「いぬやしき(TVアニメ動画)」

総合得点
75.5
感想・評価
620
棚に入れた
2637
ランキング
550
★★★★☆ 3.6 (620)
物語
3.7
作画
3.8
声優
3.4
音楽
3.6
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

いぬやしきの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ライジン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

個人的にはないかな

ある日、同じ能力を手に入れたおじさんと若者が戦う物語なんですけど、
若者は罪のない一般市民を自分の力の誇示の為に使っていて、
正直、見てて気持ちよくはなかったです・・・
おじさんは若者の暴走を止めようとしていて、見ててかっこいいって思いました!

投稿 : 2020/05/30
閲覧 : 14
サンキュー:

1

MMA原理主義者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

声優で台無し

原作は『GANTZ』の奥浩哉。
『GANTZ』と違い感動系なのでわかりやすいと思います。
問題は声優で、主人公2人を俳優が演じているんですがまったく合っていませんでした。
声優は演技のすべてを声だけで表現するのに対し、俳優は演技のリソースを表情や動きに割いているので、声のみで演技したときの表現力が乏しすぎます。
犬屋敷のほうは徐々に慣れていったんですが獅子神のほうがひどすぎで、周りの声優が優秀なだけに悪目立ちしていました。
主人公2人を俳優にしたのは、すでに発表されていた実写化も同じキャストでやるためかと思ったら実写の俳優は別人だし、今回なんのために俳優を起用したのかわかりません。
物語はすごくいいので、ちゃんとした声優を起用してほしかったです。

投稿 : 2020/05/22
閲覧 : 34
サンキュー:

1

DB さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作見てませんwww物語の良さはもちろん、作画も素人目には非常に緻密に描かれていて素晴らしいと感じました。声優も含め、完成度が高い作品ではないかと感じました。凄惨なシーンが多かったのであまり見返さないとは思います・・・

投稿 : 2020/04/28
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

バトルアニメってゆうよりちょっとグロすぎ感動系SFドラマ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は
会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、
ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。

その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ
機械の体に生まれ変わった彼は
人間を遥かに超越する力を手に入れることに。

一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、
手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。

自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、
獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原 作:奥浩哉(講談社「イブニングKC」所載)
総監督:さとうけいいち(「TIGER&BUNNY」「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」監督、「GANTZ:O」総監督)
監 督:籔田修平(「甲鉄城のカバネリ」「進撃の巨人」3D監督)
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司(「亜人」「残響のテロル」)
キャラクターデザイン:恩田尚之(「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」「GANTZ」キャラクターデザイン・総作画監督)
音楽:池頼広(「相棒」「TIGER&BUNNY」「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」)
オープニング・テーマ:MAN WITH A MISSION「My Hero」
エンディング・テーマ:クアイフ「愛を教えてくれた君へ」
制 作:MAPPA(「この世界の片隅に」「ユーリ!!! on ICE」)
{/netabare}
キャスト{netabare}
犬屋敷 壱郎:小日向文世
獅子神 皓:村上虹郎
安堂 直行:本郷奏多
犬屋敷麻理:上坂すみれ
渡辺しおん:諸星すみれ
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第一話「犬屋敷壱郎」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
老人のような見た目の冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎。
念願のマイホームを建てるも愛する家族に疎まれ、やるせない日々を送っていた。
そんな犬屋敷を末期の胃がんという更なる悲劇が襲う。家族にもがんの事を言い出せず途方に暮れていた犬屋敷はその夜、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ、兵器ユニットを搭載した機械の体に生まれ変わる。
「私は、私ではない...私は機械...」人間ではなくなってしまった犬屋敷。自分の存在に悩む犬屋敷は偶然、男性が少年たちに襲われそうな場面に遭遇する。
勇気を振り絞り助けに入った犬屋敷を少年たちはバットで殴りつける。犬屋敷が意識を失ったその時、彼の体に眠る人智を超えた力が目覚めて...。
{/netabare}
感想
{netabare}

なんだかすごいおはなしだったけど
UFOの事故に巻き込まれて改造されたってゆうのは
「かしまし ガールミーツガール」といっしょだねw


キャラデザはリアルっぽくってちょっとグロいかな?
絵はきれいとくに機械がすごいこまかくって。。


犬屋敷壱郎さんのキャラデザがかわいそうだった^^
にゃんのパパと5歳くらいしかちがわないのにおじいさんみたい。。
それにアゴにボタンがついてるみたいで^^;


おはなしは前半が地獄少女たちが出ない「地獄少女」
一生けんめい働いて家まで建ててあげたのに家族からバカにされたり
ガンであと3か月ってお医者さんに言われて
伝えたくっても家族は無視して。。ってかわいそう。。

そんな壱郎さんがうらみをはらす代わりに
兵器になってホームレス狩りにあってた人を助けるんだけど
キャラデザとかグロい感じだったから殺しちゃうのかな?って思ったら
止めるだけで殺さなくってよかった☆

そのかわりそのときの様子をネットにUPして
狩りをしてた男の子たちはこれからつかまったりしそう。。
って何だか地獄流しのない地獄少女そのままだったみたい^^

でも、誰も死ななかったから見てて気もちよかった☆


ただ、あの男の子たち。。みんな顔が出ちゃってるし
これからつかまってロウヤとかに入って
ふつうに働いたりできなくなっちゃったら
悪い人がもっとふえるだけなんだけど。。

でも、これだけこわい目に会ったんだからちゃんと反省してくれるよね?
{/netabare}
{/netabare}
第二話「獅子神皓」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
生まれ変わった機械の体で人を救っていくことに自身の存在意義を見出した犬屋敷。
一方、犬屋敷と同じく機械の体に生まれ変わった高校生・獅子神皓。獅子神は家族や親友以外の人間にはまるで思い入れを持たず、機械の体の力で無差別に殺人を繰り返していた。
彼は犬屋敷とは逆に人の死を間近に感じることで、生の実感を得ていたのだ。
ある日の夕方、学校帰りの獅子神は軽い足取りで適当な民家に立ち入ると、そこに住む住人一家を機械の力で容赦なく皆殺しにする。獅子神の凶行を察知した犬屋敷は急いで民家へと向かう...。
{/netabare}
感想
{netabare}

うわぁ。。今までいろいろグロいおはなし見てきたけど
今回のって今までの中で1番ダメなのかも?

血が飛びちるところとか目をふさいじゃったけど
ほんとにひどいなって思ったのは
おふろで死んだお父さんがかぶさって子どもがおぼれるところ。。

「おねがい早く助けてあげて!」って
皓クンに心の中で何回も言ったけどダメだった。。

あんなところうつさない方がいいのに☆彡


皓クンって分かんない人。。
友だち思いみたいなのに知らない人は平気で殺すとかって。。

ちょっとでもおはなしとかしたらもう知らない人じゃないって思うけど。。

それに相手が友だちの家族とかだったらどうなのかな?
それでも平気なのかな?

人を殺すと自分が生きてるって感じるってゆうのもよく分からない。。

きっと何かこわれてるんだって思う


皓クンは悪い人で犬屋敷さんはいい人で
これからバトルがはじまるのかな?

でも、12話くらい使って1人の人とバトルって
どんなおはなしになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第三話「安堂直行」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
殺したはずの犬屋敷が無傷で立ち上がったことに獅子神は動揺すると、その場から飛び去った。
その姿を見て、犬屋敷は獅子神が自分と同じ機械の体であることを確信する。
その翌日から犬屋敷は飛行能力や治癒能力など新たな能力が使えることに気づくと、その能力を駆使して更に人助けを行っていく。
一方、獅子神はなぜ犬屋敷を倒せなかったのか戸惑いながらも、親友である安堂直行をいじめの標的としていた不良グループと対峙する・・・。
{/netabare}
感想
{netabare}

獅子神クンってホントに何考えてるか分からない人。。
友だちの安藤クンをイジメる子たちを殺して
安藤クンから絶交されても「学校来いよ」って安藤クンの心配してあげる。。

それって何だろう?
安藤クンのこともう自分の1部みたく思ってるとかなのかな?


