「明治東亰恋伽(TVアニメ)(TVアニメ動画)」

総合得点
57.2
感想・評価
48
棚に入れた
165
ランキング
4592
★★★★☆ 3.3 (48)
物語
3.2
作画
3.3
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.3
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ここは自分らしく、居られるところ…。

この作品の原作ゲームは未プレイです。
あにこれでこの作品のジャケットを見た時、一目で女性向きと分かるキャラデザだったので、視聴するか迷っていましたが、ヒロインのCVを諸星すみれさんが演じると知り視聴を決めた作品です。

諸星さんに対して改めて思うこと…
芸歴がとても長い声優さんなんですよね。
初出演が何と7歳…
その後、2012年に「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の鷹ノ宮ありさ役を演じているんですが、その時って諸星さん中学1年生なんですよね…
中学1年で深夜アニメのキャラを演じるってアリなんでしょうか…なんて思ったり?

諸星さんは色んな役を演じられていますが、個人的には天真爛漫で明るく元気な女の子役が好きです。
「ハイキュー!!」の谷地仁花、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のニーナ・ドランゴ、「ボールルームへようこそ」の赤城真子などが挙げられます。
そう、この作品と同時期に放送された「約束のネバーランド」のエマは絶対に外せませんね。
これだけの経歴を持つ諸星さんはまだ弱冠20歳…今後の活躍が楽しみです。

諸星さんの事となり、少しヒートアップしてしまいました^^;


赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、
怪しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。
目を覚ますと、そこは明治時代の「東京」だった!

戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。
言われるがままに馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。
高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、
泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。

この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」たちが姿を現す。
その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。
慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。
「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結び付けていく。

しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。
芽衣が選ぶのは現代か、それとも…
少し不思議な明治の東京で、時を超えた恋の物語が開花する…


公式HPのIntroductionを引用させて頂きました。

諸星さん演じるヒロインの綾月芽衣…
少し流されやすい面もありますが、芯の強く優しい女の子です。
そして何より明るく、困っている人を放っておけないタイプ…

一方、森鴎外を始めとする男性陣は、これまたイケメン揃い…
この頃の男性は大きな髭を生やし、この作品を始めとする女性向け作品からはかけ離れた容姿だったんですけどね…

そういえば、戦国時代モノにおいても「ちょんまげ」「着物」「槍や刀」といった当時の基本3点セットから大きく逸脱しているキャラがたくさんいますからね…
まぁ、写真や肖像画のキャラがそのまま出てきても困ってしまいそうですけれど…

この物語は芽衣がこの一か月の期間を経て何を選択するか…という物語です。
普通なら間髪入れずに現代に帰りたいと思うでしょう。
現代の方が間違いなく生活しやすいですから…

でも、その状況を額面通りに受け止められない事情が芽衣にあったのも事実です。

だから迷い…躊躇する…
そんな揺れ動く芽衣の心情が綺麗に描かれています。
それもそのはず…明治時代の芽衣の立ち位置はイケメンに囲まれた逆ハーレム状態なのですから…

特に芽衣に対して良くしてくれた森鴎外の芽衣の呼び方は「子リスちゃん」…
いやいや、そんな恥ずかしい台詞、誰も言いませんから…
その手の台詞を臆面も無くサラっと聞いたのは久しぶりだったのではないでしょうか?

でもイメケンという要素だけで芽衣の気持ちが揺れるかというと別問題…
彼らは優しさを兼ね備えているんです。
それだけじゃありません。
「あななだけに見せる特別な優しさ」を皆さん醸し出すんです。

それでも、芽衣の歌う挿入歌「星屑の詠み人」を背景に紡がれた物語は、優しさが溢れていて見ていて胸が熱くなりました。
ラストの纏め方も良かったのではないでしょうか。
芽衣がどんな未来を選択するのか…気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは「月灯りの狂詩曲(ラプソディア)」
エンディングテーマは「星屑の詠み人」「メロウな夜に踊りましょう」「宵や、酔いや 〜Yoiya Yoiya〜」

個人的には挿入歌に軍配です。
エレキテルショー・ダンサーズによる「エレキテルショー」
綾月芽衣(諸星すみれ)による「星屑の詠み人」
特に芽衣の「星屑の詠み人」はお気に入りになりました。

1クール全12話の物語でした。
「迷ったら見る!」
これを実践してホントに良かったと思えた作品でした。

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 31
サンキュー:

7

えたんだーる

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

明治のイケメン偉人大集合!?

いわゆる「乙女ゲー」、つまり女性主人公がイケメン男性に囲まれるタイプのゲームが原作のようですね。もちろんプレイ経験などありません(笑)。

お話としては、現在の女子高生(霊視能力あり)が明治時代にタイムリープして、そこで当時の有名人とお知り合いになってどうこうなる感じのお話です。主人公である綾月芽衣(あやつき めい)の霊視能力とレギュラー男性陣のストーリー中での関連は第1話目時点では良くわかりませんでした。

ストーリーというか、ゲームの設定上の特長としては男性陣が実在人物をモデルにしており実名で出てくるところですかね。第1話目で親切にも名前をスーパーで表示してくれたので把握できたのは下記の人たちでした。

森鴎外(もり おうがい): 本名は林太郎。言わずと知れた明治の文豪で、軍医であったこともわりと知られていると思います。

菱田春草(ひしだ しゅんそう): 本名は三男治(みおじ)。後に大画家として知られることになりますが、作中年代では画学生のようです。

川上音二郎(かわかみ おとじろう): 自由民権運動の闘士や「オッペケペー節」という歌の作詞者として日本史的には有名人。記事を書いて何度も投獄されていますが、作中年代では川上音二郎一座という劇団の主宰です。

泉鏡花(いずみ きょうか): 本名は鏡太郎(きょうたろう)。後に小説家として知られることになりますが、作中では森鴎外の書生のようでした。(← これの史実については知りません、悪しからず。)

