「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(TVアニメ動画)」

総合得点
58.9
感想・評価
143
棚に入れた
552
ランキング
4081
★★★★☆ 3.4 (143)
物語
3.2
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ニャンキチ君

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

癒されて( ˘ω˘ ) スヤァ zzzzz…。

 ベルゼブブと言うと あのよんでますよ、アザゼルさんを思い起こしますが、蠅ではなく 元熾天使の美少女悪魔でモフモフが大好きな 閣下でありました。

 仕事で疲れた時 モフモフに 可愛い女の子に 声優さんの声に スイーツに癒され ちょっぴりのラブコメと 変な性癖達に笑いました。そして何度( ˘ω˘ ) スヤァ寝落ちしたことだろうか…。

 ゆるく ゆるーく魔界の日常を楽しむアニメ。足元もちょっと語っていますね。 


 評価は分かれ あわない方もいると思いますが、誰得アニメ?と聞かれたら 勿論ニャンキチ得と答えたいです。

何がツボにはまるか観てみないとわかりませんね。

 視聴するきっかけは 久野美咲さんCVベスト10を作成した時 ある方からごっちんを紹介してもらいました。ありがとうございました。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 54
サンキュー:

14

ネタバレ

をれ、

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゆるふわもふもふ、なおはなし。

視聴完了記念書直(12/29/2018)
誤字修正など(03/16/2019)

ゆるぅぅいお話、やさしい会話、かわいいキャラ絵。
カラフルなマカロンがケーキスタンドを彩る素敵なお茶会。
そういう情景に、やさしい声で時々入る、
何故か納得できるwナレーション。

本作の物語は、ヒロインのベルが侍従のミュリンに恋心を持ち始める物語です。
なにしろベルは、作中に出てくる言葉ですが、「恋愛幼稚園児」なので、
何をしていいのか分かりません、だからこの恋は一向に進展しません。
相手のミュリンもベルに好意を持っているが、言い出せずにいます。
他にも同様のスレ違い状態の潜在的両想いペアが二組です。

なお、もしベルとミュリンが両想を確認したら、
この物語は終了しなくてはいけなくなってしまいますw。
これは、昔の少女漫画を思い出すと腑に落ちるかもしれません。
その中では物語のゴールは、口づけだったり、両想いになることだったり、
それ以前の恋愛感情の告白だったり、あるいは単に手を
繋ぐだけだったりです。恋愛老人wの我々と同じに考えてはダメなのです。

主題歌は三パンなのでそれだけでこの作品好印象wです。
ピンクレモネードは飲んだことないですが、
今度作ってみたら何かが分かるのかもしれません。
レモン、ルビー・グレープフルーツと水それに糖分が材料だと思うので、
爽やかで甘酸っぱくてわずかに苦い味だと思います。
デイライト・カクテルにはうってつけかもしれません。

投稿 : 2019/03/16
閲覧 : 107
サンキュー:

10

ネタバレ

刻様(こくさま)

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま✧見た感じ(koku✱45)

このお話は、ある気持ちに名前をつけるまでのお話

ふわっとタッチな絵柄です
モフモフが大好きってことだったので
てっきり動物にかこまれて もふもふしてるのかと
ある意味 上級者!

お話はどうでしょう?
ふわっとした内容です
面白いとこもあります、この作品の雰囲気の一部になれば
笑えるシーンとかあるかもですね!

個人的には この可愛い子たちをかこってあげなくては!←
そんな気持ちです

なんせふわっとした内容ですので
一気見にはむいてないですね
ずっと見続けてると 正直、暇だなーっておもいます
片手間になにかしながらみるのがいいです
でてくるキャラたちの名前もなんか覚えにくいんですよね
一応 代表的な悪魔の名前ではあるけどね
ミュリンだけはやけに聞いたような?アザゼルもきいたような??

でてくるキャラは個性豊かではあるけれど
よくある設定の濃いメンバーなので
意外性とかはないかな?

まぁ、ベルフェゴールがあれですけど。
{netabare} 緊張とかで尿意っていうのは作者の趣味を疑いますよww
かわいそうw {/netabare}

これってあれでしょう?
ケセランパセランも愛でる作品でしょ?←

{netabare} サキュバスのモリガンがケンタッキーをマラカスがわりに振ってるシーンが何よりも最高でしたww
アドラメレクとモリガンのお話もっとききたくなりましたw {/netabare}

悪魔の日常のお話らしいですけど
ちょっと恋愛チック?純粋でピュアすぎて恋愛といっていいのかも
わからないけれど、そんなお話です
悪いとこも いいとこもないかな
ふわふわ好きにはいいかもしれません
可愛いことにはかわりありません

どんどんミュリンのふわ度があがる感じです
汚れきった心を見直す機会をくれました←

モフモフが恋しい。

栗食べたいね。

結局、ケンタッキーのまわしものですか?