犬屋敷さんが火事で人を助けたところで泣いちゃった。。
自分がいて誰かに喜んでもらえるってうれしいよね♪

でも、ネコを助けてあげたところからちょっと心配になってきちゃった。。

かわいそうだから助けてあげてそれでよかったって思うけど
病気の人、こまってる人っていっぱいいて
世界中のみんなは助けれないから。。

「すごいぞ!神さま!」って言ってた感動していいおはなしだった

でも「Fate/Zero - フェイトゼロ」にもそうゆうおはなしがあったけど
誰かを助けるって誰が死ぬかを決めるってゆうこととおんなじだから
はじめは助けられてうれしいって思うけどそのうち悲しくなってきそう。。

そう思ったら獅子神クンとちょっと似てるのかも?
獅子神クンは助ける人は家族と友だちって決めてて
そのほかの人は死んでもいい人ってわけ方が分かりやすい。。

だけどイジメた人のことなんか死んじゃっても気にしない
イジメっ子だったら殺されてもしょうがないけど
悪いことしてない人まで殺すのってどうしてなんだろう?

さっきもニュースでアメリカの教会で銃乱射があって
何十人か殺されたって言ってた。。


きっと撃った人ってまわりの人はみんな友だちじゃなかったんだろうな。。
きっと獅子神クンもそうなのかも?
さびしいよね。。

犬屋敷さんは家族からもバカにされてて
きっと友だちが欲しかったんじゃないのかな?
だから誰かの友だちになりたくって人を助けたいんじゃないのかな?

さいごは殺しあいで終わりじゃなくって
2人が友だちになれて終わりだったらいいんだけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第四話「鮫島」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
全身に入れ墨をまとった極悪非道な暴力団員・鮫島は気に入った女性を見つけると拉致し、薬漬けにした上で乱暴することを繰り返していた。
弁当屋で働くふみのは背は小さいが美人で、恋人の悟ちゃんからのプロポーズを受け、幸せな日々を思い描いていた。
しかし、ある晩、ふみのは鮫島に目をつけられ、手下たちによって拉致されてしまう。
ふみのは何とか鮫島の元から逃げ出して、悟の家に逃げ込むが、そこに鮫島たちが押し入ってくる。
ふみのを守ろうと立ちはだかる悟の首に手をかける鮫島。その時、鮫島の凶行を察知した犬屋敷が駆け付けるが、鮫島に銃弾を撃ち込まれて昏倒してしまう...。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はやくざの人にさらわれた女の子を犬屋敷さんが助けるおはなしだった

とちゅうまでは「地獄少女」みたいだったけど
やくざの人たちみんなを犬屋敷さんが半殺しにしちゃって
みんな生きてるけど地獄に行くくらい苦しまなくっちゃいけないみたい。。

「地獄少女」よりグロかったけどこっちのほうが見ててすっきりしたかも?


でも。。力に勝つにはもっと強くなくっちゃいけないって
さいごは悲しいなって思った。。
{/netabare}
{/netabare}
第五話「獅子神優子」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
連続民家襲撃事件が大きく報道され、獅子神の犯行を唯一知る安堂は苦悩する。
そんな安堂は偶然目にした「各地の病院で治療困難な患者が回復している」というニュースから、獅子神と同じ能力を持った人物がもう一人いるのではないかと仮説を立てる。
安堂が助けを求めるウソの声を上げたところ、安堂の家を大慌てで犬屋敷が訪れた。
犬屋敷がニュースで報じられていた重病人を回復させている人物である事を聞いた安堂は、犬屋敷を本物のヒーローだと称賛し、獅子神を止めて欲しいと懇願する。
一方、離婚して別居している父親の家から帰宅した獅子神は、最愛の母から末期のがんに侵されていることを告げられる...。
{/netabare}
感想
{netabare}

お母さんはかんたんに治して
さいごに獅子神クンはお母さんを悲しませないようにって
もう人を殺さないって決めたんだけど
次の日の朝警察が来て獅子神クンはつかまっちゃった。。


お母さんが悲しむからってやめようって思ったのはいいんだけど
それくらいふつうの高校生だったら分かるって思うけど。。

やっぱり獅子神クンってふつうじゃなくなったのかも?

でも、改心したとたんに警察が来るってどうなのかな?
ちゃんとつかまって反省したら。。
ってゆうか獅子神クンってロボットだよね!?

裁判とかどうなるのかな?
ってゆうかその前にちゃんとつかまるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第六話「2chの人たち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
十人以上の警察から逃れた獅子神であったが、直後、連続民家襲撃事件の容疑者として全国に指名手配され、母との幸せな時間は終わりを告げた。
行き場を無くした獅子神は、彼に好意を寄せるクラスメイト・渡辺しおんの家に身を寄せる。
一方で犬屋敷は安堂のサポートを得て、機械の体の能力を使いこなしつつあった。
そんな折、獅子神の母・優子がテレビで謝罪する姿を見た犬屋敷と安堂は、獅子神の動向に不安を感じる。
獅子神も優子の身を案じていてニュースをチェックしていたが、「連続民家襲撃事件 犯人の母親が自殺」と速報テロップが入る。
獅子神は上空へと飛び出すと、終わらない慟哭を響き渡らせるのであった・・・。
{/netabare}
感想
{netabare}

お母さんが死んで
1番わるいのって自分なのに2ちゃんの人たちを殺して回るのってひどい。。

でも、自分も殺されるかもしれないなんて考えないで
テキトーなこと書いた人たちって
獅子神クンと変わらないくらいひどいって思う

どうしてどっちも人が苦しいの分からないかな?
ってやっぱりこの世界って地獄なんだって思う。。

それでこのおはなし見て
その人たちがどうしてそうなったかとか考えないで
私はちがう。。って2ちゃんねるの人たちをせめるのも
自分はちがうって獅子神家の人たちをせめるのもおんなじだって思う

だれかが痛いのとか苦しいのとか
自分のことみたくみんなが感じれたら
だれもキズつかなくっていいのにな。。

生きてる間にそうゆうこと考えないとダメだから
死んじゃダメなんだって思う。。
{/netabare}
{/netabare}
第七話「渡辺しおん」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
獅子神は自身の無実を信じるしおんに自分の体が機械になったこと、
また生を実感するためにこれまで多くの人の命を奪ってきたことを告白する。
「もっともっと人を殺す...この国の人間を全部...」しおんに無情な宣告をする獅子神。
しかし、しおんはそれでも獅子神に置いていかないでほしいと懇願する。
これまで獅子神が奪った人にも未来や大切な人がいたと泣き叫ぶしおんに獅子神はある提案をする・・・。
{/netabare}
感想
{netabare}

獅子神クンがしおんのゆうこと聞いて
今まで殺してきた人の数だけ人助けをするって約束して
病気の人を治すおはなしだったけど見ててなみだ出てきちゃった

獅子神クンがしおんのこと大事だって思うまでのところもよかった☆

お母さんが死んでも言いたかったことやっと分かったみたい?

でも、ちょっと遅かったかな?
また警察がしおんのアパートのまわりをとりかこんでる。。
{/netabare}
{/netabare}
第八話「犬屋敷麻理」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
侵入した特殊部隊から銃の乱射を受ける獅子神。
獅子神は銃撃の巻き添えになり倒れたしおんとしおんの祖母を抱え、何とかその場を脱出する。
気絶した2人を安全なところに避難させると、しおんとの幸せな生活に別れを告げ、涙を流し飛び去る。
別の日、獅子神や安堂のクラスメイトで犬屋敷の娘、麻理は偶然にも犬屋敷と安堂が一緒に病院に入るところを目撃し、彼らの後を追う。
彼らが入っていった病室の様子を窺うと、そこでは麻理には信じられない出来事が起きていた。
その後、犬屋敷が火災現場へと飛び立っていく姿を見て呆然とする麻理。
同じ日の夜、深い絶望に打ちひしがれた獅子神は復讐を決意し、警察署を襲撃する・・・。
{/netabare}
感想
{netabare}

おはなしはあらすじに書いてある通りなんだけど
何だろう?このおはなし。。

人を殺すとことかすごいグロいんだけど
ちょっとした人の気もちとかとっても伝わってくるみたい。。


警察にしおんとおばあちゃんが撃たれて
獅子神クンが警察署をおそって復しゅうするおはなしだったんだけど
それだけじゃなくって

犬屋敷麻理がマンガ家を目ざしてて
きつい性格だったけどバカにしてたお父さんのヒミツを知っちゃって
ボーってしてたり

そんなお父さんが
麻理の夢を応援してくれそうだって分かってうれしかったりして
そうゆう日常みたいなおはなしをちゃんと見せてくれるから
これからどうなるんだろう?って思っちゃう。。

それで思ったけど
獅子神クンが警察をおそったのってもしかして復しゅうじゃなくって
しおんたちといっしょに住みたいから
警察をぜんぶつぶしたら
追いかけられないんじゃないか?とかって考えたのかも?

