか作画に関しては全く気にならなくなる…というか、この作画が一番合っていると思えるようになるから不思議です。

アッコを取り巻く友達の構成も秀逸です。
何だかんだ言いながらアッコをフォローするロッテとスーシィ、魔法使いの名門キャベンディッシュ家の跡取りで、ルーナノヴァ始まって以来の優等生と言われるダイアナ、アッコを何かと気にかけてくれるアーシュラ先生…
この個性溢れる魅力的な仲間がアッコをしっかりサポートしているんです。

でもこの作品は日常のバタバタだけの作品ではありません。
物語の視聴を積み重ねていくうちに、色んな秘密が次々と明るみとなるんです。
一見完璧そうに見えるダイアナだって一枚岩じゃありませんでしたし、アーシュラ先生だって時折眼鏡の奥の瞳に秘密めいたモノを感じたり…

そして一番ワクワクするのが、魔法の使えない筈のアッコがシャイニィロッドを握った時です。
普段はただの杖なんですが、時折ロッドに埋め込まれた球体が輝く時があるんです。
その時「アルクトゥルスの7つの言の葉」を使うことで、まるで奇跡の様な出来事が起きるんです。
その奇跡は私の発想を遥かに凌駕し、魅了してくれました。

残念ながら現実の生活において奇跡が起こることはまずありません。
けれど、奇跡はこの世にきっとあると思います。
その片鱗をこういう夢のある作品に求めても罰は当たらないと思うんです。
この作品は深夜に放送されましたが、週末の夕方枠でも十分放送できる内容だったと思います。

諦めなければこれまではダメだったけれど今度は掴めるかもしれない…
可能性は限りなく低くても、ゼロじゃない限りそこに辿りつきたいゴールがきっとある…
「信じる心があなたの魔法」
本当にその通りだと思います。

序盤のうちは中々物語の方向性が見えませんでしたが、登場人物が出揃ってある方向性に動き出してからは、毎回の視聴が楽しみで仕方ありませんでした。
そしてアッコ…やっぱり凄かったです。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、YURiKAさんの「Shiny Ray」と「MIND CONDUCTOR」
エンディングテーマは、大原ゆい子さんの「星を辿れば」と「透明な翼」
これから起こるワクワクを予感させてくれるようなオープニングで、エンディグは聞かせてくれましたね…
どちらも良曲だったと思います。

2クール25話の作品でした。
「TRIGGERさんらしさ」が前面に押し出された作品だったのではないでしょうか。
こういうファンタジーは大好きです。
今後もこの様な夢のある作品が放送される事を期待しています。

 サンキュー(26)
ネタバレ
2017.07.16 13:17 STONEの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

とりあえずの簡単な感想

 アニメらしい楽しさ溢れる作品で、アニメーションは動く絵という部分の魅力がとにかく
感じられた。
 テイスト的にはアメリカの往年のアニメーションの影響もあるようで、それに日本アニメに
うまいこと落とし込んでいる感じ。

 終盤の怒濤の盛り上がりはTRIGGERらしく、うまいこと締めたなという印象。
 ただ中盤は中だるみを感じる回も多く、序盤から中盤に掛けてロッテ・ヤンソン、
スーシィ・マンババランを始めとするアッコの友人達を掘り下げておきながら、終盤はアッコ、
ダイアナ・キャベンディッシュ、シャイニィシャリオ、クロワ・メリディエスの物語に
なってしまい、キャラの扱いが勿体ない感も。
 個人的にはイギリスを舞台にした王道的魔法使いものゆえにそのテイストを貫いて、あまり
パロディなどは入れない方が良かったかなと思った。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.07.16 12:05 Progressの評価 | 観終わった| 58が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

信じて見続けてよかった

2クール作品でこれだけ楽しめたのも中々ないです!
最近は1クール作品が多いですが、この作品は2クールという尺を生かして、
最終話までに主要な各キャラを無駄なく掘り下げています。

・ほぼ全話1~2話完結方式で各キャラクターを、面白おかしくたまにはシリアスに、真面目に掘り下げてます。

個人的に好みだったのは、アッコが魔法祭で一位を取るといってルームメイトであるロッテが無理だと最初は協力しなかった時から、アッコに親を助けられ、それでも自分の中にある「無理だ」とか「諦め」とかの気持ちを出してしまい自己嫌悪におちいる所。ロッテという表情の表しにくいデザインの中で、いかにすればロッテが諦めからくる無頓着な性格を変えて表情を持たせることができるか?それを2クールとおして、最後にアッコが見つからないというシーンで泣いたロッテに集約させたのは、ルームメイトをここまで作りこむのは凄い完成度だと思います。

また、ダイアナとのアッコの対立をクロワとアーシュラの対立と比較させる演出が良く、クロワとアーシュラは道を違えたけど、ダイアナとアッコは同じ道を選べた、その関係性を二期OPに描きつつ、最終話でアッコ達の絆を描くという最高の結末に強い満足感を得れたと思います。

2クールもの間楽しめたのは各話が楽しかったからで、メインの部分だけが面白かったとは到底思えない作品です。凄く感動した話が何話もあったし、とても笑った話もたくさんありました。

 サンキュー(34)
2017.07.15 16:01 Koutarouの評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

素晴らしい!

魔法少女モノの金字塔です!
エンディングに向かって一直線ですが、よく練りこまれたシナリオに
エッジの効いた作画、ツボを押さえた声優陣、主題歌、文句なしです。
特に日高のり子さんの演技力は圧巻です。
主題歌のShiny Rayは、いつも元気で馬鹿でなにを考えているか不明な
主人公の内面を見事に歌い上げています。

 サンキュー(6)
2017.07.15 15:39 まっことの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

主人公の脇の下付近のキャラお気にです笑

基本、アクセルベタ踏み、ブレーキの付いていない車に乗ってた笑

作画は雰囲気2000年代?
想像上のアメリカアニメの表情豊かなキャラクター(主に主人公)が織りなす
ドタバタマジックアニメーションここに爆誕!!!

何か事件があった際、巻き込まれる主人公が多いけれど、
このアニメは自分から突っ込んでいくので、違和感はより少ない。

逆にいうと、そういうのが苦手な人もいると思う。
とっととやれよとか?その行動はないわーとか?

