亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「亜人ちゃんは語りたい」のレビュー感想/評価

よみがな:でみちゃんはかたりたい

放送中:2017年冬アニメ(2017年1月~放送中)

このアニメの感想・評価 210

亜人ちゃんは語りたいのみんなの評価
★★★★☆ 3.6 5
物語:3.6 作画:3.6 声優:3.6 音楽:3.5 キャラ:3.8
  • 物語 ★★★☆☆ 3.6 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.6 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.6 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.5 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.8 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
12345678
2017.03.27 15:46 カルメルの評価 | 観終わった| 3が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

今期一番かも

今期見た中では一番良かったです。
タイトルから『モンスター娘のいる日常』と同じような作品かと思ってましたが、かなり違いました。

一見するとややおっさんな教師、高橋鉄男が亜人(ヴァンパイア、デュラハン、雪女、サキュバス)たちにチヤホヤされる学園ラブコメディーに見えますが、このアニメはそれだけではなくて、ちゃんとした内容というかテーマ性が込められています。

途中そのテーマ性のため、若干重くなることもあるのですが、それを補っても余りあるほど、キャラが良いです。
個人的には、デュラハンの町京子とサキュバスのサキエ先生が良いです!

あとは、{netabare} デュラハンは世界に3人しかいなくて、首はワームホールで繋がってるとか、ヴァンパイア、雪女、サキュバスは体質の突然変異とか、 {/netabare}一応現実世界にありそうな設定にしているところも興味深いです。

原作のストックがなく、二期があってもだいぶ先っぽいので、原作も買ってみようかなと。

 サンキュー(1)
2017.03.27 13:57 みのるしの評価 | 観終わった| 68が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

じつはあんまりおもしろくないのですが

毎回みてしまうのだなー。

ふつーはこう、なんとゆうか、恋愛だったり、特殊な体質に悩んだりだとか、学校での人間関係やらのトラブルがあったりだとか、ストーリーの基軸となる何らかのテーマ的なものがあるもんやと思うのですが。

この話はまったくないんですよ!!

いや、あるんかもしらんすけども、全然わっかりません。


それでもなぜだか毎回見てしまって、見終わった後もそれなりに充実感もありで。


いったいなぜなんだ!
だれかおせーて!!

そおゆう謎な作品ですw

 サンキュー(4)
2017.03.27 09:49 にゃん^^の評価 | 観終わった| 277が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

亜人(デミ)少女たちとおっさん先生のほのぼの日常?

公式のINTRODUCTION
{netabare}
サキュバス、デュラハン、雪女、そしてバンパイア――。
僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。最近じゃデミと呼ばれてます。

そんな個性的な亜人(デミ)ちゃんたちと、彼女たちに興味津々な高校教師・高橋鉄男が繰り広げる、ちょっと刺激的でハートフルな学園亜人コメディ!
{/netabare}

STAFF{netabare}
原作:ペトス(講談社「ヤングマガジンサード」 連載)
監督:安藤良
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクターデザイン:川上哲也
美術監督:針生勝文
色彩設計:赤間三佐子
撮影監督:宮脇洋平
CG監督:那須信司
編集:西山茂
音響監督:明田川仁
音楽:横山克
制作:A-1 Pictures
製作:「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会
{/netabare}
CAST{netabare}
高橋鉄男:諏訪部順一
小鳥遊ひかり:本渡楓
町京子:篠田みなみ
日下部雪:夏川椎菜
佐藤早紀絵:日笠陽子
小鳥遊ひまり:Lynn
{/netabare}

第1話 「高橋鉄男は語りたい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ/演出:安藤良 作画監督:川上哲也

柴崎高校に勤務する生物教師・高橋鉄男は、人間とはちょっとだけ違う性質をもつ「亜人」に学生時代から興味を抱いていた。「亜人と語りたい」と語る鉄男だったが、絶対数の少ない亜人にはまだ一度も出会ったことがないのだった。しかしある日、サキュバスの亜人・佐藤早紀絵が数学教師として赴任してきて――
{/netabare}
感想
{netabare}

亜人って突然変異で生まれてくるみたい

人とちょっと違うけど
それが個性ってみとめられた世界でのお話し


アニメの「亜人」には死んでも生き返る亜人しか出てこなかったけど
このおはなしの世界にはいろんな妖怪タイプの亜人がいるみたい

今日は4人の女子(新任の先生も入れて)が出て
佐藤早紀絵先生は男性恐怖症?のサキュバス
話し好きの小鳥遊ひかりはヴァンパイアなんだけど双子の妹はふつうの子
町京子は恥ずかしがりのデュラハン
あと、今日はあんまり出なかったけど雪女の日下部雪、暑いのニガテみたい


今日のおはなしは

京子のぐあいが悪くってひかりが高橋先生を呼びに来て
先生が京子を保健室まではこんでからひかりと仲よくなって
生物準備室に自由に遊びに来て話をするようになったの


ホントのヴァンパイアのこといろいろ気になるよね^^

それで今度はひかりと仲よくなった京子がお礼にって
いっしょに生物準備室に来るようになったの。。


おはなしは亜人少女のいる日常コメディーってゆう感じかな?
恋愛なしの「実は私は」にちょっと似てるかも

先生のインタビューに答える光のホンネトークとかおもしろいw


亜人っていろいろかわってるみたいだけどいがいとふつう^^

でも、どうゆう所がちがうとか何となく気になっちゃうよね^^
来週も楽しみ☆

「亜人」は男子の亜人が多かったけどこっちは男子の亜人っていないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第2話 「デュラハンちゃんは甘えたい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:安藤尚也/安藤良 演出:高橋謙仁 作画監督:吉田南

町京子はデュラハンである。アイルランドに伝わる妖精をルーツに持つ、頭と胴体が分離している亜人で、現在世界に3人しかいないという。ある日の放課後の生物準備室、鉄男に自らのことを語る京子。デュラハンちゃんにはデュラハンちゃんの悩みと、そしてお願い事があるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

デュラハンの京子はいつも頭を抱えて歩いてるから
頭を抱えられるのが大好き

でも、高校生になって親からそろそろ甘えるのやめたらって言われて
さびしい思いしてたみたい

高橋先生にやさしくしてもらって好きになったみたい
将来恋人ができた時の実験ってゆうことで
体はひかりの家に置いたまま
頭だけ先生に抱えてもらってデートすることになったの。。


すごくおもしろいおはなしはなかったけど
ひかりがちょっとイジワルでからかったり
トイレに行きたくなっちゃったりって
頭と体がはなれてるといろいろあるよね^^;


さいごは先生が気が付いてくれて
京子だけ手さげカバンのかわりに
リュックでもいいってゆうことになった♪

高橋先生やさしいなぁ☆


あと、雪女の雪ちゃんも何か悩みとかあるのかも。。
はずかしがりみたいだから友だちになるのむずかしいのかな?


