「D.C.II ダ・カーポII(TVアニメ動画)」

総合得点
63.6
感想・評価
355
棚に入れた
2183
ランキング
2706
★★★★☆ 3.6 (355)
物語
3.4
作画
3.5
声優
3.6
音楽
3.6
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

あすは

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

ダカーポ2作品目。1作品目を見なくても物語にそこまで影響はないと思います。
前半〜中盤までは恋愛が主。後半はある生徒を中心とした話でした。
第1話の最後にいきなりの展開があり、これは期待できるかと少し期待したのですが、すごい展開になることはなく、そのまま見終わってしまいました。
正直、微妙な作品でした。セカンドシーズンに期待します。

投稿 : 2018/07/08
閲覧 : 51
サンキュー:

0

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

普通に良かったけど、この作品でやる必要あったのかな

主人公やヒロインが新しいメンバーにチェンジしています。
1期シーズンからだいぶ時間が経った初音島が舞台となっています。

正直に言うとシナリオはまあまあという感じでした。
世界が1期と変わらないけど、シナリオ的にはこの作品でやるべきかというと
そうでもないという気持ちがありました。
キャラクターがほぼ全員変わったことで最初は戸惑いながらも、杉並(別人)
がいたことや、さくら(学園長)がいたことで、最初のうちでもなんとか視聴
が出来ました。
これが、良作品ですか?と聞かれたら、1期から見ている人や原作からプレイしている人にはおすすめはしないと思います。ストーリー言うなら良作品だと思います

あとがき:とりあえずは、続きを見て見ることにしてみます。

投稿 : 2018/06/28
閲覧 : 52
サンキュー:

0

プラたん

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ゲームの方も長く続いてるけど、アニメもやるんですねえw

投稿 : 2017/07/17
閲覧 : 122
サンキュー:

0

ネタバレ

ロリっ娘prpr

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公に伊藤誠に似たものを感じる

D.C.Ⅱ原作プレイ済

D.C.よりも原作ストーリーが多く使われている。原作:アニオリが7:3くらい。
{netabare}学祭で小恋の告白からスタート。こいつらは学祭なにやったんだ?
ゲームでいまいち扱いが悪かった小恋が報われるのかと思いきや、美夏中心のストーリーへ。雪山へは行かない。バナナ餡饅頭も登場しない(笑)
「天枷は帰国子女で」←が出てきたが俺はいつも「生き別れの妹で」を選んでたw
また小恋がひどい扱いに。。。
人型ロボットと人間の共存というのは物語のテーマとしてはつくりやすいところかなと思う。
義之はナチュラルに鈍感だらしない性格で小恋と付き合っているはずなのに途中からほとんどかかわらなくなる。「でも」使い過ぎ。結局腕組んだだけでオワタ。
どんだけ小恋の弁当拒否ってるんだよ。
委員長の事情を知ってるのに委員長に怒鳴りつける義之。

弟救った天枷に手のひらくるーな人たちw

次回予告がエルニーニョ絵梨奈なのはよかった。
{/netabare}
前作が2クール×2でgdgd長ったるく感じたがこちらは1クールでストーリーを絞ったため見やすくはあった。

キャラデザがいまいち

今回のキャストは半分くらいは原作d(ゲフンッゲフンッ

曲も結構いい。

投稿 : 2016/07/27
閲覧 : 140
サンキュー:

0

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

今期は美夏ちゃんの物語

-あらすじ-
前作「D.C.S.S.~ダ・カーポセカンドシーズン~」から、53年後の初音島が舞台。普通の学園生活を送る主人公、桜内義之(さくらいよしゆき)。秋、毎年の恒例行事である学園祭で、幼馴染である月島小恋(つきしまここ)から突然の愛の告白を受けるところからこのストーリーが始まる。


今期は美夏ちゃんにスポットをあてた物語。ダ・カーポシリーズとしては、すごく平和的な終わり方となりました。
その一方で1クールでは物足りない部分がありましたね。

投稿 : 2016/03/24
閲覧 : 182
ネタバレ

ダレイオス

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

自分は恋愛ハーレムもの見てたんだよな・・・

本作は前作の53年後にあたるもので世界観は同じだけど
53年経っているので歳をとらない
さくら以外の前作の女の子は「誰特」ということもあり出てきませんね。
53年経っているけど未来的な感じはなくて
いたって現在と変わらない普通な世界観です。
要するに前作の2世代あとの人達の物語をやりたいがために
53年後になっているのかな?

出てくる人物も一部、明確に前作の子孫のキャラもいるけど
子孫ぽいけど前作のキャラとの関連性はわからないキャラもいたりで
マチマチですね。
ただ、出てくるキャラは前作のキャラに似ているキャラが多いので
焼き直し感はします。

作画も美少女アニメにしてはパットしませんね。2007年ごろのアニメとはいえ
表情が冴えなく、死んでいるような目をしていたりするので
あんまり魅力的に見えないことが多かったかな
見た目が可愛い女の子を目的で見るにしても苦しいかな
背景もイマイチだし世界観的にはあまり魅力はないかな
演出面もあまり良くなかったと思います。

ストーリーは、主人公の義之が幼馴染の小恋に告白される所から
始まりそれをOKして付き合うのが開始の仕方で
最初の印象しては幼馴染の女の子と付き合うことになった・・・
的なストーリーをやりたいようにみえました。

さらに、ロボットである美夏は偶然起動してしまい
義之と同じ学校に通うことになるのだけど
こっちの子も本作ではヒロインぽくみえましたね。
ただ設定は適当かな偶然見つけて起動されて同じ学校に通うことになると
前作と同じ立ち位置いたキャラよりも設定的に苦しいかな
流石に偶然沸いてきた人が簡単に学校に通えるとは思えない。

