「Back Street Girls -ゴクドルズ-(TVアニメ動画)」

総合得点
68.0
感想・評価
198
棚に入れた
701
ランキング
1299
★★★★☆ 3.5 (198)
物語
3.5
作画
3.1
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ポポンEX

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

思ってたより面白かった

よく放送出来たなってレベルの下ネタ多彩なギャグアニメ。
893の3人(のちに4人)が失敗で死ぬか性転換でアイドルかを選ばされる。
そこから彼等(彼女等?)の物語が始まる・・・。

静止画が多く低予算なんだろうなぁ。って思えるけど非常に笑えた。
テンポと勢いで笑わせてくるので、この笑いに慣れてくると飽きがくるが自分は最後までそれなりに笑えた。けど、もう一度見ようとは思わないかなw

1度見て、笑って封印。それがいい。

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 18
サンキュー:

2

ネタバレ

ダークフレイムマスオ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

完全改訂版レビュー更新だ!というか今の世の中の人に聞きたいのだぁぁぁぁ~!(今回は大まじめです)

昨年、間が空き復帰最初に4行ほどのレビューをしたのがこの作品であった。あにこれに戻ったのがなぜこれなんだ?まあ当時はよく考えもしませんでした。皆さんってあにこれレビューするときの最初ってどういう思いでレビューしたんでしょうね?

わしもすっかり色ものですがwこの作品は今後触られることのない作品になりそうなんでみんなに意見聞きたいのです。

内容はギャグというか今千秋やってくれた!と称賛しかありませんでしたが現在の反韓、反社を考えるともう二度とない作品になりそうだ。悲しい現実ですね。

1年前なら吉本芸人さんの直営業なんて自身がネタに笑い取ってました。ところが今回の騒動です。直を闇という字に変換するだけでこれほどダークなイメージと罪に怯えるものでしょうか?

金をもらった。認識してない。嘘だった?
食べていくのに普通のアルバイトしてる芸人さんにしたら先輩何してんだよ!って言われそうです。ですがジミーだってコンプライアンス前の伝説や新喜劇に借金取り来てた某お方などはフツーにネタでした。こっちもゲラゲラ笑ってましたが今後もうそういうネタさえ言えなくなりそうな状況です。

会社は取り分9:1でもバッサリで乗り切るつもりですが流石にもう無理でしょう。一番の被害者って誰でしょうね?夢見て世界に入ったのにこんな状況になった方でしょうか?何もしてない吉本芸人さんでしょうか?わかりませんが、関係してない人がほんと気の毒です

では、自身ならどうでしょうか?このレビューをご覧になってる才能ある方に聞きたいのは「私アニメみてます!」といえるか、でしょうか?(本業や関係者は別でね)。誰だって悪いことではないが堂々と言えないことはあると思います。
レビュアーにしたら別に好きでもない趣向でも見る作品もあるし、わしでもやっぱグロいの好き!ていうのは気が引ける。芸人は口、やーさんは腕、ならレビュアーは書くのがある才能だと思います。世の中からはちょっとズレてなきゃレビュー書くのなんてできねーぜ!って思うんですが。(上岡龍太郎の発言引用です)

なんていうのでしょう別に私たちが才能あるとかじゃなく、才能があるという定義とはどこからが才能あるものなのでしょうかね~。でもこれって永遠のテーマかもしんない。だってレビュー自体この作品がいい、悪いも分かれて普通だと思うしそれがないのなんておかしすぎる!ビューポイント、発想、論理的思考、笑かす能力(?)み~んな各人それぞれwそれがあにこれレビューだ!で、己にとってすげーなーって思えれば他人を動かす原動力になってるんじゃぁぁぁぁ~(一日一回の儀式終了)

みんな無償で書いてるんだぜ!そういう意味じゃ全員社会貢献してると思う。それをずっとできる方には尊敬しかないっす。

久々のマジレビューだ。アニメの世界ぐらい自由な表現の場を残してくれ!が今後のわしのささやかな祈りです。

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 133
サンキュー:

17

テレ美

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

原作未読

すごかったです(笑)
面白かったしこれよく放送できたなという感動というか感心というか。そういうものもありました!
OPとかEDとか、曲がフツーに良いんですよね(笑)はじまるごくどるみゅ~ぅじーっく♪
三人ともヤバい。そして極道なひろし藤原さんがコワ面白い。
7話のOPEDサイコーでした!(笑)

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 35
サンキュー:

2

うにゃ@

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

普通のアイドルアニメでは新しさがないから

歌アニメだけどアイドルの中身がヤクザはよくできてるって思った。
血も涙もないヤクザな展開にヤクザ設定のギャグが基本であるが、設定が設定だけに面白い。
わりとさくっと最後まで見れるし、続きもあったら視聴する。

ゾンビランドサガ等普通のアイドルアニメでは新しさがないからの結果か…

100点中72点

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 43
サンキュー:

1

だんだだん

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

出オチで十分

設定が面白い、と思い見てみたが・・・
基本同じパターンのコメディなので退屈さは否めない。
10話まで見終わってもうお腹いっぱいだったw

せめて楽曲がもうちょっと気合いいれてくれればなぁ、
とは思うが、そこまで予算かけてられない雰囲気が濃厚で。
悪い作品ではないと言いたい。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 49
サンキュー:

1

sMYVP12210

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

新鮮なネタのおバカアニメです おもしろい!

