「異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~(Webアニメ)」

総合得点
59.8
感想・評価
127
棚に入れた
469
ランキング
3786
★★★★☆ 3.4 (127)
物語
3.4
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

プクミン

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

実写部分要らない

アニメ好きの人からすると、作品の後半に出て来る実写部分は不要と思う人は多いかなと思っています。
少なくとも自分はそうです。

それと、この作品が放映される前に『異世界食堂』というアニメが放映されており、アニメタイトルも似ている事から、脳内でどうしても「同じジャンル」と考えてしまいます。
もちろん違いはあります。
比較はせず、この作品の特徴を書いていこうと思います。

居酒屋という事なので、酒+つまみ。
これが料理のメインとなります。
客は全て人間で、客層は色々。
ただ、常連のように来る客もいます。
異世界という事もあって、異世界の人からはメニューは読めませんし、意味も分かりません。何となくで注文します。

ただ残念な事に、客はただ「美味い美味い」出された品を口にしているだけで、これ異世界要素が無いのでは?と感じました。
現実世界でとても美味しい料理を作る店があり、そこに一般人がやって来て食べて「美味い美味い」と食べているのと何ら変わりありません。
単に「こんな料理は見た事が無い」という感じで同じような展開が続くだけでした。

段々とつまらなくなり、途中で断念。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 69
サンキュー:

6

徳寿丸

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

これは居酒屋なのね・・・

原作未読。
そりゃ、異世界つっても中世ヨーロッパ的な文化レベルに現代の食材や調理法使えば普通の料理も凄い料理にはなるよね。食感がーーー!とかのど越しがーーー!つってもイマイチピンとこない。いやほんと普通の料理しかでないからね。個人的にはこれ見て御飯食べたいとかビール飲みたいにはならなかったなぁ。でもこういういきつけの店があるのは凄く大事。自分も4カ月前にいきつけの喫茶店が突然閉店してもの凄く困っているんですよ。毎週決まった時間に決まったものを食べる。そしてくつろぎの時間。名店でもなんでもないけど生活の一部というか自分の1週間のルーティンに組み込まれていたんでね。未だに代りの憩いの場所は見つけれていない。ほんとに大事な一部を失った・・・そんな気分です。この「のぶ」もそんなお店なんでしょうね。あーーー、ひょっこり再開してないかなぁ・・・。


私のツボ:何気に好きな声優さんが目白押し。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 49
サンキュー:

6

なまふ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

居酒屋っていうか雑多飯屋

異世界食堂と比べてしまうからかもだけど、もうちょっと居酒屋ならではのメニューあったやろ…居酒屋定番メニューあったやろ…となるラインナップ。
料理にも工夫がない。
間違いもある。
料理がテーマなら作者もうちょっと料理勉強して欲しい。

それを補うかのように実写料理番組&居酒屋巡りが間に入るんだけどあれいらないなぁ。
お昼の食レポ番組や3分クッキングの方がいいレベル。
特に本編で料理の工夫を感じないのでわざわざ料理番組挟む必要はなかった。

料理に工夫はなく、食材にも工夫はない。
異世界だというのに異世界の食材っていうか日本にある食材で名前が違うだけ。

異世界というけどただの中世ヨーロッパ。
異世界の料理は全てまずいものと想定していて、ただの現代飯を皆がこぞって「うまいうまい」とべた褒めするだけ。

店と客との関係性とかは良かったけど、異世界の意味とか食べ物アニメとしてはイマイチかなぁ。

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 51
サンキュー:

2

ネタバレ

衛狸庵

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

のぶ+いらない

異世界食堂の別バージョンかと思ってたら、作者も違い全くの別物なんですね。
異世界食堂が良かっただけに、少しお話的に見劣りするように思いました。
けっしてつまらないと言う訳ではなく、これはこれで面白かった。
{netabare}
大将は京都の料理人だったそうですが、ウナギは関東風に料理するんですね。
ウナギは不慣れで簡単な背開きにしたんでしょうか?
関西風の腹開きは難しく技能がいるそうです。
あとお弁当の為かな?
手抜き大量生産するために焼く前に蒸すんだから。
関西風の蒸さずに生から焼くのは難しいし時間がかかります。
{/netabare}
しかし、最後のなぎらはいらねぇ!

投稿 : 2019/02/06
閲覧 : 78
サンキュー:

2

ネタバレ

U

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

A. ネタバレ注意 - 料理が美味しそう

<主要登場人物>
・矢澤信之 / ノブ :杉田智和
居酒屋「のぶ」の店主兼料理人
・千家しのぶ : 三森すずこ
「のぶ」の給仕で看板娘

料亭の娘・しのぶが政略結婚させられそうになり家出した時に
以前料亭で働いていた信之(ノブ)と出会い一緒に居酒屋を始めることに。

開店初日暖簾を出そうとしのぶが入り口を開けるとそこは異世界だった!!
異世界の人間が居酒屋「のぶ」でトリアエズナマや初めて食べる料理に感動。
そこにアットホームなストーリーが展開したり大小のトラブルが持ち込まれたり。。。
というお話


異世界となってますが月が2つある以外は中世ヨーロッパ。
居酒屋にやってくる人も普通の人間で角や耳が生えてる人なんかはいません。

お店の開店前に商売繁盛の祈願に行った神社の狛犬が異世界と繋げたようですが
狛犬と異世界?
日本語は読めないのに言葉は通じるのはなぜ?
異世界の通貨をもらってどうする?
という疑問はありますが
毎話10分でよくまとまってるし料理がどれも美味しそうです。

題名からして去年放送された「異世界食堂」と比べられることが多いと思いますが
私はこっちの方がストーリーも料理も好きです。
ただ、異世界と言われると「異世界食堂」の方が異世界でした。


小説 → 漫画 → WEBアニメ → TVアニメ
TVアニメはWEBアニメの2話分を放送
1話10分なのであまった時間でなぎら健壱がアニメに出てきた料理を食べ歩きして
Totalで30分枠にしています。
OPなし、EDの半分は本編映像なので
予算が少ないのかなと思いましたが声優さんは豪華です
阿部さん、森久保さん、小西さん、津田さん、小野ゆー、島崎さん、諏訪部さん、浪川さん
良平さん、和彦さん、大塚さん。。。

19.1.5

投稿 : 2019/01/23
閲覧 : 71
サンキュー:

4

あにすきー

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

思ったより

料理の作画が良かった。

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 118
サンキュー:

7

ninin

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

暖簾をくぐると‥‥‥そこは異世界でした。

原作未読 全12話 BS11で放送していたので観て観ました。

小さな居酒屋「のぶ」の入り口が何故か異世界に繋がっていて、異世界のお客と従業員との居酒屋料理を通じて交流を描いています。

異世界食堂では、異世界人は色々な種族が出てきましたが、この作品は異世界人も人間のみが出てきます。

ただ、異世界の文明は、中世ヨーロッパのような佇まいなので、味わったことない居酒屋の料理に驚嘆し、賛辞するところは異世界食堂と同じですね。

また、お話の最後には、なぎら健壱さんが出演する実写の「のぶ+」があり、毎回題材となる料理を実際のお店で味わうコーナーがあります。

料理はみなさんもご存知のものばかり、美味しそうに描かれていました。

1話に2エピソード、ほぼ一つの料理に決めて登場人物のエピソードや出来事を交えたお話なので飽きませんでしたね。

EDは、ほのぼのとした曲でした。

最後に、夜中に観ると目に毒なことばかりw すぐにでも食べたくなってしまいますねw

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 55
サンキュー:

20

scandalsho

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

コメディ色強めの異世界食堂?

原作未読。

店の表玄関が異世界に繋がっている居酒屋「のぶ」を舞台にした物語。

我々には馴染みのある居酒屋メニューに舌鼓を打ち、幸せそうな表情を浮かべる異世界の人々を見ているだけで、見ているこちらも幸せな気持ちになっちゃう作品。

どうしても『異世界食堂』と比較されちゃうこの作品。

とても美味しそうに描かれた料理は互角かな?
こちらのしのぶちゃんの方が、あちらのアレッタさんやクロさんより愛嬌があっていいかな?
こちらは料理メインなのに対して、あちらには登場人物ごとにしっかりとドラマがある。
(まあ、こちらはショートアニメだからというのもあるかもしれませんけど・・・)
こちらはコメディ色が強めなのに対して、あちらはほんのりと心が温まる物語。

どちらの作品にも共通して言えるのは、『飯テロアニメ』であるというところ。
空腹時に視聴するのは少々酷な作品です(笑)。

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 74
サンキュー:

19

ネタバレ

かんざき

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

プロージット‼︎

この作品を見ていると、どうしてもお酒が飲みたくなります笑
やはりお店や客の表現力というか、雰囲気作りとかが上手いんだろうなーと思います♪
ただ、個人的には全編アニメでやってほしかったです…実在のお店の情報って笑

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 20
サンキュー:

1

ネタバレ

MuraBustan

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おいしそう

とても食欲そそる。キャラも良い。

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 30
サンキュー:

5

Dave

★★★☆☆ 3.0
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作は良いが…低予算ゆえに残念

1. 異世界というか中世ドイツというか…
異世界料理モノ、食堂だったり居酒屋だったり…という訳で非常に似た作品もありますがwこっちはこっちで面白い。こちらの方がファンタジー要素が控えめで、異世界というより明らかに中世ドイツですよね?という設定ですが、そうしてしまうと時代考証(実は新大陸発見までヨーロッパにはトマトはおろかジャガイモさえなかった)とか面倒なことになるので、ここは「異世界」でいいのでしょう。(これを正確にやると「テルマエ・ロマエ」みたいになるのかな)

2. 原作漫画に比べると劣化が否めない
漫画版、すごく面白かったので、人物画の劣化が非常に残念。料理の画やストーリーはいいし、教育上の問題もないので家族で視聴していたのですが、いちいち「いや、この子ホントはもっと可愛いんだよ」「ちゃうねん、ほんとはもっと美人やねん」と何故か代わりに言い訳しなければいけない始末。特に原作の作画が良かっただけに、この「それじゃない感」は大きい。

3. 低予算の悲しみ
あと、予算が足りなかったんだろうけど、無駄になぎら健壱パートなんて作らずに、フルに尺を使って物語を進めてくれよー。本気で頼んだら、どこかのビール会社あたりがスポンサーしてくれたんじゃないの?(「ひそまそ」のヤクルトみたいに)
原作が良作なだけに、このような形で世に出てしまったのが残念。ひとたびこのような劣化版で世に出てしまうと、評判も上がらないのでストーリーが面白くても、続編漫画が傑作でも、もう「次」はないんだろうなあ…。

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 48
サンキュー:

6

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

のぶはノブでもクセは強くないんじゃぁ

原作:ラノベ 未読


感想

すみません、ちょっと捻くれてるので辛口レビューになります。
ので、好きな方はスルー推奨です。

異世界で異世界人相手に居酒屋料理出すお話。
似たようなのでは「異世界食堂」がありますね。
これも同じで「食」の俺TUEEEみたいなもんで、文明の劣る人たち相手に今の食文化を披露すれば、そりゃ絶賛されるでしょ?って感想。
そのうち
「異世界農業」
「異世界大工」
「異世界パティシエ」
とか出るんじゃね?って思うよ。(知らんけど)

