「三ツ星カラーズ(TVアニメ動画)」

総合得点
73.0
感想・評価
391
棚に入れた
1399
ランキング
745
★★★★☆ 3.7 (391)
物語
3.5
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

三ツ星カラーズの感想・評価はどうでしたか?

柏もち さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日常系で、元気なアニメで、タイトルも雰囲気に合ってます。

上野が舞台で三人の子供たちがメインキャラクターです。この三人の個性と大人たちの絡みが、面白さです。日常系で、元気なアニメで、タイトルも雰囲気に合ってます。あと、構成とか妙に子供が大人びているところが、他のある作品に似ています。

投稿 : 2020/06/19
閲覧 : 10
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゾーンゾンゾンゾン

 原作は未読。
 カラーズを名乗る女子小学生3人組のコメディ、と言っても他作品によくあるロリ要素は
ほとんど無く、良くも悪くも小学生らしい無邪気さで成り立っている感じ。
 結構悪ガキといった感じの娘達で、過去作だと「苺ましまろ」が近いか。「苺ましまろ」も
そうだが、こういった悪ガキの部分を面白がるか、不快に思うかで作品自体の好き嫌いが
別れそうな印象。個人的にはこの辺は凄く好きだったけど。
 この悪ガキ感を一番体現していたのがさっちゃんで、やたらと「うんこ」を連呼していたが、
こういうところはいかにも小学生らしい。
 さっちゃんに関しては作品カラーを象徴するだけでなく、リーダーこそ赤松 結衣だが、実質的に
カラーズを引っ張り、更に本作のストーリーをも動かしていたのは彼女という印象。

 地域に根ざした子供の暮らしを描いたという点では、
「のんのんびより」(以後、のんのんと表記)に通じる部分もあり、
さしずめ「都会ののんのんびより」といったところ。
 のんのんの作品カラーやキャラの個性に田舎という舞台が大きく関与しているように、本作も
上野という舞台が大きく関与しているのように思える。
 上野は東京の大きな繁華街でありながら、下町ゆえに古い部分も多く残しており、更に東北からの
玄関口という側面や、スカイライナーで成田空港と結ばれていることによる海外からの来訪者の
通過点という側面、アメ横のような巨大商店街、上野公園を始めとする自然、動物園・博物館・
美術館などの文化的施設などなど、様々の顔を持つ雑多な街という印象があるが、本作も
そういった雑多な雰囲気が感じられる。

 序盤は割と凡庸な印象があったが、この手の作品はキャラの特性が判るようになるに連れて
面白さが増してくる感じ。
 特に序盤は赤松 結衣が振り回されたり、いじられたりする可哀想な印象が強かったが、結衣も
結構きつい部分があり、特に青山 琴葉に対しては強かったりすることが判明。その琴葉の肉体的
攻撃の対象になるのはさっちゃんで、さっちゃんがすかしたりいじったりするのは結衣と
言うことで、三すくみのような関係性によって生じるある種の対等感が出てきてから
より良くなった気がする。
 互いに相手に結構ひどいことをしているのだが、それでも根底にある仲の良さが感じられるのが
良いところ。

 子供達に接する大人キャラもいい味を出している人が多かった。
 おやじこと、鯨岡 大吾郎は子供目線に下げて接してくれる優しい人で、「カラーズが
可愛くてしょうがない」というのがよく判るキャラ。タイムカプセルエピソードで10年後に関して
言及していたが、彼女達が大人になった時にどんな関係性を築いているのか気になるところである。
 一方、警察官の斎藤は上から目線でカラーズに接しようとするが、結局はカラーズと張り合おうと
することで同じ土俵に立ってしまっているところがおかしい。

 最終話はお花見。こういったコメディの最終話がお花見という作品は結構あるような印象が
あるが、本作はレギュラーキャラのみならずこれまでに登場したキャラ総登場といった感じで更に
賑やかさが増していた感じ。

 原作者を同じくする「ひとりぼっちの○○生活」にも感じられたが、
「ワンコインさっちゃん」などに代表される独特のワードセンスが本作をより面白いものに
している感が。
 お祭りのシーンは始め、動きが欲しい部分に止め絵が多かったのが幾らか残念。

2020/06/07

投稿 : 2020/06/07
閲覧 : 74
サンキュー:

7

はく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

割と好き

同じ作者の作品だとひとりぼっちの◯◯生活の方が個人的には好き。
三ツ星カラーズはギャグ系、ひとりぼっちは可愛い系作品です。

投稿 : 2020/04/11
閲覧 : 46
サンキュー:

0

しるまりる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なんて魅力的な女子小学生たち

上野を守るために日々奮戦する女子小学生たちのドタバタコメディ。

3人の女子小学生が青・黄・赤と信号のようなカラーを持っているわけだけど、みんな個性的で魅力的。
それぞれの言動ややりとりが軽快で、みていて楽しい。

3人の活動は上野のアジトを中心に駅や公園・商店街を舞台に繰り広げられる。
おそらく、意図的に3人の家庭や学校における描写はされていない。そして、それが正解だと思える。

3人を取り巻く大人たちのまなざしはみな優しい。サイトウを含めて。

3人は真剣に上野を守るために日々行動しているが、この世界は平和な世界なので、もちろん彼女たちが意図してるように宇宙人やUMAや殺人事件から上野を守れているわけではない。
…だけど、上野を自由気ままに闊歩して歩く彼女たちの姿は、ある意味上野の住人や来訪者の心を守っているのではないのか。

とても面白くて魅力的な作品でした

投稿 : 2020/03/21
閲覧 : 138
サンキュー:

11

どどる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

小学生

小学生感を重視している萌えアニメです。

このアニメを見ていると、子どもだった私たちと遊んでくれたおとなが、いつも負け役を買ってくれたために「よえー!」扱いされていたことを思い出したりします。
確かに子どものころにこういう考え方をしていた、という部分が確かにあります。

小学生、アホです。
まだボールを追って車道に飛び出す年ごろです。
大人の萌えキャラが同じことをやったらどれだけアホなのかとむかっ腹がたってしまうかもしれません。
それがまた小学生のかわいいところです。

その小学生感もギャグも、現代アニメの萌えアニメの文法におさまるようになっていて、ギャグや小学生描写に振りすぎてあんまり萌えない…ということはないはずです。
とてもかわいいです。

投稿 : 2020/03/06
閲覧 : 102
サンキュー:

3

ちあき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛すべきクソガキ共

上野を守る正義の組織カラーズ。どう見ても余計なお世話です。平気で他人をからかうし、悪さするし、うんこうんこ連呼するし、やりたい放題、うざったい……。まさに、クソガキ!

なのに、どうしてこんなに愛らしいのか。不思議です。
もしいなくなったら絶対泣くよね。斎藤さん?
エクストラ~ヴァ~ジン~オイ~ル!

投稿 : 2019/12/15
閲覧 : 66
サンキュー:

2

かろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かった

ギャグも面白いし、キャラもわかりやすいし、普通に見やすい。

投稿 : 2019/11/09
閲覧 : 58
サンキュー:

1

TAMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

信号機3人娘がお送りする、上野(東京)の平和を守る☆カラーズ★

平和を守って…る?
いや、待てよ?神社で「悪の大王〜…」って願ってから逆に…(笑)
他作品ですがマンガ『よ○ばと!』を見てるのでそれに近いものがありました。やたら商店街の人や上野の人、ノリが良いな。


原作・未読。
アニメ・全話視聴。(全12話・30分アニメ)


女子小学生の低学年くらいかな?
男子小学生もそうだけどこれくらいの年齢の子を表現してたなと思います。最近じゃこれくらいも許さない大人も増えたのが寂しいですね。(ま、モノによってはアカンやつもあったけど。)
オヤジ(鯨岡)みたいな寛容な人も少なくなったなぁ…とこの作品を観ながら思いました。
…オヤジ、メガネのセンス…、どこで仕入れてくるの!?気になるわぁ…。


『日常系』ですね。
動きもストーリー性もない。内容的にN○Kで放映出来るレベル。流して観ても大丈夫な作品かな。
小さいお子様が居る方には来るものがあるかもしれません。
前にバイトで保育園のヘルプやったんですがこの3人組くらいなら可愛いもんです。もっとキッツい攻撃されました。子供って容赦ねぇ…(泣)


作品内容はあまり説明しなくても良いかな。
多少言うとしたら上野で繰り広げる悪ガキ3人組(赤『結衣』・黄『さっちゃん』・青『琴葉』で【カラーズ】)が上野の平和の為に様々な活動する(夕方5時迄)、それを愛でる作品、かな。
私は『琴葉』がツボでした。踏み…もそうだが♯11の超絶腹パン!!容赦ねぇな!