ふつうだったらそんなことってゼッタイないけど
獅子神クンの能力ってふつうじゃないから
警察も自衛隊もぜんぶつぶしちゃったら日本の王様になれるかも?

そうしたら誰にもジャマされないけど
それまで何人の人殺さなくっちゃならないんだろう?

それってふつうに考えたら悪いことだけど
もしこんなことがホントにあったら戦争とおんなじ。。

獅子神クンってふつうじゃないんだから
ふつうに悪いって言えない気がする。。
{/netabare}
{/netabare}
第九話「新宿の人たち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
獅子神による警察署襲撃事件が大きく報じられる中、獅子神は各地の街頭ビジョンをジャックし、日本に対し宣戦布告をするとともに「今から100人殺します」と宣言。手始めに新宿で無差別に殺人を開始する。獅子神が携帯電話を通して無差別殺人を行っていることに気づいた安堂は、犬屋敷の能力で緊急警報を発信し、人々を携帯から遠ざけることに成功する。携帯からの殺人を邪魔された獅子神だが、今度は街頭ビジョンを通して引き続き発砲を行い、100人を殺害すると「明日から1日1000人」殺害すると宣言し姿を消す。獅子神の凶行を止められず肩を落とす犬屋敷。あくる日、獅子神はまたも非情な行動に出る。
{/netabare}
感想
{netabare}

また殺すところばっかりでいやだなぁ。。
ただ、男の子が携帯をすてて助かったところはほっとした。。

獅子神クンの「日本人がキライ」ってゆうのはにゃんも分かる気がする。。

もともと
安藤クンをイジメた人たちと助けなかった人たちみたいな人ばっかりだし

でもね、ってにゃんは思うんだけど
きっとみんなどうしていいか分からないだけなんじゃないのかな?

にゃんも電車で座ってたときおばあさんが前に来て
どうしていいか分からなかったから立って
次の駅でおりる駅じゃなかったけどおりちゃった。。


それにイジメを止めるのに
「オレはこいつとちがういい人間だからいいことするぞ!」って思うのって
何だかちがう気がする。。

にゃんはにゃんもイジメる人もそんなにちがわないんじゃないかな?って思う

にゃんはイジメはキライだからしない。。
でも、それってキライだからしないだけ

「Fate/Zero - フェイトゼロ」でもあったけど
人を助けることがホントにいいことかどうかってにゃんには分からない。。

前にたぶんTVだったと思うけど

魚を釣って小さい魚はかわいそうだから逃がしてあげる。。
ってみんないいことだって思ってるけど
そうすると大きい強い魚がいなくなって子どもをのこせなくなって
弱い魚ばっかりになっちゃう。。んだって


もしかして人間だってそんなこともあるかも。。
ってにゃんは思っちゃう。。

にゃんがいいことだって思うことって
もしかしたらほんとはわるいことかも?って

にゃんには分からない。。
きっと誰も分からないんじゃないのかな?

だからにゃんはいいことだからやるとか
悪いからやらないとかって思わない。。

やりたいって思うことでにゃんができそうなことするだけ

だから自分がされてイヤだからイジメはしないだけで
こまってる人を見て何とかしたいなって思っても
にゃんは話しかけたりするのニガテだから逃げちゃう。。

そんなにゃんは獅子神クンが悪いなんて言えない。。


ただ、にゃんがしおんだったらやっぱり
「お願いだからやめて!」ってゆうと思うな。。


犬屋敷さんって人を助けたい。。よろこんでもらいたい☆彡。。
って思うから人助けをして
獅子神クンは日本人がキライだから殺す。。

にゃんはどっちもおんなじかも?って思う
やりたいことしてるだけ。。

でもにゃんは見ててかわいそう。。って思う
殺される人たちも殺す獅子神クンも。。

それで
どうしたら獅子神クンが
人を殺さなくっても幸せになれるのかな?って思う

きっとみんなが
ほかの人の気もちとか痛みとか分かるようになったら
誰もほかの人をイジメない、誰もほかの人を殺せない世界になると思う

ただ。。それって
この世界だとむずかしそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第十話「東京の人たち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
新宿での無差別殺人を行った翌日、より多くの人を殺害するために獅子神が取った行動は、都内に飛行機を次々と墜落させるという非情なものだった。安堂から連絡を受けた犬屋敷は墜落を阻止すべく、能力を駆使して何機もの飛行機を操り、ギリギリのところで無事に着陸させることに成功する。
更に犬屋敷は、飛行機墜落による火災で高層ビルに閉じ込められている麻理の救出に向かおうとするが、そこに現れた獅子神から攻撃を受ける。一刻の猶予も無い中、必死で麻理のもとへ向かおうと飛ぶ犬屋敷とそれを追う獅子神。
同じ機械の体を持つ者同士の戦いは熾烈を極めていく・・・。
{/netabare}
感想
{netabare}

東京の街に飛行機がふってくるところはとってもシュールで
本当に起きてるってゆう感じがしなかった。。

飛行機を支えて飛ぶってゆうのもすごすぎてピンって来なかった。。


でも麻理から「たすけて!」って電話があって
早く行こうってする犬屋敷さんを獅子神クンがジャマするところからかな?
間に合うかな?って気になって
ふつう眠っちゃうバトルもぜんぜん大丈夫だった☆

バトルはすっごくよく動いてて
ふつうのハーレムバトルとかとはくらべられないくらい。。

くらべるとしたら「進撃の巨人」で
立体起動装置で飛び回るシーンがあるけど近いかも?


おはなしはふつうによかったけど
死んでる麻理を生き返らせようってして一生けんめいがんばったけどだめで
あきらめたら生き返って
神さまみたいな力を持っててもできないこともあるんだって思った。。

生き返った麻理が前はバカにしてたお父さんに抱きついて泣くところは
なみだが出ちゃった。。

ほんとは力があってもさえないお父さんでもおんなじ人なのにね。。

そのあと犬屋敷さんが
自分が生まれてきた理由が分かった
って1晩中人助けしてたところは感動しちゃった。。

自分が生まれてきた理由なんて
きっとみんな知らなくって当たり前だから
それが分かったってゆうのはすごい力をもってることよりすごいことかも?


獅子神クンはこわされて落ちてったけどまだ生きてて
さいごに通りすがりの女子から水のかわりにジュースをもらってたけど
これってシュールすぎない?
TVのドッキリとかだったら分かるけど。。

でも、これで人を殺すのやめてくれたらいいんだけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
最終話「地球の人たち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
新宿で多くの人を救い、自宅に戻る犬屋敷。犬屋敷は帰宅を待っていた家族に自身が機械の体である事を告げ、家族のもとを去ろうとする。しかし、家族は機械になった彼の存在を受け入れ、涙を流して抱き合う。
一方、犬屋敷との戦いで両腕を失った獅子神は安堂のもとを訪れていた。安堂は獅子神の来訪に戸惑うが、獅子神を激しく断罪する。大切に思っていた親友に強く存在を否定された獅子神は、失意の中、安堂の前から姿を消す。
犬屋敷は自分を受け入れてくれた家族と幸せな時間を過ごしていたが、巨大隕石が直撃する未曽有の危機が地球に迫っている事を知る。世界中が絶望に暮れる中、犬屋敷は家族を守るという決意とともに隕石に向けて飛び立つのだった・・・。
{/netabare}
感想
{netabare}

最終回ははじめから泣いちゃった。。


犬屋敷さんが機械の体を見せても
奥さんが「お願い。。うちにいて。。」は
獅子神クンが正体をばらしたときにしおんも同じようなこと言ってたけど
どんな人でも受け入れてくれる人って見ててなみだが出ちゃうよね^^

それで麻理もだきついたところまではよかったんだけど
ワンちゃんまで!ってちょっともり上げすぎかも?って思ったら
男の子(剛史クン)が
「いや、おかしいって。。」ってツッコミ入れたから笑っちゃったw

