「瘤取り(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
5
棚に入れた
9
ランキング
6823
★★★★☆ 3.5 (5)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.4
音楽
3.4
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

瘤取りの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ネオSFスーパー英雄(?)列伝24

タ~イムボ~カン♪
司令官
「今日のネタ歴史は、瘤取りじいさんの時代だ」
タイムボカン!それは時空を過去へとさかのぼる爆発的現象!
過去にはあにこれに載っている歴史とは違うムチャクチャ面白い「ネタ歴史」が待ち受けている〜!

・・・いや、その(汗)列伝も24だから、タイムボカン24ネタという事で(こらっ)
皆さんもよく知る昔話の「瘤取りじいさん」を題材にしたアニメです。
日本アニメの黎明期には、昔話を題材にした作品が結構多いんですけど、現存する作品が少ないんですよね。
この作品は、幸運にも観る事が出来ますが、80年以上前の作品なのに、その出来ばえにビックリしました。
切り絵の技法を使った画面は、動きがちょっとなめらかではないものの、陰影が上手く表現されており、雨の表現なんか、この頃にはもう確立されてたんですね。
主役の太郎平爺さんは本当に人が良さそうだし、もうひとりの次郎平爺さんは見るからに性格悪そうですね。
内容は、山に入った太郎平爺さんが、天狗の宴会に嬉しくなって入ってしまい踊りをおどったところ、気に入られてしまい、また来るように瘤を人質(?)に取られて帰ってくると、それをうらやんだ次郎平爺さんが、翌日、得意の棒踊りで褒美を独り占めしようと、代わりに踊るものの、というお馴染みの物語です。
次郎平爺さん(宴会で)
「よし、得意の棒踊りでひと稼ぎだ」
カラス天狗
「あ、あぶない(ボカ)うわ~っ(ボカ)(ドス・・・)」
棒で全てのカラス天狗を倒した次郎平爺さんは、お宝を持って家に帰ったとさ、メデタシ、メデタシ(って、違う)

音楽は無声映画だけあって、後で付けられたものらしいですが、当時のレベルの高さがうかがえますね。
1929年(昭和4年)横浜シネマ商会製作 監督:青地忠三 作画:村田安司

投稿 : 2017/03/07
閲覧 : 130
サンキュー:

6

another605 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2020/05/07
閲覧 : 28

ルカ☆ルカ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/04
閲覧 : 35

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/09/20
閲覧 : 52

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2017/03/07
閲覧 : 60

瘤取りのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
瘤取りのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

瘤取りのストーリー・あらすじ

1929年(昭和4年)に横浜シネマ商会(現YOKOCINE DIA)が製作したアニメです。
監督:青地忠三氏、 作画:村田安司氏、
こぶをおじいさんから取るのは普通鬼ですが、この作品では天狗になっています。
https://www.youtube.com/watch?v=WsFH2xbU_q0(アニメ映画『瘤取り』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1929年1月1日

このアニメの類似作品

この頃(1929年1月1日)の他の作品

ページの先頭へ