「ゲーマーズ!(TVアニメ動画)」

総合得点
80.4
感想・評価
950
棚に入れた
4282
ランキング
318
★★★★☆ 3.6 (950)
物語
3.6
作画
3.4
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ゲーマーズ!の感想・評価はどうでしたか?

あるじゃーのん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲーマーズ!

無料配信されてたので久しぶりに見返し。
中盤はやはり面白いし、ポンコツ天道さん可愛かった。

投稿 : 2020/05/05
閲覧 : 19
サンキュー:

0

ネタバレ

HAKU さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作画崩壊を吹っ飛ばせ!

ちょっと変わった演出の仕方をするアニメです。
それを好きになれない人は多分1話で切ります(笑)
僕も最初は切るつもりでしたが、基本3話まで観てから決めるようにしているので3話まで観ることにしました。
すると、面白くない表現もまだまだあるんですが、変顔を上手く使ったり、声優さんの頑張りがあったりで、だんだん面白と思えるようになっていきました。
作画が安定しない部分も多々ありますが・・・気になる人は気になるかもですが・・・でも、面白さが上回ります!

ストーリーはいわゆるすれ違いの恋愛をテーマにしていますが、主人公の揺らがない(?)感じに好感をもつことができると思います。
主人公と友達になる祐が、嫌な感じになるかなって思っていましたが、ちゃんと主人公のことを大事に思っているのも好感がもてました。
主人公と、その親友ポジションに好感がもてる作品は、大体いい作品ですね。

最終話はサービス回だったのでしょうが、正直、この作品に求めているものではなかったので、僕的には最終話だけ浮いていたし、この終わり方か・・・という不完全燃焼なものになってしまいました。

でも、全体的には面白かったと言えますよ!

投稿 : 2020/05/02
閲覧 : 79
サンキュー:

3

ネタバレ

moto1115 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まあまあ

ヒロインは3人とも可愛いのに、何故か皆さんネガティブ思考です。

投稿 : 2020/04/30
閲覧 : 38
サンキュー:

1

DB さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

ゲームというか学園での恋愛を交えた友達づくりみたいな進行をしてて、結局それで終わってしまいましたwww途中の誤解が誤解をうむ展開は退屈で、もう切ろうかなとさえ思いましたが、ギリギリでちょっと面白くなってきた感じです。ドタバタコメディとして、次回作があれば見るかも。

投稿 : 2020/04/28
閲覧 : 60
サンキュー:

1

ネタバレ

灰色のくま さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

すごく面白かった。

Twitterなどでも局地的に出回ってる部分があるので、有名かもしれません。

すごく面白い作品でした。
ネタも多く、またストーリーもちゃんとあったりと飽きずに見続けれました。
ヒロインがヒロインじゃなかったりと、いろいろありますしねw

また、この作品のOP、GAMERS!、とても好きです。
最近のアニメはOP,EDにもいい曲が増えてきてすごくうれしいです。
カラオケでも楽しめますねw

全編通してすごく楽しませていただいたので、今更ですが高評価を。

投稿 : 2020/04/26
閲覧 : 62
サンキュー:

3

ネタバレ

天石 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

楽しく観られる。

このコメントをネタバレにするが
基本ギャグ、三角関係。

「好き」という思いや気持ちを大切にした作品。
その好きは趣味や異性に対してなのだが、それが思春期の男女は勘違いを生み、すれ違い、そして物語を生んでいる。

ゲームという題材を基に生んだラブコメだが気軽に見れるアニメ

この作品を勧めるとしたら
何か面白いアニメない?と聞いてきた人に教えたい。
ラブコメ、ギャグ好きにも教えたい。

そんな作品だ。私は好きだ。続編までは望まない。原作は未読だが十分に楽しめた。

投稿 : 2020/04/18
閲覧 : 54
サンキュー:

4

ネタバレ

Don Diablo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

不意打ち多め

タイトルがゲーマーズってだけあってゲーム、オタク要素多めのアニメだと思えば恋愛要素かなりあって観やすかったです。

{netabare}主人公と付き合うことになるヒロイン、てんどうさんと付き合えたことで物語的にゴールなのかと思えばまさかの三角関係に発展するところが凄くハラハラさせられました。

なんだかんだすれ違い?勘違いがありながらも物語としてスッキリ終わってくれることを信じてましたが最終話の12話は11話と逆じゃないのか?と見直すレベルに違和感ありました。

しかしながら個性が強いキャラな割に一人一人の人間性など細かく伝わってきて不思議と見入ってしまうアニメでした。{/netabare}

投稿 : 2020/03/17
閲覧 : 92
サンキュー:

4

うぐいす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋愛と友情、ゲームは設定だけ

ぼっちのゲームオタクだった主人公を誰もが憧れるお嬢様女子高生がゲーム部に勧誘するところから始まるお話。
基本的には恋愛話。
序盤はすれ違いをしつこいぐらいやっていて、諸悪の根源は主人公だったりする。
それでも嫌いにならないのは一貫しているところだろうか。
ゲームあるあるがところどころに出てくるが全く共感できなかった。
9話でヒロインの一人が歩道を左から右へ立ち止まる主人公を追い抜くシーンがあるのだが遠近感がおかしい。
主人公が画面奥行ともに中央、木が画面主人公の右で一番手前にある。
ここを左からヒロインが追い抜くのだが、主人公の奥を通り過ぎた後、木の手前を通り過ぎる。
ヒロインは真っ直ぐゆっくり歩いており、そのシーンは主人公と、シーン前後を見る限り道路寄りにあるはずの木との関係も最初から違和感があった。
キャラ絵はイマイチで肝心のメインヒロインの影が薄く、公式サイトを見て多大な期待を寄せていた大磯先輩はほぼモブ扱いでがっかり。
なぜか一人だけ苗字の設定がないアグリちゃんの健気さやキャラ的には対極的な主人公とのやり取りはとても微笑ましい。
女性陣とタスク君はとても良い人である。

投稿 : 2020/02/24
閲覧 : 72
サンキュー:

4

よし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結果みんなオタク。笑

なんかヤンキーっぽい人と仲良くなったのが個人的に1番良かった。あとはキャラがそれぞれ個性もあって、無難に面白いと思った。ラブコメ好きな人にオススメ。

投稿 : 2020/02/05
閲覧 : 50
サンキュー:

1

せい さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良かった

終始楽しく見させていただきました。個人的にあぐり推しです。

投稿 : 2019/12/09
閲覧 : 64
サンキュー:

3

ネタバレ

元毛玉 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もやもやするラブコメ

一言だけ言わせて欲しい…お前らちゃんとコミュニケーション取れw

勘違いから勘違いが生まれて、その勘違いから新たな疑惑が生まれるという
勘違いスパイラルアニメ

キャラはどれもいい人なのに、なぜか噛み合わない。
ほんとこれでもかってぐらいに。

むずむずしながら「あーなんでそうなるかなw」とツッコミながら見てました。
基本的には全員がボケのポジションなので視聴者がツッコミなのかも?