藤田五郎(ふじた ごろう): たぶん新撰組にいた斎藤一(さいとう はじめ)なんだと思います。アニメ第1話を観ただけでは良くわかりませんでしたが、警官やってましたし…。

小泉八雲(こいずみ やくも): 『遠野物語』の著作で知られる、ラフカディオ・ハーンの帰化名。作中年代では東京帝国大学の講師です。

岩崎桃介(いわさき ももすけ): 後の福澤桃介で、電力事業で大成功するはずの実業家です。実在ベースの登場人物の中では知名度は一番低そう…。

あと、芽衣のタイムリープに関与したと思われる奇術師がいますがこの人のことは良くわかりません。(架空の人物でしょうし…。)

第一印象では、『ニル・アドミラリの天秤』と同程度には楽しめる気がします。一応ストーリーっぽいものはあるんじゃないかと思いますが1話目だけでは良くわかりませんでした。

2019.4.5追記:
観終わっていましたが、レビュー更新が遅れてしまいました。男性の私でもわりと楽しく観れたのですが、それはたぶん芽衣ちゃんが可愛かったからでしょう。

アイドリッシュセブンで紡(つむぎ)ちゃんが可愛かったから観れたのと似たような感じ。

それと、一応いろいろなキャラのルートと思しきエピソードは各キャラに関してあったのですがほぼ本命ルート固定でストーリーがフラフラしなかった点も良かったと思います。

乙女ゲーム原作にしては面白い方だったと思いました。ただ、時間を無理やり捻出してまで頑張って観なくても良いとは思いますね…。

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 104
サンキュー:

21

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女性向けだけど...

原作:ゲーム 未プレイ


ネタバレ感想

一言でいえば、女性版なろう小説かな?
女子高生の綾月芽衣が、奇術師・チャーリーのマジックによって明治時代の東京にタイムスリップ。
その際、記憶喪失になるも、明治時代で1ヶ月限定で逆ハーレムを築く感じ。

 出てくる男性キャラの殆どが、森鴎外などの著名人で、漏れなくイケメンで芽衣に好意を持つ。いかにも女性向け恋愛アドベンチャーゲームになる設定です。
自分は逆ハーレムものは、全然好きじゃないんですが、これは意外と観る事ができ、完走できた数少ない作品となりました。
まぁ完走できたのは、主人公の芽衣が見た目と性格込で可愛かったのと、CVの 諸星すみれさんの声も可愛かったし、なにより1か月後、好きになった森鴎外を選び、このまま明治に残るのか?それとも元の時代に戻るのか?気になったのが大きな理由です。
記憶喪失中の芽衣は、優しくしてくれる鴎外に徐々に惹かれていくんだけど、好きだと自覚した後も、言い寄ってくる他の男達に対し、まんざらでもない顔でスルーしたり、優柔不断ではっきりと想い人がいることを明言しないのには、ちょっとイラッとしたかな。

明治にタイムスリップした後の話の内容は、芽衣にものの怪が見える能力があり、その類の件で出会う男性キャラとの絡みが多く締めます。
この能力のせいで、元の現代で友達と積極的に接することが出来ずに悩みんでたことがあったんだけど、
結局、最後は全ての記憶が戻り、以前の内向的で閉鎖的な自分を変えるべく、鴎外との悲しい別れを選び、元の時代へ戻って友達と仲良くなったラストは、良い話ではあるけれど、なんだかちょっとだけ がっかりした自分でした。
僕的には、女の子なんだから、歴史が変わったとしても、愛に生きてそのまま明治時代で鴎外と二人幸せに暮らすEDの方が、ロマンティックで夢があって好きかなぁ・・・なんてね。
でも まあ 恋愛モノが好きな自分には、逆ハーレムだったけど、夢のあるラブストーリーで面白かったです。
何気に楽しめた1クールでした。

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 55
サンキュー:

11

ネタバレ

レイン

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

期待したけど1話目であれ?

期待したけど1話目であれ?文豪ストレイドッグスみたいな
BL向けのつまらない作品かな?
っと思ったけど2話目以降からだんだんと面白い感じになってきて
ふんわりしたり、しんみりしたり優しい感じで結構いいアニメでした。
見ても損はしないレベルの作品でした。

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 46
サンキュー:

3

ネタバレ

天使のたまご

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

タイムスリップもので文豪や偉人と恋に落ちる王道乙女ゲーム原作の話でした。どのキャラにも満遍なくスポットライトが当たっていますがアニメの相手は鴎外さんでしたね。私は春草さん派だったのでゲームをやりたくなりました。
アニメの監督、スタッフさんが神様はじめましたと同じだったので演出や雰囲気がそっくりに感じました。
主役の諸星さんの芝居の仕方や声質がまた神はじのヒロインを演じた三森さんに似てるなと思いました。

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 27
サンキュー:

2

テナ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

明治が舞台の作品

この作品、中々気に入っています^ ^
なんか、マジックショーで明治に飛ばされるとか遊んだ展開も中々あり個人的には1話からかなり期待した作品です^ ^
めいちゃんが明治で床服為にデッキブラシを作り始めたりなど小さな小ネタが私にはツボでw
後は、作中の挿入歌であるエレキテルの歌w
あれはかなり楽しい歌に感じましたw
カラオケでネタ枠として使えそうなんで気に入ってますwww
内容も中々面白く、明治で暮らしているウチに現代へ帰りたくなくなる話しは切なく感じてしまいました。
それでも、最後にだした決断はよかったと思います。
きっと明治での経験がそうさせたのだと思います(´艸`)*

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 29
サンキュー:

4

ネタバレ

がぁべら♪

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

明治の東京に、タイムスリップした少女と歴史上の人物達との恋物語

アヤヅキメイは現代を生きる女子高生。
赤い満月の夜に謎の奇術師・チャーリーのマジックによって明治時代の"東亰"へタイムスリップしてしまう。

メイはチャーリーによって鹿鳴館まで連れられ、そこで開かれていたパーティ会場で、モリオウガイらと出会う。タイムスリップと共に現代での記憶をほとんど忘れてしまったメイは明治での生活を彼らと一緒に送ることになるところから物語は始まる。
-----------------------------------------------------------------

絵はまぁ見れると思います。
キャラは女性向け恋愛アドベンチャーゲームのアニメ化という事もあり、男性キャラは魅力的だと思います。
設定は面白かったと思いますが、イマイチ主人公に魅力がなく、盛り上がりには欠けたように思います。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 23
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

明治の世界でかぐや姫になった、平成の少女のおはなし。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
「不思議な世界があなたを誘う―― 今宵はストロベリームーンライト」

赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。目を覚ますと、そこは明治時代の「東亰」だった!

戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。

この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」たちが姿を現す。その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。

慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。芽衣が選ぶのは現代か、それとも……

少し不思議な明治の東亰で、時を越えた恋の物語が開花する――

{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:MAGES.、LOVE&ART
監督:大地丙太郎
キャラクターデザイン・総作画監督:山中純子
脚本:はるか、髙橋幹子
脚本監修:魚住ユキコ
美術監督:佐藤勝
色彩設計:加藤里恵
撮影監督:佐々木明美
編集:藤田育代
音響監督:たなかかずや
音楽:SHIKI
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:めいこい製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
綾月芽衣:諸星すみれ
森鴎外:浪川大輔
菱田春草:KENN
川上音二郎:鳥海浩輔
泉鏡花:岡本信彦
藤田五郎:福山潤
小泉八雲:立花慎之介
岩崎桃介:細谷佳正
チャーリー:森川智之
{/netabare}


1話ずつの感想



第1話 ストロベリームーンは突然に
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。目を覚ますとそこは見知らぬ公園だった。状況が飲み込めない芽衣の前に現れたのは二人の美男子、森鴎外と菱田春草。言われるがまま馬車に乗せられ着いたところは、明治時代の絢爛豪華な洋館、高官たちが集う鹿鳴館だった!
{/netabare}
感想
{netabare}
女性向け恋愛アドベンチャーゲーム原作みたい^^


小さいころから物の怪と話ができて
友だちにこわがられてからずっとボッチのままの芽衣が
あるとき、奇術師チャーリーのマジックで明治時代にタイムスリップして
記憶がなくなっちゃったんだけど

通りすがりのイケメンさんたちにひろわれて
鹿鳴館につれて行かれたの


そこで明治時代の有名なイケメンさんたちに会ったり
自分がタイムスリップしたこととか
物の怪が見える魂依だってゆうことを知って

事件に巻き込まれそうになったとき
ここまでつれてきてくれた森鴎外さんが
「わたしの婚約者だ」ってかばってくれたところでオシマイ^^



タイムスリップした、ってゆう設定はちがうけど
霊感少女が明治時代にイケメン男子たちに出会って。。
ってゆうのは「ニル・アドミラリの天秤」に似てるみたい(ニルは大正だけど)

物の怪とイケメンがいっぱい出てくるところは
「神様はじめました」に似てて
霊感を持っててボッチになる、シリアスなシーンでも
大好物のローストビーフをはなさない、みたいなギャグも似てるみたい^^


イケメンが出てくるたびにテレる芽衣は、ちょっと引くけど
男の人はかっこいいし、中の人も有名な声優さんばっかりだし
絵もふつうにきれいだったし、デフォルメキャラもかわいいし
コメディが多いのも、楽しく見てられていいな☆

たぶん、あんまりおはなしはなさそうだけど
逆ハーレムラブコメみたいで、おもしろそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第2話 牛鍋は湯気にかすむロマン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鹿鳴館で警官の藤田五郎から不審者扱いされた芽衣を、「僕の大事なフィアンセ」だと言い抱き寄せる鴎外。そのまま行き場のない芽衣を連れ帰り、記憶が戻るまでの間、屋敷にいて構わないと言う。鴎外の優しく甘い言葉に翻弄される芽衣。一方、同じ居候で美術学生の春草は、迷惑そうな様子で態度もつれないが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
鴎外さんのフィアンセってゆうことにされた芽衣が
気がついたら鴎外さんのお屋敷にいて
ビックリしておとなりの部屋に行くと春草さんが絵を描いてたの

すごい上手なんだけど、1枚、真ん中が白くなってる絵があって
そのことにはふれられたくないみたい。。


それから、おなかがなった芽衣のリクエストで牛丼。。
じゃなくって、牛鍋を食べに行ったんだけど
そこで鴎外さんから1つお願いごとをされたの。。

それは、春草さんの黒猫をさがすこと。。

魂依の力で、って言われて
魂依が霊的なものを見る力だって分かった芽衣は
その黒猫があの絵から抜け出たものだって、すぐ分かったの。。


それから夜
芽衣は自分をタイムスリップさせたチャーリーのいるところが分かって
1か月後の満月の夜に帰れるって聞いて
今のうちに、ここでしかできないことを楽しむように言われたんだ^^

それで、お手伝いのふみさんのためにモップを作ってあげて
いっしょにおそうじをはじめたの^^



鴎外さんイケメン^^
さっそく牛鍋につれてってくれたけど
明治のころって、牛肉って高かったんじゃないのかな?

