「true tears[トゥルーティアーズ](TVアニメ動画)」

総合得点
87.4
感想・評価
6096
棚に入れた
26074
ランキング
137
★★★★☆ 3.9 (6096)
物語
4.0
作画
4.0
声優
3.8
音楽
3.9
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

true tears[トゥルーティアーズ]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Tan さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

期待してましたが、、

P.Aworksのアニメなので少し期待して視聴しました。

3話くらいまでみて、少し期待しながらこれから話が深くなるかなと思ってましたが、、
話が進むにつれて、物語を引き伸ばしてるような気がしました。
そしてキャラの1人1人の考えが重い、何かを抱えているというよりは単に考えすぎ、、加えて、主人公は何も考えず優柔不断で鈍感っていうのがもうたえられませんでした。話を伸ばすために優柔不断になるのはちょっとキツかった。
高校生ってこんな大人びてるのか?

投稿 : 2021/10/21
閲覧 : 256
サンキュー:

1

ネタバレ

スマイル さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

過大評価されているアニメ

雰囲気で過大評価されています。
良かった点は雰囲気です。舞台が富山ということもあり作中では雪が降っており、古風な建物が多くとても哀愁があります。1話を視聴し終わった際の期待はかなり大きかったです。ですが私の中でtrue tearsから感じた魅力は雰囲気だけでした。
悪かった点はキャラと内容です。まずキャラですが人間性に問題のある方がかなり多いです。まず比呂美が頭おかしいです。いきなり慎一郎に対してキレたり、悪条件下にも関わらず石道純にバイクを運転させたりと慎一郎ママの影響もありますけど基本的に情緒不安定です。慎一郎への好意故につい嫉妬してしまう女の子としてイメージ付けたいのか分かりませんがあまり好きになれません。次いて乃江も頭おかしいです。単純に発言がよく分からなかったです。おばあちゃんが死んでからおかしくなってしまったピュアな女の子としてイメージ付けしたいのか分かりませんがこちらも好きになれません。最後に愛子は屑です。断りづらい状況だったとはいえ慎一郎に近づくために三代吉を利用するのは引きました。三代吉が気の毒でなりません。この他にも慎一郎や慎一郎ママ、石道純など人間性に問題のある方がいるのですが長くなるので割愛します。マトモなキャラは三代吉くらいです。
最後にこのアニメの内容についてですが主人公が高校生のアニメとは思えない程ドロドロしていて違和感を感じました。ラストには慎一郎は比呂美を選んだわけですが慎一郎が比呂美の代わりに乃江と付き合った時点で比呂美エンドは明らかでしょう。それにも関わらずラスト2.3話でいきなり慎一郎が乃江に傾いてるみたいなシーンに違和感を感じました。唐突過ぎます。そして愛子は明らかに蛇足だと思います。特に掘り下げるわけでもなく終始三角関係に割り込めずただただ視聴者を不愉快にさせるのですから。愛子に関しては信者さんと意見が一致してます。ネットの評価を参考にしてかなり期待して視聴したため落胆も大きかったです。

投稿 : 2021/09/14
閲覧 : 299
サンキュー:

1

ネタバレ

pH さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラストに不満、でも面白かった

広美エンドになることは分かってはいたんですが、圧倒的に乃絵が好きだったから残念。
あえて最後の最後に広美が振られて乃絵エンドとかになったら最高だったのに。まあそういう踏み込んだことしないわな。
でも全篇通して面白かったです。PAworksの中でもかなり良かった。

投稿 : 2021/08/08
閲覧 : 284
サンキュー:

2

ネタバレ

かがみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「母なるものへの囚われ」からの解放

岡田麿里脚本にはしばし「母なるものへの囚われ」とでもいうべきモチーフが現れる。臨床心理学者、河合隼雄氏は不登校児におけるユング派のいう「グレートマザー」の元型作用を指摘しているが、岡田氏の自伝「学校に行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」はまさにこうしたグレートマザー的な臨床例として読めてしまう。

この点、グレートマザーは「育て慈しむ」という明の部分のみならず「呑み込む」という暗の部分を持ち合わせている。こうしたグレートマザーの暗の部分がいわば「母なるものへの囚われ」として、しばし岡田脚本を規定しているように思える。

本作のヒロイン、石動乃絵は祖母の死をきっかけに涙が出せなくなり、今は思い込みが激しく世界を色々と勝手に決めつけては周囲との諍いが絶えないという、まさに「母なるもの」に囚われた少女である。そして乃絵は主人公をめぐり、もう1人のヒロイン湯浅比呂美と三角関係となった末に失恋する。けれどもその時に彼女は失った涙を取り戻すのであった。

ここには「母なるものへの囚われ」からの解放としての前向きな失恋観がある。こうした失恋観は後に超平和バスターズ三部作においてさらに洗練されていくことになる。そういった意味で本作は岡田麿里的な世界観の一つの完成形を示す作品であるように思える。

投稿 : 2021/06/28
閲覧 : 150
サンキュー:

1

ネタバレ

けい さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いや、まじでおもしろい

人間関係の複雑さを、真実の涙を中心としたストーリーと組み合わせていて、見ているのが苦しくなるほど共感できた。
見ていない人は絶対に見るべき!