とこの2人を中心にストーリー展開はするようですね。
しかし正直恋愛描写はいいとは思えません。
一緒にいたりデートしたりはするものの
もっと好きになるような展開や、好きになったと感じる
出来事は個人的にはあったようには見えませんでした。
どうも仲良くなる過程の描写は良くなかったですね。

中盤からは恋愛要素よりも
美夏がロボットであることに対しての問題になり
自分は恋愛ハーレムアニメ見てんだよな・・・と
見るアニメ間違えたかな?になりました。
別にするなとは言わないのですが
1話で小恋との恋愛ものだと思わせる開始でこの展開なので
普通に見ている視聴者は不満になるかもしれません。
ストーリー構成はあまりいいとは思えません。

美夏のロボット問題も聞いていると
この世界ではロボットは存在自体許されない世論になっている
みたいだけど、今までそんな風にはみえなかったのに
いきなりその設定が出てきてビックリしました。

さらに殆どの生徒がロボットに対して
酷い偏見や酷いものを見ているような態度をほぼ全員見せるので
個人的にはこの世界なに?ってなりました。
世論的にロボットが嫌われる理由も
個人的には納得しずらいし、なんだかなあと思いました。
「ロボット三原則」に引っ掛かるとかならわかるけど
単なる劣等感や嫉妬で、そこまでの世論になっているのは怖かった。
委員長だけは嫌っている理由はちゃんとしているので納得出来ました。
委員長がらみは、確かにありがちな設定でしたが
そんなに悪くはなかった。

うーん、その後の展開もロボット問題自体、解決が難しいことをやっているので
納得出来る解決方法だったかとなると疑問視せざるえなかったかな
ロボット問題自体の本質に触れた解決方法ではなかったので
浅い感じはしました。
それでも一応話自体は成立しているので、アリかなとは思ったけど
その後はかなりの手のひら返しだったのがチョット気持ち悪かった。

キャラについても美夏のキャラは掘り下げられていたし彼女には非がない話
なので美夏自身は好きなのですが
小恋は見せ場が無かったので、その差は1話の展開からだと
やっぱりまずいよね。
義之もストーリーのせいか情けないことを
言うケースが多かったし、あまり好きになれませんでした。
良かったことは、さくらは歳をとったためか落ち着いた性格で主人公達を見守っていた所
推定70歳弱と考えると複雑ですね。

声優さんについては、地味で普通に喋っている感じで
気になるとかはなかったですね。
暗いアニメだったのが大きかったのか印象には残らなかったけど
全体的には上手いと感じました。
小恋役の南條さんは声は合ってたかな演技については
まずまずだったと思います。
ななか役の茅原さんはキッチリとした演技で上手かった。
美夏役のあおきさんは特徴的な声で声も合っていましたね。
演技も上手い方だったと思います。

個人的には意味不明なアニメってわけではないので
嫌いではないんですが
ストーリー構成、ストーリーに感心出来るかになると
うーんですよね。
作画クオリティーも良くなかった。
ジャンル的に恋愛萌えハーレムアニメだと思われるのに
その要素がないのも不満だったかな
アニメの出来は良くなかった。
美夏自体は結構良かったとは思います。

投稿 : 2016/01/04
閲覧 : 142
サンキュー:

4

とってなむ

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

桜が咲き誇る空の下で小恋は何を想う

ダカーポⅡのファーストシーズン。
シリーズとしては第3作目にあたります。


本作は、前の2作(D.C.、D.C.S.S)から53年後の初音島を舞台としたものになっています。
従って当然、キャラは一新されています。(例外アリ)
又、名前が前作と同じ人物も出てきますが、
あまり深くは関係していないようです。(これまた例外が)


これは前半は小恋を、後半は美夏を中心に描かれる物語。

以下、ざっくりとしたあらすじ。
小恋の義之への告白から始まり、二人は付き合うことに。
しかし、突然現れたワケアリ少女の美夏を義之は気にかけ、
二人の仲は進展するどころか後退。
そうした状況のなか、美夏の秘密が――。


題材は面白かったのですが、物語の展開としては些か不満の残るものでした。
と言うのも、義之というか作品自体が美夏のおはなしを主軸としているため、義之と小恋の関係が終盤ではあまり触れられることはありませんでした。
二人の付き合いをもう少し見たかったな、というのが本音です。


とは言え、美夏の話はなかなか良いものでした。
最後の演出は泣かせにかかってきましたね。
ものの見事にやられたんですけども。
小恋があれこれと手回しをしていたっていうのも感慨深い。

感動してしまったので、実質良かったのかもしれません。


それとダ・カーポの魅力はヒロイン同士の仲の良さにあると思ってます。
今回では美夏に協力する小恋の姿が輝いて映りましたし、
小恋とななか、ついでに義之と渉の4人バンドはこれぞ青春と感じさせられました。



OP「サクラキミニエム」 歌-yozuca*
ED「優しさは雨のように」 歌-CooRie


--------------------------


前2作から世界観は継ぎ、雰囲気は変化したという印象。
美夏の存在をテーマにしているためでしょう。
こちらはこちらでまた違った良さがあるのではないかと思います。

最後には美夏も"夢"を見つけたようですし、
締め方としても満足のいく内容でした。


~蛇足ツッコみ~
委員長の美夏への向き合い方の転換イベントはありきたりでした。
これしかない気もしますが。

投稿 : 2015/12/23
閲覧 : 150
サンキュー:

22

ネタバレ

スパイ隊長(休止中)

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

誰がヒロインなんだ!?