でも、来週のおはなしはサキュバスの佐藤先生みたい^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話 「サキュバスさんはいい大人」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:中川淳 演出:中川淳 作画監督:山名秀和 

サキュバスは、異性の性欲を亢進させたり淫靡な夢を見せる夢魔としての性質をもつ亜人である。そんなサキュバスである佐藤早紀絵は、異性をみだりに催淫してしまわぬよう、住むところや通勤電車、服装に至るまで細心の注意を払って生活をしている。恋愛や結婚……女性として描く夢は遠く、自身の性質との折り合いに悩む日々だったが、ある日、ふとしたことから鉄男の手を握ってしまい――。
{/netabare}
感想
{netabare}

いつもみたく高橋先生が佐藤先生と話すのかな?って思ってたら
サキュバスで恋愛とかしにくい佐藤先生が
高橋先生を好きになっちゃうおはなしだった^^


男性に近づかないようにするのに
できるだけ人のいない始発とか夜遅い電車にのったり、
あんまり人のいない田舎に住んだりって大変みたい。。

だったら女子高の先生になった方がよかったんじゃないかな?って
ちょっと思った。。


それから京子の恋愛相談にのって
おんなじ高橋先生を好きになっちゃったから
話しながらやきもち焼いたりするところがおかしかったw


高橋先生ってモテるよね。。もしかして亜人にモテる亜人とかw

でも、高校生で生徒のひかりに
2人きりのときセ〇〇スのことなんか聞いちゃっていいのかな?
ほかの先生とかに聞かれたらセクハラとかでうったえられそう。。


さいごは雪が1人でうずくまってた。。

みんなに近づかないようにしてるみたいだけど
高橋先生みたく、何か理由とかあるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第4話 「高橋鉄男は守りたい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:石井俊匡 演出:石井俊匡 作画監督:川﨑玲奈

女子生徒が自分のことを悪く言っているのを聞いてしまった日下部雪。陰口といえば女子高生にはありがちな悩みかもしれないが、雪は自分が亜人――雪女――であるからではないか、と思い悩んでしまう。彼女の悩みを受け止め、教師として守らねばと決意する鉄男。それは、同じ亜人であるひかりも同じだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

カゲグチっていやだよね。。
にゃんは友だちがいないからカゲグチゆうことってないけど

でも、自分のことだってときどき
「あんなこと言わなかったらよかったかな?」とか考えちゃうから
アニメの感想に「もっと。。だったら」って書くみたく
人のワルグチみたいなこと言っちゃうかもしれない。。

今日のおはなしに出てたカゲグチ好きな女子2人もそんな感じなのかも?


でも、そう思っても言われたらすっごく傷ついちゃうし
その子たちのことにくんだりってしないけど
そんな風に思ってるって分かったら話せなくなっちゃう。。


きょうのひかりは雪のために2人と話してくれてうれしかった☆
ちょっとイジワルとかも好きで話し好きだから
ふつうの人かなって思ってたけどとってもいい人みたい^^

妹もいい子だからきっとお母さんたちもいい人なんだろうな☆


きょうのおはなしだと
まだ雪が人に近づかないようにしてるわけとか
あんまりよく分からなかったからつづきがあるのかな?


あと、佐藤先生が急に高橋先生に近づきたがりすぎみたい。。

高橋先生っていい人だけどやっぱり男の人だから
みんなかんたんに抱きつきすぎかも。。


今日はコメディってゆうかいいおはなしだった☆
{/netabare}
{/netabare}
第5話 「雪女ちゃんは冷たい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:安藤良 演出:徳本善信 作画監督:杉田葉子/大西陽一/永田善敬

ひかりたちによって前を向きはじめた雪。先日の一件以来、鉄男を信頼するようになった雪は、自身の雪女であるがゆえの悩みを打ち明けることにした。悩みの発端は、高校進学とともに都会に引っ越してきたある日の入浴中、湯船に突然氷が浮かんできたのだという。お湯を凍らせるほどの冷気の矛先が、もし他人に向かってしまったら――その不安から、他人との接触を避けるようになってしまったのだと、雪女ちゃんは語りだす。
{/netabare}
感想
{netabare}

いつもは作画監督の人って1人だけなのに今回は3人になってる!?
だんだんアニメーターの人たち大変になってきてるのかな?


前半はあらすじのおはなしで
人に近づきすぎると凍らせちゃうかもだからこわいってゆう
雪の悩みを聞いて先生が解決してあげるんだけど
先生のやさしさが伝わってくるあったかいおはなしだった^^


後半は人に近づいても大丈夫って分かった雪が
デミのひかりと京子、それからふつうの人たちとも仲良くなるおはなし

京子の服の上からカジカジがかわいかった^^
でも、服がよだれでべちょべちょになっちゃいそうw


さいごは雪が
たおれたとき声かけてくれたのに冷たくしちゃった佐竹クンに「ありがとう」って^^

いっしょにカラオケ行く約束して佐竹クンすっごくうれしそうだったけど
このおはなしって「セイレン」じゃないしw
いきなり2人だけってないよねw
{/netabare}
{/netabare}
第6話 「小鳥遊姉妹は争えない」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ/演出:大久保朋 作画監督:岡本達明

ひまりとの約束どおり、彼女たちの両親と話すために小鳥遊家を訪れる鉄男。ひかりとひまり、名前はひと文字違うだけの双子の姉妹だが、片やバンパイア、片や人間のふたり。口喧嘩は多くとも仲の良い、そんな娘たちを育てた家庭の温かさに触れた鉄男はつい長居をしてしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}

ダメなお姉さんとしっかり者の妹。。それとやさしいお父さん、お母さん

とくに笑えたりするおはなしってなかったけど
見てていいなぁ。。こんな妹いたらなぁ。。って思っちゃう
いいおはなしだった☆


あと、高橋先生がだんだんかっこよく見えてきたw
背、大きいよね^^

そう言えば字がぜんぜん違うから気がつかなかったけど
タカハシとタカナシって似てるよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話 「サキュバスさんはいぶかしげ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ演出:サトウ光敏 作画監督:前田学史/菊池貴行

早紀絵が校内を歩いていると、膝を抱え泣いているブロンドヘアーの美男子が現れた。クルツと名乗るその少年はどうやら柴崎高校の生徒ではないようで、どこか挙動が怪しい。一方、ひかりも校内で別の不審者を目撃したらしく、どうやら「クマのような大男」だったという……
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は日常系ってゆうかちょっとドラマっぽいおはなしだったかも?


亜人課の刑事さんたち(クルツくんと宇垣さん)が学校にやってきた
ってゆうおはなしで
サキュバスは男の人をあやつったりできて犯罪に関係しやすいから
管内のサキュバスを見回ったりしてるみたい。。


そんなおはなしだったけどクルツくんがちょっとあやしい。。
佐藤先生が近づいても平気みたいだし何かかくしてるのかも?

ひかりが見た大きくて毛だらけの不審者ってゆうのも
ホントに宇垣さんだったのかな?