投稿 : 2021/06/13
閲覧 : 135
サンキュー:

1

ネタバレ

keiken さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

変化なし

昔見ても今見てもあまり感想が変わらなかった珍しいアニメ。
(だいたい自分の成長とともに見方も変わるもんだと思ってる)

劇中でまともな感性だけど、純粋で子どもすぎる乃絵の成長物語だと思うんだけど、
その過程が、幼すぎた主人公(だいぶマイルドな表現にしてます)と性格が悪強な比呂美
(ディスというより作中でもそう描かれてるので)、さらには異常シスコンの兄に振り回される
結果になったっていう。
雰囲気で感動ものっぽくできてるけど、やっぱり中身は乃絵が振り回されて可愛そうな物語って印象だった。
結果タイトルも陳腐に感じてしまう。

他のレビューでもある通り、登場人物全員に対して共感、感情移入ができないので、
ストーリーそのものに納得感を得られることは少ないと思う。
単純なラブコメとして見てて、比呂美がかわいい、えろい、好きって人には良い結末だろうけど。

ただストーリー以外は、細かい心理描写、少し純文チックな表現、綺麗な映像と世界観等、
評価が高くなるのも頷ける作品です。

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 134
サンキュー:

1

ネタバレ

桃ちん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

トレンディー青春アニメ

90年代の香りがプンプンします。

一昔前の韓流ドラマみたいな兄弟ネタやイジワル義母ネタを混ぜつつ、なかなかのドロドロさ。

主人公の優柔不断っぷりに最後までイライラさせられて、ほんとなぜモテるのが謎w

それでも次が気になってイッキ観しちゃう中毒性はあります。

投稿 : 2021/03/12
閲覧 : 100
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっと思っていたのとはちがったかなぁ。。

あにこれのランキングがよかったし
見た人がたくさんいて前から気になっててやっと見おわった。。

{netabare}
乃絵はどうして
眞一郎クンにつきまとったのかなぁ?
それまで誰にもかまってもらえなかったから
ニワトリの工作をつくってもらえてとってもうれしかったからかな

そして比呂美も
小さいころから眞一郎クンを好きみたいだったし
愛ちゃんだって三代吉クンってゆう
つきあってる彼がいるのに
やっぱり眞一郎クンが好きみたいで

にゃんにはどうして
眞一郎クンがそんなに好かれるのかよく分からなかった。。

乃絵のことだってちょっとヘンな子だからって
さけてたみたいでそんなにやさしくもないし

子どものころだって比呂美をおいてって困らせたり
絵本をかいたりするのはとくいみたいだけど
スポーツや勉強ができるっていう感じじゃないし

何かあっても
どうしていいか分からないふつうの男子で
にゃんならたぶん
好きにならないって思った。。


乃絵はよく分からないところが多かったけど
女子は3人ともはっきりしてて
にゃんにも考えてることとか分かりやすかったのに
眞一郎クンってちょっと。。


それで
眞一郎クンのお母さんからきらわれてたりして
比呂美がかわいそうだったけど
比呂美も乃絵にきつい感じだったりして
とちゅうまではちょっとイヤなかんじだったから
しばらく見るの休んでた

でも
みんながいいってゆうおはなしだからって
3~4日してからまた見はじめて
眞一郎クンが乃絵のこと好きだ。。って
気もちをはっきりさせてくれたとき
にゃんとってもうれしかったぁ♪

でも
このままどんなことがあっても
さいごまで乃絵と。。☆って思ってたのに
また
いろんなことがあって。。
眞一郎クンにはがっかりしちゃったなぁ(_ _*)

あのとき石と手ぶくろで乃絵が好きだ。。って
書いてくれたのにね。。


それで
このおはなしの中で
にゃんが
いちばん好きになったのって三代吉クンだった

自分の好きな子にほんとは前から好きな人がいて
それが分かったって気持ちが変わらなかったし

それが1番の友だちの眞一郎クンだったって
にくんだりとかしなかった。。

そんな三代吉クンを見てたら
悲しくてなみだが出てきちゃった。。

だから
乃絵にのろいをかけてもらいに行ったとき
にゃんは
三代吉クンの思いが愛ちゃんにつたわりますようにって
ほんとにそう思った

あと
見おわってから思ったのは

きっとみんな
はじめてのことばっかりだったんだって。。

人の気持ちもよく分からないし
自分の気持ちだってよく分からなくって
人もキズつけちゃって自分もキズついちゃって

見てるだけだから
そんなこと。。ってかんたんに言えるけど
ほんとにこんなことあったら
みんなおんなじようになるのかも。。

それでもさいごは眞一郎クンも
ちゃんと決めてくれたからよかったね♪

ただ
主人公の気もちが変わってくおはなしって
にゃんは
見おわってもなんとなく
あ~よかった~はっぴー♪ってなれない。。

また
何かあったら気もちが変わるんじゃないかなって
心配になっちゃうから。。

でも
三代吉クンと愛ちゃんは
きっといっしょにいられるって思うんだ
だって三代吉クンって変わらないから☆
さいごのほうに出てこなくってざんねんだったなぁ。。


さいごに

乃絵ちゃんごめんね。。すっごいつらかったよね。。
でも
どっちともうまくいくなんてないから
しょうがないよね。。

にゃんがかわりに泣いてあげるよ(ぐすん。。)

