「xxxHOLiC◆継-ホリック(TVアニメ動画)」

総合得点
69.2
感想・評価
366
棚に入れた
2453
ランキング
1614
★★★★☆ 3.8 (366)
物語
4.0
作画
3.6
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

xxxHOLiC◆継-ホリックの感想・評価はどうでしたか?

OK! さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

2022/05/06 終了

投稿 : 2022/05/06
閲覧 : 37
サンキュー:

0

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

”気づき”の物語

原作は大昔に読了しています。

1期(無印)では1話完結形式だったのに対し、2期(継)ではストーリーものです。一見関係ないと思われる話が後々に響いてくる場面もあるため、1話も見逃せません。

四月一日の成長物語でもあります。好きな人が自分を大事に思っている、その好きな人に最良な(と思い込んでいる)行動を起こしたら逆に好きな人を傷つけてしまう…といったような”気づき”の物語。

小羽ちゃん編の最後の方の終わり方はかなり改変されており、すっきりとした印象の終わり方になっています。個人的にはアニメ版の方が好みです。

キャラデザは相変わらずの手足の長さ。やっぱり長いよなあ…と気になってしまいます。

投稿 : 2020/09/24
閲覧 : 143

春秋 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

CLAMP漫画原作アニメ2期目

福山潤大原さやか中井和哉伊藤静あやかし独特ヤンマガ幽霊妖怪友達

投稿 : 2019/12/29
閲覧 : 161
サンキュー:

0

ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

五月七日小羽(つゆり・こはね)が登場する第2期からが本番です。

※2周目の感想です。

本サイトでは、日本(風の世界)を舞台とする怪奇ものアニメとして、『物語シリーズ』『蟲師』の2つのシリーズが非常に高く評価されていますが、

①登場キャラたちの好感度と、②物語の締めくくり方の巧さ、

という2点から、個人的にはそれらの作品よりも、この『xxxHOLiC』シリーズの方を推したい気持ちです。

・・・といっても、本シリーズもCLAMP原作アニメの常なのか、ややエンジンがかかるのが遅い(※具体的にいうと、第1期はそこまで面白くない)感じ。
しかし、そこを我慢して何とか見終えて、第2期(◆継)に入ると、ビックリ見違えるほどの面白さ!

第1期の何気ないエピソードが、実はそれとなく第2期以降の展開の重要な伏線になっているのに気付かされることが多いのに加えて、第1期はイマイチなヒロインばかりでちょっと退屈しかけていたところに、突然投げ込まれる“真打ちヒロイン”五月七日小羽(つゆり・こはね)への驚き・・・etc.

気のせいか、小羽登場後には他のヒロインたちの魅力まで相乗的にグングン増していって、本作の全体シナリオ自体も螺旋を描いて上昇していく印象さえ受けてしまいました。

そして、TVシリーズ終了後に見るOVAでは、遂に“あの人達”も登場。
後は、ちよっとお洒落な作画に加えて、音楽もセンス良く、これは個人的に密かな《お薦め作品》かも。


◆シリーズ別評価

(1) 劇場版(真夏ノ夜ノ夢) ☆   3.5 (2005年8月)
(2) 第1期         ☆   3.8 (2006年4-10月)
(3) 第2期(継)      ★   4.3 (2008年4-6月)
(4) OVA(春夢記)     ★   4.3 (2009年2-6月)
(5) OVA(籠)       ★★  4.5 (2010年4月)
(6) OVA(籠 あだゆめ)   ★   4.2 (2011年3月)
-----------------------------------------------------
  総合         ★   4.3

※因みに 原作マンガ   ★★   4.7


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

=============== 劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢 (2005年8月) ==============

全1話 ☆ {netabare}コレクター達への招待状{/netabare} ※xxxHOLiCの意味(=何々中毒者)

主題歌 「サナギ 〜theme from xxxHOLiC the movie〜」

※同時上映された『ツバサクロニクル鳥かごの国の姫君』と内容がリンクしていますが、xxxHOLiCの他作品とは余り繋がりがなく浮いた作品(脚本担当がCLAMPではなく、只のドタバタ喜劇に終わってしまっている印象)


====================== xxxHOLiC (2006年4-10月) ======================

 - - - - - - - OP 「19才」、ED 「Reason」 - - - - - - -
{netabare}
第1話 ヒツゼン ★ アヤカシを引き寄せる性(さが)、願いの叶う店(四月一日と侑子の出遭い)
第2話 キョゲン ★ 幸運の女神?それとも・・・(九軒(くのぎ)ひまわり)、小指の呪い
第3話 エンゼル ★ 百目鬼(ドウメキ)との相性、コックリさん
第4話 ウラナイ ★ 偽者占い師、本物占い師
第5話 シリトリ ★ 狐のおでん屋  
第6話 タンデキ ☆ ネット中毒
第7話 アジサイ ☆ 雨童女(アメワラシ)、彼の岸と此の岸の境
第8話 ケイヤク ☆ サルの手
第9話 ユビキリ ☆ クダ狐、運命の赤い糸
第10話 トモシビ ★ 百目鬼(ドウメキ)の寺での百物語(怪談)、ひまわりの謎
第11話 コクハク ★ お萩のお中元、座敷童女(ザシキワラシ)と烏天狗(カラステング)
第12話 ナツカゲ ☆ 避暑先の幽霊
第13話 ヘンボウ ☆ 背中に羽根の生えた少女、餌(エ){/netabare}