目的に向かってある意味ゴールに向かって一直線の色々なアニメよりもドタバタしているから少し、リアルの側に立ち位置を置いているのもこのアニメを気に入ってる点。

ちゃんとそれぞれのキャラの立ち位置がしっかりしているから、好みのキャラも見つかると思う。
タイトルにもあるように一押しはタイトルにある子。

掠れた声が新鮮に感じてグッドでした。
また時間を置いて観直したい。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.07.14 13:48 lasagnaの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

魔法って人を幸せにするものじゃないの!?

百合化したハリーポッターの学園生活パートをずっと見ているような作品です。
世界観、魔法の設定、アクションパートが全部ハマっており、個人的に外れ回なし。 全話楽しめました。
特に蝶、レース、小説回と続く序盤の引き込みが最高なので、気になる方はチラ見して欲しい。
デザイン含めてキャラはとても魅力的です。声優さんはあまり詳しくないですが、声が合ってないとか棒読みのキャラとかはいませんでした。
主人公が全然成長しなくて見るのがつらい・・・という人がいるのは仕方ないのかな・・・。 見る側の年齢が多少あれば問題ないと思いますけど。
ツラい人も、最後まで見たら一つの答えを得られるかもしれません。
細かい伏線やパロディも良質。 間違いなく傑作。
■以下、ネタバレ全開■



最終盤、○○〇の再登場と本来の姿を取り戻した"クラウソラス"のデザインに痺れた。 それをなお"シャイニーロッド"と呼ぶアコの純真さに感動した。
7連結箒で、ブースターになった仲間たちが離れていくシーンが熱かった。
ロボ回、アマンダ男体化回、シャリオの戦闘スタイルが魔法(物理)全開なのは、作ってる側も楽しめてるのかなと思えた。
世界改変魔法の本質⇒シャリオとアコが選ばれた訳が非常にストレートで良かった。
バンナムで不安だけどゲームも買いますよ~。

 サンキュー(5)
2017.07.10 20:00 のかの評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

うん、とりあえず誰でも良いから主人公を引っ叩いて!

原作未読(あるみたい^^;) 全25話

あらすじ
魔女に憧れる少女が立派な魔女になる為に学校に行くお話し

では感想を
まず最初に、タイトルに書いた通り誰でもいいから主人公を引っ叩け!
私の周りにいたら絶対に喧嘩&叩いてますね!
それぐらい主人公の性格にイラッとしました!!

もう~2クール通してこんなに成長しない主人公って初めて見ました!
自分の力量を知らず、自分の意見だけを押し通す……
ありえない!そしてそれを許す周囲の人たち
シンジラレナ~イ

ラインバレル、リゼロなどなど今まで魅力のない主人公はいましたが……
今回は個人的にブッチギリのNO.1でイラつきました。
個人的に意見ですが殿堂入りしてもおかしくないぐらい魅力が無かったです。

ふ~。とりあえず一通り文句を言ったらすっきりしたwww

内容としては面白くなり始めたのは個人的には13~14話ぐらいから。
それまでは苦行に近い物でした^^;
駄目だ、また主人公に愚痴りそうwww

最終話でこのアニメのテーマだった(信じる心)が良い意味で裏切ってくれたので個人的には満足しています。

途中途中で伏線も張られ、ほぼほぼ最終話で回収。
これ、伏線だったんだ・・・へぇ~って感心もさせられました。

作画は人物がちょっとね^^;
この絵だから気にならないって感じかもしれません。
背景はめっちゃ綺麗でしたよ。背景はレベル高すぎだと思いました。

声優さんは違和感が全くなし。誰一人文句ありません。
ぴったりでしたwww

キャラも色んなキャラが多くて楽しめました。
まあ、私は主人公を好きにはなれませんでしたけどね^^
もう少し脇を固めるキャラたちの話があっても良かったかなって。
主人公のワガママ話を見るよりもねwww

音楽も綺麗な歌声で魔法ファンタジーの世界にぴったりでしたね。


これから視聴する方は諦めないで信じて最後まで見ましょうとアドバイス
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

23~25話は物語の続きが気になり最終話まで一気に見れます。
主人公を何とも思わなければお薦め出来る作品です。
が、私と同じような気持ちになると心が折れる可能性大です!

女性版王道ストーリー!友情、努力、勝利。そして感動。
諦めずに最終話まで完走してくださいな。
o(*^▽^*)oあはっ♪


では最後に一言
絶望した~!冴えカノ♭を見ようとしたら1期の内容を完全に忘れている自分に絶望した~!
誰、このキャラ?ってなっちゃいました~。とりあえずDVDを借りてくるまで保留です~!
んで、めっちゃイラついた魔法少女主人公に最高級に絶望した~~!!

 サンキュー(13)
2017.07.10 17:54 isisloveの評価 | 観終わった| 96が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

言の葉の力

言葉は本当大切。
それをあらためて教えてもらえる作品。

日本には古来より言霊(ことだま)という考え方があり、
良き言葉には良き霊力が、悪しき言葉には悪しき霊力が宿り
人の運勢にも大いなる影響をもたらすという。

確かに明るく前向きな言葉ばかりの人は運がいいし
周りの人々も明るくしてくれる。

今作の主役、アッコはその典型。
明るく前向き、積極的な言動で、
周りからどんなに馬鹿にされようと、
援軍無き孤独奮闘の状態なろうと
一旦決めたことは決して諦めない。

わがままな自己中、衝動的、押しつけがましいのが玉に傷で
物語の開始当初は、単なる痛いキャラに過ぎなかったのだが
徐々に彼女の魅力が発揮され遅くても15話の時点で、
自分の中では愛すべきキャラとしてすっかり定着してしまった。

彼女に巻き込まれたのは、物語の中の人々だけじゃなく
視聴者の多くもそうかもしれない。
この作品を愛する方のレビューを読むとそう感じる。

素直な感性を忘れない人には必ず届く
何らかのメッセージ性がある作品、
だから大人も子供も楽しめる作品だと思う。
決して幼稚ではないのが魅力。

これなら深夜に放送するより、
多くの子供たちが観れる時間帯に放送したほうがいいと思うが
なんらかの大人の事情でもあったんだうか。
そこはちょっともったいない。

2クールなので人物の掘り下げも丁寧。
個人的には15話でアーシュラ先生が
一番好きなキャラになった。
中の人、日高のり子さんの好演が光る。

日高さんは、最近では、カーナビ音声や
「PSYCHO-PASS」のドミネーターなど
機械系、無感情系の声のイメージが強かったが
今作は、人情味や母性豊かなキャラで新鮮。
演技の幅の広さは、さすがのベテランといったところ。