「佳作」
※自分のレビューを見るときはプロフィールを参考にしてください。



D.C.~ダ・カーポ~から50年後ぐらいの話。

最初、ヒロイン(中心人物)は月島 小恋だと思っていた。1話で告白して、主人公と付き合い始めたし。

でも天枷 美夏(ロボット)が出てきてから、2人の関係が揺らぎ始める。

{netabare} 結果的に、最後は気持ちがうやむやなまま別れてしまう。 {/netabare}

個人的にはショックというか、もう一度修復しないかな、と思った。


後半で、天枷 美夏が周囲にロボットではないかという不穏な空気学園中に流れるが、車に轢かれそうになった子供を助けたことで、みんなから認められた矢先、お偉いさんの耳に入り、天枷 美夏の退学が決まった。

最終話では、生徒みんながボイコットして、退学取り消しを訴えるが、天枷 美夏本人がそれを(事実上)やめさせ、残りの学園生活を満喫することを選んだ。


個人的には、この後の天枷 美夏の卒業式(月島 小恋主催(?))でとても感動した。

今回は桜の樹はほとんど関わらなかったけど面白かった。


一つ不思議に思ったのは、前作(D.C.~ダ・カーポ~)で枯れたはずの魔法の樹が咲いていること。


おすすめは、

優しさは雨のように/CooRie(ED)。なんか切くなる曲ですね。

投稿 : 2015/11/14
閲覧 : 141
サンキュー:

3

てんてん

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

さいこう

やっぱ三期になってから絵が綺麗になりました 当たり前だけど・・・

でも残念ながら 音夢たちがでてたのが面白かったかな

投稿 : 2015/10/07
閲覧 : 116
サンキュー:

0

ネタバレ

ALBUM

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期には劣るけど、それでも...

2期が良すぎたので、どうしても目立たなくなるけど、1期も並の作品では太刀打ちできないほどの作品。

{neat are}人型アンドロイドである美夏のために、学校の生徒みんなが理事会の人たちに退学処分を取り消すように求める{/netabare}シーンは感動します。

今の評価は少し低すぎるような気がします。

投稿 : 2015/09/25
閲覧 : 91
サンキュー:

0

にゃんちゃこ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ん〜特徴のないストーリー!

この作品は続編を観るための前置きだと思った方が
良いと思います!

投稿 : 2015/07/15
閲覧 : 195
サンキュー:

0

ヨッピィ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2期は良かった!!1期は………

一期は見ても見なくても。

投稿 : 2015/05/27
閲覧 : 136
サンキュー:

1

ネタバレ

SUMI’

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

こういう作品の主人公というのは・・・

D,CⅠが私の中であまり納得のいく物では、
無かったので今回こそわと思い見ました。

作画は、Ⅰよりも良くなっている感じでしたね。

音楽は、相変わらず素晴らしいですね。
とても、心を安らげてくれる様な音楽でとても
印象に残りました。

今回も2クールに分かれている為か、
1クールだけでは、まだ納得出来る物語では
ありませんでした。

しかし、Ⅰの時よりもドロドロ感が少な目な気がして
見やすかった印象です。
{netabare}
前半、小恋との恋愛が上手くいっていたのにも
関わらずこのアニメは、こういう普通の展開が
許されないアニメなので駄目な結果になる様な
目で見ていましたがやはりでした・・・{/netabare}

美夏の設定がいまいちしっくりきませんでした。

皆、作品に求めている物は、違うと思いますが
私がこの作品に求めていた物は、
{netabare}
恋愛のもつれでドロドロになる展開でした。

しかし、今回ロボットという存在を大きく出してきたせいか
恋愛面が、薄れて途中から違うアニメを
見ている感じでした。

そして、そんな中

主人公は、『何してるの?』

と思うばかりでした。

小恋は、どうしたと・・・

物語の中で、修学旅行に行く話は、
がっかりでした。

なんで、彼女をもっと大事にしないのか
分かりません。

確かに、大変な事が起こったのは、分かるが

『何してるんだ!!』

と言わせんばかりの行動をとる主人公を見ていると
怒りしか出ませんでした。

結局、別れ話をされた後もケロッとしている
主人公を見ると正直、引きました。

最終的には、卒業式で綺麗に終わりましたが
私は、この結末は、

『ダ・カーポ』

らしくない終わり方だったと思いました。{/netabare}

この作品で、主人公の周りのキャラは、
別に嫌いになる事は、無かったのに

主人公だけは、好きになれませんでした。

『優しすぎる人間は、本当に罪です』

しかしⅡは、2シーズン目でD,Cらしさを
取り戻すと聞いているので期待する事にします。

長々と、文句ばかり書いてすみませんでした。

投稿 : 2015/05/17
閲覧 : 164
サンキュー:

0

ゆうき。

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

主人公の皮をかぶったモブのお話

13話分の内容があにこれのあらすじに全部書いてある。すごい!