麻理は知ってたし助けてもらったから当たり前だけど
にゃんは奥さんってちょっとイジワルな感じかな?って思ってたから
機械を見てもびっくりしない奥さんに
にゃんのほうがびっくりしちゃったかも^^


それからにゃんは
安藤クンがあんまり好きじゃないかなぁ。。

べつにいい人だって分かるからキライってゆうのとはちがうし
自分のこと心配してくれてる獅子神クンのことうらぎって
犬屋敷さんとつながってたからでもなくって
さいごまで人を殺すのやめるようにって説得しなかったからだって思う。。

1番の親友が悪いことしてるって思うんだったら
殺される誰かのためだけじゃなくって

獅子神クンのためにさいごまでいっしょにいてあげて
「人殺しなんかやめろよ!」
って言ってあげた方が良かったんじゃないかなぁ。。って

それって犬屋敷さんの奥さんとかしおんとかが
相手がどんな人でもいっしょにいてほしいって思ったやさしい気もちで
そうゆう思いが伝わったら
獅子神クンだって変われたんじゃないのかな?って

あと、犬屋敷さんと剛史クンのおはなしとか
いろいろな思いが伝わってきてずっとうるうるしてた。。

ただ。。
巨大隕石が落ちてくるってゆうのはアニメでよくあるおはなしだけど
きゅうに人が宇宙船につぶされて機械にされて。。
ってゆうだけでもめったにないことなのに

たまたまおんなじときに隕石で人類滅亡って
ちょっとおはなし作りすぎたかな?って思った^^

でも、宇宙人さんって2人をまちがえて殺しちゃったから
兵器に作り直した。。みたいに言ってたけど

もしかしてホントは隕石のこと知ってて
地球人を助けてあげたいって思ったけど協力したってバレるとまずいから
わざと事故ったフリして2人を兵器ロボットにした。。んじゃない?って
だから2人に「星をほろぼす力がある」なんて言ったのかも。。って

実は宇宙人さんっていい人で
「地球人なんか好きじゃないんだからねっ!」
ってゆうツンデレ宇宙人だったw


それで犬屋敷さんが隕石を止めに行ったんだけど止められなくって
そしたら獅子神クンが来た☆

にゃんは獅子神クンは隕石を止めに来るんじゃないかな?って思ってたから
(だってジュースもらったところで終わっちゃってたら何だかヘンでしょ?)
やっぱり来た!って思った^^

それでにゃんは獅子神クンも反省して
自分が死んでかわりにみんなのこと助けたい
って変わったのかな?って思ったら

「オレにも死んでほしくない人がいる」って言って
やっぱり獅子神クンってブレないなぁ。。って

でも、しおんにも安藤クンにも分かってもらえなくって
悲しいのにうらんだりしないで変わらないで助けてあげたいって思うのは
いいイミでもブレないなぁってちょっと感動しちゃった☆

獅子神クンって悪いこともいいこともするフシギな人。。って思うかもだけど
ふつうの人だってチョウチョとかトンボは助けたいって思っても
「G}を助けようって思う人はいないんだからおんなじだって思うな。。

獅子神クンってきっと
自分の家族とか友だちじゃない人たちのこと
仲間だって思えないだけなんじゃないのかな?


それから大統領が
「今なら何をしても罪にならない」って言ってたけど
みんなあと3日で死んじゃうってゆうときに
悪いことする人っているのかな?

お金とか物とか持っててもあんまり役に立たなさそうだから
ぬすんでもしょうがないし
みんな3日後には死んじゃうんだったら
だれかを殺したっておもしろくないんじゃないのかな?


さいご獅子神クンが自爆しただけじゃ足りなくって犬屋敷さんも自爆したけど
これでよかったんだって思う☆

これでもしロボットの犬屋敷さんがニセモノだったってしても
死んじゃった犬屋敷さんが
今まで生きて感じたり思ったりしてきたことがムダにならなくって
あの世でよろこんでそう。。


EDは泣くってゆうか
なんだかじわじわ。。ってした感じだった。。


Cパートで剛史クンがイジメっ子にやられるだけじゃなくなって
麻理のマンガがジャンプで賞をとって。。ってゆう
ロボットでも犬屋敷さんがいたおかげでよかったって思えてよかった☆
{/netabare}
{/netabare}


見おわって


おはなしはバトルかな?って思ってたけど
じわーって感動するSF系ドラマだったみたい
とってもよかった☆

ただ、とちゅう
目をつぶっちゃうくらい暴力とかグロいところがあって
べつにそんなシーンなんかいらなかったのに。。ってゆうか
なかった方がよかったって思った


メインの声優さんは俳優さんであんまり合ってなかったし
大げさすぎてさいごまでなんかちがう感じがした。。

キャラデザは線とかこまかくって汚い感じだったけど
背景とかはきれいだったしバトルもすごい動いててよかった☆

投稿 : 2020/03/18
閲覧 : 824
サンキュー:

67

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

一風変わったヒーローもの

 原作は未読。
 初老の風采の上がらない男性がヒーローになるという基本設定が面白い。
 自身の能力をよく判っておらず、その辺の苦労やそこから生まれるユーモアなどは、往年の
アメリカのテレビドラマ「The Greatest American Hero(邦題 アメリカン・ヒーロー)」を
思い出す。
 主人公の犬屋敷 壱郎だが、見た目こそパッとしないが秘めた正義の心や家族愛など、その内面は
なかなか魅力的で、この壱郎と同時期に機械化された獅子神 皓の活動がストーリーの主軸と
なるが、その裏で当初はバラバラな感があった犬屋敷一家が一つにまとまっていく
ファミリードラマ的側面も楽しかった。

 壱郎と獅子神のぞれぞれの能力を使った行動だが、いずれも機械となった自身が人間であることを
確認するためのものであるのに、結果としてかなり違ったものになっていることが興味深い。
 壱郎の行動理念が「世のため、人のため」的な比較的シンプルなものであるのに対して、獅子神は
人間の善悪の二面性が出ているのが面白い。ある意味非常に人間らしいというか。
 善行とも言うべき部分も母親、安堂 直行、渡辺 しおんと祖母といった自分と親しくしている人の
ための行動であるのが、社会正義的に見地に立つ壱郎と異なる点がこれまた面白いところ。

 終盤、獅子神が日本に対して宣戦布告する展開は、強大な力を持った個が国家に戦いを挑むという
図式が「亜人」に通じるものがあり、その結末が気になったが巨大隕石の接近でうやむやに
なってしまったのが残念。
 この巨大隕石だが、いかにも話を締めるために起きたイベントという感じで唐突感は免れず。
 その展開自体もやや詰め込んだ感もあったが、それなりにちゃんと締めた感はあった。

 壱郎、獅子神、安堂といった主軸となるキャラのキャストがいわゆる非声優さんだが、それほど
違和感なく作品に馴染んでいたように思えた。

2020/03/01

投稿 : 2020/03/01
閲覧 : 96
サンキュー:

2

よし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

中の上って感じ

ラストが気に食わなかったけど、それまでは面白かった。

投稿 : 2020/02/04
閲覧 : 103
サンキュー:

1

ネタバレ

丸太武漢肺炎天安門 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

CYBORGじいちゃんG+ウルトラ・スーパー・デラックスマン

GANTZの作者のヒーローもの。GANTZの作者にしては努めて「普通のヒーローもの」にしているのだと思う。大筋は正義のおっさんヒーローが活躍する勧善懲悪物で、心温まるいい話、犬屋敷と安藤のコミカルなシーン、獅子神が恋人と空を飛ぶスーパーマンのオマージュのような素敵なシーンもあるが、一方で話題になった一家惨殺をはじめGANTZのようなムナクソ悪いシーンも多い。終盤の大虐殺はムナクソ所ではないが。癌患者の辛さの描写が多いが作者の身内に癌の方がいるのだろうか。

制作はMAPPAでキャラデザはGANTZも担当したリアル系作画最強アニメーター?の恩田尚之さんなだけに作画は良いが、後半はモブが崩れていた。3DCGも多用していて、10話のホーミングレーザーを駆使したバトルシーンはPS1のオメガブーストを思い出した。