また、ここまでくるとアッコ役の潘めぐみさんは
すっかり役が染みついて顔までアッコに見える。

<シンプルで解かりやすい、親しみやすい物語>

いい感じに謎も残し、終盤に向けて盛り上げられるようにと、
よく練られたストーリー構成だと思う。

作画も頑張ってて、キャラの表情の豊かさと
動きの中にある説得力が素晴らしい。

コミカルでありながら、キャラの深い内面まで伝わる。
作品世界に確実に引き込む吸引力が半端ない。

スタッフの作品に対する愛情が伝わってくるようだ。

★ 第18話「空中大戦争スタンシップ」
{netabare}
今回、今までで一番笑えて
物語評価4.0→4.5、作画評価4.5→5.0に上げた。

特に今回の後半の演出の勢いは、
「未来少年コナン」の頃の宮崎駿氏を思い出させる。

ネタばれ抜きで何も考えないで観るが吉。

今回は、コンスタンツェとアッコ、
コミュ障無口×お騒がせおしゃべり、
器用な天才×破壊的不器用、
正反対のキャラが繰り広げるドタバタ劇。
二人組むと魔法が掛かってすさまじい化学反応を起こした。

よくできたシナリオに乗った
演出&作画スタッフたちの頑張りで
笑えるだけじゃなくちょっといい話にもなってるという
奇跡のハーモニーを奏でたと思う。

{/netabare}
★ 第19話「キャベンディッシュ」&第20話「知性と感性」
{netabare}
<アッコは妖怪「天然人たらし」>

ここしばらく、アッコの直感的な行動で問題解決、
人間関係の改善&深化の話が続く。

仲間の窮地を救い、人間攻略がなされ、
新たな言の葉ゲットという
目標達成も同時に描かれ一石二鳥。
効率がとても良い。

必要な攻略が完了して
固い絆の仲間たちが出来上がった暁には、
ラスボスと思われる某先生に、
皆で一丸となって立ち向かうという
今作のクライマックスが待っていそうな予感。

今回は、アッコとは、真逆の性格と才能と思われ、
水と油のようで難攻不落と思われたダイアナのターン。

1話分ではとうていそのプロセスを描き切れないと
脚本家は判断したんだろう。
2話掛けることで、無理のない自然な流れが生まれ、
そんなダイアナも遂に落とし信頼関係を築いた。

アンドリューまで登場させ、
その関係性の深化まで描いていることも非常に巧い。

しかもダイアナの慈愛溢れる本質まで判明。
彼女の人間的魅力も倍増した。

敵対するものも憎むべき存在として描いていないのも好印象。

とても後味が良く、微笑ましくホッコリ。

<印象的な19話でのロッテ&スーシィ>

アッコが無鉄砲にもダイアナを追いかけようとしたその時、
決して引き留めず、多くを語らず、必要なものをそっと差し出し、
信用して暖かく送り出す短いシーンがいい。
アッコの実力を認め、すっかり一番の理解者になってる様が微笑ましい。
{/netabare}
★ 第21話「ワガンディア」
{netabare}
<キャストの皆さんの、息も合った感情移入深い演技に魅了された>

今回で声優評価4.0⇒5.0に修正。

シリアスに話は進む。

シャリオとクロワの因縁の一端が明かされ
7つすべての言の葉の復活で得られるものをクロワが欲しているとわかる。

また、シャイニィロッドがアッコを選んだ理由もわかる気がした。

本質的には似た者同士のアッコとシャリオはソウルメイト。
世代を超えて固い絆で結ばれた二人は最終話で
何らかな奇跡を起こしてくれそうな予感がする。
ダイアナたちも大いに活躍しそう。
スーシィの「デレたか」の一言にクスッ。

7つ目、最後の言の葉の復活は過去においてシャリオは達成できなかった。
そのためにシャイニィシャリオであることを辞めて
名前まで変えて地味に目だない存在になってしまったのかもしれない。
そのあたりも今後どう描かれるのか。

シャリオが失敗したのなら、そう簡単にはいかなくて
アッコも相当苦労しそう。

課題、謎が明確なので次回も非常に楽しみだ。
{/netabare}
★ 第22話「シャリオとクロワ」
{netabare}
<アーシュラ先生の正体がばれる>

前回、アーシュラはアッコを庇い、
ワガンディアの花粉を浴びて空を飛べなくなってしまった。

しかし、アッコとアーシュラの試練はこれからが本番。

アーシュラは、本当はちゃんと伝えるつもりが思わぬ形で
シャリオ・デュノールであることがアッコにばれた。

それが結果的にアッコとの間に溝を生む。

<夢見る力を魔力に変える>

今までのアーシュラの正体ひた隠しの理由が明確に。

シャリオへの憧れだけが、
すべての活力の源だったアッコ。

クロワの、シャリオの真実の暴露のおかげで、
アッコの心は絶望に似た奈落の底まで突き落とされる。

当にヒロイン最大のピンチ!

果たして彼女は再び信じる心を取り戻し
言の葉を蘇らせることができるのか。

魔法は皆を喜ばせるために使うもの、
という信念を貫き通すことが出来るのか。

シンプルでベタで王道の展開ながら
キャラの魅力と相まって非常に面白い。

全25話なので残りは3話。
ドラマティックな盛り上がりを期待したいな。
{/netabare}
★ 第23話「Yesterday」
{netabare}
<感情移入させるポイントを絶対に外さない構成と脚本の魅力>

今までのエピソードの積み重ねは、
当初ダメダメで皆から馬鹿にされてたアッコが
皆から愛され、かけがえのない友になった過程そのもの。

ここまでずっと欠かさず観続けた
この作品を愛する視聴者にとっては
ロッテ達と同じようにアッコを心配してしまうだろう。

慈愛と尊敬の言霊でアッコを救ったダイアナ。
そんなダイアナだって19話、20話があればこそ
自分に足りない、素晴らしいものを持ってるアッコに
素直に敬意をはらえるのだと思う。

<若きシャリオの挫折描写も感情移入のポイント高い>

アッコは、若かりしき頃のシャリオと同じ。
私心なく、一途に魔法で人々を幸せにしたいという
純真な価値観だけが行動原理だった。
だから、シャイニィロッドに選ばれたのだろう。
21話ではぼんやりと、今回で明確に伝わった。

アッコの挫折からの立ち直りを1話で済ませたことは好印象。
ラストに向けて無駄なく必要なピースをさくさく埋めていく制作の手腕が見事。
出来上がったパズルは、きっと素晴らしい絵柄となって記憶に刻まれそうだ。
{/netabare}
★ 第24話「アルクトゥルスへの道」
{netabare}
今回は次回の25話とセットで最終話と言ってもいいと思う。
これなら、問題解決後の余韻も存分に味わえるラストが描けよう。

<シャリオ、カッケー!アッコ、まじ天使!>

ここまで一途に慕われるシャリオは幸せ。
シャリオとアッコは、前世からの深い縁に違いない。
師弟関係極まる二人の抱擁に感動でウルっ。

ベタな展開がこんなに心地良いとは!