 - - - - - OP (変わらず)、ED 「蜉蝣 -かげろう-」 - - - - -
{netabare}
第14話 フウイン ☆ 性格が正反対の双子姉妹、言葉の縛り ※初の2話続きもの
第15話 カイホウ ★ 続き、言霊(ことだま) ※ちょっと驚く展開で◎
第16話 サイカイ ★ クダ狐と油揚げ、清浄な気、座敷童女へのお返し(かんざし)
第17話 ジショウ ☆ 幸せを受けとらない人
第18話 ホオズキ ★★ 百鬼夜行、座敷童女、おでん屋の子狐、甘露、「全ては必然」
第19話 リフジン ☆ 年の瀬、雪合戦、願ったものが出てくる箱 
第20話 アガナイ ☆ 過去を映し出す写真 ※脚本がやや安直×
第21話 ツメキリ ★ 迷信・言い伝え、四月一日(ワタヌキ)の回想
第22話 ユウワク ★ 四月一日の心に忍び寄る婦人 ※2話続きもの
第23話 センタク ☆ 続き
外伝   ツイオク ★ 四月一日(ワタヌキ)の小学生時代の話、神隠し、誕生日 ※ED「Reason」{/netabare}
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)、★★(優秀回)1、★(良回)11、☆(並回)12、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.8

※ここまで視聴しただけだと「ちょっと物足りない人情噺」という感想になってしまうかも。


===================== xxxHOLiC◆継 (2008年4-6月) ====================
{netabare}
第1話 蜘蛛 クモノス ★ 四月一日の右目失明、百目鬼の怒り ※第2期は続きもの(小羽チョイ出)
第2話 左眸 ヒダリメ ★ 本の虫、猫娘、烏天狗の懇願
第3話 朋分 ハンブン ★★ 座敷童女、女郎蜘蛛、百目鬼の右目の半分
第4話 夢買 ユメカイ ★ 夢の矢、異世(コトヨ)、百目鬼静の祖父(遥)
第5話 由縁 コハネ ★ 霊能師の少女・五月七日小羽(つゆり・こはね)、桜の霊
第6話 平和 コノハナ ☆ 麻雀回、桜の霊の昇天
第7話 水猫 ミズクミ ★ 猫娘の依頼(井戸水汲み)、ひまわりとの指切り、小指の痛み
第8話 鈴音 ササヤキ ★ 増えていく鈴、その場に居てはいけない者、遥との再会
第9話 流噂 フウヒョウ ★ 小羽の家庭事情、霊能師のTV特番出演
第10話 不戻 キヅキ ★★ 続き、小羽の選択
第11話 秘事 ヒトリ ★★ 小指の悪化、怪我、ひまわりの秘密
第12話 真実 ホントウ ★★ 続き、四月一日の回復、たんぽぽ誕生
外伝  報恩 オカエシ ☆ 狐のおでん屋に主要キャラ集合{/netabare}
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)4、★(良回)7、☆(並回)2、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.3


OP 「NOBODY KNOWS」
ED 「Honey Honey feat. AYUSE KOZUE」

※第2期は、一話完結回がほとんどだった第1期とはガラっと変わった続き物になっており、見違えるほどの面白さでした。


================ xxxHOLiC 春夢記 (OVA) (2009年2-6月) ================

前編 ★ {netabare}百目鬼(ドウメキ)の祖父(遥)の依頼{/netabare} ※小狼・サクラ初登場、約27分
後編 ★★ {netabare}夢の中の世界へ、夢の世界でのサクラとの出遭い、「侑子さんの願いは何ですか」{/netabare} ※約27分
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)1、★(良回)1、☆(並回)、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.3


OP 「sofa」
ED 「CHERISH」

※前編はCLAMP原作OVA 『ツバサTOKYO REVELATIONS』、後編も同じく『ツバサ春雷記』とリンクした内容なので、両OVAを先に視聴しておくことをお勧めします。


==================== xxxHOLiC 籠 (OVA) (2010年4月) ==================

全1話 ★★ 4.5 {netabare}侑子との別れ、10年後、飯縄(イズナ)使いからの依頼と対価{/netabare} ※約41分

ED 「風(かざ)なぎ」

※前OVA『春夢記』そして本OVA『籠』で、ようやく物語が大きく動くので、xxxHOLiCの視聴を開始した方は、何とかここまで頑張って視聴を続けて欲しいところです。


