「Back Street Girls -ゴクドルズ-(TVアニメ動画)」

総合得点
68.1
感想・評価
209
棚に入れた
741
ランキング
1378
★★★★☆ 3.5 (209)
物語
3.5
作画
3.1
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Back Street Girls -ゴクドルズ-の感想・評価はどうでしたか?

kochan さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

バカアニメです
面白かったけど、半分ぐらい見てもういいかなって、断念
ボーと見るにはいいアニメかと

投稿 : 2020/02/18
閲覧 : 9
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ギャップ萌えアイドルギャグ?

公式のあらすじ
{netabare}
「ヤングマガジン」(講談社)にて大人気連載中の『Back Street Girls -ゴクドルズ-』(ジャスミン・ギュ著)がまさかのアニメ化!極道渡世に身も心も捧げた生粋の極道3人が、性転換&全身整形してアイドルデビューすることに!仁義なきアイドル渡世コメディ!かわゆいアイドルに姿かたちは変われども、身にしみついた極道の生き方が行く先々で嵐を巻き起こす!?
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ジャスミン・ギュ
シリーズ構成:山川進
監督:今千秋
作画監督:梶谷光春
音響制作:マジックカプセル
音楽:月蝕會議
音響監督:明田川仁
音楽制作:ユニバーサルミュージック/EMI Records
制作会社:J.C.STAFF
{/netabare}
キャスト{netabare}
山本健太郎:小野大輔
立花リョウ:日野聡
杉原和彦:興津和幸
アイリ:貫井柚佳
マリ:前田佳織里
チカ:赤尾ひかる
犬金組長:藤原啓治
{/netabare}


1話ずつの感想
{netabare}
--------------------キリトリ線--------------------

第1話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
犬金組の若い衆、健太郎、リョウ、カズが、性転換&全身整形を受け、アイリ、マリ、チカとなって“ゴクドルズ”としてまさかのアイドルデビューすることに!身も心もアイドルとなるべく1年間地獄の特訓をシノぎぬいた成果で、まさかのブレイク!
#1「わしらアイドル始めました。」ほか、#2「親分! 先生? プロデューサー!?」、#3「甘酸っぱい思い出」、#4「わかってくれてる」、#5「打倒!! ヤクザ!!」
{/netabare}
感想
{netabare}
犬金組で大失敗して指をつめるだけじゃすまないって言われた3人が
アイドル好きな親分におどかされて女子アイドルになってデビュー♪
ってゆうおはなし

魔法少女じゃないけどタグが「魔法少女 俺」とちょっとかぶってそう^^

おはなしは「ヒナまつり」のヤクザ屋さんのおはなしっぽいギャグ?
かっこいいヤクザを目ざしてた3人がかわいいアイドルになっちゃって
お客さんの前ではかわいい女の子
へやにもどったら酒でも飲んでないと。。みたいなギャップがおかしいw

でも、いつも親分の目とかがあって
そんなだらしないかっことかしてると思いっきりぶんなぐられたりして
いたそう^^;


そんな感じでギャグはふつうにおかしくって
1話が5本立てだからテンポもいいんだけど
絵が。。

かわいい女子が実はごつい男の人ってゆうギャグアニメなんだから
ステージ以外は変顔になったりするのって分かるけど
アニメなのに口とか以外はほとんど動かないの。。

それにちょっと長いセリフだと外のけしきとか映して
その絵もあんまりうまくなくって。。

1話目からこれって大丈夫?って思って
小さな制作会社が作ってるのかな?
って思ったらJ.C.STAFFだって!?

もしかしてほとんどのスタッフの人が
10月からはじまる「とある魔術の禁書目録Ⅲ」のほうに行ってたりして?
{/netabare}
{/netabare}
第2話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
犬金が強引にねじ込んだラジオ番組に出演することになった“ゴクドルズ”の3人。初めての生放送は、勢いに乗るアイドルユニット・ボンジョルノ娘のペースに飲まれアイリもチカもトークが空回り。このままだと犬金の徹夜ケツバットは避けられない!マネージャー木下のアドバイスを受け、起死回生をかけたマリのトークは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
ゴクドルズがだんだん変わってきたみたい?

#6「だって‥‥」は
3人がファンからのプレゼントをもらうおはなしだったんだけど
チカはかわいいぬいぐるみとかアイリはブランド物とかいっぱい
でも、マリだけあんまりプレゼントがなくってちょっとやきもち?

楽しそうなチカにキレてツッコんでたら
アイリがやきもち?って聞いてきたから
そんな気もち悪いこと言わないでください!
とかって一生けんめい言いはってたけど

寝てるあいだ中
それでいいってゆうアイドルの自分と
極道でいつづけるってゆう自分が戦ってて

朝、寝言で
「もっともっとかわいくなりたいし。。だってアイドルだもん!」って^^
それを聞いてた2人が男にもどってびっくりしてたw

さいごにナレーションが「はてしなき自分との戦い。。」って言ってて
何の戦いなんだろう?ってw

ヤクザだってアイドルだって
がんばってるのにほかの人のほうが評価されてたら
やきもち焼いちゃうんじゃないのかな?

#7「ありえない」
チカの弟分だった木村が付き人になって
ひさしぶりに兄弟分どうしでよく行った屋台でお酒を飲んだんだけど
弟分のほとんどからいやらしい目で見られてるチカは
木村だけはちがうって信じてたの。。

でも、酔ったときのクセで服を脱ぎはじめた木村さんが
チカの顔と名前入りパンツをはいてるの見てビミョーな空気。。^^;

必死で「アニキ―!これからもついていきます!」
って兄弟アピールする木村さんにチカは
「いいよ。。ってゆうか、ついてくんなよ!こわいわ。。」
とかってきついツッコミ。。

さいごにナレーションが
「片思いはつらい。。」って言ってたけど、男どうしじゃないの?
ってゆうか、このおはなしもBLものになるのかな?^^

#8「トークの秘訣」
ラジオのトークショーでライバルユニットといっしょになったゴクドルズ。。
はじめてだったからウケ方が分からなくって
つい、ふつうな答えしちゃって相手の子たちに鼻で笑われちゃった^^

このおはなし見てて「てさぐれ!部活もの」思い出しちゃったw
わざと下ネタとか、ギャップがあること言った方がウケてたから
こうゆう時って、おじさんっぽいこと言ったほうがよかったりして^^

それでマリがちょっときつい下ネタ言ったらひかれちゃったw

帰ったら組長のきつい罰が待ってたけど
コアなファンが増えたマリちゃんでした。。
ってゆうのは「てさぐれ」でも
ギリギリせめてた人のほうが話題になってたよね^^

#9「女子コミとは?」
アニメとか見てても、百合みたいな女子どうしのベタベタがウケるみたい。。
木下マネージャーさんからもすすめられたの。。って

メイクさんにいっぱいマッサージしてもらったゴクドルズは
女子どうしのスキンシップが楽しくなって
おたがいに胸のもみ合いっことかはじめたんだけどビミョーな空気。。
でも、やめられないって、やっぱり中身は男の人みたい^^

#10「愛し合ってるかい?」
アイリになった健太郎さんのおはなしで
子どものころから親にもかまってもらえなくってグレてケンカばっかり。。
ヤクザになってもいつもピリピリしてる世界で

そのころよく飲みに行ってたお店の大将さんにグチってたら
「いつかそのこぶしで誰かをやさしく包む日が来る」
ってなぐさめられたみたい。。

アイドルになってやっとあったかい暮らしができるようになって
またそのお店に女の子になって行って大将さんと話しして

「ここではだれも傷つけなくっていいんだ。。」
ってそのときのこと思い出しながら
あったかい気持ちになってへやに帰ってきたら
とつぜん組長さんがドアをけっ飛ばしながら入ってきて

「こらー!めっちゃいい仕事思いついたぞ!」って
ハグ券付DVDで50時間ハグ会の話を持ってきたの^^;

「お前らの愛のこぶしでやさしく包んでやれよ」ってw

50時間はちょっと。。って言いかけたら
「うるせー!金になる仕事は何でもするぞ!」って。。

やっぱりヤクザって大変みたい^^;
{/netabare}
{/netabare}
第3話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
映画のオーディションを受けることになった“ゴクドルズ”。極道映画にアイドルなんて、とまったく気が乗らないままオーディションをする監督は、アドリブの演技を審査するという。大怪我をした姉貴分とのシチュエーションという設定を与えられたゴクドルズたちは、水を得た魚のように迫真の芝居を繰り広げる!
{/netabare}
感想
{netabare}
#11「少女マスター」
いろんな大物アイドルを育てて少女心理学も研究してきて
少女学博士の肩書を手に入れたマネージャーのおはなし^^

少女のことだったら何でもわかるって思ってたんだけど
マリの悩みを聞き出してたらへんな相談ばっかりw
ちょっと自信なくしちゃった。。


マリが「もう便秘+イボ〇で○○がボロボロですわ。。」
とか下ネタ系相談w
ずっとそんな感じw

マリの中の人って去年デビューした新人さんみたいで
「アイカツスターズ!」の双葉アリア役、した人だけど
イメージとか大丈夫なのかな?^^;って心配になっちゃったw

#12「銀幕の星」ほか
あらすじのおはなしで
アイリが女ヤクザ役でアドリブ演技させられるんだけど
迫真の演技でボス役の人形をたたき切っちゃって
オーデション落とされちゃった。。

声優さんが田村ゆかりさんとかみたく
もっと低い声が出せる人のほうがよかったんじゃないかな?
あらすじには迫真の演技って書いてあるけど
そんなに合ってなかったみたい。。

#13「やり直したい」
チカになった和彦さんが
お父さんにアイドルになったこと報告しに行くんだけど
変なオレオレ詐欺にまちがわれてツッコまれるところがおかしかったw
さいごは書類とか見せてやっと信じてもらえたみたい^^

それでマリのリョウも会いに行こうかって思うんだけど
お父さんはヤクザになったこと後悔してるヤクザで
人生やり直したいって言っててリョウにも「絶対ヤクザになんかなるな!」
って反対されて家出してきたから会いに行きにくかったの

それで電話したら
「ちょうどよかった。。オレもおまえに伝えたいことがある。。」って

それでお父さんのアパートに行ったら、出てきたのが女装したお父さんw

「できるなら人生リセットしたい」
って言ってたのってこうゆう意味だったんだw

さいごの「親子の和解にはもう少し時間がかかりそうだった。。」
ってゆうナレーションがおかしかったw
お父さんもつらかったよねw

#14「第四の男」
組のお金を使いこんだ竹村さんが3人に相談しに来たおはなし

オトシマエつけるのにアイドルになるのだけはイヤだって言い張ってたけど
3人は竹村さんがアイドルにならないで死ぬ方えらんだら
自分たちがヘタレだったって組の笑いものになるから
一生けんめい止めようってするの^^