スタッフたちのアイディアは多岐に渡り、
シャリオ渾身の戦いを彩る。

飛べなくなった設定が存分に活かされ、
長い髪をなびかせ必死にジャンプするシャリオ。

その素晴らしい身体能力は、峰不二子、ナウシカ...
過去に出会ったアニメの複数のヒロインのイメージと被る。

今まで魔法に頼っていたのに
何故あれだけの身体能力があるのかというツッコミは野暮というもの。
ここは素直に話に乗ったもん勝ちだ。

スターウォーズへのリスペクトか。
ライトセーバーっぽい武器が画的にいいアクセントに。

アッコの純真な気持ちは
7つ目の言の葉復活の決め手として
十分な説得力を持っていた。

<クロワの敗北はあっけなく訪れたものの・・・>

昨今の世界情勢の不穏さと絶妙にリンクしてる感。
絵空事でない緊迫感もあってヤバかった。

クロワはテクノロジー依存の人々の象徴か。
クロワは悪人ではないが、人は等しくクロワになり得ると伝わった。

怒り、いらだちの負の感情がもたらした機器の暴走。
クロワもすでに制御不能。
最後の○○○○は非常に生々しい。
今の日本を取り巻く情勢のタイミングでこう来るとは...
制作陣の勇気に感服した。

魔法は人類を救うための神々の恵み足り得るのか?
最大の危機が訪れ最後は如何に?

アニメは、今作の魔法の立場と一緒で
人に夢を与えてくれるもの。

この作品に限ってバッドエンドはあり得ない。
ハッピーエンドは見え見えだがそこがまた好い!

OPや今回登場した地面のシンボルマークに共通する、
三つ巴に組んだ腕は、人と人が信頼し助け合うことで
奇跡を初めて得るということなのだろう。

大勢の学友とシャリオが信頼し、協力してこそ奇跡は生まれ得るのだ。
{/netabare}
★ 第25話「言の葉の樹」
{netabare}
人々の憎悪の感情が集まって生み出された魔獣はミサイルと一体となった。
世界中にさらなる憎しみを拡散させ、完全なる自己破壊を達成するために。

<9人の魔女が一丸となることが現状打開の唯一の方法となる>

世界はミサイル迎撃に万策尽きた。
しかし周りがどんなに絶望感に囚われても我らがアッコは相変わらずだ。
「出来るよ!私たちなら止められる!!」
空気を一瞬で前向きなものに変える言の葉の魔法がアッコの最大の強み。

後は、ジェットコースターのような怒涛の展開。
制作陣の沢山のアイディアが詰まった作画と演出に魅了されるのみ。
アクションは台詞無くて作画だけでも面白い。

<世界中に広がる笑顔...>

ベタだが爽やかで希望溢れるラスト。
最終話で、世界中の子供たちに発信したい作品になった。
仮に日本の売り上げがいまいちでも
海外の売り上げが良ければ、続編も期待できよう。
その時には、シャリオのワガンディアの呪いも解けるに違いない。

ずっと飛べなかったアッコが、力むと全くダメなのに
リラックスして能天気な状態になることで
飛べたというオチがまたアッコらしくて微笑ましい。

多くの、このサイトのレビュアーがこの最終話を絶賛し
本作を名作認定している。
当方も全くの同感だ。

最終話で物語評価は5.0他で、全体評価を4.4を4.8に上げて更新した。
{/netabare}

 サンキュー(27)
2017.07.10 04:40 shino73の評価 | 観終わった| 165が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

ようこそ魔法の国へ

間違いなく名作です。
エンタメとしての力が別格。
心配していたキャラもむしろポップでいい。
スーシィがいいなあ。
80年代アニメの良品を見ているようだ。

元々好きなんですけどね、
古風なファンタジーで、
尚且つダークな魔女の世界観が。

徐々に深まって来る謎。
ナインオールドウィッチが封印した、
グラントリスケル。
アルクテゥルスの言の葉。
古来より言葉には魔法が宿っているのだ。

追記。
状況を打破する信じる力。
奇跡は信じない自分を信じる。
仲間が次々と背中を押す、
最終話の演出は冴えわたってましたね。
みんなと繋がることで夢は叶う。
まさに魔法の瞬間。

アニメを評価する項目が、
全方向にバランス良く伸びて、
円形に近いイメージ。
素晴らしい物語と構成力です。

ようこそ魔法の国へ。
ここは愉快な冒険の国。

お見事。

 サンキュー(51)
ネタバレ
2017.07.08 22:18 にしやまんの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

優しい世界

キャラ一人一人が個性的で魅力的。色々あるけど、話し合って助け合って、ちゃんと分かり合える感じが良い!はじめは少し退屈だけど後半にかけて引き込まれる感じ。オススメです。

 サンキュー(4)
2017.07.08 12:57 ヲリノコトリの評価 | 観終わった| 53が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

まっすぐな魔法少女奮闘記!(おすすめ!)

 メッセージ性がめちゃくちゃまっすぐで見てて気持ちがいいです!
 作画も変に気取ったところがなくて、ドカーン!でバガーン!でズゴゴゴーン!だけどホニャホニャって感じもビヨヨーンって感じもあって見てるだけでわくわくします!
 これ子供向けにいいんじゃないかなー、しかしここまでドストレート剛速球だと古すぎて逆に新しいっていうか……。とか考えてたら2,3話観たところで思い当たりました。

 これグレンラガンっぽい!

