「CLANNAD [クラナド](TVアニメ動画)」

総合得点
89.7
感想・評価
8265
棚に入れた
31075
ランキング
55
★★★★★ 4.1 (8265)
物語
4.2
作画
3.9
声優
4.1
音楽
4.2
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

CLANNAD [クラナド]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

GHQ部部長 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

作画、一旦気にせずに

この作画(いわゆるいたる絵)が正直ちょっと……と自分自身も見る前は忌避していた。
しかし、一旦視聴し出すと、気にならなくなってきた。というか、この作画がいいと思い出すようになった。
だから、作画で忌避している人は一回見始めるといいと思う。

原作のシナリオを一つの世界線にまとめてあるので、それぞれのシナリオに登場するキャラが増え(特に渚シナリオ部分)、良かった。

風子シナリオは少し長かったような気がしないこともない。

投稿 : 2020/05/26
閲覧 : 2
サンキュー:

0

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

AFTER STORYを観る為の布石

全ては2期を観る為の前振りのようなもの。
正直途中挫折しそうになったが2期の評判がすこぶる良いので頑張って観た。

藤林姉妹以外の登場人物はみんな心に傷を負っている。
そして他人の為には一生懸命になれるが自分の事になると塞ぎ込んでしまう。
主人公の朋也が一番そういう性格なんだが、優しいし格好良いので羨ましい程にとにかくモテる。


春原がいい奴なんだけどちょっと可哀そうなポジションではある。
最後は渚が無事演劇をやり終えた点は良かった。

投稿 : 2020/05/20
閲覧 : 9
サンキュー:

0

オッチー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ずっと気になっていて3年、ようやく視聴開始

アフターストーリーの評判の良さを目にしていまして、ちょっと長いという理由で長い間見ていませんでしたが、この期間を使ってこちらもみようと思います。とりあえず1日で6話は見ました。 
普通に面白いですね。完走は間違い無いでしょう。今まで見てきたアニメの中ではキャラデザも少し昔っぽい感じではありますが、結構好きですよ。再度レビューします。

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 70
サンキュー:

7

わしわし男爵 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

CLANNADとは

記憶障害をもった主人公が織りなす、アウトローな高校群像劇。

投稿 : 2020/05/04
閲覧 : 76
サンキュー:

2

コンラッド さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 2.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

すいません、どうしても受け付けない

何度も挑戦したが断念しました。諦めます。クラナドは人生っていって語り合いたいです。

ファンは受け付けないかもしれないけど実写化してくれないかな、、、

投稿 : 2020/05/03
閲覧 : 97
サンキュー:

3

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アフターストーリーで感動するには見るべき作品

京アニの代表的な作品の1つです。このアニメは「CLANNADは人生」と言われてるようにストーリーはまるで1人の人生を見ている感覚になりました。作画が苦手だという意見もありますが、作画だけ判断するべきではない作品だと思います。感動するシーンは色々ありました。
ただ、中には見ててあまり面白くないという意見もありますが、2期のアフターストーリーの感動に繋がるので是非見てほしい作品だなと感じました。

投稿 : 2020/04/23
閲覧 : 54

ビマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中村悠一さん&阪口大助さん作品で1番好きです!

CLANNADは自分が初めて『涙腺崩壊』したアニメです。もう何年も前ですがその時の衝撃を今でも鮮明に覚えていて、涙をせき止める堤防が決壊したような感覚でしたね。
「これが涙腺崩壊かぁぁぁ!」
と、言葉が誇張でないことを知りました。
しかし、その後、繰り返し繰り返し見て楽しんだのはコメディシーン。特に阪口大助さん演じる春原くんのドタバタシーンに中村悠一のクールな声が差し込まれると単調にならず、どのシーンもホントに面白くて泣くほど笑えました。この2人ってホントに声の相性がいい!特にこの作品は2人の共演作では1番好きです。
ただこの作品で自分が1番気に入ってるシーンは2人の絡みはない体育倉庫のシーンです。
声優も良いけどシナリオも良い!
ホントにコメディセンス光ってる作品です。