それでけっきょくアイドルになることに決めて
3か月後に帰ってきたんだけど
整形手術がビミョーで組長さんから破門でいいって言われちゃったのw

#15「極道でアイドル」
有名なカメラマンさんにグラビア撮影してもらってたんだけど
いろいろセクハラみたいなこと言われた3人が
組長が来てるから一生けんめいガマンするおはなし。。

でも、ちょっとひかえ室に行ってる間に
組長さんが組員つれてきてそのカメラマンさんをおどかしてたの。。

組長「おい、うちの子たち雑にあつかうんじゃねーよ!」
カメラ「こんなことしたら、あいつら芸能界アウトだぞ!」
組長「てめえは人生アウトだよ。。バ~カ!
家族みんなで南米に移住するか?みんなで地面の下に入るか?
ワシも鬼じゃないからよ。。」

3人は感激してたけど
にゃんもこうゆうカメラマンみたいな人って
ホントにこわい思いしないとイジメみたいなことやめないって思う。。

組長さんがこわいヤクザ屋さんなのにちょっと正義の味方みたく見えた^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ライブの最中、かつての恋人を客の中から見つけてしまったチカ。彼女の隣にはガチの“ゴクドルズ”ファンらしき男の姿が…。結婚の約束まで交わした彼女の姿が、チカの心を激しく揺さぶり、新曲発表のタイミングで、チカの魂から絞り出される圧倒的なパフォーマンスが誕生してしまい…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は6本立てで1話ずつがみじかかったみたい。。
あと、絵が動かないのになれてきて、このままでいいかな?ってw

#16「ゴクドルズの秘密」
ゴクドルズにインタビュー。。

デビュー前にどんなレッスンを受けてたか?
滝に打たれて発声練習とか言えないから企業秘密w

グループの団結力のための努力。。
サバイバル訓練で3人で協力してクマ狩りw

さいごに水着姿の女子3人が山に寝ころんで
「たしか、アイドルを目指してたんだよな。。」ってシュールw

#17「伝説のライブ」ほか、
カズさんには8年付き合って
今度の仕事に成功したら結婚しようってプロポーズした彼女がいたんだけど
失敗してゴクドルズになったからそれっきり。。

そんな彼女がゴクドルズのファンのカレといっしょにライブに来てて
カズさんのチカは新曲の歌詞の代わりに
カノジョに言いたいこと音楽に合わせてセリフにしちゃうのw

「キミの仁義はナンボの物なの?
オレたちの8年はこんなもんだったんかい?。。」
ってボヤキはじめちゃったw

自分とつき合ってたときはメタルが好きだって言ってたのに。。とか
きゅうに大きくなった胸に成長期なの?とか
仁義なきEより仁義あるAがいい。。とかおかしかったw
もしかして作者の人の元カノがそうだったとかなのかな?w

泣きだしたチカを見ながら親分が電話で
「車がひっくり返ってチカは明日の撮影に行けないって伝えてくれ。。
そうそう。。たぶん入院するから。。」って

これって親分が落ちこんだチカのことゆっくり休ませてあげようって
思ってのことじゃないよね?^^

#18「超愛」
ゴクドルズのおはなしじゃなくって、ゴクドルズのファンのおはなしで
引きこもってアイドルおたくしてるヒロシにお母さんがこまってたの

それで、ライブ会場でほかのファンの人たちとケンカして帰ってきたら
へやに置いてあったマリのグッズがきれいになくなってて
キレて止めに来たお父さんのシャツのエリを引っぱったら
ボタンがはじけてヒロシも入手できなかったマリの限定版スク水が見えたの!?

マリのせいで一家がこわれちゃった^^

犬金グミ若手最強のつぶし屋って言われたリョウは
アイドルになっても最強のつぶし屋だったってゆうおはなし^^

#19「ソウルフード」
ゴクドルズがはじめてのTV出演の食レポで
濃厚チーズケーキを食べることになったんだけど
カズのマリは甘いものがニガテでカノジョと別れちゃったくらい。。

それをムリヤリ食べて変なコメントしてNG
マスターは店をつぶすつもりか!っておこるし^^;

でも、ムリヤリ食べたらトリップしちゃって
別れたカノジョが出てきて、甘いもの食べれるようになったねって。。

それで「あぁ。。この甘さいつまでもつづく。。
なんて言う美しく苦しい甘さなんだ。。」ってうわごと言ってOK

そのあと、マリはバタッてたおれちゃったけど^^

#20「キズ」
幹部の人にセクハラうけてるアイリをほうって逃げたマリとチカが
自分たちがなぐられるの覚悟で止めに行ってボコボコにされちゃった。。

それでその幹部の人は親分にめちゃおこられて
3人も3畳間メンタル改造の刑になったけど
アイリを助けられたマリとチカは幸せそうでよかった☆

#21「恨みます」
先回の食レポが好評で
こんどは「元祖 玉子掛け御飯」ってゆうお店に来たゴクドルズ。。

お店の主人のこだわりがふつうすぎて3人がツッコミ入れるから
だんだんご主人さんが追いこまれてっちゃってカット!

だけど取り直す時間もお金もないからってそのまま放送しちゃって
84年間つづいたお店は閉店。。

ご主人さんはゴクドルズをうらんで
「ゴクドルズ被害者の会」を作ったんだけど
会員は自分と#18のおはなしで家庭をこわされた奥さんだけだった
ってゆうオチ。。


ご主人って自分が飼ってるニワトリの玉子しか使わないって言ってたけど
3匹しかいなかったら玉子かけごはんは1日3杯しか出せないよね^^
それで、もうからないからバイトでよそのお店の皿洗いとか。。って
何だか趣味でやってるお店みたい^^

そんなお店がつづいてるって
すごくシュールなおはなしで
ゴクドルズじゃなくってもいろいろツッコミたくなっちゃうよね^^

そんなお店だったら閉めた方がいいんじゃないかな?ってにゃんは思ったけど
お父さんがはじめた大事なお店だから守りたいって
バイトしながらでもつづけてるおはなしって何かに似てるなぁって思ったら
「サクラクエスト」。。

人も少なくなって仕事もないんだったら
みんな、都会に出てきたらいいのに。。ってゆうのはかんたんだけど
自分が生まれて育ったところだから守りたいしはなれたくない
ってゆう気もちもとっても分かる。。

それに、こだわる人ってほかの人から見たら
そんなつまらないことして。。っておかしく見えるかもだけど
そうゆう人がいるから新しい発明とかあったりするのかも?って

このおはなしってホントにツッコんで笑っていいのかな?
ってちょっと考えちゃった。。
{/netabare}
{/netabare}
第5話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アメリカで一大勢力を誇るマフィアのドン・スティーブが、兄弟分である犬金組長のアイドルビジネス好調の噂を聞きつけ、コンタクトをとってきた。アーティストのトレーニングという名のもとに、やはり手痛い失敗をしでかした、ジョージという何も知らない若い衆が犬金のもとに送り込まれるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
#22「栄光なき勝者」
冬のへや。。

寒いってゆうの口実にしてマフラーとか手袋とか
ファンからの高いプレゼント見せびらかすチカとマリにアイリがキレて
ストーブガンガンつけて「暑い」って脱いだジャージの下には
ファンからもらった高級コルセット。。

チカとマリはだまっちゃって
でも、健太郎さんはあと味の悪い勝利感を感じてた。。ってゆうおはなし

ヤクザの人ってみんな対抗心とか強いのかも?

でも、ふつうの女子の競争みたくなっちゃってて
男のケンさんはこんなことで勝ってよろこんでていいのか?
って思ってるのかも?

#23「男惚れ」
男だったときからあこがれてたヤクザ映画のスターの高村仁さん。。

今回、お仕事がいっしょになってマリがサインをねだったら
仕事中だから収録が終わってからってシブい返事♪

仕事中もシブい仁さんにますますあこがれちゃうマリが
車に色紙がつんであるからっていっしょに行ってたの^^

車の中で仁さんは
「みんな映画の中の自分を見て、ホントの自分を見てくれる人がいない。。」
ってマリにだけ、ホンネを話しはじめたの。。

それでマリが
「わたしは仁さんのホントの姿をふくめて好きなんです!」って言ったら
「ほんと?。。じゃあ、こんどは俺のお願いを聞いてくれる?」
ってきゅうにスケベな顔でニヤけだしたのw

マリはビックリしちゃったけど
「オレだけに見せるこの顔。。ちょっとうれしい^^」って思って
「神様みたいな人がオレを欲しがってるんだったらこんなカラダ。。
ホレた男にささげましょう!」ってカクゴして「何でも言って下さい」って

「あのな。。」ってマリの肩に手をおいてきたニヤけた仁さんは
「オレ。。チカちゃんの大ファンでサインもらってくれる~?」って!?
さっきはドキドキして話しかけれなかったんだってw

とちゅうから「えー!?どうなっちゃうの?」って思ってたにゃんは
車のバンパーにはってある「I♡CHIKA」のステッカー見てふき出しちゃったw

「マリの顔が元にもどるのは。。少し時間がかかりそうです。。」
ってゆうナレーションさんの落ちついた声がジミにおかしかった^^

#24「ジャパニーズ・ドリーム」
あらすじのおはなしで
何しに来たかよく分からないジョージが
チャラい日本語話しておばかっぽくっておかしかった^^

ゴクドルズといっしょのへやになって
「夢の4(ピー)でもしちゃう?♪」ってはしゃいでたジョージだったけど
次の日、組長にホントのこと聞かされて「What!? What!?」ってさわいでたら
組長に頭をなぐられて気絶してそのままタイに送られちゃった。。^^;

なみだを流しながら見てる3人が悲しそうだった。。

でも、手術されるジョージがハダカなの分かるけど
お医者さんと助手の人までハダカってどうして?w

#25「ドンと親分」
かわいくなって帰ってて落ちこんでるジョージに
お金をかせいでドンの役に立つようにって3人ではげまして
日本に新しいジョージのようすを見に来たドンと会わせたの。。

ジョージをなぐさめるゴクドルズの3人がやさしくってよかった☆

でも、ドンは組長の説明を聞いて
芸能関係とかのめんどくさい手続きがイヤで
ジョージを組長に押し付けてあっさり帰ってったの^^;

これがゴクドルズ第一期研究生のリナの誕生
ってゆうおはなし^^

親分もテキトーな感じだったけど
アメリカンマフィアのドンさんはもっと軽い感じのおじさんだった^^
やっぱりアメリカン。。^^;

#26「家族の絆」
リナのデビューでファンがたくさんできたみたい☆

でも、今回のおはなしは違くって
マネージャーさんとリナの面接のおはなし。。

マネージャーさんと話すリナの態度が悪くって
アイドルなんかなりたくないってゆうリナのこと
マネはアメリカのヤンキーかって軽く思ってたんだけど
ファミリーのためにアイドルになったって聞いて考えが変わったみたい^^