================ xxxHOLiC 籠 あだゆめ (OVA) (2011年3月) ==============

全1話 ★ 4.2 {netabare}夢違え(ゆめたがえ){/netabare}

OP 「あだゆめ」
ED 「「ごめんね。」」

※第1期の第1話以来の様々なエピソードが回想されるアニメ版の事実上の最終回らしい良い出来

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 544
サンキュー:

5

カワセミ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

壱原侑子のお店に入ってみたい

はじめは手足が長すぎて違和感があったが段々慣れてきた。
雰囲気が独特で、一話~三話完結の物が多く退屈しなかった。
物語ではすべて「対価」と「必然」がテーマになっていて一貫性がある。
とにかく壱原侑子が魅力的。セリフに説得力があり、思わず納得してしまう。彼女のひとみを見ているとなんだか吸い込まれそう。彼女の本名が知りたい。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 199
サンキュー:

1

hidehide さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

結構な内容

本筋のストーリーや何者か、等々については
余り深く考えては観ませんでした。
違う(同じ系列?)のキャラにも敢えて触れず。
各話に対してのみの感想ですが。

xxxHOLiCにも書きましたが、
侑子の言葉に結構な意味があったり、
中々どうして、いちいち、『なるほど』と
思わせられる事が多かったな、と。

NARUTOの日向しかり、座敷わらし しかり、
健気な女性、女の子は、本当にキラキラとして、
応援したくなりますね。

投稿 : 2018/10/16
閲覧 : 293
サンキュー:

2

ネタバレ

シルメリア さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

1期を超えた2期!このパターンは数が少ないから貴重だなぁ~♪※大抵は、前期を下回るw

第1話 蜘蛛
百目鬼…四月一日に「壁ドンする」∑(OωO; )
やはり、腐アニメなのか?
第2話 左眼
ツンデレ四月一日「残り物で作った弁当なんだからさっさと食べなさいよね」※残り物ではない。1から作りましたw台詞はイメージ翻訳
第3話 朋分
「自己犠牲」の先にあるもの!
1期目とは違って1話完結ではないので
順に観ましょう!
第4話 夢買
百目鬼の弱味を知る?
第5話 由縁
観ることの出来る少女との出会い
第6話 平和
ピンフと読めば何の回か、わかるよね?
第7話 水猫
「最近の死体は腐らない?」
はい、都市伝説乙
第8話 鈴音
増えるワカメw
第9話 流噂
好意より悪意の方が刺激的 
これも真理。小羽ちゃん回再び…
第10話 不戻
小羽ちゃん、マル出しとモロ出しで寝る。
言葉通りの意味じゃ無いから勘違いしないようにwちなみに10歳前後の少女です。
orzがっかり、小羽ちゃん…ショートヘア…
第11話 秘事
ひまわりちゃんの瞳孔、虹彩、角膜が
1期では黒一色でこのことを暗示してるかのようだったのに。2期だと黒目に青が追加されている。下手糞な改変…。
ひまわりちゃんが百目鬼を誘うのは百目鬼の
「破邪」の性質を利用して辛うじての日常を
過ごせていたのでしょうね。
四月一日「ぐ、偶然…」と言いかけてやめる。
頭を過ぎったのでしょうね!
「偶然なんて無い在るのは必然だけ」が。
小羽ちゃんに出会って別れ際に
「その小指誰と指切りしたの?」と問われたのは?ホラーぽっかったですね!
自分の好きな人が両親以外、皆を不幸にする呪い
を撒き散らしてる∑(OωO; )
ヒロインと思ってたら、悲劇のヒロイン?
いや、違うな!こう言うのは「魔女」だ!
1期から目が死んだ魚の目してたから
何かはあるだろうとは思ってはいたが
こういう展開かぁ…。
第12話 真実
全てはここに帰結するためのお話だったんだね!
淡々と語るひまわりちゃん。
こんなにお互いに「想い」あっているのに
CLAMPは、四月一日とひまわりちゃんを
くっつけないなんて「鬼畜」だなぁ~。
四月一日を助けるために支払った対価
百目鬼→四月一日が失った量の血液
ひまわり→四月一日が受けた「背中傷」

外伝 13話 報恩
狐屋さんの「おでん」がとても美味しそう…。
ごくりヽ(゜▽、゜)ノ涎
壱原侑子が1期と違って必要以上にしゃしゃり出てこないから全体的に引き締まった!
3期も観たいけど出てないから、もう、
無いかな?
さて、劇場版観るか!
(。>ω<。)ノ またねぇっ

投稿 : 2018/01/24
閲覧 : 312
サンキュー:

5

てっく さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「人こそ、この世で最も摩訶不思議なモノ」

xxxholic2期です。

例のごとく、ワタヌキは侑子さんの店でアルバイトをしながら色々な出来事に遭遇し、様々な角度から物事を見ることを学んで行きます。
侑子さんの豪快かつ妖艶さは健在ですね。

そして、一人の少女と出会います。
彼女もまたワタヌキと同様、アヤカシや霊が見える存在。
ワタヌキは自分と同じと言うが侑子さんはそれを否定する。

同じなんて無いと。。。

終盤では、ワタヌキが好意を寄せてるひまわりちゃんについても彼女が何者なのかが触れられます。
その時、ワタヌキの出す結論とは!?