{/netabare}


    

投稿 : 2020/11/30
閲覧 : 2849
サンキュー:

339

ネタバレ

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人間関係はちゃんとしましょう、男女の関係はマジでちゃんとしましょう。

2008年に放送された青春モノ。
主人公である中上眞一郎を中心に織りなす男女それぞれ3人の微妙な三角関係を描いたほろ苦い青春ラブストーリー。
と、書けば聞こえはいいが、実際は三角関係どころか六芒星くらい複雑な男女関係で成り立った昼ドラもびっくりなドロドロ激苦青春モノ。
自分でも驚くほどキャラクターに全く感情移入が出来ないので、話の半分くらい理解が及んでいない。2回も見たのに。

最大の原因は主要キャラに癖がありすぎてまとまな奴がほとんどいいないため。
乃絵ちゃんは純粋だけど一人で突っ走ったかと思えば勝手に自己完結したり、あと若干電波入ってて正直行動理念がイマイチ把握できません。
比呂美ちゃんは乃絵ちゃんよりはまだ分かりやす・・・いや怖え-よ!一人だけスクイズ界の住人ですね。「彼女は私です」←怖気走りました。
愛ちゃんは・・・ごめん、君の倫理観は一体どうなってるの?普通もうちょっと後ろめたさとか出すじゃない?もうちょっとさりげなく慎重にいくじゃない?すっごいグイグイいくんですものこの娘・・・

とまあヒロイン陣でこの有様です。一方の野郎陣営はというと

仲上眞一郎←ちゃんとしなさい、マジで。ちゃんとするって言ってから割と長かったよ眞ちゃん?
石動純←うーん、歪んでますねお兄さん・・・。まだ同情できる部分あるかな?
野伏三代吉←数少ない良心。マジでただの良い奴、そして一番の被害者。三代吉君だけは幸せになっていただきてえ・・・

ざっとこんな感じですね。ヒロインよりはまだ理解の余地ありました。

しかし作画は非常に綺麗で、雰囲気自体は嫌いではなくむしろ自分好みの作品。
上記の通りキャラが原因でそこまで深くハマった作品ではありませんが、クソと吐き捨てるほど酷い内容でもないのでそれなりに印象には残ってはいます。
というか名作の雰囲気は存分に醸し出してる作品なので、キャラクターが気にならなければ好きになる人は多い作品ですよね。

あとOPの「リフレクティア」は名曲。というかOPの出来は非常に素晴らしいと思います。

投稿 : 2020/09/23
閲覧 : 373
サンキュー:

11

ネタバレ

ぼん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

どっち?そっち?

最後まで、どっち?そっち?

え?そっちなの?

どっち?そっちなの?

って感じで楽しめました。

祭りの雰囲気とか冬の景色とか北陸感が出ていてよかったです。

冬のねずみ色の空が

よく出てきて

あのなんとも言えないどよーんとした感じが

北陸出身としては

たまらなく癒された作品でした。

最近冬帰ってないなー。。。

投稿 : 2020/09/22
閲覧 : 164
サンキュー:

3

ネタバレ

けん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よし

ヒロミ派だったのでよかった笑
ノエにいってたら満足いかないアニメだったけどヒロミにいったので満足です笑

投稿 : 2020/06/18
閲覧 : 178
サンキュー:

2

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

P.A.WORKSの始まりとなる作品

 P.A.WORKSの初の元請制作作品で、随所に未熟な部分が感じられるものの、荒削りゆえの魅力も
感じる。
 第1作目ということで後に繋がる基軸や指針のようなものがある。内容的には複数男女の
青春群像劇でこれはP.A.WORKSの最も得意とするジャンル。
 舞台が富山県を想定したものになっているが、特定の地域を舞台とすることで作品にリアリティを
持たせるのはこれまた得意の手法。
 特に富山県自体がP.A.WORKSの本社が存在する場所と言うこともあって、近隣も含めた北陸を
舞台にしたり、そこの町並みのモデルにした作品はその後も数多く作られている。
(「花咲くいろは」、「Another」、「グラスリップ」、「クロムクロ」)

 同社とスタッフの絡みでもそういった要素はあるようでシリーズ構成は岡田 麿里氏だが、序盤で
ボーイミーツガール的出会いを果たした男女が結局結ばれずに終わる展開は、後に同じく
シリーズ構成を勤めた「凪のあすから」も似たような展開を遂げるし、監督の西村 純二氏の
故出﨑 統を思わせるような演出はこれまた後に監督を勤めた「グラスリップ」でも同じような
演出がなされている。
 そう言えば本作はニワトリを飛べない鳥ということで、動けないキャラ達の比喩としての演出が
なされていたが、「グラスリップ」も結構ニワトリ推しをしていたような。

 内容的には3人の男女による三角関係の恋愛ものだが、主人公の仲上 眞一郎を好きな安藤 愛子と
その彼氏の野伏 三代吉や、メインヒロインの一人の石動 乃絵の兄である石動 純がもう一人の
メインヒロインである湯浅 比呂美と付き合う展開を考えると広義的には六角関係か。
 恋愛関係がぎくしゃくするのは多くのキャラが本心を表面に出せないことにあり、一人二人なら
ともかく過半数のキャラがそんなことをやっているのは、キャラによって事情があるにせよ、あまり
上手い話作りとは言えなさそう。