話の内容については、出だしの宇宙人が事故で人間を殺してしまい、超技術で生き返らせる展開はDr.スランプのターボ君を思い出した。←古っ!
GANTZファンの安藤が正義感の強いまともな人間なのは作者の手前みそに感じるw獅子神はGANTZがネットで叩かれてるのを鵜呑みにしているような奴だから凶悪なサイコパスなのだろう。6話の2ちゃんねらー大殺戮はGANTZが叩かれている時に作者がやりたかったことなのではないか。
獅子神はワンピースのファンだが、作者はワンピの「仲間以外の生死はどうでもいい」を批判しているのだろうか。実際に獅子神は最後までそのポリシーからブレずに行動する。GANTZでは北斗の拳をdisっていたな。

そして問題のラストだがアルマゲドン以外にできなかったんだろうか。宇宙人と戦う、だとGANTZと同じになるから避けたんだろうけど。
それでも破綻してたアニメのGANTZよりは11話で綺麗に終わっているので、GANTZよりは良いアニメだと言えるだろう。

声の演技については獅子神の棒読みが酷い。犬屋敷の焦った時の声が甲高いように感じたが、ベテラン俳優だけに自分の能力にうろたえたり驚いたりは声優とは違う自然な演技で新鮮だった。声優のわざとらしい演技が嫌だという意見もちょっとわかる。

投稿 : 2019/12/19
閲覧 : 130
サンキュー:

5

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私だけのヒーロー

最初、主人公が冴えないおじさんで、声も元気がなくて、キャラデザも独特でなんだこのつまらなさそうなアニメはって言うのが第一印象でした。
なんだこれは、切ろうって1話の途中まで思っていました。

ですが、結果的に切らなくて良かったと心の底から思える名作でした。

最初は覇気のないおっさんだったいぬやしきさん。
でもだんだんとこの冴えないおっさんがカッコよくなっていく。
気づいたらこの冴えないオッサンを応援している自分がいる。

絶対に最後まで見るべきです。最後まで見たあなたは、果たして涙なしで見られるでしょうか?
とにかく最終話含めた終盤が素晴らしかったです。

OPもEDもかなりいい曲です。
特にEDはアニメ終盤になってくると本当にこの作品のために書いた歌詞だってことが良く伝わってくる名曲だと思う。
終盤の3話くらいはEDテーマが流れるたびに涙出てきた。
アニメとEDテーマが合いすぎ。
OPはOPでこの作品によく合ってるとおもう。

私が感じたように、一話だけではこの作品の魅力は十分にわかりません。
どうか最初の印象で切り捨てず最後まで見てください。
こんな名作はなかなかありません。

以下、ネタバレ感想
{netabare} とにかくこの作品で良かったと思うのは、いぬやしきさんとヒロの対比ですね。
同じ能力を持ちながら、ただ困っている人を助けたいという純粋な心で動くいぬやしきさんと、手に入れた力を使って自分と自分の親しい人の幸せだけを追い求めるヒロ。
ヒロは異常殺人者とみなされているけれど、急に宇宙人にサイボーグにされて超人的な力を持ってしまったら、それを隠して普通の生活ができるかっていうと、なかなか難しいと思うんですよね。
親しい人には優しく、そうでない人には冷たくって言うのはそんなに珍しいことじゃないし、手に入れた力は使わなきゃ勿体ないという考えも理解はできる。
いぬやしきさんのような究極の善人のほうがいわば異常であって、ヒロはいたって普通なんじゃないかとも思います。

そのヒロも、人類側の対応がちょっと違えば止まることができたかもしれませんしね。
ヒロの母親が世間によって殺される(自殺に追い込まれる)ところは、他人事とは思えないですね。 今の世の中、ちょっと失敗してニュースになるとTVやら雑誌やら掲示板やらヤフコメやらでみんなで寄ってたかって叩きたい放題。
本当は悪くないかもしれないのに、勝手な想像でニュースを鵜呑みにして叩く。自殺に追いやりかねないその無責任の叩きは、いじめや殺人犯と何が違うのだろうか?ってちょっと考えさせられました。
私はこの作品を見て、ネット上で無責任に人を責めるのはちょっと考えなおそうと思いました。

そしてやはり一番いいところは、娘を必死に助けようとしているいぬやしきさんですね。
「いやだ、お願い、いやだいやだいやだ、お願い、助けて、助けて」
いぬやしきさんの必死な想いが通じて本当に良かった。
あの場面はいぬやしきさんと一緒に願っていました。
奇跡でもご都合主義でもいいから真理を助けてあげてって。

あれだけ家族からうとまれていたいぬやしきさんが娘や妻から受け入れられたところも良かったし、涙なしでは視聴できませんね。

ほぼ満点ですが、結末だけ。
地球を守って人知れずヒーローになるいぬやしきさんとヒロがカッコ良かったけど、やっぱりハッピーエンドが良かったですね。いぬやしきさんが娘の夢をそばで見守るエンディングが個人的には見たかったです。

{/netabare}

投稿 : 2019/10/17
閲覧 : 194
サンキュー:

6

ネタバレ

リプトン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

cg..

そんなことよりストーリーが面白い。さすがGANTZ作者、
終わり方感動です。いいお話

投稿 : 2019/09/30
閲覧 : 150
サンキュー:

3

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

視聴開始...断念

視聴理由 特になし

正直つまんない
声優さんもあってない。
opのman with a missionさんの曲はよかった

展開が面白くなさ過ぎて中断した
また機会があったら

投稿 : 2019/05/30
閲覧 : 223
サンキュー:

8

ネタバレ

あぱぱ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

人の存在意義

視聴回数 5回くらい

本作品は日本社会を風刺した物語です。

原作者の奥 浩哉さんは「GANTZ」や「いぬやしき」で
様々な人間模様を描いています。

珍しく作品内のキャラクターが奥 浩哉さんの大好きな巨乳女性が
登場しないので、少し残念感があります。

特にこの作品では人の繋がりをテーマにした物語で、社会と個人に
ついて考えさせられる場面が多く感じられます。

以下は視聴済みの方向けの内容です。

{netabare}
「GANTZ」で加藤に対して「偽善者」という表現がされていましたが
犬屋敷は人として完全ではないですが「善人」。

逆に獅子神の殺人行為は「悪人」ですが、人の気持ちとしては
「常人」だと感じられます。

善人と悪人を作り出したきっかけが日本社会のシステムで
あっただけで、誰しもがどちらの境遇に陥る可能性があり
気持ちを変えられるのは本人の意識次第ではないかと
考えさせられる物語ではないでしょうか。

人の気持ちは良くも悪くも環境次第で変化します。
{/netabare}

個人的に制作会社のMAPPA作品を高く評価しています。
他のMAPPA作品で楽しめる方にはオススメかと思います。

実写の劇場映画もありますので、気に入られた方はそちらも
視聴されるといいです。

(余談)

先進国の社会システムで、人の気持ちが疲弊しきっている描写は
視聴していて気分がいいものではありません。

しかし現実へ向き合わなければ見えてこない自分があって、
それにより変化する自分がいることを認めないといけない
自覚も必要です。

まわりから見て「いい人」は「どうでもいい人」ではなく
「好(い)い人」へ変われる自分になれれば素敵だと感じています。

そんな「好(い)い人」が、いぬやしきです。

投稿 : 2019/05/26
閲覧 : 231
サンキュー:

11

ネタバレ

よんなー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

どのような選択をするか

徹底して対比を描いていたなという印象。髪の毛の色も白と黒だし

ダンブルドア先生のお言葉を借りるなら、
「その人間が何者であるかはどういう能力を持っているかではなく、どのような選択をするかで決まる」

犬屋敷さんも獅子神くんも機械になって自分の存在がよくわからなくなってて、でもその後に取った行動はまったく逆のもので。
その対比が面白かった。ふたりとも逆方向に突き抜けてるんだもん
もし自分が機械になったとしたらもっと中途半端だと思う。もしかしたら人助けをするかもしれないけど、多分その帰りにATMに寄るだろうし。まったくどんな日常系だよと

だからそういう意味でふたりとも突き抜けてて良かった。善と悪とか、なんかそういうのじゃなく。ていうか獅子神くん、言うほど悪かな?と思ったり。めっちゃ人殺したからやっぱ悪か