にゃんはクルツくんが狼男とかの亜人じゃないかな?って思ったけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第8話 「亜人ちゃんは学びたい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:綿田慎也 演出:綿田慎也 作画監督:古住千秋

中間テストの上位者が発表された。成績優秀なひまりや京子が上位にランクインするなかで、赤点を3つもとってしまい鉄男に咎められたひかりは一念発起、雪に一緒に勉強しようと持ちかける。そんななか、雪は校内で大切なものを落としてしまう。偶然にもそれを拾ったのは早紀絵であったが、雪にはそれが大切だと打ち明けられぬある事情があった…
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は「雪ちゃんは下ネタギャグ好き」ってゆうおはなしだったみたいw


雪がこんなに笑いじょうごだなんて気がつかなかったよね^^
それとひかりがこんなに成績わるいってゆうのもw


雪が佐藤先生と話してて
うまくごまかそうってしてるところがおかしかったw
別にかくさなくってもいいんじゃないのかな?
先生と話しが合うから仲よくなれそうだし☆彡


テストのおはなしは

にゃんも英語と数学はいつも赤点だったしあとはギリギリだったから
ひかりのこと笑えないけど専門学科は何とかついていけたからよかったw

赤点だと追試だったけどふつう学科って追試のためにとくに勉強しなくっても
先生は赤点とる生徒がおばかなの知ってるから(偏差値38のクラスw)
テストの方が3択問題とかかんたんになってたw
あとで教科書うつすとかの宿題いっぱい出たけど^^;

そのかわりいくつかの検定試験で3級以上とらないと
ホントに進級できなくなっちゃうけどw

にゃんは担任の先生と仲がよかったから(恋愛とかじゃなくって)
その先生の教えてた教科だけはとくによくって
1つの教科は学年で1番だった♪ってゆうかその教科ってにゃんのクラスだけだったけどw)
検定試験のうち2つはその先生の学科だったから卒業できたのかもw

その先生ってきびしくってクラスのほとんどからきらわれてたけど
にゃんは誰かがキライってよく分からないから
先生のほうからよく話しかけられてた。。

やっぱり先生と仲がいいと分からないとこ聞けたりしていいみたい^^
ひかりも高橋先生にいろいろ聞いたらいいのに☆彡


佐藤先生が高校で男子のボスにからかわれたおはなしもおかしかったw
柔道やってたって男子に勝つくらいだったら国体とか行けたかも?

たっくんはMがバレてちょっとかわいそうだったけど
そのあとどうなったか考えたらおかしいw


「かみつきたい腕選手権 ひかり杯」

やっぱりかみつきたい腕って食べたい物とおんなじ感じなんだw

高橋先生は「佐藤先生が一番おいしそうだと思うんだがなぁ」って
佐藤先生の腕のこと気にしてたけど
ちょっと佐藤先生のこと気にしてたりするのかな?

でも、佐藤先生って柔道とかやってたんだったらうでとか太くてかたそうw
ひかりの好みじゃないかもね^^


さいごは町が1位になってた!
ひかりは冗談って思ってたみたいだけど
5位になれるんだからがんばったら1位にもなれるよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第9話 「亜人ちゃんは試したい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:中川淳 演出:中川淳 作画監督:山名秀和/落合瞳/木藤貴之

夜、ぬいぐるみを相手にひとり悶々としているサキュバス、早紀絵。すると突然携帯が鳴る。電話の主は宇垣だった。「恋愛をする上で催淫することは避けられないが、恋愛の過程に催淫は持ち込みたくない」というジレンマを抱える早紀絵に、宇垣はある提案を持ちかける。
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は佐藤先生がちょっと本気で高橋先生のこと催淫してみようかなって
思うおはなし?

恋だよね^^

それで高橋先生って男の人だから女の人に関心はあるけど
どっちかってゆうと恋愛より亜人の方に関心ありそう^^

佐藤先生がお酒飲んでるところは出てきたけど
高橋先生っていっしょに飲みに行くお友だちとかいないのかな?

佐藤先生って大人なんだから
好きだったら自分のほうからさそってみたらいいんじゃないのかな?


メガネをはずした佐藤先生きれいだったけど
大人な高橋先生がかっこよかった☆


後半は暑い夏だけど亜人ちゃんたちはどうしてる?
みたいなおはなしかな?


後半の前半は雪のことが多かったみたいだけど
暑がりだから冷気をコントロールできないかな?って
高橋先生のところに相談に行くおはなし

実験で悲しいフリをする雪がおかしかったw

足から冷気を出せるんだったら
家でも足を水につけてたら涼しそうw


それで後半の後半は体育の授業で
雪とひかりは暑がりだけど京子はそんなでもないみたい

京子は頭がないからほかの子より走ったりしてもつかれなさそう^^
人間の頭ってググったら体重の10分の1くらいみたいだから4~5キロかな?
ほかの子よりそのくらい軽かったらいいかも☆

ただ、走るのは楽そうだけど
歩くときは頭を持たないといけないから重たそうだし
頭と体がくっつくから汗でべとべとしそうかも^^

京子の怪談はうまかったけどぜんぜんこわくなかったねw

さいごのスイカ2つって京子は○○でしたってゆうオチ?
京子って勉強もできるしちょっとうらやましいかなw
{/netabare}
{/netabare}
第10話 「デュラハンは時空を超えて」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:森大貴 演出:岩月甚 作画監督:吉田南/錦見楽

頭と身体が分離している亜人・デュラハン。鉄男はその性質に当然興味津々だったが、当の京子もまた自らの身体について知りたいと思っていた。そこで、大学で生物学を専攻していた鉄男は別の見地からもデュラハンについて聞いてみようと、大学時代の学友、相馬に会いに行くことにした。
{/netabare}
感想
{netabare}

京子がおこられちゃったところかわいそうだった。。

それから教頭先生(?)がこわい顔で高橋先生のこと見てたのが気になった


後半は京子が高橋先生の友だちの物理学者の人と会いに行くんだけど
京子が自分のこともっと知りたくなって
将来は科学者になりたいって思うおはなしだったみたい


それだけのおはなしなのに異次元空間が。。とか
高次元空間を使ってタイムマシーンが。。とか
観測すると波が粒になるとかってふつうに説明長いのに
とちゅうで考える時間もあったりして長かった。。

テキトーな説明とかだったら
「とある」シリーズとかだと授業で何となく説明したり
タイムスリップ系のアニメとかでもそんな話ってときどき出てくるけど
アニメで説明だけやったらつまらないよね^^;

それにフシギだけど亜人がいるだけでフシギで
ぜんぶ説明しようってしたら何十年も研究しなくっちゃダメだって思う
だから科学で説明とかムリにそんな時間かけないて
もっといつものおはなしちゃんとやってほしかった☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第11話 「亜人ちゃんは支えたい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:石井俊匡 演出:石井俊匡 作画監督:古住千秋/鳥居貴史

日差しや暑さに弱いひかりや雪が夏を快適に過ごせるよう、一緒に考えることにした鉄男。しかし、亜人ちゃんたちが鉄男に頼り切っているその状況が逆に彼女たちにとって良くないのではないかと、教頭に釘を差されてしまう。鉄男はそのことを気にしてしまい……
{/netabare}
感想
{netabare}

