ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」のレビュー感想/評価

よみがな:べるぜぶぶじょうのおきにめすまま

放送時期:2018年秋アニメ(2018年10月〜)

このアニメの感想・評価 107

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。のみんなの評価
★★★★☆ 3.4 5
物語:3.2 作画:3.4 声優:3.5 音楽:3.4 キャラ:3.4
  • 物語 ★★★☆☆ 3.2 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.4 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.5 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.4 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.4 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
1234
2019.01.17 23:53 Lovesingの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

可愛い‼️

女の子は見るべきかな。
可愛いし、癒しだし、キュンキュンする‼️
なんといっても、主人公達が可愛いんです!

 サンキュー(2)
ネタバレ
2019.01.16 00:13 天地人の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

仮SFスーパー英雄(?)列伝40

この「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」ですが、本当に気持ち良いというか、心地よいアニメでした。
おかげて、仕事で疲れた状態で見ると睡魔が・・・ああっ、何て事だ、また眠ってしまった(汗)
さすが悪魔だけの事はありますね(なんか違う気が)

「で、ベルゼブブってどんなキャラなんだ?」
「確か、奥さんが浮気性で浪費家だそうだ(それ、鬼灯の冷徹)」
「いや、俺は赤ちゃんだって聞いたぞ(それはべるぜバブ)」
アザゼルさんもそうですが、最近のギャグアニメのせいで、違うキャラを連想してしまうのは何故だろう(おいっ)
そんな訳で、今日も
「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」
を観てたはずなのに、気が付いたら終わってると結果に(ホントに観終わったのか、こいつ)
それだけ、モフモフして女性キャラがかわいいアニメでした。

 サンキュー(10)
2019.01.12 16:49 pisterの評価 | 観終わった| 38が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

人間が出ないので細かいことが気にならない

1話感想{netabare}
あれ、ベルゼブブって暴食の王じゃなかったっけ?
同制作のライデンフィルムが前期やった“ファントムインザトワイライト”にも暴食の王が出てたので「アンタも好きねぇ」と思わなくもないが、気付いてないだけでこういうのって結構あることなのかな?織田信長とか。
まぁ作中では暴食と言うよりは怠惰っぽいけど。

ちと感心したのは悪魔といっても打倒神ってことではなく、あくまで神の御心(人間を試す)として悪魔は存在するって立場らしい。
血気盛んだと“ゆるふわ”感が難しくなるのでこれはいい判断なんじゃないかな。
1話見た限りでは「実は凄い力を持ったやんごとなきお方(女)に世話役の男がてんてこまい」って内容だと思うのだけど、構造的には“おねショタ”になるのか?
何をもって“おね”とするかによるけど。
そのジャンルだと前期“すのはら荘~”ってのがあったけど、それよりは“おね”が押し付けがましくなくて見やすい。
あくまで1話段階ですが…。

それにしても、ベルゼブブの声は大西沙織かぁ。
合ってるとは思うけど、ご存命だったら松来未祐だったんじゃないかなーとなぜか強く感じる。{/netabare}

最終回まで見て{netabare}
作品数が多すぎて「本数減らさにゃキツいや」と視聴断念する際、「面白い・つまらない」よりも「続き物か・一話完結系か」ってことの方が優先されることが多いです、自分。
多少つまらなくても続き物だとついつい見ちゃうって言った方が正確かな?
ということで、ホント申し訳ないのだけど・別につまらないってワケじゃないのだけど途中で視聴断念した日常系アニメは多いです…じ、時間があったら見たいんですけどね。
そんな中この作品は普通に全部見れました。
なんでじゃろー?と思って考えてみたら、キャラが全て、町人もぜ~んぶ「人間ではない」、これのせいかなぁ?
「えーそれってどうなん?」って思うようなことがあっても「ま、人間じゃないしー」で気にならないというか。
実際ベルは「見た目通りの年齢じゃないだろう(別に気にしないけど)」と思ってたらダンタリオンの件でやっぱりそれっぽいことを仄めかすシーンがありまして。
妙にギャートルズ推ししてた気がするけど、これも見た目通りではないことの暗示か?
あとはアレだ、大昔の戦争時代の勇猛っぷりを伺わせるシーンを期待して見続けてたのかも?無かったけどまぁそれはいい。

内容としては…ベルに関しては“sin七つの大罪”見てたせいか驚くことは無かった、あっちはロリっ娘ですぞ。
むしろ1話冒頭で食い物の夢を見てて「ああ、ちゃんと暴食の王してる」とスンナリ受け入れられたくらい、ここら辺も最後まで見続けられた理由か。
ごっちんは水着よりも普段の格好の方が恥ずかしいだろー、ってかごっちんも名前「ベル」で始まるのでちとややこしい。
↑で松来未祐を書いた後に登場してビックリした、先の展開知ってて書いたワケじゃないぞい。
アザゼルはサンリオ男子。
で、肝心のミュリンに関しては正直よく分からん、近侍であるならそれなりの役職に就いてる悪魔は一通り把握しとくべきだと思うのだが…急遽引き抜かれたんかね?
でもって大戦中大活躍したベルを信奉してるって話なので、どう考えても数十年は年齢開いてるハズ(ミュリンは戦争自体体験してないっぽい)。
こういうのもおねショタになるのか?
ま、人間じゃないしいいか、とあんまり気にならないのはやっぱ強い。

総評としては、繰り返しになっちゃうけど人間が一切出ないので細かいことが気にならず、のーんびりと見ることができました。
「悪魔である必要ある?」って声も聞くし、その意見もご尤もだと思うけど個人的には有効に働いてた気がします。{/netabare}

 サンキュー(7)
2019.01.12 11:10 pikotanの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

究極のゆるふわ系

ボキャブラリーが貧困な自分には、可愛い以外の言葉が思いつきません。
淡い色合いの作画も手伝って、これほどまでに「ゆるふわ」とか「モフモフ」などの言葉が似合うアニメは今までに観たことがありません(忘れているだけかも)。
登場するキャラクターは男女問わずみんな可愛いですが自分が男のせいか、やはり女性キャラに惹かれます。
特にベルゼブブ閣下と「ごっちん」ことベルフェゴールの可愛らしさといったら…。
個人的にお気に入りなのは、閣下のギャグパートの顔ですね。ジト目をしたときや顔が餅のようになっているときです。
それとごっちんの方言が最高でした。
キャラクター自体可愛いのですが、CVを務められた大西沙織さんと久野美咲さんの声が抜群に合っていて、キャラクターの魅力をより引き出していたと思います。
あまりに可愛過ぎて、毎回胸が締め付けられキューンってしちゃいました(笑)。
この二人に好かれているミュリンとアザゼルが羨ましいです。
あと、ツンデレなサルガタナスも良かったな。

気がつけば大好きな作品になっていました。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2019.01.09 22:41 天使のたまごの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

タイトルなし

ホントに悪魔なの?というくらい可愛くて悪魔要素はゼロです。名前だけのような気もします。
パステルカラーな世界観のせいもあるかもしれません。もどかしい系のラブコメです。原作の連載が途中なので最後までくっつきませんでしたが、原作はどうなることやら…。

 サンキュー(2)
2019.01.09 08:45 たいちの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

かわええ

ベルゼブブかわいい

 サンキュー(2)
2019.01.08 00:35 剣道部の評価 | 観終わった| 60が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

マシュマロ、わたあめ、マカロン、パンケーキなどと同義語です(笑)

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
日常系の中でも、かなりゆる~く、へいわ~で、もふもふ~なアニメです(笑)

前半はテンポが遅くて退屈を感じることもありましたが、キャラが馴染んできた後半はなかなか楽しめましたね♪


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
このアニメの感想、、、なんだろう? 井上喜久子さんに優しくたしなめられたいアニメかな(笑)

閑話休題。

キャラクターとしては、ベルゼブブ、サルガタナス、ベルフェゴールがそれぞれ可愛かったですね♪

ベルゼブブは、登場してすぐの全裸で、う~んとなりましたが、中盤以降は落ち着いた印象です。やや残り二人に押されぎみでしたが、ミュリンとうまくいかなくて拗ねたりしてるところは良かったですね。9話とか良かったし、11話の「ドンドコズンドコイェイ♪」とか、あざとかったけど、やられました(笑)

サルガタナスは、本作では一番のお気に入り。キャラとしては目新しさはなかったですね。典型的なツンデレ貧乳キャラ。それでもやっぱり、好きなものは好き。10話とか最高でしたね♪

ベルフェゴールは、「好きだから尿意」というのはあんまり好きな設定ではないのですが、9話の「手記」は笑ったし、11話の酔っぱらいは安定の可愛さでしたね。アニキと上手くいってほしい♪

この3人は、それぞれにカップリングが固定化され、被っていないなで、平和に三者を応援できますね。本作のような作風では、ドロドロなんて邪魔になるだけですし。

いや~、にしても、寝落ち率の高いアニメでした(苦笑) まあ、癒されたということでw
{/netabare}

【余談~ 本来の悪魔性質に、-を×(マイナスをかける) ~】
{netabare}
このアニメでは、様々な悪魔が擬人化されていますが、本来の要素を残したままに、嫌な性質を逆転させて、ゆるふわにした感じでしょうか? 例えば、

ベルゼブブ→ハエの王。クソ山の王。ですから、性質を逆転(マイナスかけて)。フワフワ好きな可愛い少女に。ただ、魔界ではサタンに次ぐ者という部分は同じ。

アザゼル→ヘブライ語で、「ゴツゴツして強大な者」。その要素は残しつつ、可愛い物好きな乙女男子に性質変換。

ベルフェゴール→「好色」で「女性不信」。だから、「男性を過度に意識」「男性不信」に。

アスタロト→「竜にまたがった天子の容姿で、息が超絶臭い」。容姿は天使のまま、しかし、息は桃色吐息というか、イケメンチャラ男に性質変換してますね。ちなみに、サルガタナスはアスタロトに仕える上級精霊で、何でも見抜く力があるらしいです。

エウリノーム→全てを含む者。わりとエロい女神なんですね。だからショタか。

ダンタリオン→無数の老若男女の顔を持ち、右手には書物を持った姿で現れるとされる。あらゆる学術に関する知識を教えてくれる。ビブリオマニア、美少年はわかるとして、うさみみはどこからきたんだろう?

アドラメルク→サタンの洋服係で、孔雀の姿をしている。だから、派手なオネェキャラに?