投稿 : 2019/03/16
閲覧 : 44
サンキュー:

10

TAMA

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

正直『暇!』と思いました。

3話まで観ましたが対象をどこに絞っているのか分からなかったです。カワイイ系にしろチラリズム系にしろ癒やし系にしろ中途半端に感じました。


原作・未読。(試し読みは読んだくらい)
アニメ・3話切り。(全12話・30分アニメ)


倍速で観ても視聴可能かなと思います。30分もいらないかなと。
もふもふやゆるさを体験したい方にはオススメしない視聴の仕方ですが。

この作品の損なとこは他作品で悪魔達のイメージが付いてしまっている事かな?と思います。しかもその他作品が強いイメージ…
なので悪魔をちゃんと表現してもギャグ系で表現しても他作品の事を消してしまわないと違和感を感じてしまう方も居るかもしれません。
それにストーリーと対象が不明瞭なとこが重なってつまらなく感じてしまいました。


恋愛系にしても中途半端、お菓子やパフェ等の絵的表現もそこまで良くない、絵柄的にチラリズムにしてもエロを表現しようとしてもパンチが弱い、セリフが狙ってる様に聞こえる等々…。
冬コミに来てた大人や学生と海外の人と一緒に観たのですが、私も含め全員リタイアになりました。


原作の試し読みの時は悪くなかったと感じたんですがねぇ。この作品を好きな方には悪いですが私には合いませんでした。


あ、でも『アスタロト』と『サルガタナス』の「大平原」は面白かったな。cv松岡くんの叫び声が(笑)

投稿 : 2019/03/16
閲覧 : 62
サンキュー:

1

ネタバレ

Tom

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

結構声出して笑うことが多い

最初は原作の扉絵のイメージだった(最初のPVに使用されてなかったっけ)ので、ごつい感じのキャラデザにガッカリしたけど、なんか、面白くなってきたと感じる。けど、周り誰も見てねえww 語れないのが残念。ナレーションもいい感じに活きてる気がするし。何向けかっていうとあれだなと。ものすっごい色々入れてみました、みたいな感じがする。特に受け付けないジャンルがないので、普通に面白く見れてる。


【最終更新】
エリザベートよろしくボードで会話する兄貴に癒されたアニメだった。
特に風呂回。笑ったわー。
ほんわかふんわか。色味もテンポも。
楽しかった。

投稿 : 2019/03/08
閲覧 : 59
サンキュー:

4

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

フワフワ系女子

女性と話していると、オーソドックスに二手に分かれる。。。計算高くしっかりものタイプと、フワフワ系の感覚で生きているようなタイプである。

両者はそれぞれ水と油のごとく絶対に交わることなく、たまに両タイプを併せ持ち仲立ちする人もいるが、そういう人以外はしっかりものもフワフワ系もどちらも頭の固い自分の世界に固執しているに過ぎない。。

と、思っても本人を前にしては絶対に言えないのだが。(笑)

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま」はまさにフワフワ系女子の思い描く少女漫画であり、お菓子とバロックやロココ調のデザイン。優しいイケメンなど。。見ていて全身が痒くなってしまう。(笑)

頭が硬すぎるのも考えものだが、こうやって何もかも妄想の中で生きるような人物も考えものである。

何事も適度というものがあるものだ。

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 73
サンキュー:

6

ネタバレ

U

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

D. ネタバレ注意 - ふわもこ

matobaによる漫画。「月刊少年ガンガン」にて2015年8月号より連載中

<主要登場人物>
・ベルゼブブ:大西沙織
・ミュリン: 安田陸矢
・アザゼル:日野聡
・ベルフェゴール:久野美咲
・アスタロト: 松岡禎丞
・ナレーション:井上喜久子

「天界から堕とされ、悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)の主・ベルゼブブ閣下。 ベルゼブブに近侍として仕えることになった新人職員・ミュリン。 ベルゼブブは知的でクール……と思いきや、実はモフモフ大好きゆるふわ少女だった! 憧れと現実のギャップに戸惑いつつも、日々ベルゼブブとの距離を縮めていくミュリン。 そんな二人を取り巻く、これまた不器用でユニークな悪魔たち。 このお話は、悪魔たちがある気持ちに名前を付けるまでのお話。……かもしれない。 」HPより

***

魔界の国家中枢で働く元天使の悪魔たちのお話ですが悪魔要素はまったくありません
人間に試練を与えるのが使命のようですが人間界や人間との交わりは描かれません
一応、各キャラには役職がありますが覚えなくても問題なし
堕天使になった経緯が語られたような気もしますがストーリーに何の影響もありません

ケサランパサランのようなふわもこが大好きなベルゼブブ閣下と素朴な近侍ミュリン、
両片思いの2人を中心に仲間たちが遊んだり食べたり。。。するだけのアニメです
パステル調の絵柄でふわふわしてます

久野さん演じるベルフェゴール(ごっちん)の訛りがかわいい~
さすが久野さんです
少し前に変な訛りキャラが出るアニメを見たんですがいろいろ見習って欲しい

日野さん演じるアザゼルは見た目と違ってシャイなため声の代わりに
フリップでしゃべります
面白いけど日野さんにもっと声を発してほしかった

私には緩すぎて禎丞さんが出てなかったら途中で視聴やめたと思います
ただ、毎回でてくるスイーツが美味しそうでした

19.2.15

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 57
サンキュー:

6

菊門ミルク大臣

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

烏龍茶ください

砂糖にハチミツかけて生クリームで流し込んだような感じでした。

かわいいのが好きな人にはたまらないのかな

投稿 : 2019/02/20
閲覧 : 30
サンキュー:

3

ネタバレ

ごる

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

癒し度が高くて面白い!!