ただ、あまり印象には残らなかったですね。
日常物だから仕方ないけど1回観たらもう良いかな、って感じでした。
上野とコラボとかはしやすいとは思いますがね。後は聖地巡礼もやりやすいかな。
全体的にパンチが弱かったと思います。設定も題材も。少しシリアス展開もあったらまた違ったかも?ってのが正直な感想です。
あ、OP曲とED曲は作品に合ってました。
後は数話区切りで大佐(パンダ模様のネコ)のCVが変わるとこ。…玄田さん、何でもやるね(笑)

オススメは…微妙なレベルかな。
アニメ知識無いと『イラ!』って来るのもあるし、アニメ知識がある人には暇かな?とも思うし。
なので『日常系』や『ロリ系』が好みとかあるなら多少ススメられるかも?って感じです。

ワンコインさっちゃん、硬貨は汚いから咥えない様に…の前にワンコインじゃねぇな。
…エクストラ・バージン・オイル!

投稿 : 2019/10/24
閲覧 : 52
サンキュー:

3

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

上野の森のピクシー

放課後、夕方5時まで上野の森を飛び回るいたずら好きの妖精たち。
大阪ではない、勿論名古屋でも千葉、埼玉でもない、上野、アメ横に生きる人たちにははこうあってほしい、こうありたいと感じ入る傑作。

ここ暫く、コメディの良作が続いている幸せ。

JS カラーズちゃん、JC ぼっち、JK 無駄遣い

投稿 : 2019/09/24
閲覧 : 86
サンキュー:

3

ネタバレ

ぐver0 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常系

漫画で少し読んでいたので2~3話くらいまで内容既知。

日常系で、
主人公のカラーズ3人が
自ら面白いことを巻き起こしていくスタイル。

カラーズ3人の小学生っぽい独特のセンスが面白い。
また、作中の大人たちから下町っぽい優しさを感じられて良い。
ホエールファクトリーのおやじの眼鏡が毎回違う。

作画はしっかりしていると思う。
見たことある場所だと
駅や上野動物園などそのまんまな風景だと思う。

今日も街の平和はカラーズに守られている…かもしれない。ゲームクリアー!

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 83
サンキュー:

2

北沢はぐお さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これがカツヲクオリティですか?

ただただ幼女が可愛いアニメではなくて、
大人が完全に忘れきっている損得勘定抜きの優しさを思い出させてくれる作品
原作の続きはいいシーンがたくさんあるから2期もやってほしいけど、厳しいかな

投稿 : 2019/08/01
閲覧 : 104
サンキュー:

3

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

自由奔放は子供の特権!

原作未読。最終話まで視聴。

東京・上野を舞台に、小学生の少女3人組の日常を描いた、ほのぼのコメディ。
自由奔放に駆け回る少女たちと、周囲の大人たちの優しさが微笑ましい。

この作品の問題点は作画。
タイトルの通り、色使いもカラフルで、綺麗で見やすい絵だったとは思うんだけど・・・。
いかんせん静止画が多過ぎ。
『紙芝居か!』ってツッコミたくなることがしばしばある。
最終話。結衣が腕を振り回している”静止画”が!
『アニメなんだから動かせよ!』
という訳で、作画の評価は±0で☆3です(笑)

【以下は、各話レビュー的な「何か」です】(笑)
{netabare}
【第1話】
私はロリコンになった覚えはないんだけど、何故か視聴しているだけで和んでしまう作品。
上野の平和を守るために「カラーズ」を結成した、小学生の少女3人組の日常を描いた、ほのぼのコメディ。

【第2話】
今回も愉快に遊びまわるカラーズの面々。
前半のかくれんぼの結末は吹き出してしまった。
結衣ちゃんは、別な小学校に通っているのかな?

【第3話】
バナナ、上手に売り切ったな。

【第4話】
ののかのパンVSももかのおにぎりのくだりは面白かった。
後半のパレードはアニメではなく紙芝居(笑)。

【第5話】
後半の動物園にくだりはまあまあ面白かった。
主要な登場人物以外は張りぼてみたいで気持ち悪いけど(笑)

【第6話】
鍋、不味そう・・・。所詮、小学生のすることだからなぁ・・・。

【第7話】
銀杏・・・、確かに相当臭いよね。

ハロウィンからのゾンビゲームのくだりは面白かった。
カラーズの周囲には付き合いの良い人たちが多いよね。

【第8話】
前半の博物館のくだり。
第5話の動物園同様、主要な登場人物以外は張りぼてみたいで気持ち悪い(笑)
後半の福引のくだりは、ののかとの会話が面白かった。

【第9話】
初詣のくだりも静止画多用・・・。う~ん。

タイムカプセルのくだり。10年後のカラーズの面々ってどうなっているんだろう?
本当にののかは付き合いが良いな。


【第10話】
雪合戦のくだり。
対斎藤用の雪玉に、本当に「ウ〇コ玉」が混じっていたとは!