という具合に、良い感じでキャラクター化してるなと思います。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆2
スゲェゆっくりだな。エロ? 純情乙女男子は、なかなか良いね。

2話目 ☆2
なんだ、BL要素? アザゼルもベルゼブブも、どこに要素が? アザゼルはヘブライ語で、「ゴツゴツして強大な者」らしいから、その辺かな? ベルフェゴールは、「好色」で「女性不信」なので、「男性を過度に意識」「男性不信」に変えたのかな? ベルフェゴールはなかなか可愛い。

3話目 ☆3
アスタロト。「竜にまたがった天子の容姿で、息が超絶臭い」。サルガタナスはアスタロトに仕える上級精霊。ツンデレw

4話目 ☆4
顔芸? エウロノーメ。全てを含む者。わりとエロいというか、そんな女神なんですね。だからショタか。胸フラットは(笑) 庶民的だな(笑) 悪魔なのに解脱して、召されそう(笑) 理由がなければ触れてはいけない。前半のコメディ、後半のラブコメと、なかなかバランスが良かった印象。

5話目 ☆3
字幕改善? ダンタリオン、無数の老若男女の顔を持ち、右手には書物を持った姿で現れるとされる。あらゆる学術に関する知識を教えてくれる他、人間の心を読み取り意のままに心を操る力を持ち、他人の秘密を明らかにしてくれる。

カミオ→鳥の姿をして、弁がたつ。

ニスロク→エデンの園を守ってた人ね。

6話目
最早、このナレーション聴きたいだけな気も(笑) アドラメルク。サタンの洋服係ですね。孔雀の姿をしているから、派手なオネェキャラに?

7話目
感想書き忘れ。

8話目
感想書き忘れ。

9話目 ☆4
今回のベルゼブブは可愛いな♪ さっちゃんの押し花も、可愛いな♪ 痴話喧嘩w 手記(笑) 最後はミュリンめ、可愛いな(笑)

10話目 ☆4
アルゼンチンバックブリーカー(笑) サルガタナスが可愛いな(笑)

11話目 ☆4
ドンドコズンドコイェイ♪が、可愛すぎる(笑) サキュバス課w 酔っぱらいは安定の可愛さw 避けられたw

12話目 ☆3
サキュバス、下着あざとい(笑) 女性だけの課って、そうなるよねw 男子中学生アルアル(笑)
{/netabare}

 サンキュー(24)
2019.01.07 16:18 scandalshoの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

悪魔が暮らす魔界?いえいえ、この世界はモフモフの国です(笑)

原作未読。最終話まで視聴。

「モフモフの国の日常」&「恋愛幼稚園児たちのラブコメ」
こんな印象の作品。

悪魔たちが暮らす魔界の話なのに、ちっとも魔界臭がしない不思議な作品。

何気に豪華な声優陣も特徴の一つ。
井上喜久子さんのツッコミ系ナレーションが癖になる作品でもあります。

 サンキュー(14)
ネタバレ
2019.01.07 00:47 MuraBustanの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

悪魔

かわいいかわいい。

 サンキュー(6)
2019.01.06 23:42 ISSAの評価 | 観終わった| 89が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

期待した♪未来の先~魔法をかけてピンクレモネード♪

OP曲:ピンクレモネード

軽やかな、みあさんの声とピアノの伴奏が特徴的な三月のパンタシアの楽曲
アニメの音楽も担当している分島花音さん作詞


ちなみにレモネードって黄色と違うんかいと思ったら…
レシピ(二人分)
レモン二個、ルビーグレープフルーツ二個、上白糖:大さじ5杯、ハチミツ:大さじ三杯…
「ピンク」と言うか「オレンジ色」…めっちゃ甘そう&カロリー高そう


三月のパンタシアさん他にもアニメのOPED担当してるので聞いてみて下さい。
・はじまりの速度「キズナイーバー」
・フェアリーテイル「亜人ちゃんは語りたい」
・ルビコン「Re:CREATORS」
・風の声を聴きながら「スロースタート」
・コラージュ「衛宮さんちの今日のごはん」

肝心のアニメはモフモフ、フワフワ…
しか印象に残らないけど、巻き返しなるか?


ネットとかで誰対象アニメとかよく書かれてる…
多少分かる~

「ごっちん」ことベルフェゴールが可愛いわぁ。
緊張したらオシッコ近くなる女の子ってw

一番のツボはナレーション井上喜久子さんかも、癒し声での解説&ツッコミ。
ちびまる子ちゃんのキートン山田ぽい、コアファン向けてかもだけどキートン感で最後まで視聴出来そう。


視聴完了
作風にクセあるのと、ゆるゆる~ふわふわな感じのアニメ。

ん~微妙だったかな?
ヒロインのキャラがそれほど立ってないし男性陣もヘタレだし、お勧めはあまり出来ないアニメかも。
1話見て合わないなら止めた方がいい…

私は井上喜久子さんのナレーションがツボだった。

 サンキュー(19)
2019.01.05 08:25 ジパミィナの評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ゆる〜く視聴すること 65点

視聴開始時としては、なんか盛り上がってこないので、退屈な流れに感じます。
なんとなくキャラの特徴が掴めてくると、展開に期待することが無くなりました。

やり取り自体はそこそこ面白いですが、タイプ的に好みで無いキャラがちょっとイヤです。(お漏らしキャラ)

設定としては悪魔界なのですが、いい悪魔ばかりなので深く考えないことにしました。
ゆるキャンよりもゆる〜く視聴するのが良いかと思います。

 サンキュー(4)
2019.01.04 21:06 目付きの悪い猫の評価 | 途中で断念した| 24が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

ベルゼブブ関係ない、ふわふわな感じのアニメです。

個人的にベルゼブブと言えば、ハエというイメージが強く、何かハエに関するところがあるのか?と思い見ていましたが、ゆるふわで別に悪魔とか関係ないラブコメ?恋愛系?でした。主役が早々に全裸とか、なぜここで全裸?見ていてもどかしさを感じ一話途中で断念です。ケーキで例えるならひたすら甘いケーキです。もっとメリハリがほしいと思いました。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2019.01.03 19:55 りゅぅぞぅの評価 | 途中で断念した| 20が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ほんわかして のほほんとして 癒し系 アニメだったが、すさんでいる俺を浄化することはできなかった・・・

 ジャンル  癒し


 ストーリー

 魔界を統括している? ベルゼブブと それを補佐する ミュリンの

ほんわか話



 感想

 タイトル通りです・・・

ただ、始め 声だけ聴いたとき

(ベルゼブブ:渕上さん  ミュリン:神谷さん?)


って思ったんだけど、実際、エンドロールで

違っていたΣ(・□・;)

大西さん・・・ いわれてみたら納得



 これも僕に取ったら 声優アニメな気がします・・・

(個人的意見です・・・)

 サンキュー(2)
ネタバレ
2019.01.02 17:37 mamikoの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

恋に奥手な人たち

それぞれ想っている人がいるのに一歩踏み出せない。
物語はそんな彼女、彼達の話がメイン
作画は可愛い&ほのぼのな感じ
声も癒されます。
悪魔達ではあるのですが、意地悪くなくむしろ応援したくなります。
opもedも良い感じでした(^.^)

 サンキュー(4)
2019.01.01 17:12 yuugetuの評価 | 観終わった| 55が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

コンテ・演出が白眉なゆるふわ癒しアニメ

2018年秋アニメ、全12話。
漫画原作、未読です。
…最初は女性向けと勘違いしてたけど、この作品は男性向けでも女性向けでもないと思う。少年誌としては女性読者も多い(らしい)ガンガンだし。


パンデモニウム(万魔殿)で働く悪魔(元天使)たちの緩い日常と恋心を描くほのぼのアニメ。
パンデモニウムのトップ・ベルゼブブと彼女の近侍であるミュリンの恋模様がメイン(他にもカップルは何組か)ですが、ストーリーに大きなヤマは無いです。とにかく癒されたい人向け。

第1話見て気に入ればそのまま最後まで楽しめるかなっていう作風です。
日常系やゆるふわはあまり見ないんだけど、原作者のセンスが私には結構合っていたっぽい。


【ビジュアル・演出について】
特筆すべきは演出の素晴らしさ。コンテ演出も含めた評価という事で、今回は作画に星5を付けています。
良い意味で女性らしい原作者のセンスをアニメにもよく反映させています。
{netabare}
第4話「閣下、はじめてのお見舞い。」はヒールの演出がすごくいいなあと思っていたのですが、インタビューによると、原作者のこだわりをアニメスタッフが演出に取り入れたということのようです。第4話以外でもハイヒールは結構な頻度で演出に使われているし、可愛らしい小物や綺麗な調度品も沢山映してくれるので、再視聴も楽しかったです。
音楽や効果音とその使い方も素晴らしく、ビジュアルとの親和性も良かったです。
ファッションや様々な事柄に関する豆知識を控えめに入れるセンスの良さも楽しい。知っている人はニヤリとできるような内容で、アリスのお茶会のくだりは特に秀逸。

ただ、最初は井上喜久子さんのナレーションは必要なのかな?と思ったりも。
…そういえば、第2話ラストで机で居眠りするベルゼブブ閣下に毛布を掛けてあげた人は誰なんだろう。もしかしたらサタン様とか神様とかで、喜久子さんの声で後から登場するのかな?とか思っていました。
原作を読めばわかるのかな?{/netabare}


【キャラクターについて】
キャラクターの個性付けはアニメ的。男性受け女性受けどちらもしそうなあざとさはあるので、苦手な人もいるかも。私も最初はこれどうなんだろう…と思った所はありました。
ただ、キャラクター性やシチュエーションが上手で、個人的には最後まで見たらそこまで嫌な印象は残りませんでした。
{netabare}
全体的に可愛らしい描写が多いのですが、私が気に入ったのは女性キャラクターの女性らしい嗜好と思考ですね。ヒールへのこだわりとか、水着の選び方とか、素直に可愛いと言えない心理とか。
衣装のデザインや舞台・背景の美しさが満足感を引き上げてくれました。異世界(パンデモニウム)の舞台設定のおかげもあり、ベルゼブブ閣下の裸とか、アザゼルの少女趣味とか、おおらかであけっぴろげな内容も和やかに見られました。

それでも、気になったのがごっちんのバイブレーションとか、エウリノームのショタコンとかね…後半では少なくなりますけど。
キャラの関係性にしても、大抵の萌え要素が見つけられそうというか、わりと何でもアリな作風というか。何でもアリなら個人的にはOKなんだけど、好きじゃない人もいるだろうなと思います。

私はエウリノームには最初かなり抵抗が…。ただ、ダンタリオンはおそらく長命(要は美少年なのは外見だけ)で口辛く食えない性格、かつエウリノームとは直接の絡みが無かったので最終的にはショタコンもキャラクターの個性ということで悪くはないかな、と思えました。しかもお互いマイペースで独立している、という…。{/netabare}


【素直になれない女性たち】
{netabare}
キャラの関係性に重きを置いてはいますが、それが物語として大きく動くわけではないです。
ですが、これは「その感情に名前をつける」、つまりは自分の心を知るまでの物語。
「自分の気持ちに素直になれるか」がこの作品の肝という事ですね。女性から男性への恋心を軸に、それぞれのカップルの関係性を浮き彫りにしています。(まあくっつけば物語が終わってしまうので、あくまで恋は成就しないんですけど。だから横槍(三角関係)とかは原作でもまず無いでしょうね。それが個人的には凄く良いのです)
「なぜ素直になれない(ならない)のか」が女性キャラクターそれぞれの個性に直結している。それが食べ物やファッションや趣味への向き合い方を通して描かれたりもして、それも好き。

第1話と最終話が綺麗に対比になっているのも好きですね。
特殊OP特殊EDが一度もなく、最終話でも通常のPEDがあり、彼らの日常のひとコマを描く作劇を一貫したのもとても良かったです。{/netabare}


