「EVIL OR LIVE(TVアニメ動画)」

総合得点
54.3
感想・評価
33
棚に入れた
143
ランキング
5478
★★★☆☆ 2.7 (33)
物語
2.6
作画
2.6
声優
2.9
音楽
2.8
キャラ
2.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

徳寿丸

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ふふふ、なんだろ、これを一気観するとか(笑)

原作未読。
中国産アニメ。うーーーん、とにかく雑。キャラの心境の変化とか全然こっちに伝わらない。何がいいたいのか?つまり共産党支配に抗おうという事か?


私のツボ:別にわからんでもええわって思わせるというね

投稿 : 2018/05/14
閲覧 : 158
サンキュー:

1

紫煙の心 by斑鳩

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

短評

アニメ制作に関しては黎明期の中華なのであまり期待はしていないけれど
作画のコマ割りとかあまりよろしくない部分が目立つのが残念。

物語や設定も日本のアニメや漫画などから抜粋したような感じで既視感を覚える
どうせ中国人スタッフで作るのなら、無理に日本の作品に寄せるのではなく
メジャーな西遊記や三国志あたりを中国人の目線で作ったほうがおもしろい作品ができるように思うのだけれど。

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 93
サンキュー:

8

ネタバレ

どらむろ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

監獄学園で孤高にのし上がる中国アニメ。暴力的だが力を感じる良きドラマでした。

強制収容施設のような学園で、主人公が理不尽に立ち向かっていく学園物です。
日本作品じゃ中々お目にかかれないような理不尽、したたかに成長していく主人公、次第に判明していくキャラドラマが見所。
…2018年1月現在、中国アニメでは霊剣山2期と並び、これが一番面白かったです。
(作風はまるで違うけれど、「ようこそ実力至上主義の教室へ」よりこちらの方が面白い)

{netabare}『物語』
ネット依存症云々は導入に過ぎず、監獄や軍隊のような強制収容施設に隔離されてしまった主人公・ヒビキが、最初はヘタレだが学園の洗礼を受けて次第に成長していく、ある意味、不良学園ドラマ。
いきなりトンデモ環境に放り込まれる作品は日本にも多々あれど、本作はかなり生々しいです。
…中国では実際ありそう…とか思った(流石に無い、と思いたい)
とにかく学園の理不尽と暴力が凄まじい。現代日本人の常識だと嫌悪感やむなしか。

ドラマは主に主人公・ヒビキの成長とサクセスストーリー。
絵にかいたようなヘタレ…と思いきや、芯が強く曲がった事には絶対に屈しないヒビキが、好きな女の子・シオリ(ヒロイン)を救う為に学園でのし上がっていく。
好きな子の為がんばる、サクセスストーリーは王道で共感出来る。
序盤こそヘタレ過ぎてイマイチながら、3話辺りから早くも面白味が出てくる。
学園の勢力争いの渦中で、武力は強く無くても強かに立ち回りのし上がっていくヒビキの活躍に少しワクワクした。
ケンカ最強でなくてもクレバーに立ち回り、理不尽な強制収容施設で頭角を現すのは見事で、こういうタイプのヒーローもアリだなぁ。と。
(ケンカの戦略性など、やり方はちょこっとだけ、喧嘩商売っぽい)
不愉快な理不尽もヒビキがある意味無双してくれるので、次第に痛快になっていく。

ヒロインのシオリ、ライバルのシン、鬼教官シアンらそれぞれのドラマが判明し交差していく中盤以降、ドラマ的にも面白さが加速。
特にシアン総教官の過去トラウマ(戦場で自分が逃げたせいで尊敬する戦友戦死)、学園の悪との葛藤…からの、ヒビキに味方してくれる流れは熱い。
序盤の理不尽な暴力の権化→終盤のヒビキ「ご指導ありがとうございました!」はちょっぴり感動的師弟愛。
ラストは急展開ではあるも各ドラマ良く纏まっており、1クールアニメとしての完成度は中々でした。