これだけは言っていいと思いますが、主役の彼女たちはかわいいですが、にせものですw ここまで言っておきますねw

作品はやくざ事務所がお金儲けとして アイドル を使おうと考え、日々のドタバタをショートストーリーにしています。なので完全なつながり物語ではないので気楽に視聴できると思います。
エロはありそうでありません。そんなレベル。放送禁止用語はピー音になっています。

まあとにかく あまり似た作品ないので見てみてください。おもしろいです。歌ものなにげに口ずさんでしまうような印象に残るOPです EDはスルーかな。。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 57
サンキュー:

1

ストックトン

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

絵はあまり綺麗じゃないけど、
無理やりすぎる設定が面白かった。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 36
サンキュー:

1

らみ♡

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

おもしろかったけどあきてしまった

動きが少ない(笑)

投稿 : 2019/03/21
閲覧 : 60
サンキュー:

1

ネタバレ

ドリア戦記

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

現実と妄想

少し前に見たので記憶が薄れかけていますが、感想を。

何と言うかこれも『ポプテピピック』ほどではないですが、ぶっ飛んでますよね。
この原作者も頭のネジが何本か飛んでいる。
斬新、独創的と言えばそうなのですが、いわゆるナナメ上の発想の人だと思います。
それはCV 藤原啓治氏が演じる犬金親分の悪魔的なキャラ設定にも良く現れていると思います。
人の感情、事情を斟酌しない、悪魔のような裁定をする割には
どこか子どもように無邪気で遊び好きで理想主義者、
だからアイドルの歌詞作りみたいなピュアさが求められる創造性のある作業に没頭する。
丁度アメコミ悪役みたいなぶっ飛んでいる癖に
どこか純粋な「マッドサイエンティスト」、「アンチヒーロー」像なのですが
この作品では如何にもこのタイプに居そうなテキトーで忘れっぽい属性を追加するなど
身近でコミカルな悪役にブレイクダウンして笑いを取っています。
(と言ってもヤクザの親分なんだけど…)

そんな原作者の個性が一番現れているのは、
7話の「犬とポルノ7日間」に代表されるナナメ上の超絶発想の展開でしょう。
ただし、面白いことにこの作品は『ポプテピピック』と違って、何らかの論理性や規則性、法則性は見出せる。


例えば、ゴクドルズの3人は元男です。従って元々の思考や習慣は男であり、
アイドルとして女として文字通り皮一枚の虚像を纏って生きることの上で葛藤を感じています。
この葛藤、意識のズレを上手く拾って対比的な笑いに結びつけて行っています。
またズレを感じるのは生物学的な男と女の思考や習慣の違い、体の仕組みだけでなく
社会的に求められる性別(ジェンダー)による男と女の期待値の違い
さらにその中でもヤクザとアイドルというもっとも正反対である立ち位置の人間が入れ替わることによって
求められる社会的な振る舞いと周囲の期待値を
中身の本人とのギャップによって構造的に笑いを生み出そうとしています。

これらの実際の中身と見掛け(虚像)の対比によって炙り出されるのは、
世間の思い込みや自分の頭の中で作り上げた虚像に過ぎないものを本当(真)と思い込みたい人間の習性の愚かしさ。
見たいものだけを見てしまう人間の性。
現実と妄想(虚像)の間で右往左往する人間の可笑しみをニヤニヤ笑って見るアニメなのでしょうかね。


例えば、この作品では、ゴクドルズのファンは、強烈に誇張されたキモオタとして描かれます。
持ち込んだ自分の下着を見せて、見ている姿を見て妄想を膨らますとか、
どうやって思いついたんだが、発想がハイレベル過ぎるキモオタが登場するのですが
ファンサービスで個室で2人きりになっていても彼らは目の前にいる「現実」のアイリ、マリ、チカを見ていない。
目の前にいるのに、自分の「虚構」、「妄想」の中のアイリ、マリ、チカを見て「ハアハア」している。
ですが、アイリ、マリ、チカは元々は男で今も精神構造は男ですから、
男が女に妄想を抱く仕組みは分かるんですね。
性欲には妄想が欠かせないこともよくわかるからげんなりしている。
全能の視聴者だけには、両方の思惑や事情が可視化されているから
どこかで「あいつらバカじゃん~」という遠目から見られる余裕もあって可笑しい。