投稿 : 2020/04/14
閲覧 : 27
サンキュー:

4

はく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観たい

感動系

ニコ生の一挙放送で途中まで見ました、感動系作品でした。
EDのだんご大家族が好きです。
時間が無くて期間中に途中までしか観れなかったので機会があれば続きも観たいです。

投稿 : 2020/04/11
閲覧 : 22
サンキュー:

1

ネタバレ

かがみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

CLANNADは人生

本作の原作ゲームは「Kanon」「AIR」に続くKeyの3作目として、2004年に全年齢対象版として発売された。本作は、かつてアダルトゲームの「売り」であったはずの性的描写を完全に排除した形で世に問われたにも関わらず、前2作に劣らない高い評価を獲得し「CLANNADは人生」という名言も生み出した。

夢に挫折し現実から逃げ回っていた主人公がヒロインの母性的承認のもとで再び人生に向き合っていくという本作の構図は、ゼロ年代初頭に一世を風靡したセカイ系的想像力をある部分では色濃く引き継いでいる。もっとも、多くのセカイ系作品が「無力な少年」の位置に留まり「自己反省」する事に終始していたのに対して、本作の特徴は、そこからさらに一歩進み「無力な少年」が、その位置を脱して曲がりなりに「父」の位置を引き受ける所までを描き切った点にあると言える。「CLANNADは人生」と言われる所以はおそらくこの点にあると思われる。

投稿 : 2020/03/28
閲覧 : 30
サンキュー:

1

まこざらし さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人生

マルチエンディングのゲームをこんなに綺麗にまとめたのは本当にすごい

投稿 : 2020/03/05
閲覧 : 44
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

はじめはたくさん笑えた
それで
だんだんと泣けるお話しが多くなってくるよ


出てくる人は。。

ともやはちょっとひねくれてるけど
やさしい人

なぎさはばかがつくくらいお人よし
お母さんもいい人
お父さんはかっこいいし
家ぞくをとっても愛してるの

きょうとりょうはふたごの姉妹
きょうはとっても妹思い

ことみはとってもあたまがいいみたい
でも
とっても内気な子
あとで分かるけど
とってもかわいそうな子だった

ともよは男子にもまけないつよい人
にゃんのおねえさんにしたいなぁ☆

ふうこはフシギな子をちぢめたのかなって。。
とってもおねえさん思いなの
がんばってるけど何かずれてる
それってどうしてかな泣けちゃうんだ。。

ようへいはちょっとおばかさんだけど
いてよかったナ。。
じゃないとあとで
泣いてばかりになったかもね

ときどき出てくるあの子はだれ?
ぜんぶ見おわってもよく分からなかった。。
つづきを見たら分かるのかな?


このおはなしを見おわったら
次のアフターストーリーは
すぐあとに見たほうがいいって思う

あと
EDのだんご大家族は
とってもあったかくてやさしい歌

にゃんはとちゅうから
この歌がながれると
なみだがながれるようになっちゃった。。



1期のおはなしはちょっとふしぎな日常ってゆう感じで
キャラクターデザインがニガテでやめちゃう人も多いみたいだけど
ぜんぶ見て2期まで見たら見てよかったって思うかも☆

投稿 : 2020/02/23
閲覧 : 1898
サンキュー:

377

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

京アニの代表作

見たのは結構前だったけど、内容はとても良かったーという感想だった。絵柄のせいで、見ず嫌いする人が多いみたいだが、見たほうがいいと思う。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 71
サンキュー:

2

ぴょんち さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

AFTER STORYへと続く観るべき大切な土台

泣きアニメ、泣きゲーで有名なCLANNAD。
一期にあたるこちらを観てみて、確かに泣いたし、感動もしたけど、そんなに涙腺崩壊する程…?と思っていました。

が、AFTER STORYまで全てを鑑賞して納得。。
AFTER STORYでは、思わず声が出てしまうほどに号泣してしまいました。
そしてそれは紛れもなく、この無印がしっかりとした土台になっているからだと感じました。
例えば、いきなり説明と無印要約とAFTER STORYだと、感動は何分もの1になってしまうと思います。
無印なしでいきなりAFTERにいってしまうと、見方によれば、何故主人公がこんなにも落ち込み、落ちぶれ、メンタル崩壊してるの??なんてことになってしまうかもしれません。
この無印で、高校で出逢った仲間たちとの思い出、関係性がしっかりと描かれていることで、主人公がどれだけ仲間との時間を重ね絆を育んできたか、渚という存在がどれだけ主人公を変え、大切な存在であるか。
仲間たちにとって、主人公がどれだけ大切な存在であるか。
無印をしっかり視聴してからAFTER STORYを観ることで、何十倍も感動する作品に仕上がるはずです。


また、それぞれのキャラクターがしっかりと立っています。
渚を中心としたストーリーなので渚サイドも勿論ですが、風子、ことみのお話しが中でも泣けます。
メインキャラクターのみならず、渚や朋也、風子の家族もしっかりと描かれていて、負けず劣らず、皆キャラが立っています。
特に渚の両親、早苗、秋生夫婦には毎回ほっこりさせられます。
渚の両親の愛情深さと同時に、朋也の家庭環境や、無印の学生時代にはなかなか向き合うことのできなかった父との関係性もしっかり描かれていることもまた、成長してゆく主人公のAFTER STORYへと続く大切な土台になっています。

CLANNADは無印からAFTER STORYまで順を追って全て視聴することをお勧めします。
心に残る作品です。

投稿 : 2020/02/01
閲覧 : 61
サンキュー:

4

ちょぺ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

うーん

泣けはしないかな。
感情論はあまり好きではない。
言ってることが当たり前のこと過ぎて刺さらない。
喋るのが遅いキャラが多いからしんどい。

投稿 : 2020/01/08
閲覧 : 45
サンキュー:

2

けいぴぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

人生の半分

クラナドは人生という事なんで
アフターストーリーもあるので、
この無印まで観たら
人生の半分体験したって事かな。

女の子キャラが沢山出てくるので
途中ちょっとめんどくさく感じだけど、
感動もしたし
綺麗に終わったと思います。

クラナド、ハルヒ、けいおん。
京都アニメーションさんの
一昔前のこれらの作品を観てると、
その後のアニメに多大な
影響を与えてるんだなぁというのが
良く分かりますね。

投稿 : 2019/12/21
閲覧 : 75
サンキュー:

9

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期は友情だから高評価 2期は低評価

1期は友情だと思う
友情エピソードが多々ある

クラナドを全話見たが
クラナドは人生とは全く思わなかった むしろ逆にしか感じなかった

1期だけは良かった
EDは良い曲と思わなかったが
OPのメグメルは良かった

投稿 : 2019/12/20
閲覧 : 87
サンキュー:

2

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

アフターストーリーに

続く

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 261
サンキュー:

0

ぎゃん (・ワ・) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アフターストーリーより無印派ですが何か・・・

もう何回見たか忘れるほど見た作品です。
ホント京アニの偉大さを見せつけられた。。。

なぜ無印よりアフターストーリー(以下AS)の方が人気なのか・・・

いや、ASもめっちゃ面白いし泣けるのよ。潮ちゃんかわいいし^^
ただね、ASは岡崎のクズっぷりに結構イラつくんよ。
あとASの最後の展開は爆発オチ並の禁じ手だと思ってます。。。

その点無印はその辺の整合性はとれてるし、泣ける要素も申し分なし。
ちなみにアタシは風子回がヤヴァい><目がもげるくらい涙出た。。
風子と絡んだときの岡崎はめっちゃおもろいしね^^

ただ風子は○○た後はASまで出番ない方がよかったかな><
ちょいちょい出てくるのは少し萎えた。涙返せ!
でもまぁそこまで物語の邪魔にはなってないので許そうwww

あとはことみちゃんの回の作り方も上手かった。
不思議系がやばい系に変わって行く感じとか、解決した後の岡崎達との距離感とか。
こういう感動系作品はみんながみんなフラグ立っちゃうとチープに見えちゃうからね^^