料理人してる人達からしたら特に面白いんじゃないでしょうか?
自分はただそう思っちゃっただけで、ちゃんと完走できて別段 嫌いって訳ではないです。
あと思ったのは、人それぞれ好があるはずなのに、みんな美味い美味い言うのもどうかと思う。
ビールだって、苦みが苦手な人もいるだろうけど、アニメでは嫌ってる描写はないし、料理だって素材によっては上手くない人もいるはずです。
それなのに、合わないから食べ残すシーンもなし。
みんな大絶賛
ちょっと飽きれてしまいました。
そもそも野菜や魚、肉にしても、こちらの世界の食材が向こうの世界でもある設定って都合よすぎでしょ!?って思ってしまう。

そりゃね
正直こっちの世界の料理が褒められるの観て気分はいいですよ。
ただ夢みたいなこといってるなぁっと感じちゃいます。
それはどのアニメにも言える事だけど、それが一番感じてしまうのだから仕方がないのです。すみません。
でも、この考え方は危険!
これがもっと強くなってしまうと、これから先 アニメが楽しめなくなってしまいそうで、ちょっと怖いです。
観方変えなきゃいけないよね。

あと、Cパート?の なぎら健壱による実写のミニコーナー『のぶ+』がリアルに美味しそうで良かったなw ^^

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 68
サンキュー:

20

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

仮SFスーパー英雄(?)列伝33

天地人
「ここが噂の居酒屋のぶか」
「(いらっしゃい)タイショー、とりあえずエールもらおうか」
「(私は~いま~♪)な、何だ、この透きとおるような歌声は(いや、それ、いきものがかりだから 汗)」

まあ、この時代で冷えたエール(ビール)が飲めれば、そりゃあ旨いでしょうね。
最初は異世界食堂と、どこが違うのかって思いながら観てましたが(反省)うん、これはこれでいい作品だなと(おいっ)
ただ、料理の紹介でテロップを多用するなど、アニメというよりグルメ番組を見てるような気になったのも確かです。
あと、夜中に決して見ない事(笑)
ああっ、夜食を食べたくなってしまう・・・ええい、居酒屋のぶ料理は化けかっ(by シャア)

作品の性質上、大きい事件は起きないと思いますが、居酒屋という店の中で淡々と進む物語が心地良い作品ですね。

おまけ
天地人
「異世界食堂に異世界居酒屋か・・・よし! 」
「それなら、今度は異世界メイドカフェを(ちょいちょい)何だよ、うるさいなあ、本物のネコミミにしっぽのメイドなんて(後ろを振り返る天地人)ひゃーっ」
「いや、その、じ、冗談ですよ、もうやだな~、そんな事する訳ないじゃ(ぎゃーーーーっ)」

投稿 : 2018/12/29
閲覧 : 51
サンキュー:

14

くにちゃん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

のぶプラスを評価に入れての点数です。

食前に見れば食欲を増進するとは思いますが、それ以上の効果が見込めない作品でもあります。
あと、のぶプラスの店にはそのうち行ってみたいなあということで、のぶプラスだけ録画データを残すことになりそうです。

投稿 : 2018/12/25
閲覧 : 44
サンキュー:

4

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

異世界食欲モノ一般に言えるかな。。

放送分全12話見たので、部分修正。

普段日常的に食べているメニューを取り上げて、それを食べたことない異世界の住人に食べさせて「う・ま・い・ぞぉぉ」と言わせても、タブンそれ当たり前なんじゃないのかナァァ、と感じてしまう。
 日常食なのに私の知らない何かや、日常食に関係する何かで、異世界と共通する事柄を取り上げて、ウーンと唸らせてみせてくれるならいいのにな、と思う。
 でも空腹時は視聴絶対回避すべき飯テロアニメw
あ゛おまけは見なくてもいいかな東京に行くことあんまりないしw

投稿 : 2018/12/24
閲覧 : 57
サンキュー:

5

イムラ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

禁酒をやめようかと惑わせる妖しい作品

<2018/12/23追記>
最終回を観終えて。

どうしても異世界食堂と比べてしまいますが、「食べたくなる度」では甲乙つけがたい。

でも「料理の工夫」と「一話ごとのストーリー」「お店の成り立ち」「声優が笑えたとこ」の四点はほんのちょっぴり居酒屋ノブがよかったかな。

でもでも最後の実写食レポが吉田類じゃないのは少し残念なのでマイナス0.2

トータルで居酒屋ノブの方が+0.2点ということで。

どっちにしろ夜見ちゃいけないやつでした。
ホラーよりヤバい。

<2018/10/10初投稿>
見始めなので評価はデフォルトの3です。
原作未読。

元はWEBアニメだったんですね。
10月からBSで放送始まりましたので視聴開始。

現代日本の居酒屋、それもかなり美味しい日本料理のお店「のぶ」は表玄関がなぜか異世界と繋がってます。
(ちなみに裏口は現代日本と繋がってる)

ん?
どっかで聞いたことあるような。

そう。
「異世界食堂」とそっくり。
異世界の住人が「のぶ」のお酒や料理の美味しさに感激しまくります。

なんか「異世界食堂」とごっちゃになる 笑
本作の方が先に世に出たらしいのですが、私はどっちも好きです。

本作「のぶ」と異世界食堂「ねこや」の違いは
・「和食」と「洋食」
・「居酒屋(酒もメイン)」と「食堂(基本は飯)」
・「異世界と常時繋がってる(出入り口は固定)」
と「異世界と繋がるのは週1回(出入り口は複数)」
・繋がってる異世界が
「現実世界の中世ヨーロッパ(ドイツ?)」
と「中世ヨーロッパに似たファンタジー世界」
・お店の店員さんが「普通の日本人の女の子」
と「現地採用の悪魔族?系の女の子」
・本作では「①話毎に最後、なぎら健壱(※)の居酒屋食レポがある」
(※)なぎら健壱も良いけれど、居酒屋巡りなら吉田類の方がしっくりくるなーとか思うのは私だけでしょうか?

とにかく飯テロ以外の何物でもない。

お腹空いた。。

投稿 : 2018/12/23
閲覧 : 171
サンキュー:

27

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

異文化コミュニケーションのNOVU

原作未読。
比較対象によく挙げられる「異世界食堂」は観てない。


もともとは1話10分ちょっとのWEBアニメ。全24話を「1話10分×2本」+「居酒屋紹介おまけパート」をつけてTV放送用12回分に再構成したものを視聴。
だぶん脳裏にあった「異世界食堂」と勘違いして観始めたものと思われます。

タイトルから想像できるように居酒屋を巡るエトセトラで、日本のふっつうの居酒屋が異世界に繋がっているという設定。

“のれんをくぐると、そこは異世界だった”

向こうの人から見てもそうなんでしょうね。
毎話、居酒屋メニューに舌鼓を打つ異世界の人達とのちょいと心温まるエピソードを絡めて1話完結型の全24話(放送回数は12回)となってます。
異世界といっても客にスライムやゴブリンがいるというわけでもなく、中世(or近世)ヨーロッパと思しき世界の住人達が“居酒屋のぶ”に訪れてます。
{netabare}「シュニッツェル」なり、乾杯は「プロージット」だったり、ドイツ系と思われ、3話で南部出身の徴税役人がパスタを懐かしいものと挙げていることから類推するに、版図も考慮してハプスブルク家の神聖ローマ帝国あたりがモデルでしょう。・・・いらんか、この考察。{/netabare}


「これは細かいこと気にしちゃイケない系だ」飯テロを堪能しながらちょいとした人情話にほっこりしようとモードを切り替えとくと楽しめます。

細かいこととはこんなこと↓
{netabare}・メニューは読めないが言葉は通じる
・使用通貨が違うのに経営が成り立つのだろうか?客は異世界の人達ばかりなのに。。
・食材は異世界で調達できないものばかり ※あ、これちょっと重要(後述)
・希少価値のあるものなら王国で激烈に重宝されるか、さもなくば略奪対象になりそう
・そもそも店主のぶさんと看板娘しのぶちゃんがこの状況を受け入れている
{/netabare}


さて、この“居酒屋のぶ” 日本の個人経営の居酒屋の佇まい、メニューというよりお品書きという趣き、出てくる品々は馴染みの一品ばかりなり。常連客も含めて異世界住人たちが美味そうに食すので、空腹時に観ると危険です。
そしてちょいと人情話。内容には触れませんが、そもそも酒と人情とは相性が良いもの。1話10分程度と短めの単発話は、日々のちょっとした停車場でもある居酒屋の性質とも合うちょうどよい尺の長さなのかもしれません。


飯テロについては実写パートなぎら健壱の居酒屋探訪が拍車をかけてくれます。こちとら夜にしか観れないのに夜に観ちゃいけない罪作りな仕様となってます。
そんな“のぶ+PLUS”と銘打った居酒屋探訪はこちら↓ ※もちろん実写

{netabare}・地鶏唐揚げ居酒屋 心 ~浅草総本店~ / 唐揚げ
・浅草 魚料理 遠州屋 / 海鮮丼
・てんぷら 味覚 / きすの天ぷら
・とんかつ まさむね / 豚汁
・[多国多種ワインとお肉料理] 東京丸鶏 / カツサンド
・鮮魚居酒屋 あげ屋 高田馬場本店(戸山口店) / 栃尾揚げ
・和醸良酒 ぺし / ポテトサラダ
・炭火焼鳥・鰻 居酒屋 鳥長 清澄白河 / うな重
・炭火道場 別邸 / から揚げ、竜田揚げにチキン南蛮
・旬菜 おぐら家 / おにぎり
・素潜り漁師の店 鮮魚 浜んこら 新橋本店 / オコゼの刺身
・銀座ぼくじん 炭火和食と日本酒 / 銀鱈の西京焼{/netabare}

ただしお店まで行くかというと微妙。店舗の雰囲気や従業員の接客も含めて居酒屋の総合力なので、料理だけ切りだして紹介されても本編とのシナジーはないかなあ。ぐるナビがスポンサーということでけっこう実験的な仕掛けを施してきたというのが実状でしょう。
「のぶを観た!と言ったら会計から5%OFF」確認はしてませんがそれくらいはやってるんでしょうか。宣伝効果があれば地上波は無理でもWEBアニメに戻って続編ができるかもしれません。




ここでちょっと箸休め。私のメシもの経験は遠く「美味しんぼ」「ミスター味っ子」まで遡り、他に「ラーメン大好き小泉さん」くらいと浅めです。
比較対象少なめ&実はそんなに食指が動かないかもという前提で、本作についてはちょっとした既視感があり完走できたと思ってます。それは、、、

“日本にやって来た外人さんをアテンドした時の感覚”

も少し分かり易く言い換えれば、、、

“おまえはまだ本当の日本食を知らない。どやっ!この○○美味いだろ~と鼻高々になる感覚”