切れ者であるはずの少女心理研究家で理論家のマネージャ木下も
思い込みが深すぎて細かな事実に圧倒され、
目の前の大きな可能性に気が付かずに、
あまり重要でない歪められた事実のみに着目して
次々と都合のいいように分析して誤認していく。
これもパターン化された現実と妄想の取り違えの1つなのですが、
登場人物が分析的であればあるほど有能であればあるほど
マヌケさが強調され可笑しいという仕組み。
ナナメ上の発想のようで、かなり構造的な仕組みを持った笑いだと思います。

ただ、この原作、長期的な構想に基づくストーリーがない。構成力がない。
アイディア頼り、発想力頼りの単発のシチュエーションコメディを繋ぐ方式なので、
折角のテーマ性を強く打ち出せていない。瞬発のネタの爆発力に頼る作風。
誰もが、毎度面白いネタを生み出せるわけがありませんから、必然的に笑いに飽きがくる。
ネタの完成度によって面白さに差が出てくる。この辺は弱みだと思いますね。
構成力によって、ストーリーが進むにつれ、視聴者を惹きつけ、納得させたり、引き込んだりさせる力が弱い。
発想力があっても、アイディアが優れていても構成力のある物語にできないのは痛い。
それでも出オチで終わらなかったのは、原作者だけでなく、
この一見脈絡のない単発の話をできるだけ短時間に詰め込んで視聴者にネタを畳掛け
飽きさせない戦略を練った制作側や今千秋監督のお手柄だと思います。
さすが監督、OPで面妖に踊ってるだけじゃないですね!


感情移入を誘う笑いではなく、皮肉と風刺に満ちたやや人を突き放す黒い笑いなので、人を選ぶと思います。
共感型の人はまず受け付けないでしょうね、この作品は。
でもこの作品を見てると、男って自己の妄想に振り回されるホントに悲しい生き物だなとつくづくと思わされます。

投稿 : 2019/03/07
閲覧 : 71
サンキュー:

0

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

[短い感想]メチャ笑ったけどいろいろヤバいなぁぁ

ヤクザモノ嫌いという個人的嗜好で減点しています。

話の筋は、極道モンが性転換手術をして女子になって売れっ子アイドルを目指す、というもの。意外にも笑えた。それは、手術前の極道時代のいろいろなことが女子になった後も尾を引いていて、そこで発生するいろいろなギャップが可笑しいからかな。現実性の乏しいブラックジョークなんだけれど、これ落ち着いて考えてみると、とてもヤバい話だよねw。

こんな短い文章なのに..誤字脱字文章訂正(02/26/2019)

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 81
サンキュー:

7

scandalsho

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何でもするとは言いましたけど・・・

原作未読。最終話まで視聴。

究極のパワハラ系コメディ。
正直、滅茶苦茶な設定で、出オチ感が半端ないですけど、なかなかどうして、最終話までかなり笑えました。

1話5分程度のショートコメディの詰め合わせ。
テンポが良さが際立ちます。

画は驚くほど動きません。

ただし、それを補って余りあるほどの声優陣の勢いのあるツッコミが、個人的なツボです。


あと、第7話のOPが、とても良かったです(笑)。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 109
サンキュー:

24

プクミン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

上手い作品

やくざが失敗を犯して、親分から性転換してアイドルやって稼げと言われる(ほぼ強制)。
そして3人のやくざは『ゴクドルズ』という地下アイドルユニットとして活動をする事から物語が始まる。

これ、放映前にPVか何か見て、気になっていたので見たんですよ。
もしそれ見てなかったらイメージ的に
「単に性転換した人がアイドルやるだけのアニメ」で、見なかった可能性が高いです。

ですがっ!!
萌え系ではありません!!
心は男です!!
普段の喋り方も男ですっ!!
思考も当然男ですが、時々乙女になる時もあったり、やくざなりの仁義?らしき考え方(やくざじゃないので分かりませんが)になったり。

やってる事と考えている事が真逆なのと、嫌々アイドルやってる感がとても面白いです。
途中、コーチみたいな人から色々アドバイスを受けたり話をしたりするところもありますが、この人達には、それがまるで当てはまらない為、役に立ちません!!