アニメ化に際した原作者へのインタビューで、キャラクターをどんな視線で見ていますか?という質問をされて「おばあちゃんみたいな感じ」と仰っていて、すごく共感しました。作中のキャラクター皆にハッピーになって欲しい、と。
また「仕事で疲れて帰ってきたときに見て、見終わったら少し元気が出るアニメになったら嬉しい、ということをアニメスタッフにも伝えました」ともありました。

原作者とアニメスタッフが、この作品の方向性をしっかりと共有していたのを感じられました。
癒されるアニメで、毎週楽しかったです。(2019.1.1)

 サンキュー(14)
2018.12.31 15:04 てぃーえむの評価 | 途中で断念した| 39が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 2.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 1.5

題材は面白いけど

悪魔とその部下たちイケメン悪魔の基本女性向けの恋愛コメディで題材としては結構好きなんだけど、キャラと作画があまり好きじゃないですねー
全体的な空気がまるで小さい女の子向けのアニメっぽい感じ。この時点でちょっとなあって思う。

まず一番いやなのが、どのキャラも男らしさが足らないと思うのです。
女性作者なんでしょうか??男が全体的に女々しいです。

なんで男性を女々しくするんでしょう?
現実の男性で想像してみてくださいよ。気持ち悪いですよ。
くねくねワイワイキャッキャしてるイケメンなんて見たくないんですよ。

女性キャラも頭と体のバランス悪くて変な体形。
キャラデザかわいくないし、天然で浮世離れすぎてて微妙。
苦労も何も知らない世間知らず女子。

男性も女性ももうちょっとリアリティのある人間味のあるキャラがいいな。
どっちも能天気すぎて感情移入できない。

ラブコメとしては悪くないと思うんだけど。
とても残念です。

 サンキュー(12)
2018.12.31 06:45 37111の評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

結局、駄天使である必要はなかった。。。

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:女上司と男部下の恋愛コメディ。別にベルゼブブである必要も無い様な気がするが今後そういう設定が生きてくるのであろうと信じて。
期待度:★★★

全体的に一貫してゆるふわを貫き、見ている人に何一つ心に残す事をしなかったというスタンスは素晴らしい。
ベルゼブブがゆるふわ好きという設定なだけで会って話自体はゆるふわかどうかといったら、結構ゆるふわでした。

パステル調の色彩は目に優しい。

 サンキュー(12)
ネタバレ
2018.12.31 01:30 ストライクの評価 | 観終わった| 39が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

悪くはないけど刺激が足りないかなぁ・・・

原作:漫画 未読


感想

魔界の行政機関で働く悪魔たちのお役所日常ラブコメですかね?
ちょっとギャグのないWORKING!にも似た感じな印象でした。

登場する女性キャラがみな恋愛初心者で、それぞれ意中の人に対してウブすぎる反応は可愛いのだけれど、幼児恋愛にも感じてちょっと期待外れ。
しかしまぁ、可愛いキャラ達の初々しくて微笑ましい恋愛模様がウリな作品だと思うので、これを楽しめるのかが評価の別れる所かな?
僕的にはラブコメは好きなジャンルなので、幼児恋愛ものでもイケましたw
なによりキャラが可愛いかったので ^^
そういった意味ではキャラに癒し効果は・・・あるともいます!

声優さんでは、メインヒロインのベルゼブブのCVが 大西沙織さんなんだけど、僕の中で大西さんといえば「冴えカノ」のツンデレヒロイン英梨々だったので、この可愛らしいキャラと声のベルゼブブにはちょっとイメージが違って見えました。
EDでテロップの名前観るまでは、てっきり茅野愛衣さんかな?って思ってました。^^;

主題歌では、三月のパンタシアさんが歌うOPの「ピンクレモネード」が良かったです。

 サンキュー(18)
2018.12.30 17:29 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ゆるくて甘い。"あくま"で日常。

この作品の原作は未読です。
「ベルゼブブ」と聞くと、正直もっと怖いイメージがあったのですが、たった一文字「嬢」が語尾についただけで、怖いイメージとはほど遠い「ゆるふわ」なキャラデザになっているのが特徴です。
実際、この安心するというか、ホッとするキャラデザに魅かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
かく言う私もその中の一人ですけれど…。

物語の舞台は、天界から堕とされ、悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)。
ここの主がベルゼブブ閣下…ということになるのですが、この作品の主人公である新人職員・ミュリンがベルゼブブの近侍として仕えることになったんです。
ミュリンはベルゼブブ閣下を知的でクールな方だと思っていました。
普段接する機会の無い人にとっては、雲の上の存在なのですからそう思うのも無理はありません。
確かに仕事には熱心なのですが、仕事から離れるとモフモフ大好きなゆるふわ少女の早変わりするんです。
そんなベルゼブブとミュリンを取り巻く日常が動いていきます。

ベルゼブブ閣下…サタンの右腕として数々の武勇伝をお持ちとの事ですが、この作品の閣下を見ていると、そんな事など何処かに忘れ去られた…いえ、捨て去った過去なのでは…と思えるほど、微塵もそんな素振りは見えません。
ケセランパセランたちに囲まれて兎に角ゆるふわ一直線…という感じだったのですが、最近近侍になったミュリンが気になるご様子…
でも、その存在ゆえ昔から普通の天使とは異なる生活を送ってきたせいで、ミュリンが気になる理由が分からずにいます。
CVは大西さん…これまで竹を割ったような性格のキャラを演じる機会が多かったと思いますが、この手のキャラを演じるのは、ダンまちの「アイズ・ヴァレンシュタイン」や異世界食堂の「クロ」以来ではないでしょうか。
決定的な違いは、前者の2名は口下手だという事です。閣下は決して口下手ではありませんので…

くのちゃん演じるベルフェゴール…実はこの作品で一番のお気に入りキャラです。
ベルフェゴール…通称「ごっちん」は、とある方に恋愛感情を抱いているんですが、極度のあがり症のため中々自分の気持ちを伝える事ができません。
それどころか、緊張した時の癖(?)で近づくことすらできないんです。
時折夢で見る自分はもっとちゃんとしているのに…
果たして「ごっちん」は自分の気持ちを伝える事ができるのか…
答えは見てのお楽しみです^^

本作の主人公であるミュリン…新人職員が閣下の近侍を務めるというのは大抜擢なのではないでしょうか。
書き忘れていましたが、ベルゼブブ閣下は相当な美少女です。
閣下に思わずドキッとするのも一度や二度じゃありません。
でもその位の美少女なのですから、そんな感情を抱いてしまうのは仕方の無い事だと思います。
「仕事中なのにけしからん…!」とは思えないですね。
実際に私がミュリンの立場なら卒倒しているかもしれませんし…

松岡さん演じるアスタロトにも触れておきましょうか。
一言で言うと軽い感じ…プレイボーイ風の悪魔です。
物語を盛り上げるのに一役買っていますが、松岡さんじゃなければこの面白さは感じなかったかもしれません。

他にもくまちゃん演じるサルガタナス、赤﨑さん演じるエウリノーム、あおちゃん演じるダンタリオンなど、個性的なキャラがたくさん登場しますので、気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、三月のパンタシアさんの「ピンクレモネード」
エンディングテーマは、ベルゼブブ、ベルフェゴール、サルガタナスによる「あくまで恋煩い」
三月のパンタシアさんの楽曲は安定感がありますね。
キズナイーバーの頃から大好きなユニットです。

1クール全12話の物語でした。
基本的に悪い人は出てこないので、安心してゆるふわ感を満喫できる作品だと思います。
ナレーションが井上 喜久子さんというのも安心感に拍車を掛けていました。
ゆるふわ日常系がお好きな方なら堪能できる作品だと思います。

 サンキュー(13)
2018.12.30 15:02 強クナル‼︎の評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

かわいい

癒される

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.12.30 02:39 がぁべら♪の評価 | 観終わった| 5が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ゆるふわ魔界の日常コメディ

天界より堕ちた元天使である悪魔が暮らす魔界。その行政機関である万魔殿(パンデモニウム)では、大悪魔ベルゼブブを頂点とし、多くの悪魔たちが神の意志の下、来るべき最後の審判に備えて人間に試練を与えるべく働いている。ベルゼブブに仕えることとなった青年ミュリンは、公務中のクールさとは正反対な性格のベルゼブブに常に振り回されるが、両者は周囲の個性的な悪魔たちも交えてともに行動する内に仲を深めていくという物語デス。
-----------------------------------------------------------------

絵は癒し系デス。
キャラは女の子達が可愛いデス。
悪魔達のもどかしい恋愛模様を描いた日常コメディなので、気軽に見れます。
とは言え、悪魔感は全くなく、全体的に盛り上がりには欠けますが、それなりにに楽しめると思います。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.12.29 23:52 にゃわんの評価 | 観終わった| 1が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

悪魔で純愛ですから

これは、上司悪魔とその近侍を務めるキャラの
純愛ピュアストーリー

なかには、1組
近侍✖️上司ペアじゃないのがあるが
ほか、2組は近侍✖️上司悪魔

ベルゼブブ✖️ミュリン
これは、いつもほんわかしていて
はよ、くっつけや!って思うw
お互いの好きが溢れ出てて見てるこっちが恥ずかしいわw
しかも閣下、めっちゃゆめかわ女子!
まさに今時でかわいい


ベルフェゴール✖️アザゼル
唯一、近侍✖️上司ペアじゃない組
ベルフェゴールがアザゼル好きすぎて
話しかけられても大抵無口で
お礼すら言えず逃げてしまう
いつも、一歩上がって二歩下がる関係
仲が悪いわけではないが
いい加減に、尿意のことを打ち明けたらどうだろうか!
そしたら少しは距離も縮まると思うんだが
なかなか難しい関係である


この二組は、見てて初々しい

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.12.29 13:07 にゃん^^の評価 | 観終わった| 247が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

ピンク色多めのゆるふわアニメ^^

公式のINTRODUCTION
{netabare}
天界から堕とされ、悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)の主・ベルゼブブ閣下。ベルゼブブに近侍として仕えることになった新人職員・ミュリン。ベルゼブブは知的でクール……と思いきや、実はモフモフ大好きゆるふわ少女だった!