360円の牛丼とか言って、鴎外、春草さんたちに引かれてたけど
明治時代の1円って、今の2万円くらいの価値があったみたいだからw

明治三十七年ごろの牛鍋が一人前、十五銭だったから
思ったより高くないみたい^^


それより、1か月たったらぜったい元にもどれる、って分かってたら
いろいろ楽しそう^^

それに今までかくしてきた霊能力も、この世界だと役に立ちそうだし^^


今回も、かっこいい人たちばっかりだし
ちょっとしたコメディがいっぱいで楽しかった♪


「色づく世界の明日から」じゃないけど
時間魔法って、やっぱり満月の光が必要みたい^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話 ゴーストホテルでつかまえて
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
芽衣が物の怪の姿を視ることができる“魂依”であることがわかり、春草の絵から“化ノ神”となって抜け出した黒猫を一緒に探すことに。途中、小泉八雲と泉鏡花に遭遇した二人は、八雲からホテルに現れる物の怪の調査を頼まれる。物の怪は八雲の幼馴染だという。芽衣の身を案じた鴎外は、その調査に反対するが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
物の怪は八雲さんの幼なじみだったんだけど
ある日、正体がのっぺらぼうな顔を見せられてビックリして泣きだして
それから目をケガして、その子に会えなくなっちゃったんだけど

最近、ポルターガイストが起きるようになって
その子が怒ってるんじゃないか?って思った八雲さんが芽衣に
その子の言いたいことを聞いて、伝えてほしい
ってたのんできたの。。


けっきょくのっぺらぼうの女の子は
八雲さんのことおこってたんじゃなくって、話しかけようってしてただけで
力がうまくコントロールできなかっただけ、だったって分かったの^^


八雲さんの回になるのかな?

でも、芽衣とのからみがあんまりなくって
どっちかってゆうと
いっしょに部屋に泊まってもらった春草さんが
芽衣に肩まくらをさせてくれてよかった^^

あと、心配してきてくれた鴎外さんもとってもやさしくってよかった^^

だけど、八雲さんが、幼なじみの物の怪ちゃんと話したばっかりなのに
芽衣をさそってきたところは、あんまりいい感じがしなかった。。

ずっと八雲さんといっしょにいた、物の怪ちゃんがちょっとかわいそう。。


あと、おまんじゅうのお茶づけって、おいしいかも?

抹茶とアンコってよく合うし、ごはんもおはぎになるし
ごはんが甘い、ってちょっと変かもだけど、ふつうにおいしいって思う^^

ミルクとか入れたら和風ライスプディングになりそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話 花の浅草ランデブー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
縁談話をもってきた伯母に、芽衣がフィアンセだと言い放つ鴎外。そして、来月開かれる鹿鳴館の夜会で、フィアンセとしてお披露目すると言う。すっかり委縮してしまった芽衣を、鴎外は浅草へデートに誘う。明治時代の浅草をエスコートされ、ときめく芽衣。しかし、鴎外のフィアンセ候補の娘とその母が現れ……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はサブタイの通りに鴎外さんと浅草でデート^^


鹿鳴館でフィアンセ、って紹介されてから
芽衣をライバルみたく思ってる人が多そう^^

うれしいんだけど、こわいよね^^;


浅草ってにゃんも子どものころときどき行ったけど
花やしきとかあったの覚えてる^^

昔は、願をかけてお寺とかお参りしたあとに
精進落としでバーッと遊んだから
有名な神社とかお寺のまわりって遊ぶところが多い
って聞いたことがある^^


タイムスリップした芽衣って、いろいろフシギな子に見えるよね?

記念写真1枚13円って、1円が2万円だったら26万円!
300円のダイヤモンドは600万円w

だけど300円って聞くと「やっすーい!」って思っちゃうw

フォークとかナイフはちょっとめんどうだけどふつうだし
英単語とかもふつうに使うし
さっき見てた「バーチャルさんはみている」じゃないけど
英語なしで話そうって思ったら逆にムズカしそう^^



おかしかったところは、あいすくりんを食べた芽衣の感想
「あまーい!つめたーい!」ってw
それだとかき氷とあんまり変わらなさそう^^

あと、ビフテキを食べててビックリして
思わず投げた芽衣のフォークが、おばさんの頭に刺さるところとか
ふつう抜いてから話すよねw

あと、返してもらったフォークをまた。使おうってしてなかった?w

それから失敗を気にして
お茶を入れながらこぼしちゃうってゆうベタなギャグだけど
2回繰り返してジミにおかしい^^


イケメン俳優の川上音二郎さんとかも出てきたけど
鴎外さんがイケメンすぎて
どうしてそんなにモテるのか分からなかった^^


さいごははじめて会った芸者さんに
「私を女にしてください」ってたのむ芽衣だったけど
それって、違うイミじゃない!?

ってゆうか、知らない人にいきなりたのむ
ってゆうのもよく分からないんだけど。。

それにあの人って、男の娘だよね?^^;
{/netabare}
{/netabare}
第5話 はるかなるフィアンセへの道
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鴎外のフィアンセとして相応しい女性になる為、芸者の音奴から厳しい指南を受ける芽衣。着物の着方や所作、礼儀作法などを苦戦しながらも必死に学ぶ。そんな芽衣を見て、「そういう女は嫌いじゃない」と言う音奴。芽衣は、時折雄々しい声を出す音奴の正体が川上音二郎とは気づかず、目の前で着替えをしてしまい!?
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は芽衣が、音次郎さんのきびしー乙女教室に通うことになるおはなし^^
って言っても
芽衣は音奴が音次郎さんだってぜんぜん気がついてないんだけど^^;



音奴さんがときどき忘れて男にもどってどなったりするのがおかしかったw

でも、空気読まないで「歩け」って言われたら「どかどか」ってw

きびしくって芽衣を物差しでビシビシたたくのは痛そうだったけど
芽衣はよくがんばってた。。
ってゆうか帰ったら、鴎外さんからは楽しそうだ、って言われてたから
たたかれても楽しかったのかも?^^


口紅がのこってたのを春草さんに言われて
だまってる代わりに、ってモデルをたのまれてことわってたけど
春草さん、ツンデレなだけだと思うけど
それってゆすりとかだから。。

あと、芽衣も口紅をそででぬぐう、って小学生みたい^^;

でも、鴎外さんって、言わないだけで、気がついてるんじゃないかな?
それでも、春草さんから助けてくれて
なみだが出るくらいやさしいね^^


あと、明治のマナーとかって、今でも使えそう。。

にゃんは着物なんか着たのって七五三のときくらいだけど
すそをかかとまで下ろすとか、えり首をこぶし1つ分くらい開けるとか
いろいろ分かっておもしろかった^^

焼き魚は立てて、上から軽くつぶすようにすると骨がはずしやすいけど
もしかしてマナー違反なのかな?