ダ・カーポとしては舞台が同じだけでその他の設定はあまり活かされていないように感じました。

主人公の義之は基本的に指示待ち人間。覚醒しないなら主人公の器ではない。


恋人になったのにむしろ疎遠になっていく過程は、義之が悪い。
釣った魚に餌をやらないなら自然消滅も当然想定の範囲内でした。

が、しかし第1話の告白のシーンでは義之が返事をする間が気になりました。
義之は結局のところ異性として好きではなかったということでしょうか。
大切な幼馴染を告白を断ることで無くすことをよしとしなかったから、OKをしたように見えました。


第8話で意味深に舞う桜の花びら。
不自然なまでに自然にネジが外れていく現象は、一体誰が望んだものなかな。
このあたりがとっても気になります。
2期で全部回収されることを願います。


恋愛ものかアンドロイドものかのどっちかにした方が、より物語に深みを持たせられたのではないかと思います。
アンドロイド中心の恋愛ものでかつ三角関係な展開はないんですか。

投稿 : 2015/05/16
閲覧 : 145
サンキュー:

0

ネタバレ

animeneko

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ダガーポシリーズの新展開

ダガーポ、ダガーポのセカンドシーズンときて、
ダ・カーポ2という名前の第三期??よくわからんけど、人気ギャルゲーのアニメ化シリーズ。
設定は前作から50年後ぐらい?でもどうみても、生活は10年ぐらいしかたってないかな?
時代が変わったものを感じさせるものは性能が人間みたいなロボットが出てくることぐらいか。

一年中、桜が満開である島が舞台、という設定は引き継いでいるかな。登場人物は一新、桜の精のサクラさんだけは出演、でも学園長の役で年齢不詳なのか。
サクラさんは、見かけは子どものまま、中身はとっても大人な雰囲気な不思議キャラでおもしろかったな。

ストーリーはお約束どおりのアツアツ胸キュンハーレムラブコメっぽいが、基本はメインヒロインとの青春ラブストーリーかな?

このダ・カーポシリーズは登場人物の心情をテイネイに描いていていいよね。この作品も、恋愛関係はメインヒロイン・ココと主人公・ヨシユキとの軸だが、他の女の子たちともストーリはいろいろ絡む。

と、思っていたら後半はロボットの女の子が学校で差別されるお話が主軸になってしまって「ロボットと人間との相克」というSFみたいな展開になってしまった。お話の主軸がずれてしまったな。後半、ココとヨシユキは別れてしまったし。

このロボットがロボットであるがゆえに差別されるっていうお話は、昔のマンガ「鉄腕アトム」でアトムが差別されるお話から来ているのかな?SF小説ではよくあるテーマだけど、まさかダ・カーポで出てくるとは!でもこのお話に尺を使いすぎて、恋愛アニメじゃなくなってしまったのが残念。

ヨシユキには手から和菓子だ出せるとか他人の夢を見ることができる、特殊能力があるのか。相変わらずこの設定も引き継いでいるんだね。あんまりこの作品では意味なかったかな。

前作では桜の木とか魔法が使えるアイシアがからんで魔法も重要な要素だったが、この作品では魔法あんまり出てこなかったか。

第十三話ではみんなでバンドをやってロボットちゃんのための卒業式をやってあげた。このアニメあたりからアニメでバンドをやるのが流行っていた?ハルヒとかあたりか?

ラストはなんとかすっきり終わったが、ココとヨシユキのお話はセカンドシーズンでやることになるのかな?

ダ・カーポシリーズは登場人物はみんなやさしくていい人たちばかり。そして恋愛にも人生にも前向きだ。こんなシリーズが作られ続けるとはスゴイことかもしれんね。

キャラと物語で加点しとく。

投稿 : 2015/04/04
閲覧 : 126
サンキュー:

5

Baal

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

さすがに1クールだとこれまでか・・・

CIRCUSのブランドCIRCUS NORTHERNにより発売された

恋愛アドベンチャーゲームを原作とする作品です。全13話、原作未プレイ


枯れない桜の木の下で月島小恋が桜内義之に告白をし付き合う

ことになったのだが、お互いの距離はあまり縮まることがなく

どちらかというと離れているようだった。そんなある日ちょっと

した好奇心からこの学園に通うことになった天枷美夏に義之は

気をかけるばかり。しかし彼女は・・・


今までのD.C.ダ・カーポ、D.C.ダ・カーポSSより短い1クール

13話分なのでそれまでとは少し違う感じがしました。

小恋がメインヒロインだけれどもルートはなんか違う方向に・・・

という感じでさらにそれまでは前半では好感度イベントのような

話が多く、その中で様々なヒロインと仲が良くなっていったり

すれ違ってしまったりでしたが今回のⅡでは舞台が秋ということで

それまでになかったイベントがありましたがメインヒロインの

小恋、それから美夏とのエピソードくらいな感じでした。

もう少しいろんなヒロインとの話が見たかったですが尺が1クール

ですし、セカンドシーズンもありますからそちらでという感じ

なのだろうと思います。


ラストの方はそれまででは誰かが重いものを抱えてしまわないと

いけなかったりと少し寂しい感じがする所がありましたが今作では

ルートの数が少ないこともあってその分だけその想いが少なく

このルートではいい終わり方なのではと思います。


色んなルートも見てみたいのでⅡSSも早いうちに視聴したいと

思います。

◆個人的点数評価 77.907点

投稿 : 2015/03/31
閲覧 : 148
サンキュー:

18

ネタバレ

ニック

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

幼馴染党が血を吐くアニメ

幼馴染属性大好きな私にとっては凶器である
いずれ原作を買って幸せにしてやる小恋

投稿 : 2015/03/08
閲覧 : 169
サンキュー:

0

ネタバレ

Re:SMILE

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おいおい,やっちゃってくれましたね...