憧れと現実のギャップに戸惑いつつも、日々ベルゼブブとの距離を縮めていくミュリン。そんな二人を取り巻く、これまた不器用でユニークな悪魔たち。

このお話は、悪魔たちがある気持ちに名前を付けるまでのお話。……かもしれない。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:matoba(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:和ト湊
シリーズ構成・脚本:冨田頼子
キャラクターデザイン:住本悦子
総作画監督:住本悦子/伊藤大翼/依田正彦
音楽:分島花音/千葉"naotyu-"直樹
音響監督:本山哲
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:「ベルまま。」製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
ベルゼブブ:大西沙織
ミュリン:安田陸矢
ベルフェゴール:久野美咲
アザゼル:日野聡
サルガタナス:加隈亜衣
アスタロト:松岡禎丞
エウリノーム:赤﨑千夏
ダンタリオン:悠木碧
モレク:興津和幸
カミオ:堀内賢雄
アドラメレク:小野坂昌也
モリガン:洲崎綾
ナレーション:井上喜久子
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話「ボーイ・ミーツ・モフみガール。」「近侍の心、閣下知らず。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「ボーイ・ミーツ・モフみガール。」
ここは魔界にある元天使たちが働く行政機関・万魔殿 パンデモニウム。憧れの大悪魔・ベルゼブブ閣下の近侍として仕えることになった新人職員・ミュリンは、喜びと期待に胸を弾ませていた。しかし、知的でクールと思っていた閣下は、実はモフモフが大好きなゆるふわ少女で……。

「近侍の心、閣下知らず。」
魔界の市井視察に出掛けることになったベルゼブブと、近侍のミュリン。のんびり気ままなベルゼブブにすっかり振り回されながらも、ミュリンは自身の役割を全うしようと気合いを入れる。そんな矢先、ミュリンはベルゼブブとはぐれてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「ボーイ・ミーツ・モフみガール。」

はじめは金髪美少女がふわふわな雲の上で
ふわふわなわたがしを食べながら
お菓子の家までふんわりジャンプしてたら
落っこちちゃって目がさめた。。ってゆうメルヘンなおはなし^^


悪魔のおはなしって言ってもぜんぜん悪魔のかっこうとかしてなくって
どっちかって言ったら女王さまと近侍の王宮日常コメディ^^

ベル(ベルゼブブ)がふわふわ大好きなお姫さまってゆう感じで
新しく近侍になったミュリンがベルがあんまりゆるゆるだから
つい、きびしく小言を言っちゃうみたい^^


今回も会議がはじまったのに来ないから
ミュリンがおこしに行ったらベルがハダカで寝てて
「神からもらった体のどこを恥じる必要があります?」って^^

あと、言われる前にお茶を出して
「気がきくのですね」って言われてツンデレになるミュリン^^

あこがれてたベルゼブブ閣下はいなかったけど
ミュリンはかわいいゆるふわ少女大好きになったみたい^^


ハダカのベルのために
ふわふわのアルパカの毛でできた
大き目セーターをパジャマを贈ってよろこばれてた^^


ってゆうゆるふわなおはなしだったけど、ハダカで寝てたり
セーターをもらってうれしいからってロウカで服を脱ごうってしたり
胸の谷間がはっきり見える服を着てるとか
ときどきちょとエ○が入るけど、いらなかったんじゃないかな?。。

あと、ケサランパサランたちがかわいすぎて1匹ほしいナ☆彡

「近侍の心、閣下知らず。」

今日のベルの予定は会議、会食、書類にサイン、市井視察。。

悪魔の仕事は人間の誘惑とかだって思ってたミュリンがそう言ったら
「悪魔は人間に試練を与えて、神さまのさいごの審判にふるいにかけるため」
で、悪魔は神さまの意志のままに行動してるんだって。。

だからって早退してモフりに帰るってだめだよねw


市井視察ではベルとはぐれてさがしてたミュリンが
あんまりにものんびりしてるベルに壁ドン!
「心配なくっても!心配するんです!」ってベルに泣きながら言ったら
ベルはショボーンってして「わかりました。。」って。。

それで宮殿に帰ったら
明日の予定の確認もしないでさっさと部屋に引っこんじゃった。。

ミュリンは悪いことしちゃったって思ってたみたいだけど
ベルは壁ドンされたときのミュリンの顔を思い出してドキドキしてたの^^

「魔界の君主ベルゼブブは意外と異性への免疫がなかった。。」
「このお話は、彼女がある気持ちに名前を付けるまでのお話。
。。かもしれない?」ってゆう井上喜久子さんのナレーションがよかった^^


Cパートはまた雲の上のお菓子の家のおはなしで
やっと着いた家からはアルパカの群れが出てきて
目がさめたベルがセーターをかぶって「あったかい^^」
ってゆうところでオシマイ。。

あんまりゆるふわで
その上2人しか話してないからとちゅうでちょっとウトウトしちゃったけど
眠る前に見るといい夢が見れそう♪
{/netabare}
{/netabare}
第2話「兄貴はメルヘンなお味。」「登場、バイブレーションガール。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「兄貴はメルヘンなお味。」
階段から足を滑らせてしまったミュリンを颯爽と助けた寡黙な男・アザゼル。その男らしさに惹かれたミュリンは、自分もアザゼルのような男になりたいと、彼の行動を真似することに。そんなミュリンに、アザゼルはある秘密を打ち明けて……。

「登場、バイブレーションガール。」
ベルゼブブの幼馴染・ベルフェゴールは、極度の緊張で尿意を催す頻尿残念ガール。特にアザゼルを前にすると震えが止まらず、いつも逃げ出してばかり。ベルフェゴールを怖がらせてしまうと落ち込むアザゼルのため、ミュリンは解決策を考えるが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「兄貴はメルヘンなお味。」

アザゼルさん、かっこよくってやさしい^^

って思ったら
かわいいもの、スィーツ大好きボーイってゆうのがギャップ萌えw
「サンリオ男子」みたい^^

無口だけど言いたいことはちゃんと紙に書いてって、おかしいw


「登場、バイブレーションガール。」

ベルゼブブの友だちのベルフェゴール登場で
みんなから「ごっちん」って呼ばれてるみたいなんだけど
あがり症で、緊張したりするとトイレが近くなって
いつもふるえてるみたい^^

あと、どこのだか分からないけど方言少女^^

何となく分かってきたけどこのおはなしって
ゆるふわかわいいに下ネタをまぜてくるスタイルみたい^^;

それで今回は、ごっちんのおはなしなのかな?って思ったら
アザゼルさんがごっちんにきらわれてるって思ってて
何とかしてごっちんに好かれようってして
ミュリンといろいろためしてみるおはなしだった^^

クマのぬいぐるみがアザゼルさんに「おかえりなさい」とかって
紙を見せるところがかわいかった♪


さいごにミュリンがアザゼルからクッキーをもらって
そのクッキーをアザゼルが作った、って言ってごっちんにあげたら
「これ宝物にする」ってすごいよろこんで

ミュリンはごっちんがクッキー好きなんだって思ってたけど
クッキーが好きだったら、すぐに食べるよね。。
クッキーが好きなんじゃなくってアザゼルのことが好きなんだと思う^^
ってゆうか、アザゼルのファンって多いんじゃないのかな?^^
{/netabare}
{/netabare}
第3話「翼をつけた元天使(エンジェル)。」「その近侍、ドSにつき。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「翼をつけた元天使(エンジェル)。」
お昼休みからの帰り道。ベルゼブブとミュリンは、一人の男に遭遇する。多くの女性たちを魅了し、輝く笑顔を振りまく彼は、(自称)ベルゼブブのお兄ちゃん的存在・アスタロト。ベルゼブブを溺愛するアスタロトは、彼女への愛を熱く語り始め……。

「その近侍、ドSにつき。」
愛しのベルゼブブの近侍となったミュリンのことが気になって、仕事そっちのけで品定めにやってきたアスタロト。そんな彼を、近侍・サルガタナスが迎えに来た。アスタロトは、彼女のことを氷結地獄コキュートスの悪鬼も真っ裸で逃げ出す冷淡無情な近侍だと言うが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「翼をつけた元天使(エンジェル)。」
上司とお食事って言ってもふつうにデートっぽかったw
ベルは自分の食べてるスプーンでパフェの味見をすすめてくるし^^

でも、マジメなミュリンはそんなの許せなくって
なやんでるうちにオシマイ。。ってただのデート^^


それから帰りに2人で歩いてたら女の子にかこまれた
自分のこと「ベルのお兄ちゃん」って呼ぶアスタロトが出てきて
ベルにベタベタしてくるんだけど
ベルとは家族でも親戚でもないチャラ男。。ってただのストーカー^^

でも、そんな2人を見てミュリンが
「2人とも美形だから、お似合い。。」とか言っちゃって
それを聞いたベルはよく分からないけど悲しくって
1人でどこかに行っちゃった。。

あとを追ったアス(アスタロト)は
ベルがミュリンのこと好きなんだ、って気がついたみたい^^


「その近侍、ドSにつき。」
ミュリンのこと気になったアスはベルの執務室に入りびたってたんだけど
そこでも女の子とベタベタしてる、って気もち悪い^^;

それで観察しながらミュリンのカレシ度をチェックしたりってゆうギャグ。。

いつまでもウザいって思ってたら
アスの近侍のサルガタナス(さっちゃん)がやってきたんだけど
上司のアスにプロレス技をかけたりしばったりするドS。。

でも、ベルといっしょでかわいいものには目がないホントはふつうの女の子?

さいごにアスに縄をつけてつれて帰るとき
アスから「いつも迎えに来てくれるから好き^^」って言われてテレてたけど
サドデレだったみたい^^


Cパートは梅昆布茶が大好きなベルが
ミュリンに「飲みすぎ」って言われて取り上げられて
自分で作ろうって梅とラクダを用意するの。。

にゃんはラクダがよく分からなくって
ミルクでも出すのかな?って思ったらナレーションが
「こぶ違い」って言って、やっと分かったw

おはなしとはあんまり関係ないけど
梅昆布茶ってお茶ってゆうよりスープだと思う^^
お茶漬けにするとおいしそうw
{/netabare}
{/netabare}
第4話「羽ばたけ! 想像の翼。」「閣下、はじめてのお見舞い。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「羽ばたけ! 想像の翼。」
ミュリンが会議で出会った眼鏡美人・エウリノーム。才色兼備な彼女だが、目が合うたびになぜか心底嫌そうな顔を向けられてしまう。自分は嫌われているのではと不安に思いつつ、彼女が落としたハンカチを届けるために探し回るミュリンだったが……。

「閣下、はじめてのお見舞い。」
ミュリンが福引で当てたペアチケットで、一緒に映画を観に行くことになったベルゼブブ。約束が楽しみすぎて眠れずに一夜を明かし、寝不足のまま仕事へ行くと、そこにはミュリンの姿がなかった。グシオンたちからその理由を聞かされたベルゼブブは……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「羽ばたけ! 想像の翼。」
知的眼鏡美人・エウリノームと会議で会って
ミュリンがきれいな人だな。。って目が合ったら
変な顔してミュリンのことにらむから、自分のこときらいなのかな?
って思ってたんだけど

ハンカチひろってさがしてたらしげみの中から手が伸びて口をふさがれて
「シーッ!しずかに。。」ってカゲに連れ込まれちゃった!?
それで、またにらんだと思ったらこんどは急にほほ笑んで。。
「ちょっと静かにしてて、今からここを社会見学の少年が通るのよ。。」って

それで隠れて
「美少年がたくさん^^。。生足が。。足首がたくさん。。ぐへへ。。」
って笑ってたから少年たちが通りかかったときミュリンが止めようってしたら
尊すぎて浄化されちゃったw