 暗めのキャラが多い中、奔放な感の乃絵が異彩を放つ。その奔放さゆえに序盤は眞一郎を
翻弄するが、後半は逆に眞一郎の優柔不断さに振り回されており、本人も納得の別れとはいえ不憫な
感が。
 この乃絵は不思議ちゃん的キャラだったが、本質的な異常さを感じさせるのはむしろ比呂美の方。
最終的には眞一郎と付き合う展開になったが、その重たい思いにはある種の気色悪さを感じる。

 あえてぼかした表現や暗喩を多くした演出など、その意味するところの推察などが楽しかったり
するが、本質的なものは思春期の葛藤ぐらいで正直雰囲気アニメの域を出ていない印象。
 逆に言えば暗めのシリアス恋愛もの雰囲気が好きな人は堪能できそう。
 思えば本作が放映されたのは2008年だが、2000年代後半は「School Days」や
「WHITE ALBUM」など暗めの恋愛ものが今より多かったような気がする。
 内容的には暗めのトーンが漂うのに、EDのデフォルメキャラは皆ニコニコしており、その
脳天気な感じが内容とは相反する感じで、なんだかおかしい。

2020/04/14

投稿 : 2020/04/14
閲覧 : 253
サンキュー:

1

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

イライラ度MAXのラブストーリー。

詳細は公式でも。

まあ、あらすじなどは他に譲るとして、とにかく
主人公の眞一郎に対するイライラを我慢する耐久戦の
ようなラブストーリーです。

エキセントリックな少女・乃絵、同居する幼なじみの
比呂美、眞一郎の親友の彼女で一つ上の幼なじみ・
愛子。
この3人のヒロインの間をフラフラ、決着もつけず、
その時々で想いをぶつけるから、それぞれが本気に
なります。なのに、眞一郎はまったくの唐変木で
鈍感、しかもデリカシーのかけらもない。
なのに、なぜかモテモテなんですね、これが。

特にラスト近くは酷い振る舞い。
ひとり暮らしを始めた比呂美のことをチャリで追いか
けて、好きな気持ちを伝えたくせに、祭りでは踊り
ながら、心にあるのは乃絵。
絵本を描けたのは乃絵のおかげだ、と比呂美を
ほったらかしで探しに行くが、乃絵は木から落ちて
骨折してしまいます。
{netabare}
そんな乃絵に絵本を見せに行き、言ったことは
「比呂美が好きだ」。で、乃絵がよく歌っていた
アブラムシの歌「眞一郎の心の底には湯浅比呂美」
だって……。{/netabare}

08年の作品ですが、作画がそんなに古さを感じさせ
ないのは、P.A.WORKSだからでしょうね。
ま、こんなロクでもない主人公を描けるのは、
岡田マリーさんだからでしょうかな。

よくできたストーリーだと思いますよ。
でも、眞一郎のせいで全然好きじゃない。
そういう作品になりました。

投稿 : 2020/04/07
閲覧 : 320
サンキュー:

3

ネタバレ

ナイアガラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんな残酷なシーンがあるだろうか

最後まで見てほしい。
wikiでは主人公は男性の眞一郎となっているが、
全くの間違い。
主人公の定義は世界共通で
『物語の中で一番成長した登場人物』だ。
神話の法則を勉強し直してきてほしいと言いたいところだが、
まぁそれは置いといで

主人公は、石動である。
最終話まで視聴することが出来れば
感動的なはずの、よくある
別れを予感させて、後から男が追いかけてくるシーンが
本当にうすら寒い程、どうでもよく感じるからだ。

結ばれる側、一般的な幸福を掴む側だけが
主人公ではない事を感じさせてくれる。

別れをきっかけに自分の世界を拡げた事もまた
幸福なのだ。

石動が振られるシーンは
胸に詰まるほど、心が締め付けられる。
監督は変態か?と疑いたくなるほど残酷に
描く。

投稿 : 2020/03/13
閲覧 : 296
サンキュー:

4

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

眞一郎の○○○にはアブラムシ

眞一郎ってまじめな奴ですよね。周りに3人も魅力的な女の子がいても,まともに取り組んで真剣に向き合おうとする。個人的には乃絵を応援したくなってしまうのですが…

今からすると,もう,少し古い作品の部類になりますが,富山県の酒蔵や古い民家,伝統芸能と祭りなど,作画としてもよく描けている部類に入るのではないでしょうか。

眞一郎の絵本作家のへの夢や,の関係,鶏,雷轟丸の死(乃絵が飛び立とうとしているのためらうかのようなことを象徴しているかのよう。)

バスケットの得意な比呂美(居候先の眞一郎の母とは仲が悪くバイクのアクシデントに)と幼馴染の愛子との関係など,4人の成長純愛物語ととらえていいと思います。

眞一郎は鶏のジベタと雷轟丸の絵本が完成した時,乃絵に直接本心を話しに行くのはどうかなと思いつつ,はっきり自分の気持ちを伝えます。

比呂美の涙を含め,乃絵の最後の涙は,本当の感情を表せたのだなあと思います。これ以上の純愛アニメはなかなかできないという意味で,もっと評価されるべきだと思います。

純愛もののアニメとして「富山」という冬の厳しい気候が映り込んで「透き通った感情」を覚えました。

投稿 : 2019/10/12
閲覧 : 227
サンキュー:

6

ネタバレ

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

爽やかなドロドロ展開。(良い意味で。)

タイトルを見る感じでは純愛ラブストーリーのイメージだったんですが、
三角関係やシスコン、家庭内でのいざこざなど盛りだくさんなアニメでした。ラストはハッピーエンドとは言えなかってけど、落としどころとしては最善だったのではないでしょうか。

投稿 : 2019/10/02
閲覧 : 271
サンキュー:

3

ネタバレ

ノベル【旧ルーク】 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

えぇー俺が好きなttについても語りに来ました。
まぁ皆さんこの作品はを切ないアニメですか?それともハッピーエンドだなぁーと思いますか?
このアニメは誰を好きになるかで、変わります。まぁもちろん恋愛アニメなので、そうですが。
自分は当然乃絵派なので、このアニメを切ない恋愛ストーリーと捉えました。
というのは置いといて、
まぁ、なんといっても、3人の可愛い女性に好かれている眞一郎は幸せですね。そして、乃絵を振ったこいつを俺は許しません。なので、俺が乃絵ちゃんを貰っていきます。ありがとうございました。

投稿 : 2019/09/26
閲覧 : 211
サンキュー:

4

ネタバレ

グルメキング さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

非常に惜しい

ストーリーの一番うまいところ全部のえに持っていかれたのに最後はひろみENDで〆
のえの成長物語だと理解できるけど、深層の描写が雑かな

まあ結末が割と初期から簡単に読めたけど、自分はひろみ派だけど、真一郎とひろみの現代イベントはまるでないじゃん

あと真一郎と愛子の話は蛇足だと思う
愛子のきっかけも動機も分からないからただただハーレム主人公の印象にしか残ってない
愛子のシナリオ全部削除して、余った時間をひろみシナリオに回したら神アニメになったかもしれない

投稿 : 2019/08/19
閲覧 : 267
サンキュー:

4

ネタバレ

透明猫 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ひと冬の切なすぎる思い出

以前にOPをYOUTUBEで見て、曲自体や情感あふれる画作りが気に入っていたのですが、本編も期待以上でした。

丁寧な背景描写や心理描写のおかげで、物語へ完全に没入。
「睡眠時間ちょっと削っても次観るかな」となったのは久々です。

乃絵は精神的に幼いのに哲学的、ピュアなのに鋭い、という感じで、
とにかく可愛くて仕方ない……お気に入りのキャラクターになりました。

キャラに対する賛否両論(主に眞一郎と比呂美に対して)があるようですが、
私は乃絵派でありながら全ての登場人物が愛おしいです。
{netabare}
比呂美も、眞一郎を繋ぎ止めようとして自宅でケーキを出したりして可愛い。
小ズルい所が、いじらしくて良いです。

この作品のラストについては、
乃絵が「涙を取り戻す」と言った時点で予感していたし、
構造的にも最も無理がない着地だと思うのですが、
乃絵派の私としては、やはりラストシーンは悲しすぎてキツかったですね。

雷轟丸の墓。崩れて読めない石の文字。後ろ姿を長回し。風に舞う涙。
(さらに、最愛の兄も離れていってしまったし……)
OP曲がバックで流れていなければ、バッドエンドかと見紛います。

勿論「涙を取り戻し、精神的な成長と自立を果たした」という考え方も分かりますが……
(仮に乃絵が男キャラだったと考えたら、その成長の必然性はスンナリ呑み込めます)

兎角、後半部分において先の読めない展開にしようとして、
ミスリードさせる演出(踊りの最中、瞳の中に乃絵、など)を盛り込んだ事が、
遺恨を残したように感じます。

いっその事、9話を分岐点にして
「true tears if」を制作してくれたら良いのになあ。
ウサギが車道に飛び出さず、バイクが事故らなかった世界で、乃絵ルートへ。
乃絵が落ち込んだり飛び降りたりせず、乃絵の笑顔がいっぱい見られるバージョンの9~13話。
最後に取り戻した涙は、嬉し涙でした。……とか。
(こんなのOVAで出たら定価でも買っちゃいますよ!)
{/netabare}
そして、OPに惹かれて視聴した本作ですが、最終的にEDが大好きになりました。
郷愁と優しさを感じる曲で、もはやイントロだけで泣けます。
(少年アシベ風になった登場キャラが可愛らしく歩いて来る画は謎ですw)

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 238
サンキュー:

9

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

貴方は飛ぶことができる?