ずっと見たいと思ってたんですけど、なかなか見る機会がなくて今見始めました!!
この作品は原作がものすごく有名で素晴らしい作品だったので期待してます。

あらすじは...
芳乃家に住んでいる「桜内義之」は、隣の家に住む「朝倉音姫」、「朝倉由夢」の姉妹と家族同然に育ってきた。 折りしも、クリスマスシーズン。一年中、桜が散らない初音島もクリスマス一色になりつつある時期。風見学園付属の三年生である義之とクラスメイトたちは、一週間後に迫った付属最後のクリスマスパーティーでの出し物を考えていた。 そして、そのクリパを皮切りに、年末年始を経て、春に向けて義之の恋物語が幕を揚げる。 魔法の桜の花びらとともに。
wikiちゃんからです。

1話目
いきなり文化祭から始まりましたね。見ていくとあれ??いきなり小恋ちゃんが告白しちゃった!?しかも枯れない桜の前で告白するシーンはほんとはななかちゃんのはず(>_<)いきなり原作ぶち壊してきやがりました...
やばいこの後続き見れるかな。

2話目
今回は美夏ちゃんが出てきましたね^^;やっぱりかわいいなぁ美夏ちゃん!そんなことより今回も原作を壊してましたね。学園長室の地下に美夏ちゃんが眠っていましたが、本当は洞窟に眠ってるんですよ!少しぐらい原作通りにしてもらえないのだろうか...はぁ~
あと1話では気づかなかったんだけど、最後に女の子達が並んでるシーンで気づいたのですが女の子の身長が少し変だった!特に由夢ちゃんと杏ちゃん!身長あんなに高くないでしょ。杏ちゃんは1話目でも違和感あったけど今回ではっきりしました。私の原作像がどんどん壊れていく...

3話目
今回はななかちゃんと知り合うシーンですね。義之君は小恋ちゃんの部活の様子を見に行き、そこでななかちゃんの歌声を聴く。うんまぁ今回は小恋ちゃんの彼氏だから知り合い方も妥当かな。
最後に小恋ちゃんを送っていくシーンですけど、義之君やりますね。「一緒にバンドやれば小恋のこと知ることができるかな」なんてきゅんとしない女の子はいないですよ。さらっとこぉゆうこと言えちゃうのが義之君はすごいですよね(笑)

4話目
今回は体育祭の話ですね。小恋ちゃんとの2人の時間を作ろうとしている義之君だが周りに振り回されなかなか一緒にいることができない。そしてあっという間に体育祭は終了、後片付けの中小恋ちゃんは体育倉庫裏に義之君を連れていき「思い出がほしいの」勘違いをしてしまう義之君だがおちは一緒に写真を撮る事だった。まぁ男なら勘違いしちゃうよね(笑)
今回ので分かったんだけど、このアニメは原作のストーリーに入る前の話みたいですね^^;

5話目
今回は小恋ちゃんとのデートする話でしたね。やっぱり小恋ちゃんかわいいなぁ~絶対小恋ちゃんは尽くしてくれる女の子だよ。
てかアニメで気づいたんだけど、義之君って意外にヘタレなのかな??原作ではかっこいい印象だったけどちょとだけ幻滅です。てか手ぐらい繋いであげないとダメだよ!!ほんと鈍感なんだから。

6話目
あれ??今回は美夏ちゃんとデート!?義之君何やってるの!アニメを見ていくうちに義之くんのことどんどん嫌いになっていくのは私だけなのかな...公園で美夏ちゃんにお節介のおしうりあれにはかなりイラッテってきてしまった。いや別にお節介するところは原作でもよくあったからいいんだけど、断られたときのあの上から目線「せっかく心配してやってるのに」発言は人としてどぉおかと思う。
はぁ途中で見るの辞めちゃいそう...

7話目
今回はななかちゃんがメインでしたね。イケメン君の告白を断ったことでいじめられてるななかちゃんを義之君が助けることでななかちゃんが義之君に恋をしてしまう。練習中考え事で失敗してしまったので、居残り練習を屋上でしていたななかちゃんなのだが、台風の風でドアが壊れてしまい閉じ込められてしまった。そこになぜか義之君登場!!さすが主人公どこにでもあらわれますね(笑)
おぉっと原作通りどろどろの三角関係か!!と思ったら、ななかちゃんの能力で義之君が友達としか思ってないことが判明、ななかは告白するのを辞めてしまいました。義之くんななかちゃんの言うとおり「だれにでもやさしくするのはダメなんだからね!」天然さんはこれだから、はぁ~...

8話目
美夏ちゃんがロボットだってバレちゃた(>_<)今回も少しう~んと思うところがある。ロボットだとバレちゃうシーンなのだが、あこは変えちゃダメでしょ!!本当は子供を庇って学園前の通学路で交通事故に合うんですよ。とことん原作を壊していきますね...でもあれ?これって美夏ルートに入ってるけど小恋ちゃんはどうなるのかしら??最後少し不安そうだったし。
麻耶ちゃん(委員長)も美夏ちゃんのこと感づき始めましたね。もしかして麻耶ちゃんルートも少し入るのかも。

9話目
今回は修学旅行の話ということで完全オリジナルシナリオになってましたね。義之君ってホントバカだよね。せっかく小恋ちゃんがアプローチしてるのに違う女の子のこと考えたり、男とつるんだり。小恋ちゃんの気持ちが冷めていってるの気が付かないのかな?あれじゃ彼氏失格ですね。ていうか義之君は本当に小恋ちゃんのこと好きなのかな??
あとは麻耶ちゃんとの喧嘩、あれはまぁ原作で麻耶ちゃんがなぜロボットが嫌いなのか知ってる分複雑だった。あれはどっちもしょうがないかな。

10話目
あれ??義之君途中で帰っちゃった!!なんとなく約束を破るのかなっとは思ってたけど...義之君のバカ!音姫ちゃんが心配なのはわかるけど、大事な彼女をほったらかしにするのはダメだよ。
あれは義之君の株がだいぶ下がりましたね。小さいころは謝ってすんだかもしれないけど、いつまでも子供のままじゃないんだからね!!
最後に麻耶ちゃんのエピソードも少し入ってましたね。麻耶ちゃんがロボット嫌いなのもしょうがないですよね。