…主人公・ヒビキが終始孤独、シオリとのラブコメに結局ならず、シンとの対決も中盤以降シンが姿を消す、シアン教官の事情とも特に交わらない等、終始孤独にストイックに物語が進む感じなのは、日本作品にはあまり無い作風と思ったです。
霊剣山でも感じた、「中国人の個人主義」。
日本作品なら学園で仲間集めてそう(少年チャンピオンで大団円が近い「囚人リク」みたいな)、でもそういう展開は無縁。
日本作品なら友情・努力・勝利。
良くも悪くも「友情」を重視しないのが中国的という印象です。
孤高。それもまた中国作品の魅力…かも。私的に、そこは結構お気に入り。

総じて、理不尽な学園でのサクセスストーリーとしてかなり面白かったです。
現代日本ではあり得ないレベルの理不尽は嫌悪感ありますが、その状況でのしあがるのも痛快。
日本作品には中々無いタイプの面白さがありました。
モブの小人(こびとではなく「しょうじん」つまらない人間)たちの描写や、容赦なく妥協せず自己主張し、力関係を分からせる姿勢、リアリズム。
小人に甘くない姿勢は霊剣山2期に通じる。
本作の方が、実力至上主義の在り方に相応しかったです。


…(中国当局から見て?)こういう作品は教育的・広報的に良さげ?
我が国はネットやマスコミがちゃんと社会正義執行してくれる、自浄作用ある先進国なんだぞ!?
うがった見方かもですが、終盤展開に、言外にそんな主張も感じる。


『作画』
まずまず。そう悪くは無いのでは。
ケンカシーンは作風的に地味ながら、クレバーな戦い方は伝わるです。

『声優』
ヒビキは植田慎一郎さん、惡の華の春日高男以来の主人公。
シンの内山昂輝さん、シオリの安済知佳さん等々。
MVPはシアン教官の間宮康弘さん。渋い好演でしたが…ご本人は結構お若い。


『音楽』
主題歌はまぁまぁ(な気がする)


『キャラ』
典型的な現代っ子的ヘタレに加えて中国作品の主人公らしい特有のユーモアセンス?の持ち主、ヒビキ。
主人公に相応しい清廉潔白な好漢、序盤は甘えた理想主義…だが実力が伴っていくに従い、カッコ良さが増していく。
孤高のダークヒーロー、芯は潔白だが決して聖人君子ではない立ち回りが良かったです。
冷徹さ増す後半も状況故仕方が無いし、終始ヒロイン救う目的意識あるのも良い。

終始デレない悲劇のヒロイン・シオリ、その仲間たちも曲者揃い。
シオリのヒロイン力は高い、そこから可愛げに繋がらない感じ。

ライバルのシンは実力者だが中盤以降は口ほどには本領発揮できなかった印象。
彼の復讐譚も、ヒビキのドラマとはあんまり関りが無い。

シアン総教官の魅力高し。
本作キャラで一番人情味があった。

弱虫だがヒビキの影響で少し勇気を見せた少年…
日本作品だったら彼は重要な仲間になりそう、ヒビキの眼中に彼が全く無いのは徹底しているなぁ…。{/netabare}

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 158
サンキュー:

20

ネタバレ

ぱに

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

完走するか諦めるか

{netabare}
はい、諦めて下さい。
見ないでください、時間のムダです。

{/netabare}

教官の命令でも逆らいましょう。
総教官の場合は・・・従ったフリをしましょう。


原作は中国。全12話ですが、もっと長かったような錯覚に囚われてしまう。
テンポ悪すぎて話が前に進んでいるのか戻ってるのかさっぱりだった。
さっさと切ればよかったと後悔。(3話以降見てしまったのが私の罪)

主人公のギャグ的思考回路はスキ。
主要人物達はキャラ立ちしてて悪くなかったけど、みんなサドっ気のある奴ばかりで見ていて疲れた。

また、ストーリーのバックボーンがしっかりしていないせいか、ブレブレで何が目的なのか伝わってこない。

以上。

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 84
サンキュー:

0

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

我欲のために、絆を使うか。

この作品は中国のテンセントで原作が連載されているそうですが未読です。
手を変え品を変え毎期数作の中国発の作品が放送されるようになりました。

中国発のいくつかの作品を見て感じるのは民族性の違い…
中には視点や切り口の面白い作品があるのも事実ですが、基本的に英雄気質が感じられるのが特徴だと個人的には思っています。

偉人の生まれ変わりであったり…
特別な血を引き継いでいたり…
そう考えると、英雄と中二病って紙一重なんじゃ…とも思えてきたりします。

でも中国が凄いのは何と言っても人の母数が大きいということ…
13億8千万人という世界一の人口は伊達じゃありません。
それに今じゃ資金面でも潤沢ですし…

だから作品の面白さは別にして、日本の良い声優さんが起用されるんですよね…
この作品の視聴に至った理由は、ヒロインのCVが安済さんで石川由依さんも出演すると知ったから…
いま、日本のアニメの行く末を危惧する声があちこちから聞こえてきます。
確かに作り手の労働条件は決して甘くはありませんし、声優さんの仕事も企業で例えたら十分黒いと思います。
でも、少なくても今の日本のアニメのクオリティは世界を凌駕しているといっても過言ではないと思います。

この作品のキーワードは「ネット依存症」
ネットに依存して抜け出せなくなった若者を更正させる施設である「エリート再教育学校」が物語の舞台になっています。
日本にもネット依存症の人は、私を含めきっとたくさんいると思います。
だから切り口はとても面白いと思います。

でもその学校で行われているのは、教師による過度な体罰と生徒の暴力による派閥争い…
人をだまし、裏切り、そして時には媚を売る世界が広がっていたのです。

これでどうやって依存症を克服するのだろう…
確かに学校内は世間から隔離された、まるで刑務所みたいなところなのでネットからは疎遠になります。
でもそれって、根本的な解決に何もなっていないんですよね…

依存症に至る経緯って人それぞれ…
だから原因をしっかり究明して、その上で処方を考える必要があると思うんです。
個人的にはこういうところがすごく惜しいと思うのですが、でもこれが中国人の気質なんですよね…

主人公の黎響(ヒビキ)のCVは、「惡の華」の主人公を演じた植田慎一郎さんだったのですが、やっぱり経験不足が否めなかった気がします。
それでも完走できたのは、安済さんが良い仕事をしてくれていたから…
流石安済さんです。

1クール12話の物語でした。
きっと万人にお勧めできる作品では無いと思いますが、安済さんファンなら十分堪能できるのではないかと思いました。

投稿 : 2018/01/20
閲覧 : 91
サンキュー:

4

ネタバレ

ダレイオス

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

あまりにも酷いアニメだが根本的に狂ったアニメではないのは救いかな

ネット依存症患者である主人公が無理やり連れてこられた
ネット依存症患者更生施設でのお話
ただしネット依存症をまじめにテーマにしているわけではなくて
実はそこは更生施設だが非道徳、暴力行為が繰り返される
酷いストーリーかと
ただし最後までこのアニメを観れば虐待施設だったということがわかる演出があるので
根本的に狂ったアニメではなく
ネット依存症患者更生施設でのお話に見せかけた
虐待施設での酷い生き残りサバイバルだったということですね。
作っている制作者がやっていることが悪いということに気付いているのであれば
根本的に狂ったアニメではないが内容は優しくはなかったな

まず虐待行為が理不尽ですね。
理由は教官が更生施設の女性のボスを見ただけで主人公に
暴力行為とか無茶苦茶なのでストレスは溜まります。
他にも教官が俺が法律だ警察だとか言ったり
無茶苦茶だし、反省しない生徒がいるから
他の生徒にも同じように罰を与える口実を作りだしたりして
他の生徒にも同じく暴力行為を働くという
あまりにも理不尽なので見ていてやはり辛いな
虐待施設の設定なので仕方がないとはいえ・・・
ストーリー展開の演出も何かがおかしいな
生徒の女性に生徒の男が強制わいせつをしているシーンかなと思ったら
実は服の中に隠し持って携帯電話を奪っていただけという
演出としては強制わいせつなのにやっていることは
携帯電話を奪う行為て・・・違和感ありまくりな展開は
なんだかな・・・と思う。
そしてやっぱりその後、またも強制わいせつをついでに今度こそおこなうという
イカレタ展開になり、それはどうなのかな・・・と思った瞬間
やっぱり携帯電話を奪う行為て・・・
性欲と物欲を一緒にしているので、とても見れた内容ではないです。