似たようなギャグ、どこかで見たな、って思ったら
「うちのメイドがウザすぎる!」で少女萌えで浄化されそうになってたけど
こっちはショタ萌w

にゃんはそうゆう趣味ってないけど
かわいい女の子より、少年のほうがいいってゆうのは分かる^^

それで、エウリノームは少以外の男は見るのもイヤで顔がゆがむんだけどw
スゴイのは想像の中で男の人を美少年に変換させちゃえること^^

でも、ミュリンは外で遊ぶ系ショタに見えるから45点だってw

そこに女子をつれたアスタルトが通りがかって声をかけられたんだけど
「お前はステーキ食いたいのに生ゴミ食うのか!?」ってきつい言葉^^

それで「。。美少年のツメの垢でも飲んで出直して来い!」って言ったあと
「あ!まって~^^それ、私が飲みた~い^^ぐふふ。。」って^^;

それでミュリンが
「この人美形だし想像の翼を使えば平気なんじゃ。。?」って言ったら

「アスタロト。。ナンパで軽薄な男の少年時代。。
それは天真爛漫と見せかけ、愛されない不安感におびえ
みずからの愛を周囲に与えつづけるけなげでいじらしい金髪少年。。」
って言いながら

目をウルウルさせて「みんな、僕のことキライにならないで。。」
って言ってる少年を想像してデレ~^^

それからサルガタナスに止められて
ふみつけられたりされてるアスタロトを見て
「あ~!お姉さんにしいたげられてる金髪美少年!!」って妄想がつづいて
「あんたもう、想像のつばさ、折れ!」ってミュリンに言われてオシマイw


クールメガネ系お姉さまのギャップにわらっちゃうおはなしだったみたいw

でも、エウリノームの妄想ショタくんたちがかわいかった^^


「閣下、はじめてのお見舞い。」
ミュリンが映画の券をもらってどうしようか考えてたら
ベルが行きたそうでさそったら大喜びで夜も眠れなかったくらい^^

でも、ミュリンも「これってデート?」って考えてたら眠れなくって
夜中、外を走ってカゼひいちゃって休んだの^^


それでがっかりしたベルだったけどアザゼルといっしょに
ミュリンのお見舞いに来たの^^

買って行ったレトルトのおかゆの温め方も分からなくって
アザゼルにやってもらって
自分にできること、って思ってからだの汗を拭いてあげてたら
アザゼルに見られて「ジャマしてゴメン。。!」って言われたりw

それでベルはアザゼルから「帰ろう」って言われて
ミュリンから「2人で見たら?」って言われて映画の券をもらって
外に出たんだけど、1人だけでもどってきちゃった。。

「あの。。ジャマでなければもう少しいてもいいですか。。?」って聞いたら
「ぁ…はい。。オレもちょっとさみしかったんです。。^^」って


それでちょっと話してたらベルはいつの間にか眠ってて
気がついたらミュリンも眠ってて

おでこに手を当ててみようってしたらドキドキしてさわれなくって
少し前まであんなにかんたんにさわれたのに理由がないとさわれない気がして
熱があるかみるってゆう理由にしてオデコとオデコをくっつけたの

そのあとすぐ自分の部屋にもどって、まくらに顔押しつけて足バタバタ^^
さっきのこと思い出して
「何してるのですか?わたしは。。」って言って悶えてたw


それで次の日、治ったミュリンがベルをむかえに行くと
侍女から「ベルは熱を出して。。」って言われて
ミュリンは「それって自分がうつしたんじゃ。。?」って反省してたけど
ナレーションが「知恵熱だね^^」ってw


片思いの2人が
両思いだって気がつかないで悶えるラブコメでおもしろかった☆


はじめはゆるふわな日常系みたいだったけど
変わったキャラが次つぎ出てきたし
ラブコメもはじまって、だんだんおもしろくなってきたみたい♪
{/netabare}
{/netabare}
第5話「ちょっぴりビター、ビブリオマニア。」「進め、ブラウニーとともに。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「ちょっぴりビター、ビブリオマニア。」
ある日、アザゼルとともに万魔殿の図書館を訪れたミュリンは、そこで常に眠そうで活字中毒な図書館長・ダンタリオンと、常に大声で話すマイペースな古参悪魔・モレクと出会う。2人は先輩と後輩の間柄だというが、そのやりとりは独特で……。

「進め、ブラウニーとともに。」
アザゼルと話すきっかけを作るため、ブラウニー作りに挑戦しようと決めたベルフェゴール。料理に自信がないためベルゼブブに相談するも、彼女もまったく料理ができない。そこで、ベルゼブブのお抱え料理人・ニスロクに教えてもらおうとするが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「ちょっぴりビター、ビブリオマニア。」
合法ショタの図書館長・ダンタリオンと
おまけにダンタリオンの先輩だけど部下のモレクのおはなし^^

ダンタリオンって、ご飯とか寝ることより本を読むのが好きで
昼間は図書館で眠ってるw

部下のモレクは空気読めない人で図書館で大声で話しちゃう人w
仕事は部下にまかせて、自分はダンタリオンの脚立代わりになってるの^^


ショタコンのエウリノームは
ダンタリオン目当てに図書館に通ってるんだけど
ダンタリオンは何億冊もの本をぜんぶ読んでて
いったい何歳か分からない。。ホントの歳はナイショ。。

アニメとかで見た目が子どもみたいなお母さんのこと
よく「ロリババア」って言われてるけど
ダンタリオンはショタジジイって言われるのかな?w


あと「はたらく細胞」に腸炎ビブリオって出てきたから
「ビブリオマニア」が気になって調べたら
本のビブリオ(Biblio)と細菌のビブリオ(vibrio)は語源がちがって

強迫神経症の一種で、社会生活もしくは当人の健康に悪影響を及ぼすもので(ゴミを捨てれない病気な人みたいな)
書物に対する姿勢が「集め、愛でる対象(愛書家)」というよりも「収集する(狩り集める)対象」で
ダンタリオンはどっちかってゆうと「ビブリオフィリア(愛書家)」みたい^^


「進め、ブラウニーとともに。」
ごっちんがアザゼルと話すきっかけに、ってブラウニーを作ろうとするおはなし^^

それで、ベルに声をかけてきたんだけど
ベルもお料理したことなくってニスロクを呼ぶの^^

ニスロクは3秒でフルコース作っちゃうすごいシェフ!
なんだけど早すぎて服がやぶれちゃうw

ただでさえ、男の人がニガテなごっちんだから
そんなかっこう見たらもっとダメ。。
それで2人で本を見ながらなんとか作ったの^^


そのブラウニーをアザゼルに「渡して嫌われたらどうしよう?」
って泣くほど悩むごっちんの気もちが伝わってきた。。

アザゼルがよろこんで受けとってくれてよかった♪
でも、ごっちんは失神しちゃうくらい緊張しちゃったみたい^^


ベルも湯煎を手伝ったからブラウニーを分けてもらって
ミュリンにあげたら
ミュリンは図書館でベルのために本を借りてきてくれてたの^^

好きな人が自分のこと考えてくれた。。
って思うだけでうれしくなっちゃうよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第6話「9センチ分の。」「閣下の秘密。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「9センチ分の。」
仕事に向かう朝、靴のヒールが折れてしまい落ち込んでしまうベルゼブブ。ヒールは万魔殿の装飾部部長・アドラメレクが直してくれることになったのだが、その間もベルゼブブの気持ちは晴れないまま。ベルゼブブが高いヒールにこだわるのには理由があって……。

「閣下の秘密。」
万魔殿の主として雑誌取材に応じるベルゼブブは、「苦手なもの」を問われて何もないと回答した。その冷静で毅然とした姿に、かつてベルゼブブに対する理想と現実のギャップに戸惑っていた自分を懐かしみながらも、ミュリンは感心していたのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「9センチ分の。」
ベルのハイヒールのかかとが取れて。。ってゆうおはなしで
そのあとベルを執務室につれてくときお姫さまだっこをすると
胸元が見えちゃってダメ。。
おぶって行こうってすると背中に胸が当たってムリ。。

ヒールを取ろうってしてかがむミュリンにテレるベルと
ベルを運ぼうってしてテレるミュリンがかわいかった^^

なんとか執務室につれてってスリッパをはいてもらったんだけど
けっきょくどうやって運んだんだろ?気になるw


ベルはハイヒールが好きで。。
そこにオネエキャラの装飾部部長のアドラメレクがきて
ベルのハイヒールを直してもらって
ベルはまた、ミュリンに9センチ近づけてハッピー♪


あと、ベルの制服をデザインしたのはアドラメルクだったんだって^^

もしかして
ジョルノとかブチャラティとかアバッキオの服なんかもデザインしてない?w


「閣下の秘密。」
みんなの前では強がってるけど
天国から落とされるとき大きなカミナリが落ちてから
ベルはカミナリがニガテ。。

ミュリンはそのこと知らなくって雨がふってもほっといたんだけど
アザゼルが言ってくれてむかえに行ったら

「仮にもパンデモニウムを預かる大悪魔が
カミナリなんて怖くなんかありません。。」って強がってたんだけど
大きなカミナリがなったとたんに思わずミュリンに抱きついて
それに気がついてまた「キャー」ってミュリンを放して

それから天界から追放されたときのことミュリンに話して
「ヒミツにして」ってたのんだの。。


オチは付き合いが長いアザゼルもベルがカミナリがニガテなこと知ってて
(そっか、俺と閣下だけの秘密だと思ってたんだけどな。。
あれ?なんでがっかりしてるんだ?)って思ったことかな?

「はやくつき合っちゃえば?」ってゆう2人なんだけど
6話でまだおたがいに好きなことに気がつかない、って
ちょっとゆっくりすぎかも?
{/netabare}
{/netabare}
第7話「パンデモ湯よいとこ一度はおいで。」「“もっと知りたい”のに…。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「パンデモ湯よいとこ一度はおいで。」
職員の運動不足解消のため、ジムを開設することになった万魔殿。しかし、お披露目会に向かったベルゼブブたちを待っていたのは、アスタロト考案のお風呂施設「万魔殿の湯」だった。作ってしまったものは仕方がないと、みんなでお風呂に入ることにしたのだが……。

「“もっと知りたい”のに…。」
ミュリンが実家で犬を飼っていることをベルフェゴールから聞き、ミュリンのプライベートを自分は何も知らないのだと気づいたベルゼブブ。詮索したくない、でも知りたい……。揺れ動く気持ちに戸惑うベルゼブブは、アスタロトに相談することにしたのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「パンデモ湯よいとこ一度はおいで。」

アスタロトがおふろを作ったホントの目的は、ノゾキがしたかったから
ってゆうおはなしで
アスタロトが必死でおふろのカベを調べたり
下で女湯とつながってないかもぐって調べてノボせたりするの^^;

どうしてもダメって分かったアスタロトが
こんどはおふろから上がってくる女子の着替えをのぞこうってして
ミュリンが止めに行くんだけど
バレて止めようってしたミュリンまで共犯にされちゃうの^^



刑事ドラマか何かで言ってたけど
殺人事件とかは第一発見者が1番にうたがわれるとか
迷子の親をさがそうって連れ回すと誘拐犯にされちゃうとか
いいことしようってするのは勇気がいるみたい^^


あと、アザゼルのボードに、はじめてミュリンのツッコミが入ってたね^^
防水?どうやって書いてるの?とか
悪魔なんだから、たぶん魔法とか自動書記じゃないのかな?^^;


「“もっと知りたい”のに…。」

ミュリンに個人的なこと聞くのがはずかしいベルが
どんな質問したらいいかの練習で
アスタロトから質問してもらってシミュレーションしてみたの

「好きな色?好きな飲み物?最近見た映画?」
っていろいろ聞かれて答えてたらさいごに
「今日は何色のパン○はいてる?」って聞いてきて
サルガタナスにつれてかれちゃったの^^;

その夜、仕事が終わってミュリンといっしょに歩きながら
何でも知りたいけど、知りたくなかったことも知っちゃうかも?って
何を聞いたらいいか迷って思わず、お昼のアスタロトの質問を思い出して
「今日は何色のパン○はいてるんですか?」って聞いちゃった!?