キャラは千秋が好き。声優の声・演技共にあってて「ですです」って言葉遣いが
すごく可愛かった。

続きはすごく気になるので2期があればぜひ見たい

2019.12.06 原作最終巻の読了!
最後まで、面白かったですー

以下、原作ネタバレ注意
{netabare}
中々良いまとめ方だったかな…と
(最近、読んでるラノベの中では)

しかし、光正に自覚があったのは驚いたw
(あったんかい!)って自分も突っ込んだっす。

さて、一応めでたくハッピーエンド?
になった訳ですが…
あの中で結婚するなら誰かを考えてみました。

■エントリーNo.1 天道花憐
きらっきらのブロンド美少女だけど
結婚するとなると、どうだろう?
なんかすっごい束縛系女子な気がする…
子供の躾とか家庭内ルールとかにはとことん拘って
煩そうなイメージ
でも金銭面では雑ゆるで家計を任せるには不安…w

■エントリーNo.2 星ノ守千秋
ワカメ系DeathDeath女子
結婚する…ん~中々イメージ難しい
家事全般ダメそうなイメージ(特に掃除!)
あとなんかずっとゲーム作ってそう…
自分にはお金使わなそうだけど
子供にはめっちゃ甘くて無駄なプレゼント買いそう

■エントリーNo.3 亜玖璃
高校デビューの根はマジメ系ギャル
なんか結婚するイメージは一番あるかも?
前二人のポンコツと比べたら家事出来そう
あと家計はやりくり上手なイメージ
だけどその分しっかり財布握られて小遣い制…
子供には時に優しく、特に厳しくで
良妻、良母になるイメージ

んで、おいら的に誰を選ぶかというと
…ドコドコドコ ジャン!{netabare}コノハさんです!
だってだって、{netabare}夜が{/netabare}凄そうじゃないですか
結婚生活長いからね。そういうの大事。
というか、最終巻で凄い可愛いなと
評価爆上げしたのコノハさんなんです~w
あとアニメの声も超かわいいしw
{/netabare}
って事になりましたw
{/netabare}

どたばたラブコメディ観たい人にはオススメ
あとアニメ気に入ったなら原作もオススメっす!

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 357
サンキュー:

42

ネタバレ

稲葉姫子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:----

つかみどころのない、不思議なアニメ

このアニメーションは大きく2つに分かれています。

絵コンテ・演出 中津環/作画監督 池上太郎コンビの

DAY4 INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ
DAY12 INTERMISSION ゲーマーズと課金トーク

の2作品と、それ以外です。

DAY4(4話)は3話と5話にはさまれる形で、天道花憐さんの1日という本筋とは関係ない単独のストーリーがあります。まるで涼宮ハルヒの憂鬱の第1期のような脈絡もない並べ方です。この狙いがよくわかりません。出来は結構いいので私は好きなのですが、どういう狙いがあったのか誰か教えて欲しいです。

DAY12(12話)は桜野亜玖璃がゲームの本質を問いただす、ゲーム論的な展開であり、それまでのラブコメ流れとは一線を画しています。この12話も出来はいいのですが、これがアニメの最終話に相応しいのか疑問です。

この2話の特異性を中津環・池上太郎コンビが狙ったのなら、それは成功しているとも言える反面、全体のまとまりを欠いてしまった傷とも言えます。

それ以外の10話は、誤解の部分がしつこいと思えるものの、よくまとまっていたと思います。

評価として2話だけなら☆4つ、10話だけなら☆3.5ですが、12話としてみると☆3つになりました。

投稿 : 2019/11/12
閲覧 : 155
サンキュー:

7

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

楽しいラブコメでした。安心して見れます。

ときどき作画が、危うい場面がありました。
1クールでちょうどうまくまとまってます。

投稿 : 2019/11/08
閲覧 : 75
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アンジャッシュのコントみたいなゲームおたくのすれ違いカン違い5~6角ラブコメ♪

公式のINTRODUCTION
{netabare}
「……私に付き合って、ゲーム部に入ってみない?」

趣味はゲームという以外目立った特徴もないモブキャラぼっちゲーマーの雨野景太は、ある日突然に学園一の美少女でゲーム部部長の天道花憐に声をかけられる。そこから景太の日常は一転、ゲーム好きな美少女たちとのラブコメ展開の日々が始まる……と思いきや!?
ゲームの価値観以外はそっくりな、ぼっち女子ゲーマーの星ノ守千秋。クラスの中心人物で彼女持ちだけど隠れゲーム好きな、残念リア充の上原祐。祐の彼女でゲーム知識皆無の亜玖璃らを巻き込んで、お互いが勘違い、空回り、迷走を繰り返す、こじらせゲーマーたちによる“すれ違い青春錯綜系ラブコメ”が始まる。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:葵せきな(株式会社KADOKAWA ファンタジア文庫刊)
原作イラスト:仙人掌
監督:岡本学
シリーズ構成/脚本:内田裕基
キャラクターデザイン:佐藤天昭
美術監督:斉藤雅己
色彩設計:古市裕一
撮影監督:頓所信二(chiptune)
編集:木村佳史子(MADBOX)
音響監督:明田川仁
音楽:出羽良彰
アニメーション制作:PINE JAM