ニューヨークのスラムで生まれて
ブラザーも減ってきてきてるきびしいファミリーのために
ファザーにすてられても
がんばればいつかファミリーにもどれるって信じてがんばる少女。。

それに自分で犯した罪をつぐなわなくっちゃいけない。。
自分のせいでブラザーが1人死んだ。。って聞いて
泣きながら「キミのせいじゃない!」ってさけぶマネがとってもいい人^^

マネージャーさんのカン違いのおはなしだったけど
「家族愛は偉大だ」ってゆうナレーションで
ホントの家族もマフィアの家族もかわらないのかも?
ってちょっと思ったけど、あのドンさんってちょっと軽すぎみたい。。

#27「ゴクドルズ被害者の会にて」
整形失敗で破門された竹村真治さんと
ゴクドルズと揉めておっ〇いを入れられた幹部の岩村太郎さんが
こんな体にされて相手にしてくれる人もいないって共感して仲よくなって
「ゴクドルズ被害者の会」に参加するおはなしだったけど

会のほうでもずっと1人でお店を守ってた岡本鉄平さんと
マリのせいで家庭崩壊して離婚してさびしくなった村上裕子さんが
仲よくなってて

真治さんと太郎さんが会の戸を開けて入ってきたら
「ようこそ」って裕子さんが言ったんだけど
そのあとナレーションが
「みんなが幸せになる「ゴクドルズ被害者の会」へ。。って。。

なんだか「京都寺町三条のホームズ」の4話を
ぎゅっと濃縮しちゃったみたいなおはなしで
おんなじような目に合った人たちって共感しちゃうのかな?って

ギャグなのに笑えない、ちょっと感動のおはなしだったかも?

でも。。笑っちゃったけど^^
{/netabare}
{/netabare}
第6話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
芸能界で絶大な力を持つ大御所演歌歌手の田中なつ子と、ラジオ番組で共演することになった“ゴクドルズ”。番組は新人キラーの異名を持つ田中なつ子が、舌鋒するどく“ゴクドルズ”を追いつめる展開に。生放送をラジオで聴いていた組員たちの怒り心頭ぶりに、犬金組長がとった行動は…。
{/netabare}
感想
{netabare}
#28「労働者よ、団結せよ!」
つかれすぎてぐったりの3人が
親分をおこらせてボコボコにしてもらったら
うまくいったら1週間ぐらい休めるかも?ってゆうリナの提案で
その通りやってボコボコにされたんだけど

けっきょく2日目からステージに出ることになって
それが新しいコスプレとか言って
包帯とかばんそうこうだらけで
ベッドに寝てたり車イスの重症患者のかっこうなの^^;

こんなことってぜったいありえないよね^^

それで歌を歌うとか
もう、かわいそう通りこしてシュールで笑っちゃったw

#29「対決ババア」
あらすじのおはなしで
なつ子さんがゴクドルズをイジメるみたいにからんできてイヤだった。。

それで組長といっしょにラジオを聞いてる組員たちがおこったら
組長がいきなりラジオで組員の頭をなぐったの


実はなつ子さんは芸能人だったから結婚できない組長のかくし妻で
なつ子を悪く言うやつはこのオレがゆるさないって誓った相手だった
ってゆうおはなし^^

芸能界の新人いびりみたいなおはなしだったけど
純愛のおはなしだったのかな???

#30「ピジョン」
前のおはなしのつづき。。

なつ子さんは演歌歌手で
ずっとアイドルに人気を取られ続けてきてアイドル大きらい。。

それで組長は最近アイドルビジネスのことかくしてたんだけど
なつ子さんが組長のへやでアイドルグッズを見つけて
だんながアイドルファンになったってカン違いして探偵をやとったの

それで探偵さんがとった写真が
事務所で組長がアイリに変なことさせてる写真みたいだったんだけど
実はトレーニングさせてただけなの^^

でも、それを見たなつ子さんは大ギレ。。
ってゆうところで終わり^^

でも、ラッパーの人の首のふり方がハトに似てるってゆうのはおかしかったw

#31「Honesty」
探偵さんに「だんなさんは遊びのつもりだろうから話し合ってみたら」
って言われてなつ子さんが組長を問いつめるんだけど

組長さんはアイドルビジネスのことがバレたって思って話してて
なつ子さんは「遊び」って思ってたら組長は「本気なんだ!」ってゆうし
これでウワキをやめてくれるって思ったら、これからも人増やすとかってw
2人の話がすれ違いになってくの。。

「わしらの作るパフォーマンスを1回見に来なよ」
「行くかー!めちゃくちゃにしてやる!」ってゆう感じで
とどめにアイリからのメールが
「先生お疲れさまです!明日もっとがんばります!」ってw

奥さんのなつ子さんの顔が鬼みたいだった^^;

#32「夫婦善哉」
なつ子さんはイヤガラセしてやろうって探偵さんと相談して
アイリがファンにペットがほしいって言ってたこと聞いて
あぶないペットを送ることにしたんだけど
それが指をかみちぎられるかも?ってゆうすっぽんw

もちろんゴクドルズはおいしくいただきました^^;

あと、チカにはわら人形に刺さったナイフが贈られてきたんだけど
高級ブランドナイフだったから大よろこびw


そのころ事務所ではゴクドルズの人気をあげるために
何かスキャンダルがないかってゆう話をしてたんだけど
なつ子さんは雑誌の編集長に相談して
ゴクドルズとヤクザのスキャンダルを書かせたの。。

でも、その記事を読んだ組長もなつ子さんも大怒り。。
記事が小さいって^^

似たもの夫婦ってゆうオチw

#33「5人の悪魔」
5人って誰のこと?って思ってたら
なつ子さんが協力してもらおうって
「ゴクドルズ被害者の会」に行くおはなしだったw

組長は悪夢で
5人におそわれてめちゃくちゃにされる夢を見たってこわがってて
ゴクドルズの3人は講談組の5人衆のことだって思ってたんだけど
「ゴクドルズ被害者の会」+なつ子さんだったみたい^^

でも、なつ子さん「被害者の会」の戸を開いたら
4人が社交ダンスをしてる最中w

犬金をふるわせた「被害者の会」。。やったね^^
ってゆうオチだったけどしょぼすぎw

ってゆうか
被害者の会が楽しそうってゆうところがとってもシュールでおかしかったw



今週のおはなしもおかしかったけど
なつ子さんがカン違いしてくおはなしで
にゃんもカン違いされてキレられたことが何回もあったから
見ながらあんまりすっきりしなかったみたい。。

来週は違うおはなしだといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第7話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
“ゴクドルズ”握手会に、人一倍ハイテンションな女の子が参加するが、目的は犬金Pに会うこと。組員たちを振り切り、犬金のいる部屋にカチコミをかけたのは“ゴクドルズ”加入を夢見て青森から上京してきた現役女子高生のゆい。突然のパフォーマンスと土下座で加入希望をするゆいの姿に、犬金はかつての自分の姿を重ね合わせる。
{/netabare}
感想
{netabare}
OPとEDが男声バージョンになっててかわいかった^^

#34「ニルヴァーナ」
おはなしは書きにくいけど
女の人のことわすれられないリナが
はずかしい言葉をさけんだのボスに聞かれて
発情期の犬と1週間ポルノ視聴の刑。。

とちゅうからメス犬もいっしょに入れて
リナは悟りを開いたってゆうおはなし。。


犬のカップルがかわいかったw

でも、そんなので悟りって開けるのかな?^^

#35「大切なもの」
ゴクドルズの歌詞って組長さんが作ってたんだね^^

それで、いい歌詞が出てこなくって
子分たちが組長の弟分の谷村さんがつかまったって報告しに来ても
知らん顔。。

それで、自分の1番幸せだったときのこと思い出して作った曲が
「夢のシマへ」で

2人で未知のシマに行って幸せに暮らそうみたいな詩で
となりのシマにも何かあるから2人でとりに行こうってゆう名曲なんだけど

実はいなかの組にいたときそこの親分から独立して
東京にいる親分の兄弟分からシマを分けてもらって
親分がつけてくれた弟分と2人でそのシマを広げて行ったときの曲。。

その時の親分のお墓にお参りして、いい詩ができたこと報告したんだけど
親分が「身近な人こそ大切にしろ」って何べんも言ってたの思い出して
そのときの相手が谷村さんだったってゆうの思い出したけど
もう遅かった。。ってゆうちょっといいおはなしだった^^

#36「親の教え」
あらすじのおはなしで
ゆいが青森からゴクドルズに入りたくって組長にお願いしにきたの

組長は自分も若いとき、アメリカから親分の組に入れてもらうために来て
親分が、そんな遠いところから来たやつを入れないわけにはいかない
って言ってたの思い出してゆいを研究生にすることにしたの^^

組長は親の教えを大事にしてるって言ってたけど
親分は若かった組長が失敗したときに
子分の失敗は親の責任って言ってかばってくれたことは忘れちゃったみたい

子分の3人をアイドルに改造しちゃったことで
あの世で親分がツッコんでるってゆうおはなしだった^^

ゆいは事務所がヤクザの組だって知らないんだけど
どおなるのかな?