と言う感じです。

最終話は、今までのキャストが総出でキツネ屋のおでんをみんなで食べる和気藹々とした雰囲気が素敵。


普段何気なく接してる何気ない事にも意味があり、見方や受取り手によって重さは様々で同じという事はないと、忘れがちなものを教えてくれる作品でした。

投稿 : 2017/06/16
閲覧 : 358
サンキュー:

3

しーん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

2016

投稿 : 2017/03/26
閲覧 : 282
サンキュー:

0

デュフフ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

2期は

1期に比べ1話完結系のサブストーリーが減って
メインキャラクター中心のストーリーとなった。

正直微妙なサブストーリーが延々と続かないし
やはりメインキャラクターの話だけあって
背景や謎等掘り下げてのストーリーとなるので1期に比べて面白かった


1,2期通しての感想になるが
元々漫画原作で連載という体の為
原作でもサブストーリーが多くなっているのだろうし
ある程度有名作家さん作なので原作の時点で話数を増やした方が
商業的にも望まれたんだろうが
そのサブストーリーが水を混ぜて薄くしたような
うすっぺらく微妙な内容過ぎて、
1期2期合わせて3クールの内容ではなかった
正直1期の冗長さにはだいぶ辟易させられたので
アニメ化するにあたってはサブストーリーを減らして
2クールくらいにまとめた方が
アニメ作品としては楽しめただろうし評価が上がったと思う。

投稿 : 2016/10/30
閲覧 : 334
サンキュー:

1

ポル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほりっく最高!

2期は13話しかないのが残念。1期は24話もありましたのに。
1話完結ものが多かった1期とは違い見ごたえありました。
どうめきのじいさん2期ではけっこう出演+(艸゚Д°)シュテキッ★

投稿 : 2016/10/07
閲覧 : 304
サンキュー:

6

メリジェンヌ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

13話

投稿 : 2016/04/04
閲覧 : 222
サンキュー:

0

全身タイツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きつねのおでん屋で一杯やりたい

良いお話でした。目から汗が・・・という話もあり、楽しめました。気が付けば四月一日の成長物語になってました。

前作の雰囲気を継承しながらも、今作は四月一日と百目鬼、ひまわりちゃんの三人の関係性に重きを置いた造りになっています。
「偶然なんてない。あるのは必然だけ。」この三人の出会いはそうなんだなと感じさせるストーリーです。
要所で夢の中の人が話をリードしてくれるので、判りやすくなっていますね。

シリーズ通して楽しめました。

投稿 : 2016/02/05
閲覧 : 275
サンキュー:

6

蟹チャーハン さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これを最高といわずしてなんというか

すげーーーいい話の連続で涙がとまらんです!
こんなイイ奴ばっかり、どうして見捨てられるというのか。

日ごろ文句ばかり言っているワタヌキのドウメキへの感謝の気持ち、
ヒマワリちゃん、コハネちゃん、ユウコさんへの愛情。
そして、今度は大怪我を負ったワタヌキへのみんなの思い。

今期はワタヌキとドウメキとヒマワリちゃんに絡んで、
大きな事件が相次ぎ、それが原因で傷つきもし、
大きな傷跡を残すことになります。

それも厭わないワタヌキはじめ、ドウメキとヒマワリちゃん
の差し出した対価には涙というか絶句しかありません。

さらに。。。ユウコさんの来るべきときが来たという現実。

ワタヌキはちょっと大人になったのかな。
ドウメキも。
ヒマワリちゃんも。
コハネちゃんも。

みんなが成長した姿をみて、これからも平穏無事な
日々が続くことを願うばかりです。

投稿 : 2016/01/17
閲覧 : 226
サンキュー:

1

カツミ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

先のを観たので

先のを観た流れで観ました よくできてると思う 難読苗字も覚えられる
四月一日とか五月七日とか

投稿 : 2015/12/02
閲覧 : 215
サンキュー:

0

ネタバレ

たまちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

続き

四月一日がひっかかった蜘蛛の巣
それを百目鬼がはらったから蜘蛛の巣のようなもので右目が開かなくなった
蜘蛛はひっかかった四月一日よりも
巣を壊した百目鬼を恨んだとか
蜘蛛が恨みを忘れた時にそれが治るらしい
「開かねえな」っていうの面白い