OP「リフレクティア」を聞いて見たくなった作品。

PAワークス制作で郷土愛に満ちている。

笑いナシのシリアスな内容だが、人の弱さと強さを書いた良作品。

ヒロインの1人、乃絵は幸せになって欲しいと願うばかり。

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 165
サンキュー:

4

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

レベルの高い三角関係の名作

P.A.WORKSのデビュー作ですね。
当時は全部のアニメを見ていたわけでも無かったのですが、たまたま見かけて、何も考えずに楽しんで視聴していました。
普通に絵がキレイで、内容も面白い、と楽しんでいました。
乃絵か比呂美か、両ヒロインとも魅力的で、揺れ動く感じにドキドキしました。

どうでもいいですがtrue tearsって同名のゲームがあるのでそのアニメ化だと思って見はじめたのですよね。
あのパッケージのピンク髪の少女はいつでてくるのだろう? としばらく不思議に思っていました。
全然関係ない、ただの同名作品かな? と思いましたが、あとから見ると関係はあったとか。どういう経緯なのか何だか良くわかりません。

メインヒロインだと思っていた乃絵ではなく、比呂美を選んだ作品ではありますが、そこまで違和感は無かったですね。比呂美も十分魅力的に描かれていたので。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 237
サンキュー:

3

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

『凪のあすから』で有名なP.A.WORKSさんの恋愛アニメ

[視聴きっかけ]
実は視聴する前からこの作品については
知っていた作品でした

efシリーズが大好きだったのもあり
CLANNAD・ef・とらドラ!・そしてこのtrue tearsが
この頃の代表的な恋愛アニメだったと思います。

正直に言うと、まだ実はとらドラ!も未視聴なんですが
名作なのは知っているので自分の好みの作品に
巡り合うことがなくなってきたら視聴しようと思っています

今回true tearsを選んだ理由は
『凪のあすから』が大好きだったからです。
そして、Kanonみたいに感動とよりかは、
この頃の恋愛アニメをもっと見てみたいと思い、視聴を開始しました

【良い点】
物語が一つ一つ丁寧に進むので
話の内容が比較的分かりやすいです。

まだ、全話視聴していないからかもしれないけど
結構いい感じに思えます。

自分の感情をどうすれば良いのか
分からない、でもこの気持ちを相談したい
それでも自分で解決をしなければならないといった
この頃の年頃っぽい考え方がとても好きです

余談にはなりますが、私も決断力とかないので
こういった感情に飲み込まれてしまうことがあるので
結構共感出来ることが多かった部分あります

【悪い点】
何故だろう、凄く作りこまれているのは分かるんだけど
これは名作とは呼べない。

恐らく、最近のP.A.WORKSさんの作品を知っているから
内容が薄く見える部分があります。
自分の心になかなか響かない
恋愛アニメを初めて見たらこのアニメは響くけど
正直に言って全然ダメとは言わないですが、
あと一味欲しいところ。
まだ最後まで視聴していないからしれないので
様子見かな。

この感じは、シャフト病かもしれない。
私が好きなefではOPが変化するのが、
当時話題になったらしい
(昔はパロディ動画がはやったらしいですが)

それは『化物語』でも発揮されることに
キャラクターに合わせてOPを変化させることも
話題になりました。

じゃあ、efが凄いと言いたいんだろう?
そうとも言いたいけど、今回はそういう話ではない

そういう『昔は凄かったんだぜ』みたいな風潮あまり好きではないです
今の現状を知りたいだけなのに、
昔の話をされても聞き飽きてしまうことが多いです。
(まあ、話されても別にいいですけどねw)

結局は何が言いたいかと言うと
上記の例でいう「衝撃度」だと思います

シャフトさんは、独特な演出力が魅力的です。
ですが、それはもう化物語で知っているからこそefを後で見ると
衝撃度が薄いといった感情に陥ることです。

それはtrue tearsでも起きてしまいました。
私が好きな作品の中でも『凪のあすから』はトップクラスに
なので、何度も見れる価値がありました。

ですが、true tearsを見ると
何か足りないという気がしました
私の場合、旧作を主に視聴していることもあり
『ef』⇒『化物語』みたいに順番に偶々見れることが多く
お互いに衝撃度はありました。
(まどマギは別に意味で凄かったですがw)

P.A.WORKSさんの方でも同じようなことが
起きてしまったことは
今後旧作が見ずらくなることがあるということかな
でも、私が最近見たKanonやsolaは全然そういった感情にもならず
普通に楽しめていました。

そう、いつ見ても楽しめるアニメこそが、
名作と呼べるんじゃないのかな?と思えました。

【感想】

1話 - 3話
最初らへんは、キャラクターの紹介がメインかな
恋愛アニメの場合どういう人なのか
分からないと全然把握が出来ないからね
「飛ぶ」「飛ばない」っていうのが結構気になるところ
後、いきなり鶏が死んだのは何故?
これ後で伏線になるパターンなのかな?

4話 - 8話
ここら辺からは、『凪のあすから』みたいに
少しずつドロドロ展開になってきましたね。
7話か8話のOPが途中に流れたけど、
あれって真太郎が作っている小説の内容
そのものじゃないかな?

9話 - 13話
ようやく心の整理がやってきましたね。
真太郎に突然やってくる決断
突然やってくるからこそ
訳が分からなくなり
どうすれば良いのか分からない状況で
最終話でよく決めてきてくれました。
何だろう最後まで視聴して分かったこと
本当に『凪のあすから』の劣化版みたいになっている
感じがしてしまう。
あれが名作すぎたのもあるけど、
この『true tears』がなければあの名作も
生まれていないとなるととても凄いことになります。
凪のあすからは、オリジナルアニメだったので
今回のプロジェクトが思い入れにあるのは
しっかりとシナリオがしっかりとしており、
青春時代のことを思い出してくれるような
でも、青春というのは悲しいこともあるんだよと
思わせてくれる作品だと感じました。