見終わってしばらく経った後に思い出されたり、心に残ったりということはあまり無かったけども、瞬間的なエンターテイメントとしてとても優秀な作品だなと思いました。

ただやはり声は批判されるだろうなあ
ノイタミナはちょいちょいこういうことするからまったくもう。一般受け狙ってるのかな?
その割にラノベアニメみたいなのも作るからよくわからん。
 

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 158
サンキュー:

4

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

残酷描写は嫌いだが最後は感涙した

冴えないおじさんが大活躍する作品。さえないおじさんが活躍する作品は自分の好みになることが多いかもしれないと思ったけど、主人公が冴えないおじさんの作品があまり思いつかない。実際、この作品すごく好き。おじさんかっこよすぎる。
{netabare}娘の麻理を助けるときと最後自爆して地球を救うシーンは涙ちょちょぎれた。かっこよすぎる。あの一家に完全に感情移入しちゃった。今までぞんざいに扱っていたのに掌返しは虫が良すぎる気がしないでもないっていうのは内緒。最初は犬だけだったもんな、犬屋敷壱郎に懐いていたのは。家族の会話はないし、癌の宣告受けたことを誰かに伝えたくても全く取り合ってくれない。だからこそ余計引き立つ。{/netabare}

同時期に機械の体になった獅子神は犬屋敷壱郎が人助けで生を実感するのとは対照的に人を殺すことで生を実感している。そのシーンを描いている2話がしんどかった。{netabare}適当に選んだ家に入って母親を惨殺。風呂に入っていた父を撃ち抜き、一緒に入浴していた幼い息子は死んだ父の重みで水から出られずに窒息。極め付けは最後に帰ってきた娘に脈絡なくワンピースの話を持ち出した挙句、射殺。ここが耐えられないポイント。母にそういったことをしていたと知られ、絶望で自殺され、悲しみからさらに暴走する。そんな彼を愛するしおんの登場や犬屋敷壱郎との戦闘で最後はさすがに更生している。途中、人助けもしている。{/netabare}

OP
My Hero 歌 MAN WITH A MISSION
映像がなんか色々凄い。泣いた顔とか。
ED
愛を教えてくれた君へ 歌 クアイフ
この曲は獅子神のほうに焦点を当てているように感じる。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
1. 犬屋敷壱郎
老人のような見た目の冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎。念願のマイホームを建てるも愛する家族に疎まれ、やるせない日々を送っていた。そんな犬屋敷を末期の胃がんという更なる悲劇が襲う。家族にもがんの事を言い出せず途方に暮れていた犬屋敷はその夜、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ、兵器ユニットを搭載した機械の体に生まれ変わる。 「私は、私ではない…私は機械…」人間ではなくなってしまった犬屋敷。自分の存在に悩む犬屋敷は偶然、男性が少年たちに襲われそうな場面に遭遇する。勇気を振り絞り助けに入った犬屋敷を少年たちはバットで殴りつける。犬屋敷が意識を失ったその時、彼の体に眠る人智を超えた力が目覚めて…。

2. 獅子神皓
生まれ変わった機械の体で人を救っていくことに自身の存在意義を見出した犬屋敷。 一方、犬屋敷と同じく機械の体に生まれ変わった高校生・獅子神皓。獅子神は家族や親友以外の人間にはまるで思い入れを持たず、機械の体の力で無差別に殺人を繰り返していた。彼は犬屋敷とは逆に人の死を間近に感じることで、生の実感を得ていたのだ。 ある日の夕方、学校帰りの獅子神は軽い足取りで適当な民家に立ち入ると、そこに住む住人一家を機械の力で容赦なく皆殺しにする。獅子神の凶行を察知した犬屋敷は急いで民家へと向かう…。

3. 安堂直行
殺したはずの犬屋敷が無傷で立ち上がったことに獅子神は動揺すると、その場から飛び去った。その姿を見て、犬屋敷は獅子神が自分と同じ機械の体であることを確信する。その翌日から犬屋敷は飛行能力や治癒能力など新たな能力が使えることに気づくと、その能力を駆使して更に人助けを行っていく。一方、獅子神はなぜ犬屋敷を倒せなかったのか戸惑いながらも、親友である安堂直行をいじめの標的としていた不良グループと対峙する・・・。

4. 鮫島
全身に入れ墨をまとった極悪非道な暴力団員・鮫島は気に入った女性を見つけると拉致し、薬漬けにした上で乱暴することを繰り返していた。弁当屋で働くふみのは背は小さいが美人で、恋人の悟ちゃんからのプロポーズを受け、幸せな日々を思い描いていた。しかし、ある晩、ふみのは鮫島に目をつけられ、手下たちによって拉致されてしまう。ふみのは何とか鮫島の元から逃げ出して、悟の家に逃げ込むが、そこに鮫島たちが押し入ってくる。ふみのを守ろうと立ちはだかる悟の首に手をかける鮫島。その時、鮫島の凶行を察知した犬屋敷が駆け付けるが、鮫島に銃弾を撃ち込まれて昏倒してしまう…。

5. 獅子神優子
連続民家襲撃事件が大きく報道され、獅子神の犯行を唯一知る安堂は苦悩する。そんな安堂は偶然目にした「各地の病院で治療困難な患者が回復している」というニュースから、獅子神と同じ能力を持った人物がもう一人いるのではないかと仮説を立てる。安堂が助けを求めるウソの声を上げたところ、安堂の家を大慌てで犬屋敷が訪れた。犬屋敷がニュースで報じられていた重病人を回復させている人物である事を聞いた安堂は、犬屋敷を本物のヒーローだと称賛し、獅子神を止めて欲しいと懇願する。一方獅子神は、離婚して別居している父親の家から帰宅した獅子神は、最愛の母から末期のがんに侵されていることを告げられる…。

6. 2chの人たち
十人以上の警察から逃れた獅子神であったが、直後、連続民家襲撃事件の容疑者として全国に指名手配され、母との幸せな時間は終わりを告げた。行き場を無くした獅子神は、彼に好意を寄せるクラスメイト・渡辺しおんの家に身を寄せる。一方で犬屋敷は安堂のサポートを得て、機械の体の能力を使いこなしつつあった。そんな折、獅子神の母・優子がテレビで謝罪する姿を見た犬屋敷と安堂は、獅子神の動向に不安を感じる。 獅子神も優子の身を案じていてニュースをチェックしていたが、「連続民家襲撃事件 犯人の母親が自殺」と速報テロップが入る。獅子神は上空へと飛び出すと、終わらない慟哭を響き渡らせるのであった・・・。

7. 渡辺しおん
獅子神は自身の無実を信じるしおんに自分の体が機械になったこと、また生を実感するためにこれまで多くの人の命を奪ってきたことを告白する。「もっともっと人を殺す…この国の人間を全部…」しおんに無情な宣告をする獅子神。しかし、しおんはそれでも獅子神に置いていかないでほしいと懇願する。これまで獅子神が奪った人にも未来や大切な人がいたと泣き叫ぶしおんに獅子神はある提案をする・・・。

8. 犬屋敷麻理
侵入した特殊部隊から銃の乱射を受ける獅子神。獅子神は銃撃の巻き添えになり倒れたしおんとしおんの祖母を抱え、何とかその場を脱出する。気絶した2人を安全なところに避難させると、しおんとの幸せな生活に別れを告げ、涙を流し飛び去る。 別の日、獅子神や安堂のクラスメイトで犬屋敷の娘、麻理は偶然にも犬屋敷と安堂が一緒に病院に入るところを目撃し、彼らの後を追う。彼らが入っていった病室の様子を窺うと、そこでは麻理には信じられない出来事が起きていた。その後、犬屋敷が火災現場へと飛び立っていく姿を見て呆然とする麻理。同じ日の夜、深い絶望に打ちひしがれた獅子神は復讐を決意し、警察署を襲撃する・・・。

9. 新宿の人たち
獅子神による警察署襲撃事件が大きく報じられる中、獅子神は各地の街頭ビジョンをジャックし、日本に対し宣戦布告をするとともに「今から100人殺します」と宣言。手始めに新宿で無差別に殺人を開始する。獅子神が携帯電話を通して無差別殺人を行っていることに気づいた安堂は、犬屋敷の能力で携帯を使用しないよう緊急警報を発信し、人々を携帯から遠ざけることに成功する。携帯からの殺人を邪魔された獅子神だが、今度は街頭ビジョンを通して引き続き発砲を行い、100人を殺害すると「明日から1日1000人」殺害すると宣言し姿を消す。獅子神の凶行を止められず肩を落とす犬屋敷。あくる日、獅子神はまたも非情な行動に出る。