『バレてるぞ』のくだりのオチは、中年男性として少し心が痛んだ(笑)

招き猫のくだり。静かなのに存在感抜群のさっちゃんって!

【第11話】
前半は花粉症。
カラーズの3人は花粉症ではないのだが、どうやらののかは花粉症らしい・・・。
しかし、小学生とはいえ本気のグーパンをお腹にくらったののかちゃん。
お気の毒に・・・。

後半はハイパーかくれんぼ。
斎藤、ヒドい・・・。

【第12話】
前半は、主な登場人物総出演のくだり。
いかにも最終回っぽい。
中盤は、いかにも子供っぽい話。
コロッケ屋のコロ婆、少し可哀想・・・。
終盤は、お花見会場で、何故かイチゴを売る話。
{/netabare}

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 249
サンキュー:

35

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

上野を守る小学生女子3人のカラーズが活躍するアニメ。

上野を拠点に活動する女子小学生3人のグループ、「カラーズ」が上野の街を守るお話。

カラーズの3人はほんとに無邪気でかわいいです。
ゆい、さっちゃん、ことはの3人です。
カラーズのリーダーのゆい。
お調子者で元気キャラのさっちゃん。
ゲームやってて無口なことは。
上野が舞台となっており、その再現率はかなりのものです。

上野の住人で出てくる人も良い人でいいキャラしています。

雑貨屋のおやじや交番の斉藤などはカラーズといい関係だと思います。

大きな事件は起こらないけど、小さな事件をカラーズの3人は解決していきます。

ハートフルコメディだと思います。

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 110
サンキュー:

25

ネタバレ

たかたか・・ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

昔を思い出しました。

最初から、さっちゃんの、う〇この連呼は、面白かったです。

必殺技?エクストラバージンオイル

本当に小学生がやっていそうな気がしました。

大体、男の子がやっていそうなシチュエーションです。

自分も小学生の時、秘密基地を作ったり、探検ごっこ等

していましたね。

個性溢れるキャラばかりで、面白かったです。

2期が、あることを期待します。

投稿 : 2019/06/07
閲覧 : 73
サンキュー:

4

ネタバレ

トメさん さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

正直合わなかったですね

主要人物3人全て悪ガキ設定で
基本この3人が好き放題やる作品です
自分は合いませんでした
円盤売上3桁なの見る限り途中リタイアした人が
多いんだなーと感じましたね

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 104
サンキュー:

1

美璃暗 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

癒されました

カラーズの無邪気で元気な所(近所のがきんちょみたいな所)と、それを見守る周りの大人たちの優しさがとても良かったです。

投稿 : 2019/03/12
閲覧 : 114
サンキュー:

5

是正 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

本当に子供のコメディ

ほかのアニメの異常なほど精神年齢の発達した少年少女達ではなく、年相応の思考回路、行動基準、そして圧倒的活力を持った少女たちのローカルコメディ。
自分はすごく好き。久しぶりに明日が待ち遠しいというような気持ちになった。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 115
サンキュー:

5

ネタバレ

~完~ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これは先生が言ってたことなんだけど、うんこはばっちぃからゲームクリア!なんだって。

上野の街の平和を守ることを目的に優しすぎて周りに振り回されるけど一応リーダーを務める赤色の結衣、うんこが大好きすぎてうんこ問答をする癖のある騒がしい黄色のさっちゃん、クールでシニカルな言動が目立つけどゲームに関しては熱狂的な水色の琴葉で構成されたカラーズが周囲の大人たちを巻き込みながら商店街や駅などを東奔西走するという日常系のギャグアニメ。見る前に赤青黄の日常系…ゆゆ式か?と無自覚に想起してました。

この作品を鑑賞しているときに自分もこんな自由で積極的に街を楽しんでいく小学生やってみたかったなぁ(なお周囲に迷惑など)と思わせる演出が随所にちりばめられていて、小学校から帰るやいなや家で黙々とゲームを消費しながら時間を潰していた身からするとちょっとした憧れすら覚えてしまいました。