今までこのおはなしって毎日おんなじくり返しの日常系。。って思ってたけど
ほんとは高橋先生が亜人の子たちとおんなじ学校になって
そんなにすごい悩みとかじゃないけどいっしょに考えてあげて
仲よくなってちょっとずつ変わってくおはなしだったみたい^^


自分たちとあんまり変わらないみたいに見えてちょっと違ってる人たちのこと
違ってるってゆうことを考えないのがぎゃくに差別かも?とかって
それが本当かどうかなんて分からないけど

ふつうの子たちが考えてみよう。。話してみよう。。って
動き出したところもよかったって思う☆
{/netabare}
{/netabare}
第12話 「亜人ちゃんは泳ぎたい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:吉岡たかを 絵コンテ/演出:安藤良 作画監督:川上哲也/川﨑玲奈/田村里美/山名秀和

いよいよやって来た、夏! 例によって涼しい生物準備室にやってきてはしゃぐひかりから、鉄男は「学校のプールを貸し切りたい」とお願いされる。バンパイアは日差しに弱いのではと気にする鉄男そっちのけで、水着で集まった亜人ちゃんたちはプールへと飛び込んでいくのだった――!
{/netabare}
感想
{netabare}

最終回で水着回ってめずらしいかも?

さいごは高橋先生も!
アニメで男の人のはだかって細マッチョ系が多いけど
先生はがっちりしてて体育の先生みたいw


あとはふつうにいつもみたく亜人のこととか話してたり
佐藤先生が高橋先生のことさそおうってしたりしてて
ふつうに日常しててよかった
{/netabare}
{/netabare}

見おわって


高橋鉄男先生と亜人ちゃんたちの日常コメディで
ギャグはあんまりなくってのんびりした感じ

日常系だけど高橋先生がとってもいい先生で
ちょっと変わった子たちと仲良くなったり
みんながちょっとずつ成長したりするほっこり系のおはなし

すごいおもしろいおはなしとかはなかったけど
ちょっと考えちゃうところとかもあってよかったと思う☆

 サンキュー(42)
ネタバレ
2017.03.27 05:31 あぁ流川の評価 | 今観てる| 41が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

なんか混乱してそうなお話。
断念の予感…もう一度見てから。
これ見てデュラララに出てくる首なしライダーの仕組みに納得した、ためにはなったよw

2話、首なしちゃんと語る回
頭を抱きしめられたいあまえっこ
頭で飲食したものが、下半身につながってトイレにつながる仕組みw

面白かった、継続します。
3話
冴えない容姿のサキュバス…魔性の女、淫魔、男をエロい気持ちにさせる能力。
男をエロくさせない気遣い、いい大人の亜人か…それなりに行き遅れ感を悩むところがいい味出してるw
7話まで
雪女ちゃん、攻撃力なしで無害だった、キャラが薄い残念な子に…
バンパイアの家族との交流、日常生活のほっこりした日々。
高橋先生はサキュバスを催淫しているw
サキュバスに痴漢した場合か…催淫されて触ってしまったとなると罪になるか判断に困る…なるほど。
そういや崔淫されない男の子刑事は、なんかすると思ったが1話で終わりかよ、サッキーが事件に巻き込まれる展開を期待したのにw
最終話まで
完走です、亜人のいる日常をいい感じで見せてくれたよ。
後半はたるみ気味だったけど展開よく楽しめたな。

 サンキュー(6)
2017.03.27 03:32 Yuyu.の評価 | 観終わった| 39が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 2.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

単なる日常系にあらず

ストーリーは原作遵守って感じで、内容はマイノリティ(亜人)ドキュメンタリーの要素を取り入れた日常系コメディ。尻切れ感もなく綺麗に終わってくれてます。

マイノリティを取り上げるテレビ番組が醸し出す陰気くさい感じがしないのは、やっぱり登場キャラがポジティブだからかも。高梨がやっぱりいいキャラしてました。

結構深い話をさらっと会話で流しちゃうところもこの作品の特徴なのではないかと。マイノリティをマジョリティとまったく同じように扱うのは差別じゃないか?区別と差別の差は?