時々歌いますが、歌詞が極道をテーマにしたものだけに、知らない人からすれば普通の歌詞に思えますが、このアイドル達が元やくざだと知ってる視聴者からすると「極道の事じゃんか!」と、上手いと感じられる部分も多々あると思います。

絵はあまり動きませんが面白かったです。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 47
サンキュー:

6

徳寿丸

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まぁ、芸能界なんて893な商売だよね

原作未読。
ヤン○ガ連載らしいです。読んだ事ありません。多分4コマかなぁ。所謂、アイドル成功物語ではなくいやいやアイドルやらされてる3人の元ヤクザの奮闘記。その辺が普通のアイドルモノと一線を引いている。そもそも努力、友情とかいったものでなくただのブラック企業そのものである(笑)。ギャグ系としてライトな感じで観ていいだろう。


私のツボ:どこかの国のアイドルってこんなんちゃう?

投稿 : 2018/12/24
閲覧 : 49
サンキュー:

5

ネタバレ

菊門ミルク大臣

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女心理学が通用しない…

紙芝居ですが手抜き感は無くやれる事はやってるしそのチープさも味になってるなぁと。

ヤクザが下手打って性転換させられてアイドルに。
出落ちというかこれ以上に強烈なインパクトはなく徐々にパワーダウンしてたかも。

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 45
サンキュー:

1

ネタバレ

KINAKO音大生

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

ゴクドルズ

極道から性転換してアイドルに!って外すわけ無いやろう…と思って観たけど全く面白くない。ギャグアニメでここまで面白くないアニメも無いような気がする。クスっともならなかった。大概面白く感じる深夜で観て、ここまでシラけた気分にさせるアニメやった…ある意味貴重な体験でした…

投稿 : 2018/11/10
閲覧 : 115
サンキュー:

2

ネタバレ

anime

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まさかの性転換

ヘタを打ったヤクザの若い3人組が、「おとしまえ」として性転換させられ、地下アイドルグループとして組の資金集めをやらされるというナンセンスギャグアニメ。

法律が厳しくなって暴力団の資金繰りも大変になってきた、とか、地下アイドルの厳しい現実、とか、テレビなんかでもちょくちょく報じられてるような今の世相のエッセンスをうまく紡いでギャグ作品に練り上げたところが見事だと思います。

アニメっていうか紙芝居に近いのもシュール感があってよかった。
いかにもアイドルっていう声と、心の中の野太いヤクザ声のギャップも素晴らしかったです。

笑いの取り方、切り口はまあそこそこベタな感じなんだけど、設定のインパクトのおかげで10話飽きずに観れた感じ。

個人的には演歌歌手の田中なつこさんの髪型のふざけっぷりが好きでした。

欲を言えば主人公の3人組のキャラのコントラストがもっとはっきりしてたらさらに面白かったかもと思います。

気楽にみれる良作かと。

投稿 : 2018/11/03
閲覧 : 71
サンキュー:

2

伊吹

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

微妙に笑える

シュールw
見なくても差し支えない
誰かにオススメするかと言ったらしない

投稿 : 2018/10/24
閲覧 : 69
サンキュー:

2

ネタバレ

てんてん

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白い

結構好き。

投稿 : 2018/10/16
閲覧 : 32
サンキュー:

2

木村天祐

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

失敗した極道が性転換させられて組のためにアイドルやります

クッソ面白いヤクザギャグアニメです。
静止画ばかりの約30分アニメのくせに、今季のダークホースですね。

ある時大失敗こいた極道のおっさん3人組が責任取らされて、親分命令で強制的にタイで性転換手術をさせられます。その後、一年間地獄のアイドル特訓(洗脳教育&滝の中で歌とダンスレッスン)を経て、組のために金を稼ぐためにアイドルになります。
これだけでひでー話だってことがわかると思います。特に親分(cv:藤原啓治)がプロデューサー気取り大物作詞家気取りのド屑で自己中で悪魔な男ですね。どうやったらこんな発想が生まれるんだか(褒め言葉)。

地味に歌に力を入れていて、注意深くアニメを見ていると、ゴクドルズが歌う曲が何曲もあります。
主役の三人組(女ver.)は新人声優ですが、他は有名声優ばかりで地味に豪華です。

私はおすすめです。是非見てください。

投稿 : 2018/10/08
閲覧 : 58
サンキュー:

6

しおなっつとこなっつ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

仁儀切らせていただきます!