11話目
義之君のバカちん!小恋ちゃんが無理してるのわかるでしょふつう、それが彼氏なら当たり前だよ!はぁ小恋ちゃんほんと可哀相...
D.Cってこんなに最悪な話だっけ?だからアニメのオリジナルすぎる作品はダメなのが多いんだよ。

12話目
おぉっとここでいきなり原作の美夏ちゃんルートに強制的に移行してきやがった!べつにいいんだよ美夏ちゃんルートも好きだったし。でも小恋ちゃんをほったらかしすぎでしょ...っと思ったら、義之君ふられてやんの(笑)
そりゃあんだけほったらかしにすればふられるのもしょうがないよね(~_~)

最終話
今回は美夏ちゃんの卒業式で終わりましたね。ほぼげんさくどおりでした...が、
おいおいやっちゃってくれましたな製作者さん、うまくまとめたと思ってるかもしれないけど、原作好きを敵にまわすかもしれないぞこれ。最後なぜ仰げばとうとしで終わらないの!!卒業式の最後、エンディングで終わるのが美夏ちゃんルートの見どころなのに。はぁわかってないなぁ~

感想...
正直最悪でした。義之君もちょくちょくイラッてきてしまったし、オリジナルストーリーでいくなら、ちゃんとしてほしかった。あれじゃ小恋ちゃんが可愛そう過ぎる。小恋ちゃんファンに謝れ!!
私のD.C.Ⅱの印象がだいぶ変わってしまったので、原作ゲームで小恋ちゃんEDを攻略してなおしてこよっと。
D.Cファンの方はあまり見ないことをお勧めします。

投稿 : 2014/07/02
閲覧 : 164
サンキュー:

15

郎太桃←

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いい

1より良かったと思う

投稿 : 2014/06/17
閲覧 : 180
サンキュー:

0

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

全13話
2007年10月~2007年12月放送

投稿 : 2014/05/25
閲覧 : 78
ネタバレ

雪花 氷飴

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった

いい話だとおもった。
ダ・カーポから50年後(?)のはなし。
やっぱりさくらは成長できなかったみたい。

投稿 : 2014/04/06
閲覧 : 88
サンキュー:

1

ネタバレ

TEE-PURPLE

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

桜笑み小恋想う

時系列としては前作「D.C.ダ・カーポ」の続きとなっている。枯れない桜の咲く初音島を舞台に巻き起こるファンタジーな物語の第二弾シリーズ。

主人公、桜内義之は学園祭の日に幼馴染の月島小恋に告白され付き合うことになる。また同時に、突然現れた天枷美夏の絡むことにもなり、いろいろ巻き込まれることになる。
小恋と美夏を中心とした三角関係のような展開が始まることとなる。

「傾向」
・学園ハーレム
・ファンタジーミステリー
・音楽系の話有り
・切ない そして 甘酸っぱい
・結果的にはいい終わり方

感想{netabare}

前作と違いメインヒロインとメインルートの二人を軸に話を作っていたので、ハーレムものとしては結構内容に力が入れれていたと思う。ロボットが感情を持つという設定だが、この手の話にしてあることにより、固くなりすぎずもっと力を抜いて観れた。
私は小恋が気に入っていたので、美夏ルートの話展開で残念な部分もあったが、ラストが切なくもうれしくいい終わり方だったので満足。

「桜笑み君想う」この曲はすごく良かった。純粋な女の子の胸の内を歌っているような安心できるメロディである。歌にすることで伝えられる想いを歌ったようなイメージである。

今回の話は三角関係みたくなっているが、小恋の義之との関係をどんどん踏み出したいけどじれったくもジタバタする傍ら、義之は美夏が気になり続け距離が縮まりそうで縮まらないもどかしさ。
義之に惹かれつつも、ロボットであるが為叶えられないこともあり四苦八苦する姿。
どちらも義之中心に回っていて、形式的に三角関係であるがそうとも言えないような感じになっていて面白い関係性である。その点は面白かった。


小恋ちゃんが可愛くて、こんな子が彼女だったら絶対幸せだなぁと思いながら観てました。奥手でもたもたしている姿が最高です♪もっと自信持って良かったよっ!
今回はダ・カーポの舞台での恋愛メインだったので、新鮮な感じでした。楽しませていただきました~。
{/netabare}

セカンドシーズンも行ってみようか。

投稿 : 2013/12/24
閲覧 : 112
サンキュー:

10

ネタバレ

the answer

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

よかった

意外と有名な声優が多かった

投稿 : 2013/12/10
閲覧 : 84
サンキュー:

0

mikosaya

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

評価6

投稿 : 2013/11/04
閲覧 : 126
サンキュー:

0

月夜の猫

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

年中春の甘い日常。

前作『D.C. 〜ダ・カーポ〜』より53年後の初音島が
舞台でプロットは略同じで、前作の音夢ENDの続編。

1期の登場人物縁の名前を持つキャラが多く登場する
ので・・1期を視た方が諸設定が解り楽しめるかも?