10. 東京の人たち
新宿での無差別殺人を行った翌日、より多くの人を殺害するために獅子神が取った行動は、都内に飛行機を次々と墜落させるという非情なものだった。安堂から連絡を受けた犬屋敷は墜落を阻止すべく、能力を駆使して何機もの飛行機を操り、ギリギリのところで無事に着陸させることに成功する。更に犬屋敷は、飛行機墜落による火災で高層ビルに閉じ込められている麻理の救出に向かおうとするが、そこに現れた獅子神から攻撃を受ける。一刻の猶予も無い中、必死で麻理のもとへ向かおうと飛ぶ犬屋敷とそれを追う獅子神。同じ機械の体を持つ者同士の戦いは熾烈を極めていく・・・。

11. 地球の人たち
新宿で多くの人を救い、自宅に戻る犬屋敷。犬屋敷は帰宅を待っていた家族に自身が機械の体である事を告げ、家族のもとを去ろうとする。しかし、家族は機械になった彼の存在を受け入れ、涙を流して抱き合う。一方、犬屋敷との戦いで両腕を失った獅子神は安堂のもとを訪れていた。安堂は獅子神の来訪に戸惑うが、獅子神を激しく断罪する。大切に思っていた親友に強く存在を否定された獅子神は、失意の中、安堂の前から姿を消す。犬屋敷は自分を受け入れてくれた家族と幸せな時間を過ごしていたが、巨大隕石が直撃する未曽有の危機が地球に迫っている事を知る。世界中が絶望に暮れる中、犬屋敷は家族を守るという決意とともに隕石に向けて飛び立つのだった・・・。

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 171
サンキュー:

8

♡ェみーる米麹米子 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

老人Zかと思いきや

お父さん58歳
なんだかOPはサイバーチックで
1話の内容とギャップありすぎでちょっと苦笑
この曲ランニングとかに聞くと良さげ
MAPPAとさとうけいいち
これだけでも見る価値あると思って見てたけど

さすがやで

58歳にしては老けすぎのお父さん
哀愁漂うというか
もうちょっとお父さん大事にしようよと思いながら見てたのだけど
お父さんめっちゃいい人なん

想像力のない子供

実は多いのだよね
誰かと誰かは繋がっていて
大事に思う人もいるし
死んだら悲しむ人もいる
わからなければいいや感覚でやると
痛い目を見る

若さと年寄りの経験値の差だろうけど
自分のやったことに責任持って欲しいな

気になったんだけど
防犯カメラあちこちにあるし
よく見つからなかったよねw

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 126
サンキュー:

12

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

すんげーかったっすよ

すんげーのなんのってこの容赦のない描写!
徹底的にやらにゃ気が済まん!てな気迫がバリバリ伝わって来よりますわ~
作画とかまず変態的に上手いし、メカ・戦闘その他CGもハイセンス&ハイクオリティー。
ストーリーはなかなかにハードでございましてね~、
いやほんとに怖い怖い、半端じゃないでしょう
奥先生は怒らせたら怖い
この、作家としての凄みと申せましょうか、物語の根底にある怨念とでも申せましょうか、作り物とは思えない生々しさとモウせましょうか、、、
オープニングが、既にカッコイイので、毎回食い入るように見てしまった
傑作の、アニメーションだと、思います!!(;.:◉;.:◞౪◟;.◉;)!?

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 89
ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

力を手に入れた時どうするか…二人の対比が面白い

1話感想
作画が素晴らしい。

内容も何とも面白いですね。
別に斬新ってわけじゃないんですよ。宇宙人に殺されて代わりに力を得るなんてウルトラマンの頃からの定番で。
しかしそこに哀愁漂う老人を持ってくる所に得も言えぬセンスを感じます。

全話感想
非常に面白かったです。
作画は素晴らしく、内容も面白い。

獅子神君の声、最初は演技していなくて変に思いましたが、よく考えると普通の高校生って皆あんな感じの話し方していますよね。

演技っぽくない自然な演技として、むしろ良かったのではないでしょうか。

身に余る力を手に入れてしまった場合、きちんとした大人と、未熟な高校生が対比になるというのも理解できる話。

自分だって高校生の時は、世界よ滅べ、的な中二病を患ってましたからね。
非常に質が高く楽しめる傑作でした。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 93
サンキュー:

3

スマートなトーマス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まあまあ良かった

まあまあ良かった

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 142
サンキュー:

1

じん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少し大人向けの少年アニメ

この作品の作りは単純だ。対比を中心にストーリーも大きな乱れはない。
その中で重苦しい展開を描ききることによって見る側へのストレスはあまり無いよう感じる。ただし、これはあくまでテレビ放送枠が大人向けであるという前提に立っている。まあ、めんどくさい言い方をしたがある程度の大人なら胸糞の悪い展開も見れるし意図もつかめると私は言っているわけだ。

ストーリー展開は繰り返すが単純だ。主人公と同じ立場であるはずの青年、この二人のすれ違いに関しては後半の会話でうまく分けられていた。原作漫画の内容を整理してアニメ化しているという点ではよくできている部類に入る。社会に関しての思想などを両者に混ぜることによって批判をしようとしたのだろう。ちょっと露骨なところだが目障りでもないので認められる。

こちら、作画はフルCG を用いて作ってある。しかし、予算の限界なのか10話の戦闘シーンでは動きに古臭さを感じ、粗い。表情の描き方はあまり良くない。原作準拠のキャラクターを書こうとするとこうなるよなあ...と思った。少なくともこれはデザイン、原画の限界だろう。個人的に私が評価している表情がうまい原画マンは私の中ではAKIRAの大友氏、人狼の沖浦氏だ。原画マンと言える仕事をメインにやっているのは遥か昔だが、どんなデザインでも表情の描き方を手にしているお二方の作品をぜひ見てもらいたい。コンテも時にイマイチであるというところがある。もう少し動き方に特徴をもたせられなかったのかと不満が残った。

サウンドトラックはあまり良くないが、OPの演出や引きは良いと思う。各一話にある程度の完結性をもたせるのがうまく、ストーリー展開に厚みを加えていた。

声優は、このキャラクターデザインからも専業声優を使わない選択は当てはまっていると思う。主人公を演じる俳優の小日向さんは下手ではない。むしろイメージ通りに演じていた。CGアニメなどの実写に近いアニメではこういった特徴は非常に評価できる。評価が低い声優の欄だが私は評価しよう。

単純な作りで少々重い展開も見やすくしている、また萌えという壁を払ったアニメという意味からも多くの人におすすめできるアニメだ。

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 218
サンキュー:

4

えくいてぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なにからなにまで、今までの常識覆してくれる作品かも^^

何でしょう・・
良い意味ですごく裏切られてよかったぁ~~!!
って感じです^^

今までの作品でもありそうですけど、
実は無いのではないでしょうか?

誰がヒーローはイケメンって決めたの?
悪役はブサイクって決めたの?

悪役だって理由があるのかもしれない。
気づいてないのかもしれない。
って思わせるにはやっぱりこの配役が良かったってことなのかな?

ラストはほんと良かったです。

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 179
サンキュー:

6

pikop さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

カッコいいヒーロー!

面白かったです。
主人公は余命わずかのおじいさんですが、最高にカッコいい!
観終わった後もスッキリ後味の良い感動作でした。

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 148
サンキュー:

1

ネタバレ

ポル さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

生き方が真逆!?のダブル主人公!面白かったよ!

