「キャロル&チューズデイ(TVアニメ動画)」

総合得点
61.4
感想・評価
47
棚に入れた
373
ランキング
3133
★★★★☆ 3.7 (47)
物語
3.5
作画
3.8
声優
3.6
音楽
3.9
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ponsuke

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

二人の女の子のサクセスストーリー

ここのレビューから試しに見始めました。

レビュー通り心に響く作品だと思います。

まだ二話ですが、今後どのように物語が紡がれるのか気になりますね。

坂の上のアポロンを思い出しました。

こういう作品もっと増えないかな。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 25
サンキュー:

2

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

音楽系作品、二人の少女が出会い意気投合しました(一話め視ました)。

いつもと違ってw公式HPを見てから視聴開始。
(誤字訂正;21/Apr/2019)

二人のメインヒロインは17歳、タイトルの通り、キャロルCV島袋美由利とチューズデイCV一ノ瀬加奈、二人は意気投合し楽曲を共作することになりました。
 キャラデザはなんとなくアメリカ人ポイ雰囲気を感じます。そちらでも本作を売り込もうという意図がありそうです。作画や背景は美しく自然です。また、CVさんが歌うのではなく、英語で唄うプロのミュージシャンが演奏しているようです。なので確かに楽曲は聞き応えがあると思います。ワタシ的にあまり得意じゃない楽曲ジャンルなので良し悪しはまるで分からないですがw。でも何だか、何かを表現したい、訴えたいというヒロインたちの想いが、伝わってくる気がします。最後の場面は、綺麗な都会の夜景を背景に、二人で記念写真を撮り、二人で初めて作った曲と伴にSNSにアップしました。
 上手く言い表せないのですが、一話めからシックリきて不自然さがなく、物語に引き込まれます。これは、期待が持てそうです。次週も楽しみです。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 25
サンキュー:

6

北山アキ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

2話まで観て

1話のポエム感はすごくよかった。
言いたいこと全部を1話に詰め込んでやろう的な衝動を感じた。
溢れ出るとか生き急ぐって情動を期待させる滑り出しだった。

ただ、2話は少しスローダウン。
1話で期待が高まった故に作劇に作業感を感じてしまった。
雰囲気アニメに成り下がらないようにテンション上げて欲しい。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 38
サンキュー:

1

まむまむまむ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

相変わらずこのサイトには質の悪いレビューが集まりますね。

とてもいい作品で今季イチオシのアニメです。

ここのレビューは、萌アニメにしか高得点を出さない傾向があるので、萌系アニメが苦手な人は、このレビュー点数を参考にしないでください。

ここのレビユーを参考にせず、1話、2話をぜひ見てほしい。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 76
サンキュー:

1

ネタバレ

HmFDB75691

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

第2話 火星ではないと予想しておく

男女でなくて、女の子二人なんだね……というのが最初に思ったこと。


第1話 歌はよかったのに、で終わらなければいいが
{netabare}
キャラデザも歌もいい。ただ、現代のアメリカでいいのに、火星にしたところが、気になるところで、気に入らないところで、嫌な予感しかしないところ。しかも、未来感まったくない。
火星ではなく、じつは別の場所だったという伏線なら面白いが、設定ならイマイチだと思う。さすがにロボは出ないだろうけど、SF的要素が絡まりそうな気がする。

最終回で、歌はよかったのに、ほかはイマイチだったという感想にならないか、いまから心配な作品。
{/netabare}

第2話 火星ではないと予想しておく
{netabare}
現代的な物が多くて違和感がある。火星に移住してから徐々に技術力が上がって21世紀と同レベルに至った、そんな感じなんだろうけど、10年あればすたれるネット用語まで残っているのは不自然すぎる。

人間が作った曲とAIが作った曲をアニメの中で対決させる、そういうテーマなら火星が舞台で現代的なものが出てもいいとは思う。そうでないなら、伏線を疑ってみたくなる。

AIで管理された地球が舞台で、人類は火星にいると思い込まされている。だけど、キャロルとチューズデイの曲によって目を覚ます。そのため、二人が表舞台に出てこないよう、AIがじゃまをする。二人はAIのシステムを解除するための鍵(遺伝子)を持っている。