そしたらミュリンの「黒」ってゆう返事を聞いて
「やっぱり知らなくてもいいこともあるんだな」って思った閣下だった。。
ってゆうおはなし^^



前半はミュリンが変態さんにまちがわれたけど
このおはなしはベルが変態みたい^^

ミュリンの黒いパン○ってあんまり想像できないけど
悪魔ってホントはそうゆうイメージかも?w
{/netabare}
{/netabare}
第8話 「かわいいって言いたい。」「海に行こう。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「かわいいって言いたい。」
大好きなキャラクター“ひげもこフレンズ”のコラボカフェの存在を知ったサルガタナス。可愛い空間に自分のような可愛げのない者が行ってはいけないのでは……と思い悩むが、勇気を出してカフェに向かうことに。するとそこには、アザゼルの姿もあって……。

「海に行こう。」
休日に海へ遊びに行く約束をしたベルゼブブとベルフェゴール。アドラメレクと誘惑部・サキュバス課のモリガンに協力してもらい、二人は水着を新調することに。ともに海へ行くアザゼルを想い、ベルフェゴールは水着を選び始めるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「かわいいって言いたい。」
パンデモニウムではケサランパサランの“ひげもこフレンズ”が流行ってて
コラボカフェが開店してるんだって^^

サルガタナスもホントは大好きなんだけどイメージに合わなくって
こっそり変装して1人で行ってみたの。。

帽子にサングラス、大きなマスクで、あやしい人って思われたけど
ならんでるところでメニューを渡されてかわいくってデレてたら
いい人って思われたみたい^^

2人がけの席に1人で席に座ってると、誰か前に来て
見ると制服を着たアザゼルさん^^

アザゼルもびっくりで
はじめはなに話していいか分からなくって空気が重かったけど
出されたかわいいお料理を見て2人ではしゃいでたら
おたがいにちょっと意外で話しはじめて

サルが「自分はかわいいもの好きなのに
そのこと話すとみんなに引かれて、それでかくすようになった」って話したら
アザゼルも「わかる、わかる」ってなみだ。。^^

「私みたいな者がこんなところに来るのは悪い気がして。。」ってゆうサルに

「そんなことはない!もこは俺たちが幸せになることを望んでいる。。
「もこのグッズを買うときは失礼のないように身なり身振りに気をつかう」
ってゆうアザゼルに「自分のは自己満足だった」って反省するサル。。

それで「思い切って今日来てよかった♪感謝するアザゼル殿^^」
ってゆうサルに「俺は何もしていない」って答えるアザゼル。。

テーブルがキラキラオーラで包まれたの☆


何だかアザゼルとサルがいい雰囲気になってたけど
この2人ってお似合いだよね^^

でも、そうなるとごっちんがかわいそう。。
だけど話しかけれないんだからムズカシイかな。。


あと、ベルといっしょに行ったミュリンは
かわいいもの好きって言えなくって「閣下のため、閣下のため。。」
ってごまかしてたけど、男子がかわいいもの好きだっていいのにね☆彡


さいごにアスタロトがカノジョと来て
アザゼルと2人でデレてるサルを見て「何これ!?」ってつぶやいてオシマイw


コラボカフェの食べ物がかわいくっておいしそうだった。。
Cパートでベルが、かわいすぎて食べれないってゆうのが分かる^^


「海に行こう。」
「海には子どものとき以来行ってない」ってゆうごっちんに
ベルが「男の人に会わなくってすむプライベートビーチがあるから」
って言ってさそったの

ミュリンとアザゼルも行くことになって
ベルは恥ずかしがるごっちんをつれて
装飾部のアドラメレクのところに水着を選びに行ったの^^

そこには、男をイチコロにする水着を選んでもらおうって
誘惑部サキュバス課課長のモリガンも来てて

かわいいのがいい、ってゆうごっちんに
ヒモ水着を見せたりするちょっと下ネタと
ベルとごっちんの水着すがたが見れる男子サービス回


ベルは天然だから、恥ずかしいとか考えないで大たんな水着を着て
ミュリンに見せたんだけど、ミュリンが恥ずかしくって目をつぶってたら
アドに「ちゃんと見なさい!」って言われて見て「似合ってる」って言ったら
ベルは急に恥ずかしくなって「あんまり見ないでください!」ってw

ごっちんが「ベルの乙女さは、いつも遅れてやってくるな~^^」って言ったら
アドが「恋愛幼稚園児なのよ、閣下は。。」って
それでごっちんが(やっぱりベル。。ミュリンくんのこと。。)って^^

「楽しみですね^^海?」ってゆうベルにミュリンが
「はい」ってテレながら言って、3人が2人を見ながらほほえんでた^^

それでオチは、当日は台風でミュリンが
「おかしいと思ったんだよ。。行く前から水着が見れるなんて。。」って
それでニュースが「海に近づかないように」って言ってるところでオシマイ^^

サブタイトルは
「海に行こう。(行くとは言ってない)」のほうがよかったかも?w

ベルとミュリンがおたがいに好きなのに
気づいてないのは自分たちだけ、ってゆうのがおかしいよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第9話「ふたり、ときどきすれ違い。」「夢を見たから。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「ふたり、ときどきすれ違い。」
ある日、ベルゼブブとミュリンの間に起こったすれ違い。それがきっかけで、ミュリンが他部署への異動願いを出してしまうかもしれないと、ベルゼブブは動揺する。一方、ベルゼブブを怒らせてしまったと感じたミュリンは、アスタロトに相談をするが……。

「夢を見たから。」
アザゼルを前にすると、恥ずかしさと緊張で逃げ出してばかりのベルフェゴール。まっすぐに目を見て大好きな気持ちを伝えたいのに、いつもうまく話せない。あふれそうな気持ちを抱えながら図書館に来たベルフェゴールは、偶然アザゼルと出会って……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「ふたり、ときどきすれ違い。」
だんだんラブコメがふえてきたみたい。。

自分はミュリンにきらわれてるかも?って思ったベルは
ごっちんのところに行って相談。。

この前、ミュリンのところにお見舞いに行って
「寝てるミュリンに。。わたし。。私。。」って顔真っ赤にしたら
キス?って思ったごっちんまで真っ赤な顔してたけど
オデコで体温、はかっただけだったって分かったら後ろ向いちゃったw

ごっちんはアザゼルのへやにも1人でお見舞いになんか行けないから
相談するにはあいてがわるすぎかも?^^

そのころミュリンもアスタロトとアドラメレクに相談してたけど
女心が分かってないな。。とか言われちゃって^^;
プレゼントでもあげて、あやまったらいいんじゃない?って言われたけど
けっきょくそのままあやまりに行ったの。。

でも、ベルがすねちゃって「好きなところに行ったらいいです」
「別にミュリンと会えなくたって、さみしくないです。。」って。。

それにミュリンは「ゼッタイ移動願いなんて出さないし
会いたかったら、職場代わっても会えばいいじゃないですか!?ふつうに。。」
って思わず言っちゃって「すみません。。
仕事でもないのに会うなんて、よく考えたらおかしいですよね?」って

それにベルが「おかしくないです!!」っていったあと
「めんどうな態度とって申し訳ありませんでした。。」って
そう言われて「オレのほうこそ。。」ってミュリン

ナレーターが「無自覚痴話ゲンカだった。。」って^^


2人の恋は「もうお前ら早く結婚しちゃえば」ってゆう感じだから
あんまりツッコまないけど

サルガタナスがアスタロトからもらった花束を
「枯れたらすてればいいだけ」って言ってたのに
ちゃんと押し花にして、本のしおりに使ってる、ってゆうのが
サルはアスのことホントは好きなのかな?って思った^^

この前はアザゼルと仲がよかったみたいだけど。。???w


「夢を見たから。」
アザゼルに「好き」ってコクる夢を見たごっちんは
気になって図書館に行っても、そのことばっかり考えちゃうの

そんなところにアザゼルが来て。。ってゆうおはなしだったけど
ごっちんは恥ずかしがるばっかりで、ちょっと話しかけられたりすると
すぐお手洗いに行きたくなっちゃうから、自分でも言ってるけど
コクってもいっしょにいられない。。

だから、ごっちんのおはなし見ててもかわいそうなだけで
このおはなしってやっぱり
ごっちんがはずかしがってるところを見たい男子向けなのかな?って。。


オチは、思わずアザゼルに「好き」って言っちゃったごっちんだったけど
「好き」がうまく言えなくって「しゅき」になっちゃって
アザゼルはごっちんがさがしてた本が「手記」だと思った、ってゆう。。

でもさいごは、ごっちんがいつものようにお手洗いに行っちゃって
いつもとあんまり変わらなかったみたい。。


あと、今回は短いおはなしがいくつかあった。。
{/netabare}
{/netabare}
第10話「缶コーヒー1本分の距離。」「寒い日、あなたの香り。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「缶コーヒー1本分の距離。」
いつも仕事をサボって女性と遊んでばかりのアスタロトと、そんな彼を今日も迎えに行くサルガタナス。万魔殿への帰り道、二人は通りがかった公園で一息入れることに。アスタロトの言動に呆れながらも、サルガタナスは自身の彼への気持ちと向き合おうとするが……。

「寒い日、あなたの香り。」
寒波が訪れ、真っ白な雪化粧をほどこされた万魔殿。寒いのが苦手なベルゼブブは、あまりの寒さに部屋の外へ出られないでいた。色々な対策を講じ仕事に打ち込もうとするも、震えが止まらずつらそうなベルゼブブに、ミュリンはあることを思いついて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「缶コーヒー1本分の距離。」
いつものようにアスタロトがいなくなって
連れもどしに行くのはサルガタナスのお仕事。。

今回も「スタバでも寄って、ひと休みしてこう」ってゆうアスを
アルゼンチンバックブリーカーでムリヤリつれてかえろうってしたけど
ダダをこねるから公園で缶コーヒーを飲んで帰ることにしたんだけど
あたりを見回したらカップルばっかり^^

それでサルは(世の中のカップルというのはすごいなぁ!
私は世界中のカップルとお父さんとお母さんを心から尊敬できる!)ってw

それくらいサルには男の人とイチャイチャするとかって夢みたいで
アスとの間に置いてあるコーヒーを見ながら
(私には、この缶コーヒー1本分の距離をつめることもできない。。)
って考えながら