藤林姉妹が泣くシーンはさすが京アニって感じで表情までよく動いてました。
アタシもめっちゃ泣きました。(風子回が一番ですが)
あと余談ですが、放送当時、杏と椋はイメージ的に声優逆な気がしてました。
広橋涼さんがツンデレ役できるのにびっくりしましたね^^

やべっ、メインヒロインである渚、特に語る事がねぇ・・・
うん、いい両親だよね!
まぁこんな両親のもとで育てられたらいい子になるわな。
うらやましす><

この作品はみんな見たほういいって言い切れるくらいオススメです。
10年以上前の作品ですが、泣けると思います。
やっぱ家族愛って永遠のテーマなのかな~。。。

投稿 : 2019/12/02
閲覧 : 120
サンキュー:

9

竜児 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2012年頃視聴(全22話) 92点。

youtubeで2回視聴。
2007年10月~2008年3月作品。キャラデザに古さを感じるけど、今観ても傑作。京アニ。

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 54
サンキュー:

2

ネタバレ

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感想

楓子の所で涙腺が緩んだ。

投稿 : 2019/11/28
閲覧 : 177
サンキュー:

2

Some さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

京都アニメーションが誇る『傑作』

【CLANNADは人生】という格言を残すほどの伝説の名作。アニメを見る上で誰もが通る登竜門のような存在でもあるアニメ

ジャンルで言えば学園ラブコメ、感動など、
家庭に問題がある高校生の主人公が、同じ学校にいる1人の女の子と出会い、そこから様々な出会いや物語が始まり主人公が成長していくというストーリー


正直この作品だけを簡単に評価すると、お世辞にも面白いとは言えません。感動もそこそこです。
ただ、この作品は2期のCLANNAD after storyの前日譚として【絶対】に観て欲しい作品です。
どのサイトでも感動するのは2期のafter storyと紹介されています
ですが、この作品なくしてCLANNADは完成しません。
この作品を観ようと思っている方がいましたら1期のCLANNADを十分堪能した上で2期をご視聴下さい。
心配しなくても泣いてしまいますからね。


人によって好きなジャンルや作風など好みはそれぞれだと思いますが、全ての人に絶対オススメできる作品です!是非観てみて下さい


それと便座カバー

投稿 : 2019/11/27
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いろいろなエピソードを持っているお話

最後の最後を知っていると
毎回のように出てくる
女の子と光の玉,ロボットの意味が分かるような気がします。

ところで,演劇部の部員を
そろえて,演劇部再興までの
道のりが長いですね。

伊吹風子とその姉の決結婚式でのエピソードや
ことみと朋也の幼少期からのエピソード

バスケットボール部と顧問の問題を
めぐって試合をするエピソード

などなど,一つ一つに内容が凝っていますね。
涙が出そうになることも。

基本,岡崎朋也は,自分では不良と言いつつ
とてもいいやつなんだから,だんだん
準ハーレム状態になるんですね。

渚と朋也の関係は,どうなることか
とハラハラしながら見ていました。

坂上智代が生徒会長になり,
演劇部が復活しますが・・・

朋也自身の父との確執が表面化したことにより
反って渚との,距離が縮まったように感じました。

渚の両親の夢を潰したのが「渚」
自身と知り,舞台で
演劇が滞ってしまったときには
自分も凍り付いたような感覚がありました。

演劇の時での渚の父親の声援としての
セリフは,子ども思う親として
家族愛を「象徴」していて素晴らしいものでした。

投稿 : 2019/11/23
閲覧 : 83
サンキュー:

5

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

“人生” は始まったばかり

もはや先入観ゼロで観ることは不可能なくらいの有名作品。
以下、1期相当『CLANNAD』のみの感想です。

「感動する」「泣ける」「人生」

未見の人は“泣き”や“感動”を求めてこの作品を手に取るはずです。そして本丸は『CLANNAD ~AFTER STORY~』になるかと。ゲームは未プレイです。

本編22話+番外編2話 『CLANNAD』
本編22話+番外編2話 『CLANNAD ~AFTER STORY~』

見た通りAFTER STORY (以下AS) を視野に入れると長丁場です。
時間に少し余裕のあるゴールデンウィークに、あまり期待値を上げずそして流れ作業にならないように本作を鑑賞しました。
期待値コントロールではこの視聴スタンスが鍵。泣ける作品といえばで筆頭くらいのタイトル。泣きジャンルほどフラットな心の持ち様が求められるものはない気がします。泣く気満々で待機して期待外れなんてことはザラ。逆にスカした態度で素直になれずそのまま終了なんてことも。「絶対泣かないんだからね」と自家発電でツンデレして上手くいくほど甘くはありませんし、一人でやったら気色悪いだけです。
さらに、流れ作業というのも隠れたポイントかなと。本丸のAS目当てで視点を先に置くと目の前に集中できません。期を重ねるごとに失速するお決まりの展開とは逆で、続編の評価が高いタイトルは珍しい。しかもそれを事前に知っています。眼前には22話と2クール分。
メインディッシュを美味しくいただく前に、前菜も楽しめたらラッキーでした。結果は・・・


 “人生は始まったばかり”


ですね。温かく見守りたい心境です。
高校生岡崎朋也(CV中村悠一)を中心に複数の女子高生が絡むストーリー。ギャルゲ出自らしいといえばらしい展開で、各女の子の相談に乗ったり手助けしたりで話が進みます。
そのサブストーリーといえる一つ一つのエピソードは当人家族が関係してる問題というのが共通していて、“CLANNADは人生”の片鱗が伺えます。

{netabare} 1話~9話 伊吹風子(CV野中藍)のターン
 10話~14話 一ノ瀬ことみ(CV能登麻美子)のターン
 15話~22話 古河渚(CV中原麻衣)のターン

一人頭、最大8話分を使うなど贅沢な尺の使い方です。坂上智代(CV桑島法子)と藤林杏(CV広橋涼)&藤林椋(CV神田朱未)の双子ら他のサブヒロインも絡んできますが、メイン渚を引き立てるような役回りでした。3人とも風子やことみの掘り下げっぷりには及ばないものの、それでも他作品のキャラ回よりも時間をかけて描かれてます。{/netabare}

1クールのギャルゲ出身アニメで複数ルートを匂わせた作品がことごとく尺の足りなさを感じさせるものばかりなのと比べて、そのようなマイナスを感じさせません。サブストーリーどれもが良いお話でうるっとくるのは確かです。
本編22話と番外編含めて満足の24話でした。これといった“推し”を挙げるのが難しいくらいどのエピソードも粒ぞろいの印象の良作です。



ただし引っ掛かりがあるのもこれまた事実だったり。
それは各ヒロインのキャラ設定。せっかくの良シナリオをヒロイン達の言動で足を引っ張ってます。

{netabare}・彫ったヒトデ(星)を招待状にという発想がぶっ飛んでる(風子)
・どれだけゴーイングマイウェイなんざんしょ(ことみ)
・日常的にバイクで人を轢いちゃダメじゃん(杏)
・演劇部復活とパワー要りそうなのに動機づけ弱く、ほぼ朋也任せ(渚)
・渚とキャラ被ってません?(椋)
・智代はいいね{/netabare}

悪い意味でアニメアニメしてリアリティ薄め。極端なキャラ作りをされてます。このへんが“古臭さを感じさせる”理由かもしれません。

私なんかはヒューマンドラマを見せるならセリフひとつ行動ひとつリアルさを求めてしまいがちなんでこう思ったわけですが、だったら実写でやればいーじゃんの一面もあったりで難しいところです。表現の好みなんだろうと思います。

良いシナリオVSアニメ的にデフォルメされたキャラ。
ここで感じる不協和音が大きくなってしまうと、やたら大きな目のキャラデザインが気になりだしたり、サブストーリーのクライマックスで感情移入しづらくなったりなんてことも充分あり得ます。私はその二歩くらい手前で止まることができました。アニメ視聴に慣れたんでしょうね。


