「ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―(アニメ映画)」

総合得点
66.3
感想・評価
19
棚に入れた
69
ランキング
2094
★★★★☆ 3.5 (19)
物語
3.5
作画
3.9
声優
3.3
音楽
3.4
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

今の時代、オムニバス形式のアニメ映画って受けないんだろうな・・・・・・

①『カニーニとカニーノ』②『サムライエッグ』③『透明人間』の三作から成るオムニバス映画。


ジブリ亜種と呼ばれるスタジオポノックの作品だから、三作ともジブリでありそうな内容。
この三作の中だと、ストーリーが面白かったのは②、世界観・作画なら①かな、③は何が言いたいのかよく分からなかった。


この会社の作品で『メアリと魔女の花』の方はそれなりに知名度があるのに、この作品は全く知名度がない、せっかくオダギリジョーとか尾野真千子を起用して主題歌に木村カエラを使ってるのに・・・・・
まあ宣伝の悪さもあるだろうけど、今の時代こういうオムニバスのアニメ映画はやっぱり受けないのかな・・・・・・



【それぞれの感想】
①「擬人化した蟹の兄弟が泡に流された父を探しに行く話。」
監督は『アリエッティ』の人だけど、なんか『アリエッティ』に似てるような(笑)・・・・・こういう小さい世界が好きなのかな。ただストーリーは親と子が逆だけど『ファインディング・ニモ』っぽい。
擬人化した子蟹兄弟の話だけど、決められた言葉しか喋らないし、話が面白いというより川の中の世界観を楽しむ作品かな。
後、気になるのは、主人公たちは擬人化されてるけど、リアルな蟹もいたよね?あれは何?種類が違うってこと?


②「重度の卵アレルギーの子供と母親の話。」
三作の中では一番ストーリー性がある作品、ただ最後のシーンで卵にサムライを書いた意味が分からない、せめて「サムライ」の伏線ぐらい張っといて欲しかった。
中学生の頃、卵アレルギーの女の子いたけど、匂いもダメなのって初めて聞いた。


③「透明&重さがない人間の話」
結局何が言いたいのか分からない、主人公が誰かに気付いて欲しいっていうのは伝わるけど、何で透明になったのか?それとも生まれながらそうなのか?・・・・具体的な設定がないと最後の子供を助けたシーンに繋がらない、そういう意味では一番ストーリー性がない作品。

投稿 : 2020/07/09
閲覧 : 11
サンキュー:

0

ネタバレ

ともえもん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ほー。

なんか変わった話やね。カニはクラムボンみたい。タマゴはやばいな。透明人間は、体重までなくなってしまうとか、生きづらくて仕方ないやん。んで、同僚に認識されてないのに、給料ちゃんと発生してんのかな…

投稿 : 2020/04/26
閲覧 : 28
サンキュー:

0

ネタバレ

順順 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 2.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

どの話も心が動く

15分と短い時間だけど、
どの話も面白いし感動させられた
作画はどれも綺麗なんだけど、
CVが浮ついていて残念だった

投稿 : 2020/03/11
閲覧 : 42
サンキュー:

0

ネタバレ

いしゆう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

今ある環境に屈しない3組のちいさな英雄たちのおはなし○o。.。

あらすじはあにこれを参照ください。

上映時期:2018年8月~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

〇物語
合計3本の短編劇場作品です( 3本で合わせて54分 )○o。.

1話:カニーニとカニーノ
水中で暮らすカニの爪で漁をする家族の日常風景を描いた作品 
{netabare}
冒頭に小魚を捕まえて笑顔でいたら
後半大きな魚に食べられそうになったり

お父さんが居なくなって兄妹だけで探しに行ったりと
自然の厳しさや食物連鎖を肌で感じそして家族の絆の大切さを実感し
成長していくカニーニとカニーノ 

内容よりもカニの爪を器用に使って漁をする斬新さにビックリ♪
{/netabare}

2話:サムライエッグ
卵の食物アレルギーを持つ子供と家族の物語
{netabare}
コンビニやスーパーで視界に入らないことのない卵製品
その数は世の中に溢れかえっています

症状に悩まされるのは本人だけでなく家族にも負担が掛かります
だからこそ食物アレルギーを克服する! 

彼の戦いは始まったばかりですが 
希望に溢れた感じで終われたのは良かったかな○o。.
{/netabare}

3話:透明人間
透明人間の日常を描いたおはなし
{netabare}
誰にも認知されない寂しさを描いた内容になっていますが
食べても軽いってどうなってるんだろう?うー秘密が知りたい!
{/netabare}

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆

〇主題歌
木村カエラが歌う”ちいさな英雄”
彼女らしいポップな楽曲です。

〇作画
スタジオポノック制作
3話とも監督が違うのですが
全体的に柔らかい作画が印象深かったです

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

〇観終わって
視聴前はタイトルだけで
きっと可愛らしい物語なんだろうなぁって勝手に判断してました
ほんとごめんなさい!

現状を変えていこうと前向きに生きる3組のちいさな英雄たち!
その決意に勇気もらいました! 今日とは違う明日が待っている!!
よし! わたしもがんばろ○o。.。

〇最後に
3作品とも監督が違うから
世界観や作画の表現などがそれぞれ違っていて楽しかった♪
共通して水の映像がありますがみんないい味出してて感動しました○o。.

以上 最後までお読み下さりありがとうございます。






 

投稿 : 2019/11/06
閲覧 : 82
サンキュー:

14

DEIMOS さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ポノックは晋治のためにあるのか!