これを味わえます。
「ようこそ、日本へ」のおもてなし精神と「おまいらの国にこんな美味いもんないやろ?」とどこか心の片隅で思っている邪な心が混在している状態を想像してみてください。
事実、イギリスを代表とするプロテスタント圏の食事はひどい、というか私の味覚に合いません。ホームステイ先でおもむろに肉の塊が出てきて、試しに塩振ってみたら「Fantastic! You're a magician.」と言われた知人がいます。私自身も、カロリー取れればいんじゃね?と感じる局面とか、毒々しい色合いのデザート類とか、とりあえずケチャップかけときゃいいんだろ?のマクドナルドケチャップポンプとかとか、異文化交流の範疇とはいえ500円弱で吉野家の牛丼にありつける国から来た身としては受けつけ難いシーンに遭遇することがままあります。
旅行でも日が経過するにつれ知らず知らず日本食が恋しくなるのは常であり、長期滞在ならなおさらなのですが、これで適応力なく拗らせると「日本食サイコー!」トリップ状態に陥ります。ちなみに、海外滞在1ヶ月もせずにこのトリップ状態に陥る自信が私にはあります。こう思うんですね。「きっとこいつらは美味いものを知らない。」
※注 ちゃんと金払えばどこでも美味いものは食えますよん。悪しからず。。。


作品内での異世界人達はすべからく、店主のぶの料理に「こんなん初めて~」人生未経験の領域に至ったことを自覚します。
初めて見る料理しかり、調理法次第で芳醇な味わいになるなじみのある食材しかり、基本的にはこの繰り返し。あたかも蛮族を啓蒙するが如く店主のぶの料理が猛威を振るうのであります。

{netabare}味気のないカルトッフェル(馬鈴薯)しか食したことない客がおでんのじゃがいもに感動するシーンとかね。なお、ヨーロッパ圏で主食は何かを聞くとパンと同じくらいじゃがいもと答える人が多い。そんなコア食材です。{/netabare}

{netabare}それに、異世界は冷蔵技術が未発達という設定ゆえ冷えたビールが珍しいとか、揚げ物のために大量の油を使ってもったいないぜとか、現代以上に異国=食の未開地設定が高めで、より強調されてたりします。{/netabare}

{netabare}おしぼりも日本のおもてなし文化だったりしますね。生魚にビビるのも文化相違といえます。{/netabare}

{netabare}さらにおまけ、4話で蛇口があれば濾過せずとも飲める水が手に入ると盗みに入った娘(エーファ)がいましたが、これ米国に敗けての日本撤退後に台湾に入島してきた蒋介石国民党軍が民家に押し入り同じことやらかしてましたね。つい70年前の話です。誤解なきよう、国民党軍(当時)と違ってエーファちゃんは良い娘さんです。{/netabare}

「日本食サイコー!」を(食に関しては)未開の異世界人の反応を通して悦に浸ることが結果的に可能です。これは差別を助長するとの理由でそのうちポリコレフィルターがかかって有害アニメ指定されるかもしれません(嘘)。これでもかの日本食讃歌と私の眼には映りました。


それにアテンドした時のあるある、「これって日本語で何て言うんだ?」コミュニケーションにも本作はそつなく対応してました。

{netabare}ビールは「トリアエズナマ」だし、店主を「タイショー」と呼ぶし、しっかりツボを押さえてます。{/netabare}
{netabare}脱線すると、南洋パラオでは、ビールが「ツカレナオース」ブラがそのまんま「チチバンド」と旧帝国時代の交流遺産が残ってたりもします。{/netabare}

実際のところ、日本にやって来た外人さんからマウントを取ろうという気はさらさらなく、せっかく日本に来たんだから楽しんでってよという意識が強いのが実情です。それを体現しているのが看板娘しのぶちゃんの「お客様の美味しいがなによりです」なんだと思います。

{netabare}そう思っていたら、最後の最後のエール差し入れで古都アイテーリアからの意趣返し。美味いもの交流が一方通行でないことを示してくれました。{/netabare}


見事に食を通しての異文化コミュニケーションを表現した作品!(盛り)
外人さんが日本食に触れて“こんな反応してくれたらうれしいな”の願望も込みで、飯テロで片付けるのはもったいない佳作だと思います。



■余談 / 不肖ぺーの乾杯の音頭(対アングロサクソン向け)

{netabare}To beer or not to beer! …Cheers!!!{/netabare}

よく分からん時はウィリアム シェイクスビアさんにでも聞いてみてください。
「は?どこがquestinなんだ?言うまでもないだろう」という反応が返ってくると思われます。

投稿 : 2018/12/23
閲覧 : 151
サンキュー:

33

Dkn

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

実験的な居酒屋料理アニメ。昔だったら夕方にやってたでしょうね。

楽しみにしてました~♪

異世界食堂がアニメ化した時にはもうやることが決まってて、その頃からファンは二番煎じになっちゃわないの?
…と心配していた訳ですが、心配はなさそうです。
擬音を文字で描写する漫画的な絵作りと、それに合わせた食欲をそそる音(SE)を強調させる音響。
1話が前後編の分割で、その間に料理コーナーや居酒屋探訪を実写でやる情報番組としての面もある。


「異世界居酒屋のぶ」はファンタジー色があまり強くない。

異世界アニメといえどスキルで無双をする系統とはまた違って、現代の技術を持ち込む所謂ローファンタジー。
副題で「古都アイテーリアの居酒屋のぶ」とある通り、固く味気のないジャガイモ(カルトッフェル)や、
ぬるいエール(酒)などが流通する古都アイテーリア。食が現代ほど豊かではないのです。


主人公格は、男女の2人。
料亭の板前だった「タイショー」と看板娘の「シノブ」。
「のぶ」では毎回この2人で各話ゲストキャラをお迎えします。

仕事のできる男と若い女…なにか淫猥な関係だわ。2人の距離感や関係性がどうなってるのか、私気になります。
板前を辞め居酒屋を始めるタイショーと、ある事情で家を出たシノブちゃん。二人のドラマも見所のひとつ。
後にかわいい店員さんも出てきますので未見の方はお楽しみに。

異世界食堂と比べ、居酒屋、ファンタジーの稀薄さ、実写パート、Webアニメ…、層が限定されると思いますが
人間ドラマが老若男女・職業問わず幅広くあり雰囲気も落ち着いてるので大人向け、晩酌のお供ってとこでしょうか。
実写パートのおつまみ講座と居酒屋訪問ふくめ、深夜のCS番組のような別世界を覗き見する楽しさでした。

【最終回後追記】

近いのは、昔やっていたゴールデンタイムのアニメ。

今でこそ飲酒喫煙を深夜に追いやっていますが、2~30年前ならお父さんの晩酌に合わせ夕方アニメでしょう。
なぎら健壱の「のぶ」居酒屋をさがして、良いコーナーでしたね。漫画最新刊も出たのでこれから読もうかな。
そろそろタイショーとしのぶちゃんのエピソードに寄ってくれてもいいのですよ?期待しています(笑)


よーぅし「のぶ」で観たおつまみ作るぞ~。

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 125
サンキュー:

25

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「異世界食堂 オルタネティブ 異世界居酒屋のぶ」?

公式のあらすじ
{netabare}
京都の寂れた通りに店を構えた居酒屋「のぶ」は、正面入口がなぜか異世界へと繋がってしまっていた。大将の矢澤信之(やざわのぶゆき)と給仕の千家しのぶ(せんけしのぶ)は、その異世界の街・古都アイテーリア店を始めることにする。
衛兵、職人、商人、貴族......誰でも気軽にちょっと一杯。そんな居酒屋「のぶ」は、今日も通常通り営業中。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:蝉川 夏哉(宝島社「異世界居酒屋「のぶ」」より)
キャラクターデザイン原案:転
監督:小野 勝巳
シリーズ構成:吉田 伸
キャラクターデザイン:いとう まりこ
サブキャラクターデザイン:むらせ まいこ
料理デザイン・料理総作画監督:石井 久美
美術監督:河野 次郎
色彩設計:鈴木 依里
特殊効果:谷口 久美子
撮影監督:貞松 寿幸
編集:武宮 むつみ
音響監督:岩浪 美和
音楽:ミト(クラムボン)
主題歌:クラムボン「Prosit!」
作詞・作曲・編曲:ミト
音楽制作:サンライズ音楽出版
アニメーション制作:サンライズ
制作:古都アイテーリア市参事会
{/netabare}
キャスト{netabare}
矢澤 信之:杉田 智和
千家 しのぶ:三森 すずこ
エーファ:久野 美咲
ハンス:阿部 敦
ニコラウス:森久保 祥太郎
ベルトホルト:小西 克幸
ヘルミーナ:内田 真礼
ゲーアノート:津田 健次郎
エトヴィン:チョー
ブランターノ男爵:諏訪部 順一
ダミアン:井上 和彦
白狐:下田 麻美
{/netabare}

アニメは10分で
そのあとに「のぶ+(プラス)」ってゆう実写のお料理番組。。


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------
第1話 「おでんのじゃがいも」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
古都アイテーリアで衛兵として働くハンスが、同僚のニコラウスに連れて行かれたのは、居酒屋「のぶ」という名の不思議な酒場だった。 異国情緒あふれる店内、寡黙な料理人ノブ・タイショー(信之)、かわいい給仕のシノブちゃん。一体何が出てくるのだろうと、期待を膨らませるハンスの前に出されたのは、透き通る黄金の酒「トリアエズナマ」、そして見たこともない温かな料理「おでん」だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
タイトルと絵がちがうだけでおはなしは「異世界食堂」とそっくり。。
ただ、原作はこっちのほうが先だったのかな?
異世界につながった入り口から異世界のお客さんが入ってくるんだけど
「異世界食堂」と違くて、こっちの戸はずっとつながってるみたい^^

こっちのほうが食べ物がおいしそう^^

お客さんがコメントするたびにテロップが入るのは
実写のグルメリポート番組みたいなんだけど
そのほかにも上のほうにずっとタイトルとかが出てて
絵が見にくいのがちょっと気になるかも?


おはなしは
お客さんが入ってきて日本のビールとかお酒、お料理とかを食べて
わぁ!すごい!これは異世界とはちがっておいしい♪
みたいなコメントを言っておかわりして帰ってくってだけ^^

そのあとの実写のお料理番組はいいんだけどアニメじゃないよね^^
今回はアニメのメインのお料理のおでんのジャガイモと大根があまったら
ジャガイモはサラダに、大根は焼いて和風ステーキに。。って

にゃんはポテサラにはふりかけをかけたりするけど
「ゆかり」がノリも入ってないしシオと酸味がきいてておススメ^^
水っぽいときには「ふえるわかめ」をそのままくだいて
ほんのちょっとまぜても変わってていいかも?

アニメの話よりお料理のことになっちゃったけど
おはなしのほうは「異世界食堂」そっくりだからとくに感想はないけど

ずっと異世界とつながってるのに
カベにはってあるお料理の名まえが日本語だし
これだとお客さんに親切じゃないって思う?

あと、異世界で字はちがうけど
日本語はなまったりしないでふつうに話してるのに
「とりあえず」とか「ジャガイモ」とかが分からなかったりしてヘンw
{/netabare}
{/netabare}
第2話「若鳥の唐揚げ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
衛兵隊長・ベルトホルトが、部下のハンスを伴い、最近噂の居酒屋「のぶ」にやってきた。ベルトホルトは信之の腕前を試すため、古都ではまずいものの代名詞とされる、鶏肉料理を注文する。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は先回つれてきてもらったハンスが
中隊長さんをイヤイヤつれてくるの。。

はじめは「とりあえず生」と枝豆でそのあと、キューリの1本づけが出されて
中隊長のリアクションが先週のハンスにそっくりw
キューリのおかわりしてたw

そのあと唐揚げをおいしそうに食べてたけど
食べ終わってとなりのハンスを見たらおいしそうにレモン汁をかけて食べてて
おかわりしようってしたら
シノブ(ウエイトレス)のまかないの竜田揚げがおいしそうw

それで唐揚げと竜田揚げのおかわりたのんだらチキンがもうないってw


ハンスがそうゆう話をこの前つれてってくれたニコラウスにしたら
中隊長はおこってて今日はいのこり訓練だな。。ってぼやいてたら
中隊長はのぶに行くのにいそがしくって訓練はいつもより早く終わった。。
ってゆうおはなしw


アニメはふつうにおもしろかったけど
異世界なのに「異世界食堂」と違くてお客さんは人間しか来ないのかな?