悪魔の日常物語ですが、とにかくかわいいネタばかりで見ていてホッコリできますwwマジで(๑ÒωÓ๑)
久々にギャグアニメ以外でニタニタするの見ました(*´ー`*)
個人的意見ですがw
登場キャラも全員必ずどこかがブッ飛んでいてくれて楽しいです(*´∀`)アザゼルさんの乙女っぷりが笑えますw
温泉の回で、女の子座りしてました!
オープニングでベルゼブブ閣下が「ある気持ちに名前をつける話」くらいに言っていましたが、結局その気持ちが何なのかわからないまま終わるんだね(^o^;)って感じですw

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 58
サンキュー:

4

40代のおっさん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ほのぼの

全体的にほのぼの。ちょっとラブコメあり。作画も安定していて、お話も観ていて不快な点などなかったので、だらだら観るのに非常に良かった。(良い意味で)
2期とかやってほしい作品の一つになった。ベルゼブブもゴッチンも可愛かった。

投稿 : 2019/01/25
閲覧 : 55
サンキュー:

4

Lovesing

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

可愛い‼️

女の子は見るべきかな。
可愛いし、癒しだし、キュンキュンする‼️
なんといっても、主人公達が可愛いんです!

投稿 : 2019/01/17
閲覧 : 40
サンキュー:

5

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

仮SFスーパー英雄(?)列伝40

この「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」ですが、本当に気持ち良いというか、心地よいアニメでした。
おかげて、仕事で疲れた状態で見ると睡魔が・・・ああっ、何て事だ、また眠ってしまった(汗)
さすが悪魔だけの事はありますね(なんか違う気が)

「で、ベルゼブブってどんなキャラなんだ?」
「確か、奥さんが浮気性で浪費家だそうだ(それ、鬼灯の冷徹)」
「いや、俺は赤ちゃんだって聞いたぞ(それはべるぜバブ)」
アザゼルさんもそうですが、最近のギャグアニメのせいで、違うキャラを連想してしまうのは何故だろう(おいっ)
そんな訳で、今日も
「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」
を観てたはずなのに、気が付いたら終わってると結果に(ホントに観終わったのか、こいつ)
それだけ、モフモフして女性キャラがかわいいアニメでした。

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 75
サンキュー:

14

ネタバレ

pister

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人間が出ないので細かいことが気にならない

1話感想{netabare}
あれ、ベルゼブブって暴食の王じゃなかったっけ?
同制作のライデンフィルムが前期やった“ファントムインザトワイライト”にも暴食の王が出てたので「アンタも好きねぇ」と思わなくもないが、気付いてないだけでこういうのって結構あることなのかな?織田信長とか。
まぁ作中では暴食と言うよりは怠惰っぽいけど。

ちと感心したのは悪魔といっても打倒神ってことではなく、あくまで神の御心(人間を試す)として悪魔は存在するって立場らしい。
血気盛んだと“ゆるふわ”感が難しくなるのでこれはいい判断なんじゃないかな。
1話見た限りでは「実は凄い力を持ったやんごとなきお方(女)に世話役の男がてんてこまい」って内容だと思うのだけど、構造的には“おねショタ”になるのか?
何をもって“おね”とするかによるけど。
そのジャンルだと前期“すのはら荘~”ってのがあったけど、それよりは“おね”が押し付けがましくなくて見やすい。
あくまで1話段階ですが…。

それにしても、ベルゼブブの声は大西沙織かぁ。
合ってるとは思うけど、ご存命だったら松来未祐だったんじゃないかなーとなぜか強く感じる。{/netabare}

最終回まで見て{netabare}
作品数が多すぎて「本数減らさにゃキツいや」と視聴断念する際、「面白い・つまらない」よりも「続き物か・一話完結系か」ってことの方が優先されることが多いです、自分。
多少つまらなくても続き物だとついつい見ちゃうって言った方が正確かな?
ということで、ホント申し訳ないのだけど・別につまらないってワケじゃないのだけど途中で視聴断念した日常系アニメは多いです…じ、時間があったら見たいんですけどね。
そんな中この作品は普通に全部見れました。
なんでじゃろー?と思って考えてみたら、キャラが全て、町人もぜ~んぶ「人間ではない」、これのせいかなぁ?
「えーそれってどうなん?」って思うようなことがあっても「ま、人間じゃないしー」で気にならないというか。
実際ベルは「見た目通りの年齢じゃないだろう(別に気にしないけど)」と思ってたらダンタリオンの件でやっぱりそれっぽいことを仄めかすシーンがありまして。
妙にギャートルズ推ししてた気がするけど、これも見た目通りではないことの暗示か?
あとはアレだ、大昔の戦争時代の勇猛っぷりを伺わせるシーンを期待して見続けてたのかも?無かったけどまぁそれはいい。