何も考えず無心で見られる貴重なアニメ。

設定がまず面白くて出オチ感すらあるけど、でも設定が面白いから結局普通に面白いという。

メインの女性声優三人は恐らく新人の方だと思いますが(違ったらごめんなさい)、対照的に男性声優はベテラン三人衆で豪華です。貫禄がすごい。

opとedがどっちもめちゃくちゃ耳に残る曲で、opは一緒に踊りたくなっちゃうし、edはお皿洗いの時とかにずっと頭の中で流れてるんですよね。今でもw

投稿 : 2018/10/08
閲覧 : 37
サンキュー:

3

ネタバレ

魂がBITCH♡

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

昭和の香りが漂う経済ヤクザを揶揄した異色ギャグw

作品概要
●原作:週刊ヤングマガジン(講談社)

●原作者:ジャスミン・ギュ

●アニメーション制作
J.C.STAFF
{netabare}

監督:今千秋
【代表作品】
・監督
ひぐらしのなく頃にシリーズ
純情ロマンチカシリーズ
のだめカンタービレシリーズ
他多数

シリーズ構成:山川進
・脚本
探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕

キャラクターデザイン:クレジットなし

キャスト
山本アイリ / 山本健太郎: 貫井柚佳 / 小野大輔
立花マリ / 立花リョウ:前田佳織里 / 日野聡
杉原チカ / 杉原 和彦: 赤尾ひかる / 興津和幸
犬金鬼万次郎:藤原啓治
以下略
{/netabare}

原作一部既読

エピローグ
たまに、本作が掲載されている『ヤングマガジン』を、食堂や喫茶でしか読んだことがない程度の原作認識だが、いやいや、まさかこれがアニメ化されるとは思わなかったw
暴対法施行以前、ヤクザが肩で風を切っていた時代を知っている、アラフォー以上の世代にはネタ的にツボかもしれない。
芸能興行とヤクザ、以前は密接な関係があったことを踏まえると笑えない話しでもあるな。
それにして、極道をネタにしたギャグなんて、あまりにもコア過ぎるし、ファン層も限られると思うのだが、『ひぐらし』の今監督、流石巧く料理した。これは、お見事というしかない!
私、メッセージ性やストーリー性の強い作品の考察レビューは得意なんだが、ギャグの評価は苦手分野。
しかし、2018アニメはギャグの名作が多く、そうも言ってられんからレビューする罠。

ツボをついたギャグなら物語で高評価する。

原作に合わせてワザと劣化させた作画演出もさすがJCスッタフ!これも見事だ。
全体的に低クオリティに見えるのは、昭和チックな演出を意図してのことだろう
下手な者が描いて下手になるのは当たり前だが、上手な者が下手に描くのは【技】なんだよ。
あと、2018夏季のアニメは『あそびあそばせ』や『ぐらんぶる』のように【顔芸】がトレンドになったね。
本作も、ゴクドルズ三人の可愛い女の子の表情と、ゴツイヤクザのオカマの表情を切り替える作画演出が見事だった。

今季、奇しくも『ひぐらし』を制作した「ディーン」が正統派アイドルアニメを制作し、今監督が別会社でギャグアイドルアニメの監督をやったシンクロニシティ的な偶然も面白いね。

しかし、世が世なら本作関係者はコンクリート詰めにされて、どこかの湾に沈められてたかもよ(笑)

本作、Netflixが配信をしているが、製作に出資、関与しているのかな。
まぁ外資も善し悪しだが、反社会団体にスポットを当てた、この手の作品をアニメ化するのは国内企業なら引くな。

☆極道、サムライ
これ、現役や元現役が現役を呼称する単語。
☆ヤクザ
社会的な表現。
☆暴力団
法律、マスコミの公的用語。
まぁ、どれも同じこと。

☆任侠、仁義
ヤクザが守るべき道徳律。

【笑いのツボ】
{netabare}
本作は、なんたって「オトシマエ」が性転換で、「アイドル」にさせられた元極道が繰り広げる笑いと涙の物語がツボに嵌まるか嵌まるにある。
エロ、下品満載の本作だが、1970代に流行した大橋巨泉や前田武彦らのナンセンスギャグの系譜だね。
そういや、ゲバゲバ90分。今あんなの放送できないだろうな。
即BPOに放り込まれる。
極道だった、引退して立花マリの親父(実父)がまさか自分と同じように、オカマになっていたとか、これモロ、ナンセンスギャグなんだよ。
極道の本分は「漢」(おとこ)であるところ、女にさせられた上に、アイドルまでやらせられた三人の悲惨な心情は見ているだけでも面白い!(爆)
それにしても「犬金」の作詞能力やマネジメント能力は実社会でも通用するな。
ただし、パワハラはいかんw
この三人が男だと知らずに、マネジメントさせられている「マンダリン木下」の道化役もツボだった。

更に、組長「犬金」の鬼畜ぶりも合わせて【他人の不幸は蜜の味】という皆が持っている実に下衆な心理を擽り、ここを徹底して突いた演出が本作の特色であろう。
鬼畜「犬金」が恐妻家だった回は笑ったな。
奥さんの大物演歌歌手「田中なつ子」のキャラデザ・・黒柳徹子まんまだったが、おいおい叱られるぞ(笑)