#37「大物ルーキー」
ゆいはみんなとおんなじ部屋で暮らすことになって
3人が組長とゆいのことで打ち合わせしてるときにリナがへやに帰ってきて

研究生2期のゆいですって自己紹介するゆいのこと聞いてなくって
リナはゆいが何かやらかしてここに来たんだって思って
何やらかしたんだ?とか手術したのか?とかゆいに聞いてきたの。。

ワケの分からないゆいは
やらかしてここに来たってゆうのがよく分からなかったけどテキトーに
親から逃げてだって言ったらリナはそうか、それならって分かったみたいw

それから手術は盲腸のだったって思ったゆいは
小学生の時、取ったって言って
2人の会話がビミョーにかみ合わないところがおかしかったw

#38「女子高生」
はじめてステージに立ったゆいはきんちょうして何にもおぼえてないくらい

それで部屋に帰って
やっぱりわたしは向いてない。。とかって泣き出して
おとこ3人が女子高生をなぐさめるってゆう作画w

さいごに兄貴のアイリが追い出すチャンスだって
こわいヤクザっぽくビシって言ったの。。

「さっきから黙って聞いてたら調子にのりやがって!。。
だいたいなぁ!お前みたいなはんぱモンができる仕事じゃないんだよ!
こっちは命かけてやってんだ!殺すぞ!」
とか言ったらウケちゃって甘えずにがんばりマス!」って^^

「殺すぞ!とかってかわいい^^ギャップ萌え♡」
とか言われたアイリはテレてだんだん声が小さくなってきちゃった^^

とちゅうからなぐさめるゴクドルズが男の人になっておかしかったw

#39「先輩後輩」
ゆいとリナの2人は
ゴクドルズの前座で会場を盛り上げることになったんだけど
明るく積極的なゆいを見てリナは
ニューヨークではじめて組んだ弟分のマイケルのこと思い出したの。。

マイケルも積極的で
ジョージ(リナ)のことバカにしてたの思い出して
「オレだってバンバン行くわ!くそ後輩!無視すんなよ!」
とか敵意むき出しすぎてゆいもお客さんもみんなも引いちゃったの^^;

そのあと「それではゴクドルズの皆さんでーす」」
って言われて出たゴクドルズは「出れるかー!!」って^^

。。。

#34は監督さんがぜったいやりたいってゴネたんだって予告で言ってた^^

それで感想書きにくかったんだ^^;
{/netabare}
{/netabare}
第8話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
“ゴクドルズ”に人生を壊された人々が集う【ゴクドルズ被害者の会】。大御所演歌歌手・田中なつ子も、夫の犬金がメンバーたちと浮気をしていると思いこみ参加する。なつ子の莫大な資金力を使って、対抗するアイドルグループを結成し、正面から“ゴクドルズ”を破滅させる計画が実行に移されてゆく…。
{/netabare}
感想
{netabare}
#40「ドッキリ」
ドッキリのネタで取材に行ったカレー屋さんにヤクザが乱入してきて
ゴクドルズの3人は知らないからホンキで返したの

スタッフさんとかヤクザ役の役者さんたちは逆ドッキリだって思って
テキトーに大きな組の名前を出したら
ゴクドルズたちは自分たちの組の上位組織だって思って
ぎゃくに土下座。。

番組はおもしろくなくってプロデューサーさんがダメ出ししかけたけど
自分が逆ドッキリされてるんだって思って
盛り上げようってしてグダグダになっちゃった。。


ゴクドルズがヤクザに絡むところはおもしろかったけど
そのあとはグダグダになっちゃったみたい
今回はあんまりおもしろくなかった。。

#41「勇気をあげる」
「つぶれかけ店をおこせ」ってゆう食レポ深夜番組で
アイドルになる前の3人がよく行ってた居酒屋さんが取り上げられて
ゴクドルズが行ったらオヤジさんはすっかり弱気になってたの

それでアイリが、昔よくはげましてもらったことを思い出して
「いつからそんなに弱気になったんだよ!。。」ってはげまして
親父さんが元気になってみんな感動の涙をながしながらお酒を飲んだの。。

でも、その番組見た人たちがやらせ番組だって投稿して大炎上して
お店はとうとうつぶれちゃった。。ってゆうおはなし^^

おやじさんはちょっとかわいそうだったけど
元からヒマみたいだったしゴクドルズが来なくってもきっと。。

さいごに応援してくれる人たちに会えただけでも
よかったんじゃないかな?


でも、ゴクドルズもドッキリかけられたり
深夜だけど食レポに出たりって
有名になったんだね^^

#42「Shall we dance or revenge?」
ゴクドルズ被害者の会はいつの間にか社交クラブになってて
だんなさんに復しゅうしたいなつ子さんは大激怒怒||`Д´)㌦ァ+.☆゚+.☆

それでゴクドルズをつぶすためにシアターの近くに
べつのシアターを作って対抗させようって
アイドルを集めるように会長に指示を出したの^^;

おこった会長さんだったけど
影響力とお金のあるなつ子さんにはさからえなくって
看板とか照明とか会員に用意させたんだけど
被害者の会が「HGS社交クラブ」に変わって明るくなっただけってゆうオチ

「日ごろのうっぷんをダンスで晴らそう。。会員募集」って
もう、ゴクドルズ、関係ないよねw

べつに被害者の会だからって
復しゅうしなきゃダメってゆう決まりってないから
被害者どうしが協力してみんなで幸せになろう
ってする会があったっていいんじゃないのかな?☆彡

#43「面接」
なつ子さんはだんなさんが好きそうなアイドルを集めるために
巨乳、スレンダー、母性ってゆう3つの条件を出してたんだけど
選考をほかの会員にまかせてたら
ぽっちゃり、がりがり、おばさんの3人が選ばれてたの。。

なつ子さんは大激怒だったけど
みんなやる気はあるみたいで感動の自己紹介だった^^

アイドルが好きで太った子は好みじゃないってフラれた子
病弱で長く生きれないからさいごの思い出にアイドルになろうってした子
アイドルになる夢をあきらめて家族のためだけに23年間、働いてきたおばさん

会員はみんな涙を流して感動してたけど
なつ子さんはただ大激怒してただけだった^^;ってゆうおはなし

バラェティアイドル、グラビアアイドル、歌手、レースクィーンとか
アイドルにもいろんな人がいるから
感動系アイドルだっていたっていいよね☆彡

たぶん、あんまり売れないって思うけど^^

#44「下半身の出来事」
マリが下半身の病気で病院に行くおはなしだけど
こうも○、こうも○っていろんなおし○の病気の名前を出すだけみたいな。。

感想書きにくいから誰かほかの人の見て☆彡w

#45「ヒゲとボイン」
ゆいはおじさんが大嫌い。。よくチカンにあったりするみたい。。
とくにお父さんが大嫌い。。

今回はマリにそのことをグチってたら
元おじさんのマリはおこっちゃって
興奮しすぎて手術したばっかりのおし○が大爆発!!
ってゆうおはなし。。

にゃんの家ではゆいのお父さんみたいなのって感じママのほうw
おし○の病気とかはないけどお酒は大好き^^;
さいきんはそんなに飲まないようにしてるみたいだけど^^
{/netabare}
{/netabare}
第9話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
“ゴクドルズ”研究生ユニットとして、リナとともに活動をするゆい。そのヤル気に反して人気が思ったようには伸びず、“ゴクドルズ”のファンに自分は受け入れられないのではと思い悩む。そんなタイミングに他の事務所から誘いを受けているということを、ゆいは犬金にも明かすのだったが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
#46「路線変更」
#47「My Angel」
#48「さすがです!!」
#49「愛惨々と‥」
#50「愛燦爛と」

あらすじのおはなしで
組でやってたバーか何かでホステスを引き抜かれたことが何度もあって
組長さんって引き抜きにセンシティブみたい

それで引き抜かれたらどんな目に合うか分からないアイリは
引き抜こうってしてる事務所のこと調べたんだけど
ゆいからあずかった名刺がHGSプロダクションの岡本鉄平って。。

組のみんなは知らないけど被害者の会だよね。。

とにかくアイリは自分が殺されるから一生けんめいゆいのこと説得して
ゆいはアイリが自分のこと心配して止めてくれてるって思って
「やっぱりお姉ちゃんたちは私の天使です♪2人にも伝えてきます!」
って言って屋上に行ったらマリとチカは酔っぱらって立ち○。○の練習中!?

それを見たゆいは固まっちゃった。。^^;

それを一生けんめい言いわけする2人がおかしいw
その言いわけを信じるゆいもおかしいw

それからゆいの面接を尾行したらHGSプロの社長が田中なつ子!?
だんなさんの組長は超びっくり!!


それで、組員の人がなつ子さんたち被害者の会の3人をつかまえて
犬金組のアイドルを引き抜きやがって!ってぶんなぐっておどしたら
ゴクドルズが組のビジネスだって知らなかったなつ子さんはびっくり!

そこになつ子さんを助けに来たなつ子大好きな組長が組員を半殺しにして
そんな組員をほっといた自分も半殺しにして
そんな組長の愛を見てなつ子さんもなみだ。。
組長もなみだの半殺し大会。。

奥さんとだんなさんの感動のシーンみたいなんだけどシュール。。
これってギャグだよね?


そのあとは組に帰って
組長はなつ子さんにひざまくらでやさしく介抱されて2人でいちゃいちゃw

それを見ながら気もち悪いって思ってるゴクドルズに
組長が作ったなつ子さんにささげる新曲を歌わせてまたいちゃいちゃw


さいごはなつ子をなぐった組員に
おまえが悪いんじゃなくってなぐったそのうでが悪いって言って
おっ○いは好きかって聞いてタイにおくったの。。

また性転換の刑にするのかな?って思ったら
きれいなおっ○いがうでについててシュール^^;

#51「やさしさに包まれて」
ゴクドルズのJKのお悩み相談ってゆうラジオ番組のおはなしで
無難にしろって司会の人に言われたから無難にしたら無難すぎる。。って。。

それでもっと具体的にって言われたから具体的に言ったら引かれちゃって
こんどは、現実的にもほどがあるだろう高1だぞ。。って言われちゃった

それでちょっとしかったり。。姉ちゃん先生みたいに。。って言われて
下ネタ相談になっちゃって。。ってゆうおはなしで

そこは音が消されてたりして何言ってるかよく分からなかったし
下ネタがちょっときつかった。。


にゃんは2番目の子の相談が具体的でよかったって思う。。

クラスの子にイジメられてお金をとられたりしてるってゆう子に
その子は学校で1番強い子?って聞いてちがうって分かったら
1番強い子にお金を出して守ってもらいなよ。。って^^

こんな具体的なイジメ相談ってはじめて聞いたみたい^^
そうゆう方法もあるんだ。。

でも、こんどはそっちの人から使われたりお金を取られたりしないかな?