序盤はこんな感じで予想しておく。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 83
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

公式のINTRODUCTION
{netabare}
人類が新たなフロンティア、火星に移り住んでから50年になろうという時代。多くのカルチャーはAIによって作られ、人はそれを享楽する側となった時代。ひとりの女の子がいた。首都、アルバシティでタフに生き抜く彼女は、働きながらミュージシャンを目指していた。いつも、何かが足りないと感じていた。彼女の名はキャロル。ひとりの女の子がいた。地方都市、ハーシェルシティの裕福な家に生まれ、ミュージシャンになりたいと思っていたが、誰にも理解されずにいた。世界でいちばん孤独だと思っていた。彼女の名はチューズデイ。ふたりは、偶然出会った。歌わずにいられなかった。音を出さずにいられなかった。ふたりなら、それができる気がした。ふたりは、こんな時代にほんのささやかな波風を立てるだろう。そしてそれは、いつしか大きな波へと変わっていく─
{/netabare}

スタッフ{netabare}
総監督:渡辺信一郎
脚本:渡辺あや
キャラクター原案:窪之内英策
アニメーション制作:ボンズ
音楽制作:フライングドッグ
{/netabare}
キャスト{netabare}
キャロル:島袋美由利
チューズデイ:市ノ瀬加那
ガス:大塚明夫
ロディ:入野自由
アンジェラ:上坂すみれ
タオ:神谷浩史
アーティガン:宮野真守
ダリア:堀内賢雄
ヴァレリー:宮寺智子
スペンサー:櫻井孝宏
クリスタル:坂本真綾
スキップ:安元洋貴
{/netabare}


1話ずつの感想


#1 True Colors
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ハーシェルの町に住むお嬢様のチューズデイは、家出をしてアルバシティまでやってきた。彼女の夢はミュージシャン。そのアルバシティでバイトを首になったのが施設育ちのキャロル。彼女の夢もまた、ミュージシャンだった。
キャロルが路上で歌った歌が、チューズデイの心をとらえ、ふたりは出会う。そして、チューズデイはキャロルの部屋に転がり込み、ふたりは生い立ちを語り合う。ここから“奇跡の7分間”の原動力となったふたりの少女の物語は始まる。
{/netabare}
感想
{netabare}
キャラデザとかはアメコミっぽい感じ。。


2人が出会って警察から逃げるとか、テンプレっぽかったけど
セクハラとかしながら一生けんめいに生きてるキャロルの気もちと
家出してきて心細い思いしてたチューズデイが
キャロルの歌を聞いて泣いちゃうところの気もちとか、すっごく伝わってきて
にゃんもウルウルしてきちゃった。。


ほかにメインになりそうのはチューズデイのお母さんとお兄さんで
お母さんはキャロルの心配より、大事なことがありそう。。

それから有名子役から、歌手になろうってしてるアンジーとプロデューサーとか
元音楽関係の酔っぱらいのおじさん。。

おじさんは、「メガロボクス」で
ジョーに会って忘れてた夢を思い出した南部さんみたく
2人と出会って、マネージャーか何かになって
それからアンジーは、2人のライバルになるとかなのかな?

2人がさいごに有名になりそうなのも分かってるし
おはなしもテンプレっぽいサクセスストーリーみたいだけど
気もちが伝わってくるおはなしっていいよね♪


2人がはじめていっしょに歌うところでも
ちょっとウルウルしてきちゃったけど
歌は、声優さんとは別の人が歌ってるみたい。。
キャロル(Nai Br.XX)、チューズデイ(Celeina Ann)


これから楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#2 Born to Run
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
家出娘のチューズデイがキャロルの部屋に転がり込み、共同生活が始まった。
その夜、キャロルはチューズデイに一緒に作った曲をちゃんとしたピアノで弾いてみたいと言う。思いついた場所は、火星移民メモリアルホール。
そして、アルバシティにはもうひとり、歌手デビューを目指す少女がいた。モデルのアンジェラ。彼女は現代最高のプロデューサー・タオのもと歌手として第一歩を踏み出そうとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半はキャロルとチューズデイの日常っぽいおはなしで
2人の育ちとか、性格とかを描いてて