四月一日は自分じゃなく百目鬼が犠牲になった事がどうしても耐えられなかった
だから四月一日は自分の眼を犠牲にして
百目鬼の眼を治させたかった
蜘蛛に百目鬼よりも恨まれることをして

なんか二人とも
自分より相手を考えてる

百目鬼は片目が見えなくなった?四月一日の眼をどうしても治したくて
ゆうこさんよんでもらって相談してた

百目鬼は蔵からたくさん本を持ち出してた
百目鬼のおじいさんは住職で憑きものおとしとかもしてた
蔵に呪術関係の本があるから
四月一日の眼を治す方法を探して

人に無理だと言われても
自分であきらめないで模索する
だから百目鬼は店に来る必要がないらしい

四月一日は
いつまでかかってるんだ
この四月一日様が弁当を作って来てやったぞ
拝め!とか言って登場したww
茶はねえけど味噌汁作って来てやったぞ
三回頭下げて捧げ持ってからのめ!とかww
「おう」とか言って飲んでる百目鬼

四月一日「俺はこのままでも平気だ」
百目鬼「俺は嫌だ」

百目鬼は四月一日の命も助けてくれるし
凄い想われてるよねw
二人とも相手の事を放っておけない
だけど自分のお節介をするのはやめろみたいな

お前なんか余り物で十分だ!
ゆうこさんの夕飯の余りものだ!ってアピールしてたけど
百目鬼の為に作ってたみたいだねww

コロッケが食べたい百目鬼かわいい

四月一日の右目は別世界で奪い合いになってて
早く取り戻さないともう戻ってこないかもって

百目鬼は目が蜘蛛の糸のようなもので塞がれてただけだった
だけど
それ以上の事をした四月一日は右目を奪われた状態だから
取り返しつかないよねー

座敷童が四月一日の眼が盗まれたって知って
お願いですって頭下げに行って捕まった
女郎蜘蛛は蜘蛛を統べるもの
四月一日は自分の眼よりも座敷童を返して欲しいって
自分を犠牲にして
そこまでしてるけどそれがダメ
座敷童がこれだけお願いして取り返そうとしているのに
それをゴミのように投げ出す所が
自分を大切にしないところ
そんなものに価値があるのかみたいな
ゆうこさんも四月一日には学ばないといけないって言ってたし

座敷童ちゃん本当四月一日の為に何でもするいい子だよね

結局座敷童を奪い返して右目は奪われちゃった
座敷童は御免なさい何も出来なくてって泣いてた
泣ける・・・

くだ狐居なかったら危なかった
百目鬼は四月一日の右目が戻らなかったら渡してほしいって
ゆうこさんに右目の半分を渡したみたい
百目鬼どんだけいい人
泣いちゃうわ


貴方は貴方だけのものじゃないのよ
この世に自分だけのものなんて一つもないの
皆誰かと関わって、何かを共有してる
だから自由にならない
だからこそ 面白くて 悲しくて 愛おしいの



四「よーし、食ったら言えよ!
ありがとうございます四月一日様二度と逆らいませーん。
って土下座してな!」

百目鬼の小さい頃の写真で女の子の着物の格好してて
それを見た四月一日はそれをからかう為ネタになるって
めっちゃ企んでたけどゲスいなー
身体が弱い男子が丈夫に育つように
小さい頃だけ女の子の滑降させるっていう習わしがある
呪術に近いものだとか

百目鬼が四月一日に半分別けた右目
四月一日が見たものが右目に写るらしい
絶対って訳ではなく
四月一日の感情の揺れが大きいときに見えるみたたいな感じ


猫娘がやってきて
井戸の水を汲みに行かされる四月一日
一個汲んで持って帰ってきてたけど
一個持つだけで精一杯で
だけど勝手に家に侵入して水をくむのに犯罪になるのと
窓から人が覗いてるのと寒気がして
四月一日は行きたがらなかった
2個運んでこれば何回も行かずに済むってゆうこさんに言われて
2つにしたんだけど
猫娘は運んでくれないし一人じゃ持てないしで
嫌々ながら百目鬼と行くことになった
だけど百目鬼が嫌々言わずについてきてくれるって優しい
しかも言ってもらう立場なのに
部活で待たせやがって!とか怒ってる四月一日酷すぎw

ひまわりちゃんが一緒に行ってあげようか?って
言ってきてたけど四月一日は女の子に
不法侵入をさせて共犯にさせるのは可哀想とか重いからって断って
だけど百目鬼を犯罪者にするのはどうでもいいみたいな言い草ww

ひまわりちゃんと指切りした時に何か変な感じがして
その後水汲み行ってふろしきがあの窓の中に飛んで行った
あの窓に同じ服を着て同じ場所で座ってる人も居る

大切なものなのか?
とりに行くしかねえのか?

