ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」のレビュー感想/評価

よみがな:のーげーむのーらいふぜろ

上映開始時期:2017年7月15日

このアニメの感想・評価 174

ノーゲーム・ノーライフ ゼロのみんなの評価
★★★★★ 4.2 5
物語:4.2 作画:4.3 声優:4.3 音楽:4.1 キャラ:4.2
  • 物語 ★★★★☆ 4.2 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★★☆ 4.3 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★★☆ 4.3 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★★☆ 4.1 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★★☆ 4.2 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456
2017.10.16 19:18 I.S.Sの評価 | 観終わった| 123が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 3.5

TVシリーズとのギャップが凄まじい

※TVシリーズ視聴済みです。

 2014年に放送されたTVシリーズに於いては、
  作中の雰囲気は非常にゆるく、どちらかと言うと
  「バカとテストと召喚獣」とかと似た(??)感じでしたよね。
 しかし、この劇場版は、、、初っ端から、、、  重いです。
  持ち前だった(はずの)ギャグシーンは数えるほど。
  TVシリーズの雰囲気が好きな人には、受け入れがたいかもです。
 でも、この作品は、、、 泣けます。 めちゃくちゃ。
  TVシリーズでは味わえない感動が得られると思います。
 おそらく、アニメ史上最も「化けた」作品と言えるでしょうね。
    

 サンキュー(5)
2017.09.30 13:54 βの評価 | 観終わった| 125が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

文句なし

感動ものだけど流石に泣きはしませんね。まっとまってたよ。

 サンキュー(4)
ネタバレ
2017.09.26 19:48 はしざきーーーの評価 | 観終わった| 56が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

すばらしい

アニメ放送されたノーゲームノーライフの劇場版
ゼロということで、過去編のでした!アニメでもちらほら出ててきた6000年前の大戦です、
唯一神の座を争い、地獄と化す戦場をなんの力も魔法も使えない、人類が生き抜くというお話
主人公のリクとヒロインのシュビーは空と白にそっくりです。
作画はアニメより進化していて、最後の戦闘シーンの演出といい、声優さんの迫力が伝わる全力の演技、最後を締めくくる主題歌どれを取っても文句がありません!
アニメのようなノリが多くて、ツッコミ満載!ゲームの時は超かっこいい!という部分を少し入れつつも、シリアスでリクの境遇の辛さ、生きていくことの大切さと愛を学べたと思います!
個人的には、最後のコロンの言ったことと、テトの「さあ、ゲームをはじめよう!」が一番涙腺にきました
アニメを見てなくても、普通に内容は入ってくるので、是非たくさんの人に見てもらいたい作品です。アニメを見てるとより泣けると思います
また、時間が足りなくて、少し省略して、わからないと思った方は原作を見てみるとよりわかりやすいでしょう!
最後に!ジブリールを嫌いにならないでね!!

 サンキュー(1)
2017.09.23 23:16 テナの評価 | 観終わった| 49が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

中々の出来!

簡単に説明するとアニメの前の世代の話です。
様々な種族らがゲームではなく戦争で決着をつけようとした時代の話です。
結論から言うと感動しました。
主人公の感情がよく現れていてそれが伝わり感動する場面も多いと感じました。
映像にも迫力はあります。
しかし、私が一番素敵に感じたのは、この映画はアニメのノーゲラに触れてない初見の方でも楽しめる点にあると思いました。
タイトルにあるようにゼロなんで、これからアニメを見る人にもすんなり入り込める作りになっているからです(´艸`)*
私はアニメから見ましたが初見からみても恐らくアニメを見たくなる!そんな作品に思えました^ ^

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.09.20 01:46 SummerHopeの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

フリューゲルのことは嫌いでも、ジブリールのことは嫌いにならないでください!