【あとがき】
たくさんのメッセありがとうございます。
こうして続いていけるのも
皆さんが反応してくれているからこそ
続けてどんどんレビュー出来ているのかなと思います。
今回は、余談ばかり話してしまいましたが、
これからもよろしくお願いします。

投稿 : 2019/03/18
閲覧 : 296
サンキュー:

14

ネタバレ

wktk さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後悲しい

誰かが幸せになると誰かが不幸になってしまう。
それなので最後までハラハラしながら見てました。
自分はのえ派だったのですがあのおわりかたでもよかったです。

投稿 : 2019/02/25
閲覧 : 282
サンキュー:

4

ネタバレ

TORL さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

心を揺さぶられた。

苦悩の末の恋。
愛とはなんたるか。
恋って、好きってなんだろうか。
これを見て、過去に自分を愛してくれた亡き祖祖母の思いを補完できた。僕も愛していた祖祖母だ。
永遠の愛は僕には訪れないだろう。そう、祖祖母から与えられたような。

でも、僕にとってこの作品は死という別れでしか永遠の愛が無いことを教えてくれた作品だった。
恋は脆く儚いから美しい。愛は脆く永遠の物になるのならばそれは美しい。

恋した相手が妹だった。
恋した相手が彼氏の親友だった。
恋した相手が変わり者だった。

嘘をついた。
嘘を重ねた。
真実を告げて傷をつけた。

主人公は主人公だ。僕は僕だ。
でも、僕も主人公のなんとも言えない、何が何だが分からない。彼の愛と自分の愛について考えてしまった。

「これはアニメーションではない。純文学だ。」

キャラクター小説のような内容ではない。ラブコメでもない。
ture tearsとは愛とは何かという哲学だ。

少なくとも僕にとっては愛はなんたるかを教えてくれた作品だった。

僕は苦悩していた。悩むべきことではないことに。
それでも、一方で愛を求めていた。
愛は美しく永遠にするためには死ぬという行為によってしかそれは為されない。

だが、同時に長い時間もっと愛して欲しいと思った。
愛に飢えている。死を選ばずに。

好きな人に好きとは言いにくい。とても共感できた。

愛は儚く脆い、相手のことを考えすぎて何も手につかなくなるほどに。

いつものキャラクター小説やアニメとは違って彼女達の中から嫁を選べなかった。

全員僕だった。僕の一部だった。

別に他の作品ほどキャラクターが際立つ訳ではない。
それでも、美しき愛がそこにはあった。
家族愛。恋人としての愛。許されざる愛。妹への愛。

愛は求めても手に入らない。愛は強引に手に入れるものでもない。僕は、一生をかけて手に入れることができるのだろうか。飛ぶことができるのだろうか。

愛とは何だろうか。
見てくれた方の過去を振り返ってみて一番愛を注いでくれた人が誰だったか考えて欲しい。
そして感謝しろとは言わない。
自分がその人を愛してることを確認して欲しい。
僕は両親には祖祖母ほどの愛はないかもしれない。
それは愛の度合いの問題だ。

愛の存在を確かめるためにtrue tearsを見ることをオススメします。「貴方の愛はどこにありますか?今持ってますか?」

この作品を見て心が崩れそうになったり揺さぶられたりしたのなら貴方は間違いなく誰かを愛した経験があるのだと思います。

「本当の涙は流せてますか?」

「貴方はありのままで輝けますか?」

以上。感想文らしくない感想文です。

内容に関しては、10周年になって今更ながら、色々と謎な部分は御座いますが、多くの方が終わり方が微妙だと言われるでしょう。
そういった意味で、この作品は非常に観る側の能力が試さられるような作品だと思いました。

僕の中にはtrue tearsに出てきたキャラクターが生きています。
僕は絶対に愛ちゃんや4番も皆幸せになっていく感じがします。
そして、乃絵は言うんです。
「飛べない人間なんていないんです。
飛ばない人間は沢山いるのに、飛ぼうとする人間は少ないだけなんです。私は飛びたかったんだ。それも一人だけでなく誰かと、いや慎一郎と一緒に。」
たしかに慎一郎と比呂美は結ばれた。
でも、慎一郎の絵本作家としての仕事は乃絵がいなければ伸びないかもしれない。そう思わさせらることがある。

最後の来迎丸の墓の前で立つ乃絵の姿を見ていたらそんな最後では無いと彼らは救われないと思う。
絶縁する必要がないと思う。恋の邪魔さえしなければ、仲良い友達として過ごすことは比呂美にとったら嫌悪感を抱くかもしれないが、それでも慎一郎にとってはもう二人は彼にとって大切な人なんだと思う。

愛はそう簡単に生まれやしないし、生まれても儚く脆い。
でも、彼らは別れやまた出会いを繰り返して永遠に僕の心の中に生き続けている。

true tears 10周年おめでとう。
いつか、また会う日まで。

投稿 : 2018/11/17
閲覧 : 309
サンキュー:

5

ネタバレ

けんつん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

昼ドラもびっくりコッテリアニメ面白い

他の方も書いてありますがかわいいopとは裏腹に昼ドラもびっくりなこってりstoryとなっています。
主人公に思いを寄せてる女の子が3人で、
①一緒に住んでる子
②独特な感性と感情を持ってる変わった子
③主人公と親友のその彼女。
主人公は鈍感です。
(なんで恋愛系の主人公て毎回鈍感な設定なんだ?)
具体的な話の内容をするとこってり過ぎてお腹一杯になるので面白かったワンシーンを少し。