それから泉鏡花さんが出てきたけど
子犬をこわがったり、アンパンを焼いて殺菌しようってしたり
ちょっと変わってる?潔癖症とかかな?

鴎外さんのまんじゅう茶漬けとか、アンパンをさらに焼くとか
明治って変わった人が多かったのかな?
「おっぺけぺ」なのかな?^^

キムラヤのパンは有名だからたぶん芽衣も知ってたかも?
でも、今とおんなじどうか分からないから、ビミョーな返事だったのかも?


それで鏡花さんがパンを焼いてたアルコールランプの火が燃えうつって
ボヤさわぎになって、弁償に鏡花さんが女装してお座敷に出ることになって
芽衣もいっしょに出るみたいで
こんどは芸者の特訓^^;


そのころ家では、鴎外さんが春草さんと、宴会に行くことになってて
それって、ぜったい芽衣が出るお座敷だよね^^



今回も、クスクス、ジミにおもしろいおはなしで楽しかった♪

でも、霊能者設定って、いらなかったかも?
{/netabare}
{/netabare}
第6話 夢と情熱のエレキテル
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
音奴の手伝いで芸者として座敷に上がる芽衣。鏡花も燃やしてしまった畳代を稼ぐ為、しぶしぶ芸者の恰好をして働くことに。今宵は岩崎桃介の呼びかけで「流行会」と呼ばれる宴会が行われ、その中には八雲、藤田、春草、そして鴎外がいた。内緒でフィアンセ修行をしていた芽衣は、鴎外を避けて接待するが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
いつものドタバタだけど
チャーリーさんのマジックでラクダが出てきていつもよりシュールw


電気事業をすすめようってする福沢諭吉さんを
応援するみたいに芽衣がエレキテルショーをやったりして
どこまでがホントに起きてるか、よく分からないシュールなおはなしだったw


でも、さいごに鴎外さんが芽衣を呼び出して
自分のために礼儀作法の修行してくれてたことほめてくれてハグ^^



エレキテルショーでエアコンとか言っても誰も知らないよね、とか
ツッコミどころが多くっておかしかったw

さいごは鴎外さんがやきもち焼いてくれてた、って分かってうれしかったし
ロマンチックに終わってよかった♪

こんな世界だったら、現代になんか帰りたくないよね^^


あと、はじめの方で音奴が「今夜のお前は魔物」って言ってたけど
ゴブリンとか、オーガを思い出したらおかしくってw
{/netabare}
{/netabare}
第7話 逢いたくて逢いたくてレイニーデイ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
雨の中、不忍池で鏡花と遭遇する芽衣と春草。
なんでも執筆中の戯曲から化ノ神となって抜け出た竜神・白雪が、この池にいるのだと言う。
白雪は離れ離れになった恋人に会いたいと願うばかりで鏡花の説得には応じず、連日雨を降らせていた。
芽衣は、鏡花の手伝いをしたいと鴎外に相談するが、危険だと反対される。
{/netabare}
感想
{netabare}
いつもはやさしい鴎外さんが
鏡花さんの竜神・白雪をさがすのだけは反対して
そんな、鴎外さんのゆうことを聞かない芽衣を見てて
ハラハラしちゃった。。


白雪を説得しようってする、帰りたくない芽衣の気もちも伝わってきて
池に飛び込んだ芽衣を鴎外さんが助けに飛び込んだところで
ちょっとなみだが出てきちゃった。。

こんなステキな人がいたら
にゃんだったらぜったい帰らないけどなぁ☆彡



今回はシリアスなところが多かったみたい。。

でも、さいごに芽衣が筋肉痛になって、
鴎外さんまで、ってゆうところで笑っちゃったw

マジメだけで終わっちゃったらちょっとキツイけど
さいごにオチがつくと、なんだかホッ、ってなるみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
第8話 真砂町猫カフェー事変
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
芽衣と春草が黒猫探しをしていると、道で八雲と鉢合わせる。
八雲の行きつけのカフェーにはよく猫が集まると聴き、一緒に向かうことに。
途中、鏡花と知らない男がポストの前で押し問答をしているところに遭遇。
その後も音二郎とばったり会い、なぜかみんなで一緒にカフェーに向かうことに。しかし着いたところは……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「どろろ」みたいなはじまりでちょっとびっくりしたけど
今回は藤田五郎警部さんのおはなしだったみたい。。

本物をウィキで調べたら、元新選組で
改名 山口一→斎藤一→藤田五郎
別名 山口二郎、一瀬伝八
ってゆうナゾが多い人みたい^^

このおはなしでは、魂依で、あやかしに取りつかれた人を斬ったとき
自分の剣にあやかしが乗りうつって、妖刀になったみたいで
あやかしをあぶないモノだって思ってるみたい。。

でもほんとは家事がトクイで、お母さんみたいな人^^


今回もおはなしはあんまりなかったけど
黒猫さがしをしてたら、どんどん人がふえてって
猫カフェーに行くはずだったのに
芽衣が牛のしぐれ煮のにおいにつられてみんなでオジャマ^^

鴎外さんまで来ちゃって宴会でドタバタ。。ってゆう楽しい日常^^
とうとう藤田さんも、芽衣のハーレム要員になってオシマイ^^



目的地に着くまでに、どんどん人がふえてくって
何だか「桃太郎」のおはなしみたい!?
「桃太郎」って、はじめての人外ハーレムバトルラノベだったのかもw


さいご鴎外さんがやきもち焼いてたけど
べつにキレたりするわけじゃなくって、かわいかった^^


そう言えば宴会で「とらとら」ってやってたけど
何してたのかよく分からなくって調べたら
「ジェスチャー表現を使用したジャンケン」なんだって
http://ja.travel-kyoto-maiko.com/traveltips/9073
{/netabare}
{/netabare}
第9話 愛しさと切なさのラビリンス
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
芽衣は次の満月の夜、元の時代へ戻ることをチャーリーと約束していたが、
鴎外のいる明治に留まりたいと思いはじめていた。
一方、小説の執筆を始めた鴎外は、書斎に引きこもりがちになる。
筆が思うように進まず、恋の物語を書いているはずなのに、表情はなぜか暗く曇っていた。
その物語には、鴎外の過去が隠されていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
鴎外さんが恋愛小説を書きはじめて引きこもりがち。。