この作品は原作「ノーゲーム・ノーライフ」の6巻の物語を映画化したものである。十六種族(イクシード)と呼ばれる16の知的生命体の総称であり、主人公とヒロインのような人間を人類種(イマニティ)と呼ばれている。
アニメ放送されていた遊戯の世界より6000年前に行われていた大戦が作品の内容でる。そしてなぜ魔法を使えない人類種は大戦を生き抜くことができたのかが描かれている。
とんでもなネタバレですが、ジブリールが視聴者に不快感を与えるかもしれませんが、どうか鋼のこころでお耐えくださいませ。

 サンキュー(2)
2017.09.18 14:43 夏候惇の評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

控えめに言って、最高!

ノーゲームノーライフを知ってる人なら見に行くしかない!
基本シリアスなのにノゲ特有のネタもあって面白い!
シュビィかわいいし、リクのゲームをするときの顔がいいね!
でも、終盤は涙腺崩壊するからハンカチは持っていこう!

 サンキュー(3)
2017.09.17 23:56 みむうの評価 | 観終わった| 74が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

みんなジブリール嫌いにならないであげてね(´・ω・`)

僕は小説でも読んで映画でも見ました。
{netabare}神が生まれる前のお話なので空白の二人が出てこないと聞いていたので「つまらないんじゃね?」と思いながら小説を読んでみるとあらビックリ
面白さがあるいつものノゲノラでした。そこにシュヴィとの別れのシーンで感動という要素が入りとても良い作品だなと思いました。
映画では声優さんが演じているのでより臨場感あふれるものに。大スクリーンで見るのと小説で読むのはまた違った面白さがありました。
あとシュヴィ倒したからってジブリールを嫌いにならないであげてね!
今はいいやつだから!{/netabare}
2期が来ることを期待します!

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.09.16 21:16 sho1の評価 | 観終わった| 27が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

アニメ1話しか見てない

友達に明日行こうよと言われ急いでアニメは1話だけ見ました。1話しか見てなかったですが、映画ではアニメで出てきたキャラがほとんど登場せず昔?の人の物語だったので逆に主人公とかヒロインとか出てきてほしいなー。っていうのは無かったのでその点では逆によかったです。昔の話の内容でしたので、アニメを見てない人はもちろんアニメを見た人も初めて見る内容だったと思います。映画の中でその世界の事情がよく分かり、アニメ未視聴でもとても楽しめました

 サンキュー(1)
2017.09.14 04:13 ゆいの評価 | 観終わった| 51が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

最高

1人の青年と1機のロボットの出会いと別れの物語。
全人類の存続をかけた最後の戦いのため青年は起死回生の一手を放った

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.09.11 02:27 みも。の評価 | 観終わった| 40が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

最高!感動!わいはまた松岡さんに惚れなおす。

アニメとは違い
初期の初期、始まる前の話でしたね
どのように世界は創られたかという感じですかね〜。
ゲームをするより戦争って感じで、話を理解しないと少し難しいような気もしました!

ノゲノラらしい演出もあり、松岡さんと茅野さんのナイス『』コンビでいつも通り( ^ω^ )
映画の中では、リクとシュヴィですがもう最高の夫婦ですが、2人のコンビは最高です。

主題歌も最初はよくわからない歌詞だったけど映画観た後に歌を聴いたら意味がよくわかりました!そこも感激できた笑
本当に泣けました。
映画もよかったけどやはり早く二期をやってほしいですね笑

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.09.10 16:47 自由の評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

感動する

この作品は白と空の前世?のリクとシュビィの物語でとても良いと思います。自分は、4Ⅾで見ましたが、シュビィとジブリールの戦いでとってもいいと思いました。しかもリクには、今の空に似たところもあるのでそこも見どころですね。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.09.10 12:54 まりすの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