ピンポン押しても誰も出てこない
「行ってくる」「とってくる」
百目鬼一人で行く気らしいw

四「飛ばしたの俺だし 俺が行ってくる」
百目鬼「お前は待ってろ」

途中で百目鬼とはぐれた四月一日めっちゃ怖がってたw
百目鬼が四月一日見つけて肩ポン!ってやって
めっちゃ叫んだ四月一日に
「脅かすな」百目鬼冷静すぎ
百目鬼が驚くところがみてみたい

こはねちゃん

四月一日と一緒で霊とかが見える
テレビでは霊能力?とかいって有名人で
母親は子供を道具におもってる
バックとか金つかって買いまくり
こはねちゃんに触ったら能力が消えちゃう?とかいって
触らないし触らせないし
「しねしねしねしねしねしねしねしね」って留守電ワロタ
しょうもなすぎるww

いつのまにネットで叩かれて
家にラクガキとかこはねちゃんは大怪我してる
子供らしくないとか言われたりもしてたけど
これじゃそうなるわ
凄くいい子なのにね

ごめんねもっと早くこればよかったってこはねちゃんを
抱きしめる四月一日

こはねちゃんの事好きって言ったり
食べ物作ってきてあげたり
こはねちゃんはこんなぬくもりを感じることが初めてみたい

母親マジクズ
四月一日が預かるってこはねちゃんを夕子さん所に連れていくけど
こはねちゃんは次の日の朝
帰ります あの人が心配だからってすぐ家に戻ってった

こはね「あのね、その小指 誰と指切りしたの?」
色んな人に小指の事心配されてる
ひまわりちゃんがとても危険な人物な予感がして怖かった


百目鬼のお爺ちゃん 
よく四月一日に夢であってた
話聞かせて百目鬼と明日は一緒に居なさいって
ひまわりちゃんが来て肩トンってやった後窓から転落した
まじやばすぎ
痛いよ怖いよーお父さんお母さん
おじいさんが百目鬼と同じくらいの年ごろで現れてたのは訳があったみたい
おじいさんが四月一日を助けてくれた
四「ごめんねびっくりさせちゃったよね でも大丈夫だった」
ひ「今回はね」
「どうしたの?四月一日君」
ここら辺マジで怖かった
身近に居た人間がわざと悪意を持ってて接してたのかと思っちゃった

今までひまわりちゃんと接して悪い事が起きてたから
それがひまわりちゃんと関係あるのかな?って聞いて
「やっと気づいた?^^」
笑顔が怖すぎー
いつ言ってくるかな?って思ってたけど相変わらずなんだもんって
父母は大丈夫だけどそれ以外は悪い目に遭う
気付いたのは4歳かららしい
これが日常茶飯事だったから仕方ないみたいな感じなのかな
ひまわりちゃんはただの人間だけど他人を不幸にしちゃう
「あるんですよ話すだけ、触るだけ、関わるだけで
他人を不幸の道筋へ向かわせてしまう者が」
小さい頃からこれで関わった人間が不幸になってくのを見てると
やっぱおかしくなるだろうな
それが平気になるって言うか平気ではないだろうけど…

四月一日ってそれ知っても
いつも通りに接してるのが凄い
全部聞いてもひまわりちゃんが好きだし
会えて幸せって笑ってる顔が凄い好き
全身包帯だらけなのに

根性で死なない
俺ひまわりちゃん大好きだから泣かせたりしないよ

これからどうなるかもわからないのに
それでも四月一日は今までと同じように接するんだよ

四月一日の怪我の対価を払ったのは
ひまわりと百目鬼
四月一日には対価を教えないってゆうこさんと約束したらしい
百目鬼は四月一日の出した分だけ血を提供
百目鬼血だらけでやばー
百目鬼も店の中に入れてる!

ひまわり「わたぬきくんの嘘つき。泣かせないって言ったのに
でも。会えて幸せだって言ってもらえたのははじめてだったよ
四月一日君が死ななくて良かった
対価に四月一日君の傷 引き取って…良かった
ありがとう。私も会えて幸せだよ」

四月一日は誰かの為に自分が犠牲になっても
相手は喜ばないからって
相手を悲しませるからって
今までとは変わった

井戸の水の対価で卵をもらった
一緒に寝て育てる 願えば叶うとか
あの子が幸せになれるように
本当の笑顔になれるように四月一日は願った

四月一日が育てた卵は小さな黄色い鳥が生まれた
ひまわりちゃんの影響を受けない
力はないけど何事もなく一緒に居てくれる
ひまわりにとってはとてもそれが大切な事



四月一日がたんぽぽと命名
黄色いから
「私と同じ花の名前ね!」
ひまわりちゃんはいい子で良かった

子ぎつねも可愛い
お礼にお礼のループww


全部見て思ったんだけど
百目鬼もひまわりも
四月一日がひまわりと二人で居る事を避けさせるっていう感じがした
それが必然なのか偶然なんだかわからないけど
もしかして分かってて接してたのかもって思って
ほうっておもった
ひまわりと居ると百目鬼が邪魔してくるって言うのも
ひまわりが絶対というか結構な割合で
百目鬼くんも!って言ってたこととか
よくわからないけど