でも、これが正解だっていう押しつけるように答えを訴えてこないのがいい
うだうだジメジメ陰気くさくないところは、やっぱりポイント高いです。


ただ、作画が残念。頑張ってる回もありましたけどね・・・。



以下1話視聴時
~~~~~~~~~~
キャラ作画がちょいと残念、全体的にべた塗りでのっぺり
先生とデュラハンの町が特に原作の雰囲気がでてないなぁ

先生ちょっと死人みたいっすよ

とりあえず、バンパイアの高梨が可愛いのが救い

今後に期待

 サンキュー(8)
2017.03.27 03:17 Lotus;の評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

感動!

全12話

【あらすじ】
私たち人間と少し違う「亜人(デミ)」。そんな亜人ちゃん達と亜人に興味津々な高校教師が繰り広げる学園ストーリーです。

【感想】
毎回、ほっこりする内容ばかりなので、私は今期の癒し枠として見ていました。ですが、ただ癒されるというだけではなく、亜人ちゃんと先生の会話には色々と考えさせられるものがありました。時にはジーンとくる場面も…

【まとめ】
ギャグもシリアスも上手く取り入れていて、見応えのある作品でした。癒されたい方や気になる方は是非1話をご覧になって下さい。きっと気に入っていただけると思います。

 サンキュー(1)
2017.03.27 02:29 O-Yuuの評価 | 観終わった| 13が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

サムネで分かるか

別アニメの「亜人(あじん)」とは何も関係ありません。スピンオフでもないので。

紛らわしいですね。私は話題上がるまで気づきませんでしたσ(^_^;)

もしバンパイア、雪女、デュラハン、サキュバスが日常を送るならというのがテーマみたいなものです。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.03.27 01:15 アニヲタの評価 | 観終わった| 9が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

いい感じのアニメ

ヴァンパイア・雪女・デュラハン・サキュバスと、有名な亜人が現代風になったアニメです。
キャラたちはかわいく、面白おかしく元気に学校生活をして、悩みなどあれば先生が解決をしてあげる、というのが一連の流れです。
世界感や、なんで亜人が生まれたかはともかく、その特性はかなり凝った設定付けがしてありまして、その特性故の悩みや、逆にそれを活かしたギャグなどかなり頓智がきいていて笑えました。
悩みを抱えたデミちゃんたちと語って、悩みを解決したり、先生自身も悩んだりして亜人ちゃんたちといい関係を築き上げていきます。
そうして成長していくキャラたちを見守るような、いい感じの気持ちになれるアニメです。
そしてあくまでも生徒は生徒です。そういった関係になることはなく、いたって健全な関係です。
良アニメであることには違いありませんが、1年後このアニメの内容は1つも覚えていないでしょう。印象が薄いアニメであると感じました。

良い点
・元気いっぱいキャラクターたち
・生徒と先生の不純な恋はない
・さっぱりとした雰囲気

悪い点
・インパクトがない
・さっぱりしすぎている

 サンキュー(0)
2017.03.27 00:19 scandalshoの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

亜人ちゃん達と生物教師のほのぼの学園コメディ

原作未読。最終話まで視聴。

個性豊かな亜人ちゃん達と、心優しい生物教師のほのぼの学園コメディ。
終始、ニヤニヤしながら見られる楽しい作品です。

2話。高橋先生とデュラハンの亜人・町京子のデートのくだりは爆笑必至。
一気にお気に入りに直行決定です。

これ以外にも爆笑ポイントが多かったです。
例えば、バンパイアの亜人・小鳥遊ひかりが{netabare}ニンニクを普通に食べられるとか、ふつうに鏡に映るとか・・・{/netabare}。

3話。サキュバスの亜人・佐藤早紀絵先生が万が一のトラブルを未然に防ぐため、不便な生活を送っている、っていうくだりも好きでした。

11話は、色々と考えさせられる回。(もちろんいい意味で)
「感動回」って訳ではないけど、良回だと思います。

最後に・・・。

見た目は普通だけど、体質に特徴がある【ひかり・雪・早紀絵】
体質は普通だけど、見た目に特徴のある【京子】

面白い、よく考えられた組み合わせだと思いました。

 サンキュー(11)
2017.03.27 00:14 ねこねこの評価 | 観終わった| 7が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

面白かったです

個人的には11話が良かったです。
どう良かったかは見て下さい

 サンキュー(1)
2017.03.27 00:07 askimaの評価 | 観終わった| 3が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

亜人ちゃん達の友情学園ファンタジー

突然変異かなんかで、亜人が産まれちゃう設定での話。

本作中に出てくるのは、ヴァンパイア、雪女、デュラハン、サキュバス。
ヴァンパイアの女の子が主人公かな。めっちゃ明るくて元気でイタズラ好きで可愛らしい。

普通の人間のコンプレックスって、一見して分からないものだけど、亜人ちゃん達はその特性そのものがコンプレックスみたいなもので、悩みを抱えている。

それを、亜人オタクの先生と友達とで共有してわかり合って友情を深めていくのが、微笑ましい感じだった。

主人公のひかりちゃんがとにかく可愛らしいので、お勧めできる作品。
サキュバスの先生も良かったかな。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.03.27 00:04 りゅぅぞぅの評価 | 観終わった| 5が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

亜人=デミっと呼び方 誰がつけたんだと気になった・・・

 ジャンル 亜人 + 学園


 ストーリー

 吸血鬼・サキュバス・デュラハン・雪女などの

亜人ちゃんたちと 高橋鉄男の学園物語



 物語

 小鳥遊ひかりはヴァンパイア

ひょんなことから、小鳥遊ひかりは 高橋鉄尾に亜人としての悩みを

打ち明け、相談することに

 そんな、ひかりと高橋先生のまわりには亜人があつまり

団らんし、わいわい学園生活をおくるお話し



 キャラ

 凄いはまったアニメではないため好きなキャラトップ3はなし

残念なことは 刑事コンビの出番があれだけだったことw




 音楽

 個人的には OPが印象的です




 感想

 まぁ、題材としてはいいんじゃないでしょうか?

いろんな亜人がでてきて、亜人ならではの悩みを一緒に相談し、悩み

解決するお話し

 そんな今までみたことのないアニメ

僕、好きですよb

 佐藤先生と高橋先生との絡みがもっと見たかった・・・

 サンキュー(1)
2017.03.26 23:56 lumyの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

不可はない。

原作未読です。
今期の視聴作品を決める中で、少し気になったので
視聴を開始。その後、一応見始めたので最後まで
見てみようかなと思って完走しました。

全体的に大きな出来事はなく、あまり印象に残らない
作品ではありますが、逆に言えば目立った不可はなく
安心して見れる作品です。
主人公が教師なので、若干説教くさいところもありますが
毎回ほっこりする感じで終わります。

亜人ちゃんたちの特殊性をテーマとした作品なので、
現実社会にも当てはまる問題提起がなされていて、
NHKで放送しても悪くないような気がしました。

 サンキュー(9)
2017.03.26 22:34 k-papaの評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

科学的に亜人を現実化?でも学園ものです。

原作漫画。
原作未読。

架空の妖怪を突然変異として、現実世界に登場させた学園ファンタジー。