THEME SONG
 OPテーマ:天道花憐、星ノ守千秋、亜玖璃
 EDテーマ:Luce Twinkle Wink☆
{/netabare}
キャスト{netabare}
雨野景太:潘めぐみ
天道花憐:金元寿子
星ノ守千秋:石見舞菜香
亜玖璃:大久保瑠美
上原 祐:豊永利行

三角瑛一:花江夏樹
加瀬岳人:内匠靖明
大磯新那:芳野由奈
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

DAY1「雨野景太と導かれし者達」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:岡本学 演出:宮澤良太総作画監督:佐藤天昭
作画監督:佐藤天昭/三井麻未 脚本:斉藤雅己

「私に付き合って、ゲーム部に入ってみない?」
趣味はゲーム。それ以外は特に特徴のないモブキャラぼっち高校生、雨野景太。彼がいつものようにゲームショップで格安ゲームを漁っていると、学校で一番の美少女・天道花憐から突然ゲーム部へ誘われた。これまでの地味で友達ゼロの高校生活が一変、選ばれしギャルゲ主人公のようなラブコメが始まる……と思いきや、ゲーム部部員はガチゲーマーばかりだった!
{/netabare}
感想
{netabare}

えーと。。
学園アイドルにさそわれてゲーム部に入って
アツい仲間たちと青春ラブコメ。。って思ったら
えっ!?アッサリ入らないって。。w

いろいろ伏線みたいのあったみたいで
ちょっといつもの部活系とちがうみたいでおもしろくなるかも?

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:

ゲーム部の人たちアツすぎるw

そのなかでも花憐ってすごいよね!
ゲーム3日徹夜でやっても成績がいいとかって^^

でも、こうゆう人ってほんとにいるみたい
すごい集中力があるから何でもうまくなれるんだって。。


あと、主人公の声の潘めぐみさんがすごい!

にゃんが気がついたのが「俺物語!!」の大和凛子役で
かわいい声なんだけどどこかできいたことあったみたいって調べたら
「双星の陰陽師」の化野紅緒とか
あと、ブブキ・ブランキの万流礼央子とかもこわいくらい低い声で。。

そういえば「神撃のバハムート」のジャンヌ・ダルクもだから
こうゆう声がふつうなのかな?って思ってたら
「リトルウィッチアカデミア」のアッコみたいなふつうの声も出せるし
こんどは男子の声

ほかの声優さんも子どもの声と大人の声ってぜんぜん違う声出せるけど
かわいい声、ふつう、低い女子の声、男子って
ほんとにいろんな声が出せてびっくりするよね!
{/netabare}
{/netabare}
DAY2「上原祐と強くてニューゲーム」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:川村賢一 演出:安部元宏 作画監督:王國年 脚本:斉藤雅己

「雨野。その……お前って天道とどういう関係なわけ?」
学校一の美少女である花憐を泣かせてしまった一悶着のせいで、景太は悪目立ちしてクラスでも変な噂が出るようになってしまう。彼を傍目に見ていたリア充男子・上原祐は、その様子が気に入らなかった。しかし、放課後に祐は慣れない様子でゲームセンターをうろつく景太を見つけ、思わず一緒に格ゲーをしようと誘ってしまう。下手くそだがゲームを本気で楽しむ景太に、祐は親近感を抱き始めるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

美少女たちをほうっておいて男子どうしでゲーセンデート♪って
あらすじだけだったらなんだかBLアニメみたいなおはなしだったけど
今日はリア充男子の上原祐クンが主役のラブコメだったみたい^^


祐クンって元ガリ勉クンで高校でリア充デビューしたんだけど
昔の自分にちょっと似てる景太クンが気になって
ゲーム友だちになったみたい^^

だからリア充だけどちょっとさめてるってゆうか
カノジョとかいるけど
どうせ自分がイケメンっぽくしてるからつき合おうって思ったんだろ?
みたく思っててぜんぜんホンキじゃなかったの

でも、景太クンと遊んで昔のこととか思い出して
カノジョにどうして自分が好きなのか聞いてみたら
中学のとき息抜きで来てたゲーセンで会って好きになったんだって分かって
カノジョの気もちがきゅうに分かって恥ずかしくなっちゃった^^


いいラブコメだったと思う^^

ただ。。
花憐がどうして景太クンのことそんなに好きなのかよく分からなかったw
{/netabare}
{/netabare}
DAY3「星ノ守千秋とすれ違い通信」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:古賀一臣/岡本学 演出:川久保圭史
総作画監督:佐藤天昭 作画監督:菊地功一/西村幸恵/國井実可子 美術監督:斉藤雅己

「こちらの方と仲良くなりたくて、勇気を出してA組に来ました!」
一緒にゲームセンターへ行った日を境に、景太と祐は仲良くなり、フリーゲームの話題で盛り上がっていた。花憐から気に入られている雰囲気の景太だが、本人にはまったく自覚なし。祐はそんなぼっちの彼をレベルアップさせるため、ゲームが趣味でおとなしい女子――星ノ守千秋に話しかける、というクエストを課す。趣味が同じのぼっち女子とのフラグ成立! かと思いきや……!?
{/netabare}
感想
{netabare}

今回もおもしろかった☆


祐クンが景太クンのこと千秋とくっつけようってして
とちゅうまですごくうまくいくんだけど

ほかの人が聞いたらほんのちょっとしたゲームの好みのちがいでケンカして
それをかばおうってして千秋をほめてたら亜玖璃がやきもち焼いちゃって

こんどは景太クンが
落ちこむ亜玖璃をのことお茶にさそってフォローするんだけど
千秋とか亜玖璃と2人っきりのところを花憐が見てがっかり。。

でも、あきらめない。。ってゆうおはなしで
サクサク進んでおもしろかった♪


ゲームのことが大好きでほとんど話が合うのに
ちょっとしたちがいが許せないってゆうのは
あにこれでもありそうかも?

それって感じ方が似てる人ほど
自分がここが大事って思ってるところ
自分が好きなところを分かってもらいたいって思っちゃうのかも?


あと美少女花憐がさえない景太クンのことストーカーしたり
落ちこんだりするのがおもしろいんだけど
景太クンのどこがいいかよく分からないから
ちょっとしかおかしさが伝わってこないかも?