投稿 : 2015/07/09
閲覧 : 181
サンキュー:

0

ネタバレ

photon さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

紙魚に始まりジギタリスに終わる

蜘蛛の話で登場する本の蟲で澁澤龍彦の紙魚の話(確かドラコニア綺譚集に収録されている)を思い出した。彼は年末だか正月に読み終えた蔵書を燃やして処分していたとか。

一期に比べて秩序の無さが目立つようになったのは伏線の回収が上手くいってないことが原因なのかなと。

主人公(壱原侑子)が往々にして不条理なのは妖怪だからなのだろうということで一期の内に納得できたけれど、妖怪が必然っていう科学的な言い回しを使い続けていたことには最後まで合点がいかなかった。例えば一神教の神やマハバーラタに登場するブラフマー(だったと思う)や運命の糸車を回すダータ、ピダータみたいな神であればそういった解釈も存在するのだけれど、それを感じさせるくだりはなかった。辛うじて服装がインドっぽくないことも無いし、一期の百鬼夜行のくだりでソーマらしきものも登場してはいるのだけれど、ヒンドゥーや仏教に造詣が深いわけでも無く、一つの存在に仕えている素振りも無い。
そもそも必然を求めるのが(全てがそうではないけれど)人であり、必然をあざ笑うように覆すのが妖怪だと思う。
妖怪を束ねる一つの存在があるとすれば話も変わって来るけれど、そんなキャラクターが登場しない処が最も合点がいかない。
考え過ぎると飽和するけれど、疑わなければ進歩がない。
作品を創る上でもう少し疑いがあれば格段に面白くなる要素を持っていると思う。

鶴の恩返し的に設定を明らかにすることを落ちとするようなストーリー展開は二期も引っ張った上で終盤まで出し惜しみすると流石に締りが悪く感じる。
但し、狙ったのかどうか分からないけれど、それをフォローする可能性を持っていたのが最終話に登場する狐の手袋かなと思った。
英語のFoxgloveはジギタリスって花のことを指すのだけれど、この花は欧州だと暗く寂れた場所に咲く不吉な植物としてのイメージがあるそうでその後の展開が決して洋々としたものではないことを暗示する。のだけれど、考え過ぎかも知れない。

ストーリーに限って言えば、類似作品の物語シリーズよりも本作の方が可能性を秘めている分面白味があると思う。

投稿 : 2015/05/09
閲覧 : 414
サンキュー:

2

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

自分を大切にすることは周りの人を大切にすること

xxxHolicの続き。今回はお客さんのお話より、四月一日、ひまわりちゃん百目鬼くんのお話。

周りの人たちを大切にすることは、自分を犠牲にすることは違うっていうお話でした。四月一日がちょこっとずついいほうへ変わっていく感じでした。
個人的に小羽ちゃんがでてきてうれしかったです。好きなキャラなので。声がイメージと違うのはしょうがないかなってことで。

侑子さんは感情で動かないとこが魅力的ですね。すべては平等に対価の分だけ。人から見たら間違っているんじゃないかって思うことや、もっと違う方法で解決したほうがよいことも、対価の分だけ過不足なく。それが侑子さん!
そんな侑子さんに四月一日が染まってきてるな・・・と思う2期でした。

投稿 : 2015/04/03
閲覧 : 243
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もっと評価されるべき!

夏目友人帳をダークにしたらholicになります。夏目ももちろん好きですが、同じアヤカシ系だと、自分はholic推しです。

この世に起こることに偶然などない。あるのは必然――そうなんです。起こる現象はすべて必然なんです。

人が観測してはじめて不思議になるのです。そんなちょっぴり不思議で、オカルトなアニメ。それがholic

holicには中毒という意味があります。中毒になること間違いナシですw

投稿 : 2015/02/20
閲覧 : 165

(๑•ω•́ฅりん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

まるだし( ´艸`)もろだし(*´艸`)

個人的にはあまりドタバタしないゆっくりな、けれど深い作品で

夜にゆっくり見るのが好きで、

ずっと見てたら終わっちゃった(꒦ິ⌑꒦ີ)

もっと見たかったです。

言葉の在り方を考えさせられるちょっと大人アニメ。

こんなやつもっとみたいなーっと思っています。

投稿 : 2014/11/29
閲覧 : 208
サンキュー:

3

faydmokona さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

謎!ゆうこさん

やっぱり、この謎にあふれた感じというか雰囲気というか、どんどん次が見たくなりますね!
四月一日も面白いですが、やはり市原ゆうこが一番好きです!
真剣な時、いつものふざけた感じとは全く違うのがいいです!