今回の実写は浅草のから揚げやさんの食レポだった^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話「お嬢様の難題」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ヨハン=グスタフと、わがままな姪っ子ヒルデガルドという二人の貴族がやってきた。ヒルデガルドの注文は、「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて硬くなくてパンでも芋でもお粥でも卵でもシチューでもない、おいしいもの」。古都にある数々の名店も匙を投げたその難題に、信之はどう答えるか。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめはあんかけ湯豆腐
それからおでん、てんぷらとかいろいろ出て
ワガママお嬢さまも満足したみたい。。

お母さんが死んでヨハンが引き取って育ててたけど
もうすぐお嫁に行くからワガママ聞くのももうちょっと。。

ヨハンはヒルデがちょっと大人になってることに気がついた。。
ってゆうおはなし


ヒルデの結婚相手はまだ会ったこともない人。。
そんな人のところにお嫁に行くってどんな気持ちなんだろう?
今のうちに甘えてたっていいよね☆彡


実写は豆乳の湯豆腐の作り方
{/netabare}
{/netabare}
第4話「はじめての海鮮丼」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
麦の仲買人・イグナーツは、妹の結婚相手であるカミルの気の小ささを心配していた。妹を任せられるような立派な男になってほしい。そう願うイグナーツは、未来の義弟の度胸を試すため、ある試練を課す。
{/netabare}
感想
{netabare}
妹の婚約者をためすために生のお魚(のぶのお刺身)を食べさせようってする
お兄さんのおはなし。。

カミルははじめはまちのお刺身をイヤがってたけど
食べはじめたらあっとゆう間にぜんぶ食べちゃったw

それを見てたイグナーツがこんどはのぶおすすめの海鮮丼をたのむの^^
それがとってもおいしそう☆

あとの実写でなぎら健壱さんが食べてた海鮮丼よりずっとおいしそうだった
これってお店の紹介番組じゃないのかな?
実写よりアニメのほうがずっとおいしそうだとほかのお店に行っちゃいそうw

それで食べはじめる前の約束だと
カミルが生魚食べたら、何でもゆうことを聞くってイグナーツが言ってたけど
カミルのお願いが「お兄さんと呼ばせてください!」で
イグナーツが大よろこび♪ってゆうおはなしでおめでたかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第5話「しのぶちゃんの特製ナポリタン」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ゲーアノートはあの手この手で税金を搾り取る、泣く子も黙る徴税請負人である。居酒屋「のぶ」に目をつけたゲーアノートは、支度中の店で店主・信之の帰りを待ちながら、店の粗探しを始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
お金もうけばっかり考えてる徴税請負人ゲーアノートが
税金をたくさん取ってやろうって思ってのぶに来たんだけど
シノブが食べようって思って作ってたナポリタンを食べて
子どものころ、お母さんが作ってくれたパスタを思い出して

おとなになったらみんなを助けるしごとをしたい
って思ってことも思い出して
いなかに帰っていい人になろうって決めて帰っていくおはなし^^


ちょっといいおはなしだったけど
ふつうのスパゲティを食べてビックリしすぎだったみたい。。
いなかだったらトマトとかおいしいのいっぱいありそうだし
今までどんなスパゲティを食べてたんだろう?って思っちゃった。。


実写はもやしのナポリタンを作ってたけど
パスタの代わりにもやしでケチャップにお砂糖と片栗粉まで入れちゃったら
ナポリタンってゆうか、もやし入りケチャップ酢豚みたくなっちゃいそうw
{/netabare}
{/netabare}
第6話「キスの日」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
衛兵・ハンスはニコラウスから、今日は居酒屋「のぶ」が「キスの日」であることを聞いた。「キスの日」とはいったい何なのか。まさか、しのぶちゃんが、そんな破廉恥な……! 「キスの日」を楽しみにしていたというしのぶの言葉の真相は……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
キスの日って聞いてにゃんはすぐお魚のことだって思ったらやっぱりw

でも、1話目で
「とりあえず」とか「ジャガイモ」のことが分からなかったのに
キスのことは異世界でもキスってゆうなんてちょっと変だし
おはなしもただのダジャレだよね^^;

それにいくらキスの天ぷらがおいしいからって
みんながキスばっかり食べたらいくらあっても足りなくなっちゃいそうだし
油のナベが1つだけだから
そんなにたくさんいっぺんにできないんじゃないのかな?

それに用意してあったほかの食材とかも残っちゃいそうだし。。

今回はちょっと。。


実写はキスの天ぷらを食べに出かけたけど
大根とかブロッコリー^^
ブロッコリーはにゃんも揚げるけどおいしいよね^^

たくわんはダメだったってお店のおじさんが言ってたけど
にゃんパパが作ってたおまんじゅうの天ぷらはおいしかった^^

冷蔵庫で古くなりそうなお野菜とかがあったらにゃんも揚げてみちゃう^^
シソの代わりにレタスでも野菜は何でも揚げるとおいしけど
前にウィンナーを揚げてみたらアメリカンドッグみたいでおいしかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話「盗人」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「盗人」
居酒屋「のぶ」に盗人が入ったという知らせを受けて、聖職者である助祭・エトヴィンがニコラウスを伴ってやってきた。しかし店は通常通りに営業している。ニコラウスがしのぶを問い詰めると……居酒屋「のぶ」に入り込んだ、盗人の正体は……?
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
ニコラウスさんたちはのぶでお酒とか飲みながら
盗人のことを聞きはじめたの

しのぶははじめかくそうってしてたんだけど話しはじめて
盗人の正体はエーファってゆう少女で
いくらでも水が出てくる不思議な鉄のかたまり(蛇口)を盗みに来たんだけど
見つかって、反省してるしかわいそうだから皿洗いでやとってあげたんだって

そのおはなしはそれで終わりで
ニコラウスさんが助祭さんは聖職者なのにごちそうを食べてていいのか?
って言いだして実は助祭さんはお店の常連さんだったって分かるの^^

それで助祭さんが冷酒を飲みながら
お酒のおつまみの「酒盗」「へしこ」「ままかり」の説明とかするの

にゃんはお酒とか飲まないから「酒盗」くらいしか聞いたことなかったけど
調べたらみんなお魚の漬物みたい^^
生ものだしクサそうだからにゃんはちょっと。。ごめんなさい^^;

実写はカツオのたたきみたいな中が生のカツオのレアフライ
衣をつけたら5分くらい置くとパン粉がはじけないんだって^^
{/netabare}
{/netabare}
第8話「仕事帰りの豚汁」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「仕事帰りの豚汁」
冬の寒さが厳しい夜。居酒屋「のぶ」の前に衛兵のニコラウスが倒れていた。しのぶたちに助けられたニコラウスは、その身に降りかかった災難と、その後の厳しい試練の数々を語り出す。ニコラウスが乗り越えられたその秘策とは?
{/netabare}
感想
{netabare}
ニコラウス(ニコ)さんはゴロツキにからまれてた人を助けようってして
逆にやられちゃったんだって
それで次の日、隊長から負けた罰にきつーい訓練をさせられたの^^;

でも、ニコさんは
おいしいノブのお料理のこと考えて訓練してたらついニコニコしちゃって
まだ足りないって思った隊長さんがもっときびしい訓練させて
ニコさんはボロボロになってやっとのぶの前にたどり着いたみたい^^



「こっちは1人で相手はたくさん」って言いわけするニコさんに
「戦場ではいつもそうだ」って言ってきびしい訓練させる隊長さんのこと
にゃんはひどい人って思ったけど

どんな時でも勝てる兵隊にならないと
戦場で死んじゃうのって兵隊さんたちのほうだから
きびしい訓練って隊長さんの思いやりだったんだなぁって
さいごに1人でごろつきたち全員やっつけてた隊長さん見て思った^^


実写はなぎらさんがとんかつ屋さんに豚汁を食べに行くんだけど
スポンサーのビールのジョッキのロゴに文句言ったり
メインが豚汁だって忘れてたり
あんまりおいしそうに見えなかったりしたから
ほかの人の方がいいんじゃないかな?って思う。。
{/netabare}
{/netabare}
第9話「中隊長の弱点」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鬼と呼ばれ恐れられるベルトホルトの唯一苦手な食べ物は、イカである。イカ漁師の娘と見合いをすることになったベルトホルトは、信之に様々な料理を出してもらい、何とか苦手を克服しようとするが……ベルトホルトとイカにはどんな因縁があるのだろう。
{/netabare}
感想
{netabare}
イカが食べれないベル(ベルトホルト)さんがイカを食べれるように
って、のぶのみんなが協力するんだけど、おじいさんから
クジラくらい大きいイカが船をおそってしずめた話を聞いてから
食べれなくなったみたい。。

食べると呪われるとか言って口をつけないの。。

でも、呪われるって聞いた
ベルさんにおいしそうって思ってもらえるように
いっぱい食べて見せたエーファが
「呪われたらどうしよう!?」って泣きだしちゃった。。

それで、エーファを元気にさせようって
ベルさんも自分も食べて見せたら大ウケw
今まで出てきたいろんなイカ料理をぜんぶおいしそうに食べはじめたの^^


イカはにゃんも小学校の体験入学でムリに食べたイカゲソのサラダが臭くって
それからイカは食べれなくなっちゃった。。

今でも、親せきの家とかに遊びに行ったらムリに食べるけど
火を通したイカって臭くなってダメ。。
固いからよく噛まないとのみこめないし
臭くて味がないイカをかんでると気もち悪くなってきちゃってニガテ。。

イカソーメンとかだったらすすれるし
するめだったらにおいが気にならないから大丈夫だけど。。


みんなはイカは大きくならないって言ってベルさんを安心させてたけど
オチはお見合い相手のイカ漁師のお父さんが巨大イカをとってきて
娘と「ベルに見せてやろう」とか話してて
こっちにいるベルさんの鳥肌が立っておわりw

でも、イカのおいしさを知ったベルさんだったら
おいしそうとか思うかも?w


実写は
スルメイカを使ったいかめし。。
これだったらにゃんも食べれるかも?
でも、自分で作ってみようとか思わないかなw
{/netabare}
{/netabare}
第10話「招かれざる客」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
美食家で知られる〈気取り屋〉ブランターノ男爵とその従者たちが居酒屋「のぶ」に押しかけてきた。用心棒を使って強引に店を貸し切った従者のダミアンは、「シュニッツェル」を出せと言ってくる。信之が作り方を訊きに出ている間、しのぶとエーファはまかないようのサンドイッチを作り始めるが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
まかない用のサンドイッチを見た男爵が「それを出せ」って言ってきて
たまごサンドと野菜サンド出したらよろこんで
「次はもっとお腹にたまるもの」って言われたシノブは
ヒレカツサンドを出したらとってもよろこんで帰っていったの^^