 そして18話。
 ……ぜってえそうだろ(笑)

 もはやwikiで調べるまでもない。監督だか作画だか作家だか知りませんが確実にグレンラガンのパッションを受け継いだ「漢」が制作陣の中にいます。いやー、もうなんかね、この魂が好きです。
 キャラデザインが個性的で最高です!やっぱ主要陣が全員美少女である必要とかないっすよ!……まあ、やっぱダイアナいいなあって思っちゃうけどさ(笑)

{netabare}
 ナイトフォールの回で「面白くないって言われて嫌になっちゃう」とか「周りの評価が~」みたいな、ネットでの批評に晒される製作者側の苦悩が垣間見えた感じがしますが……。
 でもそれに対するロッテの答えは「そんなことどうでもいいじゃん。それよりどういうのが好き?」みたいな感じだったので、やっぱかっこいいなあと。イエティとアッコも同じようなやり取りをしてました。

 そのネットの声サイドから言うのもなんなんですが、こんなところに匿名で綴られた文章なんてなんの価値もないんです。まさに気にしなくていいんです。SNSとか掲示板なんてものも「コミュニケーション・ネットワーク」なんて気取っちゃあいますが、全世界同時即時便所落書きシステムなんです。
 そもそもどんないいものでも、ファンが生まれれば同数のアンチが生まれるもんなんですよね。誰かに好かれたいならほかの誰かに嫌われる覚悟がいるんです。「各界から大絶賛!満員御礼!人気急上昇!」ほら、もう私なんてこの文字列みただけでなんかあんま好きくない感じしますもん。なんか。
 かといって「批判するなら観なきゃいい」とか「嫌なコメントをしないでほしい」っていうのもちがいますよね。それは理想論すぎて絶対ゆがみを生みます。どんなものに対しても賞賛しかない世界なんて……。その賞賛が多いか少ないかで価値を判断するんですか?そんなことするから「いいね」があって「悪いね」がないツイッターで馬鹿が増殖するんです。

 だからまさしくロッテの言うように、「自分が絶賛したくなるようなものを作る!」これが正解だと思うんですよ。それに対して批判が来たら、「わかってねえ馬鹿がなんか言ってんな」と切り捨てるもよし、なるほど、と今後に生かすもよし。殺生与奪はメッセージの受け手が決めていいんです。そもそも「閉じる」ボタンをぽちっと押すだけで消えるような存在なんてwwwクソどうでもいいwww

 というわけで私は今後も言いたいことをこの便所の壁に気が向いたときに書きます(笑)主人公TUEEE系は私の独断と偏見により断固嫌いです!(笑)
{/netabare}

 サンキュー(21)
2017.07.08 02:24 ato00の評価 | 観終わった| 58が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

夢と希望を愛に変える、それは魔法のなせる技

正真正銘魔女物語。
感動と笑いの打ち上げ花火状態です。

伝説の大道魔女シャリオに憧れる篝敦子。
この物語、東洋の弾丸娘あっこがアカデミアに入学するところから始まります。
アニメミライから生まれた作品が劇場版を経て、2クールアニメとして登場。
夢と希望でキラキラ光るワンダーランドの再現です。

このアニメ、キャラが個性的です。
中でも私は大のスーシィファン。
あのナチュラルな物腰に、突拍子もない思考回路。
8話の不思議の国のスーシィ回はお宝シーンの連続でした。
いろんなスーシィが観れて幸せです。

アーシュラ先生役は日高のり子さんですね。
柔らかく可愛い声に魅了されました。
あのお歳であのお声、まあもともとアイドルでしたから。
同世代として応援したいです。

ところで、篝敦子って「ひみつのあっこちゃん」の加賀美あつ子と一文字違い。
作者の遊び心か?はたまた偶然か?
ちょっと気になりました。

 サンキュー(24)
2017.07.05 14:20 みのるしの評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

国松様のお通りだいの21世紀ver,

同じ魔法少女ものでもテクマクマヤコンではない。明らかに。
国松様ですよ。

ボクの子供のころのアニメ漫画の主人公とゆふのは、だいたいが落ちこぼれで、がさつで、よわいくせに喧嘩っ早くて、そのくせ涙もろくて優しくてたのまれたら嫌と言えないそんな大変魅力的な性格の人が主人公だったりしたのですよ。

なのであっこちゃんはあんまり可愛くなくてもボクらのアイドルなんですな。

何が違うかといえばその国松様を取り巻く世界が全然違うのですよ。

世界観は間違いなく、バブルがはじけて、ITイノベーションが起きて、貿易センタービルが崩落して、リーマンショックがあって、大震災があった後のセカイになってます。

実際には国松みたいなやつはもはや絶滅してますので、世界観を21世紀にするとどうしても違和感が出てくると思うのですが、このハナシはそこんところが大変よくできていて、ええかんじにつじつまが合っています。そこがこのアニメの面白いところだと思います。

キルラキルはボクにはあわなかったけれどもこのアニメはおもしろいなあと毎週欠かさず見ています。


さあ話もおおずめ!キャベンディッシュ家を救うことができるのか!
今後も国松の活躍から目が離せないぜ!!


・・・とゆうことで、最終回までがっつり見さしてもらいましたよ~。
ほんとにおもしろかったなぁ。これ。


アッコが最後に{netabare}箒に乗ってちょっと浮いた{/netabare}ところ。
実は泣いてました~~~~。はずかしーww

最近そおゆうハナシなかったからこの作品余計いとおしくなったよー。

ルーナノヴァの連中とまたどこかであえるといいなぁ!
楽しい作品を有難うでした!

 サンキュー(8)
2017.07.05 13:17 根越 詠汰の評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

信じる心があなたの魔法 何かいい。

う~ん。ずっとみてたのに終わちゃったです。これ何か良かったです。何か寂しいです。

 シャイニー・シャリオの魔法に憧れて、魔女に憧れてルーナノヴァにやってきたアッコを中心に展開するアニメだったです。

 入学前から始まって、ロッテ、スーシィと出会い、森でシャイニーロッドを手に入れたりとアッコの取り巻く環境が、どんどん変化していったです。
 アーシュラ先生に気にされ、ダイアナ、アマンダ、コンスタンツェ、ヤスミンカ達ともいろいろ学園生活の日常を描いた一話完結方式だったです。
 後半のお話に大きくアッコの運命を左右する「7つの言の葉」を集めが始まり、最後に近づくにつれ、一話完結でなくなり、次回どうなるのか気になっていったです。

 魔法が思うように使えず、周りから馬鹿にされるも、そんな事にもめげずどんな状況にも諦めず、明るく前向きに魔法を信じるアッコの姿が、良かったです。それを優しく見守るアーシュラ先生や、何だかんだ世話を焼くロッテ、スーシィも良かったです。

{netabare} 最後に進むにつれシリアス展開になり、何やら企んでいるクロワがやってきたことから、物語が加速するです。クロワの仕組んだ怪しい事件に、何も知らないアッコたちが、踊らされるも言の葉を一つ一つ得ていったところも見ものだったです。