いやいや、マジ正気のサタデナイト!w

本作では「オトシマエ」を意味する「旅客機が海外へ飛び立つ」この暗喩だが『パタリロ』でも表現は違うが、よく用いられていた暗喩手法で個人的には懐かしく、そしてウケタ。

また、インパクトのあるOP曲とOPで一瞬「キャンディーズ」を彷彿差せる古臭いアイドルダンスの影絵作画で、本作がただモノではないオーラーを放つ演出となりGJだ。
しかも、今監督がOP画のモデルになるってあの人何考えてんだかね?w
そういや、今監督は「花」に相当なこだわりがあるそうだ。
OPも花が散りばめられている、監督の趣味なんだな。
{/netabare}
基本、一話完結のギャグアニメだから内容によっては好き嫌いは出てくるし、アイドル役三人のキャラ設定にもう一捻り工夫が欲しかったかな?

更に春アニメ『ヒナまつり』はインテリヤクザ「新田」の描写不足で消化不良感があったが、本作でスッキリしたという、意図せず偶然に作品同士が連携したことも本作の評価を上げた点かもしれない。

【蛇足な雑感】(ここ読まなくても全然構いません。)
{netabare}
ヤクザは本当に社会にとって不要なのか?
ヤクザは一般市民にとっては確かに怖ろしい存在であり、多くの方々はそりゃ絶対反対だろうが、社会を成立させるには「必要悪」の存在も是認しなければならないときもある。
どんな社会でもドロップアウトをする者がいるが、その一つの受け皿がヤクザであった事実を忘れてはいけない。

我が国でヤクザが長らく許容されていたのは、上記の他に、アウトローの秩序でアウトローの暴走を防ぐことと、彼らを可視化させることで、警察当局のコントロール下に置く意図があった。
地下に潜られると取り締まりが困難になることは、かつての共産党(日共)退治を通して当局が体験的に得ていた知恵でもあった。
因みに、共産党退治とは「治安維持法」で日共の壊滅を目指し、徹底的に取り締まったが、結局、地下に潜られてしまった苦い経験のことだ。

ヤクザも当局の方針を理解していたことから、抗争が生じても当局の勧告で寸止めでやめたり、捜査情報を流したりなど、持ちつ持たれつの関係を築き上げていた。
また、ヤクザ同士の抗争の場合、殺人を犯しても異常に量刑が軽かったのも、こういう方針の一貫だ。
しかし、それに待ったをかけたのは国内世論ではなく、あまり知られてはいないが、アメリカ様なんだよ。

■日米構造協議■
聞いた事がある方も多いと思うが、バブル期、我が国の経済力の台頭に業を煮やしたアメリカが、我が国の経済システムを根こそぎ改造しようとしてはじめたのが、円高誘導のプラザ合意とこれだ。
で、これとヤクザとどういう関係があるかというと、アメリカは表のマネー以外に巨額のアングラマネーも問題視していた。
この、アングラマネーを握っていたのがヤクザであり、アメリカは我が国政府に対策を要求してきた。

時にバブル期、経済ヤクザの台頭で暴力団の民事介入が問題視されはじめた。
当時は「民暴」ともいったが、ぼったくりバー、総会屋、地上げ、闇金、手形のパクリ、示談屋、不良債権回収、不動産転売屋など民事におよそ非合法手段で介入し稼ぐ手口だが、世論の批判とアメリカの要求に抗しれなくなった政府は、ついにヤクザの民事介入を本格的に取り締まる「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)」を成立、施行した経緯がある。

ここでは、ヤクザ非合法化は「外圧」であったことを強く述べておきたいことと
、臭いモノに蓋をした結果、当局が危惧したとおり裏社会の統率が乱れ、マフィア化した「半グレ」や「中国系マフィア」がのさばってきた現実を考えると、我が国の裏社会を統制してきたヤクザを必要以上に追い詰めることは、得策ではないのだろうと思う。

アメリカがシナふっかけた貿易戦争も、かつての日米構造協議同様、オンリー1は絶対譲らないアメリカの強い意志なのだろうな。

そういや、自宅の周辺に六代目系の事務所があるな・・・

おっと、この辺で筆を止めて置こうw
{/netabare}

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 136
サンキュー:

25

みのるし

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なめてんじゃねぇぞー!ごぅらぁー!

このやろー!留め絵ばっかりじゃねえかー!ごぅらぁー!
紙芝居じゃあねえんだぞー!ごぅらぁー!

でも芝居がいけてるから十分みごたえあるじゃねぁかー!ごぅらぁー!

さすが今千秋!
やるじゃねえかー!このやろー!

EDのバンドサウンド一発撮りっぽい曲も低予算アニメっぽくて好感が持てるじゃねぇえかこのやろー!