スタジオポノックが生き残りをかけて投入した短編映画。米林、百瀬、山下の三人が監督を手がけた三作品で計1時間ほど。

結論、百瀬のサムライエッグが最も面白い。かぐや姫で見せた線画の手法をここでも活かした。題材が、アレルギー持ちの子供とその母親の掛け合い、というのも面白い。自分が幼少期に病気を持っていた人、そういう子供を持つ親の視点で見れば感動必至。

階段を駆け下りるシーンなど、作画の見所がたっぷり。これを支えたのはあの橋本晋治。山下の透明人間でも人を描かずに質量を表現するという前代未聞のことをやってのけた。このアニメーターの力量には感服する。

最も残念だったのは米林の蟹の話。ポノックは米林を作画監督に降格させるべき。次代を担うタレントは別にいることは自明だ。

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 105
サンキュー:

4

上代 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ポノック短編劇場

3本の短編を纏めたもので、各々のテイストがかなり違います。
まとめての評価は難しいですが、共通していたのは、どれも道徳的な内容で、映像的な魅力が高いということでした。娯楽的な面白さを求めたいならば、今期はディズニーか、ペンギンハイウェイか、ポケモンを見ていただくのが宜しいかと思います。
マニア向け、教育者向けの内容ではありましたが、チケット代が通常の映画と比べて安く、この価格で、これだけのものが見れるのであれば、劇場に足を運んだ甲斐があったなあと思いました。

1本目 カニーニとカニーノ
沢蟹を擬人化したようなキャラクターが活躍する物語です。
監督は米林宏昌さん。音楽は村松崇継さん。と、マーニー、メアリ路線の映像作品に仕上がっています。
コンセプトデザインに田島光二さんが関わっているというで、かなり期待していましたが、あくまでコンセプトだからか、田島さんの色はそんなに感じられなかったです。
見どころは圧倒的な作画。自然風景をここまで重厚に美しく描けるのか!という驚きがありました。
物語は普通です。セリフがわずかしかないので、翻訳しやすそうです。

2本目 サムライエッグ
道徳アニメにしては面白いという評価。
卵アレルギー持ちの少年が卵と戦うお話です。何故サムライエッグなのかはわかりませんでした。
母と子のリアルな奮闘記という感じで、生生しさがありました。
気を使っていても、誤って口に運んでしまうこともあるとすると、食物アレルギーもちの方は本当に大変ですね。

3本目 透明人間
物語はこの三本の中で一番面白かったです。
透明人間というより、空気人間という感じがしましたが、理由が気になった方は是非見ていただければと思います。
カニーニとカニーノほどじゃ無いにせよ、作画が良かったですし、世界設定がわかりやすかったのも良かったですね。
こぢんまりとした世界という感じが自主制作っぽいと感じましたが、そこがまた味があって良いです。
カラーみたく、アニメーター見本市とかで定期的にやってほしいという希望が湧きました。

そして、4本目? OP・ED・幕間
これが最悪です。無駄に凝っていますが、全て裏目に出ています。
全然空気が読めてなくて、余韻をぶち壊しです。

投稿 : 2018/08/31
閲覧 : 160
サンキュー:

7

ネタバレ

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

カニとタマゴで天津飯

カニは鮮やかな描写、声優さんはおりますが台詞は少な目、それ幸いし動作に注視する事となり正解、水流の描写も優れますね。
タマゴは柔らかい描写、線太く深さも有る物語、本日一番気に入りました。
三作目は見えないという事柄をいかに観せるかという難しい題材にチャレンジ、なかなか良い描写だったんじゃないでしょうか。

投稿 : 2018/08/30
閲覧 : 115
サンキュー:

5

ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ちいさな英雄とは何か?

 アニメ3作品による小さな英雄とは何かをそれぞれ、違った側面から見せてくれたです。

{netabare} カニを人に擬人化した「カニーニとカニーノ」は、災害に巻き込まれてしまった父親を捜す冒険を短く描き、たどり着いた先にカニーニとカニーノの勇気と成長を見せてくれた展開だったです。

 「サムライエッグ」は、卵アレルギーに苦しめられる男の子と母親の奮闘を描いていたです。卵が入っているとわからい食べ物を口にしただけで、命の危険にさらされてしまうです。どんなときでも、子供を守る母親の姿、一人になって卵が入っているとわからず食べてしまい苦しみながらも、もがき行動し命を取り留めるシュンの姿が、この上ないものだったです。

 「透明人間」は、服を着ていても誰にも気にしてもらえない透明人間の男性が、一人葛藤していたです。そんな彼がトラブルに会いながらも、人間の心を最後の最後に見せて証明したシーンが良かったです。{/netabare}

 という展開が、これらのアニメにあたる英雄とは何なのか?見に行った人それぞれに「こういうことなんだなぁ」と見せてくれたです。

投稿 : 2018/08/30
閲覧 : 108
サンキュー:

3

( ´_ゝ`)y─┛ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2020/03/18
閲覧 : 9

ルカ☆ルカ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2020/02/16
閲覧 : 5

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/11/25
閲覧 : 14

紗雪☆ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/21
閲覧 : 17

じぇ~むず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 13

五月雨 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2018/12/11
閲覧 : 23

しむらうしろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/08/30
閲覧 : 25

サイコベア さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/08/26
閲覧 : 23

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/08/26
閲覧 : 23

ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―のストーリー・あらすじ

兄と弟の勇気、母と子の絆、そして、たったひとりの闘い。小さな涙と優しさは、3つの物語を通して、やがて大きな強さとなっていく――。(アニメ映画『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2018年8月24日
制作会社
スタジオポノック
公式サイト
www.ponoc.jp/eiyu/

声優・キャラクター

オダギリジョー、尾野真千子、田中泯

スタッフ

監督:米林宏昌/百瀬義行/山下明彦、プロデューサー:西村義明、音楽:中田ヤスタカ/村松崇継

このアニメの類似作品

この頃(2018年8月24日)の他の作品

ページの先頭へ