枯れない桜が数年前から再び咲き枯れなくなっている。
1期の初期設定に巻き戻る感じで世代交代して始まる。
後のSSと分かれているけど2本で1本に繋がる物語かな。

芳乃家に住み、風見学園付属に通う
桜内義之(浅沼晋太郎・伊藤静)

「世話好きお姫様」
朝倉 音姫※姉(高垣彩陽)
「妹系ツンデレラ」
朝倉 由夢※妹(堀江由衣)
「奥手の純情乙女」
月島 小恋(南條愛乃)

「ツンデレ系ロボ」
天枷 美夏(あおきさやか)
「毒舌セクハラロリ」
雪村 杏(岡嶋妙)
「学園のアイドル」
白河 ななか(茅原実里)

杉並(岸尾だいすけ)

「風見学園の現学園長」義之の居候先の家主。
芳乃 さくら(田村ゆかり)1期ではサブキャラ。

1期の序盤は隣に住む朝倉姉妹やクラスメートとのラブコメ
風描写が多いけど、小恋と恋人になりたてで・・偶然遭遇
した美夏とのゴタゴタに巻き込まれつつ展開する。

相変わらず杉並は美味しい♪

軽音部だったり新要素を加えつつも、基本はバナナだったり
隠された能力設定など1作目を彷彿とさせるエピソードが多い。

1期同様にセカンドシーズンに一気に本題が新展開するので、
このD.C.ⅡもⅠ期は各キャラの魅力ある印象付けが中心の様。

最近のアニメの様にインパクト勝負の演出や過激描写は無く、
正統派のラブストーリを多少コミカルなシーンで繋ぐ感じ。
初々しい恋をニヤニヤ見守る系の緩い描写が多いかも?

終盤は一応美夏絡みのエピソードを区切りとして他は大きく
変わらずに甘い展開のまま。

キャラデザはⅠ期のイメージを残しつつⅠ期SSの追加キャラ
の造形もそのまま残していたり、新しいキャラデザもいて・・
三世代のキャラデザが混在する感じ。

声優は最近でも人気の声優が増え聞き覚えのある声が増えた。

音楽は爽やか系かな?メロウなBGMが多い。

投稿 : 2013/09/08
閲覧 : 117
サンキュー:

3

クロ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

各キャラ雑感

朝倉音姫
色々な意味でパワフルだった祖母と比べると至って地味。
血を分けた事で勢いも分散されたか。
姉キャラでスキンシップしまくりで魔法の桜の事情に深く踏み込むキャラということで前作でのさくら的ポジションにいるキャラ。
事情を知ることで抱く葛藤も同質なのでなおさら。
物語前半のダダ甘お姉ちゃんキャラは非常に微笑ましかったものの、告白イベント後すぐにシリアスモードに移行してしまうため、バカップルエピソードが由夢と比べても非常に過少なのが残念。
可愛い焼きもちやき屋さんで、彼女の嫉妬イベントはライトな雰囲気で笑えた。


朝倉由夢
祖父母の形質を最もわかりやすい形で受け継いだ、真の「朝倉家の一族」と呼ぶべき少女。
寝坊助で料理が大の苦手、家の中と外で格好と態度を使い分け、家での口癖は「かったるい」……が
その分個性がまぜこぜになったせいで強烈なキャラ性を持つに至らず、シナリオでも割と大人しめの印象。
それが逆にハマって管理人的には音姫より彼女がお気に入り。
ファーストキスのイベントのムードもへったくれもない告白シーンが大好き。
姉がHシーン1回なのに対し3回もあるという恵まれたお方。


白河ななか
非常にわかりやすい白河姓ながら、誰の血筋なのかがイマイチ読めない。
暦先生は結婚で姓が変わったはずだし、ことりの子孫であるならことりの結婚相手は白河に婿養子に来たということになる。
が、わざわざことりがそんな結婚の仕方をするとも考えにくい。
白河本家筋から出た、ことりそっくりの人物、というのが一番確度が高い気がするが、それは語られることはないであろう。
ななかの特殊能力は前作の彼女同様のものな上に横恋慕キャラも相変わらずなので、変わり映えのしないシナリオだったと評さざるを得ない。
特に彼女の存在は小恋シナリオにおいて悪い意味でキーとなるので、シナリオライターには変に変化球を投げて暴投にさせるのではなく、直球で勝負して欲しかった。


月島小恋
ダカーポらしくない幼なじみキャラ。
微妙に寝取られ心理プレッシャー要素があるので、素直に楽しめなかった。
友人との殴り合いという青春エピソードも、誤解が誤解を重ねて生んだ悲劇の空虚さ故に、殆ど重みを感じる事が出来なかった。
同じ殴り合いでも、こちらはななかシナリオの方が秀逸だったと言える。
またシーンリプレイは後半殆どななかに占められている辺りも問題。
小恋シナリオというよりななか失恋ルートのようだった。


天枷美夏
なかなか思春期少女らしいえっちなキャラが多い中で、キャラ的にもシナリオ的にも純粋さが際立っていた。
DC2社会におけるロボットのあり方がわりかしハードに描かれていた分尚更である。
言動が余りにもわかりやすいツンデレキャラで、珍しくツン期・解凍期・デレ期と全てのエピソードを楽しめた。
また、これ以外では音姫シナリオの一部シーンでしかなかった呼び名変更イベントを印象深く抑えている点も評価が高い。
終盤からエピローグの社会情勢変化についてはある意味ご都合主義的と言えなくもないが、おとぎ話として綺麗に締まっていた分、よしとする。

雪村杏
初めてキャラ絵を見たときは一番微妙だったがクリア後は管理人的ベスト1,2を争う。
彼女もある意味ツンデレor素クールなので最近の嗜好に合致した結果と言えなくもないが、同じ桜の木から得た能力とそれに伴う葛藤という要素に関して、ななかシナリオより踏み込んで深く描かれていたと思う。
「体の繋がりという前提があるからこそ心の繋がりが大事だと言える」という杏の持論は個人的にも同意する所であり、それがシナリオラストの解決のキーとなっていたのが良い。