はじめに花憐が景太クンに助けてもらうシーンとかあったら
もっとよくなったかも?
{/netabare}
{/netabare}
DAY4「INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ/演出:中津環 作画監督:池上太郎 美術監督:斉藤雅己

「これは私の人生を……再起を懸けた大勝負よ!」
天道花憐の朝は早い。運動と勉強をし、身支度を調えて学校へ。友達は多く、告白する男子も後を絶たない才色兼備。そんな彼女の心を乱しているのが、雨野景太という男子だった。ゲーム部での練習中もどこか上の空で、夢にまで見るほど彼のことが気になってしまっている。すべてがスランプ気味の彼女は、休日に景太と偶然遭遇。彼をゲームセンターに誘い、完璧な自分を取り戻すために勝負をしかける!
{/netabare}
感想
{netabare}

美少女優等生花憐のこわれっぷりがおもしろい回かな?

男の人だったら景太クンの話になるだけで顔真っ赤にする
ツンデレ花憐に萌えれるかも?


にゃんも前半はちょっとおもしろかったんだけど
ずっとおんなじパターンだし
そんなにおもしろく感じなかったかな。。


前にも書いたけど
にゃんはどうして花憐がそんなに景太クンが好きになったかよく分からないし

今回もデートじゃないって言いながらいっしょにゲーセン行ったんだけど
景太クンがいい人ってゆうおはなしがなくって
ツンデレ花憐がずっと景太クン大好きフラグを巻きちらしてるのに
景太クンはぜんぜん気がつかなくって。。のくり返し

さいごも
「景太クンもやっぱりゲームで勝つのが好き」って分かって見直した♪
みたいなエピソードだったけどそれって誰でもそうなんじゃない?

とくに好きになるみたいなエピソードじゃないって思った

だからやっぱり今回のおはなしはふつうにおもしろいくらいだった^^
{/netabare}
{/netabare}
DAY5「亜玖璃と通信エラー」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ/演出:水本葉月 総作画監督:佐藤天昭 作画監督:三井麻未/山中正博 美術監督:斉藤雅己

「運命の人すぎんだろうがよぉおおおおおおお!」
髪を切りイメチェンを果たした千秋だが、唯一の意見の相違のせいで景太との反りが合わず、仲は酷くなる一方だった。二人の仲をどうにか取り持とうとする祐は偶然、千秋と景太の運命的すぎる繋がりを知ることとなる。天啓を閃いた祐は彼ら二人とさらに花憐を誘い、ゲーム同好会を発足させたのだった。……それぞれがすれ違いの誤解を生み続けているとも知らずに。
{/netabare}
感想
{netabare}

花憐は景太クンが好きで景太クンも花憐が好きだけど
相手にもされてないって思ってて

亜玖璃と上原クンは付き合ってておたがい好きなんだけど
亜玖璃は何となく自分だけ片思いって思ってる

景太クンと千秋はほんのちょっと意見がちがうだけで
とってもよく似てるんだけど
ほんのちょっとちがうところが許せないってゆうところまで似すぎてる。。


それで景太クンと上原クンがおたがいの相手と仲良くさせてあげようって
がんばればがんばるほどその相手からカンチガイされちゃうの


おはなしはこんがらがってきておもしろくなってきたんだけど
ずっとおんなじパターンでかんちがいですれちがい。。
ってゆうのはちょっとあきてきたかも?

そろそろ両思いのホントのラブコメが見たいなぁって☆彡
{/netabare}
{/netabare}
DAY6「天道花憐と不意打ちハッピーエンド」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:中津環/岡本学 演出:宮澤良太 総作画監督:池上太郎
作画監督:滝本祥子/後藤麻梨子/館崎大/関口雅浩/小澤円 美術監督:斉藤雅己

「天道さん、僕と――」
勘違いが誤解を生み、どんどん錯綜してしまう……! 祐と亜玖璃はお互いの浮気を疑い、千秋は景太と亜玖璃が付き合っていると誤解してしまった。景太への想いを抱き続けている花憐は、謎の胸の痛みに苛まれていた。もつれる恋愛関係の火中にいるとはつゆ知らず、景太は正式に花憐と友達になろうと決意する。各々の思惑(と勘違い)を背負い、教室の中心で、景太は花憐に告げる――!!
{/netabare}
感想
{netabare}

6話目だしまた今週もいつものパターンかぁ。。って
ちょっとあきてきちゃってたから
さいごの告白OKシーンはビックリ!!!!

でも、景太クンってほんとは付き合ってくださいってゆうか
友だちになってくださいって言おうってしたんじゃないのかな?


でも、この2人ってつき合ってどうなるのかな?

デートはゲームいっしょにするとかだと思うけど
景太クンってゲームのことになると心せまいよね^^

花憐もツンデレだったりするから
これからの2人がどうなるか気になっちゃうよね^^
{/netabare}
{/netabare}
DAY7「雨野景太と天道花憐の最高の娯楽」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:上坪亮樹 演出:米田光宏 総作画監督:佐藤天昭
作画監督:浦野達也/室山祥子/日高真由美/田中優士/関口雅浩/石田啓一/小澤円 美術監督:斉藤雅己

「あの、もしよければぼくと、デートしてくれませんか?」
景太がうっかり言い間違えた花憐への告白で、彼らの関係にも変化が現れ始めるのだが、同時に勘違いは加速するばかり。自分と花憐では恋人として釣り合わないと思い込んでいる景太だが、千秋や亜玖璃に相談しつつ、決意して花憐を屋上に呼び出しデートに誘った。次の休日に訪れたデートスポットには、各種スポーツ施設やアーケードゲームフロアに加え、プールもあって……。
{/netabare}
感想
{netabare}

あいかわらずみんな何かヘンなカンチガイしてるみたいで心配だったけど
とうとう景太クンと花憐がデートすることになった☆


景太クンと亜玖璃は
花憐って上原クンとつき合ってるのかくすために景太クンとつき合いはじめた
って思ってるけど

ちゃんと分れた方がいいかも?ってゆう景太クンに
亜玖璃が「優先すべきは自分の気もちじゃないかな?」って。。

それで「そんな大事なことも人の意見で決めるわけ?」って言われて
やっと気がついて花憐をデートにさそったんだけど
おたがいにテレて軍隊ごっこみたくなってておかしかったw