なんども(絶対ない!ありえない!!。。私の理想は柔和な紳士。。
それに比べてこの男は仕事はサボる、女たらし、金遣いが適当。。)
って悪いところばっかり見つかって

(本当にどうしようもないな、この男)って思うんだけど
「ありがとね、さっちゃん。。俺、いつも面倒見てもらっちゃって。。」
「さっちゃん、本当好き^^」って言われると
(社交辞令だって、分かってる。。)って思いながら、イヤじゃない。。

「仕事したくない。。」って言いながら、アスが肩にもたれかかってきて
「気安くさわらないでください。。セクハラで訴えますよ!」
って言いながらイヤじゃない。。ホントはなみだを流すほどうれしい。。

でもそんなサルのなみだを見たアスは、サルがイヤがってる、って思って
「本当にごめん!もどろっ!」って^^


家に帰っておふろに入りながら
アスがもたれかかってきた肩に指でさわろうってして、急に恥ずかしくなって
お湯に頭までどっぷりつかったサルだったの^^


今回は、狂暴みたいだけど、ホントは乙女な
デレるサルガタナスを見てキュンってするおはなしだったみたい^^


「寒い日、あなたの香り。」
パンデモニウムにも寒波が来て、ストーブもこわれて寒い日。。

いつもの胸開きの制服を冬用に変えてもベルはまだ寒い。。
最悪。。って思ってたらミュリンがマフラー貸してくれたら
ミュリンの香りがして、まわりが急に春が来たみたいになった☆

それで会議中にも、ベルがマフラーに顔をうめて赤くなってたら
「あの。。やっぱりカゼひいちゃいました?」ってミュリンが聞いてきて
うれしくってボーっとなってたベルはとっさに「クンクンしてないですよ!!」
って言っちゃったw


Cパートは次の日。。
すっかり晴れてあたたかくなったけど
ベルはまだちょっと寒いフリ。。

ミュリンに向かい合ってみたけど
「何もついてないですけど。。髪の毛?」って言われちゃって
「ちっ、ちがいます!いえ、その。。えーっと。。何でもないです!」って

ホントはミュリンにマフラーを貸してもらいたかったけど
気もちが伝わらなくってミュリンは「へ?」って^^

何にも言わなくって、思いが伝わるといいんだけどナ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ごっちん・IN・メリーランド。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ベルフェゴールは、ある日のお茶会で間違ってお酒を飲んでしまい、一人眠り込んでしまった。そんなベルフェゴールを見つけたアザゼルは、介抱のため慌てて人を呼びに行こうとする。しかし、そんなアザゼルを夢うつつのベルフェゴールが引き留めて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はメインストーリーはごっちんが主役の1本だけだったけど
ちょっと長めのアバンとCパートで「帰ってきた はじめ悪魔ベルゼブブ」
があって

メインはアザゼルとお茶しながらマドレーヌをすすめるごっちんが
夢だって気がついて起きてがっかり。。

そのあとお仕事でベルの執務室に行った帰り、アザゼルにばったり会って
今朝の夢を思い出してはずかしくってお手洗いにかけてったら
アザゼルは「また、こわがらせちゃった。。」ってがっかり。。

それでベルのお茶会にさそわれたアザゼルは
またごっちんをこわがらせるかも?って思って参加しなかったんだけど
ごっちんはそのお茶会で
アドラメレクが飲んでたワインをまちがって飲んじゃったの。。


そのあとごっちんは、ベルに渡そうってしてた本のこと思い出して
自分のへやに取りに行くとちゅうで酔ってフラフラになって倒れちゃったの

そのとき反対からアザゼルが歩いてきてて
赤い顔をしてたおれるごっちんを見て
お医者さんを呼んで来ようってしたんだけど

これは夢のつづきだって思ったごっちんから、ソデをつかまれて
「行っちゃラメ。。」って言われて
お酒の匂いがするごっちんにつき合って
2人で噴水の前で1休みすることになったの^^


それで「水でも取ってくる」って立ち上がろうってするたびに
酔ったごっちんはアザゼルのうでに抱きついて甘えてきて
「オレのこと、こわくないのか?」って聞くアザゼルに
「そんなことない!」ってベタベタ。。^^

それで「どうしていつも自分の顔見ると逃げるのか?」って
聞こうってしたら眠っちゃってるごっちんが、こわがってないって分かって
(趣味が合いそうだから、これから仲よくなれるといいな)って思いながら
アザゼルはごっちんをお姫さまだっこでお茶会まではこんできてくれたの^^

次の日、ろうかでばったり会った2人だったけど
ごっちんは酔ってからんだこと思い出して
あやまろうって思ってもじもじしてたら

あのときのごっちんは酔ってたからでホントはこわがられてるんじゃないか?
って、カン違いしたアザゼルは
こわがらせないようにって、目を合わせないようにして行っちゃったの。。



ナレーションが「一歩進んで二歩下がる」2人って言ってたけど
ごっちんは生アザゼルさんに抱きついたり
お姫さまだっこしてもらったり、よかったね^^

でも、ごっちんがふつうにアザゼルに話しかけれるようになったら
ほかのアザゼルのとりまきの女の子とあんまり変わらなさそう。。

アザゼルって「はじめ悪魔ベルゼブブ」でも出てきたけど
女子にモテそうだもんね^^


あと、ベルとごっちんのアリス風のお洋服がかわいかった♪
{/netabare}
{/netabare}
第12話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「閣下の心、近侍知らず。」
ミュリンにプレゼントされ、大切に着ていたセーターがほつれてしまった。ショックのあまりミュリンと目を合わせられず、溜め息を吐いてばかりのベルゼブブ。その態度に、ミュリンは自分がまた閣下を怒らせてしまったのではと勘違いをしてしまって…。

「その気持ちの名前は。」
春を迎えた万魔殿で、お花見をすることになったベルゼブブ達。お花見をしたことがないというベルゼブブのために、一同は張り切って準備をする。そんなのんびりとした日常を過ごしながら、ミュリンはベルゼブブの近侍となったばかりの頃を思い出し……。
{/netabare}
感想
{netabare}
「閣下の心、近侍知らず。」
ミュリンからもらった大切なセーターが
ケサパサたちに引っぱられてほどけちゃったの

それでベルは、ミュリンと目を合わせずらかったんだけど
ミュリンは自分が何かしたせい?って思って悩んじゃった。。


その日のお仕事が終わって、ベルがへやに帰ったら
セーターはもう、ただの毛糸^^;

それで、アドラメラクにたのんだら
「明日の朝には届けるわ」っていい返事♪


次の日の朝
思いきって自分が何か悪いことしたか聞こうってしてたミュリンは
何だか分からなくって「オレ、やっぱり自意識過剰なのか!?」って^^


アドは編み物もできるんだ!って思ったら魔法なんだね^^

ケサパサが毛糸を口に入れてるところはかわいかったけど
もしかして食べてたのかな?

フワモコの物を食べるとフワモコになれるとか^^


「その気持ちの名前は。」
今までお花見をしたことのないベルがお花見をするおはなし^^


そのとき、アドがモリガンと友だちになったきっかけを話してたんだけど

何年か前にお花見で、仕事でしか話したことのないモリガンが
お酒も飲まないで
ケンタッキーのドラムスティックをマラカス代わりにおどり狂ってるの見かけて
この女なら友だちになれそう、って思ってアドが声をかけたんだって^^


その話を楽しそうに聞いてて
お花見もケンタも食べたりしたことがないってゆうベルのために
お昼休みにみんな1品持ちよりで、お花見をすることになったんだけど
集まったらほとんどの人がケンタを持ってきてて、ケンタパーティーみたいw

それからミュリンは、アザゼルの作ってきたクッキーをごっちんにあげて
食べたごっちんは幸せすぎてたおれちゃったり^^
エウリノームが読書するダンタリオンをうっとり見てたり
花粉よけのガスマスクをつけたアスタロトがその横ではしゃいでたりして
みんな、それぞれ楽しそう^^

そんな中、アドが
「落ちてくる花びらを地面に着くまでにつかめたら幸せになれる」
って言いだして、ベルが本気でつかもうってして
ミュリンも協力しようってしてたら、たまたま落ちてきたのが手に乗っかって
ベルに渡そうってしたらベルがいなくなってて

夢みたいな桜の花雪の中に
「消えちゃったんじゃないか?」ってあわててミュリンが呼んだら
木のうしろからベルがあらわれたんだけど
「心配した」ってゆうミュリンを見て、テレてまたかくれちゃったの^^

それでミュリンが追いかけて
2人はいつの間にか子どもみたいに鬼ごっこ^^

それでお昼休みは終わっちゃったけど
みんなの仲もちょっとよくなったみたい^^
「みんなで楽しかった♪」ってゆうベルにミュリンが
「こんどは執務室のみんなでしましょう☆彡」って^^


そのあと、執務室のみんなで来たお花見でも
ベルとミュリンがまた追いかけっこはじめて

「オレたち何を見せられてるんだ?」
「いいじゃん。。ほほえましくって^^タダ酒飲めるし。。」って
みんなが生あたたかい目で2人を見てるってゆうオチ^^



お花見が、ケンタッキー・フライド・チキンの宣伝みたくなってたけど
「ゾンビランドサガ」の佐賀の鳥肉専門「ドライブイン鳥」に対抗して
こっちはケンタッキー「フライドチキン」とタイアップ企画だったのかも^^

ケンタっておいしいよね^^

ときどきおみやげたのむけど、たぶん1番おいしいのって、皮のところw
にゃんはコールスローと代わりばんこで食べるのが好き^^

あと、ビスケットはハチミツたっぷりで食べたいけど
小さめのチキン2ピースでお腹いっぱいになっちゃって、次の日のおやつw


お花見で、みんなの距離がちょっとちぢんだかも?