鴎外さんは芽衣が次の満月に帰ると思って
小説をいそいでるみたい。。

芽衣はもっと会いたいって思いながら
早く小説が読みたくって
ジャマしないように、物音を立てないように気を使うの。。


それで夜、チャーリーさんがあらわれたとき
芽衣は明治に残れるようにお願いしたら、大丈夫みたい^^



今回は、ってゆうか今回も、あんまりおはなしは進まなかったみたい^^

でも、チョコチョコ入るギャグパートがあって楽しかった♪

鴎外さんが芽衣を思う気もちと、芽衣が鴎外さんを思う気もちが通じて
芽衣が明治に残れる♪って思ったら
鴎外さんの元カノ?のまぼろしがあらわれたみたい?

鴎外さんは、元カノのことが忘れられないのかな?
だったら芽衣が明治に残ったらどうなっちゃうの?
{/netabare}
{/netabare}
第10話 エスケープ午後三時
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
芽衣がいつか去ってしまうのではないかと不安に駆られた鴎外は、芽衣との恋を進めるために、執筆することで過去に置き去りにした恋と向き合おうとする。しかし、過去の恋人エリスの幻が現れ、精神的に追い詰められていく。その苦しみから、執筆を止めると言いだす鴎外。理由を知らない芽衣は書いて欲しいと伝えるが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
書けないってゆう鴎外さんに
その小説を読みたいってはげます芽衣だったけど
鴎外さんは、元カノのエリセが自分を止めるためにあらわれてるんだ
って思いこんで逃げちゃった。。

そのことを春草さんに聞いた芽衣は、それでも鴎外さんを追いかけてたのんで
とうとう鴎外さんは、小説を書き上げることができたの^^



芽衣がメチャクチャ明るくってポジティブで
書けない、ってゆう鴎外さんのことはげますところがよかった☆
ってゆうか、ブレないところがうらやましいな☆

でも「それでも書けなかったら、いっしょに逃げましょう☆」
って言ったところは、もっとよかった☆

にゃんだったら、追いつめたら1人で逃げちゃうって思う。。
でも、苦しかったら逃げていい☆って言ってくれて
いっしょに逃げてくれる人がいる☆って思うだけで、楽になりそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話 シャノワールは振り向かない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
黒猫が見つからず絵の制作も捗らないせいか、最近、春草の様子がどこかおかしい。
春草が忘れた筆箱を芽衣が学校まで届けにいくと、春草の同級生たちが恋人だと勘違いして大騒ぎに。
逃げるように教室を出た2人のところへ、親友の横山大観がやってくる。
大観は春草の目の異変に気付き、すぐに医者に行けと言いだし!?
{/netabare}
感想
{netabare}
先回は芽衣が小説をあきらめかけた鴎外さんを立ち直らせたけど

今回は目が見えなくなりそうで、絵をあきらめかけた春草さんに
もう1度描きたい、って思わせるおはなしで
そう思ったら黒猫も帰ってきて
黒猫は春草さんの、絵を描きたいってゆう思いだったのかな?って^^


今回のおはなしは、絵が描けないだけじゃなく
目も見えなくなっちゃうから
なんだか鴎外さんが書けないってゆうおはなしより、切なかった。。

ただ、春草さんにやさしくするのはいいんだけど
ハグされたり、顔をなで回されたりしたところはちょっと。。

このおはなしが前のほうがよかったかも?って。。


さいごに芽衣がぜんぶ思い出したみたいだったけど
今まで記憶がなかったんだっけ?
でも、もうこのままでいいんじゃないかな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第12話 ストロベリームーンに抱かれて
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
芽衣は失っていた現代の記憶を取り戻す。
お化けの声が聞こえることで孤立してしまったこと、傷つくことを恐れて様々なことから耳をふさいでいたこと……。
すべてを思い出した芽衣の心に、ある感情が芽生え始める。そして、約束の満月の夜がやってくる――。
{/netabare}
感想
{netabare}
鴎外さんとゆかいな仲間たちにはとっても大切にされて
芽衣もみんなのこと大切にしてきたけど
さいごに現代にやり残してきたこと思い出しちゃった。。


物の怪が見えるって友だちに知られて、それからずっとボッチになってたけど
思い出した、ってゆうのは現代の記憶だけじゃなくって
明るかった子どものころの自分のことも思い出したみたい☆



やり残したことより
この世界で鴎外さんたちと暮らしたほうが芽衣は幸せになれたかも?

でも、芽衣は帰ってくること選んだ。。

自分の居場所は明治じゃなくって、平成だから
平成を明治以上にいいところにしなくっちゃ、って思ったのかな?

帰ってきた理由はよく分からなかったけど
明治より、平成のほうが大事だって思ったんだろうな。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


明治のかぐや姫の物語だったと思う。。

みんながかぐや姫を好きになって
ずっとこの世界にいさせようってするんだけど
かぐや姫は月(平成)にやり残したことがあって帰って行った
ってゆうおはなしだったみたい。。


かぐや姫のいる世界の人は
かぐや姫がおとぎの国から来たみたいに思ってたのかもだけど
実はかぐや姫もそう思ってた。。のかも^^


何があっても芽衣のことを1番に考えてくれる
やさしい鴎外さんにときどき涙が出ちゃった。。

ほかの人たちもやさしい人たちばっかりだったし♪

それなのにやさしいみんなをキズつけて
帰ってきちゃった芽衣の気もちはよく分からなかったけど
やっぱり、この世界の人は、あっちにいちゃダメってゆうことなのかな?