内容としては…ベルに関しては“sin七つの大罪”見てたせいか驚くことは無かった、あっちはロリっ娘ですぞ。
むしろ1話冒頭で食い物の夢を見てて「ああ、ちゃんと暴食の王してる」とスンナリ受け入れられたくらい、ここら辺も最後まで見続けられた理由か。
ごっちんは水着よりも普段の格好の方が恥ずかしいだろー、ってかごっちんも名前「ベル」で始まるのでちとややこしい。
↑で松来未祐を書いた後に登場してビックリした、先の展開知ってて書いたワケじゃないぞい。
アザゼルはサンリオ男子。
で、肝心のミュリンに関しては正直よく分からん、近侍であるならそれなりの役職に就いてる悪魔は一通り把握しとくべきだと思うのだが…急遽引き抜かれたんかね?
でもって大戦中大活躍したベルを信奉してるって話なので、どう考えても数十年は年齢開いてるハズ(ミュリンは戦争自体体験してないっぽい)。
こういうのもおねショタになるのか?
ま、人間じゃないしいいか、とあんまり気にならないのはやっぱ強い。

総評としては、繰り返しになっちゃうけど人間が一切出ないので細かいことが気にならず、のーんびりと見ることができました。
「悪魔である必要ある?」って声も聞くし、その意見もご尤もだと思うけど個人的には有効に働いてた気がします。{/netabare}

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 67
サンキュー:

9

pikotan

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

究極のゆるふわ系

ボキャブラリーが貧困な自分には、可愛い以外の言葉が思いつきません。
淡い色合いの作画も手伝って、これほどまでに「ゆるふわ」とか「モフモフ」などの言葉が似合うアニメは今までに観たことがありません(忘れているだけかも)。
登場するキャラクターは男女問わずみんな可愛いですが自分が男のせいか、やはり女性キャラに惹かれます。
特にベルゼブブ閣下と「ごっちん」ことベルフェゴールの可愛らしさといったら…。
個人的にお気に入りなのは、閣下のギャグパートの顔ですね。ジト目をしたときや顔が餅のようになっているときです。
それとごっちんの方言が最高でした。
キャラクター自体可愛いのですが、CVを務められた大西沙織さんと久野美咲さんの声が抜群に合っていて、キャラクターの魅力をより引き出していたと思います。
あまりに可愛過ぎて、毎回胸が締め付けられキューンってしちゃいました(笑)。
この二人に好かれているミュリンとアザゼルが羨ましいです。
あと、ツンデレなサルガタナスも良かったな。

気がつけば大好きな作品になっていました。

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 32
サンキュー:

8

ネタバレ

天使のたまご

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ホントに悪魔なの?というくらい可愛くて悪魔要素はゼロです。名前だけのような気もします。
パステルカラーな世界観のせいもあるかもしれません。もどかしい系のラブコメです。原作の連載が途中なので最後までくっつきませんでしたが、原作はどうなることやら…。

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 26
サンキュー:

4

たいち

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

かわええ

ベルゼブブかわいい

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 32
サンキュー:

3

ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

マシュマロ、わたあめ、マカロン、パンケーキなどと同義語です(笑)

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
日常系の中でも、かなりゆる~く、へいわ~で、もふもふ~なアニメです(笑)

前半はテンポが遅くて退屈を感じることもありましたが、キャラが馴染んできた後半はなかなか楽しめましたね♪


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
このアニメの感想、、、なんだろう? 井上喜久子さんに優しくたしなめられたいアニメかな(笑)

閑話休題。

キャラクターとしては、ベルゼブブ、サルガタナス、ベルフェゴールがそれぞれ可愛かったですね♪

ベルゼブブは、登場してすぐの全裸で、う~んとなりましたが、中盤以降は落ち着いた印象です。やや残り二人に押されぎみでしたが、ミュリンとうまくいかなくて拗ねたりしてるところは良かったですね。9話とか良かったし、11話の「ドンドコズンドコイェイ♪」とか、あざとかったけど、やられました(笑)

サルガタナスは、本作では一番のお気に入り。キャラとしては目新しさはなかったですね。典型的なツンデレ貧乳キャラ。それでもやっぱり、好きなものは好き。10話とか最高でしたね♪

ベルフェゴールは、「好きだから尿意」というのはあんまり好きな設定ではないのですが、9話の「手記」は笑ったし、11話の酔っぱらいは安定の可愛さでしたね。アニキと上手くいってほしい♪

この3人は、それぞれにカップリングが固定化され、被っていないなで、平和に三者を応援できますね。本作のような作風では、ドロドロなんて邪魔になるだけですし。

いや~、にしても、寝落ち率の高いアニメでした(苦笑) まあ、癒されたということでw
{/netabare}

【余談~ 本来の悪魔性質に、-を×(マイナスをかける) ~】
{netabare}
このアニメでは、様々な悪魔が擬人化されていますが、本来の要素を残したままに、嫌な性質を逆転させて、ゆるふわにした感じでしょうか? 例えば、

ベルゼブブ→ハエの王。クソ山の王。ですから、性質を逆転(マイナスかけて)。フワフワ好きな可愛い少女に。ただ、魔界ではサタンに次ぐ者という部分は同じ。

アザゼル→ヘブライ語で、「ゴツゴツして強大な者」。その要素は残しつつ、可愛い物好きな乙女男子に性質変換。

ベルフェゴール→「好色」で「女性不信」。だから、「男性を過度に意識」「男性不信」に。

アスタロト→「竜にまたがった天子の容姿で、息が超絶臭い」。容姿は天使のまま、しかし、息は桃色吐息というか、イケメンチャラ男に性質変換してますね。ちなみに、サルガタナスはアスタロトに仕える上級精霊で、何でも見抜く力があるらしいです。

エウリノーム→全てを含む者。わりとエロい女神なんですね。だからショタか。

ダンタリオン→無数の老若男女の顔を持ち、右手には書物を持った姿で現れるとされる。あらゆる学術に関する知識を教えてくれる。ビブリオマニア、美少年はわかるとして、うさみみはどこからきたんだろう?