おもしれぇじゃねえかー!
なめてんじゃねぇぞー!ごぅらぁー!

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 38
サンキュー:

4

衛狸庵

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

爆笑物でした

ヤクザの世界もアイドルの世界も似たようなものだけど、両世界の住人は全くの別物で、そこのギャップが面白い。
しかし、いくら整形したからって、おっさんが美少女にはならんだろ。
そこも笑える。
話に登場するドルオタって男から見てもキモイね。
組長の鬼畜ぶりは最高です。

物語的には特に内容の無い薄ぺらい物だけど、ギャグ物なんだからそんなものでしょ。でも、ボケと突っ込みのタイミングは絶妙で爆笑します。

何も考えずに笑って楽しめる作品でした。

投稿 : 2018/09/30
閲覧 : 39
サンキュー:

4

ネタバレ

kakelu

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話の感想 ★★★☆ 3.5
極道が…
{netabare}
1話目はまぁまぁ面白かった!
けど、マンネリ化しそう…
最後まで見れるといいな。{/netabare}

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 50
サンキュー:

6

ネタバレ

岬ヶ丘

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

またひどいアニメを作ったな(誉め言葉)

 原作は未読だが設定はもちろん、この掛け合いを考えてよく描いたなと感心というか驚きを禁じ得ない作品。既存のジャンルに囚われない、アイドル×極道×下ネタアニメ。

 設定に突っ込みどころ満載だが、そこを言ってしまうとどうにもならないのでスルーするしかない。一人のキャラクターを同時に男女の声優が演じるというのも新しい演出。声優さんからしても難しい作品だったとは思うが、特に女性声優さんが下ネタを含むセリフを体を(喉を?)張って頑張っていた姿にはこれが声優か・・・と仕事の大変さを感じた。

 斬新な設定に漫画的な演出で魅せる演出に序盤こそ勢いもあったが、途中からはややマンネリ感も感じた。他作品よりも短い期間でまとめていたのは好判断だったと思う。とはいえこの作品は一体どう終わらせるのがハッピーエンドになるのだろうか・・・。

 音楽面では大石昌良氏により名曲(迷曲?)をはじめ、この作品ならではの際どいアイドルソングはなんだかんだいって良曲ばかり。OPのバージョンが変わるといった遊び心も感じられた。アルバムも発売とのことで、是非聞いて見たい。(多少勇気もいるが・・・)

 「またひどいアニメを作ったな(笑)」という感想を、原作者と今 千秋監督(兼振付師)に最大限の賛辞として贈りたい。

視聴日 18/9/6

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 29
サンキュー:

5

Dave

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

設定活かせず、寒いマンネリ。せめて画がよければ…

極道×アイドルってなかなか面白い設定だと期待したんだけど…まずもって画が残念。もうちょっとキャラに魅力があれば、引き込まれたのかもしれないが。結局、いつも同じ極道パロディで、発展性がないしすぐにマンネリ、ギャグの切れも悪く笑えない。

今期は「あそばせ」「ちおちゃん」などギャグモノが多い中で、完全に埋没。ギャグが冴えないならキャラで勝負するしかなかったが、画も残念だし3(乃至4)人の主人公のキャラ分けも全くできておらず、最後まで誰が誰だかわからなかった。

OP、昭和の「極道の~」を意識したんだろうが、イントロ終わってもテープ音源のような酷い音質にしたのはなぜ?

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 36
サンキュー:

4

ネタバレ

アベベ晴明

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:今観てる

けっこー好きだったよ

アニメじゃないけど。
アニメじゃないなら、30分枠はキツくない?15分とか5分とかでも良かったのではと。絵のクオリティとかどう考えてもそうだよね・・・

4話みましたー
ここまでの中でかなり見応えのある話だった。
というかカズ滅茶苦茶紳士だな。ヤクザだけどさ。

恋の潰し屋は最初ただのタンクトップかと思ってた。でもあれスク水なんかぁー
そういえばコレに出てくるキモブデって野島さんなのね・・・こーゆーヨゴレって野島は野島でも弟が専門って感じだから意外だった。

あとの話は割と低空飛行かなー。
というか、曲が結構良く出来てるんだよね。
上に挙げたのはとっちも曲入りだったしね

やっぱりビミョーな話も散見されたな。
被害者の会とかみててちょっと微笑ましい気分になったり。
女流監督の中ではソウル感じるよね今千秋
どっかのアレとはえらい違いだ

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 64
サンキュー:

5

ISSA

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

実は…A○Bとか○○坂にも元オッサン混じってる

今期の下ネタギャグアニメ枠
笑えます!
監獄学園が好きな人にお薦め。

陰毛に白髪一本生えた…笑ったw


視聴完了
痛々しさメインの笑いだけど普通に笑えて面白かったです。
ただこの笑い、今期、ぐらんぶる&ちおちゃん&あそびあそばせ…
さすがに4本はお腹いっぱい、飽きたし。
笑いのバリエーションがもう少し欲しかった。

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 131
サンキュー:

13

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

藤原啓二さん、キターッΣ(・□・;)性転換アニメが出てくるとは・・・

 ジャンル ヤクザ × アイドル


 ストーリー

 やらかしてしまった ズッコケ3人組ならぬ

極道下っ端3人組 Σ(・□・;)

 ケンタロウ・リョウ・カズヒコ

犬金組長からのお咎めは・・・

 タイに行って、性転換してこいと

そして、彼らは アイドルをさせられた・・・




 物語

 犬金組長は 作詞家に

ケンタロウ・リョウ・カズヒコはアイリ・マリ・チカへと変わり

アイドルになってしまった

 犬金組長は もう横暴だった

1年間 アイドル修行をさせた

・滝に打たれながら 発声練習

・カイジみたいな鉄骨わたりに

・熊と戦わせられる

 一気に、地下アイドルのトップへと駆け上がる

個人的に一番好きな話を教えましょう

次点は ナツコ編ですw


 ジョージ編

 かつて、男であった時のことを思い出し

その時の女との情事の余韻にひたり、女とのセクロスが恋しくなり

つい、 セックスしてーと言ってしまった

それはアイドルとして言ってはいけない言葉

 そう、犬金先生は そんなアイドルを許さない

メンタル部屋に 監禁 with 犬

 テレビには永遠と アダルトなことが流れていた

犬は雄であり、常に 激やばビンビン丸

 ジョージはリナという女になっており、

犬がうらやましかった・・・ そう、エレクトしていることが

 犬金先生の手は止まらない

「メス、投入・・・」

 メスが投入され、犬は ずっとセクロスをっ・・・

ジョージは うらやましく見ていた

 ずっと、続き

彼の精神は 仏となったwww

そして、犬たちの表情が好きだった・・・


 

 好きなキャラトップ3

1:犬金組長

 藤原啓二さんの声が久々に聴けた

とんかつDJ あげたろうのオイリーさんぶりにきけたww

 しかも、はまってたキャラに( *´艸`)



 2:ナツコ

 アイドルに厳しいし

犬金組長 Sな女が好きだったのかΣ(・□・;)


 3:犬

 物語にでてきた犬です

あいつらのやりおわった表情が好きでしたw



 音楽

 なんか、ポップでよかった

なぜか、わからないけど

 けものフレンズのOPを思い出したのは俺だけかい?



 
 感想

 あそびあそばせ同様、ぜひとも見てほしいアニメです

前期の ひなまつりといい、面白い感じのアニメあるねー

 タイは性転換の聖地だということが分かったアニメ

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 35
サンキュー:

4

テナ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

極道×アイドル

やらしてしまった極道の3人がケジメをつけるために海外で手術を受け性転換手術をさせられ女の子になってパワハラを受けながらも人気アイドルを目指す作品。
完全にギャグです…物語の掴み出しとしてはかなり面白いのですが、ギャグとしては飽きやすいイメージを持ってしまいました(^^;;
確かに面白いのですが無理に笑わせようとする感じが出ている雰囲気を個人的には感じてしまいました(つд;)

投稿 : 2018/09/22
閲覧 : 41
サンキュー:

8

次の30件を表示

Back Street Girls -ゴクドルズ-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Back Street Girls -ゴクドルズ-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Back Street Girls -ゴクドルズ-のストーリー・あらすじ

極道渡世に身も心も捧げた生粋の極道3人が、性転換&全身整形してアイドルデビューすることに!
仁義なきアイドル渡世コメディ!

かわゆいアイドルに姿かたちは変われども、身にしみついた極道の生き方が行く先々で嵐を巻き起こす!?

「ヤングマガジン」(講談社)連載の『Back Street Girls -ゴクドルズ-』(ジャスミン・ギュ著)がまさかのアニメ化!(TVアニメ動画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
J.C.STAFF
主題歌
≪OP≫ゴクドルズ虹組『ゴクドルミュージック』
挿入歌
月蝕會議

声優・キャラクター

小野大輔、日野聡、興津和幸、貫井柚佳、前田佳織里、赤尾ひかる、藤原啓治

スタッフ

原作:ジャスミン・ギュ(講談社「ヤングマガジン」連載)、監督:今千秋、シリーズ構成:山川進、作画監督:梶谷光春、音響制作:マジックカプセル、音響監督:明田川仁、音楽:月蝕會議、音楽制作:ユニバーサルミュージック/EMI Records

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