にゃんも明治に行ってみたくなっちゃった☆彡
(えっ!?ただし美少女にかぎる?ってw)


投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 214
サンキュー:

22

Lovesing

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キャラは好き

色々と急すぎて最初は戸惑ったりしましたが、男性キャラの個性が良かったです。
ちょいちょい胸キュンさせてきたし、一気見がおすすめかな、
主人公の変わりようみたいなところには疑問も覚えましたが、まぁ、良かったと思います。

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 20
サンキュー:

1

ジパミィナ

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

淡々と流れていったかな 50点

印象としては、入れ替わり立ち替わりな展開ばかりで逆ハーレムなんだろうけど、頭の中お花畑でないと楽しめないかもしれないですね。

魅力が感じられないヒロインがモテることに違和感が
ずっと残っていたので、シラけて視聴となりました。
男の主人公でも同じですが、全く興味を持てない主人公が何故かモテるという展開は不向きなようです。

大きな恋敵も登場しないため、単調過ぎな展開が続いていたので、よく完走できたなと思います。

男主人公のエロ全開のハーレムでもありますが、あきらかな好意に対し、敢えてスルーするならまだしも、全く気付かないからわたしは悪くないみたいなタイプは嫌いなんだと思います。

投稿 : 2019/03/28
閲覧 : 26
サンキュー:

1

ネタバレ

春猫

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

好きな人は好きなんだろうなぁ

ちょっと変わった明治の世界にタイムスリップした主人公
人には見えない物が見えるせいで心を閉ざしていた主人公が、それが見える事を受け入れてくれる周りに助けられ成長していくというストーリーなんだとは思いますが。

そもそもに、主人公が空気読めない、無駄にイラつくくらいのドジっ子
今時そのリアクションかよっていう行動や言動でバタバタコメディーも織り交ぜつつという感じだが
とにかく主人公にいちいちイラつく。
これがカワイイと感じたり、面白いと感じたりもするのだろうけれども、アニメの主人公がとにかく周りの空気も読めないで、私頑張る!と空回りしたり、そのせいで事件が発生してもとりあえず周りが助けてくれて、その無駄な情熱と努力が最終的に役立つ。みたいなのは苦手なので挫折しそうです
全体の設定や世界観はすごく好きなだけに残念。

投稿 : 2019/02/17
閲覧 : 78
サンキュー:

2

ネタバレ

アベベ晴明

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:今観てる

magesはじめました

というイメージが、絵柄含めて濃厚。
まああっちは今作ほどオトメオトメしてなかったけど。

投稿 : 2019/01/31
閲覧 : 61
サンキュー:

1

Progress

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

明治東亰恋伽 紹介レビュー

明治東亰恋伽(めいじとうきょうれんか)
キャッチコピーは
「ここは自分らしく居られるところ―。」

Introduction(公式サイトより引用)
不思議な世界があなたを誘う
今宵はストロベリームーンライト

赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、
妖しげな奇術師チャーリーの
マジックに誘われ箱の中へ
目を覚ますと、そこは明治時代の「東京」だった!

戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。
言われるがまま馬車に乗せられ、
着いた所は鹿鳴館。

高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、
泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎
といった歴史上の人物たちと出会う。

この世界では、
日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、
「物の怪」たちが姿を現す。
その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と
呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。

慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。
「魂依」の力は、
芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。

しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。
芽衣が選ぶのは現代か、それとも・・・・・・

少し不思議な明治の東京で、
時を越えた恋の物語が開花する―

-------------------------
女性向け恋愛ADV、いわゆる乙女ゲーに属するこの作品。

乙女ゲーのアニメ化は様々ありますが、1人ヒロインが可愛い作品は続けてみてしまう強い引力を持っていますね。
女性向けでは有りますが、男性でも見れる作品になっています。
ヒロインの魅力を引き出す、華やいだ明治時代の絵作りとイケメン化した明治の偉人達との恋物語の魅力に迫っていきましょう。

-------------------------
ヒロイン紹介(公式サイトより)

綾月 芽衣

ごく普通の女子高生である本作の主人公。
チャーリーの奇術によって、明治時代にタイムスリップしてしまった。現代にいたころの記憶はあやふやになっている。

物の怪を視ることができる魂依の能力をもつ。
////////////////////////////////////////////////

まず、ヒロインの魅力について見てみましょう。

物の怪が見える以外は、普通の女の子ですよね。可愛い系の。笑

ヒロインの芽衣については、乙女ゲー系の女性プレイヤーが入り込みやすいように角のないキャラクターになっていると思います。ただ、角がないといっても、可愛くみえる仕草や表情、性格といった部分は随所に織り込まれていると思います。

例えば1話なんかだと、美味しい匂いに誘われていく芽衣なんかは、可愛らしいですよね。

可愛らしさに加えて、登場人物達が抱えている問題や悩みを解決するような、明るさや健気さも秘めていますね。現代に帰りたいという不安を秘めた気持ちや、男性から言い寄られ、受け手側に回ってしまうようなか弱さをもちつつも、男性キャラが芽衣を好きになってしまうのは、芽衣の自然な性格の部分の魅力である事が今後描かれていくのを期待しています。

芽衣は思い切った行動をする部分がありますよね。そういった思い切りの良さが今後男性キャラ攻略に生かされていくんじゃないかと思います。
さて、芽衣について、絵作りとしても可愛さはしっかり作られていると思います。1話で現代にいた時では心を閉ざしていた芽衣ですが、明治の世界では様々なものに触れて、表情豊かですよね。

日常描写で言えば、明治の時代の感覚とのギャップを利用した金銭や食事のシーンに感情の変化によるハリがありますね。驚きや喜び、軽く悲しんだりと、表情がコロコロ変わる事で、コミカルなテンポのよさと、彼女の表情が可愛いというだけでそのシーンが楽しさとして作品に加算されています。