もったいない

原作未読、アニメ2週、映画は前情報無しで観に行きました。
面白かったです。が、一部突っ込みたいです。


シュヴィが感情を獲得していくまでのプロセス、その描写が雑だと思います。
何故人間の感情に関する情報収集を命じられている解析体が
ナイフを刺されただけで全損するような弱点を相手に晒すのでしょうか。
クラスタからシュヴィが独立してどれほどの時間が経っていたかわかりませんが、
「シュヴィが人類との接触をもつ前に行っていた心の解析」と「リクと出会ってからの極わずかな時間」によって
既に重大なレベルのエラーを誘発させていたことは、リクに弱点を晒す描写からも読み取れます。
人類とろくに触れ合ってもいないのにエラー(感情)の水準が高まりを見せていることで、
その後の人類との触れ合いの意味が薄められてしまっていると思うのです。

翻ってリクのプロポーズのシーンですが、頭の上に「?」が付きました。
腕時計を見ると開始1時間。それまでに流れていたのは走馬燈のようなシーンの切り取りだけ。
他の方のレビューを読むと この間数か月・数年単位の時間が流れていたようですが、
映像からではそれがわかりませんでした。
黒灰が降り注ぐ世界なので季節が巡る描写が難しいのは理解できますが、だからこそ、
濃密な時間を過ごしている描写をもっとしっかり入れて欲しかったです。
ここに時間を割いてないせいでシュヴィの在り方が歪に見えてしまいました。
(なんでこんなに共に生きようとしてるんだろう… なんか変だよ…)

ゴースト達の活躍に係るシーンも少なかったですし、何にせよ尺が足りてません。
もし二部作ならもっと化けてたと思います。ただ、原作を読んでみたくなる内容でした。
お目汚し失礼致しました。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.09.03 12:02 nelldripの評価 | 観終わった| 120が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

原作と一期の出来から

ストーリーは既に刊行されている原作6巻
ノゲラという話に置いて重要な意味を持つ、ディスボードの過去が舞台の話。

それは誰にも語られる事のない、幽霊たちが活躍した神話としての物語であり、
ステフのペンダントのみが記憶する、互いを愛し尊重し合った一組の夫婦の物語

神話としても素晴らしかったがやはりリクとシュヴィの想いにはただただ涙しかなかった。
リクからのプロポーズと結婚式。
ジブリールを前に自分がリクに遺せるモノは何か、自分の全てを曝け出してでも、その想いをかつての仲間に託すシュヴィ
リクのために仲間に想いを継ぐ為に、251秒を全力で生きぬくシュヴィ
自分自身が消え去ってしまっても、命を賭して守り抜いた指輪<リクとの想い出>

There is a reasonを始め音楽も素晴らしいの一言。
強いて言えば原作で描かれるリクとシュヴィの重ねた時間、二年間の想いをもう少し描いてくれればというのが唯一の残念。
それがあれば3秒ではない251秒の重みも、リクのプロポーズも更に感極まるシーンになったろう。
特にプロポーズでの、かつてのシュヴィ達の行いを告白するシーン。
あれがあるからこそ、原作では二人の想いの強さがより引き立てられていた。
前後編にわけてもいいからジブリール戦のクラスタのエラーのシーンも入れてほしかった。「驚愕」という感情、死ぬなというユーバアイン。機械が心を知るその瞬間。
ステイルマーターの為に犠牲になったエクスマキナの損失数を確認するリク、エクスマキナのアヴァントヘイム攻略戦も入れてほしかったなぁ・・・

 サンキュー(5)
2017.08.31 19:45 ゆーしゃんの評価 | 観終わった| 197が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

ホントに最高‼︎

劇場で泣きまくった‼︎

 サンキュー(1)
2017.08.26 20:27 lumyの評価 | 観終わった| 132が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

劇場版の名にふさわしい全力投球。

原作未読、アニメ版視聴済みです。
当初は上映館も少なかったですが、人気があったのか
近場でも上映が開始されたので見に行きました。

いやはや、映画館に見に行って良かったと正直に思いましたw
作画はかなり気合が入っていますので、
大スクリーンで見る価値は十分にあると思います。
SAOも映画館で見て「音響」に迫力を感じましたが、
本作の見所は何と言っても「美術背景」でしょう。
荒廃した世界という設定なわけですが、
綿密で美麗な美術背景に目を奪われました。