そんなマイナスを差し引いても良い作品でした。
使われてる曲もOPEDともに力入ってますし、劇伴もパターンは少ないながら効果的な使われ方をしてます。

{netabare}お気に入りは、18話で岡崎が渚を好きだとみんなわかってしまうテニス試合のシーン。
ここだけ妙に明るい曲を挿入していて、逆に切なさを増幅させる効果があったのではないかと。杏の顔が涙で歪んでしまう作画と合わせて1期全編通じて最も心揺さぶられたシーンでした。

{netabare}言葉で引導を渡される方がよっぽどラクなのです。{/netabare}{/netabare}

{netabare}同じくお気に入りであり印象に残ったのは、13話。ことみ父の薫陶でしょうか。

「真理を探究するものは傲慢であってはならない」
「科学の言葉で語り得ないからといって奇跡を笑ってはならない」
「この世界の美しさから目を背けてはならない」

シンプルでとても綺麗な言葉。
IPS細胞でノーベル医学・生理学賞を受賞された山中伸弥教授が同じようなスタンスだったかと思います。京都大学と京都のアニメ会社ってのもなかなかおもしろい偶然です。{/netabare}

ついでに、各々の親たちが子供を想っているさまそれぞれ良かった。
ことみ両親や渚両親だけではないです。子どもとの距離感に迷う岡崎父だってそう。親は子を想うもの、、を貫いているのはとても好感がもてます。


奇しくも超有名作品に対峙する時の心構えみたいなものを学習した気分です。


期待値上げず
決して流さず
アニメアニメしたキャラを前にしてもいつも静かに笑っている
サウイフモノニワタシハナリタイ

{netabare}さてさて続いて、この世の美しいものを最もシンプルなもので表現されたなにかに出会えるのでしょうか?{/netabare}
身体は充分温まりました。続けて『CLANNAD ~AFTER STORY~』いってみよー!



-----
2019.11.15追記


何かと理由をつけて視聴を先送りしがちな長編もの。
今年(2019年)はこれと『エウレカセブン』の4クールもの2作品を堪能しました。
本作は個人的に、1クールものとは違う楽しみ方があると気づけた意義のある一品です。


-------
視聴時期:2019年4月   



2019.05.05初稿
2019.11.15追記

投稿 : 2019/11/15
閲覧 : 452
サンキュー:

70

ネタバレ

連邦の黒い悪魔 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

一度断念したアニメ

友人から強く勧められ視聴したが、絵と寒いギャグで「何が面白いの???」となり3話で視聴断念。
友人に説明した所3話まではキャラ紹介、切るなら5話まで観てみたら?と言われ5話まで我慢して観ることに。
その結果・・・
絵も寒いギャグも気にならないくらい感動した。
話数も多いので中だるみもあるが、ストーリーは全て「愛」をテーマにしたもので、家族愛、兄妹愛、地域愛、色んな愛の形が描かれている。
また原作がkeyのゲームであり、本来それぞれ個々のストーリーに仕上がっているのだが、それを上手く構成している京アニの仕事も素晴らしい。

投稿 : 2019/11/13
閲覧 : 85
サンキュー:

3

ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

家族の温かさ、娘の夢

見終えました。

以前ゲームはしていましたが、
アニメに手を付けていなかったので観ました。

Keyの作画を崩しすぎず、
見やすいように調整されてて好感がもてました。

前半、コミカルで見やすかったです。

私のパンは古河パンのお荷物だったんですねー。
→俺は早苗のパンが大好きだー
っていうアッキー好きです!