ヒロインである①の子が恋愛アニメおなじみどこか遠くへ行きたいと言い出しその内容がバイクで雪の降っていない町へ行きたいとのこと。
しかしその時町は雪が積もりに積もりバイクは危険な為行きたくないと言う言葉に耳も貸さずバイクは走り出します。案の定雪道で横転しローンがまだ残っているバイクは無惨に炎上します。
この時点で笑えるんですが極めつけはヒロインの何一つ悪びれる様子もなく一言(バイク燃えちゃったね)です。笑
燃えちゃったねじゃねえよ笑
そして自分のバイクではないことを言いように燃えてるバイクに向かってなんだか綺麗と呟きます。
お前の感情どこかに置いてきたのかレベル。
まあそれぐらい病んでいたんだろうと都合よく解釈しました。
ある意味ヒロインの魅力が出て良かったです笑(コイツヤベー)

個人的には③の子が好きでした。
このヒロインと昼ドラstoryが好きな方は是非見てください!

投稿 : 2018/08/22
閲覧 : 203
サンキュー:

3

ネタバレ

moto1115 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ドロドロ

爽やかなオープニングとは裏腹に、韓国ドラマのようなドロドロした展開です。
三角関係にシスコン、、、。
絵は綺麗です。

投稿 : 2018/06/18
閲覧 : 233
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

甘くて苦くて酸っぱくてしょっぱくて

あちこち恋心がすれ違います

おまけに母親が意地悪と来てます

主人公は鈍感です

とっても切ない内容です

田舎の日常も混ざっています

のんびりと酸っぱい恋物語

投稿 : 2018/06/11
閲覧 : 162
ネタバレ

SK-046(しろ) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋愛による成長物語

P.A.WORKSが好きでその繋がりで、

そしてeufoniusの曲も好きで気になって観た作品


{netabare}内容の感想ですが、眞一郎の心理変化に振り回された感

3人のヒロインはそれぞれ個性があって見ごたえありましたそこは良かったです

笑いなくシリアスを絡めた恋愛模様も「凪あす」が好きなのでこれも問題なし

僕の理解能力不足ですが、てっきり眞一郎と乃絵ちゃんがそのままくっつくものだと途中から思い込んでしまいました

急なキス展開があったりと後半引き込まれましたが最終的には不完全燃焼

最後の乃絵ちゃんのシーンもほんとはもっと泣けたのかな?

恋愛絡めた成長物なのはわかりましたが、個人的に泣きたかったので「泣ける」要素を重視すると少しだけ残念でした{/netabare}


キャラは、乃絵ちゃんが可愛くて癒されました^^

乃絵ちゃんのアブラムシの歌、すごく耳に残ります(笑)


OPが神曲なので「リフレクティア」オススメです!

投稿 : 2018/03/22
閲覧 : 240
サンキュー:

10

ネタバレ

どやすけ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

思い出補正ですが…

メインヒロインは誰か、主人公とは考え方が違いました。

あとバイクが可愛そうなアニメ

投稿 : 2018/03/21
閲覧 : 246
サンキュー:

4

ネタバレ

リリン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

うーむ、といった感じ

みんなの評価が良かったこととopが好きだったので見始めた作品、雰囲気は好きだがキャラが少しうじうじし過ぎではないかと自分は感じた、あとこの作品が何を伝えたいのか自分には少し理解出来なかった(自分の理解力がないだけだと思う)
それでも80点はあると感じた。

投稿 : 2018/03/11
閲覧 : 199
サンキュー:

4

次の30件を表示

true tears[トゥルーティアーズ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
true tears[トゥルーティアーズ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

true tears[トゥルーティアーズ]のストーリー・あらすじ

絵本作家を目指す高校生「仲上眞一郎」は、仲上家に引き取られてきた同じ高校に通う「湯浅比呂美」、そして両親の4人で暮らしている。眞一郎の母は、ある理由から比呂美につらく当たっていた。
 ある日、眞一郎は学校の裏庭で、木に登って降りられなくなった少女「石動乃絵」と出会う。彼女は過去に起こったある出来事がきっかけで、涙が流せなくなったのだという。眞一郎は彼女との出会いをきっかけに比呂美、親友「野伏三代吉」、幼馴染み「安藤愛子」らとの関係や、自分自身との向き合い方に変化を生じさせていく。彼らはそれぞれに悩み、すべきことを模索し、成長していく。(TVアニメ動画『true tears[トゥルーティアーズ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年冬アニメ
制作会社
ピーエーワークス
公式サイト
www.truetears.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/True_tears_%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29
主題歌
≪OP≫eufonisu『リフレクティア』≪ED≫結城アイラ『セカイノナミダ』

声優・キャラクター

石井真、高垣彩陽、名塚佳織、井口裕香、吉野裕行、増田裕生、渡辺智美、藤原啓治、高橋理恵子、土倉有貴

スタッフ

原作:La'cryma、キャラクター原案:上田夢人、 監督:西村純二、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン:関口可奈味、美術監督:竹田悠介/篠原理子、撮影監督:福士享、色彩設計:井上佳津枝、音響監督:若林和弘、音楽:菊地創、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2008年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