投稿 : 2013/09/02
閲覧 : 124
サンキュー:

0

ネタバレ

正義の味方

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

けっこう感動しました

視聴してから結構経つんですが

1話あたりはなんか話が読めずなんだこれ?という感じでした

正直説明不足ですね

観てるうちに物語からだいたい読みとれましたが

ヒロインたちのキャラも良かったと思います

ただ思ったことはこのシリーズの妹はあのチャイナみたいな髪型なんですかね

作画は正直嫌いです

ただ感動したのは最後のほうに主人公が消えるとこです

あのシーンは泣きそうになりました

ただ最終回戻ってきますがあのまま戻ってこないのもありなんじゃないかと思いました

それに意外に声優豪華だったのが驚いた

投稿 : 2013/08/21
閲覧 : 238
サンキュー:

18

ネタバレ

ともか

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前作から世代が替わり、作風も時代に合わせてアップデート

アニメ版の『D.C. 〜ダ・カーポ〜』と『D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜』を視聴済み、
原作のゲームは未プレイでこの作品を視聴。

こちらの『D.C.II 〜ダ・カーポII〜』が1クール(全13話)、
続編の『D.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜』も1クール(全13話)ですが、
ここでは後者には触れず、前者に対するコメントと、前シリーズとの比較を述べます。

結論から言うと、耐えながら観てきた前シリーズ2作品と比べて この作品は楽しめた。


前作から53年後の同じ場所(初音島)が舞台となっており、「魔法の桜」も健在。
主人公・桜内 義之は、前の主人公だった朝倉 純一と同じような魔法能力の持ち主。
他のキャラも みんな孫世代(2世代後)の人物に。

美夏(みなつ)というアンドロイドを、義之が誤って起動してしまう。
ロボットの扱いに対して不満を持つ美夏。
義之は、その美夏が人間と打ち解けられるよう、
幼馴染の小恋(ここ)など、周りのみんなの協力を得ながらがんばる。

前作が2+2クールあったのに対して、本作は半分の尺。
文化祭、体育祭、デート、修学旅行、{netabare}卒業式{/netabare}という具合で、
1クールながらイベントは盛りだくさん。
ドロドロの展開を長引かせるような尺は無く、テンポを重視していたようで、
私にとっては前作と比べれば気分良く観やすい物語になっていた。

ただ、悪化していく状況下で活躍を見せてくれるのを期待していた中、
あるきっかけで一発解決してしまった場面では あっけなさ過ぎて、がっかりした。
12話で、{netabare}委員長の弟を事故から救うと、義之は一気にヒーローに。
掌を返したような周りの反応も一体何だったのでしょう?{/netabare}


作画は今回もキャラ・背景ともに良いほうだった気がする。

声優は違和感のあるキャラが居なかったし、
中でも美夏役の方の「人に近いけれど やはりロボット」という感じを出すような
独特な喋り方が上手かったと思う。

音楽は前作の雰囲気を引き継いでいたイメージ。
特筆するほどではないけれど、聴いている時の雰囲気は良かった。

OP曲: サクラキミニエム
ED曲: 優しさは雨のように


キャラは前作よりも全体的に きれいに、かわいくなっていた印象。
放送されていた頃の時代のニーズに応えた形なのでしょうか。
性格については、キャラの行動がかなり大袈裟、感情的、わがまま、という感じで鼻についた。
それでも前作の、恨みや憎しみといった感情が
激しく飛び交っていたのと比べれば幾分良かった。
デザインも全体的に見れば向上していたと思う。


さいごに、
設定のリンクしている部分があるので、
この作品の視聴に際し、できれば前期作の『D.C. 〜ダ・カーポ〜』と
『D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜』を視聴済みのほうが良いです。
また、この作品を観た後は、続きの
『D.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜』も視聴されることをおすすめします。

投稿 : 2013/05/18
閲覧 : 238
サンキュー:

16

ネタバレ

澪樹

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

声優陣

桜内 義之:浅沼 晋太郎
朝倉 音姫:高垣 彩陽
朝倉 由夢:堀江 由衣
白河 ななか:茅原 実里
天枷 美夏:あおきさやか
月島 小恋:南條 愛乃
雪村 杏:岡嶋 妙

投稿 : 2013/05/03
閲覧 : 131
サンキュー:

0

ジョニー佐々木

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ななかが可愛すぎるんだが

第七話 にわか嵐
ななかが主人公に想いをよせるも・・・

切なすぎる(´;ω;`)そしてななかが可愛すぎる。

投稿 : 2013/04/19
閲覧 : 147
サンキュー:

0

次の30件を表示

D.C.II ダ・カーポIIのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
D.C.II ダ・カーポIIのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

D.C.II ダ・カーポIIのストーリー・あらすじ

学園祭の日、枯れない桜の木の前で小恋が義之に告白し付き合うこととなった二人。しかし仲が深まるどころか以前よりも疎遠になったかのように突如現れた美夏ばかりを気にかけるようになる義之。始めは人嫌いだった美夏が徐々に人に対して心を開いていったそんな中、義之と近しいものだけの知る美夏がロボットだという秘密が発覚してしまった。美夏の退学措置に対し抗議運動まで起こるが、美夏は皆の思いを受け胸を張って退学を受け入れるのであった。そして小恋もひとつの決意を胸に義之にあることを告げる。(TVアニメ動画『D.C.II ダ・カーポII』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2007年秋アニメ
公式サイト
www.starchild.co.jp/special/dc2/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9DII

このアニメの類似作品

この頃(2007年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