また、主役のお二人も迫真の演技でした。
松岡さんは、いかにも松岡さんらしい演技でしたが、
個人的には好きな声優なので、
たっぷりと松岡節が聞けて良かったですw
茅野さんは、本編のシロとはバックグランドが異なる
キャラを演じましたが、さすがに上手かったですね。

本作の惜しいところは、原作を見ていないと
世界観の全貌が見えてこないところです。
ストーリー展開は泣ける要素が強かったものの、
作品理解に気がそれてしまい、
残念ながら涙腺崩壊とはいきませんでした。

しかし、素晴らしい作品であったことは間違いないです。
2期の制作発表を期待するばかりです。

 サンキュー(16)
2017.08.26 02:29 あくびしてーの評価 | 観終わった| 93が閲覧 ★★☆☆☆ 2.5 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 1.0  作画 : 4.0  声優 : 2.5  音楽 : 4.0  キャラ : 1.0

私には理解できませんでした^^

※原作未読、アニメ視聴済みの偏見のコメントです。

いい点
・サウンドの演出がいい(特に戦闘シーン)
悪い点
・内容を詰め込みすぎてついていくのがつらい
・規模がでかい割りに落ちが弱い気がする
・全体的に納得できない部分が多く、素直に見れなかった
おすすめ
・小説をちゃん見て、内容を理解した状態で小説の補完という形で見たら面白かったともう^^

映画ともあって、内容の部分が詰め込まれてます。 原作未読、アニメ視聴済みだったのですが、内容を理解するのが手一杯でした。 小説を見てからの視聴なら余裕がありもっと楽しめたなという作品でした。
ただサウンドのつくりなどはなかなか迫力がありました。

 サンキュー(3)
2017.08.25 20:08 ななしの評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

良かった。

期待を裏切らないですね。自分は3度目ですが、何度も観たくなる映画でした。

 サンキュー(1)
2017.08.24 14:43 ココたんの評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

まだ泣けます。

9回観に行ってしまいましたが、まだ泣けます。アニメ観て泣くとかwと言ってた友達も最後だだ泣でした。後味の悪い涙ではなく、悔しさと切なさを含みながらも、流せて良かったと思える涙が、この作品の魅力でもあると思います。

 サンキュー(1)
2017.08.23 09:17 てっくの評価 | 観終わった| 51が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

「誰にも語り継がれない記憶」

映画館で観ると、やはり迫力が違いますね。
音響だけでも、だいぶ興奮させられちゃいますw
そして、予期していなかった鑑賞特典。イタスト色紙を頂き、にんまり^^

6千年よりも前、大陸を支配し神となるべく大きな種族同士が終わりの見えない争いを繰り返し人々は死にゆくしかなかった時代のお話し。


迫力・感動・ギャグの要素もバッチリ。
ただ、普段聞きなれない単語や展開の速さ、
厨二感も相まって、ついて行くのに少し疲れた感じです(汗

中盤~終盤の展開こそ駆け足なものの素敵な作品でしたので
未視聴の方は是非、劇場へ☆

 サンキュー(12)
ネタバレ
2017.08.20 23:17 はる坊の評価 | 観終わった| 27が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

想像以上!

思わず泣いてしまいました!大戦があんなに激しいものだとは思ってもみませんでした。映画館で見てほしい作品です!