それで信之さんがニコラスさんたち兵隊をつれてきたら、もういなくって
男爵って聞いたみんなは「会わなくってよかった」ってw

それからみんなで注文してくれたんだけど
「シュニッツェル」がカツレツのことだって聞いて
シノブがちょっとびっくりしたってゆうオチ。。

ググったら「シュニッツェル」ってホントに日本のカツレツそっくり。。
ただ、欧米のパン粉って細かくくだいてあって味がついてるのが多くって
揚げるときはフライパンで揚げ焼きにするみたい^^


実写はなぎらさんが「丸鳥」ってゆうお店に行って
鳥の丸焼きとチキンカツサンドを食べるおはなし。。

アニメとくらべるとあんまりおいしそうに見えなかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話「親方喧嘩」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鍛冶職人マイスター(名人)・ホルガ―と、ガラス職人マイスターのローレンツは、互いをよく知る幼なじみ。自分の頼んだ料理のほうがトリアエズナマに合うだの、こっちのほうが美味いだの喧嘩を始めてしまって剣呑な雰囲気に!?{/netabare}
感想
{netabare}
今週もいろんなおいしそうなお料理が出てきたけど
エーファが食べてたオム焼きそばが1番おいしそうだった^^

あらすじにはホルガ―とローレンツのことしか書いてないけど
今回のおはなしエーファちゃんのおはなしで
「あの。。」とか言いながらちゃんとお客さんに言いたいことが言えるのって
すごいなぁって思ってたら3人兄弟のお姉さんだって^^

食べ物の取り合いとかでよくケンカする弟たちを止めるので
ケンカはなれてるみたい^^


まかないを出されておなかがすいてないってウソついて
ホントはおなかをすかせてる弟たちにごはんを持って帰りたかった
ってゆうのにしのぶが気がついて
大将が弟たちの分まで何か作ってくれるって^^よかった♪

エーファが食べないまかないを取り合おうってしてる大人2人より
エーファずっと大人で大将たちもやさしくってなみだが出そうだった。。


実写の感想は省略。。
{/netabare}
{/netabare}
第12話「美女と油揚げ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
お客が全員帰っていった閉店間際、その女はいつの間にかカウンターに腰掛けていた。水干を着て、不思議な雰囲気をまとうその人は、油揚げをつまみに冷酒を傾ける。その物憂げな目にはどこか見覚えがあると、信之としのぶは首を傾げる。
{/netabare}
感想
{netabare}
「のぶ」が開店するときのおはなしとあらすじのおはなし。。


しのぶは料亭の娘で信之さんはそこの板前さんで
しのぶは親の決めたお見合がイヤで家出して
ちょうど独立しようってしてた信之さんといっしょに
このお店を開いたんだって。。

それって家出じゃなくってカケオチってゆうんじゃないのかな?w
だって独立するんだったら元のお店の人にもあいさつとかすると思うし
そしたらすぐバレちゃいそう^^


それからしのぶが開店前に
近くの神社にお参りに行って大事にしてた1万円をお賽銭しよう
ってするんだけどなかなか手からはなせなくって
神さまから背中を押されてやっとお金をはなしたところがおかしかったw


それで、そのお客さんがさっきの神社のお稲荷様じゃないか?
ってゆうおはなしだったんだけど
異世界にお店の入り口をつないだのってこの神さまみたいだけど
どうしてそんなことしたのかな?

もしかしてふつうにお店を開けてると
しのぶの親にバレちゃうからかも?ってw
{/netabare}
{/netabare}
第13話「メンチカツ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
宿屋〈飛ぶ車輪〉亭を営むロルフとコローナがやってきた。コローナは、孫の嫁にしたいと迫るが、突然の申し出に困惑するしのぶ。一方で、信之はロルフから「どっちの店の出す肉料理が美味いか」という勝負を持ちかけられていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
先週、にゃんがしのぶと信之さんがカケオチしたんじゃないかって書いたら
今週のおはなしはしのぶにお見合のおはなしが来ちゃった^^

この2人ってとっても仲がいいよね^^
どっちもやさしいし。。

信之さんはポーカーフェイスだったけどやっぱり気になってたみたい^^

さいごにコローナさんの孫がむかえに来て
まだ7歳ってゆうのが分かってちょっとびっくり!

しのぶは23歳なのに15歳くらいにしか見えなかった。。って
それでも7歳の子とは合わないんじゃないかな?
エーファの方がよかったかも?w


それからメンチカツはひき肉をあんまりこねない方がいいみたい
マヨネーズをちょっと入れると食べるとき肉汁みたいでおいしいんだって^^

あと、メンチカツって考えたらコロッケの仲間だよね^^
スコップコロッケってあるけどスコップメンチカツもおいしいかも?
{/netabare}
{/netabare}
第14話「密偵とサラダ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
帝国の隣国、東王国(オイリア)の密偵・ジャン=フランソワ・モーント・ド・ラ・ヴィニーは、帝国の古都・アイテーリアで潜入調査をしていた。食材の流通能力を調べていたジャンは、居酒屋「のぶ」で出されたサラダに衝撃を受ける。
{/netabare}
感想
{netabare}
サラダの材料を見たらその国の流通能力とか経済とか分かるみたい?

で、そうゆうの調べに来たオイリア国のスパイが
サラダに使われてる食材を見てビックリ!ってゆうおはなしで
アイテーリアって海からはなれてるのに
大根サラダに海の幸のたらこソースがかかってるとか

あと、ポテトサラダにコショウをかけるなんて!ってびっくり
オイリアではコショウって砂金と同じ重さで取引されてるって!?

前に何かで言ってたけど日本では江戸時代に
讃岐うどんにコショウをかけて食べてたんだって!
唐辛子のほうがずっと後から日本にきたみたい^^

にゃんはポテサラにはふりかけをかけてるけど
アメリカではカリカリに焼いたベーコンをくだいてかけたりするみたい^^
くだいたポテチでもおいしいからやってみて☆彡

さいごはフルーツサラダ百式だって。。
ジャンさんは上に金箔がかかってるの見て
とうとうほんとにびっくりして帰って行っちゃったw

にゃんはロボットアニメってあんまり見ないからしらなかったけど
百式って「ガンダム」に出てくるモビルスーツみたい^^
信之さんってヲタクだったんだねw
{/netabare}
{/netabare}
第15話「仁義なき蒲焼き」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
水運ギルド「金柳の小舟」のラインホルトの部下が、「水竜の鱗」のゴドハルトの縄張りに手を出してしまった。賠償は運河の漁業権くらいしか出せないが、その川で捕れるうなぎは泥臭くてあまり食用に使われないらしく……。
{/netabare}
感想
{netabare}
漁業権をもらっても
泥くさくって骨っぽいウナギくらいしか取れないんじゃしょうがない。。
って話がまとまらなかったんだけど

信之さんが運河でとれたウナギをかば焼きで出したら
みんな大よろこびで話しがまとまった☆
ってゆうおはなしだったけど

ウナギってにゃんも買ったのしか食べたことないけど
やっぱりちょっとくさいし、そんなにおいしいものじゃないかも?

ちゃんとしたお店とか行ったらおいしいのかもだけど
アイテーリアにそんな職人さんいないって思うし
いくらウナギがおいしいって宣伝しても
ウナギってそんなに売れないんじゃないのかな?


ウナギ、売れなくって「やっぱり漁業権なんかもらうんじゃなかった」
ってあとでまた、ケンカにならないといいけど☆彡


今回のタイトルは
「ご注文はうなぎですか?」のほうがよかったかも?w
{/netabare}
{/netabare}
第16話「中隊長の凱旋」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
無事にヘルミーナと結婚し、古都へ凱旋したベルトホルト。しかし新居への引っ越しを失敗し、ヘルミーナを居酒屋「のぶ」へ預けてほしいとやってくる。ちょうど「のぶ」はうなぎの蒲焼きが評判になって、大繁盛していた。
{/netabare}
感想
{netabare}
先回、ウナギなんか売れないんじゃないか?って書いたけど
流行ってるみたい^^


ベルトホルトさんの結婚は引っ越し先の家の引っ越しが終わってなくって
引っ越しできなくって
せまい官舎に家具を押し込んだから寝るところくらいしかないんだって^^

ちょうどウナギが流行ってノブが大忙しで
昼のあいだヘルミーナをのぶで働かせてあげることになったの

ノブはウナギがいそがしくって
お酒を飲みに来た人たちが座れなくって帰っちゃうみたい。。

そこに、木工ギルドの見習いの人たちが練習で作った
うすい箱をたくさん持ったローレンツさんが来て
この箱、何かに使えないか?って

それで、ウナギ弁当を作って売り出してお店はすいたみたい^^

さいごに
ベルトホルトさんがヘルミーナの作ったまむし弁当を食べて感激してた^^


ヘルミーナって漁師の娘だからウナギを焼いたり
シジミのおみそ汁を作ったりもしてるみたい^^

信之さん1人だけだったらお弁当まで出せないけど
ヘルミーナがいてくれたらノブももっといそがしくなっても大丈夫そう^^


あと、まむしって
ごはんの「間で蒸す」から「間蒸し」ってゆうんだって。。
{/netabare}
{/netabare}
第17話「初夏の天ぷら盛り合わせ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
〈花園の熊〉亭が店を閉めることになった。常連客たちは店主のビョェルンを囲み、盛大に人生の門出を祝う。美味い料理と酒を、ビョェルンは自分の店に長年通ってくれた常連客たちと楽しんでいく。その姿を見た信之としのぶの胸に、ある思いが生まれる。
{/netabare}
感想
{netabare}
天ぷら盛り合わせおいしそう☆

エビってそのままだとちょっとかたいから
切れ目を入れて伸ばして天ぷらにしたほうがあってるみたい^^

にゃんは、天ぷらってころもを食べるお料理じゃないかな?って思う^^

具の香りとだしをすってからっとしたころもって
おそばとかに乗っけるだけでおいしいから
具にするようなものがなかったらレタスの葉っぱでもおいしいのw

あと、アボカドって天ぷらにするとかぼちゃとかさつま芋みたいな
ほくほくした食感になって変わったかんじ^^

ぎゃくにソーセージみたいな味が濃いのだと
ころもの香りとかが分からなくってちょっと合わないみたい^^;

ソーセージだったらホットケーキミックスがおすすめ^^
牛乳とたまごで固めにといたホットケーキミックスをつけてあげると
アメリカンドッグの出来上がり。。って天ぷら関係ないw

そう言えばフライドチキンとかもころもがおいしいよね?^^
とくに胸肉とかころもを先に食べちゃうとパサパサしておいしくないしw


それでおはなしは

みんなが帰ったあと
ホントはやめたくないみたいだったビョェルンさんのこと思い出して
「いい酒場ってのは条件があるんだ」って言ってたこと
信之さんとしのぶが「いいお店の条件って何だろう?」って考えこむの^^

うまい酒とさかな。。それとほんとに大事な物があるんだって。。
それで終わっちゃったけど答えって何かな?
雰囲気とか?。。

居酒屋もだけどレストランとかもあんまり行ったことないし
にゃんはぜんぜん分からなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第18話「三酔人のカラアゲ問答」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
唐揚げの味付けは「シオ」と「ショーユ」どちらを注文するか、シオ派のベルトホルトとショーユ派のニコラウスが言い争っている。自分の支持する唐揚げがいかに素晴らしいかを力説するが、いっこうに結論が出ない。ついに意見を求められたハンスの答えは……?
{/netabare}
感想
{netabare}
ハンスの答えは竜田揚げで
2人からから揚げじゃないってツッコまれてたけど
竜田揚げってほんとは片栗粉で、から揚げは小麦粉みたい。。
でも、信之さんが最近は同じようなものになってきてるって。。

にゃんは下味をつけるときは片栗粉を入れて
揚げるときは小麦粉かな?