 シャリオとクロアの因縁も面白かったです。当初から分かっていたアーシュラ先生のこと、自分が憧れたシャリオの魔法のが、もたらしたことを知ったアッコが、初めて落ち込むです。
 そんな中でも初めは気に入らなかった?アッコを、気にするようになったダイアナもgoodでしたです。アッコを見つけ自分の秘話を話したシーン最高だったです。良いタイミングでやってきたロッテ、スーシィ、アマンダ、コンスタンツェ、ヤスミンカもです。絆って、奴ですかねです。
 最終回でみんなでホウキに乗り、背中を押す姿は何か感動だったです。人々たちがアッコ達に力を与える光景は、ドラゴンボールZに例えると正に元気玉だったです。{/netabare}「信じる心がみんなの魔法」いい言葉だなぁ!です。

 いつもの日常に戻り、見守られるアッコのまた一つ進歩した姿は、「これでいいのだ!」だったです。

 サンキュー(11)
ネタバレ
2017.07.05 02:11 Yasunaの評価 | 観終わった| 39が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

タイトルなし

.

 サンキュー(2)
2017.07.04 20:20 シャベール大佐の評価 | 観終わった| 37が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

前半のほうが面白かったです

ルーナノヴァ魔法学校を舞台に、ホウキでまともに空も飛べないダメ生徒・アッコと、その同級生たちの日常や冒険を描く王道ファンタジー。全25話。
映画がとても良い出来だったので、このテレビアニメ版も開始前から楽しみにしていました。最後まで観終わった感想は、1話ごとにバラエティに富んだ内容だった前半は普通に良かったけれど(特に、ロッテの好きな小説の話、スーシィの夢の話、アンデッドと校長先生の話など)、クロワ先生が登場してからの後半は物語が単調でやや期待外れ、といった感じ。個人的には、アッコ1人をクローズアップして描くストーリーよりも、ロッテやスーシィたちといっしょに描かれるエピソードのほうが好みだったのですが、後半はアッコ個人の成長に焦点が集まってしまったようで、またその内容も、ミッション→クリア→成長といった安易さを感じてしまいました。いかにも、これで1歩目的に近づきましたよ、といった話ではなく、日常の一見たわいもないエピソードの積み重ねの中で、気が付いときには成長している、といった形の物語のほうが、最後の感動も大きくなったのではないかと思います。また、後半の物語で重要な役柄だったクロワ先生は魅力不足、アーシュラ先生ももっと深みのある人物として描かれることを期待していたのですが、ちょっと物足りなかったです。
作画はとても良く、音楽は普通に悪くなかったです。声は、アッコ役の潘めぐみが好演。ロッテ、スーシィ、ダイアナなどの演技もとても良かったです。
キャラでいちばん好きだったのはダイアナ。外見も能力も人間性も優れていて、欠点がないですね。
全話観終わって、いちおう最後は盛り上がって良かったのですが、正直後半は退屈なエピソードも多かったです。単に好みの問題かもしれませんが、前半のノリで2クールずっと通してくれたら、もっと好きな作品になったと思います。

 サンキュー(13)
ネタバレ
2017.07.04 02:32 岬ヶ丘の評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

かつて、これほどまで箒に乗れない魔女がいただろうか

物語の舞台は魔法の世界。最近流行のかっこいいライトノベル調魔法ではなく、古典的な王道魔法の設定。「魔女が空を箒を飛ぶなんて、最後にアニメで見たのはいつだったろう。」そういう一種の懐かしさを喚起しながら、映像的には最新のCGを使いながら魅力的な世界観に仕上げている。TRIGGER作品の魅力は、レトロな文化と最新のアイデアをうまく融合させて、幅広い世代が楽しめる新しいアニメーションを創れるところだと思う。これまでのTRIGGER作品に比べて多くの人が楽しめる作りになっている。しかし製作はTRIGGER。各回の演出や物語、キャラクターのセリフにTRIGGERらしい遊ぶ心と情熱が込められているので既存のファンにも楽しめる。

序盤はキャラクターや魔法の世界の舞台設定の説明も兼ねてか、1話完結形式でヒロインのアッコを中心とするドタバタ劇が展開。
メイン3人はキャラクター性がはっきりとしていて、バランスも良く全体的に親近感を感じやすい。各担当回もあり、キャラクターの人物像も掘り下げられている。加えて声優さんのお芝居が素晴らしく、特にヒロイン・アッコ役の潘さんのお芝居は生き生きと表情豊かで、見ているこちらまで楽しくなる。アッコは少々自己中心的な部分もあるキャラクターだが、そのあたりをお芝居で丁寧にまとめあげて、より魅力的なキャラクターにしている。ただそれ以外の生徒にはあまりスポットが当たっていないのが少し残念。その中でもギャグ回もあれば泣けるお話もあり、とにかくバラエティーに富んだ内容。蓋を開けてみないとその回がどんなお話になるのかわからないというドキドキ感がある。1クール目も終盤から、「7つの言の葉」といった壮大な世界観とシャリオの過去が示唆されるようになり、急に物語の味が変わってくる。

2クール目は世界改変魔法やそれに必要な7つの言の葉を集めるという壮大なテーマに話は傾き、新キャラとしてアーシュラの学友だったクロアの登場。個人的にこの2クール目の展開が残念だった。7つ言の葉を集めるという大義名分ができてしまうと、その後の話がどうしても言の葉ありきの予定調和的なものになってしまい展開が読めるのでやや退屈。シャリオ=アーシュラも自分がシャリオであることをなかなか伝えず、クロアの暗躍によってアッコが危険に晒された際も一応フォローはするのだが、常に後手後手で頼りない印象。アッコとアーシュラ、アッコとダイアナと和解する回などはよかったが、全体的にアッコともう一人の主人公的立ち位置のアーシュラの描かれ方が残念だった。クロワを引っ張り続けるよりも、他のキャラクターにも焦点を向けてほしかったかな。


シャリオに憧れるアッコがただシャリオになろうとするのではなく、憧れの一歩先を進みアッコらしい魔女になること。魔法の才能を奪われたアッコが最後まで信じる心を失わず、遂に物語の最後に箒に乗れたこと。この2つの本作の大きなテーマを描いてくれたのはよかったと思う。
2クール目以降やや不満点はあったが、特に最終回のクオリティーは素晴らしくTRIGGERの新しい可能性を見せてくれる作品ではあった。2クール作品は特に脚本が肝心だと思うので、その辺りは少し厳しい評価になったかな。とはいえ全体を通して半年間本当に楽しませてくれた思い出深い作品。

かつて、これほどまで箒に乗れない魔女がいただろうか。
かつて、これほどまで箒に乗ることだけで心揺さぶる魔女がいただろうか。

 サンキュー(10)
2017.07.04 01:07 nininの評価 | 観終わった| 52が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

あなたにとってドッキドキのワクワクは?