でもナレーターが「今はまだ、この気もちに名前をつけることはできない。。
でもいつか、つけられる日が来るかも?
このお話は、ある気もちに名まえをつけるまでのお話。。」
って言ってたから、みんななかなかくっつかなさそう^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


ゆるふわ~なラブコメで
いいんだけどゆるすぎて、あんまり盛り上がらなかったみたい^^

あと、男子はイケメンで絵とかキャラはかわいいのに
ヒロインの服の前が開きすぎてて巨○がまる見えとか、って
そうゆうところだけ変に男子向けになってて、気になった。。

声優さんはミュリンの中の人以外は有名な人が多くって
ミュリンの声も合ってたしよかった☆

 サンキュー(31)
ネタバレ
2018.12.29 08:51 をれ、の評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

ゆるふわもふもふ、なおはなし。

視聴完了記念書直(12/29/2018)

ゆるぅぅいお話、やさしい会話、かわいいキャラ絵。
素敵なお茶会。カラフルなマカロン。そういう情景に、
ときどき入る何故か納得できるwやさしい声のナレーション。

本作の物語は、ヒロインのベルが侍従のミュリンに恋心を持ち始める物語です。
なにしろベルは、作中に出てくる言葉ですが、「恋愛幼稚園児」なので、
何をしていいのか分かりません、だからこの恋は一向に進展しません。
相手のミュリンもベルに好意を持っているが、言い出せずにいます。
他にも同様にすれ違うの二組の潜在的両想いペアがいます。

なお、もしベルとミュリンが両想を確認したら、
この物語は終了しなくてはいけなくなってしまいますw。
これは、昔の少女漫画を思い出すと腑に落ちるかもしれません。
その中では物語のゴールは、口づけだったり、両想いになることだったり、
それ以前の恋愛感情の告白だったり、あるいは単に手を
繋ぐだけだったりです。恋愛老人wの我々と同じに考えてはダメなのです。

主題歌は三パンなのでそれだけでこの作品好印象wです。
ピンクレモネードは飲んだことないですが、
今度作ってみたら何かがわかるのかもしれません。
爽やかで甘酸っぱくてわずかに苦い味だと思います。
デイライト・カクテルにはうってつけかもしれません。

 サンキュー(8)
2018.12.29 01:28 テナの評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 3.5

ふわふわモフモフ

この作品は、ふわふわ感MAXな作品ですね。
物語も難しくなくどの話数から見ても話しのわかりやすい仕上がりになって居ます。
絵のタッチも可愛らしく色使いもかなり綺麗で楽しい作品になってます。
ただ、ストーリーとしては個人的にマンネリ化といいますかなんだか飽きてしまう展開も中々多く感じてしまいましたした(^^;;
それでも楽しい作品ではあるんですけどね^ ^

 サンキュー(6)
2018.12.28 14:43 うち.の評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

魔界ラブコメ癒し系日常アニメ

 いわゆる日常系ラブコメアニメ。特定のカップルがあらかじめ決まっており、彼らの恋愛を周囲が応援したりするのが主な構成。これ以上の展開は特にないので人によっては退屈極まりない。癒し系アニメとしてはいいかも。

 神話上の悪魔たが出てくるが彼ら特有の逸話というか、この悪魔はこういうことをやったんだよ?とかは語られない。というかそういう戦乱の時代が終わった設定で、平和になっているので武勇伝とかを明かされても反応に困る世界観になっている。ラブコメだからね。

 アニこれの感想でナレーターが邪魔というものが多くあるんだけど、あれは本当。邪魔と感じなければおそらくベルゼブブは最後まで視聴出来る。あのナレーターは漫画でもあるのかは知らないけど、このアニメには合ってない気がしなくもない。同じくラブコメのアマガミの物語の一部である、中多紗江編のナレーターが中田譲治なんだけどあれは物語に上手く嵌まっていて面白かった。やっぱここら辺はセンスなのかな。

 山と谷が無いというのはつまりは、そこまで肩肘張らずに観なくても良いという証左なので気軽にアニメを観たい人とかにはおすすめ。確実に面白いものを観たい!という人はこのアニメで探すのは一旦やめておいた方がいいかもしれない。個人的には楽しめたし、最後まで癒された気がする。

 サンキュー(4)
2018.12.27 21:14 kororinの評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「恥ずかしがり屋さん」たちを、(生)暖かい目で優しく見守ってあげましょう。(笑) そして愛でましょう。

2018.12.27

世界的な『あの宗教』において、布教(バカで無知な大衆に解りやすく説く)の為や、他宗教の排除の為に「絶対悪」を設定(創造)しました。それが『悪魔』。
古から論理的思考がうまく出来ない大衆は、理解不能な自然災害・疫病・人間関係・都合の悪い出来事などを、纏(まと)めて悪魔の仕業として片づけ(納得し)てきました。
多種多様な悪魔が創造され、伝承・文献等では禍々しい容姿にオドロオドロしい所業が編纂・紹介され、現代においてその数は「カードゲーム・バトル」が出来るほどに!(笑)

そんな悪魔たちが、なんと可愛らしく少女漫画風に『擬人化』!
・悪魔(といっても擬人化なので全員「普通な人々」)の住む魔界は、商店街もあるような現代社会みたく普通の街並み!
・魔界の首都と言われる万魔殿(パンデモニウム)は西洋風の城。そして魔界の行政をになう中心機関(お役所)!
・聖書でお馴染み、今では漫画・アニメ・ゲームネタとして異形の名だたる悪魔たちが「普通人」に擬人化。万魔殿では貴族風な制服姿で、まるでお役所仕事の公務員!

さらに、サタンに継ぐ魔界No.2の地位と言われる『ベルゼブブ』は、
見た目10代半ばぐらいの美少女な「おっとりお嬢様」でファンシー好き。
(スイーツもね。:BY.井上喜久子)
特に「モフモフ感(のある動物・ヌイグルミ・アイテム)」は大好物!
(でも華奢な体に、握力500㎏のゴリラガール。:BY.井上喜久子)

その彼女に「近侍(きんじ)」として仕えることになった新米青年『ミュリン』。仕事の姿勢は真面目で誠実、性格も優しくベル(ベルゼブブ)に対し忠誠を示してはいるが、如何せん『青臭い若造』なので、
・経験不足による完璧な「空気の読み違い」と「(勝手な)思い込み」がしばしば。
・(女性の)性的露出(マッパや胸元)の事故的目撃や自爆意見・自爆行動で赤面して顔を覆う程極端に羞恥しまくり。
(ウブなシャイ・ボーイ。:BY.井上喜久子)

やがてミュリンと行動を共にするうちにベルの中に「何か」が芽生え、ミュリンが気がかりになったり、恥ずかしがったり・・・
(そんなラブ・コメディな万魔殿の日常物語。:BY.井上喜久子)


万魔殿の日常も多彩なキャラで彩られ、
・ベルの友人『ベルフェゴール(愛称:ごっちん)』。極端すぎる「あがり症」。緊張がピークに達しやすくて尿意を催しやすく、トイレに駆け込むことがしばしば。アザゼルが好きだけど告れず、判ってもらえずモジモジ・・・
(頻尿シャイ・ガール。:BY.井上喜久子)

・治安維持部隊の隊長でガッシリした体格の『アザゼル』。『漢(おとこ)』らしい風格と見た目にミュリンからは「兄貴」と慕われているものの、それとは裏腹にヌイグルミ収集&自作とファンシー好き、手芸、スイーツも得意な優しい乙女男子。口下手コンプレックスで、会話はいつも「フリップトーク」。ベルフェゴールには怖がられていると勘違いして心を痛めている。
(シャイな乙女兄貴。:BY.井上喜久子)

・自称、ベルの「お兄ちゃん」。すぐ仕事をサボりたがるプレイボーイな財務大臣『アスタロト』。
(クソ野郎。:BY.井上喜久子)

・↑ダメな上司(アスタロト)をシバきまくって制裁する女性悪魔『サルガタナス』。でもチョット気があるみたいで・・・。アザゼルと同じくファンシーキャラ好き。
(ツンデレ女王様。:BY.井上喜久子)

・見た目「ウサ耳美少年」で読書中毒。その為に勤務中は爆睡したがるので、いつも気だるそうに見える万魔殿図書館館長『ダンタリオン』。
(・・・尊い。:BY.井上喜久子)

・重度の美少年愛好家な眼鏡女性悪魔『エウリノーム』。美少年以外の成人男子が視界に入ると、ほうれい線が出るほどの「しかめっ面」に。
(グレート・ショタコン・オブザーバー。:BY.井上喜久子)

・やたら騒がしくて、やたらウルサクて、やたら意味不明に元気な『モレク』。
(かなり・・・ウザい。:BY.井上喜久子)

・ベルの専属衣装デザイナー兼万魔殿美術コーディネーター『アドラメレク』。
(ファッション・オネエ。:BY.井上喜久子)

など個性派揃い。そしてツッコミナレーションの『井上喜久子』さん。
(17歳デス。:BY.井上喜久子)オイオイ!


ホントにココは『魔界』かよ! と、ツッコミたくなるほど今までイメージしてた殺伐な世界と違い平和な状況。
悪魔の名を冠してはいるものの特殊能力など無く、普通にお役所仕事をこなし、チョットした思い違いでささいいなトラブルはあるものの、穏やかに過ごす日常。
この可愛くもユル~~~い雰囲気に「癒し」を感じるか「嫌悪」を感じるかが好みの分かれどころ。
一巡目は何か物足りない感じがしましたが、二巡してみると・・・「何か、コレもアリかな」と思いました。
(作画と動画が可愛く、演出も程よいタイミング。ピアノやオルゴールのようなBGMにも和まされました。)

あと、ギャー〇ルズみたいな「はじめ悪魔 ベルゼブブ(ドンドコドンドコドンドコ、イエイッ!ドンドコドンドコドンドコ、イエイッ!)」って何なん? いや、微笑ましいケド・・・(笑)

 サンキュー(10)
ネタバレ
2018.12.27 07:53 ※アニをた獣医学生◎の評価 | 観終わった| 71が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

お嬢と側付きのラブコメ

おそらく女性向けの作品? 甘いラブコメが好きな人はオススメ。
恋と呼ぶには少しまだ早い。そんな甘いお話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

べるぜぶぶ嬢さん、癒しですね♪
お嬢様とみゅりんさんのほんわかお楽しみ劇場。
閣下はダークマター系女子かな?

4話。ラブコメの波動を感じる。みゅりん大好きべるぜぶぶさん。暖かいものがみられた。
べるぜぶぶさんが少しずつ、みゅりんとの距離を縮めていく。それがたまらない!

7話。閣下が恋してる~♪幸せっすわ~♪

お年頃閣下が恋心を知りながら奮闘するのかわいいわぁ~♪ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
終始かわいい物語。恋していくお嬢さんと、少し鈍感だけど、お嬢さんを意識している秘書(男)の恋愛を描いた作品。

 サンキュー(6)
2018.12.07 15:18 dbmanの評価 | 途中で断念した| 78が閲覧 ★★☆☆☆ 2.4 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 2.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 2.0

だれむけ?

原作未読。

初回から微妙かなと思ってしまったけれど、すぐ切ってしまって後から面白くなるパターンもあるので、退屈ながらも一応はと第5話まで視聴したけれど…、申し訳ないがこれは断念。

率直にその淡いというか薄い作画が苦手ということもあったが視聴中に見慣れてくるものと思われるのでそれはいいとしても作品の大部分を占めているギャグ? と思われるネタがほぼ笑えないのが厳しかった。時おり挟まれるナレーションもよけいに寒さを助長させ、苦痛メーターがグングン上昇。(ナレーションの井上喜久子さんが悪いわけではないよ!)

ベルフェゴールやペット的なモフモフしたなにかなど可愛いキャラや、アザゼル、サルガタナスといった個性的なキャラはいたもののメインキャラの二人にはどうしても愛着を持てず…。なかでもエウリノームはかなりお気に入りのキャラとなりそうだったけれど、それ以上に退屈が勝ってしまった。

おそらくは女性向けの作品なのだろうけれど男性向けのエロ要素もあっただけにどの層に受けているのか純粋に疑問を抱いてしまった。男性への掴みとしてのエロだったのかな? ごちゃごちゃ綴ったけれど、単純に私には合わなかったということでしょう。それでも声優さんの演技は頑張っていたのでそこは評価させて頂きたいと思います。

 サンキュー(20)
2018.12.02 00:56 もなーての糧の評価 | ----| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

作画いまいちだなーと感じることしばしばだけど尊い❗

 サンキュー(3)

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。