小麦粉ってあげるとサクサクした感じで
片栗粉だとしっとりした感じになるから
下味に片栗粉入れるてお肉をジューシーにして
外は小麦粉でサクサクにするのが1番いいみたい^^

前にから揚げダイエットやってるときに研究してみたのw
油はオリーブ油が健康にいいみたい^^

付け合わせにはキャベツの千切り。。
レモンをしぼって食べるとビタミンCもとれるしね^^


オチは言い合いしてるうちにおかわりのから揚げがなくなっちゃって
軟骨のから揚げになっちゃった。。ってゆう^^

軟骨ってよく分からないけど
にゃんは砂肝もあんまり好きじゃないからあんまりおいしくなさそう。。?
{/netabare}
{/netabare}
第19話「女傭兵」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
東王国(オイリア)の女傭兵・リオンティーヌは、北方の貴族の元へ向かう途中、ある人物を探していた。戦場で相まみえたあの男は、いまどうしているのだろうか。リオンティーヌは戦ったあの日の借りを返しにきたのだ、と言うのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
戦場で殺さないで助けてくれたヨロイをつけない戦士。。
リオンティーヌは鬼って呼ばれてたその人をさがしてたんだけど
ヘルミーナはその人が縁結びのお守りつけてることに気がついたの。。
その人と結婚したいとかって思ってるみたい^^

でも、話を聞いてたらその人って
たぶんヘルミーナのだんなさんのベルトホルトさん。。

3人がベルトホルトさんがヘルミーナをむかえに来たらどうしよう!?
って心配してるところにベルトホルトさんが来て
リオンティーヌ会ってすぐ、戦ったときのこと思い出したみたい
それで仲よくなってヘルミーナのこと嫁だって紹介したの^^

それを聞いたリオンティーヌは笑いだして
2人の幸せを祈ってみんなにトリアエズナマをおごってくれたの^^


ってゆうおはなしだったけど
リオンティーヌだってベルトホルトさんと結婚できるなんて
ホンキで思ってなかったんじゃないかな?

だいたい見つかるかも分からないし、もしかして死んじゃったかもしれない
会っても自分のこと好きになってくれるかもしれない。。
っていろいろ考えたら結婚できないほうがふつうなんだから^^


失恋のおはなしだったけどさっぱりしててよかった☆
リオンティーヌは、あとで泣いてたかもだけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第20話「トリアエズナマの秘密(前編)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
市参事会議長バッケスホーフが、居酒屋「のぶ」の買収に乗り出した。しのぶがその申し出を頑なに断ると今度は「トリアエズナマは御禁制の酒である」と脅してきた。帝国の法律に抵触していたら、信之としのぶも最悪死罪になってしまうかもしれない……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
最悪死罪になってしまうかも?って言ってるのに
信之さんはお店がある限り営業を続けるとかって言ってるし。。

ってゆうか、死罪になったりしたら
このお店が今の日本につながってるってバレて大変なことになるから
そうゆうことってぜったいないよねw

そのうち徴税請負人のゲーアノートさんが調査に来るみたいだけど
ゲーアノートさんはノブが気に入って、故郷に帰ろうとか考えてたハズ。。
きっと味方になってくれるよね☆彡


おにぎりとたこさんウィンナーとかいろいろな形のウィンナー。。
あんなに作ったら時間かかりそうw
{/netabare}
{/netabare}
第21話「トリアエズナマの秘密(後編)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
信之としのぶの運命の日がやってきた。トリアエズナマの嫌疑について、調査担当のゲーアノートは、持ち前の能力を遺憾なく発揮して調べ上げた。店に集まった全員の前で、その内容を公表するゲーアノート。それにより、驚くべき事実が明らかになる。
{/netabare}
感想
{netabare}
ゲーアノートさんの調査でラガーの密輸をしてたのが
バッケスホーフさんたちだって分かって
2人がつれてかれてみんなでお祝い。。ってゆうおはなし^^

お酒の元締めの調査でアイテーリアに37たる輸入されたって言ってたけど
数がはっきり分かってるんだったら密輸って言えるのかな?ってw

ふつう密輸って分からないから密輸ってゆうんじゃないのかな?

37たる以外にものぶがどっかから輸入してたかもしれないし
店の裏口を調べられたら、異世界につながってるって分かって
大変なことになりそうだけど
そこまでしないんだね^^


お客さんたちみんなが
のぶが閉まらないようにっていろいろがんばってくれてたってゆうのが
いいおはなしだった☆


実写で揚げない串カツ風グリルってゆうの作ってたけど
スプーンコロッケとか
焼いたあとに上から炒ったパン粉をかけるってゆうのが流行ってるみたい?

それだとハンバーグの上にパン粉をかけたらメンチカツ
アイスクリームにかけたらフライドアイスとかできそうw

ほんとのアイスクリームの天ぷらは
パウンドケーキのスライスでくるんでてんぷら粉で揚げるんだけど
天かすかけたらアイスクリーム天ぷらがカンタンにできそう☆
{/netabare}
{/netabare}
第22話「老人と魚」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
貴族・ヨハン=グスタフが、威厳のあるひとりの老人を連れてきた。老人はトリアエズナマを味わいと快活に笑い、様々な料理を味わっていく。ただならぬ雰囲気をまとうヨハンの伯父であるこの老人、いったい何者なのだろうか。
{/netabare}
感想
{netabare}
ヨハンのおじさんがトリアエズナマを飲みながらいろいろ食べて行ったけど
馬車の中でヨハンに
「ラガーを禁制にする勅書を撤回せねばな。。」って言ってて
見おわってはじめの方にもどってみたら「先帝」って書いてあったw

そんなエライ人が来るお店ってすごいけど
先帝がさんが好きなお料理がサケの皮のいぶり焼きってw

でも、サケの皮っておいしいよね^^

あと、カレイの煮つけが出てたけど
ふつうカレイとヒラメの違いって
左ヒラメの右カレイって言っておもてを上にしておいたとき
目がどっちに来るかで決まるみたい^^

アジフライもおいしそうだったよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第23話「北方三領邦会議之顛末」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
先帝の命令で、ラガー流通の許可がおりた。その報告に喜ぶしのぶたち。久々にナポリタンを注文することができたゲーアノートは、先日行われたという北方三領邦との会議で起きた出来事について話し始めた。それはどこかで聞いたことのあるようなもので……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ゲーアノートさんの話は北方三領邦と帝国の協定の見直しの会議のことで
北方三領邦は帝国の北にある3つの地域のことで
前から帝国に不満を持ってて独立しようかって考えてたみたい。。

会議は何も決まらないで昼食の時間になったんだけど
食べ物はどこでもあるようなふつうの物だったんだけど
先帝がはじめに手づかみでお料理を食べはじめて
それが北方の流儀だったから代表団の人はよろこんだって^^

手づかみってこの前のおはなしで
先帝が、のぶでサケの皮を食べたとき
手づかみで食べた方がおいしいって言われて食べてたよね^^


それで会議がうまくまとまるかなって思ったら
北方が出した条件が帝国には受け入れられないもので
それで話し合いが止まったとき先帝は子牛の丸焼きを出したんだって

北方の古い伝統に
立場が上の人が牛の肉を切り分けるってゆう重要な儀式があって
先帝は帝国に従うかどうかはっきりさせろってゆう意味で出したみたい。。

その子牛の運び手が2人に似てたってw

子牛の丸焼きは高価でめったに食べれないもので
北方の人たちの目は釘付けになってたんだってw

そんな中、2人は大事そうに子牛を運んでたんだけど
カートをひっくり返しちゃったんだって^^

それで、2人はみんなから責められて首を切られるかくごをしてたら
奥から信之さんに似た人がもっと大きな牛を持って出てきて
「先帝陛下のはからいで、もう1頭用意してました」って言ったんだって^^

それで代表団の人たちはすっかりおとなしくなって要求を取り下げたんだって

ぜんぶ先帝さんのヤラセw
ってゆうかこの前の「のぶ」で
エーファがカレイをひっくり返したときのパクリw
見てておかしかったw


でも、今回はそれだけじゃなくって
ゲーアノートさんがナポリタンをまた注文してきて
この前、信之さんのべーコン勝手に使ったのバレちゃったw
ってゆうおはなしと

ナポリタンを食べたゲーアノートさんが
口のまわりをよごしちゃって
エーファがハンカチを貸してあげたら
そのハンカチには王家の紋章が入ってて

びっくりしたゲーアノートさんがリーファのこと先帝のかくし子だって思って
これで、エールがどこからきたか
どうして先帝がエールを解禁したか分かったって思って
ノブの2人のことをボディガードだって信じちゃうおはなしがあって

前のおはなしがうまくつながってておもしろい回だった☆
{/netabare}
{/netabare}
第24話「古都のエール」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ブランターノ男爵が、上物のエールの樽をたくさん持ち込んで、客全員に振る舞ってくれた。居酒屋「のぶ」の危機を乗り越えられたのは、店を想ってくれる客たちがいたからこそ。居酒屋「のぶ」が古都に繋がり店を開いてから、半年が経とうとしていた――
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は最終回でまとめってゆうか
今まで出てきた人たちが集まって
ブランターノ男爵がさし入れてくれたエールとか飲みながら
わいわい騒ぐおはなしだったけど

あのエールっておいしそうだったけど
あんなにたくさんのエールを冷やしておける冷蔵庫ってあるのかな?
ってちょっと思っちゃった^^


後半はお店が終わってしのぶが信之さんの料理を食べながら
2人で半年間の思い出を話すんだけど
ちょっとした総集編みたいだった^^

さいごはしのぶが
「これからものぶをつづけていきましょうね。。」
信之さんが「うん、そうだな」って言ったところでオシマイ。。


おはなしもちょうど半年くらいだったし
まったりしたいいおはなしだった^^


「異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」
は10月から全国TV放送されることになったみたい^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

設定は「異世界食堂」みたいに食べ物屋の入り口が異世界につながって。。
ってゆうおはなしだったけど
異世界って言っても、お客さんは人間ばっかりでモンスターとかは出ないから
中世のヨーロッパにつながってるタイムリープドアみたい^^


おはなしは、来たお客さんの事情を見せて
のぶの食べ物を食べたお客さんがおいしくって感激したりいやされたり
お客さんどうしで
どっちの好物のほうがおいしいかでケンカしたりするだけの日常系。。

異世界の人たちも日本の人たちと思ったりしてることが
あんまり変わらなかったりするところはおもしろしかったし
ときどきちょっといいおはなしとかもあってよかった☆


はじめ、キャプションがちょっとウザかったけどすぐなれたみたい^^

あと、食べ物の絵がおいしそうだったし
作画もくずれたりしなくってよかった☆

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 303
サンキュー:

42

シャベール大佐

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通に楽しめる、悪くない居酒屋グルメアニメ

日本にある普通の居酒屋「のぶ」の入り口が、何故か異世界の古都・アイテーリアに繋がってしまい、さまざまな人物が訪れるようになる、といった設定のグルメアニメ。
元はWEBアニメとして18年4月から公開されていたようですが、10月からテレビ(J:COM)で放映していたので、今回初めて視聴しました。テレビ版では全12回で、毎週Aパート、Bパートの2つのエピソード、その後に「のぶ+」という実写のミニコーナー(なぎら健壱が実在の居酒屋を訪れ、本編に登場した料理を食べる、みたいな内容)という構成でした。
視聴前は、まずタイトルや設定の時点で、「ああ、またこのジャンルですか」みたいな印象があって、あまり期待していなかったのですが、実際に観てみると、意外と先行作品との類似感は気にならず、普通に楽しめました。
異世界といっても客として登場するのは兵隊や役人などの人間ばかりで、ファンタジー色はそれほど強くなく、どちらかというと、もしも中世ヨーロッパに現代日本の居酒屋が出店したら、みたいな雰囲気。内容的には、日本の居酒屋では普通の料理を、異世界のお客さんたちが初めて食べて美味しさに感動するみたいなベタな展開が多いですが、あまり嫌味がない作風なので見やすかったですし、料理以外の部分のストーリーもそれなりに面白かったです。
主人公は店主兼料理人の矢澤信之と看板娘の千家しのぶ。どちらも、いかにもアニメキャラ的な過剰な個性のない、ごく普通の人といった感じで、悪い印象はありません。特にしのぶは、どこにでもいそうなレベルの素朴なかわいさで、この作品の雰囲気に合っていたと思います。
作画は、制作がサンライズということで、全体的に手堅い作り。料理はとても綺麗に描けていて良かったです。
最後まで観終わって、まあまあ楽しめました。グルメという万人受けするジャンルで、一つ一つのエピソードは短く、作風に強いクセもないので、興味がある人は観てみてもいいんじゃないでしょうか。

投稿 : 2018/12/21
閲覧 : 65
サンキュー:

14

ネタバレ

おきに

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

異世界食堂との違い

以下この作品を「居酒屋」、異世界食堂を「食堂」と表記

物語
食堂は異世界のあちこちに扉が出現するが、居酒屋は一つの場所に固定
基本1話二部構成で客のバックボーンを描き、食事という流れは同じ
料理に対するコメントも大体同じ
ただ食堂のほうが客にフィーチャーしてる印象

作画
キャラデザ含め食堂よりも柔らかい感じ 料理は文句なし
最後まで安定している

声優
豪華だけどキャラの数的にも食堂のほうが若干上かなと

音楽
アバンのBGMが印象に残る 毎回流れるからね

キャラ
客について
食堂は人間以外にも妖精とかリザードマンとか色々な種族が出てきたけど
居酒屋はほぼ人間のみ{netabare}( 一度のぶの守り神が出てきた) {/netabare}


最初の数話は「食堂とほぼ変わらないし別に観なくていいかな」と思った
けれどこの作品ならではの面白さもだんだん伝わってきたし
「トリアエズナマの秘密前編後編」は気持ちのいいエピソードだった
食堂よりも居酒屋のほうが全年齢向けかな、居酒屋なのに

投稿 : 2018/12/19
閲覧 : 44
サンキュー:

6

えたんだーる

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「小腹がすきました」(← それ、違う番組(笑))完全受注生産BD生産決定予約数300達成おめでとう!

Web版では実写パートで(毎回ではないけど)きじまりゅうたが出演しているせいで、NHKの番組『きじまりゅうたの小腹がすきました!』を思い出してしまいます。

とまあ、それはさておき原作は『異世界居酒屋のぶ』というライトノベルです。「小説家になろう」というサイトに掲載(以下、「なろう版」)され、宝島社から商業出版されました。コミカライズもされているようです。

私は本作の原作はなろう版しか読んだことはありません。同じく「小説家になろう」発の『異世界食堂』(こちらはなろう版、ヒーロー文庫版とも読んでいます)とは「現代日本の飲食店+異世界」という点で競合作品となっています。

作中で描かれる異世界の異世界らしさという点では人間以外の様々なファンタジー的種族が出てくる『異世界食堂』の方が上回っていると感じ、設定上の謎の多さという点では異世界との接続が具体的にどのようになされているか説明がない『異世界居酒屋のぶ』の方が上回っていると感じます。(← いや、「謎の多さが上回っている」って言われても嬉しくないでしょうが(笑)。)

『異世界食堂』の「洋食のねこや」においてメニューの記載や使用言語、異世界側の通貨の使用場面、あるいは異世界との接続は土曜日のみで平日は現代日本でも営業していることによる経営的な疑問の解消への配慮に対して、「居酒屋のぶ」の日本語のみでのメニュー表記や古都アイテーリアとの接続状況(店の入り口はアイテーリア側、通用口は現代日本側と常時接続っぽい?)など謎は多く、それでいてのぶは通常の居酒屋の営業をあくまでも押し通す感じで、なおかつアイテーリアの風俗や文化は中世ドイツ地方っぽい(物の呼び名とかもドイツ語っぽいし)もののため、「異世界モノ」というよりは中世ヨーロッパに現代日本的な特異点があるだけのように見えてしまうのが難点です。

本作を『異世界食堂』の類似作として観た場合、設定の丁寧さでもストーリー的な面白さでも、どことなく見劣りしてしまう感じがします。けっして「つまらない」というわけではないのですが…。

ということで、アニメパートは一応観るもののつい実写パートに見入ってしまう私なのでした…。

2018.11.28追記:
実は今この作品はBS11の深夜アニメ枠(火曜日深夜)でテレビ放送中です。ちなみに番組提供は当然のようにぐるなびと、原作の出版元である宝島社です。

生活サイクル的に夕食の時間帯に当たることも多いのでこれを観ながら食事したりするのですが、そうして観てみるとこれが案外良かったりしたので評価を上方修正します!

2018.12.5追記:
予約数300で完全受注生産のBD販売決定とのことでしたが、無事に達成したそうです。おめでとうございました。
http://www.movic.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=00311-19010-00001

2018.12.19追記:
一部前後編はあるものの基本的に1話完結でしたが、連作としてのキャラクターの追加やシリーズ構成は悪くなかったと思います。

のぶ+(プラス)(Web版に入っていたきじまりゅうた編、Web版/BS11放送版の両方に入っていたなぎら健壱編)は販売されるBDには衆力されないそうです。そこはちょっと残念…。

投稿 : 2018/12/19
閲覧 : 212
サンキュー:

42

テナ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

目に美味しい(´艸`)*

普通に面白い作品。
料理作品と言えば派手な料理やアレンジ料理などがよく出てきますが、この作品に関しては普通のお料理です。
お料理の絵は美味しそうに描かれているし物語自体飽きないです。
面白いのはお客の反応。
私達には食べ慣れた、見慣れた料理ですが異世界の人から見たらとても新鮮な食べ物らしく見てて飽きませんw
ストーリーも一話一話がすこし短めのではありますが、面白さも凝縮されてます♪
是非、美味しい物語をご賞味下さい(´艸`)*

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 48
サンキュー:

9

ネタバレ

元毛玉

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ギャーーーーーテロよ!飯テロよ!!酒テロよぉ!!!

原作未読。

なんという事でしょう。テロです。テロが起きました。
飯テロでありつつ、酒テロでもあります。
一気見して良かった。小出しに見てたらこれは絶対太る自信があります!
とにかくビールが飲みたくなります。犯罪です。

ビールについては色々思う所があります。
{netabare}トリアエズナマ{/netabare}は品名じゃないよ!!!
誰?異世界で最初にそう頼み始めたのは…

ビールについてはもう一つあります。
{netabare}
エールとラガーの違いの説明がざっくりしすぎてて
正確に伝わらない点がもやっとしました。
実際には酵母が違います。それぞれの酵母が活動する温度が違うから
エールとラガーは温度管理が異なるのです。

それと、見ていて特に気になったのがあります。
{netabare}
ふるまっていたエールはなんだろう?
この異世界はドイツをモデルにしてそうなのでヴァイツェンボックかなぁ
ほんのりバナナ香と暗いアンバーだとその辺りかなと思いました

…だ・け・ど、あの泡は一体何だろう??
{netabare}
近代~現代のヴァイツェンボックは確かに泡が特徴的ですけど、
ガラスが高価、ラガーが流通される前後という所から判断するに、
まだ炭酸ガス注入や酵母に不純物が混ざらない技術が確立されてないはず…

ちなみに発酵過程で炭酸は発生しますが、ほんのり表面が泡立つぐらいです
現在は後から炭酸ガスを注入する事で泡や炭酸感を強化してます。
(窒素ガスを使ってクリーミーな泡にしたりとか色々です)

炭酸発生するのは酵母が糖分をアルコールと二酸化炭素に分解する為です。
なので、非常に高アルコールであればそこそこ従来ガスも発生するのですが
木樽だと微量ずつガスが抜けるので、どうしても泡立つまでは難しいです。
あと、木樽だと木に含まれてる乳酸菌等がわずかに混ざりヨーグルト的な酸味がまざります。
現代ならまだしも、当時では酸味を抑えるのは難しいはずです。
※昔のエールは炭酸が弱く、酸味が強いものが多かったのです。
※ラガー普及からガス注入の技術確立まで200年程のタイムラグがあります。
※樽の材質は近代化につれて変化してます。
 (現在主流はステンレス樽⇒プラスチック樽へ移行中)
※蒸留酒では無いので、アルコールと糖分は比例します。
 (ゆえにガス注入無し高ガスだと 高ガス≒高アルコール≒超甘い)
{/netabare}

あの泡が謎過ぎます。どうやって入れたのか気になる…
{/netabare}
{/netabare}
はい!アニメ全然関係ないですねw

でも尺の都合などもあって説明しきれないから
視聴者に分かりやすい絵として使ってるだけかも…
私、ビール"だけ"は妙に詳しいのでツッコミたい衝動が抑えられなかった
すみませぬ・・・

あぁ~ビールが飲みたくなった!!

投稿 : 2018/12/06
閲覧 : 73
サンキュー:

14

てぃーえむ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんて美味しそうなんでしょう!

現代日本の居酒屋が異世界のお客さん相手に美味しい料理を出すアニメ。
1から100まで飯テロ満載です(。・ρ・)ジュル

この異世界、魔法使いとかいるのでファンタジーな国なんでしょうけど、ドイツ語しゃべってて、軍隊の装備が中世ヨーロッパを感じさせます。
神聖ローマ帝国がモデルの国なんでしょうか?

料理の作画や効果音、食べている人のオーバー過ぎるリアクションで
見ているとよだれがでてきますね(*´艸`)
グルメアニメのリアクションって本当に面白いですね。

トリアエズナマが商品名になってるところがウケる。
おでんをオーディンに似てるとかいうコメントにウケる。

異世界の人達からしたら未知の料理ばかりなのでちょっとずれたコメントが
味があって新鮮ですね。
数ある料理アニメとは違うところなのかな。

異世界のお客さんにもちょっとしたストーリーがありますが、これはオマケみたいなもの。
1話完結ですっきりコンパクトにまとまっています。

良くも悪くもほとんど食べてるだけなので、飽きる人もいるかもしれませんけど、気軽に見れて私は好きです。

普通のありきたりな料理のはずなのに、本当に美味しそうに描写しますね。
海鮮丼とかすっごく美味しそう!