デートも2人とも天然だから
リア充のカップルとはぜんぜん違かって
それもおかしかったw

それからプールでからまれてた千秋とたまたまいっしょになって
千秋は花憐が景太クンのことほんとに好きだなんて思ってなくって
景太クンに平気で水着で抱きついたりって
ハラハライベント発生させちゃうし^^;

その辺の花憐のやきもちが見てておかしかった^^


花憐はツンデレで
景太クンは自分なんか花憐にふさわしくないとか思って
なかなかホントの気もち言えなくって見ててちょっとイラッ!ってw

でも、さいごはバスの中で
2人がおたがいの好きなところを言い合ってほっとしちゃった^^

次は亜玖璃と上原クンが気もちをたしかめられるといいナ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
DAY8「エロゲーマーと観戦モード/ゲーマーズと半生ゲーム」
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:永井慎平/岡本学 演出:安部元宏 作画監督:王國年 美術監督:斉藤雅己

★「頑張った努力、か」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
私立碧陽学園の生徒会長・星ノ守心春は、実は美少女大好きのエロゲーマーだった。ゲームショップを訪れた彼女は他校の男子二人を見かける。その一方が真摯に自分が好きなゲームを勧める姿に心春は……。
{/netabare}
感想
{netabare}

新キャラ心春(コノハ)登場回

心春は花憐をライバルみたく思ってる他校の女子。。
ってゆうのがはじめよく分からなかった
ほかの学校の女子なんて関係ないのに^^

それで生徒会長で美少女好きでエロゲマニアってキャラこすぎw

そんな心春が町のゲーム屋さんで見かけたさえない男子が景太くんで
でも、心春が好きなゲームを人にすすめてるところ見てたら
景太クンのこと好きになっちゃったみたい!?


はじめあんまりさえないって思ってた男子がだんだん好きになってきて。。
ってゆおはなしだったけど
ほんとになんともない人だったらあんなに気にしないって思う。。

花憐がさえない景太クンのこと好きになった理由も分からなかったけど
別にイケメンじゃないしさえないけど景太クンって女子にもてるみたい?

これってハーレムアニメの主人公のアルアルだよねw

{/netabare}{/netabare}
★「ラブラブ半生ゲーム……?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
千秋の親が福引きで当てたという超特殊イロモノ系ボードゲームをやろうと、景太たち5人が集まった。勘違いが交錯した泥沼な恋愛模様をゲームで解消しようと企てる祐だが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

5人で「超特殊イロモノ系ボードゲーム」をやるおはなし

カタチとかやり方が「人生ゲーム」にそっくりな恋愛ゲームで
プレイヤーどうしが恋して結婚してウワキして子どもを作ったり。。
っておもしろそうだけどあんまり家族とか子どもとかとはしたくない感じw


はじめはリアルとかぶっててビミョーな感じだったけど
さいごは祐クンと亜玖璃が仲よくなれて
花憐も景太クンがスマホゲームでほかのプレイヤーと仲良くしてるの見て
やきもち焼きながらもそれなりに2人で話しとかしてた^^

でも千秋がその景太クンが大好きなゲームの相手が実は自分だって気がついて
自分もカレが好きだったのに。。ってショックうけてた^^;


なんかやっと2組がまとまったかな?って思ったら
千秋のゲームの好きだった相手が景太クンだったって分かるって^^
まだまだおはなしはつづきそう^^
{/netabare}{/netabare}
{/netabare}
DAY9「星ノ守千秋とアカウントハック」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:矢吹勉 演出:小野田雄亮 総作画監督:佐藤天昭
作画監督:室山祥子/関口雅浩/小澤円/細田沙織/後藤麻梨子 美術監督:斉藤雅己

「この際だからはっきりと言いますね」
千秋が自分でゲームを作り始めたのは小学4年の頃のこと。酷評があってもゲーム作りをやめなかったのは、作品を褒めてくれるたった一人の存在がいたから。そんな大切な存在の正体が景太だと知ってしまった彼女は、自分の中にある想いを整理できずにいた。そんなときに当の景太が忘れ物を取りに千秋の家へ来た。自分がゲームの制作者であると打ち明けるか悩んだ千秋はとっさに――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

そっかぁ。。
何だか今まで花憐がヒロインってゆうのがよく分からなかったんだ。。

だって
どうして景太クンのこと好きになったか気もちがよく伝わってこなかったし
何か2人が合ってないみたいだったから。。


でも、千秋が景太クンのこと好きだったって分かったら
これってもしかしてホントのヒロインって千秋なんじゃない?
って思った

じゃなかったらただの景太ハーレムのおはなしで
このままずっと花憐と千秋のWヒロインで行っちゃうのかも?


そう言えば千秋は自分の正体がバレそうになったとき
景太クンの好きなゲームの相手(とゲーム制作者)が
妹の心春だって紹介して
それから景太クンと心春にもフラグがたちはじめたみたい。。


さいごは祐クンから千秋に電話で
「俺はお前だけをえらぶことにした!」って。。

みんなそれって告白だって思ったけど
「景太クンのあいては千秋だけって決めた」ってゆうことだって思うな。。


やっぱりホントのヒロインって千秋なのかな?