後半はアンジーの歌手デビューの準備と
2人が大ホールにこっそり忍び込んで歌った曲が
ユーチューバー?のロディがかってにUPして
それを聞いたガスが、さっそく2人に会いに来た、ってゆうところまで。。



2人のサクセスストーリーみたいだから
サクサク進んで主人公最強系のラノベみたくうまく行きすぎみたいだけど
あまり必要ないところは切って、大事なところはちゃんと見せてる感じで
いいみたい^^


へやを片づけようとしたチューズデイが
ぎゃくに散らかしちゃうような何にもできないお嬢さまでも
疲れて帰ってきたキャロルが
笑顔でいっしょにあと片づけをしてあげるところが、ジーンってしちゃった◎


キャロルは、ママがウソつき政治家なのかな?
でも、お嬢さまだけど、エラそうにしないしいい子^^


その代わりアンジーがちょっとワガママな感じかも?

それで、プロデューサーのタオが冷たい感じなのに
なんでか2人の会話を聞いてるとわらっちゃうなw


今回も2人の歌が聞けたし
出てくるキャラも、ほんとに悪そうな人がいないみたいだし
安心して見てられるみたい☆


{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 70
サンキュー:

25

ネタバレ

ロッタ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

なんでかな?

第1話見ました。
これ書く前に皆さんのレビュー読みました。
評価いいですね。
なので書きにくいんですが
私はあまり入り込めなかった。

ふたりの出会いに障害がなさすぎ。
もの足りなかった。
すぐ仲良くなりすぎ。

ギターと体がフィットしてなかった。
横から描いてるときギターが浮いている。
ギターを弾いたことがない人が描いたんじゃ
ないかな?
ちょっと違和感。

チューズデーちゃんの歌声
最初からうますぎる。キレイすぎる。
もう少し荒削り感があって
ストーリーが進むにつれて
輝きが増すように設定したほうが
良かったんじゃないかな。

中途半端な火星感?
未来の地球かと思った
火星じゃなくても
これから色々あるのかな
火星である理由が

と色々書きましたけど
悪くはないんですよ。
ただなんだろー
わくわくが
私にはちょっと足りなかったかな。

私はロバータフラックとか
そっち系が好きだから
それもあるかも。

1話目で私が一番いいと思ったシーンは
神谷さんが登場したところ
あれ?ちょっと期待していいかもと
思っちゃった♪

もちろん2話目も見ますよ。
面白いと思うかもしれないから。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 106
サンキュー:

6

2010sw

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

めっちゃ楽しいッツ!!

1話

唄が生まれる過程
生ギタの音に乗せ
めっちゃリアルに!

2話

グラピ弾き逃げ!
お金ないから!
唄の魂は、一生懸命生きることで
入ると自分は思う

明るく
逆境も気にしない

二人の歯車、
すこしづつ噛み合う

いい!

人の心を
動かすものってなんだろう?
やっぱりそれは、
人なんだって
ビシビシ感じる

生音、世界観、絵、良いです
観て欲しいなー
特に音楽好きなひと
作ってる人に

2話で

唄に日本語字幕がはいるから
英語わかんなくても大丈夫
その意味を
味わうべし

くー
これは
いんじゃね?

紹介された名曲も
Youtubeなどでチェックすべし

いやー

楽しい

今期(2019春)は
フルバのBeverlyも良かったし
音楽系豊作だなー!

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 33
サンキュー:

3

ネタバレ

37111

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:作画の丁寧さ、1話の話の入り、どれもなかなか。女性二人の音楽による成り上がりの話だと思うけど王道であれ奇策であれ期待はかなりできそう。
期待度:★★★★★

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 30
サンキュー:

7

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

二人が出会って音楽を。

家出少女のチューズデイと、バイト暮らしのキャロルが出会って音楽を始める。

この二人の作る音楽が、オープニング、エンディングになっていくのでしょうか?