杏は辞書を恐ろしい速度で投げつけて。
智代は春原をモザイクがかかる程ボコボコに。

爆笑するシーンも多々ありました。
けど泣けるシーンも多く良いストーリーだなと思いました。

・風子のストーリー
姉の結婚式に出席して欲しいと校内を駆け回り、
皆に木彫りを配って。
でも理由があって、
だんだんと周りの学生は風子の存在を忘れていく‥。
遂に岡崎や渚も忘れてしまったけど、
なんとか風子の事を思い出す。
無事結婚式が行われて、
木彫りのおかげでいっぱいの人が駆けつけてくれた。
姉を想う風子の気持ちが伝わってきて、
私は涙腺崩壊してました。

・ことみのストーリー
両親が論文発表のために乗った飛行機が墜落して、
両親を失い辛い想いをしてきたけど、
ことみの親のスーツケースが見つかった。
その中には論文の代わりにクマのぬいぐるみ。
そして手紙も入っていて、
お誕生日、おめでとうって書いてあった。
親の愛がこもってて、涙腺崩壊してました。

・渚のストーリー
とある事情でアッキーと早苗さんは、
自分の夢だった仕事を諦めて、子育てに専念した。
でも渚は両親が夢を諦めた事情を知ってしまって、
体育館の壇上で自分を責めて泣いてしまって。
その時のアッキーは、
『子どもの夢は親の夢なんだよ、お前が叶えればいいんだ
俺達は夢を諦めたんじゃねえ!
自分達の夢をお前の夢にしたんだ!!
親ってのはそういうもんなんだよ!!
家族ってのはそういうもんなんだよ!!』

あぁーもう、涙こらえきれません。

まだ前半戦なのに、目が腫れぼったいです。
After観る前に水分補給しておきます笑。

ーー余談ーー
体育倉庫での杏は可愛かったです。
格好も体操服にニーソですし。
智代が朝起こしに来てくれるのも羨ましい。
ことみのヴァイオリンはノーサンキューです笑。
ウリボーのボタンを飼ってみたい。

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 98
サンキュー:

19

ひかる さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分がアニメを見始めるキッカケとなったアニメ…

物語の展開文句無し。 またこれが、opとedが癖になるんだよな笑
間違いなく涙無しでは見れない作品だと思う。 もう5周以上は見たな笑
まだ見てない人が居るなら、騙されたと思って是非見て欲しいアニメ。 見終わった後に後悔はそこに無いはずだ。

投稿 : 2019/10/20
閲覧 : 78
サンキュー:

3

Ash-Lynx さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「CLANNADは人生」って言葉の意味が分かる

作画の癖が凄いな。まさに昔の京アニって感じで、女キャラの目が異様にデカい&顔が完全に同じだが、男キャラはちゃんとしてる。しかし、OP後の1部のシーンがとんでもなく作画がいいのはなんなんだろう

1~4話。岡崎と渚の話。岡崎の中々暗い背景が描かれる。思ったより陰鬱な雰囲気ですね。これからどう展開するか分からない。

5~9話。幽霊風子の姉の結婚式。家族に関するアンソロジー的な感じなのかな。号泣って程でもないけど、ちょっとウルっとくる

10~14話。ことみの両親の話。あの不思議ちゃんにこんな過去があったとは。俺も昔(幼稚園)仲良かった女の子がいたけど、名前とか全く覚えてない。あるあるやな

15話以降は恋愛系が展開して、野球回とかもあって演劇ラスト。ここは最高に面白かったですね。渚と岡崎の関係がもどかしかったので、接近して良かったです。正直5~14話がイマイチだったけど、ラストでちゃんと締めたからまあいいかな。2期に期待

投稿 : 2019/10/19
閲覧 : 73
サンキュー:

7

グロッシー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「CLANNADは人生」と言われる所以。

「CLANNADは人生」と言われる所以。
それは家族や仲間というものをとても美しく描き出しているからでろう。


※こちらのコメントはあくまでも物語のあらすじを知っている前提で書いています。
盛大なネタバレはありませんが、全くの前情報無しで見たいと思っている方はページを閉じて今すぐに作品を見に行くことを推奨致します。