それとも、こっちのほうからお願いに行った分イジメられるよりいいのかな?
うーん。。

#52「取材」
ゴクドルズの番組「下町の隠れ味をさがせ」が
出たお店がつぶれるってゆうウワサでどこのお店も取材拒否。。

それでとつぜん、ゴクドルズの1日を取材されることになって
監禁されてるへやとか洗脳室とかに取材が来て
ゴクドルズの苦しい言いわけがおかしかった^^


合宿してる部屋が小さくってせまくないの?って聞かれて
「女の子なんで十分ですよ。。少しせまい方が親近感わきますし。。」

へやの中のいつも体洗ってる洗面台に
「おたがいカゼとかうつしたら大変なんで。。」

お酒のビンとか花札とかのこととかどんどん言いわけがくるしくなってきて
さいごは立ち入り禁止って書いてあるトレーニングルームに入ったら
トイレ付きのうす暗いへやにダンベルとかタイヤとか置いてあって

リナが幽霊みたくうつむいて
「すいません。。許してください。。」ってブツブツ。。
取材の人もふるえてた^^;


マリが言いわけするたびにチカがフォローで「ぴょん。。」ってつけるのが
とってもシュールだった^^
{/netabare}
{/netabare}
第10話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつてドッキリに引っかからなかったために、番組がボツになった“ゴクドルズ”たちを鍛え直すため、犬金の提案で急遽ドッキリの練習をすることに。デビュー前のシゴキを彷彿させる地獄のメニューを上手くこなせない3人に対し、ついに犬金の口から最後通告が発せられた!
{/netabare}
感想
{netabare}
#53「極道魂」
5年前お世話になったカシラが刑務所から帰ってきたの

ゴクドルズはアイドルになっても
変わらなく相手してくれるカシラの極道魂を感じて3人は
明日からまた、極道渡世のために仁義が通った仕事をがんばるって誓ったの☆

それで次の日
ゴクドルズは1日署長になって
ヤクザ撲滅キャンペーンをすることになって
ポスターまでできちゃった☆

それを見たカシラが「オイ!」ってひと言。。

それでオシマイw


お金になるんだったら
何でもするってゆうのがヤクザ屋さんなんじゃないのかな?
じゃなかったら、そんなにきらわれないって思うけど。。

#54「水の泡」
1日署長のあと、組織犯罪対策部の田村警視に呼ばれたゴクドルズは
警視から大きな秘密を打ち明けられたの。。

警視は「君たちの会社とオレは、けっこう深い関係なんだ。。」って
「まあ、くわしいことはいいよ。。いわば親会社との関係だからね」
ってゆう警視にゴクドルズは
この人に組がゆすられてるって思って

カシラの信用をとりもどそうって
警視にレイプされかかったフリして証拠もそろえて警察に訴えたの。。

それで、カシラの信用を取りもどせるって思ったら
実は田村警視って、27年前に同期で組に入ったカシラの幼なじみで
組のミッションで警察に入ったモグラ(スパイみたいな人かな?)だった
ってゆうおはなしで

ゴクドルズの3人は警察をやっつけて「やったー!!」ってよろこんでたけど
ニュースを見たカシラと親分はマジ切れだった。。
このあと3人はどうなったのかな。。?


「27年のプロジェクト、40年の友情、すべて水の泡。。」
ってゆうナレーションでオシマイ^^

ゴクドルズがつぶすのって流行らないお店だけじゃないみたいw

#55「Hellプ ミー」
新曲発売記念でシングル1000枚以上買ってくれたファンと
個室で5分間面談会でのチカのおはなし。。

はじめの人は親の指輪とか売って1000枚買ったってゆうファン。。
バレておこられたからって家に火をつけて燃やしたって^^;
チカが「まさか!?」って言ったら
親を殺すわけないじゃない。。まだ親孝行もできてないのに。。って!?

うち、金持ちだからよけい親孝行できないんだよ!
でも、働きたくないんだよ!。。って
チカは心で「マジつかれる。。」って^^


それから自分の勝負パンツを持ってきて
だまってていいから5分間ずっと見つめてくれって^^;
それで見つめてたらだんだん興奮してきちゃって
はずかしいよ。。はずかしいよ。。って^^;


それからサングラスに大きなマスクをかけたおじさん。。
「チカちゃん、久しぶり」って言ってマスクををはずしたら
俳優の高村仁さん。。

「キスしてくれ、しないとオレの力でゴクドルズを芸能界から追い出す」
っておどかされてムリヤリキス。。

チカは「イヤぁ。。気分悪いわ。。新しい地獄だわ。。」って


それから「ボクはドMだから、1発なぐってくれ」ってゆう人^^;
「女の子のチカちゃんにはムリかもだけど、一生のお願い」って。。

それでチカに目いっぱいなぐられて
その人、幸せそうだった。。

さいごは毎日チカちゃんみたいからチカちゃんみたいに整形したら
こんなになっちゃった。。ってゆうツインテにつぶらな瞳のおじさんw
「どうしてくれるの?!ねぇ!責任とってよ!」って。。

チカは燃えつきてた^^;

ってゆうおはなしで
作者の人、よくこんなヘンタイなキャラばっかり考えれるな。。
って思った^^

#56「卒業」
リナのボスが親分にビジネスの相談に来て
アイドルビジネスをおすすめする親分の話を聞いて
その気になってリナを連れて帰ることになったの。。

別れぎわに泣いてリナに抱きつくゆいを見て
ボスは空港に向かう車の中でリナに
「さっきの子、かわいかったな。。」って

それでリナが「ほんとの女の子ですから」って言ったら
「その発想はなかった!!」って言って
ホントの女の子を使えばいいんだ!お前、なんで性転換したの?」って

「手術していくらかわいくなったって、かわいい女の子には負けるもんな」
って言ってリナを道のとちゅうでおろして行っちゃった。。
ってゆうおはなし。。


リナってホントにかわいそう^^;

#57「ステップアップ」
自分はゴクドルズのために何もできてないって思ったマネージャーさんが
思いきって歌詞を書いてゴクドルズに読ませたんだけど
キモいって言われて親分のところに相談に行ったの。。

そしたら「べつに問題ないよ。。」って
「詩が問題なんじゃなくって、キミの姿勢が問題なんだ。。
自分の作品をはずかしがってどうする?
自分の言葉を信じて、大きな声でさけぶんだよ!」って

「わたしのラブピストル ぴょんぴょん。。
キミのハートに刺され! ぴょーん!」って
自分の歌詞を大きな声で読み上げたの^^

それで感動したマネージャーはゴクドルズのへやを開けて
大きな声で
「キミを感じたい!ピンクのくちびるにキスしてチョー。。」って

そこにカシラが来てて
とつぜんのマネージャーからの告白に「え―!!」ってびっくり。。
真っ赤な顔してわけの分からないこと言いながら
「分かったよ。。ちょっと時間をくれ。。」って。。

それでオシマイw

刑務所って男の人ばっかりだからBLになっちゃう人がいるってゆうウワサ。。
本当っぽくってちょっとこわそう^^;

#58「最終回・・」
ヒマだからドッキリの練習しようって
ブーブークッションなしでブーブークッションのドッキリの練習。。

すわるタイミングとリアルおならをするタイミングがなかなか合わなくって
なんどもおしりをバットでたたかれて痛そう。。

なんどやってもうまくいかない3人にキレて
親分はとうとう

「オレももう、おこりたくないんだ。。やめたいヤツは好きにしろ。。
こっちはもう、お前たちがいなくってもやっていける。。
何回も言わすな!もちろんやめるやつは犬金組から破門だ!
その代わり、自由の身になる。。早く消えろ!」って。。

3人はいろいろ考えたけど
「分かりました!親分!お世話になりました!」って言って外に出たら
「ドッキリ大成功!!」ってカベにはってあったの。。


その夜、彼女たちは祈った。。
この長い長い現実にいつか、テッテレーが来ますように。。

でオシマイ。。


これって仁義大好きな3人が好きでやってるのかな?
って思ってたら組長に監禁されて暴力ふるわれてたんだ。。

そう言えば、ゆいはどこに行ったんだろう?

本気でやめたかったら
このことバラして警察に届けたらいいんじゃないのかな?
ってギャグだって分かってるけど思った。。
{/netabare}
{/netabare}

見おわって。。

失敗したヤクザ屋さんたちが責任取らされて
性転換させられてアイドルになるおはなしで
作画は紙芝居みたいだったけど
下ネタが多くっておかしかった^^


ただ、暴力ネタはちょっとかわいそうだった。。

それときつすぎる下ネタは笑えなくって。。


あと、ギャグが好きでも似たようなおはなしが多いから
とちゅうでちょっとあきて来ちゃうかも?




{/netabare}

投稿 : 2019/12/06
閲覧 : 307
サンキュー:

34

ネタバレ

ポポンEX さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

思ってたより面白かった

よく放送出来たなってレベルの下ネタ多彩なギャグアニメ。
893の3人(のちに4人)が失敗で死ぬか性転換でアイドルかを選ばされる。
そこから彼等(彼女等?)の物語が始まる・・・。

静止画が多く低予算なんだろうなぁ。って思えるけど非常に笑えた。
テンポと勢いで笑わせてくるので、この笑いに慣れてくると飽きがくるが自分は最後までそれなりに笑えた。けど、もう一度見ようとは思わないかなw

1度見て、笑って封印。それがいい。

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 86
サンキュー:

2

ネタバレ

ダークフレイムマスオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

完全改訂版レビュー更新だ!というか今の世の中の人に聞きたいのだぁぁぁぁ~!(今回は大まじめです)

昨年、間が空き復帰最初に4行ほどのレビューをしたのがこの作品であった。あにこれに戻ったのがなぜこれなんだ?まあ当時はよく考えもしませんでした。皆さんってあにこれレビューするときの最初ってどういう思いでレビューしたんでしょうね?

わしもすっかり色ものですがwこの作品は今後触られることのない作品になりそうなんでみんなに意見聞きたいのです。

内容はギャグというか今千秋やってくれた!と称賛しかありませんでしたが現在の反韓、反社を考えるともう二度とない作品になりそうだ。悲しい現実ですね。

1年前なら吉本芸人さんの直営業なんて自身がネタに笑い取ってました。ところが今回の騒動です。直を闇という字に変換するだけでこれほどダークなイメージと罪に怯えるものでしょうか?

金をもらった。認識してない。嘘だった?
食べていくのに普通のアルバイトしてる芸人さんにしたら先輩何してんだよ!って言われそうです。ですがジミーだってコンプライアンス前の伝説や新喜劇に借金取り来てた某お方などはフツーにネタでした。こっちもゲラゲラ笑ってましたが今後もうそういうネタさえ言えなくなりそうな状況です。

会社は取り分9:1でもバッサリで乗り切るつもりですが流石にもう無理でしょう。一番の被害者って誰でしょうね?夢見て世界に入ったのにこんな状況になった方でしょうか?何もしてない吉本芸人さんでしょうか?わかりませんが、関係してない人がほんと気の毒です

では、自身ならどうでしょうか?このレビューをご覧になってる才能ある方に聞きたいのは「私アニメみてます!」といえるか、でしょうか?(本業や関係者は別でね)。誰だって悪いことではないが堂々と言えないことはあると思います。
レビュアーにしたら別に好きでもない趣向でも見る作品もあるし、わしでもやっぱグロいの好き!ていうのは気が引ける。芸人は口、やーさんは腕、ならレビュアーは書くのがある才能だと思います。世の中からはちょっとズレてなきゃレビュー書くのなんてできねーぜ!って思うんですが。(上岡龍太郎の発言引用です)

なんていうのでしょう別に私たちが才能あるとかじゃなく、才能があるという定義とはどこからが才能あるものなのでしょうかね~。でもこれって永遠のテーマかもしんない。だってレビュー自体この作品がいい、悪いも分かれて普通だと思うしそれがないのなんておかしすぎる!ビューポイント、発想、論理的思考、笑かす能力(?)み~んな各人それぞれwそれがあにこれレビューだ!で、己にとってすげーなーって思えれば他人を動かす原動力になってるんじゃぁぁぁぁ~(一日一回の儀式終了)

みんな無償で書いてるんだぜ!そういう意味じゃ全員社会貢献してると思う。それをずっとできる方には尊敬しかないっす。

久々のマジレビューだ。アニメの世界ぐらい自由な表現の場を残してくれ!が今後のわしのささやかな祈りです。

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 176
サンキュー:

17

テレ美 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

原作未読

すごかったです(笑)
面白かったしこれよく放送できたなという感動というか感心というか。そういうものもありました!
OPとかEDとか、曲がフツーに良いんですよね(笑)はじまるごくどるみゅ~ぅじーっく♪
三人ともヤバい。そして極道なひろし藤原さんがコワ面白い。
7話のOPEDサイコーでした!(笑)

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 76
サンキュー:

2

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

普通のアイドルアニメでは新しさがないから

歌アニメだけどアイドルの中身がヤクザはよくできてるって思った。
血も涙もないヤクザな展開にヤクザ設定のギャグが基本であるが、設定が設定だけに面白い。
わりとさくっと最後まで見れるし、続きもあったら視聴する。

ゾンビランドサガ等普通のアイドルアニメでは新しさがないからの結果か…

100点中72点

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 84
サンキュー:

1

だんだだん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

出オチで十分

設定が面白い、と思い見てみたが・・・
基本同じパターンのコメディなので退屈さは否めない。
10話まで見終わってもうお腹いっぱいだったw

せめて楽曲がもうちょっと気合いいれてくれればなぁ、
とは思うが、そこまで予算かけてられない雰囲気が濃厚で。
悪い作品ではないと言いたい。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 83
サンキュー:

1

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

新鮮なネタのおバカアニメです おもしろい!