なんというか羨望のまなざしでいえば、高校生の爽やかで甘い青春に匹敵する位の必要最低限の社会的なルールを守れば何をしても許されるような小学生の特権がほんと上手く表されていて、人によっては交番の斎藤みたくクソガキ!とウザい嫌悪感を覚えたり叱りたくなるような、またはおやじみたいに子供の持つ世界観を尊重していっそのことエンジョイしたくなるような、そのカラーズの持つキッズ感を周りにいる大人たちが豊かに反応分けしていることでよりキラキラぽさやリアリティが増して個人的に暖かい癒しが得られた作品でした。

{netabare}
三ツ星カラーズの印象に残ったシーンやキャラの感想

おやじ:なんでいつも眼鏡を変えてるのかはアニメをみた限りでは不明。
好奇心の強さというか刺激を楽しむ姿勢など童心を忘れていないハツラツさが窺えてカラーズはこの人に関われて幸せだろうなぁ。わざわざ金庫やらトランシーバーやらの道具を用意してカラーズの世界観を見守ってるのとても人が良さそう。ただカラーズの暴走が凄いときは反省させるようなクソオヤジな一面も見たかった。(子供のためだと言うのならアメ横の看板に乗るのはやめさせてあげて…)

斎藤:カラーズの敵であり、上野の平和を脅かし、パトロールという名のサボりをする…と見られている警察官。警察官の職務についている斎藤はカラーズにとっての必要悪みたいな存在(いじられキャラ)なので銀杏を投げつけられたり、うんこの入った雪玉を投げられたりするのは必然なのかも。カラーズのやらかすところにだいたい斎藤いるの面白かった。

結衣:すぐに泣いてしまうなど威厳がないリーダーと弱点探し会議で責められていたけど、よくよく考えるとこの威厳のなさもとより優しすぎてしまうところがカラーズが崩壊せずに柔軟性を持てたところなのかもと思う。黄色や青色だったら主体性が強すぎてしまって混乱することもありそう。トランシーバーでハイパーかくれんぼが台無しになるからってワーワー喚くシーンは結衣ちゃんの優しさと責任感の強さが垣間見える良いシーンだったなぁ。
あとパンツの価値は貶めないように努力してるの可愛い。

さっちゃん:とにかくうんこが好きでじっとしていられない。子供の頃ってうんこを言うだけで爆笑できた下ネタの王様であるうんこ黄金期があったような気がします。チューチューカブリラもそうだけど小さいときに意味ももなく笑える変なものってあったよなとこの子のうんこ!を聞くたび懐かしい気持ちになりました(なってない)。うんこを公言することを咎めるシーンいくつもあることを考えてみるとどことなくうんこに宇宙を感じてくるような…。(うんこも元は自分の体一部だった訳でもあるので親近感もわくのもうなづける?)

琴葉:パンダみたいな猫を捕獲するときに殺すとか言いだしたり、人の頭に足を踏みつけることに快感を覚えたりステレオタイプなゲーマーの悪い癖を見ている様でヒェッとなってしまったけど、ゲーム下手くそと赤に指摘されてヘコむところをみてちょっとかわいかった。(珍しいさっちゃんの気遣いがあったことや、結衣のリーダーとしての威厳を見せようとしてるところもあってこのシーンはお気に入り)どこかひねくれてる物言いが癖になる子。

ちなみに自分はこの作品の中ではののかが一番好きなキャラです。女子高生にしかない幼馴染的バブみがロリの前だといかんなく発揮されてるので。
{/netabare}

投稿 : 2019/02/19
閲覧 : 111
サンキュー:

4

北海イクラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

コメディ

ののか可愛い。主人公3人組可愛いし町のみんなが優しいしののか可愛い。

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 85
サンキュー:

3

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

カラーズ

過去に視聴済み。

女子小学生3人のドタバタな日常。
深く考えずに見ることができるので
気楽なアニメです。
ただ交番勤務の斎藤さんには同情します(笑)

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 76
サンキュー:

6

ネタバレ

ゼルミナ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ご当地感をもっと活かしてほしかった…

2018観了。原作未読。

大きな突っ込みどころは無いが、それ以上に抜きんでて良い所がない。
堅実と言えば聞こえは良いが、面白みに欠けるなぁ、と。
(原作ファンはどう思ってるのだろう…?)