それを亜人と称し、健常者とは違って不自由な生活を送る中での
メインの高橋先生を中心にフォローしていく心温まる内容です。

とまあ、出てくる人たちは殆ど善人です。
舞台は湘南のようですね。原作と同じであるかは未読です。
始発と最終の江ノ島線で通うサキュバス佐藤先生がとても気の毒です。
高校生の割にはとても小学生ぽい吸血鬼ちゃんはとても可愛いですね。

この作品のとても残念なのは1クールで終わった所ですね。
もう原作の尺が尽きたようなので、また溜めて第二期を作成して欲しいです。

 サンキュー(4)
ネタバレ
2017.03.26 17:50 KiHYU37335の評価 | 観終わった| 9が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 3.5

さりげなく話が深くて、楽しく見られる

この作品は、主人公である先生が、"教師"という立場と"学者"としての立場という2つの立場に立っているというあまり見かけないタイプのものであった。それと同時に、ヒロインとなる"亜人"達も共通しているのが、生まれながら特異体質(それが亜人と呼ばれる要因である)持ちで、舞台となる学校に入ったばっかり(立場が違う者もいるが)という点である。
内容は主に、亜人達の悩みを解決したり、それについて語り合ったりなどであるが、これをほのぼのしく描いている。またその過程で、"他人を知ることとは?"というテーマを織り交ぜており、考えさせられるものがあった。
曲はOPは展開が面白いが、何か薄いイメージがあったが、EDのメロディの綺麗さは今期のアニソンの中でもかなり良かった。終わり方も良く、心が洗われると思う。

 サンキュー(1)
2017.03.26 15:42 てーおの評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

続きは気になるが・・・!?

キャラがカワイイ
作画も安定

話も亜人(人のような人じゃない人)の悩みを理解しようと
亜人好きな高校教師、高橋鉄男と、亜人の生徒3人と同僚の亜人教師1人を中心に繰り広げられる、学園コメディー。

個人的な趣向としては、亜人教師、佐藤早紀絵の高橋への好意に
対する、佐藤鉄男の心の声にはチト失笑w

登場人物が、非日常的存在ながら、それ以外は、日常系な感じ故、
大きなエピソードも無く、チョイと地味な感じ。

結構楽しめたが、続は・・・?

個人的には結構好きだが・・・
お勧め度 5+/10

 サンキュー(9)
2017.03.26 14:05 猫耳サイクロップスの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

楽しく観れました

ほのぼの学園コメディー。

総評:
「結構面白かった」

 サンキュー(4)
ネタバレ
2017.03.26 12:59 はちくじまよいちゃんの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

ちょっと説教臭かった

 偏見とか差別がどうとか扱っているわりには、「バンパイアだからって答案まで真っ赤にしなくてもいいんだがなぁ」というような発言をサラッとしたりとあんまり深くは考えられてなかったのかなぁと。
でも、家の中と外でのギャップが著しい佐藤先生がエロかわいかったし、かみつきたい腕選手権のドヤ顔ひかりちゃんが面白かったりと部分部分では楽しめたところも多々あった。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2017.03.26 10:39 古酒(クースの評価 | 観終わった| 47が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

デミちゃん

吸血鬼、デラハン、サキュバス。そして何故か雪女
妖怪とかモンスターとかが

人間に害をなす物をごっそりとそぎ落として。

人間の社会に認知されて共存している世界?らしい。
人として産まれて、突然覚醒?するらしいよ。でも安心
危険なものをごっそりそぎ落としているので危険な存在ではなく

亜人(デミ) っていうのね。了解です。
{netabare}
そういう設定だと、パッと思いつくのが
差別とかいじめとか、なんだか重そうなテーマを思いつくけど

そういう絵柄じゃないのでご安心を

デミちゃんのことを知りたい教師と
それを慕う生徒達のお話だよ

まぁ、それをネタにニヤニヤしながら観るのが正しいみかただね

ただし、やはりと言うか、設定が設定だけに余り突っ込んだ内容だと
上に書いた重そうなテーマにぶつかるので

なんでも控えめに描かれている、かな
こちらも日常系に異物を取り入れ、失敗しているかなぁ

成功しているとは言えないけど、
ニヤニヤしながら観ることはできる感じだったよ
{/netabare}

 サンキュー(13)
ネタバレ
2017.03.26 09:54 渡辺探偵事務所の所長の評価 | 観終わった| 63が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

なべねるは語りたい

モンスターファーム屈指のプレイヤーだった自分はデュラハンよりスエゾーが好きだった。
というかデュラハンは2からのキャラで、自分が愛したのは「モンスターファーム1」だ。
だから今でもCDを買い続けている。この円盤石からは誰が再生出来るんだろうか?と思いながらね。

まぁ、ヴァンパイアは→ピクシーだしね!うん。

モンスターファームだとガッツ回復がいい。プラントxピクシーの べになんとかとか、なんだっけかなぁー取り敢えずガッツ回復が早い奴がいいんだよ!細けえこたあいいんだよ

全巻買ってしまった。取り敢えず、Trysailだっけ?あいつらのOPははいふりも良かったが、今回もいいね!!

CMで手品先輩っていう漫画のCMやってるんだけど、あれはつまらなさそう。

っていうか、亜人ちゃんってデミっちゃんって読むんだね。最近DQNネーム多いからよく分からんな!

取り敢えず、ヴァンパイアの亜人ちゃんと、モリガンみたいな先生すこ!!!

見終わって。
こんな感じで終わるんかと。。
仕方ないよね。原作もマンネリ化してしまってる気がするし。
先生の筋肉すごかったです///
ひかりちゃんかわいかったね!やっぱり明るい子いいね。
イジメっ子のかたっぽもナイスバディで好きになってしまったと・・・

なべねるはあんまり語りたくないんだよと

 サンキュー(17)
2017.03.26 09:21 北山アキの評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

フルバSuper-Lite + 萌え化中学生日記Lite

原作未読

最後まで観て
物語性は重視せず、美少女キャラと、その作内設定にリベラルな視点から理屈をこねるキャラ(先生)によるキャラ・アニメで、その意味で萌えアニメである。
物語を動かす際はとおっさんおばはんには馴染みの「中学生日記」風になり、その世代の人には懐かしいような恥ずかしいようないたたまれなさを喚起するかもしれない。
個人的には、ひかりのあざとさ、幼さ(小学生レベル?)がネガティヴな萌え要素に感じる。

途中経過で左翼的と書いたが、権力闘争抜きのそれである。
左翼の魅力は優しい世界を目的とて、手段としての権力闘争を展開しているはずなのに、いつしか目的と手段を逆転させてしまうお茶目さにある。
(「~主義」みたいに思考を硬直化させた時点で宗教と同じ末路)
左翼から権力闘争を抜いたら、ポリティカル・コレクトネスによって無菌化された世界、つまり退屈しか残らない。
この作品の新しさ?は、闘争の不在による退屈を回避するために「萌え」を導入した点じゃないだろうか。

3話時点
「フルーツバスケット」を薄く、軽くして、リベラル思想にぐっと寄せた感じ。
(恋愛要素も少ないが、「フルバ」もそれがメインではないと思う。)
多様性への許容度とその許容性に対する信用度が全く違う世界であるため、
一方は呪いになり、こちらは個性になる。
正直、「フルバ」より物語強度は劣ると思うが、軽いのが悪いとは言えない。
キャラデザはこちらが遥かに良いが、あざといとも言えるのかもしれない。

この左翼リベラル教本的な世界観が「優しい世界」として好評価を得ることに不思議はない(僕もお伽噺は好きですし)。
裏を返せば、この作品にリアル・ポリティクスがもたらすドラマ性を求めてはいけないということかもしれない。