キャラクター描写は主人公の性欲はどうも見ていて辛いです。
唐突にエロい妄想をしていて、なんか見ていられない。
そう思ってしまうのはエロい妄想をしてしまう
仕方がないシチュエーションが作れていないのが大きく
唐突にエロい妄想をする酷いキャラクター描写になってるのがなんとも
そして毎回主人公の性格は安定しておらず二重人格でしかないのも酷いな
チョット前まで倫理観がおかしくなり他人を蹴り落とす悪人街道ばく進したかと
思えば、その後、正義感を語りだしたり
と思えば、いきなり番長キャラまがいなことをするし無茶苦茶なのがな
そういや開始直後、酷いネット依存症ぽい発言をしていたことから
本来は酷いネット依存症のはずだが
ストーリーが進めば進むどそんなことはどうでもよくなり
あんた誰だよ・・・になっているのがなんともな
他のキャラも酷いな二重人格としか思えない発言も多く
キャラクター性が安定していないのは酷い。

ストーリー的にもネット依存症患者がずっと携帯電話を求めるという
それしか描けていないのがね。
これだとまったく進歩していないで終わってるし酷いな
それに殆どのキャラがネット依存症患者のはずだけど
ただのヤンキーキャラの描写しか出来てないし
これだとネット依存症患者の設定をいかしているとは思えず
浅いキャラクター描写しか出来ていないのが酷いな

さらにストーリーが進むと最初は携帯電話を求めるという
最低限のネット依存症患者の描写は出来ていたが
その後は、そのことすらストーリーではいかされなかったからな酷いな
誰かの過去が明かされたりもしましたが
それが別にストーリーに大きく影響することもなく
ただ誰かの過去がわかった程度でしかないのが酷いな
しかもその内容はとてつもなく、ただクロいやえげつないだけなのもので酷い。
そうして最後まで突き進み
この施設は更生施設に見せかけた虐待施設だったと判明する
ストーリーでした。
うーん、根本的に狂ったアニメではないが酷いお話だったということですね。

音響環境も酷いな劇中曲が高いキンキンした不快に感じる
曲ばかりかけるので聞いていて辛いです。

作画については常に不安定でしたね。毎回キャラの顔は変わるし
演出はとてつもなくグロいシーンがあったかと思えば
唐突にギャグアニメのようなシーンを入れたり
無茶苦茶なのが痛いな
作画クオリティーは相当に酷いです。

声優さんについてはどうも主人公役の方はあまり上手くなかったな
チョット不安定さがありましたね。
それ以外のキャラの役の方はまずまずなの問題はないのですが
どうも主人公は気になりました。

まとめると更生施設に見せかけた虐待施設でのサバイバルものでした。
ただ内容は優しくなくて
キャラの性格は全員二重人格としかいえないぐらい酷く
不安定でそのキャラクター描写自体も主人公を始めとして
とても見れたものではなかった。
ストーリーはキャラがネット依存症患者であることをいかせて
なかったしクロいやえげつない内容をただ見せているだけの内容だったので
酷かったな、虐待施設の設定とはいえ酷すぎる虐待の理不尽さも許容しがたい。
またストーリー上の演出や作画演出も酷くて音響環境も酷かった。
ただ最後まで見ると酷い施設での酷いお話だったということで
アニメ作品としては一応落とし前はつけているので
根本的に狂ったアニメではないのは救いかな
それでも物語の評価の1は回避は避けられないぐらい酷いですが

投稿 : 2018/01/14
閲覧 : 101
サンキュー:

3

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

<35> ネット依存症更生施設を舞台に学生と教員が小競り合い。

ネット依存症更生施設を舞台に学生と教員が主導権争い。中国 Web 漫画原作。
ネット依存症だからってことなのか、学生がスマホを取り合って教員がそれを没収するのが主な流れ。小物たちとの小競り合いを制して、のし上がってく主人公の行動原理がブレ気味で、お話に軸が無い。
脈絡なくギャグが入るあたりは中国的。テンポは悪くない。声と口パクが合ってないけど我慢。

<50> 中国原作。緊迫感は足りないけど、続きはそれなりに気になる。
1 話視聴。
ネット依存症向け更生施設で理不尽に争う人間ドラマ。中国 Web 漫画原作。
実写混じりの絵はクオリティ低め。お話も粗めで緊迫感は足りないけど、やや不穏な展開で続きはそれなりに気になる。脈絡なくギャグが入るあたりは中国的。
中国の国内需要ってのもあるとは思うけど、見ため勝負、ヲタク度勝負になりがちな土俵で国産とぶつかるより、こういう型の緩い分野でお話中心にヤった方が可能性あると思う。
中国の表現規制ってどんな感じなんだろう。

投稿 : 2018/01/11
閲覧 : 59
サンキュー:

2

衛狸庵

★★☆☆☆ 1.2
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 2.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ゴミ

ネット依存症って設定必要なの?
皆が欲しがってた携帯って何だったの?
大昔の番長物みたいにトップを取るって……
全ての設定がクソで空回り。
バトルシーンとはとても言えない喧嘩で関節やらなんやと言ってたけど、スタッフ全員格闘技とか知らんだろ。
もう、萎えるぐらい無茶苦茶。
そして、ラスト、なめとんかぁ!
これがスポンサーから金貰ってプロが作った作品なのかぁ!
同人アニメの方が数倍いいぞ!

と、怒りを覚える作品でした。

投稿 : 2018/01/10
閲覧 : 82
サンキュー:

1

snow

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

たっちしたーくらい<49>

見よう見まねでトンチンカンな作品ばかり量産してるってハオライナーズ作品のイメージがまずあって、そこに低レベルだが観るトコはあったってな本作が来ましたよ、と一里塚。
どこかといえばストーリー、閉鎖環境の中で反逆のために抑圧的なシステムの序列にそって登っていくってあたり。
秀逸なのは着想レベルにとどまり、話だけ観ても細部は甘々なんだけど、アニメ自体の技術よりも、アニメ原作に向いた分厚い漫画・小説の市場の蓄積が無いという問題をかかえてる中国でもだんだん人材・作品が出てくるのかねぇという感慨。
テンセントだったかは日本アニメ買わない宣言をして原作から垂直統合して育成しようとしてるとかいうし、子供向けが国産であふれそれを観た子供がクリエイターとして実権振るうあたりが本番かな。Jリーグ開幕から南アW杯くらいの年月の後かのう。

やっと本筋が動き出したかな<50>
4話まで視聴。
矯正学校の厳しさをやっと描写。
遅いわー。謎のキャラがウフフなんてのは後に回してまず理不尽を描いたほうが良かったろうに。ココまで結構ふわふわしてたよ。
暴力行為を訴えてやるなんて言っても通用しないのかと思いきや、連帯責任的な罰で矛先をそらしてたのが、
「え、それやられると普通に困るんだ」みたいな甘さを感じさせたり。
(あんま絶望的ではないが)絶望的な状況を打破するためまずは矯正学校内での地位を上げていくってな方向はよし。
描写はいろいろ抜けたものはあるんだろうけどね。

体育の体罰的なメニューのなかに馬歩立ち(マーブーと言ってた)があり、本場中国を感じさせたのでした。

意外に面白い<50>
2話まで視聴。
ありゃ、失速してない。というか1話よりは面白い。
本筋的なところはまだ明らかになってないし、中華レベルだから差し引いてる視点はあるにせよだけれども。
細部に異文化を見ようとしてるだけかもしれないけど、
・暴力・抑圧エロをカジュアルに普通のエロシーンとして扱ってる?
・ゲロった直後にキスして口移しゲロにより両者リバース。
この辺り、大陸の風ってやつかもだ。