これだけは言っていいと思いますが、主役の彼女たちはかわいいですが、にせものですw ここまで言っておきますねw

作品はやくざ事務所がお金儲けとして アイドル を使おうと考え、日々のドタバタをショートストーリーにしています。なので完全なつながり物語ではないので気楽に視聴できると思います。
エロはありそうでありません。そんなレベル。放送禁止用語はピー音になっています。

まあとにかく あまり似た作品ないので見てみてください。おもしろいです。歌ものなにげに口ずさんでしまうような印象に残るOPです EDはスルーかな。。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 93
サンキュー:

1

ストックトン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

絵はあまり綺麗じゃないけど、
無理やりすぎる設定が面白かった。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 52
サンキュー:

1

ネタバレ

ドリア戦記 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

現実と妄想

少し前に見たので記憶が薄れかけていますが、感想を。

何と言うかこれも『ポプテピピック』ほどではないですが、ぶっ飛んでますよね。
この原作者も頭のネジが何本か飛んでいる。
斬新、独創的と言えばそうなのですが、いわゆるナナメ上の発想の人だと思います。
それはCV 藤原啓治氏が演じる犬金親分の悪魔的なキャラ設定にも良く現れていると思います。
人の感情、事情を斟酌しない、悪魔のような裁定をする割には
どこか子どもように無邪気で遊び好きで理想主義者、
だからアイドルの歌詞作りみたいなピュアさが求められる創造性のある作業に没頭する。
丁度アメコミ悪役みたいなぶっ飛んでいる癖に
どこか純粋な「マッドサイエンティスト」、「アンチヒーロー」像なのですが
この作品では如何にもこのタイプに居そうなテキトーで忘れっぽい属性を追加するなど
身近でコミカルな悪役にブレイクダウンして笑いを取っています。
(と言ってもヤクザの親分なんだけど…)

そんな原作者の個性が一番現れているのは、
7話の「犬とポルノ7日間」に代表されるナナメ上の超絶発想の展開でしょう。
ただし、面白いことにこの作品は『ポプテピピック』と違って、何らかの論理性や規則性、法則性は見出せる。


例えば、ゴクドルズの3人は元男です。従って元々の思考や習慣は男であり、
アイドルとして女として文字通り皮一枚の虚像を纏って生きることの上で葛藤を感じています。
この葛藤、意識のズレを上手く拾って対比的な笑いに結びつけて行っています。
またズレを感じるのは生物学的な男と女の思考や習慣の違い、体の仕組みだけでなく
社会的に求められる性別(ジェンダー)による男と女の期待値の違い
さらにその中でもヤクザとアイドルというもっとも正反対である立ち位置の人間が入れ替わることによって
求められる社会的な振る舞いと周囲の期待値を
中身の本人とのギャップによって構造的に笑いを生み出そうとしています。

これらの実際の中身と見掛け(虚像)の対比によって炙り出されるのは、
世間の思い込みや自分の頭の中で作り上げた虚像に過ぎないものを本当(真)と思い込みたい人間の習性の愚かしさ。
見たいものだけを見てしまう人間の性。
現実と妄想(虚像)の間で右往左往する人間の可笑しみをニヤニヤ笑って見るアニメなのでしょうかね。


例えば、この作品では、ゴクドルズのファンは、強烈に誇張されたキモオタとして描かれます。
持ち込んだ自分の下着を見せて、見ている姿を見て妄想を膨らますとか、
どうやって思いついたんだが、発想がハイレベル過ぎるキモオタが登場するのですが
ファンサービスで個室で2人きりになっていても彼らは目の前にいる「現実」のアイリ、マリ、チカを見ていない。
目の前にいるのに、自分の「虚構」、「妄想」の中のアイリ、マリ、チカを見て「ハアハア」している。
ですが、アイリ、マリ、チカは元々は男で今も精神構造は男ですから、
男が女に妄想を抱く仕組みは分かるんですね。
性欲には妄想が欠かせないこともよくわかるからげんなりしている。
全能の視聴者だけには、両方の思惑や事情が可視化されているから
どこかで「あいつらバカじゃん~」という遠目から見られる余裕もあって可笑しい。


切れ者であるはずの少女心理研究家で理論家のマネージャ木下も
思い込みが深すぎて細かな事実に圧倒され、
目の前の大きな可能性に気が付かずに、
あまり重要でない歪められた事実のみに着目して
次々と都合のいいように分析して誤認していく。
これもパターン化された現実と妄想の取り違えの1つなのですが、
登場人物が分析的であればあるほど有能であればあるほど
マヌケさが強調され可笑しいという仕組み。
ナナメ上の発想のようで、かなり構造的な仕組みを持った笑いだと思います。

ただ、この原作、長期的な構想に基づくストーリーがない。構成力がない。
アイディア頼り、発想力頼りの単発のシチュエーションコメディを繋ぐ方式なので、
折角のテーマ性を強く打ち出せていない。瞬発のネタの爆発力に頼る作風。
誰もが、毎度面白いネタを生み出せるわけがありませんから、必然的に笑いに飽きがくる。
ネタの完成度によって面白さに差が出てくる。この辺は弱みだと思いますね。
構成力によって、ストーリーが進むにつれ、視聴者を惹きつけ、納得させたり、引き込んだりさせる力が弱い。
発想力があっても、アイディアが優れていても構成力のある物語にできないのは痛い。
それでも出オチで終わらなかったのは、原作者だけでなく、
この一見脈絡のない単発の話をできるだけ短時間に詰め込んで視聴者にネタを畳掛け
飽きさせない戦略を練った制作側や今千秋監督のお手柄だと思います。
さすが監督、OPで面妖に踊ってるだけじゃないですね!


感情移入を誘う笑いではなく、皮肉と風刺に満ちたやや人を突き放す黒い笑いなので、人を選ぶと思います。
共感型の人はまず受け付けないでしょうね、この作品は。
でもこの作品を見てると、男って自己の妄想に振り回されるホントに悲しい生き物だなとつくづくと思わされます。

投稿 : 2019/03/07
閲覧 : 92
サンキュー:

1

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

[短い感想]メチャ笑ったけどいろいろヤバいなぁぁ

ヤクザモノ嫌いという個人的嗜好で減点しています。

話の筋は、極道モンが性転換手術をして女子になって売れっ子アイドルを目指す、というもの。意外にも笑えた。それは、手術前の極道時代のいろいろなことが女子になった後も尾を引いていて、そこで発生するいろいろなギャップが可笑しいからかな。現実性の乏しいブラックジョークなんだけれど、これ落ち着いて考えてみると、とてもヤバい話だよねw。

こんな短い文章なのに..誤字脱字文章訂正(02/26/2019)

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 97
サンキュー:

7

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何でもするとは言いましたけど・・・

原作未読。最終話まで視聴。

究極のパワハラ系コメディ。
正直、滅茶苦茶な設定で、出オチ感が半端ないですけど、なかなかどうして、最終話までかなり笑えました。

1話5分程度のショートコメディの詰め合わせ。
テンポが良さが際立ちます。

画は驚くほど動きません。

ただし、それを補って余りあるほどの声優陣の勢いのあるツッコミが、個人的なツボです。


あと、第7話のOPが、とても良かったです(笑)。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 135
サンキュー:

24

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

上手い作品

やくざが失敗を犯して、親分から性転換してアイドルやって稼げと言われる(ほぼ強制)。
そして3人のやくざは『ゴクドルズ』という地下アイドルユニットとして活動をする事から物語が始まる。

これ、放映前にPVか何か見て、気になっていたので見たんですよ。
もしそれ見てなかったらイメージ的に
「単に性転換した人がアイドルやるだけのアニメ」で、見なかった可能性が高いです。

ですがっ!!
萌え系ではありません!!
心は男です!!
普段の喋り方も男ですっ!!
思考も当然男ですが、時々乙女になる時もあったり、やくざなりの仁義?らしき考え方(やくざじゃないので分かりませんが)になったり。

やってる事と考えている事が真逆なのと、嫌々アイドルやってる感がとても面白いです。
途中、コーチみたいな人から色々アドバイスを受けたり話をしたりするところもありますが、この人達には、それがまるで当てはまらない為、役に立ちません!!

時々歌いますが、歌詞が極道をテーマにしたものだけに、知らない人からすれば普通の歌詞に思えますが、このアイドル達が元やくざだと知ってる視聴者からすると「極道の事じゃんか!」と、上手いと感じられる部分も多々あると思います。

絵はあまり動きませんが面白かったです。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 62
サンキュー:

6

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まぁ、芸能界なんて893な商売だよね

原作未読。
ヤン○ガ連載らしいです。読んだ事ありません。多分4コマかなぁ。所謂、アイドル成功物語ではなくいやいやアイドルやらされてる3人の元ヤクザの奮闘記。その辺が普通のアイドルモノと一線を引いている。そもそも努力、友情とかいったものでなくただのブラック企業そのものである(笑)。ギャグ系としてライトな感じで観ていいだろう。


私のツボ:どこかの国のアイドルってこんなんちゃう?