 サンキュー(3)
2017.03.26 09:13 トゥットゥルー☆の評価 | 観終わった| 10が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 5.0

ほのぼの系

バンパイヤ、デュラハン、雪女、サキュパスが普通に認識されていて、普通に人間に混じって暮らしていて・・・そんな世界の学校のお話でした。
話も面白かったし、2期希望です^^

 サンキュー(4)
2017.03.26 08:32 Robbieの評価 | 観終わった| 10が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 4.5

全く期待していなかったが...

正直、デュラハンである町に慣れるのに時間がかかったが、観ていく内に慣れていった。
コメディが強いアニメなのにキャラにそれぞれ違った魅力があり、心情も上手く描けていたと思う。
2期もやりそうなので、また視聴する。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.03.26 06:07 メキシコ人だの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

タイトルなし

つづきを見せてくれないのかな~? 見たい。

 サンキュー(2)
2017.03.26 03:43 amZbY79832の評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

亜人がいる不思議な環境

生活の中に亜人がいる不思議な環境を描いた物語だが、
悩みは普通の女子高生っぽかったり、思ったより亜人要素は少ないです。
主人公の先生は天然ジゴロで悩み多き亜人ちゃんにモテまくり

■最終話視聴後
最後まで安定した面白さがありました。
先生と生徒の距離感に好感が持てます。

見る人によっては淡々としていて刺激にかけるかもしれませんが、お互いが成長していく様子と優しさがしっかり感じられる作品かと思います。

 サンキュー(6)
ネタバレ
2017.03.26 00:48 タック二階堂の評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

亜人という個性を認めるやさしい世界。

サキュバス、デュラハン、雪女、
そしてバンパイヤ――。
僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。
最近じゃデミと呼ばれています。

そんな個性的な「亜人(デミ)」ちゃんたちと、
彼女たちに興味津々な高校教師・高橋鉄男が繰り広げる、
ちょっと刺激的でハートフルな学園亜人コメディ!
(公式より)

というお話。

初回はテンポもよく、それでいてしっかり
登場人物の紹介をしていく作りがお見事。
初回からグイグイ引き込まれる展開でした。
作画も非常に高いクオリティで、さすがは
A-1 Picturesといったところ。

主人公のバンパイヤ・ひかりのキャラもいい
ですね。CVの本渡楓さんも非常に合ってます。

これはノーマークでしたが、今後が非常に楽しみな
作品のひとつです。ダークホースでした。

============第2話視聴後、追記です。

デュラハンちゃんが実は甘えたがる話です。

A-1は、よく分からない厨二なさすおにハーレム
ものより、こういった作風のほうがいいですね。

============第8話視聴後、追記です。

雪ちゃんは下ネタ好きなんですねw

ストーリーのテンションも、高クオリティーな
作画も保ったまま終盤です。
このままなら、今期の覇権争いの一角ですね。

============最終話視聴後、追記です。

とりあえず11話が最終回のような内容でしたので、
エクストラ回としてのサービス水着回。
ですが、単なるサービス回では終わりません。

亜人というのは個性であるという世界観で、
その個性を認め、受け入れて、理解し合う。
アニメ作品という世界だから、こういった表現
ですが、これ現実社会でも必要なことですよね。
各々のキャラクターを受け入れて、やさしい視点で
人と接することの素晴らしさ。居心地の良さを
感じさせてくれる素晴らしい作品でした。

決して号泣するような感動を投げかける作品では
ありませんが(A-1は「あの花」でそういう作品も
作りましたけどw)、心がじわっと温かくなる、
そんな感動作の形もあるのだなあと再認識。

自信を持ってオススメできる秀作です。

 サンキュー(8)
2017.03.26 00:32 明日は明日の風の評価 | 観終わった| 68が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

普通ではない体を持った女子たちの日常を描いた学園日常青春ストーリー

原作既読。

ヴァンパイアの小鳥遊ひかり、デュラハンの町京子、雪女の日下部雪の高校一年生と、サキュバスで先生の佐藤早紀絵、大学時代には亜人を研究しようとしていた生物の先生である高橋鉄夫が織り成す高校生の日常を描いた作品。日常といっても、主要な女子4人は普通ではありませんので、ちょっと趣向の違う日常といったほうが良いかもしれません。

この作品では、いわゆる亜人は普通に存在しています。過去には亜人を迫害するような時期もあったらしいのですが、亜人に対する法も整えられ、普通の人と同じ生活をしています。それでも亜人たちには亜人たちの思いや悩みがあり、高橋先生と語ることで前に進んでいくといった内容です。

4人の亜人たちは個性的です。
ひかりはとにかく明るい(ただし、お馬鹿)。ヴァンパイアであることは気にしないし、誰とでも打ち解けられる。物事をはっきりいえる仲間思いで強い性格の持ち主。でも、かなりのおっちょこちょいのノーテンキなせいで、周りに迷惑をかけることも。

町はいたってまじめな優等生。世界に3人しかいないと言われるデュラハンの一人で、顔ばかりに集中されがちだが実はナイスボディーの持ち主。しかし、優しすぎる性格のために気後れすることもあり、積極性にも欠けていた。高橋先生と出会い、前向きになっていった。{netabare}高橋先生が好きで、ほめられたい一身でテストで学年1位になったことも。{/netabare}

雪は田舎から出てきた女の子。田舎とは違い、雪女であることを気にしてしまい、他人との交わりに恐怖していた。高橋やひかりたちと交わることによってその気持ちはほぐれ、変わっていく。実は笑いが大好きな明るい子だった。

早紀絵ことサッキーはサキュバスで、ちょっとでも色香を出すと男たちを淫夢させてしまうことから、目立たないように振舞っている。しかも、近所には家がないような所に住んでしまうくらい徹底している。高橋によって、それまで卑屈にしていたところを解き放たれ、普通でいいのだと思うようになる。亜人3人娘のよきアドバイザーでもある。

この4人の理解者となる高橋先生。実は亜人に興味があって、亜人とはどんな性格をし、どんな特徴があり、どんな存在なのかを知りたくて亜人たちと語るのだが、それが亜人たちへのアドバイスになったり、問題の解決になったりしていく。いつのまにか亜人たちから信頼され、よき理解者のようになっていった。けっこう悩んだりもして、逆に亜人たちにたちに救われることもある。

亜人とはなにか、普通の人とは何が違い、違うことで何かあるのか、彼女たちは何を悩んでいるのか、普通の子達はどう接すればよいのか、こういったこと考えさせる要素もありますが、この作品をそのように難しい作品と捉えては損すると思います。あくまでも一要素であって、亜人たちと高橋先生の語ることで発生する日常生活を描いたものと軽く見たほうが良いと思います。イメージとしてはOPの曲を聴けばつかめるような気がします。岡田マリーの詩に曲が合います。

作画は青春ものを感じるような淡い感じが出ていて、乱れることもなく良いです。最終回のプールでの水しぶきはきれいで、力入れているのが伝わりました。

原作のストックが無いので近いうちの2期は期待できませんが、いつかは見たいものです。

連続したストーリーはありません。一話完結でまとめられます。原作では飛び飛び描かれているものを、その回にあわせて再構成しています。原作のイメージを丁寧に描いており、原作好きな人にも納得の仕上がりです(個人的には)。作画も柔らかく、女の子たちの表情も豊かに描かれています。OPも、EDも良い感じでまとめられており、まさに青春ものといった作品だと思います。柔らかい感じの作品を見たいなという方にお勧めです。