微かに成長してる?<46>
1話視聴。
ハオライナーズの中華原作だと見ないという、ごもっともな評価が浸透してしまってるのか登録すらされてなかった本作。
同じように考えてたけど、あらすじだけ見ると多少は面白そうなので視聴してみました。
人権抑圧の本場がお送りする強制収容所描写にちょっと期待してたけど、日本人が適当に描いた漫画レベルにヌルい。
まあ本場の抑圧を描いたら出版できないんだろうけどね。
凡庸だけど、毎期最底辺に位置してた中華原作絵梦アニメが少し向上してるような気もする。
今期で言えば王様ゲームあたりとはいい勝負じゃないですかね。
気の所為かたまたまか、それとも継続は力なりか。
数話見たらどんどん評価が落ちてくとは思うけど、とりあえず次回も視聴。

投稿 : 2018/01/03
閲覧 : 88
サンキュー:

3

37111

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

1.35話ぐらいで切ったったwww

もう我慢ならん。

こういうの垂れ流すのやめれ。

投稿 : 2017/12/21
閲覧 : 75
サンキュー:

0

ネタバレ

ezo

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

ネット依存症更正物語

今期のハオライナーズ枠。期待値低め。

1話目感想
{netabare}
ネット依存症の主人公が更正施設に隔離され、その施設で生活を送るように。

設定は面白そうな感じもしたけど1話は微妙。

若干ネタっぽくもあるけどその枠はダイナミックコードがあるからその点でも微妙。

一応2話まで。
{/netabare}

投稿 : 2017/10/17
閲覧 : 133
サンキュー:

5

もっちょん

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 0

-萩-

★★★☆☆ 2.3
物語 : 2.5 作画 : 1.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/07/14
閲覧 : 7

らんらん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/06/24
閲覧 : 8

cotomi.

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2018/06/23
閲覧 : 9

sobranie

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/06/07
閲覧 : 9

timtimjan

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/04/09
閲覧 : 8

あああ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2018/01/28
閲覧 : 8

ももくさ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/01/27
閲覧 : 10

ふててん

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/18
閲覧 : 8

マウイんぐ

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/17
閲覧 : 11

iovCX16820

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/10
閲覧 : 12

とらんせる

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/01/04
閲覧 : 8

ぽんた

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/04
閲覧 : 9

もふ77

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/04
閲覧 : 9

橙色夜想曲

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2017/12/30
閲覧 : 8

メキシコ人だ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2017/12/15
閲覧 : 9

天カス

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2017/12/10
閲覧 : 9

退会済のユーザー

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:今観てる

投稿 : 2017/11/26
閲覧 : 10
次の30件を表示

EVIL OR LIVEのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
EVIL OR LIVEのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

EVIL OR LIVEのストーリー・あらすじ

現代社会において、思春期の少年少女たちにある「症状」が蔓延していた。孤独感、反抗心、仲間外れ。そういった若者たちにとって、ネット世界が唯一の救いだった。いつしか、ネット世界に没頭していた彼らのその症状は、「ネット依存症」と名付けられた。そして、「若者を再び正しい道へ導く」という名目で、とある更生施設が誕生した。しかし、その施設に収容されたネット依存症患者の一人「ヒビキ」を待ち受けていたのは更生教育ではなく、まさに監獄だった。内部からの脱出が許されない施設で、ヒビキは地獄のような絶望から逃れることができるのか――!? (TVアニメ動画『EVIL OR LIVE』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年秋アニメ
制作会社
絵梦
主題歌
≪OP≫NormCore『それでも僕は生きている』

声優・キャラクター

植田慎一郎、内山昂輝、安済知佳、間宮康弘、原島梢、畠中祐、蘭乃和佳子、坪井智浩、烏丸祐一、石川由依、花藤蓮、石田彰、地蔵堂武大

スタッフ

原作:李暁楠『理想禁区』(テンセント漫画連載)、 監督:董易、漫画編集:安彦高、エグゼクティブ・プロデューサー:杉肉盖饭/米虫、アニメーションプロデューサー:張縁/陳巍文、プロデューサー:唐云康、録音スタジオ:HALF H・P STUDIO

このアニメの類似作品

この頃(2017年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