アドラメルク→サタンの洋服係で、孔雀の姿をしている。だから、派手なオネェキャラに?

という具合に、良い感じでキャラクター化してるなと思います。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆2
スゲェゆっくりだな。エロ? 純情乙女男子は、なかなか良いね。

2話目 ☆2
なんだ、BL要素? アザゼルもベルゼブブも、どこに要素が? アザゼルはヘブライ語で、「ゴツゴツして強大な者」らしいから、その辺かな? ベルフェゴールは、「好色」で「女性不信」なので、「男性を過度に意識」「男性不信」に変えたのかな? ベルフェゴールはなかなか可愛い。

3話目 ☆3
アスタロト。「竜にまたがった天子の容姿で、息が超絶臭い」。サルガタナスはアスタロトに仕える上級精霊。ツンデレw

4話目 ☆4
顔芸? エウロノーメ。全てを含む者。わりとエロいというか、そんな女神なんですね。だからショタか。胸フラットは(笑) 庶民的だな(笑) 悪魔なのに解脱して、召されそう(笑) 理由がなければ触れてはいけない。前半のコメディ、後半のラブコメと、なかなかバランスが良かった印象。

5話目 ☆3
字幕改善? ダンタリオン、無数の老若男女の顔を持ち、右手には書物を持った姿で現れるとされる。あらゆる学術に関する知識を教えてくれる他、人間の心を読み取り意のままに心を操る力を持ち、他人の秘密を明らかにしてくれる。

カミオ→鳥の姿をして、弁がたつ。

ニスロク→エデンの園を守ってた人ね。

6話目
最早、このナレーション聴きたいだけな気も(笑) アドラメルク。サタンの洋服係ですね。孔雀の姿をしているから、派手なオネェキャラに?

7話目
感想書き忘れ。

8話目
感想書き忘れ。

9話目 ☆4
今回のベルゼブブは可愛いな♪ さっちゃんの押し花も、可愛いな♪ 痴話喧嘩w 手記(笑) 最後はミュリンめ、可愛いな(笑)

10話目 ☆4
アルゼンチンバックブリーカー(笑) サルガタナスが可愛いな(笑)

11話目 ☆4
ドンドコズンドコイェイ♪が、可愛すぎる(笑) サキュバス課w 酔っぱらいは安定の可愛さw 避けられたw

12話目 ☆3
サキュバス、下着あざとい(笑) 女性だけの課って、そうなるよねw 男子中学生アルアル(笑)
{/netabare}

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 73
サンキュー:

26

scandalsho

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悪魔が暮らす魔界?いえいえ、この世界はモフモフの国です(笑)

原作未読。最終話まで視聴。

「モフモフの国の日常」&「恋愛幼稚園児たちのラブコメ」
こんな印象の作品。

悪魔たちが暮らす魔界の話なのに、ちっとも魔界臭がしない不思議な作品。

何気に豪華な声優陣も特徴の一つ。
井上喜久子さんのツッコミ系ナレーションが癖になる作品でもあります。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 43
サンキュー:

18

ネタバレ

MuraBustan

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悪魔

かわいいかわいい。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 30
サンキュー:

7

ISSA

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

期待した♪未来の先~魔法をかけてピンクレモネード♪

OP曲:ピンクレモネード

軽やかな、みあさんの声とピアノの伴奏が特徴的な三月のパンタシアの楽曲
アニメの音楽も担当している分島花音さん作詞


ちなみにレモネードって黄色と違うんかいと思ったら…
レシピ(二人分)
レモン二個、ルビーグレープフルーツ二個、上白糖:大さじ5杯、ハチミツ:大さじ三杯…
「ピンク」と言うか「オレンジ色」…めっちゃ甘そう&カロリー高そう


三月のパンタシアさん他にもアニメのOPED担当してるので聞いてみて下さい。
・はじまりの速度「キズナイーバー」
・フェアリーテイル「亜人ちゃんは語りたい」
・ルビコン「Re:CREATORS」
・風の声を聴きながら「スロースタート」
・コラージュ「衛宮さんちの今日のごはん」

肝心のアニメはモフモフ、フワフワ…
しか印象に残らないけど、巻き返しなるか?