全25話 アニメミライ版・映画「魔法仕掛けのパレード」視聴済

この作品の原型であるアニメミライ版を観てテレビアニメ化することを楽しみにしていました。今回はアニメミライ版も映画版も事前に観なくても、最初から始まるので大丈夫です。

天真爛漫な主人公のアツコ・カガリ(アッコ)が、幼い頃に魔法ショーに出ていた魔女シャイニィシャリオに憧れて、魔女になるため「ルーナノヴァ魔法学校」に入学します。そこで出会ったルームメイトのロッテやスーシィ、勝手にライバル視?している優等生のダイアナたち他生徒共に成長していく魔法ファンタジー作品です。

前半アッコは、天真爛漫というか猪突猛進というか、魔法を使う能力が低い?のでそれを補おうとかなりの無茶ばかりします。それに真面目なロッテや毒舌家のスーシィが巻き込まれるお話が多かったですね。

ロッテやスーシィ・ダイアナがメインの回がありましたが、その中でも8話のスーシィのお話が一番面白かったですね。

制作はTRIGGER、キルラキルようにアクションシーンはよく動いていました。

後半は色々なことが明らかになってきます。その一つ一つがアッコの成長に繋がった感じですね。

最後はちょっぴり涙が出ました。全25話アッコたちとともに笑ったり、怒ったり、悲しんだり、楽しんだりと堪能しました。

深夜番組向けというより、お子様と一緒に観ても大丈夫な感じの作品でしたね。オススメです^^

OP・EDは2曲ずつ、どの曲もこの作品に合っていました。

最後に、私のタイトルの回答ですが、毎週観るのが楽しみになる作品に出会えることですね^^

 サンキュー(25)
2017.07.03 23:04 ミホの評価 | 観終わった| 85が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

信じる心がみんなの魔法。子供の頃の純粋な気持ちを思い出して。

こんなに感動した、ピュアでわくわくしたアニメは人生で初めてです。
1話を見終わった時から、次はどんなお話が待ってるんだろう、と
純粋な綺麗な気持ちを持ちつついつも楽しみにしていたアニメでした。

主人公のあっこを見てると、こちらも元気が出て、諦めない気持ちとか、
夢を追いかける気持ちなどを大人になった私なんかにも与えてくれます。

(自分なりのリトルウィッチアカデミアのあらすじ)
小さい頃に見た魔法使いシャリオに憧れを抱いて、魔女としての才能がほとんどないあっこが、シャリオと同じルーナノヴァ魔法魔術学校に入って、魔法を学ぶお話。

2クールのアニメでしたが、本当に、何の無駄もなく綺麗にお話が終わりました。完璧すぎるぐらい完璧でした。お話も、キャラクターも、作画も、音楽も。すべてが最終話につながっていきます。どの時間帯に流しても平気なアニメです。それくらいすばらしいアニメでした。多くの人に見て欲しいアニメです。みんな小さい頃の純粋な気持ちを思い出して欲しいな。

 サンキュー(31)
2017.07.03 11:04 O-Yuuの評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

はじめは

はじめは映画版のリメイクかと思っていたが、映画版とは違うパラレルワールドみたいな感じだ。
終わり方も綺麗でtriggerらしい良作だった。

 サンキュー(5)
2017.07.02 23:07 ぽんたんの評価 | 観終わった| 11が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

超王道ファンタジー?

箒にすら乗れない魔女のアッコが憧れの魔女シャリオを目指して、奮闘する話。

設定どおり話も横道な話が多かったが、どの話にも笑える所がちゃんとあって毎週見ていて面白かった。



{netabare}

ただ話が王道なため視聴者をいい意味で裏切ってくれるような展開はなかった。まあこの作品を最後まで見た人でそんなのを期待していた人はいないでしょう。1クール終わる前には王道作品て分かり切ってたことだし。

最期にはアッコに成長が見られて、ああよかった。とじんわりしてしまった。たまには王道もいいよね。

{/netabare}

 サンキュー(5)
2017.07.02 14:45 pookiの評価 | 観終わった| 84が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

<70> TRIGGER らしい熱い展開。

落ちこぼれ魔女見習が仲間と一緒に大活躍。
いわゆる魔法少女ものではない正統派。大雑把にいえば、ハリポとかに近い。
コミカルでファンタジック。TRIGGER らしい熱い展開。前半の学園ものっぽい各話を踏まえつつ、後半にお話が動いてく感じ。どちらかといえば低年齢向けだけど、素直で無理がない。魔女っぽいスーシーがお気に入り。

<60> TRIGGER らしい熱めの展開。
23 話まで。
8 話まで。
1 話視聴。
魔法学校新入生の魔女見習のお話。いわゆる魔法少女ものとは違って正統派。大雑把にいえば、ハリポとかに近い雰囲気。

 サンキュー(7)
2017.07.02 11:50 タケ坊の評価 | 観終わった| 50が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

アニメの魅力を存分に味わえるTRIGGER節全開の万人向け王道作品

アニメミライ、映画版から満を持して公開されたTVアニメ版。
圧巻の1話を観てすぐに、TRIGGERの本気度半端ないな...
こりゃ間違いなくTRIGGER史上に残る傑作になるというのは容易に想像出来ました。
振り返ってみても1話は映画版クオリティと言っても過言ではないと思いますが、
2クールに渡って終始素晴らしい作画と全く飽きさせないエピソードの数々で、
ED時には何度も感慨に浸って涙出ましたよ...年ですな。。

☆物語&感想☆

物語はアニメミライ、映画版よりも前のアッコのルーナノヴァへの入学と共に始まり、
1クール目はアッコ、スーシィ、ロッテ、3人の問題児を中心とした1話完結の、
笑いあり涙ありなドタバタ劇が繰り広げられ、
2クール目になってその他キャラ&物語が本格的に動き出すという感じの構成となっていましたが、
個人的には1クール目のような内容でずっとやってくれても良い、
そう思えるくらいに充実した観ごたえで毎話オチもしっかりしており、
毎週本当にワクワクとさせてくれる楽しさに溢れるもので、本当に最高でした。