投稿 : 2018/12/24
閲覧 : 59
サンキュー:

5

ネタバレ

菊門ミルク大臣 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女心理学が通用しない…

紙芝居ですが手抜き感は無くやれる事はやってるしそのチープさも味になってるなぁと。

ヤクザが下手打って性転換させられてアイドルに。
出落ちというかこれ以上に強烈なインパクトはなく徐々にパワーダウンしてたかも。

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 58
サンキュー:

2

ネタバレ

KINAKO音大生 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

ゴクドルズ

極道から性転換してアイドルに!って外すわけ無いやろう…と思って観たけど全く面白くない。ギャグアニメでここまで面白くないアニメも無いような気がする。クスっともならなかった。大概面白く感じる深夜で観て、ここまでシラけた気分にさせるアニメやった…ある意味貴重な体験でした…

投稿 : 2018/11/10
閲覧 : 146
サンキュー:

2

ネタバレ

anime さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まさかの性転換

ヘタを打ったヤクザの若い3人組が、「おとしまえ」として性転換させられ、地下アイドルグループとして組の資金集めをやらされるというナンセンスギャグアニメ。

法律が厳しくなって暴力団の資金繰りも大変になってきた、とか、地下アイドルの厳しい現実、とか、テレビなんかでもちょくちょく報じられてるような今の世相のエッセンスをうまく紡いでギャグ作品に練り上げたところが見事だと思います。

アニメっていうか紙芝居に近いのもシュール感があってよかった。
いかにもアイドルっていう声と、心の中の野太いヤクザ声のギャップも素晴らしかったです。

笑いの取り方、切り口はまあそこそこベタな感じなんだけど、設定のインパクトのおかげで10話飽きずに観れた感じ。

個人的には演歌歌手の田中なつこさんの髪型のふざけっぷりが好きでした。

欲を言えば主人公の3人組のキャラのコントラストがもっとはっきりしてたらさらに面白かったかもと思います。

気楽にみれる良作かと。

投稿 : 2018/11/03
閲覧 : 114
サンキュー:

3

伊吹 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

微妙に笑える

シュールw
見なくても差し支えない
誰かにオススメするかと言ったらしない

投稿 : 2018/10/24
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

てんてん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白い

結構好き。

投稿 : 2018/10/16
閲覧 : 45
サンキュー:

2

木村天祐 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

失敗した極道が性転換させられて組のためにアイドルやります

クッソ面白いヤクザギャグアニメです。
静止画ばかりの約30分アニメのくせに、今季のダークホースですね。

ある時大失敗こいた極道のおっさん3人組が責任取らされて、親分命令で強制的にタイで性転換手術をさせられます。その後、一年間地獄のアイドル特訓(洗脳教育&滝の中で歌とダンスレッスン)を経て、組のために金を稼ぐためにアイドルになります。
これだけでひでー話だってことがわかると思います。特に親分(cv:藤原啓治)がプロデューサー気取り大物作詞家気取りのド屑で自己中で悪魔な男ですね。どうやったらこんな発想が生まれるんだか(褒め言葉)。

地味に歌に力を入れていて、注意深くアニメを見ていると、ゴクドルズが歌う曲が何曲もあります。
主役の三人組(女ver.)は新人声優ですが、他は有名声優ばかりで地味に豪華です。

私はおすすめです。是非見てください。

投稿 : 2018/10/08
閲覧 : 69
サンキュー:

6

しおなっつとこなっつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

仁儀切らせていただきます!

何も考えず無心で見られる貴重なアニメ。

設定がまず面白くて出オチ感すらあるけど、でも設定が面白いから結局普通に面白いという。

メインの女性声優三人は恐らく新人の方だと思いますが(違ったらごめんなさい)、対照的に男性声優はベテラン三人衆で豪華です。貫禄がすごい。

opとedがどっちもめちゃくちゃ耳に残る曲で、opは一緒に踊りたくなっちゃうし、edはお皿洗いの時とかにずっと頭の中で流れてるんですよね。今でもw

投稿 : 2018/10/08
閲覧 : 49
サンキュー:

3

ネタバレ

魂がBITCH♡ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

昭和の香りが漂う経済ヤクザを揶揄した異色ギャグw

作品概要
●原作:週刊ヤングマガジン(講談社)

●原作者:ジャスミン・ギュ

●アニメーション制作
J.C.STAFF
{netabare}

監督:今千秋
【代表作品】
・監督
ひぐらしのなく頃にシリーズ
純情ロマンチカシリーズ
のだめカンタービレシリーズ
他多数

シリーズ構成:山川進
・脚本
探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕

キャラクターデザイン:クレジットなし

キャスト
山本アイリ / 山本健太郎: 貫井柚佳 / 小野大輔
立花マリ / 立花リョウ:前田佳織里 / 日野聡
杉原チカ / 杉原 和彦: 赤尾ひかる / 興津和幸
犬金鬼万次郎:藤原啓治
以下略
{/netabare}

原作一部既読

エピローグ
たまに、本作が掲載されている『ヤングマガジン』を、食堂や喫茶でしか読んだことがない程度の原作認識だが、いやいや、まさかこれがアニメ化されるとは思わなかったw
暴対法施行以前、ヤクザが肩で風を切っていた時代を知っている、アラフォー以上の世代にはネタ的にツボかもしれない。
芸能興行とヤクザ、以前は密接な関係があったことを踏まえると笑えない話しでもあるな。
それにして、極道をネタにしたギャグなんて、あまりにもコア過ぎるし、ファン層も限られると思うのだが、『ひぐらし』の今監督、流石巧く料理した。これは、お見事というしかない!
私、メッセージ性やストーリー性の強い作品の考察レビューは得意なんだが、ギャグの評価は苦手分野。
しかし、2018アニメはギャグの名作が多く、そうも言ってられんからレビューする罠。

ツボをついたギャグなら物語で高評価する。

原作に合わせてワザと劣化させた作画演出もさすがJCスッタフ!これも見事だ。
全体的に低クオリティに見えるのは、昭和チックな演出を意図してのことだろう
下手な者が描いて下手になるのは当たり前だが、上手な者が下手に描くのは【技】なんだよ。
あと、2018夏季のアニメは『あそびあそばせ』や『ぐらんぶる』のように【顔芸】がトレンドになったね。
本作も、ゴクドルズ三人の可愛い女の子の表情と、ゴツイヤクザのオカマの表情を切り替える作画演出が見事だった。

今季、奇しくも『ひぐらし』を制作した「ディーン」が正統派アイドルアニメを制作し、今監督が別会社でギャグアイドルアニメの監督をやったシンクロニシティ的な偶然も面白いね。

しかし、世が世なら本作関係者はコンクリート詰めにされて、どこかの湾に沈められてたかもよ(笑)

本作、Netflixが配信をしているが、製作に出資、関与しているのかな。
まぁ外資も善し悪しだが、反社会団体にスポットを当てた、この手の作品をアニメ化するのは国内企業なら引くな。

☆極道、サムライ
これ、現役や元現役が現役を呼称する単語。
☆ヤクザ
社会的な表現。
☆暴力団
法律、マスコミの公的用語。
まぁ、どれも同じこと。

☆任侠、仁義
ヤクザが守るべき道徳律。

【笑いのツボ】
{netabare}
本作は、なんたって「オトシマエ」が性転換で、「アイドル」にさせられた元極道が繰り広げる笑いと涙の物語がツボに嵌まるか嵌まるにある。
エロ、下品満載の本作だが、1970代に流行した大橋巨泉や前田武彦らのナンセンスギャグの系譜だね。
そういや、ゲバゲバ90分。今あんなの放送できないだろうな。
即BPOに放り込まれる。
極道だった、引退して立花マリの親父(実父)がまさか自分と同じように、オカマになっていたとか、これモロ、ナンセンスギャグなんだよ。
極道の本分は「漢」(おとこ)であるところ、女にさせられた上に、アイドルまでやらせられた三人の悲惨な心情は見ているだけでも面白い!(爆)
それにしても「犬金」の作詞能力やマネジメント能力は実社会でも通用するな。
ただし、パワハラはいかんw
この三人が男だと知らずに、マネジメントさせられている「マンダリン木下」の道化役もツボだった。

更に、組長「犬金」の鬼畜ぶりも合わせて【他人の不幸は蜜の味】という皆が持っている実に下衆な心理を擽り、ここを徹底して突いた演出が本作の特色であろう。
鬼畜「犬金」が恐妻家だった回は笑ったな。
奥さんの大物演歌歌手「田中なつ子」のキャラデザ・・黒柳徹子まんまだったが、おいおい叱られるぞ(笑)

いやいや、マジ正気のサタデナイト!w

本作では「オトシマエ」を意味する「旅客機が海外へ飛び立つ」この暗喩だが『パタリロ』でも表現は違うが、よく用いられていた暗喩手法で個人的には懐かしく、そしてウケタ。

また、インパクトのあるOP曲とOPで一瞬「キャンディーズ」を彷彿差せる古臭いアイドルダンスの影絵作画で、本作がただモノではないオーラーを放つ演出となりGJだ。
しかも、今監督がOP画のモデルになるってあの人何考えてんだかね?w
そういや、今監督は「花」に相当なこだわりがあるそうだ。
OPも花が散りばめられている、監督の趣味なんだな。
{/netabare}
基本、一話完結のギャグアニメだから内容によっては好き嫌いは出てくるし、アイドル役三人のキャラ設定にもう一捻り工夫が欲しかったかな?

更に春アニメ『ヒナまつり』はインテリヤクザ「新田」の描写不足で消化不良感があったが、本作でスッキリしたという、意図せず偶然に作品同士が連携したことも本作の評価を上げた点かもしれない。

【蛇足な雑感】(ここ読まなくても全然構いません。)
{netabare}
ヤクザは本当に社会にとって不要なのか?
ヤクザは一般市民にとっては確かに怖ろしい存在であり、多くの方々はそりゃ絶対反対だろうが、社会を成立させるには「必要悪」の存在も是認しなければならないときもある。
どんな社会でもドロップアウトをする者がいるが、その一つの受け皿がヤクザであった事実を忘れてはいけない。

我が国でヤクザが長らく許容されていたのは、上記の他に、アウトローの秩序でアウトローの暴走を防ぐことと、彼らを可視化させることで、警察当局のコントロール下に置く意図があった。
地下に潜られると取り締まりが困難になることは、かつての共産党(日共)退治を通して当局が体験的に得ていた知恵でもあった。
因みに、共産党退治とは「治安維持法」で日共の壊滅を目指し、徹底的に取り締まったが、結局、地下に潜られてしまった苦い経験のことだ。

ヤクザも当局の方針を理解していたことから、抗争が生じても当局の勧告で寸止めでやめたり、捜査情報を流したりなど、持ちつ持たれつの関係を築き上げていた。
また、ヤクザ同士の抗争の場合、殺人を犯しても異常に量刑が軽かったのも、こういう方針の一貫だ。
しかし、それに待ったをかけたのは国内世論ではなく、あまり知られてはいないが、アメリカ様なんだよ。