投稿 : 2014/08/05
閲覧 : 205
サンキュー:

0

おぬごん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作未読でも楽したが…

原作等を全く知らずに見たが、それなりに楽しめた。
ただ全体的に盛り上がりに欠けるためアニメ映えせず、
一番楽しめたのがギャグ回の麻雀だった。

投稿 : 2014/07/26
閲覧 : 184
サンキュー:

0

1061000you さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前作同様、面白かった

前作の雰囲気を引き継いでいながら、
前編とは異なり、1つの物語が徐々に展開していく。

前作同様、面白かったと思います。

投稿 : 2014/05/14
閲覧 : 200
サンキュー:

0

Re-san彡 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妖怪好きにオススメ

第2弾ですね(*´∀`*)

そうですねー・・・
最後のほうがやっぱりかと感じましたけど

でも 『そんな危ないやつだったのか!!』
思いましたねw

1弾良かったっていう人は、見たほうがいい一作ですねヽ(・∀・)ノ

投稿 : 2014/05/02
閲覧 : 200
サンキュー:

0

ちんとんしゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

雰囲気で魅せる作品

オカルト系ファンタジー、Holicの2期です。1期と同様、怪しいような意味深な雰囲気とかはばりばり出ているんです。2期では少し1期での伏線も回収されたりと、より楽しめるようになっています。ワタヌキって、すっごくいいひとだけど、なんとなくキャラが一貫しないような…。”店の主”、ゆうこさんは相変わらず綺麗です。これはHolic作品全体にいえるのですが、雰囲気や”そぶり”は多いのだけれどで、意味深なわりにはあまり深くはないのかなーと^^。だから気になって続きをみても「アレっ」て肩すかしをくらうことも度々。そのせいかあまり印象に残らないのだけど、そういうのを期待しないのなら、独特な個性で楽しませてくれる作品かと思います。

投稿 : 2014/01/05
閲覧 : 374
サンキュー:

10

自由人 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

わぁお!

ひまわりちゃん・・・、意外でした・・・

四月一日優しすぎて、泣けるぜぇ

百目鬼も優しさが多いねぇ
やっぱいいわぁ

感動です

投稿 : 2013/12/12
閲覧 : 246
サンキュー:

0

mikosaya さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

評価7

投稿 : 2013/10/30
閲覧 : 192
サンキュー:

0

ベルンカステル卿 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

五月七日小羽ちゃん

痛ましいよ。この子。

親に恵まれないながらも賢明に生きるこの子は
すごく強い子だね。

最後までお母さんの事を考えて行動する小羽ちゃんが
愛しくてたまりませんでした。

わたぬきと出会ってから徐々に笑顔を見せだす
小羽ちゃん可愛いよぉ~^^❤

幸せになってほしいです。

投稿 : 2013/09/21
閲覧 : 242
サンキュー:

3

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

たんぽぽ♪

基本1期の続きで大きな変更点は無い。
ただ、人間関係の因果が徐々に解明
される描写が増える。

偶然は必然・・全ての謎が解けるの?
四月一日君尋の成長を見守る・・

百目鬼静や九軒ひまわりとの関係性に
大きな変革が描かれるエピソード・・

終盤は可也泣いてしまった・・

投稿 : 2013/08/24
閲覧 : 280
サンキュー:

0

葉月 葵 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議と怖くも面白い

一期同様、ピリ辛でお茶目なユー子さんが素敵でした。
四月一日の成長、優しさ、弱さ
百目鬼の思い
ひまわりの事情…
現実的ではないが、理にかなったユー子さんの言葉何をとってもいい作品でした。

投稿 : 2013/06/17
閲覧 : 205
サンキュー:

1

次の30件を表示

xxxHOLiC◆継-ホリックのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
xxxHOLiC◆継-ホリックのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

xxxHOLiC◆継-ホリックのストーリー・あらすじ

『xxxHOLiC◆継』(ホリック◆けい)は、前作xxxHOLiC続編。
”アヤカシ”が見えてしまう霊感体質の持ち主、四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)が主人公。人の願いを叶える代わりに、その願いと同等の”対価”をもらうという女性、壱原侑子(イチハラユウコ)の店で働くことになった四月一日が体験する、不可思議な日常が、ときにシリアスに、ときにコミカルに描かれていく。(TVアニメ動画『xxxHOLiC◆継-ホリック』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年春アニメ
公式サイト
www.tbs.co.jp/holic/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/XxxHOLiC

このアニメの類似作品

この頃(2008年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