2クール目も基本的には1話完結で進みますが、
終盤の言の葉を巡ってのエピソードでは、やや駆け足感があったのと、
クライマックスに至る部分が少々強引かなという印象がありましたが、
力技でも綺麗にまとめてくるあたりはやっぱりTRIGGERという感じ笑
終盤に明かされるアッコが頑張ってもなかなか飛べない理由が、
1話から伏線として張ってあったとは...ストレートな物語の中で、これには驚きましたね。

本作の最大の特徴としては、やはりアニメミライの時から変わらないアニメらしさ。
古典作品からの影響が伺えますが、今の時代に於いては逆に新鮮で、
とてもノスタルジックな懐かしさを感じます。
大人になって知らず知らずのうちに忘れてしまっている、
心の奥底に眠っていた感情を思い起こさせるような、そんな感覚を受けました。
そしてまた、同時にアッコがシャリオに抱いた幼い頃から持ち続けている夢は、
観ている側がアッコを通して擬似的に自己投影して見ている、そんな感覚もあったのではないか、とも思いました。

ある程度の子供からでも楽しめ、
また大人も童心に返って夢中になれるオリジナル作品...一体いつ以来かな、こんな作品。
奇を衒わず、王道中の王道でひたすら熱い、例えるならど真ん中の豪速球、
そんな作品を今の時代に作れるTRIGGERという制作会社、本当に素敵です。

☆声優☆

若手~ベテラン、意外な大御所まで個性豊かなキャラに合わせたキャスティングは見事で、
登場人物がそこそこ多くても一切似たような声のキャラは居ないように、
とても良く考えられていたと感じます。
この面でも実にアニメらしさを感じることが出来ました。

やはり特筆すべきは主役を演じた潘めぐみさん、圧巻の演技力でしたね。
喜怒哀楽の激しいアッコのような役柄を演じるのは相当難しいと思いますが、
声の出し方、トーンが脱力したところから覇気のある台詞まで、
様々に使い分け本当に巧いなぁと関心して観ていました。

☆キャラ☆

アニメミライ版から映画版では尺も短く、キャラの掘り下げも最低限でしたが、
TVアニメ版では1クール目でアッコ、スーシィ、ロッテを中心にとても丁寧に描かれ、
2クール目でその他の生徒メインの回も設けられたことから、
充分にキャラを堪能することが出来ました。
唯一ヤスミンカだけは少々見せ場少なかったですが...尺的に厳しかったんでしょうね。

それにしても、キャラ自体の個性溢れる魅力は絶品で、
2クールの作品内では到底収まりきらないんじゃないかと感じるほど。。
これほどキャラクターに純粋に惹かれる作品というのも近年観た作品では珍しかったかもしれません。

アッコは勿論言うまでもなく至らない所だらけの問題児ではあるものの、
ひたすら自分の夢に向かって突き進む行動力と諦めないメンタリティは、
昨今のアニメキャラでは愚直過ぎて恥ずかしく思えるほどですが、
70~80年代のアニメに触れてきた自分にとっては、実に微笑ましい愛すべき主人公でした。
たぶん自分よりもっと若い世代だとアッコに対して感じる感覚っていうのは少し違うかもしれませんね。

また、対照的な優等生のダイアナが居ることで、非常にバランスも良く、
物語が進むにつれてアッコとの距離が近づいていく過程も本当に上手く描かれていたと思います。

☆作画☆

兎にも角にも吉成監督のずば抜けた才能...これがTVアニメ初監督とはちょっと信じられないですね。
非常にアクションもダイナミックでしたが、3DCGに頼らず手描きに拘った作画は、
これが日本のアニメだ、と世界に誇れるもの。
2クールありましたが、安易に総集編など入れなかったのも高く評価したい。

また派手な動きだけではなくキャラクターの描き方が実に丁寧で細かく、みな生き生きとしている。
アッコの万華鏡のごとく千変万化に変化する表情を見ているだけでも全く飽きないですが、
時にはデフォルメ効かせつつメリハリを付け、
あそこまで細かく描き分けるのは並大抵の監督じゃできないと思いますね。
そして、何と言ってもキャラデザイン&作画面でも古き良き古典アニメからの影響を感じさせるのが、
やはり観た者に懐かしさを与える一因にもなっている気がします。

☆音楽☆

OP,EDは1,2クール共通のアーティストを用いることで違和感も無し。
楽曲もOPは軽快な曲調と明るい声質、EDは穏やかな曲調と癒し系の声質と、
非常に対照的ながら素晴らしい組み合わせでした。

また、作中BGMはアニメミライから続くオーケストレーション主体のもので作品の世界観とも相性バッチリ。
「キズナイーバー」ではやや地味に感じたBGMも、メインテーマとなるBGMを数曲用いて、
盛り上がる場面で持ってくることでインパクトも充分、非常に良い演出効果だったと思います。


アニメミライ、映画版、と続く物語も一旦は綺麗に完結しましたが、
まだまだ続編やサイドストーリーなど作れると思うし、
今回のTVシリーズ以降も是非シリーズ化して続けて欲しいと思います。
正直まだまだもの足りない笑 いや、なかなかこんな風に思える作品には出会えませんね。
惜しむらくは放送枠が深夜じゃなく、もっと多くの一般層が観れる時間帯に放送できればよかったのに。。

 サンキュー(18)
2017.07.01 22:14 Wild Geeseの評価 | 観終わった| 29が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: リトルウィッチアカデミア(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

魔法は信じる心から

幼い頃に見たの魔法ショーをきっかけに、魔女に憧れを
持った カガリ アツコは魔女の名門校「 ルーナノヴァ 」
に入学する。魔女学校の歴史上、魔女家系ではない生徒は
初めて。憧れの人が通った学校で魔女のスタートを切る。

作画は動きに重きを置いて、人物や生物や道具など
動かせる物は積極的に動かすという印象がある。
定期的にアクションシーンがあり、様々な角度を
使い分けて迫力があるアクションに仕上がっている。

魔女らしい事が多く、魔法の問題やそれに関する真実もある。
前半がキャラ重視、後半はストーリー重視な話が多い。
そしてキャラクターが、アニメらしいコミカルに動くのが
特徴で、その映像の楽しさは特に気に入っている。

 サンキュー(13)

リトルウィッチアカデミアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
リトルウィッチアカデミアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。