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.08.18 20:45 TCKVL63947の評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

凄く泣けた。

まあ、いきなりネタバレ(ポロリ?)から入りますと、ノゲノラの文庫本6巻のお話ですね。まあ、榎宮さん自身、6巻のあとがきにノーゲーム・ノーライフ0として出そうと温めてたとかなんとかかんとか言ってましたねw。
私個人の感想としては、とても面白いなと思いました。
ですが、シュヴィとリクの出会いのシーンや亡霊部隊の活躍、エクスマキナとアルトシュとの戦闘シーン、その後のエクスマキナ(アインツィヒ)とリクとの会話などをもう少し大きくというか細かく造ってほしかったなと思います。あとアルトシュの声が機械地味すぎていたよじゅな気がしました。文庫本では、特に何の補足もされていなかったのでもっとのぶといおっさんみたいな声なのかなと思っていたので「そう来たか!」と思いました。
ですが、シュヴィとジブリールの戦闘シーンでせめてりくからもらった指輪だけでも守ろうとしたところやその後、機械の破壊はルール違反にならないみたいなことを言ったときにとても泣けました。

 サンキュー(1)
2017.08.18 14:36 くつしたの評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

本編とはちがうけど

すごく面白かった!
バトルに鳥肌、そして感動!!!
間違いなく今期一番のアニメ映画です。

 サンキュー(1)
2017.08.17 23:59 OScQi96878の評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

2回見に行きました

笑いあり、涙あり最高の作品でした。

 サンキュー(1)
2017.08.17 22:58 陽太郎の評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

アニメ版を観ていなくてもOKな映画

アニメ版のノーゲーム・ノーライフより過去の話。頭脳戦みたいなアニメが好きなら、観て損はないと思う。※映画館にて鑑賞。

■良かった点
・後半は、ノーゲーム・ノーライフの世界観を感じることができた。

■悪かった点
・空と白がほとんど出てこなかったのは残念。
・途中までの展開が少し退屈に感じた。

 サンキュー(3)
2017.08.17 11:28 ◇fumi◆の評価 | 観終わった| 143が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

殺戮の世界に挑んだ二人の愛の物語

2017年公開の劇場版

2014年に放送された「ノーゲーム・ノーライフ」の続編の劇場版

スタッフでキャラデザが大舘康二→田崎聡に変わっているので少しイメージが違います。
原作の6巻「ゲーマー夫婦は世界に挑んだそうです」のアニメ化。
なので、間は空きましたが順調にアニメ化は進んでいるようです。

でも、このストーリーは劇中語りであって、空と白の活躍ではありません。
唯一神テト(釘宮理恵)が獣人初瀬いづな(沢城みゆき)に向かって、
6000年前の出来事を語っている設定。
テトといづなが普通に仲良しであることから、少し飛んでいるっぽい。
5巻の表紙がアズリール(ジブリールの姉)らしいので、そこはまだかも。
6巻の表紙はテト。

テレビ版ノゲノラ時間は最初と最後だけで、テトの語る「神話」が本編。
テト本人が言っているように「信頼できない語り手」の物語となる。

現在上映中の作品ですので、ネタバレを開くときは注意してください。
{netabare}空に似ているとされる人物「リク・ドーラ」(松岡禎丞)が、
絶滅寸前の人類をいかに救ったか?不可能な賭けにどのように行動したかが描かれる。
リクに利用される悲劇の機凱種の少女「シュヴィ・ドーラ」(茅野愛衣)は、
心を手に入れるためにリクの求婚を受け入れ、愛し合うようになる。
最大の見せ場は空と白と同じ声、似た外見の二人の愛。
テレビ版を見た人であれば、感動しないわけにはいきません。
たぶん、いつか二人の愛のしるしが『空白』の物語の鍵となると思います。

相変わらずふざけているジブリール(6407歳)に向かっていづなが、
「全部お前が悪かったんじゃないか!」と食って掛かるシーンでは、
いづなは人類側に感情移入しているようですね。
ここもいいシーンでした。{/netabare}

テレビ版でも少し語られた過去の物語です。
2期が始まる前までには観ておくことをお勧めします。
単独作品としても素晴らしい作品でした。

映画館はメガネっ娘がいっぱいいました。
ゲームのやり過ぎに注意しましょう。

 サンキュー(28)
2017.08.14 18:47 ノッブAtlasの評価 | ----| 75が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

非常に面白い絶望の中の人間賛歌に感動

原作を知らない友人と見たのですがその友人すら感動していた様子でした。
僕も面白過ぎて9回見に行きました!