対案はタイトルの通り。
舞台である上野公園近辺が学生時代の地元だったせいで点が辛くなってるのかもしれないが、アメ横の看板を何度も出すのは芸がない…というか、無神経。
ホントに取材したのか、というのは言い過ぎかもしれないが、全体としてよくある記念写真の場所が連続する感じを拭いきれない。
(この辺り、いくつもの現実風景を組み合わせて”理想の田舎風景”を作り上げた「のんのんびより」を見習ってほしい。)

あと、(好みの問題かとは思うが)止め絵の使い方がヘン。
「そこは動かせよー!」と何度か突っ込んだわ(笑)

全力で平均点を取りに行って→結果:取れて良かったね、という風情。
全然アニメを見てない人が見るならOKだと思う。

どう見てもバ〇ーなオッサンは良かった。登場するたびに癒されたわー

投稿 : 2018/12/11
閲覧 : 115
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

独特なギャグセンスが癖になる作品

ギャグアニメに寄ってる日常アニメですがこの時期はゆるキャンという最強の日常アニメがあったせいか全然話題にならなかった…

3人の女子小学生がカラーズというチームを作って舞台になっている上野で平和を守る作品ノリでいうとあの花の超平和バスターズぐらいの感じの身内で勝手に作ったチームという感じですね。

毎回言っていますがギャグアニメというジャンルは個人的にアニメの中で1番好き嫌いがハッキリ別れる作品ですが主にギャグと雰囲気とキャラこの3つが大事で自分はこの作品にばちこりハマってしまいました…ほんとに面白い

基本的に真面目だけどたまに見せる病んでる感じが面白い結衣。いつもゲームをしてるけどめちゃくちゃゲームが下手くそな琴葉。うんこが大好きなさっちゃん。良いですね〜アニメってこんなもんでいいんだなって思います。

ギャグがやっぱり自分に合っていましたね。基本はさっちゃんがボケ担当で元気よくうんこ!とか言ってるんですけど、さっちゃんが真顔で真面目に、真面目にうんこについて語るという急にそんな事をしてくる、ギャグのテイストに振り幅がある感じで飽きさせない創りだなと感じます。花粉症の治し方とかワンコインさっちゃんとか色々面白い話がありましたが、結論は単純に自分の好きな系統のギャグアニメだったという事です。カラーズにまた会いたいと思わせてくれる作品でした。おつカラーズ!

点数 92

投稿 : 2018/11/21
閲覧 : 135

dbman さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バカ娘が上野を救う

原作未読。

小学生女子3名から成る秘密組織「カラーズ」の面々が東京・上野の平和を守るために、日々活動する物語。

舞台が昔からよく知っている上野ということもあり何気なく視聴したところ、一気に完走してしまえるほど楽しく観れました。

なかでも、いつも一人で突っ走りがちでその突飛な行動が物語の起点になることも多く、彼女なくしてはこの物語が成立しなかったであろうメンバー随一のヤンチャ娘・さっちゃん(声優:高野麻里佳)のバカっぷりが最高なのです。終始、さっちゃんの言動や行動には笑わせられっぱなしで、上野駅構内のお店に「うんこありますか!?」と突入したシーンではクッソ笑ってしまったw まさに“うちの子は目が離せなくて~”の代表格といっても過言ではないだろう。

登場する上野の方々もほのぼのしたキャラが多く、笑い&癒しのたくさん詰まった素敵な作品でした。最近、人の親となる年齢になったせいか、『苺ましまろ』など子供が無邪気に駆け回る作品が堪りません。実際にこんな子らを育てるのは大変そうなので遠慮したいけどもw

「ちょっと待って! 相談するよ!」のフレーズがしばらく頭から離れなくなってしまった、カラーズ3人娘の結衣(高田憂希)、さっちゃん(高野麻里佳)、琴葉(日岡なつみ)が歌うオープニングテーマ曲『カラーズぱわーにおまかせろ!』も作品の良さがうまく表現されていて良かった。

まだ原作は連載中なので、ぜひとも第二期を期待しております!

投稿 : 2018/11/04
閲覧 : 89
サンキュー:

14

野菜炒め帝国950円 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何故ロリアニメを見るのか? そこに幼女がいるからだ

上野を舞台に3人の女子小学生たちの日常を描いた意欲作。

はっきり言えば物語的には大して面白くもなんともない。
あくまで日常系なんでカラーズ達の行動と街の住人たちとの微笑ましい交流を眺めてほっこりするのが正しい楽しみ方と言える。

しかし人によっては不快感を覚える場面も多々あるかもしれない。

それは何故か?