■日米構造協議■
聞いた事がある方も多いと思うが、バブル期、我が国の経済力の台頭に業を煮やしたアメリカが、我が国の経済システムを根こそぎ改造しようとしてはじめたのが、円高誘導のプラザ合意とこれだ。
で、これとヤクザとどういう関係があるかというと、アメリカは表のマネー以外に巨額のアングラマネーも問題視していた。
この、アングラマネーを握っていたのがヤクザであり、アメリカは我が国政府に対策を要求してきた。

時にバブル期、経済ヤクザの台頭で暴力団の民事介入が問題視されはじめた。
当時は「民暴」ともいったが、ぼったくりバー、総会屋、地上げ、闇金、手形のパクリ、示談屋、不良債権回収、不動産転売屋など民事におよそ非合法手段で介入し稼ぐ手口だが、世論の批判とアメリカの要求に抗しれなくなった政府は、ついにヤクザの民事介入を本格的に取り締まる「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)」を成立、施行した経緯がある。

ここでは、ヤクザ非合法化は「外圧」であったことを強く述べておきたいことと
、臭いモノに蓋をした結果、当局が危惧したとおり裏社会の統率が乱れ、マフィア化した「半グレ」や「中国系マフィア」がのさばってきた現実を考えると、我が国の裏社会を統制してきたヤクザを必要以上に追い詰めることは、得策ではないのだろうと思う。

アメリカがシナふっかけた貿易戦争も、かつての日米構造協議同様、オンリー1は絶対譲らないアメリカの強い意志なのだろうな。

そういや、自宅の周辺に六代目系の事務所があるな・・・

おっと、この辺で筆を止めて置こうw
{/netabare}

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 178
サンキュー:

31

みのるし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なめてんじゃねぇぞー!ごぅらぁー!

このやろー!留め絵ばっかりじゃねえかー!ごぅらぁー!
紙芝居じゃあねえんだぞー!ごぅらぁー!

でも芝居がいけてるから十分みごたえあるじゃねぁかー!ごぅらぁー!

さすが今千秋!
やるじゃねえかー!このやろー!

EDのバンドサウンド一発撮りっぽい曲も低予算アニメっぽくて好感が持てるじゃねぇえかこのやろー!

おもしれぇじゃねえかー!
なめてんじゃねぇぞー!ごぅらぁー!

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 48
サンキュー:

4

衛狸庵 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

爆笑物でした

ヤクザの世界もアイドルの世界も似たようなものだけど、両世界の住人は全くの別物で、そこのギャップが面白い。
しかし、いくら整形したからって、おっさんが美少女にはならんだろ。
そこも笑える。
話に登場するドルオタって男から見てもキモイね。
組長の鬼畜ぶりは最高です。

物語的には特に内容の無い薄ぺらい物だけど、ギャグ物なんだからそんなものでしょ。でも、ボケと突っ込みのタイミングは絶妙で爆笑します。

何も考えずに笑って楽しめる作品でした。

投稿 : 2018/09/30
閲覧 : 50
サンキュー:

4

ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話の感想 ★★★☆ 3.5
極道が…
{netabare}
1話目はまぁまぁ面白かった!
けど、マンネリ化しそう…
最後まで見れるといいな。{/netabare}

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 64
サンキュー:

6

ネタバレ

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

またひどいアニメを作ったな(誉め言葉)

 原作は未読だが設定はもちろん、この掛け合いを考えてよく描いたなと感心というか驚きを禁じ得ない作品。既存のジャンルに囚われない、アイドル×極道×下ネタアニメ。

 設定に突っ込みどころ満載だが、そこを言ってしまうとどうにもならないのでスルーするしかない。一人のキャラクターを同時に男女の声優が演じるというのも新しい演出。声優さんからしても難しい作品だったとは思うが、特に女性声優さんが下ネタを含むセリフを体を(喉を?)張って頑張っていた姿にはこれが声優か・・・と仕事の大変さを感じた。

 斬新な設定に漫画的な演出で魅せる演出に序盤こそ勢いもあったが、途中からはややマンネリ感も感じた。他作品よりも短い期間でまとめていたのは好判断だったと思う。とはいえこの作品は一体どう終わらせるのがハッピーエンドになるのだろうか・・・。

 音楽面では大石昌良氏により名曲(迷曲?)をはじめ、この作品ならではの際どいアイドルソングはなんだかんだいって良曲ばかり。OPのバージョンが変わるといった遊び心も感じられた。アルバムも発売とのことで、是非聞いて見たい。(多少勇気もいるが・・・)

 「またひどいアニメを作ったな(笑)」という感想を、原作者と今 千秋監督(兼振付師)に最大限の賛辞として贈りたい。

視聴日 18/9/6

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 39
サンキュー:

6

Dave さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

設定活かせず、寒いマンネリ。せめて画がよければ…

極道×アイドルってなかなか面白い設定だと期待したんだけど…まずもって画が残念。もうちょっとキャラに魅力があれば、引き込まれたのかもしれないが。結局、いつも同じ極道パロディで、発展性がないしすぐにマンネリ、ギャグの切れも悪く笑えない。

今期は「あそばせ」「ちおちゃん」などギャグモノが多い中で、完全に埋没。ギャグが冴えないならキャラで勝負するしかなかったが、画も残念だし3(乃至4)人の主人公のキャラ分けも全くできておらず、最後まで誰が誰だかわからなかった。

OP、昭和の「極道の~」を意識したんだろうが、イントロ終わってもテープ音源のような酷い音質にしたのはなぜ?

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 57
サンキュー:

4

ネタバレ

アベベ晴明 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:今観てる

けっこー好きだったよ

アニメじゃないけど。
アニメじゃないなら、30分枠はキツくない?15分とか5分とかでも良かったのではと。絵のクオリティとかどう考えてもそうだよね・・・

4話みましたー
ここまでの中でかなり見応えのある話だった。
というかカズ滅茶苦茶紳士だな。ヤクザだけどさ。

恋の潰し屋は最初ただのタンクトップかと思ってた。でもあれスク水なんかぁー
そういえばコレに出てくるキモブデって野島さんなのね・・・こーゆーヨゴレって野島は野島でも弟が専門って感じだから意外だった。

あとの話は割と低空飛行かなー。
というか、曲が結構良く出来てるんだよね。
上に挙げたのはとっちも曲入りだったしね

やっぱりビミョーな話も散見されたな。
被害者の会とかみててちょっと微笑ましい気分になったり。
女流監督の中ではソウル感じるよね今千秋
どっかのアレとはえらい違いだ

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 77
サンキュー:

5

ISSA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

実は…A○Bとか○○坂にも元オッサン混じってる

今期の下ネタギャグアニメ枠
笑えます!
監獄学園が好きな人にお薦め。

陰毛に白髪一本生えた…笑ったw


視聴完了
痛々しさメインの笑いだけど普通に笑えて面白かったです。
ただこの笑い、今期、ぐらんぶる&ちおちゃん&あそびあそばせ…
さすがに4本はお腹いっぱい、飽きたし。
笑いのバリエーションがもう少し欲しかった。

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 155
サンキュー:

13

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

藤原啓二さん、キターッΣ(・□・;)性転換アニメが出てくるとは・・・

 ジャンル ヤクザ × アイドル


 ストーリー

 やらかしてしまった ズッコケ3人組ならぬ

極道下っ端3人組 Σ(・□・;)

 ケンタロウ・リョウ・カズヒコ

犬金組長からのお咎めは・・・

 タイに行って、性転換してこいと

そして、彼らは アイドルをさせられた・・・




 物語

 犬金組長は 作詞家に

ケンタロウ・リョウ・カズヒコはアイリ・マリ・チカへと変わり

アイドルになってしまった

 犬金組長は もう横暴だった

1年間 アイドル修行をさせた

・滝に打たれながら 発声練習

・カイジみたいな鉄骨わたりに

・熊と戦わせられる

 一気に、地下アイドルのトップへと駆け上がる

個人的に一番好きな話を教えましょう

次点は ナツコ編ですw


 ジョージ編

 かつて、男であった時のことを思い出し

その時の女との情事の余韻にひたり、女とのセクロスが恋しくなり

つい、 セックスしてーと言ってしまった

それはアイドルとして言ってはいけない言葉

 そう、犬金先生は そんなアイドルを許さない

メンタル部屋に 監禁 with 犬

 テレビには永遠と アダルトなことが流れていた

犬は雄であり、常に 激やばビンビン丸

 ジョージはリナという女になっており、

犬がうらやましかった・・・ そう、エレクトしていることが

 犬金先生の手は止まらない

「メス、投入・・・」

 メスが投入され、犬は ずっとセクロスをっ・・・

ジョージは うらやましく見ていた

 ずっと、続き

彼の精神は 仏となったwww

そして、犬たちの表情が好きだった・・・


 

 好きなキャラトップ3

1:犬金組長

 藤原啓二さんの声が久々に聴けた

とんかつDJ あげたろうのオイリーさんぶりにきけたww

 しかも、はまってたキャラに( *´艸`)



 2:ナツコ

 アイドルに厳しいし

犬金組長 Sな女が好きだったのかΣ(・□・;)


 3:犬

 物語にでてきた犬です

あいつらのやりおわった表情が好きでしたw



 音楽

 なんか、ポップでよかった

なぜか、わからないけど

 けものフレンズのOPを思い出したのは俺だけかい?



 
 感想

 あそびあそばせ同様、ぜひとも見てほしいアニメです

前期の ひなまつりといい、面白い感じのアニメあるねー

 タイは性転換の聖地だということが分かったアニメ

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 46
サンキュー:

4

次の30件を表示

Back Street Girls -ゴクドルズ-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Back Street Girls -ゴクドルズ-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Back Street Girls -ゴクドルズ-のストーリー・あらすじ

極道渡世に身も心も捧げた生粋の極道3人が、性転換&全身整形してアイドルデビューすることに!
仁義なきアイドル渡世コメディ!

かわゆいアイドルに姿かたちは変われども、身にしみついた極道の生き方が行く先々で嵐を巻き起こす!?

「ヤングマガジン」(講談社)連載の『Back Street Girls -ゴクドルズ-』(ジャスミン・ギュ著)がまさかのアニメ化!(TVアニメ動画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
J.C.STAFF
主題歌
≪OP≫ゴクドルズ虹組『ゴクドルミュージック』
挿入歌
月蝕會議

声優・キャラクター

小野大輔、日野聡、興津和幸、貫井柚佳、前田佳織里、赤尾ひかる、藤原啓治

スタッフ

原作:ジャスミン・ギュ(講談社「ヤングマガジン」連載)、監督:今千秋、シリーズ構成:山川進、作画監督:梶谷光春、音響制作:マジックカプセル、音響監督:明田川仁、音楽:月蝕會議、音楽制作:ユニバーサルミュージック/EMI Records

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