 サンキュー(4)
2017.08.13 14:14 褐色の猪の評価 | 観終わった| 102が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

原作やTV版がお好きな方なら間違いない

シュヴィ役の茅野愛衣さんははまり役ですね。
他作のキャラと同じ様な感じであまり違いはありませんが
可愛い感じがいいんじゃないでしょうか。

ストーリーはTV版とはまた違いますが、交叉するようには創り込まれています。
ファンタジーものとしても充分纏まってます。
原作やTV版がお好きな方はもちろんラノベやなろう系が好きな人にもお勧めじゃないですかね。

{netabare}
私的にはなんか「ガラスの花と壊す世界」を観終わった時と同じ観後感
所謂平成のアニメを見て育った世代が作ったアニメと言ったらいいか
感受性の古いオッサンにはちょっときつかった(´ω`;)
{/netabare}

 サンキュー(4)
2017.08.12 09:14 かっぱの評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

内容の先が読めない!

キャラがアニメ版では初登場なので小説を見ていない人は結果がどうなるかわからない作品です

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.08.08 12:33 LAxxxiMの評価 | ----| 73が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

タイトルなし

感動した

 サンキュー(1)
2017.08.07 02:41 M.outの評価 | 観終わった| 47が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 2.5

愛と、意思と

ラノベ原作のTVアニメの劇場版としては満足の一作。
Fateも然り、ゼロが付くとになると突然シリアスになるらしい。TVシリーズは視聴済みであったが、ギャグを楽しんでいたのだが、本作はパラメータをシリアスにぐぐっと振った。
終末のような世界。破滅的で退廃的で、不条理な世界。人間が一方的に虐げられる世界。
異種族が勝手に始めた戦争の被害を受ける人間は、蟻のような、力なき者である。本作で描くのは、そんな人間の反抗。圧倒的暴力によって圧迫される、ヒトという生命に宿る意思の力。そして、愛。
リクとシュビィが出会い、愛を知り、そして世界を変える物語。
圧倒的作画、驚異の演技力、震える音響と、素晴らしい出来映えの本作である。
誰でも楽しめる作品に仕上がっているのではないだろうか。

以降、少し酷評します。
{netabare}
人間がフィクションに感動するのは、現実に起こり得ない理想、または幻想を描くというのがあるだろう。ちっぽけな人間の意思が、世界を変えることだってできる。これは嘘だし、嘘をキレイに描くから感動する。あと、愛の物語も普遍的な感動要素だが、これは置いておく。

原作は未読だが、これだけ感動要素が多いのだから映画化に当たってその点を強調したのだろう。製作陣は泣かせようと必死であるのが伝わる。
それは、前半のリクを見ればよく分かる。叫ぶシーンを多用し、感情が分かりやすい。悲しい、苦しい、楽しいと一目瞭然である。容易に感動させるには、キャラクターの感情は隠さない方が効果的である。
これがライトノベル的文法である。キャラの行動と情動をほとんど一致させ、理解を容易なものとする。そして、簡単に感動できる。
だが、私にはこれが乗れなかった。私は本来ライトノベル的文法でも問題ない派の人間である。しかしながら、「ゼロ」ではシリアスな世界を追及したことで、その分、ラノベ文法が浮いて見えてしまった。後半は気にならなかったのだが、前半冷めた目で観てしまったために、乗れなかったのだ。非常に損な見方をしてしまったと思うものだ。
{/netabare}

 サンキュー(6)

ノーゲーム・ノーライフ ゼロのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ノーゲーム・ノーライフ ゼロのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。