でも、まだまだごちゃごちゃしそう。。


あと、作画がときどきだれか分からなったりするくらいのときがあった。。
まだ9話目だけどだいじょうぶのかな?
{/netabare}
{/netabare}
DAY10「ゲーマーズとネクストステージ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:寺東克己/大城美幸 演出:野木森達哉 総作画監督:佐藤天昭
作画監督:山中正博/後藤麻梨子/小澤円/森悦人/小美戸幸代/山崎展義/大原大 美術監督:斉藤雅己

「今日は……とても大事な話をするために、こうして集まっていただいた次第です」
千秋は景太との運命的な繋がりをごまかしていたせいで、彼らの関係はまたおかしなことに。祐が千秋にかけてきた電話の言葉を勘違いした景太は、状況を打破するために花憐と亜玖璃をゲーム同好会へ誘う。絡み合った恋愛模様を解決しようと、景太は話し合いの場を設けるのだが……口から出たのは好きなゲームを買いに走る宣言だった。結局、みんなの関係ははっきりしないままで……。
{/netabare}
感想
{netabare}

景太クンと花憐がいちおうまく行ってるみたいだけどまだ遠くって
亜玖璃とか千秋といっしょにいるほうが多いから
なんだかまたおかしくなっちゃうんだよね^^


それでこんどは亜玖璃と祐クンかな

祐クンは先回
千秋に「おまえだけに決めた」と告白みたいな電話したり

今回は亜玖璃と仲良くなりたいのに花憐の
「景太クンって自分のことよりゲームが大事で亜玖璃とよくいっしょにいる」

とかってゆうグチにつき合って
そんなのろけ話できずつく千秋とかなぐさめてあげたりしてるから
今回もそんなところ亜玖璃に見られてまたゴチャゴチャしてきちゃった。。

それで亜玖璃は景太クンに相談しようってメールしたらわざわざ来てくれて
そんなところを花憐と祐クンと千秋に見られて
「友だちより大事なゲームを買いに行ったはずなのに???」
ってまたみんなわけ分からなくなっちゃったの。。


このおはなしってつまらなくないんだけど
いつになってもすれ違いばっかりでちょっとあきてきちゃったかも?

最終回はみんなうまく行ったらいいんだけど
男子2人で女子3人(心春も入れたら4人)だから
ぜったいだれかあまっちゃうんだよね^^;
{/netabare}
{/netabare}
DAY11「ゲーマーズと青春コンティニュー」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:内田裕基 絵コンテ:上坪亮樹/岡本学 演出:上坪亮樹/水本葉月/岡本学
総作画監督:佐藤天昭 作画監督:後藤真梨子/関口雅浩/室山祥子/小澤円 美術監督:斉藤雅己

「俺たちが恋人として、あいつらと一線を画す方法……んなもん、たった一つしかねぇだろ」
祐にかけられていた疑惑が晴れたものの、なんだか親密になっている景太と亜玖璃の様子に祐と花憐は落ち込んでしまう。自分たちは恋人として特別なものはあるのだろうか……。思い悩む祐と花憐は結託し、遊園地でのダブルデートを画策する。一方で景太と亜玖璃はその誘いに裏があるのではないかと勘繰っている。そんな状態の遊園地で、千秋と心春にばったり出くわしてしまった!?
{/netabare}
感想
{netabare}

景太クンと亜玖璃の仲がとってもいいこと心配した花憐と祐クンが
カップルどうしでもっと仲良くなろうって
テーマパークでダブルデートすることにしたんだけど
そのこと知った心春が千秋を横入りさせようって2人で遊びに来ちゃった。。


今回もはじめは景太クンと花憐がどう名ちゃうのかな?って心配だったけど
とちゅうから心春が千秋と景太クンをくっつけようってして
花憐と景太クンを引きはなして2人だけにしちゃうから
花憐に見つかっちゃうんじゃないかな?って心配になってきちゃった^^


景太クンはちがう子とベタベタしすぎじゃないのかな?
つき合ってるカノジョをもっと大事にしてあげたらいいのに☆彡


でも、何だかんだって
さいごは2組とも手をつないでたからちょっと進んだのかも?
よかった☆
{/netabare}
{/netabare}
DAY12「INTERMISSION ゲーマーズと課金トーク」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
: /
{/netabare}
感想
{netabare}

INTERMISSIONって休憩ってゆう意味みたい
ラストに休憩ってゆうことは2期もあるってゆうことかな?

それで今回のおはなしは
ゲーム同好会のみんなで温泉に合宿に行くおはなし^^

恋愛はベタベタのイチャイチャがちょっとあったくらいwで
あとはゲームのアルアルってゆうかイヤなところに
リア充・亜玖璃がいろいろツッコミを入れてくるの^^


ゲームがムダってにゃんもそう思う

でも、だったらアニメだってほとんどの趣味だってムダだし
ゲームの中のものは外では使えないからムダってゆうんだったら
生きてるのって1番ムダな気がする。。

だってぜったいいつかゲームオーバーになるのに
死んだらこの世のものは持っていけないんだもん。。

でも、ゲームは好きでやってるけど
人生って気がついたらやってて楽しくないんだから
「神のみぞ知るセカイ」の桂馬クンだって
「リアルなんてクソゲーだ!!」って言ってるんじゃないのかな?

あと、レベル上げが楽しくないってゆうのもホントだけど
何でもスイスイいっちゃったら
「異世界はスマートフォンとともに。」みたく
やっぱりクソゲーなんだって思う^^


あと、女子のおふろシーンって光が多すぎ^^;
ってゆうかここまでするんだったら
OVAとかでやった方がよかったんじゃない?


あと、はじめに三角クンのおはなしがあったけど
だれだかすっかり忘れてたw
{/netabare}
{/netabare}


見おわって


ゲームのおはなしははじめとさいごくらいであとは恋のすれ違いラブコメで
とちゅうまではよかったけど
だんだんちょっとあきてきちゃった^^

さいごにちょっとあったけど
もっとラブラブバカップルのおはなしとかあったらよかったかも?w


絵はとちゅうひどい時もあったけどふつうによかった

声優さんは景太クンの潘めぐみさんはうまいけど
女子たちと話してると
やっぱり女の子の声にしか聞こえなくなってくるみたい。。

投稿 : 2019/10/30
閲覧 : 520
サンキュー:

85

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ネタではなく、ストーリーで魅せるコメディ

 原作は未読。
 視聴時、事前情報がまったくなく、序盤において主人公の雨野 景太がゲーム部部長の天道 花憐に
ゲーム部に勧誘されるくだりから、主人公がゲーム部で活動する部活ものかと思いきや、まさかの
お断り展開。
 以後は景太を始めとする主要キャラ5人の勘違いがそれぞれが迷走していくシチュエーション
コメディが主流に。
 最近のコメディはストーリーの上に乗っかるネタで笑いを取るものが多く、こういうストーリー
そのもので笑いが取れる作品は最近では珍しいかも。
 このキャラの勘違いも1対1ぐらいならともかく5人全員となると結構構成力が要りそうな感じで、
「よくできた話だなあ」という印象。
 ただ、ずっと勘違いしっぱなしであるためにやや一本調子の感がある。例えば、ある程度の収束が
見られたかと思ったら、新たな勘違いが始まるといった感じの緩急が欲しかったかも。
 この勘違いという部分では景太と桜野 亜玖璃のやり取りがよく誤解されていたが、感情的な
思い入れがない分、逆に屈託なく接することができるんだろうなあという感じ。