カラーズの行動が明らかに行き過ぎてる場面も決して少なくはないからだ。
まるで狂ったYOUTUBERのごとく正気を疑うような行為もあるのは否定出来ない。

子供のやることだからとニッコリ流せる人ならいいがそうでない人ならイライラ限界突破間違いなし。

そういう自分も寛容ぶってるわけでもないが実は前者の人間なのだが子供だから許せるというのとは少しばかり違う。

そう。(可愛い)幼女だから許せるのである。

これが仮に幼男・・・例えば野原しんのすけ辺りが同じことをしたとしたらおそらく時と場合によっては殺意の波動を抑えきれなくなってしまうかもしれない。

そして作品最大の美点。
それは今更言うまでもないが可愛い3人のカラーズたち。
3人とも見た目も性質も違うんでそれぞれ誰がお気に入りかというのは割れる部分かもしれないが個人的には1強状態だった。

誰だ?

琴葉しかいないだろう。

実はこの子の場合1話だかで人の頭を踏みつけてた場面から心を鷲づかみにされていたのだ。
あのルックスにクールを装った愛くるしい性格に毒舌。
完璧すぎて怖い。
そんな子に踏みつけて欲しいなんて願望はM男なら誰しもが思う健全なモノではないだろうか。

それ以来OPから含めて本編でも我の視界の中心には常に琴葉がいた。
やばいストーカーのように琴葉の姿を追い続けたのだ。
千と千尋の顔なしと今なら分かり合えて友になれそうな。そんな気がした。

赤と黄色の2人も可愛いのは間違いないのだが琴葉の前では霞んでしまう。

本来なら黄色のような子は見た目も含めて好みなのだがこの子の場合致命的な欠点がそんな思いを破壊する。

それは何?

品が無さ過ぎる。

うんこうんこ言いすぎやねん。

自分は女の子には一定の気品がないと萌えない性質なんで例え小学生でも譲れないのだ。
気品は大事。すごく大事。

別アニメの話になるがいくら見た目が良くてもはいてないと分かった時点で瞬時に萎えてしまうのだ。
いや穿けよ・・と。
単純に下着描くのが面相なだけではないのかと。

萌えと羞恥心と気品について話すとこれまでの2倍以上の長さになりそうなんで話をカラーズに戻す。

戻してはみたがもう作品について特別語ることもないことに気づいた。

結局は最初の2行~4行目に書いたことがほぼすべてだろう。

萌えなさい さすれば道は開かれん。

そう言えばロリアニメの割りに唐突なシャワーシーンだの事あるごとに映し出されるお尻や太もものアップ等が比較的控えめだったのは良かった。

幼女でそういうのは割りと引く。

「豚ども これで満足か!? ゼハハハハ! ロリの夢は!終わらねえ!」とか言われてるようでなんだかなあ。

投稿 : 2018/10/17
閲覧 : 288
サンキュー:

38

ネタバレ

のんちくん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

作風が途中、話数で変わるけど、結構面白かった。

微妙な成長があったり、子供の成長早いな、と、終盤思えてくるくらい、キャラとしてのほか、人を書いてる部分があるところが、いいものかわるいものか?ですけど、キャラの組み合わせの相性がいいですね。
いろんなこと思いついたり、馬鹿なこととか、上野のこととか考えたり、そう、上野が舞台のお話でした。あの子らのIQいくつなんだ?

脇役も味があったけど、主人公たちのあほっぷりに、消えたり、忘れられたり、途中で増えたり、うれしい思いも寂しい思いもします。

OPもEDも、すごくよくできていた!!ちから入ってるなぁ。この作品はヒットしてますよね。

投稿 : 2018/07/11
閲覧 : 102
サンキュー:

9

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

近所にこんなのはしゃぎまくってたら嫌だなー・・・と思う一方、観てる分にはとても面白かった。
ありそうで今まで無かったタイプのアニメ?

投稿 : 2018/07/07
閲覧 : 157
サンキュー:

9

ネタバレ

へも さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

娘を持つ親としての視点

ロリ良いわ~

なんて視点で見れるわけないだろ! 単にイタズラ好き(ほとんど犯罪)のクソガキどもの日常系アニメで、見ていてイライラが募りました。
クソガキは言い過ぎました。うんこお嬢様たちですwww

人の顔を踏んだり、常時ゲームはっかりしてるんじゃねえ!!(# ゚Д゚)
はっいけない! これは自由なアニメの世界、これは自由なアニメの世界・・・

投稿 : 2018/06/30
閲覧 : 205
サンキュー:

7

ネタバレ

ezo さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

カラーズぱわーで乗り越える(BD全巻購入

1話目感想
{netabare}
黄色はよくいる感じの悪ガキタイプ。

青は見た目大人しそうだけどサイコパス。

赤は少し気弱で一番まとも。

そんな3人に付き合う斉藤は優しいのか暇なのか。

キャラは特徴あるしマイナス要素も特にないし気楽に観れる感じで良いと思う。
{/netabare}

2話目感想
{netabare}
秋葉原までのあの道は見覚えある。知ってる場所が映るとなんか嬉しい。

赤はツッコミ上手。将来有望。

そしてとにかく黄色がクソガキ。「大声出すよ」は笑った。
{/netabare}

最終回まで観終えて
{netabare}
やってることは酷すぎるんだけど観ていて楽しいのはアニメだからこそかな。

結衣の辛辣な部分が見え始めてから面白さが加速していった印象。

子供の無邪気さを良く描けている良い日常ものだったと思う。

{/netabare}

個人的には円盤を買うほど気に入った作品だったけど売上はたったの604枚...。メイン3人がクソガキすぎて受け入れられなかったのかな...。

投稿 : 2018/06/27
閲覧 : 223
サンキュー:

13

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

安定感だけなら『ゆるキャン』以上・・・

この安定感、良い。
ちなみにここで言う「安定感」とは「安定して面白い」ではなく「物語に起伏がなく安定している」という意味の方。

ストーリーは、上野でカラーズと呼ばれる三人組のJSが街の平和を守る(?)、というもの。

超が付くほど日常、日常系が嫌いな人には吐き気が覚えるぐらい退屈なアニメ、一応ギャグ要素もあるが笑えるほどのギャグではない、だから見る時自分でも引くぐらい真顔になっていた、まあこういう日常系作品に「面白さ」は求めてないから別にいいんだけどさ・・・

作画は『苺ましまろ』に近い、てかほとんど一緒(?)、一応掲載雑誌は同じだが作者は別(らしい?)、よくわからん・・・・
ただ似てるせいで何かと『苺ましまろ』と比べられているが・・・うん・・・・・まあ・・・・・比べる相手が悪かったな。


はっきり言うが決して面白いわけではない、圧倒的な日常感に加え、それぞれのキャラ個性が強いわけでもない、更に作画は万人受けするものでもない、唯一上野が舞台になっていて各話で出てくる地名、建物も実際のもの、上野近辺に縁がある人なら見る価値ある・・・・・かも。


投稿 : 2018/06/27
閲覧 : 82
サンキュー:

4

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

上野発アニメ? みつどもえ と 苺ましまろを意識した感じが・・・

 ジャンル 上野発アニメ + 日常


 ストーリー

 上野の平和を守る カラーズ

小学女子 ゆい・さっちゃん・ことはの3人が

上野の街を守る



 物語

 そのカラーズの日常生活をえがいたアニメ

まぁ、眺める感じのアニメですかね


 キャラ

 そこまでもはまらなかったのでなし



 音楽

 んーー・・・



 感想

 タイトル通りで

みつどもえ と 苺ましまろを意識したアニメに感じましたね

 といっても、まぁ、この2つには及ばず・・・

個人的にはショートアニメのほうがまだはまったかも

投稿 : 2018/06/20
閲覧 : 108
サンキュー:

4

次の30件を表示

三ツ星カラーズのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
三ツ星カラーズのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

三ツ星カラーズのストーリー・あらすじ

上野の平和を守るため、朝から夕方まで街を駆け回る小学生3人娘・カラーズの活躍が描かれる。(TVアニメ動画『三ツ星カラーズ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年冬アニメ
制作会社
SILVER LINK.
主題歌
≪OP≫カラーズ☆スラッシュ『カラーズぱわーにおまかせろ!』≪ED≫カラーズ☆スラッシュ『ミラクルカラーズ☆本日も異常ナシ!』

声優・キャラクター

高田憂希、高野麻里佳、日岡なつみ、田丸篤志、玄田哲章、名塚佳織、朝井彩加、東城日沙子

スタッフ

原作:カツヲ(「月刊コミック電撃大王」連載)、監督:河村智之、脚本:ヤスカワショウゴ キャラクターデザイン:横田拓己、美術監督:李凡善、色彩設計:水本志保、3D監督:天狗工房、撮影監督:佐藤敦、編集:近藤勇二、音楽:未知瑠、音楽制作:フロンティアワークス、音響監督:土屋雅紀、音響効果:山田香織、録音調整:常川総一、音響制作:グルーヴ

このアニメの類似作品

この頃(2018年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