キャッチコピーの「ここは自分らしく居られるところ―。」という言葉通り、現代と明治で上手く彼女の本当の性格が開放されている所を描いていると思います。シリアスと日常のメリハリについてもこの作品は良いですよね。

彼女のバックボーンは後半になってから活きてくると思います。明治での日常シーンにおいての彼女の頑張りやな性格を描くことで、シリアスな問題解決シーンで彼女が行動するときに、説得力が生まれてくるんじゃないかと思っています。


では、男性登場人物についてはどうでしょう。
明治の偉人がイケメン化して、それぞれ個性的な性格をしていますよね。


言いよる系の森鴎外であったり、クール系でギャップのある菱田春草など、それぞれはっきり性格が別れていると思います。様々な攻め方で、芽衣との恋愛シチュエーションを作りだしてほしいですね。
歴史上の偉人という要素は、日常シーンではその人物の食べ物などの小ネタが随所に入っていると思います。また各男性キャラごとの話数でも、彼らの仕事、生業にしていたものと物の怪を結びつけたお話になっています。

ストーリーの根幹である物の怪に結びついている偉人の悩みは、3話を見るととても暖かみのあるストーリーだと思いました。

-------------------------

まとめます。

芽衣ちゃんの可愛さを恋愛や日常で描きつつ、しっかりと芯のある娘であることも3話までで伝わってきており、登場人物に魅力のある作品となっています。
イケメン偉人達との恋愛模様に、コミカルで可愛い日常シーン、シリアスは芽衣ちゃんの健気さや、暖かみのあるストーリーで、とてもメリハリのついた作品になっていると思います。

投稿 : 2019/01/26
閲覧 : 82
サンキュー:

13

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

<45> 明治時代にタイムスリップした JK の女子向けイケメン逆ハーレム。

1 話視聴。
明治時代にタイムスリップした JK の女子向けイケメン逆ハーレム。ゲーム原作。
明治時代の著名人や、もののけ、イケメンを盛り合わせた女子向け。こりすちゃん。
視聴終了。

投稿 : 2019/01/23
閲覧 : 79
サンキュー:

1

kororin

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

チープな“王子様”系。 ダメだよ~~大地監督にやらせちゃ~。(笑)

婦女子(腐女子?)需要のソシャゲからのアニメ化。
ギャグ・コメディ系が得意な大地丙太郎(だいち あきたろう)監督ということで、試しに1話を見てみましたが・・・

子供の頃から普通の人には見えない『何か』とお話出来る為、周りから敬遠されていたボッチ女子高生・綾月芽衣(あやつきめい:当然美少女)が、あるきっかけで明治時代にタイムスリップ(『よくある』パターン)し、以前の記憶を断片的に喪失。巡り会う歴史に名を残した人物たち(当然イケメン美青年)とのロマンスや怪事変に遭遇するようですが・・・

「この手のアニメ」にしてはもうチョット何とかならなかったのかしらと思える気がチラホラと感じます。(笑)
[Aパート]
状態・状況を視聴者側に見せる為の『構図・アングル』の使い方が下手に思えました。『俯瞰』を入れるべきトコロに使わないトコロとか。よくある映像不慣れな方が絵コンテされたのでしょうか?なので序盤は違和感ありまくりでした。(笑)
[Bパート]
鹿鳴館で「一気」に主要キャラの紹介。「あざとい演出」と「あざとい小芝居」、意味不な「(出会ったばかりのレディーに)私のフィアンセ」というオチにチョットうんざり・・・。
次回からは結構いた(描かれた)モブもスッゴク減ったり、動きも悪くなったりするんだろうなぁ~。(笑)

コメディタッチが若干多いようなロマンスアニメ。でも地に足がついてない(シッカリしていない)感じがするので、ドロップアウトです。

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 47
サンキュー:

9

ま いっか

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 0

踏切太郎

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/05/13
閲覧 : 6

らんらん

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 1

雪だるま

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 0

ガンマ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 1

qHiiM83750

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 1

pikotan

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 1

暴走インコ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 1

レキ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 1

tiki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 5

Rairai

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 1

おみや

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 1

kBKqj22583

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 0

ノイ(にわか)

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 1
次の30件を表示

明治東亰恋伽(TVアニメ)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
明治東亰恋伽(TVアニメ)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

明治東亰恋伽(TVアニメ)のストーリー・あらすじ

赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、怪しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。
目を覚ますと、そこは明治時代の「東京」だった!

戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。
言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。
高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。

この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」
たちが姿を現す。
その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。
慣れない生活の中、彼らとふれあい芽生えていく恋心。
「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。

しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。
芽衣が選ぶのは現代か、それとも……

少し不思議な明治の東京で、時を超えた恋の物語が開花する―――(TVアニメ動画『明治東亰恋伽(TVアニメ)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
トムス・エンタテインメント
主題歌
≪OP≫KENN『月灯りの狂詩曲』≪ED01≫森鴎外(CV.浪川大輔)&菱田春草(CV.KENN)『星屑の詠み人』≪ED02≫小泉八雲(CV.立花慎之介)&泉鏡花(CV.岡本信彦)『メロウな夜に踊りましょう』≪ED03≫川上音二郎(CV.鳥海浩輔)&藤田五郎(CV.福山潤)『宵や、酔いや -Yoiya Yoiya-』

声優・キャラクター

諸星すみれ、浪川大輔、KENN、鳥海浩輔、岡本信彦、福山潤、立花慎之介、細谷佳正、森川智之

スタッフ

原作:MAGES./LOVE&ART、 監督:大地丙太郎、キャラクターデザイン・総作画監督:山中純子、脚本:はるか/髙橋幹子、脚本監修:魚住ユキコ、美術監督:佐藤勝、色彩設計:加藤里恵、撮影監督:佐々木明美、編集:藤田育代、音響監督:たなかかずや、音楽:SHIKI

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