 このドタバタに翻弄されるキャラ達だが精神的にもろい印象があった。そんな中では一見引っ込み
思案の景太がその実一番タフだったり。
 ヒロインに関してはいずれも不器用で、それでいて健気ところがなかなか可愛く、応援したく
なってしまう。ただ花憐と星ノ守 千秋はいずれも景太に恋愛感情を抱いているため、観ていて
ちょっと切ない感も。アニメ描写部分以降はどうなっているのか知らないけど。

 あと、この話はメインモチーフであるゲーム要素が無くても成立してしまうもので、そういう
意味ではゲーム要素はあまり活かされていなかったようでちょっと勿体ない。小ネタとしてのゲーム
要素は結構面白かったけど。
 もっとも各キャラの特性などはゲーマーゆえのものという感じで、そういったキャラクター性が
勘違いを生んでいるという意味では、ゲーマー要素はストーリーに大いに活かされているのかな。
 このゲーマーという要素で印象深かったのが12話。ストーリーとしては11話が実質的な締めで、
この12話は尺調整的な内容だったが、本筋に絡んでいないだけにゲーマーと一般人の感覚の違いと
いうネタ的部分を前面に押し出した内容が面白かった。
 自分自身はゲーマーではないので、亜玖璃の感覚に近かったりするけど。

2019/09/16

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 131
サンキュー:

5

LBkft31710 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

テンポの良いラブコメ好きなら!

もっと評価されるべき。
コメディ寄りのラブコメ好きならオススメ。
テンポが良く、キャラも魅力的だ。

あと、あぐり可愛い。
2期つくってくれーかなー

投稿 : 2019/09/15
閲覧 : 181
サンキュー:

2

MONO さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

個人的には大満足!

タイトルだけでゲームのストーリーかと思いきや、9割恋愛ものです。一人一人のキャラに魅力があり、やりとりが面白いです。主人公の優柔不断さに好き嫌いは分かれそうな気はしますが、、、。ラブコメ好きな方にはぜひ見ていただきたいです。
個人的には大満足の作品でした。

投稿 : 2019/09/12
閲覧 : 108
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いや・・・ゲームは何処へ

「ゲーム」と名前が付いている詐欺タイトルでした。ゲームばっかりしている男女が出てきますが、コミュ症全快で恋愛が前に進みません。

主人公には、まあ結構イラつかされ、エヴァンゲリオンのシンジ君レベルの優柔不断さです。

そして、某有名ゲームが沢山登場する中、プレイを少し見せる程度で、その他は恋愛話に無理やり持っていくスタイルを最終話まで貫いてますね。

結局、このアニメが何がしたかったのかはよく分かりませんでしたが、

作者が「恋愛はゲームのようにリセットはできない」という気持ちを込めたのであれば納得しなくもない展開でした。

そう、見ていて「恋愛シミュレーションゲーム」でわざと間違えた選択肢を選び、興味本位でバッドエンドを見てみました的な、おかしなキャラの言動が目立ってたので^^;

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 163

テレ美 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

5話まで視聴

原作未読

5話で視聴切りました。
出だしは面白そうだなと思ったんですが…だんだんウザいというか各々の嫌な部分ばかり鼻につくようになって。
主人公のエンジョイ志向みたいなのは納得できますが、それ以外は思考も行動も理解できず駄目でした。
マドンナも何故主人公が好きになったのか理解できなかったし、高校デビューも主人公に同族嫌悪抱いているのになぜわざわざ近づくのか理解できない。
話が進めば進むほど、キャラが日本語使えなくなって行き主語を使わない会話しかしなくなります。主語使えなくなるスタンド攻撃でも受けてるのかと思うくらい不自然なセリフ回しでした。
友達いない勢がLINEをしない(できない)のはまだしも、恋人の高校デビューとピンクがLINE等で会話しないのも不自然。
もやもやがピークに達して視聴切りました。
あと、タイトル詐欺にも該当すると思います。ゲームやってたのは序盤だけで、物語を始めるきっかけにしか使われていないようでした。OPとかみてるといろんなゲームのパロネタが入ってて「ゲーム(ゲーマー)関係の話題いっぱいでてくるよ!」みたいに錯覚させるのも、詐欺被害に遭った様な感覚に拍車をかけてると思う。

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 143
サンキュー:

2

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋愛がこじれてこじれていく展開

1話からの話は魅せられた。基本恋愛がこじれていく展開なのだが、面白い。
中だるみしそうな所を千秋で展開を変えたのは上手に作ってる。各々のキャラが立っているのがよく飽きずに最後まで見れた。
しかし、内容が良いだけに中盤から後半にかけての作画は流石に気になる
11話でストーリーが完結するし、12話がおまけだが、おまけ回の作画が一番よかった。

オープニング最初の亜玖璃は最高にいい。

100点中76点

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 124
サンキュー:

2

Mi-24 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームは話のダシにするだけ。ずっと恋愛話。

高校生の男二人と女三人の恋物語。
もともとスッキリしていた恋愛関係をわざと絡ませて、ややこしくした恋愛話が延々と続く。

主要キャラの五人だけで話が進むので、内容はスッキリしていて見やすい。
ただ各キャラが次々と恋愛戦術を練るシーンでは、誰の事を言っているのか分からなくなり、話に付いていけなくなった。
主要キャラ五人のフルネームを暗記しないと、ビデオを巻き戻して何回か確認する羽目になるのが難点。


キャラは良かったし、楽しく見れました。

投稿 : 2019/05/15
閲覧 : 164
サンキュー:

4

ラウラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

中々いい

リアルタイムで視聴。キャラの恋の駆け引き、その中で繰り広げられる勘違いが面白い。ラブコメが好きなら観てみよう。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 110
サンキュー:

1

ほのほの さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ダークホースでした

いつもの萌え系アニメかなぁ~、と視聴したら良い意味で裏切られた作品。

すれ違い、勘違いが発生、加速しまくりでツッコミが本当に良い味を出しており、何度も楽しく笑わせてもらったアニメ

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 135
サンキュー:

12

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

絵がイマイチ、と期待低めで見始めたのに、気づけば夢中に

1話感想:
絵は何かイマイチ…と思いましたが、表情がよく動いて悪くないですね。内容もなかなか良さそうです。
ゲームは腕を上げてプロを目指してバリバリ頑張る、と言われても合わない気持ちもわかる。エンジョイ勢の何が悪い。
ま、入らないと話が進まないのでどうするのかは気になりますが。

全話感想:
序盤作画を見た時はどうかと思いましたが、いやもう内容はめちゃくちゃ面白かったです。
ゲーム部に入らないでどう話を回すのかと思いましたが、全然そういう内容ではなく面白いという。
まあどういう内容だったのか、と言われると、後から語るのが難しいですが。
とにかく色々こじらせている皆が可愛くて面白い。

絵は確かに微妙なんですけど、作画崩れは無いし、それ以上にくるくる表情が可愛らしく、魅力的に見えてきました。
とにかくキャラクターが全員それぞれに魅力的で、楽しくて面白い。いつまでも見ていたくなる、とても良い作品でした。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 107
サンキュー:

5

郎太桃← さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

なにこれ?面白すぎw
内容もさることながら声優もバッチリ。
作中に写ってる格ゲーもリアルで流行ってるゲームだったりして感心した。
毎話笑えて最後まで飽きずに楽しめた。
最近観たアニメで一番良かった。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 103
サンキュー:

3

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

みんな自分の勝手な思い込みで実際相手が
思っていることと錯綜しまくっているさまが
かなり面白かった。
ちょっと言葉に出せば済むようなことなのに、
どんどん思い込みが深まっていくにつれて
とんでもない方向に話が進んでいくのが観てて
楽しかった。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 85
サンキュー:

5

ASKA さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーマーな少年少女たちのすれ違いラブコメ

観終わりました。
まず、ゲームが大好きだったりそんなにゲーム好きではないそんな少年少女が、誤解や勘違いが起こるラブコメに振り回されていきます。
それぞれのキャラの思い込みや誤解、思い違いからすれ違いが生まれてしまうラブコメを楽しむ作品かなと思いました。
OP映像のゲームのパロディの映像も良かった。
あと作中にもゲームのパロディが出てきたのが良かった。

投稿 : 2019/04/08
閲覧 : 249
サンキュー:

26

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とにかく勘違いに勘違いを重ねる

勘違い、キャラ崩壊、ラブコメ、ゲームと盛りだくさん。

特に取り柄のないゲームオタクが優しいわけでもないのに、学校一の才色兼備な娘に好かれるのが解せない。妙にもてるのもなんだかなあ。

高校デビュー奴のキャラが面白い。見た目は変わっても本質はそう変わるものではない。

最終話の{netabare}旅行に来たのに、ラブコメなくゲームして終わりというのは{/netabare}もったいないような気がする。えっ、これで終わり?みたいになった。

OP
GAMERS! 歌 天道花憐(金元寿子)、星ノ守千秋(石見舞菜香)、亜玖璃(大久保瑠美)
ED
Fight on! 歌 Luce Twinkle Wink☆
恋のprologue* 歌 Luce Twinkle Wink☆
Luce Twinkle Wink☆の元気溢れる歌声に癒される。


DAY1 雨野景太と導かれし者達
DAY2 上原祐と強くてニューゲーム
DAY3 星ノ守千秋とすれ違い通信
DAY4 INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ
DAY5 亜玖璃と通信エラー
DAY6 天道花憐と不意打ちハッピーエンド
DAY7 雨野景太と天道花憐の最高の娯楽
DAY8 エロゲーマーと観戦モード
DAY8.5 ゲーマーズと半生ゲーム
DAY9 星ノ守千秋とアカウントハック
DAY10 ゲーマーズとネクストステージ
DAY11 ゲーマーズと青春コンティニュー
DAY12 INTERMISSION ゲーマーズと課金トーク

投稿 : 2019/04/08
閲覧 : 121
サンキュー:

8

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

顔の悪くないゲーマーたちが合コンした結果

視聴理由 恋愛ものにはまったとき

一話 地味で友達ゼロの高校生活が一変、選ばれしギャルゲ主人公のようなラブコメが始まるらしい。

中盤 やっぱ誤解はラブコメに必要だよね

最終話 合宿というなのイチャイチャ旅行

なんともテンプレ。ゲームという媒体でつながった少年少女
様々な出来事によって彼らはどう変化するのか...

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 116
サンキュー:

7

rFXEy91979 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

DAY1「雨野景太と導かれし者達 Keita Amano and Chapters of the Chosen」

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 96
サンキュー:

1

次の30件を表示

ゲーマーズ!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゲーマーズ!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ゲーマーズ!のストーリー・あらすじ

ゲーム好きで“ぼっち”な高校生・雨野景太、学園一の美少女でゲーム部の部長・天道花憐、景太と犬猿の仲の星ノ守千秋、“リア充”だが実はゲーム好きの一面もある上原裕ら個性的なゲーマーの青春を描いたラブコメディー。(TVアニメ動画『ゲーマーズ!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年夏アニメ
制作会社
PINE JAM
主題歌
≪OP≫天道花憐(CV.金元寿子)&星ノ守千秋(CV.石見舞菜香)&亜玖璃(CV.大久保瑠美)『GAMERS!』≪ED≫Luce Twinkle Wink☆『Fight on!』

声優・キャラクター

潘めぐみ、金元寿子、石見舞菜香、大久保瑠美、豊永利行

スタッフ

原作:葵せきな、 監督:岡本学、シリーズ構成:内田裕基、キャラクターデザイン:佐藤天昭

このアニメの類似作品

この頃(2017年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