ネットとかで誰対象アニメとかよく書かれてる…
多少分かる~

「ごっちん」ことベルフェゴールが可愛いわぁ。
緊張したらオシッコ近くなる女の子ってw

一番のツボはナレーション井上喜久子さんかも、癒し声での解説&ツッコミ。
ちびまる子ちゃんのキートン山田ぽい、コアファン向けてかもだけどキートン感で最後まで視聴出来そう。


視聴完了
作風にクセあるのと、ゆるゆる~ふわふわな感じのアニメ。

ん~微妙だったかな?
ヒロインのキャラがそれほど立ってないし男性陣もヘタレだし、お勧めはあまり出来ないアニメかも。
1話見て合わないなら止めた方がいい…

私は井上喜久子さんのナレーションがツボだった。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 124
サンキュー:

23

ジパミィナ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ゆる〜く視聴すること 65点

視聴開始時としては、なんか盛り上がってこないので、退屈な流れに感じます。
なんとなくキャラの特徴が掴めてくると、展開に期待することが無くなりました。

やり取り自体はそこそこ面白いですが、タイプ的に好みで無いキャラがちょっとイヤです。(お漏らしキャラ)

設定としては悪魔界なのですが、いい悪魔ばかりなので深く考えないことにしました。
ゆるキャンよりもゆる〜く視聴するのが良いかと思います。

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 33
サンキュー:

5

目付きの悪い猫

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

ベルゼブブ関係ない、ふわふわな感じのアニメです。

個人的にベルゼブブと言えば、ハエというイメージが強く、何かハエに関するところがあるのか?と思い見ていましたが、ゆるふわで別に悪魔とか関係ないラブコメ?恋愛系?でした。主役が早々に全裸とか、なぜここで全裸?見ていてもどかしさを感じ一話途中で断念です。ケーキで例えるならひたすら甘いケーキです。もっとメリハリがほしいと思いました。

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 42
サンキュー:

2

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ほんわかして のほほんとして 癒し系 アニメだったが、すさんでいる俺を浄化することはできなかった・・・

 ジャンル  癒し


 ストーリー

 魔界を統括している? ベルゼブブと それを補佐する ミュリンの

ほんわか話



 感想

 タイトル通りです・・・

ただ、始め 声だけ聴いたとき

(ベルゼブブ:渕上さん  ミュリン:神谷さん?)


って思ったんだけど、実際、エンドロールで

違っていたΣ(・□・;)

大西さん・・・ いわれてみたら納得



 これも僕に取ったら 声優アニメな気がします・・・

(個人的意見です・・・)

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 34
サンキュー:

3

ネタバレ

mamiko

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋に奥手な人たち

それぞれ想っている人がいるのに一歩踏み出せない。
物語はそんな彼女、彼達の話がメイン
作画は可愛い&ほのぼのな感じ
声も癒されます。
悪魔達ではあるのですが、意地悪くなくむしろ応援したくなります。
opもedも良い感じでした(^.^)

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 29
サンキュー:

5

ネタバレ

yuugetu

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

コンテ・演出が白眉なゆるふわ癒しアニメ

2018年秋アニメ、全12話。
漫画原作、未読です。
…最初は女性向けと勘違いしてたけど、この作品は男性向けでも女性向けでもないと思う。少年誌としては女性読者も多い(らしい)ガンガンだし。


パンデモニウム(万魔殿)で働く悪魔(元天使)たちの緩い日常と恋心を描くほのぼのアニメ。
パンデモニウムのトップ・ベルゼブブと彼女の近侍であるミュリンの恋模様がメイン(他にもカップルは何組か)ですが、ストーリーに大きなヤマは無いです。とにかく癒されたい人向け。

第1話見て気に入ればそのまま最後まで楽しめるかなっていう作風です。
日常系やゆるふわはあまり見ないんだけど、原作者のセンスが私には結構合っていたっぽい。


【ビジュアル・演出について】
特筆すべきは演出の素晴らしさ。コンテ演出も含めた評価という事で、今回は作画に星5を付けています。
良い意味で女性らしい原作者のセンスをアニメにもよく反映させています。
{netabare}
第4話「閣下、はじめてのお見舞い。」はヒールの演出がすごくいいなあと思っていたのですが、インタビューによると、原作者のこだわりをアニメスタッフが演出に取り入れたということのようです。第4話以外でもハイヒールは結構な頻度で演出に使われているし、可愛らしい小物や綺麗な調度品も沢山映してくれるので、再視聴も楽しかったです。
音楽や効果音とその使い方も素晴らしく、ビジュアルとの親和性も良かったです。
ファッションや様々な事柄に関する豆知識を控えめに入れるセンスの良さも楽しい。知っている人はニヤリとできるような内容で、アリスのお茶会のくだりは特に秀逸。

ただ、最初は井上喜久子さんのナレーションは必要なのかな?と思ったりも。
…そういえば、第2話ラストで机で居眠りするベルゼブブ閣下に毛布を掛けてあげた人は誰なんだろう。もしかしたらサタン様とか神様とかで、喜久子さんの声で後から登場するのかな?とか思っていました。
原作を読めばわかるのかな?{/netabare}


【キャラクターについて】
キャラクターの個性付けはアニメ的。男性受け女性受けどちらもしそうなあざとさはあるので、苦手な人もいるかも。私も最初はこれどうなんだろう…と思った所はありました。
ただ、キャラクター性やシチュエーションが上手で、個人的には最後まで見たらそこまで嫌な印象は残りませんでした。
{netabare}
全体的に可愛らしい描写が多いのですが、私が気に入ったのは女性キャラクターの女性らしい嗜好と思考ですね。ヒールへのこだわりとか、水着の選び方とか、素直に可愛いと言えない心理とか。
衣装のデザインや舞台・背景の美しさが満足感を引き上げてくれました。異世界(パンデモニウム)の舞台設定のおかげもあり、ベルゼブブ閣下の裸とか、アザゼルの少女趣味とか、おおらかであけっぴろげな内容も和やかに見られました。