[ストーリー]
ストーリーに関しては言わずもがなとても良かった。
ギャルゲーやエロゲーが原作のタイトルはどれも話が作り込まれているのだがこの作品も例外なくそれが当てはまるといっていいだろう。
ただ他のゲーム原作のアニメと比べたとき、CLANNADは他と圧倒的な差をつける点がある。
それは物語のシンプルさだ。
CLANNADはしっかりと作り込まれている上で物語としてはとてもシンプルだ。
「家族」「仲間」「友人」など人のつながりを作品を通して伝えようとしていた。
何事にも遠慮していて仲間を作れなかった渚と昔のことが原因で家族やどこかに所属することを拒んでいた朋也がそれぞれの足りない部分を教えあって成長していく。
そしてそれを支えようとする仲間たち。

教えてくれる物がシンプル故の奥深さ、そんな物がCLANNADを見た人々に「CLANNADは人生」といわせているのだろう。

[作画など技術関係]
技術に関してはさすが京都アニメーションといったところだろう。
キャラデに関しては確かに最初は抵抗はあるかもしれない。
だがそれも作品にすぐに入り込めるおかげですぐに消えた。
むしろ原作の絵の魅力を最大限アニメを落とし込んでいるという点ではこれが正解といっていいだろう。
ここらへんはキャラデの池田さんの手腕といっていいだろう。

また、これもさすがに京アニと言うべき点としては表情やキャラの動きなどの細かい芝居だ。
キャラごとの正確を加味した細かい体や表情の動き。
学園の日常物でありがちなアニメというより紙芝居を見ているような退屈さはどこにもなかった。
これこそアニメとしてキャラに魂を捧げているといっていいだろう。


[音響関連]
この作品をみてもう一つ思ったのが、音の使い方の上手さだ。
作品を最大限伝えるための音への気遣い。
欲しいときには流し。要らないときには消す。
(人は基本的に無音を嫌うので、この消すというのは簡単なようでとてもむずかしい)
視聴者が映像に入り込むために音への気遣いが凄すぎて、
音楽を音楽とほとんど音楽と認識できなかったほどである。


[最後に]
正直まだ気になっていることはいくつかある。
これからの朋也の感情の動きだったり、やりたかった演劇ができた渚の次の目標だったり。
話がとてもきれいであるがゆえに余計気になってしまう。
だがこれも人生と言えるのであろう。

これから見るアフターストーリーでは自分に何を教えてくれるのだろうか

投稿 : 2019/10/14
閲覧 : 49
サンキュー:

3

おめが さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

一滴も流れぬ涙

多くの人が評価するからと言って全ての人が好きになるわけじゃないということがよく分かった
つまらないと思うなんておかしい最後まで見ろと言われても合わないものは合わないと断言できるようになったのは今後人生で役に立ちそうだからそういう意味ではCLANNADは人生と言ってもいいかもしれない
もし今後このアニメを見て序盤から登場人物皆頭おかしくて見てられないと思う人がいたなら他人に何を言われようとも世間とのギャップが受け入れられなくとも自分は違ったんだと諦めて別のことに時間を使うことをお勧めする
批判して自分は違うことをアピールしたくて堪らないんだとならまあそういう楽しみ方もなしではないだろう

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 92
サンキュー:

2

次の30件を表示

CLANNAD [クラナド]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
CLANNAD [クラナド]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

CLANNAD [クラナド]のストーリー・あらすじ

進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。毎日同じことの繰り返し。
周りのみんなのように学校生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。
そのためか、校内では浮いた存在になっていた。ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う。 (TVアニメ動画『CLANNAD [クラナド]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2007年秋アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
www.tbs.co.jp/clannad/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/CLANNAD_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29#.E7.AC.AC1.E6...
主題歌
≪OP≫eufonius『メグメル -cuckool mix 2007-』≪ED≫茶太『だんご大家族』

声優・キャラクター

中村悠一、中原麻衣、広橋涼、神田朱未、桑島法子、野中藍、能登麻美子、阪口大助、置鮎龍太郎、井上喜久子、ゆきのさつき、榎本温子

スタッフ

原作:Key/ビジュアルアーツ、キャラクター原案:樋上いたる、 監督:石原立也、シリーズ構成・脚本:志茂文彦、キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美、音響監督:鶴岡陽太、音楽:折戸伸治/戸越まごめ/麻枝准

このアニメの類似作品

この頃(2007年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