1話の貨物列車のところ、魔女の宅急便みたいですね。
表現や、作画、演出、まだまだ未知です。


後々の大きな存在となっていくのか。
ネタバレスネークさん。

2話。オープニング、エンディング良し!
これはAIと人の音楽の対立となるのかな?
人の音楽か、AIでも作れる、みたいな。

今回はホールで二人がセッションするところ、作画と音楽が素晴らしいの一言につきます。
ピアノ演奏の作画、動き、丁寧でしっかりしていました。ギターの弾く動きも、その場で止まっているという感じではなく、呼吸に合わせてしっかり動いているところ、やばかったですね!
歌は鳥肌ものです!



シャイニングの顔芸じゃねーか!

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 52
サンキュー:

8

Papa

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

おじさんから一言

おそらくみなさんより、かなりのおじさんです。息子が見てたこのアニメを横目で見ていて、衝撃が走りました。二人の演奏はまさに本物。セッションしながら、曲が見えてくるくだりも、すごくリアルでした。おじさんくらいの歳になっても、そう何度も出会えない「本物」に出会えた瞬間だと思います。

また、各エピソードのタイトルのセンスが素晴らしい。第1話はシンディ・ローパーのTrue colors、第2話はブルース・スプリングスティーンのBorn to runとの事ですが、どちらも80年代の名作で、このアニメ同様、本物の感動を与えてくれる作品です。これからも、毎回同じように素敵な曲が紹介されると思いますので、ぜひ若いみなさんもこの機会に聞いてみてほしいと思って、投稿させていただきました。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 81
サンキュー:

9

ネタバレ

るるかん

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

歌も本格的で楽しみ!!

2話
今週はブルーススプリングスティーンの『Born to run』をタイトルにしてましたね。日本語だと『走るために生まれたんだ』(邦題は『明日なき暴走』らしいです。)っていう曲名でアメリカンドリームを追いかける為に、どんな困難や危険があっても走りだすんだ~的な歌ですが、毎回誰のどの曲をタイトルにするのか楽しみです。先週のシンディーローパーの『True colors』から一転した内容の曲ですが・・・。
しかし、{netabare}二人の歌が上手すぎてちょっと笑っちゃいましたが、いい曲です。OP曲もとても良いし、曲のクォリティーはとても高い。はやくも二人の歌はプロモーターらしき人の耳に留まり、これからマーズ(火星)ドリーム?に向かって走り出すのでしょう。対比した存在としてアンジェラの声帯チェックをしていたAIサウンドクリエイターが登場しましたが、こちらの方の曲もかなり楽しみです。{/netabare}これくらい本格的なサウンドを挿入してもらえると、なんか私はワクワクします。次週が待ち遠しいです。
 
1話
EDいいですね~♪ ネイブリックス&セレイナアンって組み合わせが新鮮でいいです。歌は、キャロル&チューズディってなってたから、きっとこの二人が本作中の英語の歌を担当するのでしょう。これは楽しみです。
 
{netabare}シンディローパーのエピソードを動機づけにして都会へアコギ一本を抱えてやってきたチューズディは空港でギター以外の荷物を盗まれて途方もなく歩いている時にキャロルに出会う。そして二人はキャロルの家で過ごすことに・・・。サクセスストーリーなのだろうが、本作中の歌はネイブリックスとセレイナアンが担当しそうですね。正しい!!そこで手を抜かないことはよい!!ネイブリックスもセレイナアンも若い期待のアーティストでまだプロっぽさが沁みついてないアーティストだ。チョイスも良い。{/netabare}
 
ちなみにシンディローパーは、小学生のころに最初に習った楽器はギターでそれで歌を作っていた。だから、その影響をチューズディが受けたとしたらアコギを持っていることは至極当然で、そのあたりも手抜きが無いのが素晴らしい。
ちょっと期待していいと思います。私にとっては今期一番楽しみな作品になりそうです。いい作品になるといいな~!!