それでも、気になったのがごっちんのバイブレーションとか、エウリノームのショタコンとかね…後半では少なくなりますけど。
キャラの関係性にしても、大抵の萌え要素が見つけられそうというか、わりと何でもアリな作風というか。何でもアリなら個人的にはOKなんだけど、好きじゃない人もいるだろうなと思います。

私はエウリノームには最初かなり抵抗が…。ただ、ダンタリオンはおそらく長命(要は美少年なのは外見だけ)で口辛く食えない性格、かつエウリノームとは直接の絡みが無かったので最終的にはショタコンもキャラクターの個性ということで悪くはないかな、と思えました。しかもお互いマイペースで独立している、という…。{/netabare}


【素直になれない女性たち】
{netabare}
キャラの関係性に重きを置いてはいますが、それが物語として大きく動くわけではないです。
ですが、これは「その感情に名前をつける」、つまりは自分の心を知るまでの物語。
「自分の気持ちに素直になれるか」がこの作品の肝という事ですね。女性から男性への恋心を軸に、それぞれのカップルの関係性を浮き彫りにしています。(まあくっつけば物語が終わってしまうので、あくまで恋は成就しないんですけど。だから横槍(三角関係)とかは原作でもまず無いでしょうね。それが個人的には凄く良いのです)
「なぜ素直になれない(ならない)のか」が女性キャラクターそれぞれの個性に直結している。それが食べ物やファッションや趣味への向き合い方を通して描かれたりもして、それも好き。

第1話と最終話が綺麗に対比になっているのも好きですね。
特殊OP特殊EDが一度もなく、最終話でも通常のPEDがあり、彼らの日常のひとコマを描く作劇を一貫したのもとても良かったです。{/netabare}


アニメ化に際した原作者へのインタビューで、キャラクターをどんな視線で見ていますか?という質問をされて「おばあちゃんみたいな感じ」と仰っていて、すごく共感しました。作中のキャラクター皆にハッピーになって欲しい、と。
また「仕事で疲れて帰ってきたときに見て、見終わったら少し元気が出るアニメになったら嬉しい、ということをアニメスタッフにも伝えました」ともありました。

原作者とアニメスタッフが、この作品の方向性をしっかりと共有していたのを感じられました。
癒されるアニメで、毎週楽しかったです。(2019.1.1)

投稿 : 2019/01/01
閲覧 : 87
サンキュー:

17

てぃーえむ

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

題材は面白いけど

悪魔とその部下たちイケメン悪魔の基本女性向けの恋愛コメディで題材としては結構好きなんだけど、キャラと作画があまり好きじゃないですねー
全体的な空気がまるで小さい女の子向けのアニメっぽい感じ。この時点でちょっとなあって思う。

まず一番いやなのが、どのキャラも男らしさが足らないと思うのです。
女性作者なんでしょうか??男が全体的に女々しいです。

なんで男性を女々しくするんでしょう?
現実の男性で想像してみてくださいよ。気持ち悪いですよ。
くねくねワイワイキャッキャしてるイケメンなんて見たくないんですよ。

女性キャラも頭と体のバランス悪くて変な体形。
キャラデザかわいくないし、天然で浮世離れすぎてて微妙。
苦労も何も知らない世間知らず女子。

男性も女性ももうちょっとリアリティのある人間味のあるキャラがいいな。
どっちも能天気すぎて感情移入できない。

ラブコメとしては悪くないと思うんだけど。
とても残念です。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 52
サンキュー:

12

37111

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結局、駄天使である必要はなかった。。。

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:女上司と男部下の恋愛コメディ。別にベルゼブブである必要も無い様な気がするが今後そういう設定が生きてくるのであろうと信じて。
期待度:★★★

全体的に一貫してゆるふわを貫き、見ている人に何一つ心に残す事をしなかったというスタンスは素晴らしい。
ベルゼブブがゆるふわ好きという設定なだけで会って話自体はゆるふわかどうかといったら、結構ゆるふわでした。

パステル調の色彩は目に優しい。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 62
サンキュー:

14

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪くはないけど刺激が足りないかなぁ・・・

原作:漫画 未読


感想

魔界の行政機関で働く悪魔たちのお役所日常ラブコメですかね?
ちょっとギャグのないWORKING!にも似た感じな印象でした。

登場する女性キャラがみな恋愛初心者で、それぞれ意中の人に対してウブすぎる反応は可愛いのだけれど、幼児恋愛にも感じてちょっと期待外れ。
しかしまぁ、可愛いキャラ達の初々しくて微笑ましい恋愛模様がウリな作品だと思うので、これを楽しめるのかが評価の別れる所かな?
僕的にはラブコメは好きなジャンルなので、幼児恋愛ものでもイケましたw
なによりキャラが可愛いかったので ^^
そういった意味ではキャラに癒し効果は・・・あるともいます!