謎のオーバーテクノロジーによりサイボーグに改造された二人の物語。

最初ブッ飛んだ陳腐なギャグアニメにしか思えず、1話で見るのをやめて敬遠しておりました((´∀`*))ヶラヶラ
機械の体がとにかく気持ち悪くて頭から背中からパッカーんですものww
リアルである。

1話で切らずに見続けていくと様々な人間模様(老人と青年の真逆の生き様)がみえてきて結構面白くなっていきます。

見終わって二人の主人公についてのつぶやき感想
{netabare}
青年について
{netabare}
この人は最初から頭のネジが飛んでいましたね。常識的一般高校生でありながらどこか感覚的に狂気にずれている。

狂気に走る性格と頭脳明晰優秀そうな感じからデスノートのキラっぽいって思いました。
実際はあっとうまに追い込まれていくわけですがw

ゲーム感覚でパンパン人殺しが始まった時、!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?
なぜ殺すのか意味分からずグロイの嫌でした・・・

自分に優しくしてくれた人たち、親友、身内に対しては正常な優しさを見せていたのですが、力を手にしたことによりどこか子供っぽく世界を舐めていたんでしょうね。後戻りする方法、犯した罪の重さに耐え切れず暴走していく姿は痛々しい。
{/netabare}
老人について
{netabare}
80歳くらいに見えました。(女子高生の娘いるんで50歳くらいなんでしょうがw)
最初、自分の家族に粗末に扱われていて、ペットの犬にしかなぐさめられることのない生活は見ていて痛々しいものがありました。
娘だけ超美人で血が繋がっているんでしょうか?と疑っちゃうよw

物語の最後まで人を思いやる正義感にあふれた、人の痛みがわかる人で、見た目不格好に見えて生き方がカッコイイって思いました。

ラストは地球を隕石から救うかたちで二人とも消滅という終わり方であっけなく幕を下ろすことになりましたが、二人ともサイボーグになってから協力し会えれば別の未来もあったのかな?とおもってしまい悲しい気持ちになってしまいました((>ω<。))
{/netabare}
最後に平和になり、ホッとする日常。娘さんジャンプで賞取れてよかったですね。いいアニメだったと思います。
{/netabare}

投稿 : 2018/11/23
閲覧 : 208
サンキュー:

15

トスカーナアモーレ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

UMAの行く末

某映画の終盤に似ているがまさか泣かされるとは
起承転結上手く纏まっていて、SFものとして素晴らしい内容
俳優が声優をやるのは好きじゃないが、主人公のボソッとした話し方が癖になって嵌り役だった

投稿 : 2018/11/22
閲覧 : 135
サンキュー:

2

ネタバレ

順順 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主役の声優

主役の声優をちゃんとした人にしてほしかった。

所々Peeping Lifeになってるのが、
安っぽい感じになってて残念だった。

投稿 : 2018/11/15
閲覧 : 160
サンキュー:

2

考え中(←名前です) さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 1.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

作品として何が言いたいのか伝わらなかった

設定は面白く、作画や音楽も悪くない。

にも関わらず、
何故か最初から最後まで「面白くない」という感覚が拭えない(T-T)

以前に「ポップ1280」という小説をイチオシされて、
読んだものの面白さが全く理解できなかったことを思い出しました。
(ノワール・暗黒小説路線では無かったようですが)

結局タイトルの通り、私には合わなかっただけ…かもしれません。

投稿 : 2018/10/28
閲覧 : 201
サンキュー:

5

ぴよぴよ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

面白くて一日で全話見た

いやーまじで見てよかった
面白くない回がなかったな。全部続きが気になったし見ていて飽きなかった。
そして他のアニメと設定が違うところもいい。
まず主人公が色々とリアル。平凡で家庭では影の薄い中年親父。本当に現実世界に存在してそうな感じ。
漫画で1話だけ見たときに可哀想で惨めで見ていられずそれが理由でアニメは見てなかったけど今では逆にそれが良いと思う
本当に見ていて胸が熱くなるアニメだった。主人公の敵役もなかなか興味深いキャラで色んな葛藤や心境が描かれていて胸が苦しくなった
アニメに入り込み過ぎて「がんばれ」と画面に向かって言っている自分がいた(笑)
ぜひ見てほしい。面白いから

投稿 : 2018/10/15
閲覧 : 143
サンキュー:

2

どどる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

善いとか悪いとか

視聴終了まで評価は3のままにしておきます。
2話の段階では5をつけたいです。

ものすごく良い作品です。
うだつが上がらない主人公という設定はよくありますが、この作品は主人公のネガティブ面を描写しています。
単純におもしろいというには切り込み方に不愉快さがありすぎ、リアルな描写に自分の実生活のことを思い出してしまったりもします。
でも、それを悪趣味で終わらせていません。不愉快さをバネに飛び上がるカタルシスがあります。
序盤なのでシンプルな展開にしているのかもしれませんが、方向転換がなければ、不愉快で暗いだけの話では終わらなさそうです。

近い傾向を持つ作品は、アニメよりはランボーファイナルやゼブラーマンなど、映画に求める方が早そうです。


6話まで視聴。
いよいよ、善とか悪とという古典的なテーマを現代的な視点から切り込んでいる作品のように思う。
善悪というのが適当でないならきれい、きたないと言いかえてもよい。
悪いものに悪感情が向かっていく姿はとても汚い。

10話まで視聴。
獅子神を丁寧に書きつつ久々の犬屋敷さん。
よすぎる。

最終回を視聴。
ていねいな作りでまったく異なる2人のキャラクター、最終的にどちらの心情にも寄り添うことができました。
やはりテンションは10話が最高でしたが、これまでの積み重ねをふくんで、これしかない結末です。

強い光が2回…。

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 192
サンキュー:

11

ネタバレ

みつぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

超高度な宇宙船が地球に落ちて

若者とおじいさんが犠牲になり

武器しか積んでなかった宇宙人が武器ユニットで二人を適当に蘇生して帰ってしまう

蘇生された二人はそれぞれの道へ

若者は他人殺しに走り

おじいさんは正義の味方になってゆき

二人の対決はおじいさんの勝利

でもこのおじいさん女子高生の子供がいるから年齢的にはお父さん

作画はおんぼろ爺さん見たく描かれている

子供の女子高生は凄い美人おじいさんは凄くぼろぼろギャップが凄い

親子愛にも地球滅亡関連も描かれている

自己得点70点

投稿 : 2018/10/07
閲覧 : 102
サンキュー:

2

kuroko85 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

善悪の彼岸

またまた、ただの落書きですが、、、

奥浩哉は【HEN】での癖のあるタッチと巨乳に
嫌悪感を感じていました。
ただ、【GANZE】の発想は素晴らしく、
【寄生獣】を思わせる単なるエンターテインメントではない
哲学性を感じました。
そして今回の【いぬやしき】で作者が内在しているものを
再認識しました。
作者は日常に転がる善悪の彼岸をデフォルメしているのですね。
善悪の価値観なんて、人によって千差万別で
虫の命を尊ぶ人も居れば、人の命さえ弄ぶ人も居る、
この作品はそんな事象の連続ですね。
更にこの原作者がシニカルなのは、善悪、美醜、真偽等を
故意に逆さまにするところですね。
特に私が全11話の中で感銘を受けた
(いえ、一番嫌悪した)のは
【鮫島】という話です。
鮫島と言う名前のやくざを軸に進む1話ですが
正直ロボットなんて比べものにならないほど
冷血無慈悲で、へんなところ
(人間として痺れてはいけないところ)が
痺れました。

投稿 : 2018/10/02
閲覧 : 135
サンキュー:

9

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 1.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

続きが気になる作りではあったが...

毎週、毎週続きが気になった。
しかし、気になるだけで緊迫感はあまり無かった。
作画は設定画は良いのだが時々やる気が無かった。
また、CGの質が微妙。
声優は、犬屋敷は声が小さすぎて聞き取りにくかった。
獅子神は、棒読み。
キャラは、単純に獅子神が嫌いというだけの理由で低くしてある。
また、獅子神の後半の行動もいまいち理解できなかった。
最後は、急展開過ぎて今までの話が無駄に感じた。

投稿 : 2018/10/01
閲覧 : 159
次の30件を表示

いぬやしきのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
いぬやしきのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

いぬやしきのストーリー・あらすじ

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。

その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は人間を遥かに超越する力を手に入れることに。

一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。

自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。(TVアニメ動画『いぬやしき』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年秋アニメ
制作会社
MAPPA
主題歌
≪OP≫MAN WITH A MISSION『My Hero』≪ED≫クアイフ『愛を教えてくれた君へ』

声優・キャラクター

小日向文世、村上虹郎、本郷奏多、上坂すみれ、諸星すみれ

スタッフ

原作:奥浩哉(講談社『イブニング』連載)、 総監督:さとうけいいち、監督:籔田修平、シリーズ構成・脚本:瀬古浩司、キャラクターデザイン:恩田尚之、音楽:池頼広

このアニメの類似作品

この頃(2017年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