 サンキュー(23)
ネタバレ
2017.03.26 00:24 ❕アニオタ獣医学生❕の評価 | 観終わった| 78が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

30分が早いんです‼(実際には24分ぐらい?)人生/(^o^)\

いやぁ、かわいいこ多い! この世界、うらやま~♪
あじんをデミって読むんだね♪ ワイもデミちゃんと語りたいっすね♪ そして、ひかりちゃんアホのこやね(笑) デュラハンやヴァンパイア、雪女、それぞれ特徴があるんやね~(笑)

かわゆい、何度もいうけど僕も一緒に語りたいです!
先生優しいぞい! これは好意持たれるに決まってる(テンプレだがいい) デュラハンちゃんは先生には積極的だね♪かわいい、おお!かわいい! 
先生のパパんぽさが良いな

先生、モテますな!天然たらし、よくいるけど(マンガで)、先生の渋い人いいね! 次回は雪女のこだね!


陰口って結構くるんだよね… これなら面と向かって言われる方が大分ましなんだよなぁ… 皆がやってるからやるって、それ完全に間違ってるんだよなぁ…
いじめとかも、こいつが嫌なことしたからとかでいじめの対象にするのは違うと思うんだ…
ひかりちゃんいい子だよ… 先生もいろいろ考えて大変だなぁ… 完全にわかり合えるってことはないけど、それでも、いまよりはよくなると信じて❕
ひかりちゃんにとっては、妹がそうやって助けてくれたんだろうね、だからいまのひかりちゃんがあるんだな…意外とストーリー作り込まれてるぜ!
お、妹ちゃんと先生とは珍しい(その前のハグはうらや…ゲフンゲフン) 先生、いい人すぎる!
諏訪部面白いなぁ(笑) ワロタワロス

雪女ちゃん、かわゆい!かわゆい! 不安だよね…
涙と汗の違いか、汗は汗腺、脂腺だから、まあ、成文的に凍りにくいんじゃないか?融点が低いかな?涙は成文的にほとんどが水分…そういうこと?
諏訪部先生、優しい!一所懸命❗ 不安、冷や汗が凍る!諏訪部先生さすがっす! 精神と関係してることを見抜くとは(少しはわかってたのかも)
諏訪部先生、天然のたらしっすわ!惚れろ惚れろ!
ラブコメの波動を感じさせろ! 諏訪部、セクハラ‼
雪女ちゃん、さわっていい、だと?❕ なんとサービス回なのだ! いいぞもっとやれ!かじれかじれ❕
いいコントだ!諏訪部のセクシィーボイス‼
あ、これ、すばるくん惚れるな(浮気か!レムが怒るぞ) さたけくん、一人か、男子、うらやましいぞ!

ひかりとひまりのぱぱんだ!先生、さすがだぜ!
愛されてるな(笑) 笑えるwww 仲のいい姉妹だ!
おい、ひかり‼冷蔵庫をちゃんと使え! 腹かかえて笑うw 先生、天然タラシが‼ 姉妹で似ているところもあるね♪ このアニメ30分が早いよ‼
ひまりちゃん、優しいけど…ひかりは鏡に写るんだよ、笑えるwww煽っていくが仲がいい…
妹の鏡、先生うまい!座布団100枚❕
サキュバスエロい❕ 先生耐える! 
そして先生優しいね♪そういう気遣いが良いんです!
あ~♪先生起きてた(笑) あ~いい!良い!
うお、先生名言‼語らないのもいい!
毎週ありがとう!

クルツくん?声、天さんじゃん!ついに男性キャラ‼(他にもいたかもしれないけど) あらあら、この子面白い(笑) 海馬社長じゃないですか(笑) 今度は刑事ですか(笑) サキュバス、大変なんだな…
先生、すごい我慢してるんですよ!諏訪部先生すごいんですねぇ♪ サキュバス先生、嬉しそうですね♪
ただの日笠さんじゃないですかやだー(笑)
スバルくん、控え目にいってサイテーだよ(笑)浮気だよ(笑)(他作品) 亜人に目がない先生です!
意外と考えさせられるアニメなのだ♪ おいちゃんも泣きそうです(笑) 深いこと話してんなぁ…難しそうな問題だ… だからクルツくんか…痴漢ダメ❗絶対‼

ゆきちゃん、漫画好きなんだねぇ♪ギャグ漫画♪ いいじゃんいいじゃん! 全然隠すことないのに。
かわいすぎか‼ かわいいなぁ~♪ そうだよね、佐藤先生エロいよね(笑) 笑える❗ サキュバスにいじめられるとドMになるんですね(笑) 笑ってるゆきちゃんかわすぎか!
ひまりん、集中しなさい‼勉強しなさい‼ マッチーのいう通り、人に教えると身に付くんですね! 
ほっこりできるなぁ…目の保養~♪   ひまりん、おっさんかよ(笑) 

9話ぁぁぁっぁぁーーーーーー❕ 日笠ぁぁぁぁっぁあ! 開幕早々なにやっとんのじゃあああああ(笑)
演技しなさいよ(笑)佐藤先生は高橋先生が大好き(笑)
海馬社長、黒い!黒いぞお! たかはっしーめっちゃ耐えてるwwwwww 色がエロいwwwwwww
諏訪部先生、勉強熱心だ! ほれちゃうよw 
あーあ、得したね(笑)佐藤先生(笑) 
あ~♪やっぱゆきちゃんだなぁ~♪ ひまりんもいいけど(皆最高です) ゆきちゃん面白いわwww 今回 ・ω・ この目が多くないか(笑) 目の保養♪

あーあ、30分が早すぎませんか~‼

10話、開幕早々日笠さんの『いいなぁ!』に笑うww
先生、強く生きてくれw
デュラハン、便利だなw そういう方法があるか(笑)
デミチャン、かわいいw  どんだけキスしたいんじゃ! 高橋先生(諏訪部先生)おこだ!おこ! まちちゃん泣かせた~!あーあー! なかせちった!
恋する乙女は無敵なんですねぇ♪ なんにでもぶつかっていきます! まちちゃんいい子だからなぁ… しょうがないよ! 最近このアニメみるとき声出しちゃうよ(笑) 
サービスシーン デュラハンおもろい! 大学だぁ(大きい大学だぁ…) 高橋先生の友達は変態だったな! 花江くんじゃw (最近語彙力のなさに驚く)
うるさい花江くんじゃ。 デュラハン興味深い!
政宗くんぐらいうるさい(笑) シュレディンガーのネコみたいな話だな… 
ああ、今日も終わっちゃった…

11話、高橋先生、いたいとこつかれちゃったね…
先生も悩んでるんじゃな… 頼られているのにそれを突き放そうとするのつらそうだな… (aパート早い)
高橋先生は悩む… 頑張りすぎか… 先生、頭が働きすぎることで悩みすぎるか… この動画先生見たら泣いちゃうだろ‼嬉しくて! 教師としてこれほど嬉しいことはないんじゃないかね~♪
ありがとう、の言葉は大きいよ‼感謝の気持ちを伝えられることは大きい!
泣いちゃうよね、泣くよ先生。 先生のいいとこのひとつに、素直ってのがかなり大きい、頑張ることに制限はいらないぞい!

最終話、高橋先生たのしそーだなぁ!ひかりも!ひまりちゃんも相変わらず(笑) 妹しっかりしてるなぁ!
プール回だぞい! いいですねぇ♪楽しそうだな(それしかいってない) 日笠さんが脱ぐと、高橋先生は終わるな(笑) 高橋先生、耐性がある(強いとはいってない) 高橋先生ヤバイなwww よく耐えてるな…
日笠さん、そのギャグ自分の持ちネタですか(うけたのはゆきちゃんだけw) 

マッチ~も楽しそうだし、みんな楽しそうで何よりです! 
ひかりちゃん、すごくいい子なんだなぁってしみじみ思う。 でも遅刻は遅刻(笑) 高橋先生も成長してるのだ! ありがとう!これからも語ってください‼

またストックがたまったら2期やってください‼待ってまーす! こういう作品は必要❕

 サンキュー(20)
2017.03.25 15:46 テツ^^の評価 | 今観てる| 28が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

学園亜人ちゃんコメディー

この作品も設定がおもしろい。
亜人が社会に認められた存在で、同じ高校に3人の亜人女子高生と一人の亜人女教師がいる。
JKは吸血鬼、雪女、デュラハンで、なんと女教師は、淫魔のサキュバス!
これだけで、笑ってしまう。
これに、亜人に理解のある男性教師がからんで、殺伐としたシーンなどない学園亜人ちゃんコメディーになっている(笑)

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.03.22 15:16 Kayaの評価 | 途中で断念した| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

1話で断念

 サンキュー(1)

亜人ちゃんは語りたいのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
亜人ちゃんは語りたいのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。