注)Nai Br.XX(日本語ではナイブリックスと表記される場合あり)

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 58
サンキュー:

13

DmZHj62812

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

最高だ

総監督:渡辺信一郎
監督の名前だけで面白そうな作品なのがわかります。
ビバップ、アポロン、好きな僕にとってはたまりません!
まだ1話しかみていませんが、
やはり音楽が最高でした!

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 25
サンキュー:

2

プスーッ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観たい

くそ~、マジでこれは、、

PVを視て心底「この作品が視てえ!」と思いましたよ。
そう思わせるだけの「波動」が備わっておりますな~このアニメにはw
本作はボンズxフライングドッグx渡辺信一郎を核とする音楽をベースとしたオリジナルのアニメ作品。
このこらぼれーしょんは強力でございますね!(΄◞ิ౪◟ิ‵ )
「マトモ」に作れる環境なら良い作品に仕上がらないはずがないでしょう!
まだ視ていないのにれびゅ~書いて良いのか分かんないんですけど
このサイトでは観てない作品でもレビュー書けるみたいだからまあいいかな
一応オンエアー中だし「PV」はメイキング含めて一通り視聴したし
点数は敢えて高めにしておこうwブフフ(;.:◉;.:◞౪◟;.◉;)
このアニメ作品はネトフリ限定配信的なノリの作品なので
「全話配信が済んだら」このアニメを視るためだけに
一月だけ契約しましょうかねw(΄◞ิ౪◟ิ‵ )フハハ!

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 63
サンキュー:

2

ISSA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

Time after time

アニメ制作:ボンズ


登場人物

キャロル(キーボード/Nord):島袋美由利

チューズデイ(アコースティックギター/ギブソン):市ノ瀬加那


1話視聴
お仲間さんから今期のお勧めって言われたけど、あーこれ良いわ。

世界観が抜群、未来の火星が舞台なんだけどショービジネスでアメリカドリームを夢見る感じが80年代ぽい、シンディーローパーとかも出てきたし。

未来設定なのにどこか懐かしいアメリカを感じさせる、世界観は最近無い感じ。


チューズデイが使ってたアコースティックギター「ギブソン・ハミングバード。」
ジョンレノン/ジミーベイジ/ミックジャガー/秦基博/小渕健太郎(コブクロ)/福山雅治
多くのアーティストが愛用してるので音楽PVで目にするギターですね。
40万以上はするから一般の人がなかなか手には出来ないけど。
ちなみに、けいおん!唯ちゃんが使ってたエレキギータ通称ギータは「ギブソン・レスポール」
これも高額、高校生で無理w


抜群の世界観とセンスの良さで今期期待度一番のアニメで間違いない。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 49
サンキュー:

9

taijyu

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

主役二人を応援したくなる美しい作品

これは素晴らしい。背景デッサン的な作画が美しい。
窪之内英策デザインのキャラは可愛いというより愛嬌があるという感じですが、生き生きとして魅力的です。
SF未来的でありながら、ストーリーは旧態依然とした内容という世界観も面白いですね。
そして音楽もしびれました。素晴らしい。
主役の二人を一気に気に入り、とても応援したくなりました。
質が高く、キャラも魅力的で申し分ないですね。楽しみに見続けたいです。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 43
サンキュー:

3

ネタバレ

うるかり

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

フィクション内での実在するものというノイズ

オリジナルだしボンズだ〜と思って見てみた。

とにかく曲がいい。曲がツボすぎる。
それだけで観るこれ〜ってなってる。
特に二人が部屋で初めて合わせるところ、音が出始めたとこから涙出てしまった。
二人のやりとりもかわいくて好き。
名乗りのとことか。
このまま、かわいいバディものでいてほしい。
ゆりは最近食傷気味なので。

ただ、シンディーとかギブソンとかインスタとか、こちらの世界の固有のものが出ると、気が散るという意味でノイズを感じてしまった感じはある。
それらが嫌いな訳でもないし、広告うんぬんとかが気になるというよりも、単純に没入感を削がれた。ような感じがする。
True colorすっごく好きなので嬉しくもあるが。
…やっぱ気が散っている。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 39
サンキュー:

3

ASKA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

ボンズ20周年&フライングドッグ10周年の「音楽」をメインにした作品

4月からフジテレビで「+ultra」枠で放送予定
人類が火星に住むようになった時代に2人の少女がミュージシャンを目指して頑張る話のようです。
2人の主人公の少女は新人声優ですが、脇は大塚明夫さん、入野自由さん、神谷浩史さん、上坂すみれさん、宮野真守さんと割と豪華で期待度大です。

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 103
サンキュー:

20

えたんだーる

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

バイト暮らしのストリート・ミュージシャンと家出お嬢様が世界に歌を響かせる…!?

+Ultra枠の新作。第1話を観ました。
たぶん視聴が進むにつれてちょくちょくレビューを更新します。

なんだろう、ブロードウェイのミュージカル劇が原作の映画とかドラマとかを観ているような気分になる作品ですね。

担当プロデューサーによると、この枠の作品は世界展開を視野に入れているらしいですが、なるほど日本での声優はさておき作中世界での公用語は英語であろうことが伺われますね。

劇中歌も英語で、歌う場面ではオーディションで選ばれたという専業の歌手が歌うという『マクロスF』のシェリルみたいな配役です。

舞台はテラフォーミングされた未来の火星です。そこだけ観ると近未来SFということになります。前々作INGRESS、前作revisionsときてこの枠にはSF縛りでもあるのだろうか、知らんけど。

が、おそらくSF設定はストーリー上はあまり重要ではなくて、おそらく作劇上で近未来ガジェット的な物が使えると便利だからそういう設定にしたんだろうという気がしています。

タイトル『キャロル&チューズデイ(CAROLE & TUESDAY)』ですが、どストレートにW主人公の名前を使ってきています。

キャロル(Carole): ファーストフードなどのアルバイトなどで生計を立てているっぽい少女。貧困家庭出身で現在はひとり暮らし。キーボード担当。

チューズデイ(Tuesday): 裕福な家庭で不自由なく育ったが、音楽に関する情熱を親に理解されず家出する。ギター担当。

第1話時点での作中世界についての私見:
火星のテラフォーミングはかなりの大事業で、チューズデイの生家はおそらくその事業に大きな功績があり財を成した名家なのではないかと思います。
(もしかしたら地球生まれの先祖も事業家でお金持ちだったかも?)

一方で初期の開発から何世代か遅れて火星で一旗揚げようとやってきた火星移民がいて、キャロルはその2世とか3世とかなんじゃないかと思いました。

つまり火星は開拓時代後期のアメリカみたいな状況になっているんだと思います。地球から独立しているかはっきりしませんが、アルバシティは火星の首都的な都市のようです。

おまけ:
チューズデイが持ってるGibsonのハミングバード(Hummingbird)って、きっと作中世界ではヴィンテージギターだよな…。

Instagram: https://www.instagram.com/carole_and_tuesday/

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 72
サンキュー:

25

koucha

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

これまた期待作

絵も音楽もとても高いクオリティでストーリーも今後二人がどうなってくのか期待!
好みは分かれるのかな?個人的には今季のここまでの1話ではワンパンマンかこの作品ですね。
余談ですが1話に出てくるインスタ垢が実在し、アニメに合わせて更新されていくというのもとても面白い。
性別関係なく楽しめると思いますので是非

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 11
サンキュー:

3

rFXEy91979

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

タイトルなし

episode:01「True Colors」

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 36
サンキュー:

0

古川深夜

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

1話だけみた感想だけなら

1話見た感じす良かったです 音楽もいいし
アンドロイドが音楽してるみたいな世界観もよく理解できました 大塚明夫さんのおじさんがプロデュースしていくのもわかりましたし 面白そうな展開になりそう ほかのやつみて ワンパンマンとこれが今季の名作になる感じですかね 個人的に面白かったのは ひとりぼっちでした

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 33
サンキュー:

4

ネタバレ

ミュラー

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

音楽は満点ですね

ちょっとフライングレビュー。まだ1話なのにすみません。

各話のタイトルがロック/ポップの名曲でつづられている。きっとそうだ。
1話目はシンディローパー(チューズデイのお気に入りだし)。
2話目はブルーススプリングスティーンでした。
きっと全部分かりそう。
音楽大好きな私としては見逃すわけにはいかないアニメとなりました。

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 38
サンキュー:

9

ネタバレ

タック二階堂

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

このふたりの歌が、世界を変える。

詳細は公式でも。

偶然出会ったふたり。キャロルとチューズデイが
音楽で世界を変える。

というお話です。

ボンズの20周年とフライングドッグ10周年を記念
した「+Ultra」枠の新作アニメです。
まあ、カップヌードルのCMで抜擢したのでしょう
「ツルモク独身寮」の窪之内英策がキャラ原案。
もろもろバックグラウンドは大物感たっぷりです。

そんな期待値を裏切らない文句なしの初回。
Wメインキャストの島袋美由利と市ノ瀬加那は
それぞれ現時点では「はるかなレシーブの」とか
「ダリフラのイチゴの」という冠ですが、
このままいけば「キャロル&チューズデイの…」
と言われる代表作になるでしょうね。

もちろん継続視聴です。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 28
サンキュー:

4

「ひろ。」

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

PVの時点で今期1番期待していた作品でしたが・・(1話まで視聴して)。

※★の評価は暫定的なものです。最後まで見終えてから再度つけなおす予定です

・・そのハードルを楽々超えてくれた第1話でした!♪。

内容については予備知識ほぼゼロでの視聴だったのですが
音楽でのサクセスストーリーになっていくのかな?。

ナレーションが、未来予測風呂敷を拡げすぎな気がして・・(汗);。
・・できれば前振りナシで、その変化を視聴者にリアルタイムに実感させてほしい気も。。
ゴール地点を先に想像させられてしまうのは、ちょっとマイナスかなあ?。
でもあえて予測させといてハズしてくる策略かも?と思ったり(期待)。

近未来のハナシなのですね。
テクノロジーは進んでいるかもですが、でも普遍的なものはそのままに^^。
何気に共感ポイント揺さぶられます。

「作画すごいな~。特にキャラの描写バランス・繊細さが抜群だな~!!」
って思いながら1話本編が終わり、ふと流れるEDを見てたら・・
”メインアニメーター”、”総作画監督”さんの名前みて大納得!!。
BONESさんの作品だったんですね~♪。
これは間違いない!!。

音楽的にも、昨今のいわゆるアニソンとは一線を画していておもしろい!!。
個人的には、洋楽は疎く、もっぱら邦楽メインで育ってきたのですが
最近はアニソンの方が無限の可能性があるように感じて
洋楽・邦楽から、だんだん遠ざかりかけてた自分だったのですが
本作はもしかしたら、そういう自分の中での
”垣根をとっぱらってくれるかもしれない可能性”
を感じさせてくれています。

まだ勉強不足で、本編での音楽を担当されてるアーティストさんのことは
正直まったく知らないのですが
これから徐々に知っていきたいなと、欲求と好奇心が刺激されまくっています♪。

はい。今期の個人的本命です!。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 45
サンキュー:

13

ネタバレ

shino73

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

若葉のころ

総監督渡辺信一郎、制作ボンズ。

火星に住むお嬢様のチューズデイは、
ミュージシャンを夢見てアルバシティまでやって来る。
同じ夢を持つキャロルと運命的な出会いを果たし、
春に芽吹く若葉のように2人は奇跡の物語を育む。

少女の「歌」、あるいは「詩」
世界名作劇場のようにそれは優しく始まる。
きっと肯定すべき物語だろう。
四季の美しさに、世界の美しさに、
そして未来の美しさにそう感じるままに。

これは素晴らしい幕開けですね。
一ノ瀬加那を筆頭に声もいい、絵もいい。
{netabare}丸いフクロウのジギーは最高だ。{/netabare}
音楽に関してはビバップの前例もある監督です。
アニメ史上に残る傑作が生まれるかも。

五感を研ぎ澄ませ知覚したものが、
僕たちの意識に宿り、それは花咲き、
色も形もない「音」という表現に多様性を見る。
朝の空気にだって響きはあるのだ。

うん、きっと可能性の物語だ。
なんて爽快な始まりなんでしょう。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 74
サンキュー:

30

sudasouich

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

非アイドルのシンデレラストーリー?