ただ残念なのは、私はお酒飲めないので共感できないということでしょうか。
でもいつか居酒屋、行ってみたいかも。

よーし、今晩はおでんにしよう(´∀`*)

やっぱりおつゆが染みたダイコンは美味しいですねぇ
いくらでも食べていられそうです。

( ゜o゜)ハッ

アブナイアブナイ、このままなくならなければ私の一生はダイコンを食べ続けるだけで終わるところだった(´・ω・`)

投稿 : 2018/11/21
閲覧 : 59
サンキュー:

10

dvmsi35301

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

後半の実写パートがメイン。

アニメパートのクオリティは高くないと言うか、演出が悪い。
最初の、いかにも普段アニメ見ない人向けみたいな説明ナレーションとか、バラエティ番組の字幕みたいな擬音表示とかイライラします。
後半の「のぶプラス」という実写パートで、なぎら健壱がアニメの内容に合わせて居酒屋探訪したり、きじまりゅうたが料理するんですが、これがこの番組にとっての本編なんでしょうね。
普通の料理番組として楽しめます。

原作小説と漫画が人気の作品だけに、アニメ版としては残念ですが、こういうものだと受け入れましょう。

投稿 : 2018/11/18
閲覧 : 46
サンキュー:

6

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最近しないけど 終わったの??

最近しないけど 終わったの?? 結構 好きだったのに

投稿 : 2018/11/12
閲覧 : 56
サンキュー:

4

ネタバレ

タック二階堂

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

美味しい料理は世界も次元も超える。

詳細は公式でも。

dアニメストアにて視聴中です。

異世界と現代日本が繋がって、異世界人に料理を
振る舞うというお話。

要は「異世界食堂」です。

なんていうか、同じモチーフってのはありますが、
ここまで酷似させる意味はいったい…

と書きましたが、どうやら原作はこちらの方が
先だったようで。
まあ、原作組じゃない身としては、アニメを観た
順ってことで。先にやられちゃったなら、
しょうがないって諦める手も…

======第10話視聴後、追記です。

おや、これは…

1話完結で見やすいですし、料理の作画も美味しそうです。
声優はメインに杉田智和、ヒロインに三森すずこ、
そして久野美咲、森久保祥太郎、チョー…と豪華。
EDはクラムボン。

これをなぜ地上波でやらなかったのか…

というくらい、かなりのクオリティです。
先行した(いや出し抜いた?)「異世界食堂」に
引けを取らない出来だと思います。
ただ、のふPLUS…
キジマもなぎらも要らねえなあ…
これだけは蛇足だったと思いますよ。誰得って感じ。

ま、続きは最終話を観てから。

=====最終話視聴後、感想です。

これが「なろう」作品かと思うほど、実によくできた
お話でした。
「異世界食堂」より先にアニメ化されていたら、
こちらの方が話題になったでしょうね。

ただ、多くの方が指摘されているように、
食レポと擬音のテロップは不要でしたね。
それと、やっぱり「のぶPLUS」は不要かな…
後半は飛ばしちゃってました。

良かったのは、ある意味これは「異文化交流」の
物語なんですね。異世界人という形を取りつつ、
文化の違う人たちと食を通じてわかり合うという
ストーリー。観ているこちらも、思わず笑顔に
させられる感覚が実によくできていました。

それをサポートしたのが、錚々たるベテラン声優の
演技。立木文彦を始め、百戦錬磨の男性声優たちが
美味いものに感動する演技が、観ている方もほっこり
するのだろうと思いますね。

とかく「また『なろう』の異世界モノか」と揶揄や
敬遠されがちだと思いますが、たまに珠が眠って
いるのだなあと感じました。食わず嫌いは良くないですね。

投稿 : 2018/11/11
閲覧 : 73
サンキュー:

6

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

食べている時の擬音文字の演出はいらないと思った。

ウェブアニメで本編は10分
バラエティー番組とのセットで放映されているもの
設定は異世界とつながっている日本の居酒屋での出来事となっている。

主な内容は異世界の人が偶然つながっている日本の居酒屋で食事するのがテーマで
異世界の人が日本の居酒屋で食べたり、飲んだりしている内容
美味しそうにビールを飲んだり、美味しそうに枝豆やおでんを食べたり
内容はオーソドックス、声優さんの演技力もあり
それなりにグルメものをしている感じでした。
異世界の人は異世界の人らしく
油で料理を揚げるシーンを油を大量に使って贅沢だなと驚いたり
レモンの汁を鶏の唐揚げにかけたり日本人ならでは食べ方にも驚いたり
魚を生で食べる刺身の料理に驚いたり
異世界の人らしさはありましたね。
まあね。そういったシーンは日本人なら当たり前なことで驚くだけの内容かと
当たり前なんでね。
確かに美味しそうに食べているんだけど優越感から来る楽しみが大きかったと思います。
ただ、驚きのシーンとかは、よく考えれば普段は今の料理にはそういう工夫があることを
考えたりはしないけど、異世界の人の指摘で
あらためて考えてみると実際はそういう、美味しさの秘密があるんだなとか
先人の人々が工夫をしてきたんだなと
考えらせられる作りにはなっていたりすることもあるのでわりと楽しめました。
この演出は異世界の人ならではだと思う。

料理の作画レベルは高く、湯気のぐわいが妙にリアリティーがあったり
悪くはない感じ、料理の作画も豆腐にしろニンジンにしろ
1つ1つの具材を手描きで描いているようで
同じ具材でも1つ1つ違った個性が出ており
そのおかげで美味しいそうに見えました。

料理のバリエーションは多く毎回色んな料理があり
誰でも知っている料理から、意外に知らなそうな料理まであったり豊富で
結構考えているなと思いました。
食べ物の名前がなぜその付いたのかトリビア的な要素なども
わりと詳しく説明してくれるし説明は丁寧です。
食べた方も私はグルメではないので、私基準だとそういう箸の使い方があるのかなと思ったり
箸の使い方などの描写は結構こっているなと感じさせられました。
調理シーンも結構丁寧に作っていて
料理自体は当たり前なものでも私は馬鹿なので、作り方はよく知らないので
そうやって作ってるんだな・・・とナルホドな・・・と思えることも多かったです。

問題点は料理を食べている時の擬音文字が漫画みたいに表示されるのは気になったな
特にイカの回は過剰だったので演出に違和感はありました。
擬音文字が面白いなら別にあってもいいかな?と思ったかもしれませんが
いつも同じようにダラリと表示されるので演出は面白くはないですね。
効果的には使われてない。
人物の紹介でテロップも毎回表示されるのだけどは私は馬鹿なのでカタカナ名は一瞬で忘れたりするので
毎回表示されるとわかりやすいので、ありがたいのですが
別にいらないだろうな・・・と思った。
最近、そういう演出て嫌いな人多いんですよね・・・。
だったら無理かな・・・と思った。

ストーリーについては異世界の人がどのような日常を少しやっている程度なので
ストーリーはたいしたことなく
そのせいで世界観に関しては何となくしかわからないかな・・・
わかることといえばおぼろげなら、どこかの王国なんだろうな・・・や
どんな法律があるのか少しわかったり
異世界の人がどんな仕事についているぐらいがわかるぐらいでした。
ギャグぽい作りだったりもするので世界観はそこまで上手く作っている感じはしないです。
馬鹿らしい感じが強い。
各話オチは笑える時もあれば、全然オチらしい終わり方をしてないこともあり
色々でしたね。
つまらない話の時はつまらないと思います。
特にイカの話はチョット無理があるかなと思ました。
ギャグとして描いてるのはわかるが無理があるので面白くはなかったな・・・

作り自体も最後まで変わらないので、同じことの繰り返しで
食べる場所を変えたりの変化もなくて
そのうち飽きるだろうな・・・と思った。

ただ、終盤は序盤出てきたキャラを上手く使っているなと思えるシーンが
あって、いい話だな・・・的な終わり方になっている回が
あったのは良かったな・・・ほっこりしたり
せつない気持ちになるまとめ方は中々でした。

まとめると、異世界の人が驚いて食べていることにより
優越感を感じることが出来る料理アニメで
その驚きのおかげで、料理にはそんな工夫がほどこされているんだな・・・と
あらためてわかるアニメでした。他にも様々なトリビア的な要素も悪くはない。
料理の描写も丁寧で、料理も丁寧に作っていました。
ただ料理を食べている時の擬音文字の演出はいらないし
テロップもいらない人にはいらないでしょうね。
その辺の演出が作画的な評価を上げづらい。
世界観、キャラクター描写も何となくわかる程度で
ストーリーもたいしたことはないですし、馬鹿らしいノリも
あってそこまでしっかりした世界観の作りではないです。
内容の評価も普通ちゃ普通ですね。
あらためてその料理の良さがわかる作りは良くて
調理方法も丁寧なんだけど
その点だけじゃキツイし同じことの繰り返しで飽きるかな?と思いました。
嫌いな人は嫌いだろうな・・・演出の欠点もありますし
配信アニメなのでこれを有料で観るのはお勧めできませんね。

投稿 : 2018/11/09
閲覧 : 68
サンキュー:

6

リタ

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

トリアエズナマ!

最近の料理アニメは表現力が凄い。
昔の龍が昇るような雄叫び等でダイナミックに表現するアニメも斬新だったけど、肉汁が溢れ出たり新鮮さや歯応えが一目で分かるような、絵でも音でも伝わる表現力が上手くてとても楽しい。

オムニバスかと思いきや、一応全体を1つとしたストーリーとして繋がっていたり、キャラにしっかり個性があったりするので今後も観たくなる。

個人的には中盤と終盤の実写に戻ったコーナーは、アレンジレシピの人だけで良いように感じる。
某実写ドラマの原作者による作中料理屋に食べに行くあの繋がりのある深さが面白いので、不要な気がした。

投稿 : 2018/11/03
閲覧 : 40
サンキュー:

4

次の30件を表示

異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~のストーリー・あらすじ

居酒屋・のぶが、異世界の古都アイテーリアの裏路地とつながり、異世界の住民たちが見たこともなかった料理を楽しむ……というストーリー。(Webアニメ『異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
Webアニメ
放送時期
2018年4月13日
制作会社
サンライズ
主題歌
≪ED≫クラムボン『Prosit!』

声優・キャラクター

杉田智和、三森すずこ、久野美咲、阿部敦、森久保祥太郎、小西克幸、内田真礼、津田健次郎、チョー、小松未可子、小山剛志、黒田崇矢、置鮎龍太郎、星野貴紀、植田佳奈、井上和彦、諏訪部順一、浪川大輔、南條愛乃、小野友樹、島﨑信長、野島裕史、新井里美、楠大典、木村良平、大塚明夫、立木文彦、下田麻美

スタッフ

原作:蝉川夏哉(宝島社「異世界居酒屋「のぶ」」より)、監督:小野勝巳、シリーズ構成・脚本 吉田伸、キャラクターデザイン:いとうまりこ、サブキャラクターデザイン:むらせまいこ、料理デザイン・料理総作画監督:石井久美、美術監督:河野次郎、色彩設計:鈴木依里、特殊効果:谷口久美子、撮影監督:貞松寿幸、編集:武宮むつみ、音響監督:岩浪美和、音楽:ミト、音楽制作:サンライズ音楽出版

このアニメの類似作品

この頃(2018年4月13日)の他の作品

ページの先頭へ