声優さんでは、メインヒロインのベルゼブブのCVが 大西沙織さんなんだけど、僕の中で大西さんといえば「冴えカノ」のツンデレヒロイン英梨々だったので、この可愛らしいキャラと声のベルゼブブにはちょっとイメージが違って見えました。
EDでテロップの名前観るまでは、てっきり茅野愛衣さんかな?って思ってました。^^;

主題歌では、三月のパンタシアさんが歌うOPの「ピンクレモネード」が良かったです。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 51
サンキュー:

20

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゆるくて甘い。"あくま"で日常。

この作品の原作は未読です。
「ベルゼブブ」と聞くと、正直もっと怖いイメージがあったのですが、たった一文字「嬢」が語尾についただけで、怖いイメージとはほど遠い「ゆるふわ」なキャラデザになっているのが特徴です。
実際、この安心するというか、ホッとするキャラデザに魅かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
かく言う私もその中の一人ですけれど…。

物語の舞台は、天界から堕とされ、悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)。
ここの主がベルゼブブ閣下…ということになるのですが、この作品の主人公である新人職員・ミュリンがベルゼブブの近侍として仕えることになったんです。
ミュリンはベルゼブブ閣下を知的でクールな方だと思っていました。
普段接する機会の無い人にとっては、雲の上の存在なのですからそう思うのも無理はありません。
確かに仕事には熱心なのですが、仕事から離れるとモフモフ大好きなゆるふわ少女の早変わりするんです。
そんなベルゼブブとミュリンを取り巻く日常が動いていきます。

ベルゼブブ閣下…サタンの右腕として数々の武勇伝をお持ちとの事ですが、この作品の閣下を見ていると、そんな事など何処かに忘れ去られた…いえ、捨て去った過去なのでは…と思えるほど、微塵もそんな素振りは見えません。
ケセランパセランたちに囲まれて兎に角ゆるふわ一直線…という感じだったのですが、最近近侍になったミュリンが気になるご様子…
でも、その存在ゆえ昔から普通の天使とは異なる生活を送ってきたせいで、ミュリンが気になる理由が分からずにいます。
CVは大西さん…これまで竹を割ったような性格のキャラを演じる機会が多かったと思いますが、この手のキャラを演じるのは、ダンまちの「アイズ・ヴァレンシュタイン」や異世界食堂の「クロ」以来ではないでしょうか。
決定的な違いは、前者の2名は口下手だという事です。閣下は決して口下手ではありませんので…

くのちゃん演じるベルフェゴール…実はこの作品で一番のお気に入りキャラです。
ベルフェゴール…通称「ごっちん」は、とある方に恋愛感情を抱いているんですが、極度のあがり症のため中々自分の気持ちを伝える事ができません。
それどころか、緊張した時の癖(?)で近づくことすらできないんです。
時折夢で見る自分はもっとちゃんとしているのに…
果たして「ごっちん」は自分の気持ちを伝える事ができるのか…
答えは見てのお楽しみです^^

本作の主人公であるミュリン…新人職員が閣下の近侍を務めるというのは大抜擢なのではないでしょうか。
書き忘れていましたが、ベルゼブブ閣下は相当な美少女です。
閣下に思わずドキッとするのも一度や二度じゃありません。
でもその位の美少女なのですから、そんな感情を抱いてしまうのは仕方の無い事だと思います。
「仕事中なのにけしからん…!」とは思えないですね。
実際に私がミュリンの立場なら卒倒しているかもしれませんし…

松岡さん演じるアスタロトにも触れておきましょうか。
一言で言うと軽い感じ…プレイボーイ風の悪魔です。
物語を盛り上げるのに一役買っていますが、松岡さんじゃなければこの面白さは感じなかったかもしれません。

他にもくまちゃん演じるサルガタナス、赤﨑さん演じるエウリノーム、あおちゃん演じるダンタリオンなど、個性的なキャラがたくさん登場しますので、気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、三月のパンタシアさんの「ピンクレモネード」
エンディングテーマは、ベルゼブブ、ベルフェゴール、サルガタナスによる「あくまで恋煩い」
三月のパンタシアさんの楽曲は安定感がありますね。
キズナイーバーの頃から大好きなユニットです。

1クール全12話の物語でした。
基本的に悪い人は出てこないので、安心してゆるふわ感を満喫できる作品だと思います。
ナレーションが井上 喜久子さんというのも安心感に拍車を掛けていました。
ゆるふわ日常系がお好きな方なら堪能できる作品だと思います。

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 40
サンキュー:

15

強クナル‼︎

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かわいい

癒される

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 25
サンキュー:

3

次の30件を表示

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。のストーリー・あらすじ

数十万の悪魔の軍勢を統べる万魔殿の主、大悪魔ベルゼブブ。その近侍として仕えることになったミュリンが目にしたベルゼブブの姿は、大悪魔の威厳を持つ気高く冷徹な姿...ではなく、モフモフが大好きなゆるふわ少女だった!?(TVアニメ動画『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年秋アニメ
制作会社
ライデンフィルム
主題歌
≪OP≫三月のパンタシア『ピンクレモネード』≪ED≫ベルゼブブ(CV.大西沙織)ベルフェゴール(CV.久野美咲)サルガタナス(CV.加隈亜衣)『あくまで恋煩い』

声優・キャラクター

大西沙織、安田陸矢、久野美咲、日野聡、加隈亜衣、松岡禎丞

スタッフ

原作:matoba(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)、監督:和ト湊、シリーズ構成・脚本:冨田頼子、キャラクターデザイン:住本悦子、音響監督:本山哲、音楽:分島花音/千葉"naotyu-"直樹

このアニメの類似作品

この頃(2018年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