個人的にこの手のアニメは歌唱力と楽曲次第で8割方評価が決まる。
1話目を観ただけでは何とも微妙。
金髪の声は花澤さんかと思ったわ。
つーか、CVが歌唱を担当する訳じゃないのか?
(ググると歌い手は全世界オーディションで選ばれたとか何とか・・・w)
主な標的も英語圏の視聴者???
よく分かりません(笑)
絵はすごくいいとお思う。
今期は作画に力入れてるアニメが多いな。
息切れせずに最後まで持たせられるならいい傾向だ。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 22
サンキュー:

2

snow

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

キャロチュー<57>

1話視聴。
シャレオツの極みという感じの音楽アニメ。
ギターを引くところの動画とか半端ない。
初回は導入オンリーでお話的にどうなのかはまだ不明。
ナレーションによって成功がネタバレされてるけど、どう展開するんやろか。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 31
サンキュー:

1

ネタバレ

esso-neo

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

気が早いけど

アルバシティ
監督は渡辺信一郎
ビバップじゃねえんだぜ?可愛らしい17歳の二人が主役でミュージシャンを始めるなんて爽やかな話だ。
まだ描写もネタも盛りだくさんに隠されてるだろうけど二人で探って一曲出来上がる瞬間たまらんやん。嘘を撤廃するやり方って水島監督思い出すけど、超気になる。次はよ

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 33
サンキュー:

4

aKqzA52233

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 0
次の30件を表示

キャロル&チューズデイのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
キャロル&チューズデイのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

キャロル&チューズデイのストーリー・あらすじ

人類が新たなフロンティア、火星に移り住んでから50年になろうという時代。
多くのカルチャーはAI によって作られ、人はそれを享楽する側となった時代。

ひとりの女の子がいた。
首都、アルバシティでタフに生き抜く彼女は、働きながらミュージシャンを目指していた。いつも、何かが足りないと感じていた。
彼女の名はキャロル。

ひとりの女の子がいた。
地方都市、ハーシェルシティの裕福な家に生まれ、ミュージシャンになりたいと思っていたが、誰にも理解されずにいた。世界でいちばん孤独だと思っていた。
彼女の名はチューズデイ。

ふたりは、偶然出会った。
歌わずにいられなかった。音を出さずにいられなかった。
ふたりなら、それができる気がした。
ふたりは、こんな時代にほんのささやかな波風を立てるだろう。
そしてそれは、いつしか大きな波へと変わっていく───(TVアニメ動画『キャロル&チューズデイ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
ボンズ
公式サイト
caroleandtuesday.com/
主題歌
【OP】キャロル&チューズデイ(Vo.Nai Br.XX&Celeina Ann)「Kiss Me」
【ED】キャロル&チューズデイ(Vo.Nai Br.XX&Celeina Ann)「Hold Me Now」

声優・キャラクター

島袋美由利、市ノ瀬加那、大塚明夫、入野自由、上坂すみれ、神谷浩史、宮野真守

スタッフ

原作:ボンズ・渡辺信一郎、キャラクター原案:窪之内英策
総監督:渡辺信一郎、監督:堀元宣、キャラクターデザイン:斎藤恒徳、メインアニメーター:伊藤嘉之/紺野直幸、世界観デザイン:ロマン・トマ/ブリュネ・スタニスラス、美術監督:河野羚、色彩設計:垣田由紀子、撮影監督:池上真崇、3DCGディレクター:三宅拓馬、編集:坂本久美子、音楽:Mocky、音響効果:倉橋静男、MIXエンジニア:薮原正史、音楽制作:フライングドッグ

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